FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
2021年02月12日 (金) | 編集 |
ついにエレンを止めましたね。
先月号の感想はこちら




道と思われる場所ででジークとアルミンが会話。
ユミルは苦しみから逃れるために不死身の身体を生み出し、死さえ存在しない世界
へと逃れたとジークは言ってますが、これが悪魔との契約ってことですよね。

他世界から生命体がやってきて、その力を受継いだとかではなく、ユミルがなんか
特別な生命体に変異してしまったってことでしょうかね。

2千年もの間、とてつもない力を持っていながらユミルがフリッツ王に逆らうことが
できなかったのはなぜか?
ジークはユミルの目的を考えたけど理解できなかったようで。

ただ、何かの未練を残していたことは確かで、それがエレンには理解出来て自分には
出来なかったのだと。

ユミルは誰かに自分も1人の人間として認めてもらいたかったのではないかと。

ジークはユミルを始祖の力をもつ特別な存在としてみてたと思いますが、エレンは
ユミルを“ただの人”だと言って、だから誰にも従わなくていいと言ってましたもんね。

エレンはこの世界を終わらせユミルを“自由”にしようとしたから、それを望んでいた
ユミルはエレンについていったんですよね。
この世がなくなるためにエレンに協力している状態ですよね。

それまでは従うこと以外の選択肢を知らなかったから、力を持っていてもそれを
抗う力として使わず、従うことに使っていたのだと。

ジークとアルミンは生きることの意味について語り合います。
ジークは「増やす」という種の目的のために生きることから解放され、死ぬことが
自由ではと捉えてて、そんな生には意味を見いだせないようでしたが、アルミンは
増えるために必要なものではないけれど「生きている一瞬一瞬の出来事自体」が、
自分には大切なものだったと。

アルミンの言葉でジークも自分にとって楽しかった時間を思い出すことに。
すると2人に関わって来た故人たちが姿を現し・・・

ん?これはかつて巨人の力を有した人達??

その頃、現実の世界でみんなは闘っていて、ピーク、ジャン、ライナー・・・
アニ、ミカサ・・・

それぞれが絶体絶命大ピンチ(><)

するとベルトルトの超大型巨人がアニの女型を助け・・・!!
ベルトルトはアニが好きでしたもんね・・・
助けられてよかったね、ベルトルト。

ライナーを助けるのはポルコとマルセルのガリアード兄弟!!
ユミルもいますやん!!

いろんな思いを抱えていたはずなのに・・・今はライナーを助けてることに胸熱。

この期を逃さずミカサがアルミンを救出。
アニの女型がアルミンをキャッチ!!

アニを助けるのはクサヴァー・獣、グリシャ・進撃、クルーガー・進撃ですよね。
ふぁああああ・・・歴代巨人結集だわ。

道に姿を現した彼らがジークとアルミンの呼びかけに答えてくれたってことです
よね。

ベルトルトは力を貸して欲しいというアルミンに対し何も言わなかったけどアニを
助けたことが答えですよね。

そしてジークは自らリヴァイの前に姿を現して・・・
それも巨人としてでななく、本体のままで。

獣の巨人の状態では項を削がなくてはならず、今のリヴァイにそれをするのは厳し
かったけど、人間の身体なら例え利き手でなくても目的達成させることができます
もんね。

はぁ・・・こう来るか。

ジークはリヴァイが自分を倒したがっていることを知っているから、その望みを
叶えてやろうってことのよう。

リヴァイには絶対にエルヴィンの命令を遂行して欲しかったけど、ジークが彼の
手にかかるのも辛いなぁと思っていて・・・
まさかこんな形で成されることになるとは思いませんでした。

色んな柵から解放されたジークは空を眺めいい天気だと感じる感性を取り戻したよう
です。
もっと早くに気づいていれば・・・もう少し長く生きたかったな、って思ったので
しょうが、同時にこれまで多くの人を殺してきた自分がそんな生き方が許されるわけ
ないということも承知していて・・・

こんなすっきりした表情且つ、清々しいまでの潔さでリヴァイの前に現れるとは。
リヴァイも一瞬動揺を見せたようですが、この期を逃しませんでしたね。

それは絶対に成さねばならない約束だったから。

ジークの死によって地ならしは止まったようです。
ジークを通して発動してた始祖の力がエレンに使えなくなったってことでしょうか?
でもユミルがいるはずだから直接ユミルを通して何とかなりそうですが???

ジャンがエレンの首に掛かる起爆装置を作動。
死に急ぎ野郎にクソバカがつきました。

ライナーが始祖の力の本体を取り押さえ、再びエレンと一体化するのを防ぎます。

鎧の巨人なら超大型の爆発に耐えられるってことですが、大丈夫ですかね・・・
ヤバそうなんですけど・・・
うう・・・ライナーの覚悟が・・・
これで今までのことは帳消しにして欲しい。

ライナー以外はファルコの背に乗って離脱。

ありがとう みんなの力が無ければ 地ならしは止められなかった

​さようなら エレン​

いよいよ、アルミンが巨人化。
終止符を打つようです。

ふぇ~~~~~ん 
なんだよ、ミカサの表情もアルミンの表情も・・・辛いよ(><)

あと2話ですよ。
最後まで見とどけねば。
スポンサーサイト



2021年01月17日 (日) | 編集 |
ついに残り3話・・・。

先月号の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊 少年マガジン 2021年 02月号 [雑誌]
価格:699円(税込、送料無料) (2021/1/16時点)

楽天で購入



オニャンコポンは大丈夫そうですね。

ファルコが鳥になれそうだというのはわかっていたとしても、どうしたら鳥になれたん
でしょう?
巨人の姿形って自分で決められるものではないと思うんですが・・・
鳥になぁれ!!って願ってなれるものなのか??
謎です。

ファルコが巨人化したことで船は沈没したようで・・・
後でキヨミさんらを回収にいかないといけませんね。
ちゃんとみんな助けられますよね・・・

取りあえず、ファルコが飛べたことで危機を脱出できました。
でもライナーは戦えないガビを連れてきたことを心配してます。
ですよね、ガビは巨人化できないし、立体起動も使えない。

ただ、対巨人用ライフルが使えるし、以前エレンの首を飛ばした時に背中辺りから
光るムカデのようなものが出てきて、それが巨人の力の正体ではないかと言ってる
ことから彼女がこれを撃ち殺すのかもですね。

そのためにここにいるのかも。

巨人の力の正体が消滅したらエルディア人は巨人化しなくなるのでは
そしたら今ある脅威は消え、エルディア人は解放されるってことですよね。

エレンはそのことを知っているのでしょうか?
自分の首を落とさなくてはそれが出来ず、同期のメンバーにそれを決断させるため
に自分がヒールをしてる??

いや、エレンはそこまで考えてないかな?

それにしてもガビはあっさりエレンの首を飛ばしたと言ってますが、その件に関し
ては誰も何も反応なしですが、いいのかしらん。
さすがに次に首を飛ばして、始祖の力もなくしたらエレンは死にますよね・・・

アニはアルミンが気になることを必死に隠してますがミカサが情報提供。
密かに2人の関係が変化してます。

リヴァイはアルミンの救出とエレンへの攻撃を同時にするよう指示。
これ以上はエレンを救う方向で動くのは無理って判断ですね。
エレンを殺すことは出来ないミカサをアルミン救出組に入れるアニ。
今は出来ることに集中させるための配慮ですね。

起爆装置の方はライナーとジャンが担当。
そこにはピークもいて闘ってます。
ピークの巨人は戦闘には不向きだけれど持久力があるようで、ピークが死なない
限り何度でも巨人化できるようです。
これは凄いことだわね。
とはいえ、限界はありますよね・・・

ここでピークとジャンの間に何か生まれたりはしませんかね・・・
釣り橋的な何かが・・・
それどころじゃないか。

リヴァイはエルヴィンの最後の命令だけを未だ成し得ていないと腹立たしさで
いっぱいのよう。
これまで一度も命令をしくじったことがなかったのにと。
リヴァイは仲間たちがこれまでに捧げてきた心臓の重みに匹敵する成果を上げたいで
しょうね(><)
それなのでままならず・・・

先輩格としてはリヴァイだけが生き残っていますが、彼も最後まではいないのでは
ないかと思われ・・・

かといって今のリヴァイでは獣の巨人は倒せないと思うのですよ。
でも、どこかでジークと対峙することはあるのではないかと・・・

アルミンはユミルに食われたことで座標にやってきたようです。
ジークが「君も」って言ってることからジークもユミルに食われたってことですかね。

以前、ジークが座標に来たときはユミルに食われたわけではないので、座標への道は
始祖の力によって呼ばれて行くことができる場所ですかね。

これまで話合いが不十分だったと言ってきたアルミンですから、ここはジークと話す
ことで何か打開策が見つけるのでしょうか。

ジークはエルディア人の安楽死計画を立ててましたが、子孫を産めなくするよりも
巨人にならなくなるのならその方がいいですよね。

みんな必死で闘ってますが、アニとミカサの連携が凄い。
あんなに敵対し合って2人だけど、何も言わないのに意思の疎通が出来てます。
これも未来への希望ですよね。

ベルトルトの超大型巨人の前に来た女型の巨人。
ベルトルトはアニが好きだったけどアニは今、アルミンを助けようとしていて・・・
さぁこの状況がどうなるのか。

一方、砦ではエルディア人とマーレ軍が敵対・・・
憎しみとの決別を誓ったところだったのに、ミュラー長官はどう行動するんでしょ。
ここできちんと和解できなければ口先だけの宣言になってしまいますよね。
ここにも未来への希望が見られるはず。

あっちもこっちもえらいこっちゃですが・・・
ああ・・・あと3話なんですよ。
どうしましょ。
2021年01月10日 (日) | 編集 |
エレンによる地ならしが無慈悲に展開されてます(><)
どうするんだよ、これ???って規模で・・・

前巻の感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

進撃の巨人(33) (講談社コミックス) [ 諫山 創 ]
価格:495円(税込、送料無料) (2021/1/10時点)

楽天で購入


【内容情報】(出版社より)
巨人がすべてを支配する世界。
巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防い
でいた。
だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まって
しまう。
パラディ島以外すべての土地を踏み潰すべく「地鳴らし」による進行を続けるエレン。
ミカサやアルミン達は空からエレンを追いかけるため
飛行艇整備が可能なオディハを目指す。
だがその代償としてアニ、ライナーらの家族が住む「レベリオ」を諦めることになり。

本誌連載時に感想を書いてるので通して読んでの感想のみ。
別冊マガジン連載時感想は以下の通り。

131話感想​  132話感想​  133話感想​  134話感想


あまりに残酷で容赦ない「地ならし」がエレンによって進められてます。
エレンが望んだ自由はこれだったのか?

この自由を手にしてエレンは幸せなのか??

山ほど疑問が出てきますよね。
エレンが望んだことは「自由」だったけど、虐殺の先に手に入れるもの
だったのか・・・

ずっとハンジたちはエレンに道を示せなかったことを残念に思い、でも
エレンの行動を支持するわけにはいかず抗ってきました。

エレンを止められるのは彼らだけ。
そしてエレンも止められたいのではと考えるライナー。

調査兵団で一緒に巨人と戦いながら、実はその巨人の正体がライナーたちで
その裏切り行為を許せずにいた調査兵団同期の面々ですが、ライナーたちも
ただ守りたいもののために闘っていただけだとわかり・・・

自分たちも彼らと同じように守りたいもののために仲間を裏切り手にかけて
ライナーたちと同じ立場になったとき、本当の意味で彼らの苦悩を理解

確かに同じ立場にならなければ、わかったつもりになったり一方的に詰るだけ
になってしまうのが人間なのでしょうね。

エルヴィンの後で調査兵団を率いてきたハンジも退場。
リヴァイは、お前も先に行ってしまうのだなぁ・・・ってところでしょうか。
仲間のところへ先に向かうハンジを止めません。

リヴァイはエルヴィンとの誓いを果たすため、ここは踏みとどまったのでしょう。

残酷な世界が見事なまでに描かれてます。

が、一抹の望みも。

人類の滅亡を前に自らの行いを悔い、もし未来があるのなら憎しみ合わない世界を
作るという誓い。

これもまた平和な時間が過ぎれば忘れ去られ、再び世界は窮地に追い込まれること
になるのかもしれませんが、語り継ぐ者が途絶えなければ希望もあるのではないか
と思ってみたり。

さぁ着地までのカウントダウンが始まりましたよ。

次巻でいよいよ完結だそうです。
別マガの4月発売分、5月号が最終話のようで。

はぁ・・・遂にこの時が来るのか・・・
ま、一応予告してもらえると心の準備ができるので、突然はい終わりです!
ってなるよりはありがたいのですが。

読み終えた後、未来に光がありますように。


2020年12月16日 (水) | 編集 |
何がなんだか・・・
先月号の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊 少年マガジン 2021年 01月号 [雑誌]
価格:640円(税込、送料無料) (2020/12/12時点)

楽天で購入


獣の巨人と思ったら、ジークはいなくて巨人の形だけが作られた状態だった
ようで・・・
これユミルが作り出してるようですね。

で、ユミルは豚を逃がしたんですかね??
故意に逃がすと言うよりも扉を開け放っておいたって感じのよう。
でっかい巨人にはでっかい巨人をぶつけるってことでいよいよアルミンが
巨人化するようです。
エルヴィンの言葉を思い出し、腹を括るアルミン。

ところが、アルミンは無数に現れた巨人の一体にパックンされてしまいました。
舌で窒息しさせようとしてるようですが、ケガさせたら巨人化してしまいます
もんね、でもなんかエロ・・・w

アルミンはそれどころではないでしょうけど。

無数の巨人はピークによると歴代の九つの巨人のよう。
始祖の力で蘇らせてるようです、ユミルが。
そんなの相手に闘っていても勝てるわけがないってことでピークは即座にエレンの
進撃の巨人を攻撃することに。
爆薬で首を吹き飛ばすつもりのようでしたが失敗。

ライナーの鎧の巨人にガリアートの顎の巨人が襲ってきたときには何が起きたのか
わかりませんでしたわ。
味方同士でなんで攻撃してくるのかと。
これもユミルが作り出してる巨人なわけですね。

私の頭は混乱ですよ・・・
ユミルは本当に人類の虐殺を望んでいるんでしょうかね??
ほんま、よくわかりません。

アルミンの意識にベルトルトが現れたので、ベルトルトが助けてくれるのかしらん?
っと思ったら超大型巨人が現れました・・・あらら・・・

しかしデカいな・・・

鎧の巨人を潰したところからもベルトルトの意志はそこには無いでしょうね。

ジャンがライナーを助け、宙づり状態。
もう一度巨人化するから手を離せというライナーにジャンは「てめぇの巨人は名前の
割にしょっちゅう砕けてる」と鋭い指摘。

ですよね。
鎧という割に強くない・・・

ライナーに対し「俺たち」という言葉を使うジャン・・・
ライナーはその言葉で救われましたよね・・・

意識を無くしてるコニーに巨人が襲いかかりますが、そこをリヴァイが助け・・・
ミカサとコニーでリヴァイを助け・・・
もう何が何やら・・・
とにかく巨人に囲まれて大ピンチ!!!

「来い!!私は強い!!ので!!・・・」
ミカサが囮になってなんとか凌ごうと大声を張り上げますが、ここはもうどうにも
ならんでしょ、 ってところで

​「ミカサ!!あんたちょっと邪魔!!」​

おお~~~~~~来たよ!!!来ましたよ!!アニたちが来た!!
ファルコがファルコン。

アルミンとピークはエレンの上ですが、残りはファルコに助けられたようです。
ここからどう体勢を立て直していくのか?

もう残り数話ですよね、きっと。
このまま年越しか・・・
2020年11月20日 (金) | 編集 |
諫山先生が作画コストが大変なことに・・・っと書かれているように
ものすごい数の人たちが描かれてます。
先月号の感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊 少年マガジン 2020年 12月号 [雑誌]
価格:640円(税込、送料無料) (2020/11/18時点)

楽天で購入


ヒストリアが出産を迎えたようです。
助産婦らしき人が動き回る中で1人、男の人がいるようですが・・・
この人が相手の人ですかね?
私はエレンの子だと思ってるのですが・・・

明日への希望の子ってことだと思うのですが、別にエレンの子供でなくてもいい
ってことでしょうかね。
王家の血を引く子にはなりますが。

世界中の人々が逃げ惑う中、「地鳴らし」が進んでいきます(><)
こんなのありかよ・・・ってくらいの狂行。

こんな絶望の中でも赤子の命がリレーされていきます。
それでもこのままではその先に希望はないですよね。

ヒィズル国らしきところへも地鳴らしは到達してます。

人類すべての命運を懸けて飛行船部隊が飛んで行きましたが、司令官はこの結果は
兵士らだけの責任ではなく、憎しみを利用し、憎しみを育み続け、憎しみに救いが
あると信じてきたすべての大人達に責任があると。

我々全ての大人達が至らぬ問題のすべてを「悪魔能島」へ吐き捨てた結果、怪物が
生まれ、我々に憎悪を返しにきたのだと・・・

なるほど・・、エレン個人を敵とするのではなく、エレンを自分たちの行いの結果
生まれた産物であると認識したわけですね。

これなら救いはあるのかも。

もしも再び、未来を見ることが叶うなら二度と同じ過ちは犯さないと私は誓う

司令官の悲痛の叫びが多くの人々にも届いてます。

ライナーの母・カリナも自分がライナーを復讐の道具にしていたことに気づきます。
後悔の涙を流す姿にアニの父も同じ思いであることを呟きます。

司令官は憎しみ合う時代との決別を誓い、互いに思いやる世界の幕開けと怪物との
別れを宣言し、爆撃開始を指示。

が、エレンが獣の巨人を出し投擲で応戦。
あっという間に飛行船部隊、全滅
ですよね・・・全く相手にならない。
数も圧倒的に少ないし。

アニもライナーもパラディ島で生きている、親より先に死なないならそれでいい
親たちは絶望を受け入れ死を覚悟。

っとここへ飛行艇到着!!

獣の巨人の投擲が飛行艇に直撃。
リヴァイに生気が戻りましたね。
やっぱりどんな形であってもエルヴィンとの誓いは果たして欲しい。
リヴァイに果たさせて欲しい。

獣の巨人の所在がわかり、探す手間が省けたとばかり攻撃目標を定めます。

オニャンコポンはギリギリまで飛行艇を近づけたので、不時着を試みるでしょうが
巨人に踏みつぶされる予感しか・・・(><)

ライナーが巨人化し、獣の巨人の投擲を阻止。
みんなは立体起動装置を駆使し始祖の巨人の上に着地。

いよいよ最終決戦だというのがわかります。

鎧の巨人、車力の巨人の出現に人々はパラディ島の勢力が地鳴らしを止めにきた
ことを知ります。

アルミンはエレンを引き釣り出した後で「君のどこが自由なのか」って嫌な質問を
してやると。

ああ・・・​鳥肌!!!!​

この状況ならエレン個人を悪として断罪されることはなさそう。
どうせ寿命も残り少ないのだし、巨人となった者たちへ憎しみを向けるのではなく
互いが赦し合う世界へわずかな希望が見えてきたような・・・

ここへアニやファルコもやってくるのでしょうね。
顎の巨人の背中に女型の巨人とガビを乗せて。

はぁ・・・頼むよ。
エレンを止めてあげて・・・!

パラディ島の勢力が始祖の巨人を止めるという状況を作ることで全人類の憎悪から
パラディ島を守るのがエレンの目的だったのかもですね。
エレンが何をしようとしているのかさっぱりでしたけど、切ない・・・

ま、エレンのことだからパラディ島のみんなが止めに来なくて地鳴らしが成功して
しまったとしても、それはそれでパラディ島は憎しみの連鎖から解放されて、守ら
れる形となるのだから良しってことなんでしょう。

アルミンはそれがわかったからエレンを“自由”にしてやろうとしてるんですよね?
はぁ・・・凄いよ・・・

地鳴らしなんて発動してしまって、一体どうやってこの話を終結させるのか心配で
堪りませんでしたが、何となく希望が見えてきました。

それにしても憎しみを断ち切るにはここまでしないと人類は悔い改めることが出来
ないってことなんでしょうね。
そしてまた過去を忘れてしまった頃に再び悲劇は繰り返されるのかと・・・

日々、しっかり生きなくては。