FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2020年07月19日 (日) | 編集 |
やっとお話が戻ってきました。
えっと、メイドのお姉さんの名前なんでしたっけ??
ジェーンでしたよね。

前号の感想は​こちら​。



扉絵はメイリンとジェーンが対峙してます。
メイドの矜持(プライド)。

メイリンとジェーンの対決の場面に戻って来ました。

暁学会の動きを調べるべく怪しい4拠点に潜入。
おさらいですね。

坊ちゃん美麗、セバス美麗
今回のデコ出しセバスのデコは非常に​美​しいデコです。

私、額が大好きなのですよね。
この形、広さ、​完璧​でございます。

時々セバスの額が狭くなるのが気になっていたのですが、毎回この額でお願い
したいと思います。

お互い左手に拳銃で牽制しあってます。
もう一方の手にはメイリンはライフル、ジェーンは斧。

交渉決裂で藍猫に斧を振り下ろすジェーン。
やはり藍猫の反応は凄いです。

発砲されるまでは本当に寝てたようですけど(^^;

背後から四肢を使ってジェーンを締め上げてます。
むちむちしてます。
なんかスクエニ版「薬屋のひとりごと」の猫猫にむちむち具合がそっくりですねw

​圧倒的​に藍猫の方が凶暴ですがw

上半身は素っ裸のようですが、下はどうなんでしょ???
藍猫のことだから何も着てない気がする・・・

ジェーンに眠らされていたようですね。
これはわざとかな??
どうなんでしょ。

藍猫は旦那様の呼び出しに直球でほかのメイドのことを聞いたよう。
そりゃ藍猫のことだから、周りくどい言い方はしないでしょうが、いきなりですw

そして助平は殴ると宣言していたとおり、殴ったようでw

藍猫の強さならジェーンが来ても負けることはなかったと思うのですが、どうして
眠らされたんでしょうかね。
スポンサーサイト



2020年06月19日 (金) | 編集 |
メイリンメイドになるラスト回でしたw

先月号の感想はこちら




知識なし 経験なし 異能あり

扉絵はセバス、フィニと一緒にメイリンも。
懐かしのファントムハイヴ邸ですわ♪

殺し屋からメイドに転職したものの日々お皿を割る日々w
お皿一枚で一月分の給金が飛ぶという・・・
そんなものをメイリンに運ばせるなんて・・・って思いますが、それでも
仕事を覚えてもらわないといけないですからね(^^;

ま、それに割れても後でセバスがなんとでもするでしょう。
それなのにちゃんと給金から引かれていたとはw

今回は劉との初対面が!
長髪&三つ編みの劉なんてめっちゃレアですが、誰???って感じですねw
ちょっと若くて可愛い (*≧∀≦*) 

劉の方から接触してきたようですが、例のお手紙がそうだったようです。
女王の番犬とは敵対するのではなく、お互い協力できるところは手を組んで
上手くやっていこうって(利用しよう)ってことのようです。

メイリンのことはさすがに劉も承知していたことでしょう。
組織から抜けた者とはいえ、劉にとっては全く関係ないからここは目を瞑って
おくべき(いつも瞑ってるけどw)だと判断したんでしょうね。

毎日、フィニと読み書きの勉強はしていたようですが、メイドの仕事は全く
身につかなかったようで・・・
セバスはやはり形から入るというか教える時は眼鏡装着なんですねw

いつの間にかバルドもいます。

まぁメイドの仕事は失敗ばかりでも、本業の方は完璧。
さすがの腕前とセバスも賞賛。
それにしても「お見事です」じゃないよw
この悪魔人誑し術​こそお見事

なんていい笑顔向けてくるんよw (/ω\*)
メイリンドキッとして、認めてくれるがいるから精一杯応えようって頑張りますが
それ人じゃなですからw

そんなこんなでクラウスのお出迎えだったんですね~~~
ポンコツ使用人'sの裏話を知ると感慨深いですわw
これにてメイリン回想終了。

そして戻ってきましたよ。
三倍の給金の提示。

確かに破格の好条件ではあるけれど、でも女を騙して食い物にするクソッタレな
主人に仕えるなんてお断り!とメイリン啖呵を切ってくれました d(≧∀≦*)ok! 

そうでなくちゃね。
厳しくても人使いが荒くてもそれでも恩義には代えられない。

まさに損得を越えた​忠誠​
坊ちゃんが求めたものですよ。

さぁそろそろ、藍猫にも起きてもらいませんとね。
多分、彼女は寝たふりしてるだけですよね。
折角だから休憩させてもらってたとか、そんな感じでw

次回、メイリンがこの場をどう収めるのか楽しみです。
2020年05月20日 (水) | 編集 |
今回もメイリンメイドになるの続きでした。
このところストーリーは全く進んでいませんが、やな先生が楽しそうなので
それでいいと思います。

前号の感想は​こちら​。




扉絵はメイリン。
裏から表へ。

今回もセバさんちょっとしか出てきませんが美麗です。
メイリンは遠目は利くけど近くは見えないド近眼ということが判明。

「普段の業務に差し支えますね」というセバスの顔面で今月の元が取れました。
満足

使用人たちはキッチンから浴室まで自分でお湯を運ぶんですね。
ま、当たり前といえばそうなんですけど結構な量運んでますよ?
大変だわ。

セバスならひとっ飛びでしょうけど、エレベーターとかもあるわけではないし
普通は大変ですよね。
これは労働としても毎日は無理ですね。

そして久々にニナさん登場!
この人も何気に凄い人ですよね。

仕立屋としての腕も超一流でしょうけど、絶対それだけではないはず。
何か裏設定があると思われますわ。

いくらメイリンが安心して眠りこけていたとはいえ、完全に気配を消してた
と思われますしね。

メイド服だけでなく、役に立つ衣類を持たないメイリンのために一式用意する
ことになってニナさんは大はしゃぎw

やな先生はニナさんに自分の欲望を投影させていかのようw
レースにコルセット、ストッキングにガーターベルト・・・
ダダ漏れてますw

メイリンのエプロンについてるボタンは初めて登場したときからあるので
初期設定ですでにメイリンの過去まで作り込んでいたってことですよね。
さすが・・・神・・・

髪も綺麗に揃えて、メイリンの完成です。
眼鏡は坊ちゃんからの贈り物

これまで近場がぼやけていたメイリンにとって世界を変えてくれた、いえ、
世界を与えてくれたのが坊ちゃんなのでしょうね。

命を助けてくれたというだけでなく、新しい世界を見せてくれたという特別な
思いがメイリンにはあるのでしょうね。

はぁ・・・もうこんなの一生坊ちゃんに仕える以外の道はないですよ。
例え、坊ちゃんが計算して行動に移したとしても、それでもお釣りがくるほど
メイリンにとってはありがたいことだったのだろうと。

ただ、ヒールのあるブーツだけはどうもメイリンには合わないようでw
これでは緊急時に動けないという大問題発生ですよね。
それであのごっついブーツに変更だったんですね。

多分、1巻全編メイリンで表紙はメイリンに決まりですね。

さぁこれでいよいよ話がバトルに戻るのか、それともドジメイドの回想がまだ
続くのか・・・

どっちでもいいで~~~す。
平和なファントムハイヴ邸が懐かしいので残念なメイド採用後の坊ちゃんの
感想も読みたいw
2020年04月19日 (日) | 編集 |
メイリン、やっとファントムハイヴ家に仲間入り♪
先月号の感想は​こちら​。




この屋敷で働かせてくれというメイリンに握手を求める坊ちゃん。
これで契約成立ってことですね。
以後はお客人ではなく使用人になるのでもう握手する機会はないですかね。

この段階ではまだメイリンは眼鏡を掛けてないから坊ちゃんの顔とかセバスの
顔とかよく見えてないのでしょうね。
近くがしっかり見えた時の最初のメイリンの驚きを見てみたいw

先生がコルセットとかフリルの話題をしてはるので次号では始めてメイド服を
着るメイリンのお話でしょうかね。
ストーリーの進行はすっかり止まったままですが、メイリンがお屋敷に入り
以前のファントムハイヴ邸での日常が戻ってきたようでなんかしいw

フィニは元気いっぱいですね。
力任せに人に抱きつくと大抵は死ぬということを覚えているところでしょうか。
セバス、おでこ狭いな。
私はアニメセバスのデコでこの作品にちたのですが、デコはもう少し広い
方が好みです。
角度的な何かだったということにしておこうと思いますw

天使のような笑顔でメイリンを迎えたフィニでしたが、メイリンがスナイパー
だと知って羨望の眼差し。

無垢な笑顔で いー―――――――ぱい殺しましょうねっ!!ってこれまた
見た目との大きなギャップにメイリンも戸惑いw

彼の過去もまた後で回想になりますよね。

メイリンの過去はちと長くてアレでしたけど、優雅(?)なお屋敷でのお話には
飢えていたのでしばらくこのままでもいいです。
ポンコツ使用人と有能執事のあの懐かしい時間が戻ってきたような気分。

セバスが顔を近づける度にドキドキのメイリンでしたが、あれは悪魔の誑し
テクによるものだったんでしょうかねw
意識的でなかったとしてもそれはそれでセバスの天然さが可愛い

メイリンはすっかりそれに乗っかって一杯普通の女の子ぽさを覚えていったん
でしょうね。
頑張ったよメイリン。

で、いざとなった時のメイリンの変わり身がいいのですよね。
あのお屋敷屋上にライフルがずら~~~~っと並んでいた時の​衝撃​は忘れられ
ませんもん。

次号は過去回想から戻るのか、もう少し続くのかどちらにしても楽しみで
2020年03月19日 (木) | 編集 |
お話は一向に進んでいませんが、今回も美麗セバスがいっぱいv
先月号の感想はこちら




扉絵はお茶を飲む坊ちゃん。
椅子はチェスの駒であるルークに座ってます。
他はポーン、ビショップ、ナイト。
遊びを楽しんでるってところでしょうか。

塔(ルーク)で一服(ミッドナイトティー)
ってことなので、ちょうど、今の進行状況と同じ??
ナイトの中からセバスが出てきそうでドキドキしますww
トラウマかw

坊ちゃんは梟が女性スナイパーだったと知ってびっくり
しかもセバスがメイドとして迎えることを提案するものだから呆れて・・・
殺し屋をメイドに勧誘するなんて正気か?と。

でも、セバスはむしろ、殺し屋だからこそ勧誘するのだと。
優秀な使用人を雇うのは必須。
が、それよりも優先されるべき条件は、主人を危険から敬語できる専門技術が
あり、主人を裏切ることが不可能な条件下にあり、坊ちゃんが実力を認めた者

確かになかなか見つかりそうもないですね。

メイリンは人殺しがメイドなんかやれるわけがないと言いますが、セバスは
たいした違いはないと。

メイドも殺し屋も主人にとって目障りな“汚れ”を払うのが仕事、道具がハタキか
銃か違うだけ。

人間とは思考が異なる悪魔的発想でしょうかw

特にセバスとしては使用人としての能力なんてのはあるに越したことはないけど
それよりも坊ちゃんの近くに置いておいても危険のない者であることが優先事項
でしょうね。

メイリンの決め台詞である「屋敷の汚れは家女中(私)が払う」はこのセバスの
言葉を忠実に守ってるってことだったようです。
伏線回収。
なるほど~~~ですよ。

フィニは助けてもらっただけでなく、大切な名前を坊ちゃんに付けて貰ったって
こともあって、坊ちゃんを特別視してますが、メイリンもまた殺されても当然な
状況で命を助けてもらい、これまで食べたこともない温かい食事をお客の待遇で
もてなして貰ったことが坊ちゃんへの忠誠となってるんでしょうね。

これまで食べるものを手に入れるために命をかける生活を強いられ、それでも
手に入るのは冷たくカビたパンだけ。
宝石を奪い命を奪い、生きて行くためには奪うことしかしてこなかった人殺しに
生まれて初めて温かい食事を与えてくれたのが坊ちゃん。

客としてもてなして貰うことはおろか、まともな人扱いもされてこなかったで
しょうから、その衝撃はいかほどか・・・
メイリンにとっても坊ちゃんはやはり恩人なのでしょうね。

それに近くがぼやけて不自由してたところに眼鏡も与えてもらいましたからね。
これだけでもメイリンが使用人としてだけでなく、ちゃんと人として扱われて
いることがわかります。

絶対に裏切ることのできない主、それが坊ちゃん。

これでメイリンの過去回想は終わりでしょうかね。
メイリンがどうやって女性らしさを身に付けたとか知りたいところですが。
う~~~ん、セバスが手取り足取りでしょうかねw

言葉使いが変なのは男言葉しか使ってこなかったから無理に女性言葉にしたら
ああなってしまったってことでしょうか。

やな先生の設定の細かさに唸りますよ。
単にキャラ付けってことだったのではなく理由もあったってことで。

すっかり可愛く女の子にはなりましたが、メイドとしての技能は残念ながら身に
つかなかったようですね(^^;
それはメイリンに限ったことではないですがw

次号からの展開に注目。