アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年02月26日 (日) | 編集 |
あっら~~モルさんとアリババが結婚することに!?
モルジアナの気持ちを思うとそうなったらいいのになぁ~
って期待してましたが、アリババくんしっかり決めましたね。

前巻の感想はこちら




シンドバッドと袂を分かったアラジン達は、暗黒大陸で修行を
した後、元の世界を目指す。
一方、『ソロモンの知恵』の力を狙うアルバは、大峡谷で守り人
・ユナンと激突し…!?
そして遂に、アラジンとアリババは、運命の再会へ!!
さらに、アリババは胸に秘めていた思いを語る。それは、
モルジアナへのプロポーズ!!
様々な人間模様が折り重なる至高の魔導冒険譚、最新32巻!!

ユナンは強そうだったんですが、アルバがあまりにも強すぎて敵い
ませんでしたね。
もうちょっとアルバに痛手を与えてくれるとすっきりしたんですが
何しろアルバが不死だったのでどうすることもできず。

それにしてもモルジアナがくなっててびっくり。
元々強かったけどファナリスを背負って立てるくらいに。
アルバがアルマトラン最強戦士でいられたのもファナリスと戦った
ことがなかったから
と言い切っちゃうとこかっこいいです。

でも、魔法を使われたらさすがに勝てませんよね。
四つの極大魔法をぶつけてくるアルバでしたが、なんとアラジンは
指先一つで回避

「力魔法」を習得してましたv
どんな魔法で攻撃してきても物理法則を操るアラジンの前では無効化
されてしまうんですね。
これはもう無敵だわ。

いつの間にかアラジンは最強になってたようです。
錬金魔法も使えるようで、白瑛の体を一旦別のものに置き換えて
アルバが操れなくしたようです。

いや~~~なんだよ、これ。
チートじゃないかwww
アラジンがものすごい数の魔法を習得してるところは少年漫画の
見せ場なのにばっさりカットとしてくるとは。
描きたいものはそこではないってことでしょうね。

アルバは自分が産んだ子しか操れないけど、まだ白龍がいるって
ことで体を乗っ取ろうとしたら、白龍の体は左腕と両足を移植した
ことで紅炎のルフが混ざって純粋な体ではなくなってて無理

あっらぁ~~~ざまぁ~ですねv
これでアルバは動けなくなるのかなと思ったらまだダビデに何か
頼んだようで。
まだこのおばさん頑張るようですわ┐(-。-;)┌o

白瑛は子供を産んでるかと思ったんですがそれはなさそう?

アラジンとアリババは無事再会を果たし、アリババはモルジアナ
プロポーズ
平和になったら家族が欲しいなと思ったアリババが真っ先に思った
のはモルジアナだったようで。

モルジアナはもうずっと前からアラジンのことが好きでしたからね。
よかった、よかった!

奴隷だったモルジアナは王族だったアラジンとではとても釣り合わ
ないと思ってたときもありましたが、今ではファナリスであること
自信に溢れてていいですよね。

相変わらずのモルジアナの太もも&ふくらはぎには惚れ惚れです。
見事な筋肉wwww
そしてアラジンもしい足になってますよね!!!

すごく親近感wwww
我が家は私以外ファナリスのような体型してますからね。
旦那のご先祖は戦闘民族だったのではと思わせる遺伝子の強さw

モルジアナには幸せになって欲しいです。
アリババとなら喧嘩をしつつも仲良く明るい家庭を築くでしょう。

白龍は失恋ですが、アラジンが言うように良い人見つかるといい
ですね。
アラジンはどうなるのかな~~~
もしかして紅玉のことが好きだったりするのかしらん。

紅玉もまたくなりましたね!
意志をしっかり持って王として立派になりましたわ。
同盟を離脱するつもりのようですが、レームは元々入る気はない
ようですし、常任理事だった鬼倭国王はどうするんでしょ。

シンドバッドが理事長を務める国際同盟はシンドバッドが思い
描く様とはってきてるようです。
彼はアリババとは上手く調子を合わせてますが、本心では野望
隠したままですからね。

元々は平和を望む思いから始まってるシンドバッドですが、彼の
やり方にはアラジンはずっと否定的。
アラジンもニコニコしてますけど警戒を解いてるわけではない
でしょうね。

シンドバッドはダビデ王の声が聞こえなくなってるようですが
それはアルバの件と関連してるんでしょうか。

さぁこれからシンドバッドと正面切って対立することになると
思われますが、誰かが統制した平和自らで選んだ平和か・・・
どちらが選ばれるのか。

って結果は予想通りでしょうが、あと少し、そこへ辿り着くまで
の経過を楽しみたいと思いますv
スポンサーサイト
2017年02月25日 (土) | 編集 |
なんじゃらほいですわ。
これまでの頑張りがチャラになってしまうのではと思うくらい
残念なつくしの告白・・・

あんた何を今更・・・って感じですわ (ー_ー;)

これまでの感想はこちら




王者・梁山高校との対戦前夜、つくしは、これまで胸の内に
押し隠していた不安や恐怖を風間に告白する。
そして、迷い揺れるつくしを予期せぬアクシデントが襲う!!
聖蹟にとって、つくしにとって、全てを懸けた運命の一戦が
始まる──!!

まぁ今更ですけどね。
私、つくしみたいなタイプ苦手ですわ。(ー_ー;)
これまですごく誰にも負けないくらい愚直に頑張ってきたことは
めます。
でも、自分の思いを言えず、それからげるためにやってきた
だけ・・・ってそれを今言うか!

怖くて逃げ出したいならとっととお辞めなはれ。
自分がどうしたいのかが自分で決められなくて流されてたとか
そんなプレイヤーいらんで。

逃げ出したいけど頑張るのか、逃げ出したいから逃げるのか
どっちかしかないんだから決断しろよ。

自分は勝負の世界に合わないと思うなら、場違いだと思うなら
そんな迷いを持ったプレイヤーは邪魔

つくしを​めてる周りの評価に耳を貸さないというか、自分は
いつまでもダメなままだと思ってるようでは全国の舞台に立つ
には相応しくはないでしょうね。

ただ、今回生方が倒れ、彼女がどういう思いでサッカー部に貢献
しようとしてきたのか知ることとなり、これがどう作用するか。
つくしの「諦めが悪く、楽な方へ逃げない選択」が生方を変えた
のだと知ったつくしはどうするのか。

この大会だけは・・・ってことで頑張るつもりではいたようです
けど。

主人公がこんなダメダメでいいんだろうか???って私なんかは
不甲斐なく思うのですが、今までがむしゃらにやってただけの
つくしがここから精神面でも成長するってことですかね。

こんな悩みを抱え込んで全国大会で試合してる主人公なんて珍し
くないですか??
有りですかね。

WJなら打ち切られそうですがこれが「DAYS」のタイトルの意味
するとこでしょうか。
特別ではない日常。
「日々」ってことですかね。

さすがの風間くんもつくしの悩みどころがサッカーに関すること
ではなくてずっとそれ以前のことだったためお手上げ。

自分のやれることは一つって風間くんですが・・・。
あたしは完全にお手上げですわ。┐('~`;)┌

生方を欠いた状態で試合をすることになった聖蹟。
風間妹により生方の思いを知った聖蹟の面々は監督の不安を他所に
気合十分。

めちゃくちゃ頑張るという水樹。
静かにみんなも闘志を燃やしてますよね。
とはいえ、梁山相手にどこまで通用するのか・・・。
頑張るだけでは難しそう。

やはり​戦略​を持って戦わないと・・・
そうなると生方がいないのは痛いところ。

梁山との試合の立ち上がりは、当初生方が提案してたものとは
うスタートのようです。

でも、生方はそれもOKって感じで満足そう。
きっといろんなパターンを考えてたんだと思われます。

東院の保科くんは生方のいないことに気づいてて・・・
この子は純粋に​生方の感性に興味があるだけ​なんでしょうが、
なんか言動がいい感じに私の笑いを誘います。
生方と楽しくやって欲しいわwww

さぁ、また長い試合になるんでしょうね。
何といっても梁山相手ですからね。
これ勝てるのかなぁ・・・

つくしが真に覚醒でもすれば何かあるかもですけどね。
サッカーは好きだけど本当は怖くて逃げ出したいとか、ホント
何それ!?ですわ。 ┐(-。-;)┌o

ただ、主人公がこんな弱音吐きマンのままではストーリーとして
成立しないのでつくしがどこかで変容するのだと思われますが。

はよぉ~~進化しておくれよ。
これじゃ生方さんが浮かばれないよ。

生きてるけど。

もうすぐ新刊が出るので早く続き読みたいです。
2017年02月22日 (水) | 編集 |

うわぁ~~~~~キタ(゚∀゚)!!!
やっとアーベントキタよぉおおおおおお!!

一気に話が動きましたよね!
多分そうだろうって思ってたことがやっぱりそうってことで。
原作読んでる時も次が待ち遠しかった!

今回で全6巻中、4巻まで消化です。
残りの2巻分をじっくり見せてくれそうな感じ。

OPもEDも作品の世界観が上手に活かされてホント好きだわ~
特にOPの軽快でちょっと色っぽい感じなのがいいわ。
で、EDは・・・これまでロッタだと思ってた人がほとんどだと思い
ますが、あれは違うんですよね~

二人のお母さんがどんなお姫さまだったのかは次回でわかるかと。
さぁますます面白くなってきますよ!

ジーンはドーワー区の視察。
これまでの状況を整理してます。

ジーンは全区の上層部からクーデーター派の一員と認識されていて
グロッシュラーはジーンに監視をつけている。

でも彼こそがクーデター派だとリーリウム長官は懸念。
リーリウム長官はジーンを潔白だと信じ協力して欲しいと。

モーブ本部長はクーデターに関する調査をジーンに依頼するもまだ
クーデターについての情報はあまり掴んでない様子。
ジーンが橋渡しにされていることもおそらく知らない。

他の長官はクーデターはただの噂ではないという認識はありそう。

ニーノはグロッシュラー長官の命令でジーンを監視
でも、それ以外でも「任務」がありジーンを監視してるらしい。

うん、だいたい今のところこんな感じですよね。
この辺を押さえておけば大丈夫。

ドーワー支部の駐在リーダーのエグレットは顔で選ばれたことや
前任のウォーブラーは有能なのにドーワー担当には向かなかった
とかちょっと笑える話があるんですけどそこはカットでした。

ドーワーにはニーノも付いてきてますが、ロッタに頼まれたパンを
売ってる店に連れて行ってくれることに。
ニーノはその店はリンゴケーキが美味しいと・・・

ああ~~~色々と撒き散らしてる。

翌日は国王が「お出まし」になる日。
その行程は近衛隊隊長ですら、当日枢機院長から教えてもらうほど
事前には漏れることはなく。

国王としてはいつもの通りの状態を見たいってことなんでしょうね。
あらかじめわかればみんなが準備してしまうから。

翌日、ニーノは真っ黒の服装で現れました。
ジーンは会いたくない奴でもいるのかといw
本人としては行く店の店長が苦手だと言ってますが・・・。

ジーンたちが店に入ると、なんとその日、その店は国王が訪問する
ことになっていて・・・!

出ようとするジーンに店長はそのまま着席するようにと。

普通にしてるようと言われて本当に普通にしてるジーンにニーノは
お前やっぱり図太いなと驚きw
警護がしっかりついてる上に国王さまがいらしてるんですもんね。
確かに普通はなかなかしゃべったりできないですよね。

するとロッタのときのように国王さまから声をかけてきて・・・。
枢機院長はジーンが何者であるかを伝達。
国王はニーノにも声をかけます。

式典のときはいい写真が撮れたことを感謝するニーノに国王は
「こちらこそありがとう」と。

その後、一緒にどうかと誘われて、なんとジーンは国王と同じ
テーブルに!!
これは緊張して話どころではないのでは・・・

っと思ったらジーンはちゃんと会話できてるようで国王もとても
しそう。
ニーノはこの場限りのものにするということで写真撮影。

いやいやいや・・・
この場面はぜひともニーノの動向と枢機院長の一瞬の表情に注目
していただきたい。

夜、飲みに出た二人。
「すごい一日だった」と国王と同席したことを思い出すジーンに
「すごい一日だ」と応えるニーノ。
「礼を言われることなんてそうないからな」

「この仕事」をやっていて礼を言われることなんてないし、上司に
褒められるとしいというニーノ。
さぁ、ニーノの上司とは誰でしょう??
ってことですよね。

ニーノにお礼を言ったのは国王だけ。
でも、ニーノが報告をしてる相手は国王とは思えず。
それにニーノはいつも上司に叱られてると言ってます。
とても国王がニーノの胸ぐらを掴むとも思えず・・・

ってことは直接の上司は別にいるけれど、ニーノの仕事には国王が
関係していて今回の仕事ぶりを国王は喜んでいるってことですね。
国王が喜ぶと上司に褒められるってことで。

この仕事は楽しんではいけないのに自分は楽しんでいると叱られる
とニーノは言います。
で、なんと珍しいことにニーノが寝落ち!!
普段、ジーンと飲んでるときはさっぱり酔った様子のないニーノ
でしたが、今回は特別だったようですね。


バードンに戻ってきて早速ニーノは寝ずに仕事を済ませたようです。
写真と報告書を上司に提出したようですが、この写真はもちろん国王
とジーンの写真ですよね。


で、あのお店での偶然は果たして偶然だったのかという・・・。
明らかに怪しいですよねv


コミックスではわかりにくいですが、アニメだと声がついているので
グロッシュラー長官への報告と上司への報告ではニーノの話し方が
うのがわかりやすいです。

グロッシュラーにはただの業務報告のみって感じですが、上司の方は
もうちょっと親しみを感じますよね。
それだけ長い付き合いなんでしょう。

30年か・・・ってニーノ。
ここだけネタバレさせてもらえば、ニーノがジーンを見守り続けて
30年ってことですね。

つまり、見守り年=ジーンの歳
そしてニーノもいい歳。
何歳かは・・・次回、判明するでしょうw

ジーンはどうして自分がクーデターの橋渡し役にされているのか
不明でしたが、モーブの優秀な秘書の調査によって知ることに。

ジーンは王族だったんですね。
それも王位継承権筆頭の。

それを知ったモーブはジーン本人に確認。
行動の早い人です。
アニメのモーブはかなり若くて美人度アップしてます。
かっこよさは変わらないけど田中さんのお声で強さもアップしてる
感じwww

いや~~~~できる女最高!
モーブはジーンが渦中にあったために自分の欲しい情報はジーンでは
得ることができなかったのに「役立たず」と言ってしまったことを
侘びます。

モーブがわかってくれてよかった、よかったってところですよね。
ジーンが悪いわけではなかったんですもん。

ジーンは自分が王族だと聞かされてもそれほど驚いた様子はなくて
ある程度は予想してたようで。

そうですよね。
ニーノが長いこと監視しているらしいことから自分には何か特別な
事情
があるようだと気づいたし、今回のクーデーターは王子の王位
継承を望んでいない者たちによるものなら、巻き込まれてる自分は
担がれるに値する者かもと考えるのは妥当。

ジーンはぼんやりしてるように見えて考えてないわけではないです
からね。

ジーンはニーノに自分の出生についてを語らせることに。
ニーノも上司にジーンが王族だと知ったことを報告

ジーンが巻き込まれる理由を知った以上は自分は話すとニーノ。
上司には「クヴァルム枢機院長に相談する時間はありませんよ」と。

ってことはニーノの直接の上司は枢機院長でも国王でもないってこと
ですよね。
では誰なんでしょう~ ふふふ

そしてアホだと思われていた王子が意外にもかったことが判明。
ロッタに関心を見せていたのは肖像画の部屋にある亡くなったとされる
第二王女の絵にロッタが生き写しだったからなんですよね。

王子はロッタが第二王女の血を引くのではと警戒してたんですよね。
でもロッタは女の子だから気にはなっても自分の王位継承権は脅かされ
ないだろうと思っていたのにロッタには兄がいて自分より年上だと知り
大慌て! (゜ロ゜)

もしジーンが第二王女の息子なら自分より継承順が上になるし王子と
したらそりゃ大変だわさ。
第二王女は本当に死んだのか?ってとこですよね。

王子とマギーの会話は噛み合ってるのかいないのかトボけたとこが
いいw o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

第二王女と共に海底に消えたとされる隊士の話が出てきましたね。
それは近衛兵の鑑となるべく者でその名はアーベント

美しき白髪を持ち
故に雪のように美しき第二王女の目に留まり
その身を捧げた語り継がれるべき人物


次回必見!!!!
第二王女の死の真相やアーベントやニーノの過去が・・・!!!
もう、いですからね!!

ニーノは1回しか話してくれないらしいから絶対に見逃さないでw
毎回ニーノ@津田さんの予告が楽しみ♪O(≧∇≦)O









2017年02月21日 (火) | 編集 |

最近の私の感想はセバさん美人さん!!ってばかりで(^^;
いや~~だって、美麗絵がますます美麗なんですもん。

劇場版の方はさすが好評のようで。
でもね、いつも思うんですけどプロデュース側の人のリサーチ不足
というか認識不足・・・

来場者特典にやな先生絵が配布されてましたが、配布当日に在庫が
なくなってる劇場が多数とか・・・
わかってないなぁ・・・

アニメ絵も美麗ですが、やな先生の絵は特別なのです。
そこんとこ、もう少し押さえておく必要があったのではと。

なんてことを思っていたら、やな先生の描き下ろしのクリアファイル
が出てきましたね!

これは素晴らしい!!

先月の感想はこちら







なんかまだ画像がないようですが、そのうち反映されるでしょう。
今月の表紙は私の担当外なので気にせず。

そうそう、今月はちょっと用事がありいつもと違う本屋へ出かけた
のですが、GFの発売日にも関わらず平積みされてなくて焦りました。
見つけることはできましたが、棚に2冊。
うう・・・最初から2冊しか入荷されてない感じで。

いつもいく本屋さんでは当然平積みで黒執事のアニメ1期、2期の
頃は平積みが3列くらいあったんですけどね。
なんか寂しいけど、小さい本屋さんだとこんなとこなのかしらん。
別のもっと小さい本屋さんなんて発売日になかったですからね。
がんばれGF!

気を取り直して感想いきます。
扉絵は坊ちゃんとソーマ。
ソーマは坊ちゃんに楽しそうに話しかけているのに坊ちゃんは背を
向けていて・・・

今後の関係を暗示してるとしたら寂しい・・・。

エドワードがフランシスおばさまに公演中に強制連行されたことで
ファントムファイブの当面の活動は中止に。

アグニはソーマが間接的に殺人事件に関与させられたことを心配
してるようですが、坊ちゃんの態度は一貫してて。
ソーマを友人だと思ったことはない、手持ちの駒はなんでも使う
から嫌なら国へ帰れと。

ソーマやアグニは坊ちゃんを慕ってるから坊ちゃんの態度はとても
冷たく映るんだろうけど(ソーマはわかってないかな)坊ちゃんに
したら最初から自分のすべきことははっきりしているわけで。

自分に安寧とした環境はいらないってことなんでしょうね。

坊ちゃんはS4らにブラバッドとリジーの居所を聞き出そうと
しますが・・・
誰も二人のことは知らなくて・・・

でも、2号館を作る計画があったこと聞き坊ちゃんはバースへ。
あのじぃさんたちがいたところが2号館だったんですね。

隠し階段を下りてみると・・・
いましたよ、じぃさんたちは軍の上層部や貴族院の重鎮だった
ようでバイオレットもいました。

彼は寮弟たちに招待状を出せば坊ちゃんに繋がって何とかして
もらえるかもと密かに期待してたようですね。
そうだったのか・・・
それならもっと早くに接触したらよかったのに。
随分と血を抜かれてボロボロになっちゃってます。

ブラバッドが鼻水・・・
ワンピのサンジ状態です(^^;

彼を病院に連れていこうとしたところでグレル登場v
じぃさんたちの魂を刈りにきたグレルにオセロも同行。

オセロは坊ちゃんをみると「どこかで見た顔だな」って。
これって葬儀屋のところ?
それともヴィンパパの若い時のこと?
意味深なセリフです。

そして坊ちゃんの髪の毛をブチッとすると
「存命の契約者の細胞採取したの初めてだ」っと歓喜。
ここも要注意ですね。
存命のってことは死亡した契約者からは採取してるってことですね。

オセロによると老人らは腎不全だったようで、どうも人口透析を
受けていたようです。
それで大量の血液が必要だったのか。

が、その透析によって死亡予定者リストの命日が書き換えられて
大幅にびていたのだとか。
こんなことはめったにあることじゃなくて、外的要因がなければ
起きないことだとオセロ。

人間が持たない知恵を持つ何者かがちょっかいをかけることによって
関わる者の人生が変化したってことのようですが、稀に悪魔
その一因になるのだとか。

坊ちゃんビクッてしてますね。
まさに悪魔によって人生変化してるはずですし、坊ちゃんだけでなく
他の人間にも変化が出てるでしょうね・・・
マダムなんかもそうでしょうし。

ってマダムの場合はグレルの影響のが大きいかな。

確かにこの時代にしては人工透析の技術は新しすぎだと思われますが
「人間が持たない知恵を持つ何者か」って誰なんでしょう。
葬儀屋さん以外にも​人外​が関わってそう・・・

施設運営に必要なパトロンは腎不全のセレブだったようで、不治の病
を治すという名目で巨額の資金を集めていたのでしょう。
でも、本当の目的はじぃさんたちの治療ではなく​シリウスの血​を集める
ことだと思うので、やはりそれはシエルのためですよね??

近々グレルはまたセバさんと会うことになるようですが、それって確実
に死者が出る事件が起きるってことですよね。

今回リジーはいませんでしたし、リジーはどこに?
シエルと葬儀屋さんもどこにいるんでしょう。

ブラバッドがロンドンに戻ってるってことは、あのミュージックホール
以外にも潜伏場所があるってことのようです。

そろそろリジーと坊ちゃんが直接話をすることになりそうなんですけど。
リジーが何を言うのか・・・
そしてシエルのことはどう聞かされているのか。

話の核心触れて欲しいけど触れて欲しくなくて・・・(><)
2017年02月20日 (月) | 編集 |
では、今週も気になる作品のみ一言感想を。

ポロの留学記
新連載第3弾。
思っていたより面白かったです。
これからの話の展開次第でしょうか。
絵も可愛らしいし明るく楽しいのを期待してます。

ONE PIECE
やっとサンジとルフィが合流v
お約束の鼻水・・・




ハイキュー!!
え??菅ちゃん、どうやってとったの??
オーバー??




鬼滅の刃
ジャンプにあるまじき修行の仕方だけど面白かった!
で、あの女の子たちの名前もわかってよかったw
炭治郎ひとり強くなっちゃったけど後の二人はどうするんだろw




約束のネバーランド
発信機の無効化ってどうするんだっけ?




歪のアマルガム
絵はすごくいいと思うんですが、ヒロインとの関係性が主人公
を動かすには弱いなぁと。
その程度のことでここまでやれるか?って思ってしまって。

デモンズプラン
主人公の周りのキャラは動かしやすそうでしたが、主人公に
あまり魅力を感じず・・・。

2作品一気に終了でしたが、次号はアレでしょうね。

では、今週はこれで。