FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「セクシー田中さん」3巻感想

前巻の感想は​こちら​。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セクシー田中さん(3) (フラワーコミックス α) [ 芦原 妃名子 ]
価格:499円(税込、送料無料) (2020/11/23時点)

楽天で購入


【内容情報】(出版社より)
40歳ベリーダンサー田中さん、大ピンチ!
40歳処女友達無し、地味で暗~い経理部員の田中さん…
でもその正体は、超セクシーなベリーダンサーだった!
その秘密を偶然知った朱里は、すっかり田中さんのファンとなる。
しかし、田中さんの周りは大混乱!
昭和的男尊女卑脳・笙野が「田中さんは俺が好き」と思い込んで近づいてきた
あげく、まさかの同衾!?
既婚者・三好にずっと叶わぬ片想いをしている田中さんは、「私にはダンスが
ある!」と雑念を振り払おうとするが、まさかの四十肩発症!!
ダンサー生命の危機に陥った田中さんを救おうと、朱里は奔走するけれど…!?
「砂時計」「Piece」などの大ヒット作を輩出し、純愛からサスペンスまで幅広い
作風で知られる巨匠・芦原先生が挑む、笑えて泣けてぐっとくる、いいオトナの
ぐっちゃぐちゃなラブストーリー!an・anまんが大賞受賞作です!

【編集担当からのおすすめ情報】
「理想のタイプは大和撫子」「でも可愛くて若い子がいい」「40歳のオバサン
なんて抱けねーよ」と、全女性を敵に回す発言で、編集部でも嫌われ者だった笙野
ですが、ここに来て株が急上昇!一体なぜ!?と思われる方は是非ご一読を。
登場人物全員こじらせ、だけど大人が恋にジタバタする姿って痛々しくもどこか
眩しい。
メディア化問い合わせが止まらない、大注目の1作です。

四十肩で踊れなくなって、えらいこっちゃと思っていたらいい感じの変化が出て
きてるじゃないですか。

笙野の田中さんが自分に好意を持っているという誤解はとけましたが、彼のプライド
はズタボロに。
田中さんの好きな人が三好だと知ってショックを受けるも、三好に急接近してまさか
ダラブッカを習うことになるとは。
斜め上の反応だったわ。
これっていい感じになりそう。

田中さんも激おこではあるけど、怒った理由が笙野に「人」扱いされたからって…
田中さんも気づいて…

笙野の恋愛観というか、結婚観というか彼の思う夫婦のあり方は田中さん家とは
真逆だから、田中さんの家のあり方を受け入れられるようになったら彼自身も楽に
なれるだろうし、田中さんとぜひ上手くいって欲しい。

朱里は今後、田中さんに対して今まで通りで行けるでしょうかね。
田中さんのために自分を変えようとしてる笙野をみて、自分に近寄ってくる男と
比べてしまってますからね。
別に変えようとしなくてもそのままで上手くいけばそれでいいのにね。

ということで、これからも田中さんの行く末を追いかけたいと思います。

朱里は人のことより、まず依存する体質を何とかしなくては、ですね。
相互依存ほど面倒くさいことはないですし。
独り立ちした上での恋愛ができるよう成長して欲しいなと思います。

思いの外、下手くそなダンスぶりに今まで以上の好感が持てたので朱里の今後も
応援したいと思います。

男たちも頑張って~♪
スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「七つ屋志のぶの宝石匣」12巻感想 (^-^)

LOVEもありますって・・・ほぼ詐欺のようなラブでしたw

前巻の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七つ屋志のぶの宝石匣(12) (KC KISS) [ 二ノ宮 知子 ]
価格:495円(税込、送料無料) (2020/10/24時点)

楽天で購入



【内容情報】(出版社より)
真意が読めない菖蒲を、独断で「デュガリー展」に招待した顕定。
一方、倉田屋で店番をする志のぶのもとに、菖蒲の隣で怪しげな合成ダイアを
付けていた女性・西瞳が単身やってくる。
顕定と菖蒲、志のぶと西瞳が対峙する中で、先手を打つのは一体誰…? 

志のぶの生活に密着!
クラスメイト“ばばみつ”の家出騒動や、パワフルな顕定の叔母、倉田屋への
襲来編など、全4編を収録。
ついに、北上家の家宝の石を持つ者の正体が明らかになる、必見の第12巻!!

北上家の家宝の石は菖蒲の父親が持ってましたね。
あっさりと判明しましたけど、元々はうちのもので菖蒲が受継ぐとか言ってるし。
どういうことなんでしょうね。

北上家が悪いこと企んで手に入れたとも思えないし。
それにもうずっと前から北上家の家宝だったんだから今更うちのだと言われても
って感じですけど。

ただどういう経路で菖蒲の父親の手に渡ったのかと、北上家が離散しなくては
ならないほどの理由ってのが気になるところ。

合成ダイヤに関わることならヤバいってことのようですが、それでも幼い子供を
質に入れるほどのことかなと。

顕定の母の妹・美香はずっと顕定のことを心配してたようですが、志のぶと話を
してみて安心したようですね。
ずっと百合江に騙されて質屋に縛り付けられてると思っていた美香は何とか顕定を
解放してやりたかったようですが、今の状態は顕定が自ら望んでいるのだと理解。

自分は質流れ品と思うことが顕定にとって倉田屋に居ていい理由になってることを
志のぶもわかっていて、生まれた時からの婚約者だからもうそれも当たり前のこと
として受け入れてるのがね、いいわw

このままお互い、当然のこととして結婚して欲しい。
恋愛はすっ飛ばしてもいいから家族としてずっと続いてて欲しい。

ってやっぱり恋愛はして欲しいですけどねw
顕定も特に恋愛感情は志のぶに持ってないようですけど、かといって婚約者がいる
からか、他の子に関心を持つでもなく。

もう夫婦みたいなもんですもんね。
強い恋愛感情はなくてもお互い信頼できる大事な存在で、一緒にいると安心できる
し、落ち着けるって感じが年季入ってますw

顕定が倉田屋で過ごした時間をとても大切に思っていておばあちゃんの味を再現でき
るのも素晴らしいです。
実の娘は出来ないのにねw

顕定は資産を継いでないようですが、北上家の資産は相当あるようで、色々と解決
した後は彼の物になるんでしょうか??
それだと倉田屋は安泰ですが、きっと家族が戻ってきて当分、顕定には入ってこない
ような気も・・・

瞳が志のぶのところにやってきて、アレコレと志のぶの力を探ってましたが、さすが
ですよね、志のぶの石を見る力は。
この後、瞳がどう動くのかも気になるところ。

乃和は芸能界を引退しないことにしたようですが、これだと世間は顕定が乃和の彼氏
って扱いのままなんでしょうね。
それは嫌だな。

顕定ももっと否定してくれよと思いますが、一応志のぶも少しは気になってるようだし。

倉田屋に来てご飯作ってくれてるところは和みますよね。
もっともっと倉田屋と志のぶに対して素直になればいいw

それと志のぶもあのレッドベリルを早く顕定に渡して隠し事なく元通りになって欲しい
ものです。
いくら志のぶの方が信用できるとはいえ、顕定だって隠し事されたらしんどいですよね。

今回は馬場さん、面白かったですね。
質屋は社会
遅れてると思っていた志のぶが実は先を行っていたと気づく馬場さんw

彼女には頑張って欲しいし、これからも活躍して欲しいです。
また登場しますよね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「ゆりあ先生の赤い糸」 6巻感想

いろいろ進展してますな。
前巻の感想は​こちら​。



【内容情報】(出版社より)
便利屋の伴ちゃんと逢瀬を重ねて不倫の関係に発展したゆりあ先生。
年下の若い恋人ができハッピーかと思いきや50にして不安と嫉妬に悩まされる
羽目に。
かつてない経験に心は乱れ落ち着かない。
しまいには寝たきりの旦那に八つ当たりする始末。
あまりにかっこ悪い自分をリセットするために向かった先とは・・・・・?

ゆりあ先生、恋愛スイッチ入っちゃいましたね。
50のおばさんに若い子が興味を持つとはそれほど思えないけど、別に悪くはない。

それにゆりあさんはこれまで散々人のため、周りのために尽くしてきたんだし、
次は彼女のしたいようにしたってバチはあたらないよ。

大体旦那が博愛主義かのように好きにやってるんだからお互い様。

みちるは今はゆりあさんに頼らざるを得ない状況だし、ゆりあさんの方も自分から
関わってるわけだからこのまま維持だろうけど、リクはどうなんだろね。

どちらもゆりあさんに好きな人が出来たことには気づいてる。
みちるはゆりあさんのこと好きみたいですね。
安心できるし落ち着くんだろうな。
だからといってどうすることもないでしょうけど。

吾良がもう少し身の回りのことが出きるまでに回復してリクと一緒に住んでくれたら
いいのになぁと思うのだけど、そう簡単にいくとも思えず。

みちるは自立するだうし、リクがあの家に来て、ゆりあさんの方方が通いになったら
いいんじゃない?とか思ったり。

それにしても今からバレエするのか。
それはそれで大変だけど面白そう。

ただバレエはお金かかるよね。
それも二人分って・・・(^^;
ちょっと厳しいんじゃないかと思うなぁ。
気持ちだけではどうにもならないよね。

次巻、伴ちゃんとの関係も進んでいくっぽいけど大丈夫かな。

歳いってると若い子に必要以上に嫉妬してしまうよね。
こればかりは仕方が無い。
でもほどほどにしないとね。
距離が近くなったからと正直過ぎるのは却ってしんどくなるよ。
信頼関係がどれだけ築けるかだね。

次巻ではリクが伴ちゃんとのことで偉そうに追及してくるようどけどあんたらには言わ
たくないって思うよね。

もうみんなまとめて面倒みたる!っていいそうだよ、ゆりあ先生。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「七つ屋志のぶの宝石匣」11巻感想 (^-^)

相変わらず恋愛要素は薄めですが、ミステリー要素は増えてます。
これまでの感想は​こちら​。



【内容情報】(出版社より)
「今までいろいろとありがとう。さようなら」--。
”乃和失恋、そして引退!?”の報道が出て、揺れる芸能界。
デュガリーにも記者が現れる中、顕定は乃和に会いに行く。
一連の騒動を見守る志のぶの心境は? 
一方、鷹に隠し事をされていることを知った虎徹も、複雑な思いを抱える。
2人の関係性にも変化が!? 
年末年始の質屋&デュガリー編や、鷹の実家でのお姉さんのプロポーズ編など、
全4編を収録。 
乃和と菖蒲の過去が明らかに。そして、様々な謎の鍵を握る、とある重要人物が
浮上する第11巻!

クリスマスから年末年始にかけて、質屋や宝石店は大忙しなのですね。
毎年の年中行事とは面白いw

宝石店はクリスマス商戦が一年のうちで一番の稼ぎ時でそれが終わったら落ち着く
感じでしょうが、質屋の場合はその後もクリスマスに貰ったモノを売りに来る人や
年末の断捨離による持ち込みもあるようで。

確かにそうなると大忙しだわ。

クリスマスお泊まりデートなるものはないけど、年末年始は親公認でのお泊まり。
って、家で家事させられてるだけみたいですけど(^^;
お泊まりっていうか、疲れて寝ちゃったような??

お雑煮と筑前似を用意するのは顯定なのねw
それにどうやら例年はもっとやってるっぽいww
当たり前のように・・・

質屋は正月の準備をする間がないくらい忙しいのかもですが、忍のぶはともかく
百合江は何もしないでしょうから誰かが準備しないと正月が来ないんでしょうね。

いい旦那さんになるわぁ~~~~
私が​欲​しい!!!!!

婚約者というより既に家族ですよね。
このままで恋心が生まれるのか心配ですが、そこは温かく見守っていきますわ。
まだかなり長くなりそうではありますがw

年末には志のぶのお父さんも店にやってきて笑いました。
娘にクリスマスプレゼントをするのに「永遠に預かってください」ってw

今回は鷹さんの家族が登場。
鷹さん、めっちゃいいとこのお坊っちゃんでした。
単に人がいいってだけで顯定に協力してるとは思われないので何切っ掛けで顯定の
協力をするようになったのかが気になるところ。

お姉さん美人さんです。
そして、なんとあの、片平さんも出てきたw
こんなところで登場するとは思いませんでしたわ。
相変わらずんでましたね。

お姉さんがオーケストラにいるので「のだめ」関連の人も今後ちらほら出てきたり
するんでしょうか。
ちょっと期待してみたり。

鷹さんのお姉さんの結婚相手、ちょっと揉めそうですね。
2人は良い感じになれましたけど、親がどうも北上家の失踪事件に絡んでいそうです
よね。
う~~~ん、不穏な感じ。

それと乃和の兄・菖蒲は単純に妹に幸せになって欲しいから顕定とくっつけようと
してるようですが、本来はロミオとジュリエットのように北上家とは関係を持って
いけない間柄みたい。

北上家の失踪事件とどう関与してるんでしょ。

乃和は全てを知ってるわけではないけど、自分の家と北上家のことはもう気づいてる
ようで、乃和の家庭もなかなか複雑。
全ては父親が元凶のように思えますが・・・

菖蒲は父親を嫌がってたのにどうして父親に付くことになったんでしょ。

乃和の父親である青山は旧姓見浦で虎徹の母との繋がりもでてきましたね。
って、もしかしたら虎徹と乃和は異母姉弟の可能性もあるの????

多分ミスリードと思うけど・・・

みんなが顕定に黙ってあれこれと動き出し・・・
が、忍のぶと虎徹が隠し事をしてるのは顕定にバレてますしし、このまま進むと
ややこしいことになりそうですね(><)

話すかどうかは志のぶに託されてますが、顕定にしたら隠し事をされているのは
不安ですよね。
ま、百合江によって恋話にされてますけど。

鷹さんにとって志のぶはホルスの目だそうで。
志のぶも鷹さんもお互いの力を頼りにしてますよね。
鷹さんの浄化能力も凄いと思うけど、志のぶの石を見る目も凄いし。

情報欲しさに顕定は自分から菖蒲と接触しようとしてますが・・・
うう・・・まずいんじゃない??

顕定がいつも持ってる赤い石の状態も悪そうだし、志のぶが何らかの行動を取る
とは思いますが、大丈夫なんかな????

顕定も実はかなり志のぶの判断を信頼してるようです。
それはともかく、志のぶの恋話には自分は関わらない方がいいとか言ってるのは
なんか寂しい(><)

自分が何者かもわからないのにって気持ちもあるだろうし、保護者的な視点なの
もわかるけど顯定が自分は無力みたいに思ってるのはちと切ない。

百合江も積極的には乗ってこないと思いつつ発破掛けたつもりだろうに、予想外の
顯定の反応にこれはいかに?って思ったでしょうね。

百合江にも頑張ってもらわなくてはw
いらんことしぃも時としては必要よ。

何だかんだ言っても百合江にしたら顯定がいないと家は成り立たないし、こんな
いい物件を百合江が手放すとも思えないし。
百合江、頑張ってv

2人の気持ちが急展開!なんてことにはすぐにはなりそうもないし、外堀から徐々に
埋めていく感じで距離が縮むのも待ちましょうかね。

はよ続き読みたい。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「凪のお暇」7巻感想

​ずっと母親と向き合わないと始まらないと書いてきましたが​凄​いわ!
一気に全てを進めた!
やるやん。

これまでの感想はこちら




慎二はももちの骨折によって代打の代打にやってきてたんですね。
私はてっきりややこしくするためだと思ってましたわ。

凪に未練があるからちょっかいだしてくるのだと。
全然違いましたね。

それにしても上手く騙せていたのに、その状況に凪が耐えられなくなってました。

慎二は 親も人間だと認め見限ればいいと、その上でやり過ごし掌握する。
それが慎二の親への対処法

ところがそれを聞いた凪は人間相手ならそんなことできるわけないと。​
おお~~~~そうきたか。

根は凄くピュアないい子だよなぁ。
これまでの凪だったらなんとかお母さんを丸め込んでその場しのぎで済ませていた
でしょうに。

随分変わってきてますね。
いいわぁ。

もう誤魔化すことはしんどいとばかりに全てをぶちまけちゃいましたね。
彼氏も嘘で仕事も辞めてること、住んでるボロ屋まで全部見せて。

嘘をついた理由は面倒だったからとほんとあからさま。

そこまでせんでも・・・と思いましたが、これでやっと嘘をつくという罪悪感から
逃れられることになりました。
だからといって何も解決はしてませんけど。

凪を心配するあまりみんな総動員ってのが​素敵​
なぜか、慎二まで。
ゴンも。
あんたらは凪のことを思っての行動じゃないでしょうに。

吉永さんが上映会終わりって二人を帰らせたのはナイスでした。
凪にとっては今必要な人でもないですし。

全部晒したら、後は野となれ山となれだと思ったのにそれだけではすまなかった
ようで。

短期の予定ではあるけど、なんと実家に戻ることになるとは。
実家での生活は凪に過去を思い起こさせ、清算すべきことが山積みだと教えてくれ
ましたね(^^;

学生時代の暗い過去も書き換え必要そうだけど、それよりも大人になってわかって
きたことの方が根本的な問題のよう。

母がずっと背負ってきた地元ヒエラルキー、これはあかんやつ。

夕が自分で何とかしようとしなかった結果ではあるけど、地元で生活し続ける状況
では、どうにもしょうがなかったってことか。

思考形態が変わらなければ何をどうすべきなのかがわからない。

凪は母が以前の自分と同じだと気づき、母親もまた自分と同じ苦しみを味わって
いたのではと察することができたよう。

完全無敵・清廉潔白だと思っていた母が実は他人の目からみたらそうでもなく、
大人になった自分の目から見てもそうではなかったと漸く気づき、長年の呪縛
解けてきましたね。
凪の中での母親像が瓦解してます。

それに元凶は実は祖母だろうということにも気づき始めて。

負の連鎖ですね。
どこかで断ちきらなくてはなりません。
本人たちが。

どんどん凪が自分の根っ子の部分と向き合って新しい解決法を模索しているのが
嬉しいです。
悶々とする日々ではあるようですが、坂本さんやみんなの力を借りて確実に出口
向かってますよ。

一方、凪を心配したゴンは凪への気持ちが恋であると自覚し北海道まできましたが
その行動力は認めるけど、どうにも情けないというか残念ぷりに思いやられます。
この先彼はどうするんでしょうね。

私ならこの手の世話のやける男はごめん被る。

慎二も凪といると気を遣わなくてもよくて本当の自分を出せるってことで居心地が
いいと思ってるよう。
でも慎二も凪のことが気になるくせに、今のところは自分に都合のいいとこを利用
してるだけですよね。

性根を入れ替えなければこいつもごめん被る。

そして地元の年下のカッコいい勝くん。
ちょっといいんじゃない?

これまでの事故物件みたいな男たちとは違って人間性が信用できますよ。
彼とは今後、どう関わっていくことになるんでしょうね。
私なら彼一択。

今の勝くんにとって凪は昔遊んでくれたお姉ちゃん、ってだけでしょうが、今後の
関わり次第ではどう転ぶかわかりませんよ。

成長過程にある凪ですが、この先親子問題とどう向き合って、どんな生き方を選択
していくのか非常に気になるところです。

面白いわー。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想