アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年10月21日 (金) | 編集 |
あらら相変わらずヒミコはおっぱい丸出しだし、竜太はパンツ
かぶったままだし。
そうだったわね・・・

っと残念な思いでスタート。
これまでの感想はこちら




飯田とペリエが遂に動き出す。
ティラノスジャパンを制圧する為、サーバに細工を施す飯田だが
シュヴァーリッツの部下トミヨのトラップが発動し…
一方、島ではヒミコと坂本に窮地が。
遂に“現実”を受け入れた坂本はーー。
さらに、坂本を追って要塞へと攻め込んできた吉良により、事態は
混乱。
以前に増して強さを身に着けた吉良だが、何が彼をそうさせたのか!?
戦いが加速する緊迫の21巻!!


ついに・・・
っと思ったら竜太は気持ちよさで我に返ったようでww
出たわけでもないのに。
賢者モードになるとは。

おパンツ被ったまま「俺はヒミコのためなら一生DTでもかまわない」
って何宣言してるんだか(ーー;

が、ま萎えてしまったものは続けられないってことで一応は終わり
になるのかな~っと思ったら、吉良が竜太たちを発見。

このままじゃマズイってことで竜太が吉良と対戦することにしますが
なんと現実とゲームが混同してた時と違って我に返ったら竜太よりも
吉良の方が強いとは。。

竜太は別人格SAKAMOTOとして戦っていたから強かったのか、
吉良も東郷の死によってすっかり正気を失ってしまったから別人格
発動
で強くなってるのか。

吉良は“死”こそが苦しみからの解放と皆殺しのつもりのようで。
輝夜によると吉良には悪霊がたくさんとり憑いてしまっているの
みたいですね。
もう狂ってしまっていて元には戻らないってことでしょうかね。

一方、ティラノスジャパンではようやく飯田が制圧に成功。
富沢トミエのPCをペリエがコピーしキラーチップのコードを書き
換えたことでシステムにログインできるのはペリエだけにv

飯田がメインプラグラムを書き換え、それを元に戻したときに
ペリエがトミエのPCを狙い撃ちでコピーしたようで。
なんかよくわからないけどい。

ただトミエはまだなんかやりそうな気配。
こっぴどくペリエにやられて欲しいものです。

ホント、もうこんなゲスなゲームは勘弁してもらいたいんだけど
なかなかシュヴァーリッツのじぃさんもしぶとそう。

飯田が急ぎゲーム中止をプレイヤーに知らせますが、吉良はもう
そんなことでは止まらないようで。
竜太を殺らなければゲームは終われないみたいです。

ティラノスジャパンは米軍のドローン部隊に出撃を要請。
あのザビエラがゲームではなく実弾でプレイヤーを抹殺しにきま
したね。

ペリエも島の近くまで来てるようですが・・・

次巻は竜太対吉良、飯田対鷹嘴でバトルになるようです。
ドローン部隊はペリエが抑えるのかな?

まだ織田もいますし、彼がこの状況でどう動くか楽しみですね。
とにかく早くゲームを終了させて~~~
スポンサーサイト
2016年06月24日 (金) | 編集 |

前巻にも増してゲス岡はゲスかった・・・

ヒミコは災難というか、すっかりサービス続いてますね。
おっぱいにBIM乗せるのなんて甘い方だったわ。

前巻の感想はこちら

 

BTOOOM!(20)

BTOOOM!(20)
著者:井上淳哉
価格:583円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ザビエラを撃破し、医薬品を手に入れた吉良は東郷の元へと急ぐ。
そんな中、生きていた最後のプレイヤー・吉岡と、東郷が会敵。
輝夜を守る為、吉岡の凶弾へと立ち向かう東郷だったが...。
命の重みを知った時、過去の罪が吉良へとのしかかるーー
一連の戦闘の後、吉岡はヒミコを囮とし、待ち伏せにうってつけの
根城に転がり込んだ。
出入り口は1つ、周りを崖に囲まれた天然の要塞で、史上最大の
危機がSAKAMOTOを待ち受けるーー!!

東郷、やっぱり輝夜を守って死んじゃいましたね。
でも、最期にゲス岡に金的喰らわせたのは素晴らしかったと思います。
二度と使えなくなればいい。

ヒミコはおっぱいにBIM乗せられてエロい格好する羽目になっており
ますが、これは読者サービスってことで必要なのかしらんw

東郷さんの死を目の当たりにし、生まれて初めて人が死ぬってことの
哀しさを経験する吉良。

でも、それは同時に自分のこれまで犯してきた罪の重さを知ること
にもなり・・・
突然、自分が奪って来た命が如何に誰かにとって大切なものだった
のかに気づき、その重さに吉良の精神は崩壊寸前。

これはもう自業自得でしょうけどね。
輝夜の吉良を見る目も冷たいし・・・

だけど、何とも複雑。。
誰からも大切にしてもらった経験のない者にとって人を大切にするって
どういうことか体感できないんでしょうし、愛されたことの無い者もやはり
人を愛することがどういうことなのか理解できないんでしょうね。

だからといって犯した罪が軽くなるものではなく。。

まだ、自分の経験と犯してきた過去の罪とをリンクさせて考えることが
できただけ吉良は良心を持っていたってことでしょうが。

やっと吉良は東郷によって大切にしてもらうという経験が出来たのに、
時既に遅しだったのかな・・・

不幸の連鎖ってのはなかなか止めるのが難しいようで(><)

ヒミコを助けにいった竜太でしたが上杉の反乱によって逆にゲス岡に
捕まってしまいました

まさかこんな展開になるとは思ってもいなかったんですけど。
ゲス岡はいい加減、竜太に殺られると思ってたのに・・・

竜太の前でヒミコをレイ○しようとしたゲス岡でしたが、なんと自慢の
44スーパーマグナムは反応せず。

東郷の功績ですね。
実際、マグナムかどうかわかったもんじゃないしザマーミロ。

が、ゲス岡は自分のものが役に立たないものだから今度は別の悪さ
を考え出して・・・

ヒミコのことを思ってHしてないという竜太は綺麗事を言っていると
ヒミコにパンツを脱ぎ、おっぱい丸見え状態で竜太に跨るよう指示。

自分は「ゲーム」をしてたはずなのにリアルな感触に竜太は混乱。

彼は今、現実をゲームだと思い込むことで辛うじて精神を維持してる
状態ですからね。
それを無理やり現実に引き戻すことになり・・・

ま、竜太も頭の中はともかく、こんな状況なら反応するわな。

ヒミコは竜太の命を守るためにゲス岡の言いなりになることに。
この場合は殺されるかもしれないわけだから仕方ないかな。

上杉は吉岡がゲームのタイムリミットが近づいていることを知らない
ことに気づいたにも関わらず変態ショーを見ることを優先。

ヒミコに咥えられて竜太はいつの間にかエロゲ―をやっていたのかと
錯覚・・・
エロゲ―ならイかないとゲームは終わらない・・・
混乱中の竜太。

ゲス岡はヒミコに本番を要求。
上杉は色々丸見え状態で大興奮。
コイツ、イイ思いしてるけど残念なことになるんだろうな。

ヒミコに竜太の先っぽ当たって あらら・・・どうなる???
ってところで次巻。

さぁこの後どうなるのか・・・

今回も織田の登場はなし。
竜太の絶体絶命?を救うのは織田なのかしらん。

ゲス岡と上杉は生き残りキャラではなさそうなのであの二人の前で
Hしてしまったとしても特に問題はなさそうですけどね(^^;

今回は読者サービスとして大盤振る舞いってことだったのでしょうが
話は進んでません。
今回の話、必要かなwww

とにかく早く飯田とペリエ、来てくれ~~~
そして話を進めてくれ~~~


2016年02月12日 (金) | 編集 |

これまで出て来なかった最後のプレイヤーが登場し、参加者がやっと
全員判明。
なんとまぁ最後はあんなゲスだったとは・・・

ヒミコも災難続きですね。

18巻の感想はこちら
ずっとタイトル間違えて16巻って表記してたようです。
お恥ずかしい限り。

BTOOOM!(19)

BTOOOM!(19)
著者:井上淳哉
価格:583円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

扉絵からして胡散臭さ全開だったので、もしや読む本を間違えたのかと
思わず表紙を確認しましたがな。

吉岡・・・お前はいらない。。

ザビエラはいろんなところにピアスしてます。
痛いと思うんだけどなぁ。
飼ってるショコラという黒猫ちゃんはかわいいです♪

ザビエラは条件を同じにしてSAKAMOTOと戦いたいってことで実弾では
なくて模擬弾を使ってた様で。
よかった、よかった。

実弾だったらかなりヤバかった。

ザビエラのドローンだけならなんとかなったかもしれないのに東郷を助けたい
吉良もやってきて、ザビエラが吉良を利用して竜太を追い込むものだから
さすがに竜太も上級ランク者二人を同時に相手にするのはきつくて・・・

が、竜太はドローンの操縦者が並々ならぬ腕前であることと竜太に異常
執着を見せることから世界ランク一位のZABIだと気づいたようで。

そうなると、今度は竜太も相手のパターンが読めるってことから策を講じまし
たね。
追い詰められたところで吉良に共闘を持ちかけたようです。

これまで何度も戦ってきた二人だからこそお互いの実力もわかっていて、
お互いにそう簡単に倒せないことも周知。

しかもドローンを操縦してるのが世界ランク一位のヤツだと知ったことで吉良は
SAKAMOTOと組んで確実に東郷さんに薬を届ける道を選択。
吉良も成長しました。

ちゃんと信頼して守ってくれる大人がいてよかったよ、ホント。

吉良と竜太が組んだことでザビエラのドローンは撃墜
ザビエラは自分が負けたことを受け入れられないようですが、この子はまだ
この後も出てくるのかな。

竜太が薬を手に入れ戻ってみるとヒミコはいなくて・・・
辺り一面散弾の痕があり、レーダーでもヒミコしか追えないことからレーダーに
映らない何者かによってヒミコは拉致されたのだろうと竜太は考えます。

ヒミコのところへやってきてたのはあのゲス岡。
ヒミコを人質にすればその仲間からチップをえるだろうってことで。

それにしてもコイツ、クレイジーというか、どうでもいいくらいのゲス野郎。
頭おかしい奴に襲われるとか毎回、ヒミコ気の毒です。
まぁ可愛い子だから仕方がないのだけれど(^^;
そして、またもトンデモナイことに。

やっと銃撃から逃げ切ったと思ったのに捕縛され胸の谷間にクラッカー式の
BIMをセット
されちゃうとか・・・

落ちたら完全にアウトだから身動きできない状況に。。

ヒミコの胸だったらなんとかしばらく耐えられそうだけど、これ普通サイズなら
即アウトだよね(^^;
大体BIMが鎮座しないww

竜太はヒミコが拉致られたことに気づいてるし方向もわかってるからきっと
助けてもらえると思いますが、とにかく早く合流して欲しいです。

一方、輝夜を追いかけていた吉岡は東郷に遭遇。
東郷は吉岡は死んだと思っていたからビックリだけど自分たちに向けMP5
を向けてくることにもビックリ。

落ちてたから拾ったとかトンだラッキー野郎です。

酒を断っていた東郷ですが輝夜を守るためにアルコールに手を出すようです。
この人、お酒で覚醒するみたいで。

炎症で気道が塞がりかなりヤバいようですが次巻ではかなり吉岡を追い込む
ようです。
「輝夜を狙う者に一切の容赦なし」ってことなので期待

でも、この感じだと吉良は間に合わないんだろうなと。。
やっと吉良が人を信じ誰かの役に立ちたいと思うようになったというのに・・・
怒り狂った吉良に吉岡はやられればいいと思います・・・。

竜太もヒミコを助けた後で向かうと思われますし、ここでまた吉良と竜太が共闘
するかもですね。

吉岡が何者であるかを知れば、当然竜太も容赦しないでしょう。。

そうそう、もう一人判明してなかったプレイヤーは与謝野という名の根性の汚い
ばぁさん。
樋口によって嘘を暴かれ、東郷によって抹殺されたようです。
樋口の能力便利。

が、与謝野さんとか樋口さんとか・・・いいのか(^^;

ベリエもシュヴァーリッツ財団と対抗すべく同等の対抗勢力を味方につけて
島に向かっているようです。

うぉおおおおおおお!!!

早く救出してやってくれぇえええええええ!!!

でも、またバトルがありそう。
それもかなりデカイやつ。。

次回は織田も出てきて欲しいです。


2015年10月23日 (金) | 編集 |

これはやっと形勢逆転とみていいんでしょうか??

組織の方がヤバくなってきた感じ?

これまでの感想はこちら

BTOOOM! 18

BTOOOM! 18
著者:井上淳哉
価格:583円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

織田と沖田の過去が判明。
織田はやんちゃしてたようですが、母親が発病してから更正したようで。
お母さん苦労してるなぁ・・・
お気の毒に。

織田は母親のためになんとしても早く帰りたいってことですね。
人の恨みを買うようなことはもう止めた方がいいよ。。

沖田の仲間はあっという間に織田に倒され、沖田自身も織田にやられる
ことに。
そりゃあんな戦力にも何にもならないような女の子たちでは織田の相手には
ならんわな。。
よくここまで生き延びていたなと・・

で、やっぱり沖田は織田のことが好きだったようです。
ずっとそんな感じだったし。
沖田を目覚めさせたのは織田だったようで。

これも、多分そうだろうと思ったwww
織田、いい男だもんね。
そっち系の人がれてしまうのもわかる。

樋口の顔に見覚えがある織田・・・
って ことはこの子の世話になってたってことかwww(><)
それは嫌だな。。(^^;
織田ほどモテたら生身がいくらでもいそうだけど。

が、樋口の色仕掛けにはく乗らないところが気分爽快www

まぁもうちょっといい女ならともかく、胡散臭さぷんぷんの女なんてお呼びじゃ
ないですわな。

ティラノス側はたった1個だけ薬を搭載したドローンを飛ばしますが、薬を
必要としないのに織田がドローンにわれて・・・
いい迷惑だわ。

ドローンにはマシンガンが装備。
操縦してるのはゲーム版BTOOOM!で世界ランキング1位だったザビエラ。

ところが彼女はSAKAMOTOには一度も勝てなかったようで、それなのに
ランキング1位は納得がいかないとSAKAMOTOをす気のようで。

織田を追っていたのはちょっとした気まぐれか?

竜太は熱を出してるヒミコのために薬を手に入れたくてアイテムミッションは
クリアするとドローンと対戦
ザビエラは竜太の戦いっぷりからSAKAMOTOだと気付いたようですね。

今回はアイテムゲットはならなかったものの竜太が有利のようで。
康介も東郷のために薬を何としても手に入れたいから、今後参戦してくると
思われ・・・

どうなるんでしょうね。
個々に戦うんじゃなくて共闘してザビエラを倒し、お互い必要な薬だけをもらえ
ばよさ気なんですけど。

一方、ティラノスジャパンの方には竜太の伯父と義父の動きがバレ、三田村が
二人の排除に乗り出して・・・

ええええ・・・(((((゚.゚;)
竜太伯父があっさりたれてしまいましたがな!?

まさか早々に退場とは。
死の間際に中岡は弟に“保険ファイル”を預けます。
「すぐにそのUSBメモリーをネットに繋がったパソコンに刺せ」

はよぉ~タクシーに乗ってでも逃げればいいのに、なんかドンくさいというか
三田村にもすぐに見つかるし、もぉおおおおお!!

何やってんだよ義父!!! (ノД`)

っと思ったらちゃんと考えて走ってたようで(^^;

自分が以前勤めていた会社に飛び込んだようです。
血だらけで乗り込んできたものだからみんなに警戒されて、警察にまで通報
されて・・・

そりゃそうなるわな。。
取りあえず、はよ、何とかしろよ!!!

ここで義父、やっと意地を見せました。
「家族の命を守るため自分の信念を押し通させていただきます!!」

みんなに抑えつけられながらどうにかブっしたようで。

会社のPCモニターには「非常事態宣言」が!?

中岡が画面に現れ、動画とともにいくつかの重要ファイルウィルスという形で
ばら撒いたようです。

そこにはテミスプロジェクトの機密データだけでなく、シューバーリッツ財団に
関わる極秘のデータが膨大な数添付されていて・・・

リークすれば財団に確実に殺される危険な情報が垂れ流し。。\(^o^)/
ティラノスジャパンはこれでもうダメってことなのかしらん。

例のハッカーさんのお仕事ですよね。

反撃開始ってことで飯田も動くようです。

でも、今回のBTOOOM!に関わることは中止ってことになってもまだまだ
危険は回避されないんじゃないのかとも思われ・・・

怖いですね。
どうなるのかしらん。

もうそろそろホントなんとかなって欲しいところ。。


2014年11月04日 (火) | 編集 |

久しぶりの感想です。
突然のゲームルールの変更にはびっくりですわ。
どうなってしまうんでしょうね(><)

やっぱりヒミコは織田に助けられたようです。
これまでヒミコは二度、危険な目に遭ってますが、その時にホーミング式BIMで
ロックオンして身を守ってきましたが・・・

一人は本当にレイプ目的であったため、逃げたところをボン
もう一人は竜太で、彼はヒミコが自分も死を覚悟していることを知り、生きろと
ヒミコの手でホーミング式BIMを解除させました。

が、織田は何もせず。
殺されるならそれでも構わないとばかりに。

ヒミコはいつ死んでもいいと思っている織田を敵か味方か計りかねますが、
とりあえずはロックを解除して様子をみることに。

織田はこれ以上、竜太に軽蔑されたくないとケガをしたヒミコの世話をします。

これまでの感想はこちら

 

BTOOOM!(15)

BTOOOM!(15)
著者:井上淳哉
価格:555円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

今回、竜太、輝夜、蘇我のチームは平穏でしたね。
新しく投下された物資はBIMで、なんとか彼らもBIMの補給ができました。

ヒミコは竜太と合流しようとしますが、ケガのため発熱。
でも、織田が隠しておいた水をくれたりしてとヒミコを助けます。
翌日、ヒミコが動けるようになってから竜太を探しますが、その途中で物資を
追いかける康介、東郷、樋口、上杉のチームと遭遇。

織田はここは竜太への貸しだとヒミコを逃がし、自分は物資を獲りにいくこと
で康介たちのチームを足止め。

今回の物資がBIMだということを知らない康介たちのチームは織田を倒し、
BIMを奪おうとしますが、織田があり得ないほどの大量のBIMを所持して
いるのを見て今回の物資がBIMであることに気づきます。

康介と樋口は東郷たちと合流し、見逃してしまった物資を獲りに行くことに。
樋口は人が嘘をついているかどうか見抜くことができるようで・・・

やっかいな能力ですね。

が、織田はまだ彼らがBIMを補給してないと予測し今のうちにと4人全員殺す
ことに。
樋口が遅れ、東郷がそれを庇います。
その隙に残りの二人がBIMを獲りに。

これまで康介は単独で動いたり、決して人と協力しない子だったのに東郷の
言葉は素直に受け入れるようになってます。
仲間を助けるためにBIMを獲りにいき、みんなで戦い、みんなで助かるのだと
チームプレイに徹します。
変わりましたね~

織田の攻撃を東郷のバリアー式BIMで防ぎ、時間を稼ぐ間に康介がBIMを
獲って戻り織田に反撃開始

4つ落ちてきた物資の一つは織田が、二つを康介たちのチームが、残りの一つ
を竜太たちが手に入れたようです。

っと、その時、チップを通してプレイヤーたちにゲームルールに3つの修正点
できたことが告げられます。

一つ目はBIMの緩和。
つまりは新たなBIMの配給。

二つ目はゲーム終了後のプレイヤー一斉回収。
プレイヤーを回収しにいったところを襲われたことから、ゲームの決着がついて
から、一度に回収することに変更。

伊達が死んだものの、クリアしたことには変わりがないため、残りの回収枠は
3人。

三つ目はタイムリミット。
あと24時間でゲームは終了。

なんと、時間がきたら残されたものはそのまま置き去りにされることに・・・!

プレイヤーたちの間に動揺が広がります・・・。
これまでチームを組んできたけれど、それではそのチームの全員が助かるわけ
ではなくなりましたもんね。
このままでは仲間割れが起きそうな気配。

そして、前回、鷹嘴に目を付けられた飯田でしたが、彼に竜太の義父と伯父が
接触。
竜太の名前や殺人ゲームの話を振りますが、飯田は知らないと。
そこで、元ハッカーのペリエと協力関係にあることを示し、飯田が既に組織から
われていることを教えます。

飯田はもう前に進むしかなく、3人に協力することに。

せっかく希望が現れたのですからなんとかこの人たちに上手いことやってもらい
たいものです。
ペリエは相当の腕を持つようですが、いつの間にこんな人と知り合いにwww
って思いますよね。


組織は飯田の裏切りを知るも敢えて泳がせ、不穏分子をあぶりだすことにした
ようです。
怖いですわ。。

飯田がボロを出さないといいのですが。

さて、飯田たちの方が上をいくか、組織が彼らを捕まえてしまうことになるのか。
この先が非常に気になるところです!

早く続きが読みたい。