薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
月別アーカイブ  [ 2014年12月 ] 

≪ prev |  2014年12月  | next ≫

2014年 今年もありがとうございました!!

今年も残すところ数分となりました。

今年も昨年に引き続き受験生を抱えている我が家は自宅にて年末を過ごして
おります。
明日から旦那だけ実家に帰省ですが。

年末は私の自由時間がたっぷりあると思っていたのに、入れ替わり立ち替わり
誰かが家にいることになり、残念なことに一人でいる時間が全くございません
でした。

おかげで予定していたBLコミックスの感想は来年に持ち越し。
といっても年明け早々に手を付けるつもりですがwww

今年は受験生を二人も抱え、昨年より一層ナーバスなハズなのですが、あまり
例年と変わり映えのない我が家。
私はアニメとコミックスに埋もれて今年も幸せな年越しになりそうです。

一応、受験生たちは予備校、塾へといそいそと出かけておりますが、母は今年
もごそっと年末年始用にコミックスを借りて来ておりますwww

現在、「ダイヤのA」を張りきって読んでいるのですが、旦那はFateの復習が
したいということでstay nightを読み返してます。

娘は好みが変わってるので、今は水原伸さんの「アウターゾーン」を読んでます。
これ、ご存じの方どれくらいいるでしょうかねww

アニメは「弱虫ペダル」をすごい勢いで消化しているところです。
そんなこんなで今年も終わろうとしています。

今年は黒執事関連のが土砂降りのように降り注ぎれてしまい
そうなばしい1年でございました。

浮足立ち過ぎてあまり覚えてないくらいにwww
今は受験生らに資金を吸い上げられているのでイベントにも参加できず、数々
のグッズにも手を出すことが出来ずですが、それでも十分楽しめました!

原画展から始まり、舞台、アニメと本当に盛りだくさんでした。
グッズもこれでもか!ってくらい発売されてましたよね。
黒友さんたちの歓喜の絶叫がTL上を駆け巡っておりました。

特に舞台ではたくさんの黒友さんにお会いすることが出来てしかったです!
やはりチケット取りとかは厳しいですが生きてる実感を味わえますねwww

「黒執事 Book of Murder」は劇場では見れませんでしたので円盤を大人しく
待っているところです。
まだ、アニメのDVD特典も全部見れてないのですよね。
この休み中になんとかと思ってます。

来年はここまでの飴は降り注ぐことはないと思われますが、それでも私の熱は
冷めることなく、新たな萌えの放出全力を注ぐ所存です!

最近は歳のせいか、ちょこっと暴走控えめのような気がしておりますが来年も
休むことなく迷走ブログを書き連ねていけたらと思っております。

好き勝手書き放題で本人のみ愉悦を感じてるような我がブログでございますが
みなさまが日々遊びに来て下さることが何よりの励みになっております。

心より感謝申し上げ、今年最後のをお届けしたいと思います!

(・。- )ノ~・゚。・:*:・゚  ウフッ♪

今年も一年 お付き合いくださいましてありがとうございました֥ϡ

    2015年もよろしくお願いいたします!!

   񤭥ϡ񤭥ϡ佳いお年をお迎えください񤭥ϡ񤭥ϡ

 

スポンサーサイト
[ 2014/12/31 23:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「黒執事」20巻感想です♪

今年は本当に飴の大量投下でオロオロしてしまいましたねww
原画展やら舞台やらアニメやら沢山楽しませていただきました!
そして現在、連載100回記念!

キャラクター総選挙に参加せねばですv

さて、20巻表紙はフィニ。
これまで使用人の中ではタナカさんが表紙を飾ってますが、後の3人は
なかなか機会がないだろうと思われてましたのに(先生談)今回フィニが
選ばれたことにより、メイリンやバルドが表紙を飾ることも今後ありそうで。

楽しみですね!!

今回のカバー下は・・・
黒エクwwww

今回も全く予想できませんでした。
どっちかっていうと、左手よりも首に手を当てている方に注目してしまって
首を痛めた誰か?とか見当違いのこと考えてましたwww
そっか、左手がポイントだったのかwww

黒エクソシストってことでカバー下の裏表紙の坊っちゃんが凄いことにwww
例のブリッジで階段下りてるよ  (((((゚.゚;) 
って思ったらセバさんがいましたねww

悪魔なだけに笑えないwww
本当にフィニに除霊されちゃったりしてwwwww

では本編感想いきます。
本誌掲載時の感想はこちらです。

GF6月号  GF7月号  GF8月号  GF9月号 GF10月号 GF11月号

前巻の感想はこちら

今回カラーページに登場する人物が少なかったですね。
いつもは結構ズラリと並んでいるのですが。

コミックスで一気に読むと、あ 坊っちゃん復活したvって感じなのでしょうが
これ毎月、坊っちゃん、坊っちゃん、大丈夫ですか!?ってハラハラしながら
見守り続けるの結構大変でした(^^;

でも、坊っちゃんが殻に閉じこもっている間に重要な場面がモリモリ。
仮想世界というか内面の世界というかで現れたもう一人の坊っちゃん。
彼は坊っちゃんのことはなんでも知っていると言います。

私は坊っちゃんは双子で今回現れた勝気な子の方がシエルだと思ってます。
DVDでもやな先生がショートストーリーで裏がとれたと思うくらいの内容を
描かれてますし。
こちらの感想も近々UPしたいと思います。

傍らにある“罪の証”を直視するのが怖くて坊っちゃんは現実の世界に戻れ
ないのだと指摘するシエル。

内面の世界に閉じ籠ろうとする坊っちゃんに理解を示しますが・・・

女王からは催促の手紙が馬丁のジョンから届けられて。。
セバスが鑑定依頼した植物が女王に届くのが早いと訝しがるグレイ伯爵でし
たが、このジョンも相当しいですよね。

セバスと同じくらいの速さで移動が可能ってことですよね?
とても人間とは思えず。
彼もまた人外なのだと思われますが、悪魔や死神ではなさそうですし・・・
そうなると天使??

やっぱり天使が出てくるのかしらん。

坊っちゃんから届けられた植物を分析したところ、軍事転用できるガスが
関係してると知った女王は関わっていると思われるサリヴァンを連れてくる
よう坊っちゃんに要求。

お茶したいわ♪
なんて書いてきてますが、当然、命令ですよね。

人狼の怒りを買ってることから明日出て行けと言われ、女王からも催促が
来たとあってはいよいよ猶予がなくなり・・・
タナカさんに見守れと言われていたものの時間切れ。

セバさんは強硬手段に。
女王からの調査結果と地下でサリヴァンが行っている儀式との繋がりにも
気づいたようですしね。

後は坊っちゃん次第。
強引にフィニを部屋から出し(フィニビックリしてましたよね。セバさんの方が
圧倒的に強かったから)、
女王の番犬の仕事を放棄するのは構わないが復讐の途中放棄
契約違反
だと。

9割がた坊っちゃんをう気でいるセバさん。
これほぼ本気ですよね(^^;

悪魔に魂を喰われるという間際になって、もう一度シエルが現れ・・・
このままその世界にいることを決めた坊っちゃんに「なぜ誰も頼んでいない
のに復讐しようとするのか」を問うてきます。

「僕を犠牲に手に入れた力で」

う・・・キタ。
もう一人の坊っちゃんを坊っちゃん自身と見ることもできますが、この場面
では明らかにシエルの方はお腹のところが血まみれで・・・
あの儀式のとき、ずっぷりやられたのだとわかります。

それに死んでしまった人たちと同じ立ち位置に現れてますからね。
僕に許されたかった?」というセリフも裏を返せば、許して欲しいと思う
ようなことを坊っちゃんがシエルにしたってことですもんね。

そして坊っちゃんは大きな犠牲を払い、自らの魂を賭けてまでも悪魔と
契約した理由
を思い出します。
それは誰かのためではなく、自分自身のため。

坊っちゃんが殻を破った時、その先にいるセバさんが微笑んでるのが
いいですよね。

そして坊っちゃんお目覚め。
ここからは一気に解決へ。
究極魔法を完成させたサリヴァンを「外の世界」へご招待。

サリヴァンが術式を完成させた部屋よりもさらに地下へ。
そこには狼の谷の時間とは全く異質なレーダーが置かれた部屋が。
護符だと思っていたものは発信機で村人の動きがスクリーンに映し出さ
れていて・・・

さらに奥の部屋へ進むとプラントになっていて・・・
そこでサリヴァンは真実を知ることに。

人狼の正体はハリボテを着たただの人間で、瘴気の正体はこの工場で
作られた毒ガス。

人狼や呪いは存在せず、全てはサリヴァンを騙すための作り話。
さらにサリバンが作り上げたのは史上最高の毒ガス・サリン

サリヴァンは自分がずっと創っていたものが村人を守るための魔法では
なく誰かを殺すための兵器だったと知って大ショック。
また、ババ様だと思っていた人が自分の実の母親でこの計画の首謀者
と知ることに。

随分と変な村に迷い込んだものだと思ったらこういうことだったんですね。
村人たちは軍の兵士でサリヴァンの監視役。
これは辛いわな。。 ( p_q)

だから坊っちゃんにはサリヴァンのドイツ語が聞き取れたんですね。
馬を買ったときの老人は完全な方言だけど、狼の谷の村人は軍人だし
方言が少ないってことでしょう。

坊っちゃんはサリヴァンを連れて逃げ、サリヴァンに選択を迫ります。
今日よりも辛い目に遭う可能性のある外の世界へ行くか、今ここで楽に
なるか。

さぁサリヴァンはどうするのか!?
ってところですが・・・
後半怒涛の展開でしたね。
あのファンタジーな村からどう話が展開していくのだろうと予想がつかな
かったのですが、見事なダークファンタジーになってきました。

ここから使用人'sが活躍をみせるわけですわ。

この先ネタばれOKな方は GF12月号  GF1月号 の感想をどうぞ。
最近は感想の時、ストーリーのネタばれは極力さけるようにしてますので
御一緒にGF購読者になりましょうv


では、恒例の趣味の修正箇所探しをざっくりまいります♪
台詞の改行や漢字訂正と影を表すトーン追加は省きます。

その執事、下降
p7 Wチャールズが描き替え。特にフィップスがイケメンにv
p32 オスカーの舌が無くなってる

その執事、激昂
p51 セバさんの目にトーン
p54 セバさんの顔が微妙に描き替え。より場面に合った表情に。

その執事、勧奨
本誌9月号見当たらず。。(><)

その執事、感興
p129 p134 p164 セバさんの顔が微妙に描き替え。より美麗に。

今回も非常に訂正が少なかったです。
セバさんがよりいい表情になってましたね。

キャラ総選挙のはがきをそろそろ出そうと思うのですが、投稿者ネームで
悩んでおります。
カタカナで書くようになってるのですが、私、ひらがな表記なもので。
困ったなとww

これは全く別のネームを考えた方がいいかとか思ってみたりw

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/31 01:04 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

「鬼灯の冷徹」16巻感想ですv

これまたすっかり遅くなってます。
ざっくりざくっと感想いきます。

桃太郎が表紙を飾るとはですよねwww
もちろん、シロ、柿助、ルリオも一緒ですv

今回は鳥さんたちがいっぱいwwww
相変わらず描き込みが細かいですし、鳥さんたちがかわいい!!
一羽、一羽じっくり見てたらあっという間に時間がwww

前巻の感想はこちら

鬼灯の冷徹(16)

鬼灯の冷徹(16)
著者:江口夏実
価格:596円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ゲートボールに行くお爺さんかと見まがうぐらい、白澤の現世ファッション
がダサすぎる!
「初江王とゆかいな仲間達」と言いたくなるぐらい、初江庁の獄卒に動物
が多すぎる!
改めて聞いてもやっぱり芥子の過去は凄まじすぎる”
相も変わらず座敷童子は無表情すぎる!
いろいろすぎてる十六巻!

ってことで。

表紙もそうなんですが、扉絵が毎回素敵というか面白いんですよ。
これまた繊細というか細かいところまで描きこまれているのですが・・・

第129話 「カレーな日」
春一さんが扉なんですが、これは背景がほとんどカレーしかないんですが
構図が素敵!

カレーとラーメンは話題に上るとすぐに食べたくなるって話ですが、私は
春一さんの「牛乳と砂糖と卵と生クリームとバニラエッセンスを入れて鍋で
ぐつぐつした後は適当に容器に入れて外でブン回せばアイスクリームが
できる」って話に感動!!
それいい!!

八寒地獄ではこれでアイスクリームが出来るってことですが、本当にこの
やり方でアイスクリームって出来るのかしらん。。
誰か試して欲しいwwww

第132話 「酒盛って尻切られる」
尻切られたのは大王様なんですがwwwま、いつものことね。
このお話の扉絵が可愛いんですよ!!

えんま酒造っていうことのようですが、鬼灯様が杜氏さんってところでしょうか?
大王様は現場よりお店担当って感じwww
でね、大きな樽の横に骸骨が転がっているのですわwww
何が入ってるのwwww

第133話 「動物は恩を忘れない」
今回のお話の中でこれが一番気に入りました。
動物大好きの初江王のところへシロ、柿助、ルリオを連れていく鬼灯さま。
初江庁は動物王国のようになっていて、動物たちにとっては天国みたいな
職場のようで。。

シロは初江王にここで働かないかと誘われますが「僕たちは不喜処で働くよ」
っと即答。
「鬼灯様はね!桃太郎のために怒ったよ!だから僕たちは鬼灯様のとこで
働くよ!」

いや~~~
シロのことだから難しいことは考えられないだろうし正直な気持ちだったんで
しょうね。
桃太郎への恩を忘れないシロたち。
感動しましたねw
で、鬼灯様も帰り道、「今日、おごります」ってw
鬼灯様も悪い気はしなかったってことでw

第134話 「要はヒッチコックの映画みたいな地獄」
この扉絵の鬼灯様がかっこいいのですわww
鷹匠のように雉のルリオを扱ってますww

ルリオは頑張り屋さんだってことと雉は走るのが早いってことを知りました。
鬼灯様の肩にとまるカカポとルリオが可愛い。

第135話 「ポーカーなら無敵」
いつも無表情の座敷童子の二人がラストでちょこっとだけ微笑んでるのが
超レアでしたv

第136話 「芥子ちゃん伝説」
これまた扉絵の構図がかっこええのですわ。
で、芥子ちゃんの哀しい過去がより深く判明。
芥子ちゃんの前の職場は桃源郷で上司は白澤だったのねwww
白澤を見つめる芥子ちゃんの目が三段階で変化して心境を表してるww

ということで次巻も楽しみにしたいと思います。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

Fate/stay night [UBW] 第12話「最後の選択」感想

いや~~~続きが早くみたい!!
ここで終わりかぁ~~っていうか、どこかでキリをつけないといけないから
仕方がないわけですけどね。

作画良かったですね。
特にバスの辺りからかったわ。。

前半は正直あまり興味なくて、あら士郎が凛を意識してデートして楽しそう
でも、見ても見なくてもどっちでもいいかも・・・

なんて思ってたんですよね。
確かに耳まで赤くなったり、パジャマ姿の凛は可愛いと思うし、いつでもどこでも
パクパク食べてるセイバーも可愛かったと思うのですよ。
今回凛は「衛宮くん」じゃなくて「士郎、士郎」って呼んでましたね。

だけど、ストーリーには関係なさそうだし、凛が士郎を気遣って気晴らしを
させてるんだろうくらいにしか思えなくて・・・
お弁当入れるのに使ってた買い物袋がうちにもあったのには笑いましたが。

そしたら、キャスターが出てきた辺りから一転、あっら~~面白い!!
って展開になりましたよね。

藤ねえのデートの相手が切嗣さんでしかも墓参りってのは切なかったですわ。
藤ねえの男を見る目は悪くはなかっただろうけど、あの若さだから早くいい人
が見つかればいいのにと思わずにはいられず。

セイバールートも面白かったんですが、こちらの凛ルートは私としてはより
面白く感じられますわ。
なんでだろ??

別に凛と士郎の関係には対して興味ないし、セイバーより凛の方がいいなと
思ってるわけでもないんですけどね。

単にセイバーのことはもう知ってるから知らない話が出て来て面白いって
だけのことかもですけど。。

でも、アーチャーに切り込んでいく凛は結構好き。
凛は聡いお嬢さんのようで、ちょっとしたことから多くを掴むことができるよう
ですもんね。

雨が降ってきたものだからデートを切り上げて帰るご一行様でしたが、帰りの
バスの様子がどうもおかしくて・・・

最初から3人しか乗ってないし変だなとは思ったんですが、理由があったん
ですね。

バスが転覆する辺りの作画がい!!
いつも背景凄いですけど、ホントに凄いと唸ってしまいましたわ。

水はCGだと思うんですが、それでも凄いわ。
ビックリしました!!

キャスターが結界張って別世界を作ってたようですが藤ねえはお腹見えて
るしもうちょっと下に何か着た方がいいと思いましたわ。
冷えは大敵。
凛のミニスカも冬にそれは冷え症になるよといいたいです。

士郎の魔術回路に興味を持ったキャスターは士郎を自分の傘下に入れる
ため人質を取ったようですが、士郎はキャスターの味方にはならず。
藤ねえを守る代わりに令呪をキャスターに渡してしまいました。

う~~ん。
大切な人を守りたいって優先順位はいいと思うんだけど、この場合、令呪を
渡してしまうのはどうなのか?
キャスターのやり方が気に入らないってのは十分わかりますけどね。
そのためにセイバーを奪われてしまうのはまずくない?

士郎はこのままじゃいけないって思ってるようですが、マスターの力を失うこと
を自ら選択したんですから、あれもこれも手にしようってのは虫のいい話で。
自業自得ではないのかと。

それにしてもキャスターには惚れ惚れ。
あのひらひらするお衣装がいいですわ。
色といい好み。

ただ士郎に「私におりなさい」っていってましたが「下りなさい」ってことかなっと。
わざとなのかしらん。

これまで士郎が自分から何かを楽しもうとしないことに苛ついてた凛でしたが
キャスターによって士郎の過去を知ることになりショックを受けてます。
キャスターは闘わなくとも聖杯を手に入れる方法を知っているようで、これには
セイバーもビックリ。

“魔女”と呼ばれてキレちゃったキャスターはもう士郎なんかいらないと消して
しまおうとしますが、士郎が令呪を差し出したために勘弁してあげることに。
腕取られて藤ねえも殺されるってみんな思っていたのに実はキャスター優しい。

藤ねえのためセイバーに無駄な令呪を使ってしまった上、セイバーをピンチに
させ奪われるとは・・・士郎らしいといえばそうなんですが。。

彼女の宝具・ルールブレイカ―で簡単に士郎の令呪うと令呪が3個とも
戻ってましたね。
便利というか、これがあったら上手いことマスターを騙していけばサーヴァント
と闘わずして勝てますよね。

セイバーにずっぷりやられてしまった士郎はどうするんだろうと思ったらなんと
アーチャーがやってきました。
凛と連絡が取れなくなるとちゃんと探してくれてるようです。

赤い矢をいっぱい放ってかっこよくアーチャー登場。
今回はもしや出て来ないんじゃないかと心配したんですがよかったです。
内側から結界破ってやっと外へ出ることに。
取り残されたセイバーの顔が・・・
いわ。。

これまでの士郎は重症を負っても回復が早かったのですが、セイバーいない
しで痛そう。。
動いてはアカンレベル。
それなのにやっぱり動いちゃう士郎。

後半の作画がより一層よくなってましたねv
お風呂上がりの凛はセイバーに対してアーチャーが肩入れしているといい
その根拠が「女の勘」だと答えると、アーチャーは凛を女というには色香が
足りないだの、優雅さが足りないだの、胸がないだの言ってますww
言ってない??

可愛らしさがわかりにくいのが致命的だと言ってますが、わかりにくいって
ことはわかってはいるけどってことですよね。
その後、凛はアーチャーに対して、セイバーに肩入れしていると考える理由
について解説。

これはもしや凛??
ってところですよね。
で、アーチャーの方も士郎よりも藤ねえを心配してるしwww
早速、キャスターから退治する気満々。

士郎の方はあの赤い宝石を見つけて凛が自分の命を救ってくれたことを
思い出したようで。。
この借りは大きすぎると・・・

その頃、アサシン・小次郎はキャスターに説教くらってます。
「死ぬ気でマスターを守れて」って言われてるのに、どうしても一言余分に
なっちゃうのねwww

キャスターもマスターが絡むと短気になるようで小次郎の胸をグチャリ
骨が出てますがな・・・(><)

それでも死なない上にしゃべってるのがこれまた凄いです。

キャスターはセイバーも手に入れて聖杯戦争に勝った気分。
教会へ行って先にご褒美をもらおうってつもりのようです。
大きい方じゃなくて小さい方をまず頂戴ってことで。

が、綺礼もキャスターのいいなりになるわけもなく。
華麗な技を繰り出しバトル開始。

そしてランサーは傍観。
手を出しちゃダメってことみたいです。

士郎はコートに血が付いてる状態で街にフラフラでてきましたが、これって
救急車呼ばれちゃうんじゃないのかしらん。

凛のいる場所を見つけたようですが、よくわかりましたよねw
凛は士郎が諦めないだろうと思ってるくせに敢えてここはキツク。
今の士郎では「セイバーは救えない」と現実を突きつけます。

ま、でも これで士郎は聖杯戦争とは関わりのない人間になったわけで、凛と
しては最初からそうして欲しかったようですからね。
凛としては、士郎さえ自分から諦めればさほど問題はないのかも。

で、ビルからジャンプ。
慌てる士郎でしたが、そりゃちゃんとアーチャーがやってくるわな。
当然来ると信じて飛ぶ凛を、これまた当然のようにお迎えに上がるアーチャー。
とりあえず、アーチャーがかっこええってことですわ。

ラストってことで皆さんがその頃どうしているかを教えてくれました。

久しぶりにイリヤとバーサーカーも見れました。
慎二くんは金ピカさまと一緒のようです。

いや~~ここで3カ月空けられるとか辛いですわ。。
一気にガ~~~っと見てしまいたいのに!!
いろいろ事情があるのでしょうけどね。

で、なんと予告でかなりネタばれ的な要素がww
もうみんな知ってるし、いいよね?ってな感じで盛りだくさんでしたねw

3カ月空くのは残念ですが大人しく待ってます。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : Fate/stay night

「進撃の巨人」15巻感想ですv

これまた随分と遅くなりましたが、「進撃の巨人」15巻感想です。
コミックスでまとめて読んでみるとやっぱり流れが分かりやすいですね。

今回も既に別マガ連載時に感想を書いてますので、あらすじなしで全体を
通しての感想と、本誌で読んでいた時点での感想の追加&訂正のみで。

前巻の感想はこちら

 

本誌感想はこちら。

59話感想  60話感想  61話感想  

62話感想は63話とセットなのでネタばれになります。要注意です。

前巻ではレイス家が真の王家だということが判明しましたが、今回はニセの
王フリッツを失脚させ、現体制を崩壊させました。
これで調査兵団は追われる身から解放。

一気にエレンの救出に!

ってことになるのですが・・・

現体制をひっくり返すまでがドキドキでしたね。

やっぱりジャンを救うべく発砲したのはアルミンでした。
そのおかげでジャンは死なずに済み、アルミンはリヴァイ側へようこそになり
ました。
アルミンはジャンを狙っていた中央憲兵よりも後から銃を向けた自分の発砲
の方が早かったのは、中央憲兵は躊躇ったのに自分は躊躇いがなかった
からだとわかると自分の方が汚れた人間だったと愕然

でも、リヴァイは仲間を守るために取った行動に感謝するといい、アルミンに
現実を受け入れろとアドバイス。

そして、憲兵団からマルロとヒッチが仲間入り。
彼らが寝返ったおかげで、中央憲兵のアジトをすぐに襲うことが出来ました。
取りあえず残っていた中央憲兵を動けないようにしておけたことは後のことを
考えてもよかったですよね。

みんながっていたのだとは。。

が、彼らだけではエレンの救出が出来たとしても、体制を崩すなどという大事
は出来ず・・・
これを動かしたのは団長であるエルヴィンとハンジですよね。

エルヴィンは革命を起こすためにピクシスに接触しましたが、王政側の持つ
とされる力を確実に継承できるわけでないのなら危険は冒せないと決裂

61話を本誌で読んだ時には今ひとつ、ピクシスが言おうとしていることの
内容がよくわからなかったのですが、先を知ってもう一度コミックスで読み返す
ことで意味がようやくわかりました。

エルヴィンは王に謁見を許され、直接調査兵団の必要性ともし壁が破られた
時に起こると思われる内戦の危機について訴えますが相手にされず。

人事は尽くしたし、人類を救うのは我々であるとは限らないと選択をねる
ことに。

その結果、人類の大半を見殺しにしても自らの資産を守ることを優先した
現王政はされ、ザックレー総統によって王都も行政区も仮押さえ。

中央は制圧されたものの民衆はこのやり方に従わないだろうと思わたのに
これまで王政の圧力によって全ての情報機関が従わざるを得ない状況に
あったこと、調査兵団は偽りの罪を着せられていたこと、現王は偽の王で
本物は別にいることが暴露され、一気に民衆も事実を知ることに。

これはハンジたちの活躍ですよね。
これまで王政の圧力に屈してた新聞記者を味方につけ、真実を報道する
気にさせたのですから。。

ハンジの活躍かったwww
エルヴィンからはピクシスに頼るなと指示があったためにハンジが何を
すべきか考え行動した結果、民衆を動かせたってことですね。

エルヴィンとザックレーの馬車の中での会話もなかなか興味深く。。
エルヴィンが人類の進む道を他の人々に判断させた理由は、人類の命運
よりも自分の命を優先させるほど利己的なものだったとは。

エルヴィンには子供の頃からの夢があると・・・
父親と同じく教師になりたいってことでしょうか?

父親の無念を晴らすことが目的なら夢とは言わないでしょうし。

リヴァイとハンジが合流してエレン救出に向かいますが、その頃エレンは・・・
自分が父親の記憶を持っていることを知り・・・
父・グリシャの注射によって巨人化し、父をったのだという事実を思い出す
ことに・・・!

これはある程度予想されてましたが、衝撃ですよね(><)
そして、グリシャもどこで巨人化の力を手に入れたのか?

巨人化できる注射の中身は何なのか?
まだそれは本誌でも明かされていないのですが気になるところです。

とりあえず、この先のネタばれOKの方はカテゴリーの「進撃の巨人」から 
63話、64話の感想をどうぞ。

ミカサはサシャにぶたれてはいませんwww
あと、コニ―とサシャが内通者では?ってのも深読みし過ぎのようですww
この先にもそれらしきことはありませんでした。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/28 01:28 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

「ベイビーステップ」33巻感想です

今年はテニス大注目でしたよね!
錦織選手かった!
試合運びとか見応えありました。
まだまだ来年もやってくれそうです。

ということで随分遅れましたが、「ベイビーステップ」33巻感想です。
こちらもアニメ化されて注目されてます。
第2シリーズも決定ですし、原作は以前から面白かったですがますます
原作が売れてるようで嬉しいです。

ま、展開としましては上手くいきすぎって感じがしないでもないですが、
それに見合うだけの努力をエ―ちゃんはしてますので、こういうドリーム
もありなんじゃないかなと思います。
だって漫画なんだしv夢がなくちゃね♪

前巻の感想はこちら

 

ベイビーステップ(33)

ベイビーステップ(33)
著者:勝木光
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ベイビーステップ 1-33巻セット

全日本選手権予選決勝でエーちゃんは、伝説のプロ・浅野と激突!
経験に裏付けられた浅野の多彩な技術と戦略に翻弄されながらも
独自の戦術とパワーで食らいつく。
本戦出場が懸かった、この接戦を制すのは!!?

やっぱり、予想通りにエ―ちゃんが2セット目も取りましたね。
試合中、浅野はエ―ちゃんの成長を嬉しく感じてしまう場面も。

浅野が一度見せた戦略にエ―ちゃんは即座に何らかの策を講じてくる
ため、なかなか二度同じように通用せず。。
浅野としては次々と違う戦略を立て続けなくてはならず・・・

エ―ちゃんとしても次にどんな球が来るか全然予想がつかなくて浅野の
戦略の多さに驚きますが、それでも浅野に対抗しなくちゃならないため
エ―ちゃんの戦略パターンも増えていくことに・・・

浅野が使った戦術も即座に試合中に組み入れていくエ―ちゃん。
浅野は自分の戦術が相手に吸収されてる感覚を覚え・・・

でも、それはそう簡単なことではないはずで・・・。
浅野が長い時間をかけて培ってきたモノなのですからね。
エ―ちゃんの若さで、しかも短時間の間にできてしまうなんて浅野としては
考えられなくて・・・

が、実際に浅野の戦術に対して浅野にはないパワーと、スピード、反応
を上手く使って
エ―ちゃんは対応。
そして、浅野を追い込みます。

浅野は自分がプロに入り目指してきたテニスを今、目の前でエ―ちゃんが
展開していることに自分が追い込まれていると言うのにびを感じてしまう
のですよね。

結果はエ―ちゃんの圧勝
これまでは現役を続けることに拘っていた浅野でしたが、エ―ちゃんとの
試合はターニングポイントになりそうです。

自分の目指すテニスで世界の頂点に立つのは「自分自身じゃなくてもいい」
のかもしれないと感じ・・・

これはエ―ちゃんがプロになるなら彼がコーチになる可能性ありってことです
よね?

で、やっぱり寧々にプロポーズしましたね。
が、あまり寧々の反応はよくなくてwwww
え~~~~
そこは即決してあげてwww
って焦らしてるだけでしょうけどね♪

そして、いよいよ本戦。
1回戦に勝てば、なんと次は逞と当たることに・・・!

こんな早くに当たるんですか!?
ちょっと意外というかビックリですわ。
もう少し先だと思ったんですけど・・・

これはどっちにも勝って欲しいところ。。
う~~ん、さすがにエ―ちゃん難しいのかしらん。。
っと思っているのですが、ナツはエ―ちゃんが逞に勝つと信じてるようです。

もし、そうなら本当にすごいことだわ。

1回戦はプロ3年目の玉越。
マイペースな人のようで、去年は2回戦敗退だったので今年はもっと上を
目指しているようです。
が、エ―ちゃんがランキング無しなため、ちょっと余裕・・・。

二人目のプロとの対戦。
予選でエ―ちゃんは「最低限のリスクで高いパフォーマンスを出す戦い方」
「データをしっかり集めて実践すること」「戦術」を覚えたことでエ―ちゃんの
テニスが飛躍的に進歩したようです。

体の方も予選をスムーズに戦って中一日休みがあったことでベストの状態。
心技体全てが想像を超えた効果をもたらし・・・

玉越相手にこれまた圧倒的な試合展開を見せます。
自分のペースが掴めず玉越は焦りますが、力が出し切れなかったのは自分
の調子が悪かったのではなく、力を出させてもらえなかったのだと気づきます。

エ―ちゃんの試合を初めてお母さんも観戦。
プロ相手に圧勝してしまった息子にかなりいた様子。
これにはエ―ちゃんが本当にプロでやっていけるかもしれないと思ってくれた
のではないでしょうかね。

エ―ちゃんのお父さんの若い頃がエ―ちゃんの成長後って感じのイケメン。
これはエ―ちゃんも期待していいのかwww

テニスタイムズの宮本記者は池世代の活躍に大注目してます。
早速、若い選手たちにインタビューをしていきますが、ほとんどみんな池に
対する意識について話をするものの、みんなの話の中には決まっていつも
エ―ちゃんの名前が出て来て・・・

みんなエ―ちゃんと試合をしたことで勝っても負けてもそれが刺激となった
らしくて。。
これには宮本も注目しないわけにもいかず。。

池や逞にインタビューをしてもやっぱりエ―ちゃんが刺激になってるって話に
なって、宮本記者はますますエ―ちゃんの存在が気になることに。

そして、2回戦。
逞との試合が始まりました!

最初から飛ばしてくる逞。
逞のサーブは230キロって・・・!?
以前は一球も逞のサーブを返せなかったエ―ちゃんでしたが、今はどうなの
か!?

逞のスマッシュはサーブと同じ剛速球。
力でねじ伏せるべく攻撃的に試合運びをする逞。
さて、エ―ちゃんは逞のサーブをブレイクできるのでしょうか?
どうやって逞を攻略しようと考えるのか??

これは楽しみですわ。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/27 00:59 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)

年末年始の予定とかいろいろ

今年は受験生を二人抱えているので年末年始は自宅警備。
旦那は一人代表選手として実家に帰省してもらう予定で、受験生たちは
結構ギリギリまで予備校&塾通い。

ということは私、自由を満喫する時間がたっぷり??

とかって今から浮かれてます。
受験生抱えて浮かれてる場合でもないんですけどね(^^;

とりあえず、アニメの感想は年末年始はあとFateが1回残ってるくらいで
しょうか?

空いた時間でこれまで消化しきれてなかった「弱虫ペダル」を何とか頑張って
追いついてざっくりでも感想を書けたらなと思っています。

あと、「ダイヤのA」の原作に手を出しました。
これ長いので躊躇っていたのですが、アニメを全部見る時間はとれないので
コミックスから入ろうと。。


現在、22巻を読んだところで、まだ甲子園に行けてません。
アニメはどこまで進んでるのかしらん?
っと思ってアニメ公式を覗いたら・・・
あれ?追いついてるかも??

アニメに追いつく予定が抜いてしまう勢いでwwww
こちらも休みの間に時間みつけて最初からは無理なので途中からでも見て
みようと思ってます。

アニメ感想は大体そんな予定です。

1月スタートアニメもどんな感じかな~っと調べてるところです。
また、そのうちまとめてUPする予定ですが、今のところは

デュラララ!!×2 承
アルドノア・ゼロ(後期)
黒子のバスケ(3期)

を視聴&感想予定です。

「東京喰種」も評判よかったのですがうちの方は放送がなかったのでネット配信
までは追いかける気にならず。。
原作読んでるし、いいかってことで2期も視聴はないと思われます。
いつのまにやらYJまで毎週買ってる我が家ですし。。

あとジョジョは見るけど感想はなしでww

年末年始は今年もコミックスの感想が溜まってるのでそれをドバーっと大放出
してしまいたいと思ってます。

特にいつも書く書く詐欺をしてるBLコミックスはいい加減なんとかしないとと・・・
もう書くタイミングを外しまくってどうしましょう???
って感じなんですよねwww

相変わらずしっかり読んではいるんですけどねww
半期に一度、まとめ書きみたいになってしまってますよね。

ホントは一番書きたいんですけどねw
もう毎日どっぷり使っていたいw

年末年始は一人の時間が長いと思われるのできっと思う存分書けるんじゃないか
と期待してます。自分にwww

ここは私の萌え記録みたいなものですのでねwww
とにかく私が書き残しておきたいものを書くというスタンスでww

ところで、ここ、私に何かあったときどうなるんでしょうね。
一応、家族は見て見ぬふりをしてくれてますが、たぶん、完全にバレテルww

もうね、隠すのも面倒になってきてwwww

以前ほど危ない内容も少なくなってきてると思いますし(^^;

気楽に長~~く続けられたらいいなということでやりたい放題ですw

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2014/12/26 01:17 ] アニメその他 | TB(0) | CM(0)

暁のヨナ 第12話 「目隠しの龍」感想

おや、いつの間にやらOPで全員集合になっちゃってますねww
緑と黄の龍までいてるwwww

まだ登場までしばらくあるのにね。

それにしてもみんな姫さんの後についてたらあかんやんwww
姫さん守ってあげてよwww

ってことで青龍の里にキマシタネ。

ここは白龍の里とは違って龍の血は忌み嫌われておりました。
ヨナたちはそんなことは知らないからずんずんって住居の中に入ってくわけ
ですが、かなり邪魔もの扱いされてます。

ヨナの赤い髪を見ても何の反応もなく・・・
四龍伝説も青龍の里には伝わってないようで・・・。

岩山の中の集落はかなり入り組んで迷路みたいになっていて、敵の侵入を
阻む目的になってるんでしょうね。
勝手にウロウロして何かあっても責任は持てないという村人。

でも、やっぱり青龍の気配はしっかりとするものだから探しにいくことに。
ユンくんは賢いから探索ついでに地図だって作っちゃうぞとww

白龍が青龍の気配をわかるように青龍も白龍の気配が分かるのに出て
来ないってことは出てきたくないのかもしれないし、諦めた方がいいのかも
っと言うヨナでしたが、キジャは必死に「諦めないでください」と。

青龍も必ず自分を必要としてくれる主を探しているはずですからと訴えます。

四龍は本来そのためだけに生まれ、それ以外 何も望みなどないとキジャ。
でも、ヨナは「私は緋龍王ではない」ときっぱり。。

キジャも「はい」とその言葉を受け入れるものの「あなただと思ったのです」
白龍の血はヨナを主だと認めたんですよね。

項垂れるキジャ。
っとヨナは「緋龍王じゃないけどあなたが欲しい」勝手でごめんなさいとにっこり。
キジャはもう、そんなヨナにきゅ~~~んってwwww
かわいいなキジャは。
ホント箱入り坊っちゃんだよ~

が、ハクは苦虫を噛み潰したように顔が歪んでいるらしくてwww
ハクもヨナから同じことを言われて喜んでたけど、自分だけが言われてるわけ
じゃないってのを目の当たりにするとねww
辛いよねwww
ユンくんが一々ツッコミを入れてくれていい仕事してますv

っと何か嫌な感じがするというユンくん。
ハクも妙な気配がすると。。

一同は元来た方向へ戻りますが、ヨナは何かの鳴き声につられて・・・
隠し扉を発見。
ところが、扉は閉じてしまいました。
原作はすぐに蝋燭の灯が消えてわからなくなっちゃうんですよね。

より一掃不気味さが増してましたね。

そしてお待ちかね!
OPやらEDからでちょろちょろ出捲っていたリスくんの登場です。
名前はまだ伏せておいた方がいいのかしらん。
でも、もうプッキュー(アオ)って名前出てましたねwwww

怪しげな村人がヨナを助けるような素振りをして地下へ閉じ込めようと
しますが、そこへ現れたのが謎の仮面の青年。

村人は彼の姿を見ると即、逃げ出して・・・

仮面を付けた青年にさっきの住民と同じように手を引かれているのだ
けれど、今度はヨナは全然怖い感じがしなくて・・・

うん、青龍さんですもんね。
ヨナももしや?っと思いますが、ヨナの姿を見つけて駆け寄ってきた
キジャによって青龍だと判明

でも、すぐに青龍はヨナ達の前から逃げちゃうんですよね。

で、ここからは18年前の話に。
青龍の里に新しく青龍の目をもつ赤子が生まれて・・・
母親は呪い子が生まれたと絶望し自害。

次の青龍となる子は先代青龍が育てるのがこの里の掟。
青龍の目を持つ者は呪われた力を持つ者として忌み嫌われていて・・・
生まれると早々に力が発動する前に面を付けられるようです。

里の者は青龍の目を見た者は石になると信じているようですが、本当は
そうではなく、青龍の目の力は“見た者の神経を麻痺させる”もの

青龍は小さい頃から先代と暮らし、里の者は一切付き合おうとはしなかった
ようです。
友達が欲しいと思っても友達になってくるれ者はいなくて・・・

先代・アオは青龍にキツク当たりますが、それは強くなければ一人で生きて
いけないことを一番よく知ってるからなんでしょうね。
青龍が生まれてきたということは近々自分は死ぬってことがわかってるの
ですから、生きてる間に早く独り立ちできるまでに鍛えあげないとって思いが
あったのでしょう。。

アオの眼は日に日に見えなくなり、その力を吸い取るように青龍はどんどん
遠くまで見えるようになっていたようで。
アオは見えなくても強くて、アオの力を欲しがる者が現れれば闘いの場に
青龍を連れて行き、自分の剣筋を見せ早く覚えさせようとしていたようです。
自分が動ける間に教えられるものは全部教えたかったのでしょう。

その後の孤独を知ってるわけですもんね。

青龍の目についても呪いの目だから制御の仕方は教えるが決して使うなと。
使えば呪いは自分に返ってくる
相手の麻痺は自分の麻痺になる諸刃の剣だと。

眼をつかわないで村を守ったらともだちができるかと尋ねる青龍に
「できるわけないだろ」と答えるアオが痛々しい。。

嫌というほど体験してきたのでしょうね。。
青龍に厳しく接するアオでしたが、それでもちゃんと繋ぐ手をくれて。。

青龍にしか自分のやり切れない思いをぶつける相手がいないのと同時に
これから自分と同じ経験をしていく青龍を決して突き放すこともできず・・・
青龍の力を一番呪ったのは青龍の血を継ぐ者たちだったのでしょうね。
白龍の里とはエライ違いだわ。。

青龍が不憫でなりませんね・・・ ( p_q) 

そして、アオはとうとう何も見えなくなって。
が、見えないことを嘆くのではなく、やっと死ねるとます。
もう、何の力もなく解放されたのだと。
「おれは人間だ!!」と。

アオはもう少し若い声をイメージしてたんですが、ここの場面は圧倒されま
したね。
宮本さんの演技力でオールOKって感じで。

青龍に向けられた優しい手の場面も涙ですが、やっと青龍の力から解放
されて一人の人間に戻れたと喜び叫ぶアオにも涙。。 (ノД`)
解放=死ですからね。

綺麗な音だから拾ったという鈴の音を聞いて、見えなくても青龍がどこに
いるかわかるからいいというアオ。
青龍はアオに喜んでもらえたと思って嬉しそうに鈴を鳴らしますが・・・
アオは鈴の音を聞きながら青龍を一人残して逝くことを「ごめんな」と謝り・・・
涙が止まらないアオに私も涙 (。>д<)。・゜゜

自分がやっと解放された苦しみから、これから青龍は一人で耐えていか
なくてはいけないことをわかってるのですからね。。

もう、アオの心情を思うと涙ですわ。。
辛いわ・・・

一人になってしまった青龍。
地の部族の兵士がたくさん里に向かってくるのに気付きます。
今の自分の剣ではとても倒すことはできず・・・
眼の力は使うなとアオにきつく止められてきたけれど、アオが守ってきた
里を青龍も守りたくて・・・

眼の力を使ってしまったんですね。
大勢いた兵士たちがたった一人の子供によって全滅

が、その代償は青龍にも返って来ていて・・・

青龍はそれ以来、ずっと一人で生きてきたんですね。。
青龍とは交流しようとしない里の者たちを守りながら・・・


ヨナはそんな青龍の手を優しい手だったと感じたようです。

さて、傷つき心を閉ざしてる青龍をこれからヨナがどうやって仲間に迎え
入れるかのか!?

作画も安定してましたし今後も期待したいと思います。
早く青龍の顔がみたい~♪

彼もイケメンくんですからね!!

 

暁のヨナ(16)

暁のヨナ(16)
著者:草凪みずほ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「俺物語!!」7巻感想です☆

アニメ化おめでとうございます。

猛男&砂の声優さんは誰に??
気になるところですね。

さて、今回は砂が彼女を作るのかどうかというのが最大の関心ごと!
っていうか「俺物語!!」始まって以来の事件wwww

これはもうドキドキで読みましたよwww
前巻の感想はこちら

俺物語!!(7)

俺物語!!(7)
著者:アルコ
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


砂川に毎年届いていた、差出人不明のチョコ…。
その届け主・天海悠紀華から10年来の砂川へのディープな恋心を
聞かされた猛男は、悠紀華の応援をすることに!
猛男に手伝ってもらい、勇気を出して声をかけにいった悠紀華だけど…。
砂川はその気持ちに、どう応えるの!?

結論、砂は「ごめんなさい」しました\(^o^)/

よかった!
砂には彼女はいらないよぉ~~~
猛男がいれば十分だよぉ~~~~

よかった、よかった。
今回の感想は以上。

ってくらいこれが全てwwww

だいたいねぇ、砂に宛てた手紙で
「お返しはいらないので好きなって下さい」
なんて厚かましすぎるわwww

片腹痛いwww←磯兵衛にあやかってるw

今のご時世ね、無記名のチョコなんて怖すぎですよ。
どこの誰かが寄越したものかわからないような食べ物を口に出来る?

自分の名前が書けないのなら食べ物は贈ったらアカンわ。
相手のことが好きならなおさら、相手を不安にさせるようなことはしたらアカン。
そういうことが分からない子はもう少しいろいろとお勉強した方がいいかと。

恋をしながらの社会勉強かもだけど、友達とか良識ある子が教えてあげて
欲しいものです。

天海さんは友達も少ないみたいだけど、友達は多く持てばいいってものでも
ないけど、でも社交性をもう少し身につけるためにも自分から心を開いて
友達と呼べる人を作った方がいいかな~

まずは同性から、いろんなことを話せる関係を作れるようになって、それから
異性じゃないのかな。
もちろん、兄弟とかいっぱいいて、最初から同性よりも異性の友達の方が多い
ってタイプなら別だし、友達に同性も異性も関係ないんだけど、彼女みたいに
異性とは話せないタイプなら、まず同性からだと思うのよん。

私は男兄弟ばかりの中で育ってるから学生の時は男友達の方が気楽だった
けど。

そんなわけで、異性とまともに話もできない状態で砂とは大物狙い過ぎでしたね。
砂は優しいし合わせてくれてたけど、砂を惚れさせるにはあまりにも足りない。

砂は人に気を遣わせるようなタイプは好みじゃないと思うのですわ。
さり気なく気遣いができて、さっぱりしていて、どこか尊敬できるような芯の強さを
もった女性が好みっぽい。

守って欲しい系じゃなくて、自立した大人の女性がちょっとした拍子に可愛らしい
面や弱い面を見せた時にドキッとするんじゃないのかなっと。

私がそういう砂であって欲しいって願望も大いに入ってますけどね。
甘えん坊で独占欲の強いお子ちゃまを好きになるようではちょっとがっかりって
ことでw

ま、それは置いといて、天海さんは自分と砂の気持ちに差がありすぎて心が折れ
たとか言ってますが、相手がまだどんな子かもよくわからないのにいきなり好きに
なってもらえるものだと思ってる思考がねwwww

いやいやいや・・・
悪い子じゃないと思いますが、ややこしい子だわ。
本当に好きならまず友達から初めて、徐々に自分を知ってもらってって段階を
大事に出来ないとねぇ。。

特に砂のようなタイプは一目惚れするとも思われないしw
嫌いじゃないって言ってもらうだけでも砂の場合はレアなのにねw

頭で「好き」って気持ちを整理できるくらいならまだまだ本当の恋ではなかったの
でしょう。
最後は砂に素敵な彼女ができたらいいなと思えるようになってよかったです。
彼女も成長したってことで。

それにしても砂に彼女が出来てしまうのだろうかとヒヤヒヤしましたが、そんな
ことにはならなくてホッとしました。

砂には猛男がいればいいんですよww d(≧∀≦*)ok! 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/24 01:35 ] 君と僕。・俺物語!! | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ2015 4・5合併号一言感想

今年最後のWJの感想です。

表紙はメリークリスマスなヒーロー集合。
あまりキャラの大きさは貢献度とは関係ないようでwww
ルフィとトリコだけは大きいですが。。

巻頭カラーは「ONE PIECE」これは妥当でしょうw
では掲載順に一言感想を。

ONE PIECE
よくわからんかった。

暗殺教室
なんか迫力ある期末テストだわwww

僕のヒーローアカデミア
正に障害物競争!
以前とは違うデクが見れそうですね。

火ノ丸相撲
あの体格差で互角なら火ノ丸のが上ってことでしょうが、相撲は重量制限の
ない無差別級だからなぁ。。

食戟のソーマ
どんな言葉が並んでみてもやっぱり食べてみないとわからない。
私を審査員にしてください。
美味しいしか言えないだろうけどwwww

学糾法廷
デザート献上の刑って・・・(^^;

ワールドトリガー
作戦がちゃんとわかると面白い。

ハイキュー!!
2期おめでとうございます。
といってもこれは当然くると思ってましたがv
それにしても破壊力大のサーブは本当に怖い。
飛んできたら上げられる気がしないwww
2セット目は青城が取りましたね。
やっぱりフルセットになるよね。楽しみです。

斉木楠雄のΨ難
全てが裏目にでて必然メリークリスマス。

E-ROBOT
H-ROBOTこれからも登場するのかしらん。
「自信を持って興奮すればいいじゃない」って名言かもねw

卓上のアゲハ
部活してる人は普通そこにはいないよねって思ったらいたよwww

トリコ
赤ちゃんトリコが不気味w

銀魂
沖田ぁあああああああ

ニセコイ
パターン化してるような。。

こち亀
珍しくしんみり系でしたね。

年忘れギャグ大乱闘
これは交換したらアカンパターンやわww
磯兵衛の顔のソーマはアカンww爆笑wwwww
おしりかわいいww

磯部磯兵衛物語
せっかくの活躍のチャンスだったのにねw

BLEACH
もう少し先に進んでも?

ジュウドウズ
何もかもデカイそうでwww

Sporting Salt
女の子の体が・・・あれでいいのかなぁ

ハイファイクラスタ
まとめに入ってるのかな。

 

っということで今年のジャンプ感想はこの辺で。
来年は読みごたえのあるストーリーものが出てくるといいなと思います。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2014/12/23 00:26 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

Fate/stay night [UBW] 第11話「来訪者は軽やかに」感想

今回は士郎がお皿を割ってセイバーが片づけて、また割って凛が
片づけて・・・

最後にアーチャーが体を調整してくれてよかったね。
そして大事なことを言い残していったよ。

って話でした。

すっかり士郎と凛は仲良しになっているというか、凛の方が距離を
縮めてきた感じです。
士郎の方は急激な距離の縮め方にはやや警戒してるというかww

いいのか??
って戸惑っているようでwwww

凛はなかなか人を寄せ付けないけど、一度親しくなるととっても情が
深くなるタイプで、相手の都合はお構いなしにグイグイいくようですねw

士郎は逆にどんな人も基本ウエルカムの姿勢だけど、本当に親しく
なるには時間がかかりそうです。

今回はそんな凛のグイグイ積極的な行動に士郎がタジタジw
女の子扱いされていることを逆手にとって、士郎の反応を楽しんでる
凛は小悪魔的で笑えます←可愛いってこと。

「さぁ見てご覧的」なポーズも、制服着替えて寛ぎスタイルになった時の
あの太股の作画も力入ってましたねw

士郎は照れてますけど凛のように押し込んでくるタイプの方が早く受け
入れやすくていいんじゃないでしょうかね。
相手が女でも男でもwww

切嗣が施した結界を「人の情を感じるいい結界」だと評価する凛。
魔術師としては認めたくないってところでしょうが、切嗣の人となりに
関しては優しい人だったのだろうなと感じてるようで・・・。

自分の家の結界は違うと思いながらも、凛は結局、それを変えることが
できないでいるのだと言います。
魔術師としての厳しい修行も新しいことを覚えることは楽しかったし、家を
継ぐのも義務ではあるが、楽しくなければやってないと凛。
なんでも自分が楽しいかどうかが基準になってるようです。

ところが、士郎の方は・・・
物事を決める基準に自分は無く「誰かのため」だし、魔術師としての修行も
楽しくなかったと・・・。

凛は楽しいと嬉しいは違うと言い、士郎に対し
「人のことばっかりで自分に焦点が合っていない」とズバリ。

凛は人のことばかり考えてる士郎に腹を立てて・・・。
誰かさんと同じだと。

切嗣は「正義の味方」を諦めた時点で、自分が楽しむことを思いっきりして
いたんですね。
憑きものがとれたように楽になってたんでしょうね。
子供みたいにはしゃぐ切嗣を見てみたかったですわ・・・。
ま、私としては冷徹で非情な切嗣が好きですし、それがあってこその彼の
変化に惹かれるのですけど。

自由で全然魔術師っぽくなくても、士郎には切嗣こそが本当の魔法使い
だったようで、憧れだったんですね。

士郎に「明日スペシャルなのを味わわせてやる」と息巻く凛はアーチャーに
お泊まりの用意を一式持って来させたようです。。

え!?
パンツとか???着替えを持ってきたってことだよね?
そこまでアーチャーはお世話してるの????

全く何の興味も示さず凛の下着を袋に詰めるアーチャーが見てみたい。
今の彼の関心は全て士郎にwwww

実は他人のことばかり考えているようで違うってことでww

土蔵の中で、魔術の鍛錬を行う士郎。
セイバーがやってきて、士郎の半身がどうなっているのかを問います。
セイバーは気づいていたんですね。

そりゃ体の大部分麻痺してたらわかるだろって思いますが・・・。

そこへ現れたのはアーチャー。
士郎の体に投影魔術の反動が出ているとみたようで・・・。

「半身の感覚がなく、胴体が中寄りに7cm程ずれているのだろう?
今まで使われていなかった回路に全開で魔力を通した結果、回路
そのものが驚いてる状態
だろう。」

何とも詳しいアーチャーです。
そして士郎の背中に手を当てると何やら注入した模様www

アーチャーに背中を触られ、ああッ~って仰け反る士郎に私の回路も
繋がったようですv

「数日もすれば回復する。
身体が戻る頃には以前よりはマシな魔術師になっているだろうさ。」

優しいです、アーチャー。

が、それだけで去ろうとしたアーチャーに士郎は以前アーチャーが言った
"理想を抱いて溺死しろ"の意味を尋ねます。

ここからがややこしいけど面白い!!

何のために戦うのか問われたアーチャーの返答は
「私の戦う意義はただ己のためのみだ」

「お前の欲望が誰も傷つけないという理想であるのなら好きにすれば
いい。
ただそれが本当にお前自身の欲望ならばな。
自分の意思で戦うのならその罪も罰も全て自分が生み出したもの。
背負うことすら理想のうちだ。
だがそれが借り物の意思であるのなら、お前の理想は空想に堕ちる
だろう。
戦いには理由がいる。
だがそれは理想であってはない。
理想のために戦うのなら、救えるのは理想だけだ。
そこに人を助ける道はない。」

ごもっともでございます。
これにはセーバーも何か感じるところがあったのでは??

「戦う意義は何かを助けたいという願望だ。
少なくともお前にとってはそうだろう?
だが、他者による救いは救いではない。
確かに誰かを救うなどという望みは達成できるだろう。
だがそこにお前自身を救うという望みがない。
お前はお前のものでない借り物の理想を抱いておそらくは死ぬまで
繰り返す。
だから無意味なんだ。
お前の理想は。
人助けの果てには何もない。
結局他人も自分も救えない。
偽りのような人生だ。」

それは違うと反論する士郎でしたが・・・

うわぁ~~~~~

これはなかなか重要というか意味深というか たまらん場面でしたね。
アーチャーが士郎にお前の理想は無意味だと説き、士郎の生き方は
偽りのような人生だと。

非常に面白い場面での引き。

派手なバトルはありませんがう~~ん!となりましたv
あと1話で1期は終わりみたいです。

続けてみたかったなぁ。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : Fate/stay night

業務連絡(^^;

本日、これより忘年会に行ってきま~す。

今朝方かなり遅くまでサイコパスの感想を書いてたんですが、
その後、1時間ほど寝て弁当作って、ちょっと寝ようと思ったら
1時間置きくらいに宅配やら郵便やらなんやらピンポンされて

で、仕事入って夕飯作ってあれこれ家事して・・・今に至るで
結局ほとんど寝てません。

こんな状態で飲んで大丈夫なんだろうか??

帰ってきたらコミックス感想をUP予定ですが上がらなかったら
大丈夫じゃなかったのだと思ってくださいませ。

では 行って参ります。
[ 2014/12/20 18:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス2 第11話「WHAT COLOR?」感想 その2

その1からの続きです。

その頃、ギノちゃんたちは・・・
酒々井らが爆弾を起爆しようとするのを阻止してました。
須郷が例の武器を使ったようで、ギノちゃんに今回は間に合ったなと声を
かけてもらえました。

嬉しそうで何より。
彼にはこれから活躍してもらいたいです。

酒々井は生きてるようですが、犯罪係数が低かったんですかね。
他の人はドン!ってことになってたのに。。

とりあえず、シビュラは綺麗になったようで、朱は鹿矛囲を逮捕することに。
鹿矛囲も測定できるようになり、犯罪係数は400
速やかに執行せよとシビュラが催促。

鹿矛囲はシビュラの中にも自分の色を取り戻せて喜んでいるものを感じる
と言います。
え!?そうなの??

なんでそんなことがわかるの??

なぜシビュラにドミネーターを向けないのか朱に問う鹿矛囲。
ここからの二人の会話の意味がよくわからなかったんですよね。

集合的であるならばドミネーターを向ける者もまたその一部になる。
→ドミネーターを扱ってるからその人もシビュラの一部ってこと??

別の誰かが向ければあれは違う色になるかもしれない
シビュラはもう後戻りできない
いつか本当の裁き手が現れたとき、あそこにいる脳が最後の一つに
なっても犯罪係数は下がらないままかもしれない
→ここらあたりがさっぱり。。
シビュラ自身も裁かれる対象になったから、いずれはなくなるかもって
こと?
違う色になるかもっていうのがわかりにくいのですが・・・

まさか最初からそのつもりで
→この朱の言葉の意味もわからず・・・(^^;
最初からシビュラの自己崩壊を目的にしていたってことに朱は今更
ビックリしてるってことですかね??

もしかするとその裁き手は今 僕の目の前にいる人かもしれない
→これは朱のことですよね。
朱は現在、シビュラシステムを崩壊させようなんて思ってもいないで
しょうが、シビュラを裁くとしたら朱しかいないと思われ。。

う~~~ん、わからん。。
ちょっと私には難解ですわ。

ここでお母さんが死んじゃってますます大荒れの真っ黒くろすけ登場。
朱にわざわざ祖母を殺したのが自分であることを告げ祖母を冒涜。

怒りと憎しみから朱の犯罪係数は上昇。
すると鹿矛囲が朱に声をかけます。

「別の可能性もある。君も気付いているだろう?
君が願う法の精神、もしそれが社会という存在に等しく正義の天秤となるなら
いつかその精神こそがあそこにいる怪物を本当の神様に変えるかもしれない」

シビュラがよりよく運営される可能性を示唆し、朱に法の順守の信念を思い
出させます。
これが朱のサイコパスをクリアにしてる要因でしたもんね。

鹿矛囲は他人の犯罪係数を下げるのに言葉による誘導をしてたようですが
そのテクニックというか手法については明かされませんでしたね。
それぞれの人によって要因を見つけ出し、それをキーワードにして心理操作
してたってことですかね?

朱が黒く染まらないことが気に入らない東金。
鹿矛囲は朱を退けると東金にドミネーターを向け双方相撃ち。

最期、鹿矛囲は朱に向け微笑んでましたね。
今後のことは朱に託したってことのようで・・・
鹿矛囲自身の内面があまり語られなかったのでどんな人物なのかわかり
にくかったですが、そんな悪い奴でもなさそうでしたね。

東金はシビュラシステムの脳群を見て驚愕
鹿矛囲は平然としてましたしシビュラのことをやっぱり知ってたんですかね。

自分も母もシビュラの奴隷だったと言う東金。
美佳は東金の死を前にシビュラへの信望を改めて誓います。
ほぼれてしまったかのように。。

朱の権限は戻り、雑賀は施設へ帰って行ったようです。
自分のサイコパスが回復傾向にあった理由をわかってるようで・・・
人に依存するってことが数値に関与するんですかね。

今回の件でシステムに空席が生まれたため朱を誘う禾生局長。
朱はシビュラが自分で廃棄を決めた時は付き合うと返答。

集団的サイコパスを認めたことで遠くない将来、集団が基準となる社会が
訪れると禾生局長@シビュラは言います。
個人としてはクリアでも集団としてクリアではない可能性が生まれ、疑心暗鬼
から混乱を招き、かつてない魔女狩り社会が訪れ、結果裁きは大量虐殺へ
と変貌を遂げるかもしれないと。

「その扉を開いたのは君だ」という禾生局長に「自分はそこまで悲観しない」
と朱。
「訪れるのは正しい法秩序平和自由かもしれない。」

楽観だろうと選ばなければ実現しない。
社会が人の未来を選ぶんじゃないわ。

人が社会の未来を選ぶの。

朱ちゃん、最後まで信念をきましたね。
凄いことですわ。

かっこええ。。
私には無理。


いろいろ不満もあるもののなかなか見応えのある内容でした。
2期は朱以外のキャラがあまり動かなかったのが残念。

ま、東金は張り切ってましたが、ギノちゃんとかもっと活躍して欲しかった
です。
新キャラとか余分過ぎませんでしたかね?
1期からのメインキャラがもうちょっと朱を支える形だとよかったのになと。

雛河くんも、結局彼は何だったのかとwww
たかぴろキャラなのに何も起きなかったwwww
劇場版でのお楽しみってことなのかもですけどね~

そしてビックリだったのは美佳。
明後日の方向にドンドン成長し、ダメな子ぶりを発揮し続けていたけれど
最後は朱に影響を受け監視官っぽくなるのだと思っていたのに
全く予想外の方向へ突き抜けちゃいました \(^o^)/

これは結構収穫だったのでは??
ある意味、一番裏切られて面白かったキャラかも。
そして、その美佳の変化に気づいてるっぽい弥生さん。

これは劇場版が楽しみです。


それにしてもあの状況でもサイコパスが濁らない朱ちゃんは最強
鹿矛囲が落ちつかせる手助けをしたとはいえ、どこまで強靭なメンタル
形成していくのやら。。

これは狡噛さんとの出会いがますます楽しみになるってものです。
一層タフになった彼女をみて狡噛さんがどんな反応を示すのか。

で、ラストのあの煙草は何を意味していたのでしょう?

狡噛さんからの卒業?
煙草無しでも狡噛さんを妄想できるようになったってこと?
燻らせるだけでなく、自らが喫煙者になったってこと?

そういえば、カウンセラーさんが朱が喫煙してる前提で話をしてたのは
朱の部屋に侵入して煙草の件を知ってたからだったんですね。
あの時点で鹿矛囲って伏線の一つだったんだ・・・。

2期はショッキングな描写が多く、それについてはあそこまで必要だったの
かなって疑問ですが、OPとかEDとか作品の世界観を上手く表現してて
よかったですし、全体としては面白かったと思います。

酒々井さんが生き残って青柳さんがお亡くなりになるのは解せませんが。
それと、あれだけ朱の写真を撮りまくりチェックまで入れていた東金なのに
心理的アプローチではなく、下衆なやり方を使ってきたのも残念。
セラピストってのは大ウソだったってことですかね。。
狡噛さんの真似っこもミスリードを誘うだけのことだったようですし。。

何者かを考えるのは面白かったですが、もうちょっと設定が活かされても
よかったんじゃないかなと。

さて、劇場版の方は試写があったようですが評判はどうなのでしょう?
できれば観に行きたいと思っているのですが。。

劇場版がどんな内容かにもよりますが、1期からさらに話が広がり楽しめ
ましたし、3期とかあってもいいんじゃないかなと。。
2期のおかげで私はカッコ良く成長した朱ちゃんがかなり好きになりました。

スタッフ&キャストのみなさま、お疲れ様&ありがとうございました!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : PSYCHO-PASS サイコパス

PSYCHO-PASS サイコパス2 第11話「WHAT COLOR?」感想 その1

いよいよ最終話。
どうまとめてくれるかに注目。

結論、朱ちゃんは心身ともに強かった。

またまたつらつら感想を書いてたら長くなりすぎて字数制限にかかり
ましたので分割します。

結局、個人のサイコパスの測定だけでなく、集団的サイコパスの測定
までシビュラのシステムを変え、シビュラ自身にも自らを裁かせ自浄を
促すって話だったんですかね?
劇場版の内容をみないと2期の位置づけがまだわかりませんが・・・

シビュラシステムを前にし、別に鹿矛囲はそのシステムを破壊したい
わけではなかったようですもんね。
テロであれば、片っぱしからあの脳群を実弾を使って撃ちまくれば
壊せたでしょうから。

でも、あのガラスはそう簡単には割れないわね・・・

シビュラ自身が集団的サイコパスの概念を受入れ、自らを裁くことを
するとは思わなかったんですが、あっさりと進化してしまって、それは
それで凄いなと思ってしまいました。

が、シビュラの基準が変わったことで、これまでよりも一層、人々の
生活は生きにくい社会にならないとも限らず・・・

朱のような人ばかりだったら問題はないと思いますけど、現実は全く
そうではない人の集まりですからね・・・

さて、どうしたものでしょう。
でも、その混沌とした社会こそが人間らしいとも思えますけど。

ただ、シビュラシステムは便利であることも確か。
善良な人にとっては安全なシステムであり・・・社会に害をなすと思われる
人を排除してくれるのですから。

いろんな悲惨な事件をニュースでみるたびに「ビュラシステムがあれば・・・」
っとか思ってしまうことも。。

今あるシビュラシステムを全能とするのではなく、より高度な処理が出来、
人間の生活が豊かになる方向で進化していってくれるならこんなありがたい
ものはなく・・・

だから現状のシステムの欠陥を正していくことをまずやった方がいいと思う
のですよね。
犯罪に巻き込まれ、一時的にパニックに陥ってるだけの人は特別措置が
取られるとか、なんでもかんでも数値で判断するのではなく、状況に応じて
ケースバイケースを取れるようにシビュラが賢くなるとか・・・

とりあえず、朱がアカンと考えるところをあげていってシビュラを修正して
いったら結構いいものが作れるんじゃないのかと思ったり。
朱がシステムに脳として入り込まなくても提案という形で出したものをシビュラ
がみんなで相談して採用するか検討するってのもありがじゃないのかと。

これはシステムを存続する前提の話ですけど。
でも、こんな風にまるく収まってしまったら狡噛の出番はなく・・・(^^;

では、最終話のストーリーに沿って感想を。。

まずは前回、鹿矛囲にロックオンされていた東金ですが、ドン!ってやられる
のかと思ったらそう簡単には退場しませんでした。
ですよねwww

ここでなんと、朱がトンデモナク強いことが判明。
狡噛よろしく鍛えていたはずの東金がちょこっと目晦ましを喰らっただけで
朱に組敷かれてしまいました!
これにはビックリww
しかも朱ちゃんスカートですのよ?

ガボッと大股開きして東金を手錠でガチャリ。
見事でございました。
実は狡噛が消えた後、格闘訓練してたのかしらん。。

クールな紳士風であった東金が今回はもう大崩壊www
もしかしたら最後に逆転くるかと思ったのですが真正のマザコンでしたw

鹿矛囲をシビュラ本体まで案内する間、鹿矛囲はいろんな人間を出してき
ますが・・・
そうそう、あのカウンセラーさん、1期の段階ではまさかこんなことになる人
設定ではなかったのでしょうが、犯罪係数を下げることが出来る鹿矛囲
だったのなら、なんでギノちゃんを利用しなかったのかとww

酒々井さんを手なずけるよりも簡単だったのに。
洗脳するなり、犯罪係数を下げて信者さんにするなり出来ましたよね。
あの頃のギノちゃんは犯罪係数が上がることを恐れてましたし・・・

相手にしてもらえなかったギノちゃんが気の毒に思えてしまいますわ。
とはいえ、執行官堕ちしてからの方が成長したようですが。

「法の外で裁くこともできた」という鹿矛囲に「その選択肢は存在しない」と朱。
「その断定があなたをクリアに保っている」とカウンセラー鹿矛囲。
朱も免罪体質者の一種かなと思ってたのですが、法順守の強い信念
よってクリアさを保ってたみたいです。

「人間性を犠牲にしたこの理想社会で正しい裁きとは何でしょう?」
鹿矛囲の問いに「別の可能性もある」と「社会の怨みを背負う選択肢だけ
ではなかったはず」だと。。

朱はあくまでも可能性を信じてるようで・・・
ここのやり取りが後の伏線?

っと、二人の行く手を阻む禾生局長@東金美沙子。
「私の実験動物がこんな騒ぎを起こすとはね」

元は美沙子によって鹿矛囲は造られたのですもんね。
あ、東金もそうだわ。

朱の監視官権限をはく奪したようです。

「それがシビュラの答えか?」
朱は美沙子個人の考えだと思ってるようで相手にせず。

鹿矛囲はドミネーターを向ける美沙子ではなくシビュラ本体に問いかけます。

僕たちという存在をかけて問おう、僕たちの色が見えるか?

美沙子がドミネーターで裁くにはシビュラが鹿矛囲を認識しなくては無理
ですよね。

裁きの神を気取るなら選べる道は一つ
お前たちがお前たちでいるために乗り越えねばならない存在が
目の前にいる

裁けるか?僕たちを
問えるか!?僕とお前の色を!!

美沙子を執行対象ではないと認識しロックされていたドミネーターでしたが
突如、犯罪係数オーバー300と計測し、執行モードに変形

美沙子なしでシビュラが答えを出したようです。
鹿矛囲により美沙子は裁かれることに。

その頃、東金は・・・
愛する母さんの元へ向かうために指を犠牲に。

シビュラに組み込まれることになり別れを告げた母を自分だけのものに
したくて東金は幼い頃、母を手にかけたようです(><)
それで真っ黒になったんですね・・・
母殺しか。。

よく執行官に使ってもらえましたよね。
やっぱりお母さんが就職を斡旋してくれたとしか思えず。。
お母さんとしても勝手に監視官を処分しちゃってる息子をもてあまし気味
だったようですが・・・

息子の愛がすぎた・・・
完全にアカン人の顔になってます。。

次にシビュラ本体にドミネーターを向ける鹿矛囲。
彼はシビュラが脳の集合体だってことを分かってたんですかね。
とくに驚く様子もなく。。

っとシビュラは協議により鹿矛囲たちを認識することを決断したと告げます。
また朱の提案通り、集合的サイコパスを形成させると。

その上で自分たちの犯罪係数を上昇させる要因を廃棄するといい、いくつ
かの脳を処分。

新たな認識と完全性を獲得し、これが自分たちの進化の形だとシビュラ。

シビュラが集団的サイコパスの存在を認め、自らも集合体と認識し裁きの
対象としたようです。
免罪体質者として犯罪係数が計測されなかった人が計測可能になったって
ことのようですが、どういう仕組みなの???

個人としてだと計測できないけど集団だと犯罪係数を上昇させる要因を
数値化出来るようにしたってこと???

う~~~ん、よくわからないっす。

取りあえずは集団的サイコパスを計測できるようにして、もし犯罪係数が
OUTでも、その中でアカン子を取り除けばまた集団としてクリアになれる
ってことはわかりました。

でも、これが魔女裁判みたいなもので、誰がアカン子なのかをみんなが
疑心暗鬼になると今よりも人間性の失われた社会になる恐れありってこと
のようですね。

アカン子を見つけるのもシビュラに任せれば別に人間同士が探り合わなく
ても良いんじゃないかと思いますけどね。。

ここで分割。その2へ。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : PSYCHO-PASS サイコパス

黒執事 Gファンタジー1月号「その執事、脱走」感想

さ~て 連載100回を迎えた「黒執事」私の感想は何回目なんでしょうか?
いつから書いてるんですかね??

本誌を購入し始めたのは29話の「その執事、醜行」からだから・・・
その後毎月感想書いてたとしたら72回目?
これまで勝手に感想書いてはやな先生を応援してた(つもり)の私ですが
この度、100回を迎えられたということで勇気を出してファンレターなるもの
を書いてみようかと・・・

私、これまで一度も書いたことないのですよね。
頑張って年内にはこれまでの感謝とこれからの応援の想いをお届けしたい
と思っております。
先生が元気でモリモリとお仕事されることが私の願いです。

っということで記念すべき100話目の感想いきます。
先月の感想はこちら

 

   表紙.jpg

 

カラー扉絵の感想は先程書きましたが、先月号の扉絵も「こんなに笑っ
てるセバさんって初めてじゃないでしょうか??」なんて書いてましたのに
あっさりと更新ww

では本編感想いきます!
って、本編もいんですよ!?

もうね、今月号は腰が抜けたまま立てないww

サリヴァン、坊っちゃん、使用人'sたちはどうやら二手に分かれて逃げた
ようです。
が、ドーベルマンを使って匂いをかぎ分けヴォルフラム率いる主要部隊が
サリヴァンのいる方を追います。

サリヴァンを背負って走るのはスネーク。
バルドも一緒です。
蛇は耳ではなく肌で振動を感じるようですが追手が近づいてきてるのも
わかっちゃうなんて凄いですわ。

すぐにヴォルフラムたちが追いつきますが、スネークの指示でエミリーたち
が頭上から大量に落下
これはかなり衝撃的w

ほとんどみんなやられちゃいました。
ドーベルマンたちでさえ足を止められて・・・
でも、ヴォルフラムはぎゅーってしてる (((((゚.゚;)

締められた子は大丈夫なのかしらん。。

ひとまず、バルドがヴォルフラムを足止めしスネークを先に行かせることに。
「“お嬢ちゃん”を落とすなよ」
そりゃそうだ。

スネークはサリヴァンを背負い先へ。
「まずはコイツを使うか」ってバルドがマーマレードの缶を出してきますが
何するのかな~って思ったら・・・

ジャム缶手榴弾のようです。

あの至近距離ではヴォルフラムも・・・
っと思ったらすぐに彼はそれが何であるかを理解し伏せたようです。
しかも反撃に出てるし。。

さすがのバルドも野生動物のような速さをみせるヴォルフラムの動きを
封じることはできなかったようで・・・
スネークはヴォルフラムに追いつかれ・・・
ああ・・・腕やられちゃったよ(><)
スネーク痛そう・・・

ヴォルフラムはスネークが転倒したことで投げ出されたサリヴァンを助け
起こします。

っと・・・

なんと、サリヴァンと思われたのは・・・坊っちゃんですと!??
久々の坊っちゃん女装いただきました゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

必見!!

坊っちゃんたち、衣装チェンジしてたんですね。
ウイッグまで用意してたとは。
これにはヴォルフラムもビックリ!

「“心づけ”(チップ)だ 取っておけ」

ああ・・・坊っちゃん・・・黒い・・・素敵です (*/-\*)

本物のサリヴァンはフィニが抱っこして逃走。
タナカさんはフィニにぶら下がってますwwww
なんて脅威の腕の力なんだwwww
やっぱりタナカさんは悪魔さまのはずwww

追手から銃撃を受けますが、フィニは頑張ります。
サイヴァンを森から脱出させることを最優先とするためにフィニが彼女を
連れていくよう坊っちゃんが指示したようです。

「その名の通り、誰より速く森を駆け抜けろ」

サリヴァンを逃がすだけならセバさんが坊っちゃんとサリヴァンの二人を
抱っこしてさっさと逃げたらいいのにと思いますが、あの人狼たちは処分
しておかないとまずかったのでしょうね。

それはさすがにセバさんにしかできないでしょうし。

坊っちゃんからもらった特別な名前「フィニアン」

坊っちゃんはお屋敷に来たときに名前の無かったフィニに名前をつけて
あげたんですね。

「Fenian cycle」の主人公は美しい金髪で”野ウサギよりも速く森を駆け
抜け、牡鹿よりも力が強い。
その主人公に似ていることから坊っちゃんは主人公の呼ばれていた名前を
とったんですね。

それを横で見ていたセバさんは「少々大仰ですがよろしいのでは?」と。
そして
「少なくとも・・・犬の名前よりはマシです」

セバスwwwww
やっぱり犬の名前は嫌だったんだwwwwww
嫌味ったらしいいい顔してる!!!

坊っちゃんは「Fenian cycle」の本を渡すと「早く文字を覚えて読めるよう
になれ」とフィニに声をかけます。
「うんっ」って答えたフィニのしそうな顔・・・

うう・・・これは泣けるわ。。

セバさんも「そんな人間らしい表情は初めて見ました」って言ってます。
でも、嬉しさのあまり力が入り過ぎたのかハードカバーのはずの本はフィニが
抱きしめたため折れ曲がって・・・

それからフィニは使用人らしい言葉使いと人間らしい力加減を覚えていった
ようです。

フィニは坊っちゃんに名前をもらった日“被検体12番”から“フィニアン”に
なったんですね。
「でも、今、坊っちゃんが12番の力を必要としているのなら・・・」っと
本来持つ解放

おお~~~!!!
まるで妖精みたいなフィニ!!

が、フィニが崖を飛び降りたところを今ならと銃で狙う兵隊たち。

うわ~~~ヤバ~~~
っと思ったところで、メイリンキマシタ━━━━(゚∀゚) ━━━━!!!!

狙撃により次々に倒れていく兵たち。
おお!!!メイリンの太股がしすぎる(/ω\*)

崖の上にいた兵たちはメイリンが殲滅したのに、グレー手が別ルートで
フィニに接近。
至近距離からの発砲・・・!
さすがにこれにはメイリンも対応できなくて(><)

今度こそヤバい!!!!

のはずが、弾丸がパカッと・・・真っ二つ!?

背負われていたはずのタナカさんが・・・抜刀!!!
石川五右衛門やってます(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

さっきまであんなに小っさかったのにwww
どこからそんな日本刀をwwww

タナじぃがろしいまでに カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!
でも、絶対おかしいwww
やっぱり悪魔さまだよwwww

等身変えたり、突然日本刀出してきたり、絶対人間じゃないよぉwww

その頃、悪魔執事は人狼を一掃し、朝食の時間を心配しておりましたv
この状況でどこで朝食を準備するつもりなのww

いや~~使用人'sの活躍いいですね!!
次号はタナカ無双になるのかしらん??

これは楽しみです!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/19 03:56 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

黒執事 Gファンタジー1月号 100回記念企画!!

みなさま、お迎えいたしましたか?
100回記念号! \(^o^)/

今回は感想が長くなると思われますので本編とは別に100回記念企画
の感想を先に。。

いや~日本列島爆弾低気圧の影響であちこち大変なことになってます。
我が家の辺りは雪は積るものの、まぁ多い時で30センチくらいまで?

今回は5センチあるか、ないかくらいだったのでほぼ影響は出てない・・・
っと思われたのですが、国道大渋滞でした。

仕方がないので本屋の開店時間に合わせるのはやめて、渋滞が解消
されてから本屋に向かったのですが、今回表紙の確認をしてませんで。。
「黒執事」が、箔押し仕様ってことは知ってたのですが、本屋へ入って
いつもの場所へGFをお迎えにいくも・・・見あたらず??

あれ??
いつもこの辺にあるはずなんだけど・・・???
っと探してみたのですが、どうも目に入らず・・・

ま・さ・か

雪の影響で入荷が遅れてる!?
いやいや本屋にはもっと早く届いてるはずで今朝搬入なんてことはないはず。
では・・・?
売り切れた?????

いやいや、いつも発売日には山積みにされてるGFがこんな雪の日の昼前に
全部売り切れるわけがない!!
しかも平日。

もしや陳列棚に変更があった??
とか思って周りのテーブルもウロウロ。。
ところが一向に見つけ出せず、もう一度最初の場所へ戻ってみると・・・

ちゃんといるじゃありませんか~~~~
あまりに興奮していたせいか、「黒執事」の文字だけじゃなくて本全体が
金ぴか
になってるって勝手に思い込んで金色系を探してたんですね。
だから背景緑の爽やかな珍しい表紙が眼に入ってこなかったというwww

    表紙.jpg


なんてこったい。

購入前から冷や汗ですよwww
よかった、よかった、無事見つかった。
ってことで急いで雪の中、帰宅。

仕事まで30分。
大慌てでざっと目を通しましたよ。
おかげで今回は本屋へお誘いの記事を上げる時間すらありませんでしたw

ヤバいよ、ヤバいよ。
っと焦りながらもまず表紙からガン見。
神々しいまでの爽やかさwwww
なんなんだwww

陽の光の下、お茶してることに違和感覚えるなんてwww
別に普通のことなのに。
優雅にお茶してるだけなのにw

真昼間からいけないことしているようなドキドキを感じてしまいましたw
ん?セバさんの左手がちょっと面白いことになってる??

そして表紙をめくると・・・
死んだ・・・・

いきなり昇天 ヽ(*´∀`)ノ

ちょっと~~~O(≧∇≦)O
このカラーは今までの中で一番ヤバいかも (*´д`)ハァハァ
これカラーコピーして引き延ばして毎朝みたいヤツだ!(p≧∀≦q)〃
この原画販売されたら間違いなくこれまで受験生を抱えてるからちょっと
無理かも・・・
なんてヌカシてた私ですら通帳握りしめて並びます!!!

だってこれまでで一番セバさんいい顔してると思う!
いい顔っていうかイッテル (*/-\*)
この恍惚というか放心というか・・・

もうエクスタシー満喫してるよね!  d(≧∀≦*)ok! 

たまらん!!!!!
この悪魔、絶対執事を楽しんでるよね!

に入った悪魔眼もさることながら・・・
開いた口元かられ見える前歯・・・
上も下も見えてるって珍しいことじゃないですか?
イヤラシサ全開!
ちらっと見える牙もっぽいというか・・・

なんて可愛いの(*≧∀≦*)

セバシエから始まり、徐々にシエセバへ路線変更しつつあった脳内が
完全にパチンと切り替わりました\(^o^)/

そして捲って扉絵で確信!
ドSな坊っちゃんを抱っこして踊るセバさんのなんとしそうな顔。
貴方の好みに染まりますって宣言しちゃってから~のこの満面の笑顔。

ここまで歯を見せて笑うセバさんも初めてじゃないでしょうか??
あんた誰だよ??
ってくらいはしゃいじゃってます。
100回記念ってことでみんなお祝いムードたっぷりってことなのでしょうが
私には坊っちゃんを自分好みのドSなご主人様に育て上げようとひたすら
忠実に執事をやってる悪魔さん
可愛らしくてたまらんのですわ。

グレルとマダムの赤のペアも素敵ですよね!
これは必見!

絶対に今月号は買いです!!!
100回記念のプレゼント企画もありますし、アニメイトでは黒執事フェア
開催ってことで既に黒クラスタさんは複数冊の購入をされている方も多々。

うちはアニメイトまでがなかなか遠いので、こちらの企画には乗れないかも
ですが、とにかく100回記念にはあやかろうと。。

これからGFを購入予定の方はお早く本屋さんへ!!
いつもよりも早く売り切れてしまうかもですよ。

サイン入り複製原画や瓶詰ラバーストラップなど豪華なプレゼントも目を
引きますが、種から育てる栽培セットってのがなかなかwww

貴女も坊っちゃんやセバさんを育ててみませんか?
って企画ですよねwww
これは面白い企画ではないかとwww

ただね、すご~~~~~く残念なことにというかレイアウトミスだとはっきり
申し上げたいことが。
「その執事、贈答」の応募券を切り取ってしまうとですね、裏の扉絵の
セバさんのナニが危ないのですよ(><)
これはどゆことなの!?
一大事ではないんですか????

できれば扉絵には傷をいれたくないですよね。。
やっぱり私も複数冊購入か!?

それとそれと坊っちゃんのイヤホンジャックのデザインが可愛いのです!
これは坊っちゃんクラスタさんは何体もお迎えしたくなるのでは??
お洋服の襟のところがもう少し持ち上がったデザイン(やな先生のラフ画の
ように)だとより一層可愛かったかな。

でも、いつも思うのですが、私、本当に大事なものは身につけられないの
ですわw
電話や鍵につけて傷つく姿をみたくないので眺めるだけにw

そ、し、て

今回はキャラクター総選挙も!!
誰がどれだけの票を集めるか楽しみですよね!!

応募したら抽選で豪華なプレゼントが当たるってのにもビックリです。
いですわ。
個人的には枢家秘蔵「黒執事」グッズ詰め合わせが欲しいです (*>ω<*)

在庫整理ではありません!ってことですが、在庫整理でもいいです!!
欲しいです!!

で、あのキャラクター紹介のコメントって誰作なんですの!?
素敵過ぎるんですけどwwww

「美を拗らせし変態」とか「美に跪いた変態」とかww
誰だかわかります??
正解はGFみてね。

私のお気に入りは「ヴィンセントの犬」でございます。
そう、あの人ですよwwwwww
犬だよ、犬www

そして、私の一票はたぶん愛しのパパンへ。
しかし、一票とは限らないwww

 

っということで一旦家事を再開し、後ほど本編の感想へ。 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/19 00:55 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

暁のヨナ 第11話 「龍の爪」感想

いや~~キジャが加わってやかにwwww
いいわ、キジャwww

白龍さまとして崇められて大切に大切に育てられてたものだから自尊心は
とても高いのだけれど箱入りで、なかなか思うようにいかなくて悶々とする
キジャが可愛い。( 〃▽〃) 

ヨナの前でいいところを見せたいのに虫さんが苦手だしwww

ヨナを巡ってのハクとの意地の張り合いや、ユンくんに突っ込まれたり軽く
あしらわれたりと、キジャの魅力が全開ですwwww

ユン@皆川さんがビシッとめてくれてるのがいいですわd(≧∀≦*)ok!

今回はとくにギャグのテンポがよくて見やすかったです。
ギャグはサクッと入れてサクッと切り上げないと間のびしちゃって雰囲気を
壊してしまうのですが、今回は原作読んでるまんまの感じでした。

そうそう、OPに青龍が加わってましたねv
彼の名前はまだ伏せておきますね。
彼はキジャの後ろで納得www
決して前を歩くタイプではないですからね。

ユンくんが先頭ってのが、いかにも道案内というか、彼の示す方向に付いて
いくのが一番安心というかwwww
よくわかってはるなと思いますわww

そして今回も作画よかった♪
たまに引きのときに画面を止めると????の顔もありましたがキジャが
美人さんだし、ハクもかっこええしで大満足
ヨナの顔も大分いい感じにキリっとしてきましたしね。

旅に慣れていないキジャを箱入りだとからかい、白蛇と呼ぶハク。
キジャにはハクのいじめっ子は趣味だから気にしないようにと言うヨナ。

揉めてるところをヨナにごんってされてのけぞる二人の顎のラインが好き。
アニメでも再現してもらえて嬉しいですわww

青龍の気配を感じとれることからさすが四龍と感心されるも、場所については
もやっとすると大雑把な上、虫さんが苦手なものだからあまりアテにしてもらえ
そうにないキジャw

あっあ~~~~~~って崖から滑り落ちるキジャ@森田さんが素晴らしいw
もう、ホント可愛いったらありゃしませんv
ハクとの掛け合いも楽しい♪

とはいえ、せっかくいいところを見せたかったのにキジャはがっかり。
すると、そこへ山賊が現れを解放するチャンス到来

「待たせたな。白き龍の腕」
いかにも中二っぽいのですが、キジャだから微笑ましい。

お上品な顔に似合わず、ざっくりざっくりと人を倒していく姿にハクもゾクリ
本気になったときのキジャはカッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

で、ハクの方も大刀を振り、久しぶりの戦闘が楽しそう。
いい動きだわ。
惚れ惚れ(*≧∀≦*)

これはアニメならでは!!

キジャの爪を避けるハクもよかったですね。
コミックスで見開き1ページ分がすっごく見応えのある戦闘になってますv
二人の作画もいいし、キジャと一緒に私も大興奮O(≧∇≦)O

龍の腕と互角の威力にハクの強さを認めざるを得ないキジャ。

ハク先生に隠れていなさいと言われたものの、ヨナも何か役に立ちたくて
ウズウズ。
ユンの指示通りに射的すると大成功!
ユンくんハクと違って指導上手v

そこへ敵が現れヤバい(><)
ってところにハクとキジャが同時に現れ
「姫さん無事か?」
「姫様 ご無事で?」

アハハハ
面倒くさいよね。
ヨナは天然のタラシさんですからね。
本人無自覚のまま、これからどんどん取り込んでいきますよ~♪

倒した敵の数まで張り合う二人でしたが、一気に龍の力を解放したために
キジャの体に負荷が。。

もっと洗練された闘いを見せたかったというキジャにハクは血なまぐさい
戦いっぷりをいいと思うと。
これまで本気で自分に付いてこれる者がいなかったためキジャの戦闘力
を嬉しいとハク。
が、一度手合わせをしたいと口にしたものの、そのまま気絶。

実はまだ傷が治ってなかったんですよね。
ユンにかれるハクが(/∀\*)

ボロボロなのに自分と互角に近い動きを見せたハクを化け物かとキジャ。
「あんたに言われたくはないと思う」と突っ込むユンくんw
だよねwww

っとここでキジャの右手が大活躍。
常人の何十倍もの力があるってことでハクをひょいっと運んで。

ヨナはハクの体を心配。
「今は守られてばかりだけどいつかは私が守りたい」と言います。
「あの夜以上に怖いものはない」というヨナの顔がよかったですわ!!
そうそう、こういう顔をお願いします!

強くあろうとするヨナをキジャは支えて差し上げたいと願います。
緋龍王を守るために与えられた白龍の血のせいかと思いますが・・・
いやいやいやいやww

ユンくんの作る食事にびっくり仰天するキジャ。
道端に生えてる草なんて食べたことない箱入りですもんねv

それでも、ユンが食事を作るようになってから美味しくなったのだとヨナ。
しっかりユンくんの耳が大きくなってますww
ユンくんもヨナに褒めてもらえると嬉しいようでw

そしてヨナはハクの追求をにっこりとかわせるようになったようで。
ヨナも成長していますv
ヨナに食べさせてあげようか?と言われ、あ~~って口を開いたハク
でしたが、いつのまにかヨナの手はキジャの手にww

キジャとしてはハクが“姫様に食べさせてもらう”などということは我慢ならな
かったようでwww
どこまでも張り合う二人www

キジャ相手だと「いいとこ邪魔するな」ってハクも本音がダダ漏れww

ぎゃあぎゃあやってる二人をさらっとスルーで青龍の居場所チェックを
始めるユンくん。
相変わらず「もやっと」情報しかないキジャw

「はいお手数かけました」
ユンくんにばっさりw

東北東って情報しかないのに、そこからユンくんは火の部族の土地で
思い当たる里を6か所あげます。

翌日、里を当たっていく愉快な珍獣ご一行。
途中、将軍の頃得たハク情報により候補地はさらに3つに絞られることに。

が、その中には青龍の気配はなく・・・。

もっとはっきりと四龍の居場所を感じることができれば姫様を疲れさせないで
済むのにとハクやユンの知識と知恵に頼るしかないことを悔しく思うキジャ。
ヨナの寝顔が可愛かった。

っといつのまにか眠ってしまいます。
キジャが目を覚ますとヨナが弓の練習をしていて・・・
思わず声をかけようとしたところをハクに止められます。

私がいるのだから武術は必要ないのになぜ?」と訊くキジャにハクは
俺がいるから何もしなくていいのだけれど姫さんは己の無力を許さない」と。

キジャは姫様に武器を持たせることを止めないのかと問いますが、ハクは
「闘わせたいわけじゃない。でも、見ていたいとも思う。人間らしくあがく姿を」

ヨナがただの可愛らしいお姫さまだったときから気にはなっていたのでしょうが
人としてあがき必死に生きる姿を間近で見るようになってからますますハクは
順調にヨナにれていってるようですd(≧∀≦*)ok!

一人じゃ何もできない自分を恥じて、夜中に一人こっそりと弓の練習をするヨナ
を見てキジャも虫と格闘ww
ホント可愛い奴w

姫様も自分と同じように役にたちたいともがいているのだと思い・・・
「あの方のお役に立ちたい」と渇望します。。
キジャの一途な想い、しっかりいただきました!

翌朝、青龍探しに気合を入れるキジャ。
っと、ヨナに体のことを気遣われ・・・ その上 流し目で
「キジャのかわりなんていない」と言われ・・・
ヨナの殺し文句キマシタヽ(*´∀`)ノ

はぁああああああああ
どっき どっき どっき

きゅ~~んと胸が苦しくなってしまうキジャwww
素晴らしい演出!!乙女だ!!

そこへユンくんが、青龍の里がわかったと・・・。

丁寧に進めてくれてますv
原作通りで嬉しい♪

さぁ次回、いよいよ青龍くん登場ですよん。
楽しみです!!

暁のヨナ 16

暁のヨナ 16
著者:草凪みずほ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「この音とまれ!」7巻感想です☆

やっぱり涼香ちゃんは只者ではありませんでしたね。
まぁそんな感じだろうと。。

そして、今回もあまり哲生の出番はなく。。
でも、ちゃんと愛の演奏を聴きに来てくれてるんだね~
いい子だわw

これまでの感想はこちら
今回の表紙は緊張感があってなかなかいいわ。

この音とまれ!(7)

この音とまれ!(7)
著者:アミュー
価格:473円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

明陵高校の演奏に圧倒されてしまった愛達だが、全国一位となる
には その上を行かねばならないのだと気持ちを奮い立たせた。
その後も姫坂女学院をはじめレベルの高い演奏が続く中、彼等は
重圧と戦い続ける。
そしていよいよ出番は目前に!

今回は涼香ちゃんが何者なのか判明。
愛のおばの衣咲の2学年上だったんですね~~

絶対に何か音楽に関わった事ある人なんだろうと思ったら世界的指揮者と
天才ピアニストを両親に持ち、子供のころから世界レベルの音楽に触れる
ことのできる環境で育ってた
ようで。。

自分では楽器はしなかったものの小さい時から音楽にどっぷり浸かって
育ったものだから物心ついた頃には作曲してて総譜まで書けるようになって
いたとか。

それは確かに天才ですわな。

でも、天才扱いされてだんだん窮屈になって音楽を楽しめなくなり両親と
離れておじの住む日本にやってきたのだとか。
そこで衣咲と同じ高校に進んでたってことのようですね。

「才能を放棄した天才」と噂されたりしてたとか・・・。
うん、高校生の涼香ちゃんがやっぱりイケメンだわv

最近イケメン設定だったはずの愛はあまりそっちの路線にないし、イケメン
哲生はほとんど出て来ないしで寂しかったんですよね。

涼香ちゃんにますます興味深々ですわ。
楽器はやってないけど耳だけは超一流ってことですね。
筝曲部と関わっていくことで涼香ちゃんも一歩引いていた音楽の世界に
引き込まれていきそうですね。
楽しみです。

演奏の前に愛がケガをしたのは、よくある展開過ぎて安易だなぁ・・・って
ちょっとがっくりでした。
演奏の中にドラマを作りたいってことはわかるのですが先が読めてしまって
既読感バリバリでした(^^;

一度はバラバラになって演奏が乱れるも、このままじゃ嫌だとみんなが奮起し
後半盛り返して音が一つになって感動が生まれる

ハプニングはお約束

こういうところで予想外の展開が持ってこれると一気に作品の吸引力が
上がると思うのですよね。
爽やか青春ものでも人気はある程度掴めると思うのですが、読者の上を
いく意外性がもう少しあると、より面白くなりそうなのになと・・・。

とはいえ、愛の手を見た後のさとわの動揺はなかなかよかったです。
これまでの演奏でそんな状況を経験したことなんてなかったでしょうが
他の人と演奏をすることでしか得られない貴重な体験をしましたね。

彼女なりの引っ張り方を見つけたようですし。
愛や武蔵や光太や他のみんなもお互いを信じ音を繋ぐことで感動が生ま
れたようです。
最初ボロボロだったからこそ、立ち直ってからが印象に残った形になった
のでしょうね。

でも、できれば最初から全力でやってその中で、緊張でミスるとか、ホンの
ちょっとしたことで音がズレてしまってますますっていくとか、アクシデント
ではなく、よくある流れの中からの持ち直しでもよかった気がします。

そういう自然な中での立ち直りから成長を見せてくれた方がなんとなくしっくり
くるような気がするのですが。。

大体ケガでも早くアイシングするとか方法はあるのにそのままにしてるのは
どうかなと思ってしまいましたね。
愛はアホやし仕方ないってことなのでしょうか(^^;

みんなが愛のケガのことを知ってたから自分が何とかしなくてはと気張り
過ぎて音がれるって展開でも面白かったかもですね。
自分が自分が・・・ってやり過ぎることで調和が乱れることに気づくのもあり
かと。
曲の途中でみんなの力が抜けて一つに溶け合うって形も見てみたかったです。

なんにせよ、みんなの頑張りが涼香ちゃんに伝わったようで。。
これからの涼香ちゃんに注目ですwww

今の涼香ちゃんがお姉ちゃんと会話するところもいつか見たいですわ。
次巻こそ哲生にもっと出番がありますように・・・。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/16 23:54 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ2015 3号一言感想

「僕のヒーローアカデミア」が表紙&巻頭に。
おめでとうございます!

では、いつものように掲載順に一言感想を。

僕のヒーローアカデミア
コマ割りが大胆に強気でドン!ってなってきててより迫力を感じますね。
さてどんな体育祭になることやら。

ONE PIECE
久しぶりにゾロを見た気がするけど何がどうしてどこでどう戦ってるのか
よくわからずですわ(^^;

斉木楠雄のΨ難
なんで斉木がこんな前にwww
そして、なんで制服は畳んであるのにパンツ下ろされてるの?
事後の想像はしたくないww

暗殺教室
紙の上で殺し合うのが期末テストって凄いわな・・・
殺せんせーの分身進化過程最終の片手がナニに見えなくもなくw

ハイキュー!!
山口くんのサーブで流れを持ってきてこれはいい感じだぞvって思ったけど
両校一歩も引きませんね。
旭もよく打ってるし、岩ちゃんもさすが。
で、ここでまた及川さんのサーブか・・・
うわぁ~緊張するわ。

学糾法廷
ちょうちょ結びはおよしになって♪とかじわじわ来るわwww
ゾウさん滑り台の下の空間は鍵がかけられないけど電気器具とかいろいろと
盗まれたりはしないのかしらん。
それとクラス全員惨殺されたら学級法廷制度ごときではどうにもならんのでは?

卓上のアゲハ
本気(ほんばん)ぶち込むとか言ってないでちゃんと卓球みせてくれたら面白
そうなんだけどなぁ~
恋愛とかエロとか上手く入れないと損しそう。

食戟のソーマ
今度こそ給仕の順番で点数が付きそうな気が・・・

火ノ丸相撲
なんか宗介くん主人公でもいいんじゃないかと思ってみたりww
あんな体格差を何とかできるものなのでしょうか???

ワールドトリガー

先にちょっと作戦を教えてくれたりする(説明してくれる)のはありがたいわ。

E-ROBOT
ばかばかしいけど面白いし可愛いwwww

銀魂
おお~~すげぇ益々の大乱戦w
高杉はやっぱり立ちあがったけど、どうやってアレを抜いたんだ?
銀さんと高杉の共闘が見られるとは夢のよう。。
で、お兄ちゃんの三つ編みが解けてるv
神楽ちゃんは・・・髪留めありなの?無しなの??

オフサイドを教えて
なんだ?このバカらしい話は??って思ったら結構面白かった!!

トリコ
カカはトリコたちを強くして猿王を倒してもらいたいって思ってるのかな?
彼の目的はその先にありそうな。

ニセコイ
新幹線が止まるくらいの強風で台風来てるなら車の荷台ってあり得ないしw
それから在来線で名古屋→京都間はかなりしんどいよ?

ハイファイクラスタ

タクシーは何人乗り??
きつそうww

磯部磯兵衛物語
確かになんでタダなのか気になるww

BLEACH
いつものことながら力の見せあい御苦労さまです。としか・・・

こち亀
マルチヘリのような技術はどんどん実用化されて社会に役立てられると
良いなと思いますわ。

ジュウドウズ
お兄ちゃんがモミアゲを無くしてくれて、実は華とは血が繋がっていなくて
華はお兄ちゃんが大好きだといいなww

Sporting Salt
ストーリーがどこへいくのやら・・・

 


黒子のバスケのコラボウォッチがなかなか良いデザイン。

では今週はこの辺で。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2014/12/16 02:02 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

Fate/stay night [UBW] 第10話「五人目の契約者」感想

今回の作画は最初から素晴らしい!

アーチャーが英霊になった事件の夢をみる凛。
誰にも理解されず、その生涯に意味はない
って寂しいわ・・・
やり切れない・・・

士郎との協定はパートナーが悪いというアーチャー。
まだキャスターの方が魔術師としてもすぐれていると。
でも、凛はキャスターのようなやり方をする者とはとても組む気にはなれず
協力者としての不満はないから方針は変えないときっぱり。

士郎ほど甘くはないけど譲れないものがあるってことのようで。
士郎と関わるようになってからの凛の行動には合理性が無くなってると指摘
するアーチャーでしたが、主の不調を支えるのが臣下の役割と影から見守る
ことにしたようです。

アーチャーには士郎が不満で仕方ないようで・・・。

士郎の方もアーチャーは気に入らないようですが、アーチャーの剣さばきは
気に入ってしまったようで、それがまた気に入らない様子ww

今回は三角関係が多発w
葛木先生と一成くんが親しげなことから士郎はその関係を質問。
士郎と一成くんはいつも二人だけでお弁当を食べる仲だし、前回は脱がし
ちゃったりでただの男友達だけではないとみられwww

ところが、葛木先生と一成くんが同棲してると聞いてびっくりな士郎!!
何!?そこまで・・・
しかも 下の名前呼びだと!???
うわ~~一成くんバレテルヨww

っと、そこへ立ち聞きしてた凛ちゃん乱入!
今度は士郎と一成くんの関係を探りに!?
って訳はないですわね。

寺で何か変わったことはないかと単刀直入。
一成くんの体を庇う仕草がwwww
まさか二人で襲ってくるつもりなのか!?

って思ったとか思わなかったとかwww

一成くんから葛木先生が近々結婚すると聞いて凛は即、先生がマスターで
あり、許嫁がキャスターだと断定
早速、今夜にでも仕掛けるぞ!

って凛はやる気満々。
試しに葛木先生がマスターであるかガンドを撃ってみるようです。

ほぉ~一般人なら二日風邪で寝込むくらいのものなのですね。
あくまで軽く撃てばってことですよねw

一人でも決行するという凛に仕方なく士郎も作戦に乗ることに。
道場に夕日が入ってとても綺麗です。
「欲を言えばアイツの剣みたいに・・・」
士郎はアーチャーみたいに竹刀をくるくる回したいようですwww違うかw

士郎とセイバーが待ち合わせ場所に来てみると凛だけでアーチャーの姿は
なくて・・・
凛はアーチャーとキャスターを合わせたくないから置いてきたと言いますが
それって・・・。

もうやだ、今回至るところに三角関係がwwww
(ズレた愉しみ方をしてる私w)

葛木先生が帰ってきたところを試しに凛が撃ってみます。
すると持っていた傘が燃え・・・
え~~~ヤバいやんwww

現れたのはやはりキャスターv
「獲物は釣れた」と葛木先生。

3秒だけ待つから姿を見せろと言うキャスターに凛は作戦通り進めようと
しますが、士郎は勝手に出て行ってしまい・・・
どうしても葛木先生に聞いておきたいことがあったんですね。

先生はキャスターに操られているのかどうかを尋ねます。
でも、操られている者にそんな質問をして「はいそうです」って答えるの
かしらんと私が疑問www

葛木先生は逆にその質問をする理由を尋ねてきます。
士郎にしたら先生はまともな人間なのにキャスターがしていることを認めて
いるのかどうか知りたかったんですね。
もし、分かった上で好きにさせているのなら容赦はしないと、自分が倒す
べき相手がキャスターだけなのか、先生も含まれるのかを確認したかった
ようで。

っと葛木先生は士郎から聞いたことは初耳だと。
士郎はやっぱり先生は知らなかったか操られていたんだとホッとしますが
なんと葛木先生は「キャスターの行いはそう悪いことなのか?」っと士郎に
とっては信じられない質問で返してきます。

他人が何人死のうが私には関わりのないことだ。

正義の味方になりたい士郎とは真逆の考え。
「私はお前たちの戦いに何の責任も負わないし、お前たちも私の命に責任
を負う必要はない」

キャスターに好きにしろと葛木先生。
キャスターはにっこり。

そこへセイバーが現れていざ戦闘開始。

ところが・・・!!
葛木先生がかったwwww
スゲぇ!!!

なんだこれwwww

セイバーが戦闘服に変わる作画もすっげぇ~~~!!って思いましたが
セイバーの見えないハズの剣を膝と肘で挟み込んでしまう葛木先生に
腰が抜けるほどいたwww カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

拳が魔力で強化されてるようですが、それにしても動きからして人間離れ
してるというか・・・作画素晴らしい!

なんじゃ、あんたサーヴァントと互角なのか!?
セイバー相手にこれではライダーがああなってしまったことにも納得。

あんな拳で首締め上げられたら一瞬でOUTなはずですが、セイバーは
放り投げられたことで助かったようで・・・

見逃してくれたの???
止めはキャスターが刺すようですが・・・

その間に他のマスターを担当する葛木先生。
ガンドよりも早くて凛は一瞬で気絶。

士郎もボッコボコにされますが、自分がここで倒れたら凛が死ぬってことで
持ちこたえました。
これ普通死んでてもおかしくないレベル。

そして、士郎が・・・!!

覚醒しました ヽ(*´∀`)ノ
    トレース・オン!

アーチャーの持っていた夫婦剣をイメージし物体を生成!
いわ作画!!!
今回、ホント鳥肌レベルの見応え!

剣を生成するだけでなく使えてしまう士郎。
葛木先生も自分の拳に士郎が付いてきてることにビックリ。

ま、剣と拳が勝負してることにもビックリなんですが(^^;

一瞬の隙をついてセイバーが葛木先生に攻撃を!
っと即座にキャスターが回避させ・・・。

おお・・・なんか今回はこの大人の二人がいいですね。d(≧∀≦*)ok!

葛木先生の安全を最優先するキャスターにサーヴァントよりも前に出て
う葛木先生。
そして、キャスターの行動には一切関知せずのスタイルなのに、いざって
ときは制御。

これは・・・れるわwwww(///∇///) 

ただでさえ、結構この二人は好きだったのですが、今回は完全に持って
かれましたわ。。
作画がよすぎてカッコよさ倍増 (*≧∀≦*)

キャスターたちが退いた後で士郎は凛に叱られてます。
まさか投影ができるなんて聞いてないと。
士郎もこれまでは欠陥品ばかりだったのに初めての出来に本人も驚いて
いて。。

そして・・・
出て来たよ金髪さんwww

慎二~~~誰の肩に手を置いてるんだwww
知らないってことはいわwwww

「お前」呼びされて「お前」呼びで返してるしwww
良いわ慎二www

で、さんがwwwww
いいのかこれはwww
滑らかに走り回っていてwww



 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : Fate/stay night

「ヒストリエ」1~8巻読みました。面白い!!

「寄生獣」の岩明均先生の「ヒストリエ」読みました!
これ面白いですわ。。

「寄生獣」も凄いなぁって思ったんですが、こちらもいやいや凄いです!!
この作品は岩明先生が漫画家としてデビューする前から温めていた物語
だそうで・・・

あの有名なマケドニアのアレキサンダー大王の書記官エウメネスの波乱の
生涯を描いた作品ってことですが・・・

私は一気に読んだのですが、連載が始まったのが2003年で既刊が8巻。
これは待つ身には辛いですね(^^;
1年~1年半、時には2年刊行までに間が開いてるようで・・・
前の話を忘れてしまいそうですよね。
とはいえ、BLで慣れてる私としてはギリ我慢できるかもwww

『寄生獣』で世を震撼させた岩明均氏が漫画家としてデビューする前から
温めていた物語、それがこの『ヒストリエ』。
舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの
波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。
蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、都市国家カルディアで
ギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、そのおかげでギリシア的
教養を身につけることとなる。
ある日養父がスキタイ人に殺され、自分の出自を知ったエウメネスは
奴隷の身分に落とされてしまう。
それが彼の波乱の旅の始まりだったのです。

8巻内容

正式にマケドニア王家の家臣となったエウメネスは、マケドニア軍の遠征
に従軍する。
目指すは重要拠点ペリントスとビザンティオンの2都市。
だが、その守りを固めるのはアテネの将軍"英雄"カレスと海戦の名手・
フォーキオンだ。
ギリシア世界最強を誇るマケドニア陸軍をもってしても難敵の登場である。
苦戦必至の状況下で書記官エウメネスは戦場への影響力を高めていく!

エウメネスの出自については不明のようで、そこは史実に絡めて創作がなさ
れてるのですが、これがまぁ面白い。
紀元前の話ですからね。
史実にあるといってもどこまでホントかどうかなんて怪しいところもあると思う
のですよ。
こうやって創作が入りつつ楽しめたならそれはそれでいいんじゃないかとw

それにしても、凄い題材を扱ってるなとまず、そのことにビックリ。
昔、世界史で習った出来事や人物がおぼろ気ながら蘇ってくるようなww
国や首都や王の名前がカタカナでしかも長くて、なかなか覚えられません
でしたよね。

若い頃でさえそんな具合だったのに、今はもうさっぱり。。
聞いたことはあるぞと思っても口に出して再現できないのですわwww

共通一次(現センター試験)はマークシートなのでなんとなくの覚え方でも
なんとかなったのですが、私大の記述になるとまるで駄目だったことを
思い出しますわ。

第1話はこちらの公式HPから読むことができます。

表現のエグさとかは「寄生獣」より上かもしれません。
歴史上、過去の戦争は往々にして残虐であり、それを今の時代にそのまま
描けばえげつなさは気絶レベル。

とにかくどの国も悲惨ですよね。
皮を剥いでみたり、人肉を食わせたり・・・
今の時代の日本に生きてることの幸せを感じますわ。。

歴史的なことだけでなく、単純に描写もグロい場面が多いです。
特に7巻のアレクサンダー大王の幼児期の場面はそれまでのグロな描写より
一層 衝撃度が強く・・・
心臓の弱い人とかは手にしない方がいいかも。。

でも、作品としてはこういう描写があってこそ、人物の内面の掘り下げが深く
なり物語にも重厚さを加えてるので不可避かなと思ったり。。

キャラ一人一人の描かれ方が非常に丁寧ですし、人物の表情も繊細で
好みです。
この方の絵は表情に乏しいって感想を見ることもありますが、私はそうは
思わないのですよね。
テンプレ的な派手な表情付けではなく、微妙で曖昧に見える表情の中に
繊細な感情が描かれてると感じるのです。

娘も読んでますがエウメネスの幼少期のある場面での表情絶賛しており
ました。
とてもつらい出来事の後のことなのですが、私もその場面での表情には胸に
迫るものがありました。

とにかく表現も凄いなと思いますが、ストーリーの読み応えが半端ないです。
構成が素晴らしく、原稿作成に時間がかかるのも致し方ないと納得です。
とはいえ、続きは早く読みたいですが(^^;

エウメネスはいつも冷静でいるため淡々と話が進んでるように見えますが
これがどういうわけだかグイグイと話に引き込まれていくのですよね。

情報量が漫画レベルに収まらず活字の膨大な資料をより分かりやすく
ドラマ仕立てで見せてもらえてる感じ
だからでしょうか。
こういう作品大好きです。

ただ、キャラの名前がなかなか覚えられないのが難点で・・・(^^;
カタカナの長い名前は最初から諦めてますw

今回は、ほとんど内容については触れておりませんが、「キングダム」が
好きだったり、西洋史が好きだったりする方には特におススメです!!

アフタヌーン掲載ってこともあってか読者層は圧倒的に男性が多いようですが
私は女性にこそおススメだと思ってます。

「DARKER THAN BLACK」の黒(ヘイ)のようなタイプが好みの方は絶対に
ると思われますv
読んでいて時々、ヘイとエウメネスがダブルのですよww

ビジュアル似てますしw

クールで飄々としたイケメン好きにはおススメwww
そして、今はまだ王子ですが、アレキサンドロスくんもイケメンなのですよ。
エウメネスは彼の書記官なので、彼が王に即位してからも楽しみなのですが
それはまだまだ先になりそうです。
壮大な話大歓迎wwww

これだけの内容を描くには相当の時間がかかるのだろうと思われますが
とにかく面白いので絶対に最後まで描ききって欲しいと思います。
先生の健康を願うばかりwww

そういう作品、多いですよね。
漫画家先生には健康であって欲しいと思います。

そうそう、別作品ではイケメン王子のアレキサンドロスくんはライダーとして
登場してますよね。
Fate/Zeroでのライダーの掛け声が「アラララララーイ」だったことを思い出
した息子は二人が同じ人物だと気付き愕然としてましたw

あまりに違い過ぎてショックというか笑うしかないw

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

PSYCHO-PASS サイコパス2 第10話「魂の基準」感想

おいおいおいおいおいおい

東金朔夜くんはお笑いキャラのまま退場なのかい??
もうちょっと何かやってくれるキャラだと期待していたのにまさかの本物の
道化だったとはwwwww

それはそれで笑えるけど・・・

なんていうかねぇ・・・
マザコンはいいと思うのですよ。
むしろ、それを活かしながらあの粘着質をさらに進めてりを持たせた
なら、さぞや面白いキャラになったであろうにと。。

何があろうとシビュラの元、その基準でもってのみ人を裁くことを美学
するとかね。

つまりは必ずターゲットの犯罪係数を上げさせ絶対にドミネーターでのみ
裁くことをモットーとする
とか。
最後までそこだけには拘るキャラだったら、それなりに彼も魅力あるキャラ
になれたと思うのに。

おばあちゃんを撲殺とかはアカンわ・・・。
がっかりでございました。

せっかくこれまで築きあげてきたキモさや異常さがすべて無に還ってしまう
くらい残念。
もし、撲殺しかなかったとしても、あの状況でもクリアを保ったおばあちゃんを
ドミネーターでは裁けなくて「なぜだ!?」とか騒いでみせて欲しかったです。

で、どうしてもおばあちゃんを消さないといけないから自分の美学に反して
殴ってしまったけれど、その自分を許せなくて自我が崩壊し始めるとか、
そういうややこしい方向への拘りをみせて終わりを迎えるキャラでいて欲し
かったです。

鹿矛囲によって あっさり700越え」ドン!では呆気なさ過ぎて・・・。

マザコンに見せかけての実はオカンを裏切ってたとかそういうのも期待した
んですが・・・。
途中でオカンにバレて消されるってのもいいかなと。

それと狡噛さんがまたも白昼夢で登場ってのも・・・(^^;
ま、一回は有だとしても二回はどうかと。。

朱が思考を巡らすときに、狡噛の思考パターンをトレースして参考にしてる
ってのは面白いと思うのですが、その場合はあんな風に妄想とか白昼夢で
登場してもらわなくても、声だけでもよかったんじゃないのかなと。

もしくは朱が想像する中でこんな風に動くだろうって予想した姿が出てくる
のはありだと思うのですが、そこに生霊のように現れるのはどうかと(^^;

狡噛さんならこの場合どう考え行動する?
こうか、それともこっちか・・・?いや違う、きっとこうだ!
とか何パターンも考え意向錯誤しながら、狡噛の思考に近づいて行く朱の
姿を見てみたかったです

あの場面で狡噛の思考をトレースしたら「殺れ!」になってしまうでしょうがw

まぁでも、朱の中の善良な狡噛さんが登場したおかげで平常心が戻ってきた
ようです。
そして、朱のサイコパスをクリアに保つ手段が妄想であることが判明
それは非常に分かる気がする。。


鹿矛囲は地下鉄の線路を水没させ、自分たちごと閉じ込める形に。
禾生局長は「地獄の季節」の再現だけならとっくに処分していると脳内
シビュラ会議にて発言。

身内が人質になった時点で事件から外れるべきだと待機を命じられた
朱ですが鹿矛囲が起こした事件の分析と作戦の立案に動きます。
禾生局長の元へいく朱を見て「黒く染まれ」を送ってる東金がw
祖母のことを聞き、朱が鹿矛囲に怨みを持ち、サイコパスが濁ることが
彼の愉しみですからね。

鹿矛囲は乗客を閉じ込め犯罪係数が300オーバーになりそうな者から
パラライザーで気絶させてます。
理由は対象の計測にはドミネーターの処理が不可欠なため、通常の動作
では追いつかないほどの大量のデータを送り処理させることでネットワーク
に現れるバイパス経路
を探り、そこからシビュラの位置を特定したかった
ようです。
なるほど。

でも、シビュラシステムって日本中の人間を監視してるんじゃないんです
かね?
なんかいつも狭い範囲だけしか監視してないっぽいですけど。。
公安も地方はどうなってるのかしらん。
500人でいっぱいいっぱいになってて大丈夫なのかな。

既に禾生局長は鹿矛囲の目的に気づいてたようで、現れた朱にあと一時間
で鹿矛囲は目的を果たすと告げます。
朱もそれを阻止するためにシビュラが鹿矛囲の暗殺を朱にさせたいと考えて
いることを見抜いていて。

これまでの事件の性質や地獄の季節の接点を考慮した結果、鹿矛囲の目的
が美佳の報告にあるような東金財団への報復ではないとわかってて。。
ずっと鹿矛囲はを問うてましたもんね。

禾生局長は人質ごと爆破させるため、立てこもり区画の頭上への爆弾設置を
三係に指示済み。
閉鎖空間で一方的に狩られる側となった人間がサイコパスをクリアに保てる
可能性は極めて低いってことで人質は既に潜在犯とみなしてるようです。
その起爆の指示を朱にさせる魂胆。

朱は500人以上の命まで奪おうとするやり方を非難しますが、禾生局長は
止めに葵が殺されたことを告げます。
朔夜の仕業なのにまたも鹿矛囲がやったことにしてるがな。。

「自分を取り戻すための殺意を肯定しろ」
朔夜は朱が黒く染まることが嬉しくて堪らないようです。

祖母を殺され発狂寸前の朱。
鹿矛囲への憎しみも募って・・・
ってところで狡噛さん白昼夢にて登場。

「法が人を守るんじゃない。人が法を守るんだ」と朱が狡噛に言っていたことを
思い出させ、鹿矛囲を止めるためのピースは揃っているのに使うことを躊躇う
朱の背中を押します。
煙草の狡噛さん偉大ww

くわ島の元へ行き、鹿矛囲の携帯を聞きだすと直に交渉。
人質を解放するなら望みを叶えると。

朱はシビュラは鹿矛囲を受け入れるべきだと考えているようです。

免罪体質者を取り込むことで完全性を保ってきたシビュラが個人ではなく
集合体として形を成す鹿矛囲を裁くには鹿矛囲を成り立たせている概念
を認めるしかない。

鹿矛囲の狙いは集合体としてのサイコパスをシビュラに裁かせること。
それは集合体であるシビュラ自身も裁きの対象になるということ。

これを裁かず鹿矛囲を処分すれば自らの完全性を否定したことになる。
つまりは集団として裁かれることを認めなければシビュラに未来はないと朱。

シビュラの存在が許されているのは「平等で完全な裁きが行える」からで
あり、その完全性にほころびが生まれた今、その存在が脅かされている
ということになると。

朱の暴走を止めようと監視官権限をはく奪しようとする禾生局長にどう喝!
「あなた個人の見解はどうでもいいと言っているの 東金美沙子!」

「自分たちがどうすべきかは全員で考えろ」と朱。
今のシビュラ代表が東金美沙子だと見抜いてましたね。
かっこええ!!

美沙子が月影先生に見えて仕方がないww

局長は爆破を指示しますが、爆弾は起爆せず。
公安に爆弾は配備されていないことから使われているのが以前の事件の
ものだと見抜いてた鹿矛囲側が制御を奪ってたんですね。
酒々井が三係の敵として姿をみせました。
あまりの変わり様にみんなびっくりでしょうねww
しかもラリってるぽい(><)

鹿矛囲にシビュラの位置情報を渡すという朱を阻止するため朔夜がやって
きますが、「お芝居はもうやめませんか」と朱。

美佳の報告書を読み東金財団と鹿矛囲の関係から美沙子が免罪体質で
シビュラに組み込まれてる可能性を考え、朔夜の経歴も調べ直してました。

意図して監視官を潜在犯に陥れた経歴から、朱のことも黒く染めたかった
のだろうと予測。
大当たり!
それまでの彼の行動と照らし合わせて結論つけたようです。

くわ島に聞けば、祖母のこともどこからが彼の仕業か理解したでしょうし。

あっという間に・・・凄いわ。。

そこへ鹿矛囲も現れ「彼女は君程度には染められないよ」
いきなりドミネーターを向け「散れ、漆黒」
700越えだから即、殺処分。

それにしても東金にはもうちょっと何かしゃべらせてからでもよかったのに
というか、最後に何を言うか聞いてみたかったw

って待てよ?
もしかしてシビュラが本気になったら、酒々井監視官の権限もはく奪できる
んだから鹿矛囲のドミネーターを止めることも可能だよね?

当然、今どこで作動してるかリアルタイムでわかってるだろうし、誰が計測
されてるのかもわかってるだろうから。。

ってことで東金はまだ何かやらかしてくれそうな気配??

そして、そろそろギノちゃんが活躍するに違いないと思ってる。
だって残り1話だよwww
雛河くんも何者なのか知りたいwww
何者でもないのかもしれないけどwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : PSYCHO-PASS サイコパス

別冊少年マガジン1月号 「進撃の巨人」64話感想

前号でわからなかった謎が大分判明しましたが、それを解説してくれている
レイス卿自体がを言っていないとも限らず・・・

相変わらずまだまだ胡散臭い人です。

今月号の表紙絵怖いですよね。。
次はアルミンが危ないの!?とか思ってしまいますわ。
それはやめて!

先月号の感想はこちら

今月は15巻の発売に合わせ、続きの63話と2話連続掲載。
う~~ん。
やっぱりフリーダとエレンはよく似てますよね。

礼拝堂へ辿りついたリヴァイたち。
隠し扉を発見。

事前に中の地形をハンジが予想し、アルミンがそこでの戦闘用に煙幕や
信煙弾を用意することを提案
したようです。
104期生に手を汚す覚悟が出来ているかを問うリヴァイ。
みんなそれなりにできたようで・・・

一方、対人制圧部隊の方は、ケニーのとこにいた強そうな女性が調査兵団
を迎え撃つべく準備。
彼らはケニーの「世界を盤上からひっくり返す」という夢を信じてついてきた
者たちのようです。

ケニーのために調査兵団を足止めしておくことが目的。
調査兵団をできるだけ内部に誘い込む作戦を立てますが、早々に火薬を
使われ、その煙が煙幕となりリヴァイとミカサの位置を見失います。

二人を援護するために信煙弾を撃つ104期生たち。
リヴァイは即、敵の数と場所を確認。
瞬時にやることがいですわ。

対人立体起動装置の弱点の一つはアンカー射出機と散弾の射線が同じ方向
を向いているため移動時、背面ががら空きになる
こと。

アルミンの指示通り、煙に隠れながら背後を狙い敵を倒す104期生たち。
ついにジャンもコニ―もサシャも手を汚すことに。

立体起動装置を駆使し、リヴァイたちは圧倒的な動きを見せます。
接近戦になったため制圧部隊を指示する女もこのままでは自分たちが全滅
すると危機感を覚え・・・
ミカサの攻撃を避けるとは彼女も相当腕が立つようです。

女性はミカサ、リヴァイを倒すのは無理とみてハンジに狙いをつけ、わざと散弾
を二発外し誘い込みます。
立体起動装置の最大の弱点が二発撃ては次の装填までに時間がかかること
だと分かっているハンジはこれに引っ掛かってしまいます。

油断して近づいたためにハンジは肩にアンカーを撃ちこまれ、壁に叩きつけられ
ることに(><)
ハンジさんヤバい・・・

その隙に後退する対人制圧部隊。
リヴァイはアルミンにハンジを任せると後を追いますが・・・。

礼拝堂の地下はかなり広いようで、エレンが掴まっている場所までは距離が
あるようです。
レイス卿は敵が近づいてきたからとヒストリアに急ぐよう促します。

エレンは何やら訴えようとしている様子。
レイス卿は自分の運命を悟ったのだと言ってますが、そうではなくて何かを
思い出し、ヒストリアにそれを伝えようとしてるように見えるのですが・・・

レイス卿はこの洞窟が今から約100年前にある巨人によって造られた話を
ヒストリアにします。
三重の壁を作ったのもその巨人でそれによって他の巨人から人類を守った
のだと。

それだけでなく、その巨人は残された人類が平和に暮らせるよう願い人類の
記憶を改竄。
いくつかの血族は影響を受けなかったようですが、今のところ出て来ている
のがミカサの東洋の血アッカーマン一族なのでそれに該当しそうです。
あと貴族たちもそうみたいでしたよね。

ただ、その末裔も他の人類も100年前の歴史や巨人がどこから現れたのか
フリーダを除いて誰も知らないとレイス卿は言います。

フリーダが持っていたのは巨人の力だけでなく世界の成り立ちとその経緯
知っていたようです。
彼女が15歳の時、レイス卿の弟を食べたことでそれらを手にしたようで。

王家であるレイス家に課せられた使命として「巨人の力」と「世界の記憶」を
先代を食べることで継承し100年の間何代にも渡り繰り返してきたのだとか。

一人の人間に力を掌握させることで生き字引とし、人類の行く末を委ねたよう
ですが、その際、世界の謎を世に広めるのも口外しないのも継承者の自由
ようです。

でも、これまで世に広めた者はいないのだそうで。
レイス卿はそれを初代王の思想を継承した証拠だと考えているようですが
どうでしょうね。

口外出来ないような内容だから誰も明かさなかっただけでは??

レイス卿はフリーダが巨人の力を使えばこの世の巨人を駆逐することもできた
だろうが、それが出来ないのはフリーダから奪われた力がエレンの中にある
からだとヒストリアに言います。

レイス家の血を引く者でないと巨人の真の力は発揮されないようで。

ここでやっとヒストリアは自分が巨人となりエレンを食べることを強要されて
いることに気づいたようです。
そしてケニーも姿を見せ・・・

レイス家がエレンを食べなければ真の王にはなれないのかとがっくり。
彼は自分が巨人になってエレンを食べる気でいたようです。
そっか~やっぱりケニーはそれをってたんですね。
それでいつまでもウロウロしてたのか。

でも、ケニーが力を奪おうとしてることを予めレイス卿は気づいていたような
感じですよね?
ケニーの言葉を聞いても特に慌てる様子もないですし・・・。

レイス卿はまだ情報を隠しているか、嘘を言ってる可能性があるのではない
でしょうかね。

エレンが食べられてしまったら話が続かないので、巨人の力はエレンに
残されたままになるのだと思われますが、もし、本当にレイス家の者でなけ
れば使えないのならエレンはレイス家の血を引く者である可能性も。。

エレンの母がレイス卿の妹だったりしませんかね。
レイス家が嫌になって逃げていたとか、ヒストリアのように愛人の子で隠れて
いたとか・・・

それらのことをエレン父は知っていてエレンに「巨人の力」を継がせようとして
いたのかもです。

そもそもエレン父・グリシャはどこで巨人化の能力を得たのでしょう。
彼も壁の外の人間で記憶を改竄されない者だったりしませんかね。

初代王はいい奴だったみたいなことをレイス卿は言ってますが、それも怪しい
ものです。
もしかしたら壁の外でとんでもなく悪いことをしてげてただけかもですし。
自分たちの隠れ蓑として人類を守っていただけかもしれませんよね。

壁が破壊された時、グリシャは何かをフリーダに訴えていたのにそれを
されたためにその力をおうとしたように思われ・・・
レイス家に怨みがあるとしか思えない行動をとったのにも理由があるハズで。

壁の中の人たちのことを悪魔の末裔だとライナーたちは言ってましたし、どうも
レイス卿の言ってることはしいのですよね。
自分たちに都合よく言ってるだけのような。。

それに初代王が壁を作ったのは100年前だと言ってますがそれも怪しいもの
です。
100年くらいなら代々受け継ぐって程の年月ではないですよね。
やっぱりここは1000年以上の単位で物事が動いてたような気がするのですが。
それに受け継ぐタイミングもいつなのでしょう???
方法が先代を食うのですから、あまりしたくないですよね。。

グリシャが地下室に隠していたものが真の歴史だと思われるのですが、エレンに
見せようとしてたのはエレンにも関係することだったからですかね?

ますますグリシャが何者であったのかと地下室が気になります!!

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/12 03:41 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

暁のヨナ 第10話 「待望」感想

いや~~今回は作画がよかったですわ!
いつもハクとかユンくんとかスウォンとかはいいんですけど、どうもヨナの
顔が幼くなりすぎてるのが気になってたのですが、今回はあまり感じません
でしたね~

とはいえ、原作に比べるとまだ幼顔なのですが(^^;
でも、作画が好みだとテンションが上がりますv

OPはもやもやバージョンがやっぱりいいかなぁ~
新しくメンバー加入してキジャはどこを歩くのかと思ったら姫さんの後でしたねww
アカンやん、姫より後ろってwwww
守れてないよwwww

白龍の里へやってきて、新しくキジャくんを迎え入れたヨナたち。
白龍はずっとずっと先祖代々、神話の時代から血を繋ぎ主が現れるのを待ち
焦がれ
ていたんですよね。

里のみんな、赤髪信仰かってくらヨナのことを大歓迎
コミックスではあまり気になりませんでしたが、里のみんなに囲まれヨナが
お姫さま抱っこされてるところはさすがに笑ってしまいましたww
ハク過保護ww
いや、単にしてみたかっただけかもですけどね。
この頃はヨナもまるで気にしてません。

ヨナの赤い髪を見て「もしや貴女こそが、我々が待ち望んだ方かもしれない。
違うかもしれない」
のとこも笑いましたw
この作品のこういうとこが好き。

そして、あの間!
そうそう!この間だよぉ~~~

「もしものときは守ってよね」ってユンくんのお願いに「どうしよーかなぁー」
ってまえぬが上手いwwww
ハク良いわ!!
イメージ通りwww

キジャくんも色っぽかったですね!!
まぁキャラ的には可愛いと言うか、健気というか、笑えるキャラなわけですが
美しく登場してくれました。

髪型はアニメだとかなり直線カットですね。
後ろの髪もちょっと違う。
こちらも悪くはないですが、この髪型を旅の間維持し続けるのは大変そうw

ババ様も可愛かったですね。
歴代のどの白龍より美しいってキジャを溺愛してるとことか微笑ましいです。
可愛くて仕方がないのでしょう。

ババ様としては、早いとこ奥方様を迎えて欲しいようですが、一向に縁談に
興味を示さないキジャにやや手を焼いてるようでw

女性は何人娶ってもババ様としてはOKみたいですが、一人でいいってこの
キジャの生真面目さがいい。

ヨナの方は白龍の里では白龍の力を持つ子が一族の中から生まれると
程なくして先代の力は失われ、龍の血が必要とされるときまで血を繋いで
きている
のだと知って・・・

そんな風に大切にされてきた力を私事で借りに来たことに対し、後ろめたさを
感じたようですが・・・
「やめとく?」ってハクに「決めたことだから後戻りしない」と返答。

ここのハッとするハクもよかったですし「やめとく?」のまえぬもd(≧∀≦*)ok!
すっごいイメージとピッタリでホント毎回小躍りwwwヽ(*´∀`)ノ

ヨナはハクの懐の剣に手を伸ばし(顔近いからハクが照れるところもいいわ)
剣を奪うと「白龍がダメだったら私をもっと鍛えてね」

ここのヨナの表情もハクの横顔もよかったですv
ヨナが振返った途端のキジャの反応も!

これよりお前たちは我々の分身
緋龍を主とし命の限りこれを守りこれを愛し
決して裏切るな

ヨナと出会ったことで全身の血が沸騰し龍の声が魂に響き・・・
キジャはあまりの衝撃に気絶。

このお方こそ我が主・・・

アニメは仰向きに、原作はうつぶせに倒れてました。
私はうつぶせに気絶する方が好きかもw
でもあの状態で横たわるには仰向けに倒れないと無理ですよねw

幼い頃、父に王が現れたかどうかは会えばわかると言われていたキジャ。
まさにその通りになったようです。
父上さまもイケメンっぽい。

宴はアニメオリジナル。

城へ戻り部屋で座り込んでいるキジャは一人でなことしてたみたいでドキッと
したのは私だけでしょうか???

勝手に城に入り、物色するハクに「これから先は私が姫を守るから去れ」と
キジャ。
二人は険悪なムードに。。

でも、ハクはちゃっかりお金を懐にwww

ヨナの前でも「四龍でないものは帰れ」というキジャ。
っとヨナはハクの腕にしがみつくと「ハクは一緒じゃなきゃ嫌!!」

「大事な人」だと言われ「一緒じゃなきゃ嫌」だと言われ・・・
ハクの不気味なびようといったらwwwww
「しょうがねぇ」とか言いつつ、滅茶苦茶しがっていると言うww
可愛い奴だわ。

ちょっとがっかりのキジャですが、「白龍も必要」だと言われて俄然元気に。
「白龍にはハクが死なないように守って欲しい」というヨナの言葉をハクが
弱いから守ってやって欲しい
ということなのだと自分に都合よく解釈。
自分の方が強いと認められていて頼られているのだと思ったようでwwww

単純な子たちww

原作ではヨナと出会って即、旅立ちを決意しサクッと里を後にしたキジャで
したが、アニメでは翌朝の旅立ちでしたね。
ババ様との別れにうるっときました。

これからどう進もうかというヨナ達でしたが、四龍はお互いの存在を感じ取る
ことができる
ということで白龍の示す方向へ進むことに。

新たに仲間入りした白龍。
両親しかその名を呼ぶことはなかったようですが、これからはヨナにもキジャと
呼ばれることに。

ま、ヨナとしては白龍とハクが被るからなぁ~~ってことだったんですけどね。
さぁ次は青龍ですね。

こちらは白龍のようにはサクッといきませんからね。
小さいあの子も出てきますし楽しみです♪


暁のヨナ 16

暁のヨナ 16
著者:草凪みずほ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

「あさひなぐ」13巻感想です

あさひの足はシンスプリントだったようで。。
あらら。。

疲労骨折の一歩手前みたいな言い方されてましたが、ただ休ませておけば
治るってものでもないないと。。
オーバーワークが原因であることが多いようですが、フォームが悪かったり、
関節の柔軟性がなくて負担がいくことも。

うちの旦那も子供達も激しい運動を続けるとこの症状が出て、それ以上練習が
出来なくなってしまうんですよね。
これは関節とかの柔軟性に関係してると思われますし、骨格や筋肉の質も関係
してると思うのですわ。
速筋が優れていて瞬発力とかパワーとかは生まれつきあるのですが、疲れやすく
持久力はないんですよね・・・

こういうタイプは治療や練習する際の注意点ってのがちゃんとあるわけで。

シンスプリントに対してWJでも取り上げてる作品がありましたが、情報として
ざっくり過ぎるのもどうかな~なんて思ったり。。
簡単に治ると思われるとシンスプリントで悩んでる人にはちょっとなぁ・・・
なんですよね。
運動したくても痛みで出来ないから、結構つらいのよ、コレ。

まぁそれはおいてといて、今回も面白かったです。
これまでの感想はこちら

あさひなぐ(13)

あさひなぐ(13)
著者:こざき亜衣
価格:596円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

祝・進級!新入部員との新たな年が始まる!

「私は旭ちゃんみたいに、強くないから」
部活を辞めると言い出した さくらの残した言葉。
誰より強くなりたいという願いと、たどり着けない葛藤...
やりきれない思いを抱えた旭が、さくらと同じく薙刀を辞めた
真春の弟・夏之と出かけたのは......!?

そして、季節は巡り、春ーー
旭達は二年生となり、新入部員の勧誘に動き出す!!

青春武道コミックの決定版、待望の第13集!!

旭が部活を休まなくてはならない間、夏之は旭を誘って連盟の練習場所へ。
見取り稽古をするくらいのつもりだったのに、旭の相手をするために防具を
つけることになった夏彦の方が薙刀への未練を感じることに・・・

やはり姉ばかり上達し、姉ばかり注目され、自分が思うように上手くならな
かったことで夏之は薙刀から離れてしまったようですね。
でも、薙刀に直向きな旭をみて、自分も本当は薙刀がまだ好きなんだって
気持ちに気づいたようです。

夏之も薙刀を再開するんですね~
自分の体がすっかりなまってしまったことを実感して悔しがる夏之。
これから彼の成長も楽しみにしたいと思います。

それにしても旭が可愛く見えてしまうようになった夏之が、旭から返して
もらった胴のにおいを嗅ぐところが・・・
そりゃいくら旭が可愛く見えたとしても胴はいわさwwww

そして、さくらも戻ってきましたね。
これまで何をやってもそこそこまですぐに出来てしまったさくら。
自分にとって特別な“何か”を探して次から次へと興味を移していってたよう
ですが、特別な“何か”はさくらが一番上手にやれることだと思っていたのに
もしかしたら違うのかと思うようになったみたいで・・・

一番上手ではないけれど、どうやらさくらにとっての特別の何かは“薙刀”
ではないだろうかと腹を括ったのかしらん。

これから部活漬けになることを覚悟して最後の家族旅行を済ませると選抜
大会へ一番乗り。
部員達より先に現地入りし開会式から見てたようです。
國陵の1回戦も観戦しスコアもつけていたとは・・・

いざやるとなったら行動が早いし、何をすべきかわかってるようで。。
当たり前のようにすんなりとみんなの中に戻っちゃいましたね。

“去る者は去る 残る者は残る”が持論だった福留としては絶対にさくらの
ようなタイプは一時的に残しても辞めていく思ったのに、あっさり戻ってきた
だけでなく、方針を変えないと言われても平然としてることに驚きを隠せず・・・

これまでの経験が覆されて、福留には理解しがたいみたいですが、さくらに
は、これから大いに活躍して欲しいと思います。

って早速、ずっと部活休んでいたくせに新入生が入った途端に張り切ってる
んですけどねwww

選抜大会では國陵の寒河江の変貌ぶりに驚く二ツ坂メンバーたち。
真春と熊本東の戸井田の試合は戸井田の勝ち。
真春は入賞ならず。

でも戸井田が二勝勝ち出来なかった試合は真春との対戦だけだったようです。
戸井田は唯一真春をライバルと認めているようですし、こちらの対戦も楽しみ
ですね。

そして、今回の選抜団体女子の優勝は出雲英豊高校。
決勝までほぼ全勝で決勝では戸井田以外を下して優勝したようです。

で、ここの監督に福留は心当たりがあったようで・・・
福留が思った通り、後輩の山吹だったようですが、どうもこの二人には何やら
因縁がありそうですねwww
いい加減な先輩扱いされてる福留w

山吹のことを「相変わらず地味」だという福留に、山吹の方は結婚して名前が
変わったとさらり。
これがまた悪意を感じる言い方でwww
よほど、現役時代、山吹の地味さをバカにしていたのか?

ここぞとばかりに山吹が反撃してるっぽいです。
指導してるチームも自分の方が上だと完全に福留を見下してますねw

さぁこの二人の女の対決も面白そうですw
監督同士の意地の張り合いになりそうでw

さて、新学期を迎え旭たちは学年が上がり2年生に。
新入生を獲得せねば!ってことでオリエンテーションではリズム薙刀を披露。
一年前の自分のことを思い出す旭。

新入生のために薙刀のよさをたくさんしゃべろうと奮闘しますが・・・
足の皮がべろべろになったとかきつい練習の話をしまくって・・・(^^;
旭としては薙刀は楽しいってことを伝えたかったようですが逆効果ww

ところが、なんと早速経験者が入部
可愛い上に5歳から薙刀をやっているという・・・
なんでそんな子が・・・っと思えば、お母さんが強豪・藤ヶ丘の監督で、親子で
同じ学校はダメだと言われて仕方なく二ツ坂に来たのだとか。。

うわぁ~~後輩の方が断然上手いって波乱だわw

もう一人、旭のスピーチに感動したごつい女の子が入部希望。
この子も熱血みたいだけど、胃が小さいだの、なんかややこしいことを言ってるし
問題起こしそうな予感www
そして、なぜか体が小さく明らかに体力もなさそうな女の子も入部。

薙刀部がきついってことを承知で入ってきたようですが・・・
でもすぐに一人だけ練習に付いて行けず・・・

旭は自分も周りに付いて行くだけで必死だったことから何とか彼女にも同じように
頑張って欲しいと思いますが、どうにも練習にならず。。
ダイクバラさんの様子に旭はちょっと苛っとしてるようですが・・・

昨年きつくて大変だった「アヒルの散歩」を1年生と同じようにやってみる旭。
1年前はきつくて大変だったのに今では全然平気になっていて・・・。

1年で成長したってことですよね。
旭は最初の頃の気持ちを忘れてしまったのか・・・なんて思ってるようですが。

体力のなさそうなダイクバラさんはどうなってしまうんでしょうかね。
それにしてもどうして薙刀部に入ろうとしたのか?
自分を変えたかったのではないかと思われるのですが・・・

13巻の表紙は旭がダイクバラさんに袴を着つけてあげてる絵なので、きっと
この後、彼女は頑張るのだろうと思われます!!

後輩が出来たことでより一層大変になるのが部活ですよね。
先輩になってますます奮闘する旭たちの頑張りも期待したいと思います。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

週刊少年ジャンプ2015 2号一言感想

今年も残り3週間?
早いものです。
雑誌の世界は新年になっちゃってます。
では、さくっと掲載順にWJ一言感想を。

表紙&巻頭カラーは「ニセコイ」
すっかりクリスマスですね。

ニセコイ
なぜか今頃修学旅行。
京都ってのは身近で嬉しいですけど、また班を作ってもいつもの女の子たちと
楽の組み合わせなんだろうと思ったら楽だけが別w
これはいい!
そりゃ男の子たちは楽だけがモテるのを僻んでないわけないよね。
それにしても・・・ビジュアル的に辛いメンバーだわww

食戟のソーマ
よくよくみてみればみんな料理をするには前髪が邪魔だよねww
創真は一応抑えてるけど。。
料理をするときだけ前髪も一緒に括るってのもなかなか色っぽくて良いと思うの
だけど、アキラくんもリョウくんもしないかな~

僕のヒーローアカデミア
お茶子さんなかなか素敵。
そしてオールOKの飯田くんも器がでかいwww
しかし体育祭がオリンピック以上ってwww

学糾法廷
先週、安易に犯人は子供達の中にいると思いましたが違いましたね。
先生怖すぎ(顔がwww)
まだ裏がありそうなのでちょっと楽しみになってきましたv

トリコ
やっぱりみんな無事でしたね。
それにしても猿王・・・困った奴ですわ。

ハイキュー!!
山口ぃ~~~~!!!!
やったね!
あの場面でサービスエース2本とれば上出来だよぉ!!!!
いよぉ~~
ま、確かに変化する前に取られちゃうと威力が発揮できないんだけど
レシーブも頑張ったv
自らサーブを切らせず繋ぎましたね。
ボールを捕まえる余裕を与えないため、白帯ギリギリを狙うとこも偉い!
以前はネットに当たったらドキっとしてましたが、今回は違いましたね。
当たっても入るだけの気力を乗せてたってことで。
やったよ山口くん\(^o^)/

暗殺教室
扉絵が怖いのですが・・・袋の中身は???
二学期期末テストを控え理事長がA組の担任として出てきましたね。
が、息子がついに反旗を翻す??

E-ROBOT
結構面白いwww
それにしても不良たちの年齢はいくつなんだ??
留年ってことでいいのか?
友情、努力、勝利もしっかり入って熟女本を取り返せてよかったねw
熟女好きの田中くんを応援するよv

ワールドトリガー
ランク戦が始まりましたが、圧倒的な感じですね。
A級への挑戦までいきそうです。

もめるひと
あまりにストレートに揉んでるのでびっくりしましたwww
山西くんは男の子ってことでいいのかしらん?
揉むのはありだと思いますがおっぱいが変形するほどきつく握るのは勘弁。
連載じゃなくてよかったです。

火ノ丸相撲
いきなり火ノ丸と草介が当たるとは・・・
引き伸ばす気なくてガンガン進めるってことですね。

磯部磯兵衛物語
ダメッっぷりが見事!!
少ない線での表情の作り方が上手いよなぁwww

 

卓上のアゲハ
ヒロインなしのバトルのが面白そう。

斉木楠雄のΨ難
センスがないにも程があるwwww
もはや服じゃないよwww
斉木も・・・それほど・・・(^^;

銀魂
ネーム本を捨てちゃったって先生・・・
ラスボスがいよいよ登場のようですが、夜兎も引くことになるのかしらん?
神楽ちゃんもお兄ちゃんに助けてもらってたようで。
あれは兄妹喧嘩くらいのものなの??

BLEACH
紙面の迫力はすごい!!

ジュウドウズ
ライガ―をレディ扱いできたら陽志のキャラがもっと魅力的になるんだけどな。
あとモミアゲいらないwww

こち亀
両さんが最後まで金儲けに走らなかった!すごいw

Sporting Salt
絵は可愛いと思うんだけど上半身と下半身のデッサン狂いはわざとかなぁ~
ずっと気になってるんだけど。

ハイファイクラスタ
才能があっちにもこっちにもあるって設定がなんかごちゃごちゃしててよく
わからないんだよなぁ。。
もう少し設定をしっかり作り込んでおかないと・・・。

では、今週はこの辺で。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2014/12/08 23:00 ] 少年ジャンプ | TB(3) | CM(0)

Fate/stay night [UBW] 第9話「二人の距離」感想

いや~~今回は凛がグイグイいってましたけど、全ては慎二くんのお尻と
一成くんの半裸
に持っていかれましたねww

一成くんはなんで体を隠してたんでしょうね。
顔を赤くし恥ずかしがって・・・
「私は受ける側でございます」
って自ら証明してみせてくれたとしか思えず。

しかも士郎が脱がせるだけだったことに腹を立ててるしwwwww
「ここまでしておいて何もないとはどういう事だ!」
ってそういうことだよねw?

せめて脱がせたなら責任とってちゃんと・・・
って期待してたのに放置で、すっかり頭に来ちゃったんだと思ってる。

士郎も脱がせた以上は納得のいくようにしなくちゃねwww

令呪ってのは普通手にあるから、それを確認したってことでいいんだよね?
絶対に下半身にはないのかしらん。
士郎と凛は見えるところにあるから、他のマスターにしたらバレバレってことに
なるよね~

っということで一成くん、ありがとうwww

慎二が素晴らしくダメな子全開で嬉しかったです。
絶対に自分が悪いとは認めない子。

俺が負けたのはあいつらのせい、サーヴァントのレベルが低かったせい、運が
悪かったせい・・・
いくらでも理由を見つけられるようです。

清々しいほどの責任転嫁。
見事過ぎて慎二劇場と呼ばずにはいられず。
あのうざキャラぶりを余すところなく演じきってくれて、さすが神谷さんw

そして、あのアングルww
誰サービスなんだ!?
今回はってるよねwの笑えるアングルが多かったですね。
セイバーの湯飲み茶わんドン!も。

お尻といえば、藤ねえのお尻の作画にも気合入ってましたね。

タイトルは二人の距離でしたが、まずは凛と士郎の距離は近づいたってこと
でしょうね。
凛がグイグイ士郎に寄ってきてる感じでしたもんね。
まさか凛が士郎に胸を意識させるほど近距離で寄っていくとは思いません
でしたわ。
士郎もかなりびっくりしてましたね。

セイバーと士郎の距離も近づきましたねw
セイバーが士郎と一緒に寝ると強気で。
セイバーはひたすらマスターを危険から守るため!って徹底してるんですが
士郎の方はセイバーを女の子としてみてるものだから意識しちゃってw
この二人の距離も楽しみにしたいと思いますw

が、一番は無理やり士郎にがされた一成くんとの距離です。
今後、この二人の距離に大注目していきたいと思います

あとは凛とアーチャーの距離も気になるところですね。
どうもアーチャーは純純なサーヴァントって感じではなさそうですもんね。

今回、切嗣の話題が出て来て、一応セイバーとしては士郎の幼少期に興味が
あったんでしょうが、当然その話をすることになれば切嗣の話も出てくるわけで。

セイバーの知る切嗣と、士郎たちが出遭った切嗣とはまるで別人。
第四次聖杯戦争で無理やり聖杯を破壊させられて、セイバーとしては最悪の
マスターだった切嗣ですが、士郎たちにとっての切嗣は人当たりがよく、みんな
から好かれる人になってます。

これにはセイバーとしてはホント信じられない!!ってところでしょうね。
コミュニケーションも取れず、冷遇され続け、挙句とんでもない令呪の使い方を
されたわけですし。。

切嗣があれから生き方を変えたということがセイバーにも伝わったでしょうかね。
元々は家族想いだったことはアイリをみていて分かってたとは思うのですが。。

そういえば、今回はあまりに規模がでか過ぎて教会も隠しきれなかったようで
それでも事件がウヤムヤになってるあたりは凄いですよね。

で、リタイヤを望んでた慎二にもう一度再挑戦を唆すあたり綺礼さんもいい仕事
してくれますよね。

リタイヤ第一号なんておじいちゃんに知れたらエライことになっちゃう!?って
慌てる慎二に「手の空いてるサーヴァント」をご紹介ってwww
なんでそんな奴がいるんだよぉ~~って話なのに。

早く金髪くんの活躍をみたいですね。
次回も楽しみにしたいと思います。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : Fate/stay night

「明治メランコリア」1巻感想ですv

「明治緋色綺譚」の続編ってことでワクワクしながら読み進めたんですが・・・
え!?ちょっと、あんまり進展してないの???

津軽??何してるの、以前と変わって無いやん??
って焦ってしまいましたわwww

鈴子が10歳から15歳に成長して、確実に津軽を意識してるというのに
津軽の方は一向に変化なくwwww
いつまでも鈴子を子供扱いって(^^;

なんじゃそれ~~~ですよww
騙された感じwwww

明治緋色綺譚 13巻の感想はこちら

 

時は明治、少女時代に遊郭から身請けされた鈴も15歳。
ひとまわり以上、歳の離れた津軽を想う鈴だが、近づこうと
すればするほど、津軽が解らなくなってきてーー!?
明治時代を生きる女学生・鈴の、愛と波乱の物語。

ちょっと津軽~~~~
しっかりしろよ!!
なんて思ってたんですけどね、最後にびっくりとなりましたwww

河内が津軽のことを「自然体で手が早い」と言っていた通りでしたねv
確かに何とも自然な津軽でしたわwww
津軽は女性にあまり興味がないのかな~なんて思ってましたが、そういう
わけでもなさそうでwww  (〃∇〃v)

鈴が15歳ってことで、もっと年齢がいってからじゃないと恋愛には発展しな
さそうだと思いましたが、こちらもスタートが15歳ってことでこれから成長
していくみたいです。

楽しみです。

鈴子は兄・春時と一緒に住んでいて、今は津軽の「さがしもの屋」のお手伝い
はやめて女学校へ。
春時が兵役についてた3年間は津軽の両親の家でお世話になっていたよう
です。

そのせいもあって、鈴子は津軽の両親にとても気に入られていて・・・
最近ではお見合いのお世話までしてくれるようで・・・。

その前に、まず自分の息子ってことですけどwww
津軽はもうそろそろ30くらい??
一応、まだ20代のようですが。

河内は既に3回離婚しているようですwww
あの妹たちがいるからねw

鈴子は大人になったら津軽にもっと近づけると思っていたのに、どんどんと
津軽との間に距離を感じるようになってしまっているようです。

津軽は鈴子が成長し女学生になっているのだから、これまでのように子供の
ように振る舞っているのはよくないと思ってるようですね。

女の子として節度ある行動をして欲しいのでしょうけど、鈴子には津軽の
態度が子供を諌める親のように思えて・・・
いつまで経っても子供扱いされることが嫌なようで。。

なかなか鈴子の思いは津軽に伝わらず・・・。

そうはいっても、いざ鈴子が男子学生に「一緒になって欲しい」なんて言われる
状況に直面すると即座に二人の間に割り込み
「それは許可できません」ってきっぱりる津軽。

それがどういう意味なのか、期待を持っていいのか、単にまだ早いってだけの
ことなのか・・・
鈴子のみは尽きず。。(^^;

津軽って本人自覚があるのかわかりませんがすご~~く罪な男ですよねw
自分のことを「ずるい」とは思ってるようですが。

まぁでも、河内の目には津軽本人の自覚はなくても鈴子のことを少なからず
想ってる
と映ってるようです。

津軽の両親はいい加減津軽に結婚して後を継いで欲しいと考えているよう
ですが、津軽は全くお見合いをする気はなく。。
結婚相手くらい自分で見つけるとお見合いには応じず。

で、笑えるのが津軽の両親は津軽のお見合い写真の束にこっそり鈴子の
写真を入れていて、鈴子の方にも津軽の写真を入れているんですよねwww
二人ともお見合いをする気がないものだから写真を見てなくて気づかなかった
ようですがww

津軽の両親はできれば津軽と鈴子が一緒にならないかな~~って思ってる
ようですよね。
私もそれがいいと思います♪

春時には佐之次がいますからv
って今回佐之次は登場しませんでしたね(><)
ちゃんと春時と一緒だよね???

津軽は店の経営をつまらないと思ってるわけじゃないけど、他にやりたいこと
があるようです。
これがちょっとなんですよね。

ロシアに関することで何か動いているようではありますが・・・

ビアホールにいたときの津軽はこれまでの津軽とは別人ぽくて・・・
鈴子は驚きますが、津軽の方もビアホールに顔を出す鈴子に対し、危険だ
からってこともあったのでしょうが、もっと自分の行動に自覚を持つようきつい
態度を示して・・・

このまま二人はすれ違ってしまうのかしらんと思ったら、鈴子が勇気を出し
ました。
津軽の両親から進められていたお見合いを断って欲しいかどうか津軽に
問います。

津軽のことだから当然「それは鈴子が決めること」だといいますが、それでも
鈴子は津軽がどう思っているのか訊きたいと・・・。

鈴子の年齢ではまだ早すぎるのでは?と、はぐらかしたような津軽の返事に
「私の好きな人は津軽なの」っと宣言する鈴子。

津軽には鈴子は恋愛の対象というより小さい子という感じのようで・・・
勇気を出して思いを伝えたのに、まるで相手にされず鈴子はがっかり。。
が、河内は鈴子の勇気を称えます。

そして、これまでの津軽だったら鈴子の話をまともに取り合わなかっただろう
に、ちゃんとそれなりに答えたことを確実に津軽の意識が変わってきたって
こと
だと言います。

つまりは鈴子をもう子供じゃないと思ってるってことだと。
これは津軽にしたら進歩だと河内は大喜びw

「二人このままお付き合いしてみなよ!」

突然、河内が提案!!
凄いこと言いますわwww( 〃▽〃)

お付き合いしてみないとわからないことって多いといいますが、正論なんだけど
突然過ぎて私もびっくりw

鈴子は津軽が自分のことを嫌だと言っているとションボリなんですが、津軽は
別に鈴子が悪いといってるわけではないと・・・

ということで河内はガンガン攻め込み話を進めていきますw
もしかしたらお試し期間に鈴子が津軽にあいそつかすこともあるだろうし、
変わるなら女の子は早い方がいいと思うしと津軽が振られる前提でw

そして春時が神戸から戻ってくるまでお付き合いのお試しが始まることに。

河内は津軽母に報告。
津軽には期間限定でも真剣に、おためしだからと言って手を抜かないよう
ちゃんと言ったようですwww

でも津軽母は津軽のことだからなんの進展もなかったってことになるんじゃと
心配しますが、河内は逆にちょっと不安なのが
「自然体で手の早いことだ」
と、爆弾発言w

実は津軽は花街にも行かない癖に河内より手が早いようですww

お付き合い=手を出していい って基準のようで。

相手が鈴子だからセーブがかかるだろうってことではありますが、鈴子の方が
そんな津軽をどう思うかが河内にとっては気になるところのようです。

さすが河内は目の付けどころが違うwww

二人で買い物に出かけてもいつもと変わらない状態に鈴子は付き合うって
なんなんだろう??っと思ってしまいますが、通行人と肩が触れた鈴子をみて
津軽はすっと手を繋いできます。

無言でさっと気をつかってくれたことに嬉しくなる鈴子でしたが、鈴子があまりに
意識してるのに気づいた津軽はびっくり。
これまでも何度も手なんて繋いできたのに、これまでとは違いぎこちない鈴子。

鈴子の反応は自分が引き出したものだと自覚すると津軽もいささか照れると。
意識しないわけにもいかなくなったようで・・・。

二人は歩いているうちに公演の宣伝をしている曲馬団を見かけます。
っと、5年前に出会った叶と再会する鈴子。
彼はずっと鈴子のことが好きだったようで、いずれ嫁に欲しいと鈴子の家を訪ね
てきて。

津軽に対しても「鈴子を俺にちょーだい」と要求。
煮え切らない津軽の態度に鈴子はしょぼんで、叶はいずれ自分が成長して津軽
よりもいい男になるから安心しろとww
で、叶は鈴子に何かを預けますが・・・
う~~ん、後々ややこしいことに鈴子が巻き込まれていきそうですね。

一方、津軽の方もずっと何やらんでることがあるようで・・・
その原因となってると思われる手紙を持ったままソファでうたた寝。
鈴子は少しでも津軽の力になりたいと手紙をこっそり見ようとしますが、津軽に
見つかってしまいます。

鈴子は必死にいつだって津軽の力になりたいと思っていることを伝え、津軽の
ために裁縫の時間に縫った浴衣を出します。

すると津軽は鈴子に
「君を 愛しく思う」と・・・
おお~津軽がっぽい表情。
こういうのを待ってたよ d(≧∀≦*)ok! 

あまりに近くに居過ぎたから鈴子のいう好きと同じかはわからないと言います。
悪い男の匂いがするwww
「これからだよ・・・」っと顔を赤らめる鈴子に・・・

「たとえば今 君に枷をつけていくとしたら 君は私を待つだろうか」
鈴子が縫った浴衣を羽織った津軽は・・・

「ごめんね 私はずるいから」
津軽は鈴子にそっとキス。。(///∇///)

うわ~~~まさか、こんなに早く津軽が動くとは思いませんでしたわwww
本人、自分の気持ちがわからないといいながらやっぱり手が早かったwww
やってくれましたねv
いいぞ、津軽!!O(≧∇≦)O

そして、翌日、津軽は姿を消したようです。
津軽には露西亜密偵の疑いがかかっていると警察が藤島屋に・・・!

ええ~~~~!?
しばらく津軽と鈴子は離ればなれになるってことなの!?
津軽はロシアに行ってしまったってことなのかしらん??
ちょ~~~早いとこちゃっちゃと進めて欲しいんですけどねww

津軽が戻ってきた頃にはまた鈴子が成長してるってことになるんでしょうかね。
そんな悠長な・・・

津軽は確かに鈴にを残していきましたね。
春時が戻ってきたようですし、これは波乱の予感。。

叶も鈴子争奪戦に参加するようですし、ああ~~なんか戦争とか入ってくる
感じなので日露戦争のことかしらんと思ったり。。

でも、あまり不穏な感じはこの作品には重いと思うので早いとこ津軽にも
戻ってきてもらってワイワイやって欲しいものです。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

「はんだくん」2巻感想です

いや~本家「ばらかもん」はハートフルライフ満喫中ですが、こちらの
スピンオフの「はんだくん」が侮れませんwww

すっかり遅くなってしまいましたが感想です。

前回の感想はこちら
ほとんど感想にもなってませんけどwww

 

孤高のカリスマとして崇められている高校生書道家・半田清。
「全校生徒に嫌われている」と思いこんでいる本人とは裏腹に
病的な“はんだ信者” は感染的に増えていき・・・!?
大人気「ばらかもん」のスピンオフだけどこっちだけでもいけるやつ
第2巻!


「ばらかもん」の6年前、半田清舟17歳―――・・・とかの
前情報なしでも普通に読めるともっぱら噂のふさぎ込み系青春ギャグ、
まさかの大人気で早くも2巻登場!

ってことで・・・

女子生徒にもモテてるんだけど(本人まるで自覚なし)それよりも、男子生徒に
モテまくってる半田くんが笑えます。

モテてるってより、崇拝されてるんだよねwwww
それなのに本人は嫌われてると思ってるところがw
なんでこんなにズレてるんだろうwww

ますます半田くんの神っぷりに磨きがかかってますv

半田くんがどんな行動に出ようと、半田信者たちは半田くんの行動を正当化。
そして、ありがたがるというwww

前回、副委員長の相沢くん、元モデルの二階堂くん、カムバック男の筒井くんが
半田くんに憧れるあまりにストーカーし半田くんのことなら任せろvって感じに
仕上がってましたが、今回、新たにメンバーが加入ww

まずは普通の男、近藤くん。
彼は全く半田くんとは正反対の平凡な子だったのに調理実習で彼らと同じ班に
なってしまったためにいつの間にかメンバーの一員にww

でも、それよりも強烈な新キャラとして偽半田くんが登場。
半田くんに憧れるあまり、自分が半田くんになろうとして失敗した男www

見た目とか、身ぶりの真似とかそれなりなんだけど、どうしても口元だけが
似てないんだなwwww
二人を並べると半田くんのイケメンっぷりが際立つねw

他にも半田くんが好き過ぎて半田くんに彼女がいるとわかった途端に自殺を
計ろうとする危ない女子生徒も登場。
それを引き止めたのも半田くんなんだけど、本人まるでそんなつもりはなく・・・

後で半田くんの彼女だと思われたのはお母さんだったってオチなんだけど、
ここでも半田母が暗躍というか、若すぎるお母さんwww

「ばらかもん」にも登場したダッシュ東野くんの可哀想なエピソードも非常に
笑えますwww
ごめんよ、ダッシュ東野くん。

半田くんの残念すぎる楽しい高校ライフをぜひ読んでみてください♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/06 21:12 ] WORKING!!・ばらかもん | TB(0) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス2 第9話「全能者のパラドクス」感想

おばあちゃんはいずれにせよ利用されることになるとは思ったんですが
施設のドローンが暴走してたから既に鹿矛囲によって別人に入れ替わり
してるかと思えば、そうでもなかったようで・・・。
鹿矛囲の別人への入れ替わりは要人だけだったのね。

だったらあの介護ドローンの暴走は何だったの?
忙しい朱におばあちゃんところへ駆けつけさせるためだけの事件だったのか?

あの時、おばあちゃんのピアスが光ってたから後の伏線だとは思ってましたが
まさかの・・・(><)
お年寄りにそんなことをしちゃぁ いけません!
例えアニメでも気分よろしくないですわ。
猟奇的なものにせよ、画像としてみせればいいってものでもないので、その辺は
上手くやって欲しいものだと思います。

で、東金はおばあちゃんの居場所を探してて、その直後にくわ島(漢字ムリ)が
誰かから電話をもらっておばあちゃんの身柄確保したみたいな流れでしたし、
最後はおばあちゃんが東金に捕まってたことから、東金とくわ島はグルってこと
でいいんですかね?

実は東金こそがシビュラを内側から壊してしまおうと思ってる黒幕とか?

あまりにも演技かかったマザコンっぷりだし、彼こそ母(シビュラの原型)によって
作られたpsychopathみたいなものだから一番の被害者ともいえるし・・・
被害者だからって復讐しようってタマにも思えませんけどね。

シビュラは、自分では裁けない鹿矛囲をわざと泳がせ朱によって処分させる
つもりでいたのに、東金だけがこっそり別行動を起こしてて、裏でくわ島や
鹿矛囲を誘導してたら面白いのになと。

東金はこれくらいしてくれないとキャラとして笑える存在ってだけになってしまい
そうですもんね。
朱を黒く染めるとか言ってるのは口だけで本当はそんなことをしても朱が染まら
ないことはわかっていて、一応シビュラの手前、従順である振りをしてるとかじゃ
ないのかなぁ??

もしくは朱へのストーカーは純粋にただの趣味とかw

OPの映像はホント素晴らしく一つの作品として完成してる感じ。。
1期もおお~!!って思いましたが2期も面白い。

シビュラは免罪体質による裁きのシステムで叡知の結集だと賛辞する美佳。
本気で思ってるのか??
それを極めてクリアな存在だと評価する禾生局長でしたが「あなたと違ってね」
っと息子に対しやや冷ややか?

それは褒め言葉だったのかしらん?
一枚岩ではないのかも。。

朔夜は人工的に作られた免罪体質者の成功例ってことですが、子供の頃から
実験だったのか、犬を惨殺しては犯罪係数を計測されていたようで。。

感情を見せずに惨殺する様子は真のpsychopathにもみえますが、この場合は
生まれながらのpsychopathというよりも、後天的に母親によって作られた性質
とみてもいいような気も。

幼い頃から親が動物を殺すことを期待しているような素振りを見せ続けた場合
子供はそれを罪だとは認識できず、日常の生活の一部となり、その上褒められ
ようものなら完全に良いことをしていると認識してしまいますよね。

罪悪感を覚えることはないし、日常のことであれば犯罪係数も上がることはない
でしょう。
これ自体が人工的に作られた免罪体質であり、実験で生まれたというより環境
で育てたという後天的要素
が大きいのではと。


ではなぜ、そんな彼が犯罪係数700を叩き出すまでになってしまったのか?
そこのところが非常に気になるところです。

今回、全能者のパラドクスってのが面白かったですわ。
なるほどと。。

人を裁く完全な存在がいたとして、その存在を全能者は裁くことが可能か?

それは「全能者のパラドクス」だと朱からの問いに答える雑賀。
全能者が完全なら自分をも裁けなくてはならない。
が、裁かれるようなら完全とはいえない。

前提か、仮定か、結論のどこかに誤りがあるか、
もしくは誤りか正解かを証明する必要がある。

朱がシビュラシステムに手を出し答えを探ることに対し自分は期待をしていると
感じる雑賀。
東金の言葉通り、朱に依存しているのを実感。

これが鹿矛囲信者が鹿矛囲に向ける思いと同じなのかと・・・。

鹿矛囲の手術をした医師と禾生局長が再会。
すぐに禾生局長が東金美沙子だとわかったってことは、局長の体は美沙子を
モデルとしてるってことですね。
写真からもわかりますが。。
東金美沙子がシビュラの核に近い存在だと考えてもいいのかも。

朱は「全能者のパラドクス」について考えます。
自分で持ち上げられない石を作り出した後で軽くする→全能性を保てる
これが今のシビュラシステムが採用している手段。
自分に裁けない免罪体質者を自分に組み込むことで完全性を保っている。

が、鹿矛囲は他人をクリアにすることで事実上、あらゆる人間を免罪体質者に
等しくした→結果パラドクスの解決を封じた。
その上で更に「シビュラはシビュラで裁けるのか?」という疑問を投げかける。

裁けないならシビュラはシビュラ自身が例外となる。
解決には自分を自分に組み込むこと。
だが、それは不可能→完全性が失われる。

自分を裁けるなら、裁けないものはないという点で完全性は保たれる。
が、シビュラがシビュラを構成する者たちをもはや免罪体質とは呼べず、裁く
べきものを裁かなかったことになる。

ということで解決は一つだけ。

いいところでお呼び出し。
医師はシビュラのことを知り過ぎたってことで東金によってドミネーターで処分
されたようですが、鹿矛囲の仕業にされてます。
公安のシステムにも入り込まれただろうってことで調べてみると痕跡が不自然。
ここから唐之杜さんが何かシビュラの欠陥に辿り着くといいのにと。。

東金は自分をシビュラそのものだと言い「順法精神を誓う以上、俺を否定する
ことはできない」って早速、美佳を都合良く操ることに。
朱の祖母の居所を調べさせますが、なんで自分でしないのかな?
シビュラシステムがバックにあればすぐにわかりそうなのに。

もしかしてママにバレたくないってことか?
鹿矛囲を朱に殺させるためのようですが、裏があるようにしか思えず。。

国交省の役人が頻繁に会議してるってことで調べてみると鹿矛囲と接点が。
くわ島確保にセントラルホールへ朱たちが向かうとそこで酒々井のドミネーター
が使用されたと報告が・・・

セントラルホールでは鹿矛囲の協力者が集められお食事会。
でも、どうやらこのお肉は・・・(><)
ホロが解かれたらエライことになってます。。

鹿矛囲は最初から各界の要人に入れ替わってた密入国者や地獄の季節を
スルーして地位を手に入れた者たちを仲間だとは思ってなかったようで・・・
シビュラを排除したいという気持ちを焚きつけ利用してたようです。

公安がやってくる情報を得たくわ島は鹿矛囲にシビュラを裁くことを託すと
逃がします。
いつも鹿矛囲側は公安の一歩先を進んでますが、情報が漏れてるとしか・・・
やっぱり東金かなぁ。。

くわ島は、家畜にされた者たち共々、建物ごと焼いてしまいました。
エグイお食事会でした・・・

くわ島は朱のサイコパスを曇らせるための保険としておばあちゃんに手を出し
たようですが、鹿矛囲は「そんなことをしても彼女のサイコパスは曇らない」
言ってましたね。

朱もまたある種、免罪体質者だと言えるのでしょうね。
自ら犯罪を犯さなくても、それと同等の状況に置かれても犯罪係数が上がらず
色相もクリアなのはもはやメンタル強いってだけでは説明つかないような。。

いつもの冷静さを失った朱のりが痛々しくて・・・

くわ島に対し「俺と話すとサイコパスが濁るらしい」という雑賀。
初めてそれを試してみたくなったと。

あらら・・・これはどういうことかしらん?

その頃、鹿矛囲は地下鉄に。
監視カメラが鹿矛囲の姿をえたってことですが・・・?
え?

捕えられるの????
それ、本当に鹿矛囲なん??

彼の真の協力者はみんな交通関係で肉親を亡くしてる者たちのようで・・・
これまで透明人間として振る舞ってきた鹿矛囲が実態を見せて行動しているという
ことは・・・
つまり決着をつけようとしている

鹿矛囲って自分の意思でカメラにスキャンさせたりさせなかったり出来るってこと
なのかしらん?
これまでずっと映らないんだと思ってたんですけどね。。

そして、おばあちゃんが東金に身柄確保されてます。
おばあちゃん冷静なのでドミネーターでは裁けないと思われ・・・

あのラストの音は誰かが東金を背後からったのだと思いたいです。
ギノちゃんだったらいいのに!!

おばあちゃんは治療を受けているってことは、東金と鹿矛囲とが共闘してなければ
くわ島側の犯行後、施設で治療した後で東金が何者かを使って拉致ってことです
よね?

朱が見せられてるとき、東金も一緒にいたし、くわ島の電話後、割とすぐに運ばれて
来た感じだし、東金は朱たちと行動を共にしてたら耳には関与してないはず。

朱に見せられた時点ではおばあちゃんは拉致られていないなら公安が保護できる
はずですが、行方がわからないってことはやはりそれより前に何者かによって拉致
られてたってことだと思われ・・・。

くわ島の仲間が拉致った後、切除し治療を行い、東金へおばあちゃんを引き渡した
とも考えられますし、最後に東金のところへ身柄が渡ったことから最初から東金が
計画したことだとも考えられ・・・

やはりくわ島と東金が繋がっていると考える方が自然かなっと。。

東金はおばあちゃんにドミネーターを向けてましたが、おばあちゃんこそが色相が
濁らない人なんじゃないでしょうかね。
朱のメンタルの強さとかもおばあちゃんの教育故の気がしますし。。
真の免罪体質者というか、色相をクリアに保てる人。

だとしたらドミネーターでは裁けませんよね。

ってことでおばあちゃんは生きてると思う!!生きていて!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : PSYCHO-PASS サイコパス