FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

週刊少年ジャンプ2020 2号一言感想

今週も気になった作品のみ一言感想を。

アクラビティボーイズ
なんか笑える新連載が始まりましたね。
凄く読みやすかったですw
そして男の娘かと思わせるような可愛い子も出てきてドキドキでしたが
ジャンプでは♂×♂の関係は出てこないでしょうね。
このまま男の子だけという展開はないと思われるので他にも何人も人類が
居るんでしょうね。
今後の展開が楽しみです。


鬼滅の刃
炭治郎、意識不明の重体の最中に先祖の記憶に迷い込んだようで。
そこから縁壱さんの記憶にも辿りついてますね。
で、縁壱さん視点だとまた見えてるものが違ったようです。
というか、さすが縁壱さん、何でも良い方に解釈してる。
これから無惨と珠世さんのお話になるんでしょうか。






ハイキュー!!
あまりビーチバレーのルールは知らないのですが、フェイント出来ないのは
知ってましたわ。
でもグーパンみたいなのや手刀みたいなのはありなんですね。
ほぉ~~~




アクタージュ
やはりこの作品は演劇ってよりバトルものって感じですよね。




Dr.STONE
石化装置はなんやら起動のための呪文が必要なようですね。
あの距離だと当然イバラも石化でしょうが、音声で範囲の指定とか方向とか
指示できるんでしょうかね。




約束のネバーランド
みんな危険を察知してどこかに移動したか、隠れているんでしょうか。
敵さんもいませんし、どうなってるのかな。




では今週はこれで。
スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2019/12/10 02:06 ] 少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

「私の少年」7巻 ざっくり感想

今回は聡子側に大きく動きが。
というか聡子と真修のお家事情がより鮮明に。

これまでの感想はこちら




【内容情報】(出版社より)
東京で再会し、新たな関係を構築しようととする聡子と真修。
周囲の人々の思いと、二人の気づき。
「このマンガがすごい!2017」<オトコ編>第2位
「第3回次にくるマンガ大賞」第3位ほか
各メディアで話題沸騰中。
繊細なタッチで思いを紡ぐ第7集!

聡子のお母さん強烈ですね・・・
別に酷い親ともいうほどでもないと思いますけど、じわじわと娘の心をんで
いく質の悪い親だと思いますわ。
本人、自分の言葉の何が娘を傷つけているのか無自覚というのが怖い。

娘が自分に反発していくのが自分の発してる言葉や行動のせいだと言うことも
自分が娘を追い詰めたのだとも思っていないようで・・・

あまりに子供過ぎて・・・
でも、母親だけかと思ったら父親までもが・・・
こりゃ、いたたまれないですよね。

まゆにとってそれほど母親を悪く思わずにこれたのは聡子がずっとまゆに
わからないようにしてたからでしたよね。
今のまゆはそれも理解してて尚且つ姉が癒やされることを願ってるから頼り
なりますよね。

中学生の聡子は自分の感情を押し殺したまま大人になってて、今も母親と向き
合うことができないほど傷が残ったまま。

母親を親としてではなく1人の人間として客観視できるようになったら苦しむ
こともなくなると思うのですけど、自分が辛かった時の感情を抱えままで
吐き出すことができなかったんですよね。

それが真修と一緒に仙台から東京へ帰る新幹線の中で解放された??
真修も真修なりにこれからどういう風にしていけばいいのかと悩んでました
けど、真修の素直な行動が聡子を助けることになったようで。

大人になろうと思わなくていいし、なんでも話して

真修を救いたいと思っていた聡子でしたが、真修に救われた形ですよね。
思いの外、真修が成長してますね。

元々賢い子、聡い子って感じでしたけど。
真修もいち早く自分の父親を1人の人間として俯瞰して見ることができよう。

真修の父親が思っていたよりずっと子供っぽくてびっくりしましたわ。
以前は神経質そうな人に思えたんですが、今じゃ真修の方が余程しっかりして
ますよね。

「大人」であること「子ども」であることに捕らわれず、向き合いたいという
真修の思いがこれからの2人の関係を作っていくんでしょうね。

真修のところは弟と真修でお母さんが違うようで。
遼一くんは真修には似てないけど、お父さんには似てましたよね。

亡くなったのは真修のお母さんで、おばあちゃんはその親で、真修のお母さん
がまだ一緒に居られたときに遼一くんもいるから・・・
どゆこと??

父親と遼一くんには親子関係があるようだし、養子ってことでもなく写真の感じ
では浮気相手の子供ってわけでも無さそうだし・・・
です。

そうそう、私も牛乳に限らず食品は賞味期限の切れそうなモノから買うように
してます。
廃棄になるの勿体ないですし、2,3日賞味期限が切れてるからといって問題に
なるほどのものは日本には売ってないと思いますので。
どうせすぐ食べちゃいますしね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

週刊少年ジャンプ2020 1号一言感想

​​​​​​​​​​新年号ですね。
今年もあとひと月。
では今週も気になった作品のみ一言感想を。

ジップマン
なかなか面白い新連載でした。
ロボットなんてどういう展開でいくんでしょうね。
今のところ期待大です。
でもキャラデザが逆の方がよかったんじゃないかなぁ~~っと。
インテリクールな方が銀髪で、熱血系が黒髪ではないのかと。
これからの展開次第でしょうか。


鬼滅の刃
18巻の初版が100万部突破って凄いことですよね!!
しかもついこの間、1400万部って言ってたのに今じゃ2500万部とは。
恐ろしい勢いで売れてるようです。
それなのに本誌では最終決戦・・・
やっぱり無惨を倒したら終わってしまうのかしらん・・・
勿体ないと思うのですけど。
禰津子は炭治郎の危機を知り飛び出していきましたね。
知らせたのは??
禰津子の帯締めの結び目がきちんと描かれててさすがと思ったら扉絵とは逆に
なってましたね(^^;
ま、いっか、そんなこと。
誰かに追わせないとまずいところだけど、先代の御館さまが禰津子を好きに
させなさいと・・・
輝利哉が泣くのもわかるわ・・・色んな感情が溢れてきてるんだよね。
お父さんがちゃんと見守っていてくれることもわかっただろうし良かったよね。
柱が集結して無惨さまを倒そうとしてるけど、無惨さまの圧倒的な強さの前では
犠牲者が増えるだけの気がして怖い。
モブ代表のような村田くんですが、義勇さんに名前を覚えてもらっていたことに
感動してるとこに感動。
同期だったのね、私もこれからは村田さんって呼ぶことにしますわ。
炭治郎がなんか鬼化してる気がするのですが、もしかして無惨さまと同じような
力を持った鬼になったりする???
そして無惨さまを倒した後で、この鬼の血は絶やさないといけないとかいって
森の奥深くに禰津子と消えていくとかはイヤだよ???






Dr.STONE
あの石化装置はどういう構造になってるんでしょうね。
島全体に使うようなことはこれまでもなかったみたいなので地球規模で石化させ
た装置はまた別にあるんでしょうかね。
それともかなりの数がばらまかれているとか?
キリサメは石化させられてしまいましたが、すぐ元に戻してもらえるのではと。
イバラの方は捕まったとして石化装置の謎についてはどれくらい知ってるんで
しょうね。




ハイキュー!!
牛島と影山は絶賛売り出し中!!ってところでしょうか。
研磨は学生にして起業家になってるじゃありませんか!?
一番の出世だわ。
日向のスポンサーにもなってるとか。
凄いわw
日向もいよいよ日本に帰ってくるようですね。
ビーチバレーは確かに下半身の強化に最適だったのかも。
日向が日本でどんな活躍をするのか楽しみです。




忘却バッテリー
強烈な話ですねw
メッチャイケメンでかっこええバッテリーだったのに記憶喪失でアホに
なってしまうとか設定にインパクトありすぎw
これはちょっと気になるのでジャンプ+読んでみようかな。




ミタマセキュ霊ティ、頑張って欲しいのですが、掲載順位が段々後ろに
なってますね。
ビーストチルドレンも終了しってしまったのでかなり厳しい状況になって
きそうですわ。
トーキョー忍スクワットもそろそろでしょうし、サムライ8も岸本先生が
原作とは言え、今の位置では・・・


では今週はこれで。​​​​​​​​​​

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2019/12/03 01:16 ] 少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

「クイーンズ・クオリティ」10巻感想です

またも感想UPが遅れてきてます(^^;

文が試練を乗り越えてクイーンの力を手にしたので、今度は玖太郎の
ターンのようです。
玖太郎もまた、下手したら命を持って行かれる(別人格に乗っ取られる)
危険があるわけで、試練の厳しさは文と同レベなんでしょうね。

これまでの感想はこちら




【内容情報】(出版社より)
新章・青龍編、ついに始動!

白の「代償」を乗り越え、聖地での修業を無事終えた文。
その中で玖太郎と想いが通じ合った文は、晴れて玖太郎と恋人同士に・・・!
そんな折、文たちの目の前に青龍の“アイツ”がやってきて・・・?
蛇の核心に近づく第10巻!

一応、自分の中に蛇が封印されていることへの心配はあるものの文への気持ちが
抑えきれず、毎日ラブラブデレデレの玖太郎。
ここですでに人格が危うし??ではないのかと思わなくも・・・

単に思春期の男子高校生としては普通ではあるものの、これまでの玖太郎とは
随分と違う感じはしますよね。
素直になれてるのはいいのですけども。

同じ家に住んで毎日、寝る直前までお互いの部屋への行き来ができる関係です
からね~~~
そりゃ衝動を抑えるのは難しいわな・・・

などど思ってはいますが、やっぱりこれは玖太郎の意識だけではなく、深いとこ
で既に蛇が暗躍してたよう。
封印は既にかれていたんですね~~~

白虎の件のときにもう解かれていたんでしょうかね。

私としては蛇玖ちゃんの積極的なところは嫌いじゃないw

ちゅっちゅしてるだけの玖太郎も可愛いけど、お前が欲しいとガンガン攻めて
くる蛇玖ちゃんがエロくていいです。

でも、玖太郎の顔で迫られてるというのに、あ~~~んと流されそうになり
つつもレバーに膝を喰らわせる文の冷静さは天晴れ!
​見事​です。

そりゃ偽物の甘い言葉を受けるより、絶対本物の玖太郎の言葉が欲しいですよね
しかも相手は玖太郎の顔してるとはいえ、意識は蛇ちんですからね。
この盗人ヤロー!!ですわ。

「真のクイーン」の力を手にした文は白のクイーンの力で玖太郎の中の蛇を
ことが出来たのに、それをしませんでしたね。
蛇には何やら願いがあるようで。

玖太郎は取引することでそれを聞いてやるようです。
が、予告を見る限りにおいて、命を懸ける必要があるほどおっかないものになり
そうです(><)

どんな取引をするんでしょうね。
許可無く勝手に出てくるなとかかな?
いや、そんな単純なものではないでしょうね(^^;

イチャコラするときは邪魔するなとかだと笑ってしまいますけども。

断っていた青龍とこの蛇ちんに会いにいくことになるようですが、碧唯なる
者もイケメンくんのようなので今後の展開が楽しみです。

新章ではキスだけでなく玖太郎のぺろぺろも増えそうですし、こちらも期待
したいところです。
何気に作者さまは下ネタをぶっ込むのがお好きなので毎回ニヤリとしてしまう
のですが、先代当主のミヤコさまがそれをきっちり拾っていらっしゃるのがまた
オツですわ。
ふふふ。

これから玖太郎は窮地に陥ることが多々ありそうですが、文がいつでも蛇を殺す
だけの力を手にしてるのは頼もしい限り。
ただ、同時に玖太郎も消えてしまうとかだと困りますけどね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「きみを死なせないための物語」6巻感想

4人がバラバラになってしまっていってなんだか寂しいなと思って
いたんですが、また昔のような関係に戻れそうで嬉しいです。

この作品は世界観が独特というか、昔読んだ少女漫画のSFのように設定が
壮大なので掴むまでが難解です。

でも、一度理解できると引き込まれずにはいられません。
私のような年代の者には懐かしい感じがします。



コクーン社会を支配する天上人(テクノクラート)の中でも、選ばれし者に
しか知らされない「真理」。

その獲得を目指すためにターラと離れ離れになったアラタだが、二人の想いは
今も遠い距離を隔てて共にあったーー。

止まらぬ時と世界の仕組みに、ネオテニイたちは全力で抗おうとする。



これまでも大した感想は書いてないのですが、一応まとめてみました。

​1,2巻感想  3巻感想  4巻感想​  ​5巻感想

これまでもダフネ―症患者の誘拐があったようですが、これにソウイチロウは
関係してるんでしょうかね。
守り人はソウイチロウですよね??

天上人として捜査に乗り出したアラタは京都コクーンでリュカの幼なじみに
遭うことになるとはね。
彼はダフネ―の女の子たちがどうなっているのかを知ってるようですね。

16年前、ジラフが提唱した新しいロケットエンジンであるはずのヴァシミール
が京都コクーンの東京タワーの中に隠されていることを知るアラタ。
一気に面白くなってきましたね。

アラタはジラフと接触して協力を要請しますが、目的は別の星系に行くこと
のようで。
ほぉ~~~~~
アラタはこのために天上人になったんでしょうね。

地球に戻ることを目的としていたのに、それに逆らう行動ですよね。
これは危険だわ~
でも面白い。

今まで喧嘩別れになってしまったような4人でしたが、ジジ救出により再結束
できてホッとしましたわ。
これでこの先も安心して読めます。
やっぱりなんかギスギスした関係のまま進んでいくのはストレスなのでw

それにしてもジジとシーザーが第三契約をするとは思いませんでしたわ。
この場合、夫婦というより家族って感じでしょうか。
ジジの望みが叶ったわけですが、寿命があと2年というのが哀しいです。

ダフネ―症も謎が多いですし、もしかしたらジジはもっと生きることができる
ようになるかもですけど。

ヴァシミールのアニメも何かの伏線のような気がしますし、この先の展開が
非常に気になるところ。

ソウイチロウが何者で何をしようとしてるのかも謎ですし、まだまだわから
ないことだらけ。
で、キュヴィエはどうしたんでしょうね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想