薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

ボールルームへようこそ 19話感想

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​いや~~~~今回は明が持って行きましたね!!
上手いわ、悠木さんwいい味出してる!

では今回も原作ネタバレ入れながらの感想です。
ご注意を。

今回は今までになくゆっくりペース。
ほぼ原作を拾ってましたね。

ただ、1カ所清春と賀寿がトイレにいるとき、審判員も個室に入ってるところが
カット。
あそこ面白いんですけどね!!
個人的に凄く好き!

「タンゴで見せた無駄な気迫はあの組なりのこの種目の表現の一つと思っていた」
のに、スロー・フォックス・トロットでは“重厚感と滑らかさ”や“優雅さ”が特色の
ところを​​威圧感​​見せてくるわ、クイック・ステップではろしい​形相​​
踊ってカオスだわで・・・
​「彼らは一体何と戦ってるんだ」​
って審査員が大混乱するんですよ。

全く美しくないしペアの一体感もあったもんじゃないし、音楽性も表現できてない
なんて思うわけですが、2次はそんなレベルで評価する段階じゃないことに気づいて
ますます大混乱するというw

多々良たちが目に入ってしょうがなくて、挙げ句、他の組を見そびれてしまい
「すまないな1ヒート目の選手たち 適当にチェックいれたぞ」とか言い出して。
他の先生方がしっかり採点してくれてることを願ってるしw

いかに多々良たちが滅茶苦茶だったかがわかる笑えるエピなんですが残念ながら
カットでした。
ぜひ原作でご確認くださいませ。

2次予選散々だったため結果を見に行くのが怖い多々良と千夏。
そんなことならもっとちゃんと踊ればいいのにねw

険悪なムードだったのにフルチェックで3次予選進出を知ると満面の笑みw
現金な奴らですv
釘宮さんが二人の写真を撮ってくれるのびっくりですよね。
そんなことしないタイプだと思ってたのに割と普通の人で。

2次予選に入って多々良の踊りが変わってきたことに気づく千夏。
時折伺うように“自分”を出してきたと。
多々良にしたら自分を出したってより、どうしていいかわからなくて半ばキレ
ながら踊ったって感じですけどね。
相手を伺うことをしなくなったってことでしょうかね。

千夏は明の踊りなんて気にしてる余裕はないって言ってますが、明たちが踊って
る時は見てるんですよね。

千夏は多々良だったらどの選手を準決勝に進ませるかと聞きます。
まず外観でマイナス要素がある人はアウト。
釘宮はインポートのインナーにテールコートは国内で特別にカスタマイズ。
そりゃ一流感醸し出すわけですわ。

女性の衣装ってより、まずは男性のシルエットに目がいくものなんですかね。
いい燕尾だと一色35万円以上だときいて多々良蒼白。
とても学生のバイト代では賄えませんよね。
家が金持ちでないと色々と厳しいようで。

仙石というお助けマンがいてホント多々良はラッキーでした。

ここから先はこれまでと違い“印象審査”で篩にかけた後は実力勝負の“比較審査”
だと千夏。
手の位置、足の位置など動きの細部を見られ“美しさ”を見られるってことで。

っと、釘宮組と峰組の構成内容が一部被って・・・
全く同時に同じ足形、進行方向まで同じ・・・

ひぇええええええ 
隣でお手本を思わせる釘宮組の美しいスローアウェイ・オーバースウェイ!

難しい身体の使い方はわかりませんが、踊りに美観を加える身体全体のしなり
中心がくびれた花瓶から花が外へ広がってれて出て行くような曲線​になって
いるのがいいそうで。

確かに釘宮組は美しい。
それに比べると峰組は曲線が作れてませんね。

「花瓶とビア樽」はさすがに酷いのではと思いますが、峰さんもしなってないし
明もいろいろ出過ぎてて。
ここはアニメ描写は非常にわかりやすくてよかったです。

動作の仕組みを解剖学的に考えなさいと指導するマリサはさすがですよね。
仙石は天才というか直感で踊ってる感じなので動作を他人に言葉で伝えるのは
苦手そう。

ま、多々良の場合、見て覚えろでいけてしまうような気もしますけど。
マリサの作画が素晴らしい。

多々良はマリサの言葉を実際に踊ってるダンサーたちに当てはめることでようやく
その言葉の意味が入ってきて・・・

井戸川さんよりもちーちゃんの方がスペースが大きい。
「花瓶から“美”を溢れさせなさい」がったようです。

ここの演出よかったですよね。
おそらくこの子が会場で一番“美しい”

千夏の実力がいかほどかを多々良がしっかり理解しましたv
これがOPの「咲き誇れ美しい人♪」のあの千夏に続くわけですわ!
あそこホント​鳥肌​立つほど好き!!

多々良の観察眼なら当に気づいててもおかしくなかったと思うのですがそれだけ
余裕がなかったんでしょうね。
目の前のことでいっぱいいっぱいになってましたから。

千夏の美しさ=実力を理解した多々良ですが、あとはその千夏をどれだけリード
出来るかに掛かってくるわけで。
これが難しいんですけどねw
明には組が上手くいってないのに目を爛々とさせて踊る二人が不可解なよう。

峰は知り合いがたくさん見に来て緊張してしまって上手く踊れないようですが
一番は奧さんが見てるからでしょうねw
そりゃ秘密がバレたんだし涼しい顔して踊れないよね。

明は峰に踊りにくいからしっかりしてくださいと、これまで遠慮して言わなかった
ことを言いました。
有りがちなことだと思いますが、趣味で楽しくやるのなら面倒は避けたいでしょうが
より高いレベルで踊るなら遠慮はアカンでしょうね。

が、最初は多々良も千夏に対しこんな感じでしたよね。
遠慮というか伺いというか・・・

ところが千夏はダンスを辞めたとか言ってたくせに、いざもう一度始めたら中途半端
は出来なくて・・・
まるで遠慮がありませんでした。

千夏の方が経験値高いのに多々良のレベルに合わせず自分を固持して。
多々良に踊りにくいと文句ばかりで協力しようともしなかったですし。
より初心者の多々良にしたらどうしたらいいのかってとこでしたけど、この遠慮の
なさのお陰で早急に多々良の問題点が浮かび上がり成長を余儀なくされたという。

千夏としては自分たちの喧嘩は建設的なものだという自覚はあったようですし。
多々良が自分に全力でぶつかってきていることも認めてます。
だったらもう少し歩みよればもっと多々良が混乱せずにまとまったと思うんですが
それが出来ないのが千夏ってことで。

千夏が明を認めなかったのは「ダンスなんて別に好きじゃない」ってスタンスだった
からのよう。
自分は本気でやってるのに噛み合ってないと感じてたんでしょうね。
多々良はぶつかってくるけど、明は手応えなしだから期待もしなったという。

と・こ・ろ・が
明が見ていたのはダンスじゃなくて千夏だったんですね。
だからこじれてたのよぉ~~~~

小学生時代の回想入りましたv

明にしたら「ダンスなんて別に好きじゃない」は千夏のそばに居られるのだったら
別に何でもいいってことだったんですよ。
それを素直に口には出せないから、つい憎まれ口のようなことを言ってしまっだけ。

はぁ・・・面倒くさいですよねw
千夏よりもはるかに明の方がややこしいw
千夏は明の複雑な乙女心なんて気づいてなかったでしょうね。
まさか自分と手を繋ぐ度に明がドキドキしてるとはw

いや~~~~それにしても小学生の時、あんなに大人しい系だった明が変われば
変わるものですよね。
ぽっちゃりで可愛かったのに・・・
羨望嫉妬独占欲が入り乱れて禍々しい成長を遂げたようですw
女って恐ろしいw

千夏はまんまの成長をしてるようですがw
後先考えないで行動に出ちゃうのは今も変わってなさそうw
後から後悔するところも。

それにしても男子もまぁ小学生の頃なんてあんな感じで好きな子にちょっかい
出してしまうものなんでしょうが、モブの女子たちがね。
いじめられっ子だから一緒に居ない方がいいよとか誰に教えられるんでしょ。
こっちの方が問題ありだわさ。

で、千夏たちがダンスを始めた頃、清春や賀寿たちとも会ってたんですよね。
マリサはしいし賀寿ママも可愛い!
小さい頃は雫の方がちと大人っぽかったんでしょうかね。
文句なく真子ちゃんが可愛い。
真子ちゃんはお母さん似v

そうそう千鶴さんも出てきましたね。
千夏は千鶴が女の子同士でカップル組んで踊ってるときかられてたんですね。
千鶴が仙石と組んだ後もずっと追っかけていたようで。

で、ジュニア時代に賀寿たちの踊りも見てたんですよね。
当然清春たちのことも知っていて。
千夏は彼らと同じ舞台に立ってみたいと思ってたんですね。

そんな千夏を明は「さすが私の千夏は“違う”」っと思ってたよう。
みんなから千夏が孤立すればするほど明は千夏を独占できるから嬉しかったとは。
明は他の子は自分の努力を惜しむくせに他人への嫉妬だけは一人前にすることを
軽蔑してたんですよね。
そういう感覚はまともw

ダンスに対してひたむきで傲慢で頑張らない人間には無関心な千夏に特別な思いを
抱いて、自分だけが千夏を独占できると優越感に浸っていたのに千夏からは・・・

「明は別に頑張らなくていいよ」

自分も期待されてないことにショック。
明は一緒に頑張ろうと言って欲しかったですよね。

これまではなんとか千夏に絡もうとんでいた明でしたが、千夏が多々良に対しては
真面目に向き合ってると知って​嫉妬​心炸裂!!

いちゃついてんじゃないわよ
明の顔芸で引きとは最高!!!

まさかここまで明をしっかり描いてくれるとは思ってませんでしたが、これは
楽しめましたわ。
明にとってのダンスは千夏を自分につなぎ止めるためのものだから千夏が求める
ダンスとはすれ違って当然なわけですが、明はそういうことはわからないんです
よね。

なんでこの子はこんなに明に絡んでくるんだろ?根性悪そうだし・・・とか思うで
しょうが、明の乙女心を知ってしまうとね。
好きらせてここまで歪むとはw
ここから先の明にも注目です。


今回もよかったですよね!!

ちょっとゆっくり進行になったのが気にならないでもないですが。
ちゃんと着地しますよね。
原作ストックがないし、連載ではまだ都大会決着付いてないみたいなのでアニメは
オリジナルで終わるようですが、どうなるんでしょ。

取りあえず、都大会優勝カップルがアニメと原作では別ってことだけはやめて欲しい
と思うのですが。
とにかく竹内先生の健康を願うばかり。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ボールルームへようこそ 18話感想

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​アニメ清春が・・・アニメ清春がかっこよすぎて株急上昇!!
うん、うん、あのボソボソ感が清春なんだよね!!

静かに​エロ​い。
ありがとうございます。

さぁ今回の見所は「強そうでしょ?」と「ここのやつら一組残らず捲るわよ」
と「臆病者」
千夏れすぎっっww

そして清春の「最高に気持ち悪い」

どう演出してくれるのかと楽しみでしたv

では、今回もネタバレ全開にて。
気になる方はご遠慮くださいませ。

いいですね~~~多々良たちの準備から入って、清春で締めるの。
千夏が多々良の眉毛を描くとこお気に入り。

千夏のこの赤いドレスは確かにそうだしかっこいいんだけど、露出というか
肌色部分がラテン並に多くないですかね?
当然肌色の衣装は着てるわけですが、アニメだと特に心配にw

でも、千夏のこういう​攻​めの姿勢好きです。

明と顔を合わせる千夏に「そのドレス格好いいね」と普段そんなこと言わない
多々良が声をかけてます。
明と一緒になるとますます千夏が手に負えなくなるものだから、ちと心配に
なってる多々良。

​「そうでしょ?」​
千夏がドレスを選ぶ基準は自分に似合うかどうかってこともあるでしょうが
強そうにみえるかどうかが重要ってところがわかりやすいw

品定めされて視線で殺されることに「背筋が凍って寒いったらない」と本音を
語る千夏。
彼女はこれまでしおらしいところも見せてましたが、実は試合に対しては緊張は
すれど、これほどまでに強気な態度で望める子だったんですよね。
多々良とは大違い。

これまでのキャリアと自信によるものなんでしょうね。
多々良にはそれが全くないから。

千夏は客観的に見たら自分たちは組んで日も浅いし、D級に昇格したところで
この会場の底辺にいると現状把握。
でも
​「ここのやつら 一組 残らず捲るわよ」​

好きなんだ、この強気なところ!!

頑張るとか、追うとかではなくて、​捲る!!​
後ろから攻め立てて一気に追いいていくってことですからね。
全部​潰​してくってのとほぼ同義ではw
いいわ~~~こういうの。

しかもお嬢さまかと思いきや、「ここにいるやつら」ですからね。
育ちがっww

第一種目のワルツは千夏は選曲が気に入らなくて、多々良は緊張して身体が動か
なかったよう。
またも余裕の差がw

釘宮のように風格を出してる選手は決勝に残ると言う千夏。
逆に無名、地味、余裕がない選手は落とされるのだと。

多々良は自分では余裕はないけれど、千夏に言わせるとホールドが綺麗だから
審査員の目に止まれさえすれば「余裕でチェックが入る」

周りのレベルと多々良の実力差を千夏はしっかり判断出来てるようです。
どれだけ千夏が経験値高いかってことですよね。
フォローとしては経験が浅いけれど、リーダーとしてはやはり相当の実力者だと
わかりますし、審美眼も鍛えられてるよう。

タンゴでは他の選手とぶつかってすぐに動き出さずタイミングを待つ多々良。
止まったらダメってことを以前学んだはずなのにね。
たまらず千夏が多々良を蹴り上げて急かします。
原作だと位置的にかなりやばくて急所ぎりぎりだったんですよね。
ここで急所いっちゃったら終わりだったよ・・・

中央で止まったことで審査員の注目を集め、その後にスピンの連続技が続いて
見せ場になったために全員からチェックがv

明はただ再発進が上手くいっただけとか、フロアの真ん中で止まったから注目
されただけだと過小評価しますが、審査員が全員​即決​でチェックを入れたこと
にはさすがに驚きを隠せなくて。
多々良の踊りそのものが評価されたのかと・・・。

3ヶ月前までは散々だった二人が注目され始めているのを目の当たりにし、前の
大会で多々良がWTとフルチェックだったことを思い出すも、明としては多々良
を認めたくないようで。
千夏に頭が上がらない頼りないリーダーだと難癖つけて・・・

なんとか自分たちの優位性を保とうとしてるんでしょうが、多々良が千夏の暴言に
言い返してるのを聞いて​驚愕!!​

確かに多々良はここ数ヶ月で鍛えられて変わりましたw
そりゃ明もびっくりするわ。

うん、うん、いいですよね。
明が認めたくないけど段々と多々良の実力を思い知るところ。
でもね・・・これは千夏たちが自分たちよりも下であって欲しいってだけの思い
ではないのですよね。

実は明は千夏以上に複雑w
面倒な奴なのですw

もし多々良が試合に飲まれて踊れなくなったって付き合ってやらないという千夏。
「この試合本気だからね」
「僕だって」

まさにリーダーが二人w
試合本番でもまだぶつかり合ってます。

清春は炭酸は不健康だと言ってますが、ここは原作だとラーメン。

雫は多々良たちがフロアの外でも通常通り“衝突”してるのを心配してますが、清春は
小競り合いする元気があるなら心配いらないと。

賀寿も多々良たちの衝突を喧嘩だと捉えてるようですが、清春にしたらもう二人は
喧嘩を通りこして今では立派な議論になってると捉えているよう。
議論は意見を出し合ってお互いのイメージを擦り合わせ、一つに統合していくための
作業でありペアダンスの宿命とも言える途方も無い作業。

賀寿も真子と一度大きくぶつかってますし、何事もなく進んでる組の方が実は相手
を理解しようとしてなかったりと問題を抱えているのかもですね。
遠慮があったりで表現の邪魔になってたり。

衝突して始めてお互いの考えていることがわかり、統合へ繋がるってことかな。
やっと二人も本格的なペアらしくなってきたってことでしょうね。
より良いダンスにするためには必要な過程ってことで。

1次予選はフルチェック。
千夏は当然と思ってますが、多々良は人生初のフルチェックに興奮w
ここにも温度差がw

そして・・・現れましたよ・・・ご家族ご一行様方がw
ここからがまた揉めて面白いんだわ。

千夏の弟妹をみてみんなデコが広いと多々良w
お姉ちゃんの髪型をウンコみたいだとはっきり言う弟もまた強気な子w

で、峰さんですよ、峰さん。
家族にはまだ社交ダンスを続けていることは内緒。
今日も出張だと言って家を出てきたというのに・・・
なんと奧さんと娘さんが・・・

明のオトンは余計なことをしてくれちゃったようです。
峰さんの奧さんを見た時のきの顔がっw

「お母ちゃん、明ちゃんっておっぱい大きいね!」っ娘の台詞はカットか。
この母娘、結構好きなんですよね。
峰さん顔怖いし、性格も怖いのかしらんと思えばその
奧さんも若い娘に現を抜かしてるって亭主を怒鳴りつける鬼嫁タイプかと思いきや
うんですよね~~~

細かいこの親子のやりとりは原作で。
多分カットされてしまうから。

まぁ峰さんも黙ってたわけですが、未だに家族にダンスのことを伝えられてない
多々良を千夏は​「臆病者」​と。

多々良の考えていることは未だに全然わからなけど多々良という人間は見えてきた
気がするという千夏。
随分な仰りよう。

あんたは最高にいい奴だけど私はもっと強くて怖い奴が好き

ま、私もそうですけどね(^^;
だけど今日はお互い自分に嘘をつかずにいかなきゃってこととはいえ、今多々良に
それを言って良い踊りが出来るのかと。
千夏の好みはこの際、どうでもいいんじゃ無いかと思うんですけど。

多々良はホントに気の毒なくらい振り回されてますよね。
それによって恐ろしいくらい成長もしてますが。

自分たちにとって最後の日かもしれないのに最悪に踊りにくいのはこの子が僕を
“上回って”暴れたがっているから
もう多々良としてはどうしたらいいんだ!?ってとこですよね。

アニメだとタンゴの合わない感が凄くよくわかりますw
ああ・・・これはアカンわ・・・ってのがヒシヒシと。
マンガでは顔首振りのタイミングのズレとかわかりにくかったんですよね。

二人のけんか腰の態度を一般のお客さんはタンゴの情熱的な表現だと勘違いして
ますが、雫たちは冷や汗。

が、清春は全く問題に思って無くて。
他にも多々良たち以上に一体感のない組は大勢いるし、何より多々良のカウントは
合っているしキレイで2次審査レベルは普通にクリアしてると。

それどころか「この際、グチャグチャに乱れてくれても構わない​​​​​​​」と清春。
予選だから今のうちに失敗も試行錯誤もしておけってことでしょうが、清春から
グチャグチャ​乱​れて・・・とか・・・なんか​​エロ​​い方向にしか聞こえず​悦​

はぁ・・・もうこの辺りから多々良たちに注目してる清春がいいんですよね。

お互いにカウンターバランスを無視して邪魔し合っているのにホールドの崩壊は
おろか各自のバランスも崩さず踊っていることを凄いと清春。
なんであの状態のままダンスが成立できているのか不思議だと。

清春としてはスタンダードはお互いの協力体制なしには成立し得なさそうだと
思っていたのに二人が出来ているのは体幹が優れているからのようで。

原作では二人のように「自然にオンバランスで踊り続けていられる選手が日本に
何人いるんだろうか」とまで言ってるんですよね。

で、特に千夏がいいという清春。
身体が大きくて強い印象で海外の強豪選手にいるタイプだと。
確か千鶴もですよね。

多々良は千夏と組むことで相当えられると清春は思ってます。
鍛えられるってもんじゃなくて、混乱してかわいそうなくらいなんですけど。

パートナーに頼られず元々の音楽的感性が近いわけでもなく、体内に流れるリズムも
違うってことで組んでて相当​辛​いはずだ。
ってわかってるんだったらもう少し、助け船を出してあげてよ~~~~

実は清春たちも昔からカップル練は苦手だったよう・・・。
今はそんな風には見えないですけど、清春たちもぶつかることがあったみたいで。
アニメではここはカットされてますが。

キレながら踊る多々良。
千夏と踊るようになってからダンスが全然楽しくないってイライラ

合宿でもたくさんんのことを教えられても半分も理解出来ず、難しい言葉ばっかり
だったと不満炸裂させてます。

これまでも多々良は言葉で教えられることはなかなか入ってきてませんしね。
「僕はね 頭が悪いんだよ」

マリサからはずるいと言われ、千夏にはわからないと言われ、清春には女に寄り添う
ばかりで自分を押し通そうとしないと言われ・・・
言われ放題でだんだん多々良が沸点に近づいてます。

しかも千夏には人格に問題があるようにまで言われましたしね・・・
だけど、その性格に一番嫌気が差しているのは​自分自身!​だと多々良。

千夏はじゃじゃ馬なら苛立ちを隠さず踊る多々良も制御不能。
カップル崩壊・・・って危機的状況に、なんと清春は嬉しそう。

「そうこなくちゃ」
清春は待ってたみたいです、多々良がこうなるのを。

清春が多々良を買っていたのは多々良が三笠宮杯で感情むき出し笑ったから​
​俺の視線をったから​
あの雫を踊らせた時ですよね。

清春は多々良を感情で踊る人間だと思ってるんですね。
多々良の色んな顔を見たいと思っていて。
今更それを言葉で説明するようなことではないと思っているから多々良には
何も言わなかったんですよね。

多々良が「わからない」っていうことが清春にはあり得ないと・・・
多々良はパートナーが考えてることが手に取るようにわかるはずなんだと。

やだもう、清春ったら多々良以上に多々良のことをわかってたv
多々良の進化を誰よりもんでいるv

「何に遠慮してるのかしらないが・・・さっさと緋山に順応しろよ」

この後の演出よかった!!
千夏の中に多々良の感性が流れてきて、千夏は気持ち悪がるんだけど、それに
よって生まれる​一瞬の調和。​
思わず審査員がペンを落としてしまうほどの感動を与えたよう。

おお~~~なんか凄いことが起きた!!ってわかりますよね。
見るものの目を奪う一体感。

満足そうに多々良たちを見つめる清春ですが「富士田って最高に気持ち悪いな」
って酷いw
褒めてんだか、貶してるんだかw

でも、この清春の多々良たちへの評価によって多々良たちがいかに実力を秘めてる
のかが伝わってきます。

その上、お前はそうやって毎度毎度​問題を抱えたままんで進化していくのか​って
嬉しそう。
清春ってホント多々良好きだよなって思いますよね!!

もう雫じゃなくて多々良と踊ればいいんじゃね??とか思ってみたりw

今回は後半に向かってガンガンく盛り上がりましたね!!
演出素晴らしかったですv

多々良の感情の高ぶりまでの流れもいいけど清春がいいんだ!!
とにかく清春!!

ボソボソしゃべる感じが​エロ​くて最高!!
​ゾクゾクれ捲り。​
はぁ・・・清春これで高校生ですからね。
雫の色気あるけど、清春だよ、清春の色気!!
末恐ろしい。
いやいや期待大。

今回、BGMがしっかりタンゴだったことも良かったですv
やっぱりダンスですからね!
原作もいいですが、アニメは音と動きが付くことが強みですから、これを最大に
活かしませんとね。

作画も止まってるときは変な顔のときもありましたが、動いてるときとかここ!
って時はしいので満足v

さぁ都大会面白くなってきてますが、次からいよいよ原作9巻に突入。
ですが、まだ9巻までしかストックないんですよね。
この先は連載分があるとは思いますが、アニメでは都大会の決着まではやると
思われますので、原作より進むってことになりそうなんですけど?

どうなるんでしょうね。









​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ボールルームへようこそ 17話感想

いや~~~~ますます清春にれますよね!!
アニメの清春の方が声がついてよりエロ度が増してる気がしますv
が、やはり清春の全裸鏡前ダンスはカットでしたw

これは仕方ないのか!?
ママンの裸体は堪能できましたが、清春は早々に服着てました・・・

それどころかお風呂回のお楽しみ所が結構ばっさりで・・・
これは原作にて補完せよ、もしくは原作がより売れるように協力したってこと
でしょうかw

では、今週も原作でカットされてる部分を大いに混ぜながらの感想です。
ネタバレ不要の方はご注意を。

正面衝突する多々良と千夏。
部屋で一人で泣くくらいなら帰らなきゃいいのに、面倒な千夏です。

ホンの少し意識が及べば問題は全て解決するのに」と解決の糸口をさらりと
口にする清春。

すかさずマリサ先生が自分は忙しいからと清春をサポート役に任命。
実はマリサは清春に多々良たちが決勝にも残れなかったら来年からの留学の
援助を辞めるってことで清春を動かしたんですよね。

だから清春は多々良たちをサポートせざるを得なくなって。
じゃなきゃこんな面倒なことに清春が首を突っ込むわけはなく。

マリサとしては何れ清春は指導者にもなるから経験を積んでおくのもいいだろう
とも考えてのことで。

多々良が千夏の部屋の前で声をかけるも千夏が出てこないという状況で清春は
「お前やる気ないだろう」って強引に千夏を連れだすのですわ。

アニメではそこら辺をすっ飛ばしましたが、これはこれでシンプルでいいかも。

そして、まぁブラインドダンスを踊る清春と雫のエロいこと!

原作では清春はアルゼンチンタンゴを例に出して、それをブラインドで踊ります
が、さすがに清春の股間に雫が太もも入れてくる密着までは拝めませんでした。
が、色気は十分伝わってきたので満足。

はぁ・・・アルゼンチンタンゴをこの二人は付き合ってもいないのに踊るのだね。
これは密着度がどうって以前に官能的な踊り。

二人の人間が“一体となった何か”になった時、最高に幸福なダンスになるって清春が
言い、多々良は「​4本足の再現​ができるのか・・・」って思うのですが、この場合
4本足ってより、完全にHしてるときの一体感に近いんじゃないかと(^^;

だからね、付き合ってもいないダンスペアの関係だけでアルゼンチンタンゴを踊る
ってことはある意味、余計エロさを感じたりするわけでw

清春がDTならこのアルゼンチンタンゴは刺激的過ぎると思うのですがそれを全く
意識しないのなら、それはそれで清春好きw
もっともっと清春について掘り下げてみたくなりますわ。

アニメでも踊った後で雫が清春をぐいっと離してますが、原作ではここはもっと
意味あり気に描かれてるんですよね。
雫が目を開けると多々良に見つめられてるのが視界に入り、清春を無意識に押し
返す・・・みたいな?

雫は自分でも気づいて無い部分で多々良を意識してるんじゃないのかな・・・とか
思ったり。
身体の反応って正直ですからね。

原作だと清春は踊った後も雫を腕の中に入れたままで密着してるんですが押し返さ
れて「?」って感じになってるんですよね。

深読みかもですが、私はこの流れが好きなんですわ。
ぜひぜひ原作で確認して欲しいと思います。

千夏はブラインドダンスで視界を封じたことで身体の感覚が研ぎ澄まされるのを
体験。
でも「リーダーの動きに応える」前にさが出てきてしまって。

清春はこれは多々良に問題ありと。
つまり千夏は多々良を信用できないから次へ進めないという状態だと。

雫の場合は清春を全面的に信頼してるから全て委ねることができるけど千夏はそう
ではないってことで。

それにしても千夏は恐がり過ぎだとも思いますけどね(^^;
もうちょっと多々良を信じてあげても・・・

ってことで温泉で~す♪
別荘は輸入住宅だからシャワーのみでお風呂がないんですよね。
なので近くの温泉へ。

ここではおじいちゃん、おばあちゃんもいて、男湯女湯ともにいい身体してるね
って褒めて貰うのですがそこはカット。
ま、じじばばは真っ先に切られるわな。

釘宮が細いってことで賀寿が絡むところも、マリサ先生は下もブロンドってのも
井戸川さんのスレンダーな全裸もカット。

そうそう、千夏と雫のタオルは原作ではもっと小さいです。
そして、女湯、もっときゃっきゃうふふしてます。

賀寿がブラインドダンスの体験をするとこでは、目を閉じてる間に清春が放置して
ましたが、原作では突然、賀寿の後ろに回って襟足をギュッて引っ張るんです。
なんでそこは変えてきたんでしょうね。

予想外のところで清春の裸体を拝ませてもらえたので私としては構わないのですがw
タオル余計だけどw

それから体内で流れてるリズムのテストはアニメでは鳥肌立ちましたわ。
今更ながら清春と雫凄い!!
清春は当然凄いんだけど、それにピッタリついていってる雫もやっぱり凄いんだと
改めて思いました。

それに比べると多々良たちのズレのデカいこと。
曲が短いにもかかわらず、とんでもなくズレてます。
わずかでもカウントのズレは競技ダンスでは命取りでしょうに。

原作ではその後にもレッスンがあって、千夏は清春相手だと普通に踊れてるんです。
多々良はますます・・・
アニメでは細かいところがカットされてますから多々良の混乱度はまだマシな方。

清春は千夏と踊ったことで色々とわかったことを元に多々良にダメだしするわけです
が、ここはなくても繋がるってことですかね。

ずっとリーダー役でカップルの主導権を握ってきたのにこれまで信頼できるリーダー
と組めなかったものだから意固地になってるし、相手に期待せず自分のスタンスに
しがみつくしかないのが千夏の現状。

清春は多々良に「フォローに寄り添うばかりで自分を押し通そうとしてない」し、
踊りでも「明確に相手に伝えよう」って意志が見えないとばっさり。

う~~~ん、多々良の性格上、これは難しいことでは・・・。
人の顔色伺って生活してきた多々良ですからね。
自分を押し通すどころか、自分って何???ってくらいでは。

どんなダンスが踊りたい?と聞かれても多々良自身がわかってないですもん。
でも、清春にしたらどんなダンスが踊りたいのかもわからないってことが理解でき
ないんでしょうね。

確かに、ダンサーとして何をしたいのか=何が表現したいのか、がなければ動きよう
がないくらい根本的なことのような気が・・・

一方、千夏も自分のことで精一杯なところに、多々良が真子と組んだことがあると
聞いてより手が着けられなくなり・・・
ホント面倒くさいw

雫からみたら千夏が焼きもち焼いてるってことみたいですけどね。
千夏としては多々良が自分と真子を比べてたって思って腹を立ててるよう。
どうせ私はフォローが下手ですよ!!ってところでしょうが、真子が千夏と話をした
ことでその件については解決。

ダンスを好きで始めたくせに表現者になれなくて兄から見放された経験を話す真子。
真子ちゃんがポチパートナーって言われてるのは有名なんですかね(^^;

でも「今の日本を見渡しても私以外兄に相応しいパートナーがいない」と断言して
ますv
真子ちゃんくなりましたよね。
以前はこんな風に自身を見せることなんてなかったのに多々良と踊ったことがこんな
にも影響してて。

あ・・・雫との場面では大幅にカットされてました。
小笠原ダンススタジオが雫の母方の実家だったことも。

原作では雫と再会した時、多々良は涙を流すんですが、理由は雫がより綺麗になって
たことと、自分は後退してるのに雫は前進してると疎外感を感じたからなんですよね。

アニメでは多々良は泣いてないのでその辺はまとめてカットですが、ぜひ原作も読ん
で欲しいなと思います。

雫から「戦いたい」と言ったことが迷惑だったら忘れていいよって言われた多々良は
「誰かがみててくれなきゃ一人じゃ頑張れない」って口走るんですが、これにも理由
があるのです。

はぁ??って感じのとこですが、実は多々良は小さい時にお母さんが家を出て行って
しまっているので「人に見てもらえたり覚えていてもらえること」特別なことなん
ですね。

だから多々良は「戦いたい」ではなく「印象に残りたい」って言ったんですよね。

でもそれは雫にしたら、というかダンサーにしたらどれだけ難度の高いことかって。
「自分の踊りを他人の記憶に残す」ことは野心的だと雫。
そういう次元は文学でいうところの“傑作”のレベルだと。

見る者の心に何かを刻んでくる表現者がいるならその存在は衝撃的

でも、これってまさに清春や雫にとっての多々良だと思うのですが。
決して自分以上の踊りを見せつけられたわけではないのに気持ちに火をつけられた
わけですから。

原作多々良はより一層んでますし、千夏もらせてますが、短い尺の中とはいえ
ぶつかり合いながらもまたカップル練にこぎ着けた二人v

「練習どうする?」って堂々としてる多々良も男ぶりが上がってますが真子を前に
言い訳できないと「合わせようじゃない」って受けて立つ千夏も男前

「私のせいでA級戦を優勝できなかったら遠慮無くセパレートしてくれて構わない」
と千夏。
「私から解放してあげる」

そう言いながらもこの先、多々良以上に自分に向き合ってくれる男なんていないだ
ろうからラストチャンスだと思ってる千夏。
多々良も千夏のもの言いには頭にくるもセパレートなんて冗談じゃないと思ってて。

真子の時と比べてて随分と多々良も変わってきましたよね。
自分の思ってること口に出せるようになったし、正面から千夏ともぶつかることが
できるようになって。
やっぱり表現者になるのなら自分の中にあるものを出さなくては始まりませんから。

マリサはそれをさせたかったんでしょうね。
喧嘩まではしてもらわなくてもいいと思っていたはずですがw

見た目ではより​衝突​激化してるように見えるも二人としては意見のすり合わせ
のようなもの?
地固まってるかは不明ですがw
踊れるようになっただけマシ。

原作では清春がどうして多々良たちを誘ったのかマリサに聞くんですよね。
釘宮は“一番期待してる生徒”だからわかるけど・・・ってことで。

マリサは実は相当多々良たちには期待してると思うのですわ。
原作では釘宮に「足下掬われないように」って言ってるくらいですし。

千夏の実力は十分だと思ってるでしょうし、その千夏を踊らせることが多々良に
出来れば、かなりのダンスをすると思ってるでしょうね。
確かに伸び代ありますから。

優勝は釘宮たちだろうけど、多々良たちは​「来る」​と断言するマリサ。
楽しみですよね~~~~
ふぁ~~~り上がってきたわ!!

これまでフォローに助けてもらってなんとか踊ってきてた多々良が千夏を前に誤魔
化しが利かなくなって、ついに“自分”を引き出されましたね。
誰かのトレースや教えられたことをするだけじゃなくて、どんなダンスを踊りたい
のかという表現者としての自覚が促されました。

千夏も崖っぷちだし、お互い殴り合いながら成長してる感じで緊張感ありますわw
見てるこっちも疲れますよねw

さぁ千夏はじゃじゃ馬だけど乗りこなしたらいことになりそう!!

次回、いよいよ都大会、楽しみです。






ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ボールルームへようこそ 16話感想

うわぁ~~~~
今回はこれまでの中でも一番の消化速度かも。
6巻のほとんどを入れ込んできましたね。
それもかなり重要ポイントが揃ってるというのに・・・
カットざくざくですね。

アニメ組は絶対に原作読むべきかと。
アニメだけでも十分面白いですけど、原作にはもっと諸々のエピソード
があるので楽しめますからね。

今回も原作絡めて感想書いてますので構わない方のみでよろしくです。

頼んだわよ 130番!

ってことで多々良たちはグランプリ静岡、会場入り。
女性の背中の筋肉を見てレベルがわかるようになった多々良。
観察眼は鋭いですからね。
それに周りにはトップレベルのダンサーがウヨウヨしてるわけですから
一般人との差は一目瞭然ってことで。

ところが・・・
兵藤、赤城組らと同じ舞台に立つために無理をしたというのに、肝心の
二組は海外遠征
多々良大ショック・・・

賀寿は清春にブランケットを奪われてませんw
確かにここは無くても全く問題ないw

彼らの動向を千夏は知ってたようですが、多々良は知らなくて・・・
だからね、お互いもっとコミュニケーションとってたらこんなことには
ならなかったのよw
もう少し普通に話をしよう。

が、兵藤組らはいなかったけど、釘宮や明たちがいて・・・!
これはこれでびっくり!!

多々良はパニックってリズムが全然入ってこないようですが、身体は踊れて
るよう。

まずはマリサに教えられたポイントを思い出しワルツを踊りますが、二人の
カウントにはズレがw
ここはアニメだとわかりやすいv

ダンスシーンもいいですね。

明とのニアミスで多々良は千夏を心配するも問題なく。
とはいえ、やっぱり明は千夏をってきます。
D級昇格したばかりなのに間違ってエントリーしちゃったの?っとか怖い。

だけどさ、釘宮ペアだって同じなんだよね。
明はそういうペアがいることを知らないからね~

釘宮にはキャリアはあるけど資格的にはD級スタートだし、千夏だってD級
レベルではないことなんて明も十分わかってるはず。
原作では千夏の体つきが引きしまっているのに明が気づく場面があるのです
がここは残念ながらカット。

千夏に勝ったと思ってる明が焦り始める結構好きな場面なんですけどね。
それに千夏もそれだけレッスンしてるってことですし。

千夏が明に引っ張られなかったことで多々良は千夏が自分を見てくれている
ことに気づけて、一応の収穫あり。

タンゴも「リズムを食べてタンゴに入る」ことができたようですv

釘宮組を見てる観客が171番を「117番」って言ってますね。
これは訂正しなくちゃね!

釘宮は踊ってる間は周りがみんなモジャモジャの雑魚に見えるようです。
いいわ、孝弘のこの高圧的な態度w
このモジャモジャなナニを表しているのかはのちに判明するのですが
アニメではモジャモジャのままw

マリサ先生のレッスンでは土台固めを中心に、身体ができてくれば段々と
内容が高度になり、足型構成も技を足してのあるものへと。
それからリーダーの身体が小さい分を二人の運動量でカバーし、ホールド
も千夏の体幹の強さなら耐えられるはずってことでかなり変化をさせて
きてます。

細かいマリサ先生の指導部分は全部カットでホールドだけ「変えましょう」
ってことになってますが、時間の流れだけはさすがにこれではわかりにくい
のではないでしょうかね。
ここにくるまでのレッスンは大幅にカットですが察してってことで。

千夏が羽を踏んでバランスを崩しかけたときもしっかり多々良がマリサの
教え通り支えましたねv

そして、次のカウントでう!!っと予感した時、多々良に違和感が。
突然、自分の体重が2倍になったように感じ、まるでパートナーが消え
足が4本になった感覚が・・・
気持ち悪いのに心地よいような・・・

とても不思議で特別なことが起きた・・・


ここの表現はダンサーにしかわからない感覚なんでしょうかね。
なかなか印象的ですよね。
原作読んだ時もドキッとしましたわ。

あまりの衝撃にぼんやりしていたら多々良は次のヒートに出られなくて棄権。
いやいやいや、こんな惚けってあるんでしょうかね。

千夏のことだから散々多々良に声をかけたでしょうが、多々良は完全に
内に入り込んでしまっていたようで。
衝撃の大きさがわかりますが、普通ではあり得ないわ。

あ、その後の千夏が腹を立てながらも多々良が4本足を経験してる時、
「あの一瞬はプロ講師にレッスンを受けてるようだった」と感じたとこ
カットだったのはちと勿体なかったかなと。

それと結果発表を見た明が多々良のWTフルチェックで驚くところも見た
かったんですけどね。
多々良のことも半分はバカにしてた明が徐々にビビっていくとこ好きなん
ですけどw

アニメでは明たちのWTは酷い結果でしたが、原作ではフルチェックから
は漏れた程度だったんですけど、なんでこんなに変えたんでしょう。
グランプリの1次予選ってのはB級では厳しいレベルなんですよ~ってこと
をはっきりさせるためでしょうかね。

で、この後次のレッスンまで多々良は4本足のことで頭がいっぱいになる
んですが、う~~~んここもばっさり。
本来ならこの当たりはもう少し尺が欲しいところなんですが仕方ないか。

エロかっこいいドレスのマリサ先生は全てお見通し。
マリサ先生相手にうなぎパイ程度ではお土産にもならんで。
マリサとしては今の彼らがビックコンペの底辺で予選を1つ2つ通ったとか
どうかなんてのは全く意味がないと思っているんですよね。

ダンススポーツでの勝者は優勝組のみ。
だから二人には優勝をさせたいのですよね。

決勝戦で必要とされるのは競技者としての強い精神力。
それを身に付けさせたいと思っていて。
極限状態のプレッシャーの中で実力を出し切り勝利をつかみ取る
千夏は出来そうだけど、多々良はそこが弱そうですもんね。

さすが指導者としてマリサは一流。
仙石を教えたのは誰なんでしょうかね。

そして、軽井沢合宿♪
行きの車の中での釘宮の“ちん毛”発言はカットでしたww
ま、ここは尺があってもカットだったかもですがw
釘宮@孝弘が運転しながらたくさんしゃべるの楽しみだったんですけどね。

自分は井戸川を「落ち武者」呼びするくせに多々良が同じように呼ぶことは
さないとか、そういう釘宮見たかったw
多々良との噛み合わない会話も好きなのにw
滅茶苦茶残念ww

あ~~~そうそう、大事な場面でいうと、雫との再会シーンで原作多々良は
を流すのですが、カットでしたね。
印象的な場面なんですが、雫もなんで?って感じになるし、それを
清春も見てたという重要そうなとこ。

ただの再会として軽く流されてました。
アニメでは最後までやらないのであれば、ここはもうややこしくしないで
いきましょうってことかな。

賀寿に静岡での1次予選でWTがフルチェックだったことを教えてもらって
多々良びっくりw
ちゃんと実力付いてるんですよね。

二人に4本足の話をすると賀寿も清春もあっさり経験があると。
清春なんかは「一人で踊る時よりも身体が自在に動くんだ」ってダンサーに
とっては至って普通の感覚であることを示唆。

多々良は自分が経験したことは頭で理解出来ないから怖くて動揺しただけで
実は心地良かったのだと受け入れましたね。
これで不安は解消。

そしてまだまだざくざく進みます。
このあたり、ホント重要所が盛りだくさんだと思うんですが潔い構成。

千夏には雫や清春、真子や賀寿といったアマの2トップと一緒にいることは
とんでもなく緊張を強いられることだし(馴染んでるようには見えるけど)
未だにマリサ先生のレッスンも怖いようで。

多々良は全くダンス業界のことを知らないものだから雫や清春、仙石にすら
いつも通りのテンション。
千夏にとってはそれも信じられない様子。

うんうん、普通はそうだよね。
多々良は最初からとんでもない人たちとスタートしてしまっているんだけど
それがどれだけ凄いことかもわかってないほど業界に関して低レベル。
恐れ多くて近づけないと感じる千夏の方が正常。

原作ではここでマリサの教室がいかに敷居が高いかを多々良が千夏に教えて
もらったとこが入るのですが、そこもカット。
マリサはジュニア・ユースの育成に尽力してるってことで多々良たちからは
高額なレッスン料を取ってないんですよね。

バイト入れすぎるよりレッスンに来いって感じで。
千夏の家では大丈夫かもですが多々良にはありがたい話ですよね。

それとマリサ先生に都大会A級戦への出場を聞かされるとき、多々良たちには
勝ち癖をつける必要について教えられるんですが、そこもばっさり。
マリサが母国ロシアと日本との競技ダンスの扱いの違いとかレッスンについて
を語るんですが、その中で13才からダンスを始め3ヶ月で叩き上げられ競技会
デビューして今では世界レベルの選手になった子の話
も出てくるんですよね。

以前、雫もダンスを始めて1年の人が10年の人より上手くなることがあるって
言ってたアレですね。
そうそう、仙石のこと。

マリサは多々良たちに「しばらくは私の計画通りに育ってもらいますから
そのつもりで」
って言うんですが(かっこええんだ)まぁそんなところは
すっ飛ばして、明も出場するし釘宮も出場することがわかり多々良、放心

マリサはあらやだぁ~~って感じではありますが、釘宮を評価しつつも多々良
たちが勝つ可能性
もあると思ってるっぽいんですよね。

合宿での部屋割りと赤城兄弟のかわいい「み~~~~~」はぜひ原作で。

BBQの肉がアニメの方が盛り盛りだわ。

大会まで2週間ってところでマリサは新ヴァリエーションを投入。
理由は「いつまで経っても多々良が千夏を乗りこなそうとしないから」
そろそろ二人のストレスも限界だろうとわかっていてこれですからね。

多々良には期待させるものがあるってことでマリサは難題を与えてるの
だと思いますが、それにしても多々良・・・キツいよね(><)

マリサは清春に二人の問題点を指摘させます。
清春には見えてるようですが、多々良にはさっぱりわからなくて。

新しいヴァリエーションの習得に千夏もって・・・
多々良に頼ることが出来ない千夏。
難しいなぁ・・・

ますます多々良との間にが。
そしてついに千夏がキレました・・・!

「あんたがわからないから無理!!!」

みんなが見てる前で多々良の面子とか全く考えてない。
ダンサーってのはこういうものなのかもですが。

ああ・・・多々良も泣いちゃいましたがな。
頼ってという多々良でしたが、千夏にしたら頼るにしても怖すぎるよう。

さぁこんな面倒くさい千夏ですが、多々良はどう対処するのか!?
って千夏はフォローは下手だけど踊れないわけじゃないですもんね。
リードが上手ければきっとちゃんと踊れるはず。
ってことはやはり多々良が頑張るしかないわけで。

いや~~~それにしても原作でも睫バッサバサなんですが、アニメでも
清春も睫の分量多めで良い感じ。
マリサも時々作画が崩れてますが、大体しいので満足

次回はいよいよ楽しい楽しい温泉回ですね♪
おっぱい炸裂なのは当然として、清春のナニも楽しみです。
あ・・・でも落ち武者さんのおっぱいはカットされそう。
美乳なんだけど。

温泉回は原作の8巻です。
見所満載。





ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ボールルームへようこそ 第15話感想

釘宮~~~~~登場!
あんまり好きなキャラじゃないんだけど、たかぴろってことでかなり
期待大v
良い感じじゃないですかぁ。

釘宮のダークな雰囲気がビンビンきてます♪
こりゃ楽しみだわさ。

で、今回は作画がお~~~~!!!って時と、誰??って時がはっきり
してましたね(^^;
ま、お家事情もあるのでしょう。
良い方で十分補ってもらったってことで。

マリサに言われたことが気になって会いに行く多々良。
制服姿の清春がしいです。
清春の背が伸びた感がいいですv

「何しにきたんだよ」の所の作画はちとアレです。

昨日の大会で優勝した釘宮ペアがレッスン中。
キビキビ動いてます。
清春は釘宮を“パートナーを動かすのが上手い”と評価。
それは清春的にはどうなんでしょうね。

自分もそうなりたいと思っているのか?
“動かすのが上手い”って表現からあまりそうとは思われず。

でも、競技ダンスにおいてはリーダーがしっかりリードしていくことが
評価されるわけですからね。
釘宮は正統派ってことでしょう。

ただ、その踊りを魅力的に感じるかは別のようですが。
多々良には釘宮ばかりが目に入っておかしいと感じたよう。
額縁が立派すぎて何が描かれているのか印象に残らない絵ってことか。

清春は釘宮を多々良とは真逆なリーダーだと。
多々良の場合は額縁が無くなって花がれて来ちゃいましたからね。

マリサは多々良のリーダーがフォローに回るという考え方はズレていると
ばっさり。
マリサははっきり言うからいよね(><)

マリサは釘宮に多々良と組んで踊ることを依頼。
釘宮はめっちゃ嫌そうなんだけど、清春が興味を示していたものだから
引き受けました。

多々良は男同士で踊ることをびっくりしてますが、これって普通のこと
みたいですね。
指導者となら普通にありそうですが、レッスンを受けてる者同士でも
そういう練習があるんですね~
私も原作読んだ時ほぉ~~~っと思いましたわ。

清春は「富士田のリードに興味がある」って、自分が踊りたがってましたが
私としてもぜひ見てみたかった。
清春は雫以外とは踊りたがらないようなのに多々良は特別なようです。

でも、清春が多々良のリードに興味があるのは「リードじゃないから」だ
そうで(^^;
いやいや、それってどうなの??って感じではありますが、多々良が相手の
動きにどう反応してみせるのかを体感してみたいってことなんですかね。

私ではリーダーがフォローの真似事をするってことか実際に見ても理解
できないレベルですが、釘宮は多々良のリードは踊りにくいと不機嫌に。

多々良はリードってのがどういうことなのか混乱してる中でまたもダメだし
くらいますます混乱。
が、ダンスは二人で協調するものではないのかと反論。

多々良も言うようになりました。
そんな多々良に「クズだな」

はぅ~~~ (/∀\*) 
クズいただきました
いいなぁこの櫻井ヴォイス。
ガンガン私のツボ押ししてくれます♪

釘宮のヴィジュアルはよくある櫻井キャラとは異質な感じなんですが
この腹黒感は素晴らしくぴったりだわ。
楽しみが増えました。

多々良のリードに苛ついた釘宮はリーダー役を交代。
多々良をガンガンリード。

すっげぇ顔してますが、原作もほぼあんな感じw

多々良はリードの力に逆らえない感覚をまた味わうことに。
あの千夏に骨盤で押されたやつですね。
多々良は釘宮のパートナーを言いなりに振り回すリードには憧れないと
感じたようです。

はぁ・・・清春とも踊って欲しかった (/ω\*)
清春のリードでv

釘宮によって自分の身体じゃないみたいに背骨がしなってることに多々良
びっくり。
いや~~~こんなになるもんなんですかね。
すっかり多々良が女の子。

アニメの方がわかりやすいポーズです。

釘宮は多々良に呆れて落ち武者さんと帰っていきました。
って自分のパートナーを落ち武者呼ばわりは酷いと思うんですが、アニメ
だと髪をくくってましたが、原作だとこれがホントに落ち武者なんだw

試合では井戸川さん、めっちゃ大人のムード出して別嬪さんなのにね。
なんで普段あんななんでしょw

多々良はマリサからリーダーの役割について教えられてこれまたびっくり。
これまで多々良はそういう教えられ方してきてませんもんね。
仙石さんは忙しいし、他の人はコーチ初心者だし。

多々良は予選ではパートナーが評価の対象にはほぼならないことを知り
ショック。
上位のラウンドではきちんと組全体を総合評価されるようですが。

パートナーを予選で埋もれさせるか名選手にするかは全てリーダー次第
だとマリサ。

“パートナー本位”の踊りをするところを可愛いと思いマリサは多々良に
興味を持ったようですが、もう多々良自身の踊りを見せて頂戴と。

ひぇ~~~~~(><)
多々良頑張らねばってとこですよね。

アニメだとこの後はカットされてますが、マリサは千夏はじゃじゃ馬
だから乗りこなすのは大変だろうと一言添えてくれるんですよね。

ってことはマリサは千夏のこともお見通し。
「じゃじゃ馬ほど乗りこなすと速い」
とも言ってくれてるんです。

で、多々良は帰る時、ずっとマリサに手を振り続けてるんですよね。
多々良には直接は言ってはくれませんでしが、清春には多々良が真子と
踊っていた時よりも動きがよくなっていて、今のパートナーのスキル
多々良を成長させているようで
うまく嵌まればあの組はけるって言ってるんですよね。

マリサが怖いだけの指導者じゃないってところを見たかったですが尺の
都合もあるでしょうから原作補完をオススメ。

この後はアニメの方が千夏に対するリスペクトが伝わりやすかったです。
審査員にパートナーを見てもらえなかったらリーダーの責任
そういう“二人分の責任”を千夏は何年も背負ってきたんだと知る多々良。

このパートナーに相応しいリーダーになるには覚悟が必要だ
多々良も腹を括りましたv

Bパートはガラッと変わって、仙石の試合。
黙ってみてろって仙石がええわ。
でも、アイラインが入ってないw

指でリップ塗ったり、アイライン引く仙石が見れなかったのは個人的に
残念。
エロいのになぁ

そして仙石組がエロい衣装でエロいラテンを踊ってくれます。
って仙石の衣装はいいんだけど、千鶴の衣装はどうなってるの!?
透けてるわけじゃないのはわかるけど、腰骨のライン見えてるし!?

仙石はラテン世界No.3の男に呼ばれ控え室へ。
ヴァシリーさん・・・アニメでは更に盛られてますw
っていうか色が・・・w

「最近ある人生の幸せに気付いてね」
ってことはどなたかがヴァシリーさんに幸せをもたらしたってこと
ですねw

いやいや、それ嫌いじゃ無い (*`・ω・´*)ゝビシッ 

握手をするのかと思えば仙石のナニを握ってくるヴァシリーさんw
ぎゅって音してるよ、大丈夫か!?

「わけわからん」って走って逃げる仙石ですが、中の人には馴染みの
世界w
にやけてしまいますねv

仙石は思うように力が出せなかったようw
表彰台でもヴァシリーさんは仙石にアピールかけてますw
可愛い人だわ。

多々良は改めて仙石のさを痛感
仙石は世界レベルの現役プロダンサーなのだと。

多々良が最後に仙石を先生呼びすると頃好きなんですが、なんでアニメ
では呼びかけておいてその後スルーなんですか!?
そこはちとびっくり。

別れ際も原作とは違いましたが、これはこれで上手いなと。
仙石に誘ってもらってダンスを始め、その踊りにれ​同じ舞台に立ち
たいと思うようになって初めて、仙石の凄さと自分の未熟さを感じて
離れていく多々良。

本当はずっと仙石のところにいたいと思うのですよ。
でもそれではダンサーとしての成長は厳しくて。

快く送り出す仙石。
「踊りまくれ」は指導者としてより一人の先輩ダンサーとしての言葉
だったんじゃないでしょうかね。

さぁ ここからはマリサのレッスン開始。
多々良がラテンを習ってないことにマリサが驚くところはカット。
多々良の柔軟性のなさに納得するのと、あれだけパートナーとの意思
疎通の感度が高い
のに全くの初心者であることにもびっくり
するんですけどね。

本気で競技ダンスをするなら教室変えて正解のよう。
マリサの指導を受けられるのもラッキーなこと。

な成長をしてるから土台からやらなければというマリサに多々良は
静岡グランプリに出たいと言い出して。
マリサは部不相応な申し出を却下

ところが、多々良は強引にエントリーしちゃうんですよね。
清春と雫と戦いたいがために。
これは・・・いいのか!?

ってとこですが、まて次回。


次回は4本足から合宿まで行くようですね。
サクサクペースだわ。

今回はカットされてる部分はあるものの、アニメの方が表現がわかり
易いところもあったし演出も上手いなと思うところが多々。
マリサと清春が美人で仙石がイケメンだったのも非常に​満足​です。

多々良は次から次へと課題が出されてアップアップしてる感じですが
このあたりは原作読んでいてこちらも苦しかったところですわ。
早く多々良が成長して乗り越えてくれないかなと願いましたもん。











ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ