アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年11月30日 (土) | 編集 |

いよいよ 塔首頂上決戦ってことで 最初の流子の対戦相手は 蟇郡 苛。

あら、先日頑張ってはったばかりだというのに、苛さん、続きますか。

対戦の順番は雑魚キャラを倒した数で決まってたようですが、別にそれが四天王の強さを
そのまま示すってわけでもなさそうですね。。

さて、前回、シルエットのみでよくわからなかった「縛の装」ですが、まぁ なんとも・・・(^^;
攻撃を跳ね返すだけでなく、受ければ受けるほど、力が増していくってwwww
Mさんだとは思いましたけど、形態もここまでだったとはwww

なんて残念なの 。゚(゚^∀^゚)゚。

どれだけギャ○ボールが好きなんだかwwww

しかも めちゃくちゃしゃべってるwww
どういう仕組みなんだwwww

彼のように屈強な肉体を持つ男がガンガンめられることでぶって まさにギャップを
ってるようでいて、王道ど真ん中って感がたまりませんねwww

流子は既に彼の極制服がどんなものか知ってるから、敢えて、攻撃をしないというのに、
自分で自分を攻撃することもアリとか、どんなけ苛さんは マゾ性が高いんだかwww

本人自覚がないようですが、「攻められることでする人」ってことで 全校生徒の周知の
事実となったようですww

またもや、苛さんと皐月さまの過去編の続きがありましたが、苛さん、デカ過ぎやしませんかww
もはや 人間サイズじゃないよwww

あんなの規格サイズ外だから 車の運転なんか出来ないし(シートに身体がおさまらないww)
学校にいたとしても机もイスも使えないってwwww

高校に入って少し縮んだってことでしょうか(^^;

もう、なんかいろいろ 考えちゃいけないことだらけで笑えますwww


それにしても 皐月さまのセーラーの仕様は懐かしいですねぇ~
って私があんなに長いスカートを履いてたわけじゃありませんが、セーラーの丈を短くする
のは当時、みんなやっていたんじゃないかとwww

あれ、礼をすると後ろからブラ丸見えなんですよねwww

さすがに皐月さま相手にそんなことは させないでしょうが、皐月さまは ブラとか以前に
すっぽんぽんに近い極限のスタイルですからねww

そんな皐月さまの純潔はOKで、流子の鮮血は風紀上、OUTとかって どうよwww

苛さんにとっては 皐月さまのあの素っ裸に近いような格好は 最早エロでもなんでもなくて、
神々しささえ感じるってことでしょうかwww

苛さんに関しては なかなかマニアックな嗜好をお持ちのようで規律を乱すラインには
彼なりの奥深い基準がありそうですw

 

「死縛の装」の苛さんにしばかれる流子の むっちりお尻アングルがいいですねww

そして流子の下乳はどこまでなのかwww
全く お乳○さまの姿が見えません。

見事なまでのお約束案件v
本人も 恥じらいなどどこかへやってしまったようで。

 

鮮血のアイディアを使って 一度、変身を解き、「縛の装」に取り込まれたところを内側から
戦維に近づく流子。

しっかし、究極の愛の鞭はどこから出て来たのか(^^;

スロー再生してもよくわからず。。気になりますわw


このまま締め落としてやろうって苛さんですが、グイグイ流子を締めあげ、流子の体が浮き
出てるところは もう笑っちゃいますねww

どんなけ密着してるんだよってwwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン


中から「鮮血閃刃」で喰い破るように出て来た流子。
鮮血もまた 新たに変態をすることに成功したようです。

で、戦維喪失により 流子に軍配が。

 

苛さんの信念を認めていた皐月さまでしたが 「過ぎた信念は奢りにもつながる」と。

負けたことの責任をとり、苛さんは切腹するつもりだったようですが、皐月さまは
「自分の涙は自分で拭え」

苛さんにも 生き残る道を示したようです。

結構、四天王に甘い皐月さま。。

今回タイトルは「チャンスは一度」なのにねww

 

さぁ 次の対戦相手は 犬牟田。

彼はどんな極制服で どんな戦いをみせるのでしょうか。
彼の場合、予想がしにくいですわ。

情報戦略部委員長ですから メンタルへの攻撃とかですかね?

これまでとは違うバトルになるのでしょうか。楽しみです。

 


スポンサーサイト
2013年11月29日 (金) | 編集 |

エルエルフ!!!!ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

やっぱり引き籠ってる ( p_q) 

盛大に引き籠ってるよ。。

もう 何もかもどうでもよくなっちゃったんだね。。
緊張の糸がぷっつり切れちゃって・・・

危ない人になりそうだよ。。

でも、使いものにならない危ないエルエルフくんも それはそれで美味しそう。。
暫くは ヘタレてるエルエルフくんを堪能したいと思いますわ(*/-\*)

 

で、なんですの、ファントム?モジュール77に向かってるって。。
いつの間にそんなことに気が付いたの?

エルエルフくんが使えない状況だけど、みんな情報収集に頑張ったの?

ファントムには重要人物が乗ってると思ってたのに あっさり ハルトに撃沈されたってこと
でいいんでしょうかね?

拿捕されたとか言ってたような気もしましたけど、とりあえず 大した人は乗ってなかった
ようで。

攻撃をしてくる様子もなかったですし、何だったの??

 

サキは アードライくんがお持ち帰りしたと思ったのに 律義にカインさんに報告してたん
ですね。

リーゼロッテの死はドルシアにも伝わっているようで、カインさんはクリムヒルトのことに
気付いてるのかどうかはわかりませんが、王党派の動きについて問いかけてます。

クリムヒルトさんは表情を変えずに対応。

カインさんの底が知れず、ゾクゾクしますわ (/∀\*)

 

ハーノインくんの遺品ってことでピアスを持ってきたイクスアインくんから 自分の髪と同じ
色を受け取るアードライとクーフィア。

友人の髪と同じ色のピアスを身に付けているような男が本当に裏切ったのかと不審に思う
イクスアインくん。。

アードライくんは エルエルフの髪の色のピアスを「これは俺のものだ」って。
未だエルエルフくんへの未練は断ち切れず。。ってことでしょうか(^^;

でも、よく遺品なんて残してましたね。カインさんも。

裏切り者の末路を彼らに見せつけるため?


っと 思ったら イクスアインくんが手にしてたピアスに何か仕掛けが!?
この仕掛けは 彼の髪の色と同じピアスにだけに施されたものでしょうか?

って 多分そうでしょうね。

もし、彼が知らせたいことがあるとすれば、それはカインさんのこと。
すでに彼はクリムヒルトさんとの繋がっていたとしたら かなりの情報を持っていたのかも。
それを伝える相手とすれば、イクスアインくんしか考えられないですもんね。

さて、何が 彼に残されたのか??

イクスアインくんに注目です。


で、ショーコたちは ドルシアに対して非難決議を採択し、ドルシアを話し合いの場に引っつ
ぱり出そうってことのようですが、アルスを始め 他の国々代表とともに会議を始めたところで
ドルシア総統アマデウスさんがモニターに。。

どうしてただの学生がドルシア相手に互角に戦うことができるのか、それを暴いて見せる

サキを映し出し・・・

その身体を背後から カインさんがずっぷり

カインさん、イイお顔してはります。。

大量の血が飛び散り、息絶えたと思われたサキでしたが、カインさんはサキの服を
引き裂き背中の血を拭います。

みるみる傷口がふさがり・・・

てっきり、この作品のことだから 前から服を切り裂くくらいしてくるかと思ったんですが、
そこは控えめに。。


死んだと思われたサキは きていて・・・!!

これには 各国代表も ショーコたち学生もビックリ

その光景は全世界に放送され・・・

あらら・・・
学生側が化物ってことになってしまったようです。

本当は自分たちこそ、マギウスの大本であるのに上手いことやりましたね、アマデウスさん。


学生の中でも ヴァルヴレイヴの操縦者以外はこのことを知らないでしょうし、自分たちが
適合者として作られた存在であることも知らないものだから 混乱は目に見えてますが、
ドルシアから救出した研究者たちはどこへ行ったんでしょうね。

彼らはドルシア国内の秘密も モジュール77の秘密も そして何よりヴァルヴレイヴの秘密も
知ってるのですから、彼らが世界にこの情報を発信したら ますます大混乱ですね。

まさに世界を暴くことになるのでしょうが それを放送局のおっちゃんがスクープだと言って
たのでしょうかね?

タレコミがあったってことですし、誰かが何らかの情報を彼らに与えたことは確かでしょうが
何だったのか気になるところです。

それにしても、モジュール77にいると何か話が面白くないと感じるのは私だけでしょうかww

早くドルシアの子たちが動いてくれないかなと。。

最終的には学生側とドルシアエージェントくんたちが手を結ぶことになるのかしらん。


人間とマギウスが共存する形になるのか、未来にいた子はマギウス化することを「祝福」って
言ってましたし、人間がみんなマギウス化してしまう??

でも、そうなると、どこからルーンを摂取するのかって話ですよね?

だいたい、マギウスは地球に来てからは生物に寄生し、ルーンを摂取してましたけど、元々
彼らは自分たちの星?にいるときはどうしていたのでしょうか?

何か便利な方法があるのかしらん。

マギウス同士、お互いが不老不死で ルーンを摂取し合えるんだったら自給自足で、一番
簡単だと思うのですが、そうでもなさそうですし。

はた迷惑な存在ですよね。

 


さて、エルエルフくんも使いものにならなくなっちゃってる今、彼が画面に現れてこないとなると
私の楽しみは・・・
イクスアインくんやアードライくんが どう動いてくれるのか だけです。

サキも助けて、アードライくんがイクスアインくんとモジュール77に亡命とかだとちょっと
単純すぎるので勘弁ですけどwww

でも、エルエルフくんを立ち直らせるのがアードライくんだったら これはこれで面白そうww

アードライくんがこのまま何もしないとは思われないので エージェントくんたちの活躍が
楽しみであります。

 

革命機ヴァルヴレイヴ オフィシャルファンブック

革命機ヴァルヴレイヴ オフィシャルファンブック
著者:アニメディア編集部
価格:1,500円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2013年11月28日 (木) | 編集 |

今回は まったり日常回でしたね。

とはいえ、元老院のおっさんらが出て来て,不穏なものを感じることとなりましたけど・・・。

作画の乱れがかなりありましたけど、ま、それほど気にもならないっていうか ハハハハ
面白い顔になってるwww

って却って楽しめたくらいで。。

 

町長選での一件について謝罪しようとやってきたら 八重さんにみんな出払っているから
これ付けて回りなさいと、七郷のスタンプラリーをすることになった篠塚くん。

ミナカナと遭遇して,首からカードをぶら下げることにwww

かわいい。

七郷を巡りながら あいさつしていくんですけど、みんなもうすっかり好意的。

ことはとは また同じ半妖同士、もっとお話がしたいようで。。
半妖は珍しいことだから お互い自分以外の半妖に出会ったのは初めてのようです。

自分の意志でどうこうなること以外は 運が良かった、悪かったってことにしてあまり考え
ないようにしているという前向きなことはちゃん。

パン○ラどころか、堂々とおパンツありがとうv

そうそう、じゅりさんのチラリもなかなか♪
こちらもチラリなのか 確信犯なのかってところですがwww

 

篠塚は ヒメに この街に住まないかと誘われますが、森野やコヒメと一緒の隣町もなかなか
今の彼には心地良い場所のようで、ありがたいことだけど辞退すると。

秋名の祖父への恩返しもあるし、隣町で 自分が桜新町に協力できることをしていきたい
ってことのようですね。

森野とコヒメと篠塚の関係に 非常ますわwww

なんか 凄く イイ (〃∇〃v)


で、ほのぼのAパートとは打って変わって、Bパートは元老院のおっさんらの登場。

彼らは完全な人間側の立ち位置。

七郷による次元融合を阻止するためだったら 桜新町に住む妖怪の妖力全て使っても
構わないと考えてます。

そのための対妖怪用の結界のようですしね。

人と妖怪の共存を前提の秋名とは真っ向から対立
元老院のいうことに腹を立てた秋名は 比泉の力を暴走させ・・・。

って ヒメが止めますけど、ヒメが調律されそうな勢い・・・(^^;

でっかい穴を開けてしまったようですね。


いざって時の秋名は なかなかカッコええww

秋名はあちらの世界がどうなっているのかもわからないのに 簡単に妖怪をあちらの世界に
送ることはできないと考えていて、それは祖父と同じ。

元老院は 比泉の力は妖怪以上に警戒しなくちゃってなことを再確認したようです。

秋名の帰り際 円神が妖怪ハンターと手を組んだことを教えてくれますが、これはこっそり
区長が耳に入れさせるよう頼んでたこと。

妖怪ハンターは半妖怪で、人間の側にはつかない。

区長は土地神なので人と妖怪のいざこざには介入しないのですが、ちょろちょろっと秋名たち
を助けてくれてるような・・・

本音では きっと今の桜新町の有り方を気に入ってるんだと思うのですけどね。。

 

私は区長やマリアベルさんのお衣装替えが結構楽しみ。
マリアベルは毎回コスプレで、区長もそれなりにお衣装チェンジv

私としましては 小っさい区長もかわいいけど、大きい区長の方がみなんですけどね。

いつも人間とは距離を保ってる神さま。

人間は神を疎み、蔑み、憎むこともあるけれど、最後には やっぱり泣きついてくるのも人間。

だから人間ってヤツは面白いという区長が素敵
この感覚は やっぱり神さまって感じ?

 

最後は 打ち上げのうどんをヒメが買い過ぎて大変wwwって 事務所の中がパニックに
なってるところで、秋名が篠塚に電話・・・ってところで引き。

これは原作と同じなんですが、こういう引き 好きですわ。

で、次回は いよいよ ざくろさんの登場ですね。
バトル回かな。

楽しみですわ♪

 


2013年11月27日 (水) | 編集 |
やっぱり黒髪の長髪好きだよwwww

ゾクっとするよねww もちろん美形るけどwww

信長のシェフ(8)

信長のシェフ(8)
著者:梶川卓郎
価格:620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


信長にナツメグを大量に摂取させ、痙攣や幻覚障害を起こさせるとは 石山本願寺顕如も
仕掛けてきましたね。

これまでの感想はこちら


ようこがやったことだと見抜いたケンは 逆にそれを利用。
顕如に用意した料理に 目の前でナツメグを振って見せます。

少量なら大丈夫だけれど、自分が今どれくらい摂取してるのかわからない顕如は警戒。
さすが ケンv やってくれます♪

ケンは ようこのところへ行くと 同じところからきた「仲間」だと思っていたのに 料理で
人に危害を加えようとしたことに対し「心から軽蔑する」と怒りをぶつけます。

が、ようこは、賢一郎が生きているなどとは思わなかったからと逆切れ。

彼女だって 自分が生き残るために仕方なくしてきたことでしょうから、それを咎められて
辛かったんでしょうね。

「あたしたちは あんなにも愛し合っていたのに・・・っ」

やっぱり 恋仲だったようです(^^;

記憶はないけれど、自分はようこと恋人同士であったのかもしれないことを知るケン。
そして、二人のやり取りを見てしまう夏。

夏は、ケンには帰るべき場所があるのかもしれないと感じ・・・。

ケンは積極的な行動はみせないものの、夏のことを想ってるでしょうし、夏だって。。
でもお互いが遠慮してるから なかなか上手くいかず もどかしいですわ。


信長の敵である信玄は ケンの噂を耳にし、始末するように家臣・秋山に指示。
ケンは夏とともに拉致されてしまいます。

殺されかけたところで、ケンは機転を利かし、料理を作らせて欲しいと・・・

ケンは明風の粥を作り、明には古くから料理を薬として病の人を料理で治すという考えが
あることを話します。

ケンはこの頃の信玄は 体調を悪くしている頃だと思ったんですね。

ケンの料理の腕と知識は 主である信玄のために使えると考えた秋山は、ケンを殺さず
甲斐に連れて帰ることに。

ここでも料理によって命拾いするケン。
いつも綱渡ではありますが(^^;

信玄に料理を作ることになりますが、信玄の顔色が優れないことや、史実では志半ばで
病死することから ケンは内蔵に負担をかけずに栄養素が取れる湯麺を作ります。

どうして信長がケンを重用するのか知りたかった信玄は 腕を試すだけのつもりだったの
でしょうが、ケンが予想以上であったために家を与えて、手元におくことに。

夏はケンと同じ家で暮らしますが、信玄の息子・勝頼が夏を気にいってしまいます。
男装をしているものの、夏が女性であることを見抜いた勝頼は 女性用の着物を持って。
ふらっと訪れては夏の話を聞くのが楽しくなってしまった勝頼。

同じ家に住んでいるし、両想いのはずなのに、ケンと夏の方は一向に距離が縮まらず、私がヤキモキww


寝る時にケンは髪を下ろしてるのですが、それが色っぽ過ぎて(/∀\*)

いつもの引っ詰め髪よりずっとイイ!!! d(≧∀≦*)ok!
やっぱ イケメンの黒髪長髪に弱い私ですわwwww



夜中にコレから先のことを考えるとケンは眠れなくて・・・

隣の部屋で寝ていた夏は 気になって声をかけますが、ケンは夏に心配かけないために
何でもないと言います。

でも、夏は 自分では相談相手にもならないのだと思ってしまいがっくり。。


もう、せっかくの機会なんだから、さっさと何とかなってしまえばいいのと思うんですけどね。

ケンがウダウダやってる間に、勝頼が夏を自分の屋敷に連れていくといいだして。。

勝頼にとって すっかり夏がしになってしまったようで・・・。

信玄に抗議するケンでしたが、危害を加えるわけではないと言われ、逆に夏と夫婦か?
恋仲か?と問われても ケンは 「いえ」 としか答えられなくて・・・。

夏を手放したくないケンでしたが、でも 自分がもし、平成に戻らなくてはならないのだと
したら 夏に待っていて欲しいともいえず。。

このまま勝頼の元にいる方が夏の身は安全なのかもしれないと思ってしまい・・・

賢いからこそのケンの考えなのでしょうが、夏としては辛いですよね。。
この時代だと仕方ないことなのかもですけど。


ケンは今は自分にできることをと、信玄に上洛をやめ養生することを進言します。

ところが、信玄は意外にも自分は織田には敵わぬといい・・・
織田を屠るのは自分ではなく勝頼だと。

信玄は勝頼に家督を譲りつもりのようで。。
今回の戦の目的は徳川家の殲滅と織田家の弱体化を図るためのもの。

勝頼を呼ぶと、織田が弱体化した後、室町幕府を再興するようにと言います。
ケンには織田を倒すために勝頼に仕え、支えるようにと命じますが、ケンは悩みます。

自分が関わったことで歴史が変わってしまっているのかと。
史実では 徳川家は殲滅されないし、当然 室町幕府の再興もなく・・・

どうしたらいいのかケンが迷っていると信玄の元へ 信長から進物が届きます。

ケンのことはお見通しと言わんばかりの内容、そして ケン宛にも箱が。。
なんと中には 夏が打った包丁が・・・。

これは何を意味するのか!?



いや~~~ん こんなところで終わったら 続きがメチャ気になるじゃありませんか!!!
面白いですわ。。

信長は何を考えているんでしょうね。

当然、ケンを取り返したいとおもっているのでしょうけど。



ケンはこのまま信玄の料理人として終わるわけはないでしょうし、どうのようにして信玄の
元から信長の元へと戻るのか??

夏はどうなってしまうのか??

ようことのことは??

気になることが一杯ですわ。
早く続き読みたいです!!!


2013年11月27日 (水) | 編集 |

こちらは感想久しぶりだったかしらん。

これまでの感想はこちら

8巻感想書いてませんでしたね。

あらすじは 

田沼総一の演奏は 会場割れんばかりの拍手。
それは観客が彼の演奏に激しく感動したという現れ。
総一の演奏を聴いた雪は 今まで感じたことの無い思いがこみ上げて・・。
結果は 総一の優勝。
雪の音は 祖父の音を目指しているのか、自分らしさを出したいのか一貫性がなく、
審査が割れ・・・
雪は 個人3位。

雪は自分の音を否定され、何を目指しどうしていったらいいのか自分の進むべき方向を
見失うことに。

でも、三味線で食べていくという強い思いが芽生え、梅子の庇護を離れるため学園を
辞めることに。。

う~~~ん 雪ってすごく視野が狭いというか、三味線だけに関わって生きてきたような
ものだから 高校を中退することがどれほどリスクを負うことになるのかわかってないよう
です。

でも、そういう世俗的な考えを持たないからこそ、ひとつのことに集中し、のめり込むことが
できるのかもしれませんね。

雪の場合、高校生活を楽しむタイプでもなさそうですし、早く社会で揉まれた方が実力を
付けられるのかもです。

ましろのおと(9)

ましろのおと(9)
著者:羅川真里茂
価格:450円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

新章突入!
津軽三味線甲子園「松吾郎杯」で田沼総一に敗れ、自分の新たな感情、奏者としての
“欲"を知った雪は、高校を辞める決意を固める。
そして門を叩いたのは民謡居酒屋「竹の華」。
新たな舞台、新たな仲間、新たな三味線の世界がもたらすものは!?


芸の道をもっと勉強しようってことで 学校を辞めて民謡酒場で働くことにした雪。

客にリクエストされた曲は弾けるようにしておかないといけないものだから 雪はまず
民謡を覚えようとしますが、あまりの曲の多さに一杯一杯。

接客もしなくてはならない「竹の華」では、社交的でない雪は なかなか大変なようで・・・。
客とも上手くいかないし、従業員とも上手くいかない。。

客のリクエストに応じず、知らない曲を断ってしまい先輩の怒りに触れたり。。
曲弾きしても 客に合わせることが出来ず雪の音だけが目立ってしまい・・・

プロの唄い手の麻仁には 呼吸の駆け引きをヤル気があるのかと言われ、ショック。。

態度の悪い客への応対も出来ず怒らせてしまい、他の従業員を苛立たせてしまうことに・・・

が、あまりの客の悪態に 芸人一同、賑やかしてご覧にいれましょうということになり、雪も
「喧嘩唄」に参加。

そのあまりの迫力に雪はまるで祭りのようだと楽しくなり・・・。
そんな雪に先輩・大河は 雪の力を試そうと独奏をさせます。

雪は高揚し、周りが驚くような演奏を。
麻仁は 雪が自分に挑んできたと思い、意地のぶつかりあいのような掛け合いになりますが
それがまた みんなを盛り上げ、客も大喜び。



ちょっとずつ店に慣れていくも、それでも 雪が曲弾きにつくと途中で唄うのをやめてしまう
客もいたりで 相変わらず、上手くいかない雪。

そんな時、雷ちゃんが父親・米福と共同作品をするってことで 落語の会に誘いに来ます。
雪は 言葉の呼吸音のタイミングが合わさって一つになる心地良さに感動。

久しぶりに部活の仲間に会うこともでき、いつもの緊張感から解放された感じの雪でしたが
自分の音は玄人受けする音だと言われ、玄人受けする音は大会では優勝しにくいと知ります。

でも、雪は総一に勝ちたちと思い、祖父のようにみんなに好かれる音になりたいと。。

大河は 雪の技術は店の誰よりも上だから、広く見渡せる眼と心を学ぶよう言います。

そんな雪に対し、麻仁は次の大会で雪に伴奏をして欲しいと依頼。
大河は 今この二人が組めば共倒れだと言いますが、麻仁はスルー。


っと、突然 梅子が店に現れ、雪に伴奏をするよう指示。
梅子の声は相変わらずくて、客や従業員を圧倒。

ところが、梅子は雪の音の変化に気付き、途中で唄をやめてしまいます。

「ワヤになると言っただろう」と怒りを露わにし、帰ってしまいます。

きっと梅子が欲しい音を雪が出さなくなっていたんでしょうね。
雪の方向性が変わったことを梅子は相当嫌がっているようです・・・。

雪の退学届も受理することにしたようだし。

大河は 梅子や雪の祖父の話を聞き、雪の得体の知れない気持ち悪さの原因がわかった
といいます。

天才の中で育てはいたくもなる。

その歪み 凡人達には面倒


相変わらず、梅子のやり方は強引で 自分の想う通りに雪を動かしたいようですが、雪は
もう 梅子の望むようにはならないようで・・・

それにしても 方言は雰囲気を作ってるし、とても個性的だと思いますが、濁点が多すぎて
読みにくい(><)

時々飛ばしてしまいます(^^;

さて、学生でいたときよりも話が動いてますし、雪の葛藤が出て来て面白くなってますが、
次巻は 試練と再起の回だそうです。

“他人の唄にあわせること”が出来ず、自分の音に迷い続ける雪が 暗闇から抜けだす
ことができるのか!?

あんまり長いことグダグダしていてもらっても楽しくないので 何とか再起して欲しいものです。

っていうか、悩んでもいいんだけど、暗い方向へばかりだと こちらも滅入ってしまうのです
よね。


せっかく面白いのだから、息抜きにもなるような1巻あたりの ちょっとライトな色っぽい
とか入れてくれるといいのになっと。

それと、雪 もう少し前髪切った方がいいと思う。。
これも辛気臭く感じる要因かとwww


2013年11月26日 (火) | 編集 |

52号ですね~
次号は新年1号か。。

表紙&巻頭カラーは「トリコ」
小松が誰!?状態ww

では 掲載順に一言感想を。


トリコ
扉絵が何とも・・・いつもと違う雰囲気でいいですね!!
トリコから血の気の多さが引かれ、ココもすっかり白髪に・・・ってどゆこと!?

食戟のソーマ
おりえさんは一色先輩がお好きっとφ(.. ) メモメモ なかなか面白いお姉さんです。
そして、北条さんのむっちり太もも 美味しそう!!

ONE PEICE
え!?ローさん????

暗殺教室
やっぱり烏丸先生 凄いww早く完全復活して~♪
なんだ 黒幕 鷹岡なのか。

黒子のバスケ
征ちゃん 怖いwwww 1年のくせに3年の先輩を「お前」呼びだよwwww
そして ライオンの前にチワワってwww 
その間に 黛を凝視する黒子が気になりますね。

ニセコイ
千棘が可愛かったんだけど、話は進んでないww

BLEACH
う・・・ん なんかなぁ・・・

べるぜバブ
コーリーさん!!!頭ブチ抜かれて致命傷でないってwww
ソロモン協会が何かもわかって一安心。

ワールドトリガー
圧倒的でしたね。すっきりしたww

SOUL CATCHER(S)
扉の征服の色がいいですね~♪
音楽がバトルのようになって なんか凄い迫力になってますねww
心が読めないパターンとは面白いですね~ どゆことかな。

斉木楠雄のΨ難
何をやっても好かれる斉木wwwww 御苦労さまwww

銀魂
近藤さんも沖田も生き生きしてるし、新八も神楽ちゃんもかっこよくなってるwww
そろそろ みんな気付いてる気がしなくもなくww(^^;

ハイキュー!!
アニメのキャストが発表されて これまた楽しみですね~
ツッキーに熱血は似合わないと思うけど、同じ方向にフォーカスして欲しいな♪
さて、山口くんがなんて言う?
バレー意外のところに話しを膨らませていくのいいですね。

HACHI
墨田宮のテッキンはアレスに喰われちゃうの?

磯部磯兵衛物語
だんなが今、WJで一番面白いとか言い出した・・・
やっぱり母wwwww

半見開き昔話
昔話を使うならもう少し意外な方向へ持っていくとセンスを感じるんだけど。。
金太郎だけは面白かったww

こち亀
いくらなんでも新人が先輩の頭をポンポンはないやろwww
風波くんが実は女の子だと面白いかもww

恋のキューピット 焼野原 塵
さるがお供えってwww

クロクロク
綺麗にまとめてきましたね~明るい終わり方でよかったです。
また次回作を楽しみにしてます。

ひめドル!!
お父さんに認めてもらって終わりって やっぱりな展開でしたね。
折角 絵が綺麗なのでもう少し説得力のあるストーリーやキャラだったらよかったかなと。

 

では 今週はこの辺で~


2013年11月24日 (日) | 編集 |

バスケなんてもう止めた!
凡人の努力なんて 結局、時間の無駄なんだよ!!

そう啖呵を切ってた日向でしたが、本音は・・・。

木吉はヒステリックに叫ぶ嫁を温かく包んでくれる大きな男でした(うん、確かにデカイww)

付き纏うのは今日で終わりにする
最後に本音が聞けて嬉しかった

こんなことを言われちゃったら・・・気にならないわけがないですよねww

翌日 屋上で全国大会出場を宣誓する木吉たち。
リコに本気を見せよってことですね。

ところが 「ちょっと待った!!!!」

自分に黙って 勝手に他の人たちとよろしくやってる旦那に腹を立てた嫁が登場www

こちらも 金色の長髪をばっさり切って黒く染め直し、本気の覚悟付き。

共感したなど トンデモナイ。
絶望したなどと言っても、それでも恵まれている。
天才と凡人は違うと日向。

俺はお前が大嫌いだ! だから 好きなバスケで負けなくねぇ!!

嫌い嫌いも好きのうち
意識した時点で 堕ちたってことですww

日向も続いて宣誓。

っと ここで教師が止めに入ります。

朝礼中なのに、何をやっているのかと。
ルールも守れない奴が日本一になんかなれるか!ってことですが、ま そこまで怒ること
でもないようなwww

生徒たちが本気でやるっていってるんですから、ここは 受け止めてあげればいいのにとw

日向は出来なければ 全裸で告ってやるって言ってしまったようですけど、誰に告るww
ぜひ、旦那にwwww

とりあえず、バカ騒ぎにリコは爆笑しますが、日向も動かした木吉の本気度に これは
乗るしかないと。

さすが男前 リコちゃんです。

こうして 誠凛バスケ部が発足。
が、思いの外、リコが作って来た練習メニューは厳しくww

キャプテンは 木吉ではなく日向。
上手ければいいってものではなく、木吉は日向の方がキャプテンに向いていると思うと。
これにはリコもいいんじゃないの?って賛成。

く突っ走っていく人が先頭を走れば、後の人は付いていきやすいってものですよね。

ボケているようで いつの間にか自分のペースに引き込んでいってしまう木吉をリコは
不思議な奴だと。。

土田くんも入部し、ジャージも揃え、イイ感じでスタートを切ったバスケ部。

でも 他の部活は体育館を使ってないのかなwww
高校の体育館なんて いつ使用できるのかとか 細かく使えるスペースが別れていたり
するもんだと思うのですけど。

バスケ部員以外は絵面にもほとんど出てきませんww
朝礼ではたくさんいたのにねw

みんなで写真撮るとか仲良しバスケ部。
日向の肩に手を回す木吉がしそうwww
日向も嫌そうな顔してるけど、まんざらでもなくなっているはずv


そして インターハイ予選。
日向の外したシュートを木吉が押しこみ、予選トーナメント決勝進出を決めます。

ハイタッチを待ってる木吉に 手を上げながらも下げちゃう日向ww
もう、素直じゃないんだから。。

そんなところも可愛いとか思ってるのか??木吉はww


帰り道、日向は 恥ずかしいけど、ちゃんと自分の気持ちを伝えておこうと口を開きます。
まるで告白ですwww

お前のことは嫌いだけど、バスケに勝てればやっぱり楽しい。
だから お前に感謝してる。

そう言ったつもりだったんでしょうが、もじもじ照れながらだし、ハッキリ言わないものだから
「わからん」って木吉はバッサリww

でも、本当はちゃんと日向の気持ちに気付いてるんでしょうね。
気付いてて わざと日向をめてみたくなったんですよねww

ここで木吉が 普段とは打って変わってS発動ww

「俺の話もしていいか?」

リコを勧誘に行ったとき、勝つことを諦めてるのが気に入らないと断られ、その言葉に
ドキッとしたという木吉。

自分のいた中学も 決して練習に手を抜くようなところではなかったけれど、帝光相手に
誰も本気で勝つとは思っていなかった。

でも、誠凛のみんなは本気で日本一を目指している。

お前と 出会えてよかった・・・


うっきゃぁ~~~ (/ω\*)

木吉からの告白もいただきました!!!

あ、「おまえ」ねwww 脳が誤作動ww


その後、俺は本気だとか 何だかんだで 楽しそうな二人wwww
こうして夫婦の絆が深まっていくわけですねv

 

で、いよいよ予選トーナメント決勝当日。

中学の試合も行われたようで キセキの世代・帝光メンバーと遭遇する誠凛メンバー。
黒子も。

お互い、こんなところで出会っていたなんて思ってもみなかったことでしょう。

さて、決勝戦の対戦チームは霧崎第一。

今までのやり方では勝てないと 最初から仕掛けこちらのペースに持ちこむよう指示するリコ。
木吉は ちょっと試してみたいことがあると・・・。

木吉が敵を引きつけパスを出し、日向が3Pを決める。
二人が噛み合うといと思う伊月。

ところが この試合、終わり間際になって現れた花宮によって 予想もしなかった展開に。。

この試合は負けるからって ちょっと何かやっておこうと思ったようで・・・
花宮は 何やらタイミングを合図。

そんなこと考えてるくらいなら もっと早く出て来て 普通にバスケをすれば勝てたかもしれない
のにと思うのですけどね。。

最後に現れて、相手選手に怪我させる意味がわかりませんわ。。

日向が怒るのは当然で。

しかも、その膝は以前から違和感を覚えてたとはいえ、故意に負荷を与えられたことで
バスケが出来なくなる事態にまで!!

みんなの前では捻挫のようなものだと明るく振る舞っていた木吉でしたが、実際は、手術
してリハビリして、完治する頃には卒業というほど重症。

つまり、高校生活の間、もうバスケは出来ないってこと。

手術なしで、リハビリだけだとしても1年はかかり、そして それだとバスケが出来るのは
持って1年。

「お前らと3年間やりたかったな・・・」

ついこの間、お前らと出会えてよかったと言っていた木吉だったのに。。
どうせ 止めても早期復帰を望むだろうし、それならと覚悟を決める日向。

1年しか一緒に出来ないのなら・・・
一番長くバスケをし続けるために勝ち続けて日本一になる。

以前、木吉が日本一になることまでは宣誓しなかったことを指摘し、本当は木吉自身が
日本一になることを信じ切れてないんじゃないかという日向。

だったら・・・

「俺が信じてやるからついて来い!」

きゃぁ (/∀\*) 嫁さんカッコええ!!!

「だから とっとと戻って来い!!」


お前が嫌いだって念を押す日向の言葉が もはや照れ隠しにしか聞こえず。。 (〃∇〃v)

「悪い・・・ ちょっとだけ 待っててくれ。すぐ戻る」

涙が ポツリ ポツリ と落ちるのがたまらんです。。(*/-\*)  

木吉自身が 誰よりも一番辛いのだと分かっている日向は 謝るなと。

待ってて欲しいなどと言われなくても 待ってるつもりでしょうし、チームメイトだと日向が
口にしたってことで もう完全に身内扱いv

涙ぐむ木吉に背を向けている日向。
待っててくれると言った日向の言葉が木吉の支えになっていたでしょうね (≧∀≦*)

この場面は 凄くよかったですよね。
木吉の想いも 日向の想いも・・・ 

このふたりのがあってこその誠凛バスケ部。

これを知ってると 木吉が戻って来たときの感動が一段と増すってものです!
でも、他の誠凛メンバーのことも もっと掘り下げて欲しいっす(^^;

 

この年は結局、木吉を欠いた誠凛は決勝リーグで大敗。

 

そして 再び、霧崎第一との試合なわけですよ。

木吉にとっても、日向にとっても、他の2年生部員にとっても この試合は特別。。

大好きなバスケが出来ないという辛い1年を耐え、やっとチームに合流できた木吉。
共にプレーできる喜びを噛みしめるも、1年という期限付き。。

こんな原因を作った彼らとの試合。

ここはひとつ 派手にぶちのめしておきたいところでしょうが、日本一を目指すには まだまだ
始まったばかりだというのに 木吉の膝がヤバい・・・(><)

 

一方、火神と黒子も霧崎第一との因縁を知って・・・。

次の試合は要注意ですね。
さぁ どうなる!?

 


2013年11月24日 (日) | 編集 |

結局 壊惨総戦挙をしたものの、残ったのは生徒会四天王と流子。

流子は鮮血があるので 今さら三つ星極制服をもらったところで・・・ね?ってことですし、
四天王との戦いに勝てば、父親の死についてを教えてもらうってことになったようです。

やっぱり皐月さまは 流子の父の死に絡んでるってことでしょうね。

でも、ここで皐月さまが 私が殺りました。

だけでは 話が続いていかないですから、流子の父親の死は全てか明かされるのはまだ先
でしょうし、皐月さまよりもずっとずっと怖いラスボスが控えているはず。

それが 皐月ママなのかはわかりませんが、その上がまだいるのかもしれませんしね。

 

今回は とにかく、壊惨総戦挙を宣言した後で、全校生徒がバトルを始め、大騒ぎなんだ
けど、マコは元々無星だし、一週間学校が休みになってラッキー♪ってことのようですww

そうだよね、極制服が欲しいわけじゃなければ そんなにガッツク必要もなく。

いらないわけじゃないだろうけど、敢えて、参戦する気はないようでw

流子の家に行った帰り、バイクがガス欠になったところを風紀部委員長の蟇郡の車に
乗せてもらうことになった流子とマコ。

いつもは牽制し合ってる仲ですが、困ってる学園の生徒は助けなくてはならないってww
蟇郡はとても正義感の強い人のようです。

だから 風紀部なのねww

でっかい初心者マークには笑いました

自動車部とサバイバルゲーム部が合併したサバイバル自動車部に襲われる蟇郡。
彼の三つ星極制服がいのようです。

流子の鮮血は流子にしか着れないから 狙われないんだそうで。。
ま、確かにそうだわね。

蟇郡は正義感の強い熱血漢だったことは 見たまんまですが、なんとプラスα、変態さん
でしたww

攻められるのが大好きなMさんのようですが、

められればめられるほど さは増して屹立する」ってwwww

子供らと一緒に見てたんですけど、我が家 大爆笑ですよ。。
親子で こんなに明るく楽しく笑わせてもらえる作品 ありがとうですわww

 

そして サクッと七日後、決戦闘兵当日。

まぁ 余分なものは一切排除で 小気味良いテンポwwww

番狂わせなど全くないガチの5人が残りましたwwww
一般生徒はモブでしかなくv

 

次回、四天王と一対一で勝負するようです。

それにしても毎回 BGMが盛り上げてくれますし、EDへの導入もいいですね♪


 


2013年11月23日 (土) | 編集 |

既読なのですが、久しぶりに読み返してみました。
やっぱ面白い!!!

アニメ版とは いろいろ設定に変更があったりするのですが、例えば、キャラの年齢とかww
キシリアさんを始め、ザビ家の人達の年齢が引き上げられ、ブライトやシャアさまも若干上に
なっているようです。

アニメのキシリアさんはかなり無理がありましたけど、ブライトも大概でしたからね。
矛盾が少なくなる方向への変更で この方が自然かとww

オリジンは とにかく、ストーリーが重厚になってるのがいいです。

アニメはあれはあれでもちろん好きなのですが、より深く人物が描かれているので 子供向け
というよりも 大人向けで読み応えありです。

ジオン・ズム・ダイクンが目指した理想が、デギンらによって どのようにしてねじ曲げられ

いったのかとか、ランバ・ラルの父、ジンバ・ラルさんのエピソードが興味深いですし

ジオン・ズム・ダイクンとの関係とか、シャアさまやセイラさんをサイド3から脱出させ地球へと
逃がすオリジナルなお話とかすごくいいのです。

セイラさんの小さい頃は本当にお人形のように可愛いいですし、シャアさまはこれまた幼い
ながらも凛々しくて。。

アニメでは 唐突にセイラさんの前から姿を消してしまったシャアさまでしたが、彼が名前を
キャスバル・レム・ダイクンから エドワゥ・マスとなり シャア・アズナブルと変えていく過程も
描かれています。

2番目の名前は アニメでは出てきませんので とても新鮮です。
セイラさんは この時の名前、セイラ・マスをずっと連邦軍で使ってたようです。


ただ オリジンのシャアさまは アニメ版以上に 自信家戦略的に動いている印象が強い
ので、Zのときのシャアさまとはかなりの開きがあるなとwww

完全に別人格ってくらい違いますww



全体の流れとか 本筋の話はアニメ版とほぼ同じですが 大きく違う点はやはり過去が多く
描かれていることですよね。

シャアさまとセイラさんの子供時代はもちろん、シャアさまの士官学校時代も描かれています。

自分がダイクンの息子であることを隠し、ガルマと友人関係を築いていくところとか 自分に
興味を抱き近づいてくる彼を利用していくところとか。

とにかくしたたかですv
本来なら主席卒業できる成績なのに ガルマに花を持たせてやるため、わざとマイナス評価に
なるようなことをしみたりする狡猾なシャアさま。。

ここがしっかり描かれているからこそ、「謀ったな、シャア!!」のあの場面が より面白く
感じられるのです。

残念なことに ガルマは全く気付いてなくて、良い友人だと思っているのが ホント「坊や」
なんですが(^^;

そうそう、ガルマが用意した部屋でシャアさまがシャワーを浴びている場面は オリジンが
おススメ!

TV版ですと 上半身くらいだけなのですが、こちらでは背面全裸が拝めます
あんまり筋肉がついてる身体は好まないのですが、見せてもらえるのならいくらでも見せて
いただきましょうってことで 涎ものですww


それから 開戦前ルウム戦役のことも描かれてます。

連邦とジオンがどのようにして開戦に至ったかとか、アニメでは 既に「赤い彗星」と呼ばれて
いたシャアさまが ザクを赤色に塗装させ、角をつけさせ自分専用のザクを作らせてるところ
とか・・・

シャアさまが戦艦五隻を沈め、一気に注目されていくのは 読んでてワクワクしてしまいますね。


シャアさまやセイラさんの過去が描かれたことで アニメ版よりも 兄妹の関係が突っ込んで
描かれているように感じます。

アニメではセイラさん宛に送ったシャアさまからの金塊が見つかったことから セイラさんの
素性がバレてしまいましたが、オリジンでは カイにシャアさまとの会話を盗み聞きされて
しまうのです。

こちらの方がより直接的衝撃的でした。

他にも、アニメではセイラさんはGファイターに乗っていて、四人が同時に交差する場面が
ありましたが、オリジンでは セイラさんはMSに乗ってます。

でも ここは折角のMSのデザインだったのでしょうが、私は アニメ版の シャアがセイラを
斬りそうになって ララァがそれを止めるというシーンが好きでした。

オリジンでは ララァがエルメスに乗ってるのが少なかったような・・・?
そこはちょっと残念でした。

それと シャアさまとララァはアニメでは こっそりとキスしてたと思うのですが、こちらでは
他の兵士たちから見える場所で堂々としてて ビックリでしたわwwww

ま、私としましては もっとたくさん見せていただいてよかったんですけどww
というか むしろ見たいwwww

見せてくださいww


シャアさまがザビ家への復讐から 人の革新へ関心が移っていくのが 割と早い段階から
描かれているので、アムロがニュータイプとして覚醒し始めているというのに まるで彼の
考えを理解しないところをもどかしく感じるあたりも理解しやすくなってます。

アムロにしたら ララァと出会ったことで 唐突に覚醒し始めてしまって、何が何やら・・・
ってところだと思うので シャアさまのように 幼いころから人の革新について考えた環境に
なかったわけですし そこはすぐには分からなくても勘弁して上げて~って気がしますが。

シャアさまのアムロへの嫉妬心が 余計な感情を引き寄せてるのかもですけどねww

シャアさまは自らの目的のために、ドズル、キシリア、ギレンとザビ家の権力者たちを渡り
歩くのですが これが かなり強かで図太いです。
そこが オリジンのシャアさまの魅力

が、それだと Zのクワトロさんはどちらさまですの???って言いたくなりますね

ともあれ、非常に読み応えがありますので、1stガンダム好きの方には ぜひぜひおススメ
したいと思います。


って 大抵の方は既読でしょうかwww


2013年11月22日 (金) | 編集 |

ビェ~~~~~~~ン (T T)

エルエルフくん・・・

彼は幸薄そうな子だとは思っていたけど、こんなに哀しいことになってしまうとは。。
前回、きっとリーゼロッテは彼の申し出を断って エルエルフくんだけを逃がそうとするんだ
ろうとか思ってたんですが、それよりも哀しいことになってしまいました。

エルエルフくんの想いの強さを知って、彼を逃すために 申し出を受けたんだとは。
結果、振られるよりも辛い れとなってしまったわけですね・・・ 

エルエルフくんが 痛々し過ぎる。。 ( p_q)

でも 彼女は 肉体を抜けただけかもしれませんよね。
じゃぁ また別の肉体にジャックするれば問題ないんじゃないの???
って話ではありますが、それだと それはそれで 感動が薄まり・・・(^^;


一応、リーゼロッテさんは もう肉体を持たないってことで いいですよね?
エルエルフくんには悪いけど。。

エルエルフくんには もう生きる目的がなくなってしまうのですね。
これまで リーゼロッテを救いだすことだけが彼の生き涯だったのに。

目的を失った彼は どうなってしまうのでしょう。。
ここで ハルトがエルエルフくんに 新たな目的を与えるのでしょうか?

打倒カインさん!! 」

ベタだけど そうなるのかしら??
まさか 俺と生きようv ってことにはならないでしょうし。。
エルエルフくんも長生きしそうにもなく・・・

新EDが示唆するように ハルトもエルエルフくんもヴァルヴレイヴとともに消えてしまいそうな
予感しかしませんわ。

リーゼロッテやマリエのように いずれルーンを使い果たしてしまうのだろうと。。


今回のエルエルフくんはまじかったですね。
主人公はエルエルフくん以外 考えられません。

リーゼロッテのために あんなにもボロボロになって 全てを懸けて・・・。
彼が強さを身につけたかったのも 彼女のためだったんでしょうね。

それにしても 傷ついたイケメンってなんてこんなにも美味しいのでしょう。。
エルエルフくんが ふらつき、血を流し、呼吸が乱れるほど 私も(*´д`)ハァハァ 

手負いのエルエルフくんが 残る力を振り絞って 愛する人のために尽くそうとする姿に
萌え萌えせずにいられませぬ(*/-\*)

しっかし、こんなにも必死にエルエルフくんが守ろうとしたリーゼロッテさんが 実はとんでも
なくお年寄だったとは・・・。

カインさんに抱かれていた幼いリーゼロッテに噛みついたおばあさんが 今のリーゼロッテ
の中身なんですよね??

エルエルフくんは この事実を知るべきか知らざるべきか・・・。
これまた 切ないわぁ。。  ( p_q) 

彼女が吸い取られていたのはやはりルーンだったようですが、裏切りというのは 101人
評議会に反対し、人間との共存を望んだからだったようで。


身体を持たない生命体ってことですし、人間の感覚でおばあさんっていうのはどうかとも
思いますが、少なくとも、エルエルフくんが恋をした相手は 人外だったってことですよね。

身体を取り変えれば何年でも生きられるみたいですけど、もし、人間と恋をして、同じように
老いて死んでいくことを望むなら それは可能だと思うのですが、ただ、生きていくためには
人間のルーンを喰らっていかなくてはならないのはやっかいですね。。

 

リーゼロッテは自分を人間の敵だと言ってますが、ハルトはエルエルフなら幸せにできると
言い切りましたね。

それをきいたリーゼロッテは「いい友達がいてよかった」って思ったようですが、私の脳内
では
「あなたは彼が好きなのね」って言ってたようなwww

エルエルフくんは ずっとリーゼロッテのことを幽閉されている王女さまで、彼女を自由に
してあげたいと思っていたんでしょうが、実際の彼女はマギウスで、あの環境から外へ出た
場合は、誰かのルーンを摂取しなくては生きられず、ヴァルヴレイヴを動かすのと同じだった
わけで。。

リーゼロッテは カインさんの元から離れたかったのかもしれませんが、エルエルフくんが
思っているのとは違う状況だったのですから、せめて自分は逃げたいわけじゃないという
ことを伝えておいてほしかったですわ。

って いってもたった2回しか会ってなくて、トータル1時間程度でまさか「愛してる」と言われる
ことになるとは思ってもみなかったんでしょうけど。

命を懸けても守りたいと思った人が 実は人外だったなんて、あまりにもエルエルフくんが
気の毒過ぎるというか、エルエルフくんには もう少し他に何か心の拠り所になるものが
なかったのかと思うと 彼の身の上が 今さらながら不憫ですわ。。  ( p_q) 

エルエルフくんが自分は残ること前提で跳ね橋を下ろしたあたりは鳥肌でしたわ。
あれだけクールで他人に無関心なエルエルフくんが たった一人のためだけに あれほどの
想いを傾けるのかと。。

次回予告を見てなかったら 絶対にカインさんに連れていかれて監禁の上、再調教だわと
心躍らせていた私です。。  (*/-\*)


ハルトはリーゼロッテを連れたまま エルエルフを助けに来たのかと思いましたけど、そこは
ちゃんとリーゼロッテをシャトルに下ろしてきましたね。

迎えにきたハルトに対し 素直な表情をみせるエルエルフくんに激萌え。(/ω\*)

シャトルに届かなそう・・・ってなったところでは え!?もしかして、ハルトとエルエルフくんだけ
地球圏に残るの??

なんて 思ってしまったのですが、届け!!ってジャンプして ギリギリ拾ってもらえましたね。

確か Zでもこんなシーンがありましたよねwww

サンライズさんの好みかしらんww

 

シャトルに ドルシアの攻撃が当たってこのままでは大気圏離脱が出来ないって大騒ぎ。
こりゃ大変!(><)って思ったら なんとリーゼロッテが 今度はミハエルのために命を
はりましたわ。。

何やらルーンの力を使ってエンジン部分かな?を守り切ったようで・・・
その後、切り離しと共に 一緒にってしまったようです。。

リーゼロッテさん・・・ あまり 掘り下げて描かれないままの退場でした。。
もっとキーパーソンになるのかと思いましたけど、この先 王制をどうしたいと思っていたのか
旧王党派と繋がって 何をしたかったのかとか よくわからないままでした。

クーデターを起こそうとしていたのか、革命がしたかったのか?
ただ 人と共存したくて ぼんやりしてただけなのか・・・

エルエルフくんも 落ち着いて考えれば リーゼロッテのことをあまりに知らな過ぎたのに
恋してしまったのが 何ともね・・・。

「愛してる」っていってましたけど リアルタイムよりも妄想タイムのが長すぎてイタイ・・・。

ますますエルエルフくんにれますわwww d(≧∀≦*)ok!



ところで、リーゼロッテやカインさんのように 外からきたマギウスが第一世代で、ハルトの
ように ヴァルヴレイヴに搭乗することによって生まれたのが第3世代なら、第2世代は誰?

ピノとかのことなのでしょうかね??

 

で、サキは置いてきぼりにされてしまったようですね。
誰か、サキのことを思い出してwww


アードライくんに正体がバレてしまいましたけど、もしかしたら、アードライくん自身も隠れ
王党派かもしれませんし、カイン大佐に黙って お持ち帰りしちゃうかもしれませんねww

まだまだ アードラインくんは転ぶはず。
サキに訊きたいと言っていたことに、エルエルフのことも含まれるでしょうが、それ以上に
ヴァルヴレイヴのこととか、もしかしたらマギウスのこととかを訊いてくるのかもですわ。

アードラインくんとサキは上手くやればいいと思います。



そうそう、今回、カインさんが エルエルフさえ叩けば「敵は頭脳を失った巨人にすぎん。」

なんて言うモノだから しく反応してしまいましたよwww
きゃぁ!!!!!!

エルヴィンwwwww

小野Dだけにwww

でも、ヴィジュアルだったら 申し訳ないけど、スミスよりカイン。
同じ金髪ではありますが 美形好きだもんwww

さぁ カイン大佐には もっともっと活躍していただきましょう。

ハーノインくんもいなくなってしまいましたし、そろそろイクスアインくんにもターンが回って
くるはず。

いろいろと世界がかれてきましたが、これ、救いはあるのかしらん・・・。



2013年11月21日 (木) | 編集 |

おや、12,13巻の感想を書いてなかったようです。

あんまり話が進んでなかったから 書かなかったんでしょうかね(^^;
記憶がwww

ネタばれ感想ですので、アニメから入ってる方は 要注意!!



一応、11巻までの感想はこちら

12巻は 七郷があちらへ送られた分家の7人の棺桶だったって話で、13巻は元老院の
薄墨の孫・紫が登場し、鬼退治をするってことで恭助と桃華を消そうとするお話。

面白かったけど、どちらも あんまりストーリーは進んでない気がwww(^^;

で、14巻ですが・・・

豪勢な水着回があって、区長やら女の子同士やらで乳揉み祭。

これはいつものことですね。
全く本編に関係のない日常ってのがまったりと展開され、女の子たちの素敵なアングルが
あっちこっちで魅せてもらえますwww

アニメでは こういう回はどこかの話にくっつける形で あまり触らずさくっと進めれば 面白い
んじゃないかと思われます。

 

今回は巴さんが出て来て、円神が動くのは10月だと教えてくれます。
神無月ですからねwww

神さまがいない間が動きやすいってのは簡単に想像がつくし、10月ってことにそれほど、
大げさに驚くようなことではないと。。(^^;

それより、巴さんがでてくると恭助との関係に私がめき立ちますww
妖怪と神さまってことで桃華ちゃんは心配してるようですが、別に子供とか作るんじゃなければ
問題なさそうに思うのですけど。。

いつも妹のことばかりを気にかけてる恭助ですが、彼自身にもハッピーなことが起きれば
いいなと思いますv

桃華ちゃんも その方が心配してもらうより嬉しいはず。



円神は これまで あちらへ送られた円陽の子孫だと言っていましたが、円神と言う名の
子孫は送られた7人の中にいないことが判明。

では 円神はなのか!?ってことですよね。

秋名たちは巴さんの力で 円陽一族が比泉宗家・応秋によって送られた過去の出来事
巴さん視点で実際にその場にいる感覚で追体験させてもらいます。

ところが、どうも応秋の様子がおかしくて・・・

私は 「如何にもです」って顔を覗かせてるのですよね。

これには ヒメも秋名もビックリ!!!
どういうことなのかと。。

その後、自分自身を調律・・・

自分をあちら側へ送ったってことですよね!?



これでは まるで 単純に考えれば、円神は応秋なんじゃないのかと思われ・・・。
ちょっと安易ですかね。。


「我が血統の因縁」とか言ってるので、比泉の人間じゃなくて、もしかしたら龍の血統の方
かもですけどね。

今回、龍の血統の一族は、寿命より先にズレ危険領域に達する恐れがあるからって
ことで、あちらに送られていたことがわかりましたし。

だから、ヒメのおばあさま、先代も自ら志願し送られてたんですね。
何でかなぁっと思ってたんですが これでようやくスッキリ。

とすると、円神は あちらに送られている町長の一族の誰か、とも考えられますよね。



ところが、普通の妖怪は危険領域に達することはまずないのに、短期間で無茶な妖力の
使い方をしてた
ってことで アオのズレ数値が危険領域に!!


これは ヤバいことになりそうですね・・・(><)
アオが暴走してしまうのでしょうか??

もしかしたら、円神は 暴走してしまったギン自身かもしれないってこともアリなんでしょうか?



キャラはみんな面白いので そろそろサクッと話を動かして行って欲しいです。



そうそう、紫は またもや桃華ちゃんにちょっかいを出してましたね。
今回は 同意の上のことのようですが・・・。

鬼のデータを集めるためにやっていることのようですが、乳は揉むわ、裸に剝くはで一々
データのとり方がエロ過ぎwwww

これはもちろん、検体は桃華ちゃんじゃなくて恭助でもいいわけですよね??

次は恭助でやってみたらどうかな紫くんwwww

私も見てみたいですわ♪



2013年11月20日 (水) | 編集 |

「それでこそ・・・それでこそ 我が主です」

篠塚~~!!かっこええよぉ!!!
原作読んでるけど、ここまでかっこよかったっけ?

元々森野は小姫がまだ小さいくて、町長に相応しくないから邪魔をしていたんですよね。
人は誰かに守られて 誰かを守ることを覚える 

小姫はまだ 自分が守ってやらなければならないんだという森野。

途中、なんてことやってんだ森野!!!

って 感じでしたが、その意図がわかると森野もいい奴だったんじゃないかと分かりますし
森野の師匠がヒメのおばあさんであったことも。。

それに、篠塚は最後まで小姫を浚うようなやり方には反対してたってことも判明。
森野に恩を感じてる篠塚は 森野のために汚れ役も買ってでるようなとこがあるんだって
こともしっかりと魅せてくれましたね。

小姫を助ける森野を見て、満足そうな篠塚がメッチャよかった!!

二人が喰われそうになったところで、篠塚が助けに行き、自分の身を犠牲にしても二人を
放り投げるところとかすごくカッコ良かった!!!


主を最後まで想ってる篠塚にゾクゾクするし、「篠塚~~~~ぁ!!!」って彼の名前を
連呼する森野も かわいらしくて・・・・

なんかこのおっさんとの主従関係に萌えを感じましたわwww

原作以上だったんじゃないでしょうかね!!
ちょっとびっくりでございましたv

今回のバトルは 面白かったですわ。

パンツ多めでしたねwwwこれくらいの感じが好きv

「大丈夫か?そんなに力を使うと お前自身がこの次元からズレていくのではないか?」

アオが 心が読めないという謎の老人。

実態は・・・ アオの兄・ギン!?

でも アオは中身は全然違うと。。
彼は 比泉の本家に送られた比泉円陽の子孫・円神。

アオの兄・ギンは 秋名と秋名の祖父とともに数年前から始まった次元の融合を止めようと
していたんですね。

あちらの円陽の末裔と接触して 両次元から協力して次元融合を止めようと秋名がギンを
調律した・・・

ところが、秋名は円陽は自ら進んであちらの世界に送られたと聞いていたのに円神によると
無理やり一家全員、分家というだけで人柱にされたのだと。

代々、誤って伝えられていることを知り、円神は「これが比泉宗家のやり方か!?」と怒りを
みせ・・・。

七郷は調律のための目印なんかではなく、二つの次元を融合させるために円陽が送り込んだ
怨嗟の塊だと!!

つまり、二つの次元を融合させようとしているのは円神。

円神は あちらの世界に送られたギンの体を無理やり乗っ取り、こちらの世界にやって
きたんですね。

そして、今度は秋名の体を狙っているという。

ギンの耳は実はアンテナで 精神干渉を起こす送信にも使えるのだと幻を見せて来ます。
が、そのフェイクに混ぜて秋名をし・・・

その瞬間、凍りつくヒメ達・・・

ここからがかった!!鳥肌!!

即、桃華と恭助は物理攻撃に!!
電柱に車って いもの投げて来ます。

この二人のキレ具合が心地いい!!
えっと・・・中の人繋がりで電柱を投げちゃう人 他作品にいましたねww

吹き飛ばされる円神。

間を開けず、言霊を飛ばす ことはちゃん「圧!!!」

またもや 吹き飛ばされる円神。
そして、今度は 後ろから熱風が!!

ボロボロになってる円神を 箍が外れたヒメが持ちあげます
手には変形した龍槍。


「まだそいつには聞きたいことがある」
獅童さんが止めますが、ヒメの目が完全にイッちゃってます。。

「どいて、そいつ すから」


あんな状態のヒメを止められるのは獅童さんくらいでしょうね。。

っと ここで区長が現れ、「そこまで!」って。
解散を指示。

円神は姿を消し、隣町の町長には 引き続き森野がなることに。
9歳で町長になれるわけもなくwww

なんだったのよぉ~~って 話ではありますが、マフラーを綺麗にしてもらってヒメはご機嫌。


いよいよ 円神が出て来てお話が動きましたね。
アオはあまりのショックで寝込んでしまったようですが・・・

原作は 過去へ行ったり、一つのお話を違う視点で見せたりと あんまりストーリーが進んで
いかないのですが、アニメでは さくっと進行していって欲しいですね。

テンポもいいし、演出もいいから 30分があっという間。
次回も楽しみにしたいと思いますv


そういえば、予告で 小野Dが ツンツンデレデレ デレツンツン♪
歌ってましたね。
やっぱり楽しんでるwwww

 

そして、だんだんとOPがいいなぁ~っと思ってきましたわ♪

最初はあんまりインパクトないし、フツーって思ったんですけどね。
作品によく合ってるし、明るいのがいいなと。

 

 


2013年11月20日 (水) | 編集 |

今週はGF優先だったので いつも以上にWJの感想遅れてます(^^;

表紙&巻頭カラーは 連載1周年の「食戟のソーマ」

では、急いで 掲載順に一言感想です。

 

食戟のソーマ
扉絵が綺麗ですね!!カラーの使い方が独特で好きですわ。
「カレーのプリンセス」が 「カレーの女王様」になったって笑ったわwww
ぜひ、女王様のネーミングのカレーが食べてみたいww
あと、榊さん、料理中に髪を束ねないのはどうかと・・・(^^;


暗殺教室
さすが殺せんせーは頼もしいわ。人を撃たせずに倒しちゃいましたねv
ところで、銃って湿らせて大丈夫なものなの!?

ONE PIECE
あっらぁ~~~ヴァイオレットちゃんはリク王の娘だったのね♪
やっと話が見えてきた感じだし、一気に動かして欲しい。

ハイキュー!!
おお!!!順位が上がってますね。嬉しいっす。
女マネのカラー扉絵がかわいいですが、「いもポテト」ってwww イモだけやんww
アニメの新キャスト発表もドンドンお願いします。
月島くんの本体はやはりメガネ φ(.. ) メモメモ
そして 月島くんのお兄ちゃんのエピが入りそうですね。
小さな巨人と同じチームにいて、何やらお兄ちゃんは辛い思いをしたってこと?
才能の差とか? でも 今の日向は勢いだけの気がするけどwww

NARUTO
オビトとの決着はついたようですね。
こんな状態で オビトに乗っかってるカカシ先生をみてニヤ付いた自分が申し訳ない(^^;

黒子のバスケ
やっぱり黛千尋くんは黒子と同じ特性を持った選手だったんですね。。
でも 新型っていってるけど、二番煎じってことはないのかな。

銀魂
どこへ飛んでいくのかわからない展開になったってことですねwwww
しばらく入れ替わりを楽しみましょう。

ニセコイ
女の子には効かない薬だったはずなのねwww

ワールドトリガー
オサムはまるでダメだけど、ユーマが緑川くんを凹ませるのかな?
緑川くんは 見物人をわざと集めたってわけじゃなさそうだけど。。

磯部磯兵衛物語
しwww

SOUL CATCHER(S)
順位上がってますね~ 
人の心と向き合うって本来の視点に戻ったし、コレからの展開がどうなるのか楽しみです。

斉木楠雄のΨ難
これは遭遇だねwww 斉木も一応、デートだと思ってるんだわww

BLEACH
ストーリーは進んでるのかな・・・

ONE PUNCH-MAN
わぁ~~いwww ワンパンマンだwww
サイタマの凄さがさくっと紹介できてましたね。
ジェノスくんも登場してくれたし、猫かわいい。
WJで連載してくれたらいいのに・・・。

べるぜバブ
あらwww ホントにちょっと寄っただけだったのね。

ウェルカム!猫の木坂!
ジャンプの方向性と私の好みの開きがますます大きくなったのを感じたわ。

恋のキューピット 焼野原 塵
ゴルゴンが残念キャラ度を上げてるww

HACHI
また斬新というか、面白いデザインの中野宮長ですね~

こち亀
今は馬よりロードレースが見たいわ。

クロクロク
なんか告白めいたのキマシタねwwww 
さぁどうする!?ってバイト普通に続けるだけの気がw

ひめドル!!
これはステージの演出としては面白いwww
まとめが近づいてる感じですが。。

 

 

ということで この辺で。。


2013年11月19日 (火) | 編集 |

やな先生の原画展 やった~♪
って思ってたんですが、開催は東京だけですか??

東京でしか行われないんだったら無理してでも土日を使って・・・って思ったら・・・!?

ちょぉ!?
センター試験にどっぷりブチ当たってるじゃないっすか!!!

無理だよ。。流石に無理(><)
受験生おいては行けないよぉ。。

平日の水曜日に日帰りするって手もあるけど、やっぱりかなりキビシイよな・・・。
精神的にきっと余裕がないわ。。

後から大阪開催ないのかなぁ。。しょんぼり。。

 

気を取り直して、本誌感想に行きたいと思います。

先月号の感想はこちら

 



今月も 分厚かったですwwww

扉絵は 駅で地図を手に行き方を駅員さんに尋ねてるセバさんと、荷物に腰掛けて待ってる
坊ちゃん。かわいい。。 (*/-\*)

身分・身丈・身の上・・・
すべてが歪な二人旅

ってことなので てっきり、二人での旅行かと思ったんですがwww

ドイツ ニュルンベルク郊外に到着した坊ちゃんとセバさん。
が、せっかくドイツ語を勉強したものの、現地の方言がきつくて全く聴き取れない坊ちゃん。

セバさんに通訳をさせると、魔女の呪いを受ける「人狼の森」へは いくら金を積まれても
行く気はないと現地のおじさんは言ってるようで。。

おじさんは呪われた人間を実際に見たと言い、顔は倍に腫れあがり、肌はドロドロに溶け、
みんなすぐに死んでしまったと。

生き残った人もいたようですが、錯乱状態が酷く「人狼が来る」と繰り返し 役人によって
他の犠牲者と共に大病院に引き取られていったとか。

で、結局 坊ちゃんは

「馬車はいくらだ?」

馬車を調達しちゃったようですwwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバ

そっか、セバさんが馬を走らせるって手もあるわね。
っと思ったら、なんと使用人's も一緒でしたwwww

なんだwww 二人旅じゃなかったよww

現地の子供のボールを拾ってあげるフィニ。
あら?フィニはドイツ語がわかるようです。
しかも かなりきつい訛りのあるドイツ南部の方言。。

フィニの出生について 今回の章では 何か判明するのでしょうか??


森へ入ると不気味な雰囲気が・・・コンパスも狂ってしまうようで・・・

坊ちゃんは鉱物資源でも埋まっているのかもと考えますが、セバさんは・・・

「“呪い”かもしれませんよ」

悪魔を従え、死神に相見えた貴方が 呪いを信じないのも可笑しな話です っと。

そして 「私と貴方を繋ぐものだって 一種の呪いですよ」

坊ちゃんは 実際の魔女はデタラメな裁判で濡れ衣を着せられたただの人間だと言いますが

坊ちゃん自身が 人の力を超えた悪魔を従えているのですから、本当に空を飛んだり、
嵐を呼ぶ魔女がいる可能性だってないとは言えないのではと。。

人の魂を狩る死神にだって遭遇してるのですし。。
他の人が信じないのならともかく、坊ちゃんが信じないのはちょっと・・・

それにしても 魔女裁判の光景ってホントいものですよね(><)

セバさんにあれこれ言われて、超常的な能力を信じる方がおかしいという坊ちゃんでしたが
ちょっと自信を失くした感じ??

では お前は本物の魔女に会ったことがあるのかと坊ちゃんが尋ねるとセバさんはあっさりと
「ええ そう呼ばれる方とは 昔何度か」

「魔女の夜宴に召喚されて崇拝されたり?」
揶揄するかのように言葉を投げかけた坊ちゃんでしたが、セバさんの答えは

実際の夜宴は 悪魔を召喚し崇拝するために行われていたとは思わないと。。

淫蕩に耽り 現実逃避したい不埒な大人の社交場 

っといったところだと。。

つまりは 乱○パーティのようなものだということですね(^^;
実際に悪魔を召喚するような覚悟を持った者なんていなかったってことですかね。
Hなことに陶酔するものがほとんどだったということで。

「気まぐれに現れる者もいましたが・・・」

ってぼそっと呟いてますけど、それ自分のことですの!?

セバさん乱○パーティで接待を受けていた???
それともお友達のクロードさんの話とかwww

今さらながら セバさんは悪魔なのだと再確認。

過去に人間を堕落させたり、翻弄したり、勝手気ままに人間を弄んでいた頃もあったの
でしょうが(手当たりしだい食い散らかすのはもう飽きたって言ってたくらいですからね)

坊ちゃんの魂一筋になったとはいえ、淫靡な行動に出る悪魔なセバさんも また見たい
ものです。

「己の願いのために魂を差し出すほどの覚悟がなくては悪魔(私たち)は喚べませんよ」 
というセバさんに対し、 

「・・・お前は」 
坊ちゃんが声をかけましたが、その先は言わずじまいでしたね。。
坊ちゃんが何を言おうとしていたのかが気になるところです。


森の中に建物があり、人間の集落と思わしき村に辿りつきます。
人の姿はなく廃村のようではあるけれど、家には手入れがされていて 人が住んでいるのは
確かだというセバさん。

魂を感じられるんですから、そりゃわかるんでしょうねv

小さいタナカさんが可愛いよ(p≧∀≦q)〃

 

っと 突然、村人たちが武器を手にして現れます。
出て来たのは女ばかりで、しかもみんな、何百年も前の格好をしていて。。

領主と話がしたいとセバさんが伝えると 「貴様ら、密告者だな!?」

「密告者には死を!!」口ぐちに騒ぎ立てる女たち。

密告者を恐れているということは 何かを犯しているか、隠し事を持っているってこと
ですよね。。

そこへ 「この森の領主だ」という小さな女の子が 従者と思しき男性に抱かれ現れます。
う~~んと 僕っ子ですの?それとも男の娘?

村に女しかいないのであれば、領主のサリヴァンも女の子で、従者のデカくてどうみても
男性と思われる人も女性???

魔女との邂逅!?

ってことですが、果たして・・・・


領主は本当に魔女なのか??
そして、魔女ってことは女の子ですよね??

あの大きな人も女性だといいのに。。

領主さまは一人では歩けないのかしらん???
の形が変わってますよね?


さぁ、この後どう展開するのか楽しみです。

 

ところで、GFに実写版、ヒロ執事のインタビュー記事が掲載されてまして、なかなか読み
応えのある内容でした。

ほぉ~~ 
セバスチャンを演じるにあたって、セバスチャンの思考回路を常に意識するようにしてい
たんですね。

これには 非常に感心しましたです。

まさに、セバさんであろうとするならば、そこです!!!

ってくらい最重要事項ですよね。
姿形を似せるってのも 大事だとは思いますが、セバさんが人ではなく、悪魔であるという
ところが成立しなくては お話自体に説得力がなくなりますもんね。

インタビュー記事を読んで ヒロ執事、ちょっと見てみたいかも。。って思いましたね。
PVでのアクションとか表情とか見ても、結構 これはいいかも・・・って思わせてくれるものが
ありますもんね。

ただし、やはり全体を見ないことには 何とも言えません(^^;

映画の先行予告編を見た限り、ラスボスは優香ちゃんの気がしてなりませんwwww


2013年11月18日 (月) | 編集 |

さぁ 輪虎との対戦は・・・

王賁と信のふたり掛かりで向かっていっても、輪虎に傷を負わすことは出来す、逆に王賁の
傷口は開き、信も傷だらけ。。

兵たちが加勢しようとすると・・・
信はそれを拒否。

信は将軍には2種類あると考えます。

自ら駒になる将軍と、王騎や廉頗のように敵味方から注目され戦局を動かしてしまう将軍。
その二つの間には大きな“差”があると。。

輪虎もどちらかというと後者。

が、信はそれよりもさらに上を目指すのだから 輪虎は俺が倒さなければならない
なのだと・・・。

でもね、信の気持ちはわかるんだけど、これは奇襲作戦なんだから早く結果を出さなくては
今度は退路を断たれて、却ってやられてしまうんですよね。

せっかく 楽華隊が先陣を切り、半数になっても戦ったというのに、何の功績もなく自滅
では・・・。

蒙恬くらいの頭があれば 引き際を間違えることはないでしょうけど、自分のことしか考えて
なくて・・・ ホント残念だわ。。

実践で腕を上げていくい主人公が好きだ!って人も多いでしょうけど、私にとっては
蒙恬の足を引っ張る頭の弱い奴としか考えられないわ。。

王賁の傷もヤバくなってきて・・・

それに信が輪虎と勝負できてるのは 輪虎の兵たちが主の戦いを見守ってるからで、もし
本気で輪虎の兵が向かってきてたら、とっくにやられてたって話ですわ。

王賁が退路確保し、引き時を見極めなかったら信はどうなっていたことかと(^^;
羌瘣が一緒にいないとホントダメダメの信です。。

もちろん、輪虎の左腕を使えなくしたことは功績ですけどね。


中央で信たちが大暴れしている頃、左側の姜燕軍と王翦軍の間に動きが。
ずっと王翦軍は押されて後退をしている中、前線で戦う壁の軍だけが奮闘。

そこへ姜燕軍が攻めてきて・・・

この地なら踏みとどまって戦えると考えていた壁もさすがに1万の兵を相手にすることは
出来ずに後退しようと。。

すると なんと王翦将軍が自ら兵を引き連れて現れ、自分の兵を預けるから、この先にある
“囲地”で姜燕軍を迎撃せよと。

突然、5千の将を任された壁。
王翦将軍は自分たちの頑張りを認めてくれていると喜びますが・・・

なんだよな・・・。

味方を簡単に斬り捨てるような戦略を平気で使う王翦。
あんない人が親では王賁もピリピリするわけですわ(><)

次回は こちらの展開ですね。


2013年11月17日 (日) | 編集 |

キタ━━━━━━ (/∀\*) ━━━━━━!!!!

日向の黒歴史wwwwww

元々 根が真面目なクセに粋がったりしてるのが可愛くてwwww
金髪なのに 踵を踏まずに上靴をちゃんと履いてるとか もう さすがwwww

学校を締めてやるとか言ってみても まるで様にならないよwwww

慣れないことをするもんじゃありません。
本来の日向に戻してくれたのが木吉だったってことですね


試合は104対104で同点。
延長戦はないため引き分けとなりました。

最後のフリースローを外したことから 木吉の膝の状態が悪いことに確信を持った日向。
次の試合には出るなと・・・。

これはもちろん、木吉の膝を思ってのこと。
でも 木吉はおそらく今年が最後のチャンスだからと 日向の言葉を撥ね退け・・・

この二人だけの会話のシーンよかったですね!
日向だけが気付いてる木吉の膝の痛み。

二人のの深さを感じます。 

これは いろんな意味で見応えのあるシーンでございましたv

 

火神は二人の話を聞いてしまいます。

どういうことなのか!?

 

試合の帰り道、日向に直接尋ねる火神。

いずれバレることだからと日向が話し始める 誠凛バスケ部誕生の秘話。。
まさに 秘話だわねwww


いやいやいや アニメで緑とか青とか赤とか 普通あり得ない色にも違和感を覚えないで
いたというのに、この日向の金髪の違和感は何なのwwwww

でも それだけ日向自身が自分を見失ってるってことの現れですよね。

 

バスケのことが好きでたまらないのに、いくら頑張っても努力しても負けてばかりなことに
嫌気がさして バスケを辞めてしまった日向。。

入学した高校にはバスケ部もなくて丁度いいと考えますが・・・。

ここで 偶然の木吉の出逢い!

もはや 必然だと思いますけどね。

日向がチャラい格好をしているけれど、本当はバスケが好きでバスケをしたくして仕方が
ない
ということを見抜いた木吉は 熱心に日向をいます。

この押しの強さが堪らんですねww (*/-\*)

真っ直ぐだし、退かない強さを持ってて。。

木吉って派手さはないけど、堅実でありながら天然のムードメーカーで 実力も兼ね備えて
頼りになる男。

こんな男にグイグイ押されたら そりゃ ちないわけにはいきませんわなwww


木吉のいう部活でバスケをする“楽しさ”ってのは バスケ好きな者が集まってワイワイやって
勝ち負けはどうでもいいというものではなく、勝つために一生懸命に練習して、頑張って
上手くなって・・・バスケに没頭する
ということ。

一緒にバスケしようと誘っていた伊月でしたが、木吉の揺るがない押しの強さとバスケに
対する情熱に あっさりと日向のことを任せてしまいましたもんね。

新しくバスケ部を作るためには5人必要。
すると 経験者の水戸部と 未経験ながら元気で明るい小金井がやってきます。

とりあえず、マネージャーは心当たりがあると伊月がリコに声をかけ・・・
ところが、バッサリと断られてしまいます。

でも リコの断る理由は バスケが嫌だからとかマネージャーという仕事に興味がないから
とかそういうことではなくて、今の中学バスケ全体の雰囲気が気に入らないというもの。

これは 普通の断る理由じゃないですよねww


これなら 自分たちの本気さを見せれば リコは動かせると踏んだ木吉。


その頃、日向はゲーセンで暇つぶし。。
そんな日向にリコは 無理をしてるようにしか見えないと。

やりたいことがあるのにやろうとしないってことを こちらでも見抜かれてるww

リコは 日向が人一倍努力してきたことを知ってるから燻ってる姿を見るのがもどかしいん
でしょうね。


そして 日向に木吉が声をかけて来た!

1on1で 勝負。

俺に勝ったらもうバスケには誘わない。


木吉相手に勝てるわけがないという日向に、一本でも取れたら勝ちでいいと挑発っする木吉。

まだ この辺りは木吉に対しギラギラの日向です♪
めるなよ、木吉の勝負を受けます。

が、何度 向かっても全て止められてしまう日向。
さすがに もう「あきらめろ」と木吉。

諦めない日向。

でも 木吉は「バスケを諦めることを諦めろ」と。
木吉にも キセキの世代の帝光にボロボロに破れ、バスケを辞めたいと思ったことがあって。

日向に対し、根っこは同じだと言う木吉。

日向だって 実は自分がバスケが好きなことくらいわかってる。わかってるから・・・

「だから 毎日 こんなにつまんねぇんだろうが!!」

日向の本心からのび・・・

 

日向が木吉に対し、自分の心の内を吐き出しました。

いや~~~ん   細やん 凄い!!!(≧∇≦)

痛いくらい日向のバスケへの想い魅せてくれました!!


それを受ける木吉@浜田さんもいいわぁ~~!!
木吉の人としての大きさや温かさがジンワリと伝わってきますd(≧∀≦*)ok! 

今回は誠凛がかった!!!

 

もっともっと この主人公チームに焦点を当てて話を展開してくれると深さが増すと思うの
ですよね~~
ま、これは原作にお願いすることですけど(^^;

今回の 木吉と日向のエピは見所の一つなので 次回も楽しみにしたいと思いますv

 

そうそう、今回は リアカーでみどりんが帰ろうとしたら二号がおしっこをしてたとか(ちょっと
ひどいよねw)笑えるエピもありましたねww

でも、試合後に高尾にリアカーを漕がせる気なみどりんもどうかと思うよwwww

誠凛の次の試合を気にしてるところは いい奴だなと思いますけどね。


花宮との試合・・・。誠凛とは真逆のチームですね。

さぁ木吉はどうするのか!?



EDの青峰と二号は可愛かったですわ♪
本来、青峰は無邪気な子だと思うし、あんな感じなんでしょうね~
すごくホッとしたというか嬉しかったわ。

そして、EDカード。

桃ちゃんのポジションが黒子だったら なかなか面白いのにとwww
火神とか、青峰でも面白いかもwwww

桃ちゃん、黄瀬くんにおんぶしてもらってるし、敵をたくさん作ってますねww

ま、その分、作画が崩れてたしいいかぁ~



2013年11月16日 (土) | 編集 |

いい最終回でした!!

って思わず満足してしまうような回でしたね。

ベタでお約束みたいな展開ですが、これが見せてくれるなぁ~っと!!
まさか ここでこう来るかとwwww

極貧でも家族が揃って食事で 一家の団らんの時間があって、貧しいながらも楽しい家庭。

それが、徐々に生活ランクが上がっていき、ちょっとゆとりが出来たあたりまではみんな
仲良く幸せそうだったのに、セレブの仲間入りした頃には みんな自分のことを優先にして
しまって、食事の内容は豪華になったものの、家族が揃うこともなく・・・


元々は 喧嘩部なんて 意味があるのかないのかわからないような部を流子が作った
ものだから・・・。
そんなもの作れば当然、あの学園のことだし、会議に出ないといけないとか、活動報告書を
書けとか、面倒なことになるに決まってるのにね。

やっぱり流子はアホやわ・・・と思ったらそれを全部マコに押し付け。

 

マコになんて書類関係出来るわけないやんと思ったら、意外にもやれば出来る子だった
ことにびっくりwwww

てっきり、喧嘩部を作ったのは 他部からの挑戦を受けるまでもなく、こちらから出向いて
生命戦維を狩ることと、部長になったら手に入る極制服をマコも着て、二人で戦うためかと
思ったのに。。

それで、マコが実は流子以上に極制服を着たら強くて やっぱりマコ最強説は正しかったね!!

ってことになるのかと思ったら、二人がバトルすることになっちゃってwwww

いやいや これにはビックリでしたわ。

 

喧嘩部だから喧嘩に勝てば部としての活動が認められて、それによって生活はどんどんと
向上していくものだから マコとしては家族のために豊かな生活を維持させようと張り切る
わけですね。

でも、流子はこれまで家族と食事をするってことがなかったから、風呂場は覗かれるものの
みんなで食べる食事はおいしいなっと感じてて、それなのに、金持ちになっていくにしたがい
みんながバラバラになり、食事も一人になってしまったことを寂しく感じて。。

 

生活が豊かになればなるほど 家族の繋がりは希薄になり 温かさが感じられなくなって
しまうってのは まさにテンプレですが それにしても、満艦飾一家の変わり様は凄まじくww

ま、それだけ極貧生活をしてたんですもんね。
確かに家族みんなで楽しい生活だったでしょうけど、やっぱりもっと余裕のある生活が
したかったって気持ちもわかります。。

マコ自身もそうだったろうし、家族にも良い生活をさせてあげたいと思ったから 流子と
戦うことになっても断れなかったんだろうし、それに何より、きっと家族が止めてくれると
思ってたから戦ったんだろうと。。

それなのに、家族の方は つい、今の生活を維持したいって気持ちが強くて・・・

本気で流子を倒そうって気はなかったでしょうし、マコがそれをできるとも思ってなかったん
でしょうね。

それが、思いの外、マコかったwwww

だから マコも本気出してなかったし、流子も気付いたんですね~


いや しかし ボロボロになってもマコに殴られ続ける流子も流子だけど、止めてくれないから
って殴り続けるマコもマコだよ(^^;

最後に 本気をみせたとき、トンデモナイことになってましたよね。

やはり マコ最強説は正しかったようですwwww

 

満艦飾一家のスライディング土下座も笑えましたし、また元の極貧生活に戻っちゃいましたが
これでこその満艦飾一家ですよねv

結局、流子とマコはシステムに取り込まれることはなかったですね。

うち壊すことができたかというとまだわからないですが。。
果たして皐月さまは流子を利用したのかどうか?

本能字学園の秩序を作り直すため壊惨総戦挙をすることになったようですが、その前に
風紀部委員長、蟇郡 苛のエピが入るようですwww

 



2013年11月15日 (金) | 編集 |

「俺にさらわれてくれ!!」

エルエルフくんがまた振られる気ぃしかしない・・・ ( p_q) 

3年前も同じように彼女を救いだそうとしたエルエルフくんでしたが、その時は 彼女は 
自分たちに逃げる場所などない、この先には道はないと断ったようですね。

でも、結局断るんだったら あんなにたくさんの人をエルエルフくんが殺める前に それを
言ってあげてよねって話ですよ。

散々 逃げ回った挙句に お断りって・・・

エルエルフくんショックだったようで、「え!?」って声も裏返ってて・・・
ホント 薄幸なんだよなぁ。。


あの後、エルエルフくんは事態を上手く収めることができたんでしょうかね?
あの頃は王党派の人とも協力してなかったようですし、大した準備もなく、単独で行動した
だけなら カインさんあたりにはバレてたような気が・・・(><)

カインさんは わかっててずっとエルエルフくんを泳がせていたんじゃないでしょうかね。
アードライくんも 元王族だし、彼も手元に置いて様子を伺ってるって感じ?

エルエルフくんは リーゼロッテ一筋だったもので、アードライくんは相手にしてもらえなかった
ようですが。。(^^;

カインさんは リーゼロッテから何かを採取してるようですね。
ルーンなの?
でも、定期的に奪っているのだとしたら 記憶がかなり無くなっているでしょうが、そうは
見えないですから 何かもっと別のものでしょうか??

リーゼロッテは「マギウスを裏切った」とカインさんは言ってましたが 元々彼女もマギウス
ってことですかね。

彼女が一番最初にマギウス化した姫さん?

それともマギウスと協力関係にあったのをドルシア国が裏切ったってことでしょうか?

 

今回 あら~~!!っと思ったのは、クリムヒルトさんが王党派だったことですわ。
カインさんに対して警戒してるようでしたが、彼女自身にも周りを伺わなくてはならない
理由があったんですね。

なるほど~~ これは面白いなと思いましたね。
カインさんは クリムヒルトさんのことを知っているのか?
わざと泳がせているのか、知らないのか・・・。

ハーノインくんは残念でした。
まだ、殺されたのかどこかで利用されているのかは不明ですが 彼が処分を受けたことで
イクスアインくんがカインさんに対して不信感を抱いたようです。

ハーノインくんが軍の情報を横流ししてたというのをイクスアインくんは納得できてないよう
ですもんね。
もし、そうだとしても理由が知りたいってところでしょうか。

 

ハルトたちは、エルエルフの計画通り、ドルシア軍に捕まってるジオール人救出作戦を
実行に移しますが、王党派の中にクリムヒルトがいたことにエルエルフは驚きます。

そして、クリムヒルトが「ミハエル」という名前を口にしたことから、裏で王党派に協力して
いる王族が リーゼロッテだと気付きます。

ドルシアにいるかもしれない王位継承者の中で 彼の本当の名前を知るのは彼女だけ。

即座に彼女の救出に動くエルエルフ。

居ても立ってもいられないって顔で走りだすエルエルフくんに激萌え!!(p≧∀≦q)〃

あの視線の動かし方はよかったですわ!

普段 感情を表すことなく、淡々と行動する彼が リーゼロッテのことになると我を忘れ、
感情に任せて行動するのは 非常にそそられます (/∀\*)

いつもは隠してる熱情け出された瞬間ですよね d(≧∀≦*)ok
「リーゼロッテを救いだすことだけ」が彼にとってのてなのでしょうから、それ以外のこと
なんて 簡単に斬り捨てられる。

この直情的で危ういまでの視界の狭さが 堪らなく私をきつけるわけですw

エルエルフくんさえしかったら もはや他はどうでもいいですわ。

ハルトの顔がビックリするくらい乱れていても気にしないwww


ハルトは父親に会い、そして 彼がVVV計画の最高責任者であることを知ります。

ハルトたちは遺伝子とルーンを操作されて生まれてきた子供だったようで、選ばれたわけ
ではなくて、人工的に作られて集められていたんですね。

だからエルエルフくんではどうにもならなかったのかと・・・。

学園の生徒は被験者であると同時に人質だったとは。

ハルトが自分がマギウス化したことを「呪い」だと受け取っているとは逆に 父親はそれを
「祝福」だと捉えていて。

ことごとくハルトの思いとは真逆の父。
ハルトはヴァルヴレイヴを破壊することを改めて決意したようです。

貴生川先生は ハルトの父親のことを知っていたんですね。
そんなことだろうとは思ってましたが。

ま、ハルトの父親に関しては予想範囲内でしたが、主人公の父親としては珍しいくらいの
見事な残念っぷりでしたwww

2時間以内で脱出させなくてはいけない計画でしたが、どうなるんでしょうかね。
一応、ジオールに連れて帰るのでしょうけど。

ヴァルヴレイヴに関しても親子間で揉めそうですし、簡単に脱出できるとは思えなく・・・
エルエルフくんも計画そっちのけで 単独行動に出てしまいましたしね。

当然、エルエルフくんはリーゼロッテさんをモジュール77に連れていくつもりなのでしょうが
あそこに彼女が逃げこんだとして、その先、革命に繋がる活動は可能なんでしょうかね?

残念ながら、今回の作戦は成功するとは思えず・・・。


アードライは 学生たちが置いていった輸送艦を見つけますが 中は空っぽ。
そこから カインはエルエルフが王党派と結託して新たな移動手段を手にしようとしている
可能性を考えます。

さすが抜かりない人です。


サキはアードライくんと上手くやってるようでしたが、次回、元の体に戻ってましたし バレて
しまうようですね。
折角 イイ感じだったのに・・・。

ここで アードラインくんとサキの間に何か生まれないのかしらん。。

 

そういえば、遺伝子操作で子供を生みだすことができる技術があるようですし、200年後の
サキと一緒にいた少年は 遺伝子操作で生まれた可能もありますよね。
ってことは もう誰の子でもいいやwwww

 

エルエルフは警備の者に見つかり ヘリからの攻撃を受けます。
傷つきながらもリーゼロッテのところへ辿りつきます・・・

3年経って二人の身長差がイイ具合にv

彼女を守るための国を手にいれたというエルエルフ。

 「俺にさらわれてくれ」

今度こそ、彼女を救おうとしますが・・・

 

哀しみは雪の降るがごとく

次回、予告がネタばれだよね(><)

エルエルフくん単独だし、突発的な行動だったし、やっぱりリーゼロッテを連れ出すことは
できなかったのでしょうね。

あまりに急なことで無謀だとリーゼロッテが断わっているところに、カインさんが手を回して
エルエルフくんに危険が迫り 仕方なく逃げた・・・ ってところでしょうか?

ヴァルヴレイヴには エルエルフくんしか乗ってない様子でしたもんね。
それに エルエルフくんの表情は とても救出に成功したそれとは思えず。。

なんか いつも心がボロボロになってるエルエルフくん。。( p_q)
彼の心を満たすことが出来るのはリーゼロッテだけだろうに、どうも 幸せになれそうな気が
しません。。

 

やっぱり、ここはハルトなのか・・・。

今回、エルエルフくんが単独で行動を始めたとき、ハルトがそれを理解したところは非常に
よかったですもんねv

次回、エルエルフくんの活躍だけを楽しみに待ちたいと思います!!



2013年11月14日 (木) | 編集 |

勝負が着きましたね。

これまでの感想はこちら

 

弱虫ペダル(30)

弱虫ペダル(30)
著者:渡辺航
価格:440円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


弱虫ペダル 1-30巻セット

 

結局、鳴子と御堂筋くんとの勝負は なぜか虫になった御堂筋くんの勝利。

蛹から成虫へ ってことで成長というか進化を表現してますが、背中から虫の羽が生えてる
御堂筋くんは 相変わらずキモい(褒め言葉)ですwww

走りもますますキモくて 御堂筋くん健在。

でも、なんか 小ぶりになってる気が・・・。


お話の方は、各学校とも代替わりを迎えておりますが・・・
IHを走ったときのような勢いは あまり感じられないのが残念。。


総北も箱学も 真面目なキャラが多くて小じんまりとしてしまい、 型破りで個性的な先輩達を
ヴィジュアル面でも追い付いてない?

伝統を受け継ぐ重責ってのは もちろん描いて欲しいのですけど、「そんなのナンボじゃ!」
って 自分のことしか考えてないようなぶっ飛んだキャラとかも欲しいかなぁと。

みんな 頑張る、頑張る、では これまでの勢いが失速してしまってる感じが・・・

箱根のIHまでは すごく盛り上がってたんですけどね。

このまま話を続けていくのであれば またそれぞれのキャラの掘り下げとかがくるのでしょうが
これもパターン化してしまってますし、同じような話になってしまわないかと心配。

いっそ、総北のみに絞って もっと人間関係を掘り下げると面白いと思うのですが。
学校のこととか、坂道の日常とか。

オタクライフはどうかわったのかとか、一人ひとりの人間の内面の成長がみてみたいものです。

ここは 作者さまの力量が問われて来るところだと思いますので どこまでそれが描けるか
にかかってきますけどね。

確かにレースは勢いがでるし、盛り上がりますが、そればかりだと流石にダレてきますし
またか~って感じになってしまうのですよね。

ワンパターンに陥らないためにも 今泉くんとか、総北には魅力的な(個人的に)キャラが
いるのですから、彼の日常もぜひ 知りたいところです。

御堂筋くんとの対戦とか過去とかも さらっとしか描かれてなかったですし、そこらあたりを
もっと突っ込んでいただけると私としては嬉しいですwww

 

鳴子くんは 御堂筋くんに負けたことでスプリンターを辞めることになるのでしょうが、これを
きっかけに 総北の中でどんな改革が行われるのかとか、鳴子くん自身の成長とか今泉くん
との関係とか、今泉くんの考えや活躍とか その辺りをよろしくお願いしたいなと。。

このままだと 感想フェードアウトしそう。。

今後の展開に期待です。



2013年11月13日 (水) | 編集 |

では 10巻の感想です♪
最終章、激震・・・!!

ってことでしたが、やっぱりなぁ~の展開でございました。
あの人しかいないもんね。

これまでの感想はこちら

妖狐×僕SS(10)

妖狐×僕SS(10)
著者:藤原ここあ
価格:440円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

バラバラになった妖館住人達・・・、拘束されてしまう双熾・・・、昏倒する残夏・・・、
犬神命と対峙する蜻蛉・・・・・
そして、百鬼夜行の裏側に存在する人物とは・・・!?

ってことですが・・・。

みんなはひとまず実家に帰ります。
双熾は凛々蝶の九官鳥の世話もあるし、凛々蝶が「必ず帰って来るから少しだけ待って」
と言った言葉を受け待つことに。。

本当は追いかけたかったけど「恋人関係」にない自分にはその資格はないのではないか
と思ってしまったんですね・・・

If の世界の自分なら追いかけても良かったのだろうか・・・。

そんな風に考える双熾が切ない。。 ( p_q) 

そんな双熾の元にも 一族の権力者である“奥さま”から連絡が。
妖館のシステムがなぜ出来たかを双熾に考えさせるとともに、御狐神家が双熾を軟禁
していた理由は 妖怪を管理することで家が繁栄すると信じられていたこと以外に外部から
先祖返りを守っていたのだと仄めかします。

では 何から守っていたのか・・・

それは百鬼夜行の裏側にいる人物。
先祖返りたちを不自由で安全な檻から出すためのシステムを作った人

妖館の創設者 悟ヶ原思紋

先祖返りたちが様々な経験を積み、その物語が面白くなるように作られた生簀(いけす)
それが妖館。

先祖返りたちの歴史を記し保存するのが悟ヶ原家の役目だけれど、当の本人は永遠に
悟ヶ原家の中から出ることはできないため、

一番自由を欲しがっているのは 実は 悟ヶ原思紋 だったのですね。。

やっぱりなぁ~~っと。
これだけのキャラの中からしい人を探すとなると、あのおばあさんしかいませんからね。
ラスボス臭がしてましたし(^^;

双熾は薬で眠らされて 実家に連れ戻されてしまいました。
目隠しされて、椅子に縛りつけられて。。
脱走を阻止するためでしょうが、今度は軟禁じゃなくて完全な監禁。

残夏は 先が見えなくなり能力が使えなくなってきていることから 自分の命が残り少ない
ことを察してたようで・・・
だから、これ以上卍里を守ることはできないと みんなに安全な実家に帰ることを提案し
たんですね。。

これも 切ないなぁ・・・。

 

どうやら蜻蛉も いろいろと調べて 百鬼夜行の裏側にいる人物を突きとめたようです。
犬神命を探しだし、対峙する蜻蛉。

そして その後 行方不明に。

卍里は 蜻蛉のことを聞くと 即座に妖館に戻ることにします。
残夏にも一緒に帰ろうと誘いに・・・。

が、残夏は 今度こそ卍里を守り抜いて死のうと思ってた・・・。

前世で 卍里は残夏を救おうとしていたんですね。
そのために医者になると。

でも、残夏が短命なのは百目の運命で、卍里の想いに応えることができない残夏にとって
卍里が自分に向けてくれる愚直なほどの優しさかった・・・。

だから 今度こそ、卍里の気持ちや時間は 自分にではなく、他のことに回して欲しい
思ってきたんですね。
卍里には自分のことを気付いてほしくなかった。。

そして、今度は残夏が卍里を守りたかった。

それなのに・・・もう 残夏には卍里を守る力は残ってないのに・・・

SSだとか住人だとか そういうことを超えて みんなで蜻蛉を守ろうという卍里に残夏も
折れます。
「くされ縁」だという卍里の言葉が残夏にみて来て・・・。

うわぁ~~ん 
10巻は ドキドキハラハラだけじゃなくて きゅ~~~~ってくるよ。。(><)

二人はカルタを迎えに行き、3人で妖館に向かいます。
嬉しそうなカルタの顔にまた・・・

 

その頃、野ばらは・・・

無理やりお見合いをさせられてたようで・・・。
妖館に戻ろうとしますが、ホテル中に結界を張られ、ルートを封じられ・・・
屋上まで上がったものの、通常ルートでの脱出は難しく。。

反ノ塚に 状況をメール。
すると、反ノ塚からは 「了解 待ってて」

野ばらが能力を使おうにも 着物に呪が施され、能力がじられて。
「じゃぁ そんなの脱いでやる」と お見合相手がいようとマッパになる野ばらちゃん。

さすが 男前!!  d(≧∀≦*)ok!

ってところで 反ノ塚 登場。

「野ばらちゃん 無茶し過ぎ」って自分のジャケットを野ばらちゃんに渡します。
「とりあえず 服着てください」って 野ばらちゃんを自分の後ろに隠すとことか紳士やわ

そして 野ばらちゃんを連れて妖館へ。

いいよ、反ノ塚 (p≧∀≦q)〃 お姫さま 救出だよ!!

凛々蝶も 実家に戻って家族との懇親の場を持つものの、よそよそしく。。
が、双熾のことを父に悪く言われたことから 本心を出してしまう凛々蝶。
これが 本当の私ですとばかりに悪態をつきます。

妖館に戻ることにした凛々蝶の元に母がやってきて 父もまたつい悪態をついてしまうのだ
と教えられ・・・。
凛々蝶は 少し家族との距離が縮まったのでした。


みんなが妖館に戻ってみると双熾がいなくて。。
凛々蝶は野ばらと反ノ塚と一緒に 監禁されている双熾をいにいきます。

未来の自分から「御狐神くんを救ってあげて」と手紙に書かれていたようですが、それは
命だけのことではない凛々蝶は気付きます。

今度こそ、ちゃんと知って 解放してあげよう。

「君のことを教えて?」という凛々蝶に
「知ってしまったら 凛々蝶さまは 僕を軽蔑するでしょう」と双熾。

軽蔑しないし離れないという凛々蝶。
紐をほどいてもらうと、双熾はそっと凛々蝶を抱きしめます。

双熾は 凛々蝶の恋人で 凛々蝶を庇って死ねる もう一つの未来の自分がましくて
仕方がないのだと言います。

いや~~ 
双熾って どの生でも凛々蝶と上手くいってるのが例え自分であってもむんだねw

いやいや いいよ、彼のこのブレの無さはwww

双熾が戻ってきたところで、百鬼夜行の黒幕が 悟ヶ原思紋かもしれないという話をします。
残夏も蜻蛉から同じ情報が留守電に残されていて・・・

とりあえず、確かめようということになりますが、そこへ 蜻蛉が死んだという連絡が・・・!

 

ヒィ~~~!! 蜻さま!?

 

でも きっと 蜻さまは生きてると思う。
残夏が カルタたちに本当のことを話しておこうって言ってたから きっとこれは何かの
策じゃないのかな??

自分の体が悟ヶ原家に送られるように蜻蛉がわざとしてるとか・・・。

本当に死んじゃってたら嫌だけど。。
「遺体から情報を読みとってる間に お前ら後よろしく」とかだったら寂しいよ(><)

次巻では 双熾も女に化けて悟ヶ原家に潜入するようです。

蜻蛉奪還ってことだから 生きてるってことだと思うのですが・・・気になる!!

 

10巻に入ってついに裏側にいる人間が判明したわけですが、ま、この人が・・・ってのは
わかっちゃってましたけど、でも ここへ持ってくるまでの ストーリー構成が面白いですね!

先祖返りってのはだいたいみんな同じような容姿で毎回生まれ、同じような生を生きる。
1巻から始まった話もそのうちの一つ・・・1
そして その生は百鬼夜行によって終わって 次の生へ。

前世の記憶を持ったまま生まれた者、持たないで生まれた者とでますが このままでは
また百鬼夜行が現れるってことで 前世の自分に手紙を・・・2

これによって、前世の未来が変わることに・・・3

途中からの分岐を合わせて 全部で3パターンの生が描かれてるという面白い構成です。

これって 結構大変なことだわと。

新展開になる前はいつも衝撃的だったし、読んでる側はどういうことなんだろうって先が見えず
すごくドキドキハラハラするし、きっと描いてる側は もう少しで繋がるからもうちょっと待って!
って感じだろうし。

全体像が見えたとき、なるほど~ってなりましたね。

これは 1巻からまた読み返したくなりますわ♪


2013年11月13日 (水) | 編集 |

久しぶりに感想書く気がすると思ったら1年ぶりだったんですね。

どうも9巻の感想を書いてなかったようで(^^;

っていうか、9巻ほとんど話進んでませんもんね。
2話分だけ本編が進んで 3話分はインタールードってことで 間のお話が番外編みたいな
感じになるのかな?で掲載。

これまでの感想はこちら。

 

9巻は 凛々蝶が林間学校へ2泊3日出かけてた間の御狐神くんのお話。
双熾のことが心配で 凛々蝶は反ノ塚と残夏にお願いしておくのですが・・・
案の定、双熾は凛々蝶に会えないから 例の凛々蝶の写真が一杯貼られてる部屋で
夢の中でなら会えるかもしれないとご飯も食べずに横たわっててww

これはいと思った残夏たちは 双熾を外に連れ出します。
まずは昨日から何も食べてないというのでファーストフードへ。

双熾が食事をしているというレアな絵が!!!
しかも、結構パクパク食べるんだけど、理由が「いつ与えられなくなるか解らないと思いながら
生きてきたから、食べれるときには詰め込むようにしてる」
って。。
反ノ塚もビックリ。

普段 モノを食べてる場面がないだけに なんかパク付いてるだけでもっぽいわw
凛々蝶がいなかったら態度も横柄ってもいいわwww

いつにないレアな双熾にニマニマwww

ずっと声を聞きたいのを我慢してた双熾に、夜になってやっと 凛々蝶から「明日帰る」と
電話が。
この時の双熾が・・・ 

どれほど凛々蝶のことが好きなのか いほど伝わってきます(^^;

凛々蝶と会えなくてくていそうな双熾だったわけですが、実は分身に尾行させてて
凛々蝶と離れていたわけではないということが判明www

ただ、凛々蝶には知らせてないから会えなかったというだけで・・・

笑える・・・ すぎて 爆笑だよwww
双熾の凛々蝶への想いは すぎて素敵過ぎるwww

 

次は残夏の子供の頃のお話。

こっちもレアだと思うわ!!
残夏がどんな子供だったのかは すごく気になるところ。

人の心が読めてしまう残夏にとって、大人の社会はばかりで醜く汚い。。
欲しくもない情報でれかえり、立ち・・・ 

そのイライラで つい 思ってもいないのに大事な人を傷つけてしまったりも。
百目の先祖返りが短命であることを知ってしまったことも残夏を情緒不安定にさせてしまう
のですよね。

そんな彼に裏表なく向き合ってきたのが蜻蛉。
残夏の病気を中二病だと言い切り、視力はいいが、視野が狭いと。。

子供ながら 蜻さまの言葉には驚かされますわ。
変な子ではあるけれど、核心を突いてきますよね。

物事は多面的。見方次第だし、どう見るかは選び放題だと。

蜻蛉の言葉によって 大人も純粋なものばかりではないけれど、嘘ばかりでもないことを
知る残夏。

双熾は他人には無関心だから おまけのようにいつも居たって感じのようですが。。
でも、その存在のなさ、無関心さも残夏には楽ちんだったのかもですね。

そして、卍里との出会い

卍里と残夏との関係ってどういうものなのかずっとわからなかったのですが、それが少し
ずつヒモ解かれていってます。。


ラストは野ばらちゃんにデートに誘われる反ノ塚のお話。

クリスマスの日、「ちゃんとした格好をしてきて」と言われ、双熾に服を借りる反ノ塚。

カップルばかりを襲う妖怪退治をするために カップルを装うため呼ばれたわけですが、
そんな事だろうと思いながらも 違う可能性を2,3考えてしまう反ノ塚が・・・ 哀れwww
いいよね、連たんwww

人魚の先祖返りの男の子の背中を押してあげることになるのですが、これがまた笑えるww
この二人、ホント好きww

反ノ塚が一反木綿であることを人魚の男の子はバカにするんですけど、反ノ塚は「自分に
出来ることで頑張るしかない」
っていうのが大人だなぁっと。。

緩~~く力が抜けてるところも自然体で好きですわ。

頼り無いっちゃ頼りないけど 野ばらちゃんと丁度いいバランスなんじゃないかとv


で、 本編は・・・

残夏はタイムカプセルに触れた途端 情報れて来て意識を失ってしまいます。

未来の自分からの手紙を読む妖館の面々。

そこには百鬼夜行のことが書かれていて・・・
辛いけれど、残夏からも詳しい情報を聞き、百鬼夜行を阻止するために動くことに。

凛々蝶は 未来で自分と双熾が付き合っていて、双熾が自分を守って死んでしまうのを
残夏から聞き、ショックを受けます。
絶対に、双熾を死なせたくない思いから、つい双熾に対して意識し過ぎてしまい、ぎくしゃく。

双熾の方は凛々蝶がどんな思いでいるのかわからないものだから 避けられているのかと
誤解してしまうのですよね。 

うう・・・ 言葉が足らないゆえの すれ違いがもどかしいわ。。

反ノ塚は 未来からの手紙に「野ばらを一人で行かせたら一生後悔する」って書いてあった
ことから 積極的に野ばらと行動を共にすることに。

普段は飄々としてるくせに、野ばらのために強く出ちゃう反ノ塚にドキン
たまに見せるこういうギャップはえるよね!!(*>ω<*)ノ 

そして迎えた12月31日。
みんなは緊張で迎えますが・・・ 

何事も起こらず無事に終了

ほっとしたところで、お正月くらいは・・・ と こたつを出してまったり過ごすみんな。

っと、そこへ突然、凛々蝶の父が現れ、非常事態 宣言。

凛々蝶を家に連れて帰ると・・・!
双熾とのSS契約も解消

騒然とする妖館。
妖館が安全で無くなった今、先祖返りたちは実家から迎えが来ることに・・・

 

百鬼夜行が始まったのか!?

 

ってことで10巻に続きます。ドキドキしますね。

 

妖狐×僕SS 1-9巻セット

妖狐×僕SS 1-9巻セット
著者:藤原ここあ
価格:3,960円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2013年11月12日 (火) | 編集 |

冒頭の恭助と篠塚のバトル~良かったわ♪

篠塚の動きもいいし、恭助の角もいいヽ(*´∀`)ノ

やっぱ出してナンボだよね(〃∇〃v)

思いの他、半妖であるのに篠塚は強くて・・・
ことはが結界を解くまで 秋名たちは なんとか逃げることに。

桃華ちゃんに抱っこされてる恭助がいいよねwwww

パトでみんな移動。
でも、ことはちゃんがいない。

ことはちゃんは・・・・

さぁ いよいよ ことはちゃんの見せ場だぁ!!!!

線路を走るのは 列車砲!! ことはちゃんが出しちゃったv

ミリタリーマニアで、特にドイツ製がお気に入りのことはちゃん。
いもの出してきましたo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

そして 狙うは東京タワー

でも あれ!?ズレタ???


ハハハハハハ  

派手に 軌道修正入りましたねv
原作では 区長は あそこまでは変えないんですけどwww


ところどころ、アニメオリジナルがイイ感じで入って来てますv

 

そして 1時間経過し、ヒメも出動。

獅堂にみんなを頼み、一人 謎の老人たちの前に出る秋名。
が、全く相手にならず。。

篠塚、い。

ヒメも出て来たものの、力及ばず。
桃華は恭助を起こそうとしますが、恭助は夢の中。

子供の頃の夢をみてるようで・・・
子鬼恭助が可愛い(/∀\*)

いよいよ ヤバいってところで ようやく恭助が起きました!
力を抑えられていたのは 恭助も同じ!!

これで 逆転だv ってところなのですが、謎の老人は“堕とす力”を持っていた!!
化け物を量産してきました。

恭助とヒメで化け物退治。
終わったらマフラーを繕ってやるから ちゃっちゃと終わらせてくれと秋名。

梶くん、上手くなったよね~~~ すごいよ!!
秋名が別人だよwww かっこいいよ、色っぽいよwww d(≧∀≦*)ok! 
以前の秋名に比べると、ビックリするほど成長しちゃったよ。

そこらの道路標識を引っこ抜いて戦闘するヒメ。

が ついにヒメに・・・

甚六さんやキクさんたちが助たちをしてくれますが、ヒメの戦う姿を見て、ヒメのおばあさん
先代から預かり物を出してくれるのでした。

みんなの記憶を封印されていたため、甚六さんらもすっかり忘れていたようですが 店を
潰すと、桜新町に流れる龍脈が活性化。

ヒメがこれまで力が出せなかったのは 桜新町の土地に宿る龍脈のエネルギーが使えて
なかったからだったんですね。

真の龍槍を手にし「逆撫」を使うヒメ。


おお~~~!!
やったねv

みんなの記憶が戻ったことで ヒメのさも戻りました♪

次回も楽しみですv

 


2013年11月12日 (火) | 編集 |

さぁ 蒙恬の見せ場がやってきました!

まず 楽華隊は輪虎を狙わない。
狙うのは・・・


わずか八百の兵をさらに5分割。

輪虎は一点突破だけが輪虎まで届く見込みのある唯一の戦法であるのに兵を分けて、
しかも 普通に入ってくるようでは奇策とはいえず、ただの奇行だと。

蒙恬は魏軍を伺い、ポイントを定めると切り込んで行きます。

これにはさすがの蒙驁将軍も驚きますが、以前、息子である蒙武に過保護は蒙恬の成長を
妨げると言われていたことを思い出し、蒙恬のやることを信じることに。

本当は 蒙驁将軍も蒙恬が三代の中で最も才能があることもわかっているのですが、孫
可愛さで死なせたく無くて、ついついくなってしまっているようで・・・。

うん、うん、わかるよ。
蒙恬はかわいいからね~人懐っこいし。

一見、蒙恬は守備の繋ぎ目を狙って 敵軍へ入り込んでいるように見えますが、輪虎は
そういう弱いところには 自分の直属の兵を配置しているから やはり浅はかな策だと
考えます。

ところが・・・ この輪虎兵こそ、蒙恬のい。

蒙恬は輪虎を倒すにあたって、かなりの情報を集めていたのです。
輪虎の強さの裏には共に修羅場をくぐり抜けてきた輪虎兵の存在があり、この兵たちを
率いてこそ、輪虎の突破力があるのだと。

輪虎は亡命時、選りすぐった七百人の兵を魏に連れてきてたという情報も収集済み。

楽華隊は この輪虎兵を狙い撃ちし 葬る

そうすれば、現実的に輪虎が蒙驁本陣を討つことは不可能になる。
これだけでも まずは蒙恬としては押さえておきたいところですが、実は これは布石
意味の方が大きいのだと。

とはいえ、輪虎兵の戦力は並ではなく、実際に戦った王賁は 玉鳳隊のそれよりも上だと。
相当の被害が楽華隊に出ることが予想され・・・

それでも あえて、その潰れ役を買って出た蒙恬。

自己犠牲でも踏み台になるわけでもない。
今 この重要な役回りができるのは楽華隊だけ。

だから、やる。

全ては 輪虎を討つために!!

ここまでの覚悟を見せられては 玉鳳隊も飛信隊も共闘しないわけにはいかんでしょ。

普段は飄々としてて、お気楽にやってるような蒙恬が本気を見せたとき、楽華隊の士気は 
一点集中で 相当な戦力と化すようで。。

楽華隊は苦戦し、被害を出すも これも蒙恬の読み通り。
輪虎の兵も殺られて・・・

ギリギリのところで蒙恬からの合図が!
飛信隊と玉鳳隊が 一気に輪虎本陣を目指します。

やっと輪虎は 自分の兵が狙われていたことに気付き、自分の兵を退かせようとします。

楽華隊は 十分に敵の兵を引きつけた後で左右の隊を一気に後退させます。
すると 二隊の前に隙間が・・・!

これも蒙恬の仕業v

原作では 僅かに“道”が出来るだけなのですが、アニメでは だだっ広く空いてましたね(^^;

それに 原作では もっと蒙恬自身も敵兵と戦い、返り血を浴びてめかしいのですが、
アニメでは ほとんど指示を出してるだけで綺麗なままでした。

もうちょっとバトルになってもよかったような。。

なんせ、血みどろになる潰れ役ですから、もっとしい殺し合いになるはずで。。
原作では すっぱんすっぱん首が飛んでますからね。

ま、これも仕方ないのかな。。

廉頗の側近相手に見事な戦いっぷりを見せる蒙恬。
王賁の副将もびっくり!!

反目し合っていた三隊のにわか連合軍を一つにまとめ上げる裁量、いち早く千人将に
なった才は伊達ではないと・・・。

それどころか、千人将の粋すらえているかも知れないと!

うん、うん、蒙恬 大活躍したよね。


ところが、飛信隊、玉鳳隊の前に最後の輪虎兵が立ちはだかり・・・
信は兵を倒しつつ 突き進みますが、楚水を初め、後ろは輪虎兵に捕まり苦戦。
羌瘣が戻ることに。

輪虎兵を信たちに近づけないよう遠ざけて戦います。


そして、信と王賁はついに輪虎の元へ。

敵が攻め込んでこようと自分が倒せばいいだけのことだと輪虎は全く動じず。

信の一撃が異常に重く、相手の強さによってより力を発揮する実戦向きだとは思っても
王賁と信の同時攻撃もかわし、逆に二人に傷を。

輪虎さん やはりいです。

信が 王騎の鉾と意志を継ぐ男で、廉頗も超える大将軍になるというのを聞くと、
「あまり調子に乗らないでほしい」と 信の額に一太刀。


やっと 輪虎に辿りついた信ですが、王賁も怪我を負ってる身だし、さてこの勝負はどう
なるか?

三隊で勝手に動いてしまったわけですしね。
何か成果を上げないわけにもいかず・・・

輪虎が 本番に備えて・・・って いっていたのも気になるところですね。

今回、王賁の槍と輪虎の戦いも見所だと思ったのですが、やはり そういったバトルは
あまり期待しない方がいいとわかりましたwww

楽華隊は退却してますが、蒙恬の顔に返り血は欲しかったですね~

輪虎も自分に向かって来た秦兵の首を 飛ばしていくんですが、そういうのは全部変更に
なってて迫力不足は否めず・・・

仕方ないとはいえ、ちょっと物足りなかったなぁと(^^;
やはり このあたりは原作の方が 力強さを感じますね。

とはいえ、次回も楽しみにしてますv



2013年11月11日 (月) | 編集 |

イサク先生のお話ってみんなキャラが可愛いいんですよねv

この「いかさまメモリ」の二人もやっぱり可愛いですわww
1巻の感想はこちら


   


相変わらず あらじん君とまじんちゃんもかわいいv


両想いのはずなのに、すれ違う津田と中野。
そんな二人の微妙な関係に興味をもった津田の上司・佐伯が、中野を連れ出してしまう。
二人を捜して町中を駆けまわる津田だけど・・・?
津田&中野の鯉、感動の完結篇と、“永遠のモラトリアム”佐伯の運命の出逢いも収録。
おもちゃ業界が舞台の十年目の再会ラブ。

ってことですが、いや~~佐伯さん スーツ着ると別人のようにかっこいいんですけど!
2巻には佐伯さんのお話もあって嬉しいv

津田と中野はなんだかんだいっても 両想いなんだし、お互い気持をちゃんと伝え合えば 
何の問題もなく楽しくできるんですけどねww

お互いが 勝手に相手の気持ちを想像して すれ違いを大きくしてるだけwww
元々高校の時から両想いだし。

本当は津田も中野が好きなのに 自分のそんな想いが中野を困らせると思って 中野を
安心させるために彼女を作り、それによって 中野は自分は津田の特別だと思っていたのに
そうじゃなかったんだと思い、傷つくという・・・

ま、よくあるパターン。
が、それをキャラの魅力で魅せてくれちゃうわけですわ。

誤解が解ければ あとはイチャコラするだけ♪

佐伯さんが 割り込んできたところで、もしや、佐伯さんホモ???
中野のことを好きになっちゃったりして 三角関係へ発展??

とか 思ったりもしたんですが(これもよくあるパターンなので)そんなややこしいことには
なりませんでしたねw

中野を拉致った佐伯さんは いきつけのバーに中野を連れていきます。
佐伯さんがスーツでカッコよく「何が あったのかな?」なんて訊いてくるものだから 中野が
ドキンってなっちゃうのかと思ったら それもありませんでしたwww

佐伯は「中野に手を出すな」って電話で津田に言われたことに対しても、「男相手にその
気になんかなるわけねーのに」と相手にしなくて。。

ただ、嫌がらせができれば それでよかったというww

ところが、中野は佐伯の言葉で 自分が昔「津田を男であるのに意識した」ことが そもそも
おかしかったのかと・・・ 間違っていたのは自分だったのかと・・・

女の子を優先にした津田の方が普通の反応だったのだと思い、そのことによって、逆に
自分が「津田を好きだった」という事実に気付くことに。

佐伯は、中野の様子から どうもただの友人関係ではないとわかり、軽い気持ちで首を
突っ込んでしまったことに罪悪感を覚えます(^^;

佐伯にしたら、中野に対する津田の態度や中野の気持ちを思えば両想いだと感じますが
中野はまだそうは思えなくて・・・

では、っと 試しに佐伯が中野を抱き寄せてる写メを津田に送ってみることに。。
それで津田の本心がわかると。。

気持がなければ遠慮してスルーだろうし、好きなら怒って電話してくるはず。

ところが、津田からの返事は来なくて中野は寂しい思いに。。
こんなはずじゃなかったと思う佐伯でしたが、ひとまずお礼をいう中野。。
その笑顔に これはありかもと ドキっとしてしまう佐伯www

ハハハハハハいよいよ 佐伯、来るか!?っと思ったら・・・

電話も出来ないくらい捲った津田がキマシタ~ヽ(*´∀`)ノ


中野は津田を連れて店をでますv
お互いの態度がお互いに誤解を生じさせ、すれ違いを生んでしまっていたことを知る二人。
素直に気持ちを伝え合うことで ようやく・・・

あとは中野の部屋に流れていって・・・めでたくH d(≧∀≦*)ok!

切羽詰まりながらも、今日は自制するって遠慮する津田に「まだオレで起つんだな」と中野。
中野は自分が細い身体だったから 高校の時、津田が女の子の代わりとして自分をみてた
と思っていたようですが、津田としては 「ここにも誤解があった!」ってwww

女の代わりとしてみてたわけじゃない!

まぁ後は楽しくイチャコラしてくれるわけですが、メモリ更新できてよかった、よかったですv


そして、佐伯さんですよ!

仲のよかった同僚の福ちゃんが結婚して ちょっとさびしい。。

仕事も津田にいいところを取られちゃうし、彼女(?)らしき複数の女の子と飲んでいても 
会社の事務の上田さんの息子に持ってかれちゃうし・・・

ところが、この康平くんが 実は佐伯に気があったといういうww

ジャニーズ系のスポーツマン、しかもK大だし、どこからどう見ても女の子にモテるに違い
ないと思える子が 正面切って好きだと告ってきた上、「付き合って欲しい」と。

そのケもないしる佐伯ですが、食事からでもって必死に接点を持とうとする康平くん。
健気。。。

やつれていく自分に、これはいかんと佐伯は新しい出逢いを求めますが、女の子に騙され
ホテルで財布からお金を抜かれてしまうという失態。。

弱ってるところに偶然、康平が現れ・・・
康平が自分のどこが好きなのかとか話を聞いてるうちに だんだんと気持が・・・(〃∇〃v)

気がつくと康平を呼び止め、きしめていたという。。
凹んでいた佐伯は康平を抱きしめることで満たされてくのを感じ・・・

佐伯さん ちました ( ´艸`)

慣れた仕草でちゅってすると、積極的だった康平くんの方が赤面するとか可愛いですよね。


付き合い始めたものの、進展らしい進展もなく新鮮だなぁ~なんて佐伯が思っていると
康平くんが部屋に泊まりたいと言い出し、気軽にあげたら 夜中にわれる佐伯ww

「何 寝ようとしてるんですか?」って康平くんがww
奥手だと思ってたらキャラ違いだったようです。

ところが、康平くんは佐伯をバイだと思ってたようで・・・
それが 誤解だったと知ると 急に、これまでの自分の行動を恥ずかしく思ってしまい・・・

でも、そんな康平を もう「可愛い」と思うようになっちゃってる佐伯さんwwヾ(´∀`*)ノ

そのままHへと流れていきますが・・・

「上下、どっちでもいいよ」て康平の言葉で 下の可能性もあったと知り佐伯びっくりww
ハハハハハハ 康平くん相手なら どっちでもいいよ、私もv

どんどんとドツボにハマっていく佐伯さんが非常に楽しいです。
すっかり康平くんを「愛しい」と思うようになっちゃった佐伯さんですが、上田さんのことを
考えると憂鬱ってのがねwww

どうするんだろうね、コレww
そして、それを福ちゃん夫婦に相談する佐伯さんwww


いや~~~ 津田&中野のカプも楽しかったですけど、佐伯さんとこも好きですわぁ~
このカプの話は もう少し読んでみたいですね。

またどこかで会えないかしらん。

イサクセンセの作品は 最後はいつもHappyな気持ちになれるのがいいですね~



2013年11月11日 (月) | 編集 |

では 恒例ざっくりざくざくWJのひとこと感想です。

表紙&巻頭カラーは 2周年突破の「ニセコイ」

いつものように掲載順に。

 

ニセコイ
楽を好きになった小咲の中学時代のお話。
小咲が実は補欠入学だったことにびっくり。
そして、るりちゃんの高校選択のてきとーさにもびっくりwww

ONE PIECE
ドフラミンゴさん 予想通りのひどいことをしはるわ(><)

黒子のバスケ
青峰まで 黒子のスタイルについて考えてることに驚きましたわwwww
やっぱ、本当に黒子のことが好きな優しい子ってことでいいんだねv
いろいろ変わっちゃったように見えて、実は何もかわってないってことで。
黒子に「やられてこい」って どんな策をリコが持ってるのかが気になります。
それにしても先輩たち夫婦の踏ん張りが眩しいw

暗殺教室
男の子たちは渚に早く取って欲しいのかなwww 
烏丸センセも「その話はあとで」ってww
後からゆっくり話に参加したいってことなの!?

斉木楠雄のΨ難
動くたびに模様が変わる斉木のカーディガンに笑えるww
トーンの都合上、分かってやってはるのがまたwwww
斉木は トイレに行って個室からテレポートとかは無理だったのかな?

ハイキュー!!
練習で合わせることなくいきなりは難しいよね。。
ひとりをおいてみんなもっと上手くなりたいといろんなことを考えているようですが、新技も
いいけど、自分の得意なものの精度を上げるのも頑張らないとね。
で、月島はどうなるんだろ。
順位も上がって来たし 嬉しいv

食戟のソーマ
イサミくんが痩せてるwwww そう言うキャラだったのね!
そして、タクミは弟にも嫉妬するくらいソーマが大好きなんだってことがよくわかりました♪

トリコ
まさかのお姫さま抱っこ!!一龍さんちっちゃくなった??
で、こんな状況で“美食屋”って何をするんだろ。

TOTEM
なかなか面白かったです!無明極夜くんの包帯が眼帯だとなお良かった。
もしくは前髪で隠すとか。
家では髪留めで前髪をとめて目をだしたままだと面白い。

NARUTO
やはりナルトの手はとりませんでしたが、かなりオビトがナルトに影響を受け始めてますね。
なんだったらリンを穢土転生させてみたら解決したりするんじゃないんだろうかとか。。
これまで散々なこととをしてきて ごめんなさい でみんな許してもらえるのかなぁ~
サスケや大蛇丸もどうなるんだろ。

べるぜバブ
Tバックが見えちゃってる扉絵がいいけど、ヒルダ姐さん、裸足は危ないです!!

SOUL CATCHER(S)
順位が上がってますね~確かに面白くなってきてますもんね。
循環呼吸なんてできるものなんですか??すごいわ。奏法としてあるなんて知らなかった。

ワールドトリガー
ユーマはランク戦でさっさとポイントを稼いだ方がよさそうですねwww
玉狛の白頭 ってなんか白玉みたいな響きでかわいいww

HACHI
東京23区を取り返して行くお話だったのか。

銀魂
やばいよ、銀さん ついに処刑されちゃうよ(ってそんなわけないことくらいわかるけどw)
19代目を継いだ朝右衛門ちゃんが銀さんのことを思い出して ちょっとラブに発展しちゃう
かも~なんて思ったけどなかったwww 

磯部磯兵衛物語
だから 面白いから末巻定位置で。

BLEACH
やっと一護が出てくると思ってたけど・・・なんか長いなぁ。

こち亀
3Dプリンタは画期的だと思うけど、犯罪の匂いがプンプンして・・・。

恋のキューピット 焼野原塵
まさかゴルゴンがあそこまで使えないとは思わなかったwww

ひめドル!!
お父さんはアルトに好きなことをやる強さを持って欲しいってことなんだね。
絵が可愛いから普通の設定で始めた方が逆に制約がなくてよかったんじゃないかとか。。

クロクロク
いきなりの詰め込み運動会でしたね(^^;
ちょっと読みにくかったかも。

 

では今週はこの辺で。

 


2013年11月10日 (日) | 編集 |

さて 黒子投入ですv

このタイミングで なんでミスデレクションの切れてる黒子を再度入れてくるのか?
怪訝に思う秀徳サイド。

が、みどりんは 「黒子がこの場面で手ぶらで現れるわけがない」と。。

さすが よくわかっていらっしゃるv
伊達に キセキの世代と一緒にやってきたわけじゃないってことですね。
お互いに。

黒子が入った誠凛は 最大限に「斬り札」を活かすためにペースダウン。
黒子を活かすタイミングを図ってるってことで。。

ピッタリと付く高尾を抜いて みどりんに向かって走る黒子。
これにはみんなビックリ。

黒子のような者が、自ら進んでキセキの世代とやり合うつもりかと。

パスが黒子に渡ると 黒子の持つボールを目で追う緑間。
って、あれ?バスケってボールをそんなに凝視する!?

私はてっきり相手の動き(目とか)を見て、ボールは目の端くらいで捉えてるもんだと思ってましたww

あんなに凝視してたらそりゃされるって(^^;

黒子は緑間を抜きます。
緑間には黒子の姿が消えたように感じられ・・・!?

まるで手品のようなバニシングドライブの完成。

黒子からのパスをもらった木吉がシュート。
緑間が抜かれたことで 高尾が今度は止めると黒子の前に出るも、高尾にも止められず。
黒子が消える・・・。

日向が続けてシュートを決め、誠凛は一気に同点まで。

「ふりだしですね」と緑間に声をかける黒子。

「面白い」

焦るでもなく、ライバルとして叩き潰すのにそれくらいでないと。
ってくらいの緑間。

しっかし みどりんの下睫毛は細かいv
愛されキャラですね。

第3Qが終わると・・・

火神の消耗は相当なもの。
が、緑間よりも先に根を上げるわけにはいかないと気合はまだ十分。

髪をかき上げると、二股眉毛が目立ちますwww

高尾は黒子を止めると言いますが、黒子だって、そう簡単に止められるわけにはいかない。


さぁ いよいよ最終Q開始。

誠凛はラン&ガンによる早いパス回しに 黒子のパスが加わり、さらに、火神のジャンプ。
新生誠凛の攻撃スタイルが完成

 

勢いづく誠凛ですが、秀徳だって黙っているわけがなく、パスを繋ぐと緑間がシュート。
もうかなりの数のシュートを打っていることに気付いてる高尾。

「そろそろ限界なんじゃねぇの?」

緑間を心配しての声掛けでしたが、「自分の打てる本数を把握してない筈がないだろう」と
緑間。

「限界など とうの昔に超えている」

きゃぁ~~~真ちゃん かっこえええ!!ヽ(*´∀`)ノ

ってところでしょうね。
「なんだよそれ、男だねって もう 仲良しさんなんだから~♪

火神だけでなく、みどりんも とっくに限界を超えていたんですね。
誠凛としても 緑間の体力はどうなってるんだと 制限があったはずなのにとおかしいと
思ってたようですが、理由がわかり納得。

どちらも必死。

シーソーゲームとなって緊張が続きます。
見ている方は盛り上がるしドキドキだし楽しいけど、黄瀬くんは 中にいる者が一番楽しん
でいると。

自分もバスケがしたくなっちゃったようですv

両チーム全力を出し合い、見応えのある試合になります。
いつまでも この素晴らしいプレーを見続けていたい・・・
「終わらないでほしい」そんな気持ちにさせられちゃいます。

ついに秀徳が逆転。
1点差。

直後、黒子のバニシングドライブでボールをキープし、木吉がシュート。
これが入れば、今度は1点差で誠凛が逆転し、そのまま勝利。

が、膝に痛みを感じた木吉。

きゃぁ~~やめて  また痛めたらどうするのよぉ(><)
ってところですが、緑間が止めに入ります。

このままではシュートは無理と判断し、緑間にわざとファールをとらせます。
流石ですわwww

緑間も無理してでも飛ばなくては 確実にシュートを決められ負けていた場面。
木吉が2本のフリースローを得ますが・・・ どうも 足の調子が悪いようで。

痛みを我慢してることに気付いた日向は シュートが決まらなかった時のための声掛けを。

木吉の足に気付いてるのは コート内では日向だけのようで。。
この二人の仲も尋常じゃありませんv

緊張の中、一本目が決まります。
これで同点。

そして、二本目。

やはり、足が持たなかったようで ボールは僅かにリングをれ・・・
リバウンドを奪おうと争う選手たち。

ったのは火神。
もう一度、ジャンプしシュート。
それを阻止すべく 緑間もジャンプ。

り合う二人。
バリバリの緊迫感なんですが、ちょっと二人の使い回しがクドイww(^^;


ここで残り時間がに。

気になるところで終わっちゃいましたね。

今回、黒子がバニシングドライブを完成させ、チームを盛り上げたわけですが、WJでこの
先を知ってる者としては いところ。。(><)

 

さて、次回は 日向がなんとwwww
どこの誰でございますの?って姿で登場wwww

色がついてるとやっぱり衝撃だわwww

 



2013年11月10日 (日) | 編集 |

では ここから51話の感想です。

ネタばれを含みますので ご注意くださいませ。

ネットでは結構 売り切れが出てるのかしらん。

 

ミカサは肋骨が 折れた?砕けた?のか重傷のようで、エルヴィンも意識が飛び・・・
早く戻らないと非常にヤバい状況に。。

エレンは自分を助けるために何人死んだのか訊ねます。
ジャンは意外に元気そうで エレンに答えます。

出発した時は憲兵も含め100人くらいで、行きに経験の足りない憲兵は大分喰われた様子。
最終的に壁の上に戻ってきたのは40人くらい、その中でも歩けるのは半分。
調査兵団も熟練兵士の大半を失ったようだと。

帰りに損害がなかったのは 巨人がみんなライナーに向かっていったから・・・。

アルミンは女型が呼び声を上げて巨人の攻撃目標を自身に差し向けることができたのと
同じように、今回 攻撃目標をライナーに差し向けたのはエレンじゃないのかと考えます。

もし、そうだとしたら・・・
今回の代償に見合う価値がエレンにあるかどうかはわからないものの、犠牲者を活かすか
殺すかはエレン次第
というジャン。

ジャンがカッコよくいい奴になってます。いです。フラグが立ったような・・・(><)

「ありがとうな ジャン」
エレンにお礼を言われてビクッとするのは何故ww
ますます自分の身が危ないと察したのかw!?

エレンは「やるしかねぇ」とヘタレ返上発言を。

「巨人を操り、ウォール・マリアを塞ぎ、ライナ―たちを捕まえ償わせる」

が、それを聴いてるクリスタの表情は・・・

立ち上がると 「私の名前は ヒストリア。エレン 壁の向こうに早く行こう」
クリスタは何かを決意したようですね。
巨人の秘密を話すことにしたのか?それとも・・・

 

ウォール・ローゼは安全だと言い張ることで ウォール・シーナの旧地下都市に一時的に
避難していたウォール・ローゼの住民は元の土地に帰ることになったようですが、その間
備蓄されていた食料は1週間だったため安全を確認する期間はギリギリだったようです。

もし それ以上、避難が長引けば 人類同士で殺し合うところだった。。

エルヴィンの病室で ピクシス司令がリヴァイも混ぜて話をしていたようです。

エルヴィンは一週間 寝たままだったようで、やっと起きることができるようになったところ
でしょうか。

髪を下ろし、髭は伸び、頬がこけてます。
すっかりエルヴィンが別人のように・・・

でも なんか精悍さというか鋭さが増してる感じ?
紳士からちょっと野性的な雰囲気に。。

とりあえずはエルヴィンが無事に戻って安心。。
「右腕は残念だったな」というリヴァイ。

この辺りは またいろいろと某所で補完してくださる方々のお世話になろうと思ってますv

そこへハンジがコニ―を連れて今回の件の調査報告に来ます。
ハンジ達の調査で 「今回出現した巨人の正体は コニ―の出身であるラガコ村の住民
である可能性が高い」
という結果が・・・。

あのコニ―に声をかけた巨人が母親であろうことも肖像画と照らし合わせ確認。
コニ―が「お帰り」と聞こえたというのを ライナーとユミルが誤魔化したこともコニ―は
思い出します。

回想の中で ハンジはコニ―の母親と思われる巨人の体から杭を抜かせてます。
ロープで固定は出来ているからと・・・。

これまで自分が行って来た巨人への実験は 実は人間に対して行って来たのだと気付き
ショックを受けているようで。。

「つまり巨人の正体は人間であると」

ハンジの報告から結論を導き出すエルヴィン。
ハンジは自分の推論を続けて報告します。

全ての巨人がそうであるという確証はないものの、巨人のうなじの弱点に何があるのかは
推察できる・・・

個体差が異なる巨人の弱点は 皆同じ大きさ。
そこに丁度収まるのは人の身体で言えば「脳から脊髄」までが該当。
そこを切除されると、そこだけ修復されずにすべての機能を失うのは・・・ 
それが巨人の物質とは独立した機関であるからだと・・・

これまで自分が削ぎまくってた肉は 実は人の肉の一部で、今まで自分は人を殺して飛び
回っていたのかとハンジに確認するリヴァイ。

ハンジは これまで巨人のうなじを裂いてもそれらしきものは見たことがないし「確証はない」
と言いながらも顔は青ざめていて。。

ピクシス司令は普通の巨人とエレンのような巨人との違いは 肉体が完全に同化しない
所にあるのかと考えます。

多分、そういうことなのかな。。
脳が無くなった時点で 知性が失われ、本能だけになるとか?
知性を残したまま巨人化し、また人間に戻ることができる能力を持つのは ライナーたちの
村の者だけとか?

ユミルはそこから力を奪ったって言ってるし、エレンはお父さんがその村との繋がりを持って
いたってことなんじゃ?

そこまでの話を聞き、リヴァイがエルヴィンに声をかけと・・・

なんと エルヴィンはを浮かべていて・・・!

その表情に青ざめるリヴァイ。

「てめぇが調査兵団やってる本当の理由はそれか?」

エルヴィンはエレンとヒストリアの居場所を訊きます。
クリスタを辿り巨人に詳しい組織を追求することと、エレンの能力を使い壁を奪還することを
考えているようで。

リヴァイは エルヴィンが寝てる間に、自分の班の新しい編成を行ったことを話します。

エレンには 死に物狂いになれる環境が相応しい

どうやら人里離れた山小屋に エレンとクリスタを守るためのリヴァイ班が新生されたようで。
ミカサ、アルミン、ジャン、サシャが一緒にいますが、アルミンは なぜリヴァイ班に自分らが
選ばれたのだろうかと疑問を持ちます。

他にもっと経験ある優秀な兵士がいるだろうに・・・

これは エレンにとって守らなくてはならない者をリヴァイが敢えて、身近に置かせたって
ことでいいんでしょうかね?

コニ―も一緒の班のようですが、エレンはリヴァイの掃除に対するしさを知っているので
とにかく掃除に拘ってますwww

これは 今回シリアス展開の中で 一番笑ったとこだわww
サシャの芋とかパン窃盗より面白いwww

でも、その和やかに流れる時間は 一瞬で消えさってしまうものなのだということを 既に
エレンは経験済み・・・。

以前のリヴァイ班のことを思い出すエレンが・・・。

だからこそ、もう失いたくないとエレンは必死になるってことなのでしょうね。
リヴァイ班への想いすら 目的のためには利用するのか兵長は・・・ ( p_q)

エレンを働かせる気満々のようです。。
これまで多くの犠牲が出てるわけですからね・・・
立ち止まるわけにはいかないのでしょう。

リヴァイは本来、情のある人だと思うけれど、必要とあらば非情になれる人

 

そして、今回はエルヴィンの狂気を含んだ笑みですよ・・・。

何を意味してるんでしょ。。

巨人が実は人間であったと知って リヴァイやハンジはショックを受けて青ざめてるのに 
逆にエルヴィンは笑ったという。。

実はエルヴィンが黒幕側の人間だった・・・とか、元々猟奇的な危ないヤツだった・・・とか
色々と考えられるとは思うのですが、私は 何か「気付いた」のかなと。。

エレンを巻き込んだ残酷な作戦でも思いついたのか とも思ったのですが、何度も読み
返してみるとそうではなさそうだなと。。

巨人が人間であったということは、自分たちの敵は これまで考えていたような得体の知れ
ない存在ではなく人間だったってことですから、十分勝ち目があると踏んだのではないで
しょうか。
誰か裏で画策している者がいるはずだし、それならそいつを捕まえればいいってことですし。

そして、もし、元々エルヴィンには倒したいと思っているものがあるのだとしたら(例えば
現政権とか、階級とか)それが今回の敵と一致する、もしくは関係があると気付いて
んだ

のか・・・ とか思ったり。

高揚するとか ワクワクするとか そんな感じ?

リヴァイがエルヴィンの笑みを見て青ざめたのは 狂気を感じ取ったからじゃなくて、彼の
真の目的を知っているがために それに関する何かに勘づいて その後の彼の行動が
予想できたからってことなのかなと。。

それだと「調査兵団をやってる本当の理由か?」とエルヴィンに尋ねたこととも繋がって
くるような・・・。

調査兵団よりも 何か優先されることがエルヴィンにはありそうですね。
それについて リヴァイは知ってるようですが、ハンジは知らないようです・・・。

巨人の謎に近づいてきて ますます面白くなってます。
緊迫感も半端ないですし。。

ライナーたちもどうなってしまったんでしょうね。
ま、大丈夫だとは思いますが。。

そして、新生リヴァイ班・・・
次は 誰が退場なのか??

そろそろ、コニ―、ジャンあたりが危ないのではないかと。。
コニ―の村の件も回収されましたし、ジャンもいい奴になってフラグ立ててますし(><)

早く来月号が読みたいですね。

 

それにしても 団長と兵長の過去の出逢いのお話は、なんで同じ雑誌にしてくれないんで
しょうね。。
月に何冊も雑誌を買うのはイタイですわ。。
(商業的には上手いと思うのですけどwww)



2013年11月10日 (日) | 編集 |

ついに進撃をリアルタイムで読むことを選択してしまいました(^^;

進撃はコミック派だったのですが、息子のネタばれを聞くにつけ、もう自分で読むしかないと。。
息子は友達に見せてもらってたようですが、WJを止めてでも別マガが欲しいと言い出したので
それならと・・・

って WJも一緒に買ってきましたけどねwww

とりあえず、ネタばれ付きの感想ですのでご注意くださいませ。

 

まず、自分自身のメモも兼ねて、コミックス11巻の後から50話までのあらすじをざっくり・・・


ユミルがライナーたちと一緒に行動することにするのですが、調査兵団が追い付いてきて
そこにクリスタがいることを知り、彼女を外へ連れていくことに。

巨人化したユミルが調査兵団を待ち伏せし、クリスタを見つけるとパクリと口の中へ。

ライナーとベルトルトとアニはどうやら壁を壊したり、人類を殺すということの他に「座標」と
いうものについて調べていたようです。

それがエレン、もしくはクリスタだと思っているのか、だから二人を一緒に連れて帰ろう
としているのか?

とりあえず、クリスタがウォール教の重要人物であることは アニの調査によって知ったようで。

ところで、「座標」って何?

普通は位置を特定する数値なんだろうけど、どうもそうではなさそう。。

そういえば、クリスタがウォール教においての重要人物であるのと同じように、ミカサも
東洋人としてなんか受け継いでいかないといけないものがありましたよね。

確かで お母さんから身体に刻まれたと。。
絶対にミカサも何かあると思うのですが・・・


ベルトルトはアニが好きなことが判明します。そうだったのか。。
それから巨人化してる時の記憶は曖昧なようで、誰を食べたとかは覚えてないとか。

他にユミルの巨人化する力はライナーたちの仲間から盗んだものであることも判明。
が、何のために、どういう状況で・・・とかは分からず。。

ライナーたちが子供の頃 襲われた巨人ってのはやはりユミルのようですし、ユミルは壁の
外で60年くらい彷徨ってたとか。。

巨人化すると年齢が止まるの?
以前、巨人が「ユミルさま」って呟いてたし、アレも何なんだろう。。


調査兵団がライナーたちに追い付き、ミカサが攻撃。
同期に責められたベルトルトが色々と反論もしますが、「誰か僕らを見つけてくれ」って
言った台詞が気になります。
どういう意味なのかな。。

言葉通りだと、本当の自分ってのが行方不明ってことのように感じてしまうのですが・・・。
それを見つけるために「座標」が必要とか?

エルヴィンが調査兵団を率いてやってきますが、そこらにいた巨人も引き連れたままで
鎧の巨人になってるライナーに その他の巨人が群がったり、なんやかんやとバトル状態。

その中で、エルヴィンが片腕を巨人に食いちぎられてしまうことに(><)

片腕になっても隊にそのまま「進め」と指示を飛ばすエルヴィン。
その上 ベルトルトを斬り、括られてたエレンを解放。

ミカサもジャンも負傷。
ハンネスさんはエレンの母親を喰った巨人に喰われてしまい大ショック

ミカサはもう助からないと思ったのかエレンにこれまでのお礼を言います。

エレンの母親を喰った巨人がエレン達を襲ってきたところで、エレンがび拳をトン。
っと、ライナー、ベルトルト、ユミルに電撃が走ったように同時に何かを感じ取ります

すると、突然 他の巨人が一斉に母喰い巨人に襲い掛かり!?

どうやら「座標」が一番渡って欲しくないエレンに渡ったってことのようです。
ライナーは取り返さないといけないって言ってますが、元々はライナーたちが持っていたもの
ってことなのかな?

それが一端、どこかに渡ってしまって、今はエレンが持つことになった?

でも、それってどうやって「渡る」ものなのかな?

再び、エレンがライナーに向かってぶと、今度は巨人たちの標的がライナーに。

エレンは叫んだだけだから、エレンが声を向けた相手を標的として指示することができる
ってことなのでしょうかね。

アニも以前、叫んで自分を襲わせてましたけど、あの時はその能力はアニが持っていたって
ことなんでしょうかね??
アニが持ってたなら調べる必要もないから やっぱりおかしいかな。
アニの場合は別かな。

ユミルはクリスタを置いて ライナーたちと行ってしまいますが、この行動は謎。
今は一緒にいては危険と思ったから やはり安全第一に考えてのことのように思いますが。

ここまでが 11巻の続きから50話まで。

一気に 話が動いてる感じです。
早くまとめて12巻で読みたい。

進撃の巨人 1-11巻セット

進撃の巨人 1-11巻セット
著者:諫山創
価格:4,950円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

DVD付き 進撃の巨人(12)限定版

DVD付き 進撃の巨人(12)限定版
著者:諫山創
価格:2,980円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2013年11月09日 (土) | 編集 |

マリエは やっぱりお亡くなりになってしまったようですね。。

マリエが自分の行く末だと知ったハルトは 戦うことが怖くなったようですけど・・・。
その点は エルエルフくんの覚悟の方が流石だなとは思いますが 不味そうとか言われ
ちゃって・・・

私としては ピノのその言葉を聞いた途端にテンションダダ下がり。。

ピノにとっては適応者の血は美味しそうってことなんでしょうが、それにしても いくらなん
でも人数多すぎやろ。。

せめて、何かの専攻クラスだけが適応してるとか、せいぜい、一クラス分くらいの人数に
収めて欲しかったんですけど。。

学園の生徒みんなが適応者って・・・
これじゃありがたみがないというか 特殊性が薄れてしまいましたね。

あんなおバカな子たちが「実はヴァルヴレイヴにみんな乗れます」なんて今さら言われても
逆に、あんなにも身体能力が高く、頭も切れるのに適応してないっていうエルエルフくんが 
気の毒過ぎる・・・。

あの子たちより エルエルフくんの血が不味いなんて もうホント、勘弁して欲しいわと。。

私のテンションが戻りませんわ。。

 

ハルトも若干ルーンが減ってるようですが、エルエルフくんは ハルトに奪われてるから
もっと減りが大きいようですね。

200年後だったかの未来の世界にハルトの姿やエルエルフくんの姿がないのはルーンを
使い切ってしまうからってことなのでしょうかね。

サキが残っているのは もしかして、このままずっとドルシアにいて戦闘に加わらなかった
からだったりして。。

アードラインくんに助けてもらったことも自覚したようですし、このまま、彼女はドルシアに
残っても面白いんじゃないのかなと思いますわ。

ヴァルヴレイヴの他の操縦者もマギウスではあるけど、みんなルーンを使い切って死んじう
のでしょうかね。

不死になったとはいえ、ヴァルヴレイヴに乗ったら命は尽きるってことで。

サトミはエルエルフくんが言っていたように、ハルトが使えなくなった後で、オリジナルである
1号機を動かすためにマギウスになったとかかもですね。。

あんまり戦闘向きではなさそうだから、最後の方でちょこっとだけ乗ったとか、そんなかしらん。


今回、イクスアインくんが退場っぽくなってしまいましたが、どうなんでしょう。。
後で 誰かにジャックされてマギウスになって再登場とかあるんでしょうかね。

でも、そうなってしまったら人格が変わっちゃってるわけだし、面白いのか面白くないのか・・・

ちょっと設定がごちゃついてる感じ。

もう少し、マギウスの能力が限定されてるとかないと・・・。

あっちもこっちもジャックでは・・・。

要はカインさんも総督も 101人評議会のマギウスのおっさんに身体乗っ取られてしまった
わけでしょ?

そのおっさんの人格が動いてるのかと思うと・・・これまた

ハーノインたちは12年前にカインさんに会ったようですから、その時は まだ本物カインさん
の時ですよね。

10年前にジャックされたようですから。

本物のカインさんは「自分の背中も友も守れる強さを持て」と言ってたのに、今のジャック
されてるカインさんは 「背中を預ける友は必要」だと。

どっちも 悪くない言葉だとは思うけど、でも 言葉が近すぎるし、別人なんだと思わせるなら
もう少し、がっかりするような言葉の方が良かったと思うのですよね。

「他人に背中を預けるな」とかね。

ジャックしてる人が元の体に戻ったら カインさんも本物が出て来られるのかしらん?
それとも 何年もジャックされてたらもう戻らないのかな・・・


マギウスたちは 新しい身体を欲してるようですが、その理由はなんなんでしょ?
本人と入れ替わることで 元の人間の能力は手に入るようですが、賢い頭が欲しいとか
権力者を利用したいとか そういうことだけなのかな。。

未来のサキの姿を見る限り、不死のようですし、若さもそのまま維持できるようだし。。

単にイケメンになりたいです。とか そんなことでもジャックできるんだったら何でもありで
なんだかなぁ・・・ですわww

設定は面白いと思うのですけど、それが描き切れてないというか、活かしきれてないというか。

キャラも多すぎたからリストラしてるんでしょうかね。

ハーノインくんが もし これで退場なら、もったいない使い方をするな・・・としか。。
最初からもっと絞って 掘り下げる方向でいかないとそれぞれのキャラがみんな中途半端。

一度は 揺るがぬ決心をしたと思ったのに すぐにグラグラするハルトもなんだかなぁでww
だけど、このグダグダ具合がいいのかも、とか思い始めてきてしまいましたよww

先読みしてエルエルフくんがハルトを上手いこと誘導していくのも、なんだか操縦の上手い
嫁さんのようwww

エルエルフくんにお尻蹴られる度に ハルトが奮起するってのがね

エルエルフくんのお相手はカインさんこそ相応しいとか思ってましたけど、情けないハルト
ってのも なかなかいいかもとか思ってみたりwww

 

エルエルフくんは リーゼロッテを想って行動してるようですが、実はリーゼロッテがラスボス
だったりしたら どうなっちゃうんでしょうね。
カインさんと繋がっているようですし、どうも リーゼロッテが純真なお姫様だとは思えず。

何かまたややこしいことになっていそうな気がします。

もし、リーゼロッテがとんでもない女だったら エルエルフくんはきっと壊れてしまうでしょうね・・・

 

この展開だとエルエルフくんには幸せは訪れなさそうで・・・ 今から切ないですわ。。
ホント 幸薄そうなんだもん。。

さて、顔に返り血を浴びてるカインさんを見て イクスアインくんは何を感じたか・・・
ハーノインくんの銃を手にしてるわけですし、カインさんが何をしたのかは予想できるはず。

上手くキャラを動かして 興味深い展開になってくれるといいのですが。。

期待半分、不安半分www


2013年11月08日 (金) | 編集 |

ヌーディストビーチ・・・確かに前回、美木杉センセの全裸をお待ちしてますとは書いたけど
まさかの チクビさま強調に笑ったwwww

何なのwwww

かつてこれほど、男性のチクビさまにスポットが当てられたことがあったでしょうかwww
ってくらいwww

ま、男性チクビさまだから ここまでやれたんでしょうけどね。
女性だったら これは逆にTV放送では無理だわwwww

例の隠れ家に運ばれてきたものだから そりゃ黄長瀬と美木杉に繋がりがあると流子も
気付くわな。。

ただ、正直に組織名を答えたのに相手にしてもらえずwww

そして 今回は四天王の一人、運動部統括委員長 猿投山 渦との対決。
強い者を見ると戦ってみたくなっちゃうようですが、その勝負を皐月は許可。

3年前の自分の力で猿投山を試したところ、腕は上がってるってことで。。

ところが、見るまでもないと。

その意味するところは・・・

 

皐月を呼び出したお母様が また・・・
上には上がいそうです。


猿投山の極制服もバージョンアップするようですが、全裸になっての変身とはwww

今回は男性が頑張ってくれてますww
ありがとうww

猿投山の目は 相手の動きを瞬時に読みとり、次の動作を先読みするようですが、流子が
機転を利かし、ちょっとばかり切れた鮮血の欠片みたいな布たちでその目を覆い、天眼通
を封じてしまいます。

あとは さくっと流子の勝利。

猿投山は今度は正真正銘の全裸に。
色々黒くモヤモヤが掛かっているところはDVDとかでは どうなるんでしょ。
どうもならないような気もしますがww

もう 相変わらずのおバカさ加減だわwww

って笑っていたのに、なんと猿投山、再挑戦を皐月さまに直訴。
覚悟の無い者はいらないって言われちゃいますが、猿投山は「覚悟ならある」と。。

顔が見えなかったけど、顔に何か書いてたのかなとか思ったら そんなことじゃなくて
目を縫ってしまっていたとは。。

確かに裁縫部にお願いしてたんだから、イラスト描いてもらってるわけはなかったよね。

でも まさか 目を潰すようなマネをしちゃうとは思いませんでしたわ。。

 

天眼通を手放したことで手に入れたのは心眼通
これによって、流子を追い詰めますが、猿投山の極制服がオーバーヒート。

変身前の状態に戻ってしまいますが、皐月は「猿投山の力が極制服を凌駕した結果」だと。
皐月に評価され、極制服も生命戦維を入れ替え、再縫製してもらえることに。
グレードも上がったようで。。

最後は猿投山の勝利だったようです。


慢心を捨てた猿投山。
なんか変なマスクを付けてるんですけど、何とか仮面みたいな??

でも なかなかクールでこれはこれで面白いかもwww

 

今回は マコちゃんの出番はありませんでしたね。
その分、美木杉センセがあらぶっておられましたからねwww

 

次回、「憎み切れないろくでなし」
マコのお家のお話のようです。面白そうww

やっと昭和の名曲がサブタイトルになってることに気付いた私ですが、「銃爪」あたりから
懐かしい。

そして 選曲が一々素敵wwww

本編中の曲も素敵だけど~~♪