FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2019年03月19日 (火) | 編集 |
魅了!!!
そう魅了!!!!
ストーリーとしてはほとんど進展はしてませんが、坊ちゃんの身に
危害が加えられなくて、セバスがエロかったなら、それはそれで
大満足d(≧∀≦*)ok!

このまましばらく平和な日々が続いてもいいと思うくらい。
何ならセバスの美麗顔が拝めるだけでいくらでも生きていける。

先月号の感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2019年 04月号 [雑誌]
価格:589円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)

楽天で購入

扉絵はカンフーですかね。
楽しそうですw

今回はとにかくセバスの髪がサラッサラ ( ´艸`)

扉絵めくったら軽くねます。
嘘じゃありません。
何度も死にました、私。

これは単行本サイズではもったいない。
過去にも何度もそういうイラストやら扉絵やら表紙やらありましたが、
これもそうです!!

断言します。
本誌買うべし。

悪魔の本気がみられます。 O(≧∇≦)O
人をわし堕落させる。
これぞ、セバスチャン・ミカエリスの本職。

くっそらん!!!(p≧∀≦q)〃
黒髪の悪い男最高!!!

これカラー絵で欲しいです!!
おいくら万円でしょうか???

坊ちゃんの方は全然、仕事になってないようですが・・・(^^;
チャイナ服着たらそれだけで一発OKなのにw

が、さすが坊ちゃんは考えてます。
シエルが血液の収集手段を一つに絞っているはずがないと。

ホールは閉店してますから、もうそこからは血液を得ることはできない。
とすると、シエルは必ず他に保険を掛けていて、そこからライフライン
確保しているはずだと。

今は表だって動けないから、まずはそのライフラインを断つことから始める
ようです。

劉には社会で“多数の人間を扱う”事件を調べるよう依頼。
セバスには社会で“多数の人間が動く”ニュースを調べるよう指示。

イエス・マイロード

んんん??
劉までもが坊ちゃんにいてる???(((((゚.゚;)
なんか、鳥肌!!!! カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

っと思ったら一回言ってみたかったとかw
ですよね~~~~wo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

劉ならではの緊張感の無さが今の緊迫した状況をませてくれますわ。

いよいよ、坊ちゃん本格的に始動ですね。
ところで使用人'sはどうしてるんでしょうか???

坊ちゃんに負けないくらい役に立ってないどころか、邪魔になってるはず
なんですがw



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒執事 28 (Gファンタジーコミックス) [ 枢 やな ]
価格:606円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)

楽天で購入

スポンサーサイト
2019年02月19日 (火) | 編集 |
う~~~~~はよ、続きを~~~
死神派遣協会が本格的に動くようです。

先月号の感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2019年 03月号 [雑誌]
価格:589円(税込、送料無料) (2019/2/19時点)

楽天で購入


扉絵はオセロと葬儀屋さん。
やはり二人は同期だったんですね。

あの口調からはただの知り合いってよりはよく知ってる間柄って感じ
でしたもんね。

ファントムハイヴ邸から抜け出してオセロとグレルはパブに来てたよう
です
グレルの美尻からの登場w

髪を束ねたグレルちゃんが素敵
知り合いの誰かに似てるんだけど誰だろう??

オセロはグレルと葬儀屋では、圧倒的に葬儀屋の方が強いと分かって
たんですね。

葬儀屋が協会を抜けたのが70年ほど前ということが判明。
本名を語らず不明ってことですが、死神になる前に何があったんでしょ。
葬儀屋については謎が深まるばかり。

「模範的な死神」だったようですが、その彼を狂わせたのはクローディア
なんでしょうかね。
それだと若干年回りが合わないような気がするのですけど。

クローディアと知り合ったのは派遣協会を抜けてからなんでしょうか。
よく分かりません。

逃亡に際し、死神派遣協会本部を半壊に追い込み “伝説のお尋ね者”
なっているようです。
アニメでも「伝説の死神」でしたね。

銀髪におリボンって・・・ (/∀\*)

オセロは施設の状況から今のシエルは動く死体としては未完成だと見抜い
てます。
血液の供給が絶たれればそれまでってことで。

葬儀屋の死者蘇生が完成すれば、死神派遣協会が管理してるの定義
根本から崩壊するらしいので、神たちは何としても阻止しようとするで
しょうね。

でも葬儀屋一人で本部半壊するだけの力があるんだったら、一体どれだけ
の援軍が必要なんでしょうね。
オセロのことだから単に人海戦術ではないと思うのですが。

何か罠にかけるような秘策とかあるのではと。
葬儀屋の弱みを握ってるとかかもですけど。

オセロはを使って人事部に応援要請を出したようです。
それで鳩合なのね。
何気に死神は鳩がお好きなようでw

ところでキドニーパイがまだたくさん残ってるのにお店出ちゃいましたね。
あまり口に合わなかったのかしらん(^^;
ちょっと食べてみたい。

シエルは夜になると時間切れのようですね。
れ落ちるシエルをきかかえる葬儀屋のコマが何ともお耽美(*/-\*)

葬儀屋の掌だけで身体の半分以上が収ってしまうなんて・・・
シエルも華奢なんですね。

それにしても崩れ方がい・・・(ノД`)

シエルは坊ちゃんのことが気になるようです。
ってことはやはり坊ちゃん憎しでやってるわけではないってことですよね。
でも、派手な兄弟喧嘩でアグニが犠牲になったのならそれだけは辛い。

はぁ・・・死神派遣協会も動くようですし、坊ちゃんも動き始めましたし
ソーマも・・・
一体どうなってしまうのでしょう。

さっぱりですわ。
この頭では先の展開が読めないのでとにかく早く続きを読みたいです。
落ち着きませんわ。
もう何ヶ月も。


ところでオセロの眼鏡はどうなってるんでしょう・・・不思議。
2019年01月19日 (土) | 編集 |
あららら・・・
坊ちゃん復活したと思ったら・・・
なんてこったい(><)
今回かなりページ数少ないですよね。

先月号の感想はこちら



月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2019年 02月号 [雑誌]

TwitterのTL上に不穏な空気が漂っていたので今月号で一体何があった
のかと思いきや・・・

まさかの展開。
全くの予想外でした。

扉絵は在りし日のソーマとアグニ。
ソーマの幸せそうな顔が​辛​い。 ( p_q) 

なんであんな身分のソーマが貧民街を歩いてたんでしょうね。
馬車を呼んで港へ行けばよかったのに(><)
迷子になってしまってたんでしょうか・・・

故郷へ帰るつもりだったんでしょうが、今回の件でソーマ完全闇堕
ですよね・・・

坊ちゃんに双子の兄がいて、アグニを襲ったのは本物のシエルたちだと
いう情報はソーマには渡ってないですよね。
何しろ、坊ちゃん自身がシエルを目の前にした直後に逮捕でしたし。

さすがにセバスも隙間を縫ってサリヴァンの所へ行って状況を伝えたとは
思えませんしね。

ということは今もソーマは坊ちゃんを恨んでいるってことですよね。

この後、ソーマはどうするつもりなのでしょうか?
坊ちゃんが自分たちを貶めた者たちへの復讐を誓ったのと同様にソーマも
坊ちゃんに対して復讐を誓うのでしょうか。

状況的には坊ちゃんほど苛酷ではなくとも同じように痛みを負ったしまい
ましたし。
でも出来ることならソーマにはダークな世界とは無縁でいて欲しいです。

アグニもそれを望んでいるはず。
もうそういうわけにはいかなさそうですが・・・

アグニを刺した者は一体誰なんでしょう。
シエルの従者であることは確かですが、葬儀屋さんでもタナカさんでも
ないし、ブラバットもアグニを倒せるほど強いとは到底思えず。

人外である可能性も否定できませんし、ホント謎です。

もうこれ以上、坊ちゃんを追い詰めないで欲しいしソーマにも辛い思いを
して欲しくないのですが・・・ (。>д<)。・゜

アグニは最初からあのような形で最期を迎えることになっていたようですが
ではアグニの死はソーマをどう変えることになっているのでしょう。

鬼神となってしまうのはあまりにもいです・・・
それはアグニの望みではないですよね。
大切な大切なソーマにはいつも笑っていて欲しいはず。
太陽のような存在でいて欲しいはず。

アグニの思いを坊ちゃんが思い出させてくれると良いのですが・・・
この状況でそれを願うのは酷でしょうかね。

今はソーマは坊ちゃんを憎んでいるでしょうが、もう周りは坊ちゃんに
双子の兄がいることを知ってるわけですから、今度ソーマと再会した時
には本当のことを伝えられるはず。

せめて真犯人を知って恨みはそちらに向けて欲しいです(><)

それにしてもなんでシエルはこんなことをしたんでしょうね。
どうしてロンドンの屋敷を襲いアグニを惨殺したのか?
そんな必要があったとは思えないのですけど。

自分の存在を知らしめるだけなら、本邸に戻ってやぁ!って挨拶したら
済んだ話ではなかったんでしょうか。
そりゃびっくりはしますけれども。

はぁ・・・やっと坊ちゃんが復活して浮上した気分がズド~~~~~ン
奈落ですわ。
私が闇堕ちしそう・・・ (ノД`)

どうかアグニの守りきったソーマにわれる日が来ますように・・・
今は本人がそれを望んでいないようですが、このままではあまりにも哀し
すぎます  ( p_q) 

​​​​​​​​​​​​​​​​
2018年12月19日 (水) | 編集 |
​​ふぁあああああああ!!!!
やっとだよぉおおおお!!!!
やっと坊ちゃんが復活だよぉおおお!!!!

嗚呼・・・良かった。

先月号の感想は​こちら​。



扉絵は久々の劉&藍猫。

注目は半目開いてる劉と、藍猫のおっぱいですよね!
ツン!って上向いて最高!!!
ところで藍猫はどこに座ってるの??もしや空気椅子ではとか思ったん
ですが、いえいえ、奥の囲いの上に座ってるんですよね。
藍猫の足の角度で距離感が若干んんん?って思ってしまいました(^^;


久々の藍猫。
開いた御御足、太ももの筋肉素晴らしい!!!
で、やっぱり劉は坊ちゃんを刈るんじゃなくて助ける側でしたね。
もちろん、ただではなくて、る目的でw

必ず、後で借りを返せば良いってことでこれなら坊ちゃんも気兼ねなく
(坊ちゃんが気兼ねするとも思えませんがw)劉に協力を要請できます
よね。

劉にとって英国は莫大な利益を生む狩場ってとこでしょうから、出来る
だけ上手くやっていきたいでしょうし、そのために坊ちゃんの存在は利用
できるってとこでしょう。

でも、今の坊ちゃんにはありがたい存在。
お風呂にも入れて食事にもありつけましたしね!

ドイツまでこのままの状態ではどうなることか・・・って感じでしたから。
それにシエルが生きていたとなると、ディーだってどう出るかわかりませ
んし。

チャイナ服に着替えた御一行様が素敵過ぎるw
メイリンはもう少し丈を長くしてもらっても良さげですがカワイイ

フィニなんて何の違和感もありませんし、スネークもいつもの服装より良い
感じv
バルドはイマイチよくわかりませんがw
首が詰まってる服は苦手なのかしらん。

坊ちゃんもサイズがあって良かった!

セバスは・・・似合いすぎwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン
どう見ても​一族から裏切り者が出来たときに暗躍する​アサシン。
色気がダダ漏れてますO(≧∇≦)O

龍はずっと黙ってる坊ちゃんに「全部捨てて逃げ出すのだって一つの選択」
だといいますが・・・

ま、確かに全然縁のない土地で全てリセットして生きていくって手はあり
ますが、坊ちゃんがこれまで生きてきた目的までも捨てるってことですし
それでは悪魔との契約が不履行になりますよね?

セバスがそれを良しとするとも思えず・・・

これまで今後について一切口にしなかった坊ちゃんでしたが・・・
突然、豹変!!! ​

いやいやいやいや・・・これはもうぶち切れですな (ノ-_-)ノ~┻━┻

お腹が空いてたってこともあるでしょうがw
こんな坊ちゃん見たことありません。
もう一度お風呂入ってお着替えしなくては(^^;

坊ちゃん、これまでにないりをシエルにぶつけてます
シエルは坊ちゃんにとっては大切な存在であったわけですが今回は本気
​戦​うようです。

領地と屋敷と“シエル・ファントムハイヴ伯爵”の名を奪還するために。

劉も坊ちゃんが逃げるとは思ってなかったみたいで。

自分が手を組もうと思った伯爵は“この”伯爵だと劉。
下心があるとはいえ坊ちゃんを支持してくれてしい限り。
劉の協力があれば地下組織を使うことも可能ですしね。

坊ちゃんがやっとやる気をみせてくれてホッとしたところですが、セバスは
坊ちゃんのお行儀の悪さを許しませんでしたねw
そりゃそうだ。 ∵ゞ(≧ε≦; )

これで坊ちゃんはシエルと対決することになりますが、これってシエルの
思惑通りじゃないでしょうかね。

シエルは坊ちゃんが憎くてこんなことをしたわけじゃなくて、坊ちゃんが
成そうとすることを成し遂げるためには、大切な肉親であるシエルでさえ
倒す​覚悟​がなくては無理だと思ってのことではないかと。

坊ちゃんの中にある甘さを完全につために。

シエル自身、自分がビザール・ドールであり、いつまでも生者のようには
生きられないことも分かっていて、だからこそ生き残った坊ちゃんをより
くするためにこんな残酷な状況を作り出したのではないかと。

タナカさんもそれを分かっていて、シエルに付いてるのかな・・・とか。
葬儀屋さんの目的はわかりませんし、そのためにソーマとアグニが犠牲に
なったのだとしたらとても辛いのですが。 ( p_q) 

何はともあれ、坊ちゃんが復活したのはばしいこと。

この先の壮大なスケールになるであろう兄弟喧嘩は見ものです。
だけど、最後は泣くことになるんでしょうね・・・

坊ちゃんとシエルの別れがあるはず。
はぁ・・・坊ちゃん復活で嬉しいけど辛い・・・(ノД`)​

 


2018年11月17日 (土) | 編集 |
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​やなセンセのツイートで懐かしい顔が出てくるってことだったので
ワクワクしてたんですが・・・
確かに!!
懐かしい顔出てきましたよ!!! ( 〃▽〃)

うん、うん。
嬉しいじゃありませんか~

先月号の感想は​こちら​。​





今月は特別付録としてやな先生描き下ろしのイラストカード。
しかも香り付。
Black Labelの練り香水Night Gardenのテスターのようですが
もっと独特な香りかと思ったら割と万人受けするような良い香り。

トップがスッキリ系でミドルはやや複雑、ラストは甘くて官能的な香りが
残りそうですね。
良い感じです。

ただ専用パッケージ入りのはお高いので保存用ということにして、缶入り
くらいの日常使いできるお手軽なお値段のもあればいいのになぁ~~と
思いましたです。

では今月の扉絵です。
バルド&フィニと共に物陰から様子を伺うセバスチャン。
右目のも長いです。
今月のセバスチャンもしい。

影から陰へ――――
これからはどうやら潜るってことのようです。

因みには光源の反対側に出来る暗い部分。
いわゆる影法師とかですよね。
で、は物に遮られて見えなかったり隠れてたりする部分。
こちらは物陰とかですね。
光のあるなしとは関係なくて。

護送車から逃げ出した御一行さまでしたが、ロンドンには潜伏出来る場所
はなく。

セバスのがなんかいつもと違う感じがするんですけど。
でもどちらも好きw

ファントム社本社も警視総監ランドルの手が回っているようで・・・

坊ちゃんは目障りな存在を排除しようとしても不思議ではないって言って
ますが、もし坊ちゃんが“女王の番犬”の仕事を辞めても元々これはシエル
が継ぐ仕事だったわけですから、特に何も変わらないと思うんですけど、
この場合はミュージックホールの事件の犯人として捕まえてしまおうって
ことなんでしょうか。

写真屋のピットさんを頼っていったら地下下水道への抜け道を案内して
もらえたからピットさん、いい人だなぁ~~~っと思ったのに、直後、
ランドルがやってきたら即行いちゃってるし┐('~`;)┌ 

ちょっとがっかり。
まぁ相手がヤードではどうしようもないですけどね。

セバスだけならこんな状況にあっても全然問題なく坊ちゃん抱えてディー
のとこへでも行けるでしょうけど使用人'sが一緒ですからね。

人間のように行動しなくてはいけなくて。

まだそれほどヤバい状況ではないってセバスは判断してるってことですかね。
ホントに坊ちゃんが危険な状況になれば使用人'sを置いてでも坊ちゃん優先
するでしょうし。

鉄道は無理だろうから船で移動するためにリージェンツ運河を目指すものの
もう追手がやってきて。
ランドルこういうときだけ張り切りすぎ。

それにしても坊ちゃんからは全く指示が出てませんね。
まだ精神的に立て直しが出来てないってことですかね。

そりゃあまりに色々ありすぎましたしショックが大きいのはわかるのですが
そろそろ坊ちゃんがどう考えているのか、今度どうするつもりなのかを知り
たいものです。

やっぱり坊ちゃんに頑張ってもらいませんとね。
相手がシエルというのはやりにくいとは思うのですが、本当のシエルはもう
死んでしまっているわけで、あのシエルは本物ではないのですから。

ちょ、追手早すぎ・・・
ってところで天井が崩落 (゜ロ゜)

良い具合に追手を防ぐことが出来たわけですが、でもこれ人為的に誰かが
やったとしか思えませんよね???

シエルなの??
葬儀屋なの??
それとも死神??

っと思ったら~~
「やぁ伯爵」

坊ちゃんを伯爵とか“君”呼びする人で、あの・・・
そしてあの武器・・・

きゃ~~~~(*≧∀≦*)

劉と藍猫だよぉおおおおおおおお゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
懐かしい顔だぁO(≧∇≦)O

「賞金首みーっけ」

もう既に裏の世界では情報が回ってるんですね。
果たして劉は坊ちゃんをヤードに売るのか?
ってところですが、劉のことだからお金ってより面白い方に付くんじゃ
ないのかなと。

ヤードに引き渡すつもりなら、妨害するような方法ではなく、ヤードの
手が回ってないところで捕まえれば完全に賞金を手に出来るでしょうし、
あそこまでルートを把握してたならセバスが船を選ぶと予想し運河で待ち
伏せすることもできたところをわざわざ追手と引き離すような手を使って
きてますもんね。

単に藍猫が暴走しただけかもですがw

ここは坊ちゃんに協力してくれるってことですよね。
「影から陰へ」ってのも劉のところで潜伏するってことなんじゃないの
かなと。

劉なら表の社会に知られることなく坊ちゃんを匿い、情報の提供もでき
ますからね。
安全ですし。

でも、そうだとしてもだた面白いからだけで劉が動くとも思えなくて。

坊ちゃんを匿うことで劉にとって何かメリットがあるってことですよね。
葬儀屋がらみの情報でしょうかね。
ビザール・ドールに関係することで何か商売になるようなことがある?

それか単に身の回りの物や船を調達してあげて、恩を売っておくだけかも
ですが。
そうだとしたら潜伏先はディーのところになるんでしょうか?

う~~~ん、シエルが先にディーやクラウスと連絡を取ったら坊ちゃんは
行き場がなくなってしまうと思うのですけども。

後はサリヴァンのところも考えられますが、彼女のところもシエルに押さ
えられてしまいそうですよね。

やっぱり劉のところしかなさそうなんですけど。

次号の予告でも「貴族を棄てアンダーグランドへ」ってことですし。
取りあえず体勢を整えて欲しいところです。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

この先どうなるのかさっぱり予想が付きませんが、坊ちゃんが押された
ままってのは辛いので、何とかこの状況を変えて欲しいです。