アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年10月02日 (日) | 編集 |

ちょっと時間軸が入れ替わってわかりにくかったですがついに
最終回。
ネロは本当にアヴィリオを信じきってたようですね。
一番純粋だったんだな。

アヴィリオはあの後、ストレーガに助けられてたんですね。
アヴィリオは使えると思ったようですね。
ヴァネッティ・ファミリーに家族を殺されての復讐にも納得
してるようですし。

ガラッシアとヴァネッテイとの抗争は圧倒的にストレーガ率いる
ガラッシアが優勢のようで。
ヴァネッテイはネロを残し壊滅

チェロットからアヴィリオの居場所を聞いたネロはアヴィリオを
連れ出したようで。
アヴィリオが持っていた手紙の差出人がガンゾだと知ってネロは
がっくり。

信用してた人に完全に裏切られてたわけですからね。
アヴィリオは自分が殺した人の名前を上げてますが、バルベロと
フラテは違うよね。
仕組んではいたけど。

ネロを殺さなかったのは自分と同じ死ぬ以上の苦しみを与える
つもりだったってことですが・・・
結局は復讐をしてみても心が晴れるわけではなくそれどころか
大切な友まで失うことになってしまって。
虚無感喪失感だけが残ったアヴィリオ。

チェロットは巻き込みたくなかったのか置いてきぼり。
またもネロとアヴィリオの二人旅か。
を目指すことに。

ネロはなんで怒りに任せてアヴィリオを殺さなかったのかな。
アヴィリオにファミリーを潰されてもまだ信じてたって気持ちが
優って、どうして?って気持ちをぶつけたかったのか?

「なんで俺を殺さなかった!?お前を信じてたんだぞ」って怒りを
ぶちまけてくるネロに。
「だったら俺をあの時殺してればよかっただろ!!」

初めてアヴィリオが感情をき出しに。
涙も流して。
これがきっとずっとアヴィリオが抱えてた気持ちなんでしょうね。
あの時、家族とともに死にたかった。

たったひとり生き残った辛さを痛いほど理解してるアヴィリオは
それが死より勝る復讐だと思ったのか。

寝てるアヴィリオを見つめるネロ。

自分たちがアヴィリオの家族を手に掛けたからこそ起きた悲劇。
元々はアヴィリオが被害者で自分が加害者。
全てをアヴィリオによってわれたとしてもそれはアヴィリオも
同じで・・・

もうアヴィリオはやることは成し遂げ、後はもうどうなっても
構わないってことなんでしょうね。
無防備にネロの前で寝てるんですから。

いつでも殺してくれて構わないってことでしょう。

アヴィリオの人生をわせたのは自分たちファミリーだったのだと
いうことを思ったらネロも簡単にはアヴィリオを殺せなくなってる
んでしょう。

海までなんかいい感じなんですけど???
なんかもうお互いこのまま一緒に生きてくってことなの???
ずっとピリピリしてたアヴィリオがすっかり穏やかに。

海辺を歩きネロは「生きてることに理由なんてものはいらねえ。
ただ生きるだけだ」

そんなネロにアヴィリオはぽつり。
「俺がお前を殺さなかったのは…お前を殺したくなかったからだ」
そしてネロの前を歩き・・・

完全に背中をねてますね。
アヴィリオは海で死にたかったのかな。
“殺したくなかった”の中にはネロに自分を殺して欲しいからって
意味も含まれているのでは。
それか、子供のアヴィリオを撃てなかったネロの気持ちを代弁して
るのか。

素直にネロがいいやつだってことを認め、憎しみに勝る感情
持ってしまったってことかもですが。

わざわざ口に出してるってことはここで撃ってくれってことだと
思うんですが。

アヴィリオの背に銃口を向けるネロ。
発砲はされてもその後どうなったのかは不明・・・

ってええええええ?????

どっち??
足跡も海に消されてよく分からず。

ネロは躊躇しながらも引き金を引いたから外したとは思えない
ですよね。
ネロはアヴィリオが死にたがっているし、この先生きていても
抜け殻ならその苦しみから解放してやるってことで撃ったとも
考えられるし、アヴィリオも自分を殺させることでネロに復讐
させてやるつもりだったのかもだし。

殺したくなかったってのは本音かな。
本当は復讐なんてしたくなかったってことかも。

全てはネロがアヴィリオを殺せなかったことから始まってるし
ネロは自分の手でリセットして、自らも死ぬ覚悟なのかなと。

ラスト、車中はひとりでしたけどなんかすっきりした表情して
ましたよね。
もはやこの世に未練も執着も無しってことか。

生きるのに理由はないって言ってたし、この先追っ手に殺される
かもしれないし逃げおおせるかもしれない。
そんなことはどうでもいいかな~ってくらい柵から解放されて
自由になってるのかもですね。

アヴィリオはラストはフィオに足元掬われ復讐はならず、って結末
あるかもとか考えてた時もありましたが、全くその線はなかった
ですね。

きっちり復讐は遂げられてました。
容赦なく。


アヴィリオもネロもどうなったのかははっきり描かれてませんが
私はアヴィリオはネロの手によって解放され、ネロはアヴィリオ
を殺ったことで解放され、ネロは消息不明でいいかなと。

多分、ガラッシアの追っ手から逃げられないだろうと思いますが。
しい復讐劇でしたが、ラストは静かな幕引きでした。

あの缶詰はどこから手に入れたものかは気になりましたけど。
なんで助手席に置いてたのか??
缶詰は何か暗喩だったのか??

ネロもアヴィリオを気に入ってたんだよってことでいいのかしらん?


終わっちゃいましたね。
最初から最後までしっかり楽しませてもらいました。
途中、ファンゴさんというファンキーなキャラまで出てきて一体
どうなるんだろうと思いましたが非常に見ごたえありました。
特にED曲は毎回引きと相まって切なく印象的でした。

ラストもはっきりした描写ではありませんが多分、こうなったん
じゃないかと思わせる終わり方で余韻が残り良かったです。


スタッフ、キャストの皆様ありがとうございました!
またこういう作品お待ちしてます。

シリーズ構成の岸本さんには引き続き「ハイキュー!!」でお世話に
なります。
この方が手がけてはる作品、今後も注目したいと思います。








スポンサーサイト
2016年09月25日 (日) | 編集 |
うわ・・・ついに大混戦
アヴィリオ最期の日でしょうかね。
残り1日あるのかな。

コルテオを自らの手に掛けてアヴィリオはもう憔悴し切ってると
いうか寝てないようだし、精神に相当ダメージ受けてるようで。

復讐劇にコルテオを巻き込んでしまい、復讐を完結させるためには
後戻りもできなくて・・・
当初は復讐対象者の4人を殺すことが目的だったんだと思いますが
コルテオを失うことになってからはコルテオが嫌っていたファミリー
自体の壊滅
ったのか?

せめてものコルテオへの贖罪ですかね。
自らの復讐だけでなく根本から不幸を断ち切るってことで。

とはいえ元々、ヴァネッティーらに殺されたとはいえ自分の父親も
ファミリーに関わってる人間だったんですよね。
何も関係ない一般市民じゃなくて。
抗争に巻き込まれる危険は十分あったわけで。
アヴィリオは子供だから知らなかっただけ。

ヴァネッティーファミリーにとって悲願の劇場のこけら落としの日。
ドン・ガラッシア@芳忠さんもやってきました。

まさかガラッシアの甥、ストレーガがガンゾと繋がってるとは思い
ませんでしたが(というかこんな奴が出てくるなんて知らんがな)
この男がヴァネッティーファミリーを潰すために7年前の事件にも
関わってたりしませんかね。

ガンゾはヴィンセントとガラッシアが繋がっているのに気づいたこと
でテスタが殺されることになったと言ってましたが、したのは
ストレーガとか?

彼が黒幕でガンゾもいいように操っていたってことはないですかね。
シカゴにアヴィリオが住んでいることをガンゾに教え、手紙を書か
せたのもストレーガでは?

ガンゾはあまり賢そうではないからアヴィリオを使うことなんて
あまり考えそうにないし。

内紛で揉めてるとこをガンゾをトップにして抱きこむってのが
ストレーガの目的では。
実はロナルドも彼にとっては邪魔だったからヴァネッティに送り
込んでおいてどさくさにまぎれて死んでくれたらラッキーとか?

アヴィリオがガラッシアに気に入られたのもヴァネッティを潰す
ために交渉を成功させておかなくてはならないからストレーガが
評価を上げておいたと思われ。。

それか、シカゴに行った時、オルコに自分を売ろうとしたように
アヴィリオはストレーガにヴァネッティファミリーを潰すから
協力して欲しいと交渉してたのかも。
その際、ガラッシアも殺ることを示唆してたとか?

だとしたら、ストレーガがガラッシアのところではなくガンゾや
ネロと同じ部屋の方へ行ったのも、すぐにガンゾを撃ったのも
ラスト、アヴィリオの前に現れたのも分かるような気が。

う~~~~ん どうなんだろ。
さすがにそこまではないかな。

バルベロはどこかで裏切るか何かトンデモナイことをしでかすか
すると踏んでいたんですが、最後までネロ大好なだけでしたね。
おかげでアヴィリオに嫉妬するイイキャラに仕上がってました。

そしてデルトロも何か裏があると思ったのに彼もヴィンス大好き
なおじさんってだけでした。
しっかし、予想外にかったですね。

あのままヴィンセントに報告して即ガンゾの計画ぶち壊しにする
のかと思ったんですけど。

アヴィリオはわざとバルベロに「見周りに行ってくる」って
声掛けてるし、彼が自分を疑ってるのも知ってるから自分が
捕まることは想定内だったんでしょうね。

ガンゾが自分を唆したと言えば形勢が変わってくるのに彼もまた
復讐相手だとわかるように名前を書かせたけど、差出人について
は黙ってました。

あそこで黙っていればガンゾがバルベロを殺ると思ってたんで
しょうか。

アヴィリオの頭の中ではガンゾが関わってるとわかった時点で
彼も対象者のはずだからここで始末するつもりだったんでしょう。

ガンゾはアヴィリオがヴィンセントとネロを殺った後、アヴィリオ
も消すつもりだったのに見事をかかれましたね。

「今度は俺が全てを奪う番だ」
アヴィリオが復讐のためヴィンセントに銃を向けたのを知った
ガラッシアは「やはり面白い男だ」って余裕でしたが、自分が
たれてしまいました。

これで大抗争勃発。
ガンゾは裏切者としてストレーガにより射殺

ヴィンセントを撃たなかったのはヴァネッテイファミリーによる
「ガラッシア殺し」だと思わせるためですかね。

悲願のこけら落としの日に自らが犯した友人殺しによって
ファミリーが壊滅する様を見せつけることが出来たことだし
アヴィリオとしては十分なのかも。

どうせ放っておいても時間の問題でしたし。
あとはネロだけですね。

逃げ延びたかのように思われたアヴィリオの前にストレーガ。
彼がやっぱり何を考えているのか、彼が黒幕だったのかどうか
気になるところです。

とうとう最終話を前にほとんどが退場という事態に。

最後の結末をどう着けるのか楽しみです。
ただ、アヴィリオにもネロにもHappy endが訪れることはない
でしょうけど ( p_q)







2016年09月20日 (火) | 編集 |
なんだよ・・・誠実の証って(><)
コルテオもしかして裏切ったりするんか?とか実は黒幕と繋がりが
あったりする??なんて序盤勘ぐってたけど、マジでいい奴だった!
うわぁ~~~~~~ん

勘弁して欲しい。

アヴィリオは自分がネロを殺るのは確かだけど、ガンゾにコルテオを
解放することを要求。
チェロットに何か渡してたのは手紙だったんですね。

あんなのホントに渡してるのかな??
チェロットは信用ならないと思うんだけど。。

ガンゾがアヴィリオを唆した手紙の主だという証拠をチラつかせ
コルテオを解放してもらい一緒にシカゴへ。

あの家で潜伏するってことか。
モーニングコーヒーしたり一緒に買い物行ったりご飯食べたり
つかの間とはいえホモライフ満喫だと喜んでいたのにアヴィリオは
もう帰ってはこないつもりだったんですよね。

コルテオを安全なところに残して自分は復讐を遂げたら死ぬつもり
だったんじゃないかと。

それはコルテオもわかってたんだろうな。
わかってて戻ってくるだろ?って訊いてアヴィリオも戻るって
答えて・・・

ガラッシアとの交渉は無事終えたというのにバルベロはアヴィリオ
をネロ襲撃の共犯だと疑っていて・・・。
アヴィリオが遅いのは女と遊んでるからだとガンゾもフォローして
たけど女っ気0で酒の調査結果を淡々と話すアヴィリオエライw

ガンゾは劇場のこけら落としでヴィンセントをってくれと言わん
ばかり。
ネロを含め警護は任せろっていってるけど笊にするつもりだよね。

が、その前にコルテオが波止場にいたことが発覚しアヴィリオピンチ。
言い逃れできない状況にどうするんだよ!?って思っていたらなんと
コルテオが!?

うわ・・・ってきちゃったんだ。
アヴィリオが危ないって聞いて、聞かなくても戻る気でいたみたい
だけど。

ああ・・・アヴィリオが疑われないようにコルテオはここで死ぬ
覚悟なんだ。
自分はアヴィリオの兄弟だから彼の復讐を助けるってことだね。

で、ガンゾは電話番号も調べてたんだ・・・
アヴィリオへの疑いを晴らすためにガンゾがコルテオを使ったんだね。
どこまでも汚い奴。

確かにネロ襲撃はコルテオが単独でやったことだし、ファミリーから
抜けさせたいと思っていたことも事実。
そこにちょこっとバルベロがアヴィリオへの嫉妬から疑いをかけている
と思わせる言葉を付け加えれば真実味が増して・・・

バルベロを慌てさせたコルテオの反撃よかった!
コルテオだってやるときゃやるよね!
いつも「窮鼠猫を噛む」状態だけど。

ネロは幼馴染であるコルテオを自分の手で始末することで忠誠の証
立てるようアヴィリオに要求。
ひぃ・・・・

アヴィリオはネロに実弟を撃たせてるし、もう誰も引き返せない。
アヴィリオは自分が巻き込んでしまったんだけどコルテオには生きて
て欲しかったんだよね。

でも、もうそれもできない状況に。
なんで戻ってきたんだ?って絞り出すようなアヴィリオの
言葉が切ない。

アヴィリオにとってコルテオが大事だったと同じようにコルテオにも
アヴィリオが大事だったんだね。
「もう邪魔をする者をはいない」って微笑むコルテオも哀しい

復讐するために友まで手に掛けてしまったのだから、もう絶対
アヴィリオは相手が誰であろうと躊躇しないよね。
これまでも躊躇なかったけど。

ネロもヴィンセントもガンゾもバルベロもみんなってくれ。

コルテオを撃ったのは自分もすぐ逝く覚悟だから。
「復讐でを殺せるか」ってコルテオのことだったんだ。
ネロはアヴィリオにとって一瞬たりとも友ではあり得なかったんだ。

うわ~~~ん、これホント辛いやつ。( ノД`)・゚・。
デルトロだけがなんか動きないし不気味なんですけど、もしかして
本当にアヴィリオの父親と親友だったのは彼で彼こそがファミリーを
したいと願っていたとか?

こけら落としでアヴィリオが殺りまくるんだろうけど、まだ最後に
もうひと波乱はありそう。

ああ・・・辛いわ。・゜・(PД`q。)・
コルテオが安らかな顔してたのが幸いだけど、ファミリー全滅せよ
って思ったよね。











2016年09月11日 (日) | 編集 |
マジか!?
デルトロが今回割と出てきて怪しそうだと思ったんだけど
こんな時期に後出しジャンケンのように出てくるのは面白く
ないし、絶対前からいる人の誰かが4人目で、たぶんバルベロ
あたりかなと思ってたのに。

うわぁ・・・叔父貴か。
ネロを溺愛してるってのは自分の野望を隠すための隠れ蓑みたい
なものだったってことか?

ヴァネッティファミリーを自分のものにしたいって野望がずっと
あったんだろうね。

このおっさんだけはなさそうだと油断してたわ。
見事にされた。

ガンゾがアヴィリオを気に入ってるって話をあのタイミングでネロが
しなかったら、もしかしたらあの時間内にアヴィリオはネロを殺って
たかもしれなかったってことですよね。

肉に刺さってたナイフはそのために抜いたんだろうし。

でも、真っ先に反対しそうなガンゾがしなかったことでアヴィリオは
ガンゾだと確信したようで。

コルテオを逃がしたのもガンゾだろうと気づいたんでしょうしね。
あの場面でコルテオがそう簡単に逃げられるわけがなく。

コルテオを拉致ったのはネロ殺しの催促か、もしくはアヴィリオを
誘い出すためか。

アヴィリオは自分の復讐のことをコルテオがバラしたら目的が達成
できないから、コルテオが吐く前に殺してしまうんじゃないかと
ヒヤヒヤしましたが、自分が巻き込んだことへの罪の意識も持って
たようですし、コルテオを助けようともしてたようで。

ちゃんとコルテオのことは思っててホッとしました。

ガンゾのとこへ行く前にチェロットのとこへ寄ってたのはもしも
の時のことを指示してたのかな。

で、アヴィリオは4人目が手紙の主だと考えてるだろうからここで
ガンゾにも殺意を向けると思われるんですが、どうなるんでしょう。
もうネロから4人目を聞き出す必要もないからネロもヴィンセントも
いつでも殺れることになりそうだし。

もし、ガンゾが本当にアヴィリオの父親の友人で、あの襲撃は仕方
なく参加してて、でも後悔して それでアヴィリオに復讐させドンの
座にアヴィリオを就けようとしてたら衝撃だわ。

あまりなさそうな展開ですけどね。
さぁどんな結末になるのか楽しみ。

今回、ネロの手にみんなが次々に忠誠のキスをしていったけどこれって
間接キスだよなとかアヴィリオがキスするのってエロいよなとか・・・

4人目が判明したりゾクッとしたりと濃厚な回でした。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

小説 91Days 上 [ Story Works ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)







商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「91Days」オリジナル・サウンドトラック [ 海田庄吾 ]
価格:2500円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)


2016年09月05日 (月) | 編集 |
今回は衝撃のコルテオ回でした。
アルヴィオがネロに言った言葉をコルテオが聞いていたのもザワって
感じがしましたが、アルヴィオがこれ以上俺に関わるなってお金を
置いて行ったとき、お前が巻き込んだんじゃないかってキレたのにも。

コルテオは普段は大人しくて真面目な子だし、言わずに飲み込んでる
ことも多そうだから、その分キレたらいと思っていたら・・・

本当にかった・・・(><)

シカゴから来た連邦取締官のデルフィさんのおかげでファンゴファミリー
もヴァネッティファミリーも目をつけられて。

特にネロは密造酒を取り締まり強化によってやりにくくなり・・・
ファンゴもそろそろヴァネッティが邪魔になったからと先にデルフィと
手を組むところがいかにも彼らしい。
変わり身が早いというか、最初からお互い利用し合うだけのつもりで
しょうしね。

アルヴィオはファンゴの動向を警戒。

ネロはもうファミリーを守っていくのは自分しかいないってことで
デルフィに対し強行に。
目の下クマが出てるけど薬ではないよね。

さすがに奥さんとか娘さんに手を出すのはどうかと思ったら、みんなも
内心は反対のようで。
アヴィリオはそうでもないところがね・・・。

自分の復讐さえ成功すれば他はどんな犠牲が出たとしても構わないって
宣言しちゃってましたもんね。
さすがにコルテオも付き合いきれなくなってきた様子。

が、デルフィの家族はしに使われただけでした。
よかった、よかった。
ビビったよ。。これ以上はあまり関係ない人が巻き込まれるのは辛い。

ところがコルテオはファンゴに情報提供しちゃったようで。
うわぁ・・・ネロと違ってファンゴは信用ならないのに。

ネロが殺されかけたことで内通者がいることが発覚。

アルヴィオは注意深いですね。
すぐに周りを警戒し、それらしき者を発見し未遂に。
ここでネロが殺られてしまっては自分が殺すという目的を果たせないし
ヴィンセントに近づく手段をなくしてしまいますからね。

コルテオは挙動不審のせいでもう絶対バレてると思ったら意外にも
泳がされて・・・
ああ・・・じゃあファンゴに殺られてしまうのか・・・(><)

って思ったら・・・これまたびっくりな!!

スクーザからコルテオの密造酒のレシピを入手したファンゴは必要
なくなったコルテオを始末するつもりが見逃して、ネロに裏切り者
だと教えることに。

うわぁ・・・これはい。
しかも高値でレシピ売ってきたスクーザはすでに殺られてるし。
ってことでコルテオがご乱心

まさかファンゴもコルテオにやられるとは思ってもみなかったん
でしょうね。
油断しすぎ。

追い詰められたコルテオが反撃
それももう息の根止めてると思われる状況で何度も繰り返し殴打・・・

窮鼠猫を噛むですね。

これでコルテオも闇落ち。
この後彼はどうするんでしょう???
アルヴィオのところへ戻ってくるのか、どこかへ行ってしまうのか。

いずれにしても彼が4人目ではないですね。
4人目ってホントにいるのかな。






商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Rain or Shine (期間生産限定盤 CD+DVD) [ ELISA ]
価格:1319円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)