アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年10月31日 (金) | 編集 |

おい、水樹くんにイエローってどゆことだよ!?
いや、まぁ確かにあれは完全なファウルだけど・・・
さすがに服引っ張って押しつぶすのはまずいけど・・・
でも、相手の危険なプレイの方が悪いやん・・・

これまでの感想はこちら

 

DAYS(8)

DAYS(8)
著者:安田剛士
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

選手権東京都予選、準決勝。
聖蹟は創部2年のチーム、京王河原との対戦を迎える。
水樹、大柴、風間の主力3人を欠く聖蹟に、京王の丸岡、甲斐の
強力2トップが襲いかかる!
逆境を覆す鍵は、君下、臼井、そして先発メンバーに選ばれたつくし!!

え~~ん
累積で水樹くん準決勝なのに出られないなんて。
風間くんもまだベンチだし・・・

そりゃ、君下くんも臼井くんもイケメンだし、早瀬くんのアップの髪も楽しめるけど
笑えるイケメンって点ではやっぱり水樹くんの右に出るモノはいないよwww

でも、プレイはしなかったけど、ちゃんと笑わせてくれたねwwww
やっぱり存在だけで笑えるよwwww
それにちゃんと笑えるだけの人ではないこともライバルかおるちゃんとの会話で
証明してくれたよv
彼は学年とか関係なくチームのメンバー全員を信頼!

聖蹟としてはけが人や累積であり得ない展開になってしまってますが、これくらい
先発メンバーが控えに回らないとつくしの出番は回ってこないってことですね(^^;
一応、つくしが主人公だから(たぶん)彼が活躍する場が必要なわけでw

私としては別にどっちでもいいかな~~って感じですが、お話としてはつくしが
活躍した方が面白いですもんね。

な~~~んにもできなくて、ただただみんなと一緒にサッカーがしたくてこれまで
必死についてきたつくしですが、とうとう「彼のサッカーへの取り組みにも限界
来ている」とみる風間くん。

それは悪い方へではなく、いい方へ。
「これからのアイツは見もの」だと風間くん。
つくしが上手くなってきて「今なら俺の気持ちがわかるだろう?」っと。

「面白ぇよな、サッカーは」

風間くんが上手くなってると認めるくらいだから、つくしの実力はかなり本格的に
つかえる段階になってきてるってことのようで。

これまでは偶然こぼれ球を拾ってきたと思われたけど、どうもそうではなく・・・
つくしはボールを獲れるタイミングというのをんだようです。

ひとつは相手がミスをした時
もうひとつはみんなで守って確実に獲れるという状況に追い込んだ時
そして最後は空白の時間が出来た時

安堵、慢心、余裕、油断 そのコンマ一秒の瞬間
一瞬全体の足が止まる攻撃でも守備でもないその一瞬

つまりは聖蹟がボールを失ったときこそチャンス!

隙をつき、食らいつき、つくしはボールを取り返します。
そして、そのままシュートを撃つもゴールをれ・・・

駄目じゃないか、つくし!!!!
つくしの見せ場がキタ―――――!っと思ったのに。。
ま、こんなもんか。
っていうか、そう簡単にはいかないところがいいのかも。

せっかくの追加点のチャンスを逃す聖蹟。
その上、つくしの活躍に焦った新渡戸までが肉離れで離脱。
しかも、エリア内で接触をしたため、一発レッドカード!(><)

聖蹟は一人足りない状況で戦うことに。
ただでさえ、三本の矢といわれる先発メンバー不在だというのに。
とんでもなく不利な状況に追い込まれてしまいました。

残った君下と臼井が健闘するものの、京王の甲斐、丸岡も意地を見せ・・・
ついに後半早々に同点にされます。

聖蹟の前半の得点は君下くんがFKで入れた1点だけですもんね。
確かにいシュートではありましたが・・・
繋げて奪い獲った点ではないため、京王の脅威にはなってなくて。

さぁ、ここから京王の反撃が始まるのか、それとも聖蹟が突き放すのか・・・。

次巻、臼井くんに異変が起きるようですし、君下くんも本性発揮とか?
本領発揮ではなく??

つくしも進化するようですし熱戦を楽しみにしたいと思います。

でも、早く風間くんとか、水樹くんのプレイが見たい。



スポンサーサイト
2014年10月30日 (木) | 編集 |

すっごくいい感じ~
原作を丁寧に描いてくれてますねv

こりゃいいわ。
ここからはヨナに変化が見られますし、ハクも風牙の都で益々魅力全開ww
毎回毎回、ハクにクラクラさせられますわ (*/-\*)
ホント、この子ったら顔もそうだけど、いろいろみ過ぎるwwww(///∇///)

二人にとって唯一頼れる場所、ハクの故郷・風牙の都へとやってきました。
ハクの自由さとか強さとかが育まれた場所。
みんな笑顔で賑やかで家族のような温かさを感じさせる都。

緊張から解放されたヨナは気を失ってしまいますが、久しぶりの温かい食事と
温かい言葉によって少しずつ笑顔が戻り・・・

そんな姫さんをみて安心するハク。

それにしてもこの風の部族はほんと良い人たちばかりですよね~
ユルさも素敵www

ヨナが気絶した時、さっときかかえて食事と寝床の用意を指示するハクに
「あの若長が女性に優しくしてる」ってヘンデがビックリするのですが、ここでの
ハクはよほど女性に冷たかったってことですよねwww
まるっきり興味の対象ではなかったってことなんでしょうが、姫さんだけは特別
ってことでwww
無自覚なんだろうけど、いいぞ。d(≧∀≦*)ok!

ヨナは城の見習い女官・リナってことにしているので、ハクの弟・テヨンはヨナに
ハクとの関係や城でのハクの様子を聞いてきます。

「友達か?」と訊かれて「たぶん」と答えるヨナにヘンデとテウは爆笑
ハクは視界にも入れてもらえない超片思いだとwwww
なかなか鋭いww

ハクのことを「従者」だと言いかけたヨナの口を突然ぐハク (/∀\*)
こっそり伝えないといけない話をしてるからハクの顔が近いのは仕方がないだけど
ヘンデとテウはんでますwww

うん、うん、わかるよwww
あたしゃ、このハクの顎のラインが好きだ!(p≧∀≦q)〃

原作の方がよりいい感じではあったけど。
ハクがまえぬでよかったv 
毎週ご馳だわO(≧∇≦)O

これはテヨンには見せてはいけないと目を塞ぐテウたちが笑えるwww
この後、ハクの城での様子を聞かれて、散々な感想を披露するヨナwww
「可愛くない」に二人は大ウケwww
ホント風の部族は楽しそうで和むわ。

その頃、緋龍城では五部族招集が行われ・・・
声優陣もなかなかの顔ぶれですなwww
風の部族には将軍のハクではなく長老ムンドクが呼ばれ・・・

国王が崩御したことが伝えられます。
ハク将軍とヨナ姫が行方不明であることから風の部族の謀反ではないかという
噂も出ているようで・・・。

取りあえずは新王を立てないといけないということで、王家の血を引くスウォン
こそが相応しいとケイシュク。
火、水、地の部族はスウォンであれば異存なしと賛成しますが、ムンドクだけは
承認することをります。

「ハクが何の理由もなく城を去ったりしない」
この信頼関係がいいのですわ。
この件には何か裏があると感じようです。

ムンドク長老のアップは迫力ありましたv
スウォンのアップの作画もよかったですわ (〃∇〃v)

スウォンは3日後の即位式には風牙の都の民のためにも必ずムンドク長老が
くると信じているといいますが、ムンドクはスウォンをハク同様、孫のように
思っていたのに悲しいことだと去っていきます。

ムンドクはスウォンの様子から緋龍城で何が行われたのかうすうす感じたようで。

真っ先にスウォンに協力した火の部族に風の部族が従わざるを得なくなるよう
次の指示を出すスウォン。
が、それでも本音ではムンドクが自分をのように言ってくれたことを嬉しく
思っていて・・・。

スウォンの心中も切ないよね・・・。 ( p_q)
国を想ってのことだもの。

尺の関係か、全体に余韻が取れないのがちょっと残念です(^^;
場面展開が結構めまぐるしい。。

ヨナは城で何もできなくて追い出されたから風牙で修業するってことになって
るようで、翌日、早速洗濯を頼まれますが・・・
いつもヨナの動向を見張っているのか、ストーカーなのか、即座にハクが
助け舟ww

が、洗濯する予定の川には水がなく・・・!
ヘンデを上流の調査に向かわせている間にムンドク長老が戻ってきました。

ヨナとハクの姿を見て、やはりと全てを悟った様子。
ヘンデが戻ってきますが、上流で火の部族に殺されかけ・・・
アニメの方が大人し目のボコボコでしたね(^^;

火の部族が川の水を塞き止めたのはスウォンからの圧力だと察しますが、
ひとまず商団から水を買って凌ぐことに。

スウォンの計画はここまでだったのに、テジュンがハクへの恨みから余計な
ことをしてくれちゃいます。
風牙の都に商団が付く前に山賊の仕業に見せかけて商団をいます。

テジュンとフクチの会話がいいわwww
原作ではぼそっと話してたことが完全なセリフになっていて容赦ないw

ムンドク長老がスウォンの即位を認めないために、風の部族に被害が出て
いることにヨナは心を痛めます。
っと、テヨンに発作が・・・!

いつもなら商団の持ってくる薬で治まるのに、商団は襲われ商品が全滅。
水も薬も手に入らなくなり・・・!
ますます風の部族が追いつめられ・・・

火の部族へのりが高まり、戦争を口にする風の部族。
が、火の部族は相当な兵力を持っているため、今戦争をすることは許さない
とハク。

「この件は必ず俺がなんとかするから」と風の部族長として命令を下します。

ハクが部族長としての命令を出したことがみんな嬉しそうwwww
喜びのあまりのお触りはなく残念w

この後のヨナとハクの会話のシーンでハクが立ってるのよかったですね。
 カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

ハクが風牙の都を見ながら物思いに耽ってるところもよかったd(≧∀≦*)ok!

ムンドク長老に酒を差し入れ(長老の酒蔵から拝借してwww)酒を酌み交わす
ハク。
これが最後のご挨拶ってことで。

自分が風の部族を去るから、スウォンの新王即位を承認して欲しいと頼みます。
ムンドク長老には風の部族のことだけを考えて欲しいと。
風の部族とハクの件を同時に穏便に処理することは不可能であるとハクは考え
たんですね。

風の部族を守るためには、国王殺害の罪を負うことになるかもしれないけれど
自分が風の部族から去ればいいのだと。

そして、もうひとつ、ヨナ姫を城から隠し一生風牙の都で風の部族の人間として
育てて欲しい
と頼みます。

が、ムンドクは「嫌ぢゃ」

孫のお願なんか聞かないと、ハクを手放さないといいます。
これがムンドクの本心。

でも、部族長の命なら従わない訳にはいかないと・・・
ああ・・・切ないよね。
風の部族のことを想えば、それしか道がないと分かってるだけに。

ハクだって、風の部族のことを大事に思ってる。
自分の身と部族を天秤にかけたら、迷わず部族を獲る。

でも、ヨナ姫のことだけは自分が傍について守ってやれないことが心配だから
何とか匿って生かして欲しいと頭を下げてお願したんですね。
ハクだって王の心残りは俺が守ると誓ったのに姫さんをひとり残していくのは
つらいことだと思うんですよ。

でも、部族と姫さんの幸せを考えたらこれしかないと・・・。
ええ男やわ (*/-\*)
惚れない理由がないわね。
もうホントね、ハク たまらん  (*>ω<*)ノ

「風の部族長・・・最後の命令だ」
「御意」

本当はハクのことも絶対に手放したくないのに、断腸の思いでハクの覚悟と
決意
を受け取る長老。
涙する長老に涙

今回、見事なほどムンドク長老の作画が素晴らしかったです!!
なんだよ、一番の男前だよ!!

ハクとかスウォンが若造に見えたよ・・・


ヨナを置いてハクが一人風牙の都を後にすることになりましたが・・・
さぁヨナはどうするのか!?

って予告でかなりネタばれしてますが(^^;

次回は待ってました!!のキュンキュン場面(ハクがキュンキュンするのw)
とついにヨナが覚醒・・・!?
おお~~~~~!!!!!

ってな重要な場面が・・・まさに「咆哮」ですわv
これは楽しみです!!

これまではウォームアップでここからがスタートだからね!

 

暁のヨナ(15)ドラマCD付き限

暁のヨナ(15)ドラマCD付き限
著者:草凪みずほ
価格:2,106円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2014年10月28日 (火) | 編集 |

少女・鈴の恋と絆の物語
完結そして、未来へ。

って、へ?続編があるんですか!?
ちょっと~~~私、これで全部解決するのかと思ってたのに。。

なんだ、何事もなく終わってしまったのね。

これまでの感想はこちら

明治緋色綺譚(13)

明治緋色綺譚(13)
著者:リカチ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

夏川に深手を負わされた津軽は、意識不明の重体に...。
津軽を失う...
絶望に打ちひしがれた鈴が向かった先とは――――!?
少女・鈴と津軽の運命の恋物語、感動の最終幕!

ってことで津軽はかなりヤバいことに。

家族ではない鈴子は処置室の中に入れてもらえず・・・
鈴子は津軽と初詣に行った神社で祈ります。

津軽の不運を私にください。
代わりに私の命をあげます。

一緒にいれなくてもいいから、ただ津軽が助かることだけを祈る鈴子。
小さいけれど、心は乙女だ。

その頃、津軽は朦朧とする意識の中でひなに会ってました。
ひなさんは随分と変わり者だったようで・・・
へぇ~~
こんなお嬢さんだったんだ。

同じように変わり者の津軽とは気が合ったようで、二人は密かに付き合って
いたんですね。

でも、ひなさんは華族のお嬢様だったから結婚相手について留学にいくことに。
その時、津軽はひなさんの手を離してしまい、そしてひなさんは去っていったよう
です。

夢の中で自分が作り出したひなさんに会い、自問する津軽。
ひなを引き止めなかったことを後悔しているのか?

ひなさんは止めてくれないのかと、一緒に逃げようとかしてくれないのかと
津軽に問うたみたいですね。
津軽は「一緒になって欲しいけど、あとは君の意思だから」とひなさんに決断を
任せたようで・・・。

「それはどうでもいいということだ」とひなさんは言い残し去って行ったようです。
そういうつもりじゃなかったけれど、あのときどうすれば良かったんだろうね
津軽。

昔のひなさんと違い、夢の中のひなさんは反応が大人しく・・・・
そして「こっちへくる?」とってきます。
津軽も「それがいいかな」っとひなさんの誘いに乗りそうに・・・

ひなさんに顔を近づけた時・・・
バチンと顔面を叩かれます???

「ひなってだぁれ?」
ひどい津軽!他の人と間違えるなんて!

津軽の目の前にはひなさんがいたはずなのに、いつのまにか気の強そうな
美人さん
が・・・
って顔は見えないけどこんなの成長した鈴子に決まってるやんwww

自分に感情が向けられると一歩引いてしまう津軽を「ずるい」という少女。
「言っとくけどね、今あたし すっごく泣いてるの。津軽のせいだよ!」

津軽にはそれが誰だかわからないようで、しばらく色っぽいことをしてないから
心当たりがないと・・・
むしろ、してないから夢をみてるのかとすら思い始め・・・
ハハハ 津軽でもそんなことを考えるのかww

その少女はまっすぐに津軽を見つめ
「津軽 よそ見しないで」
ドキッとする津軽。

「津軽 大好き」

自分はこの少女にどこかで会ったのかと津軽は思います・・・

ねぇ津軽 あたしはいつも傍にいるよ 気づいてくれるのをずっと待ってる
だから生きてあたしを見つけてね

津軽が目を覚ましたとき、傍らでずっと津軽の手を握り名前を呼び続ける
鈴子の姿が。

君だったのか・・・
「見つけた」

鈴子の手を握り返す津軽。

ところが、意識がはっきり戻った時には津軽には全くその時の記憶がなく・・・
なんか重要な夢をみたような気がするってだけで。。

あかんやん ┐(-。-;)┌o

その頃、春時は鈴子と二人でヨーロッパへ行く話を進めていて。
鈴子も春時を一人にすることはできず、津軽は生きててくれるだけでよかったと
夢の中でも会いたいとはいわない、そう神様にお願いしたのだからと一人決意
固めます・・・。

が、津軽は鈴子の様子から二人が遠くへ行こうとしていることを察し、春時に
鈴子を懸けて勝負を挑みます。
もし、自分が勝ったら行き先を再考願う

春時は自分が勝ったらすぐに鈴子を連れていく。

鈴子は自分そっちのけで勝負が行われることに抗議します。
そこで河内が取り仕切ることに。
鈴子が津軽の家のどこかにを隠し、先に見つけた方が勝ち。

制限時間内に見つけられなかったら鈴子と河内の勝ち。
勝者がこの先どうするかを決めるということになりますが・・・。

津軽と春時は早速部屋を探索。

二人きりで鈴を探しながら春時は、津軽が死にかけたときに「なぜ自分じゃ
ないんだろう」と思ったと話始めます。

そのまま死ねば、鈴子にとって一生忘れられない存在になる。
それは自分がなろうとしていた理想の最期。

なんい、もう二番煎じじゃ感動が薄くなってできないと春時。

河内は二人が鈴を探している間、鈴子自身はどうしたいのかを尋ねます。
でも鈴子は春時と一緒にいくことは決まっていると自分の気持ちは口に出さず・・・。
そんな鈴子をみて、河内は・・・

津軽は本気で探しますが、見当をつけた場所に鈴はなく、さっぱり見つけられ
ません。
っと、春時が隠された鈴をみつけ・・・
春時の勝利

強引に鈴子を馬車に乗せるとその場を離れます。
すると鈴子は思わず待って欲しいと・・・。
そこで春時は鈴子に「言いたいことがあるなら言え」と促します。

鈴はやっと我慢して口にしなかった本当の気持ちを言います。

遠くにいきたくない。津軽と一緒にいたい。
でも、春時兄さまとも一緒にいたい。
たくさんの大切な人とも一緒にいたい。

「だからお願い。兄さまがあたしと一緒に来てここで幸せになろう」

河内は近くに新しく鈴子と春時が住める家を世話してくれていたようです。
春時もそれを受けいることにしたようで。。
佐之次は春時が鈴子との未来をみるようになったことを喜びます。
春時はまだ素直には受け入れてないようですが・・・

津軽は河内が春時に勝つよう配慮したことを見抜きます。
でも、結果、鈴子と離れることにならなかったことから「さすがは私の親友だ」と。

河内はみんなにとって一番いい道を提案したんですね。
鈴子のことを大事に思う二人だから、鈴子が本当に願うことを受け入れないわけが
ないと・・・。

なんだかんだと一番活躍したのはまさかの河内でしたね。
津軽母もいろいろと春時にけしかけてなかなかいい刺激になってたようですがw


ラストの番外編のお花見よかったです。
春時は行方不明になるという設定だったようですが、幸せになるエンドに変更された
のも、よかった、よかったですwww

いや~~~兄ちゃん死ななくてホントよかったわ。
彼自身は罪の意識を背負ったまま生きていくことになるのでしょうが、それでも
自分を受け入れてくれる居場所を見つけて彼が望んだ“自分の家”を持つことができ
たのは本当によかったなぁと。

鈴子とも離れずにすみましたしね。
ま、まだ津軽という最強のライバルがいるわけで、これからまだ彼とバトルを
繰り広げることにはなりそうですが。

でも、ほんと穏やかな春時の顔が見られてよかったです。
彼自身、自分が幸せになるなんてことを考えてもいなかったから、この先をどう
生きていったらよいのか戸惑っているようですし、たぶんこの先、鈴子は嫁には
ならないことも感じてはいるでしょうが。。

鈴子がダメなときでも、佐之次がいるから大丈夫だよ!!

で、鈴子幼女編はこれにて完結のようですね。
この先の、成長した鈴子と津軽の恋は「明治メランコリア」で続編として始まる
ようで。。
5年後か・・・

でもまだ鈴子15歳なんですよね。
このお話の中で年齢も重ねていくのかしらん。
今度こそ、しっかり恋を楽しませていただきたいですわwwww

より一層色気が増してる感じの津軽にも期待したいです。

2014年10月28日 (火) | 編集 |

すっかり遅くなってしまいましたが、「妖狐×僕SS」11巻の感想です。

ラスボスは悟ヶ原思紋さんってことで特に驚くような人ではありませんでしたが
ここへ至るまでのストーリー構成が面白かったですよね!!
アニメではこれの触りしか見せなかったんですからもったいない話です。

これまでの感想はこちら

妖狐×僕SS(11)

妖狐×僕SS(11)
著者:藤原ここあ
価格:504円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

悟ヶ原家に潜入し蜻蛉奪還を試みる凛々蝶たち。
そこへ犬神命が現れたことで悟ヶ原思紋との関係がはっきりします。

さぁバトルってことになるのですが、思紋がやってきて自ら先祖返りの経験した
人生
を読むことこそが生き甲斐だと暴露

そして犬神命は、その思紋のために「繰り返すこと」だけが目的だと。
百鬼夜行は沢山の物語を思紋に届けるために命が始めたものだったんですね。

二人の過去。
どうやって彼らが出会い、彼らがんでいったのか。。
千年桜に時間を奪われ不老となった命のために、何度でも生まれ変わり、また
傍にいるといった思紋。

儂が其方の未練ある時間になろう

最初はお互い離れがたい想いから誓いあったことなのに、いつの間にか思紋は
他人の人生を悟ることに依存するようになり、命は無意識に思紋に尽くすように
なった・・・

思紋に見放されてしまったらどこにも行く場所がないからと「もっとたくさんの命が
欲しい」という思紋のために百鬼夜行を行う命。

そんな中で命が出会ったただ一人の友達が卍里。
彼は命を救いたいと「Ifの世界」で出会ったとき書かれた手紙を命に見せます。
確かに友達となった二人は存在していて・・・

命は不老ではあったけれど不死ではなかったようで、双熾の手にかかり息絶えます。
が、その顔は安らかで・・・
思紋も後を追うように逝ってしまったようです。
最期は命の人生を悟って思紋も救われたんじゃないでしょうかね。

もう先祖返りしてこなくていいよwww

まぁ呆気ないといえば呆気ない終わりでございました。


その後は・・・
反ノ塚連くんが柄にもなく、野ばらさんにグイグイwww
もう後悔したくないってことで、長期戦覚悟でプロポーズ
Ifの世界の彼はとても辛そうでしたもんね。

でも、彼の場合、ニートなんですけどねwww
「早く経済的に安定したい」ってwww

いつもはツンでまるで相手にしない野ばらさんなのに、その反応がまんざら
でもなくて可愛いです。
イケイケ連ちゃん、頑張れ~~!
野ばらさんを押し倒せ~~

私としては連ちゃんみたいな子、超おススメ物件だと思うんですよ。
いつも穏やかだし、一緒にいるとホッとできる。
稼ぎは期待できないけどwwww

そして、蜻蛉さまも当然のようにきてましたねwww
彼が死んでしまうわけがなくwww
短命であることからこの先のことを諦めていた残夏を連れて世界中を旅して
回るのだと精力的wwww
もう充分なのにという残夏に「貴様の未来を探しにく!」
ああ・・・蜻たんは変なヤツだけど、やっぱりすごくいいヤツだわ!!

みんな幸せになれるようでよかった、よかった。
命も卍里とカルタの子として生まれ変わってくるみたいです。

双熾と凛々蝶の間にはIfのメガネ双熾が子供として生まれてくるようですが
それはいいの!?
双熾が同時間に二人いるのは問題ないの??

父と息子がライバルとかって、この関係ヤバくないのwww
どっちも双熾で、どっちもトンデモナク嫉妬深いんだよwwww

これはめでたいことなのか何なのかw
凛々蝶にしたら双熾に囲まれて幸せなのかもしれませんがww

ん、これはましいというべきなのか!?

妖狐×僕SS 全11巻セット

妖狐×僕SS 全11巻セット
著者:藤原ここあ
価格:4,977円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2014年10月28日 (火) | 編集 |

今週もざっくりざくざくいきます。

表紙&巻頭カラーは勢いのある「火ノ丸相撲」
WJで相撲ってどうよ?って思ったんですが、勢いで押してますねv

では、掲載順に一言感想を。

火ノ丸相撲
鬼丸vs狩谷の取り組みをみて、草介の血が騒いだようです。
これまで出なかった公式戦についに出てくるようですね。
さてどんな取り組みをみせてくれるのか注目です。

暗殺教室
ビッチ先生なかなか良いこというwww
でも、そこまでいくには経験値いるぞぉ~
殺せんせーどんな面談するんだろってワクワクしてたら、なんと外見から
OUTだったとはwwww
烏丸センセの三者面談だったら私んでいくwww
で、渚のオカン完全にヤバい人だったけど、結構こういう人いるよ。
自分の夢を子供に負い被せてるのに気付かないという・・・
子供は自分と同じことすれば可愛いし、違うことをすれば面白いなって思うん
だけどなぁ。

ONE PIECE
コラソン、いい奴なのに、肝心なときにやっぱりドジったwwww
怖いよ、ドキドキするよww

ハイキュー!!
カラーの扉絵がかわいいw
せっかく日向が打ち分け出来るようになったと思ったのに、ブロック飛ばれたら
すぐに拾われちゃうとは。。
及川さんのサーブは入って欲しかったなぁ。
アウトはもったいない。
で、京谷くんが出てきましたが、なんか青城らしくないキレっキレの子のようです。
これは両刃の剣だわね・・・
味方をも困惑させるというwwww

銀魂
高杉は今の腹黒顔の方が好みです。
そして神楽ちゃんがかっこえええ!!!!
落とし所はどこになるんだろ。

NARUTO
最後は殴り合いか。
それくらい拮抗してるってことなんだろうね。
サクラちゃんが割って入るのか?
今ならサクラちゃんでもサスケを倒せそうだわ。
しないだろうけど。

僕のヒーローアカデミア
ちょっといけそうだと思ったのに、なんか変なの出てきた!?

食戟のソーマ
あっら~三つ巴になりましたか。
これはこれで面白いかも。
てっぺんは一人ってことですね。
イケメンのアップはご馳ですv

トリコ
ニトロ女の子バージョン?
100Gもかかるところに小松連れていったら一発でOUTじゃね?

磯部磯兵衛物語
一周年おめでとうございますwww
普通は一周年なら表紙&巻頭カラーになりそうなのにねw
火の丸に獲られちゃったんだねww

モロモノ事情
パパがクールでいいwww

Sporting Salt
ネタは面白いんだけどもうちょっと掘り下げがあるとなぁ・・・

ニセコイ
何も起こりませんでしたねw

こち亀
ノンアルコールビールとかっておいしいかな・・・?

ハイファイクラスタ
生存者一名ってのが貫寺さんなんだね。
渋谷で大暴れしてる子は事件を起こした子とは違うんでしょうかね。
同じような気が・・・。

斉木楠雄のΨ難
え、なんで短いの?読み切りって・・・

BLEACH
お疲れ~っとしか・・・

ジュウドウズ
順位下がってきてますね。
やっぱりキャラを動かさないとわかりにくいんじゃないのかなと。
日常の話とかいれて華の魅力をださないと面白みが・・・

ワールドトリガー
レプリカが・・・オサムもヤバい?

三ツ首コンドル
覚醒したスーさんがマシマロを生き返らすそうな。

ヨアケモノ
それぞれ戦いの場があったみたいですが、一気に通り過ぎましたね。

 

では、今週はこの辺で。


2014年10月26日 (日) | 編集 |

いや~~~~素晴らしいwww
これは笑うwww
毎週、こんなにせてくれるとはありがとうとしか言えません!
本当、スタッフさんありがとう!!
戦闘の映像も演出も素晴らしく、ただただワクワクして見入るばかり。

セイバールートでは、確かバーサーカーに士郎だったかセイバーだったかが
致命傷といえるくらいの傷を負わされたように思うのですが、逆にセイバーが
バーサーカーをやってしまうとは!

あのバーサーカーを倒すことのできるセイバーの戦闘力の高さが、これまた
いんだってわかりますよね。
だいたい、マスターからの魔力供給もなくアレですからね。
強いわ・・・
エクスカリバーもチラ見できました。

しっか~~し、バーサーカーが圧倒的!!
アーチャーの攻撃なんて全く意に介せず無傷って笑うわ。。
レベルの高くない攻撃は無効化できるなんて、雑魚は最初から相手にしないって
ことだわね。

ただ威圧的にがーっと直線で攻撃してくるじゃなくて、あの身体でなんだ!?あの
敏捷性はwwww
すげぇとしか言えません。\(^o^)/

動き過ぎだよwww
太刀筋も狂化されてるのに失われていないとか。
いよぉ・・・

イリヤも可愛かったですね!
アインツベルンの名前を聞いたときのセイバーの反応が・・・
っというか、あの顔みたら思い出すよねwww

今回はマスターには恵まれたものの、Zeroとの繋がりを感じる分だけ、セイバーに
とっては複雑な状況であるってことを感じますね。

これだけ映像が凄いと引きこまれますわ。
バーサーカー&セイバーのの攻撃とアーチャーのの攻撃。

バーサーカーに向かってガンガン矢を飛ばすアーチャーがかっこエエですわ。。
ま、アーチャーですからね、接近戦ではなく狙撃手のように距離をおいたところ
から攻撃するって点では地味ですし、攻撃も無効化されてまるで役立たず・・・
ではありますが、今のところは・・・
それでもええわぁ・・・ (*/-\*)
惚れ惚れですわね。
しかもあのお声ですしwwww

やっぱべ様のお声は素晴らしいwwww

バーサーカー相手に分が悪く、これではセイバー頼みだと凛は直接マスターを
うことを考えますが・・・
確かに、幼女だし、アインツベルンの名前を聞いたとはいえ、見た目そんなに
強そうにも見えないし・・・
サーヴァントではなく、人であるマスターを狙うというのは凛としては気乗りしない
でしょうが、そんなこと言ってる場合ではないってことで。

士郎には家に帰るように言い、自ら戦闘を決意。
が、士郎も帰れと言われて素直に帰るわけにもいかず・・・
余程のビビりじゃなければ、ここは引けませんよね。
それに士郎は「正義の味方」になりたいと思ってるくらいですし。

今の士郎じゃ狙われたら簡単にやられてしまうへっぽこマスターだから居たら
却って邪魔だという凛の言葉をきかず、自分では少しは役に立つと思った士郎。
でも、結果的にアーチャーの思惑に気づき、セイバーを助けることが出来たわけ
ですからね。
残って良かったってことでww

イリヤと凛のマスター同士のバトルも見応えありましたよね!
凛ルートだからみたことないバトルがあるのかと思ったら、どうやらここはアニメ
オリジナルのようで。
イリヤがアイリと同じく針金の魔術を使うとこいいですよね~

彼女の場合は髪の毛を使うようですが、それにしても凛のように魔術師として
レベルの高い相手にこれまた圧倒的とは。

宝石を使った凛の魔術も綺麗ですが、イリヤの鳥も綺麗だし、魔力が半端ない
ことがよくわかります。
彼女の場合は無尽って感じですもんね。
さすがの凛でも敵わないという。

うわ、ヤバ・・・!ってとこでちゃんとアーチャーが助けてくれました。
よかった、よかった。

アーチャーの視力が素晴らしいですwww
なんだかんだいってもちゃんとマスターを大事にしてますv

桁違いの破壊力を持つバーサーカーだけど、セイバーがした!
おお~~~!!!

って思ったのに、自動蘇生ができるもんだから、あっという間に自己修復して
くれちゃって・・・
こんなバーサーカー、絶対倒せる気がしませんよね(><)

アーチャーはここがいどころといわんばかりにカラドボルグをぶっ放しますが
あまりの威力に、これじゃ周りも巻き込んじゃいますよね・・・
それも目的の一つ・・・  ( ̄ー ̄

あの腐的 じゃない不敵なみがたまらんですわ。 O(≧∇≦)O
アーチャーには何やら秘密があるって感じwww

とにかくアーチャーがカッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!

の背景にが良く映えます。
映像が素晴らしくて、ただただ大人しく拝観するのみwww

墓地がエライことになってしまい、これは修復できるのかと心配になります。
協会も大概凄いよねwww

イリヤは「また遊ぼうね」と次回を楽しみに帰っていきます。
それにしても、すごい戦闘でございました。

これは円盤売れるわwww 
序盤でこれだもん。


そして、EDのKalafinaが安定の世界観を描いてくれてます。
ああ・・・Fateだ! って気がする。
っていうか奈須さんの世界ですわね、って感じ。

そしてあの方は「金髪の青年」ということなのですねwww
もうバレてるってwwww
あんなに金ピカが好きな方なのに随分と地味な格好をされているのですね。

だけど、好きwwwwヽ(*´∀`)ノ




2014年10月25日 (土) | 編集 |

ムッタwwww

前巻でカッコいいこと言ってたのに「エディの目を見てれば大体わかる」
なんてね。
それなのに、単に偶然二人の会話を聞いてしまってただけだったなんてw
さすがムッタだよwwww

つまり、カルロの行方不明の理由をエディが知っているってことはムッタは
最初からわかってたってことだよねw

これまでの感想はこちら

宇宙兄弟(24)限定版

宇宙兄弟(24)限定版
著者:小山宙哉
価格:1,922円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



新生“ジョーカーズ”の月への出発まで50日を切った。
六太を始めとしたメンバーは、カルロ不在のまま進む訓練に違和感を
拭えない。
互いに噛み合わないまま、バックアップクルー・モッシュのメンバー入り
に決定が
下されようとしていた。
はぐれ者の集まりだった“ジョーカーズ”にいつの間にか結ばれていた
信頼。
その絆がバラバラになったまま、月へのカウントダウンが刻まれていく…。


カルロは余程の理由がなければ、訓練を抜けたりしないと思っていたら、
父親の最期を見取るためイタリアへ帰っていたんですね。
普通なら堂々と理由を言って父親の元へ行けばいいのに、それをしなかった
のは、なんとカルロの父はマフィアの幹部だった・・・!?

これがばれたらクルーを外されるどころか、宇宙飛行士名簿から抹消されるかも
しれないってことでカルロはこっそりと会いに行ったようです。
へぇ~~~そうなんだ。。

カルロは暴力行為が嫌で父親と縁を切り、名前も国籍も変えてアメリカへ渡り
宇宙飛行士になったようですが、それでも最期だという知らせを受けてイタリアへ
急いだんですね。

カルロの父は刑務所の中の病室にいて、息子が宇宙飛行士となって戻ってきた
ことをとても喜びます。
カルロは冷めた様子なんだけど。。

父親は最期に俺が死んだら開けてくれと自宅のクローゼットの金庫の
なっている金の指輪をカルロに託します。
遺産ではない何かがそこにあるようで・・・。

父の死後、カルロはバッジ、新聞記事、ビデオカメラ、8ミリテープを見つけます。
テープを再生すると、若き日の父の姿が同僚とともに映っていて・・・

父の本当の名前はレオ・グレコ
マフィアを捜査する警察官で無期限の極秘任務のために身元が割られないよう
名前をルチアーノ・ゴッティに変え、潜入捜査を開始することが語られていて・・・

うわ、これにはビックリ!!

警察本部での彼の在籍情報は一度完全に抹消され、任務が開けたらヒーローに
なれるはずだったのに、彼の相棒が警察内部の人間に殺され彼は警察に戻れ
なくなったのか、嫌気がさしたのか・・・
そのままマフィアの人間として生きていくことにしたようで・・・

父の相談役であった男によると父は一度も人を殺めたことがないだけでなく
脅しすらしなかったとか。
他の者が暴力行為をするのを逆に諌めていたくらいで、一人、組織の改革を
しようとしていたのだとか・・・。

父が暴力行為は一切せず、頭を使って問題にあたるようにしていたことを一切
カルロは知らなくて・・・

父と縁を切ったとき、何気なくカルロ・グレコと名乗ったのも、遠い子どもの頃に
覚えた父の本当の名前を記憶してたからですよね。

最期に父がカルロに「グレコって名字はどこから付けた?」って訊いてたんですが
カルロは何気なしにつけたと言ってましたが、父親はカルロが自分の本当の名字
を覚えていたこと嬉しく思ったことでしょうね。。

頭がキレたルチアーノがヘマをして掴まるとも思えず、死期を悟った彼は息子に
会うためにわざと掴まったみたいです。
本当のことを告げる時がきたと思ったんでしょうね。。
彼はずっと黙って、息子が自分がから離れていく時も辛かったでしょうが何も
語らずにいたとは・・・

うう・・・泣ける。。
やっぱり宇宙兄弟泣ける・・・。

カルロは何事もなかったかのように戻ってきますが、既にカルロの抜けた後には
バックアップクルーが入っていて。。
このクルーが優秀なんだか、出来が悪いのかよくわからないのですよねwww
完璧主義者なんだけど、“ジョーカーズ”にはまるで合わないwww

超真面目人間ちゃらんぽらんの集団に投下されたものだから、全然かみ合わ
なくて・・・
訓練も上手くいかず・・・
みんなはカルロに戻って欲しいと考えてることでしょうね。

でも、その決定権はクルーには無く。。

月まで残り1カ月となり、みんなは地元に表敬訪問。
ところがカルロは戻る実家もなく、1週間で遅れを取り戻すと・・・
カルロも絶対に月に行きたいはず。

なんとか“ジョーカーズ”のメンバーとして月に上がって欲しいものです。

ムッタは日本でシャロンに会いますが、もう表情を変える筋肉を動かすことも
出来なくなっていて・・・
そろそろ人工呼吸器をつけなくてはいけなく・・・
「動けないまま機械に生かされて、私の生きてる意味はあるのだろうか?」

あれほど生き生きとムッタたちを導いてくれていたシャロンからは想像がつかない
ような弱弱しい言葉。
でも、シャロンは同じ病気の先輩に会い心強い言葉に救われることに。

「視力が落ちたらメガネをかけるように、息が出来なくなったら呼吸器をつければ
いい。」

「人は何のために生きているのか?」

昔ムッタは疑問に思ってシャロンに訊ねたようです。
その時、シャロンは「誰かに“生きる勇気”を与えるために生きている、誰かに
勇気をもらいながら」
と答えてくれたようで・・・

それを思い出すムッタ。
そして「この先また怖くなったり“生きる意味”に迷ったとしても、最後には必ず
生きることを選んで欲しい」
といいます。

「生きてて欲しいんだ」

照れながらも、昔シャロンが自分にしてくれたようにシャロンを抱きしめるムッタ。

ああ・・・人って与えたものが還ってくるんだなって思いますね・・・。
シャロンがムッタやヒビトに与えたものが今度は二人からシャロンに還ってくる。。

また泣ける。

もう、いい話だわ。。

ムッタしっかり月へ行けよ!
そろそろ、ヒビトの話もよろしく~~~


2014年10月25日 (土) | 編集 |

ふ~~~ん、そうキタか!って感じでサイコパス2が面白い。

私としてはかなり脚本気に入ってます。
1期より人の脳に突っ込んでるとこが上手い。
1期で扱ってた猟奇的殺人より怖いものを扱ってるって感じ。

1期はキャラは面白かったけど、心理学的なアプローチは入口程度だったし
派手でショッキングな人目を引く事象を表面的に扱うだけで、う~~~んて
思うところが多かったんですが、その点2期はこなれてる感じ。
人の潜在的な、表層に上がらない部分にアプローチ懸けてるのがいいなと。

シビュラシステムってのはホント穴だらけですが、犯罪者のデータを元に
基準をはじき出して危険分子かそうでないかを判断してるところに大きな
問題点がありますよね。

犯罪を起こす人の色相は濁ってるって最初のスタートがそもそも間違ってると。
色相を曇らせるのはストレス係数だったりするんだろうけど、罪の意識
あるからストレスになるわけで、それがなければクリアなままだろうから。

この世界の人は色相を濁らせたら犯罪者扱いだから、とにかくクリアな状態を
保とうとして逆にそれがストレスになるんだろうし、何も考えてない人のがきっと
健康な色をしてるんじゃないかとwww

本人の適性とか能力をシステムが判断するってのはある程度は参考にしても
間違いじゃないと思うんだけど、そこの問題はまた別だと思うので今回は触ら
ないでおくことに・・・。

鹿矛囲くんは「時に興奮状態が色相の浄化に役立つ場合がある。常に穏やかに
いようとするよりも」
っと言ってますが、これは興奮し過ぎて振り切れちゃったら放心して、脳の信号が
急停止するってことかしらん。

酒々井さん右目を摘出されちゃいましたが、鹿矛囲くんは医学の知識を持って
るんでしょうかね。
かなり道具とかそろってるようですが、ちゃんと適切に処置できたのでしょうか。

監視官の目が必要だったってことですが、ドミネーターはこれで個人認証してる
ってことでいいんですかね。
だとすればこの目があれば、監視官の身体はなくてもドミネーターを起動できます
もんね。

監視官の色相は曇り易いという酒々井の心の奥にある悩みや恐怖心に共感
示し「今君を、君自身をシビュラから解放する」という鹿矛囲くん。

これは洗脳か、それとも催眠術か。
いずれにせよ、脳を支配化におき、彼女の思考をコントロールするってことじゃ
ないのかと思いますが、それは真の解放でもなんでもなく。

指で唇をなぞり、そのまま指突っ込むとかかなりエロくて好きですww
指を噛むことでまだ酒々井は自分の思考をみせますが、すぐにやられ放題に。
唾液びちょびちょとかなかなかの描写です。

「忘れてしまった本当の自分を思いだすんだ」という鹿矛囲の目にも涙が浮かん
でますが、これはどういうことなのか?

酒々井を落ちつかせたのは催眠療法的なアプローチが関係してるように思える
のでやっぱり、あのセラピスト先生とグルなんじゃないでしょうかね?

「君とこの世界をクリアにしたい」ということなのでこれから酒々井は彼の手足に
なって動くことになりそうです。
限りなく透明にするとはどういうことなんでしょうね。

鹿矛囲くんが認識されない理由も謎。

部屋に何者かが侵入したかもしれないことから朱の家族はドローンの監視下で
保護されるようですが、システムに映らない人間が存在すると思っているのに
それって意味なくね?(^^;

美佳は最初から朱を疑ってるようですが。
まぁ、彼女は好きにしてたらいいよ。
私的には蚊帳の外の人。

ギノちゃんも一応、状況から侵入者の形跡はないと言い切っちゃってますが
東金だけは「可能性が等価なら執行官は監視官を信じるべきだ」とカッコいい
こといってくれてます。
彼の場合、自分の勘もあるんでしょうが・・・。
あんた、狡噛慎也くんやろ?
はよぅ正体みせてwww

隔離施設の雑賀に会いにいく朱。
朱はWCのメッセージは「What Color?」ではないかと考えたようですが・・・
う~~ん
それじゃ安易すぎるし、わざわざWCと略した意味がないんじゃないのかと。

色が色相を表すなら、簡単に自分の色はチェッカーで確認できるが、それが
出来ない存在だから、自分の色を教えて欲しいと問うているのか?と考える
二人。

そんな単純なことじゃないと思われますが。

「鹿矛囲ってヤツが存在しないとしてもメッセージを書いた人物と喜汰沢の
犯罪係数を下げた方法は確かに存在する」
が、これは悪魔の証明だと雑賀。

朱はこれを透明人間がいることが証明できれば手はあると考え・・・。
雑賀がいい感じで絡んでくるようですね。
早く東金さんに会ってみてください。
「あれ、狡噛くん?」とかって声をかけて欲しいwwww
「僕はホロには騙されないよ」っとか言って!

さて、ギノちゃんですが、もうギノちゃんなんて呼べない身体になってました。
いつの間にそんなに鍛えてたの!?
ドミネーター任せじゃいけないって、いざって時のためですか?
お酒まで呑むようになってしまって・・・

どこまで親父さまをリスペクトしてるんだか・・・泣ける。。

ギノちゃんのお部屋に青柳さんがやってきたようですが・・・
ここでは本音が言えるようで。。

出世街道を狙っていたのに、どこかで道を踏み外したと青柳。
それをギノちゃんに言ってみてもwwww

執行官を殺した瞬間に感情に蓋がみたいなのが出来たのではと思う青柳。
それまでは自分の感情に無頓着だったってことでしょうね。
今は感情が一定量までくると蓋に引っ掛かり、それ以上溢れてくることは
ないし、蓋の外側で冷めた目で見てる自分を感じるという。。

感情が自分と隔離してる感覚を味わってるのでしょうね。
が、ドミネーターを手にしている間だけはそのフタが外れかける気がすると、
それを理性が止め、その理性こそが私を監視官たらしめている

つまりはドミネーターを手にしてる時は本来の自分の感情が溢れ返って
それが爆発しそうになるのを理性で抑えてると。
今の青柳の状態はかなりヤバそうですね。

ドミネーターってのは権力の象徴でもあるし、合法的に人を殺めることが出来る
道具でもありますからね。
喜汰沢を撃った時、ハイな気分を味わってしまったようで・・・
本能を呼び覚ましちゃう危ない代物なのかもしれません。

監視官ってのは朱ちゃん以外、常にこの状況と戦ってるのかも。
こういう心理描写好きです。

久しぶりに局長登場。
今日の中の人は誰?

美佳が退出した後、対等に口を聞く朱。
「シビュラに認識されない人間など存在しない」
局長は言い切ってますが、鹿矛囲くんはそれをやってみせてますからね。
どういうことなんでしょう。

犯罪係数を抑えることは可能だと思われますが、まるで認識されないってのは
システムエラーを誘発させてるとしか・・・。

そして、新情報キマシタ!
東金さんは観測史上最高の犯罪係数を叩き出したツワモノのようですv
すっげぇ~~~~

なんでまた、そんな人が執行官に選ばれたんだか。。
有用なモデルケースってことですがww
犯罪係数MAXとはいえ常人よりもクールで役に立ちそうですけど。

酒々井の調査にのめり込む朱を危険だと案ずるギノちゃん。
しか~~し「この程度で色相が濁る人じゃない」と東金・・・
あんた、なんでそれを知ってるの!?

もう、「早く俺に気づけよ、ギノ♪」
って言ってるとしか思えないwwwww

で、爆弾解体ドローンから衝撃吸収シートが外れていたのはどゆこと!?
すごく気になります!!

そして、一気に鹿矛囲くんの存在がクローズアップ。
彼のように人を救いたいという者まで現れて・・・
ということは、鹿矛囲くんは既に沢山の人の色相をクリアにしてるってこと
ですよね?

無表情で青柳を殴る男。

何の表情も変えずに犯罪を犯す者が出てきましたが、これこそが怖い
笑いながら殴るうちは、そこに感情があるから心理を紐解くことも可能かと
思われますが、それがないということは完全に感情が切り離されているか
悪いことをしていないと考えているか、思考を停止させている状態。

他人のコントロール下に堕ちた状況にありがちですよね。

人は罪の意識を手放したとき、色相が濁らないとも言えるでしょうね。

洗脳や催眠術とかで操作され自分で思考することを停止したとき、人を殺める
ことも犯罪も悪とは感じなくなるでしょう。

槙島はこれをやるのかと思っていたんですよね。
体質とかでシビュラに認知されないとかじゃなくて。
ま、でも彼の場合は体質だったからこそ、人に興味をもって、いろんな人を
試してみたい、操作してみたいって欲が出て、それが彼の行動原理になった
のかもですが。

私としてはヘルメットで思考を読ませない、遮断させるなんて方法より、断然
こっちの方がいです。

完全にコントロール下に置かれた時、人は家畜以下の存在になるのでは。
家畜はまだ安全な場所でものを考える自由はあるから。

思考を手放し、人の支配下に置かれることこそが誰でも陥る可能性があり
本人自身にも自覚がないことがろしいです。
宗教ではこれがありがち。

考える自由を奪われた時、手放した時、人は何になるんでしょ。。


2014年10月24日 (金) | 編集 |

少女マンガ感想続けていきます。

次は「海月姫」
蔵之介くんが頑張ってますね。
お兄ちゃんはすっかり置いてきぼり。

ま、やっぱりお兄ちゃんとくっつくってことにはならないよね。
蔵之介のようなタイプと月海みたいなタイプのカプってのは新鮮ですご~く
いいと思うのだけど。

ここにカイ社長が上手いこと絡んできて、今回も面白いかったですv


海月姫(14)

海月姫(14)
著者:東村アキコ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


表紙をみても、もうお兄ちゃんの存在はありませんwww
完全に蔵ちゃんvsカイ社長だね。

眠れない夜を過ごしたみなさんでしたが、カイ社長の回想入りました。
孤児院時代、洋服を売ることに才覚を出したカイくん。
今ではドデカいアパレル会社の社長ですが、洋服を愛しているのかと
訊かれると簡単に Yesとも Noとも 答えられないようで・・・。

本心では決して愛してるわけじゃなさそうだけど、だからと言って手放せるものでも
ないって感じでしょうかね。
表裏一体の愛憎みたいな??

月海と連絡がとれなくなった蔵之介はじめ尼~ずのみんなですが、国会前でのデモ
を利用し月海にメッセージを送ります。
月海はみんなの姿をみて自分が服を作るのは「みんなのため」だと改めて感じる
ことに。
蔵之介の投げキッスがセクシだわw

びしっとお姫さまで決めてるのにねww
時々この子は女装をしてても男の色気を出すよね!

それにしても花森さんの大好物がデモ参加だったなんてwww
「主義主張関係なく、どんなデモでも参加するのが花森さんの主義」とかどんなけ
迷惑な人なんだよwwww
ホント多趣味な笑える困った人だよww

パスポートが出来上がった月海はついにシンガポールへ。
そこで月海を待っていたカイ社長は・・・
月海が来たことで大はしゃぎw

マリーナベイサンズへ。
月海の水着姿の冴え無さが振りきれていて素晴らしいww
空中のプールからシンガポールの街を眺め・・・カイ社長は
「この天空に浮かぶ海で僕と君とで誓いを立てよう」と月海の手をとります。

「月海の作るJellyfishのドレスでこの汚れた世界を海に沈めてしまおう」と
二人で世界を変えるんだ

そして、カイ社長は月海の腕を掴んで水の中に引き込むと・・・
突然キス

おお~~~~まさか、カイ社長そこまでするとは・・・!
これはかなり本気モードですね??
月海は自分に起こったことがよくわからず・・・
何かアクシデントが起きたのだと認識ww
やっぱりカイ社長はい人だとww

ディナーに三つ星フレンチのお店を予約していると知った月海は動揺
とてもそんなところへ行けるわけもなく、コンビニのおにぎりを食べたいと言い
出す月海に、カイ社長はあっさりとフレンチの店をキャンセル。

月海を気取らないカレーの屋台に連れて行きます。
「6ドルのこのカレーがシンガポールで一番旨いと思っている」と魚のカレーを
注文。
飾らない態度でカレーを食べ始めるカイ社長。
月海も初めは警戒していたものの、笑うと子供みたいな彼をそんなに怖い人
ではないのかと思い始め・・・
月海も笑顔を見せます。

すっかりカイ社長は月海に惚れてしまったようですね。
素の自分を見せるくらいに。。

その頃、日本ではやっと修兄が「月海がシンガポールに行ってしまったこと」を
知ります。
月海が自分とは別れたと言っていたことを蔵之介から聴きショックを受け・・・

「もうアニキには任せられない、オレが月海の一番近くに行く
蔵之介の言葉に修兄は、蔵之介もまた月海のことが好きなのだと気づいたようで。

なんか切ないけど・・・
仕方ないよね、修兄・・・
きっと彼はこれから蔵之介を応援することになるんでしょうね。
お兄ちゃんには稲荷さんがいるよ!

シンガポール入りした蔵之介は早速女装でカイ社長の会社に乗り込みますが
入口でカイ社長にバッタリ!
サングラスで顔がほとんど隠れているし大丈夫と蔵之介は思ったようですが
さすが、カイ社長は気づいたようです。
どれだけ蔵之介が変装(女装)しようと見抜くとはすごい。

ファヨンに電話をし「女の格好をした勇敢な騎士がはるばる姫を救出に来た」
と伝えます。
月海をホテルに帰すのは自分がするし、自分も同じホテルに泊まるから手配
するよう指示をすると、ファヨンは月海にどうしてそこまでするのかと質問。

ついにファヨンも切りこんできましたね。
さて、カイ社長はどう答えるのか!?

一方、モデルの女の子として乗り込んだ蔵之介は撮影現場で目を付けられ
本当にモデルとしてデビューすることにwww
こちらもどうなることやらwwww

いつの間にやら3人の男に惚れられてる月海。
それも、みんな超金持ちじゃないか!?
まさにシンデレラガール!!!



2014年10月23日 (木) | 編集 |

相変わらず進度遅いです。
そろそろ痺れキレてきました(^^;
もともと恋愛ばかりの話は興味ないですし。
キャラが面白いから読んでますけど、そろそろさっさと進路を決めてしゃきっと
いって欲しいところ。
好きだから一緒にいたい。
そりゃそうなんだけど、その勢いで自分の人生決まるからね。

とはいえ、途中で別れたとしてもそこからまた再スタートを切ればいいわけで
決して間違いではないからね。

これまでの感想はこちら

君に届け(22)

君に届け(22)
著者:椎名軽穂
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



さて、今回一番進んだのはちづちゃんでした。
やっと自分の気持ちを認めましたね。
龍もよかったね!
このカプは離れていても大丈夫でしょう。

ちづちゃんは寂しいから「行くな」と龍に素直な気持ちを伝えますが、でも
もしそれで龍がいかないことを選択したとしたらちづちゃんは激しく後悔する
だろうし、龍もちづちゃんがそういう子であることもわかってるだろうから
行くと思う。
ってことで、この二人はしばらく遠距離してたらいいよ。
とりあえず、自分の気持ちを素直に伝えられたことがよかったね。

お互い寂しいから他へ走るってのはこの二人は性格上なさそうだし、遠距離
ってこと以外、将来的にもまるで問題はなさそうだから、後はちづちゃんが
どこで折り合いをつけるかってことだけでしょうね。

小さい頃からずっと一緒にいたから寂しくなるのはわかるけど、そのうち慣れる
ってw
ちづちゃん自身も自分が一番やりたくないことをしてる自覚もあるわけだしね。
ちづちゃん頑張れってことで。

爽子も性格上、どこまで離れていっても他に気がいくことはないでしょうw
大学でモテるようにはなるだろうけどwww
だからと言って、彼女が流されるとは到底思えず風早くんだけがヤキモキする
ことになりそうwww

彼は元々モテるけど、爽子はその点についてあんまりヤキモチ妬くってことは
なさそうだよね。
「ああ、さすが風早くんはモテるなぁ」って感心するくらい?
なので、ここも風早くんが寂しいのを我慢できれば遠距離は問題ないでしょうw
まさか風早くんが送り出す側に回るとは思わなかったけど、それもなかなかいい
かも。

で、問題はやはりあやねちゃんのところでしょうね。
何が問題かって、あやねちゃんが本当にケントのことを好きなのかってとこ。
本気で好きならケントがあやねちゃんに傍にいて欲しいって想う気持ちを受け
入れても構わないと思う。
だけど、そうじゃないなら、それはかえってケントに対してもよくないと思う。
ここは、ちゃんと自分に向かい合うべき。

前巻感想でも書いたけど、ケントもあやねちゃんを本当に好きなら彼女の
やりたいことを妨げず、見守ってあげられるくらいの度量が欲しい。
どちらかが自分の気持ちに嘘をついている関係は続かないよね。

ま、離れていくあやねちゃんを受け入れられなくてもそれは別に悪いことでも
ないんだし。
ただ、あやねちゃんとは縁がなかったってだけのこと。
縛られることが愛されてることだと思う女の子ならケントに合うんじゃないかと。

あやねちゃんはさっさと東京へ行くことを選択すればケントも自分の気持ちと
向き合えるのにね。
遠距離になってダメはものはいずれダメになるし、離れたからダメになることが
悪いわけでもなく・・・。

一緒にいてくれないと嫌って人は多いし、人肌恋しくなって近くにいる人に
惚れてしまうこともあるwwww

若い時は大いに悩むところでしょうし、この悩むことこそが恋してるって陶酔
できる時なんでしょうが、なるようにしかならないw
ウダウダやってるのが一番時間の無駄なので早いとこ決めちゃってください
とすっかり歳を重ねたおね~さまは思う次第ですwww



2014年10月23日 (木) | 編集 |

今回もよかったですわ~♪

ヨナの作画は今回の感じが好きかな。
お目目があんまり丸くない感じの。

前はギャグのところが浮いてるように感じたんですが、今回は全く。
私が慣れてきたってことなのかしらんwww

作画もいいですし、嬉しいですね。

山の中を歩き回ってすっかりヨレヨレの姫さん。
ただでさえ、汚れや傷みを知らずに育ってきてたのに・・・
ハクは昔からずっと姫さんをみてきてて・・・

アバンで前回の続き
からのOPそして回想って流れがよかったですわ。

まずは疲れて眠る姫さんを見守りながらハクの回想。
イル王はハクをヨナの護衛にしたかったんですね。
ヨナが直系の王族である以上、いつどんな者から襲われるかわからないから
一番信頼できる者を傍につけておきたいと望んだのでしょう。

それにイル王はハクならば、ヨナの相手として認めてもいいと思っていたようで。
ハクの強さだけでなく、裏表のないところが気に入っていることから、イル王は
裏表のある人間を警戒していたともいえますよね。

その点、スウォンはイル王にとっては信頼できる者ではなかったってことでしょう。
やはり、ヨナの母親はスウォンの父、ユホンの関係で殺されたのではないかと。

ハクは自由気ままな身でいたいし、王族や貴族たちの腹の探り合いや足の
ひっぱり合いにも関わりたくないと思っていて・・・
だからとヨナの護衛の件を断りますが、本当の理由はきっと、ヨナといると調子が
狂う
からってところでしょうね。

なんでそうなるのかには気づいてないハクですけど。。

スウォンのことが好きなヨナをみているとイライラしてしまうんですよね。
はい、それ嫉妬ですわwww
自分の立場は心得ているし、自分の気持ちに対し自覚もないものだからなんで
イライラしてしまうのかもわかってないようですけどね。

そしてテジュンくん@たかぴろ登場v
姫さんに言い寄り、嫌がられてますwww
いいなぁ~~彼もなかなか・・・なんですよね。
今は下衆っぽく言い寄ってできるだけ嫌がられればいいwwww

関わるなと自分を抑えていたモノの、姫さんが嫌がっているのを見過ごせず
テジュンを止めにはいるハク。
「誰に断って俺の姫に触れやがってるんですか?」

テジュンだけでなく、ヨナまでもが 誰の??って顔してるのが笑えますよねw

俺と姫は幼少時より将来を誓い合った仲だとでたらめを言い出し、ヨナにも話を
合わせるように要求w
ここは原作くらいぐあ~~~~~っと接近して強引さを見せて欲しいところだけど
割とあっさり進むww

でも、自分から話を振っておいて、ヨナに「大好き」だと言われて赤くなるハクが
まぁ可愛いww
ハクも腹を決めたようで、自分が風の部族の次期将軍であること、イル王から
直々にヨナ姫の専属護衛を命じられた者
だと名乗ります。

自分は将軍の息子にすぎす、彼は次期将軍となると差が出ちゃいますよね。
でも、ここで諦めないのがテジュンくん。
その実力を見せてみろと刀を抜こうと・・・
そこへイル王が現れて、止めます。
さすがにテジュンも王が出てきたとあっては下がることしかできず・・・。

イル王は咄嗟に刃を握って止めましたけど、これって、掴むのは腕でもよかった
んじゃないかと・・・(^^;
ハクはこれによって王が決して臆病者ではないということを見て取ったんですよね。

手に傷を負っていることをヨナには気づかせないよう笑顔のままでヨナの護衛を
改めてハクに依頼するイル王。

放っておきたいと思いながらも放っておけない親子だとハクは仕える決意を。
「御意」

すっと跪くハクがよかったですね!!  (*≧∀≦*)


ヨナの涙をぬぐいながら
「イル陛下・・・あなたの心残りは俺が守る」
改めて姫を守ることを誓うハクでした。
ええわぁ・・・ (/ω\*)


今度はヨナの回想。
というか夢。

ヨナの母親が亡くなったとき、王は泣くばかり。
父上にはヨナがいるから泣かないでと、そしてヨナにはスウォンがいるから・・・

元気のないヨナを元気付けようと雪で奇怪なものを作るスウォン。
そこにハクも加わり、いつの間にやら雪合戦ww
子供時代の3人可愛い。

元気になったと思ったのもつかの間、ヨナは風邪を引いてしまい・・・
気づけは3人とも病人にw

ムンドク将軍もスウォンの父・ユホンも見舞いにやってきたというのにヨナが来て
欲しいイル王は姿をみせず・・・。
病を恐れて娘にすら近づけないのかと陰口を言われる始末。

「黙りなさい」と毅然とした態度を示すスウォン。
子供ながら天晴。
ハクも王の立場というものをちゃんと理解してるし。

いつの間にか手を繋ぐどころか、ハクがヨナの布団の中にいるのだが・・・
あ、みんなくっついて寝てるのか。

お腹が空いたヨナの元に出されて鳥粥は・・・
イル王が自ら作ったもの。
あまりの不味さだったけど、ヨナは喜びで一気に食べてしまいます。
お粥に食べられないほど不味いなんてあるのかと思いますけどwww

風邪が治った三人。
残念そうなヨナをハクがからかうと、横でスウォンは素直に「残念だと」
自分で「姫さまの隣で寝られないからか?」とこれまたからかったつもりが
「ヨナの隣ではいつでも寝れますけど」とスウォンが平然と答えてるwww

ヨナは赤くなってたけど、ハクもHP削られてるはずwww
この頃はまだそれほどでもないかな。

3人で一緒にいることくらい簡単だと思っていたのに突如、スウォンがイル王を
殺したことが夢に・・・

ヨナが目を覚ますと誰もいなくて・・・
すぐにハクが姿を見せますが、もうあの頃には戻れないのだと思うと涙が止まら
ないヨナ。

食事もとらず時間が経っても現実を直視できないヨナは体力も気力もどんどんと
弱っていき・・・
水浴びから上がったところをヒルに吸われハクがそれを弾き飛ばす間もずっと
大人しく・・・
いつもなら裸をみられようものなら殴られていたはずなのに、ハクは無反応のヨナに
スウォンに対するりがこみ上げ・・・。

食事もせず、ただ自分に手を引かれて歩くだけの人形のようになってしまった
姫さん。
共に過ごしてきた日々も、大事にしていた姫さんも壊したスウォン。

お前はそれで満足なのか?

っと、ハクはヨナの落とした簪を見つけ・・・
「まだこんなものを持って・・・」

原作だとハクの暗い表情のコマが入るんですが、アニメのハクは割とあっさり?
でも、その後のヨナに何か探し物をしてるのか尋ねる時の顔はよかった!
いい具合に嫉妬が滲んでました。

ヨナは簪を無くしたことに気づきますが、あんなものは要らないと思うものの
それを求めてしまい・・・
落としたと思われるところまで探しに戻ってしまいます。
スウォンへの気持ちにも整理が付かないんですね。
目の前で裏切られ父親が殺されたのを見ても断ち切れないスウォンへの想い。

ふと気付けば蛇が襲いかかってきて・・・!
帰りが遅いヨナを探しにきたハクが駆け付けますが、そこは蛇の巣窟だったようで、
ヨナを抱えて逃げるもハクは足を噛まれ・・・

心配するヨナに「黙ってしがみついてな」と
俺を道具だと思えばいい。
あんたが生きるために俺を使え。
俺はそのためにここにいる。

原作では 「陛下がいない今、俺の主はあんただ」のセリフがあってそこから
「アンタが生きるために俺を使え」って続くんですが、そこはカットでしたね。
ヨナに対し、自分は王に対する忠誠で動いているって姿勢を崩さないところを
強調して欲しかったんですが。。

本心とは裏腹のハクの心情なんですが、そうヨナに思わせ自分でも思い込む
ことでこの先を乗り越えていかないといけないですからね。。

ハクの足を心配するヨナにハクは「お探しのものはこれですか?」と簪を差し
出します。
恐る恐る手を伸ばすヨナに「俺はスウォンを許さない」とハク。

「だが、それ以上に俺はあんたに生きて欲しい」

あんたがこの山に入って初めて自ら動いてそれを探しにいった
何でもいい、今はあんたを繋ぎとめられるのなら
たとえそれが、未だ捨てきれない想いでも

ああ・・・切ないなぁ。。
ただスウォンだけを想っていたヨナにとって、スウォンの裏切りは現実として受け
入れられないくらい辛いものだろうに、それでも、想いを断ち切ることはできなくて。

そして、そんなスウォンに対するうしいりを覚えつつも、ヨナのスウォンに
対する想いが生へ繋ぎとめておくために必要だとわかってるから受入れるハク。

ヨナの気持ちも切ないけど、ハクだよ、ハク・・・ ( p_q)
たまんないよね!!美味しい!!(///∇///)

その頃、同じ星空を見つめてるスウォン。
この演出よかったです。
ヨナとハクを見つけられないとの報告を聞くと、それ以上の追撃は断念。
それよりも、今しなくてはならないことに着手。

なぜ、あれほど仲がよかった3人なのに、スウォンは裏切ったのか?
スウォンだって決してハクやヨナを殺したいわけじゃないんですよね。

父を殺され、それによって彼はこの国のあり様を見ることになったのでしょう。
城に居てはわからないことの数々。
大切な友を裏切ってまでスウォンがしなくてはならないと考えていることは何か?
これからスウォンについても描かれていくでしょうし、スウォンの立場も明らかに
なっていくことでしょう。

ヨナも城の外へ出ることで見えてくることもありますしね。

原作通りに回想が入ったので3人の掘り下げができててよかったです。
やっぱりこれがありませんとね。
でも、ヨナの裸をみて「余計なこと考えるな」って理性を働かせるハクのセリフが
なかったのが残念ww
もうちょっと動揺を見たかったところww
でも、さすが尺の関係上、あれもこれもは盛り込めませんもんね。


少女マンガにありがちのよくある三角関係ではありますが、これがただの嫉妬
とかでウダウダするのではなく、お互いの立場を優先し感情を押し殺して動いて
いくところが魅力ですわ。

ハクもスウォンもいい男(*/-\*)
それでも、時々想いが漏れてしまうところがまたいいのですわwww


2014年10月22日 (水) | 編集 |

アニメの後はドラマですね~

評判はどうなんでしょうか?

アニメは最初の方だけ見ましたが、あまり興味を惹かれませんでしたので
リタイヤしてしまいました。
放送がなかったのでネットでの視聴環境だったこともあり・・・
やっぱりネット配信だとついつい後回しにしてしまって、結局「弱虫ペダル」も
まだ見れてないのですよね。

きっと盛り上がってるだろうとは思いますが。
IHは原作読んだ時も凄かったから~

で、「信長協奏曲」11巻感想ですが、今回は歴史には関係のないお話でした。

 

信長協奏曲(11)

信長協奏曲(11)
著者:石井あゆみ
価格:493円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

上杉謙信の忍であるおゆき。
織田家の情勢を探るために信長・サブローの元に入り込んでいるのですが。

とき丸はおゆきに「信長を殺せ」と謙信からの命が下ったと伝えます。
が、おゆきは謙信なら同盟相手である信長の暗殺を命じるはずがないと考え
とき丸はをついていると言います。

「お前が殺さねば自分がやる」と言うとき丸でしたが、おゆきは「信長は自分の
獲物だ」と阻みます。

それからというもの、おゆきはむ日々。
謙信の命とあらば、信長を殺すのが当然。
ところが、おゆきは信長に情がうつってしまったようで・・・本心では殺したくない。
忍でありながら、命を実行することを躊躇いが・・・

その頃、蘭丸も明智の顔が信長とそっくりであることから、明智はきっとその顔を
利用し、謀反を起こそうとしているに違いないと思い込み、不審な行動ばかり。
おかげで細川には蘭丸が明智の顔を見たことがバレてしまいますw

そうとは知らない蘭丸は一人どうしたものかと悩みますが、同じように悩んだ顔を
してるおゆきと悩み友達にww

おゆきは蘭丸の悩みを知らないのですが、信長が同じ顔をしてる明智と二人きり
で会うことが多いことに疑問を抱き・・・
こっそり二人の会話を聞き、明智が本物の信長であることを知ることに!
では、今の信長は一体、何者なのか??

しかし、何者であっても現信長が自分の暗殺すべき対象だとおゆきは覚悟を決め
ます。

そんなときに安土城の建築現場に見学に行こうと言う信長・サブロー。
帰蝶も連れていくということでおゆきも同行。

すると、工事現場で大岩が信長の上に・・・!

咄嗟におゆきは信長を突き飛ばし助けます。
自分はなぜ信長を助けたのだろうと自分の行動に納得がいかないおゆき。
放っておいたら信長はめでたく不慮の死を遂げたというのに・・・

気づいたら身体が勝手に動いていたことにショックを隠せず。
おゆきは信長は自分の獲物なのだから石なんかに殺させるわけにはいかなかった
のだと自分を納得させようとしますが、かなり無理がありますよね。
それに、普通ではない素早さを周囲にみせてしまったようで・・・

数日後、おゆきは信長暗殺のため、寝床をいます。
信長を刺せずに躊躇っていると、サブローが目を覚まし・・・

自分の上に跨るように立っているおゆきをみて「夜這い?」
うん、サブローならそう考えるよねwww

おゆきが刀を見せたことで夜這いじゃないとわかり「じゃぁ暗殺の方ですか?」
「それは夜這いよりまずいんじゃないかなー・・・?」
なんて、自分が命を狙われているような状況でも、相手を責めるより落ち着かせ
ようと・・・

こういうとこいいよね~

何かおゆきを怒らせてこの状況になってるのだと思い、とりあえずごめんなさい
って謝るところもサブローらしいwww

もし、本当に夜這いだったとしても、「僕には帰蝶さんがいるから」ってあっさりと
お断りをしそうだしwww

実はおゆきは忍で、サブローが本物の信長でないと承知の上で暗殺にきたのだと
知るサブロー。
お前は何者なのかとおゆきに尋ねられ「信長として生まれたわけじゃないけど
信長として生きてきたから、信長として最期まで自分の役目を全うする」
つもりと。

おゆきはそんなサブローに「なぜいつも泰然としていられるのか」と問います・・・
なんだかよくわからない状況にあるのにいつも平然としてますし、信長でもないのに
命狙われてるというのにこれまた他人事のようですもんね。

信長を殺さなければ自分の居場所がなくなるというおゆきにサブローは躊躇いなく
「うちに居れば?」

サブローと話していると自分がおかしくなるというおゆき。
「何故、私の心を乱すのだっ・・・」

ああ・・・すっかりおゆきはれてしまってますね。
そりゃ惚れるわ・・・(///∇///)
わかる!わかる!!

おゆきが大声を出したため小姓が入ってきますが、信長はおゆきを自分の寝具
の中に入れ隠します。
きゃ~~~(/∀\*)
よくあるシチュだけどたまらんO(≧∇≦)O

結局、おゆきは目の前に無防備なサブローの心臓があっても刺すことができず
「私にあなたは殺せない」っと信長の前から姿を消すことに。

サブローはおゆきの本当の気持ちを知らず、「うちに戻ってきていいからね~」
なんてのんきに声を掛けてますが(^^;

おゆきは姉・うのを守るために、暗殺に失敗した責任を負うつもりで越後へ戻ろうと
します。
が、途中とき丸が待っていて、今回の信長暗殺の件はうのが仕組んだことだったと
明かされます・・・!

しかも、それはおゆきの心のありかを確かめるため
おゆきが姉を選ぶか、信長を選ぶかを確かめたかったようで。

おゆきのとった行動は、姉を救うために自分の命で償おうとしているが、それは
自分の命を差し出してでも信長を守りたかったということ」なのだとうのに言われ
しく動揺するおゆき。
信長を選んだつもりはないが、どうしても殺せなかった、殺したくなかったと涙を
流し、私はどうしたらいいのかと・・・。

恋するおゆきが愛らしい。。

うのはおゆきの覚悟を受け、手出しはするなととき丸に声を掛けます。
まさかと思うものの、とき丸も匕首に手を掛けますが・・・

うのはばっさりとおゆきの髪を切り落とすと「お前は今死んだ」

うのは自分にとって一番大事なものは、命を懸けても守りたいと思うものは
お前だけだと言います。
おゆきはうのがっててた子だったんですね。

「この世の何よりもかわいくて愛しい。」

だから、うのはおゆきの心がどこにあるかを確かめたかったのですね。
「好きな場所で、好きな男の傍で、好きに生きろ」
うのはおゆきを忍の世界から解放してやります。
もともと忍の里の子ではなかったようではありますが。

うわ~~~~~ん、うのがエロ姉ちゃんだと思ってたらすごい母性を持った
豪快な姉ちゃんだったよぉ~~
泣かせてもらったわ!!!
なんだよ、この姉ちゃん、凄過ぎるじゃないか

そして、とき丸も自分の本当の気持ちをおゆきに伝えないまま、おゆきを送り
だすことに。
ああ・・・切ないね(><)

サブローはおゆきの気持ちに気づいてないし、おゆきはとき丸の気持ちに
きづいてない。。

なんかもう細かい表情付けがたまらんですわ!
おゆきの短くなった髪から手を離せずにいるとき丸とか。。
これはぜひとも読んで欲しい!

最初はうのもとき丸も「おゆきを苦しめる嫌なヤツ!」って思ってたんですが、
まさかこんなにいい奴だったとは・・・

とき丸にも誰かいい人できないのかな。。

おゆきはサブローの元へ戻り、髪を心配する帰蝶にも、自分が上杉の忍であった
ことを明かします。
髪はその代償
首を刎ねられる覚悟で、殿にお仕えしたいと戻ってきたのだというおゆき。。

「うん、いいよ、俺に仕えてよ」
あっさり受け入れるサブロー。
帰蝶もおゆきが忍だと聞いて、信長を助けたときの身のこなしに納得がいった
ようです。
信長を助けるために少しも躊躇わなかったことから帰蝶もおゆきを受入れます。
「これからも殿の力になってくれ」

ああ・・・帰蝶さんも太っ腹だよ。
天晴な女だよ。。(〃∇〃v)

で、信長が簡単におゆきを信用したことのひとつにおゆきの名字が「あいだ」では
ないことがあったようです。
サブローはまだ、信長を討ったのが「あいだ」さんだと思ってるようで・・・
おゆきが「あいだ」姓じゃないから大丈夫だと思ったんでしょうね。

違うよ、信長を討ったのは明智光秀だよwww

おゆきは今回の件で自分の命を懸けて信長を守ることを心に誓います。

 

今回、史実には関係ない話でしたが、すっごい面白かったです。
もう、みんないい奴ばっかだよ!!
泣ける
おススメ!


2014年10月21日 (火) | 編集 |

今週もざっくりWJ一言感想いきます。

表紙&巻頭カラーは「ONE PIECE」

ではいつものように掲載順に。

ONE PIECE
コラソンいい奴。。かっこええ・・・

火ノ丸相撲
あっら~~前にキマシタネ!
お互い身体が小さくて相撲には不利な体型なのに諦めず、お互い違う戦法
での意地のぶつかり合い。
これは熱いですね。

食戟のソーマ
ヴィジュアル的には葉山くんに勝って欲しいけど、後から料理を出す方が勝つ
って感じだからなぁ・・・

暗殺教室
殺せんせーの実写化ってどうなるんでしょうねwww
着包みなのかしらんwCGにしてもなんだかね・・・
見ないからなんでもいいですけど。
渚くんの髪って下ろすとあんな感じなんだ~
他の括り方もして欲しいかも。
そして渚の相談への殺せんせーの対応が素晴らしいわ!
これだからこの作品は侮れないwwww
渚の才能はお母さんによって作られたようですが、さて殺せんせーはどう対処
するのか楽しみ!!

NARUTO
サスケはナルトを自分の手で殺すことで後戻りできない状況に自分を追いこんで
裏からの支配者として悪の役割をするつもりなんだろうね。
サスケは性悪説でナルトは性善説。
どちらか片方だけではないと思うし、やっぱり両方いると思うんだよね。
サスケはナルトの考えを受入れ、でも表立った協力という形はとらずに、里から
離れて監視をするってところに落ち着くのかしらん。
その時サスケが一人じゃないといいな。

銀魂
もうなんか空知先生、全部一気にぶっ放してませんか?
編集からGoが出てしまってるとしか思えず。。
これまでは高杉が出て来てきゃぁ~きゃぁ~言ってればよかったんですが、
ここまでシリアスが続くと・・・もしや??っと思わずにはいられず。
見たかったんですけどね、銀さんと高杉との直接対決。
高杉のセリフに銀さんが応じるセリフ。
これがまたれるわ・・・。
神楽ちゃんも頑張れよ!!
いつもながら下半身の重心がしっかりとれている殺陣の作画も素晴らしいです!!

ハイキュー!!
いきなり一本目アウトとは・・・飛ちゃん力入り過ぎたか。
ツッキーが冷静に戦ってて頼もしいですv
田中もしっかり動いてるし、大地や旭ももちろん頑張ってるし、あとは日向が
しっかり速攻を決めて復活するだけ~ってところで決めましたv
しかも岩ちゃんの完全なタイミングのブロックをしっかり外して打ててる!
一枚ブロックだったら日向もかわすことができるようになったんだね!!
熱い試合が始まりましたね。
これはいいわ。

Sporting Salt
ヘッドギアなしで素人がまともに食らうとヤバいよ?
首とかやっちゃうよ。
一つ一つのネタがもうちょっと先までちゃんと描かれていたらいいのにと
思いますわ。

ニセコイ
女将さんナイスwww
今回は着物の作画がすごくいい感じになってましたねv
お太鼓がもう少し大きいともっと良かったけどw
これからが本番ってことですので楽 頑張れ~

僕のヒーローアカデミア
扉絵がなんか凄いぞ。
おお~~~~しょぼい個性の組み合わせだけどやったねv

トリコ
お猿と戦ってたと思ったら古代遺跡出てきた。。
どうなるんだろ。

ハイファイクラスタ
ヘクトくんは若かったんだ・・・勝手におじさんだと思ってた(^^;

斉木楠雄のΨ難
ハロウィンはお菓子を用意しておけってことですねw

BLEACH
ほんとどうなってるんだろう??

磯部磯兵衛物語
磯兵衛の目がwwwww
そしてやはり母最強!

ジュウドウズ
華のお兄ちゃん、いかついなぁ。。

こち亀
バイクのマスツーリングって広~~い道路ならいいと思うけど、ちょっとなぁ
って思うこと多々。
もちろん、ちゃんとしてる人もいるけど。

モロモノの事情
鼻が特徴的・・・

ワールドトリガー
今ひとつ何が行われているのかわからないのが残念(^^;
ごめんよ。

ヨアケモノ
坂本龍馬が黒死病って・・う~~ん

三ツ首コンドル
えらく唐突な気がせんでも。。


では、今週はこの辺で。


2014年10月19日 (日) | 編集 |

相変わらず背景綺麗で、首から下が見事です。



今回はセイバーたちサーヴァントは過去だけでなく、未来からも呼び寄せること
ができると教えてくれたところがポイントでしたね。
そして、凛が士郎を助けるときに使った宝石はまだ士郎の元にありました。

でも、凛はアーチャーから返してもらってますよね。
これは・・・

ってところも大事な伏線。

今回はいろいろと説明回になってました。
バトルはないけど面白かった。

凛のお尻には狙ってるわwwwと微笑ましく感じましたが、私はセイバーの服の色が
やっぱりいいわと惚れ惚れ。

Zeroのときもいいお色だわと思ったんですが、今回の青味の強い感じもまた素敵
やっぱり金髪によく映える。

そして、登場しました!
言峰綺礼さん。
士郎が「衛宮」姓だと知りニヤリ。( ̄ー ̄

サーヴァントとマスターの関係については凛から教えてもらいましたが、今度は
聖杯戦争についてをエセ神父さんに教えてもらう士郎。

聖杯戦争は殺し合いだと聞いて、そんなのに参加させられるなんて冗談じゃない
ってな感じですね。
そりゃいきなりそんなことを言われてもびっくりするわな。

聖杯に触れるサーヴァントが先に倒された場合でも、令呪があればマスターの
権利は残り、もし、主を失い行き場を迷ったサーヴァントがいれば再起の可能性
が残る

これも結構重要ですよね。

令呪を使い切ればマスターの権利は失われ、聖杯戦争が終わるまで協会での
安全が保障される。

聖杯戦争は今回で5回目で、前回は10年前。

自分も犠牲になった10年前の原因不明とされる新都の火災が聖杯戦争による
爪痕
だとしり士郎は衝撃を受けます。
綺礼は前回の聖杯戦争で相応しくないマスターが聖杯に触れたために災害が
起きたと。
綺礼さん、しそうに歩き回って説明してくれてますwww
やはりじっとその場で説明されるより歩き回る方が説得力が増すのかしらんww
教会の中が薄暗いのもいいですし、綺礼さんが表情は変わらないのに手にぐっ
と力を入れてる描写があったのもいいですね。
ルール説明してるだけなのに、綺礼さんのターンにドキドキwww

士郎は聖杯を相応しくない者に渡すわけにはいかないという理由で聖杯戦争に
参加することに。

喜べ少年、君の願いはようやく叶う。
例えそれが容認し得ぬものであっても、正義の味方には倒すべき悪が必要なの
だから。

うわぁ・・・綺礼さん言いますなぁ。。

マスターとして戦うことを決めた士郎は改めてセイバーにご挨拶。
マスターから握手まで・・・
今回はコミュニケーションがちゃんととれそうで良かったねwww
Zeroの時の切継がどれだけ普通の感覚から逸脱してたかって改めて感じますね。

でも、Zeroのマスターはみんなんでたっていうか尋常じゃない人ばかりだった
からあまり切継も浮いてなかった気もw

聖杯戦争に参加するとなると、士郎とは闘うべき敵同士となったわけだから凛は
これ以上は一緒にいられないと考えますが、士郎は凛と闘う気はないと。
凛はまだ士郎が聖杯戦争についてわかってないとがっくり。。

アーチャーが現れて倒しやすそうなヤツから叩くべきだと促しますが、凛は借りが
あるからそれを返さないと気持ち良く戦えないと。

凛さん律儀です。

さぁそこへやってきたのはイリヤちゃん。
可愛い。
バーサーカーを引きつれてます。
この圧倒的感が堪りませんねwwww

いwwww

以前のstay nightを見た時よりもZeroをみた後の今回の方が細かいところを
楽しめて断然分かりやすいし、面白いです。
さぁ次回、白熱バトルが期待できそうですね!
ちょっと、かなり・・・怖いけど(><)

 

 



2014年10月19日 (日) | 編集 |

アニメも舞台も終わってしまいましたね。
アニメの方はこれからDVDやらが発売で特典が楽しみです。
フィップス@まえぬの単独キャラソンはありますか!?

さすがにないでしょうねwww
でも欲しい(*≧∀≦*)

BoMも楽しみですね~~
観に行きたいな。
時間取れるかな。

そして、舞台!
素晴らしかったですわ。
ホントよかった!
終わってしまって寂しいですがまだまだ原作がありますからね!
っていうか、やはり原作!!

いや~~正直いいます。

「緑の魔女編」はちょっと戸惑いがあったんですよね。
なんかすご~~~~~~くファンタジーに突然入ってしまって、あれあれ?
って感じで・・・
坊っちゃんの過去との対峙ってことはあったにしてもどうなっていくのかしらん?
と先が予想出来ず。。

でも、やっぱり、ダークでした!
ダークファンタジーでしたわ!

すご~~い こういう着地点だったのか!ってやっとわかりました。
チラチラはしてましたが、一気に畳みこんできましたね!

ってことでみなさま、GFお手元にございます?

私、いつもなら早く購入を!!って叫んでるところなんですが、自分が腰痛で
その上、体調不良もあってやっと夕方Getだったんです(^^;
なので今回大人し目。

いやいや18日は体調を万全にしておきませんとねwww


ということで11月号感想です。
先月号の感想はこちら

       11月号.jpg

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2014年 11月号 [雑誌]

 

扉絵は“裏のお着替え”
そっか、坊っちゃんのお着替えは全部セバさんですもんね。
装備も全部用意するんですね~~~

なんか坊っちゃんが大人っぽい( 〃▽〃)  
ネタばれを含みますので、GFを未読の方はご注意を。

 

部屋に緊急信号が鳴り響き、慌ててヴォルフラムがサリヴァンの部屋へいくと・・・
もぬけの殻。

サリヴァンは自分が作っていたものが村人を守るためのものではなく、誰かを
殺すための兵器
だったと知りしく動揺・・・!

みんながずっと自分をしていたのかとショックを受けます。
「嘘だと言ってくれ ババ様ぁ!!」

泣いて問うサリヴァンにババ様は・・・
「何故泣くの?ジークリンデ」

ん?じーくりんで?
どうやらそれがサリヴァンの本名のようで。

ババ様は
最高の頭脳を持って生まれ、研究に没頭できる最高の環境が用意されたから
こそ、究極の化学兵器を生み出せたのだから悲しむことではない」と。

歴史を変えたのだと誇らかに言います。

そして、ババ様は更なる衝撃の事実を告げます。
「貴女は私が愛したヒトそのもの、愛しい娘」

ひぇ~~~~~~ (((((゚.゚;) 
ババ様何をいいだすのかと思いきや・・・

しかも、人ではなく、ヒトなんですね・・・。

ババ様は実は科学者で、13年前マスタードガスの兵器運用化を目的とした研究
に携わっていたようです。
かなりの美人さんだったんですね。

一人の天才科学者により安全な合成法が編み出されたことからマスタードガスが
量産化されるように。
が、ある時製造工場で不慮の事故が発生し天才科学者は死亡。
ババ様も変わり果てた姿に。。

天才科学者の頭脳は国の宝だったため皆悲しみに暮れたようですが、ババ様は
彼との子供を授かっていたようで・・・

「彼の遺伝子が私の中に根を張る」って表現がなんとも・・・味気ないというか、
何かの実験結果みたいですね・・・

生まれた子供がサリヴァンだったようで、才能はすぐに発現
3歳で全ての文字を理解し、マスタードガスの合成法を理解。

それによって“愛する頭脳(ヒト)”が還って来たと思ったババ様は政府に掛け合い
新たな計画を発足。
それが、究極の兵器開発を目的とした“天才”の育成計画!

“緑の魔女”という特別な「存在」
“人狼”から民を守護するという「使命」

すべてが作り物だったんですね。
全ては研究に没頭させるため。
そのための環境とモチベーションを維持するためのもの。

彼女を俗世間から隔離しておくために作られたのが“狼の谷”だったんですね。

これは酷いわ(><)
村を作り上げ、そこへ閉じ込め、子供を騙し、利用していたとは。。

科学者としては研究だけに没頭できることを幸せだと考え、計画の成功の
ためにやってきたことでしょうが、真実を知ったサリヴァンの心は・・・

ヴォルフラムが駆け付けますが、サリヴァンは彼にも騙されていたと知り、
「嘘つき!!」と叫びます。
兵器開発のために彼は幼い子供の足を潰したんですね。

だから、彼は苦しそうな顔をしてた・・・。
そりゃ辛いわ。。

でも、その計画を立てたのは母親。

「それが親のすることか?子供は親の道具じゃない!
坊っちゃん、ごもっともです。

怒りを見せる坊っちゃんが・・・ 素敵・・・ (*/-\*)

あの人狼に襲われて背中に傷を負った村娘は誰にやられたんでしょう。
あれも酷いですよね。。

坊っちゃんはサリヴァンをえるとエレベーターへ猛ダッシュ。
坊っちゃんい!!
子供とはいえ、歩けない子を抱えて走るのはかっこええ!

「後は任せたぞ!」
イエス マイロード

悪魔眼でやる気満々のセバさん。

相手が人狼ではなく、ただの人間なら軍隊の兵士であろうとセバさんの敵じゃ
ありませんよね。
たとえ、人狼だったとしてもですが・・・。

ヴォルフラムも兵士で中尉だったんですね。
ヒルデは彼より上官のようです。

ヴォルフラムには緑の魔女の執事として、有事の際には緑の魔女を処分する
という役目もあったようです(><)
うわぁ・・・ヴォルフラム、つくづく気の毒な・・・。

ってこれも母親の計画の一環なのかしらん。

使用人たちは坊っちゃんの合図があるまで待機。
メイリンがメガネを外してるってことは戦闘モードってことですね。
その後はまたメガネ装着ですけど。

坊っちゃんからの合図に「始まったか」って呟いてる黒服の人は・・・?

ボスのお呼び出しに使用人たちは全力疾走で駆けつけます!
ここぉ!!!!
このコマ!!! 
(p≧∀≦q)〃

注目!!

今月号、タナカさんが一コマしか出て来ないのに、このコマのタナカさんが
凄い!!!
かっけぇえええええ! カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

あの使用人たちのダッシュに後れを取らず、普通について行ってる!?
やっぱりタナカさんはタダものではないと思われ・・・

その頃、坊っちゃんはサリヴァンに選択を迫っています。
外へ出れば、彼女を利用しようとする輩がごまんといて、今日よりずっと
辛い目に遭うこともある。

それでも外へ行くか、それとも・・・
今ここで楽になるか

銃口をサリヴァンの額に当てる坊っちゃん。

例え子供でも、例え辛くても、自分の道は自ら選びとれってことですね。

すでに坊っちゃんも幾度となくそうしてるわけで・・・


サリヴァンは外の世界へ出ることを望むでしょうが、その先は・・・
ファントムハイヴ家の居候になるのかしらん。。
でも、それをリジーが許すとは思えず・・・
女王に利用されてしまうのかしらん。。

それはい。。
あの人、絶対 ラスボス・・・

 

ちょっと確認したいことがあって9月号を探したんですが・・・
9月号が見当たらないんですけど(><)
まさか・・・
WJと一緒に資源ごみに出してしまった???

そんなバカな・・・(ノД`)

結構 ショック。。


2014年10月18日 (土) | 編集 |

怪しい人だらけで楽しいですね~
これはいいわ!

脚本だけなら私は2期の方が面白いかも。

1期はサイコパスの世界の犯罪とそれに対処する公安をベースに、シビュラ
システムに対抗し自らの意志により選択・行動した人間の犯罪をみて楽しむ
槙島
彼を執拗に追う狡噛を軸に話が展開してて、すごくとんがった脚本で
面白かったんですが、おや?っと感じるところもあったんですよね。

でも、2期は今のところそれを感じない。
ちょっとミステリーっぽく展開(怪しい人だらけですもん)してるところも面白い
かなと。
ま、もちろん全ては1期の下地があるからこそ出来る話なわけで、2期だけ
では成立しないんですが。

なんか上手く表現できませんが、こなれた脚本だなと。

今回、OP見てて、もしかして朱ちゃんは煙草を吸ってるんじゃなくてお香でも
焚いて
るのでは???
なんて思ったんですが、煙草を焚いてましたねwwwww

それも狡噛さんと同じ銘柄のSPINEL。

ほぉ~~~
それはな~~ぜ~~~

集中力を高めるためというか、狡噛の存在を忘れず、彼だったらどう考える
かを常に意識
するようにしてるってことですかね。
恋心とかはいらんわ。

今回の朱ちゃんにはドライ&クールでいて欲しい。

で、東金さんも同じ銘柄吸ってはりますが、これをわざわざ強調させるあたり
やっぱり東金さんはホロじゃないのかと思ってしまいますわwww
中身、狡噛さんやろwwww

美佳に「模範的な行動が常に最良の結果をもたらすとは限らないことも知って
おいた方がいい」
ってもっともらしくウンチク述べてるギノちゃんが可愛らしいww
私は1期のギノちゃんより、むしろこっちのギノちゃんの方が微笑ましいわww

美佳はすっかり弥生さんに惚れたようですが、これはこれで笑えるからいい。

喜汰沢の聴取に東金を同行させる朱。
東金の行動が一々狡噛にりまくりなのはなぜ??

ホロで人質を偽装してまで公安を誘い出した理由を問う東金。
今回の事件は公安狙いですもんね。

が、喜汰沢は人質は自分の色相をクリアにしてくれた“あの人”だと言い張り・・・。
一緒に世界と戦うってことはシビュラシステムと戦うってことですかね?

人質はシステムに認識されなかったため、朱以外はホロだと考えているようですが
朱はシビュラの欠陥をついた認識されない人間が存在したのではないかと考えます。
何かしらの存在がなければ、喜汰沢のようにサイコパスをクリアに保てるわけが
ないと考えてるようで。

でも、槙島と同じ体質ならありえますよね。
ただ、彼の場合は槙島と違ってちゃんと色相が濁ることもあり、犯罪者として計測できる
ときもあるんですよね。
それに、どうみても彼自身がそれを利用して犯罪を行うにはちょっとお頭が・・・。
誰かに利用されていると考えるのが妥当。
彼自身が他者の存在を明かしてますしねw

その頃、ギノちゃんらはWC?の意味を考えますが・・・
あまり使い物にならない様子。
トイレは真っ先に思いつくけど、「?」があるからね。

今のところは What Color? っぽいですが、これもミスリードかも。

東金さんも相当しいですが(でも敵サイドではなさそう)雛河くんもどうしても
気になるw
彼は元ホロデザイナーだったようで、人質のホロがトンデモナイ代物であったことを
突き止めますv
よくわからんないんだけど死んだ人をモデルに作ると精巧なのが作れるらしい。

しかも8歳で亡くなった子を成長させてモデルにするとかなかなかのイカれっぷり。
いい感じの異常者のようです。

喜汰沢は“あの人”が会いにきたから犯罪係数が下がったと言いますが、彼と
面会したのはギノちゃんもお世話になった公安ご用達カウンセラー・蓬田@鳥さん。
彼は通常業務をしただけだと。
カメラにも怪しい点は特になさそうで・・・

だけど、もし、この蓬田さんが鹿矛囲くんとグルだったら?
元々システムに認識されないんだったら、二人で入ってきててもカメラには映らない
ってことですよね。
で、音声の記録が残されないのなら鹿矛囲くんやりたい放題ではないのかと。

元は蓬田さんも真っ当に仕事してたのかもだけど、鹿矛囲くんに唆されたのか、
それともまだラスボスが他にいてその人の関係とか?

朱が喫煙してると聴いてギノちゃんが向けた視線が・・・
もうなんでもわかってるよ・・・ってお兄ちゃんの顔。

絶対、ギノちゃん前髪切ってこっちのが正解!

朱は喫煙してたわけじゃないですが、煙草を焚くってのはかなり健康にはよくない
ですよね。
ってそれよりもびっくりしたのが、朱の部屋に勝手に鹿矛囲くんが侵入してたこと!
いやん(><)
部屋に鍵を掛けない弊害が・・・

やっぱりちゃんと鍵かけた方がいいよ。
女の子の一人暮らし注意!!
もうシステムには欠陥があるってことがわかってるんだから鍵つけよう。
ってそれを言ったらパニックになるのか?
シビュラは完全だって前提で社会に安全が保たれてるんだもんね。。

喜汰沢の犯罪係数が下がったために一般医療施設に送られることに。
が、その途中で喜汰沢が逃走。
青柳はサイコパスがクリアな人間が犯罪を犯すことを信じられないようで・・・
そりゃ免罪体質のこととか知らされてないですもんね。

みんなシステムを信頼してるから。

ところが朱だけは「喜汰沢の逃走を指示して下準備を行った誰かが必ずいる」
と考え、システムに頼らず喜汰沢を追い詰めます。

発砲許可を求める東金。
あら、新人さんだけど一切躊躇いなく発砲する気満々です。

が、それを止める朱。
喜汰沢からまだ何かを聞き出そうとするつもりのようですが・・・

彼のサイコパスをクリアにしたのが「カムイ」という人物らしいということは聞き
取れたようで・・・
「俺は今 何色なんだ?」と問う喜汰沢。

それを聞いてWC?の意味が朱にはわかったようです。
もうちょっと何かしゃべりそうだったのに青柳さんがエリミネーターでドン!

ここでも東金は人間の上半身が吹っ飛ぶという大惨事を見ても、まるで
見慣れているかのように動じません。
なんでだ!?

喜汰沢が処分されたことを知り、鹿矛囲は怒りを見せます・・・
「愚かな公安局・・・ 彼はクリアにできた。 まだ救えた・・・」と。

彼は喜汰沢をうつもりだったんですかね?
沢山の人を殺傷したかもしれないのにたった一人の犯罪者を救うことの意味は?

「常守朱。 君なら分かると期待したのに」

朱ちゃんのことも色々と知ってるようですが、期待って何を?
シビュラがダメ出しをした人間でも再度やり直しが出来るんだってことの証明が
したいとか?

これは確かにシステムと公安に対する挑戦のようです。

1期はキャラでせてくれた感じですが、2期はストーリーの面白さを感じます。
内側に怪しいヤツたくさんってワクワクしますね。
解きみたい。
さて、どうなるのかしらん。

 


2014年10月17日 (金) | 編集 |

いや~~
これはゲーム原作なので全くのノーマークだったのですが・・・
ゲームの方は我が家では評判よくなかったので・・・

が、巷から聴こえてくる作画が凄いって声に惹かれ見てみました。
一応録画はしてたんですねwww

そしたら、確かにかったwwww
劇場版のような仕上がりでしたね!
こんなのTV画面で見せてもらえたら心るってもんです。
stay night も大概、背景が凄いことになってますが、こちらのアクション
シーンは滑らかだし、バトルはこれまたスケールがデカくてきました!

とはいえ、ストーリーが面白くなければ作画だけでは見る気はないんですけどね。

これ、ゲームとはストーリーは全然違うんでしょうか?
公式HPを覗いてみたんですが、神様とかは同じみたいですが、キャラは違う
みたい。

ゲームと言えば、旦那がこのゲームを以前使ってたスマホでプレイしてたんですが
このスマホがホントダメダメで、すぐにフリーズするわ、勝手に再起動するわ、
何回修理に出しても出来ない子のままで・・・。
初期不良だから換えてくれっていっても応じてもらえず、ホント使えない奴だった
ようで・・・

このゲームをしてる時も何度もバトル中にフリーズし、再起動すると必ずキャラが
倒されていたという哀しい曰く付きのゲームだったのですわw

私としてはカードの絵が美麗だったのをCMとかで見たのを覚えてるくらい。

それにしても背景とかバトルシーンとかどうしたん!?ってくらい力入ってますよね。
作画枚数もトンデモナイ数のようですし。。
なんでこんなにお金かけてるんだろう???
音楽も初っ端からいいですし、クオリティ高すぎてビックリです。

1話は特にカメラワークも雄大だし、構図もいいし映画みてるようでした!
ちょっとディズニーの映画っぽく感じるところもあって、コミカルだし、テンポもいいし
今のところ好みのキャラはいませんが、かなり面白そうです。
アメコミにでてくるキャラみたいで、カラッとしてて笑えるのもいいですね。

タイバニと監督が同じなせいか、大人向けなセンスを感じます。

ファバロ・レオーネとカイザル・リドファルドはいきなり追いかけっこみたいなこと
してるんですが、私はてっきり二人が楽しんでと思ってました。
幼馴染かなんかでお互いに腕試しをしてるのかと。
まさか、本気で倒すつもりでいたとはwwwwww

この世界のは屋根の上を走れるってのも笑いました。
身軽ですよねwww
馬もいい味出してますよね~
舞台設定が一見リアルに見えますが、いろいろぶっ飛んでいるので、かなり
ファンタジーのようです。

キャラの表情もユーモアに富んでいて役者さんが演じてるみたいな細かい表現
ですし、何といってもモブがモブ顔していないところがいいですよねwww
適当じゃないんですよね。
モブだけどちゃんと丁寧に描かれてる。
拉致られそうになる女性たちが一様に不細工なんだけど、丁寧に不細工具合が
描かれているのがくいい!

ヒロイン以外の女性が今のところ、ほとんど不細工しか出て来ないんですが、その
女性たちを「可愛い」といってるファバロは本気なのか、口が上手いだけなのか、
わからないところもいいwwww

そして、何といっても目を引いたのはヒロインが悪魔眼に変わるとこですね!
あれはいいわ。。
ゾクゾクきました!
バトル中のお尻強調アングルもいいし、そのあたり非常にみですv

2話では、身体を洗おうと服を脱ぐファバロをものすごい熱視線でロックオンしてる
おばちゃんがよかったですわwww
ガン見してましたよね!!
ワクワクしてる気持ちが手に取るように伝わってきてwwww

で、見えるようで絶対に見えないファバロの下半身もニクイww
そして、尻尾にはビックリでしたわw
せっかくちゅうしてもらったのに、まさかそんな副産物が付いてくるとはですよねw
ズボンからどうやって尻尾を出したんでしょうかね。
自分で穴を開けたにしても潔過ぎる。
隠しておいた方がいいのではw

ヒロイン・アーミラも可愛いらしいですが、カイザルの睫毛がクルリンキュート
何ともチャーミングv

カイザルはアーミラに一目惚れしたっぽいですが、きっと今後の展開に笑いを
もたらしてくれそうで期待したいと思います。
上手くいかない気しかしないwww

あと、やっぱり!!
馬主役!!

ファバロがアーミラを売って逃げようとしたところ、彼の意志を完全に無視して
アーミラを助けに行きましたよね!
あの馬、最高!!
彼の名前はなんていうんでしょ?

アーミラはお母さんに会いに行きたいようですが、お母さんが持ってるハズの
宝石を騎士団長さんだっけ?が持ってましたね。
まさか彼がお母さん!?

神様というか、天使たちもいろいろと登場してきて賑やかになりそうですね。
気楽に見れそうなので、このまま視聴を続けようと思います。

感想は書かないと思います。
きっと毎回、作画が凄い、音楽がいい、カメラワークが映画みたい、とか同じ
ことしか書けないような気がしますのでwww


2014年10月16日 (木) | 編集 |

今季、作画がすっご~~~!!って作品が多いですので、それらをだーっと
消化した後でヨナを見ると・・・

んんん、やっぱり時々顔崩れてるよねwwww
でも、それ以外は丁寧な作画なので、気にしないでいきましょうv
背景は渋くていい感じ。
キャラもハクとスウォンのキメ顔だけ崩れてなければOKということで。

前回、一気にスウォンがイル王を殺害したところまで進めたので今回はその
補填回でしたね。

どうしてスウォンが王を殺すに至ったのか・・・

スウォンの父・ユホンはイル王の兄。
先代は幼少期より勇猛果敢で利発な長男ではなく、なぜか、次男に王位を
継がせたのですね。

イル王の手に止まってる鳥さんが可愛らしいことww
ほとんどセリフも絵も原作通りでしいですv

ただでさえ王位継承権は長男にあるというのに、どうして軟弱な弟が選ばれ
たのか周囲は理解できなくて。。

そうなんですよ、ここですよね。
なんでなんだろう・・・
私にもわかりません。

しかし、ユホンは王座などオレにとっては些末事、弟や民を守るために
前線で戦い続けると。。
そんな父を誇りに思い、深く敬愛したスウォン。
いつか自分も戦場に立ち、父の為に命を捧げようとすら思っていて・・・

それなのに、イル王は王位に就いた後で実兄であるユホンを殺したという
スウォン。
武器を嫌い争いを避けていたはずの王が剣で刺したのだと。
これも引っ掛かるところ。
なぜ、イル王は実兄を殺さなくてはならなかったのでしょう。
ヨナの母親が何者かに殺されたことに関係してるのではと思うんですが。

10年前のその時から、スウォンはこの日のために生きてきたと言います。
「父上の敵を討ち、父上の遺志を受け継ぐ者として高華の王となる」

スウォンいいですね! (*/-\*)
彼の意志のさを感じるアップでしたv
ああ・・・やはりプラチナブロンドも捨てがたい。。
あ、でも明るいところではもっと茶系でしたね。
髪の色と瞳の色が魅力的です。

いや~~小林くんの演技もいいですわぁ(〃∇〃v)

スウォンはヨナに見られないように王を殺害し、その後どうするつもりだった
のでしょうか?
ヨナを妻に迎える?
それが一番手っ取り早く正当な方法で王になれますよね。

予定外にヨナが王の部屋へやってきたため殺害現場を見られてしまうことに。

王の部屋へ来た理由が自分への想いを王に伝えるためだったと知った時の
スウォンの驚きが・・・切ない( p_q) 

アニメでは見られてしまったからには消すって感じでしたが、原作ではこのまま
生き長らえても辛い思いをするだけ
だからとケイシュクに促され、スウォンが
殺す決意をするのですが、そこは入れて欲しかったかな。

自分の目的のためにはヨナも殺すといいながらもヨナのことを考えての行動
なのだということで。。

今回もハクはいい動きしてくれてました!
一瞬で守備隊を蹴散らすところとか、スウォンに問いただすところとか・・・
「お傍を離れて申し訳ありません」のところとか。

普段、遠慮のない態度をみせるけど、キメるところはちゃんとキメることのできる
ハクちゃんですv
ええわぁ・・・ハク@まえぬ(*≧∀≦*) 

突然自分の前に現れたハクに、ハクは私の味方なのかと訊ねる姫さんが
痛々しい。。
これまで自分を受け入れてくれていると思っていたもの全てが自分の存在を
疎んでいたと知り、命を脅かされパニック状態にあるから、ハクのことも
信じていいのかわからなくなってるんですよね。

睨みあうハクとスウォンがどちらも引かずでれますわヽ(*´∀`)ノ
ハクの横顔もスウォンの正面顔もしいv

そして二人のバトルも見応え充分。
ハクと互角とまでいかないまでも、ハクの大刀を止めることができるスウォンの
腕も相当ってことですよね。
他の兵なら簡単に首が飛ぶんですからね。

姫さんを抑えられて、動きを止められるハク。
原作では、姫さんに剣を向けられてはいませんでしたが、あれだけ強いハクが
簡単に兵に囲まれることはないのでアニメの方が納得の流れ。

それにスウォンが「この国に弱い王などいらない」といった言葉の意味する
ところもケイシュクによって補足されてるのもよかった。
つまりは、ヨナやハクの知らないこの国の実情をスウォンは知っているって
ことです。

「道を阻むものがあれば誰であろうと斬捨てる」とハクに迫るスウォン。
そこへ矢が・・・!

一瞬、みんなの注意が逸れた隙にハクがカッコ良く兵を蹴散らし姫さんを抱えて
逃げます。
その先にはミンスが。
彼は姫さんたちに逃げ道を確保するため自ら囮となります。

アニメではこの場面が長かっただけにミンスの活躍がいです( p_q)
ミンスぅ・・・!

「どこへでも行きますよ。あんたが生き延びられるなら」
の場面は原作ではミンスがいるところでのことなのですが、アニメでは森の
中で二人きりのときになってましたね。

こっちの方が印象深い場面になってますね。
いい感じだわ。
姫さんは放心してますけど。。

ハクは自分の想いを自分自身でも見ないで、イル陛下への忠誠によって
姫さんを守ろうとしているようで・・・
まぁ 認めざるを得なくなるのも時間の問題ですがwwww
でも、この忠誠心まるだしのおかげでこの先ずっと姫さんに誤解されたまま
になるんですけどね。

ちょっと哀しいハク。。


さて、16歳の誕生日の出来事は回想という形になって現在へ戻ってきました。
そこにはちょっと変わった仲間たちがいて・・・。

早速みんなれてますねv
でも、ふっとか、はっとか、ふ~~~~とかしか言ってないwww
早くみなさんのセリフが聴きたいですね。

そして、すっかり様変わりした姫さんの姿が・・・
ここへ至るまでが楽しくて大変なんですよね。

次回はまた回想ってことになるんでしょうが、原作でも回想ですもんね。

今回は夜の場面ばかりだったせいか、ヨナの髪が気になりませんでした。
前回、宮廷での煌びやかな生活を印象付けるために髪を始め、全体に
華やかな色彩にしてたんでしょうね。

そうそう、OPを一緒に見てた娘が一言。
「曲しかないのいいね~雰囲気が合ってるわ。
で、なんかゲームのオープニングみたいだね。」

ゲームを放置してるときにずっと流れてるオープニング映像みたいだってww
確かにwww



2014年10月15日 (水) | 編集 |

感想を書いてるアニメ以外で10月スタートアニメで視聴したものだけ
ざっくりと感想を。

今のところ感想を書き続ける予定は

暁のヨナ

Fate/stay night Unlimited Blade Works

PSYCHO-PASS サイコパス2

こちらは当初予定通りですね。


書こうかなっと思っているのにまだ視聴すら出来てないのが

弱虫ペダル GRAND ROAD

これは何とか追っかけて感想上げたいと思うんですが、きっとまとめてになると
思われます。


それ以外で取りあえず1回みてから視聴を決めようと思ってた作品は以下。

旦那が何を言っているかわからない件
オレん家のフロ事情
曇天に笑う

視聴予定はなかったけど見てみたのは

七つの大罪
神撃のバハムート

 

では、早速感想をざっくりと。


「旦那が何を言っているかわからない件」

これは私の守備範囲外ってことで(^^;
仲の良い夫婦の話でした。

「オレん家のフロ事情」

意外にもOPが凄くよくてびっくりしましたwww
今季の中で一番OP好きかもってくらいです。
本編の方は・・・
短いので視聴は続けるつもりです。
感想は書かないですけど。

それにしても、一日中追い焚きするなんていくらイケメンでもアカンわwwww
どれだけ維持費がかかると思うの。
本当なら、あの請求じゃすまないよ。
その分、何かで対価を払ってもらわなくてはね。
龍己は優しい子だと思うわww


「曇天に笑う」

う~~~ん。
これは微妙ですわ。
舞台が地元なので楽しみにしてたんですけど、あんまり面白いと感じません
でしたわ。

お兄ちゃんの頭も妙だし・・・。
原作未読なんですけど、きっとアニメ向きの髪型じゃないんでしょうね。
原作は美麗絵だったと思うのですが、アニメだと顔の表情とかも今ひとつで
あまりイケメン兄弟に見えず・・・。
色の使い方もベタっとした感じで・・・

ただ、背景はとってもいいです。
大津からの景色あるあるになってますwww
そうそう、三上山が見えるよね、とか比叡山の山並みそんな感じ~って。
でも、大津の町中ってより、我が家の辺りから見える景色に似てるのはなぜw

地元なだけに大津のどこなん?とか、獄門処ってのは当然、北湖の方にあるん
だろうし、それなら大津から舟で渡るより彦根のが近いよね。
とか、どうでもいいよなことを考えてしまいます。
とりあえず、原作を読んでみたいですね。

ゆうきゃんはすっかり最近、私の中で野崎くんと一体化してまして、天火の声も
野崎くんが演劇部の練習に参加してる・・・とかオート脳内変換がされてますw
これまで沢山のキャラで聴いてるのに、まさかこんなに野崎くんでしっくりとくるとはw
もう少し見てから視聴を続けるか判断しようと思います。


「七つの大罪」

こちらは視聴予定はなかったんですが、折角だから1話はみてみようと。
原作は既読です。
色彩も明るいですし、作画も綺麗で思っていたよりもいい感じでした。
これは結構期待できるんじゃないでしょうか。
感想は書きませんが、時間があれば見てみようかな~ってところです。


「神撃のバハムート」

これはゲーム原作だと思っていたので全くのノーマークだったのですが、
作画が凄いってことを聞いて見てみました。
そしたら、確かにかったwwww
劇場版か!?ってくらいの仕上がりでしたね!
ホントびっくりしました。

これはちょっと別で感想を書こうと思います。
毎回は書きませんけど。
視聴は続けようと思います。

 

とりあえずの感想はこんなところです。


2014年10月14日 (火) | 編集 |

大千秋楽の感想が1週間も開いてしまいました。
その間にもう一つ台風が上陸して・・・

すっかり記憶が怪しくなって・・・かなり危険な状態ですが、今残っているものを
出しきっておこうと思います。
もはや記憶がかなりあやふやになってます。
記憶の改竄があるやもしれません・・・(^^;

大千秋楽感想 その1  その2

幕間からの後半分いきます。

まずは犯人だと思われたドルイット子爵を捉えたのに切り裂きジャックの犯行が
止まらなかった件を劉が歌いあげます。
劉が椅子に座って話を始めていくんですが、途中で煙管をクルッと廻すのが好き
です。
あれって毎回成功してたんですかね。
廻すこと自体はそれほど難しくはないと思われますが、毎回舞台上で成功させる
のは結構緊張すると思うのです。

切り裂きジャックの犯行をシルエットで見せるところの演出はすごく良かったです。
がバッと飛び散るところを照明で表現するんですよね。

これ初見の時は角度があり過ぎてよく見えなかったんです。
舞台に立ってる人と前の人の頭で見えなかったところもあったようで。

大千秋楽の時は全体像が見れましたし、何度も血が飛び散って、残忍な犯行で
あったことが上手く表現されてたと思いました。

ただやぱり歌は声を張り上げ過ぎるとマイクを通した声が割れてしまい、これは
音響が悪かったんだと思いますが(会場の)全体を通し残念でした。

セバスチャンの人間には不可能という報告と、その後の調査から次に狙われる
娼婦を突き止めた坊っちゃんはセバスチャンを連れて下町で張り込み。

普段の坊っちゃんの姿では高貴過ぎて場にそぐわないということで変装するの
ですが、よくよく考えてみるとセバさんも大概の様な気も。。

使用人のコートではありますが、生地はいいものを使ってるはずだからやっぱり
あの場では目立ってしまうのでは??
サーカス編の時、ジョーカーもセバスを上流階級の紳士だと思ってましたもんね。

ってことはもしかして、セバさんが坊っちゃんにコスプレさせたかっただけだった
のかしらん・・・とか舞台を見てて思ってしまいましたwww

切り裂きジャックの犯行現場を押さますが、そこにはグレルさんが居て・・・
色々言い訳をしますが、すっかり正体はバレてます。
照明が暗転し、ここで卓っくんグレルとチェンジ。

ノリノリのグレルたんの登場です!
これまで舞台では人気キャラだから取りあえず出しとけって感じの扱いでしたが
今回は主役級のメインキャラですもんね!

「アタシ女優よv」ってグレルが最高でしたv
よくあれだけのヒールを履いてモデル歩き&ダンスが踊れるものですよね!
もう、役と一体化してるとしか思えず。。

マダムもガラッと印象を変えて出てきます。
「今度は譲らないわ!」というマダム。

「あんたなんか、生まれて来なかったらよかったのよ!!」
坊っちゃんにナイフを振り下ろそうとしますが、一瞬躊躇い・・・

それに気づいた坊っちゃんはマダムを殺そうとするセバスチャンを止めます。

ここは切り裂きジャック編の見せ場の一つでもあるので、もう少し派手な演出
でもよかったんじゃないかと・・・。
セバスチャンが悪魔の形相でマダムに襲いかかるところを照明でいいので
(例えば悪魔の影を出すとか・・・)
悪魔っぽさをもう少し出して欲しかったですわ。

割と普通に流れて行ってしまったのでちょっと寂しかったなと思いました。

「私にはこの子は殺せない」というマダムにすかさずグレルがデスサイズで・・・!
大千秋楽のこのシーンの「がっかりよ!」はすごく迫力ありました。
でも、ここもマダムが刺されるところは、もっとバン!!ってセンセーショナルな
盛り上げが欲しかったです。

ここからマダムの回想。
全ての元凶はヴィンパパの魔性の魅力だったことが判明します。
彼がマダムをわせてしまったんですよね。。
彼のしさは何人の人生を変えてしまったことか・・・

父親似の赤い髪が嫌いだったと回想を始めていくマダムですが、AKENEさんの
演技が迫真もので・・・鳥肌!!

ヴィンパパの一言で大っ嫌いだった自分の赤い髪を好きになり、嫌いだった赤色
までも好きになったマダム。
でも、大好きな“その人”は大好きな姉と結婚・・・

そして生まれた甥っ子。
大好きな人たちに囲まれながら、また赤色が嫌いになるマダム。

AKANEさんがマダムの思いを切々と感情を込めて歌いあげていくのが絶品!
なんてヴィンパパは罪な男なんだろうと泣けてきます

やがてマダムも結婚し、子供を身ごもるも、事故で・・・
そしてファントムハイヴ邸が襲われ大切な人たちが次々とマダムを残しって
しまいます。

悲惨な最期だったにもかかわらず、愛する“あの人”と一緒に逝けた姉を羨ましく
思うマダム・・・

ここの場面もマダムの心情が痛いほど伝わってきて。。
本当に圧巻でした

リンドン、リンドンの曲も美しくて・・・
あまり印象に残らない曲が多かった中でこれは本当に素晴らしかったです。

マダムの心のがやがて広がっていく様も本来なら共感してはいけない部分なの
ですが、マダムの深い悲しみを知ると、犯行へと及んでしまった心理を簡単には
責めることはできず・・・
AKANEさんの演技にグイグイときこまれていきます!!
AKANEさんの圧倒的な歌唱力とマダムそのもの姿に感動!!

「アンタに赤を着る資格はない」とマダムのコートを取り上げるグレル。
立ち去ろうとする死神に坊っちゃんは「もう一匹を早く仕留めろ」と命令。

「御意」

ここからがこの切り裂きジャック編で一番の見せ場。
というか、この作品中でも名場面中の名場面!!!

グレルの顔を狙ってセバさんが蹴りをだすところとか凄くよかったのですが、
その後の戦闘シーンが・・・
ここから全セリフ、全ポーズ、全コマ脳内再生できるんじゃないかというくらい
ファンにとって最高に盛り上がる場面なのに、最高のセリフの数々が残念な
ことに・・・
聞き取れない(><)

決め台詞もバンバン出てくるし、名セリフもあるのに原作読んでない人には
きっと何を言っているのか分からなかったのではないかと思われ・・・

曲にセリフを乗せるのは決して悪くないのですが、バトルしながら、あの難解
というか印象に残らないと言うか、よくわからない曲を歌うのは役者さんには
かなりハードルが高いのでは??

掛け合いにピッタリの場面だから曲や演出次第では名場面に出来たと思う
のですけど。
申し訳ないですが私は、この場面はもったいなかったと思っています。

をバックにあの「朝なんかこなければいいのに」を見たかったですわ。
そして「貴方のお気に入りの玩具でイかせて差し上げます!」って悪魔
セバスをエロドン!っとせて欲しかったです。

でも、ウィルの登場場面は良かったです。
グレルをキレっキレに蹴り倒すところとかwww
とはいえ、やっぱり曲がよくわからないというか歌詞は聞き取れませんでした。
何回も聴いてたら覚えられるのかもですが、私には無理でした。。

そして、この後の葬儀の場面。
こちらも柩はちょっと高さのある台の上にあったらよかったのにと思いました。
地べたでは・・・(><)
ここでももう少し凝った演出が欲しかったなと・・・

最期のお別れの場面もまた大事な見せ場だと思うのですよ。
ここが決まれば全てが決まるくらいの。。

ここはみんなが悲しみに伏し、全てが喪に服し黒に包まれている中に、ただ
坊っちゃんだけが遅れて来たばかりか、真っ赤なドレスをマダムのために
用意してくるという印象的な場面なのですよ。

柩に腰掛け、真っ赤なドレスで柩を飾ると言うマナー違反を行うのですが、
それは坊っちゃんなりのマダムの送り方。

演技力が必要とされるとは思うのですが、坊っちゃんにはバッと赤いドレス
(レースのついた布でもいいんですけどね)を空に舞わせながら柩にかけて
を印象付ける演出が欲しかったですわ。

娘曰く、「寝てるおばあちゃんにそっと布を掛けてあげた感じだった」と。

そして、柩には舞台側に座って欲しかったです。
柩が台の上にあれば、ドレスを斜めかけにし印象的な場面に出来たのでは
ないかと思われるのです。

が、葬儀屋さんと坊っちゃんの場面はさすがでしたね!

ラストの「だから僕は迷わない」の辺りはセリフが多かったと思うのですが、
坊っちゃん頑張ったなと思います。
特に大千秋楽は力が入っていてよかったですv

でも、やっぱり「命令だ!」の場面玉座の場面はもう少し照明とかで雰囲気を
盛り上げることができたんじゃないのかなと思いました。
王冠チェス盤など、黒執事を象徴するようなアイテムを背景に持ってくるだけ
でもよかったと思うのですけど・・・

あのデカイキングの駒は面白いセットだったと思うのですが、黒執事の世界観
を出すために後一工夫、最後に欲しかったかなと。

もう偉そうなことばっかり言って申し訳ない限りですが、私の率直な感想なので
ごめんなすって。

役者さんたちは本当に素晴らしい演技で、ヴィジュアルの再現率だけでなく
キャラがそのまま登場したと思わせるような見事な仕上がりでした!
全ての役者さんが役と一体になってました。

特に大千秋楽ではみなさん、気合が入っているのがビシビシと伝わってきて
緊張感とともに、ピリッと舞台が締まって最高の出来だっただろうと
思われます。
私もそうですが、惜しみない拍手がずっと続いておりました。

大千秋楽ではカテコで舞台の両脇からい花びらが勢いよく出されて
これが観客席に舞って凄く綺麗でした。
感動しました!

ところが私、葬儀の場面の辺りからトイレが心配になってきてしまいまして。
カーテンコールの頃にはかなりヤバい状態になっていたのですwww
全てを最後までみたいと思う気持ちと今すぐ駆け込みたい気持ちとでパニックw

赤い花びらが舞う中、感動しながらもトイレの心配してました。
情けないですわwwww

なんとか対面を保つことが出来ましたけど、トイレに走ったために帰りはお友達と
はぐれてしまいました。
感動をみんなと分かち合いたかったんですが、台風も心配でしたので、仕方なく
急いで帰路へと。。

今回の舞台は役者さんの表情をあまり追うことができなくて、それもちょっと残念
だったのですが、こちらはDVDで補完できるので楽しみです。

ここぞ!って時に演出面での盛り上げが今ひとつだったという印象は拭えません
が、役者さんたちは本当に素晴らしく大満足でした!!

これまでの舞台の中で一番好きという方が多いのにも納得です。

スタッフの皆さま、キャストの皆さま、お疲れ様でした!!
次の舞台はいつですか?


2014年10月14日 (火) | 編集 |

すっかり遅れてしまったので2話まとめての感想ってことで。
Fate/stay night は前回アニメ化されたのはざくっと視聴済み。
あと、このルートのコミック版も読んでますがあまり詳しくはないです。

ただ、奈須きのこさんの作品については息子という解説者があれやこれや全く
私のキャパを越えた解説をしてくれるので他作品についても一応は知ってるって
感じですw

しかもこの作品については原作のゲームシナリオのルート解説までしてくれます
からね・・・
ありがたいって言えばそうですが、おいおい発売された頃あんたいくつだよ?って
話なんですよね・・・(--;

元はエロゲーとはいえ、シナリオ重視みたいなんで面白いですけど。
私としてはZeroでエロゲーよろって感じですがww

0話「プロローグ」からなかなかかったですね。
Zeroからの続きっぽくてワクワクしました。

ufotableさん制作だととにかく背景作画のクオリティが高いですよね。
毎回こんなことしてたらやっていかれへんやろって心配になるレベル。
ただ、その分というかキャラの顔は割とざっくり?
まぁこれがこの作品って感じではありますが。
でも、表情や動き、顔から下の作画はいいんですよねwww

遠坂家の洗面所がホテルみたいでビックリ。
羨ましい。

凛がアーチャーが召喚するところよかったですよね!
映像もいし色味も渋くていい!

凛のセーター&コートやアーチャーの衣装の赤色が素晴らしいのですわ。
居間でのシーンでも背景は全体的に茶系でシックな色調、そこに赤が差し色に
入ってるのが凄くいい。
落ち着いた中に深みのある赤が映えるのです!

赤といっても二人の赤はそれぞれ違ってそれそれ素敵  (〃∇〃v)
作画をみてるだけでもう大満足wwww

時間のミスによってアーチャーが召喚されたと凛は思ってるようですが・・・
サーヴァントに掃除させるとか、朝起きたらお茶が用意されてるとか・・・
これまた羨ましい限りww(*>ω<*)ノ

綺礼さんは声の登場でしたが、長々と留守番電話で話かけているので途中で時間
切れになってぷーぷーとかなっちゃったらどうするんだろうかとドキドキしちゃいまし
たわ。
凛がさっさと切ってくれてたので逆に安心wwww

ランサーとの戦闘場面は本当に見応えありましたね!
動きも速かったですし、背景が青で統一されてるところへ(ランサーも青)ゲイ・ボルク
が出た時はおお~!ってなりました。

凛が屋上でランサーに見つかってヤバいと感じ、逃げるところもよかったですわ。
まだお互いよく知らないのに着地をアーチャーに任せるってのも。
アーチャーはパンツが丸見えにならないようにしっかりスカートに気をつかってましたw

目撃者は消すという魔術師のルールによってアーチャーとランサーのバトルを見て
しまった生徒がランサーによって殺されることに。
殺されたのは・・・ 衛宮士郎。

彼は桜の大事な人で、凛はき・・・!
このままにしておくわけにもいかないとペンダントを使って・・・

その後、そのペンダントはアーチャーによって凛の元へ戻りました。
このペンダントの存在と士郎を目にした時のアーチャーに注目ですよね。。

士郎の様子を見に行ったところで、突然セイバーが現れます・・・!
この時のアーチャーの嬉しそうな表情にも注目!!

1話「冬の日、運命の夜」

0話が凛視点でしたが、今度は士郎視点。
これはなかなか面白いというか分かりやすい。

朝からご飯を作りにきてくれる桜ちゃん。
我が家ににもぜひ!!
士郎のお着替えシーンもありがとう。

士郎がストーブを直してたところとか、会長さんとの会話とか士郎視点があると
分かりやすいだけでなく、士郎が魔術使ってるところとかも出ていて、彼が普通
じゃないこともよくわかりますv

彼の魔術がどんなものかも・・・。

ああ・・・士郎もうちに欲しいwww
PCとか不調になっても安心ですもん。

慎二がいい具合にウザいwww

士郎は昔から「正義の味方」になりたかったんですよね。
でも、どうすればそうなれるのかわからなくて、取りあえずは人助け。
誰からの言うことも聴いてあげちゃうと言う。

いい子だと思うんだけどなぁ。。
それも嫌々やってるわけじゃないんだし。
だけどね・・・。

彼の記憶の中に切嗣さん登場!!
悩みながらも自ら切嗣に引き取られることを選んだ士郎。
そして、切嗣は士郎が生きていてくれたことで救われたと感じ・・・。

Zeroの時の彼とは全然覇気が違いますね。

みんなを救いたいという子供の士郎に対し切嗣は・・・

「誰かを救うという事は誰かを助けないと言うことなんだ。
人間の手で救えるのは自分が肩入れした側の者だけなんだ。」

うわぁ重いわ。。
その通りなんだけど。

でも、士郎の理想もわからんでもなく・・・。

金髪さんが桜と会ってましたが、なんか学生かと思いましたわ。
彼は一発で金ぴかさんだと分かる方が好き。
とか言いながらも、そのうちこれにも慣れてしまうと思われwww

桜ちゃんはしばらく士郎の家にご飯を作りに来れないといい、士郎の方も手に
何やら・・・
学校へ行くと士郎は何か違和感を覚え・・・。

桜の痣のことを慎二に問い詰めるはずが、逆にお掃除を言いつかっちゃうとは
人がいいにも程がある(^^;
そんなことしてるもんだからサーヴァント同士のバトルを見てしまうことに(><)
ま、見てようが見ていまいが当事者として巻き込まれたでしょうけど。

一瞬にして士郎の前に現れ、心臓を一突きしていくランサー。
ここでも青の背景(ランサーは背景じゃないけどww)と士郎の血の色の対比が
素晴らしい。

どういうわけだか、誰かに助けてもらって生き返ったというか、生き延びたらしい
ということはわかった士郎。
家でゴロンしてるところに、消し損ねたとランサーが再度襲いにやってきて。

士郎の魔力は変わった芸風とか言われちゃってますwww

ランサーから逃れようと士郎が入った先は・・・
士郎が住んでるお家は本当に広いですよね~~
まであるしv

蔵では床が凄い勢いでってるんですけど、なんで二人とも気づかないの!?
こんなところで意味もなく死ねないという士郎の手には何やら浮かび上がり・・・

うわぁ~~~!
七人目のサーヴァント召喚されました!!
セイバー出てきた ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

なんで士郎は何も魔法らしきものを使ってもいないのにセイバーを召喚すること
ができたのかはもう少し先になったらわかるということで。。

「問おう、貴方が私のマスターか?」

ここからのセイバーとランサーの戦闘がまじいというか、マジビックリO(≧∇≦)O

セイバーとランサーの動きの速さが・・・!
スピード感鳥肌!
様子見のつもりだったランサーでしたが、そういうわけにもいかないようだと判断し
宝具発動。

これがまた凄い!
ゲイ・ボルクがセイバーをロックオンするところとか、追いかけるところとか・・・
セイバーが致命傷はかわすところとか・・・
因果の逆転なんかに狙われたらとんでもないことになるってのをしっかりとせて
くれました!!

演出鳥肌ですわ (*≧∀≦*)

で、一撃で仕留められなかったことからあっさりと帰っていくランサー。
お尻が魅力的 (*/-\*)

士郎の名字が衛宮だと知ってセイバーは驚いた表情を見せます。
そりゃね・・・。
衛宮の名前は呼びたくないようで、「士郎」呼びに決定www

突然現れて、いきなり戦闘開始のセーバーでしたが、まだ外にも敵がいるって
ことで士郎が傷を治せないとわかるとそのまま飛んで行ってしまいます。

士郎はさっぱり状況が読めてないのに、セイバーはやる気満々のようです。

外にいたのは士郎のことが心配で様子を見にきた凛とアーチャー。
セイバーはそれを知らないからアーチャーたちが襲いに来たと思って・・・。

戦闘を令呪を使って止める士郎。
セイバーは何をするのかと怒りますが・・・

前回はかなり性格に難ありでコミュニケーションも取れないけれど、聖杯を取る気
だけは人一倍で、すご~~~く魔術の使えるおっちゃんがマスターだったけれど
今度は聖杯戦争のことも知らなければ、魔術もろくに使えないけれど普通に会話
ができる若い兄ちゃんがマスター。

どちらも大変そうだけど、セイバーも大概天然だから面白いww
セイバーのマスターである士郎に挨拶をする凛。

イリヤも可愛かったですし、ヒロインみんな可愛くていい感じ。

OPの映像も素晴らしいし、EDも綺麗!
これは期待出来ると言うものです!!

本当楽しみv


2014年10月12日 (日) | 編集 |

今日は朝から台風の影響が危ぶまれましたが、地区の運動会が開催されることに。

今年は中学の役員だけでなく、地区の役員も当たっていて運動会の種目に出場
する選手集めから携わっていたわけですが・・・

しんどかったですわ。

中学のバザーの仕分けの次の日に、地区の運動会のための机や椅子の運搬
そしてテント張り・・・

今日は朝から各種目の記念品の運搬とホント疲れましたです。

でも、頑張って選手を選出したおかげでかなりの種目を一位に!

が、私が担当しなかった60歳以上の方の種目は軒並み・・・

そして、私、今朝机とパイプ椅子を運んでいる間に腰をやってしまいました(><)
ぎっくり腰まではいかないものの、経験上、これ以上動くのはヤバいと判断しまして
私が出場予定だった種目を全部他の方にお願いし、私はひたすら動かなくても
よい仕事に専念させていただきました。

台風の影響もそれほどなく、無事運動会は終了し、私が選抜させていただきました
種目はほぼ1,2位を取ることができました\(^o^)/ 

そして先ほど打ち上げからも無事帰宅いたしました。

缶ビールを4,5本飲みまして本日はもう使い物にならないようです。
久しぶりに楽しく飲むことが出来ました。

いや~盛り上がりましたもんね。

ということで記事の方は明日、暴風雨で家に籠る予定なので頑張って書きたいと
思います。

今日はもう休みます。
なんと言っても腰をやってしまいまして、しんどいですわwwww

何をやってんだか、ですね。


2014年10月11日 (土) | 編集 |

アニメの感想までもが溜まってきてしまいました。
とりあえず、サクッとWJの感想いきます。

表紙&巻頭カラーは感動の最終回まであと5週になった「NARUTO」
これまでこんなカウントダウンってあまりなかったと思うんですけどね。
どしたのかしらん。

では、掲載順に一言感想を。

NARUTO
扉絵かっこいいんですが、鼻の影が・・・(^^;
さてどうなるのか、サスケを救いたいというナルトの想いの方が強そうです。

ONE PIECE
なんかみんな過去が切ないね。
ローも“D”の人でしたか。

火ノ丸相撲
早いテンポでの対戦になりましたね。
小兵同士の試合は実力がしっかりと出そうで楽しみです。

暗殺教室
ビッチ先生がすっかり可愛らしくなっていいよね~~~って思ったら渚くんが
問題にぶち当たってた・・・!

ハイキュー!!
潔子さんがかっこええwww
ナイスキーって通常運転のツッキーがいいよねwww
青葉城西との試合、最初から盛り上がって楽しいわ。

僕のヒーローアカデミア
二週連続のCカラーですか。凄いな。

トリコ
キモいのが大量にやってきそうで(><)

ジュウドウズ
もうちょっと華のキャラの掘り下げが欲しいなぁ。
華より、周りのキャラが面白い。
絵は勢いがあるんだけどなぁ~

食戟のソーマ
やっぱりイケメン対決は美しくて読みやすいwww

ニセコイ
とても居るはずのない動物たちが(^^;

ハイファイクラスタ
脳が10個ってすごいやん!!!

Sporting Salt
やっと話が持ち越しに。
うん、丁寧にお話を作った方がこの作品はいいと思う。

銀魂
ずっとシリアスだと空知センセのコマ割りの上手さを感じるよ!
勢いがあるね。

斉木楠雄のΨ難
「私の金をいくら使おうが何も言わん」って言ってみたい!
そして燃堂が笑えるし、いい奴じゃないかwwww
斉木もありがとうwwww

モロモノの事情
最初に出てきたウルトラマンみたいな女型ロボットが魅力的。

こち亀
商店街に客が来なくて警察に相談でいいのかww
いつものことだけど。

ワールドトリガー
アニメ化なのにこの位置なのは心配だね。
お仕事大変そうで・・・くれぐれもお体はお大事に、です。

磯部磯兵衛物語
雀wwww

BLEACH
順位がまた・・・
話がなかなかね・・・

三ツ首コンドル
オリーブさん、面白いキャラだったのに残念。

ヨアケモノ
ただ人を斬ってるだけではなぁ・・・
もうちょっとキャラを掘り下げて描いたら話に膨らみが付くと思うんだけど
まとめに入ってるのかなぁ・・・

では、今週はこの辺で。

 


2014年10月11日 (土) | 編集 |

楽しみにしてたサイコパスの2期が始まりましたね~
それにしても今頃ですが、PSYCHO-PASS≠Psychopath でないことを
理解しましたwww

アニメ誌も公式もあんまり見ないから。
造語だったなんてwww
これまで見当違いな感想を書いてたわけですねwww
面目ない(^^;

私はこの作品にPsychopath的なものを求めていたからまるで私の期待と
ストーリーやキャラがズレれたわけですね。
そりゃそうだわ。
私が勝手に勘違いしてたんだからwwww

ということでこれからは私の脳内を修正して見ることにいたします。
ただね、Psychopath的な犯人を扱うと面白いと思うのよ。

っということでサイコパス2の第1話を見ての感想です。
先ず思ったのは、朱ちゃん成長してる!!!
ってことですわ。

これはみなさん感じたことでしょうね。
どしたの???ってくらい有能な監視官になってる。
そして、超エリートのはずなのに朱以外の監視官が残念過ぎるwwww
まぁ、1期のギノちゃんも超エリートのはずなのに残念だったんでこの世界の
エリートというかシビュラが選ぶエリートはあまり使えない人のようだってことで。
もうちょっとカッコいいなぁと思える大人の監視官がいるといいのにと思う。。

今回公安に追いかけられることになった連続爆破魔はビル解体現場監督官。
私はてっきり現場監督だっていうから、現場で爆弾の設置を実際にしたり、
解体作業を受け持つ人なのかと思ったら、爆弾を作る人だったようで。。

現場の人が爆弾作ってるなんてことあるのかな。
あれって、解体の計画を立てる人がいて、どこにどれくらいの爆薬を設置するか
とか計算して行うんじゃありません?
それを管理するのが現場監督で爆弾を作る人は全く別の人ではないかと。。

なので、喜汰沢は爆弾を作る側なら結構エリートじゃないのかい?っと私は
思ってしまいましたけどwww
そんなところから引っ掛かってしまってる私でしたwww

さて、OPはところどころ作画がアレでしたけど面白い映像だと思いました。
朱ちゃんは煙草を吸うことになるのかしらん?
ま、どっちでもいいんだけど。

OPでは東金さんが怪しさMAXですよね?
雛河くんはよくわかりませんwww
たかぴろなだけに侮れませんけど、なんでまたこういう起用になったんでしょ?
もしかして槙島さんの脳、生きてるの?
槙島さんてどこ撃たれたんでしたっけ?

何らかの意図が無ければたかぴろが起用されるのはあまりにも不自然だと思わ
れるのできっと何かをやらかしてくれる人だと願ってますwwww

喜汰沢を追う公安でしたが、主犯は別にいて喜汰沢は公安を狙うための
ようなものだったみたいです。
朱は公安職員がわれていることには早々に気づきますが、他の人は全然
気づいてなくて・・・
朱の洞察力が目立ってます。
っていうか、もうちょっと監視官にも有能な人が居てもいいと思うの。

喜汰沢は罪の意識があるから犯罪係数が上がる普通の犯罪者。
1期の時もそうでしたが、犯罪係数が上がる犯罪者は真っ当だから割と捕まえ
易いと思うのですよね。

本当に怖いのは全く犯罪係数をあげることなく、ストレスなく犯罪を犯す者
こういう者が現れたらシビュラに認識されることなくやりたい放題なわけですよね。
ドミネーターでも当然裁けないですし。
槙島が犯罪係数が上がらないのは体質ってことだったし、今回の黒幕になりそう
な子は意図的にシビュラシステムに干渉出来るっぽい。

でも、そうじゃなくて人が嫌がる、社会に反したことをしてると分かっていてもそれに
対し罪の意識が全くないがためにストレスもなく、犯罪係数が上がらないって人が
一番理解しにくいから怖いと思うんですよね。
感情に共感性がないから行動が読みにくい。

朱は経験により洞察力を養ってきたようですが、それにしてもいつの間にやら
身体能力までアップしてますwww
実は家に帰ったら狡噛のように鍛えてるとか???

反射も対応も格段に上がってまるで別人のようですwww
すっかりカッコいいお姉さんになってしまいました。
あれだけ動けるようになったのならスカートは止めた方がいいかも。

でも「監視官!」って呼ばれたとはいえガラスが割れてるのにそっちにはまるで
反応しなかったことにはビックリでした。
呼ばれたとしても大きな音がしたらそちらに注目しないと危ないよv

それから新人の執行官に単独の行動をさせるのはさすがにまずいのでは(^^;
まだどんな人かもわからないんだから。。
逃げちゃうかもしれないよ?

そういう危機感を2期はあまり感じませんでしたね。
1期がとにかく執行官は首輪付けとかないと犯罪者予備軍なんだぞ!って扱い
だったのに。
朱も美佳が配属されたときには言ってたのにね。
これから先、執行官との間に信頼関係が生まれてからならともかく、初日だった
ので朱も怖いことするなぁと思いましたです。

それからギノちゃんもすっかり大人になってましたね。
落ち着いてしまっててこちらもビックリですわ。
あんなにキンキン情緒不安定みたいな感じだったのにwww
しかも、美佳に「大人になる近道」を説いてましたよ!!

いや~~~ギノちゃんも別人ですわ。
憑きものが落ちた感じ?
朱の行動への理解も早いですし、それをサポートすることに徹してるところも大人。
朱が説得しようとしてる犯人に対し、ドミネーターを向けた2係の執行官をロックオン
するあたり、かっこええっす。

そのギノちゃんをロックオンする2係監視官・青柳。
あれ?
美佳はギノちゃんと一緒にいたんじゃなかったでしたっけ?
ま、いいや、どこにいても。
あんまり興味無いしwwww
2期では彼女がキンキンやってくれてますね。
そのうち大人しくなるのでしょうが、今はうるさいだけの子のようです。

朱は喜汰沢が一般人を巻き込むつもりがなかったことや、犯罪係数が対象排除
となる300を僅かに越えているだけから、まだ299まで落とせる可能性があると
考え喜汰沢を落ち着かせようとします。

シビュラに支配された世界を否定する彼に「社会が必ず正しいわけじゃない」
いう朱。
だからこそ私たちは正しく生きなければならない。
社会は一人一人が集まって作るもの。
あなたが正しくあることが社会を正しくすることでもある。

朱の強い意志を感じますね!
これはぼんやりと生きていられないわwww

一緒にいた東金も「お前は部品ではない」と言い、
「社会が強制してもあらがう心がある限り一人の人間だ」と。

あっら~~こちらも渋い。
まるで狡噛のよう・・・?
あれ?あんた狡噛さんじゃないよね??

そんなわけはないでしょうねwww

299まで犯罪係数の下がった喜汰沢を朱はパラライザーで無力化。

「色相をクリアに保った状態で爆弾を作る方法を明らかにする必要があると
判断してとった行動だ」
という朱を美佳は間違っていると考えます。

彼女が今後どんなことをしでかすのかは見てのお楽しみでしょうが、とにかく
朱ちゃんが冷静かつクールに立ち回るのが気持ちいいですわ。

ラストで、人質はホロだと思っていたら、人間なんだけどシビュラシステムでは
全く人として認証されない人
でした。
これは犯罪係数を操作してるとか免罪体質ってわけではなくて、システム自体に
何らかの干渉を与えることができる人
っぽいですね。

「偽りは偽りであって、存在に対するではない」

姿は嘘だけどいないわけじゃないよvってことかな。
鹿矛囲桐斗は公安に対し凄い怨みを持ってるみたいですね。
そして、ドミネーターが認証されてる者しか扱えないことを知っていたようです。

だから酒々井の手を使って山門屋を処分したんですもんね。
派手にお亡くなりになりました。。

今回2係には大分被害がでた模様。。
酒々井もどうなっちゃうんでしょうね。

鹿矛囲が当分、公安を引っかきまわしそうですが、彼を利用し公安そのものを
壊そうってラスボスがまだ上に居そう
な気がするのですが・・・
それがたかぴろなのかしらん?

今後の展開を楽しみにしておきます。



制作会社がタツノコさんに変わって絵から受ける印象が大分違いますが、私は
こっちでもいいと思いますわ。
ってどっちでもいいんですが、朱ちゃんの髪の描写が繊細になったのとギノちゃん
前髪が短くなったことは評価したいと思います。

PSYCHO-PASS 監視官 狡噛慎(1)

PSYCHO-PASS 監視官 狡噛慎(1)
著者:斎夏生
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2014年10月09日 (木) | 編集 |

アニメも好評でしたね。
面白かったですわ~

で、すっかりいろいろ遅くってしまいましたが、「ばらかもん」10巻感想です。
「はんだくん」2巻はまた後ほど。

9巻までの感想はこちら

島にも北風が吹き始め、冬服が恋しい若きイケメン書道家・半田清舟(餅を
焼くのは得意)。
川藤に冬服を頼んだはずが、業者じゃなくて両親が冬服手持ちでやってきた!
しかも冬服以外のものも運んできたようで・・・?
二組の濃すぎるおやど(親たち)の来島で大混乱のハートヒートアイランド
コメディ田舎に帰ろう、初心に帰ろう第10巻!

っということですが、寒くなった島で石油ストーブ借りて過ごすことにした半田先生。
最初はまさか冬を越すことになるとは思ってなかったのにね。
すっかり島に居付いてますv

かんころもちを焼いたり、甘酒を温めたりとなかなか快適な様子。
でも、冬服がないと困るってことで川藤に送ってくれるよう頼みますが・・・
なんと先生の両親が島にやってくることになり・・・
半田先生、しく落ち込みますwww

そりゃあの親だと、面倒だよねww

しかもお父さん先生のマネージャー・桐恵さんまで付いてきて・・・
この方、やり手のデカイ女性だと思ったらでしたね。
川藤にそっくりだと思ったら川藤・父でしたわwwww

そっか、川藤んとこもいろいろ面倒なんだなぁ。。
川藤ってすごく柔軟性があるというか半田先生と友達やっていられるんだし
懐も深いんだろうなぁって思ってたんですが環境が彼をそうさせたんですねw

そりゃお父さんがおネエキャラだったら許容範囲も広くなるってもんですわ。

それにしても桐恵さんは歯に衣着せぬ方で半田先生に対しての評価は辛辣
親の七光っていうだけでなく、カッスカスの搾りかすって(^^;
随分な言い様。
でも、川藤はそうは見てないんですよね。

親が偉大で自分が平凡だと自覚してるからこそ努力してきたことを川藤はちゃんと
知っている。。

桐恵さんと半田ママとも壊滅的に合わないところも面白いですわ。
ママは清ちゃんがかわいくて仕方がないんですもんね。
その清ちゃんをボロカスに言う桐恵さんを気に入るわけが無くwww
天敵状態ww

半田先生のところに一同泊りますが、なるたちだけでなく島民もワヤワヤやって
来て、ママは大慌て。
ヒロシは金髪だし、不良だと思い込んでるしwww
大事な清ちゃんが不良と付き合ってる!?って結構ショックを受けてるようでw
相変わらず笑えるオカンです。

小学校では、せっかく半田大先生が島に来てるってことで習字の特別授業
行われます。

「半田清明先生にこんな仕事をさせるなんて!」と桐恵さんはピリピリですが本人は
楽しそう。
子供に厳しい大先生ですが、なぜか子供達には人気。

っとなるは突然「先生と大先生はどっちが上手いのか?」と質問。
半田先生はそりゃ、大先生が上手いに決まってるといいますが、子供達は大いに
盛り上がり・・・

そこで川藤は半田先生が自信を付けるいいチャンスだと思って二人に勝負を提案
します。
川藤としては普段子供達に接してる時間が長いのは半田先生だから、この勝負は
ホームグランドの半田先生が勝つと踏んだんですよね。

子供は正直だから半田先生の字を選ぶと・・・
ところが、いざ勝負を始めると・・・

なるが出したお題「鬼嫁」に半田先生はなるにわかりやすいよう「おによめ」と平仮名
の楷書で書いたのに対し、大先生は古代文字で「鬼嫁」と。
見たことのない変な書体に食いつく子供達!

「魚」というお題には半田先生はたくさんの魚の名前を規則正しく書いていきます。
半紙に書かれた沢山の魚の名前にケン太は食いついてきますが・・・
大先生は弱々しい書体で「魚」と一文字

それをみて子供達は「この魚は死にかけているのか」と大先生の字からイメージを
膨らまし
ていきます。
またも子供たちのかしたのは大先生の字・・・

子供達に囲まれる大先生を見て半田先生は自分がまだ少しも成長していないことを
感じ落ち込みます。

自分の字は誰の心も動かさないつまらない字だと・・・

大先生はひとりポツンとしてる息子の姿に、お前の字は「素直な字」だと声をかけます。
「お前の書は努力と意地で人の心を打つ」

子供のころから遊び心のない半田先生を見ていて大先生は書道家には向かないの
ではって思っていたんですね。
でも、誰よりも努力し、教えに真摯に取り組む姿をちゃんと認めてて・・・。

その言葉に半田先生は、「自分は父さんを越えるどころか見てももらえない」
「期待に応えることができない」と涙を見せます。
子供達の前だと言うのに・・・。
それだけ半田先生にとっては、これは大事なことなんですね。

なりふり構わず、自分の気持ちを吐きだした先生。
ギクシャクする親子。。
教頭先生もさすがに口を出せず・・・

すると大先生は「こんなときになんと言えばいいのか」と前置きをし「私はお前を
認めている」
と言います。
「だが、まだ越えられるわけにはいかない。
私は息子にとっての生涯のライバルでいたいからな」

半田先生の頬をぐっと摘まんで微笑む大先生。
「努力は怠るなよ」

ドッキューン (*/-\*)
大先生がカッコ良すぎる(///∇///)  

結局、勝負はお預けってことになり。。
半田先生はなるたちに慰められwwww
可愛い先生だよ、もう!

そして、川藤は桐恵さんからライバルではなく「敵」認定www

さぁ部屋を片付けるぞってことになって窓を開けると風がビューっと入ってきます。
子供達が書いていた半紙が舞い上がり・・・
っと先生は何かいたようで、突然子供たちの書いた半紙を床に並べ始めます。
子供達にも手伝わせ、次々に半紙を並べていき・・・

出来あがったのは床に大きく書かれた「心」の文字。

子供達が書いた字を組み合わさて文字にしたんですね。
それをみた大先生は「想像以上に強敵だ」と呟き・・・。

おお~~~!!
やったじゃないか、半田先生。
最後に見せてくれたよ!!

川藤も現代アート的で最高だと評価。

一件落着ってことで家に帰った半田先生でしたが、待っていたのは見合い写真
実は両親が島にやってきた理由の一つがこれだったんですよね。。

半田先生がお見合い!?

ちょっとこれどうなるのよぉ!?
ってマジでビックリしてしまったので、続きを早速ガンガンONLINEで読んでしまい
ました(^^;

結論は、ああ・・・よかった!ってことでwww

10巻では、他にヒロシにモテ期が来た話もあってこちらも面白かったですv
頑張れヒロシv


2014年10月09日 (木) | 編集 |

昨日感想UPしましたが、もう1回見直したら私の勘違いだったところがあり
ましたので訂正・追記を入れ編集しております。

これまでも人気作品っていうことは知っていたのですが、少女マンガのため
敬遠しておりました。

でも、今季アニメ化されキャストの発表をみると俄然興味が湧いてきて・・・
一気に借りて読んでみたらこれが面白い!
早速大人買いいたしましたv
おススメ!

確かに少女マンガではありますが、恋愛だけに呆けてる話ではないし、ヒロインも
ダメ娘じゃなくて思ってたのと違いました。

ヒロインは可愛いんですがとても芯の強い子で志をしっかり持ってます。
弱い自分を自覚していて、守られるだけではいけないと強くなるために努力する子
なんですね。
自分は庇護される存在だと周りに頼り切るお荷物さんを鬱陶しく感じる私です
のでこの手のタイプのヒロインには好感が持てます。

最初はモノを知らないので非常にアレですがwwww

あちらこちらに恋愛要素は散りばめられてますし、イケメンがとにかく沢山登場
するのでキュンキュン場面が多いのですが、このヒロインが鈍いというか・・・
すっ惚けてるのがいいのですわ。
グダグダしないでカラッとしてて好きです。

が、周りの人間は大変ですよねwww
とくにヨナの幼馴染のハクは振り回されてますwww
このハクが私の好みのタイプなのですわ(*≧∀≦*)

黒髪イケメンでトンデモナク強い
自分の分を弁えて感情を隠してるためいろいろと切ない想いを抱え・・・
これが堪らんのですわ(/∀\*)
いい男が耐える姿はご馳走ですね( 〃▽〃)
この条件で私がホイホイされないわけがなくwwww
お安いモノです私なんてwww

ギャグ要素も多くてキュンするだけでなく笑えるところも気に入ってます。
話のテンポがいい。
本筋かなりシリアスなのに滅茶苦茶楽しいですww
キャラも多くでてくるのですが、それぞれがとても個性的でキャラ被りがないのも凄い。
しかもみんなイケメンなので嬉しい限りwww

ここから先の感想はアニメではなく、コミックス感想の方にまた書きますね。

今回、キャストさんたちがイメージピッタリなのがしいですよね。
ドラマCDが出てて、同じ方たちのようなので以前からのファンも納得なのでは?
アニメ化されるとドラマCDとはキャストが変わることがありますが、イメージから
遠くなることも多々ありますもんね。
もちろん、逆もありますが。

普段、どれだけ原作が好きでもキャストのイメージが合わないとそれだけで絶対に
見ない娘がこの作品に関しては完璧な布陣だと評価してますwwww

個人的に、後ほど出てくるカッコいいキャラに榊原さんってところでもう私のハートは
鷲掴みされておりますがwww

いやもう、ホント期待しかないwwww
っということで、長くなりましたがいい加減、第一話の感想を。

お話の導入部分はよくある設定。
ヒロインはお姫さまでイケメンの従者と従兄とは幼馴染。
三角関係以外に発展する選択肢がないって少女マンガのテンプレのようww

ストーリーも従兄がクーデターを起こし、城を追われた姫さまがたった一人の味方
である従者に守られ生きていく。
そして姫さんには実は・・・ってな特別性があって、それによりお仲間が増えていき
やがて姫さんは・・・

これ、どこかで読んだことあるんでね??
って思うくらいよくある話って感じなのですが、これが意外にもキャラが増えていくに
従ってドンドン面白くなっていくんですよ。
キャラが動く!動く!

最初こそ「これぞ少女マンガ!」って始まりですが、いい意味で裏切ってくれます。
気が付けば躍動感溢れる豪快な話になってるのですわ。

で、一話ですが、ヨナにはもう仲間がいるところから始まってました。
原作のあのシーンではヨナにはハクしかいません。
私としてはそこがいいんですが・・・・

ま、いいやそんなことは。
アニメだし、沢山いた方が賑やかでいいかもですし。
イケメンくんたちが勢ぞろいするのは大分先なんですが2クールありますので頑張って
みんなを集めたところで終わりって感じになりそうですね。
なので、あの場面がラストにくるのかも。

続編も作れる形にしておいて欲しいなと思います。

さて、感想ですが、なかなかよかったのではないでしょうかd(≧∀≦*)ok!

もう少しスウォンが王を刺したところでヨナに理由を話したり、ハクが駆け付けるまで
スウォンとのやり取りがあるのですがそこはカットされてました。
1話でスウォンが王殺しをするところまで一気に話を進めた方がショッキングですし
掴みとしてはでいいですもんね。

この衝撃的な引きは良かったと思います。
カットされた部分は次回以降に盛り込むことも可能ですし。

概ね話の流れには満足です。

ただ、ギャグパートがやや分離してるように感じたのと(もう少し囲い線を抑えても
いいのでは)
ヨナの髪の色が衣装や他のモノから浮いてるのが残念。
背景は抑え気味の色味で凄くよかったんですけどね。

なんでヨナの髪だけあんなにキラキラさせてるんでしょうね。
夜の場面とかは良かったのに。
色味的にはスウォンが「暁の色」だとヨナの髪を例えたときの赤味の濃い色味が
私の好みですね。
あのピンク系の髪だとしてももう少し抑えてもらえると・・・

あまりにも髪が主張し過ぎるとまるでプリキュアみたいwww

とはいえ、全体の作画はいい感じでした。
ところどころ顔が崩れてはいましたが、そこはホレ想定内w

王の簡素化も笑えますがほぼモブさんなので構わないかなっとww
ヨナも目がでかいなぁと感じるものの可愛らしかったです。
襲われてショックを受けたときと、父親が殺されたときだけはもうちょっとデカイ目を
加減してもらえた方が良かったですけど。

まぁ要は、ここぞ!って時に崩れてなければOKです(〃∇〃v)
ぶっちゃけ、ハクとスウォンの決め顔と戦闘シーンが美しければd(≧∀≦*)ok!
ラストのハクの動きよかったですよね~
カッコいいぞハクO(≧∇≦)O
イケイケ~♪
血の飛び散り方も大満足。
ハクとスウォンの睨み合いもよかったですv
これは今後が楽しみというものです。

OPが曲だけってのも良かったです。
十二国記みたいだなと思ったら同じ方ですね。

さぁ、城にいる間のヨナはちょっと残念なお姫さまですが、これから徐々に変わって
いく様が楽しみです。
ハクにも大いにさせていただきましょう! d(≧∀≦*)ok!

まえぬよろしく(*>ω<*)ノ

スウォンがどういう目的で王殺しを行ったのかも大事なところですよね。
彼のことも憎めないというか、彼もまた魅力的なヤツですからね。

アニメみて思ったんですが、ヨナの母はスウォンの父によって殺されたんじゃ
ないですかね。
それを王は知っていたからスウォンとの結婚を反対したのではないかと。。
ん・・・でも、それなら小さい頃から一緒に遊ばせているというのも矛盾するかな?

スウォンの小林くんもぴったりですね!
彼はドラマCDにはいないキャラでアニメからの参戦のようですが。
ラジオも聴きましたが面白かったです。

今後の感想ではぽろぽろとネタばれがこぼれ落ちると思われますので、アニメで
楽しもうという方はご注意くださいね。
大きなネタばれはしないつもりですけど。

多分、黙ってられないと思うのですよwww
きっと叫ぶだろうとwww

そして、途中で私の感想も迷走し出すと思われ・・・(/ω\*)
だって美形がたくさん出てくるんですもん。

 


2014年10月08日 (水) | 編集 |

なかなか一気にさくっと上げられないのが心苦しいです。
仕事よりこっちを優先したい。

ということでその1からの続きです。
年々メモリ容量が減っていき、劣化が否めない上に“あのメモ”・・・
脳内誤変換も著しいため、いつにも増して勝手放題の感想になるやもしれません。

記憶のねつ造だけは起こさないようにと思っていますが、それすら危うく。。
それでも感動を少しでも残しておこうとアウトプットに精を出してみますv

前回の続きから。

切り裂きジャックの調査をするためにやってきたタウンハウスでマダム・レッドと
劉が待機v
原作通りの登場です。
使用人'sのシーンも原作エピに笑いを入れての楽しい仕上がり&再現率になって
ましたが、この二人のビジュアル再現率も素晴らしい!

劉も公式をご覧いただければ、どれだけ劉かがお分かり頂けると思うのですが
特にマダムは昨日も書きましたがマダムそのもの!
立ち姿、後ろ姿、何をしていてもカッコいいんですよね。

そしてみんなで葬儀屋さんのところへと出かけるのですが・・・
ここで例の「極上の笑い」を順番に披露。
毎回、劉は笑いのネタを変えていたそうです!
34公演ありますから被りがあるとしても凄いことですよねwww
これをされると何度でも舞台を見たくなるってものですw

初見時、私の席の後ろの方が劉の役者さんのファンの方だったらしく
語っておられました。
私は「黒執事」の原作ファンとして舞台を見ておりますが、役者さんの追っかけも
愛に溢れていて素敵だわと思いましたです。

セバスの笑いも毎回変わっていたようで、舞台を通われていた方にはこれも
また楽しみのひとつだったようです。

どちらも葬儀屋さんのアドリブが絡むのですが、このタイミングがお上手で!
大千秋楽では葬儀屋さんのソロアドリブが凄いボリュームになってましたwww
やりたい放題wwww
でもさすが葬儀屋・和泉さん。
再現率も素晴らしいですが、笑いとシリアスの緩急が見事でした。
シリアス場面では一瞬で場に緊張感を作り出し、ここぞとばかりに舞台を引き締めて
くれてました!

これが出来るのは演技力のある人だけ!!

今回は特に前半部分にギャグ要素が多くて大いに笑わせていただきました。
初見のときは「これ多すぎじゃ??」って思ったくらいに(^^;
ドルイット子爵は超イケメンでお歌も上手い方なのですが、どこからどうみても変態
(っていうか可愛らしい人にしか見えない)を嬉々として演じてはりました。

大千秋楽では前作の駒鳥の歌も出てきたりでサービス満点w
ストーリーでは駒鳥を拉致り、売りさばく闇オークションの主催者でしたが、舞台では
一応、それらしき様子はあるものの完全にお笑い要員

登場シーンは凄くカッコいいんですけどお歌とか(ここ大事!ホントカッコいい!)
なのに途中からドンドンれておしまいになってw

アバーラインとハンクスの掛け合いも大千秋楽でやらかしてくれましたね!
AGOにもう大爆笑www
テンポがいいだけでなく、滑舌もしっかりしてるので早口ですがセリフがしっかりと
聴きとれるのが嬉しいです。
楽しいのなんのって、お客さんもノリノリで大ウケでした!
この方たちも上手いですわ。

前半はこんな感じでとにかくギャグ満載
ほとんど笑いっぱなしですよ?
いいのかこれで黒執事??ってくらいに。

今回も坊っちゃんは駒鳥に扮してるんですが、ってこれが原作通りの駒鳥シーン
ですけどねwww
リードするセバさんが笑いをこらえてるのですが、この笑いの演技も段々と派手に
なっていたのではないかと思われ・・・?
私が初見のときには既にかなりオーバーリアクションになっていたのだと思うのですが
大千秋楽はセバ下さんもここぞとばかりに笑いをりに来てましたねv

原作セバさんだと笑いは“クスリ”って感じですが、もう身体揺すってましたからねw
Wチャールズから坊っちゃんを隠すときも吉本かってほどw
あれはセバ下さんの特許でしょうwwww
舞台から別の何かが生まれた気がする

前作駒鳥では萌えを前面に出してきてましたが、今回はとにかく原作通りで可愛い。
子爵の手付きがまぁ見事過ぎるほど卑猥で変態チックですけどw
私としてはそれも面白いんですが、折角のイケメンひでいっと子爵なのでワンシーン
だけでもシリアスに坊っちゃんをエロでるとこを見たかったです。
闇オークションの場面で子爵には二つの顔があるってことでダーティな面を見せたら
ギャップが出てもっとキャラの魅力も役者さんの魅力も出せたんじゃないでしょうかね。
終始変態に徹していたのはちょっともったいなかったなと。

そうそう、今回はなゆた坊っちゃんだからできたのでしょうが、肩抱っこがありました!
駒鳥をセバさんがひょいって肩に抱えるヤツ。
ここまで原作を再現してくれるとは!!って感動しましたよね!
坊っちゃんとセバスのダンスもなかなか見ものです。
くるくる回されてる坊っちゃんがまた可愛いの!

坊っちゃんのヘッドドレスやレースが新作だってフィップスが注目してストーカー行為に
走ろうとするのはいい盛りだったかなと。
元々切り裂きジャック編にはWチャールズは出てきませんけど楽しかったです。

さて、子爵が掴まりこれで切り裂きジャックの事件は解決。
めでたしめでたしってなるはずが、事件は終わらないんですよね。

犯人が別にいるってことに・・・
頭を悩ます坊っちゃんのところへマダムがチェス盤を持ってきます。
原作通りの構成です。

お茶を上手に入れられなくてオロオロする黒グレルがいい演技されてますv
今回、黒赤両方のグレルが見れてよかったですわ。
そして、どちらも完璧グレル!

坊っちゃんが自室へ戻り、セバさんも引き上げるとき、「シエルが道に迷ってしま
わないようアンタは傍に付いていてちょうだい」とマダムが声をかけるのですが・・・
原作ではこの後、マダムが意味深な目をするんですよね。
それをどう表現するのかと思ったら・・・

ここからがマダム前半の見せ場。
リンドンリンドンか~ねの音♪
これが鳥肌!(≧∇≦)

音響のせいかなにかわからないのですが、他の方の歌は歌詞がすごくわかり
にくいというか、音が割れてしまう感じで心地よく聴くことが出来にくいのですが
このマダムだけは別格!
うめぇのなんの!!
そして曲も素敵なんですわ。
聴き惚れますよ、うっとり(*/-\*)

歌唱力も素晴らしいですが切々と情感たっぷりに歌われ、これぞミュージカル!
ってホントにマダムを見るだけでもこの舞台の価値あり!

そして、初見の席が丁度マダムの表情を良く見ることができるお席だったんですが
歌い終わってからマダムが去り際に客席に残した視線が (*≧∀≦*)

これは堪らんですわ! (p≧∀≦q)〃
宝塚風の見得を切った感じですかね!
冷たく突き放すように、まさにマダムがタダものではないことを表していて・・・!
すっと踵を返して奥へと去っていく姿が凛としてれましたわ!!(///∇///)

もうね、マダムなんですよ。
陽気にはしゃいで美しいけれどちょっとお下品ってだけの人ではないのですよ。
一瞬だけみせるマダムの

ひぇ~~~~!!!ってなりましたね!

その後の「子爵邸にいた人間には不可能です」って坊っちゃんとセバさんの幕前
から前半終了までの場面もいいんですよね。
坊っちゃん今回セリフが凄く多いんですが、なゆた坊っちゃん頑張ったと思いますわ。

「茶番だったのか!?」って言い合うところも大千秋楽ではすごい迫力で鬼気迫る
ものがありました!

「貴方の命令一つで私は貴方の“駒”となり“剣”となる」ってセバさんが持っていた
書類をバッと空に投げ上げるところは私のお気に入り!
上手に紙を飛ばせるように何回も練習したんでしょうかね。
書類が本当に綺麗にい散るのですわ!
「さぁチェックを」
ここでセバさんのお歌!
この曲も結構いいのですが思い出せないwww

私の美しい主♪って坊っちゃんを賛美して、私は無敵の駒になる♪って頼もしいことを
宣言しちゃう曲なのです。
優也がしっかり低音出せるようになっていて特に大千秋楽は素晴らしい歌声でした。
ああ終わっちゃうんだなって切なくなっちゃうくらいに。

そして、切り裂きジャックの犯人を突き止めた坊っちゃんがいよいよ犯人を追いつめる
ってところで前半が終了。
降りやまぬ雨~♪ の歌にみんなが参加してきてグイグイと盛り上げてくれるのですが
後半何を言ってるのかさっぱり分からなくwwww

せっかく導入がいい曲なので、分かりやすい歌詞でお願いしたいのですがDVDを
待つしかないですね。

うちの娘はいろいろうるさいのですが、今回の舞台に関してはマダムの曲がダントツ
素晴らしかったと言ってます。
そして、次がこの降りやまぬ雨~♪の曲。
大抵1度聴いたら何となく覚えてる娘ですが、今回の舞台は印象に残る曲が少なかった
とぼやいてました。
何度も観劇してたら段々覚えてきてスルメのような曲も出てくるのだろうと思われますが
私らのように1,2回では厳しいかな。

そうそう、Wチャールズ登場シーンで書き忘れてましたが、使用人'sと対決するときの
メイリン二丁拳銃ぶっ放すシーンがカッコイイです。
スローでみんな動くんですがマトリックスwwww
観劇されていない方はここもDVDで要チェックですよ!!

やっとこれで前半終了です。
で、こっからがまたいのですわ!!


2014年10月07日 (火) | 編集 |

黒執事舞台の感想の続き書きたいんですが、先にざっくりこっちを。
表紙&巻頭カラーは「こち亀」
38周年だそうです。

ではいつものように掲載順に一言感想を。

こち亀
千本今出川に住んでたよwww
スマホを駆使できるなんて七尾さん凄い。

ONE PIECE
ローさん、また悲惨な子供時代を・・・

僕のヒーローアカデミア
突然、怖そうなのキターーー!
びっくしりたww
急に禍々しい展開になりそうで。

暗殺教室
烏丸センセかっこええわwww
バラを渡されたビッチセンセがどう反応するかとかも計算してたら大人だよね。
ビッチセンセが身体で勝負するのを止めたところ可愛い。

食戟のソーマ
取りあえずイケメンの激突が欲しいですwww
美作くんお疲れ~

Sporting Salt
すごく安易すぎるんだけどなぁ・・・
もう少しキャラやストーリー展開で読ませないとこの先続かないのではと。
あと時々どこから手や足が生えてるのかなと思ったり。。
絵は可愛くていいんだけど。

銀魂
いよいよ本当にヤバいよな(><)
大丈夫なのか!?
順位は上がってて嬉しいけど。

火ノ丸相撲
凄いモブ感ブイブイ醸し出してくれてましたねwww

ワールドトリガー
これもびっくりしたww 
でも、こっちの途中絵の方が私は好きかもwww

「最強」パック
感想・・・ないわ・・・

NARUTO
カカシ先生が過去の人に(^^;
ついにナルトとサスケの直接対決になりましたが、サスケには以前ほど闇は
なさそうな感じ?
むしろ自分一人で全部引き受ける気のようで・・・。
でもなんか頭が固いだけって感じでもう少しクールな理由が欲しいような。
あと5週くらいで完結するようですが、ちょっとラストのまとめが駆け足になり
そう?

ハイキュー!!
やっぱり青葉城西の方が勝ちましたね。
そりゃ及川くんも負けてられないよね。
黄金川くんブロックになってないってノビシロありすぎwwww
次の相手は青城。
ビビってるのを素直に認めることが出来るようになった飛ちゃんの成長っぷりに
きましたwww
そしておにぎりを頬張るチビ飛かわいいww
さぁ及川さんとの再戦、楽しみですわ♪

ハイファイクラスタ
才能の使い方がよくわからないや。
視えるってのはわかりやすいんだけどね。
元々の設定がみんな才能が使えるってことだから特別性を出すのが難しい
ですよね。

ニセコイ
るりちゃんも恋ですね。
自分の恋愛というか告白に他人を巻き込む女子、私は苦手。
話を聞いてもらうのは有かもですが、自分でできることを人にさせるな。

トリコ
電シャークってなかなか面白い発想w

ジュウドウズ
キャラの魅力がもう少し出て来て欲しいかな・・・
モブのおっさんたちのがキャラが立ってる気がするwww
次回あたり期待できるかな♪

磯部磯兵衛物語
どうした磯兵衛?強いじゃないか!?っと思ったら妄想ねwww
そしてお北ちゃんがかっこええwww
清々しいよwww

BLEACH
さくっと進まないかな。

斉木楠雄のΨ難
順位が後ろやな。
ドヤ顔の斉木が無駄にイケメンw

ヨアケモノ
敵さんかと思ったら味方でしたね。

三ツ首コンドル
マシマロが叶えたい願いが何かわかりました。
そろそろまとめかな。

では今週はこの辺で。


2014年10月06日 (月) | 編集 |

生執事 大千秋楽行って参りました!
舞台はいですね!
そう、何度も見たくなってしまうからwwww

私はせいぜい2回が限度ですが、これは許される限り劇場に足を運びたくなる
ってもんですわ。

台風の影響が心配されましたが、全く問題なかったです。
無事に帰宅することができてよかったです。

そして、まずは大千秋楽の感想ですが、かった!!
よかったよ!!よかった!!
素晴らしかったです!!

今回はライブビューでご覧になられた方も多かったと思いますが、きっと皆さん
感動されてるはず!

昨日もキャストのみなさん凄いなぁって思いましたが、今日の方がずっとずっと
良かったです(私比)

今日で最後なので出来るだけ感動を残しておこうとメモをとってみたのですが
これ何?

めも.jpg

今日は一番隅の席だったのでメモが出来たのですが、それにしても酷過ぎww
「りんとしてぼっちゃん」だけ読めるんですが、「凛としてカッコいい坊っちゃん」
って意味だったかとwww
真っ暗で手元を見ずに書いてますからねwww

まぁこんな調子で興奮してたってことですwww

昨日と今日とで一番違ったのは私の座席。
昨日は割と前の方だったのですが、前の方は舞台を真横から見てる感じに
なるので舞台上にライトで模様が浮かんでも全く見えないのですよね。
あと、舞台上のセットがライトに照らされているところも見えてなかったようで・・・
なので随分と単調な演出だなと昨日は感じてました(^^;

音響もスピーカーが近かったのか、凄く音がデカくて伴奏がガンガン響くだけで
役者さんの声が聞こえなかったり、もしくは役者さんが声を張り過ぎているのか
マイクで拾う音が割れて歌詞が聴こえなかったりで、折角のミュージカルなのに
ほとんど曲が楽しめなかったという・・・

マダムだけは例外でしたが。

それが今日は後ろで隅の席だったせいか、座席に傾斜があったので前の人の
頭が全く邪魔にならず、昨日見えなかったセンターでの出来事がしっかり見えま
したし、照明によって舞台上に浮かび上がる模様や、セットにライトが当てられて
色が変わっているところとかも見ることができました。
なんだ、そうなっていたのか!っと。

前だと自分にもライトが当たってなんか眩しいだけでよくわからなかったんですよね。
役者さんの表情はよく見えるのですけどね。

昨日は舞台がフラットに感じるだけで、全く立体感奥行きを感じることができ
なったのですが、今日はそれらも感じることができて全然違う印象になりました!

そういえば、前の舞台のときも座席によってそうだったよなぁ・・・なんて今頃思い
出してみたり(^^;

ただ、音響については後ろでもかなりデカかったですわ。
役者さんもお歌は上手いのだけどちょっと声を張り過ぎかな?っと感じるところも
ありました。
音楽については昨日はどれも似たような曲に聞こえ単調に感じていたのですが、
今日はそれほどでもなかったです。

昨日の段階で感想を書かなくてよかったですww

確かに前作に比べると舞台自体が小さいので舞台装置も小じんまりとしてますし
役者さんの数も全然比じゃないくらい少ないため、全体としての舞台のスケールは
かなり小さくなってます。
どうしても数の迫力では劣りますよね。

でも、その分、役者さんたちの演技はストレートに伝わり面白いところでもあります。

ぶっちゃけ、演出や音楽は前作の方が遙かに優れていたと思うのですが、耽美さや
世界観の作り方とか。。
モノトーンに統一されていて、19世紀のイギリスのどんよりとした重たさや黒執事の
ダーティさは上手く表現されてました。

今回、照明の色が多すぎて随分と賑やかに感じたのですよね。
黒執事のシリアスな面よりもギャグが強調されている作りでしたから、最初からその
方向性だったのかもですが。
それでもあの舞台の大きさで限られたセットの中においては十分満足のいくものだった
かなと思います。
今日、改めて後方から全体を見てみたら照明の使い方もよかったですし。

んんん・・・だけどやっぱり音楽は曲調が似ていたり、ちょっと歌詞がわかりにくい曲が
多かったかなっと。

もちろん、降りやまぬ雨~♪とか、無敵の駒~♪とか、いいなと思う曲もありましたが
ミュージカルというにはもう少し印象に残る曲があってもよかったかなと。

前回は「死神派遣協会」とか凄く印象に残りましたもんね。

私が宝塚のレビューを見過ぎたせいもあるのかもですが、ミュージカルはただセリフを
音楽に乗せてしゃべるというのとは違うと思うので、ちゃんと曲として聴かせるもので
あって欲しかったなと。

逆に無理して歌にしなくてもセリフでよかったのでは?っと思うところもありましたし。

ただ、脚本やミュージカルとしての構成とかはまとまりがあってよかったと思いました。
ギャグ要素は多いものの原作をベースに脱線せず黒執事らしく展開していたと。

上から目線でごめんなすって。

そうそう、昨日はなゆた坊っちゃんの姿勢がちょっと気になったのですが、今日は
遠かったせいか全く気になりませんでした。
昨日はもしかして背が伸びてることを気にして(最年少&最大身長差が売りだし)少し
でも小さくみせるために猫背気味にしてたのかしらんと思ったりしたのですが・・・

今日は堂々とした立派な坊っちゃんでした!

では、内容に沿って覚えてる範囲で感想を書きたいと思います。
あのメモですからね。
どれだけ書けるかわかりませんがwww

舞台には巨大なチェスの駒が・・・
キング、クイーン、ルーク

クイーンの中にわれてる坊っちゃん。
私はてっきり坊っちゃんはキングってことで最初キングの中にいると思ってたんですw
そこへナイトの駒が現れて・・・
ぱっくり割れると中からセバさんが桃太郎のごとく登場。

これは笑ってはいけないところですよね。
でも、セバさんがお馬でえっこら坊っちゃんの元へ駆けつけたのかと思うと笑いが・・・
いえいえ、ここは悪魔の登場シーンですから笑っちゃいけません!

いや、でもその演出どうよ?って思いませんでしたwww?
でもね、セバさんの第一声がこれまでよりもずっと低くて色っぽくなってたんですよ!?
優セバすっごい成長してるって思いました!
特に今日は最初からかった! (*≧∀≦*)

坊っちゃんもです!
最初のびでゾクっときましたねv
気合の入ってる感じがそのまま契約の勢いに繋がって、初っ端から大千秋楽への
意気込みがビシビシと伝わってきました!
その想いだけで泣きそうになる

ダンサーの人らもキレっキレでしたね。
で、昨日は契約シーンの演出も単調に感じてたんですが、しっかり舞台上に契約印
らしき模様が浮かんでました。

全体に昨日よりもセリフ回しがみなさん早くなってたように感じたのですがどうでしょう?
後が押してくるだろうって予想の元に若干サクサクしてたのかしらん?
それが却ってテンポよく感じました。

その分、間が必要なところにはしっかりと取れていて、セバさんの余裕や坊っちゃんの
凛とした感じが凄く出てたと思いました。

私の気のせいかしらんwww

使用人たちも明るくてファントムハイヴ家の雰囲気を上手く作ってくれてました。
そしてドジっぷりを三人が披露したところでWチャールズの登場。
使用人たちもそうですが、また、この二人の再現率が!

特にフィップスの方は元々無口キャラで原作の時から私の好みだったのですが、この
舞台では・・・超絶イケメン!
みなさんイケメン揃いなんですけどね d(≧∀≦*)ok!
フィップスくん声がいい!!お歌が上手い!!
れましたね!! (*/-\*)

ぜひ、次の生執事でもWチャールズ登場してください(勝手に次があると思ってる)
原作ではリジーが坊っちゃんの駒鳥姿を見つけそうになってヒヤヒヤするのですが
ここではその役がWチャールズでした。
これも面白いなと思いましたね。

そうそう、今回、セバさんがコート着てるんですよ!
やっとコートを着せてもらうことが出来たようです\(^o^)/
これまでも葬儀屋さんのところへ行くのも燕尾のままでしたもんね。
よかった、よかった。

また、このコートが優セバが良く似合うのですわ。
立ち姿も綺麗だし、イエス・マイロードで跪く姿も背中が丸くならなくなって綺麗に!
やっぱり舞台は様式美っていうか、仕草によってカッコよさが決まりますもんね。

もしかして、今回AKANEさんが参加されてたし、燕尾をきれいに見せるコツや
仕草とかのアドバイスがあったのかしらん。
燕尾に関しては宝塚は本場みたいなものですもんw

ホント今回のセバさんは立ち姿も原作から抜け出てきたみたいにセバさんそのもの
でしたし、声のトーンも随分と低くなって、小野Dに被ることしばしば。
あれがセバトーンみたいにインプットされてますから、私には完璧セバさんとして
映りました。

坊っちゃんが最年少ってこともあってじゃ、ゆったりとリードする姿も執事そのもの。
これまで滑舌とか心配な面もありましたけど、今回はそれらを全く感じさせることなく
素晴らしいセバさんでした!

坊っちゃんを見つめる表情も執事の顔、悪魔の顔と使い分け、これまでの中で
最高の仕上がりだったと思われますO(≧∇≦)O
もう、ここまで来たらこの先、何も心配することはないですよね。
これから先も何人もの坊っちゃんを喰い散ら・・・支えて行って欲しいと思います。

 

ってことで、まだほぼ登場シーンだけで前半すら終わらないんですが字数制限の
ため分割。

どれだけまったり感想書いてるんだよって話ですね(^^;
全く進む気配がないwwww

これからマダムやグレル、劉や葬儀屋さんたちメインさんらが出てくるのですが、
残りは明日にでも。

 


2014年10月05日 (日) | 編集 |

お天気を気にしながらもやっと リコリス生舞台大阪公演見ることができました!
待ちに待った舞台だというのに、今回もやってしまいましたよwww
メガネ忘れた(^^;

でもね、今回は早く気が付いたので娘に走って取りに帰ってもらいました。
これで娘が忘れ物をして届けて欲しいと電話をかけてきても断れなくなりました。。
メガネのおかげでちゃんと舞台が見れてよかったよかったですv

GF先行予約で奇跡的に取れたお席だったのですが、割と前の方でよかったです。
若干中央の一番セバさんと坊っちゃんが絡む位置に前の席の方の頭がドーン!
っと鎮座していらっしゃったので見れなくて残念でしたけど・・・
決して髪を盛ってはるわけでもなく、座高が高い方というわけでもなく・・・
単に劇場の傾斜の問題かと。
あと、私小柄なもので(^^;
こればかりは仕方ないですよね。

でも、舞台は凄く近くて、前の方のお席の方なんて宝塚の花道を見上げるくらい
近くで役者さんの演技をみることができたんじゃないでしょうか。

あんなお席で見た日にゃあ、二度と他の舞台を見ることができなくなるかもですよw
まるで自分だけのために演じてくれてる感があるんじゃないでしょうかね。
恥ずかしくて直視できないのでは??

などと心配してしまいますが、そんなわけありませんよねww
きっと皆さま、ガン見だと思われwwww

今回、本当にビジュアル再現率凄いので公式でご覧くださいませ。

ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス-


さて、今回のリコリスですが・・・
取りあえずの初見の感想をサクッと残しておこうと思います。

実は黒友さまのご好意により、明日の大千秋楽チケット
Getできたのであります!
やったー\(^o^)/

自力ではもう全然全く掠りもせずで諦めていたのですが感謝感謝です!
今日は久しぶりに黒友さんに逢えましたし、普段なかなかご挨拶出来ない方々
にもお会いすることができしかったです。

今日ご挨拶できました方々ありがとうございました!!

私なかなかイベント参加できないものですから、こういう機会を逃さずに明日も
しっかりご挨拶に回ろうと思います。
ってほとんど皆さまが私を探して来てくれてましたが(^^;
すみません、ほんと慣れない田舎者で・・・

ということで、明日も参戦できることになりましたので詳しい感想は明日以降に
書かせていただこうと思います。

で、これまでどんな感想を書いてたのかな~っと過去記事を検索いたしましたら
出てきました・・・

音楽舞闘会 黒執事(半生) その1 その2

ミュージカル黒執事 千の魂と堕ちた死神(2010) その1 その2

ミュージカル黒執事 千の魂と堕ちた死神(2013) その1 その2

相変わらずのおバカっぷり炸裂でしたwww
自分で読んでて色々懐かしく舞台のことを思い出すとともに自分のテンションに
爆笑でしたわw
なかなか変わらないものですねww

では、まず今回最初に書いておきたいことですが・・・
セバス優也くんの成長っぷり!!

いや~~やっぱり彼も大人になりましたね。
初演の時は19歳だったと思うのですが、そんな彼も24歳
大人になればなるほど色気余裕も出てきましたし、ますますセバスらしく
なって何も言うことはございませんでしたわ。

滑舌もよくなってセリフも聴きやすく・・・ ええ、ちょっと今までは(^^;
今回は余裕を感じた大人のセバスっぷりを発揮してくれてました。

完全に坊っちゃんをリードし、これまでの中で一番のセバさんだったのではない
でしょうか。
歌もますます安定しててよかったです。

そして、特筆すべきはマダム・レッドのAKANEさんですね!
これまでご覧になった黒友さんがみなさん口を揃えて素晴らしいと絶賛されて
おりましたが、これはもう本当にしかったです!
演技もお歌も圧倒的でした!
まさにマダム!

スタイルはもちろん、姿勢がいいので立ち姿も素敵で赤が映えていらっしゃいました。
お歌は・・・もう 何も言うことがございません。
すっげぇ!!!

っと心底思いました。

マイクを通すと 申し訳ないのですが、ほとんどの方がお歌は上手いのに歌詞が
聞き取りにくかった(音響のせい?発声がマイクに対して張り過ぎている?)の
ですが、この方は別格でした。
繊細な囁きから迫力ある発声まで、どこをとっても見事としかいいようがなく。
ただただ聴きれるだけ。

今回、みなさん本当にお歌が上手いと思いましたがその中にあって、完全に
飛び抜けた存在でした!
マダム絶品!

他の役者の方も、もちろん素敵でした。

グレルの卓也くん、葬儀屋の和泉さんは役そのものと言うか完璧ですね。
もはや演技なのか、役と同化してしまってるのかわからないレベル!
2次元を再現する中でこれ以上はないのではというくらいの最高水準!

アバーラインとハンクスも漫才かと思わせるような掛け合いが前回同様素晴らし
かったですwww
明日も楽しみですv

他の方もみなさんビジュアル再現率は見事だし、お歌もいいし。
私は特にチャールズ・フィップスくん、みでしたd(≧∀≦*)ok! 

坊っちゃんも歴代坊っちゃんの中で一番身長差があり、ああ坊っちゃんはこんなに
小さいのに大人社会の中で女王の番犬として生きているんだわ・・・っとマジマジと
思わされましたね。

セリフはこれまでの坊っちゃんたち同様、演技達者な大人の中にいるのでどうしても
平坦に聴こえてしまうのですが、それは仕方ないかなと。

小さいながらも気を張って生きてる坊っちゃんらしさがしっかり出てたと思います。
そして、お歌が上手かった!
高音もよく伸びていてよかったですv

本当に役者さんたちは素晴らしい演技を見せてくれてました!
その点は大満足でした。

ですが、今回はう~~んっと思った点も。。
脚本は今回は原作通りなので内容はかけ離れてなかったですし、キャラもまんま
でしたし、役者さんの舞台への思いもすっごく伝わってきて、これはもうテンション
アゲアゲでいくしかないっショ!って感じなのですが・・・。

これはまた明日の大千秋楽を見た後では感想が変わっているかもしれませんし
ひとまず保留ってことで。

台風が気になるところですが、どうぞ無事に行って帰ってこれますように。。
舞台も大成功でありますように。。

取りあえず、明日の大千秋楽を楽しみに今日はこれにて。