FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2020年01月16日 (木) | 編集 |
ついに最終巻。
これまでの感想は​こちら​。




【内容情報】(出版社より)
響、大きな世界に向け新たなる道へ…!!
デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し
遂げた鮎喰響。

常に己の信念を曲げない響は、その行動で世間の価値観を揺さぶってきた。
そしてそんな彼女も高校生活の最後を迎える。
『お伽の庭』のコミカライズを目論む天才マンガ家との対決や、50年ぶりに
文芸誌が創刊される中、響は自分の将来に向け大きな一歩を踏み出そうと
する…!!

相変わらずのブレ無さぶりでしたね。
クリエイティブではあるけど、まるで協調性がないというか一切の妥協を
しない響の書く小説は一体どんな内容なのだろうと最後に思いましたわ。

これで人間描けるのかしらん?と。

現実には苦悩する人間やウダウダやりながら生きてる人間が多いわけで響の
ようには生きられない。
響はそういう人間たちをどう描いているのだろうと。

作中、響の小説が凄い!!ってことは語られてますが、文体が優れている他
具体的に響がどのように人物描写をしているとかはあまり描かれてなかった
ですよね。

ま、漫画だからこそできるストーリーであり、面白さってことですけどね。

ラスト、涼太郎も全くブレてなくて安心しました。
一番響に近くて響の理解者でもある彼が、これまでのストーカー生活を一時
休止して、未来の響のために動き出してました。

響と常に一緒にいたいという自分の気持ちを優先するのではなく、これからの
響のことを考えて、自分ができる最善の選択をしたようです。
さすが涼太郎ですね。

しかも結婚するとか、そういうことではなくてずっと一緒にいるつもりで40
過ぎたらドイツでパン屋をやらないかって提案してるのも、これから先も響の
一番近くにいるってことは絶対で、響もそれを否定しないという何とも独特な
関係。

この二人なら有り得るよね、って思えちゃうのですよね。
むしろ、二人にとっては自然って感じで。

それにしても約束だとはいえ、紫の原稿を響が燃やしてしまうのはさすがに
しんどかったですわ。

そこに至るまでの多くの人の努力が一瞬で葬りさられるのは辛過ぎる。
響には関係のないこととはいえ、非情だよなと改めて思いましたね。
ま、元々は響の許可を得ずに進めていたことが問題だったわけですけど。

結局、紫の作品自体は響も面白いと認めたし、約束通り原稿は焼いたのだから
コピーを掲載したというのは有りでしょうね。
さすが、大人はあざとい。

とはいえ、ホッとしましたわ。
人が精魂込めて作り上げたものが無にされるのは気持ちよいものではないですし。

これまで響と衝突したり、響から危害を受けた人たちはもれなく響をかっこいい
と思ってしまって、最終的にはかれていってますよね。
自分には出来ないことをしていく人間や、自分の信念を曲げずに貫く人間に人は
憧れを持ったり、めたりしてしまうわけです。

あまりに響は傍若無人ですけどね。

紫も響と同類のようでしたが、より上位互換が響だったってことでしょうかね。
明らかに体格差があるものだから油断をしてしまったのが徒になりましたね。
油断するところに響よりずっと人間味を感じましたけど。

一度くらい響が負けても面白かったかなと思ってみたり。

今後はイギリス留学しながら執筆活動も続けていくようですが、響の世界が広がる
ことでまた彼女の作り出す世界も幅が広がりそうですね。

狂人的な響の行動が刺激的で楽しめたので、もう少し読みたい気持ちもありますが
卒業によって、現役高校生の小説家ではなくなりますし、ちょうどよい区切りだ
思います。

ラストは描き下ろしでしょうか。
響が「高校生はこうでなきゃね」って言ってますが、10年後の響も相変わらずの
ように見えますけど、ちょっと変化もあったんでしょうかね。

綺麗に纏まってました。
オススメ作品​ですv
スポンサーサイト



2019年12月09日 (月) | 編集 |
今回は聡子側に大きく動きが。
というか聡子と真修のお家事情がより鮮明に。

これまでの感想はこちら




【内容情報】(出版社より)
東京で再会し、新たな関係を構築しようととする聡子と真修。
周囲の人々の思いと、二人の気づき。
「このマンガがすごい!2017」<オトコ編>第2位
「第3回次にくるマンガ大賞」第3位ほか
各メディアで話題沸騰中。
繊細なタッチで思いを紡ぐ第7集!

聡子のお母さん強烈ですね・・・
別に酷い親ともいうほどでもないと思いますけど、じわじわと娘の心をんで
いく質の悪い親だと思いますわ。
本人、自分の言葉の何が娘を傷つけているのか無自覚というのが怖い。

娘が自分に反発していくのが自分の発してる言葉や行動のせいだと言うことも
自分が娘を追い詰めたのだとも思っていないようで・・・

あまりに子供過ぎて・・・
でも、母親だけかと思ったら父親までもが・・・
こりゃ、いたたまれないですよね。

まゆにとってそれほど母親を悪く思わずにこれたのは聡子がずっとまゆに
わからないようにしてたからでしたよね。
今のまゆはそれも理解してて尚且つ姉が癒やされることを願ってるから頼り
なりますよね。

中学生の聡子は自分の感情を押し殺したまま大人になってて、今も母親と向き
合うことができないほど傷が残ったまま。

母親を親としてではなく1人の人間として客観視できるようになったら苦しむ
こともなくなると思うのですけど、自分が辛かった時の感情を抱えままで
吐き出すことができなかったんですよね。

それが真修と一緒に仙台から東京へ帰る新幹線の中で解放された??
真修も真修なりにこれからどういう風にしていけばいいのかと悩んでました
けど、真修の素直な行動が聡子を助けることになったようで。

大人になろうと思わなくていいし、なんでも話して

真修を救いたいと思っていた聡子でしたが、真修に救われた形ですよね。
思いの外、真修が成長してますね。

元々賢い子、聡い子って感じでしたけど。
真修もいち早く自分の父親を1人の人間として俯瞰して見ることができよう。

真修の父親が思っていたよりずっと子供っぽくてびっくりしましたわ。
以前は神経質そうな人に思えたんですが、今じゃ真修の方が余程しっかりして
ますよね。

「大人」であること「子ども」であることに捕らわれず、向き合いたいという
真修の思いがこれからの2人の関係を作っていくんでしょうね。

真修のところは弟と真修でお母さんが違うようで。
遼一くんは真修には似てないけど、お父さんには似てましたよね。

亡くなったのは真修のお母さんで、おばあちゃんはその親で、真修のお母さん
がまだ一緒に居られたときに遼一くんもいるから・・・
どゆこと??

父親と遼一くんには親子関係があるようだし、養子ってことでもなく写真の感じ
では浮気相手の子供ってわけでも無さそうだし・・・
です。

そうそう、私も牛乳に限らず食品は賞味期限の切れそうなモノから買うように
してます。
廃棄になるの勿体ないですし、2,3日賞味期限が切れてるからといって問題に
なるほどのものは日本には売ってないと思いますので。
どうせすぐ食べちゃいますしね。


2019年11月25日 (月) | 編集 |
今回もリアリティに溢れてます。
これまでの感想は​こちら​。





【内容情報】(出版社より)
NHKほか各メディアで話題の大注目作!
生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!
この夏をどう過ごしたかが問われる9月模試、
それぞれの生徒の結果は…そしてその要因は!?
試験を経た子ども達の思わず涙がこみ上げる成長…!
Rクラスの子ども達の「今回はできた!」に隠された事実とは?
そして「夏の成果」はいつ出る?
Ωクラスの島津君と父親に更なる問題が…そして
まるみとジュリの関係にも変化が…?
「“情報”も“塾”にお金を払って買うものです」
志望校決定に必須の学校見学、その心構えと気を付けるべきポイントとは?
合格の前に立ちはだかる様々な壁を
生徒達が乗り越えるために黒木が施す“秘策”とは!?
今もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作第6集!


夏期講習が終わって、講師達もホッと一息。
新人たち相手に色々とぶっちゃけ話を披露。
進学塾にとって難関校に何人合格を出したかの実績が全て。
お給料にダイレクトに反映されるよう。
でも、校舎ごとに実績に差が出るのは指導力の差よりもぶっちゃけ「運」
わかる、わかるw
地頭の良い子が入って来てくれるかどうかは大きいのですよね!

そして夏期講習が終わって最初に9月模試。
そう、夏頑張ったからといってここではそんなに成績は伸びないのです。
みんなも頑張っているから当然母集団自体の学力が上がっているのもあるし
実際に覚えたことが使いこなせる段階にいくのには1,2ヶ月は最低かかるの
ので夏の結果が反映されるのは10月以降の模試なんですよね。
保護者や生徒はすぐに出ると期待しちゃいますけどね。

10月辺りでしっかり伸びが見られると、その後も落ち着いて学習し続けられる
わけですが、ここでも結果が伴わないと方針を変えるか、何か考えないといけ
なくなるのですよね。

で、夏期講習直後の模試ですぐに成績が上がる子も中にはいるのですが、そう
いう子はそもそもこれまでも出来てたはずの子なんですよね。
それが何らかの理由によって学習が上手く進んでなかったために結果が出てな
かっただけで、単に元々の力が出せるようになっただけなのですわ。

だから、適切な学習方法を体得し、さらにペースを上げていくと思いも寄らない
ほどぐーんと伸びるのです。
海斗くんあたりは地頭が良い子だったはずなのでこれから一気に伸びるはず。
逆に陸斗くんの方が伸び悩みにならないか心配。

秋から冬にかけての特別講習は確かに生徒にとっての追い込みの時期でもあり
ますが、進学塾にとっても囲い込み、集金の時期であります。
黒木の拝金主義は清々しいほど。
言ってることは的を得てますし、保護者対応も見事です。
碧山くんは黒木と繋がりがあるようで、こちらも気になるところですね。
2019年11月15日 (金) | 編集 |
団体戦が続いてます。
これまでの感想は​こちら​。



3人対5人…歪な勝負の行方は!?
インターハイ団体戦ベスト8、
二ツ坂が対するは、三人だけのチーム・出雲英豊!!
全員の“勝利”でしか先には進めない」……
二本負けの不戦敗×2のビハインドを背負った出雲相手に、圧倒的有利な
はずの勝負。
しかし、逃げ道を断つことで“折れない矢”となった三人に魅了され、いつ
しか会場中は二ツ坂アウェーの空気となりーー!?
やす子と山吹、因縁を抱えた監督ふたり、チームメイトのために闘うことを
決意した出雲のエース・佐来、そして、誰より底からここまで這い上がって
きた旭。
それぞれ負けられない物語を持つ彼女たちの、勝負の行方は。
いざ、持てるすべてを尽くし合う闘いへーー!!
拳握る第31集!!

出雲英豊と試合は勝ち数では同じだったけど、本数で二ツ坂が勝りました。
摂ちゃんが友達の学校が勝ったと喜んでいたのが嬉しかった!

出雲英豊は文乃と将子を不戦勝にし、勝てると踏んだ残りの三人に当てて
きたってことですよね。

この試合での収穫は薙がもっと薙刀が上手くなりたいと強く思ったことと、
えりが真春の薙刀に力によって一本取ったと思ったらちゃんと実力だった
ことですかね。
二人とも負けましたけど。

そして、旭が冷静に試合運びが出来たことも大きな収穫。
これまでは「いけるんじゃないか?」と期待させてからの、あらら・・・
ってことが多かったのですが、遂に旭が覚醒一歩手前??

旭の対戦相手は真春に勝ち個人で準優勝をした佐来。
さすがに勝つことは無理でしたが、引き分けにしたのは大きかったですね。

一本取られてから旭はどう攻撃すべきかを考えて、時間ギリギリまで良い
集中が出来ていたようです。

上段の構えや脇構えも見せて出来る限りのことをして旭。
周りの声援がみな出雲英豊に向けられていたのに動揺することなく冷静で
いられたのはい​ことです。

ついに旭が試合で実力を発揮する時がきたんじゃないでしょうかね。
これを待ってたんですよね!!

残り時間が無い中で佐来は守りに入ればいいだけなのに、敢えて勝負したい
と思わせたのは旭の力を感じたからでしょうね。
強い相手と戦いたいという本能を刺激するような。

この追い込まれた状況で旭がきっちり一本取れたのは大きいです。

二ツ坂としては自力では一勝もしてませんが、不戦勝があるから​勝​ち。
ズルいようにみえますが、これは出雲英豊が三人しか選手を出せなかった
結果ですから。

あの時、一年が二人とも続けていたら五人揃ったんですからね。
でも、試合で一年が二ツ坂に勝つのは難しそうだったので結果は同じだった
のでは?

二ツ坂だって真春が本調子ならもっと楽に勝ち進んだでしょうし、個人戦も
佐来に負けることはなかったでしょう。

という事で勝敗は仕方ないですよね。

次の対戦相手は出雲英豊より強い選手は居なさそうに感じたのですが、すでに
薙が負け、文乃とえりが引き分け。

将子は勝つと思われるので旭の大将勝負になるんじゃないでしょうか。

ついに旭が​覚醒??​ってな試合を期待したいです。
やす子も旭は何かをやりそうって思ってるようですよね。

ところで出雲英豊の天羽はやす子とのことはどうなんでしょうね。
生徒にとってはとても熱心な良い先生だと思いますが、あのやす子への執着は
また来年、ってことになるのか、もういいかなってことになるのか。

やす子から何か声掛けがありそうな気も。
やす子も二ツ坂での指導を通し天羽の気持ちが理解できるようになってきてる
ようですしね。
二人の因縁の行方にも注目です。
天羽の執着は尋常ではなから安易な展開ではないと思いますけどね。

二ツ坂にはこのまま勝ち進んで熊本東と決勝で戦って欲しいものです。
さすがに全国一は厳しいんじゃないかと思いますが、是非とも旭にはさなぎが
蝶へとふ化するがごとく​覚醒​おお~~~!!!っと思わせるような
目の覚める鮮やかな試合を見せて欲しいと思います。

二ツ坂みんなが実力を出し切り、ハラハラドキドキの緊張感ある試合展開を期待
します。
2019年10月23日 (水) | 編集 |
阿月率いるSSSチームが何をしでかすのかと思いましたが、幸大の弱点と
疲れたときやピンチになったときのを自覚させることが目的だったようで。

さすがチームのことをよくわかってはる。

なんかもっと精神的にダメージを食らわしておくとかそういう正攻法ではない
練習をするかと思ったのですが、ヤジを経験させる程度で済んでましたね。
冷静さを欠いた状態を経験しておくのも貴重ですよね。

取りあえず、追い込んだ状態を作り上げることが必要だったようなので、それ
には、大人チームを編成するのが手っ取り早かったってことのようです。

これまでの感想は​こちら​。



それにしても久しぶりとはいえ、グリ子も鷲野も動きますね。
が、一番びっくりしたのは木下ですよ!!!

え~~~~!?ってトスワークを見せてましたね。
ブロックを振ったり、ブロックを利用してトスを上げたり・・・
とてもあの身体からそんな動きができるとは予想もしませんでしたわw

幸大は良い感じで全中準備ができてるようでしたが、全中の組み合わせが決ると
阿月は警戒を強めてます。

幸大の相手が滋賀の帝王児とわかってからの阿月は、どうも本気でかかっても
厳しい相手だと踏んでいるよう。
かなりの情報を集めようとしてます。

関西の悪夢ってのは何なんでしょうね。

練習のし過ぎで故障者続出とか、保護者からのクレームが来たとかで練習時間が
確保できなくなったとかですかね。

それとももっと大きな事件でもあったんでしょうか?
う~~~~~ん、例えば死亡事故が起きたとか???

それだと悪夢では済まないっぽいですが(^^;
生徒のボイコットとかも考えられなくもなく・・・

次巻からはいよいよ全中が始まるようです。

ざっくりと今後対戦相手になりそうな強豪チームの紹介もありましたし、長い夏
なるってことなので幸大が一回戦で負けることはなさそうです。

それだと阿月の「呪い」を解くという計画が水の泡ですし。
やはり決勝まで行って例の試合の再現がなされることでしょう。

そのためには、勝ち進まなくてはならず、いよいよ阿月の本領発揮ですね。
彼の本気の采配が楽しみです。