FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「DAYS」28巻ざっくり感想

3点先取されてからの逆転。
マンガじゃないとあり得ないと思うけど、でも実際にもこういう
ことってあるから不思議。

これまでの感想は​こちら​。



「微力を尽くす、それ以外ない」。
後半A・T(アディショナルタイム)、風間のゴールで逆転に
成功した聖蹟。
最後の望みを懸けて猛攻に出る梁山。
そして、闘う者と観る者、その全ての想いを断ち切るように
笛の音は響く。
勝者と敗者、それぞれ何を想い、何を語るのか──。
聖蹟対梁山、涙の完全決着!!


まぁ本当に長い試合でした。
っていうか、苛酷な試合でしたわ。

王者相手にボロボロになりながらも全力出し尽くしての勝利。
だけど、こういう試合の後が難しいんですよね。
このままの勢いでいける場合もあれば、全力出しすぎて体調崩したり
いつものペースを作れなかったり。

次回は君下くんの見せ場になりそうですね。

それにしても加藤くんはい。
色々凄いけど、負けた後で勝ったチームの控え室行ってしまうところが
凄い。
天然なのか、恐ろしい。

聖蹟を賞賛するつもりで覗いたんでしょうが、いってw
こんなの彼以外されないことでしょうw
聖蹟がビビるのも仕方ない。

で、良介くんも良かったですね。
負けてしまったのは残念だし、これで秋子先生も辞めてしまうよう。
引き留めて欲しいと思ってましたが、秋子先生自身が留まることを
望まないようですね。

もっともっとサッカーについて勉強してからでないと監督は出来ない
と実感したようです。
確かに梁山のようなチームだと多少監督が力及ばずでも選手が勝手に
動いて勝てそうですもんね。

でも、本当に監督の采配が必要な時、それでは役に立たない。
今回、秋子先生はそれを痛感したんでしょう。
必ず戻ってくるって言ってますし、良介くんとしては今は引き留める
べきではないと判断したようです。

監督親娘をイギリスに招待してやるって良介が格好良すぎる!
もうプロポーズでもいいんじゃね?って思いますが、なんと言っても
まだ高校生ですしwそれに、秋子先生だってまだまだ娘レベル。

いずれ・・・ってことで楽しみにしたいと思います。
そんなところまでは描かれないでしょうが(^^;
私の脳内では決定事項ってことでw

生方も戻ってきて一安心。
両親も彼女の“今”をみて納得できたようですね。
娘が倒れたとあっては問い詰めたくもなるってものですが、あんな笑顔
見せられたら引くしかないでしょう。

現場での司令塔は君下くんだろうけど、今では生方は聖蹟になくては
ならない存在ですからね。
彼女はもはやマネージャーの枠には収ってなくて、情報収集から作戦
までと監督以上の働きしてますからね。
むしろ、彼女がいなくてはこの先勝てないくらいに重要!

そして、風間妹ちゃん!
彼女は聖蹟を目指すようです。

うん、うんよろしくむよ!!
心強いです。
彼女もまたスペックいですからね!!
聖蹟に入ってきたら強力な助っ人になることでしょう。
今から楽しみです。

さぁ次は音羽戦。
またまた超高校級のGK登場で苦戦しそうです(><)

なんでこう次から次へと高校生らしからぬ風貌の輩が現れるのかw
いやいやこれは昔からスタンダードかw
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2018/09/21 23:57 ] Free! ・DAYS | TB(0) | CM(0)

今週読んだコミックスの感想 2018/09/21

​​​​​では、今週読んだコミックスの感想をざっくりメモ。


雪花の虎 6巻


これまでの感想は​こちら​。
晴景死んじゃいましたね。
それも妹を守るために。
実際のところはわかりませんけど、ここでの晴景は妹思いのいい男
でしたv
残された正助はどうなってしまうのでしょう。
徐々に景虎の噂は広まり関東にまで。
ついに川中島の戦いが始まります。
楽しみ!



昭和ファンファーレ 4巻



これまでの感想はこちら
月子は小夜子を今のうちに潰そうとしてたんですね。
てっきり興味があるだけだと思ってました。
やっと小夜子が歌でのし上がってきて楽しみです。
天良は私好みのいい男だし、小夜子のことも気に入ってるみたい
だけど、最後には浅海を選ぶのかなぁ~~
最初に出てきたのが浅海の方だからね。
少女マンガのお約束ではそうなるんでしょう。
確かに浅海も良い感じに成長してたし、何かありそうで気になるし
かといって、好みは天良だし、これまたどちらを選ベばいいのか
い。
次巻はサクサク展開らしいので期待してますv


俺の執事がイケている 6巻


次巻で完結のようですね。
収るところに収りそうでよかった。
大奥様ってのも全然邪魔するどころか結果的には協力してるように
みえますし、類にとっては援護射撃になっていそう。
ま、祷真の両親が類の味方だったのは大きいですよね。
今回は秦来先輩のメイド姿が見所ですねv



アヤメくんののんびり肉食日誌 9巻


これまでの感想は​こちら​。
アヤメくんのカップルより、よほど仁英のとこのが面白いw
尻に引かれてるとか最高w
でも、仁英も桐生もお互い大人だから​攻​めてて好感。
この歳になってやっと二人素直になれた感じ。
で、この二人を楽しむミノとツッキー先輩のさもいいよねw
エリザベスと里中は期待通りだったけど、ぜひこの先、進展して
欲しい!!



同居人はひざ、時々、頭の上 1,2巻


同じ話を野良猫を飼うことになった人嫌いのミステリー作家・素晴から
の視点と野良猫だった陽からの視点で交互に描かれていて面白いです。
お互いの噛み合ってない思考が微笑ましいw



​AIの遺伝子 RED QUEEN 2巻​


1部というか須藤が医者として働いていたときの話で世界観を浸透
させて、その後の2部でよりAIとの関係を掘り下げていく形のよう
ですね。
須藤の母親は彼を育てる上で不安があったのか。
血が繋がっていないのは当然だけれど、確かにあんなに賢い子供を
育てるのは難しそうですね。
人格のコピーの概念が今ひとつ私はよくわからなくて、それをする
メリットもわかってないんですが(^^;
あっちこっちに同じ人格がいたらややこしいじゃないですか??
それにコピーしたものを集めてどうなるのかも不明。
分からないことだらけなのですが、気になってしまうのですよね。
取りあえず須藤は医者をしてたときより、こっちのが魅力的


ピアノのムシ 13巻


終わっちゃいましたね~~
ラストはドイツですか。
うん、蛭田は日本よりもドイツにいる方が伸び伸びしてる気がする。
星野も一人前になったと認めたんだろうし、自分のハンマーが折れて
しまったことで色々と考えるところがあったってことですかね。
蛭田の目的は日本におけるピアノユーザーと調律師の意識改革だった
ようで。
なるほど。
それを社長が望んでスカウトしたんですね。
なかなか面白い話でした。
私には全く縁のない世界の話でしたけど(^^;



能面女子の花子さん 4巻


安定の面白さ。
周りのキャラも動いてきてますます良い感じ!
花子さんのメンタルは相変わらず最強だし、三郎の花子への痛い愛
ますますキレッキレでw
今回は松田家の兄弟も出てきて、特に長男が良い味してます。
私好みのイケメンのはずなのに、わざと三郎の嫉妬心を煽ったりと
性格は相当いけずw
もっとイケメン時の顔で出てきて欲しいですw
けんちゃんも可愛いしで、やっぱり花子さん面白いです!!


では、今回はこれで。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2018/09/21 00:09 ] 今週読んだコミック | TB(0) | CM(0)

黒執事 GF10月号・144話「その執事、御用」感想

はぁ・・・なんてい回なんでしょう・・・ (ノД`)
こうもったんですね。
そりゃ坊ちゃんも自分が生きてたって言えないわな・・・

先月号の感想はこちら



ずっと貴方が好きだった?
リジーにも辛い状況を突きつけられていたんですね。

扉絵はシエルとリジーが手を繋いで駆けていて、反対方向へ
タナカさんらしき使用人に手を引かれ歩いて行く坊ちゃん。
これから坊ちゃんだけお昼寝とかでしょうかね・・・
ちらりを二人に視線を送ってるのが・・・(><)

シエルとリジーの無邪気な姿が微笑ましいはずなのに、なぜか
胸にさります (ノД`)

これが坊ちゃんにとっての日常だったんでしょうね。
なまじ身体が弱かったから諦めもついたんでしょうが、もし
シエルと同様に健康な身体があって、全くも何もかもが同じ
だったとしたら・・・
待遇の差を受け入れるのはより難しかったでしょうね・・・

坊ちゃんとセバスは署まで連行されることに。
シエルは自分たちが仕組んだことだから平然とみてます。

今回、バルドが冷静
自分たちがどう動けばいいか給料の話を振ってセバスに支持を
仰いでます。
なるほど。

ここで騒いでみたところで、余計にややこしくなるだけですし
坊ちゃんやセバスの判断で動くべきだと察したんですね。
さすが、年長者。

そしてセバスは後ほど来るよう支持。
つまりはセバスにとって、坊ちゃんを署から脱出させるなんて
簡単なことだけど、今回は彼らの力も借りて動くつもりなんで
しょう。

バルドの問いに対して「タナカさんに」と返答したならそれは
このまま屋敷に残れということでしょうが、この感じだと今は
大人しくして時期をみてやって来いってことでしょう。

シエルはミッドフォード侯爵に今回の件や、自分のことについて
説明するつもりのようですが、シエルはこれからどうするんで
しょう。

何のために坊ちゃんをわなに掛けたのか?
やはり坊ちゃんのを手に入れようとしてるんでしょうか。

それとも悪魔と縁を切らせるための策なのか?

そもそも葬儀屋さんの目的が何なのかですよ!!
ファントムハイヴを失いたくないのなら生きている坊ちゃんを
悪魔から取り戻せばいいのに、いずれ魂を奪われる悪魔の元に
置いてるし。
悪魔に任せておけば今のところは安全ですけど。

これ以上失いたくないってことは二人とも残したいのでしょうし
それなら坊ちゃんの魂を奪うとも思えず。

う~~~~ん。
温和に登場することも可能だったはずなのにどうしてこんな騒ぎに
したんでしょ。
青の教団のことをうやむやにするのなら坊ちゃん以外の誰かを犯人に
仕立て上げればいいだけですし。

坊ちゃんを陥れる理由がわかりません。
単に腹が立ったからってことでもないと思いますし。

シエルの考えていることも葬儀屋さんの目的もさっぱり┐('~`;)┌

そしてリジーは・・・
ずいぶんなを抱えてしまっているようです。

やっとリジーがどういう思いでいたのかがわかりました。

大好きなはずのシエルと弟の見分けが出来て無かったことが彼女に
とってはかなりのショックだったようです。

リジーはてっきり疑念を抱いてたと思ったんですが、実はそうでは
なくて全く気づいてなかったんですね。
だとしたら確かに婚約者としてどうよ?ってとこではありますが
まだ十代ですからね・・・
もっと親密な仲だったらそりゃ気づくでしょうが。

それにシエルは失踪してたからその間に何か重大なことがあったの
だろうと思えば、変化とか違和感はそのためだと思ってしまいます
よね。

とはいえ、大好きだったのに本人ではないことに気づいていなかった
こと自体がショックだったんですよね。

そして坊ちゃんが自分に対し婚約者と別人の見分けがつかないバカな
と笑っていたんだろうと思ってて。

え・・・
それはないわ・・・
坊ちゃんがそんなこと考えるような人間だとリジーに思われていた
なんて私がショック。

っていうか、坊ちゃんどこまで影が薄かったんでしょう。
それがい (ノД`)

リジーは全く坊ちゃんの名前を呼ばないし。
他の人からも名前が出ないし・・・

普段からそうだったってことですよね。
婚約者の弟とはいえ、ほとんど会話することがなかったんでしょうね。

リジーはシエルしか見えていなかったって事実がホント辛い。

そしてリジー自身もそのことに気づいたんですね。
もし、彼が嘘をついていなければ、自分は彼だけが生き残ったことを
喜べなかったかもしれないと。

なんで生き残ったのがシエルじゃなかったの?

恐らくそう考えてしまったであろう自分の残酷さに。
自分をしていた坊ちゃん以上にいのは自分だと気づいたリジー。

リジーの自分自身へ向ける刃が痛々しい。
純粋であったが故に自分の醜さが受け入れがたいのでしょう。

妹の苦悩を知り、エドワードもまた・・・
はぁ・・・エドワードがますます美形に。

今回のリジーの件で坊ちゃんが自分が生き残ったことを言い出せ
なかった理由がよくわかりました。
リジーだけでなく「生き残ったのがシエルだったら良かったのに」
と誰もが思うだろうと想像するのは易かったんですね。

それだけにい( p_q)
坊ちゃん・・・
自分を「おまけ」だと表現してたことに対し随分と卑下してると
思ったんですが、そうではなかったんですね。

同じ顔をしていてもったんですね。

これでまた以前のお話を読み返すと痛み倍増です(ノД`)

馬車の中で俯いてる坊ちゃん。
その表情は見えません。
セバスも無言。

ま、ブラバッドも居ますからここでは下手なことは言えませんよね。
恐らく、セバスが夜中に抜け出し今後のことについて打ち合わせを
すると思われます。

このまま坊ちゃんが引き下がるなんてことはないでしょうからね。
それじゃ話が終わっちゃうし。
この後、どう坊ちゃんが巻き返すのかを待ちたいと思います。

それにしても普段坊ちゃんが乗ってる馬車と内装がエラい違いだわ。

双子設定が出来た段階でやな先生はここまでの構想も考えてあった

そうですが・・・

なんてこったい。
アグニの死以来のショックでしたわ(><)


早くこの状況を打破して欲しいものです。
とにかく坊ちゃんにはいつものさを取り戻して不遜に​微笑​んで
欲しいのです。

心臓が持ちません。
頼むよセバスチャン!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2018/09/20 02:19 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

「ちはやふる」39巻感想 O(≧∇≦)O

下書きしてから一ヶ月以上も感想放置してましたわ。
感想書きたい作品が溜ってるんですが、とにかく今リアルに
忙しくて・・・(^^;
これまでの感想はこちら





はぁ・・・やっぱり太一が好きです(/∀\*)
みんな新を目指して、彼に勝つって目標は現実として無理っぽくても
新の瞳に映りたい、意識してもらいたい、願わくば勝ちたいって思い
で同世代はきてるんですよね。

その代表が太一であり、太一は今、本気で新に勝とうとしていて。

周防さんが太一母に「新には勝てない」って言った理由は自分が彼の
師匠だから、勝ちに必要なことを教えてあげられないから“勝てない”
って言いたかったんですよね。

でも、そんなこと太一母には伝わらないから、そりゃ太一母としては
いくらかるたについてはこれまで応援してこなかったとはいえ、自慢の
息子
が一生懸命打ち込んできて今、勝負してるってのに「勝てない」
って言われたらカチンときますよね。

しかも相手が“名人”だとも知らないんだしw

後で知ったらどうなるんでしょ。
太一母も可愛らしい人です。

周防さんと練習していたお陰で太一は目覚ましい成長を見せてますv
お手つきを誘う周防さんに鍛えられ空札への反応もいいし、“感じ”
かれていたようで。

よかったね、太一!!(〃∇〃v)

強い相手と練習できるってことは伸び代がある者にとっては最高の
環境なんでしょう。

一方、千早の対戦相手の結川もクイーンである詩暢ちゃんと練習し
食い下がってきてたから今があるようです。

千早母と太一母を相手に奏母が和泉式部が詠んだ和歌の話をしてて
親子の情など一方通行で良いっていってます。
ほんと奏母の言葉はじわります・・・
親になってわかる気持ち。
想像は出来ても実感はできないですからね。

今回の読手と千早は相性が悪かったようですが、原田先生の「速く
とるのを辞めなさい」
という教えがようやく活きました。

よかったわ。
ここでできなきゃどこでするんだって話ですけどね。

じわじわと追い上げる千早。
やっと集中し勝ちへの執着を前面に出してきました。
本来の力が出せたらやはり千早の方が上だったようで。

怒濤の追い上げで千早が勝利

最後はどんな勝負だったかはわかりませんでしたが、結川さんに
あった流れを千早が引き寄せ勝利をんだようです。

クイーンに挑戦できるのは千早。
いよいよここまできましたね!!

っていうか、この展開しかないよね。

後は太一か新か・・・

1-3で次に新が取れば新の勝ちという場面で・・・
太一は手放すことで強さを得られる周防さんのかるたから気迫で攻める
原田先生のかるたへシフトチェンジ。

周防さんは読まれる札が消えてみえると言ってましたが、そんな悲しい
ことがあるかと太一。
一度は手放した読手に「この札を読ませる」という原田先生のかるたを
ここ一番でみせます。

しかもうは「ちは」の札。

苦しい時の右下段!!!
出た!!!ちはやぶる~~~~

その瞬間、太一には「ちは」の札しか畳になかったんですよね。
なんかもう、ここで終わりでいいよ・・・
ってくらい鳥肌立った。
なんか太一が報われたようでしい (ノД`)

周防さんも太一には自分のようなかるたを目指すのではなくて
太一のかるたを目指して欲しかったようですね。
それは勝利を取りにいくかるた。

ずっと手を伸ばせずにいた太一がやっと自分で取りにいった感じ
でした。
もう泣くしかない

運命戦になって新は約束通りに太一に勝ちを譲りました。
ホントに譲ることになるとはです。

これで3戦目に突入。
新は由宇ちゃんの手作り弁当食べてます。
ってことは新はもう由宇ちゃんだよね。
うん、由宇ちゃんは良いお嫁さんになるだろうし新には千早より
しっくりする気がする!

「青春全部懸けたって新には勝てない」
と思い続けてきた太一。
今、2試合目を新から勝ち取って一人感涙
嬉しいよね、何度も心折れる経験をして、かるただけじゃなくて
千早のことでも新には勝てないって思ってきたんだし( p_q)

良かったよ!!
やっぱり太一にはどうしても勝って欲しかった。
例え、名人への挑戦は新だったとしても。

​勝利​を太一に味わって欲しかった。

白波会のかるたから自分で離れた太一でしたが、根付いていたのは
原田先生の教えでした。
はぁ・・・もう感動しっぱなし

やっぱ、太一だわ。
太一が一番いい!!!(p≧∀≦q)〃

3試合目の札を並べ「3人で到達できる最高点ってここじゃね?」
と太一。
新から1勝することの難しさもわかっているし、新との実力差も
わかっているからこその一言ですよね。

でも、千早が夢を叶えるなら クイーンになるんなら
一番近くでその瞬間を見たい

普通だったら太一が言わない「ほんとのこと」
太一のいちばん綺麗な気持ちに触れることができた新は3試合目
が出来てよかったと思ったようで。

素直にそう感じたんでしょうが、新、余裕だわ。

ああ・・・
みんなの応援を受けてるけど、太一はここまでなんでしょうね。
周防さんも予想外の太一の一勝に驚いたようで、思わず頑張れと
応援してますが新が勝つのでしょう。

周防さん自身も太一の勝利によって気持ちを揺さぶられる何か
あった感じですよね。

とはいえ、千早が詩暢ちゃんに勝つかはわからないわけで、その
瞬間
はまだ先かもですよね。
新が周防さんに挑戦することになるだろうけど、周防さんが勝って
しまう気がする・・・

だからまだ太一には一番近くでみるチャンスはありそう。
かるたを辞めなければ。

ラストは「俺たちの戦いはこれからだ」になりそうですが・・・
何れにせよ、どんな展開であろうと楽しみです。

私としては大学生編に続いてくれても一向に構わないわけで。
むしろ、読みたいです。
読ませてください。

出来れば太一が報われるといいなと思うのですが。

嫁としては千早は太一母には気に入ってもらえないかもですが、でも
逆にあのダメさ加減がほっとけなくて世話を焼いてくれそうな気も
するのですけど。

気が早すぎですかね(^^;

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2018/09/18 03:09 ] ちはやふる | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ2018 42号一言感想

では、今週も気になった作品のみ一言感想を。

ダビデ君
ヴィーナスさんはダビデくんや小便小僧のようには描かないん
ですね。
これストーリーなんかギャグなんか。
読み切りならいいけど連載は難しそう。


ONE PIECE 

やっぱりルフィは活躍してなんぼだと思うの。



鬼滅の刃
なんで禰津子は大丈夫だったんだろう??
しかも人間になってる????
どゆこと????
よかったけど!!!



銀魂
あの時点であと5回では終わらんわな。
空知先生らしいけど、WJで全部収めて欲しかったな。



APOLLO
ノーストレスで面白かったです。
連載で読んでみたいな~と思いました。
絵も上手いし!



約束のネバーランド
おお~~~~入り口みつけたんか♪
っと思ったらやっぱり簡単にはいかないのね。
あのお寺にいた鬼は後々出てくるんでしょうね。




ジモトがジャパン

またしょーもなさそうなの始まったなと思ったら、結構面白w
全国の都道県を順番に潰していくんだったら絶対自分の地元も
出てくるし楽しみだよね。
出来れば、すでに全国に知れ渡ってるご当地ネタだけでなく、
地元民しか知らないようなネタが出てくると面白いんだけど。



では、今週はこれで。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2018/09/17 16:28 ] 少年ジャンプ | TB(0) | CM(2)