FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2020年03月13日 (金) | 編集 |
美依はクリエーターの才は薄いけど、そんなものよりも代えがたい才を持って
いる・・・それは可能性をみつける人脈。



これまでの感想は​こちら​。

【内容情報】(出版社より)
身長は、158cmから伸びなかった・・・。
藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。
モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。
そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッション
デザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?

麻衣から“novice”を売る新戦略を任された美依。
だが、美依は失言で大物スタイリスト・照実を激怒させてしまい、PRの肝・TGC出展
自体が危ういことに! 
育人もまた、バッグ制作が難航し、実物完成が間に合わない…!? 
照実へのプレゼンチャンスは一瞬。
なんと、それはTGCスペシャルコレクションのモデルオーディション! 
育人初・コレクションアイテムの成功は、一人の少女に託された──!!

なるほど~~~~必要なとき、必要な場所で繋がる。
美依は人脈だけでなく、今回は革の扱いでの知識も役立てることができましたよね。
才能ないのにチーフデザイナーってのはどうなんだろう?って思ってましたけど、
他のことで役立つ力を持ってたんですね。

バッグと靴では革に必要な知識は同じ。
作り方は大分違うと思うのですが、材質が革というところでは確かに同じですね。

これで靴もバッグも扱えるとなるとブランドとして強味になりそう。

美依がスタイリストの照実にスペシャルコレクションのアイテムを全部アプロ
してくれと言い出した時は、なんて大それたことを言い出すんだろ、それは無理と
いうものやろと美依の無茶ぶりにびっくりしましたけど、全く相手にしてもらえな
かった照実から結果的には注目を得る形にしちゃいましたね。

これはちゃんとした物を作ったからですよね。
まるで目にかけてもらえないような代物なら相手にしてもらえなかったはず。

チャンスを作ったのは千雪ですけどね。

“TGC”と“パリコレ”は全然繋がっていないし、遠回りにもならへんやろと思うのです
ですが、まずはTGCからってことで育人と千雪の目指す方向が一致しました。

思いつきで育人のバッグを身に付け照実のコーデに手を入れた千雪。
モデルとしては瞬殺されるべき行為だったのに、初めからバッグがそこにあるのが当然
って感じるほどコートに馴染んでいたものだから、さすがに照実興味覚えたよう。

その上、モデルとしての千雪にも関心を持った照実はセイラと千雪を比較。
同じコートを着て同時に歩く2人。

千雪はバッグを売り込むだけじゃなくてしっかり自分も売り込みましたね。

が、どう考えても見た目で千雪は不利。
それでも千雪の感性がテルミを驚かせたようです。

なんと!スペシャルコレクションのファーストルックは千雪に決定。
あっらぁ~~~~モデルとしてなら絶対にセイラの方が上なのに

照実のコンセプトを完璧に表現しているのはセイラ。
それなのに照実は千雪の​圧​に押されてしまったようで。

何より“流行の発信源“という言葉が照実を捉えたようですね。
テルミは自分は“流行“の種を見つけて育てる義務があると思ってるようで、それは
そのまま千雪にも当てはまるようです。

千雪が“咲く”か“枯れる”かどうしようもなく気になるという照実。
かなり印象付けることができたようですね。
これくらい攻める根性がないとモデルは務まらないのかなぁ~~~

セイラはFLに自分ではなく千雪が選ばれたことで逆上しますが、厚手のコートを
フォルムが綺麗なままたなびかせるウォーキングは自分には出来ないと、千雪の
ウオーキングの技術の高さを認めざるを得なかったようで。

千雪はやはり低身長ってことでかなり損をしてますが、モデルとしての力量は決して
セイラに劣るわけではないようです。

照実は千雪の感性を評価したようですが、千雪の身長ではショーモデルを勝ちとる
ことは正攻法では無理と指摘。

うん、うん、誰でもそう思うでしょう。

でも、もし彼女の感性を殺さず千雪のための服を作れるデザイナーがいたなら・・・
彼女の存在は世界に知れ渡るかもしれないと。

あっらぁ~~~~ついに千雪に世界への道が見えてきましたね。
全く無理ではなくなった。

ショーモデルではなく“Chiyuki Fujino”に着て貰うことに価値を生み出す

ほぉ~~~~ということはこのデザイナーに育人がなるってことですねv
育人の方へも照実から課題が。

デコレーションバッグが想像以上に良かったから、3段階か4段階へとスタイルが
変わるデコレーションバッグを完成させたら、スペシャルコレクション全ルックに
アプロのバッグを使うと。

おお~~~~~!!!
美依の頑張りがここで効いてきましたね。
大きく出たなと思いましたけど、こちらも可能性が見えてきましたv

さぁ育人がこのチャンスをどう活かすか。
形態が変わるデコレーションバッグって発想は凄くよかったのでしょうが、一つ
だけではダメなんですね。

ということでデザインを考えることになるようですが・・・

こちらももうすぐ次巻発売ですね。
楽しみです。
スポンサーサイト



2020年03月04日 (水) | 編集 |
今回もアーニャ可愛いですね!




【内容情報】(出版社より)
フォージャー家にヨルの弟・ユーリが来訪!! 
互いがスパイと秘密警察であることを隠しながら、黄昏とユーリは腹を探り合う。
姉を偏愛するユーリは黄昏に本物の夫婦であることを証明しろと迫り…!?

ユーリが秘密警察でどうなることやらと思ったんですがちょろかったですねw
ヨルさんも殺し屋としては超一流だけど天然だし、この姉弟は可愛いです。
とはいえ、どちらも仕事は冷血漢じゃないと務まらないような仕事ですが。
どこかプツンといっちゃってる感じでしょうかね。

一方、ユーリを迎えたロイドは冷静でした。
ユーリが秘密警察であることもすぐに見抜いてしまいましたし。
ロイドの方がかなり優秀なようで、これからもユーリはロイドに勝てないというか
上手いこと丸め込まれてしまいそうw

偽装がバレないようにロイドは平然と(若干止まりましたけど)キスしようとしたのに
対し、ヨルさんが照れてしまうのは予想通り。
が、まさかお酒飲んで自ら​迫​るとは思いませんでしたv

ヨルさんやる時はやるんやな!とドキドキしましたが、やっぱりヨルさんには無理
だったようで、まさかの流血案件で腹筋痛い。

ヨルさんもユーリもお互い気を遣ってるのに噛み合ってないのが笑えますよね。

みんなそれぞれ物騒な事情を隠して誤魔化し合っているのに醸し出す空気がほのぼの
してしまうところが気に入ってます。
いつか偽装夫婦にが入ってしまって本当にキスする展開になるといいなと期待。

偽装夫婦の二人はお互いのことがバレたとしても特に問題無さそうですしね。
ヨルさんも国への忠義で仕事してるわけじゃなさそうですし。

問題はユーリですね。
ここだけは明らかにロイドとは敵対関係。
まだまだややこしいことになりそうで楽しみです。

そして今回もアーニャは大活躍?
ドッジボールで敵の心が読めると便利ですよね。
ドッジボールに限らず、心が読めるなんて最強だと思いますわ。
ところが、このまま逃げ切って星をもらえるのかー!と思ったのに転けてしまって
まさかのピンチ。

全力投球の球に当たってしまうのかー、女の子にそれはやめてあげてー
ってところでなんとダミアンが紳士な振る舞い!
なんだ、アイツいいとこあるやん!
と見直しましたです。

このままではターゲットに近付けないと焦るロイドですが、案外簡単にいけそうな
気がしないでも・・・
取りあえずアーニャとダミアンが友達になれば話は早いですからね。

アーニャは残念ながら勉強も運動も全く駄目みたいですが、元々特殊能力あるんだし
ロイドがそれに気づけば簡単に星は取れるし任務も遂行できそう。

でも、それだとアーニャは東側にスパイとして利用されるだけの哀しい存在になって
しまいそうだから嫌ですね
ロイドはそんなことしないと思いますが、このまま地道に星を集めるという障害物競走
みたいなのが楽しくていいですv

次号では新たな家族が増えそうですね。
このワンちゃんも事情を抱えていそうで気になるところです。
めっちゃ賢そうなんですが、さてどうかな。

最後の読みきりは週刊少年ジャンプで出張掲載してたやつですね。

ヨルさんお尻は気をつけてくださいよ。
ラストのアーニャがカッコ良すぎる‼️
3人でユニット組んで仕事したらスムースにいきそうなんですけど。
アニメ化しても面白いし、実写化でもいけそう。

次巻も楽しみです​♪
2020年02月23日 (日) | 編集 |
大分遅くなりましたが6巻感想です。
これまでの感想はこちら




【内容情報】(出版社より)
2次試験当日、目に激痛が走り動けなくなってしまった八虎。
痛みに耐えながら試験課題に臨むも、集中して作業ができない…。
そこで予備校講師・大葉が提案したのは「飛び道具」!?--
そして試験2日目にしてテーマを決めた八虎は他と差を付けるため豪快な
秘策に打って出る!
藝大受験編クライマックス第6巻!

二次試験に進んだ八虎。
でもプレッシャーが半端ないというか、ストレスから蕁麻疹だけでなく、
頭痛と眼精疲労もピークで・・・
大変なコンディションになってしまいましたね。

旦那も二次試験では関西とはあまりに違う試験内容にほぼパニックになった
ようで、何をしてたか覚えてないというか、どんな内容だったかすら思い出
せないようですわ。

ただあの嘔吐くような緊張感だけは読んでたら蘇ってきたようで。
ご苦労さまです。
私はただ想像するだけですけどね。
娘はまだ受験から時間が経ってないのでリアル過ぎて読むのはしんどいよう。

八虎は1日目はテーマを決めるだけでやっとだったようですが、そのテーマ
すらそれでいいのかどうかわからないという・・・
もう泥沼ですよね。

モチーフはヌードモデル。
石膏かヌードという大葉先生の予想通り。

裸=ありのままの自分ということで八虎は進めていきますが、平凡といえば
平凡なテーマみたいですが、それをどう表現していくかで作品の良し悪しを
変えることができるよう。

八虎は表現方法を色々考え抜いて戦略を練って・・・
デッサンとかの技術力だけでなく、演出とか全部ひっくるめての作品だから
ホント考えることが多いんですね。

私には経験のない世界だけど、実際に体験してきた人には相当リアルな世界
のようです。
だから読んでるこっちもそれが伝わって臨場感を味わえます。

現役で八虎ほど短期間でこれだけの追究ができるのって凄いなと思いますわ。
旦那も自分は優れてないからとにかく努力で補ったってなことを言ってまし
たが、それで補えるものと補えないものがあるようで・・・

厳しい世界ですね。
頑張ったからといってそれが結果に繋がるわけではなく。

藻掻いて藻掻いて足掻いて足掻いて苦しみの中から生み出した八虎の作品の
評価はいかに???

もう一年ってのはリアルでは当たり前というか現役合格の方が少ないのが藝大
ではないかと思いますが、見事八虎は​合格!!​

漫画としてはまたここから1年浪人生活を描いてもしんどいだけで変化があり
ませんもんね。
この結果は上手く行きすぎとも言えますが妥当でしょう。
それに長いこと受験生を抱えていた身からするとホッとしましたわ。
受験生の親は軽く胃を悪くしますよ。

晴れて八虎は藝大生に。
次からは大学編のようですが、入ったら入ったでまた作品を作る上での産みの
苦しみを味わうのでしょうね。

藝大生の学生生活怖そう・・・
とは言え、かなり興味持ってますがw

これで卒業してしまったので美術部顧問の先生や画塾の大葉先生の登場がなく
なってしまうのは寂しいです。

時々この二人の先生が見せる狂気の片鱗みたいな顔が好きだったんですよね。
藝大生は一筋縄ではないでしょうから、それ以上の強者が登場するのを楽しみに
したいと思います。
2020年02月08日 (土) | 編集 |
娘が関心を持って購入。
息子の読後の感想は、「理解しにくい、よくわからん。」
娘の感想は、面白いと思う、とのこと。

Twitterで広告出てたのを読んで話題作なんだろうなーとは思ったんですが、
結婚詐欺ってのにはあまり興味を引かれず。

でも、まぁ読んでみるか…と思って読んだところ…

面白かったです。

っていうか、全然想定してたストーリーではなくて、これどーなるんだろ?
って単純にこの先の展開に興味を持ちました。



【内容情報】(出版社より)
これは、最も一線を越える「結婚」!!
児童相談所に勤務する夏目アラタは、結婚に夢など抱いていない30代・独身。
彼はある日、担当児童・卓斗から「父を殺した犯人に代わりに会って欲しい」
という依頼を受ける。
犯人の名は品川真珠。【品川ピエロ】と呼ばれる有名連続殺人犯だった
…!!


児相の職員が殺人犯にプロポーズするなんて、どんな理由があったらその流れに
なるん?と思ったんですけどね、なるほどそーゆーことですかいと納得。

絶対に有罪判決を受け、刑務所から出てこられるはずがないという確証の元、
殺人事件の情報を得たいがための苦肉の策。

それがいつの間にか有らぬ展開になっていくようで。

殺人犯で死刑囚となるだろう真珠との面会での対話は毎回スリルがありますね。
真珠の気を引くためのアラタの駆引きがいつの間にか真珠に絡めとられてる感じ
でハラハラします。

演出もドキッとさせられます。
アラタに対し「じゃあ 出るね」って返答したときの真珠が・・・!!
ウェディングドレス姿でガラスを割ってるのにはビビりましたわ。
あのコマの演出は​最高​です。

豚のように太った女だというアラタの予想に反し、真珠はスタイルよくめっちゃ
可愛い女の子だけれども歯並びガタガタというのも、真珠の異様さを​強調​させ
てていいと思います。

あの歯を一々描く作画は大変でしょうが、これがあるとないとではざわざわ感
違いますからね。
真珠のビジュアルは耳障りな不協和音を聞いてるような心地悪さがあります。

そこがいいのですよね。

真珠は黒だと思いますが、遺体損壊と遺棄は確実としても殺人は今のところ判断が
つきかねます。

これから色々と分かってくるのでしょうが、真珠は週刊誌に書かれていてような
学力の低い者には思えず、むしろ頭の切れが良いようで、その辺りも謎ですよね。
どういうことなんでしょうね。

弁護士の宮前は真珠が幼女の頃に会ってるようですが、これも今後どう転んでいく
のか。

二重人格ともとれなくもないですが、仮面を被って生きてきたかもですし。
真珠がどういう人間なのかもう少し読んでいかないとわかりませんね。

何とも言えない居心地の悪い緊張感が癖になりそうです。
これを面白いと感じるか、不快だと感じるかが評価の分かれ目でしょうね。
私は続きが楽しみです。​​​​​​​​​
2020年01月30日 (木) | 編集 |
「鬼滅の刃」で大ブレーク中の吾峠先生の以前の作品臭ですね。
私はジャンプ本誌で掲載された「肋骨さん」が始めての出会いでした。
ハガキなんて通常全く書こうとしない私がこれは出さなくてはと思ったん
ですよね。

その時の感想はこちら

「鬼滅の刃」の連載が始まったのが2016年の11号で、最初の頃はあの
岩を割るのを頑張ってたあたり、掲載順位が後半で心配だったんですよね。

当時は本誌の全作品の感想を一言だけだけど掲載順に書いてたのでそれを
見返すと鬼滅がどのあたりに掲載されてたかがわかるんですよね。
気に入ってたからとにかく打ち切りラインに乗らないことを祈ってましたわ。


では順に簡単に感想を。



【内容情報】(出版社より)
週刊少年ジャンプの俊英・吾峠呼世晴の軌跡──
アニメ化も果たした連載デビュー作『鬼滅の刃』の前身となる『過狩り狩り』
本書のカバーを飾る異色作『文殊史郎兄弟』、掲載当時も話題を呼んだ『肋骨
さん』『蠅庭のジグザグ』の読み切り四作品を収録。
鬼才・吾峠呼世晴の神髄、ここにあり!!


過狩り狩り
第70回(2013年)JUMPトレジャー新人漫画賞 佳作

これ、ホント鬼滅の前身ですよね。
珠世さんと愈史郎が既に作られていて、というキーワードも登場。
吸血鬼のようですが、これもまた面白そう。
珠世さんのお着物姿も麗しく惑血の技も素敵。
絵は荒削りだけれど、私は全く気になりませんわ。

ただ、連載に持って行くためににはもっと大がかりに人を動かさないといけない
ので現在の形はとてもいいですよね。
主人公がちと淡々としすぎていてジャンプ層にはウケが弱いところを炭治郎という
純真で熱い少年と家族思いの別嬪妹禰津子を産みだしたことで一気に少年誌の王道
をいく作品になりましたよね。
異形の鬼の姿形にもインパクトありましたし、その背景も哀しくて、絶望の中での
救いが特徴的。
善逸たち明るいキャラたちとのシリアスとギャグのバランスを生み出したのも凄く
いいですし、なんと言っても敵キャラを美形にしたことは最大の功。


文殊史郎兄弟
少年ジャンプNEXT!!2014年vol.2

連載予定で作られた作品なので、いずれまたこれを元にした作品に出会えるかも
ですね。
吾峠先生が実は虫が苦手とのことなので無理かな・・・(^^;
私は設定気に入ってるんですけどね。
表紙の史郎は美形だし、凄く神経質そうなところも主人公として面白いです。
依頼人の心臓の音が快か不快かで依頼を受けるかどうか判断するってのも自己中
ぽくていいです。
そしてやっぱり人助けしてるんですよね。


肋骨さん
週刊少年ジャンプ2014年39号 金未来杯

アバラの身体や助けてもらった女の子の服の柄が着物のそれっぽいことと、作画は
妙にざっくりなのに邪氣憑きの女の子の袖のレース部分へのこだわりが私の関心を
惹いたんですよね。

あと、人間の感情を視覚化させているところも面白いなと思いましたし、自分は価値
のない人間だと思っていたアバラが自分の命を大事にしないことは自分を守って死ん
いった人に失礼なことだと気づき、自分の一生懸命さの方向が間違っていたと気づ
いうストーリーにも惹かれました。

世界は理不尽でありながらも吾峠先生は人間の根底は温かいと描いてるようで良い
ですよね。
人の恩に報いようとするところとか、大切なものを守ろうという気持ちの強さとか
バリバリ描いて欲しい世界です。

邪氣が浄化されるとメッチャかわいいホワホワさんになるのも気持ちよいです。
キャラの表情やポーズ、決めコマなど、この頃から注目してました。


蠅庭のジグザグ
週刊少年ジャンプ2015年21号

この時も娘と読み切り掲載を喜んだんですよね。
好きでやってるわけではない人助け、呪いをとく解術屋。
ジグザグ自身が人を殺さない、私利私欲のために力を使わないって呪いをかけ
られてるという。
人を助けることを面倒くさがったりしながらもきっちり世のため人のためと
仕事はするんですよね、って自分のためかw
元々連載用に作られてたようなので色々設定もあるってことで、また機会があれば
読んでみたいですね。
主人公がイケメンなのはいいですv