薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
月別アーカイブ  [ 2012年08月 ] 

≪ prev |  2012年08月  | next ≫

夏雪ランデブー 第9話感想

OPの歌詞が ますます切なくなってきましたね。。(><)

ついに六花が島尾の存在を知ることとなり・・・。

 

葉月の身体で 未練を断ち切るための作業に移った島尾。。

歩いても歩いても疲れないからだ。。
生前の島尾は 丈夫ではなかったから いくら動いても疲れない肉体ってのは新鮮だった
ようですが、長いこと霊体で浮いてた訳だから それはそれで疲れなかったと思うのではとww

六花は 葉月の身体の中に島尾がいるのでは疑念を抱き、島尾と最後に訪れた山へと。。


そこで 優しそうな木を発見。
昔、島尾と登った時のことを思い出す六花。。

子供のころ、母が作ってくれた絵本の話が好きだった・・・。
木を愛する女が木の毒を食べて根っこに生まれ変わる話。

なんじゃこれwww ホラーではないのか??

島尾は変な話だというけれど、六花は Happy end だといい、自分も島尾の身体に
悪さをする細胞を食べられたら・・・と。

六花の感性ってかなり独特ですよね。。

母譲りなのかww(^^;

「次に来たときは花の展覧会をしよう」そういう島尾だったけど・・・
果たされなかった約束は 星の数。。

でも 六花も島尾との約束を果たしていないと・・・。

僕が死んだら 僕の骨食べられる?

 

その頃、葉月はメルヘンの世界で白雪姫ごっこ
「キスで姫を起こす王子の役は俺でいいのか」と 小人に確認をいれる葉月が律義で笑えるww
これが島尾だったら確認なんて入れないだろうにww

でも、姫は自分で起きてしまったというか、「あなたでいいわけないじゃない」って。

葉月 思いっきり拒否られてしまい・・・ショック。。


そして 六花は・・・ 

葉月の身体で夏雪草を植えている島尾を発見。

島尾くんのスコップで作業を進めるあなたは誰??

六花は 夏雪草を墓石だといいますが、つまりは そこに島尾の遺灰があるってことですね。

「島尾くん・・・?」

思い切って 呼びかける六花。
返事をせずに走り去ろうとする葉月の身体の島尾。。

が 走り方が島尾だwwww

完全に六花に 島尾の存在がバレました。

 

ここから 再び六花の回想。。
島尾との思い出。

始まりは 島尾の作ったフラワーアレンジへの一目ぼれだった。

涼しい顔と裏腹の気持ち 叩きつけるような激しいフラワーアレンジ 

島尾は毎回、まじないのようにビタミンカラーをどしどし使って 部屋中を花で埋め尽くして
病院に向かった。

アレンジは鏡。。悔し紛れの色使い。

六花は 島尾をバカ正直だと感じていたようですね。。

生前、六花の一存で店を手放しても構わないとか 離婚届の記入を済ませたりしていたけれど
それが 口先だけの嘘だと六花には解っていた。


店にも庭にも愛ダダ漏れのくせにと。。

唯一無二の宝物を店中に溢れさせておいて 捨てるのは人任せなんてあんまりだと六花。

「答えを相手に委ねても迷宮入りさせるだけかもよ。
それに 私 別れ方知らないの。」

そう答える六花に「ズルイ言い方かもしれないけれど 僕には選ぶ権利はないと思う」と島尾。

「選んでいいなら・・・ずっと 傍で一緒にいたい」

それが 彼の本心。。
だけど、それは叶わないことだというのは重々承知しているし、六花を縛りつけてしまう
ことでもあることもわかってる。

いつかはどうしたって忘れてしまうのに 全部捨てなくてはいけないのかと六花。。

島尾の選ぶものも全てが ただただ好きだった・・・。

 

目の前の葉月に 着ているもの全て、島尾のモノだといい、泣きだす六花。。
「島尾くんなんでしょ?」

「はい」

ついに 島尾も自分の存在を認めました。。

本当に本当に好きで ずっとずっと会えるものなら会いたくて・・・
忘れられずにいた島尾が 今、目の前に現れ 涙を止めることが出来ない六花。。

想いが溢れて言葉にもならないんだろうな。。

島尾の方は、自分の骨の一部を埋めたら けじめをつけようと思っていたのに
六花に自分の存在が認識されてしまい 未練が余計に断ち切れなくなってしまったようで。

ここで 身体を貸してくれると言うトンデモナイ申し出を受け入れてくれた葉月との約束を
破るようなことがあれば 本格的に外道だと自分のことを思う島尾でしたが、
でも 生き返えられない時点で既に 人でナシだったわけで・・・

「もう手遅れだな・・・」っと ヤバい方向へ走りだす島尾!?

肉体が亡くなった時点で もう既にかなり暴走してましたから 今さら感が出て来て
しまったようです。。

自分の存在を六花に知らしめたのは 彼自身だし、グダグダになっちゃってますよね。


でも 人の未練なんてものは そんなものかもしれない。。

島尾のやっていることは まともではないけど だからと言って突き放せるかと言えば・・・
すごく気持ちはわかる。。

どうしても手放したくない六花を もう一度 手放さなくてはならない・・・

どうせ 外道なんだったら いっそこのまま・・・って 思ってしまうのもわかる。。

六花にしたら 二度と会うことはないと絶望してた島尾との再会が叶ってしまったわけだから
嬉しくないわけがない。。

 

さぁ その頃 葉月は・・・

メルヘンの世界で姫とお花を眺めながら歩いてます。
そして いつの間にか姫から王子認定が・・・!?

ん??

 

ぎゃぁ~~~~~~~~!!!! 

顔が島尾になってる!?

 

 

って ことで またもや見事な引きwww

原作を上手いところで切りますね。

今回、どこで引くのかなっと思ってたんですけど さすが~~~~

ちょっとウダウダやってるようにみせて ラストに ドカ―――――ンと衝撃を。

 

原作通り いい感じに進んでますね。

次回も楽しみ♪

ちなみに 盆に帰省した折、義妹にこの作品を思いっきり推しておいたら 義妹が
原作大人買いしたようですv

公式ガイドブックの感想はこちら

 

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

黄瀬っちキタ━━━ (/∀\*) ━━━!!!! 「黒子っちください」ですって??

先日 やな先生がみどりんを描いてくださいましたが、

黄瀬っちもキマシタ!!!(p≧∀≦q)〃

もう 今日は忙しくて更新が出来なかったのでこのまま寝てしまおうと思っていたのですが
いやいやいや ツイッターでやな先生のブログが重いって情報があったので、もしや・・・

っと 思って伺ってみると・・・

 

やな先生

 

カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!! 

 

キラキラした超絶美人さんの黄瀬っち!!!!! 

しかも タイトル「黒子っちください」ですと!?

やな先生わかっていらっしゃるwwww

 

ああ・・・  なんですの!?あの手は・・・ 
肌蹴具合もよろしくて、なんて 卑猥な黄瀬っちwwww

黄瀬っちが ヤル気満々だわwwww ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

彼はモデルさんもしてますからね~~

イケメン過ぎて 目眩がwww 

 

やな先生に直接メールを送ってくださったお友達のみなさま 

ありがとうございます!!

お陰で 大変ありがたいものを拝見することができました (〃∇〃v)

え狂いながら寝るとします

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/08/31 02:28 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

超訳百人一首 うた恋い。 第9話 「少納言と行成 清少納言」

今回は前回の清少納言と義孝の子、行成とのお話。

父・義孝が三歳で夭折。
仁徳もあり歌人としても優れていた父と比較すると、どうも特別秀でた歌才があるとは
思われなかった行成。

たぶん、他の人に比べたら十分な域にあったのでしょうが、あまりに優れた父と比較されて
しまったがための劣等感だったのでしょうね。
行成は歌が嫌いに。。

そんな彼に 斉信は賢くて信頼できる女房だと 清少納言を紹介。
歌人として名高い元輔の娘ってことで、警戒する行成でしたが、意外にも清少納言も
同じ境遇だったせいか 歌は苦手だと。

下手な歌を詠んで親の名に泥を塗りたくないと行成に共感する清少納言。
これが出会いとなり意気投合する二人でしたが・・・

 

どうも行成は付き合いが悪いらしく、すこぶる女房からは不評。。
女房たちの愚痴を行成に聞かせているところに 実方の姿が・・・。

斉信は 彼の噂話をします。
雨が降り、みんなが雨宿りにチリジリになる最中、

さくらがり 雨はふりきぬ おなじくは ぬるとも花の かげにかくれむ

どうせ雨に濡れるなら桜の木の下がいいと古い歌を口ずさんだとか。。

デターーーwwww オーバー雅(アクション)wwww

子安さんになんて実方はピッタリなの!!!

斉信は実方を賛美しますが、行成は わざとらしくて却って風情が無いと酷評。
少納言の元カレだと知ったからかwww?

それを後ろでこっそりと聴いてしまった公任は面白がって 実方に報告v
でも実方は 「行成くんというのは なかなか辛辣だな」ってだけで 特に気を悪くした様子もなく。

「うた変。」では むしろ誰かに似てるぞ・・・ってことで 諾子(少納言)の感性に似てるんだと
微笑ましく思うくらいなんですよね。

そこへ行成が公任への言伝を持ってあらわれたものだから・・・。
公任は実方のいる御簾の中に わざと行成を招き入れ・・・

二人を遭遇させるという悪ふざけをwww

公任の挑発に乗らず、大人の対応をとる実方に 行成は感心。。
中傷を気にも留めず、立ち振る舞いも優美な実方。
「これが少納言の元恋人・・・」

ぼんやりと実方の後に続いて歩いていると なんと実方が上げた御簾が行成にぶつかり、
が落ちてしまいます!!

当時、頭髪を晒すということは 下着姿と同じようなものらしくて つまりは実方に
いきなりかれてしまったってことですよねv

ここは 当然、腹を立てると思われたのに 行成は 何事もなかったかのように すぐさま
冠を拾い、余裕の対応。
これは実方を意識してかwww

このことは宮中で持ちきりとなったようですが、清少納言は怒らなかったことを立派だったと。

父のことを引き合いに出し、 「切羽詰まった状況で 男の真価が問われるのだ」と。。
行成は少納言から 男として合格点をもらえたようです。

「でしたら ご褒美を」
顔を見せてくださいと言う行成。
冗談だとは言うものの、いつも一線を引いてくる少納言との距離を 詰めたいという思いが
行成にあったのは 本当のようですね。。

その後すぐに事件が起こり、定子さまが宮中を出ることに。
宮中では勢力争いが派手になり・・・。

行成は里にまで押し掛けて 少納言に用事をお願い。
「貴女がいないと仕事に支障をきたす」なんて すごい殺し文句だと思うのですけどv

宮中に定子様が戻ってきたことで、少納言も再び宮仕え。

相変わらず、少納言にしか用事を頼まず、他の女房からは付き合い辛いと
行成は不評のようでww

さすがに少納言も 他の女房とも仲良くしろといいますが、広く浅くの付き合いは苦手だと
ただ一つでも絶対の友愛を築けた人生こそ価値があると言う行成。。

頑固も程々にという少納言に 頑固は生まれつきだと白楽天の詩を引用。
が、今度は論語で応酬する少納言www

勝ったと思った少納言でしたが、「顔を見せたら・・・」 誠意を見せての助言なら伺うと
粘り強い行成に「もう結構です」

少納言の方が先に降りました。

ここの行成のっぽい目がきなんですけど!!(p≧∀≦q)〃
原作では 口元が笑っていたんですが、アニメではちょっと解りづらかったですね。
これ、明らかに口説きモードになってるのにwww

少納言は
「反省の色が見えないもの相手では 誠意を見せても無駄というもの」
それを受けて 行成も
「・・・そうですね。俺の誠意も空回りです」

そんな風に掛け合いをしてたかと思えば これ以上不興を買わないうちにと引きあげる行成。

強引に押して見せては あっさりと引くという 意外に駆け引き上手なのかwww

今度は 少納言の方が
「図々しく遊びに来るかと思えば 何かと理由をつけてさっさと帰るのだから 
お行儀のよろしいこと」っと。

行成は 御簾から出て来た少納言の扇を摘まむと
「こんなふうに、一向に打ち解けてくれないので 距離をつめかねている・・・
と、言ったらどうします?」

うわぁ~~~やっぱり 声がつくと俄然色気が増しますね!!  (/ω\*)   
この掛け合いいいわぁ~~~。。
でも、少納言が ちょっとお子ちゃま風声なのが残念。。

行成には、原作のように扇をトンと弾いて欲しかったですよね。

アニメの方が 表情も全体に幼く感じますね。
原作は もっと大人テイストv

定子様に至っては原作では 色気ダダ漏れて 只者じゃありませんよ。
アニメももちろん、イイ感じですけど でもやっぱり ちょっと声がイメージと・・・。

後ろ盾がなくなった定子さまの事を想うと 迂闊な恋はできないと思う少納言。
行成でさえ、敵か味方かといえば、道長の腹心である行成は 


宿直に戻る途中で斉信に会い、少納言が書いたという枕草子を見せてもらう行成。

最近、少納言と疎遠になっていることを薄情ではと言う行成でしたが、斉信は、自分と
少納言は利害関係に過ぎないと。。

それはお互い承知してることで 逆に必要以上に肩入れするのは感心しないと・・・。

「そういう心構えだから それまでの関係にしかなれなかったのでは」と言う行成に
なんなら試してみるかと嗾ける斉信。

「心を開いてくれてと あれを口説いてみろ」

 

翌朝、少納言に文を送る行成。
夜中に帰ったくせに 一番鶏に急かされたと 愛嬌のある内容www

返事に 巧みに故事を混ぜる少納言。
あなたを急かした鶏は おそらく偽モノでしょうwww

それを受けた行成からの返事は・・・ どうも変な流れになってきて・・・。
まるで 本気で口説きに来ているかのような内容に。。

が、少納言は それはないと否定し、中宮付きの女房として恥ずかしくないようにと
そして、まがりなりにも恋のお誘いには 和歌でお返事をと・・・。

夜をこめて 鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ

あなたの嘘で開ける恋の関ではありませんよ あいにく私は守りが堅いの

有名なのキマシタ!!

 

っていうか 私が子供の時 二番目に覚えた歌。
ちなみに一番は 蝉丸。

ちょっと可愛げが足りないかと思いながらも少納言が送った歌への 行成からの返歌は・・・

逢坂は 人超え易き関なれば 鳥鳴かぬにも あけて待つとか

守りが堅い?あなたは誰にでも身体を開くからチョロイって皆言ってますよ

 

ハハハハハハ 。゚(゚^∀^゚)゚。

これは ショック受けるよねwww

確かに失礼かつ下品www

でも 声がいい!!!!!(≧∇≦)

頼まれていた枕草子を少納言に返す折、自分が少納言と親しくすることに魂胆はないのだと
改めて言う行成。

立場は違うけれど それを超えて仲良く慣れる気がしたけれど そう願っているのは
自分だけなのだと思うと空しくて つい、失礼な和歌を返してしまったと・・・。

でも 少納言は立場が違うとわかっているのなら 自分にそこまで思い入れない方がいいと。。

思い続けたり 信じ続けたりすることは 難しいことだから・・・。

すると 行成は・・・
信じて貫こうとする何かが無い人生は 死んだも同然と思う っと。。

それは 子供のころ、少納言が父に言われたことと同じものでしたね。。

この人の言葉は・・・いつも私をとらえる。

恋とはまた違うけれど、信じてみたいと思うほどには 好きだと思う少納言・・・。

 

恋の関は許さないけど 心の関ならいつでも開くと譲歩してきた少納言に
「では・・・」と 行成は 顔を赤らめ 

「顔をみせてください」

 

こんな可愛いツバメ どこで手に入りますか??(p≧∀≦q)〃

 

もう 今さら恥ずかしいという少納言。
「さては ブサイクなんでしょう。それなら絶対見せないように。」

年下の男とこんな楽しい会話が出来るなんて羨ましい限り!!

進む道が違うからといって 全てが絶えるとは思いたくない。
そうでない関係もあると信じたい。。そう 願う少納言でした。

 

いやいやいや・・・

広く浅くではなく、自分がこれと思った人と深く付き合うって人ってタイプ!!

博愛よりwwww

とっつきにくく付き合いが悪いけど 一端懐に入れたら愛情ダダ漏れとかってタイプ

大好き!!(*`・ω・´*)ゝビシッ

 

行成・・・真面目だし 絶対いいと思うわ。。

 

今回 「うた変。」も混ざってて面白かったですね!! 笑えましたwww

「うた変。」の義孝と行成の比較とか凄く好きなんですよwww

親子なのに 似てるけど似てないww

特に女性の扱いがwww

あら?「うた変。」 どこも 売り切れになってる。。
早く買っておいてよかった~~~

これは 売れると思うわ。

DVD特装版は とにかく早く入手された方がよいかと。。

軒並み売り切れですねv

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

薄桜鬼 黎明録 第8話 「修羅の枷鎖」感想

羅刹があんなに叫んでたら 他の隊士にも そろそろバレそうなんですけど。。
大丈夫なのかしらと ちと心配。

そして 私の左之さんルートはいつ終わるのだろうかとそれも心配。
明日こそ頑張ろう。。

今回は ちょこっとだけ 一くんのターンv

いきなり、芹沢さんの命で 羅刹の男の首を晒すお仕事を請け負うことに。。
「悪名は無名に勝る」

例え、非道な晒し首をしようとも 世間に知られないよりはましって 芹沢さんの考え。

土方は これ以上 人々から反感を買いたくはないと反対したようですけど
局長命令とあれば致し方なく・・・

「嫌な仕事ばかり押し付けてすまない」って 申し訳なさそうにする土方に
「これは私の役目と心得ております」 冷静な一くん。

むしろ、土方たちの役に立てることが嬉しいような笑みを浮かべ、初めて試衛館を
訪れたときのことを回想してますv

うきゃ~~ヾ(◎´∀`)ノ〃 今回作画が凄く気合入ってるv
それに 総司との試合も なかなか動いててよかった♪
ちょっと BGMにびっくりしたけどwww

左構えを全く咎められることなく、それどころか どっちだろうと「強いことに変わりはない」

ありのままの自分を受け入れてくれた近藤と土方。。

一くんは 彼らに一方ならぬ感謝の気持ちを持っているんですね。。

その器の大きさに心底 れているのだと。。
惚れて惚れて惚れぬいてくだしゃい・・・(〃∇〃v)

だから 二人のためならば どんな汚れ役であろうと厭わない・・・ってのが 一くんの想い。

右差しの自分を そのまま受け入れてくれたってことが 彼にとってどれほど重要なこと
だったかがわかりますよね。。

当時、刀を右に差すなんて 武士として考えられないことだったから それを貫くことは
相当の糾弾を受けることだったでしょう。

当然、どこの道場だって どれだけ強かろうと目録どころか、入門さえ認めてもらえなかった
と思います。

それを 意図も簡単に「強ければいい」とあっさり認めてもらえた。。
一くんにとっては 初めて 自分の信念を受け入れてもらえた人達との出会いだったのでしょう。

生まれたてのヒナ鳥のように、一度 「この人」と認識したら生涯違わないってくらいの
生真面目さが一くんですからねv

ま、近藤も土方も柔軟な考え方の持ち主であったのだとは思いすが、武家の出では
なかったってことが 幸いしたのでしょう。。(^^;

ああ・・・きっとこの辺りは 一くんルートをすると もっと詳しく描かれているんでしょうね!!
今から楽しみ (*´д`)ハァハァ  

「その人達といる居場所を守る」  それが今の一くんの全て。。

総司の近藤さんLove とはまた違うけど ともに自分の守りたいモノのために
となって行く二人。。

一くんの一途さが愛おしい。。(/ω\*)  

 

大坂での晒し首の一件から 「壬生狼」と影口を叩かれるようになる隊士たち。。
どうやら平助は 落ち込んでるようで。。

総司は 逆に「町の人が怖がって道を空けてくれるようになって歩きやすい」と。。
平助とは対照的。。
総司 美麗ですv

一くんは・・・ 

ああ・・・なんか・・・ 喪服の若妻がお洗濯してるみたいで・・・(/∀\*)  

なんてめかしいのww (*´д`)ハァハァ 

っぽいったらあやしない けしからんwww

 

綱道さんがやってきて 接客する龍之介ですが、自分の立場を考えて いらんこというなと
山崎に釘を刺されてします。。
なんか 目つきの悪い山崎が我愛羅に見えて仕方ありませんwww

まだ この頃は緊張してたのかしら。。

龍之介は 相変わらず自分の置かれた立場ってのを理解してません(^^;

一くんに 剣の稽古を付けてやると言われ、選択肢に悩んでますwww
なんで 悩むww

そこは 是非に行っとくとこだろうv

それよりも 隊士でも何でもないのに 「斎藤」って呼び捨てなのが気になります。。
龍之介、本当に自分の立場がわかってないよ。。

時間になっても来ない龍之介を 「遅刻厳禁」って迎えに来てくれる一くんww

刀の握り方から教えてくれますが・・・
って 一くん??

いきなりの真剣ですか??
実戦での心得まで入れちゃってるしv 

そう言えば 知人が居合をやってますが、刀の扱いを聞くと身が引き締まる想い。。
居合は流派とかいろいろだし よくわかりません。。でも 理論とか聴くのは好きv


龍之介が フラフラで稽古から戻ると・・・お梅さんが 隊服代の取り立てに。。
お梅さん 別嬪さんだけど、最初から髪があんなに乱れた状態なのね。。

最初はもうちょっと堅い方がいいのにな。。ゲームは仕方ないけど。。

居留守を使った芹沢さんに意見したものだから 今日も鉄扇をいただく龍之介。
今回は芹沢さんの男前度もUP

肩を揉め、って 龍之介が帰って来るのを待ってたみたいで なんだか芹沢さんが
可愛く思えてしまうのですけども。。

「お前にしか肩揉みはさせない」とかなんとかwwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン   

 

毎日頑張って・・・るかどうかは疑問ですが、とりあえず、手が豆だらけになるくらいは
稽古をしてる龍之介。。

でも 今日は気が乗らない・・・ってところを 左之さんが気を利かせて巡察に連れ出して
くれます。。

龍之介が稽古を休むと知ってなんだから一くんが がっかりしたような表情。。
ええ~~~!? 一くん、龍之介を気に入ってたの??

ここらあたりも 一くんルートで確認しなくちゃwww


左之さんのお陰で稽古を休めたとはいえ、巡察だって命がけ。。
あれ・・・龍之介と並んで歩く左之さんが妙に小さくてスマート。。

おっと~~~佐々木が可愛いじゃありませんか!

龍之介は 小鈴のことを思い出したようで、左之さんに頑張れ~って言われちゃって。
左之さんに「お前はどうしたいんだ?」って訊かれると 全然関係ないのに 私が
ドキッてしてしまうwww

いやいや マジ 私に訊かれたわけじゃないからwww

 

龍之介は新八に誘われ(というか無理やりお願いされて・・・) 芹沢さんらに付いて
島原へ。。

そこで龍之介は 新八が芹沢さんに対し、ちゃんと評価もしていることを知ります。
常識外れで欠点ばかりが目立つけれど、やることはやってる・・・
嫌いになれないって新八は ただの人情家ってだけではないようです。。

きょとんと話を聞いてる龍之介の表情が可愛過ぎv

 

隊士に混ざり剣の稽古を斎藤に付けてもらってる龍之介。
左之さんと新八は温かく見守ってるようでwww
この二人 今さらだけど非常に怪しいwww 

で、その間にお梅さんが やっと芹沢さんに会うことができたようですが、ちょっと強気で
出てしまったばっかりに お梅さん・・・!

解り切った結果に。

大体、女が芹沢さんのところに取り立てに来てる時点で これはまずいわな・・・。
男だったら 殴られてるかもしれないけど。。


芹沢さんがお梅さんに手を出してる間に 土方山南組は 不逞浪士との斬り合いに
なっちゃってます。
この二人の背中合わせの闘いっぷりに萌え萌えなんですが、他の隊士はどうしたの??
巡察は二人だけじゃないはずなのに。。

浪士組の名を語り、押借りを働く不逞浪士が出て来たということは それだけ浪士組の
悪評が広がったということ。。

首を晒したことが逆効果だったのではと言う平助の言葉に 土方も一くんもやるせない表情。。

「あの人・・・最近やりすぎですよね」

総司の言葉を受けて「浪士組の評判が堕ちると会津藩の名前にも傷がつきます」と山南さん。

我々もこのままというわけにはいかないでしょうね。

 

うわぁ・・・ いよいよ 芹沢さん・・・??
ん・・・でも まだ粛清するほどのことでもないような気がするから もっとデカイのがくるか?

 

とにかく私は早く左之さんルートを終えなくては。。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 薄桜鬼

[ 2012/08/29 02:21 ] 薄桜鬼 | TB(8) | CM(0)

取りあえず これだけ!!! やな先生のミドリン!!!追記あり

夏休み中は 火曜日は朝から夜まで仕事なので更新が深夜になってしまうのですが、
「薄桜鬼」とか 「うた恋い。」とか いろいろ・・・

でも これだけは!!!

やな先生

 

やな先生が ミドリン描いてくれました!!!!

カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!! 

キセキの世代 他の人達もぜひぜひ 描いてください!!

 

さぁ もう一仕事。。

 

さて 仕事を終え、PC前に戻り、もう1回 やな先生のミドリンに会いにいってきたのですが・・・

んんんん・・・ 狸ちゃんの眼が・・・

結構 信楽焼のたぬちゃんって つぶらな瞳なんですが、面白い顔のたぬちゃんも
あるんでしょうか。

私はこんなのが好き。。

 

 

これだけかわいいと、何やら立派なものがぶら下がっていてもそれほど気にならずww

が、しかし、こんな感じでユニフォームを着てしまうと 俄然存在感がwww

 

 

しかし もっと豪快なのは こちらwww

立派だわwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

[ 2012/08/28 19:30 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

「鬼灯の冷徹」第6巻の感想です o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

いや~~もう相変わらず面白い鬼灯ですww

表紙も妙に凛々しくて 背景の描き込みも細かいし見ごたえ充分v

 

【送料無料】鬼灯の冷徹(6) [ 江口夏実 ]

【送料無料】鬼灯の冷徹(6) [ 江口夏実 ]
価格:570円(税込、送料別)

ということで、「鬼灯の冷徹」第6巻の感想です。

これまでの感想はこちら

現世への視察って鬼灯は何をやってるの?
現世の節分を地獄の鬼たちはどう思っるの?
鬼って天パが多いイメージがあるけど、実際はどうなの?
なんで秦広王の第一補佐官は平安貴族の小野篁なの?
そんな疑問が氷解する第六巻です!

ってことですが・・・

帯は 「自覚がないドSほど恐ろしいものはなし!」
ですよねwww

今回は初っ端から大笑いww


「野干の狐」

扉絵の鬼灯さまは ホスト姿ですよね??
鬼灯さまにホストしてもられるなら 入れ込んじゃうって人 男女問わず多数だと思うわ。

閑古鳥が鳴いてる店の前でゴンちゃん何とかお客を引こうとしていると・・・鬼灯さまが。
あら~~ 鬼灯さま 金魚風呂敷www

ダメホストたちを指導してくれってゴンちゃんに頼まれて 鬼灯さまが店に入ってみると。。
一々イラッとくるホストたちの対応に 鬼灯さまが ブチ切れるwww

さすが 真正の・・・

今は流行りのS系で売ってるとはいうものの、鬼灯さまに言わせれば「オラオラ営業」で
根本的に「S」と言うものを誤解していると。

「私が思うに そもそも真性Sは自分からSとは言わないと思うのです」

自称Sは大概ナルシストで 真性Sは「いじめたい」と公言する前に 相手を塵にするという
鬼灯様ww

「自覚がない真性ほど恐ろしさが際立つのではないでしょうか」

ですよねwwww

鬼灯さま 自ら示してくださいますwwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン   


私はSではないと何度も言っているでしょう!!」

ガンガン ゴンちゃんを締め上げていく  見事な鬼灯さま(〃∇〃v) 

でも 鬼灯さまのすごいところは ただ厳しいだけじゃなくて、ちゃんと商売のアドバイスもしてくれるところ。

実は面倒見がいいww


現代のニーズに合わせて もっと良い方法があると・・・

ホストクラブは もふもふの狐カフェにwwww


笑ったわ!!!!
さすが 鬼灯さまwww  利点と特徴を最大限に活かして大繁盛にv

 

次の「茹づ柚湯」の扉絵も可愛い!!!
今回、扉絵が すご~~~~~く素敵なのでいっぱい♪

こたつに入って鍋の引加減をみる鬼灯さま。ぷっくりほっぺに串を頬張って・・・

うさぎさんたちや猫ちゃんもこたつでほっこり。。
シロはお外で元気よく走り回ってますし、外にはなんと閻魔さまの雪だるまがwww

鬼灯さまは 実は閻魔様大好きとみたww

 

「ミッション・ポッシブル」の扉絵もかっこいい!!

エイリアンと戦う人って設定らしいのですが スーツ姿で拳銃を持つ鬼灯さまが新鮮v
現代に視察にきてる鬼灯さまも また可愛らしくて♪

キャスケット被ってる鬼灯さまもいいんだけど、私はTシャツにタオル巻いてる鬼灯さまが好きv

バイトの兄ちゃん感が凄く出てるww

そして 話の面白さで笑ったのは 「三者三様の男」

白澤の子供時代も可愛いんだけど なんといってもむしゃくしゃして理由もなく白澤に
悪戯を仕掛ける鬼灯さまがwwww

何なの一体!?

とにかく白澤には嫌がらせをしないと気がすまないというか・・・

いつもはクールで沈着冷静、仕事のできる男なのに 白澤と閻魔さまには 自分の感情むき出しってのがたまりませんv

 

お香ちゃんが簪をみて「可愛いわぁ」って言ってるところに すかさず「買ってあげようか?」
っと白澤。。
「え~~悪いわ」なんて やってると すっと鬼灯が お香ちゃんの手から簪を抜いて
自分の買い物と一緒にレジへ。。

鬼灯さまったら 意外にもやるじゃないwww

いいとこ持って行かれて腹立てた白澤は もっと高いもの買ってあげるとムキになりwww

この二人、お互いに意識し過ぎなのが可笑しくて

とはいえ、二人は、金太郎の「気は優しくて力持ち」の出来た人格を目の前に反省。。

特に鬼灯は ミステリーを2巻から買って渡すという嫌がらせを白澤にしたところだったけど
やっぱりごめんと1巻も購入して手渡します。。

急に大人の対応になった鬼灯の態度に ま、仕方なから読んでやるか・・・って白澤でしたが
ページを開くといきなりwwww。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハ !!   

 

ネタバレしたいけど、この先は読んでね!!!

もう、大人気ないんだから 鬼灯さまwwwww
こんな鬼灯さまが大好きだよぉおおおお!!!

白澤に乗った閻魔さまを 共々ライフルで撃ち落とそうとしたら その前にゴジラに先を
こされてしまって 「畜生!」って悔しがる鬼灯様にも大爆笑

どれだけ感情ダダもらせてるんでしょうね~♪


それからそれから、今回もまた ちび鬼灯さまが可愛いのなんのって!!

「プリンセスサクマのショータイム」の扉絵なのかな??
あの親指が取れたみたいに見えるマジックやってるちび鬼灯と
P131右上の考えるちび鬼灯が もうメチャ可愛い!!!

とにかく ちび鬼灯は ほっぺのラインと小さな牙とぷっくりお手々が最高!!!


イリュージョンが無事に終わって「成功!!」って叫んでるとことか、後ろでパチパチパチって
手を叩いてるところとか およそ、子供のやることとは思えない鬼灯さまですwww

そして、すでに子供の頃、鬼灯が白澤と出会っていたのにはびっくり♪
お互いに覚えてないようですけどww

昔から 流行の最先端にいる女性は髪を盛るって話は 納得でしたね~
日本では 花魁がすごいことになってますし、ロココ時代の貴族の女性の髪型は
信じがたいものがあるww
今の時代も盛る女の子は多いようですね♪

 

いやいや6巻も面白かったわ~~~
読み応え十分だから 読むのに時間が掛かってしまうんですよね。。

 

なんて 読み終えようとすると最後に来ますよ、強烈なやつがwww
もう 腹抱えて笑わせていただきましたとも!!。゚(゚^∀^゚)゚。

鬼灯さまは ストレートの黒髪だから いいんですよね。

江口夏実先生には ぜひとも、お体ご自愛いただき、これからもモリモリ頑張って
ガンガン続きを生み出していって いただきたいと思いますv


次巻も 楽しみにしております!!

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

週刊少年ジャンプ 最新39号一言感想

表紙は黒子!
なぜか 紫だけが表紙にいない。。

「劇場版銀魂」第2弾は ガセではなかったようです。
2013年公開で 空知先生 全編書き下ろしの完全新作エピソードって シリアスっぽいん
ですけど~~ ついに白夜叉きますの??

いつも思うんですけど 掲載順って結構 シビアに突いてくるなっと。。
今回も納得の順位だと思いますわ。

黒子のバスケ
今週は凄い!!いきなり、ミドリンと黄瀬っちの会話v
赤司を見つめる黄瀬っちの視線が・・・。この1ページだけで 全国に失神者多数www
絶対 熱中者患者と間違われて搬送だわww

次ページからの赤司は 俺様キャラどころではなく将軍様!!
ミドリンについた赤司の眼には ゾクゾクしますね(/∀\*)
こりゃたまらんわ。。

赤司の自信に満ちた態度とは反対に ミドリンの警戒度はハンパない。。
にもかかわらず・・・赤司 怖い(><)
反応が速すぎるっていうか もう斉木の世界・・・(^^;

視えてるっていうか 悪魔目発動ですよね?彼は悪魔ですか?
いや~~ それもいいかもしれないとさえ思ってしまうww むしろ悪魔で

征十郎さまには 感服いたしましたv 
キセキの世代ってみんな凄くいいんだけど やっぱ私は征十郎さまだわさww

ONE PIECE
やっとナミとサンジが元に戻れたけど・・・サンジwwww いい奴だわww
そして反撃!! のハズなんだけど。大丈夫かww

暗殺教室
触手漫画ってwww ま、そうなんだけどwww
思った通り 色仕掛けで「最強の殺リマン」ってことですが、生徒たちからも嫌われたwww
これは 生徒がコロセンセを守る方に付きそう。

ニセコイ
台風wwww お泊り来るかと思ったけど、この爽やかさ加減が きっと高順位をキープしてる
理由じゃないかな。。
話の展開も面白いし、何より、楽が誰が好きなのかがブレてないのがいいよね。
小野寺さん可愛い!!やっぱり この子と一緒になるのが一番いいと思うな。

NARUTO
ついに仮面が割られましたね! 

トリコ
本体は強いんだか 強くなさそうなんだかwww ラスボスの面では無さ気ww

斉木楠雄のΨ難
斉木ほどの能力があれば 何なりとGを退散させる手段がありそうなのに。
行動が読めないから嫌いってのは笑ったけどv

SKET DANCE
あちゃ・・・管理人は 笛吹和義って・・・(><)
どこでスイッチが捜査に協力してくれるのかなって思っていたら思わぬ展開に。。
面白いけど 大丈夫かな・・・

BLEACH
今回は迫力ありましたね~~~ でも 早く話が進まないかな。。

ハイキュー!!
「ラスト一本に何本かかってんだ 集中しろ」耳が痛いでございます(^^;
研磨がどんなプレイするのか早くみたいなぁ~~ すごく気のない感じでふわ~~~って
上げてるみたいだけど。。
イケメンかと思ったら どっちかっていうとユルメン??みたいなww
試合のメンバー決めるのって難しいよね。。
オリンピックでは データ重視で上手くいってたけど、学生の大会ではそういうわけにもいかず
監督の算段ひとつだもんね。

練習試合も楽しみだけど、普段の練習とか それ以外のところでもちゃんとストーリーが
動いてて面白いなぁ~

放課後アイドル 金未来杯NO.3
う~~ん 面白いんだけど 不良の設定がいつの時代www

べるぜバブ
古市がwwww いいのか このままで??調子に乗らせて大丈夫なのか??
怖いよwww 笑えるけどwww

クロガネ
そうだよね・・・防具のないとこ打たれたら怪我するよね(><)

銀魂
将ちゃんwwww なんて 毎度お気の毒なのwww

REBORN!
ええ! これはヤバいんじゃ。。流石にリボーンもまずいと思ったようで。。
ツナがきて何とかなるのか!?

めだかボックス
わかったようなわからないような展開だけど 取りあえずバトルじゃないから付いていけるかな。

タカマガハラ
あんまりジャンプっぽくないっていつも思う。絵柄かな??

こち亀
カメラは使い方次第では 相当役立ちそうですよね。

恋染紅葉
パジャマな彼女。

戦星のバルジ
劇的な盛り上がりがあるといいんだけど・・・

 

では この辺で。。

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2012/08/27 14:22 ] 少年ジャンプ | TB(8) | CM(0)

黒子のバスケ 第21話「始めるわよ」感想

OPいいよなぁ~~ってニヤニヤして見ていたら 娘に(原作既読)
「アニメは二人ヒロインで推してるの?」って訊かれたんで

「うんv 黒子っちと黄瀬っち」と真顔で答えて ドン引きされましたwww

でもね~ どう見ても OPの黄瀬くんの流し眼は色っぽいし、黒子に至ってはヒロインとしか
思えないキュートさwww

とは言え、黒子の場合、役割分担としては 火神の方が嫁っぽいww
木吉は それに早く気付けって 言ってるのかwww

 

ってことで 今回は楽しい合宿~~♪

今年は海と山、両方ってことで リコちゃん張り切ってますが・・・
合宿のシゴキより怖いモノはリコの料理www

安い民宿にしたため、食事は自分たちで・・・ってことになったのだけど、練習のキツさを
考えると とても自分たちで作るのは無理・・・

かといって リコでは・・・

ま、でも 見た目はともかくとして、不味さの原因は リコの愛情によるサプリだったって
ことですもんねwww

ただ、リコも 選手の身体のことを思うなら 自分で味見くらいはしなくちゃねww



早速、海での合宿から始まったようで、砂浜にコートを作って裸足で練習。
リコパパは どうやってあの重そうなゴールを運んでくれたんでしょう

車セダンでしたよねwww トラックとかならともかくwww

海辺での練習なんて 若いなぁ~~って思いますよね。
あんな紫外線に晒されてたら私なんて10分くらいで OUTだわね。

砂浜練習の効果が一日目から出てたようですが、ドリブル無しのバスケッて それだけで
キツそう(><)

練習後は部屋でストレッチのようですが、なぜに広さがあるのに わざわざ敷居をまたいでの
ストレッチ??

リコは自分の組んだ合宿メニューでいいのかと 若干不安になってるようですが、
木吉は練習メニューは良く出来ていて、問題があるとすれば選手側だと・・・。

それぞれが自分の役割を自覚し、スタイルの確立をする必要があるってことのようで。
良く見てますね。
だから キャプテンとして相応しいのは自分ではなく、日向なのだとも自覚してるのでしょう。

彼はムードメーカーではあるけど、精神的になるタイプではないですもんね。
さすが夫婦といわせていただきましょうv 見事な役割分担ww

 

そして 待ち望んだ切っ掛けがwww

なんと誠凛が今年選んだ民宿は 毎年 秀徳が伝統的に選んでる民宿だったwww

立派な寝癖を付けながらも平常心の黒子に対し、ミドリンのただならぬ驚きように大笑いww

まさかこんなところで黒子に会えるとは・・・!
って喜びとともに、黒子と朝を迎えてる火神にムカついて動揺が隠しきれないww

「バカンスとは 良い身分なのだよ!!」って 怒りってるwww

火神に「バカンスじゃねえよ!!」って返答されて 
「え??」って ミドリン@小野Dがナイス♪

 

突然の予定変更で 秀徳と合同練習v

が、火神だけは別メニューで 砂浜のランニング。

黒子がミドリン相手に1on1で挑んできたものだから 軽くあしらわれた上に ふざけてるとまで
言われてしまい。。

そこまで ひどいの黒子っちって??
でも とにかく黒子はもっと強くなりたいのだと。。

ツンなミドリンだけど お風呂では黒子のことばっかり考えてるwww
メガネなしミドリン キタ━━━━ (゚∀゚) ━━━━━━!!!!

ライオン相手に一生懸命に黒子についてく語るミドリン可愛らしさったらないわ!!

彼こそ無敵www

高尾も そこんところは心得ているんでしょうねv


みんなが練習を終えて風呂からも上がった頃に火神がランニングから帰ってきます。
リコったら 火神のこと完全に忘れてたのwww??

そして 火神の全裸www

嫁が先に待ってるから お風呂入れなかったとかヤメテあげてね おっちゃんwww

 

で EDですが、黄瀬っちwwww

ミドリンから奪い取ったんですねwww
黒子っちと同じチームになってヤル気が漲ってる

こりゃ次回も楽しみです。

 

 

楽天人気 ※アニメのコップ※黒子のバスケ

楽天人気 ※アニメのコップ※黒子のバスケ
価格:1,200円(税込、送料別)

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

超訳百人一首 うた恋。 2 DVD特装版感想

コミックスでは 陽成院の話はそれほど長くなく、子供の頃の話もなくて 綏子内親王と
結婚してからのことだけが描かれていたのでアニメの方が詳しかったんだなぁ~なんて
思って 1巻目を読んでいたのですが、

この特装版のDVDをみて・・・

感動 すごい いい出来ですわ・・・。

逆にDVD版では コミックスの台詞がカットされてる部分もあるのですが、業平の心情とか
陽成院の心理描写がとにかく見事で・・・!!

申し訳ないけど アニメよりも上かもしれないとさえ・・・。

声は付いてないのですけど(あ、ちゃんとアニメ版のキャストさまで脳内変換はできましたが)

それがネックになることなどなく、音楽とかとか演出が素晴らしくて 
なんて情感豊かな作品に仕上がっているのだろうと!!

これはちょっとマジで きました!!

いろいろレビューを読んで とても評価が高いことは知っていたのですが、これは確かに!!

納得です。

売れるわけですわ。。

現在、ほとんどネットでは どこも品切れですもんね。

私は たまたま実家に帰省の折、本屋で見つけたので 超ラッキー♪だったと思いますが
これはなかなか入手が困難なのではないかと。。

まだ3巻のDVDは見てないのですが、とにかく これは一見の価値ありです!

だいたい、PVからして 心惹かれますもんね!
BGMだけで ドキドキしてくるwwww

 

 

我が国の歴史とか文化とか やっぱりもう少し見直すべきではないかと心底思いますわ。。

若い方にこそ このやかな世界を堪能していただきたい!!

 

では ざっくりの感想ですが・・・

業平が どれだけの想いを持って陽成院に和歌を伝えようとしていたのかとか 陽成院の
口では乱暴なことを言うけれど 本心は違うというあまのじゃくさへの理解だとか
まずは、とにかく 業平にれますわ。。

アニメでは 私、諏訪部さんの声に神経集中し過ぎたせいか 業平という人物をちゃんと
理解できていなかったようです。

描かれ方も アニメとはちょっと角度が違うというか 私はDVD版の方がずっしりとキタというか
キュン度が高かったというか・・・しばらく余韻を楽しみたいと思うほど。。

ところどころでしか高子は出てこないのですが、昔の気持ちとは違うとはいえ、
今も 彼女のことを大切に思う業平の気持ちや 高子もまた 業平との思い出を大切に
している気持ちが そこはかとなく感じられてじんわりとみてきました。。

特に 業平の死後が・・・。

帝の寵妃となった身ではおおっぴらに業平の死を嘆くことはできないものだから ひとり
泣いているところに貞明(陽成院)が現れて・・・

素直に 業平が好きだったと言うところにこれまた ホロリ・・・。

業平の幼帝への想いが ちゃんと伝わっているなぁと。。

そして、陽成院の方も・・・
綏子に対し、彼女が自分を追いやった光孝天皇の娘であり、また自分の家臣でありながら
天皇の地位についた宇多天皇の妹ってことで かなり警戒してた理由が描かれていたので
彼の複雑な心の内が解りやすかったです。

だからこそ、簡単に打ち解けるわけにはいかなかったし、綏子も自分のことを嘲って
いるのだろうと思って 相手にしなかったのですね。

政治的な背景を具体的に描くことで より人物の内面が鮮やかに浮き上がって 理解が
深まりますので これは 引き込まれないわけにはいきませんよ♪

散々疎んで これでもか~ってくらい嫌味をなことを言ってるのに それでもなお、妹背に
なったのだからと陽成院と向き合おうとする綏子。。

本当の自分をみてくれる人なんて 業平くらいしかいなかった彼に「絶対に裏切らない」と
宣言し それを態度で示してくる綏子には さすがの陽成院も陥落ww

やっと綏子を受け入れることができたと思ったら あらあら・・・ どんどんと彼女への想いが
溢れて来てしまいwwww

どう伝えたらいいのかと悩む陽成院が 昔 業平に言われたことを思い出すところの演出は 
神憑ってましたねv とてもよかったです!!

まさに鳥肌モノ!

その昔、業平が 乱暴者であまのじゃくで 人に素直に気持ちを伝えることのできない
幼帝に なんとか和歌を教えたいと願った想いが 実を結んだ瞬間でしたね!

業平が伝えなかったことは しっかりと陽成院の中に育っていました。。

溢れてくる想いを素直に和歌に詠むまでの陽成院の心の動きが 見事に描かれます。

和歌が好きではなかったという彼が たった一首、後世に残した歌。。
それが 愛する妻にあてた歌。。

それも 即行、帰りの車の中で!!

業平の教えが活かされた一首です。

コレをもらった綏子が 喜びを全身で表すところも またいい感じで♪

ここまで 感動できるとは 正直思ってもいなかったので 正に感涙でした。
これは 絶対、特装版 いです!!

超おススメ!!

 

「ちはやふる」では 百人一首は 音とか記号でしかないですけど、奏ちゃんが言うように
和歌の世界にまで想いを馳せたら もっとかるたを深く愛せそうですよね。。

ああ・・・いいわ。。

こんなに ひとつひとつの和歌への想い入れが出来てしまったら 百人一首なんて
詩暢ちゃん以上に お友達になれそうwww

かと言って 競技かるたが強くなれるわけではありませんけどねww

DVD付特装版は 入手困難ですが、 こちらは大丈夫みたいです。

【送料無料】うた恋い。(2) [ 杉田圭 ]

【送料無料】うた恋い。(2) [ 杉田圭 ]
価格:998円(税込、送料別)

 

近いうちに3巻のDVDも。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

夏雪ランデブー 第7話 第8話 感想

すっかり1週飛んでいたことを忘れてました。
急いで2本頑張りますv

無駄な抵抗 悪あがき そんなコトは ハナから承知
結局カラダを借りてまでして 何がしたかったんだ僕は・・・
朽ちてもなお 死にきれず

葉月の身体の中の島尾。。
目の前にいる自分に六花が告白してきたけれど、この身体は自分のモノではなく、
また自分への告白でもなく・・・

たしかに今 自分はここにいるというのに 六花には伝わらない。。

自分がしていることの愚かさもわかっているんだけど、それでも 六花への想いが
断ち切れないんだね・・・
もはや執着以外の何物ではないんだけど、諦めきれない・・・

切ないね。。

一日だけ君を独り占めしたい。

空がたくさん見えるところへ行こうと 六花を誘いだす葉月の身体の島尾。

病気も 子どもも 店のことも 全部どっかで諦め続けた島尾だったけど、
ひとつくらいゆずれないものがあったっていいじゃんか

例え姿形は他人でも 六花が誰と過ごしているつもりでも この際、構わないと思う島尾。
 六花の側を離れたくない。


一方、葉月は・・・

親指店長が人魚姫になって現れてww
上半身裸に 慌ててるwww

「カンベンして」って 自分の服を着せるところが何とも。
やっぱり葉月が好きだわ。

「オッサン込みで引きうける位の覚悟はあんだよ なんでか知らんけど」って
いいよなぁ・・・。

島尾とはエライ違いだwww 島尾は島尾で気の毒なんだけどね。。

 

夜の浜辺で花火をする二人。

そっと 葉月の頬にキスをする六花。
これは もう完全に誘ってるんだよね。。

本物葉月だったら 大喜びのところだろうけど、葉月の中の島尾は泣いていて・・・。

別に驚かない 
これは必然だ 
多分 僕以外は全て正しい

葉月の身体からは涙が流れることはなく 島尾の心の方が泣いてます。。

自業自得ではあるけれど 辛いなぁ・・・(><)

最愛の妻が自分に向けたキスは 自分に当てられたものじゃない。。

もう誰にもとられたくないのに。。

その夜、二人は近くの旅館に泊まります。
葉月くん 童貞だったのに 知らないうちに体だけ 大人の階段登っちゃいました。

事情を知った葉月は どうしたんでしょうね。。
ここは知りたいところ。。 

六花が目を覚ますと・・・すでに葉月の姿はなく メモだけが残されていて。。
でも その特徴のある書き方(ひらがなをカタカナ書きするところ)と
竹冠を書きかけて消した跡に 一瞬六花は・・・

でも まさかって思いますよね。。

六花は 島尾が初めての人だったみたいだから他に比べようがないし、葉月が島尾
そっくりに抱いたとしても違和感を感じなかったんでしょうね。。

もう少し経験があったら 違いがないことに むしろ驚いたんだと思いますけど。。

ま、身体は違うわけだから なんですが(^^;

島尾は六花を抱きながら もうこれ以上は自分が存在していても 六花を幸せに
できるわけじゃないと まさに身を持って感じてしまったんでしょうね・・・。

他に好きな奴できたのは当然至極で・・・

僕が自分の手で喜ばせられる唯一 ってことで 店で 思い出のアレンジを作っちゃいました。
これで 完全に存在がバレましたね。

こんなもの島尾以外には作れないから・・・。

自分の部屋に入り、自分の遺品がそのまま残してあることをみて どんだけ僕のこと
好きなのよって 島尾でしたが、
今まで好き勝手に浮遊してたから どこに何があるかとか全部把握してたハズでは??

ま 原作でもそうなんですがwww

自分の大切にしていた道具と 思い出の夏雪草の植木鉢を持って出かける 葉月の身体の島尾。

山に登りそうなくらいは解りますが、重装備です。

六花が 店に並べられたアレンジを見て混乱します。

どこからどこまでが 誰が何なのか 一体全体

営業妨害だよ・・・タコ社長 


島尾が六花に贈った思い出のアレンジが店いっぱいに飾られて・・・。
そして 島尾の道具と 夏雪草がなくなっているのに気付いた六花は 葉月に電話を。

が 島尾は電話にでたものの 何も話さずに切ります。

六花は 店をミホに頼むと 島尾と最後に行った思い出の山へと向かい・・・。


その頃、葉月は・・・
人魚姫から普通サイズの親指姫スタイル店長と一緒。
「面白き 事もなき世を面白く」

原作では 「なんで急に高杉?」って葉月が訊くんですけどね~

絵本の作業が再開されたってことで 姫は最初の掌サイズになってしまいます。

「相変わらず愛くるしすぎんだろ」って照れる葉月ww
親指店長にボーっとしてると意識が飛んでしまったようで・・・。

六花に花束の作り方を教えてもらってる気になっていたと。。
このときの葉月は長髪で括ってるんですよね。
未来葉月ってことでいいのかな??

自分の現在地を見失ったらダメだという親指店長。
なにやら急に難しい話になって。。

すると また意識が過去に。。
六花のおでこのバンソコウの訳を聴けて嬉しくなる葉月。

親指店長の声掛けで 戻りますが どうも島尾の策略に乗せられているようで・・・。
が 王子の絵本の中だと言う割に 親指店長の助言から王子の作為を感じないのは
なぜだろうと葉月は不思議に思います。

「姫を自由にしたいというのも 彼の本音のひとつだからね」っと親指店長。

でも 親指店長の泪をみて
「あんたにそういう顔させんのは やっぱ いろいろ間違ってるよなぁ

うわぁ~~ゆうきゃんの声が~~~エロいっす(/ω\*)

店長のためだったら何でもしたいと思う葉月でしたが、もしその願いが元旦那との生活を
再開させることだったとしたら・・・!?

今度は花やしきでの六花が現れ、「やっぱり私まだ 島尾くんのことが・・・」

が、葉月は「俺が諦めるかどうかは別の話ですからね」 植木鉢の中へgo

未来で店長が待ってなくても 俺は絶対に会いたいんだよ

やるだけやってダメならダメで それはそれとして 限りを尽くさないと ユーレイの
二の舞はごめんだ

島尾とは対照的に ダメでもいいからと出来る限りのことを後悔のないようにしておこうと
思う葉月。

それに 彼は 六花が好きなあまり独占したくて死んでもなお手放すことが出来ないでいる
島尾と違って 二番手でもいいとか、六花の中に島尾がいても込みで受け止める覚悟が
あるとか ヘタレって言われればそうかもしれないけど器のデカさを感じるんですよね。

島尾の気持ちもわかるけど、愛されるなら葉月のようなタイプの方が幸せになれそう。
ってことで 私は葉月ですv

 

さぁ~ 佳境に近づいてきましたね!

次回、ラストくらいに 再開か!?


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

超訳百人一首 うた恋い。 第8話「末の松山 清原元輔 ・ 実方と諾子 藤原実方朝臣」感想

当分入手困難かと思われた DVD付き特捜版の2巻ですが、なんと盆休みに帰省した折、
実家の近所の本屋さんで見つけましたww

なんだ 普通に本屋に行けば買えるのかとwww 最後の一冊だったのでラッキーでしたv

今回は 清少納言のお話ですね~♪
どのお話も好きなのですが、彼女の話は特に趣深いですわ~

 

末の松山 清原元輔

これは もう、お父様がカッコ良すぎ!!!
こんな素敵なお父様なら そりゃ清少納言も自慢したくなりますわ

少女時代、父・元輔が周防守の任に付いていたため田舎くらし。

兄・致信は そこで恋に落ち・・・。
京に戻って元服したらすぐに迎えにくると約束し 心変わりはしないと誓い合って・・・。

兄が女とイチャついて引っ越しを手伝わないと父に言いつける諾子が笑えます。
父から何とかいってもらおうと思っていたのに 父は 

「たまさかの逢瀬に水を差すのは無粋だとは思わんか」と・・・。

お父様は教養があるだけでなく、男女のことに関しても理解が深く・・・

とはいえ、二人は上手くいくかという諾子の問いには 「難しかろうな」
相手の家は身分が低いとはいえ 相当の物持ちだから 先の無い老いぼれの息子には
嫁がせないだろうと。。

だが、和歌に誓った通り、互いに想い続けることができれば開ける道もあるのではないか・・・。

それを聞いて諾子は、将来何があるかわからないのに 絶対なんて約束は 自分だったら
しないと言います。

そんな諾子に「おまえは残念な考え方をするなあ」と父。

確かに その時“絶対”と思っていても 人の心はうつろうもの、心変わりに傷つきたくないのなら
最初から信じぬのが賢い生き方といえよう。
しかし、傷つかぬかわりに そこには喜びもない。

信じるものがない人生は 死に等しい。

そして 二年後。
いつまでも待っているから必ず迎えに来てと見送ってくれた末の松山が結婚したとの文が。

ぶざまに未練を述べてもつまらぬものと返事を書いていない致信に 父は 
「先に約束を違えたのが向こうなら 責める権利もあろう」と 返事を書くことを勧めます。

が 筆を取ることも出来ない息子に 父は代理で和歌を詠むことに。

ちぎりきな かたみにそでをしぼりつつ 末の松山 波こさじとは

二人で泣きながら誓いましたね 「絶対に心変わりはしない」と それなのに どうして・・・

致信は彼女のことが恨めしいが 自分も悪かったのだと言います。
当然待っていてくれるものだと甘え、2年も放っておいた・・・

年頃の娘が来るか来ないかもわからない男を待って 風あたりも強かろうに どれほど
心細かったかと・・・それを思うと責められない。。

末の松山の状況を慮る致信は 誠実でとても優しい人だと思いますが、やはり放っておいた
のは よくなかったですよね。。

父は 末の松山への想いが残る息子に そう思うのなら なおさら責めるくらいのことは
してやりなさいと。

愛する女への男からの気遣いですね。。

平気な素振りをみせて つまらぬ男に遊ばれたものよと思わせてやるな。
思い出までつまらないものにすることはない。

自分が愛した男は 最後まで自分への想いを持っていてくれたのだと思わせて
やりなさいってことで。。

彼女自身、不本意な結婚だったかもしれないけれど、せめて 二人の恋は本物であったのだと
大事な思い出として胸に留めておけるようにってことなのでしょうね。。


ああ・・・なんて お父様イイ男なの!!!

恋が終わったとはいえ、最後まで本物の恋であったことを成就させたわけですね。

末の松山への思いやりもあるし、息子に対しても、よう思い続けたと褒めてやるなんて。。
いろんな経験を経て、いろんな感情を味わってこそ、人生は豊かになり、辛いこともあるけれど
幸せも得られるものだってことなんでしょうね。。

京からの文を読んでひとり涙する末の松山が また切ない・・・。

 

実方と諾子 藤原実方朝臣

イケメンといえば、前期は業平 後期は実方だと定家さんwwww
諏訪部さんに子安さんて イケメンエロヴォイス たまらんっす(p≧∀≦q)〃

今回の子安さんは 抑えた感じの優しい声。。ああ・・・あかん。 (*´д`)ハァハァ

思いがけぬ場所で懐かしい声を聞いた。
かつて 私と諾子は恋仲だった・・・。

離婚した諾子を気にかけたお父様が 実方に文を寄こしたことから始まった関係。

お父様のことだから 諾子の賢さを受け入れられるのは実方くらいだろうと思ってのこと
だったんでしょうね。。

実方は 女は誰もが最初は引っ込み思案だが、慣れて来た頃見せる本性がいかにも面白い
と思うような男だったようで。
この余裕は 相当 経験値が高そうv

「この娘は どんな姿を私に見せるかな・・・」いきなり御簾の中に侵入www

かくとだに えやはいぶきのさしも草 さしもしらじな 燃ゆる思ひを

私の想いがどれほどか 言葉では言い切れない だから触れたい
私の燃える想いを肌で感じて欲しい

情熱的な歌で 強引に言い寄ってみせると 諾子はうぶな対応。


これがどう化けるか楽しみだと思う実方でしたが、予想外だったようでwww

諾子は思っていた以上に賢く、漢詩に長け 実方が機知で言い負かされることも。
自分のそういうところが女としてはダメだと思って反省する諾子に 実方は
才走って生意気なところがいいと。

手に入れたら飽きると思っていたのに 諾子の博識さや瑞々しい感性に尽きることのない
魅力を感じます。

「私は君の一番の理解者になろう」
諾子との恋に充足感を覚えていた実方でしたが 諾子に出仕の申し入れが来て・・・

内裏という華やかな舞台は 諾子の才気をいかんなく発揮できるだろうと理解を示すものの
やはり複雑な思いが。。

しかし、それは独占欲ではなく、不安と寂しさ。

実方は なんとなく・・・諾子は出仕したら 自分から離れていくだろうと感じたのですね。

やりがいのある仕事を得て 大勢の理解者を得たら 諾子の眼には 自分はつまらなく
映る気がする・・・

それだけ 諾子の才気を愛していて、そして 持てあましている。。

「あなたがいれば 私は満足」と 出仕を断ろうとする諾子に 広い世界を見る機会を
投げ出すべきではないという実方。。

諾子の自分への気持ちを偽りだとは思わないけれど 自分が諾子の世界を狭めていると
感じた実方は、自分から離れることにします。。

「あとで文を書くよ」っと言ったきり もう諾子の元へはいかなかったのですね・・・。

5年ぶりに再会し、それを詰る諾子。
やはり実方が思った通り、今は清少納言と名乗る彼女に 宮仕えは向いていたようで。。

捨てられたと思っている清少納言に対し、実方は 昔詠った歌をもう一度詠みますが 
相手にされず・・・

「あの頃とは意味合いが違うのにね・・・」って 完全な口説きだったのに。

まだ狭い世界に生きていたころの清少納言を相手にしてた時と、宮中での女官として大成した
清少納言を相手にするのでは どんな風に実方が変わるのか見てみたかったですが
数多の恋のひとつにはする気はなかったようで・・・。

「内裏で再会した暁には もう一度・・・」なんて 考えていたようですが、水を得た魚のように
自信に満ち、美しい魅力に溢れた清少納言を前にすると 実方は

「やはり、彼女は私の身に余る」

 

人知れず 恋の炎をくすぶらせるのも一興だろう・・・
私の本当の気持ちなど知りもしないだろうね・・・なんて。

あああ!!!もったいない!!!!!

 

人並み外れて才のある女は 一般的な女としての幸せを手に入れるのは難しい
ってことなんでしょうか??

でも 男が引かなかったら何とかなるとも思うのですけどね。。

実方さんも 引いたことによって 清少納言の出仕を促す結果になりましたけど、
大勢の中からやっぱり彼を選ぶことになったのかもしれないのに 離れられることが
怖くて 自分から去ってしまったんですもんね。。

 

恋の数ほど 人生は豊かになるのかもしれませんが、心が充足して 安定できるかといえば
小野小町のときのようでもあり・・・。

 

今回は 清少納言に茅原さんでしたが 私のイメージより可愛らしすぎでした(^^;

清少納言は、気が強くて賢い女ってイメージがあるので そこにプラスで可愛らしさが
付くのは魅力的なのですが・・・。

それにしても やっぱり子安さんには ドキドキさせられますねwww  (*/-\*)

今回もとってもよかったですv

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「憂鬱な朝」日高ショーコ 4巻の感想 やっとここまで(p≧∀≦q)〃

やっと4巻に辿りつきましたv

当主として失格だろうと 僕はもう お前しか好きになれないんだ

この恋を貫くなら、一緒にいることは許されない
時代に抗い始めた、若き子爵の想いの行方は・・・!?

って ことで これまでの感想はこちら


お互い好き合ってるくせに どうしようもないすれ違いですよね(><)
お互いが相手を思うが故のすれ違い。。

もうヤキモキの連続で リアル石崎ですよwww


桂木は先々代の庶子だった・・・!!
事実の発覚を機に、暁人を外から支えようと、久世家を出て石崎家に入った桂木。
ところがある日、暁人の不穏な噂を聞き付け、急遽別宅を訪ねてしまう。
「もう会ってくれないと思っていた」はかなく、笑う暁人は、爵位を桂木に譲るため
縁談を破棄、森山候を脅迫した、と衝撃の告白をして----!?

【送料無料】憂鬱な朝(4) [ 日高ショーコ ]

【送料無料】憂鬱な朝(4) [ 日高ショーコ ]
価格:680円(税込、送料別)


表紙はもう お互いれる想いが抑えきれないってところでしょうかv
カラーイラストは 隠居後の二人か?
和服で寛いでる感じがいいですね♪ 
暁人がしっかり桂木の羽織の裾を掴んでるのが可愛らしいwww まるで 小さい子供のよう。

石崎が小ふさと逢引するために借りていた部屋を使わせてもらうことにした暁人。
一般の人の暮らしを知ろうとしているようで・・・。
現実から逃げるなという石崎でしたが、暁人は
「今まで桂木が教えてくれことだけしか知らなかったから ちゃんと自分の眼で見たものを
蓄えていきたいだけ」だと。

傍にいるときは 桂木が何を考えているかわからなかったのに 離れてみると あいつのことが
よくわかる。

桂木が久世家を出て どこへ行ったのかを聞いていない暁人でしたが、大体の察しは
ついているようで・・・。

自宅へ戻った石崎は 桂木に「少しぐらいはあいつの気持ちを・・・」っとつい口がすべり。。

桂木は 自分がこの家に入った理由は 偏に暁人の真の友人でいる総一郎がいるから
であって 十年先も見越して 暁人を外から支えるためだけだと言います。。

一方、暁人も 桂木に爵位を譲る算段を整えるため家を借りたのだと知り、石崎は
二人の関係に反対していたものの 図らずも双方の本心を知ることとなります・・・

ただひたすらに・・・ 自分を犠牲にしてでも 相手の幸せを願う暁人と桂木。。
彼らの立場や思惑を承知しながらも、何とかしてやりたいと思うようになる石崎。。

自分のすべきことを決め 腹が据わった暁人は お父さんそっくりですね。
雨宮に対するクールな表情や態度に惚れ惚れですv

雨宮の画作を全て見抜いた上で、尚それを利用し、雨宮も取り込む暁人。
成長しましたよね!!
ホント暁人が 大人になって行けばいくほど、私はゾクゾクしっぱなし (〃∇〃v) 

石崎の家では桂木が総一郎をガンガン教育中。
それも すべて暁人のためv

その頃、暁人に酷い仕打ちを喰らった森山候は 石崎家当主に何やら頼みごとをします。
石崎の家も 面倒なことに巻き込まれるようです。

息子・総一郎の方は 連絡が途絶えた暁人のことを桂木から訊かれますが
気になる癖に素振りを見せない桂木に苛立ち、つい口止めされていたことを口走り・・・。
彼の存在はイイ具合に役立ちますv

「そんな顔するくらいなら 今すぐ、久世に会いに行け!!」
怒鳴る総一郎に 詰め寄ってく桂木がいいですよね!!

桂木は すぐさま、石崎の別宅を訪れます。
庶民のような生活をし、自らお茶を入れてくる暁人に戸惑いを隠せず・・・。

暁人の行動を非難する桂木でしたが、静かな対応の暁人。
桂木に向けた視線に ゾクリ

縁談を白紙に戻した理由を話します。
必要なくなったってこともあるでしょうが、他の女も含め、自分は跡継ぎを残せないと・・・

「当主として失格だろうと何だろうと 僕はもう お前しか好きになれないんだ」

驚く桂木の表情がいいですよね (*/-\*)

少しだけ触ってもいいかと躊躇いながら 桂木の手を握る暁人。
「もう会ってくれないと思っていたから ・・・会えて嬉しい」

二度と会わないと逃げた自分なのに、暁人の大事と思った瞬間 何も考えられなくなった桂木。。

流されそうになるのを抑え、久世家のために動こうとする桂木でしたが、暁人は
「もう遅い。森山候を脅迫し、桂木の叙爵と久世家の伯爵位への陞爵を約束させた」

暁人には 桂木がそれをもう望んでいないことも、桂木が家を出た理由も全てわかって
いるけれど
「自分は“家”のためだけに生きることはできないから 当主に相応しくない」
押し倒されてる桂木が なんとも っぽい(*´д`)ハァハァ

僕の家格や身分を軽視する考え方では 久世家に仕える者たちを不安にさせる・・・
「だが、お前ならば“当主”としての考え方もできるし、家の誰もが喜ぶ。跡継ぎだって残せる。
今からでも僕の存在を消すことができるだろう?

これが 暁人の本心なんですね。。切ないわ・・・( p_q)

二十年も無駄にさせてしまったけれど 
この先、お前は自分のためだけに生きることができるんだ
それだけで 僕はすごく嬉しいんだ


桂木の頬に愛しそうに触れる暁人。。
桂木は 頭が混乱し、無意識に暁人に抱きつきます。

封じ込めていたはずの熱が溢れ出て 何も----考えられなくなる

お互いに服を脱がせ合い 激しく求め合う二人
チラ見せの褌に激萌え!!!


暁人のために一刻も早く どう動くべきか考えなくてはならないと思うのに 止まらない桂木。

昼間っから抑えきれなくなって激情に流されていく二人が まぁ 素敵!!
声を押し殺す桂木に 優しく応じる暁人。。

見ごたえ十分でございます

とにかく桂木が好み過ぎて苦しいwww (*´д`)ハァハァ

これはもう 読んでくださいv


全てなかったことにしようとしていた熱や気持ちが一気に押し寄せて 身体の震えが
止まらない桂木。。

自重出来ない自分に嫌気がさす程に・・・
この熱さを こんなにも 泣くほど嬉しいと 思う時が来るなんて・・・

桂木さん 最高です!! ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


桂木のために 自ら湯を沸かす暁人。
事が終わった後の桂木は いつものツンに戻ってしまって・・・。

暁人が風呂屋に出かけた後、桂木はひとり考えます。
「何があってもあなたを守る」 そのためにとるべき行動について・・・。

乱れた姿の桂木が これまた たまりません。。(p≧∀≦q)〃
体中に情事の痕跡を残し 久世家を生かす手立てを考えるv

そして 桂木 動きます。

実兄に会いに行き、これまで久世家家令として桂木家にしてきたことを詫び、
次代の久世家のための力添えを願い出ます。
桂木は 先々代の“もう一人の庶子”に久世家の爵位を継がせるつもりなんですね。

そして 久世家に現れた桂木は 森山候に会いに行くため、すぐ暁人に支度を指示。

事態が飲み込めない暁人に そっと口づけて 
「この久世家を二人でどうにかいたいましょう」

家督を先代の弟に継がせると言う桂木に この家は桂木に継いで欲しいと言う暁人。

しかし、桂木は もう十分たくさんのものをいただいたと答え・・・

それに----- 
暁人さまが 陞爵の取引を果たした以上、私も一生涯、あなたに応えるべきだと

暁人が 夢でもいいから 一言だけでも たった一度でもいいから欲しいと願った言葉が 
桂木の口から・・・

・・・好きです
どうか私を あなたのお側に


びぇええええええん!!!
やったよ!!!
やっと 桂木が言葉で 気持ちを伝えて来たよ!!!

暁人さま よかったね!!

「知ってるよ・・・」って答えて そっと桂木に触れる暁人さまが もう涙で見えないよ
今まで辛かっただろうけど、やっと本当の意味で桂木を手にいれることができたね。。

おめでとう!!!ヽ(*´∀`)ノ

 

この4巻は 永久に私の宝の最前列を飾ることになるよ

ああ・・・もう ホント絵も素敵だし、桂木好みだし、暁人さまは ドンドン素敵に成長してるしで 

これが税込680円なんてまさにのよう!!


次巻まで また1年待たなくてはならないのでしょうが、待てる!!
これなら 私は待てる!! いや 待つ!!

軽~く読めるBLものも好きだけど こんなに丁寧に心理描写がなされていて、
ストーリーにも読み応えのある作品ってのは やっぱ別格だと思いますわ。。

ドッペりと浸かり込んでしまいますww
しばらく戻って来れなくてもいい人におススメですv


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 腐女子の日記

[ 2012/08/23 22:58 ] BL系 | TB(0) | CM(0)

「憂鬱な朝」日高ショーコ 3巻の感想 (p≧∀≦q)〃

お盆休みの間に 頑張ろうと思ったのに 予定よりもなかなか進まない・・・。
取りあえずは この作品だけでも仕上げたい。

ってことで3巻です。

これまでの感想はこちら

家柄も爵位も関係ない、ただ一緒にいたい----。
桂木への激しい恋を抱えながら、佐条公爵家の令嬢との婚約話を進める暁人。
将来を見据えた暁人は、親友・石崎の父に媒酌人を依頼する。
ところが、石崎は、「代わりに桂木智之が欲しい」と交換条件を出してきた!!
同じ頃、元書生の雨宮は、桂木の出生に関わる資料を発見して!?

【送料無料】憂鬱な朝(3) [ 日高ショーコ ]

【送料無料】憂鬱な朝(3) [ 日高ショーコ ]
価格:650円(税込、送料別)


表紙は 桂木に抱きつく暁人。桂木もまた・・・
って感じですねv いいことです♪
中のカラーイラストも暁人が桂木に後ろからきついてます。

とはいえ、3巻は究極のすれ違いが 辛くて(><)

暁人は 桂木を一生離さないため 桂木との取引である久世家の陞爵を第一に考え、
佐条家との婚約話が進むように お嬢さんのご機嫌取りに通います。

そして、自らも桂木と並んで仕事が出来るまでに成長しようと これまで桂木任せであった
仕事にも着手。
自分の後見人には 将来を見込んで これから先が見込めない森山侯爵家よりも
石崎の家との関係を深くしようとします。。

が、石崎の当主は その代わり桂木が欲しいといい出して。

桂木は 自分の思惑とは違うやり方で 仕事が暁人に移っていくのを快く思わず
暁人が部屋に入って来ようとするのを拒みますが・・・
強引に入り込む暁人に桂木は冷たい態度。
その上、佐条家との進展具合を聴いてきたり、自分には関係ないことだと言ったり。

暁人は 少しも自分のことに関心を向けてくれない桂木に声を荒げ・・・
ただでさえ、森山家やら石崎家から桂木を寄こせと言われてるんですもんね。

「何をしてもどんなことをしても お前を手放さない」と大声を上げる暁人に 桂木も
面喰いますが・・・
結局いつものように抱かれちゃったんですね。いいことですv

暁人が佐条家に行った日は いつも桂木に八つ当たりするようで 桂木の手首には毎回 痕が。。
その痕に そっと口づける桂木。。

いつから自分は暁人に対し、そんな感情を持つようになったのかと・・・。

直接的に桂木の暁人に対する想いが語られることはありませんが、彼の仕草やそれを
表すような間接描写がいいんですよね!!巧みです♪

初めて会った時は・・・

与えるだけ与えてから全部 何もかも全て 先代が自分にそうしたように 
奪ってやろうと思っていたはずだったのに・・・。

桂木は 子供の頃のことを思い出します。
完璧になりさえすれば 自らの居場所を与えられるとそう信じていた
先代が望む姿になれば いつか認められていつか必要とされて・・・

でも 何一つ思い通りにはならなかったと思う桂木。。

桂木は 自分が行っていた仕事を暁人に移行させ、また婚約に合わせ支度金の準備を
進めます。

暁人の方は 家の中のしきたりを少しずつ変えようとし・・・
が、桂木はそう簡単に生き方を変えられるならどんなに楽かと。

そんな頃、雨宮は 桂木の出生について気になることがあり、女中頭だったきくを
何度も訪ねます。
そして とうとうきくが守り続けてきた重要な書類を手に入れることに。

暁人は 家政に関わるようになって やっと桂木がこれまで教えてきてくれたことが
いかに大切であったかを理解できるようになったと言います。
自分が判断を下したことに対し、桂木が褒めてくれたことも嬉しくて・・・。

暁人の成長が著しく、どんどんと大人の男へと変わって行く姿が頼もしいですv
彼としては必死に桂木に追い付こうとしてるのでしょうけど。

桂木は 暁人から感謝され、無意識で 暁人へキスを・・・。
暁人もびっくりしますが、桂木も自分の行動に戸惑い。

私は小躍りwww

でも どんどんと暁人に惹かれていく自分を抑えきれなくなることは 暁人の将来にとって
よくないことだと思う桂木・・・

佐条家とのことを聴くと 少なからず苦しいくせに、

「桂木が自分を殺して僕の側にいるように 僕もまた自分を殺さないと」
「僕の一部が死んでも 残りがお前の傍にあればいいんだ」と言う暁人に
このままでいいわけがないと強く感じ、現状を変えなくてはならないと。。

自分の気持ちなど犠牲にしても 暁人のことが大切なのですね。。
相手を思うが故に すれ違っていってしまうのが辛い。。

雨宮は桂木の出生の秘密を知ると 桂木に久世の家を継がせるための策を練ります。
まずは 桂木の実兄にその話を持っていったようで、暁人の耳にもそのことが入り・・・。

桂木が先々代の庶子であったことを隠していたことから 暁人は 桂木が ずっと自分を
騙していたのだと思います。

いつか自分を捨てる気でいたのに 自分はずっと桂木といることを望んでいた。
もう桂木を信じることができないという暁人に 桂木は何も言うことができず。。

泣いて取り乱す暁人を想い、酷いことをしたと桂木は深く悔みます。

全ては私の愚かさのせいだ どうしようもない卑屈さが招いたことだ
暁人さまは 何も悪くないのに

暁人は 桂木が久世家の血を引いているのだと知ったことで、これまでの計画の変更。
自分が家を継ぎ、久世家を陞爵させることで 桂木を繋ぎとめておこうと思っていたけれど
彼に叙爵する方向へ。。

自分の気持ちに嘘をついていた婚約話も白紙に戻すことに。

一方、桂木も このまま自分が久世家にいては 暁人のためにならないと 外から彼を
守るために石崎の家に入ることに。。

二人は お互いの本心を隠し、別れを決意。

暁人の信用を失ったと思っている桂木は 最後に自分の母親のことを暁人に話します。
先々代の側室であったことは事実であるが、“先々代の庶子”であったことは母親の
男関係のだらしなさから 疑わしく思っていると。。

だから 私は「何者でもない」という桂木。
自分の存在によって暁人の立場が揺るがないことを告げ、そして
「この先、何があろうとも 暁人さまは私がお守りいたします」

去ろうとする桂木に 「久世の血を継いでいるのなら 少なくとも僕とお前には
繋がりができる」と喜ぶ暁人の声が。「せめてそのぐらい・・・」

桂木は 自分から激しく暁人を求めます。

「今日だけは好きにやらせてください」暁人のものを口に含み、自分から乗っかっちゃう桂木。
もう なんて れっぷりなんでしょ  (/∀\*)

普段自分の感情を見せない男が 激しく感情を吐きだすのってホント好き!!
たまりません (*´д`)ハァハァ

声を聴かせてと言われても 必死に声を押し殺す桂木。

声を出したら 全部溢れてしまう 全ての感情が溢れて 
きっと最後に 本音を行ってしまうのかもしれない

激しく求め、乱れる桂木に どうしてくれようってくらいクラクラさせられるのですが (/∀\*)

 

でも ここから「言っていることとやってることがバラバラだ」と石崎に指摘された通り、
二人の大いなるすれ違いが始まるわけで。。

辛いわ。。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 腐女子の日記

[ 2012/08/22 18:12 ] BL系 | TB(0) | CM(0)

薄桜鬼 黎明録 第7話 「草颯の誓い」感想

う~~~ん 今回は やっぱり芹沢さんの 「貴様は 鬼になれ!」が効いたかなぁ・・・。

まだ 私は、平助と総司ルート それにちょこっと左之さんをかじってるだけなので
大筋の外枠を触ってるって程度なんですけど やっぱり早く 土方ルートをみたくなりますね~

アニメ見てると どんどん芹沢さんが気になってしまうのですよん。

あら、この方、本庄宿の件から 土方に命狙われてるって解ってるのに 好きにさせて
おいたのね~~って。。

それって すごい器のデカさだと思ったんですよ。
普通は自分を殺したいと思っている人間を 近くには置かないでしょ?

っていうか、何か 自分に対しては もう何の執着もないっていうか 成したいという
志が無くなっちゃってて・・・ だから これから先をみて なり上がろうとしてる土方らを
面白がってるのかな・・・なんて思ってみたり。

どうすべきかを自分なりのやり方で指南してるみたいに思えてしまいましてね。。

史実の芹沢さんは そりゃもう傍若無人な人ですけど この薄桜鬼の芹沢さんは ただの
乱暴者って感じじゃないんですよね~~

って そんなこと言ったら 他の人もみんなもそうなんですけどwwww

今回の土方に向けた芹沢さんの言葉は 土方の覚悟を促すためのものだったと思われ
ますしね。。
素直じゃない愛なのかもとwww


大坂で力士たちと乱闘騒ぎになり 丸腰の相手に刀を抜いたってことで 土方は相当
頭にきてましたが これも 武士相手に挑発したりした方もどうかと・・・。

相手がもっと身分の高い人のお忍びだったりしたら 当然の斬り捨て御免状態ですもん。。
武士は舐められたらアカンって芹沢さんの言い分はわかる気がします。

当時の力士は血の気の多い人がなるものだったんでしょうかね。

 

芹沢とともに刀を抜いた総司が切腹を言い出しましたが、なんとまぁ 軽い態度で・・・(^^;

ここは 近藤さんに本気で叱られて動揺して 「もうこれしかない!!」って思い詰めてのこと
だったはずでは・・・。

もう少し後からこのあたりは回収するのかな?
このあたりの総司は 本来痛々しいのですが・・・

芹沢を非難する土方に対し、逆に「お前たちは何ためにここにいるのか?」と芹沢が問います。
「近藤さんを頭に 武士として大義を成すためだ」と土方。

しかし、所詮 農民は農民で 武士にはなれないと。。

が、もし この世の理を覆すというのであれば

「貴様は鬼になれ!」

人から忌み嫌われ全てを敵に回しても構わないという覚悟と、そのための非情さを身につけ 
することができるのであれば、あるいは 世の理を覆すことが出来るかもしれない
と言う芹沢。。

武士ではないものが武士らしく生きたいと願うのであれば それ相応の覚悟が必要だが
お前にそれができるか?っと 挑発してるようにも。。

お前の近藤に対する想いはどの程度なのかと 目的のためにどれだけのものを
懸けられるかってことなんでしょうけど。

 

芹沢の言うことは正論かもしれないと思いつつも、彼のようにはできないと思う土方。
そして 近藤もまた同じ。

試衛館時代の回想が入ります。
歳ったら やっぱりいくつの時も美人さんv れ・・・

自分の夢を語り合った近藤と土方だったようですが、武士ではないからこそ、より
理想的な武士に憧れて それを目指したんでしょうね。
逆に武家の出だけれど、食うや食わずの生活だったりした人たちは 討幕側にいたり
してますもんね。

それしても この頃の変若水の威力は相当ですよねwww
新見さんも 張り切って実験してますが、理性が保てないどころか、人間を保ててないですもん。

まるで 物腰が獣。。
屋根の上に飛んでみたり・・・もう 何が何だかwww

家を破壊しちゃうものだから これだけ大ごとにしたらみんなが飛び出してきちゃう!!
って心配したんですが、誰一人現れませんでした。。

京の人間は江戸っ子とは違って なんて冷静なのかと。。

今回 羅刹となって飛び出した者を 平助と龍之介が見付け傷を負わせますが、最後の
一刺しで躊躇ってしまったために取り逃がしてしまうことに。。

平助としては 本来斬るべき者ではない者を斬らなくてはならないってことが 割り切れない
ようで・・・

こんなはずじゃなかった・・・ってうのが正直な彼の気持ちなのでしょう。
江戸でみんなでワイワイやっていた頃、京には希望が見えて そこに行けば何とかなるって
思ったんでしょうが、自分たちが選んだ道は 殊の外厳しく。。

気がつけば 目指した物とはまるで違う方向を向いてるのではと 平助は思い始めて
いるんですね。。

彼はその後もずっと悩み続けるわけですけども。。

が かと言って立ち止まってるわけにもいかず、やはり
己の信じる者のために立ち塞がる相手を斬り伏せるしかないのですよね。

だから この先俺は 斬って斬って斬り続けて・・・

そうは言うものの、「いつかこういうことに慣れちまうのかなぁ」って台詞には それが
不本意であることが如実に表れていて・・・。

今後の彼の生き方を示唆するような回でした。

 

新選組になる前に 既に問題があっちこっちの隊士たちの中に燻り始めてたって
感じですよね。。

 

アニメは美麗絵が動くのとがつくのが非常に嬉しいのですが、やっぱりストーリーとしての
面白さは原作ゲームで補完するべきかなって思いますね。。

かく言う私も 早く 左之さんルートを終わらさなくては。。半分も進んでないよ(><)
明日頑張ろう!!

【送料無料】薄桜鬼 黎明録 ポータブル

【送料無料】薄桜鬼 黎明録 ポータブル
価格:4,334円(税込、送料別)


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 薄桜鬼

[ 2012/08/22 01:01 ] 薄桜鬼 | TB(14) | CM(0)

黒子のバスケ 第20話「なりたいじゃねーよ」感想

前回、日向が木吉のことを「変人」って言ってたのを なぜか私は感想に「変態」って
書いてましたwwww

さっき、気が付いて訂正しましたけど みなさん読んで笑ってはったのかしらwww

なんで私も「変人」って打ってるつもりで「変態」になったのかがわからない。。
指が勝手に・・・としかwwww

申し訳ない、木吉。。そして 日向www

 

スタメンをかけた木吉と火神の1on1・・・

の前に~ 秀徳。
高尾が見付けた1年前の雑誌に 誠凛の見たことない7番の選手が。
どうやら 1年前の誠凛は その選手と日向の2枚看板だったようで、決勝リーグに
出ていれば・・・

もしかしたら 試合の結果は逆だったかもしれないと大坪に聴き 高尾はびっくり
緑間に その選手を知っているか確認すると・・・

中学時代に一度 対戦したことがあると。。
しかも ミドリン、うっかり決勝リーグを見に行っていたことがバレましたwww
「見たくないのだよ」って言ってたのに・・・ 家が逆なのにwwww

どんだけ黒子が好きなんだよ~~~って 話ですが、そんな些細なことには動じず、
ミドリンを弄って楽しむ高尾の余裕が好きだわv


そして 1on1

行儀よく一列に並んで見守るギャラリーたちwww

一年のブランクがあるというのに、火神相手に引けをとらずに動けるという。。
でも 押してるのは火神。

が、木吉の動きに違和感を感じる日向。。
彼だけが気付いてるってのが ポイントですねv

結果は 火神の勝ち。

「君がスタメンだ」って 火神の実力を認めたものの、木吉、バッシュではなく、上履き
履いてましたwww

実際 動きにどれくらいの違いがあるのかはわかりませんが、きっと 普段バスケしてる
人にとっては大きな違いなんでしょうね。

退院祝いだと 帰り道にコーヒーを差しだす日向。

黒子と火神を面白いという木吉に、黒子はいいけど、火神のプレイはキセキの世代のようで
なんか様子が変だと。。

でも 木吉にはその逆に見えたようで。。

「雨降って地固まる」のお手伝いをしようと考える木吉ですが 言い方にイラッときた
日向は 早速の夫婦喧嘩をwww

何だかんだ言って 仲いいんですよね~~~♪


「夏休みは楽しくみっちり猛練習」のために 3日間連続の練習試合を組んだリコちゃんv

木吉が1年の力をみたいってことで 1年だけの試合も組むことに。

火神にワンマンプレーを反省させるためとその意図を読んだつもりの小金井でしたが、
どうやら 木吉の意図は別にあったようで。。

火神には迷いも悩みも感じられず、むしろ、黒子の方に問題があると思ってる木吉。。

黒子の動きは悪くはないが、思ったよりもスコアが伸びてこない誠凛。
火神との連携が上手くいっていないことだけが原因ではないと分析するリコ。。

火神の圧倒的な力もあって、自分たちだけでも勝利することができ喜ぶ1年メンバー。
が、その輪の中に黒子はいなくて・・・。

火神はちゃんといるのにね。


試合に出てなかったものだから 体力があまって困ってる日向www
シューティング練習をいつもの倍にしようかなどと考えていると いつの間にか黒子がいて
びっくり 

黒子は 自分はこの先、誠凛の足を引っ張るだけだから木吉をスタメンにして欲しいと
言います。

学校帰り、リコは木吉がいろいろと企てていることの理由を訊き出します。 

1on1は 単に火神の力を見たかったから。
そして 1年のみで試合をさせた理由は・・・
 「黒子に今の黒子のバスケの限界を知って欲しかったから」

黒子のバスケは 良く言えば、周りを活かすスタイルで 他の4人次第で強くも悪くもなる。
悪く言えば人任せ。

この壁を破ることに必要なのは 「今のスタイルを捨てること」 そして ・・・
「新しい彼のバスケを作ること」だと木吉。

 

黒子の方は 日向に叱られてます。自分からレギュラーを外せとか言うなと。
「言うなら こっちから言うわ!!」

創部当初の木吉の話をする日向。
彼は こてこてのセンターをやっていたけれど、本当に彼が得意とするのは、周りを活かす
プレイで、ポイントガードだった。

チームのためにやっていたことだったけど本来のポジションと違うため限界を感じていた。

どちらもやればいいという小金井の言葉に 最初は全く反対の役割をするポジションのたため
不可能と思われたけれど、どっちかに決める必要はないかって木吉は考え、
「ゴール下の司令塔」に。

黒子と木吉は違うけれど 黒子にできることは 本当にそれだけかと日向。
無理やりやらせることではないから これ以上は言わないって日向が美人さん

「どうしてもダメなら 火神にだけは言っておけ」と 火神が黒子と距離を置いていた理由を
教えてくれます。

「あいつはお前のこと信じていたからな」

今まで黒子には助けられっぱなしだったから 黒子が浮上するまでに もっと強くなって
おきたいと思った。。

まるで意図が伝わっていなかったことから「どんだけ不器用なんだ・・・あいつは」って
火神に呆れる日向でしたが、黒子には十分だったようで・・・!

黒子は日向にお礼を言うと、扉も閉めずに一目散に火神の元へ♪

黒子を案じる木吉でしたが、迷いがなくなった黒子の顔を見て もう大丈夫だと。

火神の元へと走る黒子の顔が まぁ・・・ (*/-\*)

「いいなぁ・・・ホント 男子って」 リコちゃんww 
今はその台詞 腐心得者を調子付かせるだけだからwwww


火神は一人バスケのコートで練習。
イメージトレーニングをしながら キセキの世代に戦えるレベルになろうと・・・

そこへ 黒子登場。

考えがまとまってない黒子にバスケの相手をさせますが、弱すぎて・・・。

「何で俺を選んだんだ?」って火神の問いに まず謝る黒子。

「キセキの世代に 僕のバスケを火神くんを利用して 認めさせようとしただけなんです」

火神は 何を今さらで・・・。

むしろ、なんで キセキの世代と同種の自分と組んだのか合点がいったと。
バスケやる理由なんて人それぞれだから構わないという火神に

「火神くんはもう違います 火神くんは信じてくれました

火神が言った「圧倒的な力の前では 力を合わせるだけではダメじゃないのか」と言う
言葉の真意が決別ではなく、お互い頼ることをやめて より強くなるため、より大きな力を
合わせて勝つためだったことがわかり 黒子は 誠凛に入って良かったと言います。

自分のために誰かを日本一にするのではなく、火神くんとみんなと一緒に日本一になりたい。
そのために もっと強くなってキセキの世代を倒します。

最初からそのつもりだと火神。

「なりたいじゃねーぞ、なるぞ!!」 「はい」

まだ どう強くなるのかわからないけどWCまでには絶対見付けるという黒子に
「ば~~か トロいこと言ってんな」と 俺も強くなるから のんびりしてたら置いていくと

「とっとと強くなりやがれ! 冬には 見せつけろ!新生黒子のバスケを」

拳を合わせる二人。

ここは 夫婦愛で が一層強まった様子v

雨降って・・・どころじゃありませんでしたよね~~
火神が 黒子を想う気持ちは黒子が想う以上でございましたwwww

漢っぷりを上げた火神 お見事!!

でもね・・・ 日向の力を借りなかったら、木吉の機転がなかったら 火神だけでは
黒子に自分の気持ちを伝えることはできなかったと思うのですよ。。

もしかしたら青峰も 火神と同じことを想っての冷たい態度だったのかもしれないのですが
結局、それは黒子には伝わってなかったわけだし・・・

赤司はわからないけど、キセキの世代は ほとんどが黒子の実力を認めていたり
黒子のことを買ってるんですよね。。
黒子本人だけは 信頼されなくなったとか みんなが自分だけを向くようになったとか
言ってるようですけど。。

どうも 黒子が感じていることと、実際にキセキの世代が想っていることとはギャップが
あるようなwww

今回、火神も 彼らと同じでフォローが十分ではありませんでしたよね。
しかも 一回、痛い目をみてる黒子ですからね。。

火神からの決別とも思える言葉は 相当ショックだったんでしょう。。

でも 火神はそれには気付いてないww
信用してるってことで 黒子は救われましたけど 年上のいろんなことが良く見えてる夫婦に
先輩たちに助けてもらわなかったら・・・っと思うと ホント危なっかしいwww

ま、結果オーライですけどね♪

 

で、EDは 何なのwwwカップリングのくじ引き!?
っと思ったんですけど、あ、バスケのチーム分けかな・・・?
ミドリンと黒子が同じと知り、黄瀬っちが凄まじく怒り狂ってるようですww

ホントこの黄緑二人には癒されるわwww

 

そして、エンドカードは 安定の木吉&日向夫妻www

今回大活躍ですv
 


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ 38号一言感想

昨日は私が主に使っているPCが突然ネット接続できなくなって仕方なく、息子が主に使ってる
PCから操作をしたんですが・・・やっぱり 使い慣れていないキーボードはタイプミスが
多くなりますわ。。

そろそろ私のPCも新調しなくてはいけなくなりそうかなっと思うのですが、私はやっぱり
バイオに慣れてるので次も同じにしようかなっと。。

で、結局、ネットに繋がらかなくった原因は つい最近はルータの調子が悪い時もあったのですが、
今回は 私のPCだけだったので いろいろと調べまして、セキュリティソフトのマカフィーくん
だったことが判明しました。

困ったものです。。

ということで すっかりWJの感想が遅くなりました。
いつにもましての一言で。。

表紙&巻頭カラーは 映画公開中のナルト。

NARUTO
扉絵のナルトがいいですけど やっぱり子供時代は昔の絵の方がかわいいかも~
カカシがトビの術のネタばらしをしてくれましたが カカシの眼と同じ空間に飛ぶってことから
どうやら彼らは同じ所有者から目を受け継いだってことのようで。。
ってことは つまり・・・ですよね(><)
ナルトが九尾の力を使いこなしていよいよ本気を出すようですが、なんか九尾・クラマが
可愛くなってる。ペット化??

ONE PEICE
やっとローが動きだし、海軍の二人は元通り。早く サンジたちも元に戻してあげてください。
ナミの身体がもちませんww

暗殺教室
ころ先生いいなぁ~ 次はプロの暗殺者が送りこまれてくるそうですけど・・・
みんなで先生を守っちゃったりしてww

ニセコイ
ほぉ~~高順位をキープしてますねv
るりちゃんがかわいい♪ 楽も小野寺さんの家にイイ感じでバイトに入り込んで~
楽しみだわwww

REBORN!
突然の急上昇ですねv

斉木楠雄のΨ難
フィクションの世界には力が届かないから嫌いじゃないって言ってたのに気の毒ww

ハイキュー!!
うきゃぁ~~♪ 何か楽しみなキャラが出て来たv 
あんまり運動好きそうじゃないんだけど、主将にあれだけの評価をもらえる研磨くんて
どんな子なんだろう ワクワク
主将との関係とか すごく気になるんですけどwwww ネコちゃんなだけにwww
スポーツもので爽やかなんだけど ギャグ要素も多くて 時々ホラーみたいにドキッとする
描写があってwww いやいや面白い。

トリコ
取りあえず、みなさん それぞれノルマ達成。

黒子のバスケ
今週のミドリンは凄いわぁ~睫毛も一段とかくていwwww
ミドリンが自ら進んでチームプレイするなんて珍しいんじゃないのかな??
いつもボールもらってシュートしてるイメージなものだから、パスを出したり、積極的に
ボールを獲りにいくミドリンが新鮮
そして いよいよ次回、赤司が本気になるんだ!!楽しみ!!

SKET DANCE
ヒメが荒れてた割に 善人なのが可愛いww でもやるとキャやるよね!!
なんでスイッチが弟のマネをしてたのかが気になるところだけど・・・。

るろうに剣心
懐かしいなぁ~また読もうかな。。

こち亀
和風ゴルフっていうか・・・なんかよくわからんwww

タカマガハラ
敵キャラがキモいのばかりだなぁwww

クロガネ
おお!!掲載順位が急上昇!!
クロガネが勝って終わりかと思っていたら まだ大将戦があったわねww

恋染紅葉
小鳥ちゃんの登場で面白くなったけど 時々恐ろしいほどデッサンが(^^;

べるぜバブ
久我山が女の子になって再登場フラグ?
それにしても「女の悦び」ってwww 姫川ぁwwww 何があったwwww
蓮井くん また出てこないかなぁ~

銀魂
私も種のない西瓜食べてみたい。。

BLEACH
総隊長にフラグが立った気がするのだけど・・・

めだかボックス
結局、私の頭ではルールの理解ができませんでした(^^;

戦星のバルジ
あら 入れ替わりは昔にあったのね。。そっか、そっか。

パジャマな彼女。
う~~ん。まとめに入ってるのかな?
あの最初の頃の設定は なんだったんだろうかと・・・。今後また活かされるのかな?

 

では 今週はこれで。。
 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2012/08/20 23:09 ] 少年ジャンプ | TB(7) | CM(0)

「憂鬱な朝」日高ショーコ そして2巻の感想です!(p≧∀≦q)〃

怒涛の勢いで更新したいのになかなか進まないのはどういうことなの??
感想書くためにページをめくって確認するつもりが どっぷり読みこんでしまっている
からなの??

ついでに何回も読み返しちゃったりしてるから 時間が大幅に掛かってしまうってことなの?

っということで 2巻です。
1巻感想はこちら

「生涯仕えると誓う代わりに、伯爵以上の陞爵を」
桂木からの条件に同意し、強引に抱いてしまった暁人。
けれど、どんなに情事に溺れても、桂木の態度は冷たいまま。
怜悧な美貌を崩さない家令に、若き子爵は激情と苛立ちを募らせる。
そんな緊張を孕む主従は、ある晩、森山侯爵家の夜会に招待されて・・・!?


【送料無料】憂鬱な朝(2) [ 日高ショーコ ]

【送料無料】憂鬱な朝(2) [ 日高ショーコ ]
価格:600円(税込、送料別)


表紙はまだ 一方的に暁人が惚れてて 桂木は感情が見えない・・・
って感じですよね。

とはいえ、中のカラーイラストは ちょっと桂木が歩み寄ってる気がww

桂木は 跡取りとして教育を先代から受けていたようですが、そのやり方は
現在の桂木と同じで かなり厳しいものだったようですね。

先代の表情はまさに 今の桂木そのもの。。

桂木は 自分の居場所を見付けるために 先代に認めてもらうために
必死に勉強してきたようです。

先代は常々「血」を大事にしてきて 家を継ぐのは「直系の血」であるべきだと
思っていたようです。
智之が数字に強いのは桂木の血筋だということで満足してたようです。

が、桂木は暁人が生まれたことは先代から教えてもらえなかったようで きくから
知らされることに。。


昔の夢をみたのか 思い出したのか・・・
今はそのお世継ぎが 裸で隣で寝ているという。。
桂木の手首を握る暁人の手を 桂木がパシッと叩いて 解くところが何とも。。切ないわ。

これからどうすればいいのか・・・
暁人には見せない桂木の困惑した表情がいいです。
少しずつ、桂木の中で変化が起きてるようで。。

学校を休み書斎で過ごす暁人。
桂木にちょっかいを出すと叱られて・・・。

とは言え 以前よりは自分のことを見てくれるようになったかと ちょっと嬉しい暁人。
しかし、自分の知らないことで桂木が笑ったり、相変わらず冷たい態度なのが気に入らず
またもや 書斎で強引にいてしまいます。

何度も桂木の名を呼び「お前が好きだ」という暁人ですが 桂木は 暁人を受け入れながらも
いつまでこんな関係をつづければいいのだと。。

「お前の望み通りに何でもするから」という暁人に 「期待してます」
自室で褌姿で身体を拭いてる桂木に激萌 (*´д`)ハァハァ

石崎は 学校を休んでいる暁人の見舞いにきます。
代わりに現れた桂木に 暁人のことをどう考えているのかと訊き、暁人を受け入れるなと。
暁人の気持ちを利用してると言われ

「馬鹿馬鹿しい 子供の気持ちなど関係ありませんよ」

つい、強い口調で返答してしまう桂木。。石崎は 普段クールで何事にも動じない桂木の
いつもとは違う様子に 彼の本心を見た気がします。

暁人は 桂木は久世家のことしか考えていなくて 思うように育たなかった自分を捨て
早く次の当主が欲しいのかもと言いますが、

石崎には桂木の態度は わざと暁人を拒絶し 自らに言い聞かせているように感じます。
なかなか石崎が鋭いwww

その頃、久世家に雨宮という男が訪ねてきて。。
彼は 先代からの命を受け、桂木の教育係をしていて、いずれは久世家の家令となるよう
命じられていたため 久世家に挨拶に。。
でも 彼は 暁人よりも 当主は智之こそ相応しいと考えています。

が、桂木は 「もうあの頃とは違うのだ」と 暁人を軽んじる雨宮を一喝。

まるで呪いのように 先代が最後までできなかったことを 自分の手で成すためだけに
自分は生きて来たのだと思う桂木。。

森山侯爵の夜会に嫌がる桂木を家令としてではなく、桂木家の代表として出席させ、
同行させる暁人。
いつも通り 久世家にとって有利に働くように立ち振る舞う桂木でしたが、いざ、暁人の婚約
について話を進めようとすると・・・

いつものようにはできず・・・

桂木の揺れる思いが行動に現れてしまったようです。

暁人に振り回されるのはたくさんだと思いながらも 彼との情事が思い出され・・・

気まぐれのような取引も 跡継ぎができれば先代のように全部忘れてしまうのだろう
今まで誰と関係しても一時的に身体を繋げてもすぐに元の通りになるのだと・・・

そう思う桂木でしたが、それでも 暁人だけは 自分の些細な変化にも気付き、また
何度も「好きだ」と言ってきて・・・

こんなに想われていても 桂木にとっては自分の居場所とすることはできないんですね。。
久世家のためを優先し、暁人を想いひとり苦悩する桂木 (/ω\*)     


そんな時、実兄が現れて。。

場所を変えて話を始める二人でしたが、両家は一切の接触をしないこと という先代からの
約束を高之が 違えたことを桂木は批判します。

兄・高之は 桂木が久世はおろか桂木の血も引いていないことを口にしますが、
桂木には既知のことだったようで。

さらに腹をたて、桂木の胸倉をつかむ高之でしたが 「手を放せ」と暁人が声をかけます。

「分をわきまえろ」
暁人の毅然とした態度が 暁人の成長を感じさせますv
 
帰りの馬車の中で 出生について話をしようとする桂木でしたが、
「お前が誰だろうと関係ない」「お前と一緒にいたいだけだ」と言う暁人。

何か言えと言われ暁人の婚約話をする桂木に 「お前は何があっても絶対に変わらない
変わらなければならないのは僕の方か」と暁人がつぶやきます。

しかし その言葉をきく桂木の顔は苦しそうで。。

その晩も暁人は激しく桂木をきます。

後ろから前から 旦那様はお若いですからね~ (*/-\*)
抱かれる桂木の表情が実に っぽい (*´д`)ハァハァ

ホント好みだわ~(≧∇≦)
直接的なエロさはないんだけど、逆にそれが官能的で 桂木の顔だけで大満足!

「お前が誰だろうがそんなものは関係ない ただお前と一緒にいたいだけだ」

暁人の言葉が 思い出され・・・
暁人の熱を肌に感じ、暁人の首に手を回す桂木。。

少しずつ 桂木が暁人を受け入れてます。
あ、身体はすでに 受け入れてましたがww

ただ身体が 火照っているというより、明らかに欲情してる桂木がたまりませんね(p≧∀≦q)〃

翌朝 目を覚ました桂木のしんどそうな仕草に しさの度合いが伺えますv
暁人の寝顔を見ながら これからすべきことについて考える桂木でしたが、
ちょっと前までは 握られた手をパシッてしてたのに 自分から暁人の手を握り・・・

ああ・・・ついに 桂木ちました。ヽ(*´∀`)ノ


やっと桂木が 暁人への思いを自覚することになったようですが、まだまだ前途多難。。
一筋縄ではいかないのです・・・

ってことで 出来れば まとめてお読みすることをおススメします。
こんなにすれ違いばかりでじらされたら 身が持ちませんてwww

でも 取りあえず、桂木の本心が解っただけでも 収穫。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : ボーイズラブ

[ 2012/08/20 00:35 ] BL系 | TB(0) | CM(0)

黒執事 Gファンタジー9月号 「その執事、嘆賞」感想

お天気のお陰でいろいろ予定がズレまくり、やっと自宅にて。。

みなさん、今日は というかUPした頃には昨日ってことになっているのでしょうが
GF買いに行くのに お天気が大変だったところが多かったようで。。

私は お陰さまで 実家の周りだけ黒雲がモクモクしていた割には雨も少ししか降らずで
無事Getできたのでありますが、普段 買い慣れていないお店でGFを見付けるのが
結構 大変で(^^;

当たり前と言えば、当たり前なのですが、少年誌のコーナーにあって ちょっとビックリww
いつものお店だと 発売日が近い雑誌がまとめて平積みされているので 
GFが少年誌だけの間に埋もれてるってことはあまりないのですが
デカイ本屋さんだと こういうことになるのね・・・って 新鮮な感じでお迎えしてきましたv

でも なかなか実家では 堂々と読むことが出来ず、いつもなら 私が一番に読むのに
子供たちに先に読ませ、ちょっと見てみようかな~~~みたいなポーズをとってww

ところが、坊ちゃんの大事なポスターが曲がったりしてはいけないとテーブルの上に
大事においていたものを 義妹が見付け、
「あら~~~この子 女の子かと思ったけど おっぱいないから男の子だったんだ~」

って でっかい声で~~~

「いや おっぱいは無いけど CHIKUBIさまは 見事だから!!」
なんて 思わず口走ってしまいそうで 焦りましたwww

娘にも 「それはお母さんのだからwwww 合体お風呂ポスターだからwwww」

ってデカイ声で 発表された上、姪っ子に
「おばちゃん、合体って何??」って 質問攻めにwww

なんでこんな羞恥プレイっと思いながらも、必死に平静を装いましたともv

そんなこんなで 雷雨の中、高速をノロリノロリと走り抜け 無事自宅に到着。

やっと通常の生活となりました。

 

みなさま、GFは 入手されてますか??
今月は 久々のセバさんの表紙です♪

とっても綺麗な色味ですよ~~ 暑さがぶっ飛ぶくらい
青系グラディーションに白とゴールドの配色。。好きです!!

 

で、付録ですよ!!!
ちょっと 今月 付録の話だけで終わってしまいそうなくらい!!!

もう ご覧になりましたよね?? Gファンタジー公式HP

大きさは私が思っていたよりも小さかったんですが、いやいや この大きさで この破壊力!!
これ以上 大きかったら救急車の手配で全国から苦情が来たんじゃないかと(^^;

それに ポスターに折れ目がつかないためには この大きさですよねv

折れ目があるとお風呂に貼る時に貼りにくいですもん。。

って 実際に貼る人いるのかな??
毎日 坊ちゃんを眺められるのは 極楽ではありますが、万が一にもカビなんかが
蔓延ってしまったりしたら・・・!!

想像するのも恐ろしい。。

きっと 何冊GFを買おうとも 結局、みなさま袋から出せずにいるか、自分がお風呂から
上がるのと同時に 坊ちゃんにも上がっていただいて 自分を拭くより先に
坊ちゃんのお世話をすることになるのではとww

正に執事の如しv

で、ポスターですよ、坊ちゃんのお肌がとぅ~~~る とぅる(*/-\*)

この肌色・・・

坊ちゃんファンは既に リアルぺろぺろ済みではないかと思われますwww

私、坊ちゃんのお膝とか 膝裏とかが大好きなんですが、それ以上に腿裏が~(/∀\*)

坊ちゃんの生腿裏をカラーでこれだけ大きく拝見できる日が来ようとは・・・!ですよv

長い睫毛に、小さいながらもぷっくりとした唇・・・なんて艶艶なんでしょ!!

そして、決して目を反らすことのできない おCHIKUBIさま!!

これはもう ぜひ ご覧いただきたい!!

 

でね・・・坊ちゃんの素敵さは 当然のことなんですけども、私が注目したいのは
このお風呂ポスターでは 髪を洗ってるってことなんですよ!!

私 以前から煩く騒いでおります通り、髪を洗う行為ってのは 非常にエロ行為だと
思っているのでありまして・・・
髪ってのは 心を許した相手でなくては そうそう触れさせるものではありませんし、
洗いようによっては十分、らにもなり得るものだとv

その証拠に 10月号のポスター予告のセバさんの顔をみてくださいよ!!!
ね?

 

っということで やっと感想です。
扉絵は 紫黒の狼寮・監督生 グレゴリー・ヴァイオレット

変な・・・・・・ヒト・・・!?

すごく 捉えどころのない不気味な人であります。。

先月号の感想はこちら。。

 

ついに坊ちゃんは 伝統の儀式も済ませ、晴れてP4組入りを果たしました。
一気に生徒たちの注目の的となり、まるでオペラ歌手状態で取り巻きがwww

夜中にこっそりとセバさんの部屋を訪ねると

最近の坊ちゃんの名演ぶりは中々のものだから 「いっそ役者を目指されては?」なんて
嫌味を言われ。。

あら セバさん、心よりの讃辞だったようでww
黒いキラキラがwww

モーリスを排除し、一気に目的の地位まで手に入れたわけですが 坊ちゃんは
まだまだ 最終目標には遠いと。。

そうでした!!
すっかり私も忘れかけてましたが、坊ちゃんの目的は 楽しい学園ライフではなく、
女王から依頼されていた デリックを始めとした数名の生徒たちが外部との接触を絶っている
原因の究明をすることでした。

未だ、セバさんですら一人も顔すら見てないようです。。

「原因を探れ」という命だから 強引な手を使うわけにもいかず、いつもよりも穏便な方法で 
内部に潜り込んで探ろうとするものの、まだまだ先は長そう・・・。

取りあえずは 直接、一番有益な情報を持っていると思われるデリックの移動先である
黒紫の狼寮監督生のヴァイオレットに探りを入れることに。。


白鳥宮では いつものごとく、P4とそのファッグたちが集まっておしゃべり。。
ヴァイオレットは グリーンヒルに変なポーズを取らせて絵のモデルをさせてますが
全く、彼のことは描いてなくてwww

みんなはクリケット大会について 坊ちゃんが知らないモノだからいろいろと教えてくれてます。

その大会には前夜祭と後夜祭があって 普段は部外者立ち入り禁止の学園に
生徒の家族や縁者が招待されるのだとか。。

いつの間にか エドワードの妹・リジーの話題となり、今年は兄か婚約者かどちらの
応援席に座るのかと・・・

キスくらいは済ませているのかとかって話になるとエドワードは 涙目にwww
坊ちゃんはというと・・・話は合わせてはいるものの、内心は「下らん・・・」って(^^;

それよりも、ヴィオレットと少しでも親しくなるために 会話をしようと話しかけますが・・・
まるで会話として成立せず・・・。

仕方なく、少々荒っぽい手に作戦変更。

「他寮の人と仲良くなると戦いづらいですよね」と。。
紫寮に友達がいると 言い出す坊ちゃん。

が、それまで和やかな雰囲気だったのに、デリック・アーデンの名前を出すと、いきなり
P4の視線が坊ちゃんに集中・・・!!
ヴァイオレットに至っては 力を入れ過ぎて木炭を折ってしまうほどの激しい反応。

「デリック・・・だと・・・?」

明らかに敵意のある視線。。

ヴァイオレット、急変!?

 

どうゆこと??? 坊ちゃん ピンチなのでは??

大丈夫なの??

いざとなれば、人間相手なんて セバさんが何とでもしてくれるとは思いますが、それでは
女王に依頼された調査が出来ないし・・・


うわぁ・・・気になります(><)


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2012/08/19 01:27 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

「夏雪ランデブー」 公式ガイドブック 感想

夏雪ランデブー アニメ&原作公式ガイドブック (Feelコミックス) [コミック]

アニメだけのガイドブックなら どうしようかと迷ったところですが、表紙が原作者の
河内さんの絵だったってことで購入を決定www

別にアニメ画がダメってことじゃないですよ。
すごく素敵ですもん。
ただ、やっぱりアニメになると色がベタっとした感じなのが苦手で。



やはり原作者様の描かれた表紙は 細かいところまで見惚れてしまうというか好きですv
島尾は 切り花で作った花束を持っていて 葉月は小さい鉢植えってのも二人の個性を
上手く表しているなと。。

さて帯は・・・
夏雪ファン、見逃し厳禁!
ってことで ざっくりと内容が紹介されてます。

このガイドブックを読んでみて 一番感じたのは 読み応えがあるなぁと。
とにかく、アニメのキャスト&スタッフへのインタビューは いボリュームです。

最近は アニメ雑誌を買わないので 好きな作品について これだけキャストの方の
感想が読めると 作品に対する思いも一段と入るってものです。

8ページに渡って役についての感想や、オーディションの時のこと、実際に演じてみての感想、
現場の話などが収録されていてとても面白かったです。

とくに じゅんじゅんが作った島尾の解釈を吸収して ゆうきゃんが音にするって作業が
大変だったようで その手法についても載ってます。

役者さんって凄いなって思いますね。
あれを実際に聞いたとき、あれ??これって ゆうきゃん??じゅんじゅん??どっち??
って思いましたもん。

声は ゆうきゃんだと思うけど、え??しゃべり方がじゅんじゅんだぜ??
みたいなwww

やっぱり 大原さんも含め、芸達者な人達だなって改めて思いますね。。

もちろん、今回は 演技力が求められる収録だからこそ、それに相応しい声優さんが
オーディションで選ばれたってことですが、雰囲気とかもピッタリですもんね。
さすが 監督さんだわと。。

上手い人たちは もっと他にもたくさんいらしたってことですが、今回は 役に合ってるって
ことで この方たちが選ばれたんだそうです。

河内先生による 「アニメ制作現場レポまんが プレスコ編」も現場の雰囲気が とてもよく
わかる内容で面白かったです。

キャストのみなさんの紹介とか現場での様子も ただのミーハー的な感想だけに終わらず
音や声で表現する仕事の説明もあって 河内先生の伝え方の上手さを感じましたv

先生は伝えることを言語化するのは苦手だとおっしゃってましたが、画を交えて あれだけ
表現されるのですから 全くもって十分なのではないかと。。


それからスタッフインタビューでは 監督を始め、各スタッフの方々が インタビューに
答えてはるのですが、 みなさん いかにこの作品を愛してるかってのが伝わる内容
だったので 非常に興味深く読むことができました。

こちらも 特に監督と河内先生との対談は 11ページにも及んでいて、かなり突っ込んだ
内容になってると思います。
河内先生自身が ご両親がアニメーターであったこともあってか 監督の仕事の内容にも
興味を持ってはって、話が多方面に膨らんでいます。


今回、松尾監督は 脚本、シリーズ構成、絵コンテもやっていて、音響監督も兼ねていたとか。

仕事量は相当のモノだと思いますが、作品の要になる仕事を 一人で担当することによって
作品にブレが生じないし、細かいニュアンスも上手く伝わるようで この作品を愛する一人として
私はありがたいことだなと思いました。

やはり たくさんの人が入ることによって良くなる作品もありますが、原作があるものについては
その作品の良さを的確に把握した人がいれば その人の統一した見解で作られた方が 
いいんじゃないかと。。

あまりにあっちこっちにブレてしまって魅力半減なんてことは・・・ よくありますから・・・。
その点、この作品は非常に丁寧にスタッフさんたちから作ってもらえて 幸せな作品だなと思います。


で 原作についての内容はというと・・・
ここから ちょっとネタばれを含みますので ご注意ください。。

とにかくイラストの収録点数が多くて嬉しかったです。
私は コミックスで読んでいるので 雑誌連載時の、カラー扉絵は見ることはできない
ところですが たくさん収録されていたので拝見することができました。

それにコミックスの表紙が全面で掲載されていたのも嬉しかったです。

ホント細かい植物の描き込みが凄いなぁっと思いますね。

河内先生へのロングインタビューも10ページに渡っていて こちらも読みごたえがありました。
まだ 番外編があるってことなので 楽しみにしたいと思います。

番外編用のイラストでは、葉月の髪が一段と長くなっていて 後ろで束ねているのが
いいですね~~好きだわ。。

葉月と六花が いい感じでいちゃついてるイラストも和みますねv

やっと六花を手に入れたのに 結局、彼が六花と幸せにな暮らしをしているところなんて
ほとんど描かれてませんでしたもんね。

いきなり娘とか孫とかwww

あのまとめ方も 面白いなぁと思いますけど、でも やっぱり出来れば 六花と一緒になれて
幸せな葉月を見たいですからね~~
娘さんの思いで話だけでは ちょっと淋しいわwwww


そうそう、初期設定編では 初期ラフスケッチとプロットが掲載されてますが、最初は 
1巻完結だったようで、それ用のプロットが興味深かったです。

なるほど、そういう感じの構成で 初期には考えられていたのかと。。

これはこれで 切なくて淡くていい作品になるだろうなって思わせてくれるものでしたが、
やはり、ねちっこく女々しい島尾のキャラを立たせるにはページ数が少ないかもなっと。。

より三角関係をこじれされてドラマを作るのであれば やはり4巻くらいがちょうどよかったん
だろうと思います。

メルヘンの世界も無くてもいいと言えば 良いと思いますけど、あれによって葉月のキャラが
膨らむわけですし、私は あってよかったと思いますね。。

まんが家夏雪トリビュートでは 夏雪のファンである人気作家の先生方によるイラストが。。
私の大好きな先生方もたくさん。

コレ見たさに購入したといってもいいくらいですからね♪

とくに 宇仁田ゆみ先生の描かれた葉月は絶品!!
オノナツメ先生、曇田はるこ先生、小玉ユキ先生、よしながふみ先生は とくに作品も好きで
よく読んでますので それぞれの先生が描く3人が見れてよかったです。

あとは 漫画家の先生方との対談が またすごいボリュームでwww

応援対談会 河内遥・ねむようこ・ヤマシタトモコ
友人対談 河内遥・雁須磨子
デビュー同期寄せ書き投稿 板羽皆・北沢バンビ・下吉田本郷
同級生対談会 河内遥・えむとえむ・武蔦波

笑えたのは 同級生対談で 高校3年生の時、IC主催のまんが甲子園に応募して
午後5時の締め切りを電話して 30分待ってもらったってエピでしょうかww

しかも、えすとえむセンセは渋谷の街を原稿乾かしながら走ったってwww

高校での仲の良かった同級生がみんな漫画家になって 同じ雑誌に掲載されること
なるなんて 本当に 凄いことだと思うのですよね。



だいたいこんな感じの内容だったのですが、とにかく 読むところが多いことと、
イラスト掲載も多いことから かなりのお得感がありました。

夏雪ファンの方には おススメですv

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

黒子のバスケ 第19話「新しい挑戦へ」感想

むむ・・・今回 作画がヤバイ??

青峰率いる桐皇学園にWスコアでボロ負けする誠凛。。

ミドリンは黒子の精神的ショックを心配します。
残りの2試合にも影響しないかと・・・

実は 気遣いのできるミドリン。

桐皇学園の控え室では 試合に出てもいないのに黒子が最後まで試合を諦めずに
戦っていたことに対し、とっとと諦めればいいのにという者がいて・・・。

青峰は腹を立て、吊るし上げますが、あら なんか見えそうww

自分が黒子にあれこれいうのは いいんだけど 関係ないものが黒子のことを悪くいうことは
許せないんですね。わかります。

一方、誠凛の控え室では・・・
みんな どよ~~~ん。。

リコが まだ残り2試合あると発破を掛けますが なかなかテンションは上がらず・・・

火神でさえ黒子に

「圧倒的な力の前では 力を合わせるだけではダメなんじゃねぇか?」

その後、2試合とも火神は欠場し、黒子は絶不調。
何度もチームを救ったパスは 見る影もなく・・・

誠凛のインターハイへの挑戦は終わり。
が、すべてが終わったわけではなくて・・・

新しい挑戦が始まります♪

いよいよ 彼が出てきましたね~~

 

火神は 体格が良い分、足に掛かる負担が大きいってことで、まだ 類まれな跳躍力に
対応できるだけの身体ができてないってことですね。

柔軟と筋トレが必要なようです。
が、まずは十分な安静。。

青峰と戦ったことで、自分はまだ弱いことを知った火神。
どうすれば もっと強くなれる!?

負け試合の後の練習は、やっぱりみんな気が入っているとは言えず・・・

集合をかけ、誓いを思いださせるリコv
インターハイへの挑戦は終わったけれど、今度はウインターカップだと。

冬は寒いよ~~~って 全裸で告る厳しさをイメージさせwww

そして。。 日向に 鉄平が帰ってくると伝えます。
鉄平とは 誠凛のエース。

実は誠凛は エース不在だったんですよね~~

これは 何か起こるぞってことですがww

 

火神が練習の見学にも来ないことから 同じクラスの黒子に様子を聞くと・・・
ここのところ、話しにくいから全然しゃべってないとか。。

火神も心配だけど、それよりも 黒子の方が何か壁にぶち当たってるようだと みんな
心配。。

黒子っち キセキの世代からだけでなく みんなに愛されてます

黒子は 青峰に 成長してないと言われたことを気にしてるようで。。
「お前のバスケじゃ勝てねぇよ」

シュートをしても入らない。。あらら・・・

っとそこへ 現れたのは。。

「聞いていた通り、パス以外はからっきしダメだ」と言われ ムッとする黒子。
リコちゃんの報告通りってことですねwww

リコちゃん容赦ない(^^;

でも 黒子のバスケを好きだといい、間違ってはいないと

「ただ まだ未熟なだけ」

つまりは 技量が足りないってことだし もっと 練習しなくちゃだわさ~~

そういう彼は 木吉鉄平。誠凛のエースv

日向に言わせると「変人」

でも 日向をバスケに誘ってくれた恩人だと。
木吉鉄平は 誠凛高校バスケ部を作った男。


黒子に対し、極端にパスに特化したスペシャリストであることを認め、ひとつのことを
極めたことは驚異的だと言いますが

「君はそこが限界って、自分で決め付けてねぇか?」

と 言いつつシュートが決まらないのがなんともwww

自分を客観的に見て 割り切ってプレイすることは大したものだが 割り切りすぎかもと。

「俺ら、まだ高校生だぜ。もっと自分の可能性を信じていいんじゃないの?」

顔を出せと日向が電話しても 足が治ったら行くからと素っ気ない火神。
練習にやってきても いつもと調子が違ってなんか素直。。

日向も面食らってますwww

そこへ 木吉登場♪

練習だってのに 久しぶりでテンション上がったとかでユニフォーム着てます

一年間 理由あって入院とリハビリをしてたという木吉。
ポジションはセンター。

一年はエースの登場に ワクワク感を隠せませんが、どうも・・・なんか・・・変??
いろいろズレてることが判明。。

「山登るなら 当然目指すのはてっぺんだけど、ちゃんと景色も楽しんで行こうぜ♪」

ってのはいいんですけどね(^^;

練習が始まると・・・
火神は がむしゃらになっていて・・・強引すぎるプレイ。

入部仕立ての頃のように まるで周りに頼ろうとしない、ひとりでバスケしている動き。

すると・・・ 木吉が声をかけます。

レギュラーをかけての1on1をしよう」

それを聞いて、変わってねぇなっと・・・。
だから 嫌なんだよっと日向。

いつだって全力で、バスケバカで ボケてて、そんで ・・・いつも何か企んでる。。

 

ってことで 木吉が戻ってきたことで また面白くなってきました。

今回のEDは、何??

みんなでバスケの練習なの??よくわかんないけど 笑えるwww

エンドカードのマグカップは 商品化したら売れそうww



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「図書館戦争 LOVE&WAR」コミックス10巻感想です♪

劇場版が公開されてましたが、残念なことに上映してる映画館が近隣になく・・・
泣く泣く我慢の私でした。。
そのうち DVD出たらみようかと。。

では 10巻の感想ですが、いよいよ佳境に入って来たって感じですね♪
緊張感がこれまでとは違いますv

これまでの感想はこちら
今回は 原作「図書館危機」の後半の部分。
原作のこの部分の感想はこちら



今回も 上手くまとめてはりますよね。
原作の世界観を壊さず、なおかつ、コミックスならではの味付けプラスで
毎回 面白いなぁと 感心しきり。

この辺りから 王子さまの正体が堂上だったとわかった郁が 堂上へと 一気
気持ちが傾斜していくんですよね。

彼女の場合、意識し出したら転がるのは早いと言うwwww


では 感想です。
前回の言葉狩りのお話の続きからですが、東京都理容生活衛生同業組合が
メディア良化委員会に対し提訴したことで 大きな一歩を踏み出すことに成功。
これによって世間の注目が集まることに。

世間がメディア良化法に無関心でなくなることが 良化法をなくすためには重要なことだから
まずは前進ってことですが、この一発逆転劇を発案したのは 実は折口ではなく、玄田。

この二人の大人の距離感がいいですよね。

嫌いで別れたわけじゃない・・・信頼関係は今も残っていて・・・
つまりは・・・  って ことなんですが ここがくっつくのは また後の話www

みんなみんなHappyになるっていいですよね♪


そして 次は いよいよ 茨城県立図書館への出動。

美術県展最優秀賞作品が 良化特務機関の制服を斬り裂いた先に青空が覗くという
画期的な作品であったために これを展示すれば、良化法賛同団体からの激しい抗議は
避けられそうになく。。

それに良化特務機関からの検閲・没収も考えられることから 茨城県司令部は 特殊部隊に
応援を依頼。

今回は郁も置いてきぼりを喰らうことはなく 連れて行ってもらえるのですが・・・
郁の実家が近いため、まだ戦闘職種であることを両親に内緒にしている身としては
非常に危険www

家族のことで 揉めているといえば、手塚も兄からの電話で荒れ捲り。
しかも 酔ったところにスポドリを郁から渡されたために泥酔。。

スポドリは酔い覚ましどころか、お酒の吸収をUPさせてしまうってことで お気の毒。。

こんなことがあった手塚ではありますが、お陰で柴崎との距離がいつの間にか縮み、
情報共有者の仲に。。


茨城県立図書館へ向かうバスの中で 堂上の肩にもたれかかって寝ちゃう郁でしたが
コミックスでは それをみんなでパシャパシャやってましたねwww
酒の肴になるとかってwww

コミックスのこういう隙間拾いが好きですv

現場に着くと 図書館長に須賀原特監が着任してからというもの、茨城県立図書館では、
職種間で異常なまでのヒエラルキーが生まれてしまっていることが判明。

戦闘職である防衛員の地位は最下層で ロクな訓練もできていない。。

あまりの情けない惨状に 玄田は残留組も呼び寄せて、全力で水戸防衛部員を
鍛え直すことにします。

基地の中で 郁は女子防衛部員から歓迎を受けますが、柴崎からの情報通り、彼女らは
業務部に支配されていて肩身の狭い状況。

郁も女子寮で 早速 洗濯物に水を掛けられるという嫌がらせを受け・・・
でも すぐに堂上に連絡を取り、近くのコインランドリーまで車を出してもらうことに。

堂上が予め、柴崎から 「査問の時とは違う直接的な攻撃を 郁が受けるかもしれない」と
聞いていたことを知り 郁は動揺してしまいます。。

自分の知らないところで 二人がそんな話をしていたことを悔しいと思い、
自分と違って なんて柴崎は優秀なのだろうと思い知らされて・・・

柴崎の方が 自分よりも優秀だから堂上のいい部下になれるし、背も低いから自分よりも
お似合いだと妬ましく思ってしまい・・・

郁は 自分の中にも 嫌がらせをしてきた者たちと同じように醜い心があることに涙します。

でも 堂上は 郁が柴崎と自分を比べて劣等感を感じていることなど知らずにいて、
「自分も彼女らと同じだ」と言う郁に対し 「お前は違う」と断言。

郁なら相手も傷付けるが、自分も傷つく喧嘩になると・・・。
「敵認定したら柴崎の方が よっぽど容赦ないんじゃないか」と 何気なしに堂上が口にすると・・・

「やめてください!」 

すごい剣幕で 郁が堂上の言葉を遮ります。

郁は初めて 友達である柴崎に対し、激しい嫉妬の感情を抱いたようで・・・

突然の郁の態度に驚く堂上でしたが、取りあえずは 郁を落着かせます。
ここは さすがコミックス♪ かなり甘甘仕上げになってます

なんとか洗濯物も乾き 防衛部員たちとも話が出来て これからは上手く立ち回れるかと
思った郁でしたが

ナント!!! 今度は基地にお母さんが怒鳴りこんできて・・・!

郁の戦闘職種がバレ、ヒステリックに騒ぎ立てるお母さん。。
堂上は言いたいことを言って来いと郁を送りだしますが・・・

一方的な母の押しつけに これまでの鬱憤を全て叩きつける郁。

さすがに、それ以上はやりすぎってとこで 堂上が止め、そこへお父さんも登場。

これで ますますメチャクチャになると思った郁でしたが、父は郁の味方でした。
堂上はそれを知っていたから 連絡を入れてくれていたんですね。。

母はまだ郁を認めてはくれなかったものの、父に理解してもらえたことと、母がなぜ
頑なに自分を女の子らしく育てようとしたかの理由を知ったことで 郁は 
堂上に言われた通り 自分がちゃんと両親に愛されていたことを実感します。

ま、母親の頑なさもアレだけど これは確実に郁に遺伝してるように見えますよねww


で、配属が母親にバレた原因は 業務部の子らが防衛部員の一人を脅し 電話を
掛けさせたからだと知った郁は・・・

水戸に入ってから いろんな人の思いや、自分の中で大きくなる堂上への想いに気付き
それを支えに 一気に行動に出ることに!!

「誰にとは言わないけど 宣言させてもらう」

ここがデッドラインだと はっきりと宣言する郁。

これ以上は県展警備に対する重大な妨害として報告する

それでもくだらない嫌がらせをしたくて仕方ないって奴は 

その首かけて掛かって来い!!

いいですねぇ~~~郁の豪快な啖呵wwww すっきりしますよ

郁の啖呵にビビって 早速 詫びを入れにくる業務部員が数名・・・

郁は 柴崎のように相手が氷つくように 最上の笑いを持ってもてなしますwww



喧嘩上手が回りにいてお手本だらけでよかったと 堂上に報告する郁。
一人でよく頑張ったという褒められ 嬉しがる郁が可愛い♪


そして 戦闘前日、
手塚は兄から得た情報を柴崎に流しますが、既にそれは柴崎も入手済み・・・

柴崎はいつもの彼女らしくなく、「無事に乗り切って」としおらしく・・・。
彼女は 手塚が報告してきた以上の情報を知ってるんですよね。



ついに 茨城美術県展攻防戦 開幕


郁は堂上の伝令という最前線での任務。。

「あしたは 何があってもあの人から離れない」
前の晩、風呂の中で郁が他の女子防衛部員に言うところ、カッコよかったですね。

AAカップも見事です。
あれは 絶対Aカップにも満たないwwww
ここも 原作にはないコミックならではの描写だけど、さすが♪

一気に佳境に入って ますます先が楽しみです。

コミックならではの良さが満載で 原作ファンも 待ち遠しいv


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

超訳百人一首 うた恋。 第七話 「義孝と源保光の娘 ・高内侍と道隆 儀同三司母」感想

ほぉ~~百人一首の3分の1が藤原一族なのか。。

ま、あの時代、藤原さんの勢力が凄かったからなぁ。

そして 私 「うた恋い。」「うた恋い。3 特装版」「うた変。」と入手し、残すところ、
「うた恋い。2 特装版」のみとなりました。

これが なかなか正規の値段では入手が難しく。。もうちょっと待ってみようかなっと。


「義孝と源保光の娘」

義孝は石田さんなんて ピッタリですね♪ この話好きですv

婚約者の義孝からの文を楽しみに待つ 保光の娘。
ねこが可愛い!! にぁ って!!

なかなか訪れてくれない婚約者に ため息。。

義孝は叔父兼家から物詣でと言う名の肝試しに 行かされることに。。
兼家の息子・道隆も 嫌々ながら 父から命令されて同行するハメに・・・。

ビビり捲る道隆は 義孝の恋ハナを聞きたがって・・・

まだ文のやり取りをしてるだけで 直接会ったことが無いと言う義孝。
会うのは 秋の除目を待ってからと思っているようで・・・。

道隆は 文のやり取りばかりでは 自分との縁組に乗り気じゃないのかと不安がらせてる
はずだと口をはさんできます。

文で気持ちは伝えてあるから大丈夫だと落ち付き払ってる義孝に 尚も 多少強引でもいいと
言葉じゃなくて行動で示せと道隆。

それでも義孝は それは男性側の都合のいい考え方で 彼女は乱暴な振る舞いを
好まれないと。

「絶対 無理させてるって行けよ!」

道隆が急かす理由は そうでもして盛り上がらないと道中が怖いからでしたwww

一日一日を悔いなく生きると決めている義孝は 自分にできることをおろそかにしたくはないと
物詣で 取り殺されたとしても いつ死んでもかまわないと。。

対する道隆は 悔いばかりのようですwww

さて 廃寺に着いた二人でしたが、早速 武士の怨霊が現れて・・・


そして 義孝は保光の娘を訪れます。
先方に連絡無しでの来訪なので つまりは夜這いですねwww

武士の怨霊は 澄ました甥っ子をビビらせてやろうと思った叔父の茶番だったわけですが、
死ぬかと思ったその瞬間、保光の娘のことを思い出し、
あなたに会うまでは しにたくないと 願ってしまった」
いや~~ん 殺し文句ですわね(p≧∀≦q)〃 

「現世に未練は残したくありません、だから 今夜 参りました」

この後の返しがいいですね!!
「それでは 今 こうしてお会いできたのですから・・・もう 未練はないのでしょうか?」

これは もう一歩踏み込んで来いといわんばかりの(/∀\*)

石田イキマ~~ス♪

「あなたに会えた今となっては・・・もっと 間近くあなたを見たいと」
御簾を上げ、侵入 (o´▽`o)ワクワク

アニメの姿を整えて座ってる保光の娘もいいですが、私は 原作の方の寝姿状態のところへ
義孝が侵入し、着物の裾を踏んで “捕まえた♪” みたいな感じで すり寄って行く方が
好きかなぁ~

「私は自分が知る以上に 欲深いようだ」
これまで クールに対応していたのに 婚約者を前に すっかり欲情してしまったってことですね。
「お待ち申し上げておりました」

やっぱり道隆が言ったように彼女は義孝の訪れを待っていたようで 不安にさせて
しまっていたようです。

義孝の独り言に反応する保光の娘に
「んん? 夜は長いのです。ゆっくり・・・お話しいたしましょう」

ちょ、何!? 

この 「んん?」のとこ!!!! きゃぁ(p≧∀≦q)〃 きゃぁ
さすが 石田さんだわ!!!

確信的に エロい!!!

そっと口づけ 押し倒す義孝さんでした

保光の娘に迫る義孝の横顔が これまた 最高に色っぽくて!(≧∇≦)
こういう表情が 欲しいのですわ!!!!

君がため をしからざりし 命さへ ながくもがなと 思ひけるかな

いつ死んでもいいと思っていた 君に会うまでは
君に会えた今 いつまでも君といられたらと ぼくは願っている

 

こんな歌もらえたら 最高ですね!
ああ・・・でも 義孝さん 短命だったんですね。。切ない。。  ( p_q) 

 

 「高内侍と道隆 儀同三司母」

さて こちらは道隆さん。
高内侍にガンガン迫ってますwwww 積極的な人です
さすが 義孝に言うだけのことはあるわ。。

が、高内侍は 幾人もの妻の中のひとりになるのは辛いし、ましてや自分と道隆とでは
釣り合わないと思っていて。。

それでも 道隆はそんなことはお構いなしで、家柄ではなく、好いた女と結婚したいと
迫ってきます。
高内侍と結婚すれば がむしゃらに働くし 子の代、孫の代まで栄えさせようと一生懸命
頑張るからと。
「正妻には 君以外考えられない」と ひたすら押し捲りwwww

そこへ義孝が 中将が起こっていると呼びに来てwww

義孝も応援しようと 高内侍に一言お願いしますが、高内侍は 道隆は
「通う相手の多い方だから 私など物の数にも入らない」と。。

「彼は噂ほど気の多い男ではない」と友人をフォローしますが、それでも 
「先のことはわからない」と頑なな態度を崩さない高内侍。。

そこで 義孝は道隆の縁談の話をします。

男の浮気心に悩まない女などいない。
きっと誰もが 平静を装う裏に 嫉妬と将来の不安を抱えつつ耐えている。

そんな醜い感情にさいなまれたくないから 今まで必死に拒んできたのに・・・

縁談の話が進んでいることを知って 自分がどれほど道隆に惹かれてしまったのかに
今さらながら 気付く高内侍。

その晩、やってきた道隆に 縁談がありながら遊ぶつもりだったのかと激しい感情を
ぶつけてしまいます。

「卑しい身分とあなどって あんまりななさりようです!!」

が、道隆は 本気で高内侍を正妻に迎えたいから 彼女の立場を考え、親が決めた
相応の縁組は断ったといいます。

オレは 惚れた女を日蔭者にはしたくない。

あらやだ、道隆さんが素敵v カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!! 

必死に求婚してくる道隆に「貴子です そうお呼びになって」
とうとう 高内侍も折れて 求婚を受け入れましたv

「一生私が一番ですよ 一生 あなたは 私だけのものですよ」

浮気を止めることはできないだろうし、道隆も 女遊びをやめるとは約束できんと
随分ないいようなんですが、それでも この時代にすれば 貴子の家柄で
一の人にしてもらえるだけでも 凄いこと。。

「君のそのすました顔の裏の情熱が オレは好きなんだ」と言い 道隆は誓いを立てます。
愛してる貴子。一生幸せにする。

後で 小細工に気付かれていた義孝は 理知的な高内侍が素直になるために必要だったと
そして、友人の真心を疑われていい気がしなかったからだと白状。

何だかんだ言っても 彼の後押しがあってのことでしたよねwww
強引に押してるだけでは 上手くいったかどうか。。

道隆はすぐにでも家に貴子を迎えたいと言いますが、貴子の父が二人の仲をまだ快く
思ってないってことで まずは通い婚からww

子供ができたらうちにこいという道隆。それは 正妻として迎えるってことですね。
この時代、正妻と 愛人では 全く立場が違いましたし、妻の実家によっても
扱いが違うのが通常。。

身分違いの女を正妻に迎えるってことは 本当に愛されていたってことですよね。

そんな 幸せの中にあっても やっぱり不安な貴子。

男は外の世界で成長していくものだから・・・ その時々で必要な女は変わって行く。

だから貴子は思います。

忘れじの 行く末までは かたければ けふを限りの 命ともがな

一生君だけだと あなたは誓うけれど 人の心は移ろうわ
だから 私は 今日死にたい 最高に愛されたまま

 

その後、道隆は 貴子を正妻として迎え、生涯それを貫いたようです。
イイ男やん。

貴子との間に 三男四女をもうけ うち一女は 一条天皇中宮、定子。

 

いや~~今回も情熱的なお話でございました。

限られた字数の中で こんなにも情感を込めることが可能だなんて 和歌って凄いですね。



 


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

薄桜鬼 黎明録 沖田ルート感想です

もうね・・・総司はね・・・痛々しくて(><)

どんなけ近藤さんに心酔してるんだよって。。辛くなりました。
アニメでも 総司の子供時代の話がありましたけど あんなもんじゃなかった・・・。

総司ルートに関しては 絶対、ゲームで補完した方がいいんじゃないかと思います。

ま、誰ルートでもそうだとは思うんだけど、ゲームではかなり総司を掘り下げてます。
脚本が見事だなって 改めて思いましたもん。。



ゲームの感想なので この先、ネタばれ含みます。要注意


彼にとって 近藤がどれほど大きな存在であったかってのを 痛いくらいに感じましたね。
最初から 最後まで 近藤しかない!
ってくらい 総司の中で近藤が全てでした。

本編でも もちろんそれは感じていたわけですが、彼の子供時代の本当の心情を知って
ちょっと辛かったですね・・・。



大阪でこれは必要なことだと力士を斬ったものの、近藤に叱責され その意味が解らず、
激しく動揺するとところとか、
自分では決して 土方のように近藤を笑顔にすることはできないのだと 距離を感じる
ところとか
もう 見てらんないよ・・・って(><)


一番キツかったのは 十六夜挿話「通わない心」ですね。

先に 近藤側から見た総司の過去や彼への想いが 龍之介に語られるのですが、
その後に総司側から 同じ出来事について彼の心情が語られていて・・・。

それは もう近藤が思うような素直な子供らしい心なんてもんじゃなくて。。
かといって 総司が醜い心を持ってるとも思いませんけど。

総司は 近藤が自分のことを子供の時から変わらず素直だと思っていることを承知していて
近藤が自分に対し、どうであって欲しいと思っているかも理解しているけど、本当の自分は
到底 そんな風にはなれないと解ってる。

近藤にとっては 「人を斬る」ってことは 自分にとって大事な者を守るためであったり
弱いものを守るためという大義があって それは 武士になりたいって想いの根底に
あるものとも言えるのでしょう。。

彼にとって武士になるってのは 己の権力を誇示するためとか 他人を従えるためとか
そういうことではなくて、主君を称え、弱いものを守り、社会を平和に維持していくために
役立ちたいってことなんだと思うのですよね。

でも 総司が刀を持つきっかけになったのは 自分を痛めつけた奴らを殺したいという思いから。
最初から、人を殺すことが目的となって剣を握ってきたわけだから 近藤とはまるで違ってるん
ですよね。。

そんな総司に 思想だとか理想だとかを説いても それは・・・
新八に山南さんの仕事をしろと言うくらい難しいこと。。

それが 近藤とか土方には 総司の存在が近すぎて解らない。
彼を大事に思うが故に 自分の理想だったり、自分の想いを総司に反映させようとして
しまうのでしょうが それが総司には伝わらない。。

というか 総司は彼らの想いは解ってるんだけど、自分が彼らと同じような思想を持つことは
出来なくて・・・。

もし、彼に自分の生き方とかを考えさせようと思えば、一度 近藤から離さなくては無理でしょう。
最後は 結果的にそうなり、千鶴の存在によって別の形での生きる意味を手に入れることが
できましたけど。


その点、山南さんの距離の取り方とか 総司操縦術は長けてましたよね。

総司が一番欲しい言葉を、彼にわかるように与え、彼の剣の使い道を 一番良く理解し、
彼が望むやり方で的確に指示を出していました。

何も考えることなく、ただ命令されたモノを斬れ 何を斬るかはこちらで決めてやると。。

ひとたび、命令が下れば 躊躇うことなく斬ることのできる 新選組の剣になれと。


それは 奇しくも後に 山南さんの介錯をすることにもなるわけですが・・・。
あ、薄桜鬼では 違うか。


近藤には嫌われまいとして 絶対に本当の自分を見せようとはしない総司でしたが
自分を偽りながらも必死に役に立とうとする姿が 切ないですよね  ( p_q) 

信じられるのは近藤だけという状況で育ったわけだから 彼自身が承知してるように
何も持たない人間が たったひとつ手に入れたモノへの執着は強くなり
それを失うことへの恐怖感も ただ事ではないのでしょう。。

総司を想う近藤や土方の親心もわかるんだけど、その想いが逆に総司に偽りの姿
演じさせることになっていたというのは 皮肉ですよね。。

総司は 芹沢のことを 例えそれが人から疎まれる行為であったとしても、自分のすべきことが
解っている人なのかもしれないってことで 自分と似ているって言ってるのですが、
近藤のために 憎み、消したいと思ってる芹沢に対し 総司が理解を示しているところは
印象的でした。

総司ルートを辿ったお陰で 棘のある言い方をし 憎まれ口ばかり叩く総司ですが
彼の育った過程や、近藤との出会い、彼の言葉によって救われたこと、

また それによって生まれた総司の苦悩や覚悟を知ることができました。

まぁ 随分とややこしく捻くれていて 複雑な総司ではありますが、
今さらながら その総司のありのままを受け入れてくれた千鶴に感謝ですわwwww
彼女がいてくれて ホント総司は救われました。

全キャラの中で 総司ほど千鶴じゃなきゃダメだってキャラはないんじゃないでしょうかね。


それにしても、ラストでまたもや龍之介が行き倒れていたのには 苦笑ww
そして それに対する総司の対応が 相変わらず過ぎるwww
どこまでも 不憫な龍之介

龍之介を川に突き落とすってのは 総司らしいと思いましたけど 生きててよかったね。


で、短髪和装の総司がやっぱりいいですわ~   (〃∇〃v)

とくにラストの着物姿の腰付きがめかしく
総司とか左之さんのラストの着物の柄が結構好きなんですよね。

あ、ちぃさまは 別格でwwww
あの方のお召しモノは 比べられないwww




平助ルートでは 龍之介は 「ちゃんと考えろ」と言われ続けてましたが、総司ルートでは
「刀を握る意味に向きあう」ことを問われてましたね。

こんな感じでそれぞれのルートごとに龍之介は 何か問題提議されていくんでしょうかね。

龍之介はいろいろとなってないところだらけですからね。
まず、口の利き方がまるでなってませんww


そうそう、総司ルートだからってことじゃないと思いますが、大坂で力士を斬ってしまった
騒動があった時、歳が怒り狂ってたのを近藤さんが鎮めたエピがありましたよね。

あれには 総司には申し訳ないけどえましたww(*/-\*)



ここから先は 腐妄想炸裂しますので 苦手な方は お引き取りを♪ 

近藤さん どうやって歳を落着かせたのだろうかと・・・
どうやって宥めて冷静にさせたのだろうかと・・・

思わず手を止めて 妄想の世界に入り込んでしまいましたよwww

定番だけど 怒鳴り散らす歳をギュってしたのかな?? とか 
冷静になれって 不意打ちを食らわすように ちゅってしたのかなっとか

「今は何も考えるな」って そのまま・・・押し倒した (*/-\*)   とかね


相撲の興行を立案して 上機嫌になってる歳と近藤さんをみると これは 絶対に
何かあったに違いないって思ってしまうんですよね。。

「近藤さんが冷静にしてくれたおかげだ」って歳も言ってましたし・・・
頭に昇った血をどうやって下げたのかと 気になりますよねwww


総司は 近藤さんを笑顔にさせる歳を 激しく羨んでましたね。
自分では あんな風に近藤さんを笑わせることはできない・・・って。。

歳の存在は 妬ましいだけではなくて、総司に劣等感を抱かせる存在でもあるんですよね。
近藤にとって土方が 必要なんだってこともわかってるから・・・。


いや~~ もう お陰で あれこれと脳内が景気よく走る走るwww



総司ルートは ちょっと重かったので萌えとは違うのめり込み方をした分
この二人で楽しんでしまいましたヽ(*´∀`)ノ゚


  さぁ 次は 左之さんルートです。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 薄桜鬼

[ 2012/08/14 22:04 ] 薄桜鬼 | TB(0) | CM(0)

薄桜鬼 黎明録 第6話 「闇よりの咆哮」感想

ついに綱道が 近藤らの前に現れました。

幕命を受けての変若水の研究。

それは 浪士組の人員不足を補う手段にもなり得るものだけれど、人道的見地からは
とても奨励できるものではなくて。。

アニメでは新見が先に動いてましたけど 原作では 綱道が訪ねてきて、それを
幹部らが受けるって形だったんですけどね。
新見の行動を際立たせるためってことでしょうね。

休みの間に やっと総司ルートを終えました。
感想は後ほど UPしたいと思いますが・・・いや~~~ 辛かったわ。。

それに いかにアニメがざっくりと進んでいるのかを 今さらながら感じましたね。。

そして 今 左之ルートに入ってますが、こちらでも同じ思い。
やはり ゲームでの補完というか 原作の素晴らしさを感じずにいられません。
ぜひとも 未プレイの方にはおススメしたいです。

何がいいかって 一人ひとりの思想というか生き方とかを掘り下げてるからですよね。
ものすごく腐に堕ちる 腑に落ちるのです。
台詞とかが納得できる。説得力があるというか・・・

アニメでは どうしてもその点が 尺の関係上、削られてしまいますから 説得力に欠けるし
それぞれのルートを一緒に進むわけにはいかないので その裏にあった事情を
見られないのも残念です。

 

前川邸での話が長引き 不安に思う隊士たち。。

そこへ 突然 尋常ならざる咆哮・・・!!

急いで前川邸に行くと・・・

屋敷の中には 獣のように走り回る化け物が!!
いや こんな動きをするなんて驚いたwwww 
羅刹って 理性を失うことはわかってるけど ここまで獣化するとは思ってもみなかったww

こういう時、中のことは任せて 外を固める左之さんがカッコイイ。
冷静に自分がすべきことが見えていて。

元々 彼は槍ですから屋敷の中では戦えないけどww

沖田、斎藤と次々に斬りかかるも まるでモノともせず、左之の槍で刺された傷も
あっという間に回復。

総司も一くんも さすがに人を斬ったことがあるってことで 殺すことに対し、躊躇いは
ありませんね。
特に総司に関しては笑みさえも漏れて。。

自分にとって、斬ることが近藤の役に立つことだと思ってるわけですから。
彼が人を斬る時ってのは 自分の存在価値を確認する瞬間でもあるわけだし。

が、どれだけ斬られようと ダメージを与えられないタダならぬ状況に みんなは警戒。

龍之介が狙われ 沖田、斎藤、平助が動きますが、それよりも早く土方がやってきて
化け物の心臓を一突き。

首を刎ねるか 心臓を一突きすればいいってことで。。

歳の刀を鞘に納めるまでの一連の動作が美しかったですけど、あれは 真剣で人を
斬ったことのある者の慣れた動作ですよね。

歳・・・何時の間にwww(^^;

化け物を部屋に運ぶのに 歳は左之さんと一くんを指名しましたが、力からいうと どう考えても
新八が選ばれるべきだと思うのですけどね。
なんでなんだろう。。

あの二人に任せておけば大丈夫って 信頼の度合いなのかしらん??
それは とても解る気がするけどwww

化け物が片付けられたあとで ゆっくり登場する芹沢たち。
芹沢さんの安定の落ち着きがたまりません・・・。

広間に集まった者らに対し、何が起きたのかを説明する綱道。
幕府が異国との貿易で手に入れた「変若水」について。。
その効能と副作用。。

戦闘能力は増強され、治癒力は格段に増すが、理性を失い正気ではいられなくなる
そして その能力が発揮されるのはの中でだけ。

その薬を使ったものを羅刹と呼んでいると綱道は言います。

先ほど羅刹になった者が隊士だったことを知り、仲間を実験に使ったのかと激しく
抗議する隊士たち。


が、家里は元々 隊規違反で切腹させられることになっていたのだと新見。
尚も抗議する隊士に やり方が切腹ではなかったというだけだと芹沢。

薬の研究には反対だという土方でしたが、ゲームでは もっと激しく新見を非難してますよね。

だからこそ、芹沢に「隊規に“切腹”を盛り込んだ者の言い分とは思えない」って言われたことで
自分の覚悟の無さを またもや自覚せざるを得なくなるのですが・・・。

ま、どちらも残酷であることには変わりないのですが、切腹ってのは一応、武士の誇りを
守る死に方だから 羅刹になって正気を失った上での惨殺ってのとは違うんじゃないかと。

近藤が切腹させてもらえず、斬首であったことと同じくらいの違い?
その点に関して違いを土方は主張しないんですよね。。

 

研究には改良の余地があるという綱道の見解を受け、これは幕命なのだからと新見は
強気。

「例え、幕命でも 理不尽な命令には従う必要はない」と主張する土方に対し、芹沢は 

本来、武士とは 
上からの命令には 例え理不尽なものであろうと従うことを美徳とするのだと言います。

残念ながら ここは芹沢の言う通り。。

そこで 冷静な山南さんが・・・
「確かに今の我々の立場では 幕府の意向を無視することはできない」と 綱道と新見の
言うことを 一端受け入れます。

が、すぐさま、新見に対しては 局長職をすように促します。
研究は必要だか、二度とこのような事態を起こすことがないよう、研究に専念するためにと。
そして、研究も綱道と新見だけに任せるのではなく、お目付役として自分が介入することも
しっかり盛り込んでv

このあたりの山南さんの交渉術は見事。

原作では 研究と局長職の両方は荷が重いからと どちらかを本人に選ばせるのですが
かなり直接的にキマシタねww


この後、土方は姉ののぶさんからの手紙を読んでますが・・・
これは歳ルートなのね きっと。。

お茶を見つめる歳がしい・・・ (*/-\*)
直後の作画はアレでしたが・・・

源さん相手に 滅多に自分の気持ちを表に出さない歳が愚痴ります。
これは貴重!

京に残ったといっても 自分の力で成したことは何もなく、すべて芹沢におんぶに抱っこの現状。
その挙句 妙な薬にまで頼る始末。。隊士まで犠牲にしてしまったと・・・

このままでは 浪士組はおかしなことになってしまう 自分たちが目指したものとは
別の方向に行ってしまう、今のままではダメだと 

自分にはまだ覚悟が足りないと。。

龍之介に偉そうなことを言ってはみたけど、自分だって・・・っと反省する歳。

こういう姿は 他の隊士の前では見せないから 源さんのことをどれだけ信頼し、
兄のように慕っているのかが伺えます。

そんな歳に対し、全部自分ひとりで背負いこんではダメだと源さん。
重い荷物はみんなで背負うのだと。。


平助は 変若水のことがどうしても受け入れられず、山南さんの元に。
我々の立場など そんなものだと言う山南さんに 「それで 平気なのか?」と平助。
「平気だと思いますか?」

態度に表さないだけで、山南さんだって平気な訳が無い。
手入れする刀に映る山南さんの眼が・・・

この静かな激情が大人だわぁ~~~(*´ο`*)=3 

平助も しっかりと物を考えて 自分なりに納得のいく道を進もうと言う姿勢も
(キャンキャンしてるところは苦手だけど)なかなかのものだと思いますが
山南さんのように クールで大人の対応が出来る人にかれますね~

歳は そうしようと努力してるんだけど 激情ダダ漏れってのがしい(/ω\*)

黎明録での山南さんは クールで大人の魅力に溢れてます♪
だからこそ、本編で羅刹となり 狂っていく姿がまた 美味しくもあるのですよv

 

さ~~って ここで 新入隊士が。
島田と山崎が入ってきますv

彼らの歓迎会については 原作で補完を♪

話はサクサク進み、大坂に不逞浪士の取締に行くことに。
ここは 芹沢さんが京都守護職が置かれて 京から大坂に不逞浪士の本拠地が移っているのを
黙っていたんですよね。

何時までたっても自分たちで情報を掴めない奴らだとコケにされて・・・。

人が斬れるものを選んで大坂にいくわけですが。。これが大変なことに。


龍之介も同行するように言われますが、自分の荷物くらい自分でもってくれとつぶやき。。

バカですよねwww
芹沢さんじゃないけど 誰相手の口の利き方だか(^^;
取りあえず、誰であっても目上の者に対する口の利き方じゃないですよ。。
身内であってもあの時代にはあり得ないww

いい加減 もう少し大人の対応が出来るようにならないと。。
っと 思うのですが 彼は最後までこのままwwww

龍之介の代わりを買って出た平間さんは 本当に気の毒。。


新見は山南さんがいない間に 綱道と不審な行動をし始めます。

土方は 平助に彼らに勝手なことをさせないように見張らせます。
平助は 自分の腕が信用されてないから大坂組から外されたと思っていたようですが
土方の思惑は別のところに。。

原作では 龍之介と組んで思いっきり邪魔してますもんねwww
さすが平助って手でww

それに土方も 変若水の研究を快く思ってないと知り 平助はホッとします。

綱道は ラスボスの雰囲気を漂わせてますが、彼も本当は 紛い者を作りだす変若水の
研究を好んでやってるわけではないようで。
力が無ければ大切なものを守れない・・・っという綱道。。

綱道はそれ以上、何もいいませんでしたが、鬼である幸村の家は 力がないばかりに
不幸なことになったんですよね。。

鬼の力はあるけど、この場合は政治的権力がなかったってことかな。。

平助の言うことは最もですが、それはそのまま綱道さんだって思ってること。。
ま、彼も本編ルートによって ラスボスにもなってましたけど(^^;

 

龍之介は 左之さんと土方に 刀を抜いて人を斬る覚悟がないのなら引っこんでろと
言われたことを考え込んでいて。。

自分には何があるのだろうと・・・

 

そして 大坂組が帰ってきました。
近藤を初め、険しい表情の隊士たちと機嫌の悪そうな芹沢。。

土方は その理由を知ります。

丸腰の力士を 芹沢と総司が斬ってしまったのだと・・・!

 

きゃ~~~~あまりにざっくりなwwww

それに 総司の表情が気になる(><)

ひとり 「僕 知~~らない♪」 って顔してましたけど、ここは 総司は 近藤さんに厳しく
叱責されて激しく動揺してるところでしょうに。。

次回、ここはもう少し 詳しく回想してくれるんだと思いますが、アレだけではあまりにも(><)


ゲームを進めれば進めるだけ これは補完が必要だと思う次第。

 

 

ならば 貴様は鬼になれ!

次回 これですか!?

きゃぁ~~まだ ゲームが追い付かないのにwwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 薄桜鬼

[ 2012/08/14 20:32 ] 薄桜鬼 | TB(10) | CM(0)

「主に泣いてます」7巻、「げんしけん二代目の参」12巻 感想

ざっくりと感想いきます。
まず「主に泣いてます」の7巻。

これまでの感想はこちら

「戸籍謄本を手に入れようプロジェクト」が無事に終了しました。

前回の「赤いのウエディングドレス事件」の結末は・・・

「お姉ちゃんなんていなくなればいいのに」ってずっと妹が願っていたことを知り
泉は死のうとします。

そこに仁先生が登場し 二人は出会ったってわけですね。

妹とはその後音信不通となり、泉は東京へ。
妹は絵に描いたように落ちていたようで・・・。

泉の実家の役所へ行き 戸籍謄本を請求するみなさんでしたが・・・

まずは 妹の様子を伺いにいくことに。
いろんなキャラ設定を盛り込んで妹の働いている店に入り 接近。

妹と泉の仲を何とかしたいと思った赤松先生は 泉に電話し、妹と話をさせることにします。
が、妹は 酒の勢いを借りて、延々と いかに泉がいたことで自分が不幸な目にあったか
を話しだしww

とはいえ、取りあえずは 妹のお陰で 泉の戸籍謄本を入手することができました。

今度は「一緒に東京へ行って 直接 お姉さんに会ってあげてください」と赤松先生。

泉との待ち合わせ場所は上野公園。
そこは 例の新郎がいつか泉に会えるかもしれないと路上詩人をやっているという場所。

バタバタの芝居が展開されて 結局、妹と仲直りをすることができた泉。
面白いんだけど ちょっとごちゃごちゃしてて正直疲れたwww(^^;

いろいろ落着いたところで 赤松先生が泉をランチに誘います。

二人きりってことで警戒する泉でしたが、変装もしなくていいし、ただの画家とモデルの親睦を
深めるためのモノだと言われ 誘いを受けることに。。

イタリアンの店にやってくると 仁先生の妻とトキばあが こっそりと先回りwww

泉が着ている推定三十万のワンピースは仁先生に買ってもらったものだと知った
妻のゆっこさん、

思いあまって バックドロップで泉を池に放りこもうと抱えます。

っと、自分だけが落ちてwww
とんでもない体勢で手すりに身体を残してる泉さん。。

パンツ丸見えですよねwww
それが表紙の絵です。

 

「げんしけん二代目の弐」12巻感想

これまでの感想はこちら

 

部外者が頻繁に出入りしているという噂を聞きつけたサークル自治委員会。
女装の波戸くんのことをあれこれと訊いてきます。
部室に非ヲタナンパ男がやって来たと思った矢島さんでしたが、そこへ吉武兄がやってきて
男たちを追い返してくれます。

あらやだ イイ男。。

っと思ったら 実は吉武妹の男装でしたwww
背が高く、胸もないものだから、普段から男に間違えられるってことで みんなを騙してやろうと
したようです。
すっかり矢島は イケメン男子だと思って 意識してしまってましたwww

で、妹の莉紗はショタ好き。
波戸くんが腐女子に混ざるために どれだけ努力をしてるのか知りたいから 一回
男バージョンをみせてくださいと言い出し。。

みんなで波戸くんの家にいくことになりました。

化粧を落とし、着替えるためにシャワーを浴びにいった波戸くんですが、その隙に 吉武は
部屋の中をガサ入れしようと・・・

止める矢島と揉み合ってるうちに カーテンにぶつかり 波戸くんの全裸を
拝んでしまうことになった矢島wwww

しっかり付いてるのを確認したようでv

つるつるだったのを目撃してしまった莉紗も やっと進路を姉と同じ大学受験に決めたようでww
意外なところで進路が決まってよかったねwww

ちなみに 波戸くん、スネ毛に除毛クリームを使ったついでにしたことだったようですww

 

さて 今年の学園祭は何をしようかって話になりますが・・・
波戸くんの画力を一度ちゃんと知りたいと思う荻上。。

アシに入ってもらった時の 波戸くんが描く背景がすごく上手かったから もしかしたら
マンガは自分よりも上手いんじゃないかと・・・

ところが、波戸くん、女装の時は過激なBL画しか描けず、素に戻ると背景の画力は
優れているモノの、特殊キャラしか描けないという事実が判明。

しかも 女性用下着着用ってのが 画が切り変わるポイントになるらしくwww

そんなことってあるのかなw

 

学園祭を前にして斑目に久々に遭遇する波戸くん。

部屋にあった男の娘のエロゲーについて 斑目の感想が気になってしまいます。
それは以前 高坂がコスプレで販促してた作品と気付いたからww

最後は妊娠エンドってことで あれこれと腐妄想が炸裂ww

が、それを見抜かれ、波戸くんは 以前 斑目を総受けだと言ってしまったことを謝ります。
斑目は全然気にしていないようですが、ただ、そろそろ卒業生がいつまでも大学のまわりを
うろつくのもどうかと思っていたようで 引っ越しを考えていると・・・。

自分が腐妄想のネタにされても人の妄想を 敢えて止めるようなことを言わない斑目に
学園祭では BLじゃないちゃんとしたマンガを描こうと決意する波戸くん。

ネームは荻上、画は波戸ってことで合作になったものの、ネタを決めかねる荻上。
みんなの恋バナを参考にしようってことに・・・
何やら 波戸くんに秘密の恋バナがありそうですね。。

他のみなさんの話は 参考にならなかったようです。そうだよねwww
笑いのネタにはなると思うんだけどwww

ちなみに 斑目は 高坂キャラでは抜けなかったらしいですww

 

そろそろ この二作品、感想は終わりにしようかと。。
面白くないわけではないのですが、感想を書こうって気にならなくなってきたもので。。


 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「進撃の巨人」 8巻 感想

いやいや この安定の不安定さがたまりませんねwww

この作者さま、確実に画力UPされますけど、この独特の線がこの作品の世界観をより
際立たせていると言うか 私には ひたすら先の読めない不安定さを感じます。

これは 良い意味でですよ。
すごく個性的で 面白いと思うのです。

好みとしてはシンプルな線で すっきりと描かれた絵の方が私は好きなのですが、この作品に
限っては いい味だしてるなっと。

 

【送料無料】進撃の巨人(8) [ 諫山創 ]

【送料無料】進撃の巨人(8) [ 諫山創 ]
価格:440円(税込、送料別)

これまでの 感想はこちら

やっぱり 女型の巨人はアニでしたね。
って みんな解ってたと思いますけどwwww
私みたいに気付くのが遅い人の方が 少ないんでしょうね。

なんか この作品に関しては先が読めないのですよ。私は。。

息子とか旦那は かなり読み込んでて あーだこーだと自分たちの考えを披露し合ってますが、
未だ私は 登場人物の名前を覚えるので必死www

今回、話が結構動いて、アニを捕獲するために かなりの規模で人員が割かれ
作戦が大規模に準備されたわけですが。。

早い段階でアニは アルミンのを見抜いていたようですね。
どうやら 彼のアニを見る目に これまでとは違うものを感じていたからのようです。。

話に乗ったと見せて、早々に指輪をしてますもんね。
私は 不可解なことやってるな~~位にしか思ってなくて、彼女がアルミンを警戒してるなんて
全く思いもしませんでしたwww

私って 意外に素直でいい奴なんじゃね?? って いつも「進撃の巨人」を読むと
思うのですよ。。

疑うことを知らないというかwwww 単純??
すっかり 良いように翻弄されてます

たぶん 私は この作品に関して 表情の読み取りがしにくいのだと思われます。
多方向に いろんな可能性を感じてしまって絞り切れないのですよね。。

人物の違いも なかなか把握できなかったくらいだしwww
このポンコツ脳味噌なんとかならないかな。

今回は 自分の正体がバレて もうこれは仕方ないって諦めて アニが笑うところには
ドキッとしましたね。

ドキっていうより、ゾクッて感じ??
いつもの エロさを感じた時の ゾクゾク感とは違って い方のゾクッてヤツ。。

エレンたちは 心臓の音 ドクン ってので緊張感が表現されてましたけど。

31話のタイトルが「微笑み」とは 上手くできてますよ。。

アニは ニヤッて 笑うんじゃないんですよ、二チッて笑うんですよ?!
その後の表情といい、複雑すぎて 読めねぇwww

 

今回、ミカサは 特にカッコ良かったですね。
アニとの話合いが不毛と見るや、攻撃に転じようとする判断力が潔いし、凛々しいです。

それに、いち早く、アニが指輪を使ったのをみて すぐさま避難した辺りは 危険察知能力
高さと瞬発力に ただただ感心!!

これまでも ミカサがいなかったら危なかった場面は何度となくありましたけど、
今回もミカサがいなかったら この二人、とっくにやられていたことでしょう。。

巨人化したエレンとアニのバトルは 今回も見ごたえがありましたが、何と言っても
巨人化したアニが塀を登って逃走しようとしたとき  彼女の両手の指を斬り落とし、
ミカサ一人で 阻止したのは見事でした。

「落ちて」って 額を足で蹴り落とすところなんて 鳥肌ものでしたよ。

 

ところが その後に またまたビックリ!!

アニの過去が・・・!

アニが巨人化したことには どうやら彼女の父親が関わっていたようで、
彼女が幼い時から格闘を仕込まれていたことも関係がありそうな・・・

父親は「俺が間違っていた」っと言ってましたが それは 彼のそれまでやってきたことや
考え方に関してだと思うのですが、何がどう間違っていたのか・・・

少なくとも その間違ったお陰で アニは巨人化することとなり、この世の全ての敵と
なってしまったのでしょうね。。

でも 父親は この世のすべてからアニが恨まれることになっても 自分だけは味方だと

だから 「帰って来る」と約束して欲しいと。。

なんだか アニの背負わされたものが大きすぎて切ないですよね。。
知能が無さそうな 塀の外の巨人とは違って、アニには何か目的が課せられているみたい
ですしね。。

アニは水晶体で身体を覆われてしまいましたけど この先どうなるんでしょ。
これは 自分でしたことなのか??
エレンが何かしたようにも見えますが・・・

 

で、今回、一番ビックリしたのは 塀の中に巨人がいたことですよ!!
なの???

巨人によって巨人から守られていた って まさにその通りみたいなんですけど??
巨人ってのには 知性があるものと そうでないものがあるようですよね。

その差は何なんでしょ?? 元はみんな人間っぽいですし。。

何かの実験に失敗して こうなったのか??
 

こりゃびっくりだわ・・・

って思っていたら ウォール・ローゼは突破されちゃったみたいだし、
巨人多数襲来って・・・ どうなっちゃうの!?

次回予告では ついに巨人に支配されてしまうみたいだし・・・

恐いんですけど~~


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2012/08/13 02:06 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

盆休みに入って時間がたくさんあるというのにww いぬぼくと銀魂

もしかして 結婚以来、初めてではないかと思われる 完全ひとりの私の自由時間が
明日から2泊3日で始まりますv

完全に一人で過ごすなんて 一人暮らしをしてた時以来だと思われるので
○○年ぶりくらい??

そして この先も 当分は訪れないと思われますので この貴重な時間を満喫すべく
これまで溜まっていたBLコミックスの感想をモリモリ書いてやろうとか 薄桜鬼を
一気にプレイしてしまおう とか いろいろ考えているわけですが

結局、プレ前夜祭というべく 息子と二人だけの今の時間を なんとガラストップコートの
掃除に費やしてしまいました(^^;

何これ、主婦の鑑なのwwww

所詮 この程度なんですよねwww

そして 自由時間が 好き放題であると思うと ついこんなものを探してみたりwww




いや もう ホント アホだわアタシwww

でも この作品 なかなか凄いと思いません??

そーたんの腰付きも ちよたんの腰もなんてエロいのwwwww



銀さんと土方と沖田が踊っているのもあるんですよ。。

こちらも笑えますwwwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

[ 2012/08/12 23:37 ] アニメその他 | TB(0) | CM(0)

夏雪ランデブー 第6話感想

六花に触れて声を掛けることができて・・・
肉体をもう一度持ったことに 喜びが溢れる島尾。。

ところが 生きている者たちの時間は進んでいて・・・ 
それを目の当たりにする島尾が切ない。。 

 

スケブの中で 帰れなくなるかもしれないのに と言われても なんとかなるって葉月。
それに迷い込んでるのは店長の旦那で 自分はブレていないと。
「ただ店長に こっちを向いて笑って欲しいだけ」 ・

そんな無欲の葉月を余所に 背中を流させて欲しいと言われた葉月の身体の島尾は
服を脱ぎ・・・「で、どこまで脱ぐの?ん? 全部?」

「わからない」と答える六花に 「ノープランかよ」

慌てて上だけでいいと六花は言いますが、そんなの無理だよねwww
服は濡れるし、それに 背中流すってことの意味を考えずに口に出したのだとしたら
それは 相手に酷な話。
とくに葉月は 六花に気があるわけだし、今さらなかったことにと言われても。。
ま、今は島尾だけど。。

「先に中に入ってるから後から来て」と言って 葉月の身体の島尾はお風呂へ・・・

島尾は 六花が 葉月とどうころんでもやぶさかでないと思っていることを感じ取ります。
無意識に期待していることも・・・。

「別に悪いことじゃない」 自分はすでに 死んでしまっていて、この先もずっと六花が
一人でいればいいと思っているわけじゃない。

本当は彼女が幸せでいることを願っている。。

「でも・・・!」

島尾の回想。。
病院で背中を拭いてもらっていると ふいに六花が舐めあげてきて・・・
なかなか六花さん やりおるwww

島尾の背中を動物の匂いがすると・・・無防備にさらけ出された背中に寄り添い 
心臓の音を聞く六花。
とても心地良くて安心すると・・・

確かにやってることと言ってることはビックリなんだけど、わかるなぁ・・・。

「お風呂はまだ無理」と六花は断るものの・・・
もう既に 六花が新しい背中をみてるのだと感じる島尾。

どうしたもんか・・・ 僕が消えれば簡単なこと 

答えはわかっていても まだ六花への想いが断ち切れず もう少し、六花の傍にいたい島尾。。

           上手いわ!じゅんじゅん。。島尾の苦悩がビンビン伝って苦しい(><)

六花は ちょっと鬱陶しい行動をしてるようにも思えますが、でも彼女は彼女なりに
自分の気持ちを素直に表していて・・・

島尾は・・・ 自分の存在が 六花の幸せの邪魔になっている自覚はあるのだけれど、
未練を断ち切ることができない。。

 辛いなぁ・・・

六花の頭に手を置き
「君はちっとも変わらない・・・心変わりはしたけれどさ」

何のことかわからない六花。。そりゃそうだ。

「好きになったのなら 認めなきゃ」

壁に六花を押しやり・・・
「いつかこうなるなら・・・

どんなに惨めだとしても 今でいい  今がいい! 」

島尾の気持ちが痛々しい・・・

実はついに公式ガイドブックを買っちゃったんですが、それに 台詞の入れ方についての
方法が書いてありまして。

葉月の身体を借りてる島尾の台詞を ゆうきゃんが話す場合、まず、ゆうきゃんが葉月を
やって それをじゅんじゅんがまたやって それをトレースしてゆうきゃんが本番でやる

という 非常に面白い作業をしているのだそうです。

だから 島尾の心情なんだけど声は葉月 っていう神憑り的な台詞回しが可能になるようです。
凄いですねぇ~~

 

その頃、葉月は 現実世界で何が行われているのかさっぱり知らず・・・
姫と過ごしてます。

この世界から出られないかもしれないし、自分が消失してしまうかもしれないのに 
あんまり慌ててなくて 楽観的www

姫にお人よしと言われ なんでそこまで店長が好きなのかとか 切っ掛けについて訊かれ・・・

最初は六花のことを 中学生男子だと思っていたという葉月www
子供のように見えることもあるけど どうも年上らしいし、傍を通ると土の匂いがしたりと 
なんかそういうこと全部ひっくるめて とても好きなんだと。。

自分の身体が今まさに 勝手に使われているというのに・・・ 呑気な葉月です。
基本、人が良いんでしょうね。。

とはいえ、物語を完成させてとっとと帰るという葉月。


一方、葉月の身体の島尾は六花を押し倒していて・・・ でも その目には涙。。
服を着始める葉月に謝る六花でしたが、島尾は 「悪いと思ってるの?」っと

「本気で拒んだことなんか 一度もないのに・・・ そうやって死んだ旦那を言い訳にするのは
やめて欲しい」

これは島尾の心情ですね。。

葉月なら こんな言い方はしないし・・・
何ていっても“生涯二番手でいい”って六花の気持ちを優先させたくらいですから。。

だから 六花もちょっと 調子に乗ってしまったと言うか・・・

これが 同じ歳くらい相手の恋愛ならそうはいかない。。
島尾がキツイ態度に出たのは もう六花の気持ちが 自分に残っていながらも
葉月に向かっていることを感じ取ってしまったからでしょう・・・

それなら そこに自分を出してくれるなと・・・。
葉月の存在を認めたくないけど、六花が幸せになることも願っていて。。

屈折し捲りと言うか 複雑ですよね。。

でも、六花の行動は誠実ではなかったかもしれないけど、それほど責められるべきことでも
ないと思うんですけども。。

ややこしくしてるのは 島尾の存在で、彼さえ絡んでこなければ 今頃 葉月は六花を
手にすることが出来てたかもしれない。。

六花の心が移ってしまったことが 島尾は淋しくて 自分の気持ちを持て余して 
つい当たってしまうといったところでしょうか。。


もしくは 花束の回想にあった通り、自分で決めなきゃいけないんだよってことか。
どっちもあるんだろうな。。

それにしても 凹むことがあっても すぐに切り替えられる六花は逞しい・・・。

六花が背中を流したいといった本当の理由は 葉月の背中に触れたかったからのようで
これはもう惚れたとしか言えないですよね。。

今すぐHまでは 考えられなくても 背中に触れたいと思うってことは 好意を持ってる
ってことにほかならず。。
そして それは 少し押しこまれたら簡単に流れてしまうだろうってところまで来てて・・・。

心は島尾にあるけれど、いくら好きでも もう島尾には会えないし、触れられないし、
彼と一緒に幸せになることは叶わないのですから。。

スケブにこっそり 画を残してた島尾。
見たことのない絵が足されているのに六花は気付きます。

自分の存在を知らしめたいのなら はっきり言ってしまえばいいのにと思いますけども。。

沈殿する思い出に鎮座する姫。。
鉢植え、秘め事、防腐剤・・・

水中で裸の六花が座っている画・・・


まほの家で 草引きを手伝う六花ですが、まほに今の自分の状況を見透かされてるように
感じ 早々に逃走。
図書館に行くまでの間、葉月に甘え調子に乗ってしまったことを反省します。

ずっと 自分の方を向いていてくれたのに 背中を向けさせてしまった・・・

年下に耳障りのいいことを言われていい気になって 相手が若くてタフだと思って
傷つけて・・・
何やってるんだろ 私・・・

葉月に 背を向けられて やっと自分の気持ちに気付いたようで。

結局 島尾は六花の後押しをしてしまった形に・・・(^^;

 

六花が人魚姫の本を手にした時 葉月に声を掛けられますが なぜに 葉月、そこにいたww

六花が借りた本を持って一緒に帰る二人。。
すっかり島尾の口調ですねv

っと、突然、六花は 自分は旦那が初恋の人であったと話だし・・・

「ちゃんと付き合ったって言えるのは 島尾くんだけなの」

葉月の中の島尾は いきなり六花が告白めいたことを言い出すので 色めき立ってしまいますが

島尾くんのことも 元は自分の片想いだったから 誰かにこの歳になって想って
もらえるなんて 考えもしなくて・・・

必死に言葉を繋ぎ 葉月に誠意を見せる六花。。


私も 葉月くんが好き・・・


ドッボーン

葉月くん 海に突き落とされてしまいました。。

おやゆび姫の世界から 人魚姫の世界へ・・・
でも 人魚姫は 助けてはくれません・・・

 

ひぇ~~~~

って ところで またもや引き。

 

ついに六花が自分の葉月への気持ちを伝えますが、伝えた相手は元旦那。。

なんて 複雑なことに(><)

ご本人は 海の中に落とされてしまってるし。。

 

いや~~ それにしても 毎回 演技が見事ですよね。
次回が待ち遠しいです!!

公式ガイドブックも読み込んだら またいろいろ感想書いてみようと思います♪
 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「宇宙兄弟」18巻 感想ですv

ついにヒビトがパニック障害を克服しましたねv

「宇宙兄弟」」18巻感想です。

これまでの感想はこちら

 

【送料無料】宇宙兄弟(18) [ 小山宙哉 ]

【送料無料】宇宙兄弟(18) [ 小山宙哉 ]
価格:590円(税込、送料別)

ヒビトにわざとプレッシャーを与えて発作の有無を確認するための試験の予定が
ヒビトの仲間たちによって ヒビトを救うための試験へと。。

よかった、よかった

ヒビトを救う目的で行ったものの、ヒビトを独りにし、プレッシャーや恐怖心に
打ち勝たせようとするやり方
は間違っていたのかもしれないと思う室長。

仲間たちは ヒビトが一番幸せだった時のことを思い出させてやろうと みんなで
月面を再現するような状況を作ってくれます。

良い人達だなぁ~~

お陰でヒビトは落着いて作業することが出来、無事に試験は終了。
ヒビトの自信も回復v

ムッタも様子を見に行きますが、ヒビトの笑顔をみて 声を掛けずに戻っていきます。
兄弟なんて、ちょっと 離れた所から見守るくらいがちょうどいいってことですね。

そして ムッタも自分の訓練へと。。
CES-62のバックアップクルーたちと顔合わせ。
でも どうやら今回のメンバーは問題児揃いだったようで・・・。

なかなか他の人と上手くコミュニケーションをとれない者たちが集められて
そこにムッタを放り込んだらどんな作用が起きるのかをみたいってwww

ムッタへの期待が半端ないwwww

一クルーにしては 荷が重くないか?って話ですよね~
でも それだけムッタのコミュニケーション能力は買われてるってことでも あるんでしょうね。

訓練開始してもメンバーはバラバラで 全くチームワークがなく。。

リーダー不在だったのですが、 このチームには ブライアンと昔、月面に人形をおこうと
約束したエディが着任。

もう自分は 月面に行くなどというミッションを果たす気にはなれなかった彼だけど
ヒビトが ブライアン人形を見付けた話を聞き、決心したようです。

ムッタは彼を一目みて、リーダーに相応しい人だと思ったようです。

チームの紅一点のベティもまた ブライアンの事故で家族を亡くした一人。
ブライアンのクルーだったタック・ラベルは 彼女の夫だった。

男勝りで気が強く、衝突ばかりしているベティですが、息子の言葉で月を目指すことに。。

ってことで 18巻は これからムッタが 新しい仲間たちと訓練を始めるってところまで。


まだメンバーの心はバラバラですが、リーダーのエディはとても温和で チームをまとめることに
長けている人のようなので この後どのようにクルーの関係が変化して行くのかが楽しみです。

ムッタがどのように作用するのかもww

ヒビトの自信も戻りましたし、ムッタも 着実に宇宙に近づいています。


【Joshin webはネット通販1位(アフターサービスランキング)/日経ビジネス誌2012】キャラもふ アポ ミニぬいぐるみ(宇宙兄弟)【96086】 【税込】 アオシマ [ABK APO ミニヌイグルミ]【返品種別B】【Aug08P3】


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

薄桜鬼 黎明録 第5話「蒼穹のきざはし」感想

何人からも 恐れられる覚悟をもて・・・!

大阪で 浪士組の資金集めをする芹沢。
そのやり方は 商人を脅し、強引に金を出させるというもの。。

沖田ルートでココは済ませていたんですけど ゲームの方がもっと執拗に丁稚を
フルボッコにしてましたね。。芹沢さん・・・

こりゃ確かに酷い・・・って 思いましたもん。店主もなかなか出てこなかったし。。

アニメの方はサクッと出て来て、そして あの台詞。

「芹沢先生は自ら憎まれ役になって資金集めをしているというのに、行動もせずに
批判するとはいかがなものか」と新見。

お前たちは悪を演じることも出来んのだな。。

武士は民から畏怖される存在でなくてはならないという芹沢。

そして 

この先、不逞浪士らと戦っていくつもりなら 何人からも恐れられる覚悟を持て!

近藤も、土方も まだまだ覚悟が足りないと思っているのでしょうね。

だからと言って、弱いものを叩いて その上に乗っかるようなやり方が士道かってことですが(^^;

芹沢にしたら 外国人との取引によって私腹を肥やしてる商人はけしからんから 
資金なんて そこからいくらでも ブン捕ってやればいい ってところなんでしょうが、

土方なんかは もともと実家が商売をしてるわけだから、当たり前のように 商人側の立場に
立ってしまうのでしょうね。

が、容赦ない芹沢の言葉に 自分たちの覚悟の甘さを感じずにはいられない土方。。

 

土方が戻ってこないため、龍之介は船の様子を見てくるように言われます。

うきゃぁ~~沖田ルートしか知らないから 龍之介に気付く土方にドキリ
美人さんだわ!!!     (/∀\*)キャハ

一人残された新八も 美人さんだったけど やっぱり歳よねv

 

やり方も物言いも気に入らないのに 芹沢の言うことは胸に突き刺さると言う土方。
自分たちの甘さを思い知らされる。。

龍之介は 沖田とちゃんと話をしたのかと訊いてきますが 総司のことは近藤さんに
任せておけばいいと。。

龍之介は それでは不満のようですが、土方の反論を許さない強い視線にそれ以上は
何も言えず。。


とはいえ、龍之介が総司のことを気にかけてくれたことは嬉しかったようです。。


後日、京の町に墨を買いにいった龍之介でしたが、一見さんな上に東言葉なモノだから
軽くあしらわれ、売ってもらえず。。

そこへ小鈴が現れ、一言添えてくれたお陰で どうにか買うことが出来ました。

芹沢は 京の治安を守るために京へ来たのに どうして弱い者を痛めつけるのかと
小鈴に訊かれ 弱い者だけじゃなくて、浪士組のみんなや自分にも酷い扱いをするって
龍之介ww

ここは 左之さんルートか!?

小鈴と和やかなムードになりますが、龍之介が ああいう場では口答えをしない方がいいと
花街の芸妓は客の話を聞いて酌をしてたらいい みたいなことを言ったために
小鈴にパチンと平手打ちを食らうことに。。

龍之介から状況を聞いた左之さんは それはお前が悪いと ちゃんと小鈴に謝れと
小鈴の居所を探します。

ああ・・・お稽古中のようですが、やっぱり京言葉に違和感wwww
京言葉っていうより、独特の花街の言いまわしがありますからねぇ・・・
お師匠さん・・・

ま 台詞の言いまわし自体が変だったから イントネーションは気にするなってことですね。。

龍之介は 小鈴がなぜ腹を立てたのかを知り、心から謝罪します。
彼女ら芸妓はみな 芸を身につけるために必死の努力をして、その芸を売って生きている。

小鈴としては、客のご機嫌をとるのが仕事じゃないってことみたいですが、それもどうだろ? 
結局のところサービス業だと思うけど。。

女郎とは違うって言いたかったのではなく、侍と同じで 譲れないところがあるんだって
言いたかったのだと思いますが、芸を売るだけでは花街を生き抜くことはできず、
やはり機転の良さが重要になってくると思うのですけどね。。

どうも 今のところ、小鈴ちゃんは その辺の賢さとかしたたかさが感じられず、芸妓としての
本当の心意気というものを感じないのですよね。。普通のお嬢さんって感じ。

 

さて、会津藩のお目通りが叶うってことで 大喜びの浪士組隊士たち。
折角のチャンスだから自分たちの腕を見ていただこうと 上覧試合を計画。

「なんで そんな面倒なことを・・・」という芹沢でしたが、ここは 「わざわざ局長二人の
手を煩わせるようなことじゃないから こっちにまかせてくれ」と土方。


そして当日。。

試合までの経緯はゲームの方が それぞれの心理描写が入るので面白いかな。
やはり とっとと進めなくちゃってことですね(><)

第一試合は 平助と土方。
あっという間の出来事で 土方の勝利。

平助も北辰一刀流の使い手だから相当の腕ではあるはずなんだけど そのあたりの
いいところは見せることはできずに残念。。

どうして第一試合に選ばれたのかは ゲームで補完ですね。


第二試合は 斎藤と新八。
新八もかなりの腕を持つ剣士ですが、斎藤の勝利。
左利きは実戦向きだという近藤さん。

一くんルートは未プレイなので この試合の補完は後ほど。楽しみ~♪


第三試合は 総司と山南さん。
山南さんの動きは見えてるという総司。

総司は人を斬ったことで 太刀筋が変わったようです。。
ゲームでは 真剣を扱っているかのような動き・・・ってことでしたよね。

 

試合は会津公に喜んでもらえたようで 今夜は無礼講だと近藤さん。
それぞれのカップリング紹介がいいですねwww

呑めない龍之介に こうなると朝まで片付かないから 程々で切り上げた方がいいと
声を掛けてくれる山南さん。

山南さんを見上げる龍之介に乙女が入ってるんですけどwww
会津藩が後ろだてになってくれる可能性が高くなったが、肝心なのはこれからだと
山南さんは言います

さすが冷静ですよね。。そして 横顔がしい(〃∇〃v)


そして ついに隊服が~~♪

芹沢さんが大阪で調達した例の資金によって あつらえたようです。
浅葱色で段だら模様の羽織りが出来上がりました。

平助ははしゃぎ、早速、袖を通したがります。
芹沢さんも この時ばかりは上機嫌。

「これ どう思う?」って総司に「ちょっと目立ち過ぎな気がする」って左之。。
斎藤も同意のようで。。

すると土方は 「浪士組のことを知らしめるには こういうやり方もあるってことだ」
芹沢さんは 土方が羽織りの必要性を理解していることに感心したようです。。

「それになぁ、見廻りの時に隊服を着ていれば 不逞浪士と間違われることはねぇし
味方を斬りつけてしまうことも避けられる」

歳は美人さんだし、芹沢さんは 歳に満足気だし、なんかえるwww (/ω\*)

そこへ 近藤さんと山南さんが声を掛けてきます。
今後 会津藩からの仕事も増えるだろうからと 隊士募集が急務だと。

そんなことにはとっくに考えて策を練ってあるという新見の言葉を押さえ(羅刹の件ですね)
芹沢さんは 「隊士など、浪士組の名が売れれば いくらでも集まってくる」と言います。

「そのための隊服だろう?土方」

土方に隊服を投げてよこす芹沢さん。

同意を示すかのように隊服を受け取る土方。

 

きゃ~~~ん 何 この二人。。(*/-\*)

敵対し合ってるけど お互いに通じ合える部分もあるってことですね (p≧∀≦q)〃 

ちょ、今回は 良いもの見せていただきましたわ♪ 

わざと憎まれ役を買って出て、歳をててるってことですね、芹沢さん。
何これ、歳の育成ゲームだったのwwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン 

まさかの愛憎劇に 脳内を押さえ切れませんwwww
これは ますます先が楽しみです!!!

「そんじゃ てめーら 行くぞ!」
隊服を羽織り、隊士の先頭を行く土方。
横顔が超絶美人さんで 大満足!!



な・の・に・・・

 え・・・!?  最後の歳の顔・・・ 勘弁して

それは ないわ・・・

 

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 薄桜鬼

[ 2012/08/08 23:58 ] 薄桜鬼 | TB(10) | CM(0)