FC2ブログ

相変わらず響は響です。
これまでの感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

響〜小説家になる方法〜(11) (ビッグ コミックス) [ 柳本 光晴 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)

楽天で購入


デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙
を成し遂げた鮎喰響。
驚異的な現役JKの存在に世間は振り回されるが、響本人は変わらず平穏
な日常を送っていた。
そんな中、全国高校文芸コンクールで文部科学大臣賞を受賞したことで
響は世間の注目を集めてしまう。
しかし、響の奇策で執拗なマスコミ攻勢はひと段落。そして高校生最後
の年が始まった。

響を長い目でみて高校卒業までは小説家としての仕事を入れずに見守って
くれてる花井さんがかっこいい。
とはいえ、彼女にも響の新連載を条件に文芸の雑誌を新しく立ち上げると
言われれば動かざるを得ないというのもわかる。

響を切っ掛けにこれまで光が当たらなかった文芸が売れているとなれば
何か仕掛けなくては出版業社としてはもったいない話ですもんね。
でも、響のピークが今だけと言われて、またも胸ぐら掴むのは男前

今の響には小説は書かせられないけど、以前の原稿なら何とかなるかも
ってことで涼太郎のところへ行くも、どっちもどっちw
太郎は響のことになったら見境ないし、滅茶苦茶喧嘩強くなってる感じ
なのに、その涼太郎を容赦なくボコる花井さんってのがまたw

響は退学してマスコミの注目をそらしたと思ったら復学しましたね。
ホントやりたい放題。

ワイドショーの司会者が、高校生を追い回した我々マスコミ側にも響が
退学したことの責任があるみたいなことを言い出して情報リテラシー
考え直さないとなんてもっともらしく自己反省してたのに、番組中に響
復学の知らせが入った途端に「本人映像あるか!?」って叫んでるのに
いましたw

響がバイトするってのには驚きましたわ。
印税があるだろ??って誰もが思いますよね。
で、またやらかすに違いない・・・って思いますよね。
その通りなんですが、またもいつもの感じで上手い具合に収まっちゃい
ました。

バイト先の店長にもなんだかんだで気に入られちゃうし。
クソ生意気だけど本音で向かってくるし、相手も本音できたらお互いに
受け入れ可能ってことのようで。

それにしても響の担任になった先生がお気の毒w

普通の生徒だと周りも思ってた頃は問題なかったでしょうが、今は身バレ
しちゃって有名作家だということが周知されてますからね。
進路相談っていっても(^^;

印税で7億5千万なんて聞いたらやってられませんよね。
好きにするしかない。

というか好きにできる。

響の場合はマスコミに追いかけ回されない海外で、悠々自適に小説書いて
生活すればいいんじゃないでしょうかね。
今は原稿なんてどこにいてもすぐ送れるし。

涼太郎もどこへでもついてきて響を守ってくれるでしょうし。
いいなぁ・・・
スポンサーサイト

阿月が動きましたが、それはどうも優勝させない方向みたいですね。

これまでの感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神様のバレー 18 (芳文社コミックス) [ 渡辺ツルヤ ]
価格:637円(税込、送料無料) (2019/2/28時点)

楽天で購入


第1セットはなんとか鷲野が思い描いていた通り先に24点をとりセット
ポイントは幸大学園に。
ここで誰もが半田学園セッター佐藤は河野にあげると思われたのに鷲野は
他のスパイカーにあげると確信

それは今まで佐藤は劣勢の場面では、一度も河野にトスを上げていないと
いうデータを元にしたもの。
佐藤は大事な場面でミスをして河野が自信を失うことを恐れたんですね。

なるほどね。
河野を思う余りにちと過保護になりすぎてるってところでしょうか。

本物のスーパーエースはチャンスを確実に決めるだけでなく、劣勢の流れを
断つことも要求されるのにそこを敢えて避けてきてたようで。

彼らは一応、中学生ですからね。
あまり非情になりきれないのもわかります。

ただ、この先はこれでは河野は成長できないでしょうし、チームとしても
不完全。
阿月が友情ごっこというのも仕方ないですよね。

鷲野の心理誘導により、幸大学園は1セット目をとりますが、勝利するのは
阿月には都合が悪そうで・・・

本来なら、鷲野の思うように全てを進めていれば(西浦の水分補給とかも)
きっと優勝できたんだろうと思われます。

でも、明らかに阿月はそれを阻止。
西浦に水分補給をさせなかったこともおかしいですし、その後の彼の采配も
珍しく平凡。
伊藤だけは違和感を覚えたようですが、さすがにわざと負けるように仕向け
たとは考えられないようです。

いやいやいやいや、阿月なら有り得るって。

全ての選手の身体状況を誰よりも把握してるにも関わらず、全国で勝つため
とはいえ、選手の思いとは逆のことをするのが阿月なのよ。
ほんと、自己中。

ただ、なぜ彼がそんなことをするのかは不明。
一位通過は避けなければならない理由があるんでしょうが。

選手たちは優勝に手が届いていたのに逃してしまったしさを噛みしめてます
が、結果としては手の内を全国に出場する水上に見せずに済んだよう

ここまで阿月が読んでるとは思えませんけど。
水上は突然やってきたようですし。

う~~~ん、でも、もしかしたら彼が来るって情報を掴んでたかもですよね。
それとも彼なら来そうだと予想してたとか。

取りあえず、準優勝以下の方が全中には有利なんだろうと思われます。
水上率いる辻実東が面倒な相手だということで避けるための布石かどうかは
わかりませんが、順位と組み合わせとに関係はありそうです。

それにしても辻実東の水上が胡散臭過ぎです。

負けてがっかりしてる幸大学園の選手たちに阿月はどう声をかけるんでしょ
うか。
まだ彼らにも手の内はみせないんでしょうけど。
次巻が非常に楽しみです。

なんと!2巻まではエロエロしいことばかりだったのにこの巻では
それが一切ありませんでした。
びっくりw
でも、それ故に悪魔の無償の愛が際立ってますv

いいわぁ~~(p≧∀≦q)〃

これまでの感想はこちら



​​
魂を捧げ、人として生きる──。
淑乃の決意を前にベリアルに生じた迷い。
2人の関係に大きな変化が訪れる。
そして明かされる契約の真相。
悪魔と少女、儚く美しい異端の愛の行方は…。

ちょ、これで終わり??っと思ったら第一部完ってことでした。
まだまだ続くようでよかった。

淑乃の両親が現れ、娘に愛撫という対価を払わせるようなことはさせずに​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​自由にして欲しいと乞われるベリアルですが、ベリアルが居たからこそ
淑乃はこれまで生きてこれたんですよね。

ベリアルがいなければ、その魂に魅せられた様々なモノが寄って集って
淑乃の命を​狙​っていたのですから、とっくに魂とられてますって。

それにしても淑乃の魂の魅力ってのは凄いですね~~~~
神から魑魅魍魎まで​奪​いにやってくるってw

最初に見つけたのがベリアルでよかったですよ。

それから必死に淑乃を守り、世話までしていたという・・・
なんてこったい。
実母よりよほど淑乃の世話をしてるじゃないですか!

過保護過ぎる点は否めませんが、実の両親より親らしいかったのでは
ないかと。
まさに無償愛!!

ベリアル自身、悪魔としては認めたくはなかったけれど認めざるを得ない
感情。

思いっきりすれ違ってきたベリアルと淑乃ですが、ベリアルが淑乃の心を
欲しいと願い、行動に移したことで未来が開かれましたね。

ラファエルの妨害に遭いましたが、ちゃんとルシファーが誤解を解いて
くれたというか、どれほどベリアルが淑乃に尽してきたかを説いてくれ
ました!

やるやんルシファー。
ほっといたらベリアルは言わなかったでしょうし、本来の対価は魂と肉体
のみであって、キスや愛撫などは対価にはならないこともルシファーが
きっちり言ってくれました。

しかもベリアルが定期的に触れてたことで匂いがつき、他の存在が寄り
つかなくなってた事実も判明!
ほらご覧なさい!!ってことですね。
淑乃にとっては良いことづくしで守られてたんですよ。

ベリアルなんて良い奴。

今回元ルシファーのサタンがホント良い仕事してくれましたよね。
サタンがいなかったらベリアルがどれだけの献身を淑乃に行ってきたかも
気づかれることなく本気のラファエルに消されちゃったかもしれなかったん
ですから。

サタンはルシファーの時より、サタンの時の方が好み。

ラファエルに両翼斬られても、腕を切り落とされても、淑乃との契約書
渡さないベリアル。

泣けますわ・・・(ノД`)
悪魔がこれほどまでに一人の人間の少女のために全てを投げ出せるのかと。

とはいえ、愛してるかと問われても「どうでしょう?」って答えるベリアル。
もう彼の行動が全てを表してるというのに。

これまでの奇跡は全部ベリアルによるもので、彼が結婚も考えていたと知り
淑乃は躊躇うことなく婚姻届に署名。

悪魔による無償の愛を目の前で見せられたラファエルはさすがにそれ以上は
手を出しませんでしたね。
両親を連れて帰っていってくれました。

本気のラファエル相手ではベリアルに勝ち目はありませんでしたが、淑乃
が救った形に。
誰よりも淑乃に愛を注いできたのはベリアルなんだから両親も受け入れる
しかないですよね。

それにベリアルと一緒にいることが淑乃の幸せなんですから。
あんないい旦那いませんもん!

瀕死だというのに最後の最後まで淑乃の心配をするベリアルがオカン過ぎw

ホントにヤバいってことでサタンが地獄へ強制連行。
悪魔は地獄で回復するんですね~~
翼も腕も再生されるものなのですね。

が、半年で回復する予定が一年経っても音沙汰なくて。

さすがにベリアル再生できませんでした・・・ってことにはならないだろうと
思ってましたが、淑乃がずっと一人なのは見てる方が辛いので何とかならない
ものかと思っていると・・・
やっとサタンが現れて・・・

サタンは淑乃への報告を怠っていたようです。
このオッサン、やってくれるわw
見るからに面倒くさがりって感じですもん。

でも、普通はこんなものなのかも。
ベリアルの執着とまめさが異常なだけでw

やっと回復したベリアルはせっせと新居を建てていたようですw
さすがw
寝室にシャワー室とトイレ完備。
当然のように至れる尽くせりのようです。

さぁこれから2部に入り、新婚生活が始まるようです。
ベリアルと淑乃の夫婦生活が楽しみですw
ベリアルのコミカルな変態ぶり堪能させていただきましょう。

本体あんな美麗なのにw

寝室は翼を広げてもいいように作ってあるってことは本体でHするつもり
ってことですよね??
これは期待が高まります ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​(///∇///)

​​​​​​​​​​​​​​まぁそうなるでしょうね。
ってところでした。

これまでの感想は​こちら​。



伝統校の誇りVS.挑戦者の野心ーー!!
インターハイ本選、団体予選リーグ。
伝統校・弦平相手に敗北した二ツ坂はこのまま予選敗退かに思えたが、
二ツ坂が崩した東陽相手に弦平が敗北、
三校の勝ち数本数が並び、奇跡の三つ巴の再戦へ!!
一度手放した運命、つながった希望ーー
これは、ただの“やり直し”じゃない。
真価の問われる二度目の闘いは、伝統校の誇りと挑戦者の野心が激突する
一進一退の攻防へ!!
一方、同じく団体予選リーグでは、強豪・出雲英豊や熊本東が、
そのベールを脱ごうとしていたーー

二ツ坂が圧勝かと思ったらそうでもなかったですね。
二度目の対戦となると実力差がはっきりするということで二ツ坂にとって
も有利というわけではなかったようです。

東陽相手には圧勝したものの、やはり弦平は強い。

前回一本負けをした薙は“引き分け”狙い。
団体戦だったらこれも戦略の一つですよね。
相手の実力が自分より上ならこれしかない。

先輩たちに託したってところでしょうか。
凪も団体戦ということで自分の勝負は持ち越しにしたようです。

文乃はただの動けるデブではなく、動ける上にペース配分が出来るデブ
進化!

中堅のえりは前回は引き分けでしたが、今回は負け。
さすが強いですね。
これで勝負は振り出しに。

前回、旭は二本負けという大敗でしたが、今回は・・・
最初に面を取られたものの、旭の体さばきに対応しきれていない俵に対し
綺麗な面を入れましたv

おお~~~なんか旭も進化してるようです。
あと一本欲しいところでしたが、打ち合いは互角ってところで引き分け。

前回は弦平の主将である俵に大敗したわけですから旭にしては上出来なんで
しょうが、もうひと押し欲しかった~~~
でも、簡単に主人公補正で勝たないところが「あさひなぐ」らしいですが。

そして最後は大将、将子に託されました。

弦平の中村は自分が俵にかけた​呪い​自分にかけるべきだったと。
なるほどね。
その​違い​がでましたかね。

実力的には中村の方が上かもしれませんが、将子は常に自分と向き合い
誰かに責任を預けるようなことはしてきませんでしたから。
それは将子だけでなく、二ツ坂の部員たちはみんなそうだったのでは。

自分の武器を磨き、それぞれが強くなる。
将子の場合は剣道経験者の速さ

将子が取り返し、1対1になったとき、弦平は代表戦に誰が出るかに意識
がいってましたね。
既に引き分けになると考えていたようで。

これって中村の勝利を信じてないってことですよね。

対して、二ツ坂は最後まで将子を信じてたんじゃないでしょうか。
その差も出たかなっと。

それがチームとしての強さですかね。

何とか二ツ坂は強豪弦平に勝利。
この簡単に手に入れたわけではない渋い勝利がいいですね。

さぁ熊本東も出てきましたし、不気味な出雲英豊高校も・・・
彼女らとの対戦が楽しみです。
どんな試合になるんでしょうか。

やっぱり試合は面白いですv​​​​​​​​​​​​​​

​​​​​話が動きましたね!!
いいんかい???って方向ではあるけれど、それしかないって方向でも
あって。

妹の真友子がいいポジションでいてくれそうです。
これまでの感想はこちら




聡子に会うため、仙台に来ようとする真修。
恋とも母性とも友情ともいえぬ関係への「社会の目」に苦しむ聡子。
しかし、二人の関係に変化が訪れようとしていた。
「このマンガがすごい!2017」<オトコ編>第2位「第3回次にくる
マンガ大賞」第3位ほか各メディアで話題沸騰中、待望の第5巻!!

真修が仙台に来るって言い出したものだから、それだけはさせちゃいけ
ないと思った聡子は自分が東京へ行くと・・・
ナイスなタイミングで本社に戻る話が出てきましたしね。

聡子としては本社に戻る気はなかったのに真修と再会し、真修が自分に
向ける眼差しに・・・
負けてしまったわけではなくて、真修を放っておけない気持ちが再燃って
とこでしょうか。

真修の父を警戒させるようなことはしないように、真修も中学生だから
どこまでなら問題ないけど、どこからがOUTなのかということを慎重に
考慮した上での付き合いならいいのではないか・・・ってことですよね。

真修を出来得る範囲で守るため聡子は再び東京へ。

が、聡子と真修のことを知った真友子は真修が聡子へ向ける感情と聡子が
真修に向けるそれとでは​相違​があることを感じ取って・・・

聡子も気づいてはいるようですが、それを受け入れるわけにはいかないし
でも、真修の気持ちを突き放すことも本当は出来なくて。
真修にとって誠実な大人であろうとしてるのに、真修は押してくるしで。

聡子としては真修を恋愛の対象として考えるのは無理があっても、それと

​​​​​​​​​​​​​同等くらい、心を埋めてくれる存在であることは否めませんよね。

その気持ちはただの母性とも言えなさそうだし・・・

真修の気持ちに応えることはできないと言われ失恋したんだと思う真修。
やっぱり聡子への気持ちに対し自覚してたってことですよね。

とは言え、真修にとっては聡子と具体的に付き合いたいとかではなくて、
ただ話をしたり一緒にいたいことなんでしょうが。
れとかまだふんわりした感情なんでしょうね。

この感情が真修の成長とともにどこまで進化していくのか。

真修が自分の気持ちを聡子に伝え、聡子もそれに対して応じられないと
返事をしたことで二人の関係に動きがみられましたが、それで終わりっ
てことではないですよね。

聡子は真修の気持ちを受け取らなかったとはいえ、聡子だって真修のこと
頭から離れないし、真修が特別な存在なのは否定できないのですから。

真友子は幼い頃からずっと聡子に守られてきたことをわかっていて、姉が
大きな心の穴を埋められないまま現在に至っているのだと心配だったよう
ですが、聡子が真修の世話を焼くことで自分がしてもらいたかったことを
して埋めているのではなく、真修の存在そのものが聡子をっているのだ
とわかって俄然二人の関係に興味が湧いたようですね。

真友子は姉と真修とのことを見守ることにしたようです。
真友子ちゃんありがとう!!

出来れば、二人の間の感情のすれ違いや誤解を修正してくれるよう働いて
くれるとしいのですが。

真友子は聡子のことが大好きなようですし、聡子の幸せを誰よりも望んで
ますから、きっと聡子の助けになってくれるはず!

真修が聡子に向けてる恋心も後押ししてくれそうですよね。

聡子と真修だけではこれ以上は進みようがないと思われる関係も真友子が
いることで何らかの化学反応が起きることを期待したいです。

やっぱりこのまま保護者として存在してるだけではなく、真修の気持ちが
変わらないのなら聡子が受け入れることも有りなんじゃないのかなと思う
んですよね。
せめて高校生くらいになったら・・・

フランスのマクロン大統領の件もありますし(^^;

どうなるんでしょ。
はぁ・・・次巻が待ち遠しいです。​​​​​​​​​​​​​​​​​​