アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年02月25日 (土) | 編集 |
なんじゃらほいですわ。
これまでの頑張りがチャラになってしまうのではと思うくらい
残念なつくしの告白・・・

あんた何を今更・・・って感じですわ (ー_ー;)

これまでの感想はこちら




王者・梁山高校との対戦前夜、つくしは、これまで胸の内に
押し隠していた不安や恐怖を風間に告白する。
そして、迷い揺れるつくしを予期せぬアクシデントが襲う!!
聖蹟にとって、つくしにとって、全てを懸けた運命の一戦が
始まる──!!

まぁ今更ですけどね。
私、つくしみたいなタイプ苦手ですわ。(ー_ー;)
これまですごく誰にも負けないくらい愚直に頑張ってきたことは
めます。
でも、自分の思いを言えず、それからげるためにやってきた
だけ・・・ってそれを今言うか!

怖くて逃げ出したいならとっととお辞めなはれ。
自分がどうしたいのかが自分で決められなくて流されてたとか
そんなプレイヤーいらんで。

逃げ出したいけど頑張るのか、逃げ出したいから逃げるのか
どっちかしかないんだから決断しろよ。

自分は勝負の世界に合わないと思うなら、場違いだと思うなら
そんな迷いを持ったプレイヤーは邪魔

つくしを​めてる周りの評価に耳を貸さないというか、自分は
いつまでもダメなままだと思ってるようでは全国の舞台に立つ
には相応しくはないでしょうね。

ただ、今回生方が倒れ、彼女がどういう思いでサッカー部に貢献
しようとしてきたのか知ることとなり、これがどう作用するか。
つくしの「諦めが悪く、楽な方へ逃げない選択」が生方を変えた
のだと知ったつくしはどうするのか。

この大会だけは・・・ってことで頑張るつもりではいたようです
けど。

主人公がこんなダメダメでいいんだろうか???って私なんかは
不甲斐なく思うのですが、今までがむしゃらにやってただけの
つくしがここから精神面でも成長するってことですかね。

こんな悩みを抱え込んで全国大会で試合してる主人公なんて珍し
くないですか??
有りですかね。

WJなら打ち切られそうですがこれが「DAYS」のタイトルの意味
するとこでしょうか。
特別ではない日常。
「日々」ってことですかね。

さすがの風間くんもつくしの悩みどころがサッカーに関すること
ではなくてずっとそれ以前のことだったためお手上げ。

自分のやれることは一つって風間くんですが・・・。
あたしは完全にお手上げですわ。┐('~`;)┌

生方を欠いた状態で試合をすることになった聖蹟。
風間妹により生方の思いを知った聖蹟の面々は監督の不安を他所に
気合十分。

めちゃくちゃ頑張るという水樹。
静かにみんなも闘志を燃やしてますよね。
とはいえ、梁山相手にどこまで通用するのか・・・。
頑張るだけでは難しそう。

やはり​戦略​を持って戦わないと・・・
そうなると生方がいないのは痛いところ。

梁山との試合の立ち上がりは、当初生方が提案してたものとは
うスタートのようです。

でも、生方はそれもOKって感じで満足そう。
きっといろんなパターンを考えてたんだと思われます。

東院の保科くんは生方のいないことに気づいてて・・・
この子は純粋に​生方の感性に興味があるだけ​なんでしょうが、
なんか言動がいい感じに私の笑いを誘います。
生方と楽しくやって欲しいわwww

さぁ、また長い試合になるんでしょうね。
何といっても梁山相手ですからね。
これ勝てるのかなぁ・・・

つくしが真に覚醒でもすれば何かあるかもですけどね。
サッカーは好きだけど本当は怖くて逃げ出したいとか、ホント
何それ!?ですわ。 ┐(-。-;)┌o

ただ、主人公がこんな弱音吐きマンのままではストーリーとして
成立しないのでつくしがどこかで変容するのだと思われますが。

はよぉ~~進化しておくれよ。
これじゃ生方さんが浮かばれないよ。

生きてるけど。

もうすぐ新刊が出るので早く続き読みたいです。
スポンサーサイト
2016年12月21日 (水) | 編集 |

まぁ色々と忙しい日々を送っていたものですからすっかりDAYSの
感想が遅れました(^^;
ざっくりで2話まとめて。

今までCGってありましたっけ?
私が気づいてなかっただけかなぁ~

スピードじゃ勝てないけど根性じゃ負けないとにかく走るつくし。
聖蹟は一人少ない分を走って埋めて、君下までもが普段しない滑り
込をみせて・・・

雑草根性をみせようとする京王を勝利への執念で押さえ込む聖蹟。
ところが、守りの要の臼井に異変!?
前半のハードワークのツケが足にきて・・・

うわぁ・・・残りわずかなのに丸岡のシュートが決まって同点。
逃げ切ろうとした聖蹟を追い込みましたわ!

もう延長戦を叩き抜く力が残っていない聖蹟はこの同点打に一気に
沈み込んで・・・
そりゃ痛いよね(><)

負けたわけじゃないけど、残り時間もないし大丈夫だろうと思った
ところで降り出しに戻されるのはきつい。
流れも持って行かれてるわけだし。

がっくり・・・のところですが、ここでつくし!!
「まだ終わってない」
走り出すつくしの背が水樹と重なって見える臼井。

つくしにわれましたね。
延長線にはしない、時間内に勝ちにいく。
聖蹟がりました。

残り10秒でつくしにボールが!
ここで決めなきゃいつ決める?って大事な場面がまたやってきて
つくしの前にシュートコースが開かれ・・・
今度こそ決めるか?

っと思われたところでつくしに抜かれた甲斐がつくしを引っ張り
ファウル。
まぁ何もしなければ当然、ゴールされてるだろうからここは仕方
ないところなのか?

ってつくしだからね。
外す可能性も無きにしも(^^;

君下は直接いたいところだけど角度がないってことで誰かに
合わせようって打ち合わせてるところで大柴が「俺の分のゴール
を狙え!!」と大騒ぎwww

お姉ちゃんに強制連行されていきましたww
甲斐は君下は直接狙ってくると予想。
君下がどれだけ練習してるかを知っているから。
キックの精度だけは努力に比例する。

つくしが動いて引きつけてる間にやはり君下は直接狙いました!!
「今までの俺の人生でぶっちぎりで美しい
来栖を感動させるほどの君下のシュート。

FKでハットトリック達成v
大柴は自分の分だと大喜びwww
「俺らしい!」ってよくわからんコメントwww

確実な方を取ると思った風間くんもびっくりでしたね。
3本の矢がない状態での勝利。

人工芝の中で育つ雑草に賞賛する丸岡。
同点になったとき、確実に流れは京王にあったのにそれをつくしが
ひっくり返しましたもんね。

しかも全てのFKに絡んでるし。
セカンドボール拾いも確実に相手側へのプレッシャーになって。


ところがつくし本人は不満。
それどころか、みんなに託されたのに全く役に立てなかったと悔し
がっていて。

みんなはつくしを評価してくれるけど、それはつくしにしてはって
ことであって、聖蹟のメンバーとして頼りにされてるわけではなく。

自分に一番厳しい評価をしてるのはつくし。
だからつくしは必死に練習して早くみんなに追いつこうとしてるん
ですよね。

いつもつくしのそばにいる風間くんだけはつくしの気持ちを理解
してます。
試合後ひとり自主練するつくしを見守ってたようです。

っと来栖たちもつくしの覚悟を知って練習せずにはいられなくなり
いつの間にかみんなで練習。
こういうことしてるうちに強くなれるんでしょうね。

臼井がつくしにをつけて練習してる場面ありましたがそれだけ??
つくしの成長に大事なところなのにざっくりきたなぁ。

みんなが決勝に向けて練習してる頃、生方は中学時のセーラー服を
引っ張り出し他校生のフリをして東院に潜入し情報収集。
あれ?
東院の保科にバレたとこカットですか?
これあとに響かないのかな。
あとから入れるのかな。

現状では勝てるイメージがわかないという生方でしたが、自分にも
出来ることがあるはずと本気モードに。
過去の東院の試合を研究しまくって・・・

ここの彼女はかっこええーとこなんですよね!!
見直しますよ!!っていうか惚れるww

ボロボロになって女捨てて没頭するのにカットか・・・
うう・・・残念。
見せ場なんだけどな。
ここは原作読むことを強くオススメしますわ!!

そして始まる決勝戦。
風間くんの代わりにスタメンのつくしはいつも以上に緊張。
試合の前に生方が自分が組み立てた東院の傾向と対策ってことで
プランを提供。

みんな圧倒されたようです。
「勝ちましょう!聖蹟は強い!」
ああ・・・生方かっこええ!!

完全に監督の上を行ってんじゃね??
絶対王者相手の絶望的な状況に一筋の光をもたらしましたv

「このチームでもっとサッカーがしたい」
円陣を組み、水樹の言葉とつくしの掛け声で気合を入れる聖蹟。
さぁこれからだ!!!

ってところで終わり・・・か。

でもすぐに東院戦もアニメ化してくれるようですね。
よかった、よかった。
こんなところで終わられたら原作未読の人はたまらんですよねw

ん~~だけどこれを機会に原作もぜひ読んで欲しいですね。
アニメの補完できますよ♪

私のこの辺の感想はこちら

今季大豊作の中にあって安心して楽しめた「DAYS」でした。
あの風間くん天使のEDがもう見れないのはさみしいですが先を
知ってるので落ち着いて東院戦を待ちたいと思います。

また美人さんの風間くん待ってます。







2016年12月09日 (金) | 編集 |
“十傑”の相庭相手に苦戦してた聖蹟ですがやっと2回戦決着。
これまでの感想はこちら




全国高校サッカー選手権2回戦。
vs.一星、ラスト5分。
一星の“十傑”相庭を徹底マークで封じるため、それまで守備に
専念していた臼井が、会場中の虚をつく高速カウンターを
仕掛ける。
そのカウンターに誰よりも早く呼応したのは、聖蹟の3年
メンバー。
詰み上げてきた彼らの3年分の絆が聖蹟に勝利をもたらすか!?
それとも……!? 激闘の一星戦、ついに決着──!!


臼井のカウンター狙いにいち早く反応をみせたのは3年生たち。
さすがですが、1名反応できてない3年が!?
水樹かwwww

この子、プロに行ったとしても頭これで大丈夫なん??
すごく不安やわ・・・(^^;

聖蹟の攻撃は全国に通用するレベル
でもDFは・・・
臼井の足を引っ張っているのが現状。

ってことで密かにDF陣は自主練をやってきてたんですよね。
臼井にはバレてましたけど。

ゴール前で灰原が臼井にパス。
最後はフリーの状態で臼井がシュート♪
うん、たまには主役になってもいいよね~~

長かった一星との試合も聖蹟勝利で終了。
桜高や青函も順調に勝ったようです。

で、聖蹟の次の相手は常勝無敵の梁山高校
初戦8対0で勝ったようで。
サッカーの試合の得点か??って点差ですね。

なんか化物の巣窟みたいなんですけど。
“十傑”が3人もいるってどゆこと???
ひとりでも苦戦したのにね。

聖蹟がベストな状態で戦ったとしても勝てるとは思えず。
ミーティングを終え、夕飯もナーバスさが残る聖蹟。
これまたただひとりを残して・・・

水樹ぃいいいいいwwww
ホント空気読まないというか相手のことなんてお構いなし。
自分たちがどうかだけが問題って感じで。
絶対的自分のチームを信頼してる。
「勝つだろ、明日も」
勝利を信じて毛ほども疑ってない。

信頼できるチームメイトではあってもさすがに実力差は否めないと
思うんですけど水樹の一言は聖蹟に自信を取り戻させました。
相手は強いけれどこっちだって強い!ってとこかな。
確かに試合はやってみないとわかりませんからね。

それにしてもつくしの様子がおかしいってのが気がかりというか、
またお前か・・・って感じ?
期待されてそれに応えられないことが恐怖に繋がってる??

面倒臭い子だな。
普通はサッカーで全国に出てくるようなチームにこんな子はいない
んじゃないですかね。

つくし母は失敗を繰り返す度に恐怖を感じてるだろう息子にサッカー
を辞めてもいいと言うべきか、乗り越えろと言うべきか悩んでる
ようです。
が、そんなのもう高校生なんだから自分で決めることじゃないの??
オカンも最終的にはそう思ったようですが。

だけどなんで全国大会のこんな時にモチベーション下げてるんで
しょうね。
生方さんにはつくしのケアはできなかったようで風間くんに任せる
ことに。

この二人は一早くつくしの異常に気づいたようで。
風間くんがつくしの話を聞くようですが、翌日に試合控えてるん
だし、あんまり寒いところで長話もどうだろ。
せめて温かいところで話しようよ。
風間くんが風邪ひかないか心配だよ。

次巻ではつくしは風間くん相手に不安やら恐怖やらを吐き出すらしい
のでそれで解決できたらいいんですけど。
「こぼれ落ちた真実の言葉にあなたはきっと涙する・・・」
って煽りですが私、涙するどころか腹立てなければいいなと。

風間くんがつくしの話を聞いている頃、聖蹟のメンバーの前には
過去に対戦した者たちが現れて・・・

みんな聖蹟が気になってるのね。

生方の前には東院の保科。
自分の持つ梁山の情報と引き換えに生方の明日の試合展望を教え
て欲しいと。
生方の部屋に保科が・・・
ってちょっとこれ女子の部屋に男がひとり入っていくってどう
なん???
何もないだろうけど保科の鈍さがwwww
っと思ってたら風間妹がやってきましたwwww

いいところにきたわ。
この子も曲者だからきっと梁山戦の役に立つはず。
兄と違って冷静に分析して人に伝えることができる子。

保科は「自分はただのマネージャーで対戦校のデータを集めたり
チームの現状把握はするけれど戦術的なことを進言する立場に
ない
」という生方に無理やり個人的な見解を聞き出します。

相当生方にやられたことが気になってたようです。
そりゃ誰もが東院が勝つだろうって思ってたところを生方によって
弱点かれちゃったんですから。

保科は生方の個人的な見解を柔軟な発想だと感じたようですが
生方が高校に入ってからマネの仕事をしサッカーをまともに
勉強したのは夏からだと知ってショックを受けたようです。

風間妹も生方を天才だと感じたようですね。
保科は生方をブレがなく冷静で意志の強い鉄のような女だと
思っていたけど自分の意志も通せないド素人の普通の女子高生
だったと言い出します。

そう言いながらも自分たちが聖蹟に負けた理由がわかった気が
する
と。

本人が思っている以上に生方のチームに与える影響は大きく聖蹟の
重要なファクター
となっていると言い残し帰っていきます。
生方には自分が正しいと思うことをすべきだと。

生方はどんな見解を話したんでしょうね。

君下のところへは青函の平が・・・。
「犬童や俺ならなんとかなるかお前では水樹を活かせないし
聖蹟を勝たせることもできない」と。
ってまたそんなことだけ言いに来たんかい??
君下はテクはあるけど決定的にフィジカルが弱い

いやいや、今それを聞いてもどうにかなるもんじゃないよ?
この人何しにきたの??
聖蹟を負けさせたいの??

でも君下は自分では梁山に通用しなくても聖蹟の司令塔
自分しかいないから揺れてる時間も余裕もないときっぱり。

その顔をみてつまらないと帰っていきますが、平は君下の覚悟を
確認したかったのかな~~

で、君下はその後大柴から呼び出し。
ファミレスに行ってみると今日対戦した相庭もいて。

相葉はなんだかんだと対戦したことのある梁山の話や大柴の話を
して後で聖蹟は負けると断言しますが、大柴からある作戦を聞くと本気か?とびっくり。

一応、君下も噛んでいるので実践で使えるのかどうかは不明だ
としても的はずれな策ではなさそう。
何をするのかしらん。

そして相庭は大柴のポジショニングがいいのは君下の調教の
成果
だと君下を評価。
「よくここまで育てたな」って。
ほぉ~~~~そうだったの???

バカとハサミは使いようって君下も言ってますが、本当に君下は
自分のパスで味方を動かすことをしようとしてたようですね。
大柴を育てる君下ってちょっとえるわwww

相庭は梁山のボール支配率は異常だから「お前らはお互いもっと
近づいて聖蹟の時間を増やせ。それが生命線だ」とアドバイス。
結局彼も聖蹟に勝って欲しいんだよね!

「遊びの続きは来年やろうぜ」って相庭でした。

なぜか水樹の前には犬童が。
しかも相撲対決
それ今することなん???

保科や平、相庭も見てて解説してるしwww
風間妹は「二人ともいい下半身」ってどこまでも冷静ww

勝ったのは水樹でしたが、結局何をしに犬童は来たのかというと
水樹の顔をみるため。

水樹の圧倒的な成長速度を評価してる犬童は明日の梁山戦に聖蹟が
勝っても負けてもまた水樹は別次元へと成長を遂げるだろうから
その前に今の顔を見ておきたかったのだとか。

なんかわかったような、わからんような・・・ってところですが
取り敢えず、みんな聖蹟に勝って欲しいようです。

「勝てよ、聖蹟」って4人に対し
「うるせえ帰れ」って聖蹟メンバーwwww
いいなぁこの構図。

そうそう、臼井のところにはプロからのスカウトが来てました。
すごく実直で誠実な人のようですが・・・
「自分は頭がいい男が好きです」

それに対し「男の人の口からそのセリフを聞く日がくるとは
思いませんでした」って冷静に答えてる臼井wwww
これたかぴろで聞きたいwwww

「うちに来てくれ君が必要だ」
って至近距離で熱く語るスカウトさんwww
臼井は熱血体育会系が苦手のようですが、どうも絆されてしまい
そうな予感wwww

中学卒業時もいろいろとスカウトがあったようですが、最後に
現れた監督に​「君が必要だ」​と頭を下げられてがあるよう
ですからね。
臼井ってそういうのに弱いのねw
即答はせず保留のようです。

だけど臼井は頭いいなら進学も考えているはすで。
アホの水樹にはプロの話はありがたい限りでしょうけどね。

さぁ気がかりなのはつくしです。
風間くんがどう持っていくのか??
梁山戦を前にややこしいことにならなければいいのですが
2016年12月04日 (日) | 編集 |
つくしの放ったシュートはまたも枠・・・
嫌われてます。

うん、惜しいけど入れて欲しいよね。
観客が説明してくれてます。

京王河原は丸岡、甲斐の二人だけでカウンター。
こっちはきっちりゴールに入りそうなところを猪原が止めました。
やっぱりシュートは枠の中にお願いしたいよね。

コーナーからの京王の猛攻をぐ聖蹟。
ひとり足りないとは言え、強豪校と言われている聖蹟ですからね。
選手層はぽっと出校よりは当然い。

積み上げた伝統も先人達の遺産もないし聖蹟が背負うプレッシャーも
知らないし例え負けても失うものもないけれど、京王には0から作る
難しさや面白さがある
ってことで一歩も引かない甲斐。

が、負けられない理由があろうと俺がいる限りゴールは割らせないと
猪原。
聖蹟の守りいですv

前半終了で京王の控え室。
股間をひたすら冷やす丸岡。
冷やし過ぎはよくないよwwwww

丸岡と甲斐の二人で点を取るって京王ですが「お前ら二人だけで絶対
点取れよな!」
なんてちょっとチームワーク良く無さ気?
古株から二人を鼓舞するつもりだったのかもだけど一体感感じない
よね。
が、本音のところ。

聖蹟は後半もメンバーチェンジ無し。
またも京王二人の猛攻を臼井が防ぐ形。

自分たちがずっと引っ張っていると思っていた丸岡だけど実は自分
たちがディフェンス陣にえられていたことに気づき・・・
ここでかぁ
って感じですよね。

もうちょっと早くにいい感じでまとまっていれば京王はもっと力を
発揮出来たと思うんですが、そこまでの必要に迫られる試合がそれ
までなかったってことでしょうね。

負けても失うものがないと思っていたことを訂正。
聖蹟ほどではなくても自分たちが積み上げてきたものがある。
京王同点。

同点ごときで騒ぐなタワケが!
って君下が平常運行。
タワケってなかなかうちの出身地以外で使うことってないと思うん
だけど君下くんの両親の出身地が知りたいwww

同点になって俄然動きが良くなったってことですが、作画は止め絵
多用であまり動かずwww
でも、この省エネ具合が結構好き。
サッカーあまり知らないから私はストレスにはならない。

焦りと不安が聖蹟に蔓延すれば追われる側の立場としてもかなり
やばくなってくるぞ~~~って犬童でしたが、水樹は変わらず。
聞き流してる感じwww

臼井と猪原が奮闘しても聖蹟にはりが見られてて・・・
そこで臼井はみんなに目を閉じろと。
え!?試合中にありっすか???
ってとこなんだけど君下を落ち着かせ
「俺たちは聖蹟だ!俺たちは俺たちらしく戦えばいい」って臼井の
一言で聖蹟は冷静に。

一番強い奴がキャプテン、一番賢い奴が副キャプテン
監督は最初、キャプテンは臼井で副キャプテンに灰原か猪原を考えて
いたところ、臼井の一言でキャプテンは水樹に。

誰が影で聖蹟を仕切ってるんだよって話ですwwww
「冷静ってより傲慢では」とこれまた的を得た生方の一言。

水樹より臼井の方がよっぽどキャプテンに向いてることなんて水樹
本人が一番よくわかってる。

センターバックの臼井が先頭切ってドリブルで上がっていってみんな
びっくり。
味方ですら慌てておりますwww
普段はそんなこと臼井がしなくても水樹がいるし、信頼できるFWが
いるからね~~

でも、今は自らキャプテンとしてチームを引っ張る時で。
あの時、逃げたつけを今ここで支払うためにも。
本当はキャプテンという重圧と責任から逃れたくて水樹を推した臼井。
自分の覚悟の無さを水樹に見抜かれていたと思ってるようで。

だけど水樹にそこまでの頭があるかは不明。
単に臼井なら任せられるってことで託しただけだとも思われ・・・。
臼井の考えすぎってやつですねw

全員が上がってしまっている聖蹟は臼井がボールを取られたら一気に
カウンター喰らうぞ・・・!?
ってところでキマシタヨつくしがwww

あなたが育てたつくしが助けてくれましたv
な~~~んにもできなかったつくしですがなんとまたも倒され
ゴール正面のFKGet♪

またもつくし絡みのFKですね。
観客がたくさん説明してくれてます。

君下が蹴るってことで臼井は下がっていきます。
もう俺のここでの仕事終了って感じ。

「あとは任せた」
君下への絶対信頼ですね。

自分には他の有名どころの選手に比べ劣るところがあるのを認めてる
君下。
でも聖蹟の「10番」を背負う以上、キックの精度では絶対に負けない
という自負が。

絶対に決めてやる

壁が一斉に飛び上がるその足元を君下のシュートが走って・・・!
おお~~~これって誰かひとりが飛んでなかったらやばかったんでは?
って思うけど、こういう状況なら普通はみんな飛ぶものなん??
上を狙ってくるのが当然ってことで。

2本目のゴールが決まりました。
君下は風間くんにVサイン

でもこれ、勝利のVじゃなくて2本目ってことなんだよねwww
風間くんはV返ししてるけどwwww
君下がそんなキザったことをするわけがなくて(^^;

でも風間くんのV決まってたな♪
イケメンだよぉおおお

では次回も楽しみにしてます。

ここらあたりは8巻の内容です。
9巻感想はネタバレになりますので注意してね~~










2016年11月28日 (月) | 編集 |
君下、速瀬が頑張って攻める中、つくしはあることを確信。
それはつくしがセカンドボールを拾うことが多くなったと感じてる
臼井も気づいたようで。

つくしが倒され聖蹟にFK
開始早々のビッグチャンスに君下はボールをす策で。
ホイッスルが鳴ると同時につくしと来栖が動きゴールを狙うと思われた
のに二人は動かず君下はそのままでキック!?(゜ロ゜)

壁の外を通る軌道でなんとボールはゴールへ!!
そんなことって出来るんかね??ってほどがりましたがな。
君下のスーパーゴールで聖蹟先取点。

9番要注意って犬童が水樹に忠告してますが、そんなとこで二人で
話していても試合にはどーにも影響与えられないからねww

丸岡の攻撃を臼井が止め、そのまま速攻へ。
活躍したいけどテンパってる来栖を灰原が助けますv
聖蹟は3本の矢がなくても3年が引っ張ってますね。

水樹、ドヤ顔ww

君下のコーナーキックの前で臼井はつくしにアドバイス。
「今日のお前はきてる気がするから迷ったら自分の利益を優先して
いい。全面的にバックアップするから」


臼井はつくしをよく見てます。
ってつくしだけじゃなくてみんなのお母さんですけどね。
何人兄弟だよwww

つくしがわかったことはボールが取れるタイミングは大きく分けて
3つあるということ。

1つ目は相手がミスをしたとき
2つ目はみんなで守って完全に取れる状態に追い込んだとき
3つ目は攻撃と守備が入れ替わるとき
そこには油断が生まれて空白の一瞬ができるようで。

つくしはボールを奪うとシュート!
見事な動きにみんなは唖然
まさかつくしにそんなことができるとは!?
ですよねww
でも、キーパーにまれてしまいました。

惜しかったと残念がるチームメイトを前に風間くんは
「つくしのサッカーの取り組みには限界がきてる」と。
これってつくしはもうダメだって言ってるようにも聞こえるけど
実はそのなんですよね~~

つくしが今まで頑張ってこれたのはみんなと一緒に聖蹟サッカー部
に居たかったから。
誰かのために走っていたつくしだったけど、そのやり方ではもう
限界だってこと。

つくしの動きを見て風間くんは「ここからのアイツは見物」だと。
ちょっと上手くなりだすとたまんねーんだよな。
今なら俺の気持ちもわかるよな。
「おもしれーよなサッカー」

つくしがサッカーの面白さに気づいたことを喜ぶ風間くん。
みんなと一緒に居たいからという理由で始め、それがたまたま
サッカーだっただけのつくしだけど、今はサッカー自体にかれ
始めてるってことですよね。

それを風間くんが喜ばないはずがない!!
他の人にはなんのことかわからないけど風間くんにはつくしの
変化が何よりしいんだよね!!

つくしの頑張りに焦る新渡戸は太もも肉離れを起こしてしまい
ペナルティエリアで転倒。
その際、バックチャージを取られ一発レッドカード!!

臼井が審判に故意じゃないと掛け合ってますけどタイミングが
悪かった(><)
負傷した新渡戸を欠いて聖蹟は10人で戦うことに。

こんな状況で負けたら戦犯は新渡戸。
ってそんなの聖蹟のみんなは思わないよ!!
FKを与えてしまったけれど臼井と猪原が食い止めた!(らしい)

心配ない必ず勝つから
ああ・・・臼井先輩@たかぴろかっこええ (*/-\*)
頼もしいよね。
FWのが華やかで目立つけど全てを影から支えてるのは彼だよ!
頭いいし。

絶対 新渡戸もれたわwwww

一人欠けながらも奮闘する聖蹟。
来栖もみんなに負けじと自分の良さを発揮しようとしますが
なかなか思うようにはいかず。

でも、彼の魅力は泥臭いキープ力だそうでwww
ちゃんと監督は見てくれてるよ~~
よかったね♪

来栖から灰原に渡りバックパスをつくしが受けてシュート!!

ってとこで引き。
さぁどうなった??

これまでもつくしのシュートでハラハラさせられてますからね。
次回を楽しみにしましょう。
既読だけど。

最近のスポーツアニメにしては作画でお~~~~~!!ってなる
ことは全くないですけどむしろ紙芝居みたいだし(^^
でもOPとEDは明るくてきです。
特にEDは風間くんの美少女ぶり女神っぷりされます。

はぁ・・・来週も楽しみ♪