薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
月別アーカイブ  [ 2012年03月 ] 

≪ prev |  2012年03月  | next ≫

ペルソナ4 第25話(最終回) ざっくり感想

P4も最終回。

視聴はしていたのですが 感想はほとんど書いてませんでした(^^;

最終回が近づくにつれ 盛り上がってきたな っとは 思ってましたけど
犯人も 登場人物が限られているだけに 潰していけば だいたい絞れてしまいましたし、
足立さん 安易に学生に情報流し過ぎるよな・・・って 思っていたのであらやっぱりって。

これって ゲームでプレイすると きっともっと違うんでしょうね。

アニメで見ているだけでは ペルソナのデザインが面白いなとか 動きがいいなとは
思ったのですが、アルカナとの関係がわかりにくくて タロットカードとの関連も
どうなってるのか さっぱりwww

そこは 気にしなくてもいいところだったのかもですが。。

そもそも なんで 悠は ペルソナ出せるの??とか 気になってしまって。。
ラスボスが でっかいお目目だったのにもビックリwww

あのお目目 唐突に出て来てましたが あれが いろんなことの始まりのようですが 
なんだったんでしょうwww よくわからずwww

でも 最終話だけあって お目目&ペルソナの作画はよかったですし
バトルの見ごたえもありました。

とはいえ、一番は悠のおでこですけどwww

アレだけしっかりとガードされ続けていた悠のおでこが 最終話で あんなにお披露目
されるとは思ってもみませんでした。

もう 萌え萌えでしたよwww

きっと 悠のおでこがもっと お披露目されていたら 私のハマり具合も違ったことでしょうww

そういえば、悠が足立に捕らわれているとき トンデモナイポーズをとってませんでした!?
思わず、息子と3度 巻き戻して確認してしまいました

この緊張時に 一体何って格好をしてるの!!って 
あれは 笑うところでいいんですよね??


あと、ラスト、菜々子ちゃんが 「お兄ちゃんのお嫁さんになる」って言った時 
「え!? もうすでにお母さんじゃなかったの??」って 思ってしまったのは私だけでしょうね。

呆気なく悠が帰ってしまって ふ~~~んって感じだったんですが あのあたりは
パッケージものでどうぞ ってことのようですね。

全体的に 世界観も独特で スタイリッシュなところは面白かったと思いますが
キャラデザが もう少し 私好みだったら よかったかなぁ~~

と まぁ こんなざっくりな感想ですが これにて。。(^^;

 

 

【送料無料】ペルソナ4公式設定画集

【送料無料】ペルソナ4公式設定画集
価格:1,785円(税込、送料別)

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/31 23:25 ] アニメその他 | TB(1) | CM(0)

妖狐×僕SS 第12話(最終話)「二人になった日」 あらすじ感想その2

あらすじ感想その1からの続きです。

思考がまとまらず 何をどうしていいかわからず公園の遊具の中で閉じこもってる
凛々蝶。
正面アングルv おいしいww

恋人になりたいなんて浮ついたことは考えてなかったとしても 感謝の気持ちを伝えたいと
思っていたのに 携帯の電源を切ったままでは SSである双熾の仕事の妨害をすることに
なると気付いて連絡は取れるようにと電源を入れます。

すると 電源を入れた途端に電話がwwww

さすが そーたんwww

まだ心の準備が出来てなくて 何の作戦も立ててないものだから いろいろ考えるも
結局、踏ん反り返って悪態を付いてしまい、錯乱したまま

「君に対して特別な感情なんてないんだからな!!」っと叫んでしまう凛々蝶ww

暗闇の中で慌てふためく凛々蝶が可愛いし お尻アングルもgood

慌てて苦し紛れの言い訳を連ねると
「はい 存じております。そこまで図々しくありません」っと双熾。

身の程は弁えているつもりです。自分の質 立場 ここへ至るまでの経緯
・・・貴女には とても聞かせられないようなこともしてきた人間です

そんな僕が こうして貴女の側に居られるだけで幸せなのです

他でもない“僕”に向けて手紙やメールを下さる 
それにどれ程の意味があるか・・・ これ以上の幸せはありません。

自分に宛てられることにこそ意味があるのだという双熾の言葉は決して軽くはありませんよね。
切なくなります。。 ( p_q)

それを聴いて ますますうろたえる凛々蝶でしたが 直後に 双熾が続けた言葉は

なんて 
貴女を さも聖域のように言いつつ 妄想するのです 
さらなる幸せを望んではいません 想うだけならタダでしょう?

解りましたか 僕はこんな男です

まるで自嘲するような言葉。。 

きゃ~~エロくて素晴らしい(≧∇≦) さすが ゆうきゃん!!本領発揮v
いきなりトーンが変わってドキッとした


それを聴いて 凛々蝶は 「なんだこの変態ヤロー!!」などとは思わず、
     (妄想の意味がよくわかってなかったのかもしれないけど)
本当の双熾の心を見付けます。

凛々蝶ちゃんの 太もも素晴らしい!!!


そうか 御狐神くん 自分のことが嫌いなのか・・・

これまでの双熾を思い起こすと そこには思い当たる節が。。
ふとみせる自嘲するような態度 冷めた目 淋しそうな表情・・・

解る 解るよ

自分のことが嫌いな凛々蝶だからこそ 双熾の心に気付き、理解することができたのでしょう。
だけど 凛々蝶は変わろうと思えた 双熾を好きになることで勇気が持てた 

怖いけれど 凛々蝶は奮い立ちます。

今まで自分を守るためにたくさん他人を傷つけた 
だから 少しでも 君の勇気になるなら 今度は僕が傷ついてもイイ

震えながらも 自分の気持ちを伝えます。

好き・・・
君が 自分のことを好きになれなくても 僕は 好き・・・

凛々蝶の言葉に驚きを隠せない双熾。
その言葉をすぐには受け入れることを躊躇う双熾でしたが・・・

一度手を伸ばしてしまうと もう制御が利きません。
凛々蝶を抱き締め 「愛しています・・・愛してます・・・愛してます・・・」
言葉が溢れ・・・ になってるよ

いや~これは いいわ!!(≧∇≦)

双熾の気持ちが 痛いほど伝わってくる!!

そして この後がいいんだ。。

子供らが 集まってきて 「大人がエロいことしてる」って じっと見てるのに
そんなことは 一切お構いなしに ワールドが展開されていくwww

これは蜻さまに匹敵v 
いやいや 双熾の変態ワールドもかなりの代物ww素晴らしい!!

抱き締めるだけに留まらず、抱きあげてるわけですからねv
しかも いでるしwww
ある意味、蜻さまより、リアル体験重ねてる分 上かもしれないwww

子供が見ていようが 見ていまいが そんなことは双熾にはまるで眼中になく
「夢のようです」と 耳元でき続けます。

エロヴォイス発動!! (*/-\*)

手紙をもらった時 勘違いしてはいけないと自分を律していたのです
でないと箍が外れそうだったから・・・
本当はね?
死ぬほど嬉しかったんです。

こういう状態になったら 凛々蝶に勝ち目はありませんねwww
双熾にとって これまで散々こなしてきたことだから 全権は双熾に握られてるv

きながら 唇を重ねてくる双熾。

よかった よかった 
一端 外れたら 羞恥心ってものがないから双熾は ガンガンいくよv
あ、食べているところを見られるのは恥ずかしいんだったねww

 

そして 3カ月・・・ 夏休みに文化祭、サクッと一瞬で時が流れていきますwww
連ちゃんの進路相談がカットされた(><)

双熾と野ばらさんの逆野球拳も見たかったなぁwww
「恋人になったとはいえ、僕は凛々蝶さまの犬ですよ」と言い続けながらも
完全に主導権を握っている双熾とかねww

二人きりの時はベタ甘ちゃんの双熾に翻弄される凛々蝶が可愛いし。

あの写真部屋を見た後 原作では 床に座って双熾に後ろから抱きしめられてる状態で
コーヒー飲みながら 「クーリングオフしてやる」って凛々蝶が言うんですよww

双熾も 「おやそんな意地悪を仰いますか?」って。

アニメのラスト ソファに寝転んでいるところも いきなり唐突の展開でしたけど、
原作だと双熾のお誕生日に何かプレゼントがしたくて凛々蝶がバイトを始めようと
するんです。

双熾は 理由を知らないから 凛々蝶が 他の男に奉仕するなどと想像しただけで
死にそうになるって嫉妬心から猛反対。
なんで バイト=奉仕なのかってのが 双熾らしくて笑いますけどwww

バトルの結果 双熾の勝利で凛々蝶は結局バイトを阻止されてしまいます。

で、自分の誕生日を祝うために凛々蝶がバイトをしたがったのだと知った双熾が 
凛々蝶に「一つだけ夢があります」って願い出るのが あのシーンなんですよね。

こんな幸せな日々があるんですね・・・って 幸せを噛みしめる双熾。
子供が 家族が欲しいと言った双熾の 幼いころを想い 淋しくて愛しい と想像する
凛々蝶。。

アニメでは唐突な展開ではありましたけど、双熾の幼いころの描き方はよかったです。
切なかった・・・。

そして 幸せの絶頂のような二人・・・。

 

イイ感じで 締めてくれましたね。
ちょっと ラストは少女漫画のノリになってましたけど。。
ま、でも あれくらい甘くてもいいでしょう♪

ところが、これが 衝撃の展開につながっていくんですもんね。。

 

2期 ください!!!

 

2期やらないと この作品が描いていくものが 全く伝わらないまま終わってしまうんですが。

期待してもいいてことですよね??
多少 展開は重くなりますけど ぜひともみたいと思います。


あ~~あ いぬぼくも 終わってしまって。。淋しいなぁ(><)

 

この作品に出てくるキャラみんな好き。

双熾も 連ちゃんも 残夏さんも 蜻さまも

みんな 優しい人だと思う。。
ま、まず、ヴィジュアル的にしいということが 私の好みだわねwww

マスクをとった蜻さまが 一番のみなんですけど~~
蜻さま シャイだからなかなか素顔見せてくれないんだもん。。

アニメになって 声がついたら これまたみなさんイケメンヴォイスで 美味しいったら
ありゃしないwww

ぜひとも 2期 本気でお願いしたいです!!

 

スタッフのみなさま、キャストのみなさまお疲れさまでした!!
2期お待ちしてます♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

妖狐×僕SS 第12話(最終話)「二人になった日」 あらすじ感想その1

先ほど勢いよく最終話を見終えた直後の感想を書きましたので 今度は あらすじに沿って
最終話の感想を。。

昔 凛々蝶と手紙のやり取りをしてきたのは 蜻さまの振りをした双熾。
凛々蝶が望むなら保管してきた手紙を返すという双熾に それは君に宛てたものだから
持っていていいという凛々蝶。

双熾は泣きそうな顔をして微笑んだ。。

連ちゃんが妖館へ帰って来ると 小太郎くんが立っていて・・・。
何やら訳ありそうだったから 一反木綿に変化して屋上へ。。
連ちゃん、全然 回り気にしてません。

凄い冷静だよね。
誰かに見られても 人は 信じられないものに直面した時、勝手に脳内補正するってww
それに写メられても 都市伝説になるだけってwww
結構 私もこんな感じの人だから わかるわ~~

必要以上にワーワーいうことないやんって。。

どうやら小太郎くんは お父さんが先祖返りであることで悩んでいる様子。
来世でお父さんは お母さんと違う人と結婚して 僕以外の子のお父さんになるのかと・・・。

連ちゃんは もっと単純な親子げんかだと思っていたのに 難しいこと考えるお子さんだ。。
って ちょっと対応に苦慮。。

いい加減に答えられないなっと思った連ちゃんは 逆に「そんなのいつから考えてたの?」
って小太郎くんに質問。
連ちゃんはいい加減に見えて実は取っても堅実派だし、常識人。。

っと ここで 「来世のお父さんにお手紙を書けばいいのさ~♪」って 残夏さんが登場www

「ママ以外の人と結婚しないで~とかパパの子供は僕だけだよ~」って書いたらいいという
残夏さんに 眉をしかめる連ちゃん。
でも 残夏さんには ちゃんと考えがあってのこと。。こちらも チャラいようでいて いろんな
わかってしまうから ついあれこれ世話を焼いてしまう優しい人なんですよね。
それに とても大人。。

卍里くんもちゃんと誘ってあげてるwww
そんな子供っぽいこと不良のオレがするわけない!!なんて言ってたのに かるたちゃんが
来世の自分宛てに書いてくれると聞いた途端に嬉しさがこみ上げてるwww
来世の卍里くんと仲好じゃなくて読んでもらえなかったらどうしようって心配するかるたちゃんに
「仲好に決まってるだろ!!」って叫んで 即行レターセットを買いにいく卍里くんが
お約束のように可愛いww

誉さんも 未来の自分宛てに手紙を書いてきたようでwww 「可憐だ」って 呟く連ちゃんwww
あれは 可憐ってことでいいの!?乙女だとは思うけどwww

連ちゃんは凛々蝶も誘ってくれました。
残夏さんは いろんなことお見通しだから 卍里くんのことも含め一気に取りこんじゃうつもり
ですねv

連ちゃんはそこまで考えて動いてないだろうけど。。

悪態を付きながらも参加表明する凛々蝶に 「お前も変わったな」って連ちゃん。
他人と関わっていく方向で努力しようとしている凛々蝶をさりげなく応援してくれるのでした。

凛々蝶は 前回メロンを落としてしまったので 代わりに菓子折をもって双熾のところへ。
タイムカプセルの話をすると 凛々蝶が参加するのならっと双熾も手紙を書くことに
したようです。

言葉ではまだ悪態をついてしまうものの、嬉しいと感じたときには素直に微笑むことが
できるようになってきた凛々蝶。。

「君はもっと他人と関わった方がいい」
残夏さんに 言われた言葉を思い出します。。

妖館には 一人になるために来たのに いつの間にか人と関わっていこうと思えるように
ようになっていることに気付きます。
みんなに出会って、双熾に出会って変わりたいと思えるようになった・・・。

手紙をもって庭に出ると、連ちゃんは何時の間にやらタンクトップ姿にwww
野ばらさんに埋められちゃったから いだのかなwwww

やっぱ 鎖骨に目が行くよね
アレくらいの二の腕が好きだなぁ~~あんまりマッチョなのは好みじゃないんだな。。

小太郎くんも 来世のお父さん宛てに手紙を書こうとしているようですが でも
なかなか書けないようで・・・。

そこにお父さんがやってきて、事情を聴くと「来世のオレは本当にオレか?」って。
「見ず知らずのおっさんに手紙は書けねえよ、そりゃ・・・」 

人はいろんな物や人 感情との出会いでできている 

「あいつやお前と出会ってないオレは俺とは呼べない」という 丈太郎さんwww
言ってることは カッコいいんだけど やってることが残念だww

「僕のお父さんは お父さんだけだね」
小太郎くんの悩みは 見事解決したようですv

見守る連ちゃんや残夏さんがいいなぁ~♪

満足気に笑ってる残夏さんをみて 連ちゃんは残夏さんがこうなることを見越して
タイムカプセルを発案したのだと気付きます。
「おまえって優しいのか!」

あまりにストレートに言われちゃって さすがの残夏さんも照れてるww
照れ隠しに凛々蝶に「さぁ~てど~かな~~」なんて 振ってみたり。。

さて タイムカプセルに入れる手紙も集まったし これでいいかってとこで
凛々蝶が 菓子折に付けるつもりだった手紙と タイムカプセルに入れる手紙を
間違えてしまったことに気付きます。。


きゃぁーーーーーーーーーー!!!!

 

「もう一人になって逃げることはやめるんだ。
もっとちゃんとした自分になって御狐神くんの側に居たいんだ」

手紙に書いたことを思い出し 激しく動揺し取り凛々蝶。
「読むな!!」って 慌てて双熾に電話を掛けますが・・・

「読みました」 時すでに遅し・・・

この時のトーンがいつもと同じ装った感じで来ると思ったのに ゆうきゃん意外に低くて
ドキリとしましたねwww

いつも凛々蝶に対し 一歩引いて側に控えてるって感じだったのに だったよ(≧∇≦)v

激しく凹む凛々蝶でしたが、連ちゃんは「両想いじゃん 何を今さら」 
残夏さんは「そーたんは あくまで“敬愛”かもよ~」 
野ばらさんは「あの男 そういう倫理観欠けていそう」
卍里くんは 「やーい ロリコン」

って みんなそれぞれ適当な発言www

でもさ、凛々蝶高校生なんだし、ロリコンはないんじゃないの??
ま、でも 凛々蝶はヴィジュアル的にOKなのかもww


取りあえず 凛々蝶は心の整理がつかずに出ることにwww

日常生活すらままならない悪態ぶりなのに そこから一番遠いと思われる告白を
したようなもの。。

っとまた 長くなって字数制限に引っ掛かったので分割。。続きはこちら

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

妖狐×僕SS 第12話(最終話)「二人になった日」  まずは ざっくり感想

ちょっとww アニメスタッフぅ~~どんだけ ドSなのwwww(p≧∀≦q)〃
ここで 終わったら 完全な甘甘恋愛モノじゃないですかww

私が 原作を途中でリタイヤしてしまったあたりですよね。
面白いんだけど 妖怪の恋愛ものか~くらいで・・・。

でも この作品はうんだ。。

アニメのここまでの話は原作の第1章プロローグすら終わってないというww

しかも 双熾が「子供が、家族が欲しい」と言うところで 凛々蝶に「大事なことだから
適当には答えたくない」と返答され

たくさんの日々を経て ふたりで考えよう

って甘甘のシーンの後では 原作ではページをめくると
見開き全部ベタ塗りに 白抜きの大文字

 

そのときは そう思っていた 

次の春が もうそこまで来ていると知らずに

 

って不吉な予感しかしない言葉が ドーンってくるんですよ(><)

こんなところで終わるなんて 作品の紹介にすらなってないと言うか こっからが
急展開なんで ぜひとも2期お願いしたいところですよね。

ガンガンJORKERからは 「黄昏乙女アムネジア」がアニメ化されますが こちらは
それほどストーリーに起伏はないので どこまでアニメ化されても上手いことまとまる
と思いますけど いぬぼくの方は ある程度のストーリーまでは追っかけて欲しいなあと
思います。

スクエニの作品では パンドラハーツなんかもアニメ化以降、原作に一気に動きが出て、
今 本誌の方ではエライこと(とんでもないこと)になってますからね。

黒執事なんて・・・ 散々書いてきてるから自重。。

 

で、いぬぼくですが、アニメの方はかなり進行がゆっくりで ほぼ3巻3分の2くらいまでの
消化だったでしょうか。
12話でここまでとはwwwちょっと ゆっくり過ぎだったかも。。
とはいえ、中途半端なところで終われないですもんね。
最初から2クール枠があったらよかったのにな。。


でも、そのおかげで、ストーリー構成が前後入れ替わったり、多少カットがあったり、
オリジナルに構成し直してあったりするところもありましたが、概ね原作通りで
丁寧な作りでよかったと思います。

何よりキャラが原作通りだったことがよかったかなっと。

アニメ化されるとキャラが別人格になっていたり 崩壊してしまってたりすることが よく
ありますからね~

好きなキャラほど 別人になってるとかなしい。。

でも この作品に関しては 声が付くことで世界がより広がった感じがしました。
特に 残夏さんはEDがすごく良くて(マモ上手いし!!)原作だけでは拾いきれなかった
彼の魅力を再認識&堪能させていただきましたですv

それに デフォルメ絵も可愛かったですし、使い方も上手かったと思います。
これって 入れどころや長さを間違えると 逆効果になりかねませんからね~

双熾のブラックなところも ゆうきゃんの演じ分けでゾクゾク(*/-\*)させていただきましたし、
連ちゃんのフツー過ぎるほどフツーぶりにも たまに細谷くんの いい声を発見したりして
こちらも大いに楽しませていただきました。

あと 嬉しかったのは やはり見せ方が上手かったってことでしょうか。
原作のコマの隙間を丁寧に繋いでくれているなってことと、アングルや、ポーズ、何を
こちら側が欲しているかをちゃんとわかってくれていて それに応えてくれているって
ところです。

笑いを誘うところでは しっかりとぼけて、甘くみせるところでは これでどうだとばかりに
正々堂々とwww

ちょっとした顔の角度や身体のラインで ドキッとしたりキュンとしたりの度合いが変わって
来ますからね。

凛々蝶ちゃんの太もものラインや 連ちゃんの鎖骨とか、指の見せ方もぜひとも抑えて欲しい
ところですよね。

そういうところに拘ってもらえると すごく見ていて満足できるというか +αを感じ嬉しいです♪

ま ちょっと残念だったのは 二人が付き合うようになってから ソファに寝転んで家族計画の
話をするに至るまで もっといろいろ距離が縮まったり現状維持だったり 甘かったりの
お話があるところが ほとんどカットされていたところでしょうか。。

かなりすっ飛ばされて、最後の「子供が欲しい」のシーンに繋げてきたので 若干唐突というか
双熾が 勇んでる(いや、実際かなり彼は やるときゃヤリますがwww)風に思えなくもない??

付き合い始めたとは言っても 相変わらずな面と 双熾のブラック炸裂なところが
アニメでも見たかったところです。。

あの凛々蝶が「喋るな」と言われて口に指をあて 首をかしげるところで 
アニメではまだ付き合ってませんでしたので 写メになってましたが、原作では
付き合い始めた後でのことだったので

凛々蝶から おねだりしてもらえたって 双熾が喜んでキスしようとするとことか
見たかったですわ~~~

そういうところがいっぱいカットされたところにあったので残念でしたね。
それでも ラストの甘甘は十分満足できましたがv

っと まぁ いきなり言いたいことから書き始めたので また長くなりそうな気配www


あらすじにそった鬱陶しい通常感想は その1 その2 からどうぞ。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「妖狐×僕SS」の特別読切とオフィシャルガイド

予約したつもりがすっかり忘れていた「妖狐×僕SS」のオフィシャルガイドが
本日届きました。

 

楽天ブックスでは 残り数冊のようですので ご注文はお早めにv
まだ チラ見しただけなので 後ほどじっくり読んでから感想を書こうと思います。

楽天ブックスでは 1~5巻までのセットが売り切れになってましたが1~6巻までの
セット購入はできるようになったようです。

【送料無料】妖狐×僕SS 1-6巻セット

アニメは見てたけど 原作は読んでないと言う方は ぜひぜひ原作を読まれることを
おススメいたします。
アニメは甘甘ですが 原作は・・・

その後に トンデモナイ展開が待っているのです!!

もうビックリ

ぜひとも 一気に読んでいただきたいと思います。

くれぐれも3巻まで読んで止めてしまうとか(それ 私) 4巻までしか購入してなかったとか
は 
後でこっぴどく後悔することとなりますので なさいませんように。。

私は 3巻まで読んで 妖怪の甘甘のお話だと勝手に思いこんでいたのですが、その先を
読まれた方の感想から 絶対に5巻までは一気に読まなくては意味がないと教えていただき
もう一度 読みなおしたところ・・・ 

そりゃ ビックリでしたからね~~~

それから 4巻までの購入だと ラストに衝撃が走りますので 絶対に続きを読まなくては
生きていられなくなります。

呼吸が止まるといいましょうかwww

ですので せめて 5巻まではお手元に用意してから一気に読まれることをおススメいたします。

 

それから 息子が オフィシャルガイドが届いたのを見て、

「そういえば “いぬぼく”って前にGファンタジーで特別読切が載ってたよなぁ~
読んだ覚えがあるわ・・・」って ぼそり。。

へ!?

いつ!?

「2年くらい前かもしれへん」って ことで 大急ぎで調べたところ
2010年5月号に特別読切が掲載されていたとのこと。。

ここあ先生のブログにも・・・。

慌てて2階のGF保管場所を がさごそと探してみたのですが・・・

 

残念ながら・・・ さすがに2010年5月号は残してませんでした。。(><)
11月号からは残していたのですが・・・。

まさか 息子が読んで覚えていたとは・・・。
その頃は まだ 全然「いぬぼく」知らなかったんですけどね。

「短かくてただの紹介みたいな話だったけど反塚とか いたで~~」なんてざっくり感想。。

あ~あ、私も読みたかったな。。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

ちはやふる 第25話(最終話)「もれいづるつきのかげのさやけさ」感想

「ちはやふる」も最終話です(><)
でも 絶対に 2期があると思ってるv

原作の方も 眼が離せませんが、こちらも イイ出来だったと思います!!
とくに アニメでは 千早ってよりも、太一の成長に目を見張るものがあって (/∀\*)
やっぱり マモの力が大きかったのかなぁ~(〃∇〃v)

ではでは・・・

名人にとって 一字決まりは28枚。
一般的な一字決まりは7枚だから 21枚は他の人よりも確実に早く取れるってことですよね。
しかも きっと大山札とかも 二字決まりくらいの感覚だとしたら ほとんどの札は
誰よりも早く取れるってことですもんね。

感じの良さパネェ

同じ音でも後に続く音で違う音に聴こえる。
しかも 読手がキョコタン。
全てのを注いで札を取る周防名人wwww

誰も愛の力には勝てんわさwww

人の耳がそんなに判別できないというかなちゃんたちでしたが、千早には・・・。

ぜひとも千早には いずれ感じの良さ勝負をキョコタンの読手で 名人と対戦して
欲しいものです。
もしくは かなちゃん読手でもいいかも~~~♪
まだまだ 先の話になりそうですけども。。

太一は名人のかるたを次元が違い過ぎると感じます。
新は 名人戦をイメージしながら観戦しています。
イメージはできるものの、強い相手と練習しなければ 身体は動かないと対戦相手が
いないことを嘆き。。

圧倒的な強さを見せつけ4連覇を達成する周防名人。
翠北会の北野先生は クイーンも名人も指導を仰ぐ師がいないことをもったいないと思います。

師を持たない人間は 誰の師にもなれのだ


太一の部屋で名人戦をみていた千早達は あまりに異次元のかるたに激しく落ち込みます

クイーンのかるた、名人のかるた、今の自分では 全然相手にならないと自分にダメ出し
する千早。

そんな千早に 机くんは声を掛けます。
「20枚、綾瀬にも20枚あるみたい 一字決まりが!」

一方、部屋にひとり残った太一は 圧倒的な強さを誇る名人の試合を見て
モチベーションを保つことの難しさを感じています。。
ここで 新に電話をするところがいいですよねv

ライバルであり、気になる存在でもありwwwってね♪

ところが 新の元には村尾さんがやってきて・・・ 
「名人を一人にしているのはおれらや」って 思った村尾さんの再起です!!
新は 村尾さんが自らかるたに戻ってきてくれたこと、自分の練習相手をしてくれることを
喜びます。

頬を赤らめて・・・ (/ω\*)

太一!!! やっぱり遠くの親類より近くの他人だよ!!
やばいよwwww


学校で千早は 机くんから一字決まりのことについて教えてもらいます。
机くんのデータによると読手や千早のコンディションにもよるけど 頭の一字でとっている
札が20枚くらいある。。
感じがイイと言われる人は 音の一歩先がわかる札が少なからずあるようで
何も周防名人だけのことではないようです。

そんな耳を羨ましいという机くん。。

千早は 膨大なデータを取り、自分のためにも活かしてくれる机くんに感謝の想いが
溢れてきますが 今は何もできることがなくて 思わず持っていた飴を渡しますww
千早なりの 精一杯の気持ちなんだろうけどwww

机くんも いいよ。。って断るのですが 手の平に乗っかった飴に 千早からの気持ちが
詰まっているようで 思わず見つめてしまう机くん♪

いいですね~~この二人の関係。。
こういう何気ないやり取りの中での二人の気持ちを表すコマの使い方といいセリフといい
原作でも描写が上手いなぁっと思いましたv

クイーンや名人を遠くに感じ、落ち込んでいた千早でしたが 机くんが千早にも
「聞こえている」ことを気付いて教えてくれたことで浮上。。
「信じろよ」と力強く言ってくれたことが嬉しくて また頑張ろうという気持ちになります。

大事なのは枚数ではない・・・机くんが気付いてくれたことですね。

いつかもっとマシなものを返したいなと思う千早でした。

机くんにもらった1字決まりのメモをみて ブツブツ言ってる千早。。
それは 他の人からみたら呪文を呟いてるようで不気味に見えたようですwwww

かなちゃんは そっと千早の隣に並びます。

想いがあれば 欠片だけでも詩みたい・・・。
千早が呪文のように呟く言葉を聴いて かなちゃんは思います。。

そして 自分の夢を千早に語ります。
専任読手になって いつか千早ちゃんのクイーン戦で読みたい

が、直後 かなちゃんは その夢がかなりの難関であることを知らされます。

「読手はA級選手じゃないとなれないんだよ」
千早は かなちゃんがA級をめざしていることを大喜びしますが、かなちゃんは
自分の夢は一生叶わないと大ショック。

あんなに努力してる部長だって なかなかA級になれないのに。。

そんな太一は これまで恥ずかしがって素振りなんてしてこなかったのに 
新と話をしたことで何か掴んだようですv

ひたむきに素振りをする太一がいいですね!!汗が飛び散ってる(*/-\*)
BGMも盛り上げてくれます
他の部員たちも 太一が変わったことに気付きます。


「見えてくるで。名人のこといろいろ。」
きゃ~~細谷くんもやっぱええ声やなぁ~~(≧∇≦)
新の出番が少なかったのがホント残念。もっとたくさん聞きたかったよ!!


「同じくらいの“感じ”を手に入れるのは難しくても 相手より早く取る方法はいくらでもある」
自分の言いたいことだけ言って 「兄弟子と練習するで またな。」って電話を切っちゃう新ww

一応、「また電話くれな~」って 言ってますが 新らしいわwww

例え、名人が相手でも モチベーションを下げることなく挑戦していこうとする新に
新の世界には“天才”はいないんだなっと 思う太一だったのでした。
そして、太一なりに 「相手より早く取る方法」を考えます。

って 須藤的S発言で千早の集中力を減らすことを試してるしwwww
腹黒太一がいいかもしれない(p≧∀≦q)〃
いや むしろ
 好きだ!!!

夢に向かって それぞれが 努力している姿をみて かなちゃんは札を取り立ちあがります。
1枚1枚を集中して読むかなちゃん。なかなか思うようには読めません。。
でも 

いま どんなに苦労していても 部長は絶対いつかA級になる
憧れを消すことなんかない

かなちゃんも自分の夢に向かって 一歩踏み出すのでしたv

 

その頃、女帝もっていました。
かるた部は部員が少ない割に広い部室を使っているってことで 吹奏楽部に部室を
取られそうに。。

かるた部なんて空き教室でもできるという教師たちに 
「かるたにおいて騒音を排除することは非常に大切なことです」と力説。

創部一年目にして全国大会出場、公式戦でも優勝・入賞を果たしているという実績から
「来年度は新入部員も殺到するでしょう」 と 宣言!!

が、新入部員が5人入らないと部室を明け渡すことになってしまい・・・。

あの濃いマニアックな部に5人も新入部員が入るのかと 不安になる女帝。。
いつの間にか かるた部に入れ込んでくれてますv

こっそり部室に女帝からのメモが・・・。

「来年度 新入部員を5名も入れるのって無理じゃね!?」って慌てる部員達。。
が、かなちゃんは部費が3万になったことを喜んでますwww

そして 新年度、千早も2年生。
早速 スカートにジャージで新入部員募集のチラシを貼ってますwwww
これで 締めてきましたかwww

女帝の 「そこんとこもう1枚貼っておきなさい」って オリジナルがイイですね♪

 

切りのいいところで見事にまとめてくれましたね~!!
素晴らしかったです!!
原作のよいところをそのままに アニメならではの演出をプラスして 毎回とっても
楽しく見ることができましたv

エンドカードは 新入部員の二人ですねwwww

これは 2期を期待しててくださいねvってことですね♪
原作ストックもありますし そう遠からぬうちに また必ずやってくれるはず。。

いや~~ホント よかったですよ。
ちょこっと 名人とか新の場面がカットされてはいましたが 原作の良さを十分に
表現していただけたと思います。

私がアニメ化に求めるものって やっぱりこれかな~~って 思いましたv

オリジナルの展開を求めるのではなく、原作を活かして それにアニメならではの
演出を足して、より見ごたえのある作品に仕上げること!

まさに それを成功させてくれた作品だったと思います。

終わっちゃったのは淋しいですが、2期を待ってます。

スタッフ&キャストのみなさま お疲れさまでした。
楽しませていただきありがとうございました!感謝、感謝です♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/29 00:13 ] ちはやふる | TB(18) | CM(0)

Another 第12話(最終話)「Stand by oneself -死者-」感想

さぁ Another もついにラスト!

うわ・・・容赦ない死にっぷりですね(><)確かに尋常じゃない。。

あの管理人さんがおかしくなっていたのは 現象の影響だったとは!!!
ったように あっちこっちとずっぷりやってはりましたが
まさか 高林くんの祖父母だったとは。。

そんな関係者がいるところに行っちゃいけなかったのか。

それとも やっぱり必然だったのか。。
最後まで ホラーばりの展開で ハラハラしました。。

管理人のおばちゃんだけでなく、風見くんまで 精神崩壊してしまって・・・
彼は桜木さんが好きだったんですね。
赤沢さんも やけっぱちになってるし・・・

それにしても 建物が爆発したり、炎上しまくっているというのに 恒一は妙に冷静です。
の熱さも感じてない様子だし。。大丈夫なんか??
赤沢さんにも 突き飛ばされてみたり・・・ 蹴られてみたり・・・

男女差があるから 当然 恒一が赤沢さんを抑え込んで組み伏すと思ったのに 
軟だわ・・・(^^;
動きは素早いんだけどね。。

赤沢さんは 守ろうとしてあげてるのに 鳴を庇ってばかりの恒一に「可愛さ余って
憎さ百倍」状態となり、二人とも一緒に殺してやると・・・

が ポーズを決めたところで落雷があり、ガラスの破片でお亡くなりに。。

この子 スタッフに愛されてますよね。。
みんな 無残な死に方してる(アクロバティックな子もいたし)のに、この子だけ、なんか
綺麗なんですけど。
しかも 死に際に恒一と出会っていたことを思い出しているし。
でも 結局あの出会いは あってもなくてもどうでもいいエピだった気もする。

一方、鳴の方は ずっとテンション低めで いつの間にかいなくなってるwwww
どこへ行っちゃってるのよ。。

そして 鳴が 死者だという人間は・・・ 三神先生!!
やっぱり あんたか!!

多分そういうことだと思ったけど。。

だけど 三神先生 顔面潰されたんじゃなかったのかなぁ??
怪我が全く無さそうですけど・・・。
いつの間にかひとりで 裏庭にいたのも不自然ですが その辺はどうでもいいのかな。

鳴は 机が足りなかったのは教室ではなくて 職員室だったと言いますが
そこまでわかっていたんだったら千曳さんに相談するとか もっと手があったんでは
ないでしょうかね。。

死者がわかっていたのに 放置してて そのために犠牲者が増えちゃったわけですからね。
さすがに 鳴もここまでの被害が出るとは思っていなかったってことでしょうか。
う~~ん でも 協力的じゃないよな・・・

で、 怜子さんを殺るのに なんで 鳴は ツルハシを持っていたんですか!?
別に 木の下敷きになってる状況だから 何も ずっぷりやらんでも気絶させた後で
ハンカチで口塞ぐとか もっと穏便に進める手だってあるでしょ~~~

なぜに わざわざ 血を撒き散らす方向に!?(><)

恒一も 落ち付いて!!!鳴がツルハシを持っていたからって それで殺る必要ないんだから!

お母さんに似てる怜子さんなんだよ??
例え 死者だとしても 死に返す方法をもっとよく考えようよ。。

「鳴の言葉を信じていいのか?本当にこれでいいのか」とかは考えてたようですけど。。

鳴は 1年半前、三神先生である怜子さんが通り魔に殺されるところを見ていたようです。。
これがOPに繋がっていたんですね、シャンデリアも落ちたし・・・。

二人の娘を亡くし、おじいさんらが嘆いていたのを九官鳥が傍にいて覚えたようで
九官鳥の「どーして」って言葉が 最初のキーワードだったってことのようです。

三神先生と恒一の目配せや 三神先生の体調について望月くんが恒一に訊いたのも
クボタ先生が「三神先生も難しい立場ですが」とか言っていたのも 全部伏線だったようで。

やっぱり気になったというか、違和感ありましたもんね。

でも、声優さんが違ったから 確証は持てなくて。。
ただ アニメでは同じ人が声を当てれば1話でわかってしまうから これは仕方なかったと
いうところでしょうか。とはいえ、別人というわけではなかったようで(^^;
同じ方だったとはwwww

赤沢さんの握手の記憶が何かヒントになって来るかと思ってましたが これはあんまり
関係なかったようです。
一年前に会っていたのは 怜子さんのお葬式で夜見山に恒一が来ていたってことに
繋がるようですけど 別になくても問題なかったですし。。

それにしても 人形があちこちで出て来てましたが、これも 話には関係なかったんですね。
鳴のお母さんの霧果さんも 結局 何でもなかったようですし、店番をしていた怪しげな
おばあさんも ただのおばあさんだったってことのようです。なんだ。。

鳴の目がどうして死者の色が見えるのか 霧果さんとか店とか人形が 関係してると
思ったんですけども。。


最後は 怜子さんが死者だとわかり、もっと怜子さんが激しく抵抗するか、もしくは
恒一が諭した後で納得して 怜子さんの方から「殺して」とか言うかなと思いましたが
そういう展開にはならず あっさりでしたね。。

実は 死者を死に返す必要はなく、「死者に 自分が死者なんだと理解させたら それで終了」
だったってことが 後で分かって 怜子さんを手にかけてしまったことを恒一が後悔する
って展開も考えたのですが これも空振りでした(^^;

 

あれだけ大騒ぎをしてきたのに ラストは 意外に呆気なく これでいいのかって感じww

みんなは怜子さんのことを覚えてなくて 望月くんですら もう姿をみることは
できないようです。

今年はこれで 災厄が止まったけど また来年以降も続くわけですよね?
望月くんと勅使河原くんが 「止める方法」を残したようですけど これって実は
かなりヤバくないですかね??

「死者」が誰だかわからないんですよ。。
疑心暗鬼になって 初めから バトルロワイヤルになりかねない(><)

鳴の目が役に立つのであれば 「卒業生の 見崎鳴さんに死者をみつけてもらいなさい」
って残しておいた方がいいんじゃないですかね?

毎年こんな惨事が起きるなんて とんでもないことですからね。


早く信頼のおける霊能力者にお祓いをしてもらうべきだと思います。。

もしかして、この霊能力者が 霧果さんとか あの店番のおばあちゃんとか!?
いやいや もういいってwwww

 

ああ 久しぶりに ホラー&ミステリー作品で楽しませていただきました
謎解きは 何となく途中で解りましたし 腑に落ちない点もあるのですが それでも 
最後まで 面白かったですし大満足です♪
作画もくよかったし、演出も見事でした。

OPもアリカさまで 雰囲気最高www
あのOPがあったからこそ この作品に惹かれたと言っても過言ではないくらい。
OPの掴みはよかったですね!
お亡くなりになったら人が入れ替わっていくのも 凝ってましたし。

娘が原作を読み始めたので 私もまた時間があれば読んでみたいなと思います。

スタッフ&キャストの皆さま お疲れさまでした。

【送料無料】Another

【送料無料】Another
価格:1,995円(税込、送料別)


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ 17号一言感想

週末は 法事のため実家に帰省しておりましたので Wジャンプの感想がすっかり
遅れてしまいました(^^;

ま、私の感想なんて ホント毎回一言だけですしね。。
でも 一応、毎週書いてますので 今週もこっそりと。

表紙&巻頭カラーは 劇場版が公開されるナルト。

それでは 掲載順にいきます♪

NARUTO
カブトも仙人モードなんですね。ご本人は龍だと言ってますが なんか笑えるwww
イタチと一緒にいるとサスケがとっても幼く感じるのですが、彼は精神的な成長を
してるんでしょうか。。(^^;それにしてもイタチの顔にヒビがあるのが心配。

トリコ
繊細過ぎて食べられない料理なんて ストレスだけが溜まりそうwww

ONE PIECE
早くロビンちゃんに暖かい服を着せてあげて!!!

BLEACH
メチャクチャ凶暴なおっさんだなぁ・・・

ハイキュー
いや~~~こんなアタッカーいたら嬉しいわwwww
どんなトスでも打ってくれるなんて あたしゃ拝みたい。。カッコいいな
絶対影山くん 日向に惚れたと思うわv そっか こんな楽しみもいただけるのかv
ますます 面白くなってきたわ!!
が、あそこからはバックトスだろ 普通ww あんな体勢から身体捻らないよ。。
いや そのトリッキーさが また味わいなのかもしれないwww

ロック・リーの青春フルパワー忍伝
イルカ先生 ビック・リーに笑ったわww

パジャマな彼女
パジャマは見えないけど 他の服を着ると服だけが浮いてるように見えるんだ。。ふ~ん。

銀魂
何だろう 白夜叉の頃の銀さんが 見れて嬉しいのに 高杉や桂も一緒にいて
凄くゾクゾクするのに なのに 見たくない・・・まだ 取っておいてぇ!!!って
叫びたくなる。
銀さんの目がかすんで 師を守れなかったあの時と同じだって・・・ こりゃまじヤバいよ!
って時に・・・ やっぱり キターーーーーーーー!!!
お廻りさん 最高wwwww  持ってけwww

ラストページの空知先生のコメントが心配なんですが

バクマン。
亜豆がセリフを間違えたと思ったら台本の方が誤植だったとは。。
でも やっぱりアニメ化される時、原作とはセリフは違うものだから 台本に合わせるべきだと
思うんですけどね。。でも 亜豆の本気が勝ったってことですねv
ダントツってのが気持ちいい♪

REBORN!
揺るがぬ信念か~ なんだかみんな佳境に入ってる感じ。。

magico
連載1周年おめでとうございます!カラー絵の色使いがなかなか面白い。
レイヴンっていうから黒髪を想像してしまったwww でもイケメンだし楽しみ♪

SKET DANCE
またまた美内先生や楳図先生みたいな絵柄がwwww
キスミーベイビーのタカシくん かっこええやん!!

べるぜバブ
おとめ座率高いなぁ~古市早く腹治さないと楽しめないよww

ニセコイ
ややこしい誤解を招いておりますvお約束ってやつか~

めだかボックス
アニメ化を前に めだかちゃんが ごめんなさいしちゃいましたね。。
最終決着ってことですけど、まとめに入ってるの??

クロガネ
そう言えば 卒業式で将来の夢で「剣士」になりたいって言ってる子がいたなぁ・・・。
剣道をやったこともないらしいけど。。文集には「卓球選手」って書いてあった・・・。

こち亀
結局 両さんの夢は何だったの!?気になるわwww

いぬまるだしっ
なんかよくわかんないけど 上手くまとまってた気がするwww

黒子のバスケ
紫原くんあんなにデカイから 下を抜くとか普通にできそうなんだけどねぇ。。

パッキー
ぬらりひょんの孫
高千穂とは。。もう少し それぞれのキャラの掘り下げがあると魅力が出ると思うのですが。

ST&RS
なかなか面白いと思うんだけど 姿を似せて作っているってとことか もうちょっと
生命体としての地球人との違いとかを説明してくれると興味がひけるかなっと。。
いろんなことが唐突過ぎてしまう気がして もったいないかな。。

 

ということで今週はこれにて。

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2012/03/26 23:37 ] 少年ジャンプ | TB(7) | CM(0)

BRAVE10 第12話(最終話)「光の勇士」感想

いよいよ最終話。

伊佐那海からイザナミノミコトの力が解放され 一気に広がる
太陽すら隠してしまい。。天の岩戸のようになってしまいましたwww

「闇に全てが飲まれる前に 手を打たねば・・・」
異常に気付いた六郎は 何とかして伊佐那海の元へ行こうとしますが 
傷が癒えない状態では動くこともままならず・・・

幸村さまは 六郎の身体をえてやります。
「主の手を煩わすなど小姓の名折れ・・・」と六郎は自分の不甲斐なさを嘆きますが
六郎の強い想いを理解した幸村さまは 六郎のを引寄せると… きゃ(/∀\*)

「急ごう」

おぅ!!!幸村さまが支えてくれる強調してくれましたねv ここ重要ですからv
幸村さまにとって 六郎は家来ではありますが、それだけにとどまらず、無くてならない
大切な存在でもあるのですからね。。

ただの主従ってだけでなく・・・ (/ω\*)  


みるみるが大きくなり、半蔵は 伊佐那海が殺戮の女神イザナミノミコトそのものであり
その力を制御するのが奇魂だったのだと気付きます。
それさえあれば闇を支配することができると大喜びの半蔵。

甘っちょろく徒党など組んでいるからこんなことになるのだと才蔵を足蹴にし
ここからは 得意げにおしゃべり。

忍が頼むのは己のみ。信じられるのは 己の技、己の肉体、己の感覚。
才蔵なんて 弱っちいとばかりにフルボッコにして嬉しそう。

こんなにどっぷり悪役でよくしゃべるたかぴろって 珍しいんじゃないかな??


そこへ幸村さまと六郎が登場。
「可哀そうな男だの~ 己のことしか考えられん者がその力を手にして何とする?」

んん??六郎を一人で歩かせてる!?ちょ、幸村さま!!!!あかんやん。。
そこは ずっと腰をいておくところでは!?

みんなに関係をお披露目するところなのにwww いや みんな知ってるってwww

半蔵は 強大な力を手にしているのにそれを使わない幸村さまをヘタレ扱い。
アナが簡単に潜り込めたのも程度の低さ故だと。
そして、道具としては アナは優秀だったと言う半蔵。

ここに夜のお相手も含まれるのですが そこはカット。
この辺りは もうちょっと冷酷に感情の起伏なく、冷たく言い放つ感じの方が ゾクっときたかな。

尺の関係でしょうが セリフ回しが早いからトーンが高くなってしまって 半蔵が
おバカさんに見えるwww
徹底的に鬼畜でいて欲しいんだけど~~残念。。

半蔵は純粋な破壊の力を調教すべく 張り切って奇魂を 闇の中にツッコミますが・・・
なんと 腕を奇魂ごと 持っていかれちゃいました。

腕がもげてると言うか ちているというのに なんとリアクションの薄い(^^;

痛くないんですか 半蔵さん。。

腕より、伊佐那海を支配できなかったことのショックの方が大きいようですwww

でも ここは せめて腕一本無くしているんだから ウォ~~~~っとか叫んでおこうよ。。

しかも 闇に飲まれてしまいました・・・

え!? 

アナに 始末させないの??
自分を甚振り続けてきた男を どうしても許せなかっただろうに・・・。
アナに殺らせてあげてよ(><)
酷いことされてないから これもカットなのかぁ~~~~


アニメ サクサク消化し過ぎてる・・・伊佐那海の闇さん、仕事し過ぎww

絶叫する間もなく 半蔵さんが退場するとは思わなんだ。。

こっちの方が絶叫するわ・・・


六郎さんが出てきた理由も 闇の力が再び地上に現れたとき、九つの力を持つ者の
命を持って鎮めよって出雲の予言があったからってことのようですが・・・。


ありゃああああああ!!!!!!

原作とまるでうぞ!?
原作では 「半蔵は拒まれたけど お前は“光”だ!!!
お前にしかできない イケ~~~!」

って 才蔵を煽っていたのは 幸村さまなのに。。
みんなに 後押しされて才蔵が 勇士代表も兼ねて説得に行くところだったはずなのに。

才蔵が 止める幸村さまを振りきって 伊佐那海を制御する展開になってる。。

これは 完全に才蔵に華を持たせる構成なんですね。。
ずっと そういう風に話が進んでましたし。。
今までも、幸村さまと才蔵のセリフが原作と逆なこともあったし。。

うわ・・・あんまり才蔵ひとりを前に出し過ぎると「勇気凛々正義の味方」v
みたいになっちゃって これまでの才蔵とキャラブレが起きるような気がするのですが。。

散々 徒党を組むのを嫌がっていて、それでも やっと最近 幸村さまの下で
仲間ってのもイイかもって思い始めて・・・

でも そこにアナの裏切りがあって 忍ってモノを再認識するようになって
それでも やっぱりみんなの力が集まってこそ新しく生まれる力もあるんだって
才蔵が変化していく過程なのに。。

すっかり ひとりでガンガン進んでいく熱いヤツになっています。。


ここで青海入道さん・・・
あ、まだ戦ってたね。そういえば。。
原作では とっくに戦闘終わってるから 忘れてたよwww

アレだけやられてたのに 佐助は呆気なく倒してるし
鎌之介は血を味わってすっかり元気になってるし~

すっごく楽しみだったアナと甚八のバトルも 「痺れた」「イッちまった」「俺も勃たねえし」
の欲しいセリフはきっちりいただきましたが
あっという間に終了で 大人のセリフを楽しむ余韻もなく・・・

そして、才蔵が斬り込んでから闇の中でのやり取りのくだりは・・・
原作みたいに 一気いよく魅せて欲しかったなっと。

この手のセリフは グダグダせず 畳みこむように行かないと、ね?
ゆっくりやってると こっ恥ずかしくなってきませんか??

闇の中で正気に戻った伊佐那海を抱き締めるとこも、才蔵がを切り開くの存在ってより
これ 完全に合体って感じになってませんか??
へ、そういうことだったの??って思ってしまいました(^^;

 

EDの後のCパートは ほぼ原作通りでしたが これもかけ足。。

幸村さまがアナを再び受け入れ、度量の広さを感じさせるところは 好きなんで
髪だけ登場のアナの演出はよかったんですが、他の人たちの掛け合いがバタバタで
落ち付かなかった感じでしたね。

ま、アニメ才蔵は わぁわぁ騒いでるイメージがあるので 最後にまとまったっていえば
まとまってますがww


全体に最終回は 内容がかけ足なのは 尺の関係上、仕方ないと思うのですが 
ちょっと安っぽい仕上がりになった気がしないでも・・・。

やっぱりラストに詰め込み過ぎたから??
余韻に浸る間もなく、早口のセリフが多くて 全体に軽く感じられてもったいなかったです。

前回、前々回とアレだけ 戦闘シーンに力入っていたのに 肝心の本筋の方が 
呆気なく展開し過ぎてこ、こんなんでいいの???って 

私が呆気にとられてしまいましたがなwww

こんなことなら 戦闘シーンをもう少し削って ラストに回してもよかったのでは。。

原作では 途中までの伊佐那海の鬱陶しさが このラストにかけて盛り上がり、
巻き返してきて納得できる締めだったんですけどね。

すっかり 鬱陶しさがぶり返してしまってました(^^;
第一話に戻る・・・って感じでしょうか。

これは やっぱり私は 原作も読まれることをおススメしますね。。

とはいえ、作画は綺麗でしたし、キャストも豪華で 楽しませていただきました。
最初は違和感バリバリだったOPも 何度も聞くうちに変にになったりしてwww

原作のストックがありませんから 当分二期はないでしょうが アニメ化されることで
この作品を知ることができましたので 感謝感謝です。

しい六郎には毎週 活力をいただきましたしv

スタッフの皆さま お疲れさまでした!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/26 01:13 ] BRAVE10・K・ZETMAN | TB(11) | CM(0)

「マンガ大賞」2012は荒川先生の「銀の匙」

週末は法事で実家に帰省しておりました。やっと先ほど無事帰宅。。
実家での いぬぼくの感想UPは非常に困難を極めましたwww

そうそう、注目しておりました 「マンガ大賞」2012が決まりましたね。
荒川先生の「銀の匙」

【送料無料】銀の匙(1)

【送料無料】銀の匙(1)
価格:440円(税込、送料別)


ふ~~ん。そっか。。

もちろん 私も荒川先生のファンですし、この作品も読んでますし
面白いとは思いますが、他のノミネートされていた作品よりも面白いとは
思ってなかったので ちょっと驚きました(^^;

ごめんちゃいです。。

主人公の成長とか 酪農とか 割と正当性のテーマを扱っているので
いろんな層からの指示を一番受けたのでしょうね。

でも 私としては 荒川先生の作品はやっぱり「鋼の錬金術師」が圧倒的に好きだし、
今回のノミネート作品の中では 1,2巻まで読んで これは面白い!!って思った作品は 

「信長協奏曲」
「昭和元禄落語心中」
「ドリフターズ」
「鬼灯の冷徹」
かなぁ。。

この中でも ストーリーとして面白いのは「信長協奏曲」と「昭和元禄落語心中」
だったので このどちらかが選ばれたらいいなと思っていたのですが。。

こればっかりは 好みはやっぱり個人差なんでしょうね。
他の作品の結果はこちらを参考に。

とはいえ、荒川先生の作品も当然 大好きなので これからも楽しみにしたいと思います。
荒川先生 おめでとうございます♪

さ~て これから BRAVE10の感想に取りかかろうと思います。

WJの感想は 明日こそっとUPしておきます。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

妖狐×僕SS 第11話「陽炎」感想

蜻さま~~~~ やっぱり この子優しいいい子なんだよね!!
う・・・実は 思っていることを口にしているようで そうでもないんだ・・・
本当は 双熾のことを羨ましいと思っていたりと。。

なんて 可愛いの!!!

っということで いよいよ楽しみにしていました 双熾の過去回です!
これで 彼がしてきたことが明るみに。。

御狐神家では 他の先祖帰りの家とは違い、邪悪な力を持つ九尾の妖狐の力
コントロールし管理することで家が栄えるとされていた。
双熾は幼いころから 祀るように軟禁されていた。

持っているのは学校で得た程度の知識と持って生まれた小賢しさと自分自身。
ま、ここに美貌が含まれていたから 双熾の場合は道を切り開くことができたわけですが(^^;

軟禁生活から逃れるために 最初はメイドに手を出した。
孤独で可愛そうな人肌恋しい少年を演じることで、大抵の女性は警戒を解き
そこから枝を伸ばすように より力を持つ女性へとにじり寄り 御狐神家の一族で最も
力を持つ女性のお気に入りにまでに。

彼女に気に入られるのは簡単だった。女性として扱えばいいだけだった。

この頃には 双熾はあらゆるご奉仕の術を身についていたんでしょうね。。
ペットとしての自由を手に入れるだけでなく教養も手に入れ。。

が ここで収まる気のなかった双熾はさらにその上を狙ってました。 
御狐神家よりも力を持つ青鬼院家に近づき、自分の境遇を伝え哀れみを得
御狐神家から脱出することに成功。

青鬼院の家に来いといわれ、いつものように女主人にも取り入ろうとすると
「ませガキが!」っと叱られ「あんたの相手はうちの息子よ」っと。

「男性相手は初めてだけど頑張ります」っとにっこりと答える双熾www
そういうことを求めているのではないと言われますが なんで蜻さまは 双熾が絶倫とか
知ってたんだろうwwww
絶対に何かあったに違いないv

「今日から貴様は私の玩具だ。早速 靴を舐めてもらおう!」嬉しそうに命令する蜻さま。
しかし 双熾はこともなげに靴を舐めようと・・・

この頃の蜻さまは まだマスクもコスプレもしてない普通の格好。メガネはしてるけど。
屈辱的な態度を見せると期待したのに プライドの欠片もみせない双熾に
「つまらん」という蜻さま。

成人するまで青鬼院家で保護されることとなり、蜻蛉の話相手兼世話係になった双熾。。

ここで 残夏さんや万里くんと出会うわけですねwww

双熾の笑顔の下に隠された本心。
時期が来て自由を手にするまで装い偽り媚ることで卒なくこなそう。

ブラック双熾は こうやって育ってきたんですね。

そんなある日、蜻蛉に彼の婚約者からの手紙の代筆を指示されます。
蜻さまは「面倒だから相手をしてやれ」って言うのですが、本当は・・・

「蜻蛉さまを装いつつ いい感じの返事を書くのは無理」って双熾www
「性奴隷になれとか書きそうだ・・・」って。。確かによくわかってる。
双熾なら 平気で承諾しそうですけどねv

双熾は蜻蛉という名の架空の人物を思い描き それを演じることで返事を書きます。
今まで通り相手に好まれるように合わせるだけ。これまでもやってきたことだ 簡単だ。。

ところが 意外にも難解に。。
凛々蝶が薦める本の感想を書くにしても 双熾にはおよそ感動するってことがない。
架空の人物ならどう感じるかを考え、それなりの返事を書き上げなくてはならない。

双熾は自分の中にこだわりも何もないことに気づき、蜻蛉がつまらない人間だと言ったことの
意味を理解します。

双熾は 文通を続けるうちに 凛々蝶との話題に合わせるため いろんなことを見聞きし
覚えていくようになります。。

繊細で敏感で潔癖、時に偏ったところもある凛々蝶と同じように感じることが出来ない双熾は
想像するってことで足りないところを補っていきます。

それがすっかり板についてしまい、蜻蛉という架空の人物に成りすましているつもりが
いつのまにか 自分が蜻蛉という人物であるかのように錯覚し、自分が描いた人物に
引っ張られていることを感じます。

これまで そんなことはなかったのにと驚愕する双熾。。

自分は 彼女に感化されていった。ただの張りぼてがその気になって感動に酔った。。

凛々蝶の真似事に過ぎなかったことが いつしか自分を広げていたことに気づく双熾。

そして 夏休みに凛々蝶が青鬼院家にやってきます。

手紙から受け取った印象と同一人物とは思えない凛々蝶。
あまりに子供で、愛想笑いひとつしなくても十分愛され守られていることに
自分とはあまりにも違うと感じ、あの手紙も代筆だったのではと思う双熾。。

が、何より双熾が驚いたことは自分が落胆していたということ。。

ところが 蜻蛉から凛々蝶がストレスから吐いたと聞き 本当の彼女を知ります。
「手紙の主があれで幻滅したと思うが ま 嫌ってやるな」

学校でもいじめられ、家でもうまくいっていない、飼われているようなものだと
そういう点では 双熾と同じようなものだと言う蜻さま。

うう・・・蜻さま 本当はとても優しくて男前。。

うなだれ1人でいる凛々蝶の姿に 彼女は自分と同じ無情などではないと思う双熾。
幼いけれど日々敏感に物事を感じ取っている。だが、誰がそれを理解しているだろう。
痛々しい気持ちになる双熾。。

これは この感情だけは 自分だけのものだ


やがて蜻さまは家を出ますが、それでも文通は続きます。
適当なところで切り上げろという蜻さまですが「蜻蛉さまには その気はないのですか?」
と尋ねる双熾に
「貴様がその気になったのか?悦いぞ 悦いぞ 略奪愛♪ 」なんて言ってます。。

いつの間にかコスプレで マスク装着の蜻さまwww
せっかくのイケメンなのに~~ が マスクをしててもしいv

双熾は より心を開いてくれてきた凛々蝶に 彼女の脆さや不器用さすら尊いと思うように。。
けれども・・・ そう思う瞬間 我に返る・・・

彼女が心を開いてくれているのは自分ではない、蜻蛉という理想の偶像。。

投げやりになった双熾は 初めて自分の事を書いてみます。
世界には自分と彼女しかなかった・・・初めて物語の主人公の気持ちが分かると思う双熾。

どうでもいいといいと言う気持ちから書いた手紙の返事には 初めて蜻蛉さんに
近づけたような気がします 初めて本当のあなたが見えたような気がすると・・・

ここの双熾の横顔すごくよかった!!!

凛々蝶は ちゃんと気づいてくれた。嬉しくて嬉しくてたまらない双熾!!
あなたに出会って僕もいろんなことに気づきました。。

そして 約束の期間が過ぎ、双熾は1人暮らしを始め、翌年 妖館に。
ここまでが双熾の回想。ゆうきゃんお疲れさまでした


「どうした双熾。言ってやらんのか?」
自分のことを知って欲しくて書いた手紙だったけど 今はそれを追及されるのが怖いと
思う双熾。

「あの手紙は私が書いていたものではない」 声がいい

「知っているが?君があんな手紙を書くか?僕の目が節穴だとでも?」
呆気にとられる蜻さまwwww

いや~~ん そんなお顔も可愛らしいwwww

凛々蝶が気づいていたことを喜ぶ双熾と がっかりする蜻さま。。
蜻さまの落胆振りが・・・切ない。。

「なんだ・・・つまらんな・・・」

もう双熾には 用はないからって凛々蝶をエレベーターに押し込む蜻さま。
二人っきりになったところで 蜻さまはマスクの下から紙を取り出します。

何でそこから・・・ですよねwww「ごめんね」と書かれているけど“ね”がwww

「どうだ!!汚いだろう」子供のような字だという凛々蝶に「これが私の字だ!」

「まぁ これが理由だ。許せ」と蜻さま。。
「これでも後悔したのだ・・・お前たちは勝手に仲良くなるしな・・・」

蜻さま・・・実は 許婚であった凛々蝶のことをまんざらでもなかったんですね。
っていうか 結構気に入ってたのかもしれない。。
それなのに 字が汚いってコンプレックスから双熾に代筆させていたら
いつのまにか 略奪愛されてたって・・・。

悦いぞ 悦いぞ♪ なんて言ってたけど 本心ではなかったってことですよね。。
少なからず 疎外感や嫉妬心はあったのでは。。

ドSな発言が多いけど 本当は自分を隠すための狂言みたいにものだったりして・・・。
素顔を曝さないのも そうなんじゃないのかな。。切ないよう・・・蜻たん。。

「私は私なりに奴に劣等感を抱いていたから 双熾も道連れに謝罪しようとしたのに 
失敗だった」
手紙の代筆は双熾だったことを告げる蜻さま。。

本当はちょっぴり寂しいくせに 凛々蝶に双熾のことを教えてあげる・・・

「また寂しくなったら邪魔しに来るぞ・・・」って言い残して去ってしまいました。。
これだから 蜻さまは。。

そうか・・・彼だったのか。。

凛々蝶の中で やっと双熾がこれまで言っていた数々の言葉がつながります。
双熾を前にし、「だから気づいてくれたのか・・・」

想いが抑えきれず凛々蝶を抱きしめる双熾。
「いいえ、気づいてくださったのは 貴女です」

実はお互いが自分の存在を見つけてくれた相手だった。。
凛々蝶にしたら どうして 御狐神くんは自分のことをわかってくれるのだろう・・・
ってずっと謎だったわけですが、長い時間をかけて、自分のことを伝えていたし、
双熾の空っぽだった心を満たしていってたわけですもんね。。

双熾にしたら 何もなかった自分に世界を与えてくれたのが凛々蝶だったと言っても
いいくらいの想いなんでしょうね。。
ただ境遇が同じ先祖返りというだけでなく、自分の存在を認めてくれた初めての人ということで
ふたりの絆は とても深いといえます。。

これがOPにつながるわけですね。
だから 今回はOPがEDの代わりに入ったってことか。粋な演出ですv


蜻さまは 自分よりも双熾の方が凛々蝶を理解し、お互いを補い合ってる姿をみて
見守る形になってしまったんですね。
あんな変態なことばっかりやってるけど 本当は人のことをよく見ていて、人の気持ちを
理解できる人なんだと思います。

蜻さま いじらしい。。
今回は 双熾の過去回で 双熾のターンではあるんだけど
蜻さまのイケメンっぷりに惚れる回だわ!!!!

蜻さま 最高!!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ギルティクラウン 第22話「祈り:convergence」感想 その2

一足遅かったな 集・・・

涯の言葉は集への煽り。。

集がいのりをことを大切に思っていることを知っているからこそ、いのりを糧に
真名が復活したことを知れば 集は 自分たちを倒してくれるだろうという涯の願い。。

ゲシュペンストに有線で接続されているダリル。
GHQ側と国連&葬儀社との最終決戦は見ごたえのある戦闘となりました。

鶫がGHQのサーバー内に潜入したものの、研二による防壁に阻まれ なかなか
思うように動けません。

涯と集の目の前で真名が目覚めます。
集の顔を見ると抱きつき、「嫌な女をすり潰してやっと身体をお姉ちゃんのものにした」
っと嬉しそうに報告する真名。

集は いのりを化物だと言う真名に嫌悪感を示し、
「姿と声は同じでも 君はいのりとは違う!!」と真名を突き飛ばします。

「ひどいわ・・・集。お姉ちゃんはあなたのこと大好きなのに。身体がチリジリになっても
愛してたのに。また私を拒むのね、集・・・!!」

いやいやいや 自分の想いを勝手にぶつけてるだけなんですけど、あなた・・・。
集の気持ちとか 一切無視してるんですけど。。
自分が好きだから アンタは拒むなって どんな自信家さんやねん。

しかも 血の繋がってる相手に。。ウィルスのせいなのかな・・・。だとしたら気の毒な子。。

「それくらいにしろ。後は俺に任せるんだ」いい声
二人のやり取りを見かねて 集への嫉妬心が抑えられなくて? 白涯さんが突き飛ばされた
真名を起こすと そのままヴォイドを引き抜きました。

っと 突然、傷ついたお姉ちゃんは 
「人を傷つけた人は 同じくらい傷つけられることを覚悟しなくちゃいけないのよ」

うわ・・・ここで このセリフを使う・・・
あの作品でのセリフを彷彿させますが、でもね、全然意味合いも覚悟も違う。
真名の場合、勝手に自分で気持ちを押し付けて 拒まれたら恨むとかでしょ??

こんなことで 傷ついたの何だって騒がれたら 告られたら拒めないってことでしょ?
ストーカーとか病んでる人に優しい世界を作りたいんだろうか??

お姉ちゃんが踊りだすと ロストクリスマスを遥かに上回るゲノム共鳴が起きました。
エンドレイヴの遠隔共鳴システムにも影響が表れ操縦不能に。。

世界中にアポカリプスウィルスが広がってるようです。
次々に人々がキャンサー化していきます。

四度目の黙示録が始まったのだと涯が言います。「この星の命の進化と淘汰が・・・」

脆弱な肉体を捨て 結晶の中に永遠の至高を獲得する。それが次なるステージ。。
ヴォイドは前触れだったのさ、心が物質化する新たな世界の・・・!

涯の口が閉じていることから これは 肉体を介さないで意志を伝えてるってことですかね?


ダリルは他のエンドレイヴがシステムダウンする中、ヴォイドゲノムエミュレーターという
試作段階の操縦で 圧倒していきます。
アルゴが応戦しますが ゲシュペンストには歯が立たず。。

ダリルの戦いを見ていたローワンは 試作段階なので使い過ぎるなと忠告しますが
「奴ら全員 ぶち殺すまで 止めるワケないだろ!!」
余計に身体に負荷を掛けてしまうダリル。。

 

涯は 真名から取り出したヴォイドで集に攻撃を続けます。
集は 六本木の地下で涯が 真名を救うと言ったことを涯に問質します。
「救うために あの時自分を刺せと言った・・・!なのに どうしてこうなるんだよ!?」

集にしてみたら 涯を刺したくはなかったけれど それが彼の願いであり、真名を救う手段だと
思ったから刺したのに、今は 自分の敵となって現れ 集を倒そうとしている・・・
どういうことか 理解できないってことでしょうね。

そりゃそうだわ。。こんなことになるなら 刺さなきゃよかったってことになりますもんね。

「お前には解らない!!常に選ばれ、それを勝手に手放してきたお前には・・・
絶対に解らない!!」

涯さん 本気で集を倒しに来てます。。

 

その頃、春夏は茎道の元に。。
「私の勝ちだクロス」って 嬉しそうにつぶやく彼に銃口を向ける春夏。

一方、鶫の方は ドンドンと圧されてヤバくなってきて・・・ っと四分儀さんから指令。
「私が合図するまで持たせてください。できますね

あ・・・ ドSな (/∀\*)ハァーー

これだから 子安さんは侮れないwww

 

集と涯さんとの戦闘は 集が肩を斬られ・・・
「昔のお前になら 真名を・・・アダムの地位を譲ってもよかった。だが、今のお前に
その価値はない・・・死ね、集」

でも “死ね”と言う割に 涯さん 待ってます。
ここで 涯さんが本気で集を殺す気ではないことがわかります。

集は 涯さんが時間をくれている間に いのりが残した心の結晶を見付けます。

やっぱり あのいのりの泪から生まれた花にはいのりの心が残っていたんですね。

「あきらめないで 集・・・」

いのりの声が集に届き、集は花からいのりのヴォイドを取り出します。
ほぉ~~~そんなこともできるのか。

そして いのりが歌うことでゲノム共鳴が打ち消されていきます。
これが やっぱりよくわからないんですが・・・。

真名の身体には ゲノム共鳴を引き起こす力と同時に打ち消す力もあるってことですよね。

「研二 チェックメイトです」 四分儀さんの銃が研二の額にロックオン。
そして 茎道さんは 妹の手にかかる前に 自らの身体に何か刺してキャンサー化。。
ん??
アポカリプスウィルス??それともヴォイドゲノム??

「結局勝ったのは私でもクロスでもない・・・」って 最後までこだわってますね。。

いのりの力と四分儀さんの活躍により 葬儀社サイドが盛り返します。
ダリルは 葬儀社を潰せば自分は自分でいられると思っていたようで・・・。
ダリルもかなりキャンサー化が進んでしまっているようです。
それが 副作用なのか?

 

僕はまだ終われない。いのりを取り戻す。
集は そのためなら涯を倒すといのりから取りだしたヴォイドで攻撃を。。
涯は落ちていきながら 集の横にいのりの姿を見ます。

 

おっと、涯さんのおでこだ ヵヮ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚ィィ!!!

まさかの拾いモノにスイッチが入ってしまいました。

すみません、こっから 暴走こきます。。

 

 

集のヴォイドでかれる涯さん。。かれる涯さん。。大事なことなので二度言いました。

真名の 「いや~~~~~」って叫びは 二人の関係に嫉妬してのことだと。
私の 感涙の言葉と共鳴しているwwwww

集にかれて落ちていく涯さん (p≧∀≦q)〃 待ってました!!

心配そうに声を掛ける集に 「それでいい・・・集・・・そういうお前で・・・」
満足そうに微笑む涯さん (/ω\*) 

ここからは 涯の心と集の心がシンクロしたってことでいいんでしょうか?
涯が集に見せたのは 淘汰の終息点。

「黙示録の果ての世界だ」 きゃぁ~~~~昔の涯さんキマシタ!!!!

しい (*/-\*)  ちょっと可愛い感じだな。。

この美しい涯さんをずっと見ていたかったです。。
肩にかかるプラチナブロンドの髪。。横顔もしい。。

これがダァトの言う理想郷。この星の全ては結晶の中の思い出となるのさ
王などと祀り上げられた俺も やがては・・・

オレはずっと淘汰されることを恐れていた。 だから 真名をイヴを欲した。

ってことは 真名だから 欲したわけじゃなくて、イヴだから欲したわけですね。
イヴであれば 誰だってよかったってこと??
   あんまりイヴイヴ言ってると ネズミのことを思い出して 妄想が絡んで暴発しそうwww

あの時、六本木の地下でお前に刺されて おれはこれで 真名を解放できると思った。。

おや、涯さん、淘汰されるのを恐れていたからイヴを欲したのに いつのまにか
真名を解放しようとしてます。。
この流れが分かりにくいのです。。

自分のためにイヴを欲したのはわかる。それが 真名だろうと誰だろうと何でよかってことで。
その後、イヴを欲していた気持ちが 真名を欲する気持ちへと変化していったってことで
いいのかな??

真名を解放してやるってことは 真名自身を見てなければ出てこない感情だし。。
この真名を解放してやりたいって気持ちが ずっと涯さんの中で一貫して保たれて
いたんですね。
彼の行動は全て 真名を解放することだけに注がれていたと。

 

しかし、ダァトは 生物淘汰の意志は 真名に死を許さない。
例え朽ちようと再生させられるのさ。。

ということは ダァトは 涯をアダムに相応しいと思ったから 再生させたってことですね。
てっきり 茎道さんと春夏さんらの研究の結果かと思ってましたが ダァトだったのね。。

ダァトって すごいやん。ユウひとりだけのことなんだろうけどwwww

ヘボかったと思ったんだけど 科学というか技術はすごいの??
死んだ人間を何度も再生させるだけの力があるんだったら 最初から茎道とかクロスとかの
研究いらなくね??あの人たち 人間の再生まではできないと思うよ。。


解放する術はただ一つ。その役目を終わらせること。。
だから オレは懸けた。。自ら魔王となりアポカリプスを成就することに。
そして お前がやってくることに・・・。

集に拒まれ傷ついた幼い真名を抱き締める涯。涯さんしい。。
涯は イヴに選ばれれば淘汰されないってことが分かっていたから 真名に対して
選ばれようとしてたのかな。。

真名にとっては それが「大人の目でみている」って表現になったのか??
だとしたら 解りにくいなぁ。。

でも その気持ちは いつの間にか集に拒まれる真名を、アポカリプスウィルスによって
狂っていく真名を救いたいって気持ちになったってことなのかな。。

壊れていく真名を愛してしまったってことか。。

涯の腕の中で真名が涙を流しています。
この空間での真名は 涯が作りだしている幻影??
それとも真名に涯の想いが伝わったってことでいいのかな。

オレの役目はここまでだ。後はお前がいのりを救え・・・

真名を抱き締め結晶化して崩れていく 涯さん。
これで やっと真名を救えたってことのようです。
涯さんの愛は深いです。。 ( p_q)

いのりの身体から 真名が消えたってことでしょうか??
同じ身体から出てくると思うのですが、心が別だから それぞれにヴォイドは物質化する
ってことですかね??

それで 涯さんは真名のヴォイドを 集はいのりのヴォイドを出してたってこと?
よくわからない。。

いのりは キャンサー化した身体を引きずるように集のところまで歩いてきます。
眼が見えなくなっているようですが 集に抱きしめられ そこに集がいることに気づいたようです。

「ずっと一緒にいてね」 これまでの無機質っぽい話し方から 感情のこもった人間らしい
語りに。。

「いのり、一緒に行こう」

集は右手をあげ、世界中のアポカリプスウィルスを吸収しているようです。
ヴォイドとかも 一緒に??
キャンサー化してた人のウィルスまで全部集めてたら 集が即死ではないのかと
思ってしまうのですが、それは 王だから大丈夫ってことですよねwww

そして 逃げるダリルとローワン。。
ダリル一人をエレベーターに強引に押し込むと 
「生き直せるなら 今度はもっと人に優しくしろ!!ホントはいい子だったろ、ダリル坊やは!」

ローワンさん

エレベーターの扉を閉めると 一人敵の前に残りました・・・
ダリル 愛されてる。。 でも、これは 辛いわ。。
もう一生 誰も愛せないよね。。ローワンさんのことだけを考えちゃうよね。。
まさか ここへきて ローワンさんの愛を見せつけられるとは思ってもみませんでした。。

でも エレベーターの扉が閉まるまで銃声しなかったし、一緒に乗っても間にあったんじゃ。。


僕に悪意を向けた人だって 誰かに愛されて生まれたんだ。。

あら 集さん 悟りきってます。。凄い成長っぷリです。
自分の身体に全世界のウィルスを集めてしまってます。集だけに・・・。

いのりが現れます。
「取って」集が いのりからあやとりの糸を受け取ると・・・
集に集まっていたアポカリプスウィルスが全て消え去りました。。

いのりが 代わりに引き受けてくれたってことなのでしょうね。
もともと消す力もあったし。。でも さすがに これだけの量を引き受けたら いのり自身が
持たなかったってことですよね。

二人で消えるよりも いのりは 集に生きていて欲しかったってことですね。


数年後、生き残った人達が集まって祭の誕生日を祝っているようです。
なんで また祭の誕生日を??

集は視力を失ったようですが それでも いつもいのりと一緒にいる感覚があるようで
とても幸せそうです。。

ねえ ダリルくんは どうなったの??

彼の方が心配なんですけど。。

 

最終回を見終わって1回では 消化しきれなかった私です。。

何だかんだと 書いてきましたけれど、とにかく作画は綺麗だし、音楽は印象的だし
最後まで見続けてしまいましたね。

それに 最後まで見続けてよかったと思いますv

本当に 呆れてしまったり 面白く感じない作品は とっくにばっさり切ってますから。

何だかんだと言いたくなるのは 私の歪んだ愛ゆえってことで。。(^^;
どうしても ここは もっとこうだったらいいのになって思えると黙っていられないものだから。。

いずれにせよ、最終回を3回に渡って感想を書いてる時点でどれだけ 入れこんでるって
話だよってことですよねwww

あれこれと言いたいことは山ほどありますが でもほとんど書き切ったし私としては満足ww
それに やっぱりオリジナルで これだけの作品を見せてもらえるのは 嬉しいなと思います。
先の展開にハラハラするってには オリジナルならではですので。
疲れますけどwww

 

それにしても ほんとキャラが綺麗な作品でした。。

スタッフのみなさま お疲れさまでした。ありがとうございました。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ギルティクラウン 第22話(最終話)「祈り:convergence」感想

えっと・・・。

ローワンさん 素敵 (p≧∀≦q)〃 

ダリルくんは その後 どうなったんですか??あのシーンだけが強烈に印象に残って
しまったんですけど!!!

自分の命を掛けてまで 守りたかったなんて (*/-\*)
いつも いつも ダリルくんのことを気にしていたのは そういうことだったんですね。。
彼が自暴自棄みたいに まるでモルモットになったかのように 有線でゲシュペンストに
繋がれてる状態を嘆いていたのも そういうことだったんですね。。

こんなに ダリルくんのことを想っている人だったんだ・・・。

この作品の中で 初めて鳥肌立つくらい感動したかもしれないwww

こんなことなら ダリルくんが鶫のことに関心があるのを知って 耐え忍ぶ描写があっても
よかったんじゃないかとすら思います。。

でなかったら、鶫とのことなんて バッサリカットで何もなかった方がすっきりしたのではと。
完全に葬儀社そのものを憎むダリルってことでよかったんじゃないかと。。

が、そうなると やっぱり 「葬儀社ってのは何だったのか」ってことの描かれ方が
足りなかったんじゃないかと思うんですよね。

日本を解放するための組織だと思ったのに、涯さんは全くそんな気がなかった
みたいなことになってるし・・・。

政治的なこととか 組織のこととか中途半端な描かれ方で 納得ができんまま終わって
しまったことが非常に残念。。

ダァトなる組織だって 結局 イヴを何回も再生させて王の力を持つアダムを選ばせ
新世界を作ることを企ててたようだけど、それすら よくわからなかったし。

肉体を失い、心が物質化した世界で 何が今の世界よりも優れているってことなのか?
それが 見えないから ただ世界を壊そうとしてるとしか思えないし。。

真名にいたっては 最後まで 魅力が解らなくて何で あそこまで涯さんが入れ込むのか
納得できず仕舞い。。
真名を解放してやろうと涯さんが行動してきたことはわかるのですが、肝心の真名に
まるで好感が持てないので 一生懸命に涯さんがなればなるほどしくなりました・・・。

涯さんはホント一途な人だったと思う。確かにたった一人の女を抱くために世界を動かした。
でも・・・でも・・・真名って 涯さんにそれ程思われる程の女ですか??

これだけは 納得いかんわ・・・
ウィルスのせいでおかしくなっていたのかもしれませんが、自分の弟を伴侶に選んで
ガッツクとか 邪魔なトリトンにはとことん意地悪をしてみせるとか およそ 私の理解の外。

「自分がこんなに好きなのにその気持ちを受け入れてくれないのは あなたが悪い」
みたいに思考がいく自己中な人は迷惑千万。

もっといい女に描かれていれば 涯さんの切なさが倍増されて見ているこちらも
辛かったことでしょうが・・・。 

姉の異常さを受け入れなかった集のが 良識ある行動だったと思いますわ。
涯さんは 集に嫉妬してたみたいですけども。。
最後の最後まで 意味不明な姉ちゃんでしたので 集が拒んだのも当然でしょう。
いのりの方が ずっと人間らしかったと。。

いのりは ずっと人形のようでしたが 最後の方は集に恋をして とっても素敵な
強くて優しい女の子になってましたもんね。

 

そして 綾瀬。。彼女は いつの間にやら涯さんから集に乗り換えていたようですが
涯さんに対する想いも その程度だったのか?と。。

もし、残虐な行為を厭わない姿をみたとしても なぜ、彼がそんな行動にでたのかを
考えるとか 悩むとか そういうのがほとんど描かれてなくて 

酷いことをするようになったから 涯さんのことは嫌になりました。
でも、集はとても優しくしてくれるので好きになりました。

(集に対し、彼を理解しようとしてきたわけでもないし、彼女たちこそ集を見放していたくせに)

これって どうなの??って思ってしまうんですよね。
綾瀬も決して悪い子じゃないと思うし 彼女は彼女なりの考えとかあると思うんですけど、
それがきちんと描かれていないので すごく都合のいい子に思えてしまうのです。

ヤケにおっぱいが強調されて動いていることも 今それどころじゃないだろ??
って思わずにはいられない描かれ方。。

おっぱいじゃなくて 彼女の内面を描いてあげて欲しかったです。

鶫も「何か動かしてたらキャラとして気に入ってしまったから ちょっと出番増やしました」
的な感じで あんまり意味のある登場回が少なかったんじゃないかと。
確かに キャラとしては はっきりモノを言うし、好感は持てたんですけどね。。

祭は ずっと集のことを理解していて 集を想い続けていたのに 集からは友達以上には
みてもらえなかったばかりか 退場してしまってからは 忘れ去られてしまって
集はいのりだけが傍にいてくれたって言い切ってしまってるし。。

最初に集を理解してくれていたのは 祭だったと思うのですけどね。。
彼女の存在も もっと描いて上げて欲しかったです。
いのりに 集の隣を奪われたにせよ、そういう切ない気持とかも。。

水着で遊んでるだけでは弱いわ。
最後にいくらケーキで毎年お誕生日を祝ってくれたって、もう彼女はいないんだし、
いない者の誕生日をまるで“いる者”のように祝っていたら 死に近づいちゃいますよww

 

せっかくイイキャラがたくさんいるのに たくさん欲張り過ぎたために 掘り下げが不十分で
誰が何を考えて行動しているのかが理解しにくく、ストーリー自体も 最初から謎が多く、
入り込もうとしても 掴みどころが見つからないみたいな なんかモゾモゾとした感じのまま
終わってしまったような気が。。

あんなにたくさんのキャラを動かすのであれば、イベントやらは最小限に 話の本筋に
関わる設定は最初から明確にしておく方がよかったんじゃないでしょうかね。

謎を解明させながらの進展であるならば、キャラはもっと抑えるべきだったでしょう。

親衛隊とか亞里沙の絡みとか必要あった??
描くべきは白涯さんとなった後の涯さんの心情とか苦悩とかではなかったでしょうか。
他のキャラには 彼の本当の気持ちは明かされず 彼の行動も理解してもらえなかったとしても
せめて視聴者には 涯さんの想いが伝わって来るような描き方がされて欲しかったです。

せっかくのアレだけのキャラであったのに 最後の最後になって集に対しての気持ちの
吐露がありましたけど その魅力が活かしきれてなかったように思います。

もっと早くにしっかりと涯さんサイドの状況を描くべきだったのではないかと。。

集側、涯さん側、両方から立場の相違がみえなくては せっかくの二人の対決をみていても
あら やっぱり 戦うことになってしまうのね。。
でも きっと涯さんは集を倒して世界を支配しようと思っているわけじゃなくて
集を煽るだけ煽って 自分を倒させようとしてるのね・・・。

なんて 見守るくらいしかできないのですよ。。
キャラに感情移入して 話にのめり込むってよりも キャラを通して話を追ってるって感じ?


葬儀社では 四分儀さんとか大雲さんとか もっと掘り下げて欲しいキャラでした。
四分儀さんは 最終話では 鶫に 「できますね?」とか さすが子安さんなドS発言で
萌え萌えさせてもらえましたけど、彼にはもっと葬儀社時代に涯さんとの絡みを見せて
欲しかったです。

涯さんに言わせると 四分儀さん達が勝手に自分たちの想いを涯さんに乗っけてきた
ってなことだったようですけど、これにしたって、二言三言の会話で片付けられて
しまて・・・。この対立は 私にとっては重要なところなのでもっと突っ込んで欲しかったです。
       やっぱり 四涯がいい。。涯さんを仕込んできた四分儀さん下さい。。

あと、四分儀さんはどうやって 集たちのいる船に乗り込んできたんですか?
今回もいつの間にか研二の元にいましたけど。。
容赦なく撃ち抜くとこはさすがでしたv

が、彼と茎道とのチェスのくだりとか必要だったでしょうか?
「彼」とは誰??なんて 気を持たせてないで、四分儀さんと嘘界とのやり取りをもっと
じっくり見せて欲しかったです。

嘘界さんもイイキャラだったのに 今一つ活かしきれていませんでしたよね。。

城戸研二にしても こんなことなら 彼を脱出させる話は必要だったのかと・・・。
最初から茎道さんと一緒にいても 何も問題なかったんじゃないでしょうかね?
彼、いつの間に葬儀社から涯さん側にいたんです?

私が見落としているのか よくわからないところ。。

そんなこんなで 最終回の感想ですが、ぶっちゃけ 作画とか音楽とかよかったし
十分盛り上がったと思っているのですが、でも やっぱりキャラの掘り下げがなく
共感できるところが少なかったのが残念だったなと思わずにはいられません。

では 長くなったので 最終回 あらすじにそっての感想はこちら
 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

月刊 ガンガンJOKER 4月号がやっと買えたwww

先先月あたりから 月刊ガンガンJOKERの付録が 「妖狐×僕SS」の凛々蝶のチャーム
だったり、全員サービスが妖狐×僕SSのキャラチャームだったりで これは買いだと思って
たんですが、実際、本屋に行っても全然売ってなくて、楽天ブックスでも売り切れで
あらあら どうしたことかしら・・・って思ってたんですよ。。

ま、本屋を回ったのが 発売日を1週間以上過ぎてたんで 先月は 発売日から
2日後に本屋を覗いてみたんです。

でも やっぱり 何軒回っても売ってなくて・・・(^^;

これは 一体どうしたことかと。。

やっぱりネットしかないかって 楽天ブックスで検索してみたらまたもや 品切れで。。

ま、どうしても 買わなくては・・・!!って程ではなかったんですが それでも息子に
「週刊少年ジャンプよりも 今はガンガンJOKERのが面白いから欲しい」って言われてたもので

んじゃ 発売日に本屋に行ってみたらどうだろう・・・と 本日決行したわけですが。。

やっと 手に入れましたよwww 月刊ガンガンJOKER

 

私としては Gファンタジーとか ガンガンとかは 発売日過ぎても普通に売ってるんで
当然 JOKERだって 何も発売日に行かなくても手に入るんだろうって思ってたんですが
発行部数が少ないんですかね??

「花咲くいろは」もアニメ化されてましたけどね。。

そう言えば、私がGFを買い始めた頃は 平積が1列だったのが 黒執事の2期が始まり
2列、3列となり また今は1列に戻ってますね。。

アニメの影響って大きいんでしょうね。。

JOKERは 「妖狐×僕SS」がアニメ化されてるから 今は その反響があるでしょうし
4月からは 「黄昏乙女×アムネジア」もアニメ化されますしね。。

こちらは コミックスで全巻読んでますが う~~ん 息子が気に入ってるほどは
私は興味ない。。
私好みのイケメンくんが見当たらない・・・。

これは 中高生の男子向きって感じの話だしなぁ~~

ひぐらしのなく頃に 
うみねこのなく頃に
コークスパーティー
妖狐×僕SS
アカメが斬る
黄昏乙女×アムネジア

あたりのコミックスは読んでいるので 続きが読みたいそうなんですが、
私は いぬぼくしか興味ないwwww

試しにと思って買ってはみたけれど・・・さて どうしよう。。付録次第かww

なかなか手に入らないと なんとかして手に入れたくなりますが 一度手にしてしまうと
それ程でもなくなるって どうよwww

そういえば、ガンガンJOKERとは違うけど、息子に薦められて 4月からアニメ化される
「ヨルムンガンド」
を読んでみたのですが

こっちも どうだろ・・・ 武器商人の話で 結構面白いのですが 今のところ、それほど
というか、ハマり込むほどではないかなぁ。。
まだアニメ放送前だというのに すでに2期の制作も決定しているようで 男の人には
人気なんですかね??

アニメをみてから 興味が湧くってこともありますし、どう料理してくれるかを 
楽しみにしたいと思います。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

ちはやふる 第24話「をのへのさくらさきにけり」感想

いよいよクイーン戦&名人戦!! 

太一の家で 観戦させてもらおうと思ってやってきてみたら・・・
太一ママが いらっしゃいました

相変わらず、千早は 太一ママが苦手wwww

これは 例え千早と太一が上手くいったとしても 前途多難www

太一は 千早の緊張ぶりを見かねて 自分の部屋に誘います。
以前、男の部屋にポンポン入るもんじゃないって 太一に異性としてみられていることを
感じた千早は(その後は すっかり忘れていたと思うwww)ちょっとドキドキ。。

が、そのドキドキの後ろには 殺気立った太一ママwww

太一は自分で誘っておいて、千早が自分の部屋にいることに ひとりテンションが
いいよね。。こういう 男の子な太一www

が、「ドアは開けとくのがマナーでしょ?」 ってママに「はい・・・」とww

身体は大きくなっているものの、未だ、ママには敵わないようで(^^;
だけど かるた部のみんなのことを「冴えない」と言われ 無言で視線を合わせたところは
僅かばかりの太一の反抗v

って 太一も 面倒だから お母さんに逆らわないだけで、いざとなったら 自分の意見を
通すんでしょうね。それくらいの成長はしてるからb

みんなもやってきて 早速 観戦開始。

42型を小さめという太一に 格差を感じずにはいられない肉まんくん

それにしても さすが 近江神宮をしっかり再現してくれてますねv
そして肉まんくんのアイテムは肉まんww

まずは クイーン戦から。
若宮詩暢vs山本由美 ユーミンは六段だったんだ。。そうだっけ?忘れてたww
そりゃ なかなか千早では まだ勝てんわな。

さぁ お待ちかね!!!

詩暢ちゃんの巨大化wwww
ホント この子笑うわ。。

肉まんくんは 自分のことは棚に上げて「明らかにりすぎだろ!」ってwww
かなちゃんも顔が青ざめてるって思ったら かなちゃんの場合は 100万は下らない
丹後ちりめんで競技カルタをすることにショックを受けていたようでww

そして、千早は 関西限定のスノーマンのポーチ&ハンカチに反応!
クイーンはコレ欲しさに夏の間、アイスを食べまくり、応募はがきを送り捲って
太ってしまったんですよねwwww

太一は 体重が増えたことで クイーンの速さが鈍るに決まっていると心配しますが・・・。

1回戦目は 5枚差でクイーンの勝利。
ダイジェストを見ると・・・
やはり クイーンには高校選手権の時の鋭さがなく・・・。

ユーミンは昨年 詩暢ちゃんに圧倒的な力量差を見せつけられ 恐怖を感じるように
なってしまっていましたが、いざ 今年、クイーンを目の前にしてみると・・・
すっかり身体は丸くなってしまい 以前の鋭さもなく・・・
体調管理もできずに クイーン戦に臨む子供だと こんなの怖くないと思います。

対するクイーンは・・・

着物が暑いようですwww
府議会議員のおばあちゃんから受け継いだ着物のようですが、重いし、自分の
趣味じゃないしで、詩暢ちゃんは気に入っていないようです。。

ここで 詩暢ちゃんの子供時代の回想。
お母さんは離婚して府議会議員のおばあちゃんのところへ出戻り。

詩暢ちゃんに何か習い事をさせるようにしたのは おばあちゃん。
バレエを習っても身体は柔らかいけど 人に合わせることはできず、
習字を習ってもセンスはあれど ダイナミック過ぎ・・・しかも左利きですからね。

子供時代の詩暢ちゃん 可愛いですよね。
ジョーカーを可愛いとニンマリするところは やっぱりちょっと変ですが(^^;

そんな詩暢ちゃんと百人一首との出会い。。
最初は 絵が可愛いと思ったようですが(姫ならともなく、おじいも含まれてるんだろうなww)
お母さんには 役に立たないと相手にしてもらえません。

が、おばあちゃんは 「そんなに好きならかるた会に行きますか?」と勧めてくれ。。


2回戦開始。
ユーミンが連取していきます。
クイーンは長丁場の経験が少ないことから できるだけ時間を稼ぎ 試合時間を
長引かせる作戦をとるユーミン。

詩暢ちゃんは ユーミンに取られた札に目をやり・・・
「ごめん 取ってあげられんで・・・」

その後も 身体が思うように動かせないクイーン。
何度も素振りを始めます。
その素振りは まるで刃物を研ぐような 鋭い素振り。。

っと ここで クイーンはやっと気付きます。
「重いんは 着物のせいやない、身体や。。アイス食べ過ぎたんや

普通は鏡みたり、服のサイズが変わったりで気付くモノですけど o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

ごめん、ごめん・・・こんなんやってたら 嫌われてまう・・・

やっと クイーンにエンジンが掛かり、得意札の「しのぶれど」を取ってからは 
一気に調子を取り戻します。

千早は 今まで詩暢ちゃんは札の端一点を狙って払っていたと思っていたけれど 
そうではなく 全ての札の端に糸を繋いでいるんだと感じたようです。

肉まんくんは 正確に連取していくクイーンの速さは まるで居合のようだと例えますが、
千早は そんな物騒なものではないと言います。

「刃物を向けるような気持で向かっていったりしない・・・」

愛おしそうに札を扱う姿に、クイーンは全ての札を大切な友達だと思っていることを感じ取る千早。
それは 昔、原田先生に言われた 「100人の友達が出来たと思って仲良くなりなさい」
という言葉をそのまま体現している姿。。

千早は クイーンのかるたに向かい合う姿に感動し涙が溢れてきます。。

その涙をみて 太一は 今すぐにでも 千早は練習したいと思っているんだと感じ
「つきあってやるかなぁ・・・」

が すぐに 違うと思い直します。
千早は もう来年をみていて、太一もA級で ライバルになるんだと言っていたことを
思い出し・・・

太一も まだこの辺りでは 千早につきあってかるたをしてやろうって気が 残っていますが
この後、太一自身がかるたと向き合うことになって ますます男っぷりをあげていくんですよね

調子を取り戻したクイーンは ユーミンの囲い手も破り、連取を続けます。
勢いは止まらず完全にクイーンのペースとなり そのまま クイーンの勝利。
クイーン初防衛ですv

控室で ユーミンは またもや力の差を見せつけられ、こんなのどうやったって勝てない
無理!!って ネガティブになりますが、襖の向こうで 応援してくれていたみんなが
心配して様子を伺っていることに気付き、

「また この場に来たい。ご指導お願いします」と 北野先生に指導を仰ぎます。。

こういう師弟関係をしっかり描いてくれるから この「ちはやふる」はくなれるんですよね!
ユーミンのゴネは嫌いだけど、それも 彼女が真剣にかるたに向かい合っているが故の
戦略だから~

千早はクイーン戦を観終わって まだ自分は詩暢ちゃんやかなちゃんのようにかるたの
札と繋がっていないと未熟さを感じます。
早速、札を並べて 練習してみたいと太一に声を掛けますが・・・

太一は返事をせず。。
千早のことばっかり考えて応えてたらいけないんだ。。

肉まんくんが代わりに答えてくれます。
「これからが本番なんだよ!!男にとっては!!」

名人・周防久志のかるたは名人戦でしか見られないんだ!!

名人戦は 原田先生も観戦してます。原田先生かっこええww
ここの演出よかったですね!

BGMもでかいし、みんなが名人戦に注目している感じと緊張感がビシバシ伝わってきました。

新は札を並べての観戦。

1回戦は5枚差、2回戦は13枚差で名人の勝利。
これは クイーン戦と同じだという解説者に 「ホンマ趣味悪い・・・」とつぶやく詩暢ちゃん。
名人にとっては 名人戦もお遊びのひとつのようで。。(^^;

名人は イケメンでカッコいいのですが 今年も大学留年が決まったという残念な状態ww

肉まんくんは 名人戦は千早にも重要だと言います。
「若宮詩暢になろうとするより、周防久志になろうとする方が お前は近い」

 

では いざ 名人戦観戦を!
って ところですが、周防名人は いきなり2字決まりを1字決まりの速さで取って来ました!
1字決まりは 一般的には7枚なのに 彼にとっては28枚だと。。

さぁ~~~次回、周防名人のが炸裂しそうですね!!
こればっかりは 他の追随を許さないwww

やっぱり 面白いよね、「ちはやふる」 (p≧∀≦q)〃

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/21 22:15 ] ちはやふる | TB(13) | CM(0)

Another 第11話「Makeup -惨劇-」感想

死者を死に還せ・・・

それが始まってしまった災厄を止める方法・・・。

勅使河原ぁ~~~~!!!
早まってしまいましたね(><)

もし、死者が誰か確信が持ててないんだったら まずいだろ。。
風見くんじゃないよ。。

この手の話は 最終回に近づいてきてから情報量が増える人が犯人だよ。。
風見くん このところ 全くっていいほど 出てこなかったやん。
勅使河原くんの 幼馴染ってことと、委員長で 恒一にお見舞いに来た時、握手するのを
躊躇ったってくらいで 他に情報ないよ。。

それにしても 勅使河原は誤って風見くんを殺してしまったと大パニックなのに
「間違えたか、死んでないのかも・・・」って 恒一は妙に冷静。。
「とにかく まず生きているか確かめよう」なんて悠長な(><)
生きてるかもしれないんだから もっと急いで助けてあげてよ~~~

風見くんは 結局 死んでいなくて 勅使河原の様子がおかしいってことから
望月くんにテープのことを聴いてしまい・・・

いやいや 大変なことになってます

なぜか食堂は火の海で 管理人さんが無残な殺され方をしているし(><)
前原くんも 大怪我してるし、何でなんだよ~~って思ったら、どうやら管理人の
おばちゃんがおかしくなってしまっているようで。。
このおばちゃん、何なん??

杉浦さんは 鳴とよく似た女の子が小学校の時いたという話を赤沢さんにします。。
それって 鳴の従姉妹のミサキのことだよね。
眼帯もしてなかったっていうし。

でも ふたりは 鳴に従姉妹(双子の姉妹がいた)ことを知らない。
なんかこのふたりおかしいなとと思ったら この時すでに望月くんから テープのことを
聴きだしていたんですね。

それで 鳴が死者だと思った。。

杉浦さんは すっかりおかしくなってしまって、放送でテープを流し 今年の死者は鳴だと宣言!
エライことになってしまいましたね。。
間違った情報を思い込みで流してしまうとは。。 

みんなが寄ってたかって鳴を亡きものにしようと・・・!
が、追いかけてきた小椋さんは 窓から落ちて悲惨な状況となり、杉浦さんもしぶとく
追いかけて来てましたが 結局 災厄に巻き込まれることに。

食堂の爆発によって前島くんと 皇子くんもお亡くなりになったようです。

怪しいと思っていた三神先生まで 顔面ヤラレテしまって・・・。

前回、絵を描いてるってことがわかったし、三神先生が美術の先生ってことから 
この二人は 同一人物で 三神先生は一昨年亡くなったと思ったんですけどね。

だから 九官鳥が「レイちゃん、どうして」って おじいさんとおばあさんの言葉を覚えて
いたんだろうと。。
さすがに 九官鳥の記憶は改竄できなかったってことで。

三神先生が怜子さんなら 恒一が自己紹介をするときに 二人が目配せしてたことも
繋がるし、望月くんが 三神先生のことを恒一に訊ねたことも辻褄が合う。

恒一のお父さんが久しぶりの夜見山はどうだ?って訊いてきたことも お葬式とか法事とかで
何度が来ていたのかもしれないし、その時、入院して赤沢さんに出会っていたのかもしれない。

と 思ったんですが、三神先生が死んでも災厄がとまらないから 死者は別にいるってことか。

鳴は ついに 死者を殺りにいく覚悟を決めたようですが・・・

とっとと行動に移さなかったってことは、鳴にとっても 仲が良かった人なのかな??
学校では 眼帯を外してなくて 合宿所で初めて死者が誰かわかったのだとしたら・・・

望月くんと勅使河原くんが 怪しい??

赤沢さんが 死者なら 彼女を殺す行動にでるでしょうが、鳴は そうはしなかったから
彼女は違う。

いや~~ん ここにきて わからなくなってきましたよ。。

いや、まてよ。。 三神先生が死んでしまったかもしれない大怪我をしてるのに
もし あれが怜子さんであるなら、恒一は ほって逃げたりはしませんよね?
やっぱり 違うってことか?


次回予告では 鳴が 死者を殺すって感じではありませんでしたね。
恒一が死者を教えてもらい、代わりに殺るってことかな?
鉈を持って歩いてるし(><)

でも 雷が落ちてきたし、もともと爆発して炎上もしていたしで、建物ごと燃えてしまって
結局誰が死者か わからなかった・・・なんて ことにはならないのかな??

あと あの管理人のおばさんは 何なの!?
おじさんの状態が酷過ぎだわ。。

 

で、娘によるとですね、OPに出てくる人は生き残る人ではなくて お亡くなりになっていく人
のようです。

1・2・3話  4話  5話  6・7話  8話  9話  10話  11話

赤沢
杉浦                                  (11×)                                  
桜木(3×)→中尾           (8×)→皇子&猿田  (皇子11×)
高林         (5×)→前島                 (11×)
勅使河原
小椋                                  (11×)
綾野                        (9×)→金木&松井
望月
水野    (4×)→久保寺 (7×)→三神

お亡くなりになると 次の人へと変わっていくようです。。

娘によると、三神先生は 確実にお亡くなりになったのかどうか怪しいってことのようですが。。

次回、いよいよ・・・。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「ガラスの仮面」 48巻 感想です^^

前回 一気に進展したマヤと真澄さんでしたが、今回は・・・

大いに後退ってところでしょうか・・・(^^;

幸せの後には 必ず不幸あり・・・って 昼ドラの世界ですよね。。
うわぁ・・・勘弁してくれ。。(><)苦手。。

早く紅天女の話を進めて欲しいのに ドロドロの愛憎劇へ突入。。

 

【送料無料】ガラスの仮面(48)

【送料無料】ガラスの仮面(48)
価格:420円(税込、送料別)

これまでの感想はこちら。 

紫織さんのような自分本位で迷惑な人は 少なからずいることでしょうし、
もともとは 速水の家から持ってきた縁談ってことですし、婚約まで進めておいて
自分の気持ちに今頃気づいたから お断り・・・って 真澄さんも やっぱり責任が
無いとは言えませんよね。

大体、自分の気持ちに気づくのが遅すぎですし 若い子ならいざ知らず・・・。

意中の娘と両想いってわかって 舞い上がってる状態なんでしょうが、大事な話だから
もう少し、時間を掛けて相手を説得するなり、諦めてもらうようにするなりすべきだったでしょう。
この先、紫織さんの人生を背負っていく展開になりそうで 重くて・・・重くて・・・

ま、紫織さんがやってる内容に気付いた時点で この人はおかしい、ヤバい人だと
見抜けなかったことも 真澄さんの落ち度でしょうね。

亜弓さんも 相変わらず人間離れした技の習得に余念がありません。。
目を患うことで マヤの世界に近づいたと皮肉に思う亜弓さん。。
人間離れしたことで 紅天女にも近づいたようで・・・(^^;

小野寺先生と赤目さんの前で紅天女を演じてみせますが、目の焦点が合っていないことが
却って 人の世界を見ていないようでもあり、神秘性を増し女神のような存在感がUP

でも、この先一生 紅天女だけを演じていくのであれば、視力が戻らなかったとしても
培った経験で乗り越えられるのかもしれませんが、女優としていろんな役を演るつもりなら
目の焦点が合っていないことは 相手の役者にとってもやりにくいことですし 役者としては
致命的なんじゃないでしょうかね。。

とはいえ、大御所の赤目さんを本気にさせるほど、亜弓さんの演技は惹きつけるものがあり
そのまま試演に臨むことになりました。

稽古場に戻ってからも 鬼気迫る演技に周囲は驚きを隠せず、以前よりも評価が上がります。
まるで マヤが演技に没頭して覚醒してるときの状態を手に入れたかのような亜弓さん。

亜弓さんとマヤとでは 神秘性に違いがあるけれど、月影先生の紅天女に近いのは
亜弓さんの方って気がしますね。

が、完璧な様に見えた亜弓さんの演技でしたが、写真家のハミルさんには眼の焦点が
合っていないことから 病気のことがバレてしまいます。
これでハミルさんのポジション確定v

プレイボーイってことですが、亜弓さんのことは特別だと追っかけしてますし 歳の差は
ありそうですが、それはマヤも同じ。
ちゃんと会話が出来てるようですし 何より、ハミルさんが 亜弓さんの笑顔に ハート
奪われちゃってますからねwww

これは マヤの笑顔に堕ちた真澄さんと一緒だwwww

が、亜弓さんの方が一足お先に大人の階段を上ってしまいそうです。。
だって ハミルさんは経験豊富だけど 真澄さんは ほら・・・  o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン


一方、マヤたちの方も 桜小路くんが怪我をしたことで 相手役として演じるマヤにも
成長がみられているようです。
相手に合わせることをやっと覚えたようで・・・ よう そんなんで今まで演れてこれたなっと。

前よりもずっと演技がよくなっていると言われる二人ですが、黒沼監督には見抜かれてます。
ズバリ、桜小路くんの嫉妬心がお邪魔虫になっている・・・!
とまでは 解っていませんが、桜小路くんが マヤをけていることに気付きます。

この子も若いからね。。
歳くってるはずの速水さんですら 両想いって解った途端に花なんか飾っちゃおうかな~~
なんて舞い上がってる始末ですから(^^;
歳若い彼が 動揺しまくって 何が何やらの状態なのも致し方ないww

黒沼監督は、桜小路くんの変化の理由は、事故に遭った日、マヤとの間で何かあった
からだと思い、マヤに探りを入れてきます。
そして 二人の間に “あいつ”がいる・・・っと真澄さんの存在を嗅ぎ取ってwww

いやいや そんなに早く黒沼監督でさえ、核心突いてくるんだったら もっと話のテンポ
上げていこうよwww

「ワンナイトクルーズといえば デートだ!!」って監督ww 笑うわwww

一晩 船上でマヤと真澄さんが一緒だったことから 二人は寝たんか!?
とまで想像したのか しなかったのか・・・ 取りあえず、監督、顔が赤いんですけどww

アンタもいくつだよ。。赤面してる歳かいwww どんだけみんな初なんだ 

 

そして 真澄さんは 意を決して紫織さんに誠意を示そうと出かけます。
結婚式関係の全てをキャンセルして。。

紫織さんが マヤにしてきた数々の嫌がらせを一々全部洗いだして 紫織さんに
突きつけました。。
コレじゃ 紫織さんを追いこんだだけなんじゃ??

ここは 自分が嫌われるように仕向けなくては・・・??
ちょっと変態っぽくしてみるとか(あ、でも余計に紫織さんの嗜好に合ってしまう危険性もww)

正論で進めていってしまったばっかりに 紫織さんは 自分よりもマヤの方がいいから
とか
自分が意地悪なことをしたばかりに嫌われてしまったんだとか 思ってしまったわけですよね。

しかも 「どんなに謝っても あなたを傷つけてしまったことにかわりがない」と言いつつも、
「どうか ぼくを許してください

って・・・!
女々しいぞ、真澄さん(><) 
そこは 恨んでくださいって 言うとこだろ??
全部自分がひっ被って悪者になることで 女の気が収まるようにしむけなくちゃならんだろ?

「自分を諦めてください、でも 許してね」

では 虫が良すぎる。。
断らせるには 「こんな奴はこっちから願い下げだ」って思わせるしかないのに・・・。

相手に未練を残させるような別れ方をしたばっかりに・・・
真澄さん トンデモナイ拾いものをするハメに(><)

紫織さんが ダークな女の意地を見せてしまいました。。
これまで アレだけ陰湿なことをしてきた人だからね~~
明るい別れ方ができると 思ってたら大間違い・・・。

一途な思いは 時に 見事なまでの恨み昇華するという・・・
これで 一生、真澄さんは 紫織さんの面倒をみるフラグか??

マヤは 紅天女の役は手に入れても 女の安定した幸せを手に入れることは
できませんでした。。
って 話になるのか!?

亜弓さんは やるだけのことはやったけど 紅天女は手にすることは叶いませんでした。
でも 世界的に有名な女優となり、素敵な旦那様をみつけましたとさ。。

ってことになるのか!?

 

ついに 廃墟での試演が始まろうとしています。
黒沼監督・・・ 車検を通してない車で公道を走っちゃいけません(><)

亜弓さん・・・ 眼が見えていても危険なものがゴロゴロしている場所での試演なんて無謀です。
これで 完璧に演じきったら エスパーとしか思えませんwww

 

 

最後に一言。。
帯の真澄さまが 貴乃花親方にみえたのは私だけでしょうかwww

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

週刊少年ジャンプ 最新16号一言感想

今週は とにかく週末が忙しかったです(><)
ジャンプもすっかり後回しで。。

では ざっくり掲載順に一言感想です。

まず表紙&巻頭カラーは ONE PIECE

それにしても 今に始まったことではないけど カラー扉絵のナミさんの足。。
あれはないんじゃないかなwww サンジの手の半分の大きさもないなんてあり得ないわww

ONE PIECE
なんだか よくわかりませんが あっちもこっちもでバトル勃発。
早くみんな集合して欲しいものですwwwバラバラだと状況がつかめないくてwww

NARUTO
デフォルメされて戦闘状況を説明してくれるナルトたち ありがとうwww
多重木遁分身と影分身の違いは何なの??
サスケとイタチがカブト相手に共闘。これは見物ですけど ちゃんと戦えるのかなww

SKET DANCE
椿をお姫様抱っこしかけてたよね キリwww ギャングvs忍だと 忍の勝利ってことですねv

バクマン。
いよいよ公開オーディション開始。ライバルたちが 次々に台本を読み、演技をしていき
ますが 亜豆は台本を持っていきません。しかも台本は綺麗な状態で読み込んだ後もなく。。
原作の全てのセリフを暗記してるから・・・ってことでしょうが、原作のセリフとアニメのそれとは
違うことって多いですよね。気合はわかりますし、入れ込みようも解りますけど、
仕事としては、ちょっと 亜豆無謀過ぎるんじゃないでしょうかね??

パジャマな彼女
雪姫さん 色っぽいポーズで可愛いですが あの胸www 指がめり込むほど柔らかいって
人工ですかwww

REBORN!
8人目のアルコバレーノに復讐者の登場で代理戦争は もはやルール無用の状態??
エライコッチャのようです。。

ハイキュー
レシーブもトスもスパイクも全部オレ一人でやればいい・・・。いえ、無理です 反則ですww
“王様”と言われる度に怒る影山。どうやら 前のチームではあまりにワンマンだったために
チームメイトから試合中にそっぽ向かれてしまったようで(^^;
対戦相手の新一年生は わざと影山をキレさせようとしますが それよりも先にキレたのは
日向と田中www3対3が楽しみです!!

黒子のバスケ
紫原くん 本物のバケモノです。。「楽しかったバスケ?」のコマは木吉に攻められる
紫原くんって感じでドキッとしてしまったのは黙っておこう。。

パッキー
感想よりも 何でこの位置にいるのかがわからんわぁwww

ニセコイ
鶫ちゃん、リボンはやめておこうww 楽には変化はないものの、鶫ちゃんには 大変化の
兆しですねwww これは笑えるわwww話に広がりが出て来て楽しいv

ぬらりひょんの孫
4週目ってことで Cカラーですが順位はここじゃないよね??水蛭子vs土蜘蛛のバトルが
面白くなりそうですね~~デフォルメ妖怪たちが可愛い♪

magico
何 お兄ちゃん 自分の抱えてた不安とか自分の本当の姿とか認めてすっごいヘタレ
なんですけど 可愛い!!こりゃ きゅんとくるわねww
シオンたちも新しい思い出が一個増えてめでたし、めでたしv
それにしても 掲載順位があがってますねぇ~

銀魂
なんで この位置なのかな?
「いいのね ここからは何人斬っても」って信女ちゃんがかっこええv
なんかメチャクチャ強い人来たわ・・・銀さんヤバって 思ってたら いよいよ
白夜叉銀さんの話に突入ですか!?
うわ~ 白夜叉の銀さん 若くてええやん続きが早く読みたいです!

いぬまるだしっ
園にインコですね。すぐに言葉を覚える賢い子のようですが 「レイチャン ドーシテ」
とか言わなくてよかったwww
が、かいつまんで覚える能力はすごいかもww そしてインコが上手いよ、大石先生ww

べるぜバブ
兄妹そろって恋のお相手を見付けたようでwww 葵ちゃんに 坊、どうするwww
不良高校も 大したことなさ気で面白いことになりそうww

クロガネ
青春は自分流の動きに変えて来ましたね。剣道のことはよくわからないのですが
こういうのはアリなんですかね?反則との境界線ってどこなんでしょ??

こち亀
中川や麗子が 500円をもったいないというとは。一般庶民とはかけ離れ過ぎた生活を
しているというのに よくわからない金銭感覚の人たちww

DOOR CONBOU RO
久保先生休載ってことで 赤塚賞佳作作品が掲載なのかな?
まさに「虚無感」期待どおりでしたww

HUNTER×HUNTER
パリストンとジンが“十二支ん”脱退ってことで しばらくまた休載だそうです。。
なるべく早く復帰されるとのことですが・・・(^^;

めだかボックス
4月からアニメスタートなのにこの掲載順にって大丈夫か??
それぞれ候補者の演説も終わって投票開始。次号、決着。

ST&RS
う~~ん 星が生命体ってのは 私もアリだと思うんだけど、その意識体が 人間という
小さな意識体が認知できるようなものなんだろうか??
扱っている対象が大きすぎて もはやよくわかりませんww
宇宙人くらいまでに留めておいた方がよかったと思うんだけど。。

 

BLEACH 休載とは。。
久保先生インフルエンザだそうで。。お大事になさってくださいって もう 治ってはるでしょうね。

では 今週はこの辺で。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2012/03/19 00:57 ] 少年ジャンプ | TB(7) | CM(0)

BRAVE10 第11話「闇の慟哭」 感想

「それも ぜ~~~んぶ あなたのせい♪」

半蔵が言葉攻めで ねっとりと伊佐那海を煽って行きますwww
どんどん奇魂の力よ 大きくなぁれ~~

ってとこでしょうけど、怖いもの知らずの半蔵くんv
アナへの鬼畜っぷりが描けない分、伊佐那海への言葉攻めでうっぷんを晴らして
いるのでしょうかwww

鎌之介は 才蔵が伊佐那海に付きっきりってことで イライラしてますwww
その感情が何故なのか解っていないところが鎌之介らしいですが、
「才蔵と滾りあいてぇ!!!!」って 結構 素直だったりwww

っと ちょっと黒くなったにょろくんが鎌之介の足元を通り過ぎて行ったと思ったら・・・
「何をしているんです?姫さま・・・」

キタ━━━━━━ (/∀\*) ━━━━━━!!!!

ライズキマシタ!! 鳥さんですね やっぱり よっしゃ(〃∇〃v)

鎌之介は 朽葉の幻術に堕ちました。。
彼の幻術は幸せを感じさせて永遠にその世界に意識を閉じ込めるもの。。

鎌之介は 姫さまで ライズという従者が。
お見合いを兼ねたような晩餐会への出席を嫌がる鎌之介。

ライズが触れた温かい手のぬくもりに あの時のよう・・・っと何かの記憶が脳裏を横切ります。
この二人のやり取りを聴いているとBLCDを聴いているようですwww

晩餐会の席は 退屈で 結ばれたい相手もいないのに・・・っと思う鎌之介ですが
時折 誰か(才蔵ですねwww)の残像が脳裏に現れます。

赤い髪と一族伝統の刺青を嘲笑され言い返していたところに 薔薇風呂を用意したライズが
迎えにきます。

薔薇風呂に浸かりながら鎌之介は 晩餐会の席で言われたことで 女らしくない身体だけは
気にしていると言います。

「それはそれで可愛らしいですよ。私はどんな姫でも大好きです」

はい!!つまりは 胸があろうとなかろうと 女でなくとも一向に構わないどころか
むしろ 男上等ってことでいいですね!

そんなライズの言葉に 「もしかして 運命の相手って案外近くにいるものなのかもしれない」
っと思う鎌之介。。
「私 ここが好き・・・ずっとここにいたい・・・」

「ずっといらっしゃればよろしいでしょう」
鎌之介が嫁に行かないことを むしろ嬉しいくらいだと言い、髪に触れるライズ。

幸せに身を委ねて・・・ずっと・・・

「そう・・・ずっとこのまま・・・私とともに・・・」 鳥さんのエロご馳です(p≧∀≦q)〃
口づけようとするライズ。

これが鎌之介の意識から出来上がっている世界なら・・・鎌之介は やっぱり
女の子ってことですよねwww
それに あの後ろ姿のくびれとぷりんとしたヒップラインwww

が、しかぁ~~~し 鎌之介が求めるのは 優しい甘い囁きではなくて
刺すような冷たい視線www ドMだったwwww

求めるのは血の匂い。アイツの目はれるような人殺しの目。
求めるのは至高の快楽!

鎌ちゃんは ド変態なので 普通の女の子が憧れるような接待ではダメでしたwww

殺し合う気の高ぶり!って全裸で大暴れを始める鎌ちゃんでしたが、胸のところには
しっかりと泡がwww どんなけ泡 頑張るんだwww
あくまで 性別をみせないwww

でも その胸から離れない泡が却って男の子ではないと言っているようなものではwww

「オレは姫じゃねぇ!!!」
ライズに燭台を刺すと 鎌之介が掛けられていた幻術の世界がれていきます。

朽葉の血を浴び 最高だ・・・って に入る鎌ちゃんwww

なんだ・・・痛みが好きか♪

ってことで 朽葉はめ方を変えて来ましたwww 「朽葉 参る」ってwww
なんか いろいろ妄想が広がって楽しいバトルですv

 

さてさて 甚八さんの方はというと 金髪異人爆乳美女のアナが現れました。
やっとお近づきになれたと喜ぶ甚八さんに 「すぐにさよならよ」っとつれないアナ。
「一回試してみねぇか?」って大人のご挨拶の甚八さんでしたが 触れたら凍らせるって
まるで相手にしてもらえませんv

それでも「中まで冷たいのか?」とか「口を塞ぐなら唇」って あくまで大人のお付き合いを
お願いしてくる甚八さんv が、「即行殺す」って マジ嫌がってるアナww

俺様には夢があるから女の頼みでも「死ね」ってのはきいてやれないという甚八さんでしたが
“夢”という言葉が出た途端に アナが感情をむき出しに。。
それまでクールだったアナが突然 表情を変えたことに「氷の顔が溶けてるぜ」と甚八さん。

ここで アナの回想。。
ずっと 感情を凍らせて生きて来た。
彼女のたったひとつの夢は「王族の証を取り返して祖国へ帰る」こと。。

彼女が探す「王族の証」は半蔵が持っている。だから 彼女はそれを取り戻すために
半蔵と密約を交わしたわけですね。
そして 彼のいいなりでもあったわけで・・・。

半蔵@たかぴろのエロ声を聴くことはできましたが 原作では もっと大人の関係も
強いられてるんですよね。。半蔵鬼畜だから。。しかし アニメではカット。。(><)

誰の指図も受けず自由に生きるという甚八に
「馬鹿じゃないの?弱いものが強いものに命を握られるは当たり前のこと」とアナ。

「あんたもそうなのか?」 図星を突かれ動揺するアナは そのまま甚八をカチンコチンに
凍らされてしまいました。

「自由なんて とうに捨てた・・・ あんたになんかに 私の氷は溶かせないわ」

才蔵の方は 半蔵と長いこと遊んでいましたが ついに伊佐那海が 自分がみんなの
役に立たないことを嘆いていると イサナギノミコトが声を掛けて来ます。。

力が欲しければ その簪を打ち捨てなさい

原作では 伊佐那海とともにいるのは筧さんと佐助なので 灰桜が伊佐那海の前で
バトルしてるんですよね。
ピーピーなく伊佐那海に対して
「小娘の泣き声など興ざめですわ。乾いてしまいます」ってセリフがあるのですが
これは当然カット。。

力が欲しい 圧倒する力が 欲しい!!
伊佐那海は ブラックイザさんの誘惑を受け入れて 簪をしてしまいます。
もうちょっと イザナミノミコトに迫力が欲しいところだけど次回に期待。
力を解放した伊佐那海。。

すると・・・辺りが暗くなり。。

伊佐那海さん にんまりと笑って日食を起こしてしまいましたv

ここまできて やっと伊佐那海の鬱陶しさが薄まってくるんですよね。
アニメでは 才蔵の周りをウロツクことが多かったので あんまり他の勇士との
絡みがなくなってましたが 原作だと もっとみんなでワイワイガヤガヤの感じなんですよね。

次回最終回、 予告で小野D 素なんですけどwwww
いいのかそれでwww

さぁ 尺的には 綺麗に収まりそうですね。
ただ 収まったと言っても 話がまとまるわけでもなく(^^;

取りあえずは 半蔵くんの見せ場があるはずなので(濡れ場はカットだろうけど)
楽しみにしたいと思いますv

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/18 21:10 ] BRAVE10・K・ZETMAN | TB(6) | CM(0)

黒執事 Gファンタジー4月号「その執事、登校」感想です

GFが土曜日発売なのは嬉しいのですが、さすがに今日は娘の卒業式でクタクタww

一日中駆り出されておりました。

やっと 私の時間ってことで 新章の感想行きたいと思います!!

もうGFは入手されてますでしょうか?
今月びっくりでしたよねwww

え??これ 黒執事だよね???だって 坊ちゃんがここにいるし・・・
え?? でも どゆこと?? って感じでwww

しかも ※このマンガは「黒執事」です。
って わざわざ注意書きまで入ってるしwww

そりゃ 坊ちゃんがパン加えて 「遅刻するっ」なんて どこかの少女漫画に出てくる
ヒロインみたいに走っていたら ブッタマゲルというものです。。

 

まさかの新章にいろいろびっくりwww
とにかく今月号は 「なにやってるんだ、ミカエリスくん」でしたわ

 

では 改めまして 扉絵から。。

まず ここからびっくりは始まっていたんですよね。

坊ちゃんが教科書らしきものを抱え、エンブレム入りのコートを着て歩いてる!?

は!? 坊ちゃんが学校ですか!?ってwww

烏羽色の正装は伝統と格式の重み

これじゃまるで 坊ちゃんが貴族の子息が通うような学校に入学したみたいじゃないですかww

なんて 思ってページをめくったら 次のページには あのパンならぬ、ビスケットを口に
咥えて走ってる坊ちゃんですよ!?

いやいや メチャクチャ可愛いんですけど(p≧∀≦q)〃
燕尾にタイなのに 髪はあっちこっちに跳ねて寝癖だらけ、ネクタイも怪しげで。。

学校の正門が閉じられようとしている寸前に 「待ってください!!」って駆けこんでくる。
全力疾走したみたいで どうやら 身支度も自分で行ったような・・・

セバさんはどうしたの??っていうよりも これは一体どゆこと??

ここはテムズ川のほとりに学び舎を構えるウェストン校 
英国屈指の名門パブリックスクールである・・・

って やっぱり貴族の子息ばかりが学ぶ超高額の寄宿学校のようです。。 

「何事も最初が肝心だ 気を引き締めなくては」
坊ちゃんが芝生に足を踏み入れた時、周りにいた生徒たちが一斉にざわめき立ちます。

「あいつP4でもないのに 芝生に入ったぞ」

P4って なんぞ??
ペルソナ4ではないことは確かなようですがwwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン 

するとそこへ P4(プリーフェクト4)と呼ばれる賑やかな4人の男子学生が現れました。
みなさん とってもびやかww

その中の一人が 坊ちゃんが芝生に足を踏み入れているのをみると キッって目つき鋭く
やってきます。
「やばいぞ あいつ!」

いきなり坊ちゃんのネクタイを締めあげると
「タイが曲がっているぞ」  っとにっこり

殴られるかと思って目を閉じた坊ちゃんでしたが、意外にも優しい人だったようです。

名前を聴かれ「ファントムハイヴです」と答える坊ちゃんでしたが、「聴かない名だな・・・」っと。

どうやら 坊ちゃんは今日から青寮(ブルーハウス)に入る新入生ってことのようです。。
“芝生を横切っていいのは監督生・プリーフェクトとその許しを得たもののみ”って
校則があるようで、「次からは気をつけろよ」っと 特にはお咎めなし。

坊ちゃんに声を掛けた4人組は監督生・プリーフェクト、いわゆる寮長のようで、
この学校では 監督生だけが好きな生地で仕立てたベスト(ウエストコート)
着れるのだそうです。
そのために4人は他の生徒とは違って 色つきベストでびやかだったんですね。

でも 派手なのはベストだけじゃなくて スラックスもじゃないでしょうかねww

坊ちゃんは同じ1年生から 4人の寮長について教えてもらいます。

赤いウエストコートは特別高貴な身分の生徒が集まる「深紅の狐寮」の監督生
エドガー・レモンド   長髪でキザな感じのイケメンの男の子

緑のウエストコートは武道やスポーツに長けた生徒が集まる「翡翠の獅子寮」の監督生
ハーマン・グリーンヒル  オールバックの堅そうな男の子

青いウエストコートは勉学に長けた生徒が集まる紺碧の梟寮」の監督生
ロレンス・ブルーアー   独特のヘアースタイルのメガネの男の子

紫のウエストコートは一芸に秀でた生徒が集まる「紫黒の狼寮」の監督生
グレゴリー・バイトレット 頭からフードを被って魔女みたいな男の子 化粧してるし。
一人だけタイの結びも妙。。

みなさん名前にそれぞれの寮の色がしっかり入っているので覚えやすいですww

 

さて、坊ちゃんがなぜ こんなところにいるのかというと・・・

前回の「女王からの手紙」は
女王のいとこのクレメンス公爵の息子デリックが 休みにも帰省しなくなり様子がおかしい
ってことで 坊ちゃんに原因を調査せよとの依頼だったようです。
他にも同じような状況になっている生徒がいるようで 坊ちゃんは潜入捜査をすることに。

今回は貴族の子息ばかりの学校ってことで偽装も難しく、坊ちゃんが直々に調査することに。

「問題は空席があるかどうかだが・・・」という坊ちゃんに
「ないのなら お作りになれば良いのです」っと微笑むセバさん。

学校内の調査が坊ちゃんがすることになり、セバさんには
「見つからないように僕をサポートしろ」と命じます。 
イエス マイロード。

っと まぁ そういうわけで 坊ちゃんが学生生活をしているのですね。。


紺碧の梟サファイア・オウル寮(通称・ブルーハウス)では 新入りである坊ちゃんの
歓迎会をすることに。
ちょっと意地悪そうなクレイトンって先輩が 我が寮伝統の歓迎会だといって
みんなでシーツの端を持つと坊ちゃんを乗せ ボーンって宙へ放り投げます。

次はもっと高くだ

何度も放り投げられ、坊ちゃんは咳込みます エライコッチャだわ(><)

っとそこへ 「何を騒いでいるんです!!“Y”をつけますよ!」

Yはなんだそうですが、寮監がやってきました。

「やれやれ・・・ 伝統とはいえ 程ほどになさい 君が新入生のファントムハイヴ君ですね?」
倒れている坊ちゃんに手を差し伸べる寮監の顔を見上げると・・・

 

「ようこそサファイア・オウル寮へ・・・ 寮監ミカエリスです」

 

見つからないようにサポートするはずが、堂々とミカエリスくん 現れました
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハ !!

いいのか それでwwww

これは 次号、坊ちゃんにこっぴどくお叱りを受けるのではないでしょうかねwww

それにしても ドヤ顔で現れたミカエリスくんのエロ美しいことwww
かてきょーを彷彿とさせる髪の耳掛けにメガネ!!

淫靡さ ダダ漏れですww     (/∀\*)

 

このところ 血なまぐさい話が続いたので ちょっと笑えるようなギャグ章になって
くれないかな~~なんて 思ってみたり。。

セバさんと坊ちゃんの楽しい凌ぎ合いが見たいものです♪

ま、女王の依頼だから どうせまた ヤバそうなことになったり 危ない目に遭ったり
することになりそうですが いつもは年不相応に背伸びしている坊ちゃんなので
同じ年頃の子どもの中で これまで経験した来なかった学生生活を ホンの少しでも
楽しめたらいいのになっと思っています。

新章では 坊ちゃんの笑顔がたくさんみれますように。。

そして、ミカエリスくんの活躍にも期待したいと思いますwwww

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2012/03/18 02:00 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

妖狐×僕SS 第10話「裏切りの妖狐」感想

やっと 双熾の過去の話に辿りついたようですが、原作では 蜻さま登場で すぐに
この展開になるのですが、アニメでは一反退場の後、再登場して この話に繋げてきた
ようです。

ひとつひとつの話を丁寧に見せるのはいいのですが、ちょっと間延びしてしまった感が
否めない。。
原作はテンポの良さが楽しいというか 怒涛の展開なのに ほんわかほのぼの回が
長すぎたような。。

この後、まだまだ 大きな山場が来るわけですが、どう締めてくるのでしょうか??

ってことで 今回もざっくりの感想です。

結局、コーヒーを飲む件は 蜻さま出没によって流れてしまったようです。
蜻さま 大暴れww

凛々蝶に 明日は土曜日だからゆっくり話そうってことでしたが、土曜日も学校が
あるのですね。私立なのね。

幼い頃の凛々蝶は 家にも学校にも居場所がなくて 婚約者である蜻蛉との文通が
唯一の気を紛らす手段。
特に 何かを伝えたかったわけではないと言いながらも、幼い頃の凛々蝶は明らかに
返事がくるのを楽しみにしていたようで。。

ちょっと このあたりも回想で引っ張り過ぎかな。。

凛々蝶が 前の主人である蜻蛉の婚約者であることを知っていた双熾。
何もそれに関して興味を持っていない様子に 彼にとって自分は恋愛の対象ではない
のかと思う凛々蝶。

っと、下校時に蜻さまが中華をご馳走してやるってことでお迎えに。
カルタちゃんも同乗。
双熾が迎えに来るからと断ろうとする凛々蝶でしたが、婚約者同士で食事をするから
遠慮しろと言ってあるから来ないという蜻さま。

中華料理店でも水族館でも所構わずワールドを展開する蜻さまwww
その後もずっとこの調子で 夜まで凛々蝶を引っ張り回しますww

すっかり遅くなってしまって コーヒーどころではなくなった凛々蝶は とりあえず
お詫びのメールを双熾に入れますが、いつもは即行返事が返って来るのに 
今日は 全く音沙汰なし・・・。

いつもと違う状態に不安になる凛々蝶。。もしかして怒っているのではないかとか。
そわそわしながら 返信を待つ凛々蝶が可愛い アングルもwww

あまりに気になった凛々蝶は ついに直接会って謝ろうとメロン持参で双熾の部屋を
訪れます。

っと、いつもと違い、私服にメガネの双熾が出て来ました
髪が濡れていることからお風呂に入っていたのかと思う凛々蝶でしたが そのまま
予定と違って テンパってしまいます。
またもや 思ってもいなことを口走り・・・

すると 双熾の方が 凛々蝶がまだ制服であることから こんな時間まで蜻蛉と一緒だった
のだと気付き、「二人のことに関して自分に謝る必要などない」のにと言ってきます。

そして 「まんざらでもなかったのでしょうか?」とも。。
「男に気を持たせることがお上手だ」と言う双熾は いつもの双熾には思えず・・・。

凛々蝶の手を取り「例え何があったとしても 拒まれたとしても もう契約はなされたのだと
覚えておいてくださいね」
っと。

凛々蝶は 双熾に「まんざらでもないのか」と言われたことでショックを受け
今日は帰ると 部屋に戻ります。

そんなわけないのに・・・ずっと返りたかったのに。。
御狐神くんと一緒にいたかったのに・・・

自分の頬に涙が流れているのにハッとする凛々蝶。
自分が双熾に対し、恋愛感情を持っていることに気付きます。。
僕は 御狐神くんのことが・・・

一方、双熾の方は 何か思い悩んでいることがあるようで。。
翌日、朝早く 気配を消して 蜻蛉に近づきます。

蜻さまのところへ来たのは 凛々蝶に あの話をしないで欲しいと懇願するため。
そのためなら 何でもします。

が、双熾の「何でもする」は 本当に何でもするからつまらないという蜻さま。
相手に屈辱を与えてこその悦楽なのに 双熾にかかってはどんな屈辱的な事であろうとも
微笑みすら浮かべ堂々とやってしまうから・・・。

「こちらの方が下位にあるように思えてしまうことが 気にくわなかった・・・。

そんな貴様がこんなに頼んでいることだ・・・ だが 断る!!」

しそうな蜻さまwwww 
「初めて平伏する気持はどうだ~~~」ってんでるww

「いつでも蜻蛉さまには平伏しておりましたよ。」っと言いつつも

「今回は些事ではありませんのでもう少しお願いしてみましょう・・・」っと双熾は九尾に
変化します。

蜻さまも 相手をする気満々で 大喜びで鬼に変化
いや~~蜻さまって 和服の方が素敵だと思うわ。
黒い髪といい・・・マスクをとった蜻さまは・・・ 早く見たいですわ

双熾の本気の太刀筋に、蜻さまも 「私のプレイも味わってみるがいい~♪」
本気で刃を交えることに。

で、今回は完全に蜻さまのターンだったので EDも蜻さまwww

 

Cパートでは よく眠れなかった凛々蝶が 飲み物を買って朝日でも浴びようとやってきます。
エレベーターを降りたところで 二人のバトルを目にしwww

蜻さまの喉元に切っ先を向けている双熾。
何やらお願いをしているようですが、蜻さまは・・・
「貴様など 爽やかなオーラで回りを謀っていて その実 ピーだろうが、
それを認めれば聞き入れてやってもいいが~」

「わかりました。その汚名甘んじて被りましょう。僕は爽やかなオーラで回りを謀っていて
その実 ピー 鬼畜のド変態・・・」
このピーの中には 絶倫とか そんな感じの言葉が入るんですけどねww

肉便器よりも 全然ピーではないと思うんだけどwww

 

この蜻さまが双熾にめられている図大好きwwww

SvsS ではありますが、超ドSの前には SはMに転属するという方式が成り立ちますv
Sに見えてその実 “M”っていうのは蜻さま自身のことだと思うわww

 

凛々蝶は双熾に刀を引かせると どうしてこうなっているのかを蜻さまに問います。
原因はどうせ 蜻蛉だろうと・・・。

「私が加害者か?いぞ いぞ♪」

が、蜻さまは 双熾は悪くないと思っている凛々蝶に 彼も自分と同じで同罪だと言います。
その理由は・・・

「双熾から直接聞いてみるといい」っと。
双熾は化かすのが得意だが、凛々蝶には嘘はつけないだろうと・・・

「嘘くらいつけます。 その方がいいはずですから。ずっと隠していくつもりでした。
でも 他人の口から明かされるなら 自分で言った方がいい。。
僕はあなたを していたことになります・・・」

 

やっとこさ ちょっと進みましたねwww
双熾が隠していたこととはなんでしょう~~

って 凛々蝶にとっては 聴いても大したことでは なかったんですけどね。。
っということで この調子だとラブラブのところまでしか話が進まないのかな??

その先に 大きながくるんですけどね~~
そこまでやったら 2期は決定ってことになると思いますが。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ギルティクラウン 第21話「羽化:emergence 」感想

そっか、涯が 成し遂げたかったことって 一貫してたんだ・・・。

白涯さんとして再生してからも 彼は彼のままで 彼の行おうとしていたことを遂行
していたに過ぎなかったんだ・・・。

そうだよね。すっかり惑わされてしまったけど、彼が求めていたことは 真名を消すこと。

だから 茎道らに再生された後、また 真名が復活しかけていることを知った時、
もう一度 真名を完全に復活させた後に消そうとしたんだね。。

涯さん・・・。それを 誰にも言わず たった一人で成し遂げようとしていたんだ。。

本当は やっぱり集を巻きこみたくなかったんだね。。
自分だけが その手を汚して世界中の憎しみを請け負って それで構わないって
思っていたんだ・・・。

やっぱり 涯さんは イイ男だった・・・。切ないよ。。( p_q) 


うん、ギルクラ 本当に設定は素晴らしいと思う。。作画も秀逸。

なのに 残念なことに キャラの掘り下げが不十分だから その良さが伝わってこない。。
脇キャラも魅力的な人が大勢いたのに 活かしきれてなくて。。すごく もったいない。。

もう少し、それぞれのキャラが何を感じ 何を苦しみ 何を望んでいるのか 解りやすく
描いてくれたら 深みのあるいい作品になれたと思うのにね。。


最終的にここに着地するのであれば もうちょっと前半の集のグダグダさ加減も控えめに
イベントも少なくてよかったから メインキャラの心情を描くべきだったんじゃないのかなっと。
学生とか 親衛隊とか どうでもいいキャラに関しては 完全脇キャラにして ばっさりと
切ってしまった方がすっきりしたと思うし。

 

今回、白涯さんが復活したとき「終わらせることも許されないのか・・・」ってつぶやいていて・・・
あれで 全てがわかりましたね。

感情も何もなくなって ただ操られていたわけでもなかったし、世界を破滅させたり、
支配することが白涯さんの目的ではなかったってことも はっきりしたし。。

集に対する思いも いのりとの会話で わかったし・・・。

いのりを 生み出したのが涯であったことも繋がったし。

涯が 葬儀社を設立させたのも GHQの支配から日本を解放させるってことじゃなくて
真名を復活させるための手立てを潰そうとしてたってことなのかな。。
だから その器であるいのりを奪いだし、阻止しようとした?

真名の器として形成されていた少女を起こしたら そこには新しい人格が生まれていた
ってことでいいのかな?
いのりと名付けたのが涯ならば 涯にとってはいのりは正に“いのり”。

出来れば 涯さんと葬儀社形成時のこととか 回想でいいので入れてくれると嬉しいのですが。。

いろいろあったけど 集の周りには人が集まり、助け合って戦うこととなり、
反対に涯は たった一人で戦うこととなったようです。。
二人とも名前の通りになってしまいました。。

涯は 大切に思っていであろういのりでさえ、集から恨まれることも承知の上で、
真名を蘇らせるために 消し去ってしまいました。

だけど 最後にいのりが流した涙が 何か新しいものを作り出したみたいだったので
これが 新たに救いとなるのではないかと思ってみたり。。

涯は 真名を道連れに葬りさられることを願い、そして 後の世界を涯といのりに
託す・・・って 感じになるんでしょうかね。。

涯が 一貫して望んだことは 真名を消しさること。
たった一人の女をこの手に抱くことってのは そういうことなんだね。。

ああ・・・ でも やっぱりさ、真名がもっといい女であってくれたらよかったのに。。

涯が消し去ることを苦悩するくらいに いい女で。。けれども その存在は 人類にとって
不幸にしかならないから 苦渋の選択をするって感じで。。

今の真名だったら 消されて みんな大喜びv でしょ。

真名が消されることにも いのりが消されることと同等の 痛みが伴うような
半身切れる辛さを感じるようなキャラだったらよかったのにと・・・。
涯の選択を みているこっちが辛くて泣けてくるような・・・。

それだったら 切なさ倍増で 悲劇性が増し、作品としての面白味も増したかと。。

涯の256基のルーカサイトっというのは はったりでただの時間稼ぎでした。
でも そのわずかな時間が自分たちに可能性を残したという集。

いのりを助け出し、涯を止めるのが集の戦いの目的。

綾瀬とのやり取りはよかったですね。
集に対し態度を軟化させ、助けてもらうことも時には必要なことなのだと受け入れた綾瀬。
集に腕を回すところとか エロっぽいけど こういうのは無駄なサービスのような気がせんでも。
彼女が 今も涯を想っているのなら。。

たくさんの敵機がやってきたことから 随分と恨まれてるねって言われる涯ですが
それも 全て想定内のこと。
「やるぞ」って3人のヴォイドを合わせ弓矢にし 攻撃を仕掛ける涯。
なんと しい。。  (*/-\*)

涯の目的が解ってしまった以上、彼の美しさは切なく痛いです。。

全エンドレイヴ起動ってことでダリルも戦闘に。
自らモルモットのようなことを志願したようで たくさんの装置が彼の身体に繋がっています。

それにしても なんてしいこと!!!ちょっと ちょっとどうしちゃったのよ!!!
ダリルちゃん!!
美麗過ぎて クラクラする。。あの挑発するような表情と言い、ドストライクですけど!!!

彼も面白いキャラだったから もっと活かせたハズなのにね。
まだ活躍するみたいだし期待しておこっと。

システムに侵入し、敵の動きを止める鶫。
その間に、集たちが侵入を計ります。

「これから お前と言う人間を構成していた記憶と感情は全て消失する
お前はこれから 真名として生まれ変わる・・・俺を恨め、いのり・・・」
涯は いのりを消し、真名を生まれさせようとするようです。

「オレがあの時、お前を目覚めさせなければ 何も始まらず、終わることもなかった」
祈りに対し謝罪ともとれる言葉を向けます。

でも いのりは涯に感謝していると言います。
涯が 私に人生をくれた。集と出会わせてくれたと。。

「集はお前に何をくれた?何を見せてくれた?」
「この世界の悲しさと美しさ。集は 苦しんで 迷って間違って 自分の醜さを恥じて・・・
でも 私が好きなのは 集が人だから。悲しいくらい人だから・・・」

入れ物でしかない私が 普通の人みたいに恋が出来た っといのり。。

キャンサー化が進んでいき いのりの全身が覆われていきます。
「それが お前の集への想いか・・・?」涯が訊ねたとき、「集…誰?」
いのりの記憶が消えていきます・・・。

「お前が愛した男の名だ・・・」

うう・・・涯さん。。 真名を消しさるためとはいえ、辛い役割を果たそうとしてるんだね。。

いのりを見つめる涯の横顔が美しくて 切ない・・・( p_q) 

いのりは 消えゆく記憶の中で 歌を口ずさみます。
それを聴きとった集。。
離れていても いのりと繋がっているってことなんでしょう。。

中央作戦司令室へ導かれ そこから 集だけがダァトのユウに連れていかれます。
彼は 人類の意志を決定する機関ダァト その総意を象徴するものだといい、
彼こそがダァトだと。

王の力をまた手にいれた集に 涯とどちらがアダムに相応しいか もう一度検討しなくては
ならないといいます。
どちらが人類の王たるかを・・・。

「人類が次のステージに進むために、全ての人類を滅ぼし 未来永劫、真名と二人で
生きることを誓うか」と問うユウ。
集は即答でります。

それが普通だと言うユウでしたが 涯は眉ひとつ動かさずに「Yes」と答えたようです。
涯には目的があるからね。。当然でしょ。

ダァトの名の元に 集から継承者の資格をはく奪するとユウは言います。
王の権利って そのためのものだったんだ。。

淘汰と進化はこの星の避けられぬ運命だといい、集と戦うユウ。
集は せっかく真名に選ばれながら それを拒み、いのりに入れあげたヤツって
認定を受けているようです。

いのりのことをみんなは知らないと言う集。
いのりは 自分の中の醜さと戦って 苦しんで 同じように間違えて傷ついている僕を
そっと支えてくれた。いのりだけが ずっとそばにいて 僕を支えてくれたんだ・・・

だから 今度は僕がいのりを支えるという集に 「ならばやってみるといい」って ユウは
消えて行きました。
あらあら・・・呆気ない。。組織でも何でもなかったんだねwww

でもさ、みんなはいのりを知らないって言われても、いのりの苦悩については 
もっと深く描いてくれないとわかりにくいよ。。
いのりの中にいる真名に戸惑っているとしか思えなかったし。。
いのり自身の醜さって なんだったんだろう??全ては 真名でしょ??
真名も いのりだから 真名の醜さはいのりの醜さってことなの??

でも 真名の意識のときは いのりには記憶がないみたいだし、それでは 自分が
どう醜いのかも わかってないよね??

ただ 集に邪魔な人間に殺意を向けたとか それだけでは 醜さへの苦悩っていうより
自分が何者であるのかってことへの不安と猜疑しか生まれてこないのでは??

もうちょっと掘り下げるべきだったんじゃないのかな。。

集は 涯のところへ辿りつきましたが 「一足遅かったな・・・」っと涯に言われます。

いのりを糧に真名が復活する。。
失われた・・・俺たちのイヴが・・・!

素っ裸かと思ったら お衣装が形成されましたwww

「始まるのか黙示録の時が・・・!」真名から発せられた光を確認し 茎道もつぶやきます。

ついに真名が降臨!!

 

クライマックスですね。
涯と集が 真名に対し、どうでるのか?

涯はひとりで 真名を止めようとするのだと思いますが、やっぱり共闘になるのかな。

そして 涯は真名の意識とともに消失し 集は残って いのりも あの残した涙が
何か復活の兆しになるのではないかと思ってみたり。。

 

次回予告によると 人類は肉体を捨て、結晶の中に永遠の思考を獲得するだろうって
真名がもたらすのは そういう世界のようです。
つまりは 一度人類を滅ぼすってことですよね。。

心が物質となる・・・ヴォイドはその前触れってことだったようです。。
真名が生まれたことで そういう世界に移り変わるってことなんでしょうが 果たして
その通りになるのか??

最後になって盛り上がるとかって・・・もったいない(><)
設定は面白いのに。。
もうちょっと ナントカならなかったんだろうか。。

 

とにかく、ラスト、見守ろうと思います!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「ちはやふる」16巻感想です♪

念願の団体戦優勝を果たした 瑞沢高校。。優勝旗の重さを実感する千早。

っということで 16巻の感想です。15巻感想はこちら

千早は負傷した指を救急病院で診てもらうことに。

千早はどうしたんだ?って心配する新でしたが
突然 「大学は東京に行こうと思っている」と推薦を狙っていることを太一に話します。

明日の個人戦優勝して 東京へ行く

新の宣言に ドキンとする太一。新が 東京に来る・・・

帰っていく新の背中を見送りながら 太一はつぶやきます。
千早はいつかまた新とチームになりたいと思っているけど おれは違うよ

敵だよ・・・   

近江神宮の鳥居をバックに 右と左に別れていく二人・・・。

これまで 太一は 千早のために一緒にかるたをし、漠然と新を追う感じでしたが 
はっきりと新をかるたと恋のライバルとして意識し始めましたよね。
かるたに対しても チームではなく太一個人として本気で向き合い始めたし。

千早は 剥離骨折のような感じ??で とりあえずは試合への出場は止められてしまいます。

間違えてに入ってしまった男子部屋では太一が寝てます。
そっと太一に近づき 太一の肩にコツっと頭をつけて ありがとうってお礼を言う千早。。
太一、起きてないのか(><)
またもや 寝てるのかぁ!!!

千早もそのまま寝てしまったようなんですが・・・ どうなったんだろww

翌日 千早の指の状態を聴いた部員は 欠場するようにいいますが、千早は 
個人戦各階級優勝のために全力でやるといいます。できるところまでは左手で取ると。

詩暢ちゃんが 相変わらずのファッションセンスで参上www
団体戦なんてお遊びだったと言わせたる 全員潰したるわ
新を含め 全員潰す気満々のクイーン。 表面上はにこやかだけど 気合がすごいwww

そして 個人戦が始まります。

B級会場では 優勝を目指すヒョロくんでしたが そんなヒョロくんに
「おれ なんでこんなところにいるんだろ・・・」っと太一。

ヒョロくんは 太一の言葉を団体戦燃え尽き症候群かと思い、自分の優勝が確定したと
喜びますが、太一にしたら 違うんですよね。

千早の1回戦は 明石女子の夕部。女子には珍しい剛腕払い。
左手で取る千早は 動きが何もかもが逆なことに戸惑いを覚えます。

が、いつもはできることが出来ない代わりに、いつもは出来ないことが出来ることに気づきます。
左手の使い方や出せる角度なんて考えたこともなかった千早ですが 自分で経験することで
左利きの人に右手の囲いはどう見えているのかとかがわかります。
右利きの人は「対右利き」しか想定していなけど 左利きの人から見たら その配置はザル!

でも敵陣は抜けるのに自陣がいつものように守りきれず ブレーキが掛かったように感じます。

っと まだ25枚読まれていないうちに新の試合は終了。相手にお手付きをさせて27枚差。
クイーンも25枚差のパーフェクトで続きます。

新は千早が右手を怪我し左手で取っていることに気付きます。
そして 千早の自陣の配置がこれまでの右手での型であるためにそれでは無理だと感じます。

10枚差が付いたところで 自陣の配置を反対側からみた千早は配置を 全部左右対称に
することを思いつきます。
一度に大量の札の移動はマナー違反だけど 千早の怪我を知っている夕部は了承。

千早は左で いつもどおり取ることにします。左右真逆の「いつもどおり」
対称に身体を動かすことで 脳が混乱しなくなり、千早に速さが戻ってきます。

新は左手でも必死に楽しそうにかるたをする千早を見て 
「千早とのかるたは 楽しそうやなぁ・・・」っと。

肉まんくんも勝利し 「おれ今日は負ける気しねーぜ」ってことでしたが 2回戦の相手は新・・・。

「おれだってガキの頃とは違う!!」全力で当たる肉まんくん。。
ところが、頑張れば頑張るほど「すごいな」って新は感動し 本気を出して来ます・・・(^^;

新が2年で推薦の資格を取ろうとするのは 早めに権利をもらっておいたら
秋の名人戦予選と冬の名人戦に集中できるから・・・

もう すでに名人戦を視野にいれた計画を遂行中です。。すげえwww

圧倒的な新の勝利。。新は肉まんくんに声を掛けます。
「瑞沢の人は 昨日5試合もあったのに こんな一生懸命なかるたを取るんか?」

「おれなんか一番一生懸命じゃない方だ」悔しがる肉まんくん。

だからいやなんだ 強いヤツ 勝ちたくなるから がんばんなきゃいけなくなるから

肉まんくんも新から学ぼうと必死です。いいなぁ こういうの。。

2回戦も突破する千早ですが 3回戦でついに 詩暢ちゃんと対戦することに。。(><)
新と戦うまでは 左手でとるつもりだった千早ですが 包帯をきます。。

千早の右手を見て「利き手の怪我大変そうやねェ 私も右手でとりましょうか?」と詩暢ちゃん。

が 「冗談でも そんなこと言わないで!」と千早。

去年 詩暢ちゃんと戦ってから一日だって消えないあの速さ 強さ
詩暢ちゃんに勝つことだけを目標にしてきたの
全力をみせて 日本一の 世界一の

安定の速さをみせるクイーンでしたが 千早も対左利き相手の配置が生きることに。
苦手な大山札をクイーンから守りますv

千早もクイーンによく喰らい付いているものの、ホンの少しで負けてます。
ガーゼもテーピングも重いとす千早。

団体戦で優勝したところのエースが怪我までしているのに 自分相手に かるたに
集中しているのは なんでやと思うクイーン。。

そして 千早はクイーンの得意札の「しのぶれど」を取りました!!

が、結局 23枚差でクイーンの勝ち。
椅子に座って涙する千早をみて 「もう何枚か 取らせてやったらよかったんかな・・・」っと
クイーン。

子供の頃、伊勢先生に言われた言葉を思い出します。
「詩暢ちゃんに同世代の仲間はおらんほうがええ、手加減を覚えてしまう」

先生の言うことは正しいと立ち去ろうとしたクイーンの手を 千早がみます。

「あ ありがとう 手加減しないでくれて・・・ ま また かるたしょうね」

「 いつや?」と問う詩暢ちゃん。。

「クイーン戦で!」 目に涙をためたまま答える千早。

名前 なんやったっけあの子。
詩暢ちゃんは 幼い頃 自分から離れていった少女を想います。。
「さとこちゃーーーーん」
あの日、幼い手から かるたがこぼれ落ち、泣きじゃくる詩暢ちゃん。。

やっぱり淋しかったんですね。
かるたをすることでどんどんと友達はいなくなり 一人になっていって。。
千早に 「また かるたしようね」と言われ クイーン目に涙がうっすらと浮かびます。

幼いころの詩暢ちゃん 可愛過ぎる。。
そして この後 孤独になっていく詩暢ちゃんを想うと 悲しい。。
千早は かるたをすることで どんどんと仲間が増えていきましたが 詩暢ちゃんは逆だった。

かるたに没頭すればするほど ひとりになっていった。。

性格の違いもあるでしょうが、やっぱり新や太一がいたことが大きいのでしょうね。

詩暢ちゃん・・・よかったね
って 思っていたら 頭からスノーマンのタオルを被ってブツブツやってんですがwww

「23枚差・・・けが人相手に2枚も取られた 「しのぶれど」まで 
次は 一枚も取らせへんで」

真っ黒オーラを放つクイーンでしたwwww

さあ A級決勝戦は 新と詩暢ちゃん。
早く前の席を取らなくちゃと思う千早でしたが、1階ではC級の決勝に机くん、B級の決勝には
太一が進んでいると聞き困惑。。

どちらを取るか!?

肉まんくんは 「今日の真島は全然違うから 応援はいらない」と言います。
何より 千早に「クイーン戦を考えて練習しろ」って言い続けていたのだから
「来るなって言うよ」っと。

ヒョロくんは・・・太一に18枚差で負けたようです。
初めて気負わない太一をみたヒョロくん。。
ライバルだと思っていたのに これまでと全然違う太一をみてショックが隠せません。

太一の決勝の相手は 千早が対戦した富士崎の理音ちゃんでしたが 決勝戦だというのに
太一は 落ち付いていて。。

おれ なんでここにいるんだろう 同じ級のやつに5回連続で勝つことが
なんでいままでできなかったんだろう

やっと 太一が本来の自分になれたんでしょうね。
この程度のことが どうしてできなかったのかと・・・
勝つことを意識し過ぎて 気負い過ぎていたからってことだったのでしょう。

理音相手にも 平常心で・・・

 

 

って 思っていたのに 千早の姿が・・・!
思わず ブッって吹きだしてしまう太一www

な なにやってんだ!?おまえ

A級の決勝は 新とクイーンの対戦のはず、それを見ないって選択ありえねえ!!
二人ともおまえの一番大事なーーーーーーーー

太一が千早が言っていた言葉を思い出します。
“私が いま一番大事なのは 太一がA級になること”

あいつ・・・すっごいバカだ

新よりもクイーンよりも 自分を優先した千早に 太一は
「一分一秒でも早く勝つ」

大差で勝って 千早に 新とクイーンの試合をみせる

 

ああ・・・太一が気負ってしまいました(><)
ヒョロくんも気付いたようです。理音ちゃんも 太一の呼吸が変わったことに気付きます。。

もう、太一!!!!

 

うわぁ~~~ 次巻は いよいよ 新とクイーンの対戦があるし、
太一の試合も気になります!!!

千早が号泣しているようですが その訳が早く知りたい!!!

太一が 優勝するんですよね!?
A級になって 新と対戦する資格を掴むんですよね???
違うの??

気になるぅ!!!!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2012/03/16 00:05 ] ちはやふる | TB(0) | CM(0)

「部活の後輩に迫られています」腰乃作品 感想です♪

感想遅れましたが「部活の後輩に迫られています」腰乃先生の新刊感想です。
発売日に購入はしてるんですけど この手の感想は遅れ気味ww


夏目イサク先生 推薦!!!
ワンコ後輩が狼に豹変する瞬間が大好きです


夏目イサク先生の「デビルズハニー」の帯に 腰乃先生の推薦があったので
推薦し合いっこみたいな感じでしょうかwww


【送料無料】部活の後輩に迫られています

【送料無料】部活の後輩に迫られています
価格:680円(税込、送料別)

キモいって、ホメ言葉だよな・・・うん。
バスケ部の「後輩」・吉武に手作り弁当をもらった守屋。
・・・だがウチには女子バスケ部もないし、女子マネもいない・・・つまり男!?
自分よりも背がデカい上、なんか動きがキモいんですけど・・・ッ!!!
事態は何故かラブラブにして深刻、餌付けされ、手を握られ距離詰められ、
いつの間にやら同じふとんの中!?
ウザがられても怒鳴られても折れない心
乙女男子後輩・吉武と、苦悩する男前先輩・守屋の攻防戦

ってことなんですけども。。
面白いですww

腰乃先生の作品は作者買いで 新刊出たら買ってます。
私が所蔵してるのは

嘘みたいな話ですが
あっちとこっち
隣りの
幸せになってみませんか?
鮫島くんと笹原くん

絵がわりとさっくりあっさり目というか そんな美麗って感じの絵ではなくて 
どちらかというと地味で荒い感じなのですが 私はすごく好きです。
そして、一見 地味目なのに エロ描写はご丁寧というかwwww
激しいのとは違って丁寧なんですねww 音まで 結構 リアル音で 気合入ってますv

局部の描写なんて あらまぁ ここまで見せてくれますかww
ってくらい いつも線が見事www 美しいシルエットです(爆)
が、今回は エロかなり軽めでしたwww

このセンセの場合からすると ビックリするくらい軽めwww
携帯配信だから??

でも 私は ストーリー重視なんで これはこれで面白く読めました♪

モバイル配信されていた作品をまとめたものなので コマが読みにくいところもありますが、
慣れれば 私は気にならなかったです。

それよりも グイグイ迫ってくる後輩に餌付けされ ドンドンと流されていく守屋が 
いつもの腰乃作品のほだされコースとはいえ やっぱり可愛いし、テンポもいいしで、
面白かったです。

吉武の 乙女っぷリも可愛いのですが、押して押して押して押してくるのに
たまに引いてみたりとか 揺ぎ無い安定のポジティブ具合がたまりませんでしたww

イサク先生じゃありませんが、大きなワンコを拾ったと思えばいい。。なんて思っていたのに、
ワンコだと思っていたのは実は狼さんだった・・・みたいな展開も笑えます。
ワンコが狼に豹変する瞬間はりますねwww

そして 守屋は吉武をだと思っていたのに 実は婿だった・・・って展開もww
幸せだけど 辛い結果に落ち着くとか マジ笑ったwww


そして 二人を見守ってきた部長ってのが またいい奴でv

ホント何 温かく見守ってんだよwwwって思いました。

私は本編も面白かったですが、最後の大学進学後の描き下ろしが一番楽しめました。
飲み会で女の子に潰されてしまった守屋の世話をする部長。
二次会前に 守屋のタクシー(吉武チャリ)を呼んであげるとことかww

理解力半端ないよ部長www

で、大学進学後も吉武に胃袋握られて もう他の道には戻れなくなってる守屋とかwwww
吉武にすっかり馴染んじゃって可愛いwww

そして、婿の座を不動にしたらしい吉武が妙にかっこよくなっているというww

全体的に話が軽めなので 笑ってる間に一気に読めてしまいます。
ノンケがほだされていくいつものパターンですが やっぱりみんな愛らしくww


ついでに 今までの作品で私が気に入っているのは

「嘘みたいな話ですが」



タイトルの「嘘みたいな話ですが」の中村くんの変態っぷリが好きです。
北川さんのお茶目さんなところも好きです。
描き下ろしの中村くんの本音にはかなり笑わせていただきましたv
「明けの明星」の二人も好きですv
小峰くんが可愛い♪
この作品では みんながっつりやってますv


「隣りの」

私 腰乃作品の中では この作品が一番好きかもです。
っていうか 一番気になる??
タイトルの「隣りの」の東大寺が可愛過ぎるwwww
最初は ノンケの沢田に結構キツかったくせに 自分にほだされてる沢田の世話を
甲斐甲斐しくするようになって いつの間にかキャラが変わってしまってたというwww
酔っぱらって沢田に甘えるとことか最高です♪

沢田も もともとノンケだし、これはリバの予感・・・ってのも私としては楽しめます。
カバー下の描き下ろしの続きがいいですよね。沢田イケ~~~!!って感じv
あと「鮫島くんと笹原くん」のコンビニ店長の話もあってwww



「幸せになってみませんか?」

こちらは 「隣りの」に出てくるリーマンカプの同僚にあたるノンケのいい歳をした課長が
これまたゲイにほだされてく話なんですが このほだされっぷりがかわいいww
「隣りの」のキャラもちょこちょこ出て来て笑えます。
この会社は 丸川書店並にホモカプが生産されているようですwww
違いは丸川には元々ゲイが多く、こちらはノンケが吸収されていくことかwww?
例のコンビニの大滝くんのお話もあるのですが お相手が淫乱リーマンで これも笑えるww
「鮫島くんと笹原くん」が可愛く思えますわ。


「鮫島くんと笹原くん」

これは ホント笑えますww
強気で攻めてくるかと思えば ヘタレて逃げ出す鮫島くんが最高。
これは読んで損はない作品だと思いますwww
ラストでリバを思わせるところも気に入ってますv
それにしても このコンビニのホモ率が見事www 100%なん??


ということで いつも笑えてほのぼの だけどしっかり面白い腰乃センセの作品感想でした。
では また時間を見付けてBLものの感想もちょろっと入れていきますv

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 腐女子の日記

[ 2012/03/15 14:10 ] BL系 | TB(0) | CM(0)

ちはやふる 第23話「しろきをみればよぞふけにける」感想

ゆーみんとの試合終了後、挨拶をしなかったことを原田先生に叱られてしまいましたね。
いつか この悔しさを経験してよかったと笑える日がくるといい・・・

一生懸命にやって負けたときの悔しさは 相当なものでしょうが、やはり負けたというのは
それだけの理由があったってことなのでしょうね。

ひとつひとつの試合から得るモノの積み重ねがあって強くなっていけるのでしょう。。

 

試合に負けた悔しさから ロッカーの中に立てこもってしまう千早。
みんなが励ましたり声を掛けているところに ドSの須藤登場。

千早の坊主を楽しみにしているようで メアドを教えるから写メを送れと。。

千早を坊主にしないために 自分たちが身代りになるって言う太一でしたが
そこへ 今度は原田先生がやってきて、「僕が勝ったらその約束は反古ね」って。

きゃぁ~~~~先生 男前!!!

「かっこいい~~~~!!」ってかなちゃんww

1時間経っても出てこない千早に 「寝てるんじゃね??」って言う肉まんくんでしたが
太一は 他の人を 試合の応援に行かせ、千早の元に残ります。

自分も残るというかなちゃんでしたが 太一の想いを汲んで 机くんらとそっと出て行きます。

寝てなんかいない・・・寝られるわけがない・・・

同じように悔しい思いをした太一は 千早の心情を慮ります。
そこへ新から 3回戦に勝ったというメールが。。
千早に知らせると なんで太一だけメールのやり取りをしているのかと言わんばかりの
抗議がww

言葉もないのに 千早が何を言わんとしてるかわかっちゃう太一。

予選終わったら 千早にも新のアドレスを教えようと思っていたという太一ですが
千早の抗議のドンドンは続きww

そこに かなちゃんがやってきて 原田先生と須藤が4回戦で当たると教えにきてくれます。

応援に行こうと千早に話しかける太一。
でも 千早の悔しさはわかるのに 自分の言葉では 千早に何にも届かない気がすると・・・

新じゃないと ダメな気がする・・・

切ないよ 太一( p_q) 

一番千早の近くにいるけれど 千早はいつも新を向いている・・・って 感じなのでしょうね。

っと、千早がロッカーの扉を開けたものだから もたれかかっていた太一は 座っていた
千早の膝に転がりこむ形に。。

あら 太一ラッキーwww

「何やってんの!?太一こそ 見てないと 原田先生と須藤さんの試合!!
来年はA級で みんなライバルでしょ?応援じゃなくて 見てないと!!」

千早に腕を掴まれ 引っ張り上げられる太一。。

「ああ・・・ダメだオレ。。千早が 好きだ・・・」

これまでも 十分自覚はあったでしょうけど、そんな自分の気持ちに向き合わないで
何となく流していたのに ついに はっきりと 自分の気持ちを確認してしまったようで・・・。

負けて悔しくて 泣いて泣いて全然 立ちあがれないときもあるけれど それでも
真っ直ぐに かるたに向かっていく千早。
そんな千早に 強く惹かれていく自分。。

が 太一くん、千早が気持ちを切り替えた切っ掛けは 自分のことよりも 太一のことを想う気持ちだったことには気付いてないようです。

千早への気持ちを強く自覚してしまったことで これがまた 生殺しのような目に遭うん
ですよね。。太一くん。。

とはいえ、こっからの太一が また いいんだなぁ~~(p≧∀≦q)〃

苦悩するイイ男最高!!(/∀\*)

 


原田先生は 豪快に試合を進めて行きます。けれども体力的にはやはり かなりしんどそう。
かといって、須藤も決して楽ではなく。

千早は ユーミンの試合をみて 彼女の試合の進め方に対し、自分が対応できていなかった
ことを反省します。

半袖で寒そうな千早に太一は上着を貸します。
千早は みんなが外で立ちっぱなしで自分のことを応援してくれていたことに気付きます。

私 きっと、自分しか見えてなかった時に負けていた・・・

負けたことで いろんなことに気付く千早。。

原田先生が須藤に勝利し 千早の坊主を回避してくれたことのお礼をいう男の子たちでしたが
先生はそんなことすっかり忘れていましたwww
自分の勝利にのみ集中する原田先生

その後、原田先生は 準決勝に進みましたが 膝にも負担が掛かっていたようで惜敗。
でも 白波会の坪口さんが名人位の東日本の代表に。

長い一日が終わって敗者の一年が始まりました。。

 

そんな千早に 他校の男子生徒が突然 告白www
千早が美人なので 声を掛けてきたようですが・・・

即行 断るべきだとかなちゃん。
でも 千早はこの機会を逃したら 一生もうこんなことはないかもしれないとwww
肉まんくんは ホント無駄美人だと言い、机くんは ずっと近くでみていたら 千早のことを
美人だと思わなくなったとかwww

かなちゃんは 千早がモテないのは いつもそばに太一がいるからだと思うと
冷静に分析しますが 肉まんくんたちは 意味がわからず 「なんで??」ってwww
この人たち マジ鈍いwwww

太一は 「付き合ったらいいんじゃね?」って。
千早は 経験しないとわからないからって 内心そんなわけないのに余裕の発言を。

かるたをしている時の千早を知らない男と付き合うなんて 絶対無理だと言い切る太一。

うん、そうだと思うわwww

でも すでに番号もメアドも交換してしまってるようで、ひっきりなしに連絡が入ってるww

っと それまで落ち付き払っていた太一でしたが 即行、千早から携帯を取り上げると
着信拒否設定www
やるときゃやる太一v

その上、「明日からは オレと同じ電車に乗れ」なんて~
強引なところもいいよv

確かに太一と一緒にいれば 並の男では叶わないわなwww
千早に悪い虫が付かないように心配しながらも さりげなくアピールでもあると思うのに
まるで 千早は気付いてなくて(^^;
あんぽんたん3人組の たん 担当www

かなちゃんだけが 太一の隠しきれない忍ぶ恋を理解しているのでした。。

 

久しぶりに新のターンがやってきますが 自分が長い時間かるたから離れていたことを
後悔してます。

小さい子相手にも全力の新www 
まるで 変わっていないwww 新のこういうところ好きだwww

南雲会には 新の練習相手になるほどの力量のある人がいなくなってしまったようです。
新は すっかりかるたから気が抜けてしまっている村尾さんを ナントカ誘おうとしますが
まるで乗ってこない村尾さん。

でも 新は 千早や太一が自分に対し、一生懸命に説得しようとしてくれていたことを
思い出して 村尾さんにも再起してくれることを願います。

いよいよ 東日本と西日本の代表が名人とクイーンへの挑戦を懸けて戦います。

白波会の広史さんは負けてしまいました。
平静を装っていましたが、原田先生の姿をみると・・・ 
本当は悔しくて悔しくて悔しくてたまらない気持ちと 原田先生の悲願を達成できなかった
無念さがこみ上げ 涙が溢れて来ます

ここは ホロっときましたわ。。
一生懸命に闘っている人だけが味わう感情なんでしょうね。
広史さんは 原田先生が 準決勝の相手を疲れさせてくれたからこそ 自分が勝てたのだと
いうこともちゃんとわかっていて・・・

原田先生も素敵だけど ちゃんと先生の想いを受け取っている広史さんもいいなっと
感動いたしましたです

 

千早も 太一も悔し泣きする広史さんの姿に 自分を重ね合わせたようで・・・

千早は思います。
あの日 悔しくてよかったって いつか笑っていいたい!!

 

クリスマスイブは みんなクラスの打ち上げがあるってことで かるた部の練習は
お休みで 各自、クラスの催しにでますが・・・

クラスメイトとしゃべることが出来て楽しかったという千早。。

机くんは 太一のことばかり訊かれたけど たくさん女の子としゃべれたと喜んでますww
いいのか 机くんwww

太一は なぜか 自分以外は女の子という打ち上げだったようでwwww
太一の千早一筋でブレないとこもいいですよねv
いくら 女の子が群がろうとも まるで眼中にないって 素晴らしいわ♪

 

千早は・・・新に電話を掛けます。
新の声が聞きたかったようで・・・
「携帯電話はカササギみたいだね!」っと 意味不なことを伝えただけでしたがww

 

さぁ そろそろ 締めに近づいてきましたね。
クイーン戦と名人戦のあたりまででしょうか?

そこから また 挑戦だ!!って感じで締めるのかな??

それだったら その後に新学期だし、もし2期があるとしても 上手く繋げることが
できますもんね。

 

そして 原作16巻入手いたしましたv
今まではレンタルだったりお隣図書館のお世話になってましたが 全巻入手することに
いたしました♪

 

だって 新も太一もイイ男だから~~~

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/15 00:13 ] ちはやふる | TB(5) | CM(0)

「心霊探偵八雲」コミックス7巻感想です

相変わらず八雲が素敵ですv
小田センセ ますます画力がUPされてますね♪

原作の最新刊9巻もそろそろ発売です。
お話がまとめに入ってきているようなので とっても気になります!   

【送料無料】心霊探偵八雲(9)

 

今回 コミックス7巻は 6巻途中から始まった「守るべき想い」の続きです。
6巻の感想はこちら。 

原作では 4巻の内容になります。原作感想はこちら

【送料無料】心霊探偵八雲(7)

【送料無料】心霊探偵八雲(7)
価格:588円(税込、送料別)

まだ 今回は事件が進展していくだけで 事件の真相を解明するところまでは
いきませんので ちょっとまどろっこしい展開ですが 順を追って話を進めないわけには
いきませんからね。

ここは我慢のしどころです。

次回が解決編になると思われますので きっとすっきりして かつ八雲と春香の関わりにも
少し深い意味が生まれてくるところなので 期待したいと思います。

ってことで 今回は ざっくり流します。

 

本編ストーリーに関しては すっ飛ばし、感想だけを。。
まずは 大森真人くんが かわいい(〃∇〃v)
アタクシ ショタ好きではないのですが そのアタクシがみても これは上物だとwww

非常にイケてますv 

八雲の小さいころもこんな感じだったんだろうと。。
イケメンは 小さい頃からイケメンってことでv

プロファイリングを申しでた精神科医の佐々木杏奈センセ 乳デカイですww
かなり デカイですww
そして 別嬪です♪ 結構 好みの顔してます。 この方 実はあの人なんですけど。。

今回は コマ割りとか ほとんど気にならなくて スムーズに読めたんですが
冒頭、八雲に相談に来た時の服装には 目を疑ってしまいましたwww

あの髪のリボンはカチューシャですの??
っていうか 春香の一貫性のないファッションにはドン引きです(^^;
もうちょっと 彼女のキャラを確立させる方向で服を選択した方がよいのではないでしょうか?

キャラにとって服装はとても大事だと思うのですけど(><)

カジュアルな感じがすごく似合ってて可愛くなってきているのに あのぶりぶりぶりっ子
みたいなお嬢服はとっても残念。。
でも それ以外の服は晴香らしくていいかな~って思いました。

ま、あとは 八雲に鈍感だと言われて わき腹をくすぐるところが ちょっと・・・
気になったかな。。
「反撃」のコマと 「もしかして」のコマはいらなかったのでは?

せっかく八雲の弱点を見付けて面白いところなのに コマ数が多すぎてテンポが悪いです。

それ以外は 今回とても読みやすかったと思いますv

随分エラそうですが、それだけ気合入れて読んでるってことでご勘弁を。。
興味のない作品に関しては コマ割りがどうだろうとアングルがどうだろうとどうでもいいのでww

小田センセは 絵がとにかく綺麗だから ついついこっちも気合が入り過ぎてしまうのですよね。
今回は特に 八雲がどれも美麗でしたね!!!

八雲が霊に気付いたときの表情とか とってもよかったです(/∀\*)
ああゆークールな表情大好きです!!

今回は とにかく あっちもこっちも素敵な表情ばかり!!
ありがとうございますv 目の保養www

それに 八雲に引っ張られてか、後藤さんまで いい男になっちゃってww

これには びっくりww

あとは 晴香が もう少し八雲に相応しと思えるような成長を遂げてくれると 私としては
大満足なんですけど。。
もうちょっとだけ 落ち付いた雰囲気にならないかなぁwww

 

今回のコスプレ八雲は「海賊」でした。

そこのコメントにもありましたが、やっぱりセンセ、真人くんと杏奈さんを描くのが
楽しかったそうです。
この二人の表情はホント生き生きしてて いいですもんねww

確かに センセの思いが伝わってきますww

おっさんとかって描きにくいですよね、きっと。
っていうか 可愛いモノ好きな人には 描いていて面白くないのかもしれませんねwww

おっさん好きの人は この逆なんでしょうけど~~

そうそう、ラストの方で一心さんが出て来ましたが ニコって 書いてあるのに
全然 一心さんの表情が笑ってなくて怖かったですもん。。

まるで ラスボスかと思ってしまうくらいの不気味さを感じてしまいました(^^;

最後は笑ってたので 安心しましたが・・・。

それとも あれには何か意味があったんでしょうか??

 

 

では また続きを大人しく待つとします

原作の方も 続きがきになります☆

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2012/03/14 19:28 ] 心霊探偵八雲 | TB(0) | CM(0)

Another 第10話「Glass eye -漆黒-」感想

やっぱり 死者を消すと 現象は止まる ってことだったようですv 
でも 死者を見付けるために 何か手段を見付けたのだと思ったのに 偶然だったとは。。

 

神頼みで助かった年がある・・・

新た2名が亡くなったことで 噂が流れたようです。
合宿に参加する人は増えたのかな??

参加者は19名のようです。それに三神先生と千曳さん。

望月くん写真を撮るなんてチャレンジャーです。なんか変なモノ写ったらどうすんの!?
三神先生の写真が欲しかったのかな??

合宿所は随分と立派なところのようです。
神社へのお参り以外、何をする目的で3日間集まったのでしょう・・・。
やっぱり 3年生だし、勉強合宿??

美術の先生では心もとない気がしないでもないですがww

早速 部屋に集まり、関係者で 例のテープを聴きます。

望月くん ちゃんと直して来たんですね!さすが。

そして 松永さんのしでかした概要が判明しました。
理由はよくわかりませんが、クラスメイトの●くんと喧嘩になり、たまたま木の根元に
倒れた●くんは 木の枝が突き刺さりお亡くなりに。。

あのOPのように 何か刃物で殺意を持って殺したってわけではなかったようです。。
なんだ・・・。

てっきり 死者を見分ける方法を見付けて 選ばれた松永くんが消すことになったのかと
思ったんですけどね。。

クラスメイトの●くんを殺してしまったとビビり捲っていた松永くんでしたが、
翌朝になっても 一人足りないというのに誰も騒がないことから 何か変だと思って
現場に行ってみると・・・

●くんの死体は跡かたもなく消えていた・・・!

合宿所に戻って ●くんのことを皆に訊いてみると 誰も●くんのことは知らないという。
そればかりか、合宿に参加したのは20人ではなく19人だと。。

改ざんされていた記憶が 死者が消えたことにより元に戻ったってことですね。

死者を殺したのだから それは 何もしていないことと同じなんだけど、松永くんには
人殺しをしたという罪悪感が残ってる。
罪の告白をどうしても しておきたかったようです。

いずれ自分の記憶も変えられ 忘れてしまうかもしれない・・・ってことで
後の人たちのために 「災厄を止める手立て」をテープに残したわけですね。

死者を死に還せ

それが 始まってしまった災厄を止める方法だ

だけど 死者がわからないことにはねぇ~~~
それこそ バトルロワイヤルになってしまいますよ(><)
今年はたまたま鳴がいたからよかったものの。。

「この合宿に死者は来ているの?」 望月くんの問いに鳴が僅かに反応

でも ここで恒一が訊ねます「もし死者が誰だかわかったとして どうするの?」っと。
クラスメイトを殺せる??

そうですよね(><)死者だとはいえ・・・。問題にブチ当たってしまいました。

その上、赤沢さんがトチ狂ったことを言い始め・・・
そもそも鳴が “いないモノ”としての役割を全うしていれば こんな事態にならなかったと。

それなら どうして自分が“いないモノ”に立候補して 全うしようとしなかったんでしょ。
対策委員ってのも確かに重要かもしれないけど、それは何人かで 力を合わせてできること
なんだし、それよりも“いないモノ”がしっかり働けば災厄が防げるというのなら まず
自分がすべきでしょうに。。

一言言っておきたいとか 赤沢さん ここまでの残念な子だとは思わなかった・・・。


赤沢さんの攻撃から守った形になった恒一を鳴は 部屋に呼びます。
そこで 鳴は恒一に自分の双子の姉妹・未咲のことを話します。

ミサキは 従姉妹ではなくて血の繋がった姉妹だったんですね。
ややこしい関係、だから半身か・・・。

あの不気味な人形も 未咲が好きだったからって。。
それにしても あの人形を むき出しで持ち歩くのはちょっと・・・(^^;

「もう始まっているかもしれない」って鳴が最初に言ったのには 鳴には 未咲が
血の繋がった肉親であったから 既に災厄が始まってるかもしれないと感じたってこと
だったんですね。
ってことは やっぱり恒一がクラスに現れるより前に 現象が始まっていたってこと
だし、それで鳴は 恒一が死者ではないって思ったんですね。

だけど それ以外に やっぱり鳴には 死者を見分ける力があって・・・
死者、もしくは死に近いもだけが纏う「死の色」がみえる…。

なんとも不思議な目です。
霧果さんにこそ、何か特殊な能力が備わってるってことはないのでしょうか??

その目の力を使い 恒一と自分は死者ではないとわかったようです。
それで断言してたってことですが ここまでは 鳴の目の設定からそうだろうなと。


この後、誰が死者かが判明して、どうするかってことになるんでしょうね。

鳴は もう既にっていて その人は合宿に来ていると言います。


ヒィ~~~誰よ??
とりあえず、16名+三神先生の中にいるってことですね。

その名前を口にしようとした時!

勅使河原くんが 叫びながら入ってきます

「サカキ!!おれ殺っちまったかも!!」

なんで 鳴の部屋に恒一がいるって知っていたんでしょうか?
一応 教えてたのか??

うわぁ(><)

勅使河原くんは 誰を 殺っちまったっていうんでしょ??
男の子のようでしたけど。。

きゃぁ~~~ラスト 怒涛の展開と演出でしたね。

珍しく私が ドキッとしたわ。。

あ、い方のドキッってことですwww 

萌え萌えじゃない方ですwww こっちのドキドキは 絶えませんがww

次回予告も なんか血まみれだし、いよいよ佳境!!!

 

そろそろ原作の入手準備しようかな。

【送料無料】Another(上)

【送料無料】Another(上)
価格:700円(税込、送料別)

【送料無料】Another(下)

【送料無料】Another(下)
価格:700円(税込、送料別)

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

2012年 4月スタートアニメ

そろそろ 1月アニメも佳境に入って 4月スタートアニメが気になる頃となりました。
番宣もちょこちょこ入るようになってますしね。

今回はこちらのアニメ新番組一覧を参考にさせていただきました。

 

視聴&レビュー予定なのは

君と僕。2
ほっこりさせていただきましょう^^

Fate/Zero 2ndシーズン
いよいよですね~~ 楽しみです!!

坂道のアポロン
これは原作が面白いし キャストもお気に入りだし、音楽も菅野さんだし~で
こちらもとっても楽しみ♪

 

そして視聴はするつもりってのは

ZETMAN
面白いといいのですが~

ヨルムンガンド
原作が面白いって息子に薦められてます。

 

興味があるのは 

LUPIN the Third ~峰不二子という女~
キャラデザは原作に近い感じなのでいいかな~って思ってますが あとはもともと原作が
大人向けの話だから その路線でいって欲しいかなっと。
脚本次第ですね。。

しろくまカフェ
全くストーリーとか知らないんですけど キャストに大笑いでww

つり球
ノイタミナの枠だし 面白いかな。

エウレカセブンAO
興味はあるんですけど「交響詩篇エウレカセブン」をあんまりちゃんと見てなかったので
どうかなっと。

 

来期は今のところこんな感じでしょうか~

やっぱり楽しみなのは ダントツ「Fate/Zero 2nd」で 次に「坂道のアポロン」かな。

あとは 初回をみて視聴するかどうか決めようと思います^^

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/12 22:56 ] アニメその他 | TB(0) | CM(0)

BRAVE10 第10話「惨劇の幕開け」 感想

真田の十勇士が揃ったところで離反するように命じられていたアナ。
彼女の正体が伊賀異形五人衆だということがわかり、また伊佐那海も黄泉の国を
支配するイザナミノミコトだということがわかりました。

これで やっと話が大きく動き 面白くなるわけですが もう残り僅かww
とは言え、原作も 面白くなってきたところで・・・


伊賀異形五人衆の妖術使いの朽葉は とってもお気に入りなので 鳥さんでしいv
今日はちょっとしかセリフなかったですけど 次回を楽しみにv

今回は 上田に三成と兼続もやってきて豪華ですwww



忍が裏から支配するためには 大きな力が必要だという半蔵。
そのために邪魔な真田十勇士を排除し、奇魂を手にいれることに。

最初は笑っていたOPでしたが 何度も聴いているうちにすっかり慣れてしまって
もう聴く機会が少ないのだと思うとちょっと寂しいwww
やっぱり 何だかんだ言っても 小野Dの声きだわv


原作では 上田に三成と兼続が来たところに半蔵が現れ、才蔵を誘いに来るのですが
時間短縮のためか 才蔵は 伊佐那海のお守で外出中のところで半蔵からお誘い。

「どうも こんにちは」って登場するところは同じww

半蔵から「伊賀異形五人衆」の名を出された才蔵はきます。
伊賀異形五人衆とは「忍を抹殺する忍」
半蔵は これから勇士の皆殺しをすると言います。
そして アナの後ろにいたのも半蔵だと判明。

原作では才蔵の戦いに伊佐那海はいないのですが ちょろちょろしてきます。
伊佐那海の怖さを知らないモノだから クルクル捕縛する半蔵ですが 才蔵は
エライコッチャって ってナントカしようとしますww

そりゃそうだよね、悲しませたらを生み出して全てをちさせてしまうのですから。。
い なんといっても 人間じゃないんですから。。
普段は普通だし、自分が人間でないことにショックを受ける伊佐那海ですけど
こればっかりは 仕方がない。


でも そのおかげで半蔵にオリジナルのセリフがv
「君とたっぷり遊んでブッ殺した後でね・・・」

今回、ストーリー構成が原作と違うから半蔵にはかなりセリフが加算されてましたね♪
もちろん、かなり削られてもいますが・・・


その頃 勇士たちの元にも伊賀異形五人衆たちが現れます!

「あいまみえるのを楽しみにしていました もう 濡れるくらい」
筧さんと佐助の前には 蟲使いの灰桜が。
この人 露出度いですよねwww しかも原作では履いてませんからねww
さすがに アニメではちゃんと履いてますが。。

どうも筧さんはエロ忍に好まれるようでwww 

佐助は やはりちょっと女に甘いようです。
一切 躊躇なく手をかけるでなく、少し隙が出来てしまうようで。。
その間に乗じて ちゅうされてしまいました。

が、灰桜の口の中には虫が・・・!
身体の中からの攻撃を受ける佐助。
筧さんも足を虫に噛まれたり、虫礫攻撃を受けたり・・・

これはヤバそうです(><)


一方、清海と弁丸は・・・
修行僧のように滝に打たれながら 「神よ!」って祈ってる清海が笑えますwww
しかも 伊佐那海が冥界の神だと知って どうしたらいいのか悩むけど 結局神なのだから
伊佐那海を信じればいいんだって 「妹こそ我が神!!」って喜んでるとことかwww

二人の前に現れたのは百群。綺麗な女の子なのに怪力。
小娘と侮っていたら痛い目に遭う清海。
弁丸が爆弾を投げると・・・なぜか 大きく成長www
身体のお札がはがれちゃったんですね~

しかも 女の子だったはずなのに 見事に鍛え抜かれたボディにwww
これはこれで エライコッチャだわwww

フルボッコにされる清海。


才蔵の方は以外にも 半蔵相手に頑張ってました。
伊佐那海の様子から 彼女の感情が奇魂の力を増幅すると思った半蔵は 
「才蔵が傷つくのも 勇士たちが殺されるのも全て あなたのせいだ」
わざと伊佐那海に苦しみを与えるように言葉を投げます。
さすがのSっぷりv

あら~~~ この展開も原作とは違いますねぇ~~
一気に 押し切ってしまうってことでしょうか??

ってことは やっぱり アナがどうして半蔵のいいなりになっていたのかとか
半蔵とアナの大人の関係とか事情とか そういうのは カットってことですかね(><)

まぁ 仕方がないかもだけど それではアナの背負う一族の苦しみや くの一であるが故の
悲しみ
は描かれないんでしょうかね。。

それがないと 半蔵の鬼畜さんっぷりとかが堪能できないじゃありませんかぁ~~~
く~~ それは 残念だぁああああ
たかぴろのドS発言を本気で楽しみにしていたのに!!!!

私にしたら この二人の関係とそれに関わって来そうな甚八さん、そして幸村さまと六郎の蜜月
が この作品のメインの楽しみだというのに。。

ああ・・・何とも もどかしいわ!!!


でも 次回、朽葉の妖術が見れるんですよね。。これは 楽しみにしておきます♪

ヴィジュアル的には 彼が一番好きだから♪ 何と言っても黒髪ですからね~


そうそう、次回予告で 何気に半蔵ったら 大事なこと言ってましたよね?
そんなところで 話の本筋に関わるようなことをサラっと済ませてるwww


力を手に入れ誰にも使われずに生きる

忍にとって 主を持たないってことは大ごとですからね。
才蔵もそうでしたけど 彼と違うのは 忍自体で権力を握ろうとしていること。

「権勢をかざすだけの無能なバカどもに使えるのは飽き飽きしていました」
一反死んだことにして それで徳川からの支配を逃れたってことのようです。

ふ~~ん それで 半蔵は死んだみたいな形になってたんですね。
ま、解りやすくはなってますけど・・・。

本当は ここから面白くなるとこだと思うんですよね(^^;

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/03/12 14:24 ] BRAVE10・K・ZETMAN | TB(3) | CM(0)

週刊少年ジャンプ 最新15号一言感想

表紙&巻頭カラーは連載3周年のべるぜバブ。
まだ3周年だったんですね~~

それではいつものように掲載順に一言感想です。

べるぜバブ
カラー扉絵は 祝!3周年ってことで 女の子がバニーちゃんやら ニャンコちゃんやらで
随分といい感じですけど あんな格好させてヒルダ姐さんとか葵ちゃんに怒られないん
でしょうかねwww
修学旅行先では 早速、喧嘩になってます。お約束ですね。はいv

ONE PIECE
あっちこっちに場面が変わって 誰がどこにいるのか把握しきれません(^^;
いろんな人たちが入り乱れてます。

NARUTO
サスケはイタチの前だと駄々っ子のようですwww
穢土転生はカブトを殺しても止まらず、でも術を止められるのはカブトだけなんで
「君には僕を殺せない」ってカブトはイタチにいいますが、別に穢土転生が止まらなくても
いいんじゃないの?
カブトがいなくなって 死んだ人達も自我を取り戻せば 自分の意志で行動できるように
なるだけのことでは?お亡くなりになった方たちからいろいろ教えてもらったり出来て
便利だと思うけど~~
で、そのうち誰かが死者を還す術をみつければ 却ってよかったりしない??

BLEACH
次から次へと怖い方が出て来ます。

ハイキュー
今一番のお気に入り 続きが気になる作品ですv
先輩から「“最強の敵”だったなら 今度は“最強の味方”じゃん」と言われるも 
それを受け入れられない日向。影山も全く日向を相手にしてないしww
でも、まるでレシーブ力のなかった日向は短期間で猛特訓。頑張るね~~彼は。。
スポーツものには大事な要素だよねv

影山も 日向の成長を認めないわけにもいかなくなり、その上、日向には 類まれな運動能力
だけでなく“勝利にしがみつく力”があることも認めざるを得ず。。
そして それは 影山がもっとも欲していた力なんですよね~ いいぞいいぞ
絶対に 日向にはトスをあげないつもりでいた影山が 日向にトスをあげましたv
面白い展開になってきました♪

スポーツものは ただ強い敵が出て来て それを倒す・・・の繰り返しだけじゃなく、
チームの中での人間関係とかキャラたちの成長をしっかり描いて欲しいのですよね。
キャラを掘り下げることで ゲームも面白くなるわけだし。それなしで ただ次から次へと
強敵を倒すだけでは まるで面白味がなく、飽きてきます。バトルものも同じ。
ひとりひとりのキャラが勝手に動きだすくらい魅力的になれば ヒロインは不在でもOKv

クロガネ
リズム剣道だそうです。こちらも 割と面白いので 敵をやっつけるだけに終わらないで欲しいです。

パジャマな彼女
H路線の作品なんですね。了解。でも、乳握って気付かないとかないわwww

トリコ
恵方巻が長すぎるのにもビックリだけど それを食べてしまえるトリコたちにもっとビックリ。
そして まだ何か食べたいなんて思えることにさらにビックリ

バクマン。
公開オーディションってのは悪くないと思いますが 先入観とか出るのは仕方ないので
声が誰だかわからないように番号とかだけで聴くとか やり方を考えないと意味ないような。。
とはいえ、ヲタは声だけで聴き分けしますし、やっぱり一般視聴者もいるTVならともかく
ヲタ率の高いネットで、って言うのはどうなんでしょうね。。

銀魂
いいですね!!銀さんの本気の顔!! 「今夜は眠らせねーよ」上等です!
下ネタ全開の話ばかりじゃなくて やっぱり銀さんの本気が見たい!!!
これがあるから 銀魂はたまんない
空知センセがただの下ネタおじさんでないことを 証明してくれるはず!
セリフもやっぱりインパクトあるし いい展開になってきました♪ 続きが楽しみ!!!

magico
思い出を犠牲にしたために 以前のシオンに戻ってしまったそうで。。
でも エマがまた新たに思い出を作ると張り切ってます。ま そうなるわなww

ニセコイ
鶫にリボンって なんか贈答用みたいwww女を捨ててる割に下着がwww
さて 10年前の千棘の初恋ってのが気になりますね~鶫が何か知ってるようですが。

パッキー
結構 掲載順 前にいますよねww

めだかボックス
コトバ遊びは面白いけど疲れるwww いよいよ選挙のようです。

SKET DANCE
レミさん家に結婚の申し込みにいく中馬センセ。でも あまりにもレミさん家の
ご両親が変過ぎてwww 丸く収まるのかヒヤヒヤものでした。

いぬまるだしっ
無事進級できたんですねww が、ふとしくん・・・お気の毒に。。

REBORN!
まだ戦闘2日目だったんだww 後ろにきてますね。

こちかめ
韓流には 全く乗れてない私(^^;

ぬらりひょんの孫
あれ??土蜘蛛がいい人っぽくなってる。

黒子のバスケ
また 凄い順位にいますね。。相変わらず乱高下が激しいww
紫原くん でか過ぎww

ST&RS
規模が大きすぎて・・・面白いんだけど わかりにくい。。

HUNTER×HUNTER
ほぼセリフ無しで締め。次回、新章だそうです。

では 今回はこの辺で。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2012/03/11 13:24 ] 少年ジャンプ | TB(3) | CM(0)