FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2020年09月11日 (金) | 編集 |
​ああ・・・ついにハンジさんが・・・

役目を終えての退場でしたね。
ずっとハンジさんは自分の順番が来ることを確信してて、そして次の団長として
アルミンを任命することを考えてたんでしょう。

先月号の感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊 少年マガジン 2020年 10月号 [雑誌]
価格:640円(税込、送料無料) (2020/9/11時点)

楽天で購入




タイトルは「自由の翼」か・・・
脈々と調査兵団に継がれてきた想い、自由への渇望。

それをハンジも成し遂げたってことですよね。

飛行艇に爆薬が積まれましたね。
これは後で使われるってことですね。
エレンの目を覚ますために使われるんでしょうかね。
注目させるためとか。

この程度の爆薬では地ならしは止まらないでしょうし。

これからどうしたら!?
狼狽えるファルコにわからないと答えるピーク。

この時にはもうピークは飛行艇に乗る選択をしてるでしょうし、ファルコとガビには
生き延びて欲しいと願ってるでしょうが、どこでどう生きればいいのか、既に故郷は
無い状態だし、マーレもほぼ壊滅状態になろうとしてるわけだし・・・

先の見通しは正直全く立たないですよね。

アニは飛行艇には乗らない選択をしたんですね。
大切な人を守るという理由がなくなり、戦う意味がないのに人を殺すのはもう嫌なの
でしょうね。
散々辛い思いをしてきたわけだし。

かといって生き延びるという希望も持って無くて、最期の時間を穏やかでいたいと
いうことだけが願いのよう。

ミカサにアルミンのことを伝えたようですが、何と言ったんでしょうね。
ミカサにはアニの気持ちがわかったようです。

ミカサはエレンを殺すのではなく連れ戻すと言ってます。
もう連れ戻せたとしてもその後、どうするのか??
パラディ島で閉じこもって生きることはできそうですが。

エレンが次に目指すのはスラトア要塞。
カリファ軍港とか言いにくい名前だと思いましたが、反対読みすれば納得。

イェレナがあっさりとエレンの行き先を教えたのは、みんなにジークが正しかったと
認めて欲しかったからのようです。

ハンジは「認める」と答えましたけど、それはジークに対してではなく「エレンに何の
解決策も希望や未来を示せなかった自分自身の無力さ」に対してですよね。
決してジークを認めると言ったわけではないですが、イェレナには伝わったのか。

アニと飛行艇組との別れ。

ピークもライナーも死んでいった者たちへ報いるために戦うことを選択。
マガト元帥の指令を遂行することが最優先事項のよう。

そしてハンジも今の私たちを死んだ仲間に誇れるかなとリヴァイに語りかけてます。
ハンジももうずっと自分の命令次第で人を死なせてしまう責任を負ってきてますし
しんどいでしょうね。

そしてなんと、そのハンジが・・・
フロックが生きていて飛行艇の燃料タンクに穴を開けました(><)
ひぇええええ~~~~
なんてことしてくれるんだ!?っと思いましたが、フロックはフロックで島のみんなを
守りたい一心なんですよね。

それはわかる。
むしろ、なんで仲間がエレンを止めようとするのか、島のみんなを危険に晒すような
ことをするのかと必死で阻止しようとしてるだけですよね。

なぜ敵を守ろうとするのかと思う気持ちもわかる・・・

それでもハンジは「あきらめられないんだ」と。
守りに入るのではなくてどこまでも追究していく姿勢。
敵を殲滅して手に入れる自由ではない心の「自由」を手にするために。

そして地ならしがやってきて・・・
飛行艇の準備が出来るまで誰かが足止めをしなくてはならない。
アルミン、ライナーがそれぞれ志願するも、彼らの役割は他にあるようで、ここで
その役割を果たすのはハンジ。

調査兵団団長として大勢の仲間を殺してまで進んだけじめをつけると。
ああ・・・ハンジさん (ノД`) 

アルミンを第15代調査兵団団長に任命。
調査兵団団長に求められる資質は「理解することをあきらめない姿勢」

ここでアルミンが団長になりますか。
いずれ継ぐことになるだろうと思ってましたが、ついに。

ハンジは決して自分の順番が来ることを楽しみにしていたわけではなく、でも順番は
必ず回ってきて、ようやく今それを成せる・・・って思いでしょうか。

リヴァイは多くの仲間を失ってきましたが、絶対に望みのない死地に向かう者として
ハンジを送りだすことになろうとは。

これまでのリヴァイなら自分も行くと言い出しそうですが、それは言いだしません
でしたね。
ハンジの思いを理解してたことと、エルヴィンに誓った通りジークを倒すつもりなの
でしょうし、自分の命と引き替えにエレンを止めるつもりもあるのではないかと。

だからここは自分が出る幕ではないと考えたのでしょう。
死地に向かうハンジを送り出すリヴァイの表情が辛い・・・ ( p_q) 

「心臓を捧げよ」
初めてリヴァイが口にしたようです。
ああ・・・もう泣く 
残される者も辛い・・・

数体の巨人を倒していくハンジ。
でも巨人の高温の水蒸気で・・・全身が溶けて・・・

ハンジのお陰で間一髪離陸する飛行艇。
みんなも当に断腸の思いでしょう。

その後、巨人の足跡の上にハンジの姿。
ん???
っと思ったら既に退場していった仲間達の姿が・・・
ここはどこ?

ハンジはみんなのところへ行けたということでしょうか?
そうであって欲しいです。
束の間、ホッとできる空間が描かれていて救われた感。

はぁ・・・ついに飛行艇がエレンの元に向かいました。

が、この流れだと誰も残らないのではないかと思われ・・・

​絶望​しかないと嘆きつつ、それでも結末を見届けたいと思います。
ほんと、どうなるんでしょ。​(><)
スポンサーサイト



2020年08月24日 (月) | 編集 |
​​​​​​​​​​​​いよいよ物語の核心に迫るって感じですね。
楽しみです。

これまでの感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暁のヨナ 33 (花とゆめコミックス) [ 草凪 みずほ ]
価格:495円(税込、送料無料) (2020/8/23時点)

楽天で購入



【内容情報】(出版社より)
ハク、四龍との接触を禁じられたヨナは、スウォンへの面会を頼むが断られてしまう。
夜、ヨナは自室を忍び出て執務室へ向うが、いざスウォンを前にすると言葉に詰まる…。
一方、四龍が軍事演習に参加することになり…!?
ハクの少年時代を描いたショートも収録の33巻!

ヨナとハク&四龍との絡みはありませんが、スウォンの病気について判明したり、過去
のことが明かされてきたりで物語の核心に迫っているようです。

元々父であるイル王が幼なじみで片思いの相手だったスウォンに殺され城を追われた
ところから始まってますからね。
そもそもどうしてそういうことになったのか?は知りたいところですよね。

そして、どうやらスウォンの個人的恨みではなく過去に遡って避けがたい理由がある
のだろうということもはっきりしてますからね。
ここを取り上げてもらわないことにはどうにもならんのですよ。

が、やはりヨナがハクや四龍たちと離れ離れなのは(距離は近くにいるんですけど)
耐えがたいので出来るだけ早めにサクッと教えていただきたいと思っていたら・・・
早い早いw
サクサク進むじゃないですか(^^;

四龍にはまだ当分スウォンの秘密については明かされることはないだろうと思って
いたのにあっさり黄龍が指摘。
なんとスウォンは緋龍王の末裔緋龍王の血筋だけが掛かる緋の病を発病している
のだとか!?

これやっぱり遺伝するようなので、スウォンも子供を持つとしたら、その子に遺伝
する可能性があるようです。
だから自分の子供は持ちたくないのでしょうね。

生まれながらに短命という重い宿命を持つなんて辛いですよね。
それに緋龍王の力を否定し人の力で国を治めようとしているスウォンにとって、自身
の血筋は途絶えた方がいいとすら考えているかもです。

自分の後は適任者に任せたいと思うのは当然ですね。

で、この適任者が誰になるのか??
スウォンは緋の病を克服するかしないかで変わってくるとは思いますが、今のところ
考えられるのはヨナとテジュンか??

以前、ゼノがテジュンは高華国にとって大きな存在になるって予言してたのが気になる
んですよね。
ゼノが未来について本当にわかるのかは不明ですが。
でも、どうでも良いことは言わないと思いますしね。

テジュンが火の部族長になる可能性は当然あるし、それはわざわざゼノが予言するほど
のことではないですし、火の部族を父親や兄とは違う方法で導いていることをヨナが
評価してますし・・・

国の混乱期をスウォンが治め、その後一時的にヨナが王になるのではと思われますが
物語の最後にはテジュンが王になるのではと思ったり・・・
火の部族の出身でもありますし・・・

私としてはいずれヨナが緋龍王として覚醒し、彼の記憶を蘇らせると思うのですよ。
赤き龍が還るってのはそういうことではないかと。

その目的は四龍の血の契約の破棄。
これによって縛られてした者たちを解放するために緋龍王の魂はヨナとして生まれて
きたのではないかと。

勿論、黄龍であるゼノは力を失った途端に往生してしまうと思うのですが、それを彼も
望んでいるだろうなと。
白龍は里に帰り、青龍も多分まだご存命な元船長のところへ帰り、青龍は行く当てが
ないからヨナと同行かな~~とか。
本当はみんなまた一緒がいいんですが、ヨナが一時的に王になった後で誰かに王位を
譲ることになりヨナはハクとどこか領地を治める感じかな~~なんて。

ユンくんは首都に残って医学を修め、イクスは神官として戻ってくるのではと。

ただ、王を守護する剣と盾が何を意味するのか、多分人のことだろうと思うんですが、
それが誰を指すのかわからないんですよね。
これによってまた変わってくると思いますし。

剣がハクで盾がスウォンかもですし、もっと別の誰かかも。
今居る中ではユンくんが関わるのかもですが、う~~~ん・・・

まぁ楽しみに待ちたいと思います。
赤き龍が還ってくれば緋の病も治るかもかもですし、できればスウォンにも生きてて
欲しいと思うのです。
緋の病にも樹草が効くかもですしね。

できれば千樹草の登場はこの伏線で遭って欲しいです。

取りあえず、予想より早くスウォンの病のことを四龍が知ることとなり、同時にヨナ
までもスウォンの母であるヨンヒの手記から知ることとなりました。
まさかの同時進行ですよ!!
ありがたいことです。

スウォンの病と血筋を知ったヨナのショックは相当でしょうが、これでもうヨナが1人
で王の秘密を抱える必要はなくなりましたよね。
ハクはまだ無理だとしてもヨナと四龍は会っても問題なさそう。
バレちゃってるのだから。
さすがにみんなまとめて処刑ってことはしないでしょうからね。

今回の裏表紙のイラストにもなってる「始祖の血族」の扉絵の幼き日のスウォン・・・
ブカブカの王冠が斜めになっていて・・・
この頃から雁字搦めの運命を生きてきた彼の苦悩が表れてますよね (ノД`) 
これはやられたわ・・・

青い目に金髪のボブの美少年・・・堪らん (*/-\*)

スウォンの秘密を知れば知るほどれてしまいそう・・・
いや、惚れるだろ、これは。
まさかの私の展開に動揺ですよ。

細そうに見えますが、腰周りとかしっかりしてますし、実は脱いだらユホン並だったり
しないでしょうかね。

それにしてもスウォンが緋龍王の末裔だったのには驚きましたわ。
彼が緋龍王とか四龍とか神の力を疎い、人の力の治世を進める理由がここにあったよう
ですね。

イル王はかなり緋龍王信仰に傾倒していたから、その治世を排除する必要があったの
でしょう。
それでは現実的な治世には向かないってことで。
実際、国土は狭まり民は苦しい生活を強いられていたり、国力は完全に落ちてました
から。

イル王は優しい人ではあったかもしれませんが、緋龍王の魂を持つヨナが生まれたこと
で、自分が努力して国を良くするということはせず、緋龍王がいずれ素晴らしい国に
してくれるだろう・・・みたいな他力本願の王だったのではないでしょうか。

ヨナが覚醒するためにはヨナが城で安寧な生活を続けていたのでは無理なことをイルは
わかっていたんでしょうかね。
いずれ、苛酷な運命に翻弄されることを知っていて敢えて城にいる間は幸せに暮らさせ
たいと願っていたとか?

それが良かったのかどうか・・・ですけど。

緋龍王信仰者のイルにしたら緋龍王の末裔のスウォンが王となることも問題なさそうな
のに緋龍王の廟に入ることすら許しませんでしたね。

それは兄ユホンの息子だからだったんでしょうか。
彼が神官の弾圧をしたようですし。

イルは強い緋龍王信仰者だったから相当な確執が生まれたのだと思われます。
緋龍王の血筋と緋龍王の生まれ変わりが同時期に王族に生まれたとなれば揉めないわけが
ないですよね。

ヨナの母親であるカシは巫女見習いだったようです。
ここにも揉める原因がありそう。

カシはそばかすがあるし黒髪だしでヨナとあまり似てないように見えますが、目や表情が
そっくりですね。

そしてイクスは小さい頃から転んでるし・・・

今回は担当さんがこれまでの中で一番少女漫画っぽいと言われたようですが、確かにw
ちょっと艶っぽい場面もありましたし。
ユホンは思ってた通り、頭が切れ強引で攻撃的な人でしたが、予想外に情熱的な人でも
ありました。
まるでスウォンと似ていない。

スウォンは見た目も中身もヨンヒ似なんですね。
ただ、ちょっと猫背気味に座るとことか口に手を置く仕草がユホンとスウォンは同じなん
ですよね。

ユホンがヨンヒに見せた情熱的な面をスウォンが誰かに見せたら完オチしてしまいそう。
さすがにそれはないかと思うのですが、そんな日を期待したいと思いますw

次巻もしばらく過去編になりそうですね。
子供、夫婦共々兄弟間で揉める元しかないって感じですよね。
不穏過ぎます。

イクスも巻き込んだ神官の弾圧やカシの死の真相にも触れられることになりそうです。

そうそう、1巻に出てきた謎の刺客はヒューリと言うんですね。
ハクの記憶ではスウォンの剣の師匠のようですし、あんな人に教えられたのであれば
スウォンの剣の腕は相当。

元々はユホンの部下だったようで、ヨンヒにも仕えてたようですね。
滅茶苦茶強そうですが、いずれハクや四龍と対峙することになるのかもですね。
ドンドンと真相に迫っていて面白いです。
次巻も楽しみにしたいと思います。​​​​​​​​​​​​
2020年08月19日 (水) | 編集 |
​結論からいいますと、今季は「デカダンス」しか視聴してませんで、それも微妙な
感じです。

デカダンス​ 
息子が面白いってことで薦めてきたのですが、まぁ確かにちょっと趣向が変わって
いて面白いのですが、でもそれほどは嵌らないかなぁ・・・っといったところです。




それよりも今は前季にコミックから興味をもって見始めた​「本好きの下克上」​の方に
ドハマリしてしまいまして(^^;





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本好きの下剋上 第五部「女神の化身2」 [ 香月美夜 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/8/19時点)

楽天で購入




​アニメは第2部の途中までしかなくて、まだまだ先があることを知って、じゃぁ続きは
webで読めばいいかぁ~~ってな感じでチラ見をしたところ、あまりの物量に目眩が
したのですが、どうしても続きが気になってしまって読み始めたのです。

最初は取りあえず切りのいいところまで・・・ってことで2部の終わりまでのつもりが、
そんなわけにはいかず、3部に首を突っ込んでしまいまして。

4部からは恐ろしいほど長いのですが、これは少しずつ読めば問題ないだろう・・・
っと安易に考えてド壺に嵌ったわけですね(^^;

最初こそ、1日5話くらいで抑えていたものの、これじゃ年内に終わらないじゃないか
ってことでペースを速めてしまい、睡眠時間を削るハメに。

この歳で睡眠時間を削ることの無謀さよ・・・

スマホのなろうアプリで読んだものだから横書きだし、なんかもう疲れてくると目が
泳いでしまって。
私には辛かったです。

しかも途中からはやっぱり最初から読みたくなってしまって、結局頭から読み返し始め
たものだから・・・
いつまで経っても終わらないのですよ。

で、こちらのブログを書く時間も取れなくなり、先月あたりからめっきり新記事更新が
止まった次第です。

ええ、ずっと読んでいたんですわ。
「本好きの下克上」を 延々と。

で、漸く読み終えたんですけど、そうなるとまたすぐ読み返したくなって、何度も気に
入った辺りを読み返してみたり、時系列を頭の中で整理したり、読み取れなかったところ
のおさらいなんかをしたり、ついでにファンサイトとか覗いたりして情報集めたり。

そんなこんなで戻ってこれないというw

いやぁ・・・久しぶりです。
こんなに一つの作品にのめり込むのは。

そしてですね、Webは制覇したのですけど、そうなると欲しくなるのですよ。
紙媒体が。
元々Webで長く読むのは疲れますのでね。
紙で欲しいと思っていたのですが、なんと書籍の方では描き下ろしのSSがあるってことで
これは買わねばなるまいとなるわけですよ。

で、そうやってSSを漁り始めるとですね、ドラマCDにも描き下ろしのSSがあるのを知っ
てしまうのですよ。
これはもう欲しくなりますよね。

私はアニメから入ってますので今のキャストさんは全く気にならないというかむしろ、
私のイメージに近いので気に入ってるのですが、以前のキャストさんも聞いてみるとこれが
なかなか。

さすがですね。
沢城さんは上手いし、孝弘は良い声だし。

ただ、やっぱりアニメの方のが私のイメージに近いですね。
アニメでも最初はフェルディナンドに速水さんというキャスティングとはこれいかに?
とは思っていたのですよ、年齢的な声が。
ところが、全てを読み終えると納得なのですよ。
フェルディナンドの年齢は若いけどあれでいい・・・ってな感じで。

ホント、原作のフェルディナンドには速水さんなんですよ。
最早、私の脳内は速水さんで再生ですね。

まぁそんなわけで、しばらくは「本好きの下克上」にどっぷり浸かることになると思わ
れるので私の時間のほとんどがそれに費やされることでしょう。

とにかくね、アニメではまだそれほどだったんですが、原作でフェルディナンドの不憫
生い立ちに触れてしまうと、居ても立ってもいられないという熱情駆られまして。

他者の手を全く必要としない完全無欠な男が繋ぎたいと願ったのがたった1人の少女の手
だった・・・
なんて、私の性癖ど真ん中。

私はこれまで黒髪美形で強くて賢い男が好みのタイプだと思っていたんですけどね、娘に
言わせるとそれはビジュアルの好みであって、本当に嵌ってる要素はそこではないと言わ
れまして。

で、むむ?っと思って分析した結果、私が過去にドハマリして今も継続して惚れている
キャラたちはみんな黒髪ではなかったんですよねww

笑いましたよw
プラチナブロンド、銀髪、赤髪、そこに水色まで加わったという・・・
もちろん、黒髪にはすぐに惚れるンですけど、ドハマリするには別の要素が必要だった
わけですね。

いやぁ~~~今更の発見。

普段グッズとか集めない私が可愛いフェルディナンドを集めているというw
はぁ・・・。

とまぁこんな状況なんですが、息子がまた別の作品を推してきてですね、どうやら息子は
そちらが本命のようで。
こんなにき手一杯なんだから読む気なんて更々なかったのに読み始めてしまったのですわ。

なんてこと。

幸い、そちらの作品は既刊分が少ない上に息子が電子書籍で購入してるので縦書きで読め
まして、その後のWebの方も目を通してるんですが、それほど量がないので助かってます。

こちらも面白かったんですが、息子は同人のSSまで全て購入してますけど、私はそこまで
嵌らず。
というか、余りにも大変なことの連続なので、その大変さに慣れてしまって。
もうそろそろ落ち着いてくれませんかね、などと思ってしまうのですわ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王(1) [ 古宮 九時 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/8/19時点)

楽天で購入




ちょっと絵が可愛いのが気になるかな。
私のイメージだとティナーシャはメーテルみたな細身で神秘的な女性なんですよね。
まぁそんなこんなでなろう系小説には手を出さないでおこうと思っていた私が、最近は
インプットばかりの毎日です。

2020年08月10日 (月) | 編集 |
今回も作画が神がかってましたね。
アシスタントさんの頑張りってことのようですが、​凄​い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊 少年マガジン 2020年 09月号 [雑誌]
価格:640円(税込、送料無料) (2020/8/10時点)

楽天で購入




始まっちゃってます。
「地ならし」が・・・
巨人がマーレに到着して、もう完全にマーレは手遅れってことのようです。

以前、盗みをしてた異民族の男の子、ラムジーというらしいですが、彼も友達諸共
巨人の下敷きに・・・(><)

エレンはマーレに上陸したあの時からずっと、この日のことを思っていたんですね。
いずれ近いうちに自分がそこにいる全ての人の生活を​奪​うのだと。

エレンはどこまでの未来を見ているんでしょ。
地ならしの先はどうなってるんでしょ。

途中で止めに来る者たちとの接触については?

エレンも苦悩していたことがわかりました。
自分はライナーと同じ半端なクソヤローだと思うエレン。
が、すぐに自分で悲劇を生み出しておいて、それに向き合えず精神のバランスを
崩したライナー以下だったと訂正。

もし、外の世界とエルディア人たちが共生できる道が示されたならば、エレンは
それに従うと思うのですが、未だそれは見つからず。

エレンを止めにはどうしたらよいのか・・・

ラムジーに許しを請うエレンでしたが、実はエレンは島を救う以外にも「地ならし」
行う理由があったよう・・・。

壁の外はアルミンの本で見た世界と違い、​人類が生きていたことにがっかりした​
いうエレン。

これはどういう意味なんでしょう?

完全な自由を得られると思っていたのに壁の外にはまだ人間がいて、そこにも自由は
なかったってことですかね。

だから完全な「自由」を手にするという完全に利己的な理由のために「地ならし」
発動したってことですよね。

島の人達を守る以外の理由がエレンにはあったようで・・・。
壁の外の世界を全て消し去ってしまいたかった

ラムジーへの謝罪には、利己的な理由で命を奪ってごめん、って意味もあったとは。

地ならしによって手に入れた「自由」
幼い頃のエレンの笑顔が残酷。

ついに「この景色」に辿り着いたと満足そうに振り返るエレン。
でもそこにいる幼頃のアルミンではなく・・・。
座標で幼いエレンと現在のアルミンが遭遇。

この出会いが持たらすものは・・・?

外の世界の夢を共有してたのはアルミンだけだから、エレンを止めるのはアルミン
ってことになりそうですね。

そのアルミンはアニと良い感じになってますがな・・・
アルミンにはベルトルトの意識が残っていて、それでアニのことが気になってるのか
思ってましたが、どうやらそうではなく純粋に彼自身が好意を持っていたようです。

アニもまんざらではなさそう。
お互いに照れてるアニとアルミンが可愛いです。
こんな平和な時間は珍しい。

アルミンはアニにエレンと夢見た世界の現実は思っていたのと違ったと話しますが、
それでも、まだ僕らが知らない壁の向こう側があるはずだと信じたい・・・

そこに救いがあるんでしょうかね。
異次元世界に島ごと転生とか????

エレンを止めようとする者たちもほとんどが皆、人殺しに手を染めた者ばかり。
仲間を裏切ったり、虐殺を行ったり・・・

そんな者たちの未来に幸せがあるとも思えず・・・

自分が下した決断にもう正気を保っていないのではと思われるエレン。
彼を止め、なおかつ島の者たちが平和に暮らせる状況などこの先、作り出すことが
可能とは思えないのですけど。

はぁ・・・それにしても今月の「地ならし」はメンタル削がれましたわ・・・
2020年07月23日 (木) | 編集 |
クライマックスですね!
そっか 次巻で終わりなんだ。

​熱​かったなぁ薙刀!
前巻の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あさひなぐ(33) (ビッグ コミックス) [ こざき 亜衣 ]
価格:650円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)

楽天で購入

【内容情報】(出版社より)
二ツ坂VS.熊本東ーー遂に頂上決戦!!
インターハイ団体戦、二ツ坂は遂に決勝の舞台へーー!!
対するは戸井田奈歩率いる絶対王者・熊本東。

先鋒、紺野さくらVS.戸井田奈歩。
次鋒、八十村将子VS.荻 久子。
中堅、大倉文乃VS.木庭 遥。
副将、野上えりVS.吉里百合音。
大将、東島 旭VS.島田十和。

一生向き合っていく“武道”と、つかの間の青春の“部活”。
チームとしての在り方も薙刀との付き合い方も
歴史も背負っているものも何もかもが違う二校。
死力を尽くし、想いを繋ぐ団体戦、
コートの中でそれぞれの“生き方”が激突するーー!!

将子が根性みせましたね。
やっぱり強いんだ。

負けたら死ぬって思ってる熊本東の荻から二本取りました!

これには文乃も鳥肌。

文乃は最後の試合だったけど、そうは簡単に勝たせてもらえるような世界ではなく
やっぱり実力差かな。
体力的にも体重を支える膝も結構キツかったようで。

それでも一本で押さえたのは良かったのかも。
百合音は負けた味方に対し「‘‘中の人’’が聞いて呆れる」 と嫌み言ってますね。
素人相手に当然二本勝ちするはずなのに、がっかりだね~ってとこでしょうか。
これでチームですからね。

二ツ坂とは大違い。

そして副将はえり。
対する熊本東の百合音は最初からえりを相手にしてなくて、遊んでる風。
おちょくってるって感じ。

ホント嫌な子。
なんで熊本東はこんなのばかりなんでしょね。

奈歩への歪んだ愛でまともな試合ができなくなってます。
薙刀は武道でもあるし、正々堂々と戦うことなんて基本中の基本だと思うのです
けどね。
審判受けの悪い汚い技ばかりで。

見てる人らもイラついてますね。

大人しか使えない柄スネをわざと出して反則
1回反則取られたくらいで勝敗が覆るわけがないという余裕からの行動でしょう。
完全に舐めてますし、試合自体を冒涜してるようなものですよね。

強い相手にいろいろと抗ってみるっていうのはありだと思うのですが、ちょっと
本気をだせばすぐに一本取れるだけの実力差があるのに・・・

百合音に一本取られて、ああ これで終わりだわ・・・と思ったら、なんとえりは
百合音がもう一度反則を取られるように薙刀ばかりってたとは。

薙刀は落としたら反則取られるんですね。
百合音の反則2回で、えりに一本。
えりも地味にやる子だわw

ここでえりは守りに入って勝負を旭に託しました。
下手に出て負けたら即終わりですしね。
団体戦だから自分より可能性のある​繋​げるって考えもあり。

自分ではどうすることも出来なかったけど旭なら何とかするかも・・・
そんな思いを持たせるほど旭の成長は目覚ましかったってことで。

いつからこんなに信じるようになってんだろうと思うえり。

真春も旭に「見ていてください」と言われ「分かった」と。
以前まだ薙刀を初めて間もない頃、同じように旭に声をかけられたときは「いいよ」
答えてた真春でしたが、あのときは後輩の頑張りを見守るよーってくらいだっだ
ろうに、今はしっかりと旭を二ツ坂の選手として送り出してます。

3年に信じてもらって試合に臨む旭。
旭を信じ送り出す先輩たち。
これが二ツ坂ですよね。

旭の心は落ち着いているようです。

部を牽引していた真春のいない団体戦。
これを勝ち進んでの決勝。

最後の勝負は旭に​託​されました。
旭、成長しましたよね。
長いこと見守らせてもらいましたわ、私も。

はぁ・・・いよいよ次巻で完結か。

奈歩と勝負しないで二ツ坂が優勝ってことはないと思うので、代表戦までもつれ込む
のではないかと。

熱い戦いに遂に終止符か・・・
旭がどれだけ強くなったか、二ツ坂は勝てるのか?

さすがに真春ですら勝てるかどうか、って奈歩が相手ですからね。
旭が最後に勝つことはないと思いますが、それでもどんな試合になるのか楽しみです。

熊本東には一泡吹かせて欲しいものです。
ってまずは、大将戦ですよね(^^;