FC2ブログ

すっかり遅くなりましたが、9巻感想です。
これまでの感想は​こちら​。



明らかになった「代償」、文の運命は…? 
文か、ふゆちゃんか。どちらがこの世界に残るべきか、自ら選ばねば
ならない。
理不尽な運命に憤る玖太郎。
聖地から還り目を覚ましたとき、そこにはもう文の姿は無くて…。
玖太郎と文の初々しいラブ展開も満載!!
大波乱の白虎の里編、ついに完結です!

ってことですが、クイーンの力を受け取るための「代償」が文か、玖太郎の
初恋の“ふゆちゃん”のどちらかが消えることだったとはね。

これはえらいこっちゃですよね。

​他の者は誰もその判断に関わってはならず、関わればとても良くないことが​
起きる。
小町さんによれば、そうなった過去のシロの依代の話を伝え聞いているって
ことですが、文の母親もそうだったってことですよね。

玖太郎を守るためにどちらが残るべきか。
必ずどちらかが犠牲になる選択を迫られる文。
誰の思いを一番にすべきか、誰の幸せを一番に考えればいいのか・・・
自分のために選ぶべきは・・・?

ってそんなの決まってるやん。

玖太郎の大切なふゆちゃんと自分を天秤に掛けて、文が選んだ答えは・・・
「わたしが残る」

ヤッター \(^o^)/
そうでなくっちゃ!!!

過去はどれだけ大切であっても過去でしかなくて、ふゆちゃんが玖太郎の
大切な人であったとしても、目の前の文を犠牲にして玖太郎がふゆちゃん
を選ぶとは思えず。

私は私の幸せを一番大事にします。
私は生きたいです。

ふゆちゃんが玖太郎のことを好きだってことは十分わかってるけど、でも
自分だって玖太郎のことが好きだし、私の方が好きだ!って言い切る文に
安堵。

そうだよ!!!
それでいいんだよ!!!

文が選択を間違えなくてよかった!!!
自分を犠牲にして選んだ結果なんて良いわけが無い!!!

それにしても玖太郎の積極的なことw
キスしまくって自分の気持ちを伝えるなんて、とてもコミ障さんのすること
とは思えないですよねw

これまで文が出会ってたふゆちゃんってのは実は文が作り上げた幻影だった
とはね。
なるほど。

10年前の文があまりにも別人格過ぎて、二重人格とかでもなければとても
あの延長上に文がいるとは思えなくて、なんだかなぁと思っていたんですが
納得です。

自分が作り上げた幻影に打ち勝つことで本物の10年前の自分に出会えること
なっていたんですね。
本物のふゆちゃんはやっぱり文でした。
消えても今の文の力になると。

そりゃ自分ですし、統合されるのが一番。

過去の私が喜ぶのは今の私が一番幸せであること。
うん、うん、そうだよね。

白のクイーンの試練は理不尽に見えたけど決してそういうことではなかった
ってことですよね。

弥太郎と灯子も二人揃って還れて良かったですよね。
辛かっただろうけどこれからは二人一緒に居て欲しいものです。

「クイーンと共にあれば、お前は俺のようにならない」
弥太郎が残した言葉は後に分かるってことですが、蛇を身体の中に宿して
いて制御できるようになるってことでしょうかね。

消滅が一番いいですけど。

良い感じになって一安心だったのですが、新章では玖太郎に変化が起きる?
ような感じですね。
ちょっと不安なんですけど、怖いんですけど(><)
今度は玖太郎が試練を乗り越えなくてはならないってことでしょうか?

そりゃまたちゃんと二人は乗り切るでしょうが、辛いことが起きるのを見る
のはこちらも辛いですわ・・・

玖太郎がんばれ!!!と祈るしかありません。
スポンサーサイト

「今週読んだコミックスの感想」でUPする予定でしたが、まとめることに
しました。

1~11巻 感想



これは嵌るわw
人気作で舞台化されるというのも理解できるというものです。

ヒロインが妖から特別視されて求められるって設定はよくあるパターン
かなぁと思うんですけど、抱いたらどうなるかわからないってことで
妖側が悶絶しまくるというのは予想外。

黒髪イケメンの苦悩は美味

とっとと抱いて権力と一族の繁栄を手にすべきなのに、一人の男として
仙果を愛してしまったものだから・・・
もしも失うようなことになったりしたら冗談じゃないってことで、安易な
講堂には出られないという・・・大切に想うが故の生殺し

どうにもならない激情を描くのがなんとお上手なことかと感動。

実沙緒側の守られるだけの存在ではいたくないという思いと好きな男に
抱かれたいという思いの揺らぎ描写も素晴らしい
こりゃお嬢様方がキュンするわ。

触れることしか出来ないって必死に我慢していたものの、死を前にして
そういうわけにも行かなくなってついにばれちゃうわけですが、今の
ところは特に変化なさそうですけど、きっと後からとんでもないことが
わかるってパターンですよね(><)

しかもそれだけじゃなくてお兄ちゃんまで敵キャラとして絡んでくると
いう。
っていうか、実沙緒は幼い頃の記憶を封印されてるから、もしかしたら
匡と祥との思い出がごっちゃになっていそうですね。
うわぁ・・・祥は確かに危険ではありますが、彼の心の内も気になる

ラブラブしてる二人に対して温かい?眼差しを向けてる臣下たちがいい
ですよね。
相模さんはクールで好みのタイプ
奧さんのあやめさんも最高
今まで出会った事が無いくらい強烈可愛いくて好きです。

ちびっ子たちも健気で可愛いです。


12~18巻 感想



祥もやっと自分が欲しいものを認めましたね。
彼も最初は実沙緒には興味はなかったんだと思いますが、いつの間にか匡が
実沙緒を好きになっていくのを間近で見てたりしているうちに自分にも好き
だという感情が芽生えていたんでしょうね。
本人はそれがどういう感情なのか無自覚なままに。

彼はいずれ自分のものになる実沙緒を積極的に欲しいとは思ってなかったん
でしょうが、匡に奪われることになって初めて違和感を覚えたんでしょう。
祥もが欲しかったことを自覚してしまってからは切ない。 (ノД`) 

実沙緒が祥を選ぶことはないですが、かといって祥を突き放すこともできない
のもわかりますよね。
最後は欲しいものを手に入れるため戦うことになった二人。
仕方がないこととはいえ、辛いわ・・・。( p_q) 

最期、美沙緒に受け止めてもらった祥は救われたんでしょうね。
思わず手を広げた美沙緒を見て、匡は美沙緒の思いの一部を取られちゃったと
感じたようですが、そこはもう許してやってとしか言えず・・・

元々自分が祥から美沙緒を奪ったことが発端だということを自覚してますし。

祥の思いも匡の思いも甲乙つけることはできないのだけど、やっぱり幼い頃から
命懸けて頑張ってきた匡を推すしかないわ。

で、いよいよメインテーマですよ。
やっぱりそうだったかと・・・

出産と同時に仙果は死ぬってことで、これどうしたらいいのよぉ~~~(ノД`) 
究極の選択迫られてるじゃないの!?
どっち選んでも絶望しかないじゃない!!!!

こんなのリアルタイムで読んでたら身が持たないわ・・・寿命が縮む・・・
とビビりながらも、少女漫画で「ヒロイン死亡にてエンド」ってことはないと
年の功思考。

仮死状態で匡からエネルギーを与えられて生き返るというのは上手すぎるとは
思いましたけどホッとしましたわ。
この際、何でもいいから生き返って欲しかったですからね。

エネルギー保存の法則みたいなもので、仙果として与えたエネルギーを自分に
戻してもらうことが可能だったってことですが、それだったら仙果でいた時に
もっともっと匡にエネルギーをめといたらよかったんじゃないの???
なんかアレコレ我慢してたでしょう??
勿体ないことをしたんじゃないのぉおおおおお???

ずっと貯め込んでたら、三日三晩も掛らず生き返ったとか、エネルギーを
実沙緒に戻しても全く何の影響もないくらい匡にエネルギーを保存しておく
こともできたんじゃないでしょうかね?

仙果ではなくなってしまったのであればもう匡にエネルギーを与えることが
できないのだから、あげられるときにあげられるだけMAX保存しておくべき
だったんじゃないのかとw

まぁ、その時はその時で必死だったんだから終わり良ければ全て良しなん
ですけどねw

命と引き替えの出産なんてホントに選択するの辛すぎるとしか思えない。
二人だけで生きるって選択もできないのなら、やっぱり好きな人の子を産ん
で死ぬ方を選んじゃうでしょうね・・・

このどうしようもない状況で藻掻き苦しむ二人の描写が上手いわ。ほんと。
特になりふり構わず必死の匡なんて美味しすぎてたまりません O(≧∇≦)O

最後はみんなHappyになれて愛でたし愛でたしだったわけですが、
こんなラストが見られるなんて感謝しかないですわ。

良かったね匡!!!って万歳三唱!!

もちろん、実沙緒もよかったね!ですけど、残される方の辛さは計り知れず、
ましてや実沙緒を手に入れるためだけに生きてきたような匡に自分ひとりだけ
生き残れなんてのは残酷でしかないし、愛した女の代わりに生まれてくる子を
愛せるかってのも難題で・・・

みんな丸く収って本当によかったですよ。
あやめさんとこも子供ふたりも産んでたしw
さすが、相模さん。
いつもやることはきっちりやってますv

後日談的にみんなが幸せであることもわかって後味最高
美沙緒の足の件は、できれば無かった方が嬉しいですが、あれだけの奇跡を
起こすためには代償が必要だったと思えば有りかと。

これはホント読み応えのある作品でした!!
​オススメ!!​

現在、桜小路さんの作品は「青楼オペラ」を購入してますが、こちらも今後の
展開が楽しみです。

ついに結ばれた二人。
でも切ないなぁ・・・(><)

これまでの感想はこちら



敵方を追い詰めるまであと一歩…のはずが… 
​​​​​​​​​​​​敵方の勘定奉行・中村の不正の証拠をつかむまであと一歩に迫った朱音たち。
しかし味方の情報が漏れている疑惑が!?
疑惑の人物は頼りになる味方と思っていた真木村!?
疑いを抱きつつも惣右助の言葉を信じる朱音たちを待つのは!? 
いよいよクライマックスに突入の10巻です! 

真木村先生は敵方ではなかったようですね。
かなり怪しいとは思うのですが、これまでも色々と助けてくれてるのは確か。

ただ、あの三日月の痣のある男が誰なのかわからないのですよね。
真木村先生の線もあるんじゃないのかと思ってるんですが・・・
どうでしょ??

犯人は月代があったので真木村先生ではちょっと無理があるかなぁ。
あの長さになるまではさすがに伸びませんしね。
それに医者を隠れ蓑としているのなら今の髪型を続けてたでしょうし。

利一にも伝えていないということで利一の線も無きにしも非ずですが、これまで
献身を考えたらそれはないだろうと思いますし、思いたい。
何より仏門に入ってたので髪が全く違いますしね。

もちろん若旦那も論外ですし、一体誰なんでしょうね。
既に出てきてるキャラじゃないかなと思ってるんですけど、まさかの誠二郎?

これから出てくるんでしょうか。

中村の悪事がついに暴かれることとなりましたが、どうも永倉家を襲わせたのは
中村ではなさそうですよね。
本人は白を切ってると茜は思ったようですが、あの態度は全く身に覚えがないっ
てことではないかと。

なので永倉家を陥れようとしたのは中村ではなく他の者だと思われ・・・
だからこそ、三日月の痣の男の存在が気になるのですよね。

中村が捕まったことで茜は全てが解決し、お家の再興に向けて事が進むと思って
若旦那を呼び出しましたけど、そう簡単にはいかないでしょうね。

それにしてもお互いに愛し合っているというのにお家のために一緒にはなれない
なんて・・・
切なすぎる。

茜にとってはお家の再興ってのは両親の名誉のためにも絶対に成さねばならない
ことなんでしょうが、もし茜が本当の娘ではないとか、何かあればこの道は無く
なりますよね。

このままでは若旦那が不憫過ぎて・・・  ( p_q)

アレコレ合っても最後は二人は一緒になれるはずだと信じてますが、そこに至る
までの過程がまだ読めず。

愛してるのに手放さなければならないのならせめて自分が信頼出来る男に・・・
ってことで若旦那は真木村に茜を頼みますが・・・

これも辛い話ですよね(ノД`) 

茜になんとか承知させるために「一生恨んでやる」とか、俺があてがった男の顔
を見る度に俺を思い出して後悔するための​呪​いだなどと言ってますが、どこまで
​惚​れてるんだよと・・・ただただ若旦那の思いが痛々しくて。

どうにもならないことならば、少しでも若旦那の心が安らぐのならと茜も若旦那の
言うことを受け入れることにしますが・・・
どっちも身を切る思いですよね。

うう・・・悲恋だわ。
とかいいつつも苦悩する若旦那が美味しかったりするのですが(^^;

真木村は断ると思ったのに旗本になれるってことでまんざらでもなかったですね。
茜に別の男の子を産むことに目を瞑れと言われたときはさすがに驚いてましたが。

これには私もびっくり。
そう来たかと。

真木村に操は求めない代わりに自分も愛した男の子を育てるなんて、女にとって
それは満足のいくやり方であっても、子供にとっては不幸ではないのかと。

お互い干渉せずにいけば問題ないとはいえ、エゴな気もしますね。
それならいっそ、若旦那を愛人にしてもいいんじゃないでしょうかね。

さすがに堂々とは無理でしょうけど、こっそり会うのは婿さん公認ならいけそう?

が、万が一、真木村が茜に惚れてしまった場合、ややこしいことになりますね。
今はそうはならなそうでも。
話が別方向へ行ってしまいそう(^^;

最初で最後の夜を過ごす二人には胸が締め付けられる思いです。
一夜限りですもんね。

たった一度の思い出でこれから先も生きて行くのだという覚悟の上とはいえ、
抱く方も抱かれる方も切な過ぎる・・・

帯が解けないと自爆する若旦那は可愛いかったですけど。

暗くして欲しいという茜に今宵限りなのだからもっと明かりが欲しいくらいだと
いう若旦那には同意。
そりゃもう目に焼き付けておきたいですよね。

互いの身体に生涯消えない傷跡を刻みつけたい

本来、新造の茜は勝手にこんなことしちゃいけないし、武家の娘に戻ったならば
婚前交渉なんてもっての外。
しかも結婚相手ではないし。

別れなければならない相手だと分かっていてももう抑えられないですよね。
やっと結ばれてこっちは​喜​びなんですけどね。

良かったね!若旦那v
のはずが、お互いの温もりを知ってしまって却って辛さが増すだけという。
なんとも残酷な極上の夢ですよ。

若旦那を思うと不憫で不憫で・・・ (ノД`) 

この二人が一緒になるためには、やはり茜が本当は永倉の家の娘ではなかったとか
なんとかなりませんかね。

はぁ・・・続きが気になるので取りあえず「BLACK BIRD」読んでみようかな。


​​​​​​​​​​​​

怒濤の展開でございました。
というか、一気に情報がぶつかってきてしばらく意識不明ってくらい
情報量多くて混乱してしまいましたわ。
何回か読み返してようやく理解。

大体、家系図がよくわかってないくらいですからね。
誰がどうしてどうなった、とか一回図にして整理しないといけませんw

これまでの感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クイーンズ・クオリティ(8) (フラワーコミックス) [ 最富 キョウスケ ]
価格:475円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

ついに明らかになる、「謎」の真相。
銀のうみへびの正体、そして10年前、玖太郎の両親が遭遇した
事件の真実とは・・・!?
さらに、玖太郎がついに文に告白!?
2人を待ち受ける運命に、目が離せない!
物語の歯車が動き出す、衝撃の8巻!

玖太郎にかけられたという術がなんであるのかとか、どうして文の
記憶が無いのかとか、ふゆと玖太郎のこととか、白虎の大病で何か
起きたのかとか、そもそも白のクイーンやら銀のうみへびって一体
何なのかとか、灯子が持ってた情報がデカすぎて衝撃の連続。

何ともまぁ・・・辛いですわ。( p_q) 
特に子を持つ親としてそりゃ仕方なかったとは思うのですが、それに
しても弥太郎・・・

どれだけ子供への愛情が深いか、灯子とのが強いか思い知らされる
巻でした。

うう・・・弥太郎に惚れる。 (ノД`)
まだ若かったのね。

文の記憶の「先生」がおじいさんみたいに思えていたのでまさか玖太郎の
父親だとは思ってもみませんでしたもん。

玖太郎にかけられた術とは「銀のうみへび」の力を封印し依り代となるの
を止めるものだったんですね。

弥太郎だけでなく、玖太郎にも入り込んでいたとは。
そりゃえらいこっちゃですわ。
なんとしても止めなくては。

白のクイーンの力で今は封印が出来ているようですが、そのための代償と
して文の記憶が必要だったんですね。

なるほど。
で、記憶を無くした文を敵から守りながら、かつ色んなことを教えていく
先生として灯子は弥太郎を選び、託したようで。

こんな厳しい依頼は弥太郎にしかお願いできなかったとはいえ、辛いです。
弥太郎としては灯子の思いがわかるから、当然として受け入れてますけど。

そして灯子は文の代わりに一時的に白虎の大病を引き起こした大蛇を封印
する器となり、弥太郎に自分を殺させたようです。

あらら・・・
もう哀しすぎるというか、災難続きというか・・・

最愛の人を自らの手で殺さなくてはならなかった上に、息子とも離れ離れで
蛇を退治しては自分の中に取り込んでいかねばならなかったとは・・・
​自罰の悪意に染まった化物​になったとしても、誰も責められないですよね。

はぁ・・・

灯子がクイーンの力を持っていたことにはびっくりでしたが、その力を
弥太郎に対し使っていたことにもびっくりでした。

何れ灯子のクイーンの力を行使され続けた者は己の人格を損なうとか。
どっちへ転んでも弥太郎にはしんどい道しかなかったようですが、それは
灯子のために働いた結果だから本望のよう。

愛がすぎです。 (。>д<)。・゜゜

灯子も弥太郎が地獄をみることをわかっていても敢えてそれをお願いする
あたり、相当弥太郎を信じ、弥太郎に負けないくらいしてたってこと
ですよね。

もう泣くしかないじゃないですか。
が強すぎる・・・
しかも二人が守ったものは未来を託せる子供達。

弥太郎は文を育て、玖太郎は玄武のみんなで育ててきたんですね。

時期が来なくては話せなかった内容でしょうが、貴也もよく頑張ったと
思います。
ほんと、白虎の大病、こんな大層なことだったとは・・・

で、なんだかんだと大変なところで玖太郎は文に告白。
一番つらくないことからやってみろと言われ、言いたかったから言った
と開き直り、玖太郎はやっぱり空気の読めない可愛い子ですw

文がふゆちゃんだとわかってからずっと押さえてた気持ちですもんね。
箍が外れ、溢れ出す思いを思いっきりく出してますv

文も実は玖太郎の心を独占してる「ふゆちゃん」に嫉妬してたところも
あったけど、それは過去の自分だったとわかって嬉しいでしょうね。
今はそんな余裕もなく戸惑いのが大きいでしょうけど。

が、なんとまたもとんでもない案件が発覚。
白のクイーンが蛇たちを殺すためには「代償」がいるようで。
それは10年前の文と今の文のどちらが消えるってことのようです。

え~~~~~!? 
どっちも文なのに!?

これはもう今の文に残ってもらうしかないでしょう???
ってことは文が自分で10年前の文を消さなくてはならないってことなん
でしょうね。

うわぁ・・・これはまた厳しいことになりそうです(><)

​​​​​​​​​​​​​​​今回も面白かったですw
これまでの感想はこちら



ついに“虎徹”がタイから極秘帰国!
「押し買い」から街を守るため、志のぶとタッグを組むことになるが…?
はたして、巻き起こるのは幸運?災い!? 
他、ティアラを巡る大物カップル婚約破棄騒動や、外商・顕ちゃん
絶体絶命の濡れ衣事件など、全4編を収録!
一家離散事件に関わる重要人物がさらに登場し、“謎”が大きく転じる
見逃せない第8巻!

虎徹、滅茶苦茶頼りなさげな子だけど、顕定の役に立ちたくて顕定のため
に宝石のバイヤーになったみたいだし、幸運の女神に愛されキャラみたい
好感。

志のぶとの偶然の出会いも幸運というか、石が導いたというかなるべくして
なったというか。

虎徹の生い立ちも出自は顕定みたいなことはなさそうだけど、幼少期に苦労
してそうだし、相通ずるところがあるのかも。

ってことは鷹さんも幼少期が大変だったとか繋がり??

今回は製粉会社創業者の御曹司元に嫁ぐ婚約者が麦の穂をモチーフにした
ティアラを結婚式に付けたいと思った話はなかなかよかったです。
わがままに見えてちゃんと意味があったんですねw

それから秋元夫人に嫉妬した小野山が秋元夫人お気に入りの顕定を陥れよう
としたけど、社交界のおばさま方がみんな秋元夫人の方を信用してるし顕定
のファンだしでりに燃えてるのには笑いましたw

ちゃんと濡れ衣の証拠も出てきましたしね。
顕定と秋元夫人の繋がりも判明しましたが、まさか秋元夫人は顕定父に
ていたとはw

いやいや、ここに登場するおばさま方が一様にミーハー揃いで親近感ですw

そして志のぶが顕定と乃和のことでモヤモヤした気分になっているのは非常
​良い傾向​ですねv
そうやって少しずつ気にしていって欲しいものです。

志のぶは虎徹にだけは鷹さんが石を“浄化”する力があることを教えましたね。
二人の間の秘密ってことで。

今後、この虎徹がいい働きをしてくれそうなので楽しみです。

が、顕定の周りには志のぶや鷹さん、虎徹がいてなかなか良い感じと思って
いたのに、次巻では婚約解消を志のぶから言い出すようでどゆこと??

本格的に顕定のやってることに関わるために決めたことだとは思うのですが
よくわからず。

取りあえず顕定が動揺することを期待して待つとします♪
​​​​​​​​​​​​​​​顕定が無意識に不安になるとかみてみたいですv