アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年02月26日 (日) | 編集 |
あっら~~モルさんとアリババが結婚することに!?
モルジアナの気持ちを思うとそうなったらいいのになぁ~
って期待してましたが、アリババくんしっかり決めましたね。

前巻の感想はこちら




シンドバッドと袂を分かったアラジン達は、暗黒大陸で修行を
した後、元の世界を目指す。
一方、『ソロモンの知恵』の力を狙うアルバは、大峡谷で守り人
・ユナンと激突し…!?
そして遂に、アラジンとアリババは、運命の再会へ!!
さらに、アリババは胸に秘めていた思いを語る。それは、
モルジアナへのプロポーズ!!
様々な人間模様が折り重なる至高の魔導冒険譚、最新32巻!!

ユナンは強そうだったんですが、アルバがあまりにも強すぎて敵い
ませんでしたね。
もうちょっとアルバに痛手を与えてくれるとすっきりしたんですが
何しろアルバが不死だったのでどうすることもできず。

それにしてもモルジアナがくなっててびっくり。
元々強かったけどファナリスを背負って立てるくらいに。
アルバがアルマトラン最強戦士でいられたのもファナリスと戦った
ことがなかったから
と言い切っちゃうとこかっこいいです。

でも、魔法を使われたらさすがに勝てませんよね。
四つの極大魔法をぶつけてくるアルバでしたが、なんとアラジンは
指先一つで回避

「力魔法」を習得してましたv
どんな魔法で攻撃してきても物理法則を操るアラジンの前では無効化
されてしまうんですね。
これはもう無敵だわ。

いつの間にかアラジンは最強になってたようです。
錬金魔法も使えるようで、白瑛の体を一旦別のものに置き換えて
アルバが操れなくしたようです。

いや~~~なんだよ、これ。
チートじゃないかwww
アラジンがものすごい数の魔法を習得してるところは少年漫画の
見せ場なのにばっさりカットとしてくるとは。
描きたいものはそこではないってことでしょうね。

アルバは自分が産んだ子しか操れないけど、まだ白龍がいるって
ことで体を乗っ取ろうとしたら、白龍の体は左腕と両足を移植した
ことで紅炎のルフが混ざって純粋な体ではなくなってて無理

あっらぁ~~~ざまぁ~ですねv
これでアルバは動けなくなるのかなと思ったらまだダビデに何か
頼んだようで。
まだこのおばさん頑張るようですわ┐(-。-;)┌o

白瑛は子供を産んでるかと思ったんですがそれはなさそう?

アラジンとアリババは無事再会を果たし、アリババはモルジアナ
プロポーズ
平和になったら家族が欲しいなと思ったアリババが真っ先に思った
のはモルジアナだったようで。

モルジアナはもうずっと前からアラジンのことが好きでしたからね。
よかった、よかった!

奴隷だったモルジアナは王族だったアラジンとではとても釣り合わ
ないと思ってたときもありましたが、今ではファナリスであること
自信に溢れてていいですよね。

相変わらずのモルジアナの太もも&ふくらはぎには惚れ惚れです。
見事な筋肉wwww
そしてアラジンもしい足になってますよね!!!

すごく親近感wwww
我が家は私以外ファナリスのような体型してますからね。
旦那のご先祖は戦闘民族だったのではと思わせる遺伝子の強さw

モルジアナには幸せになって欲しいです。
アリババとなら喧嘩をしつつも仲良く明るい家庭を築くでしょう。

白龍は失恋ですが、アラジンが言うように良い人見つかるといい
ですね。
アラジンはどうなるのかな~~~
もしかして紅玉のことが好きだったりするのかしらん。

紅玉もまたくなりましたね!
意志をしっかり持って王として立派になりましたわ。
同盟を離脱するつもりのようですが、レームは元々入る気はない
ようですし、常任理事だった鬼倭国王はどうするんでしょ。

シンドバッドが理事長を務める国際同盟はシンドバッドが思い
描く様とはってきてるようです。
彼はアリババとは上手く調子を合わせてますが、本心では野望
隠したままですからね。

元々は平和を望む思いから始まってるシンドバッドですが、彼の
やり方にはアラジンはずっと否定的。
アラジンもニコニコしてますけど警戒を解いてるわけではない
でしょうね。

シンドバッドはダビデ王の声が聞こえなくなってるようですが
それはアルバの件と関連してるんでしょうか。

さぁこれからシンドバッドと正面切って対立することになると
思われますが、誰かが統制した平和自らで選んだ平和か・・・
どちらが選ばれるのか。

って結果は予想通りでしょうが、あと少し、そこへ辿り着くまで
の経過を楽しみたいと思いますv
スポンサーサイト
2017年01月13日 (金) | 編集 |
11巻の感想は書いてませんでしたね。
なんかあまり話が進んでないというかよくわからなかったから
かな。

今回はやっとサイタマが出場してる大会と大量に怪人が現れた
事件とか繋がりそう。

10巻感想はこちら




格闘技大会は猛者達の華麗な戦いが続き、なかでも冥躰拳の
スイリューが際立った強さを見せる。
一方、会場外では多数の怪人がヒーローを蹂躙、ジェノスも
苦戦!?
そしてサイタマはバクザンとの対戦を迎える!!

いつもは怪人が現れたらすぐにでもないけど駆けつけて解決
しちゃうサイタマなのに、なんで今回は全然関係のない大会に
出てるんだろう~~って思ってたんですよね。

ガロウはガロウで別のとこでウロウロしてるし。

それがやっと繋がり始めて・・・
あっら~~今回は大きな舞台が用意されていたのねと納得。

サイタマが出場してる大会の方はまだ大したことやってませんが
四強が残りましたが、決勝はサイタマとスネックですよね。
どっちが強いんでしょう。
って、やっぱりサイタマかな。

スネックはサイタマに負けた後はジェノスくんみたいにサイタマ
弟子入りを希望すればいいのにとか思ってるんですが。

私としてはジェノスくんとの愛の巣にお邪魔虫は要らないのだけど
一人加わることで変化が出てきて面白いかなとかw

で、大量発生してる怪人ですが、こちらは“ヒーロー協会”を倒し
たい“怪人協会”が送り込んでるようで・・・
怪人王“オロチ”ってのが今回のラスボスかな。

サイタマが出場してる大会の会場周辺に現れた奴はジェノスくん
が尽く退治してますが、なんと最後の一体が桁違いにかった!?
ジェノスくんだけじゃなくメタルナイトまでやられちゃってます。
ま、金属バットは仕方ないとして。

そのゴウケツってのがサイタマのいる会場に向かっているような
ので大会後か大会中にサイタマと対決することになりそうですね。
そっか、そっか、ここで繋がるのかと楽しみ。

怪人たちはあちこちで大暴れしていてヒーロー協会のヒーロー達に
大打撃を与えているようですが、それにしてもタツマキは強い
ですね~~~

妹フブキがピンチとあればやっぱりお姉ちゃんとしては助けに来て
くれるようです。
フブキはお姉ちゃんに助けられるのは自分の力不足を見せつけられる
から嫌みたいですが。

弩Sはフブキが姉でタツマキが妹だと思ったようですが(^^;
ま、これも仕方ないかなとwww
今回は逃がしてしまったようですが、タツマキが妹扱いされて
お怒りになるところ是非見たいです。

ほとんど丸見せの弩Sよりもほとんど隠してるけど体のラインが
全く隠せてないフブキの方が色っぽいし、幼女体型なのに美尻
いうタツマキもなかなかで甲乙付けがたいww

けしからん姉妹ですv

ここ最近ずっとサイタマの本気というかまともに戦ってる場面が
なかったんですが、やっと次巻では活躍が見れそうな気配。
ジェノスくんもお約束のようにやられてますしね。

ドローンが回収に来る前にサイタマがジェノスくんの状態を見たら
頑張ってくれそうなんだけど、一度回収されて修復してからの再会
ってことになりそうですかね。

そうそう、番犬マンが実はかなり強いみたいなんですが、ガロウは
やられちゃうのかしらん。
豚神くんもよくわからん耐性を備えてるようだし・・・
ってゆか、こいつは何者なのwww

取り敢えず早くジェノスくんのボディを回収してあげてください。



2016年12月01日 (木) | 編集 |
随分久しぶりの感想です。
これまでの感想はこちら
といっても前に感想を書いたのはアルマトラン編まで、煌帝国編は
全く手付かず。

今回、最終章ってことでやっと話がわかりやすくなってきたので
感想を書いてみました。
思いっきりざっくりですが(^^;



アリババの活躍!成長したアラジンの姿も! 
煌帝国の再建の為、商人として世界を股にかけるアリババ。
かつての人脈を辿り、多くの交渉を成功させ、アリババの
快進撃が続く。
だが彼の前に立ちはだかるのは、商人としても類まれなる
センスを持つ男、シンドバッド!?
そして物語は進み、成長したアラジン達の姿も!!
因縁と謎が解き明かされる珠玉の魔導冒険譚、最新31巻!!

アリババやアラジンが成長して大人になってヴィジュアル的にも
関心が戻ってきたかなというwwww

行方不明になったアラジン、白龍、モルジアナはみんな同じところに
潜伏してたようです。
みんな成長してかっこよくなってます。
とくにアラジンwwww
いいじゃないですかぁ~~

モルジアナもますますそうになってwww

アラジンがずっとシンドバッドに対し違和感を覚えていた理由が
今回、はっきりしましたね。
シンドバッドは自分が指針となり全ての人の運命をコントロール
することが目的


全てを自分の支配下におき、理想郷を作り上げる。
それは未来永劫、永久に幸せな世界。

シンドバッドは世界には唯一絶対の支配者が必要でありそれが
自分であると考えているようで。

でも、アラジンはそれを否定
シンドバッドが間違えないという保証はなく、シンドバッドだって
ただの人間であり失敗もする。
アラジンの考えは「たったひとりの人間の価値観で世界中の人々を
縛ってはいけない」
というもの。

みんなで力を合わせて進めばいいというアラジンに対し、ただひとり
の支配者が責任を持って人々を導けばいいというシンドバッド。

そのためにはアラジンを殺してでも「ソロモンの知恵」を手に入れよう
とするシンドバッド。
だからアラジンは姿を隠していたんですね。

が、アルバはそんなシンドバッドをイル・イラーの復活のために
利用しようとしてるようです。
アルバは自らが子供を産むことで肉体を手に入れてきてたんですね。

アルマトラン時代の実力を維持するためには完全に適合する肉体
必要で、それは自らが産み育てたものでなくてはならずこれまで
ずっとその肉体を渡り歩いてきたアルバ。
それでいつも女性の体だったんですね。

でも、アルバは調子に乗って白龍にしゃべったため、まだ子供を
産んでいない白瑛の体を失えば、次は同じ強さで復活できない
ことを白龍に教えることに。

う~~~ん。
だけど白瑛はどうやら子供が出来てる様子??でしたよね。
シンドバッドの子かしらん?

出産したかどうかは判明してませんが、たぶん生まれていること
でしょう。
ただ女の子かどうかはわかりませんけどね。

アラジンたちはアリババと入れ替わりで暗黒大陸にいたようです。
時期がキタってことでアラジンはアリババと合流することに。

が、その頃、暗黒大陸の入口でアルバとユナンがバトル!
これまでユナンが本気で戦ったところは見たことないですが、アルバ
相手にどう戦うのか見ものです。

ユナンかっこよさげでワクワク O(≧∇≦)O


2016年01月09日 (土) | 編集 |

アニメがとっても素晴らしい出来だった「ワンパンマン」10巻感想です。

表紙はタツマキ。
9巻がフブキでしたし、お姉ちゃんも負けてませんねwww

9巻感想はこちら

 

アニメでもタツマキ推しが強調されてましたよね。
でも、華はあった方がいいですもんねv

あの穿いてるのか穿いてないのか加減が非常にいいです。
多分、穿いてないでしょうね♪

今回、タツマキがお股隠してる素敵なイラストがありましたww

さて、ヒーロー狩りを始めるガロウ。
たまたま公園にいた男の子が持ってたヒーロー名鑑で情報収集とはw

これまでの怪人とガロウの違いは人間を壊す専門技術つまりは武術
身につけていること。

従来の怪人の戦闘方法はその身体性能に任せて力いっぱい暴れまわる
ものがほとんどだったけど、ガロウの場合はヒーローの攻撃をかわし、
いなしてくるんですよね。

更に動きを読んでのカウンターや投げ技など相手のパワーを利用する技術
倍返し。

これではヒーローの方はたまったもんじゃないですが、タンクトップマスターから
その情報を得たサイタマは自分も強い武術家と試合がしたくなって・・・

それならシルバーファングとやればいいのにサイタマは「老人に無理させる訳
にはいかない」ってwwww

シルバーファングを老人扱いしてる時点でサイタマに敵う武術家なんていない
だろうね。

異種格闘技大会に出場するつもりが怪我で棄権することになったチャランコの
参加券を使ってサイタマは替え玉出場を狙いますww

もちろん禁止なんだけど。。
それには変装する必要があるってことで・・・

街でヒーロー狩りして回ってるガロウに「ようやく見つけた!探したぜ」っと
サイタマ。

なんでサイタマはガロウを知ってるのかと思ったらサイタマが見つけたのは
変装用のカツラwwww
そっちかよぉw

が、ガロウはサイタマが追手だと思い攻撃をします。
っと、サイタマはカツアゲだと思って「買い物の邪魔するな」って軽く一撃

ガロウはそれで朝まで眠っちゃうんですよね。
これはやっぱり相当サイタマの方がそう。

サイタマがふっさふっさのカツラを被ってるのを見たジェノスくんは深刻な事態
を察し、即、クセーノ博士に強化繊維の人工毛髪の移植手術を依頼wwww

仕事がいよwwww
でも、誤解だったんだけどね。
今回は出番が少ないジェノスくんですが安定の愛の先走りに満足ww

サイタマは控室でチャランコの先輩弟子ニガムシの訪問を受けます。
顔を隠してなんとかバレないようにするものの、ニガムシの話を聞いてるうちに
大会出場は意味がないと感じたのか・・・
サイタマはカツラを取ってますもんね。

そうこうするうちにS市にムカデ怪人が発生。
金属バットが応戦しますが、ムカデ先輩&ムカデ長老なるものまで現れて・・・
災害レベルはからへ。

そろそろ他のヒーローたちが応援に来ると思われるのですが今回は金属バット
の見せ場がいっぱい。

後ろに2話、YJに出張した時の番外編が載ってます。

1話目はヒーロースーツのセンスを問う話ですが、サイタマのスーツはジェノス
くんがクリーニングに出してるんですねww
すっかり

手袋とブーツはサイタマ自ら磨いてるようですね。

サイタマはヒーロースーツコンテストに出場するつもりだったけど、服を友達に
取られたという少年のためにヒーロースーツを貸してやります。
で、コンテストにはお気に入りのTシャツとトランクスで出場wwww

結果は散々でしたが、途中襲ってきた敵を倒したサイタマにジェノスくんは
「先生の強さは見てくれでわかるものではないけれど実際に関わった者には
その強さが伝わっているはずだ」と考えます。

そして、それは「外見に惑わされず本質を見極めろ」という先生から俺への
教訓だと感じありがたがってメモww  φ(.. )     

いつでもどこでも学習意欲の高いジェノスくんですv

2話目はフブキがサイタマに挑戦してくる話。
これはつい最近YJで読みましたよね。

フブキはサイタマを自分のフブキ組に入れたくてチーム戦を挑みます。
サイタマ組にはジェノスくん、シルバーファング、キングと錚々たるメンバー。

が、バトルのルールは直接対戦ではなくてゲーム対戦wwww

あっという間にシルバーファング、ジェノス、サイタマと倒れキングのみに。
みんなは知らないけど普段キングはゲームばかりしてるゲーマーさんだから
この後、30人抜きをしちゃってサイタマ組の勝利。

で、その頃、童帝くんが肉体強度を測る測定器を開発。
ヒーローたちはみんなそこそこの数値が出ますがサイタマとキングは測定不能。

サイタマは低すぎて測定できず、キングは強すぎてこれまた測定できないのだ
とみんなは理解しますが、本当はwww

フブキは19とあまりに測定値が低くてショック。
でも、フブキの能力はタツマキ同様、肉体を使うのではないのですよね。

怪人の身体から無数の小蜘蛛が出てきてみんなは慌てますがフブキは事も
無げにそれらを駆除。
これはこれで凄い能力だわ。。

童帝くんは実践では測定器の数値など当てにならないとフブキの力を評価。
小粒だけどフブキの能力は使い方次第で便利なんですよね。

ということで10巻はあまり話が進んでませんでした。
次巻楽しみにしてます♪


2015年12月24日 (木) | 編集 |

ワンパンマン、最終回。
最後まで愉しませてもらえて大満足でした。
スタッフさんの熱量を感じた作品となりました!

原作が元々面白いし、それに村田センセの絵がついてグレードが上がって
それをアニメ化ってのは正直最初はコミック以上の物が出来るのかな~って
思ってたんですよね。

そしたら、見せどころを分かっていらっしゃるって感じてwww
演出やら作画やらアニメ化することでさらに盛り上げてくれたんじゃないで
しょうかね。

こういうアニメ化がいいんですよね!
私は原作既読だし、アニメはいいかなって思ってしまう作品が結構多いのですが
ストーリーを知っていてもスタッフの熱量によっては惹かれる作品もあるわけで。

大好きな作品が大満足の仕上がりになってしいですv
丁度区切りのいいところで終わりましたしね。

それぞれのキャラもちょこっとずつとはいえ見せ場もあったし、キャストさんらも
楽しんではったのではないかと。

でも、終わっちゃったのはさみしーです。

ぜひ、2期欲しいですよね。
まだ先でいいのでお願いしたいです!

「力を解放した俺にここまでやるとわな」片腕無くしちゃったボロスに
「強いよ、お前」

サイタマとしてもこれまでの敵よりもずっとずっと手応えを感じていたようで。

その頃、地上ではタンクトップマスターがタツマキに負けじと頑張っていて・・・
が、全く敵わずレベルがい過ぎ(^^;

アニメでは盛大にタツマキ姉さん推しでしたねww
数少ない女子キャラだし、可愛いもんな~

駆動騎士はジェノスくんに「メタルナイトはお前の敵だ。気をつけろ」と忠告。
今はそれがどういうことかはわかりませんが、多分、ジェノスくんの過去に関係
してるんでしょうね。

それを知ってる駆動騎士も謎。

シルバーファングはメルザルガルドの再生の弱点を突き、あっさり破壊。
とても老人の身体じゃないですね。
地上の敵は殲滅。

後は上空の敵ってことですが、ボロスとサイタマのバトルはやっぱり作画かった
ですわ。
サイタマが飛ばされた時とか、ボロスの連打とか見惚れましたね。

身体中のエネルギーを放出したボロスに殴られたサイタマ。
ボロスは捥げた腕もトンデモナイ治癒能力で簡単に再生。

が、サイタマは「もう終わりなのか?」っと。
そこでボロスも全力。
初めてサイタマがハッとしましたね。

その後の攻撃もくてサイタマ月まで飛ばされました。
鼻つまんでるだけで兵器なサイタマは最早人間ではないわwwww

大気圏突入とかもうサイタマには関係ないようで、早々に月から帰還。
戻ってきたサイタマに目が点のボロス。
ちょっと可愛い。

こっからの作画も凄かったです。
もういいかなってことで、やっとサイタマが反撃

連続普通のパンチ
“普通”ってネーミングがねwwwww

あのボロスが崩れてます。
サイタマ諸共この星を滅ぼす!ってことでホントの本気を出してきました。
だったらこっちも“切り札”とサイタマ。

「必殺マジシリーズマジ殴り」

キタよ!!!!
すっげぇ~~~~~~~~~~!!!!!!

れました!
めっちゃ良い天気wwww

ボロスがボロボロ。

予言の通り対等のいい勝負だったというボロスに「ああ、そうだ」とサイタマ。
でも、ボロスはサイタマのが圧倒的に強いことを理解。
余裕があったサイタマにまるで歯が立たなかったと。
ボロスの最後に強くなり過ぎたサイタマの孤独を感じますね。

ここでタイトルか。
演出がいいなぁ~~

船が落ち始め、宇宙人たちはボロスが本気を出し過ぎたと思ってるようで。
ヒーローたちはどうすることもできず、さすがに逃げることに。

あの大きさだとさすがにタツマキも船を丸ごと宇宙へ飛ばすとかはできないの
かな~っと。

ラストのアイキャッチのサイタマもいいですね!

アマイマスクがA市に来てみると壊滅状態。
残ってたヒーローたちに状況説明を求めますがかなりの上から目線。
ぷりぷりプリズナーですらアマイマスクに苛立ちを感じてますね。

アマイマスクがS級に上がらないのは雑魚をS級にさせないようにするため
イケメンとはいえ、一見、口だけのヒーローにも思えますが・・・

そこへメタルナイト登場。

宇宙船が素晴らしいってことで回収に来たようです。
平和のためにより未知の科学を取り入れ強力な兵器を作るのだとか。
胡散臭いことこの上なく。。

アマイマスクは捕らわれていた宇宙人をあっさり処刑。
その上、ジェノスくんにはがっかりだと去っていきます。

その様子にジェノスくんは先生に出会う前の自分に似ていると感じたようです。
心に余裕が無く、悪の撲滅を焦っていると。

ということは、自分と同様に過去に相当な目に遭ってるはずだと考えますが・・・
どうなんでしょうね。
そのうちアマイマスクの過去もメタルナイトのこともわかるでしょうけど。

ここでやっとサイタマの心配をするジェノスくん。
っとタツマキの眼の前で船の側面をいとも簡単に破壊し「あ、出れた」って
サイタマが。

そこ扉じゃないってことはタツマキにもわかってるでしょうし、船を傾けたのは
自分の力じゃないってことも分かってたと思うのでサイタマの力については
何か思うところがあるハズ。

ジェノスくんはやっぱりサイタマが敵のボスを倒したのだと知り労います。
完全にスルーされたタツマキはお怒り。
サイタマにハゲだのタコだの散々な言いよう。

さすがのサイタマもジェノスくんに黙らせるよう指示。
が、ガキという禁句を口にしたためジェノスくん安定の瞬殺。

ああ見えて、28歳ですからね。
サイタマにも攻撃しようとしたところでシルバーファングが止めてくれました。
1回タツマキにもサイタマの強さを見せたいところですけどねw

またも現代アートになったジェノスくんですが、助けようとしたサイタマに腕を
もがれてしまいましたw
ま、すぐ治してもらえますが。

宇宙船はメタルナイトが回収し、A市のことはみんなすぐ忘れちゃったようで。
ヒーロー協会本部は補強され要塞のように。

そしてまた災害レベル竜の敵が。
「趣味と実益を兼ねてヒーローをやってるお方だ」とサイタマを救出中の少年に
紹介するジェノスくん。
師匠愛がより一層深くなってるようですv

またもワンパンで終わってしまってサイタマは腹を立ててますねw

いいまとめだわ。
ジェノスくんとの楽しい日常がしばらく続いて欲しいものです。

最後の最後でやっとサイタマの“マジシリーズ”を拝むことができましたね。
どれだけ桁違いにいんだって話。

これをぜひジェノスくんに見せてあげたいものですわ。

いや~ワンパンマン、面白かったです!
1クール疾走したって感じでした!
毎回、しっかり見せ場があったし、見せどころを心得てるスタッフさんたちで
大満足でした。

まだまだヒーローたちの活躍も見たいですし、ジェノスくんとサイタマの今後も
みたいのでぜひぜひ2期をお願いしたいです!!

すぐは無理だと思いますのでおとなしく良い子で待っていようと思います。

取りあえず、1期ありがとうございました!!
スタッフさん&キャストさん、お疲れ様でした!