薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
月別アーカイブ  [ 2014年03月 ] 

≪ prev |  2014年03月  | next ≫

黒子のバスケ 第50話(最終回)「勝つ」感想 その2

では その1からの続きです。

これで誠凛が逆転
もうあとは誠凛が時間稼げば確実?
だってもう50秒なんてとっくに過ぎてるしwww
ってところなのですが、陽泉は諦めず。
今度は陽泉がカウンターってことで氷室から最後は紫原に託され・・・

いつものようにジャンプしシュートを決める紫原!!!
だったはずが・・・
むっくんの足が限界にきてました(><)
普段はゴール下から離れないし、全力で戦うこともなく、ディフェンスに参加することが
あったとしても誠凛戦ほど飛ぶこともなかったでしょう。
いつも以上に負荷がかかり、ついに紫原の膝が悲鳴を!

飛ばなくてもシュートを入れればいいだけ。
が、それを予測していたわけではないけれど、最後まで諦めなかった黒子がカット!
なんとここで主人公がキタwww

紫原の膝が限界である可能性を考慮し迷わず走ってきたんですね。
ほぉ~~
って主人公が活躍して感心するってどうよwww

ここは原作読んでるとき、辛かったですわ。
ゾーンに入った紫原相手ではもう誠凛に勝ち目はないと思われたのですが、それでも
勝つのが主人公チーム。
どんな勝ち方をするんだろうと思ったら、むっくんの足が限界って・・・
そんなのありかよ・・・って正直思いましたね。
むっくんの心情を考えたらこれはキツイなと・・・。

でも、これまでの練習や試合で全力を出してこなかった結果が突然の足への負荷だと
したら まぁ仕方がないことなのですが。。
火神だって突然開花した能力に身体が付いていけなくて強化が必要だったわけですし。
他のチームだって、当然、体力は考慮してトレーニングするわけで。。

勝ったのは誠凛。

これによって紫原はしい思いをすることとなり・・・。
「またやろう」という木吉にも「次は勝とう」という氷室にもバスケを辞めると宣言。
「ただでさえ面白くないのに負けたらコレ以上ヤル意味がない。」

でも、二人はそれが彼の本音だとは思ってないですよね。
だって、ゾーンに入った彼ですもん。
頭からタオルをかけ顔を隠すむっくん。
口とは裏腹に涙が零れ落ちて・・・

本当は負けたことが悔しいし、決してバスケを辞めたいわけじゃないんですよね。
陽泉のみんなはちゃんとそれがわかっていて・・・
なかなか素直に好きなことを好きだと言えなかっただけ。
本気でバスケと向き合うことに気恥ずかしさを感じてつい悪態をついていただけ。

むっくんは身体はデカイけど精神的には可愛いんですよ!
カッコつけて意地張ってるだけ。
敢えてそこには突っ込まず「これからだ」と背中を押す岡村先輩が男前!
自分たちはこれで終わりだってのに、チームの「次」を考えてます。

氷室とのやりとりもグッとキマシタね。
この二人も、いいパートナーになると思います!
キセキの世代はみんないい相手を見つけたよね。。
しみじみ・・・
あれ?青峰くんは??いつも桃ちゃんといるけど(^^;
彼にも早くいい人が見つかりますように。。

「負け」を経験したことでこれからむっくんの本気が見られることになるでしょう。、
氷室もまた火神に対し意地を張って対抗心を燃やしていた自分に決別し、火神の
実力を認めながらも、自分なりに戦っていく気持ちを新たにしたようで。

アレックスにも素直になれてましたしね。
負けたことで今後の陽泉も一層くなりそうです。
ここもいいチームになりそうですね!!

キセキの世代はみんな、誠凛・黒子と対戦することで自分に欠けていた部分に気付き
真摯にバスケに向き合うようになる
ってのがいいですよね~
安定の黒子効果。
が、当の誠凛はいっぱいいっぱいでとてもキセキの世代のいるチームに勝てるとは
思えず、なんとかいつもギリギリのところで踏ん張ってますがwwww

黒子と試合をすることでみんな本当の自分を出せるようになってるんでしょうかね。
バスケを好きだと言う気持ちにも素直になれて。

キラキラとスマートにバスケをしてた黄瀬くんも今じゃ誰よりもギラギラしてますしww
自己管理きっちりで他人の協力を必要としなかった緑間くんは実は若干天然である
ことがバレ、すっかり高尾くんのお世話になりっぱなしだしww
「自分に勝てるのは自分だけだ」って意固地になってた青峰くんはライバルの存在を
認め、元カノの今彼相手にワクワクしてるしwww

キセキの世代はラスト、みんなイイ表情をしてました。
言葉はなかったものの緑間くんと視線を交わす赤司くんも。
次は彼との対戦が残ってますよね。
これも楽しみ!

一番人気の彼ですからね~3期が来ないわけがない。

で、試合後、突然むかついてると言い出す黒子。
唐突ですよねww
理由は氷室とのこと。
あんな形で分かれていいのかと「捨ててくれ」と言われてたリングを出し・・・

まぁ、何にせよ、火神も自分の問題なんだから自分で整理しなくちゃですよね(^^;
兄弟であることとライバルであること その両方であり続けることはそんなに難しいこと
なのかと訊かれ、火神もまた自分の気持ちに素直に・・・

いやぁ~~黒子マジックがいわwww
昔の関係を清算して兄弟に戻って来いって?

リングを手に火神は氷室を探すのですが・・・
まさか その先が無いとは思いませんでしたわ。
でも、想像は付きますし、これでいいのかも。
気になる人は原作読んでね~ってことでしょうね。

あの人は誰??
な人もラスト登場してましたしね。

原作を読むとカットされていた台詞やシーンがわかりますし、より一層ストーリーが
理解出来るのでおススメ。

エンドカードはEDの差し替えの続きのようでしたwww
ついに征ちゃんもあの場に現れるのかと思ったんですが、黒子から写メが届いた
ってところ?

いや~楽しませてもらいました!
これだけアニメ化で商業的に成功してる作品ですから当然3期もあるでしょうし
(作らない理由がわからないww)
何の心配もなく大人しく待ちたいと思います。

とりあえずは一旦、キャスト&スタッフのみなさま、お疲れさまでした。
い試合をありがとうございました。

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 黒子のバスケ

黒子のバスケ 第50話(最終回)「勝つ」感想 その1

いや~2期最終回、盛り上がりましたね!
作画もよかったですv
途中、なぜか主人公チームの作画がおや?ってことになってもいましたが
全然問題ないレベル。
それよりもキセキの世代や氷室、木吉と美麗絵が多くて大満足でしたわ♪
つらつら感想を書いてたら字数制限に引っ掛かりましたので分割します。

今回もさらっと腐感想入ってますのでご注意を。
苦手な方は回れ右でスルーよろしくです。

さぁむっくんが髪を括って本気モードに入りました。
氷室もこれまでは余裕を見せて来てましたが、もうそんな状況ではないってことで
火神への対抗心も捨て、ただ全力で向かうことに。
もう、恰好を構うんじゃなく我武者羅にでも勝ちをもぎ取りに行くって感じでしょうか。
とにかくあらゆる手を使い、絶対に負けはしないという強い意志をみせます。

対する誠凛も黒子が「負けるのは嫌だ」と受けてたちます。
いつもの紫原ならば、無駄なことや面倒なことは敢えてしないのに、これまでと違って
本気モードをみせたことにしそうな黒子。

黒子としては紫原に「真剣にバスケと向き合って欲しい」って想いがあったんでしょうし
その片鱗を見ることができてワクワクしたんでしょうね。

とはいえ、火神の消耗は激しくて・・・
でも、今の誠凛には火神なくしては戦うことはできず。。(><)

陽炎シュートを放とうとする氷室に即座に対応する火神。
すでに読まれていることはわかっている氷室はシュートではなく紫原へパス。
紫原のシュートにも反応する火神。
もうどうやって動いてるのかだわ。
ゾーンってより加速装置??

すると紫原は氷室へパス!?
え~~~~な むっくんのパス!!!

これまでボールをもらったら必ずリングに叩きこんできたむっくんが、チームのために
パスを出しましたぁあ!!!
むっくんはちゃんとパスできるんだよ! って当たり前www

逆に誠凛は火神をポイントガードに!!
ひとりでサクッと抜いていくと自らシュートも決め。。

ここへきて、皮肉なことに陽泉はチームとしての連携プレイをとり始め、誠凛は火神頼りの
個人プレイ
に。
チームのプレイスタイルが逆転しちゃいました。

青峰くんがしっかり解説してくれるので助かりますv
ちょっとアホっぽそうな彼ですが、決して賢くないわけじゃありませんのよ。
ゲームに負けるとみんな優しくなって語り出してくれます。
これが黒子効果か・・・。

「両チームともディフェンスに決め手がない以上、取りこぼせば命取り」
冷静な青峰くんの解説が続きます。
誠凛も火神を中心によく喰らいついていくも、後ちょっとが足りなくて・・・。

すると・・・残り1分で彼がやってきました!!
「楽しんでこーぜ」
木吉の登場で誠凛のムードが一気にUP
いかに木吉が誠凛と言うチームを精神的に支えているのかが伺えるってものですよね。
火神頼りだったところにもう一人のエースが復活!
火神は確かにプレイとしてはチームを引っ張って行ってるけど、みんなの士気を高め
チームを振るい立たせるのはやっぱりこの人ですよねv

今日ほど彼を頼もしく感じたことはない!!ってくらい日向を高揚させたんじゃないで
しょうかwww
木吉の声かけによって緊張感は維持しながらもみんなから力みが取れたようで。。
誠凛のプレイにバリエーションが生まれます。
で、こっからがいのです

とても残り1分とか50秒とかって思えないwwww
本来の50秒なんて笠松先輩の喋りだけで終わっちゃいそうな長さですもんね。

木吉は紫原から氷室へのパスを読み、さらに氷室の陽炎シュートも先読み。
さすが木吉!!
かと思ったら読み切れないことはわかっているから、リリース後の2度目のシュートだけを
むためのでした。

リリースポイントの低い一度目のシュートであれば、高さの劣る選手でもカットできる。
ここの日向はせてくれましたね♪
旦那を囮に嫁が飛ぶというwww
さすが息がぴったりだよ!
その後にも3P決めちゃいましたしv
俄然元気が漲ってますww
旦那が帰って来て嬉しいんだろうね。うん、うん、わかるよwwww

ついにあとシュート1本で逆転まで追い付く誠凛。

全体に作画は素晴らしかったですが、このあたりから試合の作画のクオリティが!!
もう みんなの動きに見れます!!

紫原に異変が起こり、誰もがあり得ないと思われたことが・・・
なんと彼もまたゾーンに!!
ってことで 実はむっくんも本当はバスケが嫌いなわけじゃなかったことが証明されました。
何よりもバスケが好きで無心になれなければ入れないのがゾーンですもんね。

黒子はずっとむっくんとバスケに対する思いで対立してきてましたけど、本当に嫌いなら
キセキの世代として試合に出続けないですよね。
いくら求められたところで汗流してわざわざシンドイ思いするなんて。。
勝てるからって理由だけではなかったはず。
メンドクサイとかウザいとか口では言っていても本当の思いはそうではなかったってことで。

ゾーンに入った状態でシュートを放つ紫原。
同じくゾーンに入ったのなら、力で勝る紫原に火神は勝てない。
ここはむっくんが押し勝ってシュートを決めるよね。
って誰もが思ったその時、大きな手が火神の背後から!!

「諦めるな!勝つぞ!必ず!!」
木吉が加わってきました!
うわぁ~~~~ん 木吉いよ!!
さすがにこの二人相手ではゾーンに入った紫原も跳ね返されることに・・・

誠凛はすぐさまカウンターへ。
ところが、ゾーンに入ってる紫原はすでに戻っていて・・・
っていくらなんでも速過ぎるww
あり得ないwww
もはやむっくんは人間ではなくなってしまったようです。うん、納得v
人間やめたむっくんの集中には鳥肌

が、そんなむっくんにすら火神は怯むことなく攻撃を仕掛け・・・

リングのかなり手前からジャンプし、これでは届かないと思われた火神でしたが、紫原を
越えると勢い衰えることなくシュートをき込み!
お~~~~!!
これがアレックス直伝のメテオジャム!!
ゾーンに入った今だから出来るってことで最後の力を振り絞って成功させました!!

いやぁ~~盛り上がるわ!!

では一旦ここで。 

続きはこちら

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 黒子のバスケ

鬼灯の冷徹 第12話「レディ・リリスとその夫」「中国現世に妖怪が広まった訳」感想

私のお気に入りレディ・リリスが登場しましたww
でも、残念ながらこの方の魅力が炸裂するのはこれからなんですよね。
今回も十分ぶっ飛んでましたけど。

この方の場合、旦那さまとセットでいる時の方が笑えますw

「レディ・リリスとその夫」
原作の「レディ・リリス」と「プライドの男」を上手いことミックスしてのAパートでした。
原作ではリリスは単独観光でやってきて、ベルゼブブさんは後日来日するのですが、
今回はリリスもサタンの講演に付いて来たってことになったようです。

アダムの最初の妻だったという説もあるリリスさん。
Hの時、どちらが上を取るかで揉めて離婚ってwww 
早速、日本の地獄にやってきて本分の「誘惑」に精を出しますv
男であれば手当たり次第いますが、ちゃんと好みもあってそれはもちろん鬼灯さまw
リリスは鬼灯さまに愛人になって~っとおねだりしますが、
「一人いいのを紹介するのでそれで我慢していただけませんか?」と鬼灯さまw

もちろん、いい男(いいの)とは白澤さんのことwww
二人は一目会ったときから瞬時に無言でアドレス交換ww

原作では白澤さんの横に女の子がいるんですがアニメではいませんでしたね。
そんな状況であってもアドレス交換するところが白澤さんらしいのですがww

そしてその後に夫であるベルゼブブさんと鬼灯さまが出会っちゃうわけですが、原作では
その前にリリスとベルゼブブさんとの会話があるんですよね。
リリスの本分は誘惑だから「男と遊ぶのは一向に構わないけど愛してるのは俺だよな?」
って確認するベルゼブブさん。

「ねぇ信じて 貴方が世界一!最高の男だと思うわ」
って当然のように答えるリリスなんだけど、ベルゼブブさんの手には自分の妻と鬼灯さまの
ツーショット写真があって
「ならいいんだが・・・こういう写真は・・・せめて隠してくれないか」
ホントお気の毒な人なんですよね。
私としては面白いんだけど。

アニメでは鬼灯さまの前で見せられるハメになってましたね(^^;
一段とプライドがwww

リリスにはやりたい放題やられてるのに、それでもアレコレ自分が頑張ったらリリスが
「自分一筋になるかもしれない」なんて本気で思っててベルゼブブさんが健気過ぎるw

今回はお話をミックスさせていたので台詞がかなりカットされてましたが、御主人を前に
「私は指一本触れてませんよ。奥方がやけに腕を掴んできたんです。別に嫌でもなかった
んで好きにさせておきましたけど」
ってドS発言する鬼灯さまが見たかったwww
ま、でもきっちり間男紹介したことは報告してましたけどねww
ベルゼブブさんのダメージがww

その後も鬼灯さまにボロボロにされちゃうしw
さすがアニメだと動きがあってますますベルゼブブさんの不憫さが際立ってましたわw

美人妻がいるってことで、やっと鬼灯さまに勝った点をみつけたものの、その頃奥方は
よその男と歓談中。

このベルゼブブさんのお気の毒ぶりをえることこそが私の楽しみなのです。
レディ・リリスはこれでもか!!!!
ってくらいいい仕事してくれますからねww

サタンさまは元は天国一の美しい天使「ルシファー」であったのに堕天してガチムチに
なったくだりも笑えますよね。
私としてはなんて残念なこと!!
って思うのですが、ご本人は自分の憧れのタイプになれて御満足という。。

それと、サタンさまは全裸なんですよwww
腰のところにあるふさふさは「自前の毛」なのです!
毛深いにも程がありますよねw

そうそう アザゼルさんが友情出演してましたねww
鬼灯はモーニングでアザゼルさんはイブニング連載ですv


「中国現世に妖怪が広まった訳」
こちらはどこまでも腐れ縁な鬼灯さまと白澤さんのお話www
四千年前に白澤さんを泥酔させたのは実は若かりし頃の鬼灯さまでした~
ってオチがいいですよね。

鬼灯さまは若い頃から容赦なくて素敵v

さて、こちらも来週でラストのようです。
私はてっきり今週ラストかと思ってましたのでちょっと得した気分。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

キルラキル 第24話(最終回)「果てしなき闇の彼方に」感想

面白かった!!!
これはいいわ~♪
ついに最後の最後まで何だかよくわからない勢いで駆け抜けてくれました!
ストーリー的にはぶっ飛んだお話でよくもまぁこんなこと考え付いたなぁと思うのですが
とにかくキャラが素晴らしい!!
声優さんらの熱演も見事でしたがみんな巻き込んで一緒に突っ走ってしまいたくなる
訳分からなさが最高ですわw

最終的にラスボスは羅暁さまで、目的は「天種繭星」ってことにどんでん返しもなく、
全くもって荒唐無稽な地球を服で覆うという行為を一心不乱にやってる時点で勝ちが
ないのは見えているのですが、そこはさすがの羅暁さま。

あんな無茶なことを堂々と当然のように行えるのは羅暁さましかいないでしょうwww
羅暁さまのキャラも強烈でしたよね。

流子と皐月の母親でありながら最早人間ではない上に、娘たちに倒されるという・・・
最期は自分の意志で死を選びましたけど自ら心臓を握り潰すとかホントオッカナイ。

散々、お前を倒すと殺す気満々だった流子が、そうは言っても、目的を奪った後は
地球に戻ろうと羅暁さまの存在を受け入れるような発言をしたことにもびっくり。
そっか、流子はなんだかんだ言っても優しい子なんだなと。。

それにしても、鳳凰丸さんは何者だったんでしょうね。
彼女がいることで絶対服従は発動してるってことですがどゆこと?
彼女はスポーンって抜けてからどこへ行ったのやら??

宇宙まですっ飛んでいっての親娘対決はなかなかww
ここまでいったら何があってもこっちはねじ伏せられてしまうってものですww

そして、最終回、やっぱりせてくれたのが蟇郡先輩でした!
マコが危ない!!
って時に身体を張ってマコを助けてくれました!!
マコの涙には爆笑。
こんな時もやってくれるよなっとwww

ここで蟇郡先輩が出てくることは分かってましたが、まさかの大出血でさすがに私も
ビビりました。
退場はないだろうけど、戦線離脱なのかと。。
が、当然そんなわけは無く、チタン鉱腹巻きのおかげで痛かったけど何とか復活!
流子や皐月だけでなく、四天王も全開で大活躍v

絶対服従は破っちゃうし、発射台も爆破させちゃうしで勢いが止まりませんv

とはいえ、ここは最終回、そうそう簡単に羅暁さまを倒せるわけはなく・・・
ついにヌイに人間の体を辞めさせ、原初生命繊維に戻らせ融合する羅暁さま。
喜んで自分で首を刎ねるヌイがシュール。
羅暁さまと融合出来ることにびを感じるとか、それは人でいうところのHみたいな
ものでしょうかね?

宙に飛んでちゃった羅暁さまを追うために流子もみんなの極制服から生命繊維を
集めます。
これまで鮮血が生命繊維を吸収してたことがここに繋がってくるとは。。

マコも最後までブレがなく見事なハレルヤを見せてくれましたwww
死を覚悟してる流子にちゃんと帰ってくることを約束させるとか、ホントいい子!!

みんなから生命繊維を吸収すると鮮血は最終形態「鮮血更衣」に。
目も両目ありますねv

もうみんな全裸凛々し過ぎwwww
前期OPが盛り上げてくれますww

宇宙で戦う羅暁さまと流子。
まるで羅暁さまには敵わないよぉ~~っと思ったら、なんと自分から攻撃を受け・・・
死にかければ死にかけるほど強くなるって・・・
そういえば、いつもそうではありましたけど、そんなのありww?

鮮血には生命繊維を取り込んでいく能力が備わっていて、それがこれまでの戦維喪失
だったわけですが、神羅纐纈をも取り込み始め・・・・
そりゃ、いわ。

羅暁さまを倒すも、鮮血もヤバい状態のようで・・・
急いでみんなの下に流子を戻そうとする鮮血でしたが・・・
大気圏突入で燃えちゃうとか(><)

「セーラー服とは卒業するものだ」

うわぁ~~これ上手いわ。。これはやられた!!!
そうだよね。
でも、それは同時に鮮血との別れ。切ない(><)

高速で落下していく流子。
普通は助からないし、ヤバいよ!
って思ったら、なんと皐月さまが走って来て流子を受け止めてくれました!
全力で走る皐月さまに感動
いで吹っ飛ぶ皐月さまを支えるのはマコ!
そのマコを四天王が支え、蟇郡先輩の等身がドンドンおかしくなってww
こんなデカイ身体じゃマコが心配だよwwww
いや、マコなら大丈夫かww

みんなに支えられて流子、無事帰還
みんなの全裸素敵過ぎるwww
流子が戦ってる間も全裸待機だったようですね。
もうみんな家族でいいよwww

まさか、始まった当初はこんなラストが待ってるとは夢にも思いませんでしたw

そして、約束のデートですね。
流子は可愛い服じゃなくて、以前のまま?
マコは可愛い感じですが、ビックリしたのは皐月さま。
髪をばっさりと切ってしまってて。。
がらりと感じが変わって これはこれでいいですね~
これまでは母親である羅暁さまを倒すことだけを考えて生きてきたけど、これからは
普通の女の子としての生活も満喫しようってことで。。

とはいえ、女の子はみんなスイーツが好きでショッピングが好きとは限らない。
四天王たちのその後の方にも興味があるのですが、彼らは相変わらず皐月さま
第一のようで。。
ひとり抜けだそうとしてる人もいるようですがwww

それにしてもあれだけのハチャメチャな内容を、よくこれだけ上手いことまとめちゃい
ましたね。
さすがとしか言いようがありません。
ホント、楽しませていただきました!!
結構グロシーンも多かったですが最後はすっきり後味もよく爽快感すら。

これは箱ものが売れそうですよね。
9巻には未放送分のお話が収録されるのだとか、気になります♪

毎週堂々たる見事なぎっぷりがまるで永井豪さんの作品を見ているかのようでした。
懐かしく、また楽しみにしていたのですが終わってしまって寂しいです。
全裸にエロよりも凛々しさを感じる作品なんてそうそう無いと思うのですが、よくぞこれだけ
作り上げてくださったとスタッフ&キャストのみなさんに感謝!!
そして、お疲れさまでした。
最後まで失速することなく楽しめるい作品をありがとうございました!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : キルラキル

2014年 4月スタートアニメ

2014年の1月スタートアニメもそろそろ最終回ということで来季のアニメを
チェックしてみました。

今季、感想を書き続けたのは

黒子のバスケ 第2期
キルラキル
キングダム 第2シリーズ
鬼灯の冷徹


これくらいがやっぱり楽ですかねw
キングダムは2週に1回くらいになってましたけどw

そのほか、レビューなしで視聴のみだった作品は

宇宙兄弟・・・原作既読ですが良かったですわ♪
弱虫ペダル・・・1期から全部遡ってみてますv
バディ・コンプレックス・・・結構面白いので分割2クールの噂を楽しみにしてますv
ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル・・・こちらも2クール欲しかったかな

視聴断念は

サムライフラメンコ・・・どうにも関心が持てなくて
世界征服~謀略のズヴィズダー~・・・好みのキャラがいないと視聴続かない

来季、新作で感想を書く予定は・・・これまた少なくなりそうな。
一応、何作品かは視聴してみるつもりですが(息子が録画するので)私としては興味の
惹かれる作品がかなり少ないですわ。

今回 参考にしたのはこちらこちら

レビュー決定は

蟲師 続章  これは楽しみにしてました。

ハイキュー!!  一応は書く予定ですが、ざっくりになりそう。

ベイビーステップ こちらは期待してます。

視聴のみ予定してる作品は

神々の悪戯(かみがみのあそび)

金色のコルダ Blue♪Sky

M3-ソノ黒キ鋼-

上記2作品は乙ゲーなので もしかしたら私はリタイヤするかもですし、ハマったら
レビューを書くことになりそうです。

多分視聴はしないけど 息子が録画予定してるので 1回くらいはみようって作品は

悪魔のリドル

ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース

健全ロボ ダイミダラー

キャプテン・アース

棺姫(ひつぎ)のチャイカ

ピンポン

シドニアの騎士

原作既読だけど アニメ視聴予定はないのは 

マンガ家さんとアシスタントさんと

こちらは面白い作品ではあるのですけどね。アニメで見ようとまでは(^^;

ということで今のところレビュー予定は3作品。
これに視聴してみて面白いと思ったものを1つ2つ加えるくらいになりそうです。
今季は何だかんだ言って結構はりきってレビューを書いてましたが、来季のレビューは
ざっくりになりそうです。

その分、7月スタートアニメが待ち遠しくてたまらないのですがwww
夏は死にそうww
今のうちに楽しておこうかなっとw

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2014/03/28 00:06 ] アニメその他 | TB(0) | CM(0)

「銀盤騎士」3巻感想です♪

今日は男子フィギュアスケート世界選手権大会なのでこちらの作品をUP♪
こちらも世界選手権ですよんv

銀盤騎士(3)

銀盤騎士(3)
著者:小川彌生
価格:450円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


健康雑誌編集者・千登勢の幼なじみは、男子フィギュアのスター選手・心!
彼は実は、千登勢の唱えるアニメの呪文で演技が安定するというヘタレ
(でアニヲタ)。
そんな心が、世界選手権を前に、千登勢にまさかの告白!!
優勝したら交際していいことになるのだが...!?

進んだような進んでないようなwww
私の苦手な恋愛中心のごちゃごちゃした感じに進展して行きそうで心配(^^;
少女漫画だから仕方ないんだろうけど。
メンドクサイ恋愛苦手。さくさくっと心に決めて欲しいところ。
でも、きっと妨害が入ったり、お約束のややこしい展開になるんでしょうね。

とはいえ、今回も面白かったです。
盛山さんがww

これまでの感想はこちら

心が告ったことで千登勢もOK・・・って流れになるのですが、当然スタンバってました
と言わんばかりにバン!って現れる盛山さんww
「話は聞かせてもらったわ!」
かっこいいよwww
盗み聞きとかそんなレベルじゃないもんねw
いつから聞いていたのかと訊かれ、千登勢がマウントとったあたりからと平然と返答。
随分前からだよwww

そう簡単にニンジン(千登勢)を喰わせるわけにはいかないと、表彰台に上がれたら
付き合って欲しいという心にそんな生ぬるい条件ではダメだと、とりあえずは優勝したら
にしろと条件を上げる盛山さん。

怪我をして弱気になることが一番良くないってことで 手っとり早く心が頑張る目標を
設定しちゃうのがさすがです。
飴と鞭の使い分けが完璧

何とか心は世界選手権に間に合い、いつものように試合前に呪文をかけようとする
千登勢。
ところが、肝心のペンが見当たらず・・・
二人にとっても盛山さんにとってもエライコッチャなわけですが、ここは盛山さんの
指示に従うことに。
「今日は特別な方法で呪文をかける」ってことにして心に眼を閉じさせると呪文の後で
ペンの代わりにほっぺにちゅーする千登勢。

って盛山さんからは「口にしろ!」って指示だったようですがwww
それは千登勢には無理でしたでww
が、ほっぺちゅーでも効果抜群だったようで全てのジャンプを決め、出来栄え点も
もらえる完璧な演技をしますv

ほっぺチューごときでここまでの効果にやっぱり心はDTだと確信する盛山さんww

世界王者がミスをしたため心はトップで折り返すことに。
周囲は優勝を意識し色めき立ちますが、なんと心は怪我をした右足をまた痛めて
しまって・・・(><)
呪文の効果で張り切り過ぎちゃったんですね。。

本来なら足を大事にして棄権した方がよい状況なのに心の順位によって来年のワールド
が決まるものだから無言のプレッシャーが心にかかり・・・
上位二人の合計順位が12位以内なら3枠取れるってアレですね。

千登勢は自分が怪我によってスケートを辞めることになったものだから心の足を第一に
考えて棄権することを勧めますが、心は「エースは逃げるわけにはいかない」と。。

フリーに出場する心に盛山さんも「ひとつ絶対に解けない強力な呪文をよろしく」と。
モノい圧力をかけて来ますww
これには誰も逆らえないよね(^^;
仕方なくいつものように呪文をかける千登勢でしたが、なんと!
今度は心から千登勢にちゅう(/∀\*)
「こんでもう大丈夫だぁ」
強力な呪文をかけてもらった心はめの演技をします。

右足のため演技構成を変えてはきましたが、なんとか滑り切って3位を死守。
心の活躍によって日本男子は来年も3枠を確保。

その後優勝は逃したものの、寛大な措置(?)ってことで盛山さんから二人に交際の
許可
が降りましたww
ってなんで盛山さんの許可がいるんだかwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

翌日早速、帰国前に二人でデートする約束をするのですが、盛山さんから「オリンピック
までは絶対にHをさせるな」と千登勢にH禁止令がw

盛山さんったら、オリンピックまでに彼女が出来た選手はオリンピックのメダルはおろか
出場もままならないってジンクスを勝手に作ったようで。
上手く心を丸めこめと指示されますが、千登勢は妙に意識をしてしまって心の前で普通に
していられなくなり・・・(^^;

ぎくしゃくしたいつもと違う千登勢の態度に心は自分といると楽しくないのかと思ってしまい
焦って肩を抱こうとしたところ、千登勢に驚かれ、これまた何かまずいことをしてしまった
のではと落ち込み。。
ああ・・・心が可哀そう。
そればかりか、たまたまデートの日に不倫相手の矢野さんといる澤井さんと遭遇してしまい
口止めされたことで千登勢はイライラ。

二人が話してる間、心は矢野と話をするのですが、そこにたまたま田村麗人が現れ、矢野を
心の彼女だと誤解されることに(><)
うわ、面倒臭せ。。
その上、心の妹らのせいでまるで関係のない女の子が心の部屋に現れたり・・・
心に気があって来てたのかなぁ・・・。

この子、モデルのようですが、きっと恋人発覚とかって騒がれることになるんでしょうね。
それだけでなく、心にはお父さんが決めた許嫁がいるようだし。

千登勢との仲は前途多難なようです。

ま、でも心は千登勢一途だし、この先いろいろあるだろうけど、最終的には千登勢に
落ち着くのでしょうけどね。
でも、それがわかっていてもあれこれと気を揉むのはヤダわ。

少女漫画だから仕方ないけど、できればスケートのことで話を盛り上げて欲しい。

今回は心が千登勢のことを好きになった子供の頃の回想シーンがありました。
心かわいいw
お金持ちだったり、才能があって先生に特別視され他の子供に意地悪されてた心が
スケートを辞めたくなった時、千登勢に出会ったんですね。
彼女のひたむきな頑張りに刺激を受け、また千登勢もアニメ好きだったことから自然と
心は千登勢に惹かれていったようで。
内気な心が唯一気を許せる相手が千登勢だったんでしょうね。

見た目イケメンだしカッコいいけど中身は素朴な心にとっては、千登勢以外の人なんて
考えられないでしょうが、周りがそれを放っとかないってことになりそう。。

あんまりすれ違いや ややこしい絡みはない方向で進んで欲しいのですが・・・(><)
さくっとキメてくれ心!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

「鬼灯の冷徹」13巻感想ですv

アニメが終わると寂しくなっちゃうなぁ~
「鬼灯の冷徹」13巻の感想です。
すっかり遅くなってしまいましたわ。いつものことですが(^^;
これまでの感想はこちら

地獄に詳しくなったことを誇るのはまだ早い!
一日獄卒まきみきと一緒に地獄について学びましょう!
そして座敷童子が突然オシャレに目覚めたり、
唐瓜の姉ちゃんが突然閻魔庁を訪ねてきたり、
アヌビスが突然日本の地獄にやってきたり、
桃太郎の下にシロから突然電話が来たり
突然だらけの十三巻!

毎回、扉絵が細かくて素敵ですわ。
今回 一番笑ったのは「洋装道楽」
座敷童子の二人が市松人形みたいな着物じゃなくてかわいい洋服が欲しいって
言い出すんですが、それを鬼灯さまが買ってくることになるお話。

二人におねだりされて仕方なく、現世で子供服を買ってくる鬼灯さまでしたが・・・
「期待はしないでくださいよ」って確かには押してましたよね。
でもwwww

可愛いっちゃぁ可愛いんだけど、ちょっと背伸びをしてみたいお年頃の女の子らに
動物のイラストのついたトレーナーとかってwww
苦虫を噛み潰したような二人の顔www
絶望っぷちにいるよねww

だけど鬼灯さまに「不服があるならハッキリ言いなさい。私は傷つかない」って
言われて
「イイエ アリガトウゴザイマス」
二人の大人な対応に思わずお香ちゃんも「偉い」って心の中で褒めちゃってるw

次は私が買ってきますけど・・・ってそっと申し出るお香ちゃんに
「これは教育です」と鬼灯さま。
お~何かよく分からないけど、さすが鬼灯さま??って思ったら
「男に服選ばせるとこうなりますよという」ってwww

ま、余程のセンスのある人でない限り、女の子の服は難しいよね(^^;

本当にセンスがないのをごまかしてるのか、厳しくするためにわざと買って来たのか
わからないと悩むお香ちゃんww

遠慮と悲哀の混じった埴輪みたいな目になってる二人が気の毒でwww
鬼灯さま曰く「建て前と義理」を学ぶ機会を与えたのだとかw

そこでリリス嬢に見立ててもらうことになったんですが、新しいお洋服は市松人形
っぽさからは抜け出せたものの・・・
フランス人形状態にww

結局どっちにしろ「おばあちゃん家のタンスの上にある怖い人形シリーズ」から
抜けだせなかったというwww
いやいやでも良く似合ってるよ。

今回、地獄の罪の加算について説明してくれてましたが、今いちよくわからない(^^;
等活、黒縄、衆合、叫喚って地獄があることはOPで覚えましたけどw
それぞれに小地獄とかもあってなかなか覚えられないわ。

そして今回の新キャラさんとしてはぬらりひょんが出てきましたね~
ホントもう冴えないオヤジ感が最高でしたわww
なんでまた現世では妖怪の総大将になんかされちゃったんでしょうねwww
実体がわからないから想像の幅を広げやすいって・・・そんな理由でいいの??
残念ながら妄想通りにはなれませんでしたけど、このグズでぬめ~~っとした感じが
私としては面白いなっと。

あと、お迎え課の荼吉尼さまも素敵なキャラですね~♪
一言でいうなら「誰でも一回は妄想するイカン女教師」って鬼灯さまの例えがww
鬼灯さまも妄想したってことなのかしらんwww
まだお話の途中で14巻に続くみたいですが、これは期待できるキャラです。
本人無自覚の色気ムンムンって感じ??
女性キャラは総じてみんなお色気系だと思うのですが、それぞれが異種の色気
なんですよねww

なんでこんなに面白いキャラばかり出てくるんだろw

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

「DAYS」1~4巻読みました。感想です♪

面白かったです!!
こういうの好きだわぁ~
必殺技とかが出て来てオイオイ、何のスポーツだよ??
ってな展開ではなく、ベタで王道だけどストーリーの面白さとキャラでせて
くれるという。

こちらで試し読みできます。
マガメガ

週刊少年マガジンに連載なんですね。
我が家はマガジン系にもかなりお世話になってますねwww
週刊少年マガジンでは感想書いてるのは「ベイビーステップ」だけですが、単行本で
かなり読んでますわww

現在連載中の作品だと、
はじめの一歩
フェアリーテイル
生徒会役員共
アホガール
七つの大罪
アゲイン!!
聲の形
あたりかなぁ~

特に「七つの大罪」は面白いと思ってます。
コレはおススメ。

DAYS(1)

DAYS(1)
著者:安田剛士
価格:450円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


嵐の夜、ふたりの少年が出会った。
何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・
柄本つくし。
孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが
出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の
物語が幕を開ける!!


サッカーを全くやったことが無い上に、運動神経が悪く、中学時代もいじめの
対象になってしまうような主人公が、名門校のサッカー部に入り成長して行く
って話のようです。
まぁハッキリ言ってあり得ないようなサクセスストーリーではあるものの、才能が
まるでないところから努力して頑張って這い上がっていく姿は応援したくなると
いうもの。

実際、名門校でそんな簡単にいくわけはないのですが、そこはマンガだからね。
主人公補正でいいかと。

とにかく、自分に才能も資質もまるでないことが分かってる主人公が 初めて部活
というモノを経験し、苦しいけどみんなと一緒にサッカーをすることが楽しくて必死に
くらいついていくのですが
主人公がどうこよりも、そこかしこにギャグがあり、またイケメンぞろいで周りのキャラが
カッコいいことに釣られて読んでる私。

この方の絵は前から嫌いじゃなかったのですが、線が綺麗になってよりみに。
とくに 風間くんですよね。
彼の顔大好き!!!
金髪ってのと巨乳好きってのがちょっと残念なのですが、あと15歳ってのもねww

しか~し ストーリーそっちのけで彼の顔に見れてますwww
彼の顔はしい!!
見た目はチャライですがいい奴です。
ちょっとサッカーというか部活舐めてますが、そこはちゃんと才能があれど
努力を怠っていたツケってのを払うことになるようです。

簡単に主人公チームが勝ち進んで行くわけじゃないところもイイです。
挫折を味わいながら前に進んで行く。
これじゃなくちゃ成長ってのは嘘臭いww

とはいえ、主人公のつくしくんはまだひたすら走ってるだけです。
試合に出してもらってコートの中にいるものの何の役にも立たず。
メンタル面では光るものがあるようですが、それだけではこの先アカンでしょうw
やっぱり技術があってこそのスポーツなのでそこらあたりはコレから補っていくのだと
思われます。
回りが上手いから何とかなってはいますが、天才と言われてる風間くんもやっぱり
資質だけでは早々簡単に勝てるもんじゃないようで。
天才といえどやはり練習大事。
大体、勝ち進んで行くチームなんてのは元から才能のある子たちの集まりで、その上で
努力し続けチャンスをものにした子だけが残るものですもん。

普通に考えればこの時点でド素人が入り込む余地なんてないのですが ドキュメンタリー
ではなく夢を描くマンガですから、そこは楽しませてもらいましょう。

つくしのところは母子家庭で生活は決して楽じゃなく、その上、お母さんは車椅子生活
なんだけど一人でしっかりとつくしを育て上げてるのがカッコいいですわ。
強いとこだけをみせてるわけじゃなく、自然体で接し息子を支えているとこが素敵です。
つくしもお母さんを楽させてあげたいと思うも、今は自分がやりたいにことに熱中する
のを応援してくれるお母さんに感謝しつつ頑張っていて。。

お母さんが「男の子はそうやって成長していくんだ」てしみじみとつくしの成長を噛みしめ
喜ぶところは同じ親としてジーンときますわ。

ライバル校にもなかなか面白いキャラがいて、こちらは別作品の主要人物のようです。
先にストーリーがあったってことも作品に深みをもたせてくれてますね。
こちらの作品もぜひ読んでみたいと思います。

とにかくイケメンくんたちが非常に私好みですし、続きを読むのが楽しみです。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/03/25 18:07 ] Free! ・DAYS | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ2014 17号一言感想

表紙&巻頭カラーは「黒子のバスケ」
火神×黒子でデートのようです。
ここでアニメだとみんながドーッとでてくるんだろうねww
そして仲良く宴会だよ。
火神は一体何本の団子を食べたんだろう。
運動量が半端ないし、カロリーの心配しなくていいのが羨ましい限りw

ではいつものように掲載順に一言感想を。

黒子のバスケ
人気投票結果発表で花宮に抜かされた木吉が青ざめてww
日向なんて2号よりも下だったのか(^^;
どのキャラよりも登場シーンの少ない征ちゃんが堂々の1位とは。
さすがでございますわwww
黒子が2位なのにも驚きましたが、3位が高尾ってwww
他のキセキの世代を抜いてますよ。すごいですね~♪
そして主人公チームの人気のなさよ・・・。
やっぱりもうちょっと見せ場を作ってあげるべきではないかと・・・。
今回、伊月くん頑張ってましたけど、彼のイケメンぶりをもう少し全面に出して
木吉と日向の関係も掘り下げていただきたいですわ。いろいろとw
誠凛が追い上げて、ちょっと焦った感じの征ちゃんでした。

暗殺教室
イトナくん頑張りましたけど、やっぱり殺せんせーには敵いません。
せっかくシロさんに見限られて自由の身になったんですからお兄ちゃん側について
仲良くしたらいいのになぁと思いますv

食戟のソーマ
お弁当対決でのり弁って地味だわね。
でもゲテモノには手をださないでww
アリスのお皿はお弁当って言えるのかしらん?
弁当なんだから持ち運びしやすくなくちゃダメなんじゃないの?

PEACH PLUCK
読み切りとしてはまってると思うけどこれを連載にするとなるとどうなるんだろ~

NARUTO
なんかよくわからないけどガイ先生凄い!

ILLEGAL RARE
読みやすくなっててイイと思うんだけど、口から息吐いてるのがなんか(><)
何なの?あれは霊気とかなんか特別なものなの?

TOKYO WONDRE BOYS
オッサン舐めんなよ、高校生。
ちょっとごちゃごちゃギャグが空回ってるのが・・・

ファニーハニー
かなりキビシイなぁ・・・

BLEACH
扉絵が凄いw

磯部磯兵衛物語
ぱう・・・ってwwww 母最強だよww

i-ショウジョ
好きになった途端に緩々の子ってどうなんだろ。。

斉木楠雄のΨ難
熊五郎のツンデレが可愛過ぎるwwwまさかの斉木のデレv

ステルス交境曲
あら さっそくやり合っちゃうの?

ハイキュー!!
あんなにネットから顔が出てるんだから顔に当てたらどうだろ。

ワールドトリガー
今一つ緊迫感がないというか(^^;

ニセコイ
るりちゃん正直に言ったんだね。よかった。よかった。
楽に惚れることもなくてよかったwww

銀魂
お妙ちゃんがお皿に黒いものを乗せてるとドキドキするのは私だけ?

こち亀
今じゃ当たり前の携帯&スマホだけど歴史があるよねw

SOUL CATCHER(S)
やっぱりきたのはOBでしたが前号と雰囲気が全然違ってましたねw
Bのが心地良い音だったのかな~

アイアンナイト
毎回思うけどあのマントはいるのかな?

 

では 今週はこの辺で。


 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2014/03/25 01:30 ] 少年ジャンプ | TB(3) | CM(0)

黒子のバスケ 第49話「もういいや」 感想

もう 今回は盛り盛りでかったですね!!
どこを切っても見せ場みたいで涎垂れっぱなしwwww
ヤバいよw 
最後は全部辰也のに持ってかれちゃったけど、涙で俄然ヤル気になっちゃった
むっくんのアップがね。
堪らんっすよ(p≧∀≦q)〃

いつもよりテンションアゲアゲでいっきま~す♪
通常通り腐ってますのでご注意を!

尺の関係で原作よりもアレコレカットされてる部分があるのでしょうが(覚えてないけど)
アニメはやはりテンポがいいですね。
これでもか、これでもか!!!ってせてくれます(*/-\*)

まずは木吉!
最後の1分だけでもいいから試合に出られるようにして欲しいとリコに頼みます。
どうせ止めても無理だろうからと木吉の体をケア。
医務室の中で何が行われていたのかは木吉の悲鳴から想像するしかないのですが
とりあえずは何とかなりそうなところまでリコが持って行ってくれたようです。
上半身だけなんだけど、いでる木吉が美味しいんだ!
何で隣にいるのがリコなんだよぉ!!っと叫ばずにいられない衝動をグッとこらえて
堪能させていただきましたわ。

えっと・・・木吉の事後ってこんな感じ?
ねぇねぇ日向、教えてよぉ!!!

ベッドに半分顔が隠れてて・・・
見上げる木吉のっぽい目が素晴らしい(*/-\*)
どうしてその目がリコに向けられてるのかが私にとって不可解なのですがwww 

いや~~まずはいいものいただきました!

次は陽炎のシュートのカラクリを読まれながらも動じずシュートを決めてくる氷室。
クールに火神を翻弄するプレイに
実際は一度ボールを放り上げ、それをキャッチして再びシュートしてるとかあり得ない
ですが ここはそれはおいといてww

そして黄瀬くんですよぉ~
ゾーン頼みが見え見えの火神に対し、青峰も呆れてましたけど、黄瀬くんの態度は完全に
火神を見下してましたね。
征ちゃんをコピーしてるのかと思うくらいwww
冷めた目で火神に「あんた誰?」

俺と対戦した火神はここにはいないってことを言いたかったんでしょうね。
ゾーン頼みで戦う姿は見苦しいと。
いやいやただでさえイケメンの黄瀬くんが他人を容赦なく叩き斬る様にゾクゾク
美味しい黄瀬くんご馳です(*´∀`*)

普段、そこまで人を見下す態度を取らない彼がここまでがっかりしてるんだからさすがに
火神も今の自分の状態がおかしいと気付き・・・
以前はゾーンに入ることも出来ず、今より体力もなく・・・
ただ必死に向かっていた時の方が怖かったと言われ。。

やっと今できることをするしかないのだと気付き、入れるかどうかもわからないゾーンに頼ろう
としていたことを反省。
顔付きが変わる火神。

青峰くんの解説も分かりやすかったですね~
ゾーンは入りたいと思って入れるものではない。
何よりも集中が必要不可欠であるのに「入りたい」という想いは「雑念」でしかない。

ある程度になってくるとその精神状態すらコントロールできるようになるのでしょうが、今の
火神にはとてもそんなことが出来るとは思えず。。
が、今やれることだけに集中したことで逆にゾーンに入ることになる火神。

火神のゾーン入りを目の当たりにし氷室は驚愕
ミラージュシュートも阻まれ、まるで青峰のような動きで3Pシュートを決める火神に紫原も
苛立ちを隠せず・・・!

最早ゾーンなのか、目からビームなのか炎なのかわからない状態の火神w
紫原の破壊の鉄鎚すら跳ね返してしまい・・・。
今の火神を止められるのは、同じゾーンに入った者だけ。
でも、青峰も黄瀬も紫原や氷室ではゾーンには入れないと断言。
なぜなら・・・
ゾーンに入るためにはその競技に全てを懸けていること、
つまりはバスケが何よりも好きであることが絶対条件。
それは類まれな資質と才能をもつ紫原に唯一欠落しているもの。

そして氷室は・・・
限りなくキセキの世代に近いものの、それでも秀才どまりだと。
こちら側の人間ではないと言う青峰。
ゾーンに入るために選ばれた者ではないってことですね。

火神は後から飛んだ紫原よりも長い滞空時間をみせます。
まるで空を歩いているかのようなエアーウォークからダンク!

これには紫原もすっかりヤル気をなくし「もういいや」と。
誰かに交代して欲しいといいだし・・・

まだ試合が終わっていないのに試合を放り出す紫原を感情剥き出しに殴りつける氷室。
きゃ~~(/∀\*)
クールな辰也が感情をわにしてます!!!
普段は余裕たっぷりなのに本来の彼は熱かったv
火神相手に一杯一杯になってるところとかイイですわ!

紫原は氷室の行為を熱血で一番ウザいと嫌悪感をみせます。
オレよりも火神に歯が立たないクセに、この先戦う意味ないじゃんと言わんばかり。
「才能が違うって分かんないの?」

そんな事はわかっていると氷室。
「ずっと・・・あいつの才能に嫉妬してきたんだからな」
ついに氷室が本音を吐露。

自分が喉から手が出るほど欲してるものを紫原は持っている。
その紫原があっさり勝負を投げようとしていることに氷室は怒りが収まらず・・・

 「怒りで、気が変になるぜ。いい加減!」

その目には涙すら浮かべ・・・。
ああ・・・辰也が泣いちゃったよ。。

何となく気付いていたという紫原。
クールに振る舞ってはいたものの、氷室の中には火神へのいライバル心が隠されて
いたんですね。
火神に負けるのが悔しくて思わず涙が出ちゃうくらいに。。
ああ 可愛いヽ(*´∀`)ノ

ここまでウザいとは思わなかったという紫原でしたが、ウザ過ぎもここまでくると逆に
スゲェ!!って思ってしまったようで。
キュンって来ちゃったのね(≧∇≦) 
わかる!わかる!!
氷室のが紫原を変えました!!

ああああぁ!!!もう!!!
キタよ、コレ!!!  (*>ω<*)ノ

氷室の涙にされて仕方がないから最後までコートにいてやるという紫原。
辰也から大我は離れて行っちゃったけど、新しいパートナーがいるから大丈夫よ!!
荒木にゴムを借りると髪を括るむっくん(〃∇〃v)

むっくんの本気だよ!!   いいよ、いいよ!!   d(≧∀≦*)ok!
髪をあげると色っぽい

「今までで一番ヤバそうです」

黒子も紫原が本気モードに入ったことを察しました。
これでいよいよホントのクライマックス!!
見てる方の気合も最高潮 (*´д`)ハァハァ 

エンドカードは 黄瀬&火神
今回のバトルの延長でしょうか?
ゲームで勝負をつけるようでwww
でも、実際ゲームしたら圧倒的に黄瀬くんが強そうだわwww
そして差し替えEDはまぁみなさん仲まじくww
仲良しさんですね~
そんな中、黒子が誰かを呼んでます。
次回、ついにが来るのか!?


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 黒子のバスケ

鬼灯の冷徹 第11話「一寸だった法師」「お山の泥沼姉妹」感想

今回も面白かった!
ほぼ原作通りの展開でしたね。
尺の足りない分だけこそっと足してましたね。上手いわ。

「一寸だった法師」
一寸法師が飛ばしてるwwwっと思ったらたつだったんですねwww
そっか、そっかwww

いつもは鬼灯さまの手を煩わしてるというか、やっかいごとを運んで来てしまうような
シロさんでしたが、このお話では子守をさせられていてさぁ大変というww
絵本の読み聞かせをしてやっているのですが、漢字が読めなくて・・・
鬼灯さまが代わって一寸法師の絵本を読み聞かせ・・・っと思ったら紙芝居を出して
きましたwww

元一寸法師は今では地獄で雑用をしているのですが、人並みサイズになった彼には
世間的に価値が0らしくw

元々は姫を見たときに自分のサイズじゃいろいろ無理だと思って大きくなりなかった
ようですが(^^;
うん、役柄的に一寸法師の気持ちを表現するのにたつは最適かもwwww
そうだよね、姫といろいろするにはサイズ大事
それにしても姫が別嬪さんで色っぽくてドキッとしたよw

これじゃ嘘をついてでも「オレの女」にしたくなるよねw

みんなに勝手なことばかり言われてイライラしてキレまくる元一寸法師でしたが、
偶然居合わせた桃太郎と意気投合。
同じ境遇の友達が出来てよかった、よかったww

それにしても今回の受苦無有数量処背景
素晴らしかった!!
見惚れて一時停止でガン見しましたよww


「お山の泥沼姉妹」
イワ姫最高wwww
いい味だしてくれてましたv

妹のサクヤ姫がパーティに現れみんなからちやほやされているのを見て日頃の恨み
MAXに到達し、富士山噴火になりかねないところでしたが、木霊さんの機転で
鬼灯さまを連れて行ったことから一気にイワ姫の乙女モード全開

いい男を前に色気づくイワ姫ですが、鏡を見て現実に戻るとこがちょっと切ない。
ところがそんなイワ姫に「私は貴方に興味がある」と危険なことをいう鬼灯さま。

「矯正のし甲斐がありそうな人をみると・・・える」
本当にない発言でしたwww
「私は大人し過ぎる女性にはさして興味ありません。最初から言うことをきく人なんて
面白くもなんともない」
言い切っちゃってますww鬼灯さまww
鬼灯さまのことを怖いと思いながらも「でも嫌いじゃないかも」ってイワ姫もww
目覚めるのは勝手だけど絶対幸せになれそうにないw

いい雰囲気だと勝手にイワ姫が思ってるところへ妹のサクヤ姫が登場。
普通の男ならここで、サクヤ姫の虜になってイワ姫のことなんて相手にしなくなる
ところですが、鬼灯さまは違いましたv

「結婚するならどっちがいいか正直に言って」とイワ姫に訊かれ、正直に好みを
披露する鬼灯さまwww

「私なら・・・私が作った脳みその味噌汁を笑顔で飲める方と結婚しますね」
うん、イワ姫なら飲めると思うよww
意外にイワ姫、鬼灯さまの好みに近かったりしてwww

鬼灯さまのドSっぷリが炸裂するお話でしたv

さぁ次回はいよいよレディ・リリスの登場!!
これは楽しみですv
一番笑えるキャラですわ。
この方だけはダントツで素晴らしいwww

そしてラストの締めはやはり白澤さんのようです。
楽しみにさせていただきましょう♪

 

【送料無料】超解読鬼灯の冷徹

【送料無料】超解読鬼灯の冷徹
価格:880円(税5%込、送料込)


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

アニメ「宇宙兄弟」最終回でしたね。

アニメ ついに終わっちゃいましたね。
でも、いいところでの区切りでした。

日々人は月へは行ったものの、そこでの事故で酸素欠乏に陥り、それがきっかけと
なってパニック障害に(><)
自分だけでは乗り越えられなかった症状をロシアへ行ったことから前向きに取り組む
事が出来るようになり、またNASAに帰ってきてからも仲間たちの協力を得て、無事
乗り越えることができて。

でも、NASAの上層部にとっては、克服したかどうかが問題ではなく日々人が一度でも
パニック障害を患ったということが問題で、もう日々人は宇宙へアサインされることは
ないと宣言されてしまい・・・

これまでずっと六太の前を歩いていた日々人が行方不明に。。

一方、六太もビンスのバックアップクル―に選ばれ、月への道が近づいたというのに
日々人のことが気になって訓練でミスを。
ビンスにこっ酷く責められてしまうのですが、ビンスの自宅に招かれたことで二人の仲は
修復され・・・

ってここのところ、ザクっとカットされてましたね(^^;
尺の関係でしょうが、ここもイイお話なんですけどね。
ビンスのことは良くわからないままながらも、奥様と話をすることでビンスのことを理解する
ヒントを六太が得るんですよね。

そして、その後の訓練でそれを活かして行くという。。
六太の気配りというか注意力や記憶力のお陰でビンスの信頼を再び取り戻すとことか
六太の見せ場なんですけどね。
ちょっと残念。

ここはぜひぜひ原作を読んでいただきたいですわ。
あのビンスが六太のことを再評価するんですからね。
それなりのエピソードがあるわけですv

アニメのラストでは やっと日々人からメールが来て。
実は日々人はあちこち回りながら心の整理をし、NASAを去る決意をするのですよね。
もうNASAにいても月へは行けないってことがはっきりわかってしまったので・・・

でも、星加さんが話していた通り、日々人はロシアで宇宙飛行士への再挑戦をするのです。
アストロノートからコスモノートに変わるだけってのはそういうことで。
訓練の場をロシアに移しているところは原作でもまだ描かれていないのですが日々人は
必ずまた宇宙飛行士として月面に立つことになると思われます。

原作読んでるときも日々人がもう月へはいけないんだって知ったとき、ショックを受けたの
ですが(旦那はすぐに「ロシアへ行けばいいのに」って呟いてましたけどww)
もし、あのまま日々人がNASAの宇宙飛行士だったとしても六太と同時にアサインされる
とは限らないというか、どちらかというとそれは無理だったかもしれないんですよね。

兄弟同時にアサインされることは話題にはなるけど、逆に話題性を狙ってると言われかね
ないですし。。
だけど、日々人がロシアに行くことで月へのミッションはそれぞれが各自の能力で選ばれる
ことになり、その方がお互い「やったぞ!!」って想いが強くなるような??

それに日々人にはロシアで待ってる人もいますからねv
今はまだ若いけど、あと数年すれば恋愛に発展することでしょう♪
コレは楽しみ。
次に六太と再会したとき、日々人に子供がいたらどうしょうwwww

この続きは19巻あたりから~
感想はこちらにあるので ネタばれOKな方はどうぞ。

続きはPC版でキーワード検索「宇宙兄弟」 「このブログ内」でサーチしていただければ。

アニメでは半年後、ビンスの乗ったロケットが無事発射するシーンで終わりました。
いいところで区切りだったと思います。

続きは また必ずあると思いますので原作読んで待ってますww
もう少しストック溜まらないと原作に追い付いてきちゃってましたからね。

早く23巻読まなくちゃです♪

夏には劇場版『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』が公開されるようで。
こちらは作者さまの脚本で、兄弟の夢の原点が描かれるようです。
作者が本編連載を一時休載してまで、どうしても描きたかったストーリーだそうで、これは
期待したいですね!!

アニメはとても丁寧な作りで、スタッフからも愛されてるということがひしひしと伝わって
きました。
夜のイベントでも監督が仰られてましたが、本当に「宇宙兄弟」が好きな人が集まってきて
作られた作品なんだと思います。

とりあえずの一区切りだそうで、スタッフのみなさま、キャストのみなさま一時お疲れ様です。
また続きを楽しみにしてますのでよろしくお願いします♪

宇宙兄弟(23)

宇宙兄弟(23)
著者:小山宙哉
価格:600円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2014/03/23 00:31 ] お気に入りアニメ | TB(0) | CM(0)

黒執事新シリーズ「黒執事Book of Circus」詳細発表!サーカス編制作決定!!

本日AnimeJapan2014にて「アニメ黒執事」新シリーズの詳細が発表されたようです。
私、今日は忙しくて先ほどネットに繋いだところなんですが、TwitterのTLのあらぶりが
いことになってますw

新シリーズは「サーカス編」ということですからね!
黒執事の中でもかなりダークでそして核心にも触れる章です。
やっと原作のストーリーをアニメで見れるのかと思うと嬉しくてホッとしてますw

サーカス編制作決定、2014年7月よりアニメイズム枠にて放送開始!
公式HPはこちらです。
原画集の描き下ろしイラストが美麗です。
この世界観が忠実再現されることを望みます。
あれだけアニメで人気が出た作品ですので、キャストの変更はないだろうと思ってましたが
追加キャストがこれまた素敵!

黒執事のキャストに関してはこれまでも全く不満はありませんでしたが今回も素晴らしい!
ジョーカーにマモとか楽しみですね。
妖しく切なくお願いしたいです。
他のキャストさんも非常に楽しみです。

で、問題は監督&脚本だったのですが・・・
う~~ん どうなんでしょう。
監督は「BLEACH」の阿部監督。
私、アニメの「BLEACH」は全くみてないのですよね。
絵コンテとかは評価が高い方だと思うので映像に拘りを持ってくださるのではと期待したい
と思うのですが。

そしてシリーズ構成。
これまた複雑www
これは喜んでいいのかどうなのかww
吉野さんといえば、DTB2期で泣かされ最近ではギルティクラウンやマギでかなり泣か
されてる私。
大河内さんにはギルティクラウンの後はヴァルヴレイヴで泣かされましたね。
もちろん素敵な作品を送り出していらっしゃることも当然知っているのですが(^^;

うう・・・

今回はオリジナルではなく、完璧な原作があるのでとにかくこの再現全力を注いで
いただけたらと・・・
暴走はせず、原作の世界観をお願いだから壊さないでと。

どうしてもこのキャラはサーカス編には登場しないけれど出しておかないとマズイだろう
って大人の事情があることは理解してますので、その場合もギャグ要員としてではなく
そのキャラ本来の良さが生きる形で登場させていただきたいです。

ええ、グレルのことですわねw

アニメのグレルも好きですが、あまりにも本来のもっと残酷でクールな死神である面が
どこかへ追いやられてお笑いキャラになってしまっているのが残念で。。
本来のキャラがしっかりと描かれた上でよりキャラを膨らませる形でギャグ性を入れこむ
のはいいと思うのですが、全く別人みたいになってしまうのはどうかと。
これは子爵も同じ。
彼もお笑い要素を十分に持ってるキャラではありますが、そればかりが特化してしまうの
ではもったいないです。
今回は原作のキャラに忠実に そしてプラスアニメならではの演出せて欲しいなと
切に思うのです。

とにかく、私はそれだけを望みます!!

手放しで素晴らしい!!っと叫べる作品になることを心から願っております。
今回はスタッフもキャストもすんなりと発表してくれましたし、その点は評価したいと
思います。
前回のように振り回されるのはもう勘弁していただきたいですもん。

早々に「幽鬼城殺人事件編」のOVA制作決定したことの発表もありました。
「黒執事Book of Murder」として、2014年秋より劇場先行上映開始!だそうです。
上映劇場が近くにあればぜひ観に行きたいと思いますv

「黒執事Blu-ray Disc BOX」購入者には応募者全員ご招待イベント応募券がもらえる
のだそうです。
イベント参加にこのお値段は私にはちょっと厳しいので参加された方のレポ&感想を
楽しみに待つことになりそうです。

とりあえずはオリジナルストーリーではなく、原作のストーリが見れることを喜んでおります。
よかった、よかった。
サーカス編は特に見せ場が多いですし、期待したいと思います!

黒執事(1)

黒執事(1)
著者:枢やな
価格:2,800円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2014/03/22 22:10 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

キルラキル 第23話「イミテーション・ゴールド」感想

いやいや盛り盛りですねww

マコが最強になったかと思えば 頭だけは残念なままでwww
マコの999連式によって巨大なカバーズからポンポン仲間を吸引救出。

蟇郡先輩ですら9個だったのに999個ってマコいよwww
これだけでも十分活躍したといえるよねw

両側から同時に斬ることで再生しかけた生命繊維をもう一度斬ることになり
生命繊維の再生をさせないってのが断ち切りバサミの真の力だったようです。

縛斬が二本に分かれたことも功を奏するようでv

羅暁さまを攻撃する流子と皐月。
もうすっかり皐月さまの表情は柔らかくて~♪

でも、羅暁さまは二人の攻撃を全く寄せ付けないばかりか、流子をバッサリ
発射台を破壊しようと目論む太陽丸も破壊するつもりのようで。

マコだけでは対処できないし、エライコッチャ(><)っと思ったらここで
四天王に新しい極制服がキマシタ━━━━(゚∀゚) ━━━━!!!!

ヌーディストスタイルもよかったけど、やっぱり極制服で思う存分戦ってもらい
たいですよね~
四天王たちがせてくれますわ。
乃音ちゃんのお股だけは気になって仕方ないですけどねwww

最初の展開ではここまで四天王が魅力的なキャラになるとは予想できなかったん
ですが、嬉しい誤算ですわ。
特に、蟇郡先輩がマコを気に掛けてるとことかすっごくいい!!

で、真っ二つにされちゃった流子ですが、さすがにあの鋏で斬られたら再生でき
ないんじゃないかとヒヤヒヤしたんですが(いやそんなわけないけどww)
実は皐月を囮に自分はこっそり再生して羅暁さまの目を盗み、原初生命繊維の
中核をりに行っていたとは。

こんなこと糸一本残っていれば再生できる流子の体じゃなくちゃ出来ない作戦(^^;

でも、時間稼ぎがバレて怒りを露わにする羅暁さま。
皐月さまでは羅暁さまの攻撃は受け切れない(><)
どうすんのよぉ!!
皐月さまがやられちゃう!!!!

って思ったらいいところで蟇郡先輩が!
もう、四天王たまらんwww

うぉ~~~~~~~!!!
って鳥肌立ててるときに美木杉センセだよwwww
この人も頑張るなぁww
絶妙の角度で後ろを見せつけてらせて来たよwwww

で、グレートマッパダカーとか弩血盛武滾流猛怒とか何なのコレww
怖いくらい畳みかけてくるよwwww

すげぇ!!

って思ったのも束の間、エンジンの出力が落ちてしまってさぁ大変。
って人力だったのwwwww

ここで再び、マコ!
流子を想い、モノ凄い勢いでタービンを回しだした!!
嬉しそうに駆けるマコに感動しちゃったよ!

一気に追い付くどころか、流子を斬りかけたのには爆笑w
どこまでも可愛いマコv

その上、救出された部長らやその他わけわからん人々がたくさん復活してて!!
全総力挙げての決戦だね!!

ベタだけど盛り上がるわw
ただのモブたちだと思っていたのに、土壇場での盛り上げ役がい!

原初生命繊維が斬られ、二人の娘のオイタに羅暁さまのもさぞかし(><)
って思ったんだけど、ヌイの腕を再生。
意外に落ち着いてる羅暁さま。

まだ 斬り札を持ってるから余裕ってことなんでしょうね。

対する皐月陣営では最後の戦いに向けみんなでお茶。
カップを割らず、またここへ戻ってお茶を飲もうという皐月さまが素敵
最下層だった満艦飾家の憩いを皐月さまも羨ましく感じたのでしょうね。
マコに
「家族の思い無駄にするな、私達呪われた一族の分まで幸せになれ」って。
皐月さまのヒロイン度が高すぎる。

さぁ、いよいよ決戦!!
最高に舞台は整ったしこれは期待するわ~

おお~EDが二番になってる~♪
って思ったら、なんと途中で終わったwww

ついに完成した神羅纐纈。
どんなデザインになるかとワクワクしてたんですが、和風でした。
なかなか面白いv

羅暁さまの髪が黄金色に輝いてますわ。
私はてっきりヌイが最後に取りこまれると思ってたのですが、鳳凰丸さんが。。
これにはビックリ。

彼女には何かまだ秘密がありそうですが、どうなってるんでしょうね。

ついに次回、最襲回。
パクさんの羅暁さまに期待MAX!

週末はニコ生で一挙放送だそうです。

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : キルラキル

「ましろのおと」10巻感想です

なんか雪が悶々としてばかりだったら重いなぁ~っと思ったんですが、抜けましたねv
よかった、よかった。

ということで10巻感想です。
9巻感想はこちら

ましろのおと(10)

ましろのおと(10)
著者:羅川真里茂
価格:450円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


”他人の唄に合わせること”が出来ず、自分の音に迷い続ける雪。
はたして、その暗闇から抜け出すことはできるのか!? 
そして、「竹の華」に、かつて雪と競い合った奏者が仲間入り!? 
--試練と再起の第10巻

ってことですが、雪の祖父、松吾郎さんの若い頃がちらっと女将の夢の中に。
なんかて雪そっくりだったようですね~
目は見えなかったようで、あまり顔はわからないけどイケメンだと思う。

夢の続きが知りたいですね。
そのうち、女将の回想シーンとかやって欲しいですわ。

雪は店に出て曲弾きしたり、伴奏したりするうちにいろんな音に一度に出会い、
自分の音がわからなくなってしまったようで。。

女将はそれを温室で育ってきたツケだと。

女将が昔聞いた松吾郎の三味線は本当にかったようです。
技術とか好きとかのレベルではなく、生きるために弾いてきた選択の余地の無い
宿命 であり 生きる道

麻仁は雪に伴奏をして欲しくて雪に合わせて歌うようになってしまっていたようで。
それを見抜いた大河は即座に雪を店からい出してしまいます。

大河は雪が麻仁の伴奏を引き受ければ「共倒れ」になると言います。
出ていくように言われても引き下がるわけにいかない雪は店の裏で正座し続け
何とか大河の許しを乞おうと・・・。

雪が降る中も座り続ける雪。←ややこしいなwww
1週間ほどでさすがに大河も折れますが、「許しうんぬんより、なぜダメだと言わ
れたのかを考えろ」と。

雪には梅子に「ワヤになる」と言われた理由も、麻仁の伴奏をすることにダメ出しを
喰らった理由もわからず・・・

風邪を引いて寝込んでしまうのですが、大河がお見舞いに訪れ、その答えを
教えます。
麻仁は雪の音に惚れているけど、雪は麻仁の唄に惚れていない
そして梅子が怒った理由についても、それは雪が相手を思いやる伴奏をしなかった
から
だと。

「お前は自分しかみていない。自分が弾きたいように弾いて相手をかき乱すんだ」

大河はこれまで雪は「若気の至りで好き勝手に生きている」と思っていたようですが、
退路を断って後戻りできない状況に自分を負いこんでいるのだと気付き、正直怖いと
感じます。

雪の伴奏は気持が悪いと言う大河。
音も拍子も狂いがない天才の旋律の中で生きてきたから調子を揺らす民謡の感じが
ない。
梅子も完璧な旋律の唄い手で、梅子は雪に完璧に弾いてもらいたがっていたのだと
大河は言います。

が、雪は唄い手に合わせたいと思うようになっていたため梅子の伴奏から抜け出そうと
して…
でも、大河は「唄い手に合わせたいならあの時は他の人に合わせるべきだった」と。

完璧を求められたのだから完璧に弾くことが梅子に合わせる、つまりはあの場合の
唄い手に合わせるってことだったのですね。

麻仁に対しては梅子の伴奏をした時の「唄い手を無視した雪の音」に惚れたことを
ダメだと指摘。
一般性の欠けた歪みの渦に巻き込まれちまう

澤村は相手を変える側の人間だ 無自覚のまま誰かを壊す音を出してほしくない

お~~~大河いww

そして大河は、腹を括ってる雪に「自分の知識をくれてやる代わりに日本一の気分を
味わわせてくれ」と。

元々雪の才能を評価してる大河ですし、技術的なことよりも雪にとって必要なことを
教えてくれそうですv

麻仁には 雪が麻仁の唄に惚れたら伴奏を許可すると。
でも麻仁はなかなか自分が思うように唄えず・・・
雪が伴奏をした時にひっぱられた時は自分のこうなりたいというイメージに近づけた
のにその感覚を再現できないようでります。。

そんな時、大会で競いあった大阪の梶が上京。
なんと、店の新しい伴奏者のようです!

梶は唄づけの方が得意らしく、麻仁の伴奏をすると麻仁もとても唄いやすかったよう。
でも、雪は麻仁の唄を聞き、声は細いけど良く通るいい声だからギアを入れてやりたい
と思ったようです。

雪のその感覚が麻仁を変えるんでしょうね。

するとたまたまイベントで雪が麻仁の伴奏をすることになった雪。
当日、麻仁は喉の調子が悪くて声が伸びず、客もあまり民謡に興味がなさそう。
そんな中、雪は最後の曲は自分がリードしたいと大河に願い出ます。

「どうぞ」と大河。
雪はただでさえ、景気の良い「南部俵うみ唄」をかなり速いテンポで弾きます。
すると、ロックのような曲調にそれまで無関心だったお客さんが関心を示し・・・。
麻仁が唄い終わると、お客さんから大きな拍手が。

とても評判がよかったようで、麻仁も唄い終わって気持ちが良かったと感じます。
結局、伴奏は梶ではなく雪に。

梶くんは自分は大河に利用されたのだと思います。
ホントは結果、そうなっただけで大河には全くそんな気はなかったというか、本当に
梶くんの方が適任だと思っていたのに。。

大河、お気の毒だわwww

断られた梶くんはセンター試験とかあるし、どうせ無理だったし、気にしないでください
なんて言ってますが、実は自分に無いモノを持っている雪に対し悔しさを感じ・・・

梶くんもかなりの負けず嫌いのようです。

これから梶くんも上京してきてまたまた切磋琢磨がありそうですね。
次巻、大会で雪が何かやらかすようですしwww

これは次も楽しみ♪



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/03/20 23:11 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)

「BTOOOM!」13巻感想

やっと脱出できるのかと思ったのに 失敗して、ヒミコとも離れ離れになってしまった竜太。
ちょっとぉ~~ 振り出しに戻るかよぉ・・・

って 私もがっくりきたんですけど。。

12巻の感想はこちら


やっと糸口を掴んでホッとしてたのに 全然まだ終われる様子もなくて。。
まだ3分の1のキャラが出て来てなかったし、やっぱりこれらのキャラは全部でてくるのかと
先の長さを思うと私の焦燥感も竜太並ww

これからまた同じくらいのお話が展開されるんでは 身体も精神も持ちませんよ。
しかもヒミコもいないし、織田もいないし・・・

ヒミコはともかく、織田がいないのはイタイ。。
私が思った通り、竜太も織田がヒミコに手を出すのではないかと不安に襲われますが・・・

ま、手を出されることはあるかもしれないけど、その先 どうするって話ですよね。

で、私もやっとこのゲームから逃れられると思ったのにまだまだ話は続くよの展開で
ぐったりしかけていたんですが、なんと 7人新キャラが出て来たけどそのうちの3人は
あっという間にお亡くなりに。
サクサク展開で嬉しいw

竜太を助けてくれた輝夜と呼ばれてる女の子は霊感少女らしく、竜太が悪い人ではない
ことをわかってくれてますし、彼女自身も悪い子ではなさそうなので、この先この子に竜太が
襲われることも竜太が彼女を襲うこともなさそう。
仲間になるとみていいでしょうね。

彼女を守り続けていた宗教団体幹部の天草さんはトリオに殺されちゃったんでしょうね。
トリオの姿で黒焦げになっていたのが彼だと思われます。

輝夜は教祖さまに奉られていたようですが、本当はただの霊感の強いってだけの女の子
だったんじゃないでしょうかね。
それを天草さんらが持ち上げていたとか??

その辺りは分かりませんが、天草さんも悪い人ではなさそうだったし。

リモコン式のBIMによって柴田さんもトリオに殺され、清や蘇我もあまり賢そうじゃないから
トリオにやられるのも時間の問題かと。

そして、次巻ではトリオと竜太の一騎打ちってことになりそうです。
トリオは小野さんのチップも入手してるだろうし、トリオ自身のチップも含めると6個持ってるし、
竜太がトリオを倒せば自分のチップと合わせて7個。

竜太は輝夜のチップを奪うことはしないだろうから、どこかでもう1個チップを手に入れなくては
ならないけどそれで8個揃うし、また脱出できるチャンスを手にしそう。

まだ 出て来てないキャラが5人いるようなので そう簡単にはいかないでしょうが。。

飯田さんの方もちょっとわれ始めてますし、ヤバくなってくるのかも。
竜太の叔父と竜太の義父らはBTOOOMのゲームからティラノスジャパンに近づきつつあり
ますし、何とか彼らに頑張って欲しいところです。

早くこの殺戮ゲームを終了させて欲しいですわ。
そして、こんなゲームを楽しんでる人達にひと泡吹かせてやって欲しい(><)

今回、輝夜の霊視のおかげで平さんがずっと竜太の側にいて守ってくれていることがわかり
ました。
平さん、残念なことになってしまいましたが、竜太を恨むこともなく笑顔でいてくれてて、それが
竜太に伝わってよかったです。

竜太もずっと罪悪感に苛まれてましたもんね。
仕方がなかったとはいえ・・・

いや~~しかし 輝夜ちゃんのポジションいいなぁww
抱きつきたいときに自由に竜太に抱きつけるしww
子供の特権だね。

新キャラ7人の中で生き残るのは多分、この輝夜だけだろうし、後は残りの未登場者5人と 
現存してる竜太を含めた7人。

さぁ 残りの人員でどういう展開になっていくのでしょうね。
ヒミコや織田はどうしているのか。

織田と一緒ならヒミコの生存は安心ですが。
手を出されるかどうかは別として。
でも、さすがに織田はそんな奴ではないと思うわ。

とりあえず、次巻はトリオと殺り合うことになりそうですね。
竜太がまたSAKAMOTOとして覚醒するようなので期待したいのですが手錠がね(^^;

輝夜と繋がれたままだから動くに動けないのでは。
BIMも輝夜の分しか持ってないでしょうしね。

この中で竜太がどう戦うのか楽しみです。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

黒執事 Gファンタジー4月号「その執事、変更」感想

今月号はいろんな情報が一気に掲載されて 脳内に収まりきれてませんわww

とはいえ、お財布事情がままならない私ですので、ほとんど無縁というか指を咥えてるだけ
になりそうです。
みなさんが盛り上がってるのをみて楽しませていただこうと思います。

まずは、新シリーズが制作進行中のアニメから。
1期、2期その他諸々を詰め込んだBlu-rayBOXが発売されるのですが、BOXのイラストが

美麗! (*/-\*)

やな先生の描き下ろしで、坊ちゃんのバッスルレース部分が凄く繊細で綺麗!
これはぜひアップで見たいです!

これ、大阪会場で版画販売になったりしないのかしらん。
ま、いずれにせよ、私はお迎えできませんが(^^;

そして、原画展、福岡会場の最新描き下ろしイラストが!!い!
これがまた 坊ちゃん淫靡 (*´д`)ハァハァ

テーブルに横たわる坊ちゃん自身がテーブルナプキンとして飾り付けられているかのよう!
まるで股間をこちらに見せるけるかのような挑発ポーズ (*/-\*)な上に、うような表情で・・・
これでどれだけの諭吉が舞うことになるのか。

セバさんも「坊ちゃんにここまでされたら抗えないでしょう?貴女の諭吉さんもお待ちしてます」って
微笑んでますわww

詳しくは原画展HPへ。

七面鳥坊ちゃんのイラストも絶対人気でしょうし、今回はどんなイラストをファンが欲しているのかを
よくわかっていらっしゃるラインナップといいましょうかww

描き下ろしイラストは現定数100枚とかなり多めですが、それでも品薄になりそうですし、七面鳥
坊ちゃんに至っては枚数も少なめですし早々に売り切れになるでしょう。

各会場、版画が追加されていくとは思いましたが、これはもう全会場コンプリされる方続出ですね。

ジュエリーも会場ごとにストーンカラーが違うようです。

この流れで大阪会場でも描き下ろし版画が追加されるでしょうし、みなさん狂喜乱舞で財布の紐
など知ったこっちゃねぇ!!状態になりそうですね(^^

が、これだけにとどまらず、生執事の新作公演上演決定だそうで!!
演出・脚本とも一新されるようです。

私としましてはこちらも楽しみ。1回くらいは観に行きたいなと。

では 本編の感想いきます。
ネタばれ全開ですのでご注意を。

先月号の感想はこちら

    4gatu.jpg

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2014年 04月号 [雑誌]


相変わらずセバさんを近づけさせない坊ちゃん。

坊ちゃんが撒き散らした枕の羽毛をくっつけシュンってしてるセバさんがレア。

でも、直後に鏡をみて「そろそろいいですかね。」
腫れの痕の残る肌を一新。

元々なんでセバさんは瘴気に当てられたんでしょうね。
悪魔なのになぁ~

坊ちゃんのお世話は出来ないものの、一時的とはいえサリヴァンの執事になった以上、
サリヴァンの身の回りの世話をするセバさん。

村の女3人も身支度とか手伝ってるようですが、外部からの人間に対してはやはりかなりの
嫌悪感をもってるようで・・・。

でも、セバさんは意に介せず、「男手がひつようでしたらお申し付けください」と。

う~ん。
やっぱりこの言い方だとヴォルフラムは見た目男性っぽいけど女性なのかな~

もし、ヴォルフラムが男ならわざわざセバさんがこんなこと言う必要もないんだし。。

セバさんは アーリー・モーニングティーの用意をしたり、サリヴァンが着て見たいという
現代風の服を瞬時に仕立てたり、優雅な身のこなしでお世話をしたりと すっかりサリヴァンの
お気に入りに。

まるでなってなかったテーブルマナーにも彼女の知識欲を刺激することで、教育することに成功。
新しいことを知りたがるサリヴァンは セバさんから教えられる様々なことに興味津津。

セバさんもちゃんと彼女が喰いつく情報を心得ているようですし。

が、そんなセバさんの態度を使用人たちは冷たいと。
こんな時こそ、主のことを心配するのが執事じゃないのかという意見に タナカさんはいつもと
変わらない態度で「セバスチャンにはセバスチャンなりの考えがあるのではないか?」と。

主人を心配することだけが執事の仕事ではないと言い、微笑みを浮かべながら

「執事たる者、主人の帰還は万全な状態で迎えなくては」

おお~~~タナカさん  カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

今月号も引き続き惚れ惚れだよ!!

タナカさんは必ず、坊ちゃんが元の状態に戻ると信じているのでしょうし、その時に万全の体制で
迎えることが今のセバさんのすべきことで、セバさんもそうしているのだと理解してるんでしょうv

一方、坊ちゃんはというと・・・
フィニが一生懸命お世話をしているようですが、食事はいらないと食べようとせず。。

では・・・っとばかりにセバさんから聞いたホットミルクはどうかと聞いてみると・・・
「はちみつは?」

あ・・・あかん。(*/-\*)

なんて可愛いんだ・・・

ぷっくらほっぺにぼんやりしてる瞳ながらも睫毛が・・・  (/ω\*) 

本来の坊ちゃんはきっとこうだったんでしょうね。
自分たちの身に降りかかった出来事によって 自分を変え、強い意志で持ってこれまできて
いたんだろうけど、今はその記憶がごっそりと抜けてしまっていて。。

セバさんのことを全く覚えてないし、悪魔と契約したこともまるで覚えてない様子。。

坊ちゃんに飛ばしてしまったはちみつを拭おうと そっと坊ちゃんの顔に触れるフィニ。
彼の通常の力では坊ちゃんに怪我をさせてしまいかねないから細心の注意を払って頑張ります。

ホットミルクを飲み終わったら外に行きましょうというフィニでしたが、坊ちゃんは怖がって・・・
そこでフィニは 「怖い奴がきても ぜーんぶやっつけてあげますから!」と。

僕が絶対に坊ちゃんを守ってみせます!

フィニは自分がお屋敷に連れて来られ、坊ちゃんから名前をもらったその時から ずっとずっと
そう決めていたのだと・・・

そっか、フィニアンって名前も坊ちゃんがつけてあげたんだね。
フィニには名前がなかったんだ・・・ ( p_q)

あ・・・でも やっぱり坊ちゃん 適当にその時読んでた本から取った気がする・・・(^^;

が、坊ちゃんは フィニの言葉を聞いて頼もしく思うどころか、逆に「僕なんか守る価値ない」と。

「僕だけが 僕なんかより もっと・・・」

泣きだす坊ちゃん。。

 

フィニの言葉はきっと「あの時」 双子の片割れと思われるシエルが

「大丈夫だよ お前は僕が守ってあげる」

って言ったことと重ね合わせてしまっているのでしょうね。

 

坊ちゃんの言葉の続きは

僕だけが (生き残ってしまった) 
僕なんかより もっと (しっかりしたシエルの方が生き残っていればよかったんだ)

ってことではないのでしょうか?

 

それと、これまでは 当主を継ぐ予定だった利発で身体も丈夫だったシエルが殺されてしまい、
その身体を犠牲に坊ちゃんが悪魔を召喚したのだろうと思っていたのですが、

自分たちを悲惨な目に陥れた者たちに復讐するために 残された方の坊ちゃんがシエルに
成り変わっていると。。

でも、今回の事件で発覚した本来の坊ちゃんは あまりにか弱く・・・

いくら頑張ってみたところで悪魔と契約し、人を殺し、悪の貴族としての所業を成し遂げるほどの
ことができるだろうかという疑問が黒友さんから上がり・・・

それを聞いて私もちょっとおや??っと。。

確かに身体が弱く喘息を持ち、ほとんど人と交流したことのない男の子が トンデモナイ目に遭った
とはいえ、ここまで人が変わったように演じ切れるものなのだろうかと私も。。

ということでもしや、前回、私の感想にコメント入れてくださった方の説が一番しっくりくるのでは?

これまでずっと葬儀屋さんは「一つの体に一つの魂」って当たり前のことをわざわざ坊ちゃんに
言ってきてましたよね。

どういうことなんだろうって凄く気になっていたのですが、もし、坊ちゃんの体の中には二つの魂が
入っているのなら、これは合点がいくというものです。

悪魔との契約時、何が起きたのか?

シエルの体が犠牲になったのは明らかだと思うのです。
お腹グッサリですもん。

その時、シエルが自分の体を犠牲に悪魔を召喚したってことだったんでしょうか?

復讐を成し遂げることができたら自分の魂をやるからという条件で。
そして、そのためには身体が必要なんだけど、ちょうどシエルの死を目の前にし、意識を失くしたか
放心してしまったもう一人の方、坊ちゃんの中に無理に入り込んだとか?

だから実際には本当にシエル自身の魂なんだけど、身体は別で、だからセバさんは坊ちゃんの
ことを「シエルさま」とは呼ばない?

タナカさんも言動はシエルなんだけど、身体が違うから同じく「シエル」だとは呼ばない?

今は坊ちゃんの体を支配していた「シエル」の意識というか魂だけが人狼の瘴気に当てられたことで
眠らされてるような状態になってしまっていて、本来の坊ちゃんの意識が上がってきてるとか?

って私が気付いたわけじゃないのですが(^^;


あと他には シネマティックレコードと関係するかもしれないと黒友さんの考察も。

これがまた高度なのですが。

それらを混ぜて考えてみると・・・

シエルが死ぬ間際にもう自分は助からないってことで自分の身体を犠牲に悪魔を召喚

召喚された悪魔は 強い願望を持っている者として残っていた坊ちゃんを選び、契約しようとしたら
もう一人の子は自分よりもシエルの復活を願って、自分の魂を渡り賃に悪魔にシエルと契約して
欲しいと交渉?

悪魔はとりあえず、一つ魂をもらったから空いてる身体に食べようと思えば食べられたシエルの
魂を入れて契約したいのかどうか確認?

「さぁ、選んで」のとこですね。

そしたら 坊ちゃんの体に入ったシエルは思いの外ヤル気で契約成立。
って感じ?

で、身体は弱いままだから喘息は出るし、魂はシエルだけど、身体に残ってる記憶は身体の弱い
子のものだから  イースターの時の記憶もちぐはぐになったとか?

時々蘇る記憶も身体の弱い子のもので、自分(シエル)が殺されていたのをみてるし、その
断末魔をシエル自身が追体験してしまうから、通常よりも怖い思いをしているとか?

今の状態はシエルの魂(意識?)が完全に寝てしまって シネマティックレコードが途切れたような
状態で それで脳がもう一人の方の「未来への願望」を素材に勝手に動いてしまっているとか??

葬儀屋さんが実験してたような感じで。


 

う~~~ん どうなんでしょうね。

坊ちゃんがシエルの振りをしてる説以上にややこしいですが もし この通りだとしたらこれまでの
いろんなことがすっきりするように思うのですよね。

今回の 坊ちゃんの状態がなければ、単純に坊ちゃんがシエルの振りをして頑張ってきたのだと
いうことで納得できたのですが。

ここまで性格が違い過ぎるとそう簡単に腹黒になり切れるものだとも思えなくなり・・・。


いずれにしても、来月号でかなり核心に近いところに触れてきそうですよね。
でも、坊ちゃんが何を言い出したとしてもフィニは気付かなさそうですが(^^;

うわぁ。。

ドキドキします。知りたいような知りたくないような(><)

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/03/19 04:33 ] 黒執事 | TB(0) | CM(2)

週刊少年ジャンプ2014 16号一言感想

今週の表紙は それぞれの主人公キャラが貢献度に応じた大きさで・・・
って これ現在の人気とはちょっとズレてる気がするww

今週は掲載順が私の評価と結構近い感じ。
若干違うけど。

では 掲載順に一言感想を。

ONE PIECE
相変わらず扉絵が凄いです。ウソップがついに活躍してみせ、キュロスの少年時代へと。
あらら・・・お話が進むにはまだまだ長くかかりそうだわ。
でも、コミックスでまとめて読んだら こういう重厚な感じで進んでる方が面白いのかも。

NARUTO
ついにガイ先生が青葉の養分になる決意を。
そっか、ガイ先生のお父さんもそうやって息子を大きくしたんだね。
だけど、ガイ先生には生きていて欲しい。
だって、お父さんの時と違って力のある仲間が周りにいっぱいいるのだから。

食戟のソーマ
お~~~本戦の1回戦でアリスと対戦ですか!?これにはビックリ。
お兄ちゃんあたりからと思っていたので。。
ってことはお兄ちゃんとは以前対戦してるから 誰か他の新キャラと当たってお兄ちゃんは敗退
ってことになるのかしらん。それは嫌だな・・・。
それにしても絵がすっごく好みだし、エロさ加減がいいんだけど、ソーマのキャラだと折角のエロ
表情も私の中では活きないんだよね。
もっと色気があってれるイケメンキャラが常時出て来てくれないかな。
一色先輩は露出高くて面白いけどエロくないし・・・(^^;

暗殺教室
殺せんせーハメられちゃいましたね。
だよね。マッハ20のせんせ―の犯罪だったら中途半端に証拠なんて残さないよね。
それにやっぱりせんせーは下着そのものより、中身の方が好きだと思うしね。

TOKYO WONDER BOYS
ケースの近くにボール蹴って集めといてから一気に入れるのかなっと思ったら逆でしたw
集めといてから蹴るか。
あれだと後の方になったら、いくらケースの中に入っても山盛りに溜まったボールに当たると
弾けて出ちゃうことになるんじゃないのかな。直前で失速してそっと入るところまでコントロール
出来るなら凄いけど。
私としては、クラブチームの個性的なお兄さん方に期待v

ニセコイ
うん、やっぱり喜ばせようと思ったとしても嘘はよくないよね。
ちゃんと正直にありのままを伝えた方が、結果的にはじいちゃんは嬉しいと思う。
ってこの話、全ては嘘から始まってるようなものだけどww
で、何するんだ?

磯部磯兵衛物語
磯兵衛の人形かwww 面白いけど部屋には・・・いらんなwww
むしろ、お母様の人形が欲しい。

ステルス交境曲
なんか凄い会社だということはわかった!

黒子のバスケ
ここへきて伊月くんの見せ場が来るとは思ってませんでしたわvコレは楽しみだわさ。
でも、またひとり洛山のメンバーが征ちゃんに見切られるのかしらん。。

斉木楠雄のΨ難
斉木のイミディエイト・テレパシーのせいで恋が芽生えちゃったらどうしょうってワクワクしたけど
それはなかったわねwww

銀魂
え、何www 効果音さんが助けてくれたのwwww

ハイキュー!!
次の試合は2m級か~ こちらも対巨人だねw

トリコ
メッチャ怖いニトロが待ってると思ってたら なんてお茶目さんww

i-ショウジョ
コンビニのお姉さんのサービスがエロくてよろしいんじゃないっすかw
って思ってたら木野くんの脳内ダダ漏れもかなり(^^;

ILLEGAL RARE
なんか凄いことになってる。
話は読みやすくなってるし、この調子なら人気が上がってくるのでは~
まだアクセルのセリフの語尾が一定してないのが気になるけど。

SOUL CATCHER(S)
突然のギャグ回でしたね。
嵐というのはOBとかOGがやってきたのかしら?

ワールド・トリガー
チカちゃん頑張りましたねvあそこで踏ん張れなきゃただのお荷物さんですもん。

こち亀
適材適所www両さんだって上手く使えば役に立つ。

BLEACH
う~ん 何だろう・・・

アイアンナイト
そろそろ終わるのかなと思ったらちゅうまで発展してるし、なかなか粘ってて予想外にいいかも。

磯部磯兵衛物語後半
まさかの修行編突入で爆笑したwww

 

では今週はこの辺で~


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2014/03/17 23:50 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

黒子のバスケ 第48話「負けたくない!」感想

いやぁ~原作読んでるときは 試合になるとなっがいなぁ・・・

って なかなか進まない感に襲われてましたけど、アニメはサクサク進行してる気がするww
尺の関係かな。

もうすぐ終わりだから なんとか陽泉戦までは収めようってところなのでしょうね。
でも、私としてはこれくらいでもいいよ。

むっくんのバスケ嫌いモードを延々と聞かされても こちらもキレそうになるだけだしww

嫌なら辞めてしまえ!!

ってねwwww

それに 今回は出ましたよ(><)

むっくんのゴールし。。

ついにオフェンス参加してきた紫原ですが、周りを蹴散らしながらのダンクシュートに唖然。

これ一台いくらすると思ってるんでしょう。
国内の公式戦で使用されるもので800万クラスみたいですよ・・・

こんなに簡単に壊されたら大会の運営がヤバいですよ。。
とりあえず、ぶら下がり禁止にしないとww

それか、過度の負荷がかかったらリングだけ スコンと外れるようにしたらいいかもw
そこだけ付け替えるならすぐに出来そうだしv

って こんなことそうそうないか(^^;

今回のあまりにデカイむっくんと岡村先輩の異様さにシリアス展開なのについついツッコミを
入れたくなる衝動を抑えがたくwww

伊月を追い掛けるむっくんは 2m級巨人にしか見えないしwww
岡村先輩も もはや人間に思えず。。

木吉が下がることを余儀なくされてしまった誠凛は小粒に見えちゃいますよね。

今回は これまでチームを自分が守る対象だと捉えていた木吉が 自分もチームから守らて
るんだって実感
して、チームってのは支えるものじゃなくて 支え合うものなんだって気付いて
感動してる場面が良かったですよね!!

どれだけ 彼はひとりで多くのことを背負おうとしてたんでしょうね。
でも、それは木吉の優しさだったり、強さだったりするのだけど、驕りでもあったわけで・・・

チームメイトを支える対象としてみてたってことは 彼らの力を信頼してないってことにもなるし
頼るに足る存在だと認めてないってことにもなるわけで・・・

日向にしたら「俺たちを見くびるな!!」ってとこでしょうね。

木吉が一緒にバスケ出来ない間も日向はみんなを引っ張ってここまでやってきたんですし、新しく
入って来た1年も生意気ではあるけど、その実力は申し分なくv

頼もしい面々の姿に気付きやっと認めることができ、ひとりで勝手に背負おうとしてきた責務を
下ろし、肩の力を抜くことができた木吉は自然に涙が流れて・・・

かなり一人で無理してたんでしょうね。

中学時代みんなを守ろうとして紫原に粉々に打ち砕かれた経験をしてるし、今度こそって気負って
いたのだとは思いますが。。

それにしても このあたり、原作ではもっと長く描かれていたような気がするんですが??

木吉がもっと深い絶望を味わって、それでも立ちあがったって過程があったような??
どうだっけ?

木吉に変わって出てきた黒子は 紫原をすと宣言!

才能や資質の無い者の努力は実らないと否定する紫原と 努力すれば報われるとまでは言わない
けど、実らないとは限らないとその否定を認めない黒子。

「自分の信念を貫きたいなら、戦って勝つしかない」

2校の試合をみてる同じキセキの世代である黄瀬と青峰。
中学時代から紫原と黒子は お互いの考え方の違いで対立することが多かったようですね。


木吉に思いを託され、自分自身の信念を貫くためにも紫原に絶対に勝ちたい黒子。
これまでのどのキセキの世代との試合よりも 自分自身のために勝ちに拘っているようで。

そこからは 誰か一人に頼らず、ボールを回し、得点を重ねていく誠凛。
黒子がファントムシュートを放つと見せかけて火神にパス。
火神はそのままゴールへ叩きつけv

紫原のマークに黒子が付いてビックリですが、それも考えがあってのこと。
纏わりついてる割にあまりにも軽くて 紫原にしたら黒子がいるのなんて忘れてしまうくらい。

が、それが黒子の狙いで、セコイ手だけど、紫原の動いた先に現れ倒されてみせるという・・・

あらま・・・って感じでチャージングを取られるむっくん。

これはさすがに黒子が言うように1回しか使えないですわね。

日向だって、木吉を支えたい思いは人一倍強く、黙ってるわけにはいかなくて、3Pを決めますv
そりゃそうよね!
もっと日向にボールを集めてあげてwww

誠凛はディフェンスのフォーメーションを新しくし、オールコートをマンツーマン・ディフェンスで。
相当な運動量を必要とするようです(^^;

第3Qが終わり、いよいよ第4Q開始。

陽泉は氷室を加え、本来のWエースで。
誠凛は新フォーメーション+火神の2Pエリアのディフェンス。

それぞれが出来ることを考え、いざコートへ。

黒子はもう一度 円陣を組みたいといいます。
一人で戦うのではなく、みんなで戦うのだということを再確認。

これが黒子が目指すバスケチームの在り方なんですよね。

そんな黒子をあざ笑い、捻りつぶすと言う紫原に

「そんな軟じゃない」と黒子。

 

チームメイトを頼もしく思い、送り出す木吉でしたが リコに最後のみがあると。。

木吉の頼みとは?


さぁ 陽泉戦もクライマックス。
辰也と火神の対決も楽しみですし、紫原を止めることができるのかどうかも・・・

って 先は知ってるんですけどね。
アニメはアニメの緊張感があり、これがなかなか楽しいです。

むっくんの髪が 苛ついた感情と共にふんわりと立ち上がるとことかなびくとことか、作画が
丁寧でいいですよね~
むっくんのはスタッフにされてるなとww

あとは辰也が火神とのバトルを別嬪さんで締めくくってくれたら私は満足でございます。

 

EDの差し替えは どんどんと人が増え、和気あいあいと楽しくなってきてますが、黒バスを
久しぶりに見た娘は
「なんでみんなムショで作業してるん!?」と一言www

う~~~ん 確かにみんな作業着だし、そう見えなくもないよねwwww

そして エンドカードは・・・
帝光時代の合宿でしょうか?

バスケに関しては意見が対立するものの、それ以外では割と仲良しさんだったのか、隣同士の
お布団で楽しそうな黒子とむっくん。

それを横から無言で 嫉妬オーラを放つ青峰&黄瀬ww

なんか 可愛いよね~♪


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 黒子のバスケ

鬼灯の冷徹 第10話「十王の晩餐」「ダイエットは地獄みたいなもの」感想

今回は 晩餐のお話の繋ぎが上手かったですね~

原作の隙間をほどよく埋めてくれてましたv

「十王の晩餐」

「地獄の沙汰も金次第」も分かりやすく解説してくれてましたよね♪
蛍の光の演出を実際に聞けたのも嬉しいwwww

こういうのは マンガ読んでるだけではなかなか実感できませんもんね。

そして ハウリングですよww 

「さすがアニメ!!」っと唸ってしまいましたわw
拡声器にはよくありますよね(^^;

演出が細かくて好きwww

お供えの「パイの実」と「コアラのマーチ」率が高いってのが笑えますよね。

簡易地獄では 特別顧問として芥子ちゃんが出張。
舌を抜かれてるところも見せてくれましたww

原作より よりわかりやすいわwww
い。

それにしても 十王が楽しいんですよね。
現世の地獄絵では閻魔大王だけが一番大きく描かれることがあるけど、実際もそうってのもw

あと、他の王たちが閻魔大王に比べたら自分たちは「十把一絡げ」とかパンダみたいって
自虐ネタもww

そして あの曲♪に乗せての十王の紹介www
原作でも この感じなんですが、やっぱり実際聞くとより笑えますわwww

しかも、アニメでは 「もう一度!!」って2回も歌ってくれました。
親切だわwww

閻魔大王の見切れっぷりも見事でwww

もう、ホント大王さまったらお気の毒。。

他の王の補佐官はみんな従順なのに、大王の補佐官だけは気のせいじゃなくて、マジしいw
しかも アニメ鬼灯さまはよりいっそう厳しそうでww

ビフテキ思いっきり投げてましたよねwww

「ポロポロこぼさない!!!」っておぼんでパン!!ってやったり、何かの切れ端をパンパンやって
マナーを見張るとかねwwww

この感じがいいんですよww

「少しは他の補佐官を見習ってよ」ってお願いする大王に

「うちはうち!!よそはよそ!!」

この距離感がいいのですわ  d(≧∀≦*)ok!
補佐官にして大王をてしまうというwww

決して従順ではないですが、これは鬼灯さまならではの愛情表現wwww
鬼灯さまなりに 大王にしっかりしてもらわなくては!ってことで 厳しく管理してるんですよね。

大王としては もうちょっと鬼灯さまが優しくてもいいんじゃないの??って思ったりしてるん
でしょうが、でも、ちゃんと鬼灯さまの仕事っぷリを知ってるから 決してそれに対して本気で
文句いったり、注意したりはしないんですよねwww

「うちの鬼灯くんはいい子だ」

って大王のセリフが全て!!!

こっから いろんなことを妄想してみては萌え萌えタイムに入っていけます(*>ω<*)ノ

で、有能過ぎる鬼灯さまですので、現在の供物の大半が処分される問題も 解決の糸口を
試行中というwww

会食は料理と飾り付けは全て供物から。o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

これには さすがの十王たちも何も口を出せずwwww

大王さまがたくさん並んでるように見えましたよwww
鬼灯さまなら どの王の補佐官になっても変わらず有能さを発揮するんでしょうねw

でも、やっぱり閻魔大王さまの補佐官こそが相応しい(〃∇〃v)

 

そして この流れからの「ダイエットは地獄みたいなもの」

上手い構成ですよね♪

最近太ってしまった大王さま。
お腹が以前に増してエライことに(><)

シロも原作以上に凄いことになってるwwww

これでは ルリオも心配するよね。

早速 ジムに行くみなさん。

「動け豚ども!!」のあたりはアニメオリジナルw
縄跳びの縄もアニメ鬼灯さまがオリジナルで作ってくれたようですww

バランスボールに乗ってるお香ちゃんが可愛い
芥子ちゃんがガンガン跳んでるのも凄いわwww

ちょこちょことオリジナル入れてくるところが嬉しいです♪

全国のお父さんがドキッときてるところの 鬼灯さまの演出がくよかった!!
エロかった 鳥肌立ったwwww

でも、唐瓜がお香ちゃんに 「今が一番キレイです!」って言ってるのを聞いてるお香ちゃんは
原作の笑顔の方が好きだなぁ~

とっても人の良さそうなところが出てるんだけど、アニメではちょっとクール。。

八寒地獄でかまくら作ってるところは随分とオリジナルがw

その後のはまはげさんの家も 原作では巨大かまくらだったんですが、合掌作りの立派なお家
でしたwww

より、なまはげ度がUPww


次回は一寸法師とお山の姉妹のお話のようなので レディ・リリスの一番笑える話はラストに
もってくるようですねww

上手いなwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

これでちょうど4巻までを消化できそうですね。

この感じだと2期がありそうな気がするんですけどね~

あったらいいな。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

キルラキル 第22話「唇よ、熱く君を語れ」感想

勢い衰えず!!

どころか加速してますね!!いよwwww

今回は純潔を脱いだ流子の血の雨から始まり、ヌイの両腕をばっさりとか とにかく流血が
半端なく・・・

これ、血が苦手な人には力が抜けちゃう状況でしょうねw

ぴくぴく動くヌイの腕をグイって踏み付けちゃうヒロインってのもなかなかいないよね。

鮮血との人衣一体もまるで合体ロボみたいで 仰々しくてよろしいんじゃないかとv

今回のキーワードは「わけのわからない」
鮮血もわけわからなきゃ、マコもわけわからないwww

って一番の謎はマコだと思うんですけどねwwww
制服の上下を反対に着ようとしてるとか もうお茶目過ぎてたまらんわw

押さえ過ぎだよねww

こんなマコにどんどんとハマっていく蟇郡先輩が堪らなく可愛いのです♪

纏博士つまりは総一郎が残した「断ち斬りバサミ」生命繊維の復活を阻止できる鋏だったって
ことで 娘たちに原初生命繊維を倒して欲しいと言う彼の思いが託された形になってるようです。

そういえば、すっぽんぽんの上に鮮血を着たので流子はノーパンだと思ってたんですが、鮮血は
パンツにもなれるんですねww

っていうか、パンツまで揃っての人衣一体なのかしらん。

ヌイを救出するために鳳凰丸がカバーズを大量に残していったものだからそこから人間を抜き出し
生命繊維を回収していくヌーディスト・ビーチ隊。

テニス部部長とか、その他部長たちも再び登場で 最後はこれまで出てきた人たち総出でのバトル
になるんでしょうか。

モブ扱いだと思ったんですが、意外にも活躍しちゃったりするのかも。

これまでの皐月さまは人員なんて使い捨てのつもりできたのでしょうが、そのやり方では自分が
忌み嫌う母親と同じやり方だったと気付き、これからは 自分の元に集まって来た者たちを大切に
していきそうですね。

太陽を背景に皐月さまに殴りかかる流子の場面は息を飲みました!
流子が本気で皐月さまを殺そうと殴ることはあり得ないとは思いましたが、手加減するってのも
どうかと思っていたんですが、

皐月さまを殴らせまいと四天王たちが次々に盾となり・・・

猿投山は後ろが光ってましたけど、どこまでも皐月さまを守りとおす四天王にれますわ。
四天王たちの訳わかんない逆切れではないマジギレに流子も訳わかんなくなり・・・

訳わかんない連中に守られてるのは流子だけではなく、皐月さまも同じってことで 流子は納得
したみたいですね。
皐月さまに対する怒りは収まったようで。。

羅暁さまを倒すためには非情にならなければ太刀打ちできないとばかりに 感情を斬り捨ててきた
皐月さまでしたが、流子と鮮血、そしてマコの影響でその間違いに気付いたようです。

世界は一枚の布ではなく、何だかわからないモノが溢れているから美しい。
いやいや それもなんだかよく分からないけどww

皐月さまの表情がすっかり柔らかくなって・・・

ますますれますわ \(^o^)/

自分に誤りがあると気付けばちゃんと否を認め、そして流子の協力が必要だと思えば頭を下げて
依頼する皐月さま。
志が高いがゆえに必要のないプライドなんて簡単に捨てることが出来るのでしょう。

だからこそ、カッコいい!!
頭下げてるのに神々しくて見えないwwww

コートもよくお似合いだし、次回OPにも増えてるかな。

流子もすっかりデレちゃって・・・
タイミング良く運ばれた何だかよく分からないモノで作られたコロッケが 後々、こんな形で繋がって
くるとは 全く想像もつきませんでしたわ。

みんなで輪になってご飯食べるとか すごっくしいわ~♪
蟇郡先輩がピッタリ膝を揃えて座ってるのが可愛くてたまりませんわw


鬼龍院 羅暁の最終目的は 人類を全て生命繊維に変え、この星を覆うこと。
それが天種繭星

つまりは地球をエネルギー源に変え、そこからまた新たな種子を宇宙にばらまこうとしているって
ことのようで。

これが生命繊維の繁殖の仕方のようです。

今まさに、羅暁さまは本能字学園の発信器に原初生命繊維をセッティングし、全人類生命繊維化
へのスイッチを押そうとしているようです。

それを止めるには 発信器を壊すこと。

皐月さまに「さん」付けで呼ばれてく美木杉センセwww
敵対してたけどすっかり仲間になっちゃって。

イイ感じです♪

皐月さまを「お姉さま」呼びしようとして口に出せない流子や それをわかって無理する必要はない
って余裕の皐月さまに もうヒィヒィしてしまいますわwww

ベタな展開といえばそうなんだけど、王道こそがやっぱり胸熱!!

そして ここからはプリキュア並の変身!!
なんだけど、色々食い込んででとてもプリキュアとは・・・(^^;

でも 鳥肌たったわ!!

一方、太陽丸の方には戦闘に特化したカバーズが現れて・・・!
コイツはヤバい!!って時に颯爽と登場したのが

喧嘩部部長 満艦飾 マコ

「この船は 私が守る!!」

 

アハハハハ 

さすがマコだよwwww  o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

絶対何かやってくれるとは思ったけど、大丈夫か??
次回が待ちきれない。楽しみだわぁ~~♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : キルラキル

「世界一初恋」~横澤隆史の場合5~感想♪

この「セカコイ」シリーズとか「純ロマ」シリーズとか 受けさんがウダウダグルグルしてる場合が多くて
主に律ちゃんと美咲ですがww

いい加減はっきりせい!って思うのですが(他の人は結構それなりに楽しんでますから)
でも、この横澤さんシリーズは そういう線とはまたまた違ってて面白いです。

相変わらず悩みまくってるような感じではありますが、関係が進展してくれば不安の方向も変わって
くるもんだってことですよね。

劇場版が15日からロードショーってことで。

私はDVD待ち組ですね。
アニメ絵綺麗だし見たいんですけどなかなか映画館まで足を運べないwww 

だって近くに上映劇場がないじゃないwwww



世界一初恋

世界一初恋
著者:藤崎都
価格:609円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


あるきっかけから少年誌「ジャプン」の編集長・桐嶋禅と恋人関係になった丸川書店営業部の
「暴れ熊」 横澤隆史。
だけど付き合いが深くなればなるほど、なぜか桐嶋との将来に不安を感じてしまう日々。
そんな時、桐嶋の娘・日和の同級生の叔父である五百川に、日和が成長しても堂々と桐嶋と
一緒にいられる のかと問われ...?
オトナが初恋をこじらせると、執着と溺愛で激甘な「愛」が出来上がります。
出版社丸川書店を舞台に繰り広げる編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆
描き下ろし漫画は結婚式予行演習!?


今回の背景の花はミモザですか~
イタリアでは「ミモザの日」ってのがあって、男性から女性にミモザの花が贈られるのですが・・・
意味深でありますwww


これまでの感想はこちら

前回、4巻感想で横澤さんの名前タイプミスしてましたわ(^^;
直しておきましたけど、いつもながら申し訳ない。

なかなか愛されてることに浸れなかった横澤さんですが、やっと恋人との幸せな生活が日常として
受けいれられるようになってきたようで・・・
よかった、よかった♪

ところが、そうなったらなったで別の不安が・・・

今の桐嶋さんとの穏やかな幸せを1年前の自分からは想像できないと思う横澤さん。
付き合い始めてから半年が過ぎたんですね。

が、幸せな日常を知ってしまったからこその不安も覚えるようになり・・・

いつまで今のような生活を続けていられるのだろうか

手放したくないと思えば思うほどその気持ちは大きくなって・・・

そりゃそうですよね。
将来のこととか考えたら、二人だけのことならともかく、桐嶋さんには日和ちゃんがいるのだから。

ずっとこの先も桐嶋さんと一緒にいるとなったら、二人の関係を日和ちゃんに話さなくてはならなく
なるわけで・・・

そうなったとき、日和ちゃんがどう反応をみせるかが怖いんですよね。
日和ちゃんのことも好きだから 嫌な思いをさせたり、傷つけたくなくて。

そのためには「自分から離れていくしかないのかも」と漠然と考えてしまうのでした。

桐嶋さんひとりだったら、雑誌の編集長としての実績もあり、社会的にも申し分ないし、娘がいる
とはいえ、ルックスもイイし、本気で再婚を考えれば相手なんて簡単に見つかりそうなもの。

二人の幸せな将来は簡単に想像出来ても、そこに自分がいることは想像できない横澤さん。

そんな時に、横澤さんの悩みを感じ取ったかのように、例の五百川さんが近づいてくるのですよね。
前々から桐嶋さんは感づいていたようですが、五百川さんは横澤さんに気があったようで・・・

いつの間にやら横澤さんはモテ期に入っていたようですww
桐嶋さんと付き合うようになって丸くなったことで 人を寄せ付けやすくなったみたいです。
本来は優しい人だし、ルックスだって、本人は気に入ってないみたいだけど悪いわけじゃないし。

偶然エレベーターに乗り合わせた時にそのエレベーターが止まってしまい、これはチャンスだと
ばかりに五百川さんに告られちゃいますv

しかも 不意をつかれたとはいえキスまでされちゃって・・・。

さすが五百川さんは押すとキャ押しますねw 営業向きの人だったようです。
横澤さんは 仕事はバリバリこなすけど、プライベートでは自分の思いを押し通す粘りというか
強引さはないですから。

自分のことに関してはまるで臆病になっちゃいますから。。

横澤さんとしては隙があるっていうより、まさかそんなことになるとは思ってなかったんでしょうが

しかし、この世界にはあるのだwwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

五百川さんの気持ちには応じられないと断るものの、五百川さんに言われた言葉が胸にしこりと
なって残ってしまう横澤さん・・・

「日和ちゃんが成長した時、堂々と桐嶋さんと一緒にいられますか?」

五百川さんとのことは桐嶋さんに気付かれる前に解決しておこうと思ったのに、エレベーターが
直ると扉の前で桐嶋さんがお約束のように待ってましたv

車で送るつもりで追いかけたところでエレベーターの故障に気付いたようで。
中から五百川さんも一緒に出てきたし、横澤さんの態度からこれは何かあったと感じる桐嶋さん。

横澤さ宅へ着くと早速尋問

そりゃ気になるわな。
で、横澤さんも観念して五百川さんに 自分たちが付き合ってるかどうか訊かれたこと、好きだと
告白されたことを話します。

桐嶋さんは「やっぱり」と驚く様子もなく。。
桐嶋さんは 五百川さんの態度からそうだろうと思ってたからずっと警戒してたんですよね。

仕事が立て込んでるのを知ってるから遠慮して帰るつもりだったようですが、玄関でキスをしたら
帰りたくなくなってしまった桐嶋さんww

うん、そういう流れになってもらわないと私が困るわ♪

横澤さんがキスに反応してたことをいいことに 履いた靴を脱いで寝室Go!
桐嶋さんのキスから逃れられない横澤さんってのが非常にイイです (〃∇〃v)
桐嶋さんのキスって本当に上手なんでしょうね~ (*/-\*)

とにかくプライドが高くて恥ずかしがり屋さんで なかなか素直になれない横澤さんの腰を
毎回いちゃうんですもんねww

そして 横澤さんも実は非常に感じやすいんだと思うv
いいモノもってますね \(^o^)/

いろいろ抵抗を試みるものの、ことごとく粉砕され、最後は連れ込まれる横澤さんwww

いやいや それでいいのよ d(≧∀≦*)ok!
むしろ、あんまり頑張ってくれなくて正解。


うつ伏せにされローションたっぷりで解されてる横澤さんが可愛いっす(/∀\*)
指の刺激だけで果ててしまいそうになるくらい感じちゃってるようで・・・!
さすが桐嶋さんだw

わざとらしておいて「大人しく感じてろ」って楽しんでる桐嶋さんは素晴らしい(*>ω<*)ノ

もっと腰を上げろと言われ、後から貫かれる体勢を取らされ、それでも大人しくされるがままに
してるのは相手が桐嶋さんだからって ちゃんとわかってる横澤さん!!!

あんなにプライドが高い横澤さんをこんなにしちゃって・・・。
これはたまらんです(*´д`)ハァハァ

気が強くて態度がデカい奴ほど押し倒したくなる桐嶋さんの気持ちが痛いほどわかるwww

横澤さん 後ろだけで「間違いなく気持ちいい」って快感を覚えるほどまでになって。。

まだまだそれを素直に桐嶋さんに伝えられないけど、カラダはしっかり反応し捲るようにv
横澤さんが後ろを取られてるイラストご馳デス(≧∇≦)

早く横澤さんも桐嶋さんのようにHすること自体を楽しん欲しいですね~
理性ぶっ飛ばしてズブズブにれて欲しい!!

すっかり桐嶋さんと意気投合の私。。(*>ω<*)ノ


仕事しなくちゃいけないからと早々にシャワーを浴びに行く横澤さん。
っと 桐嶋さんも付いてきてw
そりゃそうだろw
桐嶋さんのことだから、ここでも続きがあったんじゃないかとアタシは睨んでますww


外で偶然、五百川さんに遭った横澤さんは カフェに入りはっきりと断りをいれますが、五百川さん
全く退く気配なし。
粘り腰の五百川さんは手を握ってくる始末!

横澤さんどうするんだろ??っと思ったら、桐嶋さんが颯爽と現れて横澤さんを浚って行きましたv

まるで姫を助けにきた王子www

そのまま横澤さんを自分の車に乗せると このところの横澤さんの態度が気になっていた桐嶋さんは
エレベータの中で何があったのか訊いてきます。

仕方なく、横澤さんは無理やりキスされたことを話しますが、桐嶋さんとしてはそんな相手とお茶してる
ことから もしや自分よりも五百川の方がいいと迷っているのではないかと思い・・・

まぁ、横澤さんに限ってそんなことがあるわけもなく、でも、悩んでいることを見透かされたものだから
思いきって 気にしてたことを話します。

「今」の幸せを手放したいわけではないけれど、日和が成長していろんなことがわかるようになったら
いつまでも今のような関係を続けていくわけにはいかない。

が、横澤さんの決死の思いはあっさりと退けられ・・・

「日和にはいつかちゃんと話すし、日和は偏見を持つような子には育ててない」と桐嶋さん。
それでも周囲の目を気にする横澤さんに 陰口をたたく者もいれば味方になってくれる者もいると。

そして この際だから全部吐いてしまえと言われ、横澤さんは一番の不安を口にします。

「本当に俺でいいのか?」

いまさらなことだと言いながらも桐嶋さんも それが一番不安なことだとわかってくれていて・・・

「この先、一緒に生きていくのはお前がいい。お前じゃなきゃダメだ」

キャーーーーーーーーー!!

 プロポーズキマシタ!!!!ヽ(*´∀`)ノ

こんな完全な求婚って他のカプにもありましたっけ?

あ、ウサギさんはこれに近いこといつも言ってるかww

でも 双方がしっかりと「将来」を意識し合ったのはこの二人くらいじゃ??

「何があってもお前を手放すつもりはないからな。
俺以外、お前を幸せにしてやれる男はいねーんだからとっとと腹括れ」

もう、横澤さんが女性を選ぶという選択肢は桐嶋さんの中にはないようですww

「俺もあんたじゃなきゃダメだと思う。愛してる」

もう結婚だよねwwww ホント 結婚だwwwww
一番後のカップルが一番最初にゴールインだよww ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

やっぱ大人はやることが速いwww d(≧∀≦*)ok!

そして海を見に行った二人ですが、お約束のようにキスだけでは収まらすHへとv
それにしても後部座席だとはいえ、デカイ男が二人では窮屈なことでしょうw

とはいえ、文句を言いながらも横澤さん、いつもより感度良好のいいようで♪
あとは素直にイイって言えるようになるだけですね!

五百川さんとのことは横澤さんの中で不安が解消されたことで ちゃんと納得してもらえることが
できました。
横澤さん、愛されることでどんどんと魅力が増していくようです
桐嶋さんと出会えて、ホントよかったよね!


そんな横澤さんでしたが、ある日、会社で都市伝説化してる桐嶋さんの同期の安田さんに遭遇。
桐嶋さんにさくっと紹介してもらっただけだったのに、二人が付き合ってることを見抜かれて・・・!

横澤さんはどうしてバレたのかと、自分の態度に問題があるのか、顔に出てしまっているのかと
心配で心配で。

桐嶋さんは気にするなといいますが、この先、会社で二人の関係がバレるようなことがあっては
困る横澤さんとしては どうしても安田さんが何故気付いたのかが知りたくて・・・

滅多に会えない人なのにまた偶然会うことが出来、横澤さんは思い切って訊ねます。

すると・・・
「俺そういうのに聡いんだよね。何となくわかっちゃうっていうか。ま、バイだから同類的な雰囲気が
わかるのかもな


アハハハ しかもバイとは言え、比重で言えばの方が好きだとwww
横澤さんのこともまんざらではないようでw

ここにもいましたwwww
さすが丸川!!

横澤さん、安心して。丸川には同類だらけだからwwww

ということで横澤さんの心配は払拭されたようですv

よかった、よかったww

 

私、このシリーズの中で一番このカプが好きかもしれない。
一番後から成立したけど、一番共感できるわ♪

ホント 後は横澤さんのデレを待つだけなんだよなぁ~(/∀\*)


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : ボーイズラブ

別冊少年マガジン4月号 「進撃の巨人」55話感想

今月も凄かったですね!

今月はハンジさんに全部持ってかれましたが、物語の主軸に触れるような展開になって
きてますし、いよいよこの世界の謎が明らかにされつつあるようです。

先月号の感想はこちら

ではまた ネタばれ全開で55話の感想いきます。

 

王制を打倒し、我々で壁に残された人類全ての実権を握る

狭い壁の中で人同士が血を流し合う自体になることを憂うピクシス。

彼は自分を「エルヴィンが目論んだ通りの男」だといいます。
王が壁の外に興味を持つことを御法度として107年
が、この世界の中に人を留め続けることに限界を迎える日が来た時、王に銃口を向けるつもりで
あった。

とは言え、部下を人同士の争いに導く権利は自分にはないといいます。

エルヴィンは
「ですが あなたには私を裁く権利がある」

自分の考えを話し、ピクシスの協力を仰ぐつもりのようで・・・。

ピクシスも自分が納得すれば 今の地位を捨ててでもエルヴィンへの協力を惜しまないと言いますが
武力による王都の制圧には民衆や貴族たちからも反発をくらうだろうと反対のよう。。

2000年以上も続くとされる王家の血筋は人類の繁栄の象徴としての役割を担い、その存続が
人々の心の支えになっていて、その象徴を惨殺するやり方では武力による衝突を免れないと。

エルヴィンは 「武力の行使なく、王の首をすげ替えるつもり」であることを話します。
しかし、まだ最も重要な根拠の裏付けが取れていないからと しばらく自分の子供時代の話を。

エルヴィンの父は教師で ある日、エルヴィンは人類が壁に追い詰められる経緯についての歴史を
教えてもらっている時にあることに疑問を持ち質問をしたようです。

が、エルヴィンの父は教室ではその質問については答えず、家に帰ってからこっそりと答えたの
でした。

「王政の配布する歴史書には数多くの矛盾が存在する」

そもそもの謎は文献が残っていなくても壁に入って来た世代が子供に歴史を語り継げば外の
情報は残すことが出来たはず。

そこでエルヴィンの父はある仮説を立てたました。
「107年前、壁に逃げこんだ当時の人類は王によって統治しやすいように記憶を改竄された」

なぜ父が教室でこの話をしなかったのかを察知するにはエルヴィンは幼すぎ、友達にこの話をした
ことでエルヴィンの父は事故死を装い、王制によって殺されたようです。

それからエルヴィンは父の仮説を証明することが彼の人生の使命となったようで・・・

そっか、エルヴィンは王制に対し子供の頃から懸念を抱いていたんですね。
そして仮説を裏付けるような出来事にも出くわしたわけで。。

人が巨人になり、巨人が壁になるこの世界では 父の仮説はあり得ないとも言えず、また、エレンや
アニが叫び声によって不特定多数の巨人の意識を同時に操ることが出来たことからも不可能では
ないのではと考えたようです。

コニ―の村で判明した事実からも人間と巨人は生物的に無関係ではなく、その「叫び」の影響を
受けるのは巨人に限ることではないのかもしれないというのも なるほどなぁと・・・。

しかし、エルヴィンは「王制の役人にも彼らなりの正義があったはずだ」と考えたようですが、総統局
に招集されてみると 彼らが守りたいものは人類ではなく家や地位や権利だったとわかり決断したよう
です。

そこへ伝令が・・・。


数時間前に行われていたのは・・・ ハンジによるサネスへの拷問。

一心不乱に爪を剥がしているようですが・・・

「オイ!?待て!!目的を言え!!」
「うるさいな!!こっちは人間の拷問なんか初めてなんだよ」
「拷問ならせめて何か聞け!!何も聞かずに爪を剥がす奴があるか!!」
「黙ってろ!!全部剥がしてからが本番だ! !」

爪じゃなくて指ごと反対の方向に曲がってるよ(><)

ハンジさんの横で手袋して準備してる兵長も怖いよ。。
やっぱり兵長は素手ではしないんだね。。

拷問の最中なのにギャグが入るって!?
しかもそれが冴え渡ってるって(><)

サネスの悲鳴を別部屋で聞いていた104期生は青ざめ 自分たちのやっていることに頭を抱え
ますが、エレンは「俺たちはクーデターをやってるのだからまだまだこんなものでは済まない」と。

アルミンも100年以上続いてる体勢を変えようというのだから・・・

っと民衆を味方につけ、調査兵団が救世主のようになるシナリオを考え口にしますが・・・

そのあまりの陰湿で姑息な考えにみんなはドン引き・・・

それに気付いて「なんちゃてね」って笑ってごまかす顔があまりにもゲスミン(><)
これがアルミンなのかとさすがの私もショックでしたわ

僕らはもう犯罪者なのだと言うアルミン。
今の敵は自分たちを食べようとするから殺すのではなく、考え方が違うから敵なのだと。
もしくは、所属が違うってだけかもと。

この先そんな理由で人の命を奪うことになるかもしれない自分たちは もう良い人ではない。

そうだよね。。これからやろうとしてることは 人類のためかもしれないけど相当の覚悟はしておく
必要がありそう。。

一方、拷問部屋ではニックが受けたメニューと同じものが兵長とハンジによって行われてて。

剥がした爪を並べて本人に見せながら「サネスほど上手に剥がせなくてごめん」なんて言ってる
ハンジさんてどこまでも普通じゃない(><)っと思ったんですが、理由があったんですね(^^;

上手に剥がすようになるために これまでサネスは何人の拷問してきたかってことですよね。

この壁の平和を守って来たのは自分たち第一憲兵だというサネス。
自分たちが汚い手で火種を消してきたからこそ、人類は平和を享受できたのだと。

エルヴィンの父もヒストリアの母も たぶんアルミンの両親と思われる夫婦も犠牲になってたようで。

自分たちに感謝しろというサネスに 「ありがとう」と淡々と答えるハンジさん。
そして兵長も「そうか、大変だったな」って折れて曲がった鼻を戻してやるとか(><)

まっすぐになって鼻血がドバーって流れてるのに まるで冷静だよ。。

そして 「そろそろ拷問を始めよう・・・いいか?質問に正確に答えなければおしおきだ」

って 今までのは何だったのだよ!?
ウォーミングアップ??

兵長の顔が・・・

今回は この拷問だけでお腹いっぱいになりそう。

単刀直入に「レイス家とは何だ?」と訊く兵長。
ハッって笑って 答えとは別のことを話そうとした瞬間、「待った」

「答えるのが遅かったよ、おしおきだ」
虫歯じゃないヤツが抜きたいなぁ~って 楽しそう。。

でもサネスは もっとやれよと。
自分たちも正義のためだと拷問をしてきた。そして、お前たちも正義の味方なんだから遠慮
するなと。

この先、拷問を続けても吐きそうにないと考えたのか、兵長たちは部屋を出ていきます。
残されたサネスは 自分はここまでだから あとは頼んだと同志に思いを託します。

この壁を、偉大な王を どうか戦争から守ってくれ

涙を流すサネス。
彼にも彼の守りたかったものがあったってことのようですが・・・

外から漏れ聞こえてくるのは 同志ラルフとリヴァイたちの声。

このままではラルフも自分と同じ目に遭うとラルフの身を案ずるサネスでしたが・・・

「情けない奴め 爪一枚で全部喋りやがって」

何・・・だと?   外の声にショックを受けるサネス・・・

サネスは手の爪全部剥がされてもしゃべらなかったと聞いてラルフは「そりゃあいつの勝手だ」
その上、あいつは王だの平和だの暑苦しくて迷惑してたんだからさっさと死ねばいいと。

うわぁ・・・なんて奴なんだラルフ(><)

と思ったら、首にナイフを突きつけられていてメモを読まされてました。。
兵長とハンジに喋らされていたようです。
なんてこったい。。

心理戦による精神攻撃だったのか。

でも、ラルフはサネスのように首を斬ってみろとは言わなかったんですね。
サネスほど強靭な精神を持ってなかったってことか・・・。

「あんたたちで奴を殺してくれよ」
「お前らの証言と一致するか確かめるまではダメだ」
「もうオレのゲロしたことで当たってんのにぬかりねぇな」

「なぁ オレの牢にはベッドはあるのか?」
「安心しろ、飯も二食出してやる。サネスが吐けば相部屋にしてやる」

状況を知らずに聞いているサネスは ゆっくりと瞼を閉じ・・・

そして 扉が再び開かれるのと同時にサネスの瞼が開かれ・・・

「おはようサネス、私も辛いんだけど頑張って拷問するよ」

元気よく入ってくるハンジと準備万端な兵長。

「君の希望通りなぶり殺しだ。さて、いらないのは右と左のどっちの睾丸?」

「レイス家が本当の王家だ」

もう自分が守るべきものは何もないと悟ったのか、絶望したのか、それともラルフを守ってやろうと
したのか・・・
即答するサネス。

切ないです。。( p_q) 

悪い奴だと思っていたけど 彼は彼なりの正義の元、悪事を甘んじて請け負っていたんですね。
自分がやってることが いつか報いを受けても仕方がないくらいのことはわかってたんだ・・・

それにしても 見事な心理戦でございました・・・・。


伝令からのメモに目を通し、「やはりそうだったか」とエルヴィン。

殺し合わずに王の首をすげ替えることは可能です。
ヒストリア・レイスを女王に即位させれば・・・

 

手札は揃った、いざ決戦へ!!

ってことですが、今回はレイス家が本当の王家であったことなんて 壁についての権限を持ってる
ことから その血筋には王家と同等の力か 何か特別な意味があるんだろうなくらいは思っていた
ので それほど驚かなかったんですが、

それよりも やっぱり拷問だよ。。(><)

ハンジさんと兵長。。

それに 演出だね。。

もう 私が失神・・・

いろんな意味で。。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 進撃の巨人

[ 2014/03/13 00:54 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」17巻さっくり感想

那智が出てきたことで 話が進みましたね。
限りなく怪しい日比野首席監察官。

この人 前から怪しいとは思ってたんですが、でも もしかしたら この人も「金時計の男」では
ないような気が・・・

何と言っても怪しいですが、一応はヒロインの父親ですからね。
怪しいと見せかけての またもやミスリードを誘ってるのかも。。

最後にどんでん返しがあるような気がするのですよね・・・
やっぱりお父さんは 「犯人じゃなかったんだわ」って美月が言いそうでww

これまでの感想はこちら



裏カジノ船捜査の末、イクオは意識不明となり警察病院へ運ばれる!! 
さらに海に落ちた竜哉は生死不明の状態に……!? 
聖副総監の逮捕という警視庁史上最大のスキャンダルが世間を騒がせるなか、ついに「金時計の男」
の正体が明らかになる……!? 
一方、イクオたちが育った施設「まほろば」の秘密を知る者を消そうとする公安の魔の手が美月に
迫る!? 
ポリスエンターテインメントの金字塔、急展開!! 
さらにウェブに掲載されたスピンオフ作品も収録!!


ウロボロスのネックレスに関わった基さんも思いの外あっさりと殺されちゃったし・・・
もうちょっと活躍する人だと思ってたのに残念(><)

美月は那智によって、イクオと竜哉の関係を知ってしまったし、「まほろば」を作ったのが自分の
父親である日比野首席監察官であること、殺された結子先生というのは警視庁公安部の捜査員で
あったこと、彼女が父に想いを寄せていたことも知ることに。

那智は美月を使って日比野首席監察官を呼び出し、「まほろば」の正体と自分の実の妹の行方を
聞き出そうとしますが、その前に公安によって崖から車ごと落とされ・・・

一方、イクオも日比野首席監察官に疑いの目を向けますが・・・

果たして彼が「金時計の男」なのか!?

気になります(><)


で、竜哉はどうなってるのよぉ!!
行方知れずのままなんですけど!!
私の唯一の萌えどころが不在じゃないですか!

竜哉がいなくちゃ始まらないよォ~~~~

早く竜哉を出してくらはい。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

週刊少年ジャンプ2014 15号一言感想

今週はバタバタですわ。
さくっとWJの感想を。

表紙&巻頭カラーは連載1周年の「ワールドトリガー」
では 掲載順位一言感想です。

ワールドトリガー
目的は人間の捕獲?それもボーダー構成を狙ってた?

ONE PIECE
ロビンちゃんが人形に!?これだけは一大事!!

黒子のバスケ
伊月・・・それはウケているのか??いいのかそれで?

TOKYO WONDER BOOYS
絵もいいし、シリアスな感じは上手くまとまってると思うのに、ギャグがね(^^;
もうちょっと何とかならないかな。決まらないなら無理に入れなくても・・・

NARUTO
おやまぁ カブトまでやってきました。サスケくんに誰かが悪さをしてまた話が長くややこしくなる
のかと思いましたけど、回復の方向ならよかったv
そして ガイ先生決死の赤き猛獣になるのね。。

トリコ
やっぱり小松の顔に慣れないwww

暗殺教室
殺センセ―wwww汚職やら不祥事大過ぎwww
でも、生徒たちのスキルを上げちゃうとはさすがですv烏丸センセもカッコ良かった♪

ステルス交境曲
トロマさんが主人公ってことでいいんじゃないか?

食戟のソーマ
ソーマ!!!!田所ちゃんのスカートの中に頭突っ込んでるガキを何とかせい!
いろいろビックリ餃子はやってみたいな!皮は市販を使うだろうけどw
これまで色恋があってないようなものだったけど、どうやら田所ちゃんがこれまで以上に可愛く
なっていきそう!

磯部磯兵衛物語
北斎の春画、確かにwwww磯兵衛が真剣になる気もわからんでもないww
それと背中のエキストラの解説ありがとうww

i-ショウジョ
続きが気になりますねぇ~ ラストはハッピーエンドになることが決まってるのかしらん。

斉木楠雄のΨ難
斉木の頭脳プレイwwwwww見事!!

ILLEGAL RARE
全身が薬になるなら狙われちゃうね(><)

ニセコイ
ついにるりちゃんまで(^^;

ハイキュー!!
メンタルだけじゃなくて技術や作戦とかみせてくれると嬉しいかな~って思う。

銀魂
ややこしい時計を拾ってしまったようでwww

BLEACH
なんかまたキモいのキタ(><)

SOUL CATCHER(S)
みんなが集まってるときこそ、どんな思いでいるのか視えると面白いのになぁ。
変化が如実にでるのでは?

こち亀
ホント豪雪地帯の人は大変だろうな。雪を捨てる場もなくなっていきそうだし。。
雪おろしも高齢化してると危険だろうし・・・
出稼ぎみたいな感じで研修を積んだ若くてプーな子をバイトで使うとか・・・
使えないか・・・
費用とかも大変だろうし。。

アイアンナイト
マントは必要アイテムなのか??

 

では 今週はこの辺で~

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2014/03/11 01:29 ] 少年ジャンプ | TB(3) | CM(0)

黒子のバスケ 第47話「決まってらあ!」 感想

氷室との過去より、黒子との未来を選択した火神!

そうそう、こっからだよwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

今回もまともな感想にはなりそうもなく。。要注意

 

頭では 辰也は倒すべき敵だと分かっていても、どうしても未練が残ってしまってる火神。
本気で向かっているようには見えず・・・。

氷室のフェイクは完璧で、そこから続くシュートもあまりにもクオリティが高く、一連の動きは流麗な
ダンス
のよう。

ああ・・・辰也がふつくしい (*/-\*)

「アイツにだけは負けたくない」

本気の大我と戦い潰したいという氷室。
自分と戦うときは 本人は本気のつもりでも自分のことを兄だと思っている気持がプレイをセーブ
してしまう。

だから 兄弟関係を清算し、本気の勝負をするために「リングをかけろ」と挑発。

叩き潰したいというものの、氷室のその気持ちはどこから来るの?
好きの裏返しだったりすんじゃww

好きだからこそ、意地悪したり、傷つけてみたくなるって気持ちの延長だと私は思ってるv
本人に自覚がないだけで、相当のSだとww

段々と実力を付けてきて互角に並ばれた時、「それでもオレの方が上だ!」って立場をはっきり
させたかったのに、いつも本気を出してこない火神に苛立ちを覚えてた氷室・・・

ところが 決着を付ける前に火神は日本に帰ってしまい、その上、自分のことなんて忘れてしまったか
のように新しい恋人を作って 楽しそうにやってるものだから一人悶々としてしまっていたのでしょう。

そうこうするうちに 思いが高ぶって現状に至る?

そして、そんな氷室の胸の内を紫原は見抜いちゃってる?
お菓子ばっかり食べて、バスケにも興味なさそうだけど、実は氷室には興味ありあり?

あんなにイケメンさんだしね、何やら訳ありの雰囲気を漂わせていたら気になっちゃうよね。

リングのことも 別に他人のことだしどーでもいいといえば どーでもよさそう(紫原なら)なのに 
兄弟の関係を清算するとかいう話には関心があるようで。。


氷室の放ったシュートは火神のブロックをすり抜けるかのようにリングへ。
陽炎シュート

「おれとお前は敵同士、もっと殺す気で来いよ」

もっとりたい氷室は火神を本気にさせるため挑発

リコは一旦、頭を冷やせとばかりに火神を下げます。

木吉も「勝負と情を分けきれないのが火神の悪いところだ。あいつは優し過ぎる」と。
木吉だって情に厚いし優しいし、クールになりきれないような気がするのですが、実は彼は強か

火神が下がったところで、「こっちはイージスの盾破りだ」と日向。

紫原に木吉がマークについてるところのアングルが・・・どうしても後ろからむっくんが攻めてるように
みえてしまう(><)
ダメ脳ですみませぬ。。

「やっぱり理解できないなぁ、勝てないのに努力する人間の気持ちは。」
「お前は楽しくないのか?バスケ。」

密かに紫原を挑発する木吉。
これは次のプレイのための伏線

最初の一発目が全て。

最初の一発目、最初の一発目・・・ (*/-\*)

専門外だという木吉ですが、見事に3Pを決めます。
やるときゃやるよ、この人は!!

3Pを決めた木吉が、ポイントガード。

紫原は木吉のシュートに合わせジャンプ。
その後ボールをもらった伊月のシュートにも合わせジャンプ。
が、伊月はシュートではなく、後方へパス。

それを木吉がダンク。

今回は木吉がとにかく凄いです。
跳ばなけりゃいいとわかっていても つい木吉に釣られ紫原も跳んでしまい・・・。

誠凛はマークのなくなった日向にパスを回し3Pでまたも追加点。

詳細は青峰くんが解説してくれるので助かりますv
親切な子だよね。

木吉への負荷が相当であることを見てとると、火神は黒子に氷室とのペアリングを捨てて来てくれと
頼みます。
黒子に頼むところがね。

本来なら これは彼女にさせることじゃなくて、自分がすべきことなんだけどwww

ま、試合中だから仕方がないということで勘弁してあげましょう。

氷室との思い出をいいのかと黒子。
「俺には持ってても未練でしかない」と火神。

過去に決別し、未来だけに眼を向けるよう決心したようですv

「火神くんはもう誰にも負けません」

黒子の強い宣言。
もう彼女ってより嫁の風格ww

でも、火神は対黒子なら婿になり得るけど、他相手だと一概にそうとも言えない気がwww

前回の「腰を落とせ」だの「岡村は大きい」だの木吉のありがたいアドバイスが利いてるwww

氷室のシュートに対し、反応してみせる火神。
こっからは 辰也ではなく、氷室と呼び・・・

まさに 過去に決別といったところでしょう。

ボールを持って一気に突っ込むと紫原を前にしても怯まず。

ここで引いたらエースじゃねえ!!

かなり前方から飛び込む火神。
紫原の圧倒的な力に飛ばされますが、火神が何かをやろうとしていたのではと紫原は思います。

その後は木吉にトリプルチーム。
誠凛はボールを奪われ、氷室がシュートへ。

っと火神は汗で足を取られ、ワンテンポ遅れてジャンプすることに。
すると 届かない筈のボールに手が触れて・・・!?

このことから 火神は陽炎シュートについて何か気付いたようです。

ボールは木吉に渡りますが、またもやトリプルチーム。
振り返った木吉の「あ!?」 が最高ww

伊月の放ったシュートは外れますが、紫原には渡さず、押し込む木吉。

が、直後、足を滑らしれてしまいます。
うううう・・・これは かなり・・・(><)

でも、木吉は大丈夫だと、流れを止め無くないと「勝とうぜ、みんなで」檄!

木吉の状態は決して良くないことは誠凛のみんなが承知してること。
ここはなんとか木吉の負担を減らさないとと日向が動きます。

そりゃ、まず、嫁が先頭切らなあかんでしょw

他の3人も紫原に同時攻撃を仕掛け・・・!
シュートを打ったのは木吉ですが、そのボールは外れ、火神が押しこみます。
水戸部はしっかり紫原を足止めできましたv

これによって、紫原は限界

ついにむっくんがきました!!

「これ以上は無理」

バスケがどんだけ残酷なゲームか教えてやると ゴール下を離れオフェンスに参加。

力のない者が努力だとか、根性だとか、信念だとかでバスケをして喜んでいることに堪らなく虫酸が
走るという紫原。

「捻りつぶしてやるよ、全て」

きゃぁ~~~~
巨人がキタ!!!!

逃げて!!!みんな逃げて!!!喰われる!!!

 

そして エンディングですが、みんなやかwwww
アレックスが女の子たち追いかけてるのをみて赤面してるのか青峰っちは??

なんて可愛い子なのwwww

エンドカードは・・・

これは・・・意味深なwww
以前は黒子が 氷室とのペアリングを眺めてる火神をちょっと寂しそうにチラ見してましたよね。

それと対にしては ちょっと大胆な火神くんv
氷室のリングを引っ張ったら その後はちゅうしかないじゃないですかv

ちゅうの要求をしてるとしか見えず(/∀\*)

これは応じないわけにはいかんでしょ、っとばかりに氷室からちゅうしちゃいそうな雰囲気♪

嫌いじゃないよ!!!!

むしろ好き!!!!大好き!!!!


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 黒子のバスケ

鬼灯の冷徹 第9話「酒と女でダメになる究極の例」「溢れ返ってきたヨッパライ」感想

ハハハハハ さすが白澤さんv
今回は 2話原作でも続きの話だったので繋がりもよかったですね♪

酒と女でダメになる究極の例

それが白澤さんなわけですが、この方、元々は吉兆の印である神獣なのにねwww
女の子と遊ぶには人の姿じゃないと~ってことで 今の姿で年中遊んでいるわけですが・・・

薬に詳しくなったのも毎晩女の子と遊んでたら身体がもたなくなって (ナニとか)元気になる薬
作り捲ってたら色々出来ちゃったってことだしwww

すっかり家政婦状態の桃太郎が甲斐甲斐しいww
二日酔いでヘロヘロの白澤さんは遊佐さんにかかったら色っぽい♪

そういえば、原作でも白澤さんはシャツ一枚でしたけど、アニメの方がシャツに柄が入ってカッコよく
なってたwww

酒量では鬼灯さまに負けてると言われて 二日酔いのくせに迎え酒しちゃうとか どんだけ負けず嫌い
なんだかw

っていうか、白澤さんと鬼灯さまはお互い意識し過ぎww

そして 衆合地獄で一番会いたくない人にバッタリ。

吉兆の印であるはずの白澤さんなのに付いてないwww

桃太郎は家政婦どころか、大王さまに言わせると「良く出来た主婦」みたいだと。

すかさず鬼灯さまから「ダメな上司がいると部下が恐ろしく成長したりしますよね」って皮肉がw
でも、大王さまは この鬼灯さまのチクチク加減が結構好きだったりするんじゃないかと思ったり。

「もう、鬼灯くんったら可愛いなぁ

なんて内心思ってる気がするwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

さて、今回は妲己ちゃんが登場するわけですが、う~~~ん あんまり妖艶じゃなかった。。
なんか可愛い娘さんって感じ?

もうちょっと大人な雰囲気でお願いしたかったかなぁ~
お香ちゃんといい、着物の色がね、可愛らし過ぎるのですよ。
あと「目」。

もっと細かくたくさん睫毛入れて欲しい。

原作絵は髪の一本一本とかタッチが凄く繊細でそこが好きなんですけど、アニメで再現するのは
大変だし・・・
仕方ないですけどね。

妲己ってのは 酒池肉林等、あらゆる贅と淫楽を極めた九尾の妖狐なのですが、中国では紂王を
手玉にとって国を傾けたという。

日本に渡り鳥羽上皇を誘惑したけれど、陰陽師に本性を見破られ、セミになって逃げたのに、池に
姿が映ってしまったものだからバレてボコられて石になったとかww

ナルトではクラマとしてまるで淫靡な世界とは無縁なところで活躍してるようですがwww

白澤さんが昨晩飲んだ店が妲己のボッタクリ妓楼だったわけですが、ただ飲んだだけでなくお持ち帰り
したもんだから 請求は50万ww

一晩のお相手でこれですからねww しかも、内訳の指名料が40万ってwwww

ここはアニメオリジナルですが、爆笑させていただきましたwww


溢れ返ってきたヨッパライ

酒宴は続き、大王さまの話が始まりだすと鬼灯さまはみんなに注意喚起。
原作では「自伝語り」でしたが、アニメでは孫になってましたね。

みんなが先を争って帰ったところで、叫喚地獄の亡者共が雑用係・八岐大蛇の持っていた酒を
奪ったと知らせが。

目立つからと大王さまは置いていき、桃太郎には危険だから付いてくるなと。
でも、そう言われるとついていきたくなるのが白澤さんww

叫喚地獄では 酔っぱらった亡者たちが好き勝手してて。。
酔っ払いの巣窟化。

鬼灯さまは この状況で八塩折の酒の奪取は却って騒ぎが大きくなるってことで・・・

白澤さんには鬼灯さまの策が読めたようで、私有地の「養老の滝」のレンタルを持ちかけますw

早急にと50万を要求し、借り続けるなら月極めで。

鬼灯さまは閻魔庁予算から支払いをすると、即、八岐大蛇に養老の滝から酒を運ばせます。
獄卒にはスーツ&ネクタイに着替えるよう指示。

何をするのかと思えば、獄卒たちに亡者たちの上司をさせ、無理に酒を飲ませるというwww
日本の悪しき因習・飲みニケーション発動!

ヒトというのはどんな娯楽も義務になると苦になるものです

ってことで 叫喚地獄は酒断ち地獄から 嫌になるまで飲ませる地獄へとwww
鬼灯さまの策で亡者たちはしむことにwwww
さすが、嫌なことをさせたら右に出る者がいない鬼灯さまwwww

そして 白澤さんも無事、妲己さんへの支払いができたようで。 

ま、でも白澤さんのことですから 懲りないでしょうね o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン
これからも進んで妲己さんにぼったくられに行きそうですww

 

 

【送料無料】超解読鬼灯の冷徹

【送料無料】超解読鬼灯の冷徹
価格:880円(税5%込、送料込)

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

キルラキル 第21話「未完成」感想

いやいや 今回は特にかったですね!!

全裸祭だし、豪快にが飛び散るし・・・

迫力満点で 圧巻wwww

肌色と言ってもエロかったのは最初の3Pだけで、後は すっぽんぽんになろうがナニが全開になろうが
勢いで押し捲っちゃった感じ?

3Pシーンでは、羅暁さまとヌイは同じ方向なんだけど流子だけが反対で これは皐月さまのとき以上に
あっちこっちまさぐって指突っ込んだりしてそうですわ(^^;

まさか、羅暁さまやヌイまでサービスしてくれるとは思ってもいなかったのでご馳です。

でも、やっぱり今回の一番は 皐月さまのヌーディストビーチスタイルですわ!!

今までの衣装の中で一番お似合いです!!   (*>ω<*)ノ

全裸よりも、純潔よりも、何よりも素敵。(*/-\*)
かっこいいったらなかったです!!

今回、自分は囮となり四天王と連携作戦を取るとか。。

孤高のリーダーのようであり、実は四天王を信頼しているし、四天王からも信頼されてる。
それにマコも加わって・・・

マコがしっかり皐月さまからの伝言を伝えることが出来て凄いって美木杉センセは驚いてましたが
いのは皐月さまwwww

マコにも読めるように全部ひらがなで書いて上げてるし、絵までwwww

しかも向かい合った状態で書いたのではなく、マコの方から読めるように横に並んで書いてあげた
ようですよ!?

どこまでも抜かりない皐月さまwwwwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

それに ヌイがまだ片太刀鋏を手放していないことから 流子を完全に支配できてるわけではなく、
逆転の可能性が残っていると見抜くとか・・・

カッコ良すぎです!! (p≧∀≦q)〃


マコはマコで 鮮血をシュピンって着ちゃったものだから、え!?マコも鮮血着て戦えるの???
やっぱりマコも普通の人間じゃなくて、なんか裏設定とか持ってるラスボスだったの?
人衣一体とかやっちゃったりする??ってワクワクしたのですが、それはなかったですね(^^;

でも、この普通の人らしいんだけど、不死身のマコが好きww

マコがピンチになった時に「満艦飾 !!」って蟇郡先輩が叫んだのがたまらんかったですわ!
そう、そこはあなたに叫んで欲しかった!!

痒い所にしっかり手が届いてくれるのが嬉しいww

今回、四天王もかっこよかったけど、美木杉センセと黄長瀬さんは・・・ マコよりも使えないww


流子の生命繊維と純潔の生命繊維がを縫いつけられてるから無理に剥がすことなんて出来ないって
ことでしたが、流子はいじゃいましたね。

さすが マコ・・・
いつもマコだけが流子を正気に戻すことができるんですね。

強引に純潔を自分から切り離したから流子の体にも負担が掛かるのかと思ったのですが、糸一本
残っていたら再生できる羅暁さまと同じカラダなら その程度では死なないか。。

これで流子が戻ってきたので 皐月さまたちと再び 打倒羅暁に転じるのでしょうが、流子は鮮血を
着るとして、皐月さまは?

純潔はすぐに再生できるのかしらん。。


そして、ヌイの体に片太刀鋏を突き立てましたが、これでヌイも動きが封じられるのか??
あのデカイ神衣は 製作途中のようですが、ヌイがいなくなれば「未完成」のままってことですかね?

あの神衣は流子に着せようとしていたのか、それとも羅暁さま自身が着ることになるのか。

それとも・・・

まだ 何か予想外の展開がありそうで楽しみです。

最後まで 失速することなく突っ走って欲しいです♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「ぴんとこな」11巻感想です☆

ひさしぶりの「ぴんとこな」感想です。

ずっと面白かったんだけど、なかなか感想書く時間がなくて(^^;
安定のホモ展開です。

もう、お嬢さん(一弥の婚約者の優奈)とかあやめとか出て来なくてもいいんじゃね?
女の子いなくても全然話面白いよww

むしろ 出てくるとイラッとくるし。
あやめは ホモカップリングを楽しむ同志に近いモノを感じるんだけど、流されっぱなしの優奈なんて
全く私の好みじゃないし。。

苦手なタイプだから どこかで幸せになっててくれたらそれでいいと思う。
一弥くんの周りをウロウロしてくれなくていいよ。

一弥は恭之助一筋なんだからwww

8巻の感想はこちら


9~10巻の内容は、

次の舞台で、恭之助と一弥をコンビ売りすることに。
互いにやる気をみなぎらせ、切磋琢磨する二人だったが、舞台本番直前、恭之助に問題発生!
初の一人二役に混乱し、演じ方が分からなくなってしまう。
さらには、舞台に無関係のはずの完二郎が不審な動きをし始める。
一方、歌舞伎に集中する恭之助に一抹の寂しさを感じるあやめ。
恭之助への気持ちが確信に変わる中、恭之助の母の一言に、あやめの心は大きく揺れ--!?
恭之助の役者人生、最大の窮地到来!

なんとか舞台降板の危機を脱した恭之助。
しかしその裏には、一弥による完二郎襲撃という出来事があった。
舞台本番、練習不足がたたり恭之助の演技はちぐはぐ。
そんな様子に苛立った一弥は、
幕間に恭之助と言い争いをしてしまう。
一方、恭之助は、本音を見せない一弥の態度に寂しさを感じ…!?

結局、なんだかんだといいながらも 一弥と恭之助はコンビを組んでこれが まぁとっても良かった
ってことだったんですよね。

ところが いい感じに戻れたと思ったのに・・・


歌舞伎界の超大物である米駒屋・恵利左衛門の元で修業することになった恭之助。
その素晴らしい女形の芸に魅せられて彼を慕うようになる。
しかし、恵利左衛門は偉大な大先輩とは別の顔を持っていた。
年々老いていく自分に比べ、若くて才能のある一弥を目の敵にする恵利左衛門。
恵利左衛門の嫌がらせに一矢報いてやろうと取った一弥のある行動に恭之助は…!?

恭之助・一弥コンビ、決裂!?二人に新たなを岐路到来の第11巻!

ってことで、またもや波乱www

ドラマでやってたようですが、ドラマはみないので評判はわからず(^^;
たぶん、あまり耳に入って来なかったので それほど・・・だったのではと。

でも、原作は面白いですよ!!

とにかく ホモマンガじゃないのに ホモホモしくて身えるwww

一弥は恭之助のことが気になって気になって仕方がないのに、当の恭之助の方は全く一弥の気持ちを
わかってなくて・・・

恵利左衛門が一弥のことを悪くいったインタビューのことも知らなけりゃ、一弥が教わりに行ったのに
断られたこともすっかり忘れて・・・

一弥を傷つけるような一言を。。

心ない一言に苛立った一弥は自分のやったことは腹いせだったと認めてしまうのですよね。

腹を立てた恭之助は「そんな奴と二度と一緒に演りたくねぇ」とキツイ言葉を残し去っていき・・・。

この後の一弥の独白が切ないのですわ( p_q) 

だって許せなかったんだ。
君と二人で作り上げた舞台をくだらないコンプレックスのために汚されたから。

恭之助はすぐに自分の方がまずかったことに気付きますが、まぁ 後からでも修復できるだろうと
一弥に謝罪に行かず、凹んでる恵利左衛門を優先してしまいます。

ここで ちゃっちゃと恭之助が動いてたら ややこしくなることもなかったんだと思うのですけどね(^^;

傷ついた一弥は恭之助が謝りに来てくれのではと期待してしまうのですが、部屋にやってきたのは
以前知り合った女の子。
その上、部屋に上がって料理を作り始めたところへ婚約者の優奈がやってきて鉢合わせ・・・!

うわぁ~昼ドラのドロドロ展開(><) 私はこの手の話は苦手というか 興味がない。


やけっぱち状態の一弥は優奈に対して浮気を隠そうとせず、それどころかパパに言いつけてやると
いう優奈に対し、

「僕をつかまえたことが唯一の取り柄なのにそれすら失くなったらどうするの?」

ハハハ このさは好きだv

そして優奈は田辺くんのところへ駆け込むのですが、もう田辺くんでいいんじゃね?

一弥の態度は 酷いと言えばそうですが、彼にとっては元々優奈なんて利用するためだけの女だと
みてたわけですし、そういうことを見抜けなかった優奈がお嬢ちゃん過ぎたってこと。

彼女にしたって、正面から一弥に向かうわけでなく、居心地のよい別の男に流れてるんですからね。
根性いい娘だとも思えないし。

自分の婚約者に手を出した女と 婚約者が居ながら平気で女を部屋に連れ込んでる男に平手打ち
喰らわせてやるくらいプライドがあれば 見直すところですけどね。

全くもって優奈に魅力を感じない。

とりあえず、私の苦手なタイプなので そっとしててくれたらいいかなと。
田辺くん 優しくしてくれそうだし、この二人でくっ付いたらいいと思いますv



次回、恭之助は恵太郎とコンビを組んで好演するようですが、それに対し一弥の心がれる!?
こっちの方がよっぽど気になるってもんです。

これは 楽しみ!!

恭之助と一弥のコンビに終止符が打たれ、とあるゴシップをきっかけに狂乱の幕が開く!

ってことですが、狂い乱れるのは一弥くんなの??
もしかして 一弥くんが梨園から追放されるとか???

どうなるんだろ。

どこまでも 一弥と恭之助の行く末が気になる展開ってことですねwww

非常に期待したいと思いますwwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

キングダム第2シリーズ 第39話「新たなる伝説(終)」感想

結構楽しみに観ていた「キングダム第2シリーズ」も終わってしまいました。

そうだよね。もう39話だもん。

第1シリーズでは王騎将軍の死までだったようですが、こちらの第1シリーズは絵がちょっとなぁ・・・
だったので見てなかったのですが、第2シリーズはかなり原作の絵に近くなって 内容もほぼ原作
通りで面白かったです。

最後の方は 第2シリーズの締めの関係上でしょうが、これから出てくるキャラの場面はカットで
あと、まとめに相応しいオリジナルな内容が盛り込まれてました。

ま、これくらいは妥当かと。

むしろ、弟・成蟜を解放したことで得られた力について原作よりも詳しく描いてくれていたので 呂不韋と
政陣営との力関係がわかりやすくなってました。

昌文君、昌平君がそれぞれ、左丞相、右丞相に任命されたことで 政陣営は朝廷内における確かな
実権
を手に入れることに。

成蟜とともに解放されたのは王族や貴族たちで、それぞれが各自力を持つ者たちだったので一気に
政の陣営は盛り返すことができました。

呂不韋は「かつての敵」と手を組んでは死んだ者が浮かばれないといいますが、政は

「道が途中で潰える方が浮かばれぬ」と。

もうすでに 一国の権力をどうこうしようと目論む呂不韋と中華の統一が目的の政とでは器が違う
ことがはっきりと表れてきてますv

この時点では まだ呂不韋は 政が何を考えているのかまではさっぱりの様子ですもんね。
自分に勝つことが最終目的だと思ってるでしょうし。

お互い“毒”を飲んだとも呂不韋は言ってますが、政はその毒を飲んだことすら眼中になく。


信が飛信隊に対し、激を飛ばすところや尾平たちが信の成長を喜ぶところはオリジナル。
まとめ~って感じがしますよね。

羌瘣の姿もちらりと。

向ちゃんのシーンも長くなってました。
呂不韋が喜んで祝いの宴を設けようとするところとか、後宮での皇太后のシーンも追加。

みんな出て来てます。

原作で山陽を手にした後で3人が集まるシーンがあるのですが、そこと今回のラストの3人のシーンは
合わせたような構成になってましたね。
原作では ラストのシーンは蒙恬と信の二人だけで王賁はいませんから。

でも、ラストはやっぱり3人で「俺たちの戦いはこれからだ!」で締めなくちゃ!ですもんねv

李牧と遭遇した時の話を二人にする信。

密林の中で李牧が密会していた相手は・・・ おそらく楚の宰相。
ってことでしたが、原作ではしっかり顔出ししてます。

アニメでは楚趙同盟が結ばれたことは事実かどうかはわからず、が、おそらくは・・・って貂と王賁が
読むのですが、原作では、この時点ですでに 李牧が「楚趙同盟のその先」までも企んでいることを
仄めかしてます。

信の方は 残念ながら頭を使って論理的に推察することはできませんが、李牧の様子から 今回は
楚趙同盟よりも、もっと危険な内容だろうと感じ取ったようです。
こういうところの信の勘は鋭いです。

李牧が知略と武勇を兼ね備えた化物であったことも 一騎打ちによって判明させましたし。
信が予想した通りでしたね。

でも まだまだ信や貂では「戦争の本当の恐ろしさ分かっていないと李牧はいいます。
彼が何をしでかそうとしているのか・・・。

「重要なのは同盟の先に何を得るか、何をするか。」

まさに これから何が!?ってところですよね!

信は 李牧こそ、これから起こるであろう中華全土を巻き込む嵐の中心にいる人物だと言います。

政は500年の戦乱に終止符を打ち中華を統一すると言い切り、信は天下の大将軍への熱い想い
宣言。

いかにもまとめ!って感じのベタな終わり方ではありますが、しっかり次に繋がるわかりやすい終わり方
だったのではないでしょうか。

ここからが また長帳場になるのですが、ますます面白くなるんですよね~~~

残念ながら ここから先は第3シリーズで、ってことなのでしょう。
もうちょっとストックが溜まったら、ぜひまたお願いしたいです。
一応、大きな戦にケリはつきましたし。

いや~楽しませていただきました。

第3シリーズ楽しみに待ってますv

キングダム1-33巻セット

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2014/03/05 17:34 ] キングダム | TB(0) | CM(0)