FC2ブログ

ついに結ばれた二人。
でも切ないなぁ・・・(><)

これまでの感想はこちら



敵方を追い詰めるまであと一歩…のはずが… 
​​​​​​​​​​​​敵方の勘定奉行・中村の不正の証拠をつかむまであと一歩に迫った朱音たち。
しかし味方の情報が漏れている疑惑が!?
疑惑の人物は頼りになる味方と思っていた真木村!?
疑いを抱きつつも惣右助の言葉を信じる朱音たちを待つのは!? 
いよいよクライマックスに突入の10巻です! 

真木村先生は敵方ではなかったようですね。
かなり怪しいとは思うのですが、これまでも色々と助けてくれてるのは確か。

ただ、あの三日月の痣のある男が誰なのかわからないのですよね。
真木村先生の線もあるんじゃないのかと思ってるんですが・・・
どうでしょ??

犯人は月代があったので真木村先生ではちょっと無理があるかなぁ。
あの長さになるまではさすがに伸びませんしね。
それに医者を隠れ蓑としているのなら今の髪型を続けてたでしょうし。

利一にも伝えていないということで利一の線も無きにしも非ずですが、これまで
献身を考えたらそれはないだろうと思いますし、思いたい。
何より仏門に入ってたので髪が全く違いますしね。

もちろん若旦那も論外ですし、一体誰なんでしょうね。
既に出てきてるキャラじゃないかなと思ってるんですけど、まさかの誠二郎?

これから出てくるんでしょうか。

中村の悪事がついに暴かれることとなりましたが、どうも永倉家を襲わせたのは
中村ではなさそうですよね。
本人は白を切ってると茜は思ったようですが、あの態度は全く身に覚えがないっ
てことではないかと。

なので永倉家を陥れようとしたのは中村ではなく他の者だと思われ・・・
だからこそ、三日月の痣の男の存在が気になるのですよね。

中村が捕まったことで茜は全てが解決し、お家の再興に向けて事が進むと思って
若旦那を呼び出しましたけど、そう簡単にはいかないでしょうね。

それにしてもお互いに愛し合っているというのにお家のために一緒にはなれない
なんて・・・
切なすぎる。

茜にとってはお家の再興ってのは両親の名誉のためにも絶対に成さねばならない
ことなんでしょうが、もし茜が本当の娘ではないとか、何かあればこの道は無く
なりますよね。

このままでは若旦那が不憫過ぎて・・・  ( p_q)

アレコレ合っても最後は二人は一緒になれるはずだと信じてますが、そこに至る
までの過程がまだ読めず。

愛してるのに手放さなければならないのならせめて自分が信頼出来る男に・・・
ってことで若旦那は真木村に茜を頼みますが・・・

これも辛い話ですよね(ノД`) 

茜になんとか承知させるために「一生恨んでやる」とか、俺があてがった男の顔
を見る度に俺を思い出して後悔するための​呪​いだなどと言ってますが、どこまで
​惚​れてるんだよと・・・ただただ若旦那の思いが痛々しくて。

どうにもならないことならば、少しでも若旦那の心が安らぐのならと茜も若旦那の
言うことを受け入れることにしますが・・・
どっちも身を切る思いですよね。

うう・・・悲恋だわ。
とかいいつつも苦悩する若旦那が美味しかったりするのですが(^^;

真木村は断ると思ったのに旗本になれるってことでまんざらでもなかったですね。
茜に別の男の子を産むことに目を瞑れと言われたときはさすがに驚いてましたが。

これには私もびっくり。
そう来たかと。

真木村に操は求めない代わりに自分も愛した男の子を育てるなんて、女にとって
それは満足のいくやり方であっても、子供にとっては不幸ではないのかと。

お互い干渉せずにいけば問題ないとはいえ、エゴな気もしますね。
それならいっそ、若旦那を愛人にしてもいいんじゃないでしょうかね。

さすがに堂々とは無理でしょうけど、こっそり会うのは婿さん公認ならいけそう?

が、万が一、真木村が茜に惚れてしまった場合、ややこしいことになりますね。
今はそうはならなそうでも。
話が別方向へ行ってしまいそう(^^;

最初で最後の夜を過ごす二人には胸が締め付けられる思いです。
一夜限りですもんね。

たった一度の思い出でこれから先も生きて行くのだという覚悟の上とはいえ、
抱く方も抱かれる方も切な過ぎる・・・

帯が解けないと自爆する若旦那は可愛いかったですけど。

暗くして欲しいという茜に今宵限りなのだからもっと明かりが欲しいくらいだと
いう若旦那には同意。
そりゃもう目に焼き付けておきたいですよね。

互いの身体に生涯消えない傷跡を刻みつけたい

本来、新造の茜は勝手にこんなことしちゃいけないし、武家の娘に戻ったならば
婚前交渉なんてもっての外。
しかも結婚相手ではないし。

別れなければならない相手だと分かっていてももう抑えられないですよね。
やっと結ばれてこっちは​喜​びなんですけどね。

良かったね!若旦那v
のはずが、お互いの温もりを知ってしまって却って辛さが増すだけという。
なんとも残酷な極上の夢ですよ。

若旦那を思うと不憫で不憫で・・・ (ノД`) 

この二人が一緒になるためには、やはり茜が本当は永倉の家の娘ではなかったとか
なんとかなりませんかね。

はぁ・・・続きが気になるので取りあえず「BLACK BIRD」読んでみようかな。


​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト

怒濤の展開でございました。
というか、一気に情報がぶつかってきてしばらく意識不明ってくらい
情報量多くて混乱してしまいましたわ。
何回か読み返してようやく理解。

大体、家系図がよくわかってないくらいですからね。
誰がどうしてどうなった、とか一回図にして整理しないといけませんw

これまでの感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クイーンズ・クオリティ(8) (フラワーコミックス) [ 最富 キョウスケ ]
価格:475円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

ついに明らかになる、「謎」の真相。
銀のうみへびの正体、そして10年前、玖太郎の両親が遭遇した
事件の真実とは・・・!?
さらに、玖太郎がついに文に告白!?
2人を待ち受ける運命に、目が離せない!
物語の歯車が動き出す、衝撃の8巻!

玖太郎にかけられたという術がなんであるのかとか、どうして文の
記憶が無いのかとか、ふゆと玖太郎のこととか、白虎の大病で何か
起きたのかとか、そもそも白のクイーンやら銀のうみへびって一体
何なのかとか、灯子が持ってた情報がデカすぎて衝撃の連続。

何ともまぁ・・・辛いですわ。( p_q) 
特に子を持つ親としてそりゃ仕方なかったとは思うのですが、それに
しても弥太郎・・・

どれだけ子供への愛情が深いか、灯子とのが強いか思い知らされる
巻でした。

うう・・・弥太郎に惚れる。 (ノД`)
まだ若かったのね。

文の記憶の「先生」がおじいさんみたいに思えていたのでまさか玖太郎の
父親だとは思ってもみませんでしたもん。

玖太郎にかけられた術とは「銀のうみへび」の力を封印し依り代となるの
を止めるものだったんですね。

弥太郎だけでなく、玖太郎にも入り込んでいたとは。
そりゃえらいこっちゃですわ。
なんとしても止めなくては。

白のクイーンの力で今は封印が出来ているようですが、そのための代償と
して文の記憶が必要だったんですね。

なるほど。
で、記憶を無くした文を敵から守りながら、かつ色んなことを教えていく
先生として灯子は弥太郎を選び、託したようで。

こんな厳しい依頼は弥太郎にしかお願いできなかったとはいえ、辛いです。
弥太郎としては灯子の思いがわかるから、当然として受け入れてますけど。

そして灯子は文の代わりに一時的に白虎の大病を引き起こした大蛇を封印
する器となり、弥太郎に自分を殺させたようです。

あらら・・・
もう哀しすぎるというか、災難続きというか・・・

最愛の人を自らの手で殺さなくてはならなかった上に、息子とも離れ離れで
蛇を退治しては自分の中に取り込んでいかねばならなかったとは・・・
​自罰の悪意に染まった化物​になったとしても、誰も責められないですよね。

はぁ・・・

灯子がクイーンの力を持っていたことにはびっくりでしたが、その力を
弥太郎に対し使っていたことにもびっくりでした。

何れ灯子のクイーンの力を行使され続けた者は己の人格を損なうとか。
どっちへ転んでも弥太郎にはしんどい道しかなかったようですが、それは
灯子のために働いた結果だから本望のよう。

愛がすぎです。 (。>д<)。・゜゜

灯子も弥太郎が地獄をみることをわかっていても敢えてそれをお願いする
あたり、相当弥太郎を信じ、弥太郎に負けないくらいしてたってこと
ですよね。

もう泣くしかないじゃないですか。
が強すぎる・・・
しかも二人が守ったものは未来を託せる子供達。

弥太郎は文を育て、玖太郎は玄武のみんなで育ててきたんですね。

時期が来なくては話せなかった内容でしょうが、貴也もよく頑張ったと
思います。
ほんと、白虎の大病、こんな大層なことだったとは・・・

で、なんだかんだと大変なところで玖太郎は文に告白。
一番つらくないことからやってみろと言われ、言いたかったから言った
と開き直り、玖太郎はやっぱり空気の読めない可愛い子ですw

文がふゆちゃんだとわかってからずっと押さえてた気持ちですもんね。
箍が外れ、溢れ出す思いを思いっきりく出してますv

文も実は玖太郎の心を独占してる「ふゆちゃん」に嫉妬してたところも
あったけど、それは過去の自分だったとわかって嬉しいでしょうね。
今はそんな余裕もなく戸惑いのが大きいでしょうけど。

が、なんとまたもとんでもない案件が発覚。
白のクイーンが蛇たちを殺すためには「代償」がいるようで。
それは10年前の文と今の文のどちらが消えるってことのようです。

え~~~~~!? 
どっちも文なのに!?

これはもう今の文に残ってもらうしかないでしょう???
ってことは文が自分で10年前の文を消さなくてはならないってことなん
でしょうね。

うわぁ・・・これはまた厳しいことになりそうです(><)

​​​​​​​​​​​​​​​今回も面白かったですw
これまでの感想はこちら



ついに“虎徹”がタイから極秘帰国!
「押し買い」から街を守るため、志のぶとタッグを組むことになるが…?
はたして、巻き起こるのは幸運?災い!? 
他、ティアラを巡る大物カップル婚約破棄騒動や、外商・顕ちゃん
絶体絶命の濡れ衣事件など、全4編を収録!
一家離散事件に関わる重要人物がさらに登場し、“謎”が大きく転じる
見逃せない第8巻!

虎徹、滅茶苦茶頼りなさげな子だけど、顕定の役に立ちたくて顕定のため
に宝石のバイヤーになったみたいだし、幸運の女神に愛されキャラみたい
好感。

志のぶとの偶然の出会いも幸運というか、石が導いたというかなるべくして
なったというか。

虎徹の生い立ちも出自は顕定みたいなことはなさそうだけど、幼少期に苦労
してそうだし、相通ずるところがあるのかも。

ってことは鷹さんも幼少期が大変だったとか繋がり??

今回は製粉会社創業者の御曹司元に嫁ぐ婚約者が麦の穂をモチーフにした
ティアラを結婚式に付けたいと思った話はなかなかよかったです。
わがままに見えてちゃんと意味があったんですねw

それから秋元夫人に嫉妬した小野山が秋元夫人お気に入りの顕定を陥れよう
としたけど、社交界のおばさま方がみんな秋元夫人の方を信用してるし顕定
のファンだしでりに燃えてるのには笑いましたw

ちゃんと濡れ衣の証拠も出てきましたしね。
顕定と秋元夫人の繋がりも判明しましたが、まさか秋元夫人は顕定父に
ていたとはw

いやいや、ここに登場するおばさま方が一様にミーハー揃いで親近感ですw

そして志のぶが顕定と乃和のことでモヤモヤした気分になっているのは非常
​良い傾向​ですねv
そうやって少しずつ気にしていって欲しいものです。

志のぶは虎徹にだけは鷹さんが石を“浄化”する力があることを教えましたね。
二人の間の秘密ってことで。

今後、この虎徹がいい働きをしてくれそうなので楽しみです。

が、顕定の周りには志のぶや鷹さん、虎徹がいてなかなか良い感じと思って
いたのに、次巻では婚約解消を志のぶから言い出すようでどゆこと??

本格的に顕定のやってることに関わるために決めたことだとは思うのですが
よくわからず。

取りあえず顕定が動揺することを期待して待つとします♪
​​​​​​​​​​​​​​​顕定が無意識に不安になるとかみてみたいですv

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​どれくらい感想遅くなったかわからないくらい遅くなりました(^^;
大急ぎでさくっと。
これまでの感想はこちら



白虎の聖地に入った玖太郎と文。
ところが2人は離ればなれになってしまう。
玖太郎は自分と同じ姿をした強大な敵と対峙してた!
玖太郎の「本心」と名乗る存在の正体は?
そして、文は本物の玖太郎を見つけだせるのか?
ついに、全てが明らかになる「時」がきた!!

修行にやってきた文たち。
玖太郎が玖太郎と戦ってるんですけど文にはどちらが本物の玖太郎
かがわかってるのがしいw

玖太郎を襲った「蝙蝠」と呼ばれる悪意の幽霊は玖太郎と似てるよう
で、自分の弱さを許せない優しい男ってことのようです。

確かに玖太郎はすぐに「俺なんか」って言いますよね。
それは自分に厳し過ぎて、自分の頑張りを認めていない、つまりは
自分を認めていないってことに繋がりますもんね。
それでは心がいつも疲弊してて自分への自尊心が育ちませんよね。

それにしても心の回復を促すのに傷へ口から意識を注入するっての今更
ながらいいですよねw
ふふふ・・・いつも玖太郎が文にしてて、それはそれでエロくていいの
ですが、文から玖太郎へってのもまた頗るみですw

玖太郎がいでるのもたまらんw
しかも甘えきって口の傷まで治して~♡って言ってるのが可愛いのう。
デレ始めたらどこまでもデレそうw

玖太郎も文も「蝙蝠」の正体には気づいている様子ですね。
そりゃ玖太郎に似てると言われればね。

玖太郎はしっかり回復して「蝙蝠」と対峙することができました。
自分が作り出した幻影、自分自身へ吐き続けた呪いの言葉を全て浄化
させることが出来て愛でたし愛でたしv

かと思ったらトンデモナカッタ!
鈍色の女王の力で蝙蝠の鍵を斬ったわけですが、玖太郎の父・弥太郎の
骸間にやって来たらそこには母・灯子が。

なんで???って感じですが、弥太郎の骸間の家は白虎門の大病があった
屋敷のよう。

灯子はそこで貴也が目にしたことを話せと。
貴也はみんなには弥太郎と灯子の二人が死んでいたと伝えたようですが
実はそうではなかったようで・・・

死んでいたのは灯子だけで、弥太郎は次のクイーンになるという幼い
女の子を連れて失踪。
しかも弥太郎は灯子を殺したとも言ってるし。

一体何がそこであったんでしょうかね。
貴也が知ることはそれだけのようですが、灯子はもっと知ってるはず。

それに玖太郎にはがかけられていて、「時を待たずに術が解ければ
灯子と同じように死ぬから、術は解くな」って貴也は弥太郎から言われ
ていたようで。

あらあらあら・・・玖太郎にも自分自身が掛けた呪いだけでなく他にも
まだ仕掛けられていたことがあったのだとは。
玖太郎が文への気持ちを伝えようとするといつも貴也が制止してたから
そこに関係することなんでしょうね。

が、驚くべきことはそれだけではなく、幼い文に様々なことを教えた
「先生」が実は弥太郎だったとは・・・!
なんじゃらほいですよ。

私はてっきりじいさんかと思ってましたが、若かったんですね。
しかもイケメンだったわけだし。
これにはびっくりですわ。

なんかもう色々と絡みあってさぁ大変・・・の状況(^^;
「銀のうみへび」が何かもわからないし、白虎門の大病もわからないし
取りあえず次巻で灯子さんの話を待つしかなさそうです。

予告でも次々と明かされる衝撃の事実ってことなんで、もう一回最初から
読み直さないと私の頭の理解がおいつけない予感w

それにしても灯子さんも巨乳ですねw
私としては文の貧乳に親近感ですけどw
玄武は巨乳の家系で、白虎が貧乳の家系ってことですかねw​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​良い感じの緊張が続いてますv
これまでの感想は​こちら​。




朱音たちの前に立ちはだかる究極の選択!? 
心強い面子が揃い、勘定奉行・中村の不正事実を暴き、
真相究明に迫る朱音(あかね)。
さらに永倉家再興を望む茅島誠二郎(かやしませいじろう)が
新たな仲間に加わります。
しかし朱音を未だ思う誠二郎は己の協力により永倉家が
再興した暁には・・・と、ある条件を持ちだして!?
 
やっぱり朝明野さんが若旦那のお姉さんだったんですね。

だから若旦那が茜を気に入ってると知って、意地悪な言い回しをしな
がらも協力してきてたんですね。
そうでしょうとも。

若旦那にしてみたら一刻も早く姉を遊郭から解放してやりたいと思うのは
当然だけれど、朝明野にしてみたらどっぷり廓に浸かってしまった自分の
存在は、弟にとって負い目にしかならないと考えるのも理解できるという
もの。

しかも、弟のために自分の幸せも手放す覚悟までしてるし。
そこまでしなくても・・・って思いますが、それだけ朝明野の弟への想い
強いってことですね。

これでは茜もどうすることもできないですよね。

だけど、やっぱり朝明野にも好きな人と一緒になって欲しい。
これから先は好きな人と添い遂げ自分の幸せを諦めないで生きて欲しい。

同時に若旦那の姉への思いも報われて欲しい。
朝明野は自分を忘れるくらい夢中になれる女性と出会うことを願ってた
ようですが、例え手にしたとしても姉のことを忘れることはないですよね。

いつまでも姉を犠牲にしてしまったという想いは拭えないと思われます。
朝明野自身が幸せになる意外には。

当然、茜と若旦那も一緒になって欲しいのですが、茜は本当にお家の再興
を計ることになるんでしょうかね。
家来達もいなくなった状態から以前のように立て直すのはさすがに無理が
あるんじゃないかと。

若旦那が元武士の出ってことで慎ましくやっていくことになるのかな~
とか思ったり。

で、紫にも幸せになって欲しいのですよ。
けど、紫だけは現状ではそういうは行かなさそう・・・。

自分が踏み台になろうとも利一の心に残ることを選んだようです。
​天晴れな​女っぷり。
見直しました!!

利一も紫を見る目がこれで変わったんじゃないでしょうか。
これなら利一と釣り合うんじゃないかと上から目線の私。

う~~~~ん、この紫の身請けもなくなる気がしないでもないんですけどね。

誠二郎の件と一緒に吹っ飛んでしまって大団円ってのが少女マンガの定石だと
思いますし、そうってる!!!

みんなみんな幸せになってくれ~~~って思うんですが、真木村センセが怪し
過ぎる・・・

ま、敵の懐に入って何か探りを入れてるってことじゃないかと思いますけど。​​​​​​​

取りあえず、頑張れ若旦那!!