FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年09月28日 (日) | 編集 |

ついに「ばらかもん」も最終回ですよん。
さみしい。。
原作のハートフルっぷりが大好きなこの作品ですが、上手いことアニメ化して
もらえてすごく嬉しいですv
特に子役は本当に子供の役者さんが声を当てていたのがよかったですね。
なるは原作も好きなんだけどアニメでの方言がとても自然で、素敵ななるっぷり
でした!

東京に帰ってた半田先生が島に戻ってくるのを待つ子供達。
原作ではなるは先生の声を聞くまでずっともぬけの殻状態だったんですが、
そこはアニメではカット。
どれだけ先生がなるの生活に入り込んでいたかがわかるというか、親の姿の
見えないなるにとって先生の存在がどれだけ大きくなっていたかをまざまざと
見せつけれる場面なので欲しかったんですけど、アニメではそこまでじーーんと
させなくてもいいかってことだったんでしょうかね。

子供達は先生が帰ってくる前に家をきれいに片づけておこうとしますが・・・
それにしても散らかし過ぎだよねwww

その頃、東京では先生はお母さんからの帰っちゃダメ攻撃を受けてましたw
アニメでは一層若くなって鬱陶しさが増してますね(^^;
決して悪いお母さんではないのですが・・・
先生のことが心配でたまらないんですよね。

島の環境について気にしてるお母さんに対し、土地や人柄は心配ないとお父さん。
若い頃、自分も島に住んでいたことがあって・・・
その頃の写真を見ることに。

あれ?一緒に写ってる赤ちゃんの話もカットだ。。
ま、まだいいか。
で、原作以上に川藤が被害に遭って気の毒ですwww

「この先を決めるのはお前だ」とお父さん。
先生としてはどこにいてもどうせ引きこもっているのなら東京の方が便利なはず
だと思うのにどうして自分は悩んでるのだろうかと・・・。

そこに島からの荷物が届き・・・
みんながいろんなものをぶち込んでますwwww
美和とたまの書いた字も束になっていて・・・
二人の課題の結果を知って、一緒に喜んだり励ましたりすればよかったという
半田先生。
さすがにお母さんも息子の成長した姿を目の当たりにし、これ以上は島行きを
反対できなくなります。
息子が誰かに必要とされてて、それに対して何かしてやりたいと思ってること
なんてこれまでなかったでしょうからね。

面倒臭いお母さんですが、決して悪い人じゃないんですよねww
暴力的ではありますが(^^;

そして、いよいよ先生が帰ってくる日がわかり、今度こそ部屋を片付けようと
する子供たちwww
全然片付けてなかったんですねwww

ヒロシが来たことでやっと片づけが始まりましたww
あれ?
霧で飛行機が飛ばなかった話はなくなってる。
これも仕方ないかw

「痛い目を見たから衝動的な行動はなくなるだろう」という館長でしたが、残念な
ことにそれはないようでwww
でも、未来を見据えて行動して欲しいという願いには応えてますよねw

迎えにくるはずの郷長は来てくれませんが、代わりにまたもなるのじいちゃんが
通りかかりました。

初めに島に来た時と同じ状況。
あの時は天気が悪かったけど、今日は天気がいいから海だ綺麗だと感じる先生。
でも、じいちゃんは普通だと。

そして普通が一番と先生。

随分と感じ方が変わってきてますよね~
肌を撫でる風の感じ方も違ってきてて・・・
この変化が嬉しいですよね。

ああ・・・いいなぁ島。

先生の帰りが待ち遠しくてたまらない子供達w
先生が入って来たと同時に飛び付くなるの顔がよかったですね!
アニメの演出いいv

いきなり書展の結果を聞くなるにビビる美和たち。
いい結果だったのかと訊かれ「まぁな」と笑顔で応える先生。

子供達は喜びますが、でも先生は大賞をとっていたわけではないんですよね。
この変化も大きいところ。
自分の字や方向性が見えたことが今回の書展の収穫だったのでしょうね。
自分が今一番大切に思っているものを題材にしたと先生。

原作よりもデレてるwww
可愛いwww
そして、字が全然原作とう!!!

正直、原作の字ではアカンのやないかなと思っていたのですが、さすがアニメの
字は素晴らしいwwwww

「嫌なことがあってもみんなといると楽しい」というなる。
核心をついてきますねv
「何も考えず楽しんでるお前らをみると感化される」と先生。

「この時間こそ大切だということだ」
「わからない」

たった3カ月あまりの島での生活ですが先生をこんなに変えてしまいました。

ああ~いいところで締めてくれましたね!
最初からここに持ってくるつもりでエピソードを配置していったんでしょうね。

半田先生の粗削りな若さはちょっとこなれてきた小野Dではイメージが違ってた
というのが正直な私の感想ですが、声のイメージよりも生き生きと半田先生を
演じる小野Dと子供達とが作り上げてる空間がとても心地良かったです。

半田先生の戸惑いがたくさんの子供達と演技する小野Dの戸惑いと重なってて
すごく自然に「ばらかもん」の世界が作られていたように思います。
この余分な力が入ってない、作り過ぎてない雰囲気が新鮮でしたね。

原作をそのまま再現してくれただけでなく、方言を多用することでより一層島を
感じることもできました。

とても気持ちのいいアニメ化だったと思います。

毎回、ほっこりと和ませてもらえました。
綺麗にまとまっていい作品になったのではないかと思います。

いや~~ありがとうございます。
スタッフのみなさま、キャストのみなさまお疲れさまでした!

さて、アニメは終わってしまいましたが、今度は原作新刊の感想を書かねば。
「はんだくん」の2巻もありますしね。

「ばらかもん」は島でのハートフルな生活もいいのですが、先生のヘタレっぷりと
なるの逞しさが対照的でいいんですよね。
早くなるが大きくなるといいなとwww

イケメンなのにまるで女性に縁がなくて(本人も興味が無さ気でw)孤独死しそうな
先生が、なるや島民たちと一緒に過ごすことで人として成長し、いつの間にか嫁さん
までもらって島に住み着くって話、いいじゃないですか!
ぜひそれ読みたい。

全く先生はなるのことなんて異性として眼中にないんだけど、ある日突然気になった
らいいと思うwww
なるはきっとこの先もガンガン攻め続けるでしょうねw
相手にしてなかった先生が、ふと、なるを異性と感じた瞬間を見たいですねww

まだまだ先になりそうですが、楽しみに待っていようと思いますv

ばらかもん(10)

ばらかもん(10)
著者:ヨシノサツキ
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2014年09月27日 (土) | 編集 |

OPがないのが最終回っぽいけど違うんですよねww
半田先生は久しぶりの東京。
今回作画がなんだかwwwww

川藤のところへやってきたものの、川藤に「これだけデカイと立派」だと言われれば
大きさしか褒めるところがないのかとネガティブ思考がまだ続行中。
久しぶりに館長に会うってことでもう緊張MAXの半田先生。

小野Dがすっかり半田先生になっちゃっててwww
半田先生がドキドキしてるのか小野Dがドキドキしてるのかってくらい笑ったw

突如、現れる館長。
半田先生は改めて館長をみると杖を使ってることに気づき・・・
そんな腰も悪く、歳もいってる館長を自分は殴ってしまったのだと冷静に自分の
行ったことを振り返り反省。

いくら頭に血が昇っていたとはいえ「オレは最低な人間だ」と心から申し訳なく思い
自然に頭を下げていて・・・
先生の口からは謝罪の言葉が・・・

「本当に申し訳ありませんでした。もっと早くに謝るべきでした。
殴ってしまったことも許してもらえるとわかってから出てきたことも」

心から詫びる姿と老体をいたわる気持ちを身につけていた半田先生をみて
館長は説教するつもりでいたけれどその必要はなさそうだとします。

「もう二度と衝動で動いてはいけないよ」
半田先生に対して、いつも館長は成長することを望んでいたんですよね。
それに気づかなかったのは半田先生の方。

島へ行ったことで人として半田先生にも変化がたくさんみられ、たった3カ月強でした
がちゃんと成長してましたv

ところが・・・
自分が自信を持って出展しようとした作品なんだけど、いざ館長に見てもらう緊張に
耐えられなくて・・・・
なんとこれは試作だといいだし、水をぶっかけてしまって・・・!

もう、なにやってんだよwwwww

ホントおバカだよ、この先生ww
見てらんないよwww

館長は大賞でもいい作品だってちゃんと認めてくれてたのにwwww
見違えるほど面白い字を書けるようになったって、字から感じられる情景や心情
まで評価してくれてたというのにね。

「笑っちゃダメ!」って川藤の気持ちが痛いほどわかるwww
川藤にしたら半田先生の緊張が分かり過ぎるほど分かるっていうか、もう笑えて
仕方ないだろうねwwww

迎えが来ていると館長が向かった車は・・・
先生のお父さんの車でした。

で、大事な作品に勢いでお茶をぶっかけてダメにしてしまった半田先生。
なんとか出展用の作品を書こうと頑張りますが、島にいたときのような字が全く
書けなくて・・・

またも小野Dと半田先生の境目が消えましたww
締切を明日に控えうろたえる半田先生。
終いには島を思いだそうと、なるたちとやっていたことを川藤らと始めますが・・・

もうおバカだよね。ホント何やってんだかww

先生のお母さんがショック受けてます。
ツンデレだった息子がツンバカになってしまったとwwww
このお母さんも強烈なんですけどね。
ま、子供への思いがちょっといってことでwww
アニメ母は原作よりも一層若くなってます(^^;

なるになって半分遊んでた川藤でしたが、先生が本気で書展に向き合ってることが
わかると手伝ってやることに。
ああ・・・川藤いい奴
そして本気のイケメンボイス@べ様wwww
いい声ですわwwww

川藤は半田先生が元気を取り戻せるようあっきーにみんなを集めてもらっていたの
でした。
みんなの声を聞いて島での調子を取り戻す先生。

子供たちの声を聞いてたらこっちまでジーンときちゃいましたね
ああ・・・いいわぁ。。

原作では島の子らはほとんど標準語なんですけどアニメでは方言なんですね。
これが当たってる!
最後のなるの言葉も・・・
上手いなぁ・・・
泣きそうになっちゃいましたよ。。
早く先生帰っちゃえ!!

「まっちょっけんね~」

子供たちの声に一気に創作意欲いてくる半田先生!!
急いで探し始めたのは島民のリスト。

そして渾身の一作が出来あがりました。
タイトルは「石垣」

さぁ いよいよラスト1話ですね。
上手に構成持ってきましたね!
やってくれるやんv


ばらかもん(10)

ばらかもん(10)
著者:ヨシノサツキ
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



ばらかもん 1-10巻セット

 

はんだくん(2)

はんだくん(2)
著者:ヨシノサツキ
価格:540円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2014年09月21日 (日) | 編集 |

ほとんど原作どおりの構成でしたね。
セリフとかも同じだったんじゃないのかなと。

いい字ば書けたと満足したものの、いざ東京へ送るとなると不安になる
半田先生。
自然エネルギーからインスピレーションをもらってノリノリで書いた字は、
本当に自分の字だと言っていいのかと。。

この島にいるから書けたのであって、東京に戻っても同じ字が書けるとは
思えず・・・。

落選の許されない書展でノリで書いた字で勝負に出ていいのだろうかと
ネガティブ思考に陥り・・・

いやいやこの半田先生が面白いんですけどね。
このグダグダ具合がwwww

思わずなる相手に相談しちゃうという。。

半田先生は几帳面にぴっちりと揃える仕事が向いているということでなるの
じぃさんは神社に寄付をした人たちの名前を書く仕事を先生に依頼。

久々に規則正しい字を書くことにワクワクする先生。

が、川藤からの電話で「帰る」と。
例の館長もそろそろ戻ってきてもらおうかって言ってましたしね。

夏まつりに誘われ出かけるも「まぁ最後だからな」なんて先生(><)
なるやひなを引き連れ祭りを楽しんでます。
これまで書展で忙しくて祭りというものにでかけたことがないんですよね。

しかし、バスケットボールのフリースロー大会では・・・
残念なん結果にwww
緑の人のときはあんなに入っていたのにねwwwww

東京へ戻ることを言おうと思った先生ですが花火大会が始まってしまいタイミングを
逃してしまいました。。
先生は何も言わず東京へ。

なるはいつものように先生の家に遊びに来ますが、先生はいなくて。。
部屋には先生が書いた神社の名簿が残されていて・・・


ああ・・・先生 帰っちゃいましたね。。
誰にも何も言わず。。

なるは先生がいなくなってどうなってしまうのか!?

ばらかもん終わって欲しくないですね。
っていうかすぐではなくてもいいので2期欲しいです。
こんなにほっこり出来る作品は貴重ですv


ばらかもん(10)

ばらかもん(10)
著者:ヨシノサツキ
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2014年09月10日 (水) | 編集 |

ほっこりタイムのばらかもんも終わりが近づいてきてしまいましたね。
ぼーっとみるのに最高なんだけどww

気分転換に風呂に入ろうと思ったら・・・
風呂が壊れてしまいました。
原作だと普通にボタンでガスで沸かすお風呂だったんですが、アニメは本格的。
でも壊れるのは同じ。。(^^;

郷長が家の風呂にくる?
ってセリフはカットでいきなり「じゃ~~ん、風呂釜」

薪風呂を勧められちゃいましたwww
これだけは見て見ぬふりで避けていた半田先生だったのにねww
嬉しそうに枯れ枝を集める郷長。

半田先生には追い炊きしてくれる人がいないからちょっと熱めにお湯を沸かさないと
ってことで彼女がいないのか質問してくる郷長。
ずっと字ばかり書いていたし、孤独死するタイプだから・・・っと半田先生。
郷長、否定せずwww

先生の家から煙が出てるのを見つけ、なるが慌ててやってきますがお風呂だと知り
一安心。
それならなるにも出来ると火の番をすることに。。
湯に入りほっこりする半田先生。
なるが人生の伴侶でいいよね!
何だってできそうだよ。

美和とタマもやってきましたw
悪いことが起きる予感しかしませんよねwww

「わぁ~~~大変だ!」
早速大声を張り上げて先生の裸を見ようとする二人wwwww
タマはカメラまで用意ししてるしねw

マンガの資料にしようとしていたようですが、さすがにマンガでも全裸はダメやろう
ってタマに「先っちょにモザイク付ければ大丈夫」とタマwww

先生、気が休まりませんwww

原作では郷長とか美和たちが甘夏を入れてくれるのですが(湯が見えないくらい)
アニメではなるまで逃げていってしまいましたwwww

公園でのヒロシと先生の大人げない攻防戦も笑いましたね。
現況は隣村の公園を占領してしまった美和とタマのせいなんですけどwww

大人の威厳の欠片もないヒロシと先生でしたが、アッキーが現れたことであっさり
解決。
アッキーが一番大人でしたww

そしてこの後、ターザンごっこへと繋がるのか。
なかなか上手い構成です。

子供達と不本意ながら一緒に遊び不毛な日々を過ごす先生。
本当はもう書展の締切が近いから何かしらしないといけないんだけど、何もできず
ただ創作意欲がわく瞬間を待つだけで・・・。

が、帰り道、夕陽を見ていた瞬間にそれはやってきて・・・!!
先生の手にビリビリと書の神様が降りてきた!!!

っと思ったのに、先生・・・遭難www

なるたちとはぐれてしまいました。
夕陽が沈み、辺りは真っ黒。。

元の道に戻ろうにも足を滑られせてしまって・・・。
こんなところで孤独死なんだろうかと心細くなる先生。
が、が落ちているのを見つけ・・・
それは美和が無くしたと言っていた先生の家の鍵

よくよく考えてみれば裏山だからそんなところで遭難するわけがないと平常心を
とり戻す先生。
ふと見上げると満天の星空。。

感動しているところでライトが当たり・・・
美和たちがやっと探し当ててくれましたw
なるも泣いてるんだけど、先生も泣いてるwwww

そして、家に帰ると一気に創作開始。
書の神様が降りてきたせいか、笑いながら字を書き続ける先生。
郷長はお仕事中だよねっと、そっと救急箱を置いて帰りました。

書き上がった字は黒く塗りつぶされた紙に一文字「星」
インスピレーションで書き上げたようです。

ん?
原作だと満足そうな表情だったのに、アニメではちょっと不安そうな顔をしてました
よね。。
これって・・・アレなのかな。。

おお・・・そして、ラストで電話キマシタネ。
「帰るよ」

やっぱりここでキリにするわけですね!


ばらかもん(9)

ばらかもん(9)
著者:ヨシノサツキ
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



ばらかもん 10

2014年08月31日 (日) | 編集 |

突然ですが、私は字が美しい男、です。

今回はなるメインの話を持ってきましたね。

なるのお誕生日ってことで美和とタマは半田先生から会費を徴収してホールの
ケーキを買いにいくことに。
半田先生はなるに何をプレゼントすればいいのか悩みますが・・・

セミうるせーなーと思っていたら思いついたのがカブトムシ。
ケン太に頼み込んで一匹もらおうとしますが、すでにケン太がなるにカブトムシを
100匹プレゼントするつもりでいるようで。

それにプレゼントが被るのは嫌だと。
そりゃそうだよね~
他の子らはお菓子とかもう考えてるようです。

そこで半田先生はカブトムシが捕れるんだからクワガタムシも捕れるだろうと・・・
カブトムシより、クワガタムシの方が臭いもないし、年越せるしいいよねww
半田先生は知らないだろうけどwww

ところが、いざ、捕まえようとすると・・・
半田先生、クワガタムシを触れませんでしたwww
これだから都会っ子はwww

顔に止まって大騒ぎして梯子から落ちるわ、ヘラクレスオオカブトを見つけて
これまた落ちるわで・・・
まったく使えませんねww

しかも半田先生が落ちた拍子にヘラクレスを潰してしまったようで・・・
もったいない!

が、そんな半田先生にケン太は「なるのために頑張ったのだから」と自分が
捕ったクワガタをあげます。
ケン太いい奴!

半田先生みたいに本気で遊んでくれる大人がなかなかいないから嬉しかった
ってこともあったようですv
ところが半田先生は遊んでるつもりなんてさらさらなく、本気で負けたくないと
思っていただけ
だというwwww

ところが半田先生はクワガタが掴めず、やっと掴めたと思ったら持ち方が悪い
からまれてしまいます(><)
痛みでクワガタを離してしまい・・・クワガタをがしてしまいました。。

ホント使えない先生ですww

早速、半田先生の家でなるのお誕生日会の飾り付け。
ケーキも名前入りで用意でしたようですv

美和はぷちぷちをタマはクジャクの羽根(拾ってきた)をプレゼントにするよう
です。
なるのツボを掴んでるってことですが、何ともwwww

なるが入ってきたらクラッカーを鳴らず予定が、クジャクの羽根でくしゃみをした
半田先生フライング。

でも、アニメではそれがナイスタイミングになったようですv
原作では完全にフライングしてたよねwww

で、半田先生が用意したプレゼントは・・・
「なんでもいうこときくけん」
小学生のプレゼントみたいですよねwww
みんなにはバカにされますが、なるは大喜び!!
うぉ~~~おおおおお!!!
ってなるの大絶叫が良かったv
先生が怖がるくらいの喜びようでww

それにしても半田先生女の子や子供の力に負けて半裸にされてるってwww
原作ではもっと先にバレてたのでこのシーンはアニメオリジナル。
まさかのサービスシーンとなりました♪

Bパートはお盆ってことでなるの家の墓参りに先生も一緒に。
墓の火の番を任される先生。
まずは提灯を付けるようですが、そのろうそくの火が消えるまではお墓の番を
してないといけないとのこと。
なるは花火まで用意してます。

先生は他人が墓に入るのはどうかと気にしますが、ろうそくが上下してる様子
から、なるのおばあちゃんも喜んでるらしいということで頑張りますv

島のお墓参りの風習はかなり独特で・・・
あと、オンデってのもびっくり。
初盆の家のお墓の前で踊るようですが、ヒロシが助っ人で入ってました。

なるのおばあちゃんのお墓にはたくさんの人がお参りに来ます。
これまではなるが一人でお墓の番をしていて毎回、おじいちゃんが戻って
来るまでは退屈してたようですが、今年は先生がいるから帰りたくない気分
だと。
なるにとってはよっぽど楽しかったんでしょうね。

半田先生はそういえば、なるの両親をみたことないなと思います。
いつも誰かと一緒にいるから気付かなかったけど人並みに寂しく感じてる
んだろうなと。
「オレが暇でいるうちは構ってやるか・・・」っと半田先生。

なるのおじいちゃんはなるが半田先生に懐いてることを好ましく思ってるん
でしょうね。
先生もすっかり島に馴染んできてるようですし。

なるは先生が大好きだし、このままずっと島で暮らしたらいいいのにね。
なるくらいじゃないと先生にお嫁さんなんか来ないと思うしww