アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年02月28日 (土) | 編集 |

ノーナが言ってた難易度の高い人間ってのは殺人者のことだったんですね。

作画いいし、結構デキムさんとか裁定者が気に入って毎週なんだかんだで
楽しみになってます。

今回は重いというか、ヘビーです(><)
見応えがあるというか、こういうのを見たかったというか。
藤原さんの渋い演技がえてます。
たかぴろは次回本領発揮しそう。

デキムさんは人を殺めた者の裁定は未経験。
ノーナに電話してみるも、いつもと同じようにやるようにと言われるだけ。

いつものように淡々とゲームの説明をするデキムさん。
黒髪の女の方はややビビってて。。

どちらが殺人者なのかどちらも殺人者なのか不明。
島田は鞄の中に血のついた包丁が入っていたようですが・・・

二人が始めるゲームはエアホッケー。

今回も臓器のパックを使うようで。
しばらくゲームを続けていたところでお互い少しずつ記憶がり・・・。

島田は両親亡き後一人で妹を育てて来て、その大事な妹がある日
ストーカーにわれ・・・

辰巳の仕事は刑事。
子供はいなかったっぽいですが、奥さんとは仲がよかった様子。
ある日帰宅すると奥さんがされていて・・・

二人は自分にはすべきことがあったと早くゲームを終わらせようとします。
どちらも、目的は犯人を殺し復讐を果たすこと。

あちゃ・・・これはどちらも犯人しですよね(><)

ゲームの進行が遅く時間切れってことでパックと連動した台に変更。
パックを落とすごとにパックの柄と連動したか所に痛みがともなうというあの
久しぶりのパターンですね。

二人はお互いの目的を知ることに。。
島田が警察にストーカーの相談をしたのに動いてもらえなかったと言った時
辰巳が反応していたので、おそらく辰巳も仲間の警察が動いてくれなかった
ため、自らが犯人を裁くことになったのではないかと・・・

黒髪の女は二人の記憶を見たいといいます。
人殺しの記憶なんて見ない方がいいのにね(><)

デキムは可能かどうか訊いてみると問題ないということで、黒髪の女に記憶が
流れてきます。
ほらやっぱり・・・やめときゃよかったでしょうに。。

二人ともすでに復讐を果たして来てるだろうなと思ったらやっぱりそうでしたね。

ただ、同時刻に亡くなってることがゲームをする条件だったと思うので、殺人を
行った後、この二人がどうして死ぬことになったのかが気になります。

妹を襲ったのが辰巳で、辰巳が不在だったために奥さんを島田が殺めたって
ことじゃないといいなと思うのですが。。

お互いに差し違えたってのは勘弁で。。

もしかして、警察が動いてくれなかったことから島田が奥さんを見せしめで・・・
とかも勘弁で。。

金髪の男が殺されてたようですが、彼は島田の妹をストーカーしてた奴か?
それとも奥さんを殺した奴か?

どちらも「どこかへ向かっていた」ってことだから相手の居場所はわかってた
ってことですよね。。

ああ・・・今回はいわ。

次回ゲームで勝負をつけることになるのでしょうが、これデキムさんがどう
裁定することになるんでしょ。
デキムさん大丈夫ですかね???

絶対に裁定は行うって気負ってましたので余計に心配です。。(^^;

次回、キャストさんの演技にも注目ですわ。


Flyers/BRADIO[CD]【返品種別A】

Flyers/BRADIO[CD]【返品種別A】
価格:1,080円(税込、送料別)


スポンサーサイト
2015年02月28日 (土) | 編集 |

では昨晩に、今朝かwwwwに引き続き「黒執事 Book of Murder」下巻
の感想です。
こちらのジャケットもシックなお色で素晴らしいです!!!

で、今回初めてキャラソン聴きました。
BoCも未だ薄い本は読んだものの、円盤視聴には手を出せて無くて・・・
ホント申し訳ない(><)
キャラソンだけでも早急にwww

今回のチャールズ・グレイ@木村さんのキャラソンはグレイらしく賑やか
だなぁっとwww
個人的にはWチャールズのキャラソンを聴いてみたかったですけど。
Wチャールズに関しては一人でキャラ立てするより、Wでいてこそお互いが
引き立つように思いますので。。

って単にまえぬの歌を聴きたいってだけなんですがwwww
「豪華客船編」があったら間違いなく葬儀屋さんのキャラソンきますよね。
本気の葬儀屋さんの切ないキャラソンをぜひ聴いてみたいのですわ。

上巻の感想はこちら

つくづく尺がもう少しあれば…っと思わなくもないのですが、致し方なし。
これはこれで。

では、下巻感想です。
セバさんいい顔してお亡くなりになってましたねv
いらないと思ったけど上巻の復習がサクサクとテンポよかったです。

そうそう、いつも思うのですが、スーツとかコートの肩甲骨のところの影
必要ですかね?
仕立てや生地が良ければ背中にあんな皺寄らないと思うのですが・・・。

ジェレミーが自分への疑いを晴らすためアリバイを証明するのにフクロウが
役立ったわけですが、指の裏がぷにょぷにょしてそうで萌え。。
フィニがチケットを読み上げるところはウルウルですよ。
字が読めなかったフィニに字を教えたのはセバさんですからね。

ジェレミーではセバさんとはまた違った感じで吹き替えみたいですね。

疑いが晴れて捜査協力をするジェレミーですが、食事のことも気になる
ようでww
坊っちゃんに恥をかかせないようにちゃんと働いてますv

まずはフェルペスを殺した犯人から追及。
「では、伯爵、服を脱いで」

坊っちゃんの全裸キマシタ(*/-\*)
坊っちゃんの部屋に侵入したのは暗殺用に調教された
フェルペスはたまたま坊っちゃんの部屋で寝たのが不幸だったってことで。

つまり坊っちゃんを殺そうとした者がいるってことになるのですが、ここで
ウッドリーの貿易関係が語られ彼の背景が判明。

ジーメンス殺しにはアリバイがあると主張するウッドリーでしたが、それも
覆されることに。
ジーメンスの殺人は狂言のつもりが本当に殺されたってことで。

ジーメンスが坊っちゃんを嵌めようとしたのか、陥れたい何者かによって
利用され口封じに殺された。

そして犯人が証拠を消すのに邪魔だったために執事も殺したと推理。

サクサクとウッドリーに容疑がかかっていき、グレイが彼の身柄を確保。
坊っちゃんがグレイに護送用の鎖を返すときの微笑みがよかったですよねw

さくっと事件は解決。
アーサーも帰ることになりますが、どうも違和感が拭えず・・・
別れ際のジェレミーの言葉を切っ掛けに真実を確かめるべく戻ってきます。

一つのあり得ない事実に辿り着き、どうしても確かめなくてはいられなくて。

アーサーの問いかけにマスクを取り「先生」とドヤ顔のセバさんが美人ww
ウッドリーは今回の犯人ではないが、あの馬車に乗るべき人間だと言い切る
坊っちゃんがくて素敵です(/∀\*)

セバさんが余計なことをしたのは坊っちゃんがアーサーのファンだから、もし
アーサーが事件の真相に辿り着くことが出来奇妙な体験をすれば、今後
また面白い作品を書くだろうと思ったからですね。

坊っちゃんを楽しませてくださいねってことで。

時間を巻き戻し、事件の真相をセバさんが解説してくれるのが痛快ww
正餐会には坊っちゃんをいたぶりたい人間が最初から混じっていたから
ジーメンが殺されることも自分が殺されることも分かっていたというセバさん。

坊っちゃんもジーメンスの狂言はわかっていて執事に指示を出していたん
ですね。
犯人のグレイはアンプルを外へ捨てたにも関わらず、ジーメンスの暖炉から
出てきて驚いたでしょうね。

その上、後ろから刺されたのにセバさんが意趣返しにわざわざ前から刺し直
すしwww
グレイももう少し深く考察できたらアヤフヤなまま帰らずに済んだと思うのです
が、詰めが甘かったですよねw

セバさんが死んで坊っちゃんの肩が震えていたのは笑いを堪えていたからって
ことと、セバさんのクローゼットの中に猫ちゃんたちがたくさん隠れていた理由
が判明w
セバさんのえ顔が d(≧∀≦*)ok! 

裏でセバさんが如何に走り回っていたかってことですが、アニメだと動きがある
ので危機一髪感がさらに増しますねw

そうそう、セバさんがマスターキーをどこへ隠していたのかも判明しました!
これはやな先生が考えてたけど原作ではまだ出してないネタだったようですw
確かに体の中は安全ww

アーサーはフクロウの件、映画の件、死体の入れ替わりの件など人間には
不可能
なことばかりを聞かされ、またグレイが犯人だと分かっているのに
ウッドリーを真犯人に仕立て上げた状況が異常だといいます。

そこで坊っちゃんは淡々とウッドリーが罪をなすりつけられた理由を語ります。
自分が「女王の番犬」であることも明かして・・・。
事実を受入れ難いアーサーに「明白な事実ほど見誤りやすいことはない」っと
怪しい発言。
どこぞの作品の名言ですねww
そしてセバさんも「自分が人間でない」という事実を教えます。
大変なことを知ってしまったアーサーがお気の毒ですw

で、屋敷に侵入し、本当に坊っちゃんの命をっていたのはスネーク。
彼を本邸まで送り届けてあげたのはソーマという事実は伏せられたようですw

坊っちゃんは嘘をついて、行き場のなくなった彼を屋敷に招き入れることに。
坊っちゃんはペットが欲しかったからと言ってますが、せめてスネークだけでも
いたかったのでしょうね。

「“嘘”もつき通せば“真実”になる。
最後はお前が全部飲みこんでしまえばいい話だ」

って坊っちゃん・・・切ないです( p_q) 

さて、この後、使用人たちにはどう説明する???ってところですが、説明は
要りませんでしたwwww
生き返ったってことで解決wwww
いいのかそれでぇ~~~~

ですよねww

原作ではこの後、護送の途中でウッドリーはグレイに殺されるのですが、そこは
カットでした。
護送の馬車はフィップスとジョンがいて会話するんですが・・・(><)

とはいえ、限られた尺の中でしっかりお話が盛り込まれていたと思います。
面白かった!!

改めてこの「幽鬼城殺人事件編」も坊っちゃんのダーティ感が味わえるお話で
あったなぁと。。
音楽もとっても良かったです!

次はぜひ「豪華客船編」のアニメ化を所望いたしますが、これは大人の事情で
円盤がどれだけ売れるかにかかってるんですよね。
これもまた致し方なしではありますが、ぜひぜひ葬儀屋さんの本気を見たいの
ですわ。

あと、セバさんのシネマティックレコードね。
なんとか一つよろしくです!!


2015年02月27日 (金) | 編集 |

すっかり遅くなってしまいましたが、「Book of Murder」の感想です!
なぜにこれだけ遅れたかといいますと、私劇場には行けず仕舞いでした
ので、この円盤さまの発売をずっと待っておりまして・・・

が、いざお迎えしてみると上巻だけではどうも心もとなく・・・
上下巻揃ってから観賞しようと焦らしプレイを自らに施していたのですw

薄い本だけは先に読みましたけどv

で、まずは限定版の装丁ですよ!!
いえ、正しくは本ではありませんのでジャケットなのですが、これがまぁ
素晴らしい!!!

色はシックですし、革のような仕様で特に下の擦れみたいな細部にまで
りが感じられますし、箔押しも美しくて・・・
もちろん、やな先生描き下ろしのセバさんも美人さんで!

何度見ても飽きないというか、ず~~~~~~~っと眺め続けていても
飽きません。
それどころか焦らしプレイ中はずっとこのジェケ絵だけを眺めてましたが
十分満足でしたwww


【楽天ブックスならいつでも送料無料】
黒執事 Book of Murder 上巻【完全生産限定版】
【Blu-ray...

本編感想に入る前にまずはやな先生描き下ろしコミックの感想から。。
「その執事、要望」

小説のネタが頭打ちのアーサー。
子供向けの創作童話を書けと言われますが・・・

ってここから怒涛の笑いの渦に巻き込まれますwww
噂の凄いグレルってのが確かにはっちゃけてましたwww
これだけでも円盤を購入する価値ありかも!

何しろ、グレルが人魚姫になってるんですよwww
しっかり貝をつけてもらって・・・
引きしまったボディがなんともwwww

薄い本でさまざまなグレルをみてきましたが、まさか御本家さまで
このようなグレルを拝見できるとはwwww
王子がウィルってのもwwww

海の魔女が葬儀屋さんってのも素敵でしたわタコの脚もさることながら
二の腕がたまらんwwww
必見です d(≧∀≦*)ok!

坊っちゃんの赤ずきんちゃんは18禁ですわ(*/-\*)
そして坊っちゃんを誑しこむ狼セバさんの耳のふわふわした毛が・・・
イヤラシイ顔してるのに可愛いのですわwwww

他にも童話の中に黒執事キャラがピッタリ嵌り込んで!
とっても楽しいですv

でも、ラストの「雪の女王」のお話は切ないのですわ・・・
ストーリーがしっかりリンクしてるからリジーの明るさが余計に辛くて。。

セバさんの雪の女王、雪の王は何とも艶めかしく全体がどうなっている
のか気になるところ。
セバさんが坊っちゃんは私を選んだって言ってる顔がとっても美人さん
なのですが、嬉しさがこみ上げてるっぽいところが可愛くもありww

坊っちゃんのお衣装がまた・・・
バックスでいいのか?背面がお花のようにふわふわになってるところが
素敵ですし、何といっても透けた二の腕に激萌えヽ(*´∀`)ノ

結局、もろもろのお話はアーサーの夢のようですが、最後にセバさんが
「早くシャーロック・ホームズの出てくるお話を書きあげなさい」って出てくる
んですよね。

「このままでは間に合わなくなってしまう」

ひぃ~~~~そうですか(><)
って感じですよね。。

で、本編ですが・・・
上巻だけの感想ですと、一言でまとめさせていただければ
「バルド愛されてる」に尽きましたwww

登場シーンから美人さんなんですよねwww
メイリンとかもカッコいいのですがなぜかバルドに眼がいってしまうというw

登場シーンに関してはフィップスも美人さんでした!
フィニにアップリケを施すシーンの素早さよwwww

服の乱れは心の乱れ

「きれいに出来た!」ってまえぬが大変よくできましたwwwd(≧∀≦*)ok!

全体にキャラは美麗ですが、引きの絵とか時々おや?ってところがあって
これ私はPCで見てるけど劇場でみたら、んん?ってなるんじゃないかと
思ってみたり(^^;

ストーリーは知ってるのでどうしても作画の方に注目がいってしまうのです
よね。
馬とか馬車もヌル―っとしてましたね(^^;

でも、坊っちゃんのスーツの色とか室内の装飾とかはすご~~く良かった
ですv

笑ったのは原作の時は気にならなかったのですが、舞台演出家のキーンの
衣装ですよねwww
舞台では背景や衣装の作り込みが素晴らしいと評価されてるのに自分の衣装
については蝶ネクタイの残念さよwwってことで

セバさんと坊っちゃんがフランス語で会話するところが大人っぽかったですね。
尺の関係上でしょうが、キャラの背景の説明部分が入ってないのでこれって
初見の人にはわかりにくくはないですかね。

後でまとめてなるほど~~~って形にもっていけば問題はないですけど。。

やっぱり2時間でまとめるのはちょっと駆け足になってるかなって気がして
しまいますね(><)

上下巻くらいがお財布にはありがたいですが、お話としては端折られること
なく会話も入っていると嬉しいなと。。

アーサーがひとり悶々と事件のことを考える時間とかもなかったですし
時間の経過が早いですわw
仕方ないことなのですが。

とはいえ、結局、見えそうで見えない坊っちゃんのナイティ姿を堪能したり
「おやすみなさい」の坊っちゃん天使(*´д`)ハァハァ  とかやってるだけなの
ですけどねwww

バルドの寝室に侵入するセバさんはちょっと色っぽい関係を想わせなくも
なかったですよね?
「なんだお前か」ってバルドがwww

二人とも美人さんで満足www

そういえば、長々と食事の準備について語るところもありませんでしたね。
するっと3日間分用意してますってことで。

上巻での小野Dの聴かせどころはメイリンの部屋を訪ねたあとのセリフ
でしたね。
「あなたは女性なのですから」
さぞやメイリンが喜んでいることでしょうwwwww

アーサーに坊っちゃんをお願いするところもエロくてよかったです(///∇///)

坊っちゃんの見どころはセバさんの死体に跨りビシバシとやるところでしょうか。
本誌掲載時は「まさか、セバさんが人間相手に殺されるってことはないわね。」
と思いつつも、坊っちゃんには涙を誘われ・・・

バルドやタナカさんの等身が微妙に変化することは気にしないでおきますv
あとナカさんのセリフが多いとヒヤヒヤしましたわwww(^^;

「旦那様はその程度では決して取り乱したお姿を見せませんでしたよ」の
パパンの横に本家セバさんいましたねwww

タナカさんといえば、やはり「坊っちゃんに仇なすもの・・・」の場面が
ますよね!!
使用人たちもゾクっときましたわ (〃∇〃v)

セバさんが死んでしまって取り乱すフィニとメイリンに「俺たちの仕事はこの家と
坊っちゃんを守ることだ」
って冷静さを取り戻させるところか、バルドが本当に
男前でうっかり惚れるところでした
されてるバルドwwww

そして、上巻ラストにはジェレミーが登場。
本誌の時は彼の正体をすぐに気付けなかったんですよねwwww
コメント下さる方に教えてもらってなるほどとwwww

今回は小野Dでしたのですぐバレますねwww
これはなかなか・・・笑えますww

では、下巻の感想は明日に。


2015年02月26日 (木) | 編集 |

今回作画がいいよ~~~!
初っ端からギガン船長が男前過ぎる!!!
あああ・・・素敵だわ(*/-\*)
どこまでもついて行きます!!

ハクもいっぱいいっぱい感がよく出てるし、ユンくんも可愛いし。。
これは大満足ですわ。

大規模な人身売買の取引を行うであろうクムジの船を襲う計画を進めるも
それがいつ何時決行されるのか、集められた女の子たちはどの船に乗って
いるのかを特定したいギガン船長。

「今度は私も剣を取ろう。最後まで私について来な、小僧共!」
れますわ (*≧∀≦*)

ヨナもこの人たちのために何かがしたいと切望。

が、翌日からヨナ以外は頼りにされ忙しそうなのにヨナにはお声がかからず
役に立てることもなく・・・
 
うろうろするヨナをジェハは構わないでおこうと思うものの、やっぱり放って
おけず町へ偵察に行くのに誘います。

ヨナを姫抱っこで跳んでいくジェハ。
あっらぁ~~~それをハクが見上げています。。

原作ではハクは気づいてないのですが・・・
細かくアニメオリジナルが入ってます(^^;

忌々しげに空にガン飛ばすハクが可愛いったらありゃしないw
一応、ヨナを連れ出すときはハクに許可をもらった方がいいねw

ジェハも手持ち無沙汰のヨナを見かねて声を掛けたつもりが「ジェハと一緒に
いるとホッとする」
と笑顔を向けられ・・・ドキリ!

相手は少女だというのに反応してしまうことを認めたくなくて龍の血のせいだと
思おうとしてるようですが・・・
抵抗するジェハも可愛いですww

ヨナは町で、クムジに怯え男装している娘と接触。

ジェハは偵察から戻ると町で得た情報を元に、決行の日が明後日の夜だろうと
ギガン船長に報告。

女たちの安全を確保するために乗っている船を特定する必要があることから
ヨナは自分が潜入し、船から花火を打ち上げ知らせることを提案。

ハクもキジャもユンも反対しますが、シンアなら遠くても花火に気がつくはずと
ヨナは引かず。。

「私にしか出来ない仕事でしょ。私にも闘わせてください」
おお~~!!
ヨナのこういう顔がみたかったんだよ!!
自分がヨナの気迫に圧倒されたことを驚くギガン船長。
世の中の修羅など知らずに育ったようでいて、時折戦場を駆ける戦士のような
をすると。。

ヨナの案を採用するも、一人では無謀だということで後一人潜入させることに。
ハク、キジャ、ジェハが志願するも却下
選ばれたのはユンくん。

そりゃそうでしょう!!

普段は絶対に危険なことには首を突っ込まないユンくんでしたが、今回はヨナを
守る者が必要であることから腹を括って承諾。

ギガン船長は「決して命を粗末にしてはいけないよ」とヨナに声をかけます。
船に乗せたらお前はもう私の娘みたいなもの、勝手に死ぬことは許さないよ

ああ・・・どこまでも男前なギガン船長
何度でもれます(/ω\*)

が、ヨナの決断にハクは不満。
ヨナの帰りを待ち伏せし、いきなりの両手壁ドン!
グイ ダン!!

って・・・もう余裕ありません(*≧∀≦*)

ヨナのことが心配で心配で心配で心配で心配でたまらんのですよね!
危険なことなんて絶対にさせたくないのに、ハクの思いに反してヨナはいつも
自ら危険に飛び込んでいってしまって。

いつもハラハラさせられてるハク。

どうしてそんな・・・無謀なことばかりするんですかね。
時々・・・縛りつけておきたくなんだよ。

本当は抱きしめてしまいたいところでしょうがギリギリのところでえてます。
いいわぁ・・・(*/-\*)
手は出さないけど、気持ちはもうダダ

ちゅうする気なんじゃと想わせる近距離まで近づいたハクのいっぱいいっぱい感
たまりません d(≧∀≦*)ok! 

が、ハク頑張れ、いっけ~~~

などと思ってみてもヨナにいなされてしまうのですよね(^^;
実はヨナの方が一枚上だったりして。。

ヨナは自分が無知であったことの責任をとらねばと思っているのですよね。
父の政治が間違っていたかどうかはわからないけれど、今の高華国の現状
を知ろうともしなかった自分にも責任があると。
「だから私は闘うの」
強い決意をらせるヨナの眼に思わずハクものまれてしまい・・・・

絶対に行かせたくないと思っているのに、自分の知らないヨナの姿に触れ
もっともっと知りたいと思ってしまうハク。

「オレは姫さんが成功させちまうのが見たいんだ」

ヨナを危険から遠ざけて大事にしたい気持ちと、その危険を乗り越え逞しく
成長していく姿を見たいという気持ちがハクの中で葛藤してるようです。

でも、結局はヨナの決断を尊重するんですよね。

イカセテと言うヨナにイカセナイってハク。
もっともっと知りたいとかwww(///∇///)
ああ・・・!! もう、なんだよそれwwww(*´д`)ハァハァ

ご馳走さま!!
美味しゅうございました d(≧∀≦*)ok! 

翌日、ヨナとユンくんは変装を。
ヨナはまぁそんな感じ・・・ってことですが、ユンくんがさすがw

キジャもいつの間にやら女装を・・・
乳がエライことにwwww

ヨナにも面白いけどとか突っ込まれてるwww

えるユンくんの手をみて「大丈夫か?」と声をかけるハク。

ユンくんは自分はこれでいいのだと。。
震えるような自分だから誰よりも慎重に誰よりも見苦しく生きてきた
誇れるほどに。

「俺がいく限り絶対にヨナは死なせない」
ユンくんの覚悟にハクは「任せる」と。

あれだけ大事なヨナをハクが「任せる」ってことはそれだけユンくんを信頼してる
ってことですよね。
ユンくんもかっこええわぁ。

さっそくクムジの店へ出向くヨナとユンくん。
本気のユンくんというか皆川さんwwww

狙い通り奥の間へ通され、収容所へと・・・

さぁこっからですね!!
決戦まであと一日。
暗くて長い夜の始まり。

次回が待ちきれませんわ!!



2015年02月25日 (水) | 編集 |

今回はヴァローナ回でしたね。
ほぉ~~~変な言葉を話すと思ったら父親が変だったww

ロシアには仕事に忠実すぎる機械のようなイワンか、ネジが飛んで規格外れの
イワンの二種類しかないってことでしたが、ヴァローナの父が前者でアホっぽい
社長が後者ってことのようですね。

どちらも空気を読むのが苦手なようです。

デニス、サイモン、ヴァローナ、スローンは武器商社に所属してたようで。。
そうだったのか・・・

ヴァローナは武器を勝手に持ち出して逃げてきたそうですが・・・
特別なルートもなしにアンチ・マテリアルライフルなんて日本に持ち込めるもの
なんでしょうかね??

これって対戦車用とかの対物ライフルですよね?
正規ルートによる入国じゃないってことなのかな。

トレーラーやらもどう手配したのかわからないけど・・・いwwww

ヴァローナたちの件でエゴールは日本に派遣されたようで。
ほぉ。。なるほど。
で、露西亜寿司に来たようですが、はじめましてみたいな態度ですが、前に
ここで治療してもらってますよね?
なんでかな?
怪しまれず店の中へ入るためなのか?

今更ながら静雄を止められるサイモンの強さが規格外なのだということがよく
わかります。

小さい頃から父の帰りを一人で待っていたヴァローナは書物を読み漁ることで
暇を潰していたようで。。

ジャンルを問わずなんでも読んでたため知識が豊富なんですね。
っていうか、読むだけならともかく、ちゃんと知識として蓄積されていることが
素晴らしい。。

家に侵入してきた強盗を本で得た知識を駆使し殺してしまった時から彼女は
人間の脆さに関心を持つようになったようで・・・

娘が人殺しになった瞬間のドラゴンの様子から、不器用ではあるけれど娘を
愛してることが伺えますね。
切ない。。

でも、ヴァローナは父親が自分に関心を示したことがちょっと嬉しかったようで。
それは決して称賛してくれるということではないと理解してたようですが。

デニスとサーニヤは返り討ちに遭う前にトンずらしたそうですが、返り討ちって
なんだろうっと思っていたらヴァローナがトンデモナイことをしでかしてたんですね。
敵対組織を一人で壊滅状態にしたって・・・

ヴァローナは父親に褒めてもらえるとかそういう理由ではなく、ただ自分の本能
従い、己の愉悦のために人を殺せるようになっていたようです。

「楽しかった 愉しかった 快しかった 心地好かった 狂しかった」

ってねぇなぁ。。(><)
こんな人、日本にいらんわ・・・

で、杏里のところへ来てたのはやはりヴァローナだったようです。

が、杏里によって反撃くらってます。
そりゃ罪歌があれば無敵よ。

ヴァローナもこれはヤバいと本能で感じとったようで・・・
人間の脆さを確認したいと思ってたヴァローナだけど、今、自分の身体で確認
したいという衝動に駆られてる状態
はさすがにまともではないと思ったようです。

緊急事態の連絡がありトレーラーに戻ると今度はセルティの攻撃が!
首のない姿は異形・・・!

確かに緊急事態ってことでアンチ・マテリアルライフル出してきましたよ!?

え!?つのか????
池袋でか!?って思ったら撃ったwwwww

セルティは咄嗟に分厚い壁を影で作って防御したようです。
よかったよかった。
しかも弾もちゃんとえてる。

あんなものどこかの建物にでも当たったら大変ですもんね。
でもあんなライフルで撃たれて吹き飛ばされただけで済むセルティもい。

杏里は自宅にいると危険ってことでセルティのマンションに泊めてもらうことに
なったようです。
いやいや杏里に限って危険はないと思うわwww(^^;

セルティのメットがないのはダンプに轢かれたからだったようで。
そうか潰れちゃったのか(><)
でもスペアは沢山あるみたいでよかったw

とりあえず影でメット造作。
それでイケるなら最初からそれでいいかと思うのですが、全身黒ってのは味気
ないなぁ。

で、臨也は帝人にちょっかい出してます。

臨也は変態さんと暴力バカさんを一瞬自分の友達・・・かっと過ったようですが
ううん、うと思うwww
新羅はともかく静ちゃんは全くそうは思ってないよ。

臨也は帝人がダラーズに介入することを止めたいようなことを言ってますが
真意じゃないのかな。

臨也の言葉は言葉通りに受け取らない方がいいのではとw

帝人が恐れているのはダラーズの暴走ではなく、自分がダラーズに置いていかれ
ることだ
という臨也の見立ては合ってそうですね。

日常からの脱却を試みるなら常に進化し続けないと・・・
ってやっぱり帝人を嗾けてるとしか思えない(^^;

臨也は自分を帝人の味方だと言ってますが、信用したらアカン人ですよね。
帝人をどう動かそうとしてるんでしょうね。

日本人の男には二人の太郎がいる。
お人よしの太郎とお人よしを利用する太郎。
どちらも読み過ぎるくらい空気を読む

ってロシア人とは真逆ww

青葉が帝人のところへやってきました。
彼もまた帝人を何らかの方向へかそうとしてるようですが・・・

お人よしの太郎は不穏な動きを見せる二人のお人よしを利用する太郎にどう
利用されてしまうのでしょうか??

次回も楽しみにしてます。

 

 


2015年02月23日 (月) | 編集 |

では今週も。
掲載順に一言感想ですv

表紙&巻頭カラーは新連載の「改造人間ロギイ」

改造人間ロギイ
読み切り読んだ覚えが全くないのですが、娘が絶対あったというので
自分の記事で検索かけてみました。
そしたら・・・ありましたわww  → こちら
でも、2011年1月ですよ?
私が覚えているわけもなく。。
意外にもいい感触の感想かいてますね。
っていうか自分で言うのもなんですが、記事が読みにくいwwww

で、今回新連載ってことですが、ちょっと無駄コマが多いのか話の割に
スピード感を感じませんでした(^^;
なんかごちゃっとしてるような・・・

暗殺教室
ここからが暗殺教室ってことですが・・・
急展開にびっくりですよ!!
まさか茅野さんが!?
何者なの?????

ONE PIECE
うわぁ~~~~~ロビンが心配(><)
それ以外はよくわからないw

ブラック・クローバー
勢いあって面白いですわ~
ナルト連載中だとキャラが被ってしまったと思うのですが、ナルトが終わって
しまったので、入れ替わりで丁度よかったかも。
ブラックなグリモワールを主人公側が持ってるとこや魔法を使う相手にぶっ叩き技
で対抗するとことが気に入ってますv
ライバルイケメンくんにも期待してます♪

僕のヒーローアカデミア
轟の火傷の理由と個性を半分使わない理由が重くてびっくり(><)

銀魂
ついに攘夷志士と真選組が手を組み事になりましたね。
近藤さんも無事脱獄できそうだし。
桂は活躍したのかは微妙ですがwww

ハイキュー!!
及川くんすっげぇ~~~~っと思ったら田中も凄かった!!!
両チームともに勝って欲しいけど勝負はつくんだな。。

食戟のソーマ
えりな様、さすがwwww
田所ちゃんも頑張れ~ \(^o^)/
創真は実績の意味を考えてるんですね。
理想を実現させるためには具体案がいりますもんね。

カガミガミ
ヒロインいらんの違う?
大家さんのおばあさんだけの方がテンポが良さそう。

学糾法廷
「血の学級会」ってなんだそりゃ・・・って感じなんですけど。。
あんまり小学生の間で血みどろな展開は見たくないかな・・・
ごっほちゃんて美大生が二人に同じ構図の作品を描かせたんじゃ?

火ノ丸相撲
桐仁が遅れた理由ってのは身体でしたか・・・
そっか、確かにどれだけ好きであっても体がそれを許さないってことも。。

斉木楠雄のΨ難
うちで飼ってたハムスターのトイレと同じだ・・・懐かしい。
燃堂がわかってる奴でよかったv

ワールドトリガー
キャラの描き分けがもう少しはっきりしてるとありがたいなと。

ニセコイ
どこに着地するんだろwww

トリコ
順位が下がってますね(^^;
やっぱりタマってのがw

BLEACH
ふ~~んとしか・・・

こち亀
ワインはわからんわwwww
安くても飲んで美味しければいい♪

卓上のアゲハ
黄金の継承者は全員揃うか・・・?

磯部磯兵衛物語
磯兵衛は何を飲んでいたんだろwwwwww




 


2015年02月23日 (月) | 編集 |

作画ええっすわ~~d(≧∀≦*)ok! 

やっぱり美しくなくちゃね!

試合に勝っても喜びを表す者はいなくて・・・粛々としてる洛山。
むしろ、ホッとしてるって感じで。
勝って当然のプレッシャーは相当ってことですね。

赤司からのプレッシャーと言い替えてもいいかもwww

緑間は負けを認め、かつての仲間に握手を求めるも、赤司はそれを受け取れ
ないと。
勝利を欲するのならもっと非情になれという赤司。

緑間は赤司はあの頃と変わらないなと思いますが、逆に言うと自分はあの頃
から変わったと自覚してるってことじゃないかと。
いいチームメイトに恵まれてよかったですよね。

ロッカールームに引き上げる際、高尾は洛山相手によくやったと口では言う
もののしさが込み上げて・・・

それは緑間も同じ。
決して結果に満足しているわけではなく・・・

彼らはまだこれからですもんね。
負けたことで得られるものがあることも既に経験済みだし。

それぞれいいパートナーが出来て本当良かったですよね。
むっくんには辰也がいるし(〃∇〃v)
ずっと仲良く試合観戦してましたね♪

辰也は試合後、洛山に違和感を覚えてましたね。
手を抜いてるわけではないが赤司の全力には思えないってことですね。

そういえば青峰にはパートナ―いませんよね。
プレイスタイルも単独で、チームから認めてはもらってるけど協力してるって
感じじゃないですもんね。
それにいつもももちんがいるからなww

黄瀬には笠松先輩ですよね。

いよいよ誠凛と海常との試合。
両校とも静かなアップが続きますが、早速笠松先輩が「軽く挨拶しておけ」と。
では・・・っと黄瀬が火神をりますv

これに反応したのは日向ww
「本家を見せろ」と負けてないwww

軽く先輩たちの牽制が入りましたねwww

ワクワクが抑えられないという黒子に「楽しんでいこーぜ」と木吉。
正々堂々とお互いに力を最大に出し合える試合が出来ることが嬉しくてウズウズ
してるようです。

試合前にいきなり「黄瀬くんのことが嫌いでした」と先制攻撃を仕掛ける黒子w
黒子大好きっ子の黄瀬としてはこれはショックwww

帝光時代の回想が入りましたが、キセキの世代が揃うとホントカラフルwwww
相手チームは眼がチカチカするんじゃないですかねwww

試合前に少しでもダメージを与えておこうという黒子発動か!?っと思いきや
「いい意味で」ってwww

つまりは帝光時代から「ライバルだと思っていた」ってことのようで。
これには黄瀬もコーフン(///∇///)

余程しかったようでやる気がってますww
相手をその気にさせてどうするwww

試合前にリコは先制逃げ切りが勝つための条件だと言います。
今の黄瀬のパーフェクトコピーは抑えられないから、終盤に黄瀬が使ってくる
前に得点を稼ぐ先手必勝でいくと。

開始早々から攻める誠凛。
黒子がろしいまでの動きを見せてくれます!!
作画が良すぎるwwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

これだけの動きができるのなら青峰並ではないのかと思うほどwww
どうしたんだ!?黒子っちwww 

逆に先に体力消耗して使い物にならなくなりそうな勢いですけどwww
あっという間に点を重ねていく誠凛。

が、それが黄瀬を挑発したのか、いきなり緑間の超長距離3Pを放つ黄瀬!
これは強烈だわ。

先制攻撃してるつもりだった誠凛に精神的にもカウンター入りました(ノД`)
そこから畳みかけるようにパーフェクトコピーを続けていく黄瀬。

紫原のブロックに青峰のフェイク。
身体能力が高いのはわかるけど、こんな合わせ技を使われたらひとたまりもない。
というか、豪華すぎるので分割して使った方がいいと思うwww
もったいないですwww
止めとして赤司のエンペラーアイまで発動
これは火神ですらされ・・・

足りない要素を違う要素で補うことでコピーと呼ぶにはあまりにもレベルが高い
パーフェクトコピー。
辰也くん解説ありがとう。

黄瀬を唯一止められるのは火神だけどゾーンに入るのは試合開始すぐは無理。
そこをかれたってことですね。

先制を考えていたのは海常も一緒。

紫原でも止められなかった黒子のファントムシュートも赤司のエンペラーアイと
紫原のブロックのコピーで止められて・・・

いや~~~ここまでされたら打つ手なしですよね(><)
キセキの世代、5人分のコピーって。。

身体能力と観察力でコピーできるものは仕方がないにしても、エンペラーアイ
までコピーとか・・・
ほんとこのコピーが出来る仕組みが知りたいわとwww

黒子も思わず「まいりました」と言わずにはいられないほど。。
「完全に僕の負けです。手強過ぎて笑っちゃいます」

確かにこれはもう笑うしかない状況。

でもこの笑みは試合を諦めたとかではなく、むしろ闘志が漲ってる感じ。

まだ試合始まったところですからねwww
これからが長いってことでwwwww

ただ、誠凛としては慎重に打つ手を考えないとずるずると黄瀬にやられ続けて
しまいますからね。

さぁ~どうする監督!?
ってとこですよね。

リコが意外なに打ってでることになるわけですが・・・。

キャラはみんな美麗ですし、動きも素晴らしくて・・・いいですよね~O(≧∇≦)O
ぜひぜひ次回もこの高い作画でせていただきたいです。

EDは赤司さまが次に何をするのか注目してたんですが・・・
どこかへ行ってしまわれましたwww




2015年02月22日 (日) | 編集 |

オクルスさんが一人で裁定者について語ってくれましたね。

ひとつ 裁定者は裁定を辞めることができない。
     裁定をするために存在しているから。

ふたつ 裁定者は死を経験できない。
     人間に近づいてしまうから。

みっつ 裁定者は感情を知ることはできない。
     彼らは人形だから。

え~~~~~!!!
裁定者みんな人形だったんですか!?

めっちゃいい出来ですよね(^^;
でも、人形に裁定させる意味がわからないというか、そもそも裁定者がいる
のかどうかも・・・

黒髪の女はまた同じ夢をみたようです。
広くてましいベッドです。

本棚にいつも夢でみるのと同じ絵本を見つけ、驚く黒髪の女。
どうやらそれは幼い頃、母に読んでもらっていた絵本のようで。。
その記憶と同時に自分がんだことを思い出したようです。

裁定者たちは人形だということですが、お酒も飲むし、食事も取りますよね?
なんで??
ギンティはマユの裁定ができなかったことに苛立ってるようで。。
デキムに散々なことを言ってたものだからちょっとカッコもつかないでしょうね。

バーのところの音楽好きです。
黒髪の女の食事はデキムさんが用意してたのね~
これまた羨ましい!!

黒髪の女が絵本のことをデキムに尋ねると、前の裁定者クイーンの忘れ物
かもしれないと。

初めてデキムとギンティが裁定者としてお仕事する日のことが・・・。
二人は同期なのですねwww
クイーンは裁定者に向いてなかったってことで情報部へ異動するようですが、
裁定者は裁定を辞めることができないはずなのにね。
特別待遇ってことでしょうか?

クイーンがゲームで裁定をする間に極限状態を作ることが最後の試験らしく
二人にはノーナからボタンが渡されて・・・
ギンティは早々にボタン押してましたがデキムは・・・押さなかったようで。

理由は人間が何を考えてるかに気を取られて押すのを忘れていた・・・

あ、いいわ~~~そのボケっぷりwwwww
デキムは最初からこんな感じだったんですね。

生を全うした人間を尊敬してるとデキムが言ったことにノーナもクイーンも
ビックリしてましたね。
特にノーナは反応してました。
でも、考えてもわからなかったってのがデキムらしいw

ノーナは経験が足りないからわからなくて当然で、だからこそ裁定しやすいよう
極限状態を作るのだと教えます。

そしてクイーンは「何でもいいから大事なモノを作ること」っとアドバイス。
デキムの大事なものとは・・・
人形を作ること? (・_ .*)?

ちょっとズレてるデキムが可愛いwww
この子、こんなにアホの子だったとはwww

ノーナの家にクイーンがやってきてて・・・。
クイーンはデキムのことを訊いてきますがノーナの様子から芳しくないと推察。

なんと、ノーナは裁定者に人間の感情を植え付けようとしてるようで!
デキムはその被検体ってところでしょうか。

裁定の済んだ客は人形に戻るってのにもびっくり!!
どゆことなの?

死んでるから魂だけが人形に入ってるってこと??
通常廃棄処分にされるものをデキムが貰い受けて生前の姿にしてたんですね。

彼らの生をなかったことにしたくないから・・・
ほぉ・・・
デキムの人形作りをただの趣味だと思ってごめんなさい(^^;
確かに忘れないようにするための「大事なモノ」でしたね。

こんなデキムだからノーナは彼に注目してるようです。
人間の感情を持った裁定者が下す裁定を見てみたいから。

ギンティの方はマユに振り回されているようですねww
人間を愚かだと見下すギンティでしたが、どうもマユの言動には理解がいかない
って感じで。
裁定をくだせない様子。

ギンティも人間に興味を持っていくことになるのかしらん。

黒髪の女はデキムを見直したのか食事の支度を買ってでますが、せっかく作って
あげたのにサンドイッチにパクつくも全く感想を言わないデキムwww
さすがに黒髪の女の方から反応せよとww

美味しいってことは味覚はあるようですねw

ノーナが眼を覚ますとオクルスの姿が・・・!
ひぃ~~~~ですよね。
いなぁ。
ノーナとクイーンの会話は聞かれてしまったぽいですね。

ノーナはちょっと難易度の高い人間の裁定をデキムに回すようカストラに依頼
したみたいです。
焦っているのかと訊かれ「元々時間がないのだ」と答えるノーナ。

これはどういうことかな。。
裁定者にも期限みたいなものがあるのでしょうか?
長いと廃棄されるとか??

少しずつ裁定者について明かされていきますが、まだまだ謎だらけ。。

おお~~次回のお客さんも豪華キャストですわ。
これは楽しみ!!

 




2015年02月20日 (金) | 編集 |

これまで既刊を何冊かまとめてドバァ~~~って読んでたんだけど
追いついたものだから新刊45巻を読んでみたら・・・

うう・・・何これ苦しい。
進行が遅いから読む前のハラハラドキドキ感が読んだ後にも続いてるww

ダイヤのA(45)

ダイヤのA(45)
著者:寺嶋裕二
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

勝てば甲子園出場が確定する秋大決勝戦! 
1点を追う緊迫の展開は中盤戦に突入。
痛めた脇腹のせいかノーヒットの御幸、好調ながらも波に乗りきれない沢村
不安要素を抱えながら、白熱のシーソーゲームは後半へ!!

薬師高校・真田に抑えられるも、御幸の負傷を知った青道も士気が上がり・・・
栄純もきっちり御幸が要求するところへボールを投げることができているようで
なんとか薬師打線を抑えることが。

御幸の強気のリードもさることながら、栄純の素直さもいいですね。

キャッチャーはバッターを打ち取るためにピッチャーにサインをだし
ピッチャーはバッターを打ち取るためにキャッチャーの構えたところに投げる
二人の想いを一つにするのがバッテリー

キャッチャーってのは賢く、聡くないと打者の心を読めないし、その先の打ち取る
配球も組み立てられないわけで。。
打者だって考えてきますからね。

バッテリーの配球を読もうとしてくるわけで。
ま、全く気にせず狙い球をガンガンいく人とかいろいろだとは思いますが。

御幸の雷市を迎えたときの強気のリードは痛快でしたね!

どう攻めるのかと思ったら雷市がまだ見てなかったチェンジアップで攻めて。
栄純の場合、左バッターにはコースが甘いと逆に打たれやすくなってしまうから
結構難しいことなのに。

これまでの栄純だったらどこかで気負い過ぎて御幸の要求通りにできなかったと
思うのですが成長を見せました。

御幸を信じ、ただミットに要求された球を投げることに集中。

たったそれだけで俺たちはパートナーになれる。

パートナーですね。
そうですか、そうですかwwww
御幸からそれをいうか~~~ってな感じでニヤけてしまうのですが、雷市を三球三振
に抑えたことは見事!!

最後はストレートってのも気持ちいいですv
変化球を覚えたことでストレートも活きることになりましたね♪

続く真田もきっちり抑えて最高の出来をみせる栄純v
これでは降谷がヤキモキだわねwww

ところが、ヒットは出るものの点が取れないんだな青道は(><)
6,7,8回と栄純が0点で抑えて好投してるのに、あともう一歩のところで得点に
繋がらず・・・

1点差だけなのにこの差が埋まらないのですわ。。

そしてついに9回表。
青道の最後の攻撃。

気合十分な青道ベンチですが、先頭打者の倉持はいい当たりながらもアウト。

おいおい、マジこれヤバす

薬師はこの回を抑えきったら初の甲子園。
真田だって打たせる気はさらさらなく。

せっかくの1番からの打順なのに大丈夫なのか青道!?

まさかここまできて片岡監督引退ってことにはならないですよね??
落合コーチも自分の方が引くべきところだと心得てくれてるのに。

いやいやハラハラドキドキが終わらないwww

後二人で逆転なんて出来るのかな。
御幸に繋げて御幸が最後、せてくれるってことかしらん。

薬師戦では負傷のせいもあってか今のところノーヒットですからね。
いつもの彼ならあり得ないわけで・・・

もしかしたらピンチヒッターだされたりしちゃう?
取りあえず同点にしておけば、降谷もいることだし、青道は1,2回なら完全に
薬師を抑えることは可能なはず。。

もし、9回表で逆転できていれば降谷で締めて終わりってことになりそうですが。

次巻で決着ってことかしらん。
甲子園へ片岡監督を連れていくことができるのか!?

早く続き読みたいです。


2015年02月20日 (金) | 編集 |

さ~~て今月号は、まず扉絵ですね!

みなさん、ご覧になられました?


本編でディーが大活躍してますので、ディーへの労いでしょうか、ご褒美
でしょうか。
しのパパンと一緒にお茶。

いつもパパンは黒い手袋をつけてますが、これも何かの伏線でしょうか?
絶対に理由があるはず。
若い頃と結婚式のときはつけてないのですが・・・

悪の貴族として裏の仕事を始めるようになってからこの手袋をするように
なったんでしょうか?
ふと、先々代ってのはおじい様なのかおばあ様なのか気になってしまったの
ですが、葬儀屋さんとのこともありますし、おばあ様だったりしないかなと。

パパン越しに恐る恐るディーを見てるのは坊っちゃんの方でしょうね。
シエルならもっと堂々としてるでしょうし、パパンのお膝に乗るくらいしそう
ですもんね。

びくっとしてるところから多分坊っちゃんでしょう。
坊っちゃんには大きな声を出すディーが怖いんでしょうね。
それを眺めてるディー。

彼は今、自分が助けているのはシエルの方だと思ってるんでしょうか?
坊っちゃんはシエルの名前で動いているのだからディーも当然、シエルを
相手にしてると思ってるんだとは思うのですが、何かびみたいなものが
出てくると面白いかなと。。

坊っちゃんしか知らないこととかシエルしか知らないこととか出てきたりして。。

では本編感想いきます。
先月号の感想はこちら

未発表の新型兵器登場!!
なんと最新型陸上装甲艦パンツァーキマシタ\(^o^)/

戦車をパンツァー呼びしてるけど英国ではまだその呼び名は出回ってなかったん
じゃないのかしらんとか思ってみたり。。

初お目見えってことですし。。

まぁそんなことはどうでもいいのですが、とにかく装甲がいようです。
これまでの武器では傷一つつけることができなくて。。
これではバルドもお手上げ。

ディーは坊っちゃんに逃げ道について尋ねますが、想定外のことで坊っちゃんも
策がないと・・・
するとディーは森の建設時に資材搬入に使った軍事鉄道のことを教えてくれます。
そこまでみんなで走ろうってことのようですが、ここで坊っちゃん脱落(><)

頭を負傷したことによるダメージで動けなく・・・
「せがれ!!」ってディーは坊っちゃんに向かって叫んでますが・・・

おいおい、名前くらい呼んであげようよ。
もしや、覚えてないのか??
シエルの名前も坊っちゃんの名前も。。

ってディーは悪魔だから坊っちゃんの名前をシエルと呼べない…なんてことは
ないですよねwwww

きっと覚えてないだけだと思う。。
ヴィンパパ以外、眼に入ってないってことだね。
いいよ、いいよww

ドイツ軍は躊躇い無く坊っちゃんに向けて主砲発射!

うぉおおおおおおお!!!!
坊っちゃんピンチ!!

ってことですが、本当に坊っちゃんがヤバい時には自分の身体を盾にしてでも
現れる有能な執事がいますからね。

実は心配してない。(〃∇〃v)

傷だらけの坊っちゃんをきかかえるセバさん。
ああ・・・坊っちゃんのあんよが細い。。
セバさんに抱えられてる肩がもろ出しで、坊っちゃんがいかに華奢であるかが
伺えますね。

タイツのお膝が破けてる(*´д`)ハァハァ
これは危険・・・

セバさんが親指でごしごしと血を拭ってますが、主相手に結構強引w
ちょっとSっ気がウズウズしていそうなw
一番信頼できる駒であるはずなのに、このまるで歩み寄る気のない平行線が
たまりませんね。

で、セバさんが登場した時のバルドのしそうな顔といったら!!
バルドの髪がドンドン短くなってきてるような気がするのは気にしないでおこう。

坊っちゃんがサリヴァンの替え玉であることを知らないのにヒルデは躊躇なく
主砲を発射したことから、最初からサリヴァンを始末する気だったと気付く
ヴォルフラム。

一人軍から離れて・・・
本物のサリヴァンを探そうってことですかね。
軍を裏切って坊っちゃん側に付きそうな気配??
彼だけは最後までサリヴァンの味方でいて欲しいです。

坊っちゃんはディーにサリンのサンプルを預けると、バルド、スネークは彼に
ついて鉄道へ行くよう指示。
フィニたちにも知らせることを忘れずにv

セバさんと坊っちゃんは戦車を止めるため残ると知りディーは驚きます!
そりゃそうでしょうね。

でも使用人たちは慣れたもの。
バルドは「うちの執事はスーパーマン」だと言ってますがバルドのセバイメージ
なのかしらん??
セバさんが下睫毛の長い悪魔眼別嬪さんww
思わず恋するバルドっと思わずにはいられないww

片手抱っこされてる坊っちゃんは下りたいようですが靴がなく裸足。
しかも足の裏のタイツも破れていて・・・
御いたわしいけどこの伝線具合に(*/-\*)

そして坊っちゃんを片手抱っこしてるセバさんののラインの美しさよ!
さぁと促され、戦車破壊を命令する坊っちゃん。

早い動きには坊っちゃんへの負担軽減のためか姫抱っこ。
セバさんは正面の装甲に蹴りを入れますが、蹴破ることはできず。
とはいえ、靴痕ついてるし銃弾より威力のあるセバさんの蹴りww

巨体全てをで覆っていては早い速度で自走できないため、坊っちゃんは
軽量化してある場所がどこかにあるはずと考えます。

まずは歩兵を散らすことに。
坊っちゃんを抱っこしたまま弾丸をけていくセバさんすげぇ!
セバさんのおでこでさせていただきました(*/-\*)

坊っちゃん、歩兵にバルドのマーマレード缶を使用(^^;
ジャム缶手榴弾ですね。

正面へ回ると主砲の砲身?砲筒?部分をセバさんはり上げげちゃい
ました。
この部分は比較的強度が低かったってことですかね。
そのまま上部に乗り上げ、天井部分にグーパンチ!

簡単に突き破っちゃいましたv

さすが坊っちゃん!攻撃を受けにくい上部は装甲が薄いと読んだのですね。
バキバキメリッでセバさんがこんにちはするものだから、ドイツ兵たちは至近距離
から銃弾を浴びせ・・・

が、クスクスって笑うセバさん。
銃弾をバラバラと落とすと「我が主より」ってバルド特製マーマレード缶を差し入れ。

「走る戦艦」は「走るオーブン」だと腹黒坊っちゃん。
さり気なくトンデモナイこと言ってはります

悪魔ってな キレーな顔してやることがえげつねーなぁ」
粛々と死者の魂を審査し回収する死神が・・・!!

おお~~~~!!!
まさかのドイツの死神キマシタ!

ルドガーとザーシャ。
森にいた黒手袋のスーツの男はルドガーだったようです。
ドイツ語で話をしていたからディーかと思ったんですが、お腹が全然違うし
謎だったんですがこれで判明しました。

それにしてもスーツにスニーカーとはまた・・・(^^;

英国支部からの申し送り書が面白いというザーシャ。
死神の審査課はそれぞれの管轄部署に分かれているようですね。

「これは面白い展開になっちゃいそうですよ!」ってザーシャが言ってますが、
このお話まだ広がっていくんですか!?
女王とも絡んできそうですし、どうなってしまうのでしょう??

先が読めません。

ところで死神はたくさん出てきてますが、悪魔は今のところセバさんだけ。
ドイツにも悪魔はいるんでしょうか?


2015年02月19日 (木) | 編集 |

さて、今月のGFは!?

お迎えされましたか??
壁丼セバさん (〃∇〃v)

でもね、私にはどうしても壁丼されてる気にはなれず、ガラス丼してるセバさんに
1秒後に叱られるシチュしか浮かばずwwww

「ごめんなさい~~~もう覗きません!お仕置きしないでぇ~~~(むしろお願い)」
って謝ってる自分の姿しかイメージできねぇww

が、若いお嬢さま方はお早くお迎えした方が良さ気ですよ!!
私ご用達だった本屋がなくなって私ご用達レンタル店に本屋部門が併合されたん
ですが、おかげで便利なところもあるけど。。

なんか仕入れ数足りてないのか昼ごろお迎えに行ったのにもう残り2冊しかなくて。
もしかしたら後から足すつもりなのかもですけど、ヒヤヒヤしましたわ。。
あぶねぇあぶねぇ。。

ま、別の本屋に走ればそちらは大丈夫だと思うのですけどね。
でも、その本屋も「黒執事」アニメ放送中は平積み3列だったのに今は1列だし・・・
ちょっと寂しい。。

またGF平積みが何列も並ぶ日が来て欲しいものです。

で、今回はまずセバさん壁丼ポスターですが、これが超美人さんなの!!
いつもよりもずっとずっとアップのセバさんめます  O(≧∇≦)O
ガラス越しだということをいいことにぺろぺろできそうですよ!

瞬殺されそうですがwww

でね、歯ぐきが見えるのよ!?(*/-\*)
いつもとかはチラ見できるけど歯ぐきまではなかなか!
これは貴重です!! ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

息を飲むほど、そのまま息するのを忘れるほど別嬪さんです!
睫毛ばっさばさエロモンダダ漏れ悪魔眼たまらんっす(*´д`)ハァハァ

これで一体誰を襲いに行ったか妄想するもよし、誰に襲われにいったか妄想する
もよし、貴女の好き放題にってさしあげましょうv

いやいやこの“Wall Bang!”はぜひぜひお迎えを!
手袋からこれ見よがしに見せつけてくれてるあの部分も必見!
本編よりも穴がデカイと思われますww

いや~~~この悪魔、ホントけしからんです(*/-\*)

それから付録は葬儀屋さんのグラフィックついてます。
個人的には一番いい感じじゃないのかなと思ってます。

どんなかな~~って思われる方は壁丼ポスターもみることができますので
月刊Gファンタジーの公式HPへ。

で、キャラクター選挙の中間発表ですよ!
私のハガキはカウントされているのかどうか不明ですが、何しろ1月の終わりごろに
投函した気がするので。。

中間発表の結果もGFHPから見ることができます。

20位までが発表されてますが、大体4位までは想像通り。
そして5位にしのヴィンパパが!(p≧∀≦q)〃

なんと私と同じパパン推しの方がたくさんいらっしゃったようで♪

もちろん、セバさんと坊っちゃんあっての黒執事ですから、そこのところは外せない
のですが、やっぱり読みたいですよね、パパンのお話 (*>ω<*)ノ ハイッ 

円盤の特典薄い本にも登場してくれはりますが、もっともっと読みたいのですわ。
腹黒パパンをください  (/∀\*)

できればセバさんと絡んでもらえないかと (*/-\*)
時空を超えて、「御子息はただいま私がお世話させていただいてます」
なんてご挨拶に行けないものかと。。

葬儀屋さんもぜひぜひ登場して欲しいものです。
で「あ~、あの時の悪魔は君だったのか」なんて思い出したりとか。

どんな読み切りが出来あがるんでしょうね
楽しみですわ♪

お家にハガキが眠ってる方、もったいないですからぜひぜひキャラ選挙に参加
しちゃいましょ!

 

さて、本編の感想を仕上げる予定でしたが遅くなってしまったので明日にします。
がっつり戦車とバトル中ですね。

親指であれとかこれとか坊っちゃんのお膝とか見所満載 (*´∀`*)

扉絵もねd(≧∀≦*)ok!

ではまた明日がんばります♪


2015年02月19日 (木) | 編集 |

今回はい回でしたわ!!!
もうお気に入りの場面やらなんやらかんやらでニヤニヤが止まらず(///∇///)

まぁなんといってもお気に入りはハクのはちみつペロペロなんですけどね。
無意識で舐め続けてますからね。
で、原作ではペロペロって感じだったけど、まえぬの頑張りによってアニハクは
ひゅる~って舐めてましたね!
エロさ倍増ヽ(*´∀`)ノ

そして、いいよぉ~~~ハクが悶々とするとこ!!
これがこの作品の醍醐味 d(≧∀≦*)ok! 

自制しようとするハクをジェハがいい具合に煽ってくれちゃって♪
早く堂々とハクがヨナをペロペロ出来る日がくるといいなと思います。
それまで応援するからね~~~
頑張れ、ハク(*≧∀≦*) 

そしてヨナのことが気になって気になって気になって気になって仕方がないくせに
自分だってギガン船長に見透かされているくせに 全然気にしてませんよって
虚勢はってるジェハも可愛いwww


さぁ「それ相応の覚悟を見せろ」とギガン船長。
断崖絶壁の中腹に生えている千樹草を誰の手も借りず一人で取って来いと。

気乗りしないジェハでしたが、ヨナを千樹草のある絶壁へ案内。
ヨナは気合を入れて進みます。

マントが風に煽られて危なそう(><)
せめてマントは無い方が良かったかも。。

今回、作画もいいし、千和さんの演技もいいわでホントしい!!
ここはヨナの見せ所ですからねv

足がすくみ動かない・・・落ちたら死ぬという恐怖。
涙が止まらず、全身が硬直。

そんなヨナを見てジェハは先代に言われた事を思い出し・・・
後ろ姿だけど先代イケメンそう。
ショタジェハ可愛い。

偉ぶった野郎がやってくると思っていたのに自分を迎えに来たのは特別な力も
何も持たないか弱い少女で・・・
本当に彼女が四龍の主なのかとジェハ。。

ジェハはヨナに女の子なのだから無理をせず戻るように促しますが、ヨナは首を
横に振り・・・
涙をボロボロ流しながらも震える足を前へ出し・・・

ヨナは「薬が目的で良かった」と言います。
もし、ハク達が大怪我をしてたとして千樹草があれば治るものであったなら・・・
私はたとえ矢の降る戦場の真ん中に生えていても取りに行く

ああ・・・この強さがいいわ。

無意識でヨナについていってしまうジェハ。
見張りだと誤魔化しますが、もうそろそろ自分に正直になるといいよww

ジェハの声が近くにあると安心すると言うヨナに自分の方こそなぜだと自問。

この僕がもっと君の声を姿を感じていたいと思うなんて

おいおい べ様ヴォイスでこのセリフかよ(*´д`)ハァハァ 
ジェハもお笑い要員みたいなものだけどこれはたまらん(p≧∀≦q)〃

ずっと強くなりたかった
始めは自分を守るため
次は 私のために全てを捨ててきたハクを守るため
私を生かしてくれた仲間たちに報いるため

足よ 動け 少しずつでも一歩ずつでも!!
歯を食いしばりながら涙を流しながら足を進めるヨナ。

この恐怖に打ち勝てばきっと 欲しかった強さに近づける

そしてヨナは千樹草の生えている場所に辿りつきます。
が、ヨナが引き返そうとした時、大波がヨナを襲って・・・!

原作ではヨナが嫌な感じがしてジェハに逃げるよう叫ぶのですが、アニメでは
ヨナがすこ~~んと波にさらわれてしまいました・・・
海に飛び込もうとするジェハ。

胸肌蹴けジェハにドキッ!(///∇///)

ヨナはなんとか蔓にぶら下がっていて(強運の持ち主ですからねv)ジェハに
助けてもらうことに。
濡れてるジェハも肌蹴てるジェハも美味しいです。

ヨナと近いけどハクに見られなくてよかったねw

僕をここまでハラハラさせる君はすごいというジェハ。
つまりは吊り橋効果でヨナにちたってことですね。

実際の絶壁を見て慌てるユンくんとキジャ。
ハクも当然、気が気じゃないでしょうが、ここで動いてしまったらヨナの覚悟を
無駄にしてしまうことがわかってるから動かないのでしょうね。。

でもユンくんとキジャはヨナのことが心配で・・・
「ヨナは女の子なんだよ!?」っと抗議するユンくんに

「女だって戦わなきゃならない時があるんだ ナメんじゃないよ!!」と船長。
ああ・・・榊原さん カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

そこへヨナが帰ってきて・・・
ユンくんに抱きしめられてアオが潰れそうwww
それをみてるシンアww

無事、千樹草を取ってきた報告をしますが、突然の大波で海に投げ出されそう
になりジェハに助けてもらったことも正直に話します。
「自分一人の力じゃ成し得なかった」と言うヨナに「では、諦めるのか」と船長。

「いいえ、もう一度一人で取ってくる!!」
おお~~~ここもいい顔だ!

これにはギガン船長もヨナを見直したようで。
「根性あるじゃないか」と認めてくれました。

「お前みたいなヤツは窮地に立たされても決して仲間を裏切らない
そういうバカは嫌いじゃないよ。船に乗りな」

れます船長!!O(≧∇≦)O
左手をさっと揚げたところとかギガン船長にれる!!!

ヨナが無事に帰って来てホッとするハク。
「あの子が絡むと君はそんな顔をするんだね」とジェハ。
よく見てますな。。

ジェハはヨナのような子は初めてで僕にとっては非常に厄介でめんどくさく
護衛するヤツの気が知れないといいますが「よっぽど大切なんだねぇ」とも。
わざと「恋人」かと尋ねるジェハ。
「大事な預かりモンだ」と答えるハクがイケメン過ぎてクラクラ (*/-\*)

ジェハは二人は近いようでいて距離があると感じたと言い
「それって君が彼女を本気で欲しいと思ってないからかな」

ジェハはぐいぐいと攻めてきます。
ついでに「彼女に興味をもった」などとハクをからかってみたり。

これが予想以上にハクの気持ちを揺さぶったようで・・・

ずっと兄妹みたいに側にいて、スウォンとヨナが治める国を守ることだけを誓って
過ごしてきたハク。
今、なんとか生きようとしている姫さんにこれ以上望むことなど・・・

でも、ヨナの棘だらけの手にはちみつを掛けてやり、改めてお姫様だというのに
傷だらけの手を見ていると・・・
見ないようにしてきた自分の感情が頭を持ち上げてきて・・・

そこへヨナから「少しはハクに近づけたかな?」なんて距離を縮める発言をされた
ものだから・・・
ついに抑えてきた自分の気持ちを認めざるを得なくなるハク。
たぶん、そうなんだろうよ。
そいつは今まで何度も殺してきたんだから

思わずヨナの手から垂れるはちみつに舌を這わせ舐めあげ・・・
ヨナの様子にも全く気が付かず、ペロペロ・・・

これは感じるわな (*/-\*)
掌とか手首とか堪らんっすわ(*´д`)ハァハァ 

ええわ・・・ 我を忘れて舐め続けるハク   (p≧∀≦q)〃
エロいハクをご馳です d(≧∀≦*)ok!

さすがにヨナも突然こんなことをされたら驚くってことで、ハクを止め・・・
やっと自分が何をしてるか気づいたハクはヨナの手を離し・・・

ああ・・・やっちゃったね。。

姫さんが自由に生きる
それで満足しとけ バカ野郎
「今更欲なんて 顔を出してくれるなよ」

ハク切ないね ( p_q)
でも、この悶々と苦悩するハクが大好物ですv
たまんねぇぜ (〃∇〃v) 
作画もよくて大満足!!!

今回はEDがちょっと変則。
なかなかいい感じです。

この闘いが終わったら海賊を解散してあいつらを普通の生活に戻してやりたいと
言うギガン船長。
が、ジェハだけはこの船が家だから難しいと。
ヨナに連れていってくれるかと尋ねる船長。

こっそり聞いてたジェハは一人が好きだから気ままにやっていくと言いますが・・・
ギガン船長はジェハがヨナたちを意識してることを察します。

っと、シンアが船が港に集まってきていることを知らせます。

いよいよクムジが動き出すようで・・・
彼の目的は人身売買。
これはただならぬ状況・・・

次回もドキドキの回になりそうですね。

さて、はちみつプレイをヘッドフォンでリピしようかな。


2015年02月17日 (火) | 編集 |

え~~~~~!?
セルティ首がないからダメージないと思ったのに、痛みがあるの!?

今回はあまり話自体は進みませんでした。
でも、ヴァローナとスローンが登場してドキドキが増してます。

セルティは粟楠茜の捜索と護衛の依頼だけじゃなくて、聖辺ルリの元事務所の
元社長、澱切陣内の捜索依頼も受けていたとは。。

彼は何者なんでしょうね。
変な奴らしいってことはわかりますが。

何をしでかしたのかが気になるところです。

で、この澱切陣内が接触を図ったのがヴァローナたちのようで。
彼はヴァローナらに粟楠茜の誘拐を依頼
護衛が手ごわいと聞いたヴァローナは興味を示し、それでセルティを襲ったって
ことだったみたいです。

まずは護衛を始末してしまえばいいって考えたようですね。
ヴァローナはワイヤーですかね。
なんか便利そうな武器のようです。

人を襲うくらいにしか使えそうにはないですけど(^^;

「黒バイクの頭部を失った姿を確認」っていってますが、セルティが首なしで
あることを彼女は知らないようですね。

ヴァローナの話し方はちょっと苦手。
彼女自身は面白いキャラだと思うのですけどね。
活字で読む分には気にならないのかもですが音声化されると辛い・・・

ヴァローナはとてもモノ知りのようで、いつも一緒にいるスローンの質問に
即答してます。
スローンの質問も何でもありというか、どうでもいいようなことばかりでww
でも、気になるといえば気になる内容www

セルティはどうしてしまったのかヘルメットを被ることをせず、首なしの状態
のままで移動。。

周りにいた人にも写真を撮られてしまうしで、このままで大丈夫なのでしょうか。
日常が非日常になってしまいましたね。。

早く新羅のところへ帰った方がいいと思うのですが、ヴァローナのバイクの
ナンバープレートに闇の手を伸ばしてましたね。
どうするんでしょ。

追いかけるのかな??

新羅のところには茜を連れた静ちゃんが。
静ちゃんが茜を誘拐したと騒ぐ新羅ですが、静ちゃんに限ってそんなことは
しませんよね。

茜は新羅の家で発熱。
取りあえずはしばらく匿われることになるんでしょうか?

帝人は正臣に大人しくしていた方がいいと忠告を受けるも、青葉が誘ってくる
のを断れず、連休中に池袋へ行く約束をしてしまいます。

帝人を連れ出すには杏里を押さえればいいと青葉は心得ているようで。
帝人、単純すぎ(><)
こうやって青葉のペースに帝人は乗せられてしまうようです。

青葉はダラーズの創始者である帝人を危険な状態に放り込もうとしてるんで
すかね。
臨也を邪魔者に思ってるようですし、帝人を使って何か企んでるのではないかと。

で、臨也の方も帝人に接触
帝人は双子からダラーズが埼玉の人に手を出してると知ってこれを止めようと
しますが、それを臨也はなんでそんなことをするのかと。
ダラーズには他県へ行って喧嘩をしてはいけないというルールはないのに。

臨也は臨也で何を企んでいるんでしょ。

そもそもダラーズにはルールがないってことですが、そんなので組織が成り立つ
とは思えず、ダラーズって未だになんかよくわかりません。 (・_ .*)?

で、最後なの!?
杏里ない(><)

杏里だから大丈夫なのか???

ヴァローナがもう1件依頼があるって言ってたし、女の子だから気がすすまないって
言ってたから、あれはヴァローナなのかな??

セルティが追いかけてたりしませんかね。
バイクがトレーラーに収まった時には闇の手はなかったからセルティは追跡して
ないんですかね。。

セルティ心配。。

そして、お話の方はややこしい関係がますますややこしくまってきてるようです。

出てくる人間は多いけど限られているので、その限られた中でれるだけれる
ってことですかね。。

とりあえず、しばらく見守るしかないようで(^^;






2015年02月17日 (火) | 編集 |

なんとか体調が戻ってきてます。
さくっと今週もWJの一言感想いきます。
では、掲載順に。

表紙&巻頭カラーは新連載の「ブラッククローバー」

ブラッククローバー
なんかナルトとサスケを連想させますが、仲が良さそうので嬉しいw
魔法ファンタジー系は飽和じゃないのかと思うほど溢れ返っているので
他とは違う面白さを期待したいです♪
イケメンくんの成長が楽しみv

ONE PIECE
とにかくすっきりした!!

僕のヒーローアカデミア
さすがにアカンわ。。っと思ったのにやりよる!よかったv

カガミガミ
探偵の真子が今ひとつヒロインとしての魅力に掛ける(部屋汚すぎ)けど
こだまと猫が可愛い。
もたつく真子よりこだまヒロインでいいじゃね?

暗殺教室
E組の演劇期待できると思ったら反対方向の劇だったwww
さて次に何が起きるのか?
なんか不穏な空気。

トリコ
カカもいし、小松もい(><)

食戟のソーマ
さすが創真はお客をさばくのが上手い。
でも、勝手にメニューを作っていいんだろうかww

ハイキュー!!
田中の素直なツッコミに笑ろたw
そして飛ちゃんのトスアタックすごいな。ここでか。
こりゃ引っ掛かるわ。

斉木楠雄のΨ難
切ないwwww

火ノ丸相撲
桐仁くん、ずっと険しい顔して疲れないのかなとww
見て方が疲れるw
さて、彼の提示は単に技を増やすってわけでもなさそうで楽しみですわ。

学糾法廷
わけわからん子キタw

銀魂
ついに真選組と銀さんと桂が手を組むことに!
高杉はまだ治療中かしらん。
抜け目ない沖田に感動w
そして、今更ながら髪を切らずに首だけ斬った銀さんの技に・・・ (・_ .*)?

とんかつDJアゲ太郎
ギター弾いておいてうるせいなぁとはいい根性してるw

ニセコイ
うん、そうだよね。
それ聞いてみたいとみんな思ってるよ。

こち亀
なるほど、そうキタか。
両さんがタダで動くわけがないよね。

卓上アゲハ
スポーツものはキャラの魅力が大事だなとつくづく。

BLEACH
出てきた割にあまり絡まないなぁ一護。

E-ROBOT
内容はともかくとして絵は可愛いし、キャラが明るいところが好感持てました。

磯部磯兵衛物語
まさか磯兵衛のイキ顔をみることになるとはwww

 

では、今週はこの辺で。

 


2015年02月15日 (日) | 編集 |

おお~~~赤司さまが過ぎる~~~!!!!
って思ってたのにEDの赤司さまペンキ缶に全部持ってかれたwww
何を書くんでしょ?
今後の赤司さまの動向に注目!!

ってことで本編は・・・

作画がいいですね (*≧∀≦*)
いやもうそれだけで惚れ惚れするwww

秀徳はまだ諦めていないと黒子。
彼らが動くのは覚悟を決めた時。

緑間と高尾のなれ染め。
バスケ部に入部する緑間に声を掛けてきた高尾。

第一印象は「軽薄そう」
ま、でも高尾の緑間に対する印象も「語尾がおかしい変な奴」だったんじゃ?

秀徳の練習はハードで、帝光と同じかそれ以上。
中学で腕を鳴らした者も次々と辞めていくレベル。
そんな中、緑間は一年では珍しい居残り練習。
さすがですよね。

が、緑間が残っているときはいつも高尾も残っていて・・・
シュート高過ぎって緑間に声を掛ける高尾。

うん、私もそう思う。

緑間は高尾が自分に敵意を持ってると感じますがそれ敵意じゃなくて好意

高尾は中学の時、緑間と当たって負けているんですよね。
でも、緑間は覚えていない。
絶対倒すと決めた相手が同じ高校にいて・・・

「笑うわマジ」

認めさせたかっただけだと自分の本音を晒す高尾に「なぜ告らなかった」と
緑間。
まぁそう簡単にはいかないよ。

高尾は緑間より練習して自分の力で認めさせることを宣言。
「そのうち思わず唸るようなパスしてやっから覚えとけとよ、真ちゃん」

一気に緑間の懐へ飛び込み距離を縮めた高尾v
それからはライバルであり、チームメイトであり、一番の理解者。

自分を信じる以上にチームメイトを信じる必要があると緑間。
何をしようとしているのか・・・!?

ボールを持っていないのに緑間がシュートモーションに入った!?
あり得んwwwww

そこへ高尾からピンポイントでパスが入り3P!

緑間の構えた位置にパスを出す高尾。
そこに来ると信頼して迷いなくシュート体勢に入る緑間。

帝光時代の緑間は絶対の自信がある時しかシュートを打たなかった。
それを知ってる者たちにとっては大きなリスクを負っての緑間のシュートに
きを隠せず・・・!!

そしてそれは同時に緑間がいかにチームメイトを信じているかの証でもあり。。

緑間の三連続3P!!

これまでなぜこの技を隠していたのか?
誰もが思うところですが、相手が赤司だから出さざるを得なかったってことで。。

空中でパスをもらってそのまま3P。
ここまでは緑間の考えていたこと。

帝光時代、身体への負担から全力で戦うことを禁じられていたキセキの世代。
だから、お互いの技を知ってはいても緑間も赤司のエンペラーアイを体験する
のは初めて。

「想定以上だ」と緑間の技に驚きながらも赤司は嬉しそう。
そして、「僕の命令は絶対だ!」

またも赤司の前で座り込んでしまう緑間。
が、「倒れることは恥ではない」
起き上がらないことこそ恥だと赤司にくらいつく!!

おお~~~!!
いつもクールなみどりんがい!!

赤司には高尾と緑間でダブルチーム。
っと、赤司は自分のゴールへシュート!?    (((((゚.゚;) 

自殺点????
ったとしか思えない!?

異常に見えた行動は実は自チーム・洛山に対するめあげ。
「僕がいつ気を抜いていいと言った?試合はまだ終わっていない」

大差をあけたことで気が緩んだのかと、それならば差がなくなればいいと
わざと点差を縮めたってことのようで(><)

容赦ないです。。

「頭を冷やせ」と赤司。
自分のチームのプレイに静かに腹を立てているようで・・・

「もし負けたら僕を非難しろ。」
今の自殺点が敗因だから速やかに退部すると言い、さらに赤司は・・・
「罪の証として両眼をくり抜き、お前たちに差し出そう

おいおい、い男だよ。
あんたはリヴァイちゃんか!? (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

が、鞭の後には飴が・・・
「確信している。お前たちがいて負けるはずがない」
微笑みすら浮かべている赤司。

この緩急の恐ろしさ。。
これは掴まれるってものですわ。

途端、洛山の動きが変わり・・・

赤司が宣言します。
「この試合はもう終わりだ。お前はもうボールに触れることすらできない。」

そりゃみどりんが触れなきゃシュートは入らんもんなぁ。。

バスケにとって高さは絶対。
本来緑間の高さを止められる手立てはないはず・・・

がそれでも「僕が絶対」だと揺るがない赤司。

高尾にダブルチーム。
高尾を抑えてしまえば、彼以外にピンポイントで緑間へパスを通せる者は他に
いないだろうってことですね。

ところが、「これくらいでテンパって真ちゃんの相棒が務まるかよ!」
高尾が緑間へパスを!

さすが高尾の愛は深い!
緑間も必ず高尾が抜くと信じてモーションへ!

っと思ったら簡単に赤司がカット。
みどりんの空振りシュートのシュールさよ・・・

パスが通ったらかっこいいけど、ボールがなかったら・・・辛いよ。。

真太郎が左利きである以上、左側からしかパスを入れられない。
真太郎のシュートモーションはいつも同じ。
エンペラーアイを使わずともパスコースもタイミングも分かる。

淡々と緑間のシュートの弱点を説明する赤司。
みどりんの正確なシュートが逆に赤司にとっては読みやすかったという。。
試合中だと言うのに審判までが赤司さまにってる模様ww

更に布石は既に打たれていたことに気づく緑間。
赤司は「相手に悟らせず先を見据えてこその布石だ」と。

どこまでも冷静かつクールに先を読み進んでいるんですね。
誰も赤司さまに勝てる気がしません。
将棋のプロにでもなれそうですけど、ま、お家がありますもんね。

レオ姉の4点プレイで勢いを増す洛山。
それでも諦めない緑間。

赤司は最後まで闘志を失わなかった秀徳と緑間に敬意を表します。
「だが、届かない。眠れ、歴戦の王よ」

ひぃ~~~赤司さまの絶対的な強さにはビビりますわ。。
これで1年ですからね(^^;

キセキの世代で赤司さまと闘うのはみどりんが初なのですが、これだけの
力の差が出てしまうとは。。

しかも最初から洛山本気ってわけでもなかったですしね。
全ての試合は赤司さまの戦略通りってことで。。
圧倒されてしまいましたよね。

これ、普通にバスケ練習しても絶対に赤司さまには勝てる気しないんですけど。
合気道とか習う??
武道の呼吸法とか居合とか学んだ方が良さ気・・・(^^;

これでまた洛山の試合が楽しみというものですが。
これだけのチームを相手にどう闘えばいいのか・・・。

さぁ、その前に海常との試合です。
こちらも楽しみですよね!

火神が青峰のシューズで出てきますv
やっぱり試合は作画もいいし見応えありますわ♪



2015年02月15日 (日) | 編集 |

今回ったwww
これまでで一番面白かったわwwww

裁定なしで何やってんだろwwwって感じだったけど、それもどうでもいいやって
くらい意味不な展開が清々しいwww

マユはOPにも出てきてるけど、これからここに残るんですかね。
ギンティのところでは裁定しないってことはないですよね?

前にデキムのところへきて黒髪の女の裁定が出来てないことを散々に言ってた
くせに自分は裁定無しってことはないと思うのですがww
どうなんでしょww

今回はギンティのバー。
女子高生マユのゲームの相手は彼女がファンだというC.H.Aというアイドル
グループの原田。

あら~マモちゃんですね。
二人が始めるゲームはツイスターゲーム?
これは楽しそうwwwww

マユちゃんのスカート短いしこれはパンツ丸見えパターンだわねって思ったら
いきなり正面からでしたwwww

マモもせてくれます。
ダンスが得意ってことですが、よくわかんないんだけどM字開脚wwww
あはははは~ o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

その後も危ないのか嬉しいのかわからないみポーズが続き・・・
ファンには堪らんだろうなぁwww
死んでもいいって思うわw

っと今回、ギンティ@細やんは徹底してドSのようで(これも楽しい)
突然、マットの上の○に模様が浮かび上がり、赤に触れれば灼熱、緑は突風
青は極寒ととんでもない状況に。

それでも二人は何とかクリア。
原田マモはアイドル魂で極寒を吹き飛ばし、ついでに自分の服まで吹き飛ばし
なぜかパンツ一丁wwww。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハ !!

でも、その後の黄色が最悪で自分たちが触れている○以外が下がって・・・!

ここからはサドンネス
先にどちらかが落ちればゲーム終了。
下はの山・・・!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

原田マモはマユを蹴落とそうとしますが・・・
なんとマユは原田の前でらすくらいなら死んでしまおうと、自分が降りる
と言い出し・・・

ちょっとおバカな子みたいだけど純真ないい子なんですね。。

っと、ここで原田の記憶がり・・・
どうも女好きだったようですが、軽い気持ちで付き合ってた子かな?が別れ話を
切り出したところ自殺をしてしまったようで。
それを止められなかったことを悔いている様子。

自分で蹴落とそうとしていたのに、マユの態度にこのまま別れるわけにはいかない
と落ちて行くマユの手をキャッチ。

おお~~いいとこあるやん!!
って一体どういう体勢なのよぉwwwww

ファンの子たちがいてくれたからこそアイドルができたんだと気づいた原田はマユに
またライブに来て欲しいと。。
手は離れてしまったけれど、原田の涙がマユの涙に重なりこれはいい場面だわと
ちょっとばかり感動してたら、マユはお風呂場で石鹸に滑ってお亡くなりになったとかw
あかんわこれww

原田の死因は自殺した子の姉による復讐での爆死。。(^^;

なんてこったいと思ったら、マユの落ちた針山はボヨヨンってまるで風船の
ように膨らんでケガ無く着地。
れちゃいましたけどね。

早く着替え持ってこい!!ってギンティに叫んでるマユがいいですわww

で、なぜか浴衣に着替えてギンティのバーに現れるマユ。
ちゃんとお風呂にも入ったんでしょうか?

化粧を落としたら可愛くなってます。
一方、原田の方はパンツのままでwww
こちらは服を出してもらってないのね。

Cパートでは原田がいつの間にか衣装着て宴会場でライブしてますwwww
デキムと黒髪の女とクラヴィスさんもやってきて、それなりに楽しそうwww

一体どうなってるんでしょwww
ゲームで闇を暴きだすことも裁定もしてないけど、これはこれでwwww

猫ちゃんはなんだったのか気になります。
また出てきてくれますように。



2015年02月14日 (土) | 編集 |

売れてる作品だというのは知っていたのですが、すでに30巻以上既刊
されてる作品だったのでそう簡単に手を出すことができず・・・

が、アニメ化されてそこかしこで面白いというか嵌っておられる方々を
みるにつけ、これはちょっと手を出さねばならんのでは!っと思い始め・・・

年末から地味に読み始めてなんとかアニメに追いつこうと思ったらいつの
間にやらアニメを抜いていて・・・

かといって、原作読みを止められず(^^;

いや~~これね、止まりませんのですわ。。

「弱虫ペダル」もアニメの放送が我が家の方ではなかったのでネット配信を
待てばいいけど、せっかくだからと原作に手を出したら原作だけで追っかけ
だして、結局アニメは後からまとめてみるという状況に。。

まさに、この二の舞ですよwwww

「ダイヤのA」もアニメを何話か見たんですが、いやいやこちらも素晴らしくて!
ほぼキャストがイメージ通りで違和感なんて感じる間もなく勢いでが~~~っと
楽しめちゃって、これは人気が出るわけだわ・・・っと納得。

かといって、原作を途中で切り上げてアニメ派転向ってことももうできなくて。。

先が気になるから読んじゃうんですよね。

で、結局、限られた時間はアニメよりもコミックスを読む方に回され、結果、
「弱虫ペダル」と一緒でアニメまで手が回らなくなったと言う。。

どちらもアニメも熱くて面白いしみたいんですけどね。
時間がね(><)

ということで、やっぱり感想は原作追いになりそうです。

で、なんでざっくり感想なのかといいますと、だって一気に44巻まで読んでしまった
んですもん。
細かい感想なんて書けるはずもなく。。

言えることは「面白い!」これだけですよwww

でも、それじゃね・・・(^^;ってことですし、44巻まで読んだざっくりの感想を。

アニメ派の方はネタばれになってしまいますのでご注意を!
アニメだと今、25,6巻あたりでしょうか?

秋の本番を前に、薬師高校との練習試合のところですよね?

原作では現在、本戦で薬師高校と当たってます(^^;
あれがこうなるのねって楽しみ方ができます。

練習試合の方は降谷が好投しますが、そのあとの栄純がボロボロという辛い
試合ですよね。
それまでそこそこの結果をみせてきただけにこれにはね・・・

そして、これ以降、気合だけはどうにもならない「イップス」に苦しめられる栄純。
死球を与えたことでインコースが投げれなくなってしまうのですが、イケイケタイプ
だと思われた栄純が意外に繊細だったことに驚きましたわ。

でも、このおかげで自分のメンタルや投球を見つめ直したり、成長がみられるん
ですよね。

「イップス」を克服できたかは・・・アニメをお楽しみに♪
なんて、既読の人はもうわかってはりますよね。
大丈夫です。

っていうか、逆に克服できなかったら話が進まないというか話にならないというか。
ここは少年マンガですからね。

私がこの作品を面白いと思うのは栄純が天才だとか、規格外だとかではなく
そこそこの面白い才能を持ってはいるものの自分だけの力で開花するではなく
周りの先輩とかライバルによって成長していくというところだと思うのです。

3年の先輩たちがいい味出してくれてましたし、今の2年の代になってからも
いろんなキャラがいて楽しめます。
それぞれのキャラがしっかりと立ってるんですよね。

ただキャラが多すぎて話がなかなか進まないとも言えますが(^^;

彼こそ天才と思われる降谷も結構苦労してるところもいいです。
最初はスタミナとコントロールに難ありで、次は怪我という・・・

1年で二人の違うタイプの投手がいて、エースを奪い合うとこも面白いと思うの
です。
そこに初めのうちは3年の丹波が本来のエースとしていましたし、現在は2年の
川上もいて。。

絶対的エースがいないのはチームとしての弱点ではありますが、それぞれの
投手が成長すれば、逆にそれが投手陣の層を厚くし、チームの強みにもなり
ますもんね。

私の好みとしては降谷くんがやっぱり可愛いので応援したくなりますがw
怪我だけが心配なんですよ。
現在、右足がヤバいですもん。

秋大決勝だというのに薬師戦の先発から外れることになるとは。。
そして、ケガと言えば・・・

御幸ですよ!!!
このチームの

キャプテンで4番で、ヤバヤバの投手陣を引っ張らなくてはならないという
重要任務を担う絶対的がまさかの負傷(><)

これはかなり痛い。

降谷がいないだけでもヒェ~~~~~なのに、御幸がいなくなったら・・・!
が、ここは他のメンバーが踏ん張るところ。

これまでは黙っていたからほとんどみんな御幸の状態を知らずに試合をして
ましたが、監督や他メンバーが知ることとなって・・・
さぁ、あんたらどうするの!?ってことですよね。

ヒットのない4番に代わって誰かが突破口を開かなくては!
点を取らなくては勝てませんから。

とにかく、栄純がどこまで薬師を押さえ続けられるか。
最後は降谷が出てくるんじゃないかと思われますが・・・
ドキドキハラハラです。

薬師の方だって簡単に負けるわけにはいかないですし、ホント、どっちが勝つ
んだろ。。

とはいってもですよ、この大会が終わってしまったら片岡監督が辞めちゃうん
ですもん。
これだけは勘弁して欲しい。

落合コーチもきっと凄い指導者だと思いますが、でも、あかんわ・・・
絵にならへんもん。

っていうか、熱くなれへん。

あの監督の元で青道ナインが勝ち進んでいく姿が想像できないというか、
なんかうww
きっと読んでる人みんな、そう思ってるでしょうがw

途中まで、おいおい、嫌だよ、監督交代するの(><)
ってマジビビってたんですが、今の流れだと落合コーチが身を引きそう?

ことごとく片岡監督とは方針が違うみたいですが、でも片岡監督の采配で
青道ナインがモチベーションを保ち続け、勝ち続けている様を見て、自分は
必要ないのではと思い始めてくれてますからね。。

ちょっと安心し始めてる私。

とはいっても彼のアドバイスも有効なので、このまま指導に協力だけして
くれませんかね。。

3年の思いもあるし、なんとか秋大会に優勝して選抜まで片岡監督続行で
お願いしたいものです。
もちろん、それ以降も。。

それには絶対に薬師との決勝に勝たなくてはならないのですが・・・

それにしても1年の秋で45巻ってペース大丈夫なのかしらんと、そんな
心配をしてしまいますわ。

今後は新刊読了後、ちまちま感想をあげていきたいと思います。
アニメの方は・・・
時間を見つけてなんとか見たいと思っていますが・・・

んんん・・・・ かなり厳しそう。
「弱虫ペダル」もいつから見てないかわからなくなってますし(^^;


2015年02月13日 (金) | 編集 |

ちょっとぉおおおおお

ヒストリアが巨人になっちゃったよぉ!!!!!
って思ったら違ったわwwww

親父の方だったwwww

絶対、ヒストリアだと思ったのに。
今月号読んでしばらくポカン・・・でしたわ。

先月号の感想はこちら

ネタばれ付きの感想ですのでご注意ください。

先月号で「オレを食って人類を救ってくれ」と言っていたエレン。
ヒストリアは自分の腕に注射器を・・・

ってところでドカンと巨人が現れたのでてっきりヒストリアだと思ったのですが
ヒストリアは「痛ったぁ」って・・・
全然巨人化してませんでした。

針を刺した痛みとともに昔の記憶が蘇ったようで・・・
それはフリーダと一緒にいて棘が刺さった時のモノ。
ヒストリアが柵を越えようとしたと知ったフリーダは突如、人が変わったように
激怒。

フリーダは時々何かに取り憑かれたように「私たちは罪人だ」と言っていたことや
その後、酷く落ち込み何かに悩まされているようだったのを思い出すヒストリア。

ヒストリアはなぜフリーダは全ての巨人を支配する力を持ちながら巨人の脅威
を排除し、人類を解放しなかったかを父に問います。

っとレイス卿は「初代レイス王は人類が巨人に支配される世界を望んだ」と返答。
初代王はそれこそが真の平和だと信じていて、世界の記憶を見た者にしかその
理由はわからないと。

レイス卿は王の思想を継承した父もフリーダと同じであったと言います。
そして弟が継承を買って出る代わりに祈ってくれと自分に託したことを話し
巨人の力を受け継いだ弟の目を見て、その意味を理解したと言いますが
これがちょっと怪しいなぁと。

レイス卿は弟が「祈ってくれ」といったのは彼が全知全能の神となったからだと
理解したようですが、私はそうではなく人類の未来を祈ってくれという意味では
なかったのかなと・・・

ヒストリアは迷います。。

エレンの中に王の力があっても人類に望みはない。
でも自分が巨人になれば初代王の思想に支配される。
神を宿すことが自分の使命であり、父が望む自分の姿。

っとユミルの姿を思い出すヒストリア・・・
「お前・・・胸張って生きろよ」

おお~~~ユミルの言葉がヒストリアの世界を変えたようです。

ヒストリアは自分の意思で神にならないことを選択。
注射器を投げ捨てます。

なんと、父を背負い投げ。
見事!
伊達に調査兵団で鍛えてたわけではないようです。

「何が神だ!!都合のいい逃げ道作って都合よく人を扇動して!!」

荒々しい程のりをぶちまけるヒストリア。
これまで彼女が見せたことないほどしく感情を爆発。

「もう!これ以上・・・私を殺してたまるか!!」

それはこれまでいかに彼女が自分を殺してきたかってことですよね。

エレンの元へ行き、鎖を外そうとするヒストリア。

エレンは「俺が生きていたらみんなが困る」とや早くヒストリアに食ってくれる
ように頼みます。
「もう辛いんだよ生きてたって!」

エレンの心の叫び!
自分が不要であったと気付き、自分の存在こそが人類にとって邪魔なのだ
と痛感して・・・

ところがヒストリアは「うるさいバカ!!泣き虫!!黙れ!!」っとまるで人が変わって
しまったかのような態度。
しかもエレンをってるしwww

さすがにこれにはエレンも驚いたようで・・・(^^;

「巨人を駆逐するって!?誰がそんな面倒なことやるもんか!!
むしろ人類なんか嫌いだ!!巨人に滅ぼされたらいいんだ!!」

しく感情ぶちまけるヒストリア。

自分は人類の敵で最低最悪の超悪い子だと言い、エレンを逃がして全部
ぶっしてやると宣言。

これまでのヒストリアと全然違いますが、なんかいいぞ!!

レイス卿は割れた注射器から漏れた液体のところまで這いずっていきます。
液体は巨人の髄液だからか蒸発し始めてるようで。

レイス卿は床に零れる液体をめ・・・
超大型巨人に!!

ってこれまでの巨人よりも遥かにデカイようです。
舐めるだけで巨人になれるのか!?
注射より簡単じゃないのかしらん。。

口の傷から体内に入るってこと???
ここはよくわかりません。。

エレンはレイス卿が巨人になったのならこのまま自分が食われればいいと
考えますが、ヒストリアは「私は人類の敵だけどエレンの味方」と逃げずに
エレンの鎖を外し続けます。

この鎖の鍵がたくさんあるみたいでなかなか合わないんですよね(><)

いい子にもなれないし、神様にもなりたくない。
でも、自分なんかいらないなんて言って泣いてる人がいたら・・・
そんなことないよ って伝えに行きたい

それが誰だって!どこにいたって!私が必ず助けに行く!!

鍵が外れた途端に爆風で飛ばされるヒストリア。
そこに104期生&兵長が!

壁に打ちつけらそうになったヒストリアの頭をミカサがガード。
男前だわ・・・(/ω\*)

そしてヒストリアはパンツ履いてるのか!?
履いていたとしても兵長から丸見えだわ・・・
ジャンにも見えたかもしれない。

リヴァイ、ジャン、コニ―で一気にエレンの鍵を外し危機一髪!
天井の崩落を回避。

あっぶねぇ・・・

レイスさん・・・
超大型巨人よりデケェとは・・・

レイス卿が用意した巨人はでかすぎて洞窟を破壊しそうです。
これヒストリアが巨人化しても同じことになっただろうし、レイス卿はチョイスに
失敗したようですね。

「結局てめぇも巨人に無知だってことはよ~~くわかったぜクソが!!」っとケニー。
うん、同感。

エレンを食う予定だったんでしょうが、天井は崩してしまうわで、そのままでは
そこにいる人間全部ぺっちゃんこ。

エレンは自分が巨人化してみんなを守ろうかと考えますが、巨人の身体程度
では落盤を防げず、みんな潰れてしまうと・・・自分が役立たずであることを
います。

「そもそもずっと・・・最初から人類の希望なんかじゃなかった・・・」

っと、レイス卿の鞄の中から瓶が一つ転がっているのを発見。

そこにはヨロイと書かれているようで・・・
それを体内に取り込むと鎧の巨人のような硬質化ができるみたいですね。

「好きな方を選べ」とリヴァイ。

エレンは最後に一度だけ自分を信じることを許して欲しいと瓶を噛み砕き
液体を体内に取り込みます。

っとしい爆風が・・・!
エレンが久しぶりに巨人化したようです!!
硬質化するようなので、見た目も少し変ってるんでしょうかね。
来月号が楽しみ。

取りあえず、レイス卿と闘うってよりはみんなを助ける方が先でしょうから
バトルはその後かな。。

レイス卿は巨人化できる人間を食わない限り、つまりはエレンを食わない限り
知性巨人にもなれないし、王の思想の継承もできないただの巨人ですから
あまり強そうではないですよね。

ただデカイってだけで。

リヴァイやミカサもいるし、ケニーもいるからみんなで攻撃したら勝てそうなん
ですけどね。

どうでしょ。。


ヒストリアがどうなるかと思いましたが、巨人になるのを思いとどまってくれて
よかったですわ。
さすがにエレンを食っちゃった。。ではアカンやろうとは思いますしw

王の力はエレンに残されたままですが、誰かに譲渡するとなるとエレンが喰わ
れる必要があるのでこれはないと思われ・・・

ならば、他から同じ情報を入手するか、エレン自身が情報にアクセスできる
ようになるかってところでしょうか。

他からとなるとライナー方面でしょうし、エレン自身からとなるとエレンが実は
レイス家の血を引いていたってことくらいしか。。

後は地下室ですね。
あそこへ行けば全てがわかるのだとしたら一刻も早くお願いしたいところw
エレンが巨人化したままミカサでも連れて行ってきたらいいのに。。

今のエレンなら他の巨人を操れるしチャンスだと思うんですが。

そうそう、エレンが見つけた瓶には「ヨロイ ブラウン」って書いてあったみたい
ですが、あれってもしかしてブラウンなんとかさんの髄液ってことですかね?

だとすると、1巻で死んだと言うブラウンさんはもしかして・・・!?
調査兵団の中に髄液を回収した者がいたりするんでしょうか・・・

壁の内部のことは大分判明してきましたが、後はライナーたちの部族のことと
言葉を話す巨人猿のことと、ユミルの民とがどう繋がるのかですよね。

壁の中の人間を悪魔の末裔とライナーらが呼んでたことから、初代レイスは
よほど何かやってはいけないことをしでかしたのだと思われますが。。
自分たちを罪人と認識してたようですし。。

巨人化の人体実験とかですかね。

まぁまだ謎だらけですわ。。


2015年02月12日 (木) | 編集 |

やっと緑龍がヨナと御対面!
するといたいのに抗いがたい衝動に。。

ジェハはハクの勧誘に出かけ、ヨナ達は緑龍を探しに。
お互い全然違うことをしてるつもりでも引き寄せ合っているようでw

横暴な役人の振る舞いに腹を立てるも何もできないヨナ達。
クムジの船が海賊に襲われ沈められたものだから役人がピリピリしてる
のだとユンくんは冷静。
これまでも彼は同じような光景を何度もみて、その度に同じ思いをしてきてたん
でしょうね。

人相書きが出回ってるためハクは別行動。
っと、ジェハと遭遇。

ジェハはハクの人相書きを笑うも、自分の人相書きは許し難いようでw
いやいやどっちも素晴らしい出来ですwww
イケメン度はまるでれてるけどそれっぽいところがwww

愉快な人相書きを燃やす二人
イケメンにとっては耐えられないことのようでwww

ばったり会ったことを幸いとジェハはハクを勧誘♪
「僕はね 君が欲しい
ドストレートなお

いい男だと思っていると人のいないところへ誘うジェハ。
いくら違うと言ってもジェハが誘えば誘うほどホモへの勧誘のようでw

私としては人気のないところへ行って楽しいことしちゃう二人をぜひとも所望
したいところですが   (*>ω<*)ノ ハイッ

ハクはまるで興味ない、食い下がるジェハを殴っちゃうんですが鼻血を流し
ながらゆらっと立ちあがり笑みをみせるジェハww

おお~~~やはり動くアニメは素晴らしいwww
見応えのあるいい立ちあがりです!!
殴られて嬉しそうなジェハが強烈

「今の拳 感じたよ・・・
ますますややこしいことを口走るジェハを変態認定し、身の危険を感じ
逃げるハクw

ハクが逃げるくらいだからよほどかったのでしょうww
これまで人間相手に怖いと思ったことはないようですから。。
二度と関わるまいと思ったハクですが・・・

ジェハは追いかけようとするも白龍の気配を感じ一時屋根の上へ退散。
とはいえ、狙った獲物は逃さないと口説き直し宣言。

っと、またも白龍の気配を感じたのか慌てたジェハは脚元を滑らせ・・・
落っこちたところは白龍・キジャの目の前

何が何でも出会わなくてはならない運命なのですv

しかもお尻がツボにすっぽりと嵌ってしまって逃げられない状況(^^;
美を追求してるジェハとしてはこれ以上情けない状況はないですよね。。

ジェハは子供の頃、緑龍の里からけ出し、他の龍に見つからないよう
気配をし、これからも逃げのびる自信があったようなのに残念。

キジャはジェハが動けないのをいいことにツボごとジェハを運びます。
怪力の右腕がお役立ちw
キジャは「我々の主がお待ちだ、共にお守りするのだ」と歴代龍たちの悲願に
ついて語りますが、ジェハは「そこに君の思考はあるのかい?」っと。

「何の疑問もなく言われるがまま主を守るとか言っているのならそれは悲願
ではなく悲劇だ」とジェハ。

ジェハはキジャから逃げます。

その頃、ヨナは役人によって子供を失った夫婦のところに。
理不尽さに腹の底からりを覚えるも、自分の無力さを痛感。。
ただし涙を流すことしかできず・・・

が、ヨナは父の時代から街が歪んでいるのならなおさら無力であることに甘え
てはいけないと、何か自分にできることはないのかと考えます。。

キジャから逃げたジェハはハクを発見。
もう関わりたくないというハクに一方的に自己紹介ww
君の力にれたから船長に会って欲しいと勧誘するジェハでしたが、ハクは
即、断り。

ご主人様も一緒でいいと言われれば「もっと断る」とw

そりゃそうだよね。
ヨナを危険な目に遭わせるようなことをハクがするわけがないw

そんなやりとりをしてるところへヨナ登場。

途端、ジェハは四龍の戦士への言葉が頭に響き・・・
沸騰するように感じ・・・

ヨナはジェハの様子から緑龍であると気付き、ジェハは誤魔化そうとするも
キジャが現れ、「その者が緑龍です!」と。

これにはさすがにジェハも自分が緑龍であることを認めざるを得ずww

ヨナに出会い、四龍との結びつきを舐めていたと感じるジェハ。
ヨナの姿、声も甘い誘惑だと・・・

それでもジェハはこれは自分自身の想いではなく、の血がそうさせている
だけだときあがる想いを否定

「僕は君に仕える気はないし、お帰りください」
守るべき人も死ぬ場所も自分で選ぶし自分で決めるというジェハ。

するとヨナは「そんなに威嚇しなくても大丈夫」と。
ジェハの言動がヨナには自分の身を守るための威嚇に感じられたようで。
これにはジェハもちょっとびっくり?

あっさりとジェハのことは諦めると言うヨナ。
「お願いしているのであって、命令ではないから」と。

ジェハもハクを諦めなくてはいけないことを残念だといいますが、ジェハが
海賊だと知り、ヨナは船長と話がしてみたいと言い出します。

ハクをあげる気はさらさらないけれど、クムジと闘っている海賊たちに
何か協力できないかと考えているようで・・・

取りあえずハクを連れてくるならという条件で翌日会うことを承諾するジェハ。

ヨナの独断で決めたことだけどユンもキジャもシンアも全員一緒にいくことに。

ハクもジェハの思い通りになるのは癪だといいながらも危険なところへ行く
ヨナに同行しないわけがなくw

あっさりと緑龍を諦めるというヨナに「自分の時は行くのを許した覚えはない
だのハクをちょうだいだのわがまま放題だった」のにと言うと、ヨナが予想に
反し赤面。

しかも「お前は別」だと言われ、調子に乗ってしまうハクwww
特別だと言われたことがしくてデロデロになっちゃったんですよね。
で、ハクの場合はこういうとき、ついつい悪乗りしてしまうというwww
「ハクだけは側にいなくちゃダメ」って言われたことも覚えてますv

ホント可愛いよなぁ~ (*≧∀≦*) 

ま、でも極々稀にくるですからねww
楽しみませんとねw
頑張れ~ハク~~ (^0^)ノ

ユンくんにあっさりいちゃいちゃタイム切られちゃいましたけど(^^;

翌日、一向は海賊船へ。
いきなりシンアの面が気になるギガン船長。
うん、そうだよね。
でも、無理はしないであげてwww

慌てて手で顔を隠すシンアが可愛い。

「私が一番大事にしているのは信頼だ」と船長。
顔も見せられない奴なんか信用できるかってことでしょうが、戦力は欲しい
ところ。

ハク、キジャ、シンアの3人で乗組員全員のしたら合格だってことですが
そりゃ可哀想というもの。。
あっという間に全員のされちゃいました。

欲しくなっただろ?
って・・・欲しいよ!!! (*´д`)ハァハァ 

ジェハは僕が3人いるようなものだといいますが、確かにww
白龍、青龍、雷獣・・・

当然3人は合格。
ユンくんは暴力以外の何でもできると売り込み。
料理、裁縫、狩猟、治療・・・

ところが、ヨナは。。

出来るものが何もなく・・・
弓はちょっとは引けるようになったのに言わないのね。

何もできない奴は足手まといだから帰れと言われる始末。
が、ヨナは引けない理由があると譲らず。

その目をいい目だと評価する船長。
ならば・・・っと、ヨナが役に立つかどうか一つ仕事をしてもらうと。

命懸けの仕事でヨナは試されることに。

次回、ヨナの作画に期待できそうですね!!
いい表情です d(≧∀≦*)ok!
これを待ってたんですよね!!

うう・・・楽しみだわ。

ここらあたりからヨナがグイグイ成長してきますからねv
ギガン船長もかっこエエし、惚れ惚れ~


2015年02月11日 (水) | 編集 |

より一層ごっちゃっとしてきてます。
ますます登場人物も増え・・・

っていってもOPやEDで出てくる人がそろったって感じでしょうか。

ゲームをしようという臨也。
使う者は人間の心。
作画がいいです!

100%人を操ることはできないけれど、どちら側かに踏み出すように背中を
押してやることはできる。

に対して臨也はメッセージを送ってるんでしょうかね。
波江さん?

不特定多数?
それとも青葉?

タブレットを放り投げて波江は「くだらない」と。
誠二以外の人間はいらない。

相変わらず極端な人ですわ。
今回は波江さんのナレのようです。

万引き犯を捕まえるろっちー。
捕まえるってより暴力的えたって感じで(^^;
またまたヤバそうな男が池袋に現れましたね。

顔中怪我をしてると思ったら、彼は前の晩、静ちゃんのところへきたようで。
ろっちーは埼玉の暴走族“To羅丸”の総長のようです。
ああ、トムさんが女好きって言ってた彼ですね。

メンバーが静ちゃんにやられたってことで挨拶にきたようですが、ちゃんと筋を
通す人のようだから静ちゃんも「ストレートに喧嘩を売られるのは高校以来」だと、
腕をまくってしっかり相手をしてあげたようです。
それで顔があんないことになってたわけですね。

いきなり、静ちゃんに顔面パンチなんて命知らずなww
直後、静ちゃんからパンチをもらい・・・
「静かに寝てな」って静ちゃんが素敵!!

が、なんと、ろっちーは4発目まで立ち上がってきたとか・・・!

静ちゃん相手にか!?
これにはマジびっくり!!

頑丈な身体のようで。
静ちゃんはその後、ろっちーを新羅のところへ連れていったようです。

ちょうどその時、みんなでチャットしてたんですね。
正臣は帝人に「ダラーズが危ないから連休は一人で出歩くな」と忠告。
正臣はどっから情報を仕入れているのかな。

普段は医者に運ぶようなことはしない静ちゃんでしたが、ろっちーのように正々堂々
としてる奴は嫌いじゃないようで。

静ちゃんはろっちーに看病してくれる女の子がいる聞いて羨ましいと思ったようです。
てっきりそういうのは興味がないと思っていたので意外でしたわ。

トムさんとろっちーの話をしてると店の外に静ちゃんに興味を見せる幼女が…。
静ちゃんが店を出ると、突然幼女が「死んじゃえ」とスタンガンを押しつけて来て!

ああ・・・ここにも危険人物がwww
何なんでしょ、この幼女は!?
スタンガンをものともしない静ちゃんがカッコ良すぎですがwwww

警察がきたものだからトムさんと静ちゃんは退散。
ところが、幼女が「死んで死んで」と静ちゃんの腰にしがみ付いて離れず。。
ホント、なんなのこの子???
仕方がないから変態闇医者で巻き込んでも問題ないと思われる新羅のところへw

お鍋食べさせてもらったのに新羅の扱い酷いwwww

その頃(かな?時系列がイマイチww)セルティは粟楠会にお仕事の依頼を受け
ていて・・・

どうやら静ちゃんに纏わりついていたのは栗栖会の関係者のようで。。
栗栖茜っていうのか。

セルティはやっかいな仕事を受けてしまったって言ってますが、家に帰ったら
その子いるからwww

ところがセルティは帰り道で謎の女ライダーの襲撃を受け・・・!
ピアノ線かな?
ふわってセルティにひっかけられたからヤバいと思ったらやっぱりだった(><)

でも、セルティは元々首なしだからよかったwww

この謎の女ライダーは栗栖会の人らが言っていたセルティと同じような格好をしてる
という女のことですかね。

彼女は何故セルティを襲うのでしょう???
ヴァローナさんと言うらしいですが、興味深いです。

ろっちーも埼玉のTo羅丸を前にダラーズを相手にすることを宣言。
どうやらダラーズに先に手を出されたようですが、帝人の知らないことのようなので
これは青葉の仕業かな・・・っと。

正臣が帝人にダラーズが危ないっていっていたのはこのことのようですね。
正臣は何を嗅ぎつけたのか??

例えダラーズであっても女に手をあげた奴はぶち殺すと言うろっちー。
徹底してますね。
女は守るべきものだと思っているようですが、なんでそこまで極端なんでしょ。

が、波江さんはくだらないと。

愛を知った女は強い。

さて、今回はどんな展開になることやら。
臨也はどこに絡んでいるのでしょうか?
今はさっぱりですが、また一つに終結されるんでしょうね。
楽しみにしたいと思います。




2015年02月09日 (月) | 編集 |

ちょっと風邪気味なのでさくっといきます。
いつものことですが(^^;

表紙&巻頭カラーは新連載「カガミガミ」
では掲載順に一言感想を。

カガミガミ
「PSYREN」うちの旦那が好きだったんですよね。
この方の作品いつも応援してて、順位が下がるたびにヒヤヒヤしてましたね。
さて、今回はどうかな??
ってことですが、以前読み切りで読んでますよね。
絵もいいし、あとはお話の展開次第ですね。
おパンツは要らないと思いますが。

暗殺教室
負けを認めたわけじゃないようですが、理事長が少し変わったようですね。
この物語の決着はどうなのか興味深いですよね。。
まだしばらくは続いてて欲しいですけど。

ハイキュー!!
確かに!
相手の完璧な一発を拾う快感!
山口のサーブはすぐに切られてしまいましたね。
緊張感の続く試合の中でもう少し心理描写があるといいのになぁっと。
会話でもいいと思うんですけど、もうちょっといろいろ考えながら試合を
組み立てていると思うんで。
特に飛ちゃんとかセッターなのにどう考えて攻撃をしてるのか見えない。

僕のヒーローアカデミア
扉絵賑やかです。
ラスト1分で鉢巻きを取られてしまったデクですが、即反撃に!
デクも長時間戦闘は無理だけどピンポイントでなら攻撃可能ですもんね。

銀魂
桂も動きましたね!
攘夷志士も真選組も万屋もその他もみんなまとまって暴れてくれ~♪
なんとか近藤さんが助かりそうな流れでよかった!

食戟のソーマ
一色先輩の裸エプロンに誰も突っ込まなくなってw
新章はスタジエールを乗り越えろですね。
創真は秘書子さんと一緒ですか。
どんなお店なんでしょうね。

火ノ丸相撲
おお~~~いい監督がやってきた!これで一気に実力アップvっと思ったら
火ノ丸にもまだ伸びしろがあるようで。
もういっぱいいっぱいだと思ったんですが。
とりあえず辻くんは前髪を切った方がいいと思う。

トリコ
ペアってなんか・・・もう、早くなんとかして(><;

ニセコイ
千棘が転校すると知って寂しくなるとか、まぁ気持ちはわからんでもなけど
はっきりせんのう。。

斉木楠雄のΨ難
灰呂グレーゾーンかwww
どっちでもいいけどww

カラダ探し
ゴメン、気持ち悪いだけでした(^^;
ストーリーがもう少しわかればねぇ・・・

ワールドトリガー
一度にたくさん出てくると頭の中でキャラが整理されない。。

学糾法廷
ふ~~~ん、なるほどって思いますけど、単純にキャラの魅力があまり伝わって
こない感じなんですよね。
残念だなっと思います。
あと紙面がごちゃごちゃしてて私には読みづらく・・・

BLEACH
本編後の解説が今の私に一番必要。

こち亀
両さんは全裸でもいつもと変わらないけど、中川のダメージはデカイww

卓上のアゲハ
卓球のボールの回転とラバーの関係面白そうなんだけど、イマイチわからん。
ごめん。理解力がなくて(^^;

E-ROBOT
くだらない方向への全力が潔いわw

磯部磯兵衛物語
統合はいいことなの?
重大発表ってのはこれだったのねwww
まぁまとまってる方が読みやすいからいいけど。

これから売れて欲しい本のランキングに入ってましたねv

 

では、今週はこの辺で~



2015年02月09日 (月) | 編集 |

ついに赤司の眼がベールをぐ~♪

先ずは秀徳サイドのお話。

宮地先輩がれられております。
が、厳しいのは後輩に対してだけでなく、自分に対しても。

誰よりも練習する宮地を見て、意外に思う高尾と緑間。

テスト期間だから居残り練習は禁止されているのに宮地先輩は成績がいい
から特別に監督から許可をもらっているようで。。
ってことは、バスケを頑張りたかったら勉強も頑張れってことですねv

大坪から宮地は決して才能がないわけじゃないけれど、血の滲むような努力
をしてきたのだと聞かされる高尾と緑間。
それは木村も同じで、レギュラーであることに誰よりも自負と責任を感じてるし
周囲から信頼もされていると。

あれでいいところもあると大坪が出してきたのはアイドルの団扇。
緑間の探していたラッキーアイテムってことで宮地が私物を持ってきてくれた
んですねwww

これにはさすがに緑間も思うところがあったようで・・・
「ありがとうございます」

ここのみどりんにゾクっときましたね。(///∇///) 
いいねぇ~
作画も美麗でしたが、小野Dの演技がよかった!


そして、試合に戻ります。

ドリブルに自信のあった宮地をあっさりとドリブルで抜いていく葉山。
彼が言っていた「三本」っていうのはボールに触れる指の数のことだったん
ですね。

ってことはあと2段階、葉山のドリブルにはギアチェンジがあるってことだと
宮地は驚愕!!

その後も何本も葉山に抜かれることに。
点差は開き始め・・・

緑間のおかげで点は獲れているものの、完全に洛山に封じられている秀徳。
赤司は有効な局面にパスを入れているだけで何もしていない状況。
それなのに追いすがるのがやっと。

焦る高尾。

「要はあなた以外、足手まといってことよ」
突然、緑間に話しかけるレオ姉さん。

はっきりいいますねぇ~(^^;

緑間だけは二人掛かりだけど、後は並以下だと。
特に宮地に対してはいつまで持つかと低評価。

この発言にみどりんは静かにぶち切れてます。

あんまり高尾が攻めあぐねているものだから赤司がポイってボールをカット。
あっという間に葉山にパスが通り、宮地がブロックに付くも相手にならず。

っと、ここで緑間が猛ダッシュ!!
葉山のシュートを阻止

「足手まとい?何を言っているのだよ」
レオ姉に聴こえてるのかしらんwww
これは独り言ね。

レオ姉をスクリーンでかわし、そのままシュートへいくかと思われたのになんと
みどりんが宮地にパス!
しかもこれが見事な美しさ

これには赤司もびっくり!
帝光時代、緑間がパスを出すことなんてなかったんでしょうね。

「このチームで足手まといなど、オレは知らない!」

緑間からもらったボールを宮地がシュート。
真下からのアングルも決まってたし、これまたしいダンクでした!!

いいですね~!
さすが、作画に力が入ってます!!

動きがとにかく素晴らしいです。

宮地にナイスパスとめられ嬉しそうな緑間。
むっくんもみどりんの変化に気づいたようですね。

その後も緑間は高弾道3Pシュートを決めていきます。
秀徳が追いつきましたv

さすがに一筋縄ではいかないということで、緑間にもう一人付けるかって洛山。
が、赤司がきます。
人数を割くのは逆効果だから後半は一人でいいと赤司。

「真太郎とは僕がやろう」

アイキャッチは洛山ですが、ひとり顔がぼんやりwww

インターバルには第2試合のチームがアップ。
引き上げていく海常の黄瀬は緑間に「調子悪くないようっすね」と声を掛けますが
緑間には余裕は見えず。

まだ赤司はを使っていないと。

そして、誠凛とすれ違うのは洛山。
赤司は黒子に開会式以来だと声を掛けてきます。
日向は赤司をみてさすがに雰囲気が違うと感じたようで・・・

っと赤司の前をいだのは火神。
おいおい、命知らずだな(^^;

「お前をブっ倒す」という火神に「一つだけ忠告しておこう」と赤司。

赤い眼の方がぐーーーーー・・・ とアップになっていって・・・
おお・・・いい演出だわ。。

「僕と目線を変えずに話す事をしているのは、僕にう者だけだ。
逆らう者は何人たりとも見下ろす事を許さない。」

火神の肩に手を置く赤司。

一瞬、ちゅうするのかとドキッと思いましたよね!?
私だけですか!?

見下ろしていた火神がいつのまにか赤司と同じ目線にまで下がって来て・・・

ドン!
脚の力が抜けたように床に腰をおろしてる火神。
「頭が高いぞ」
デタ━━━━━━ (/∀\*) ━━━━━━!!!!

力で押されたのではなく、何が起きたのか分からない火神。
誠凛のメンバーもきを隠せず・・・!

黒子に僕とやるつもりなら覚悟をしておけと言う赤司。
「お前の力を見出したのは僕だ。いずれそれを思い知る事になる。」

上から見下ろす赤司に、下から見上げる黒子。
良い対比ですわん!

赤司の眼というのは隠された人の才能を見出す力なのかと考える氷室でし
たが、そういうところも赤司にはあるけれど、試合での眼はそうではなく
全てを無力にする、そんな感じの力」だと紫原。

え~~~~!?
キャンセラー能力者ですか???
って思いますよね。

赤司の眼は不気味なのですわ・・・。

いよいよ後半戦開始。
緑間の前には赤司が。

緑間は予想してたようですが・・・
両チームエースの1on1

間違いなく勝った方に流れが傾く。。

いきなり3Pに飛んだ緑間でしたが、なんとあれだけの身長差があるにも
関わらず、赤司にカットされ・・・

いいなぁこの場面の演出も!

実は飛ぶ前にカットされていたんですね。
反応が早すぎると驚く氷室に「見えてるだけ」だという紫原。

「抜かすかよぉ!」という高尾に「抜く?そんな必要はない」と赤司。
「君がどくんだ!」

ひぃ~~~~~征十郎さまの眼は一体どうなっているんでしょ!?
何が見えているのか!?

この眼、ゾクゾクしますね O(≧∇≦)O 

赤司の切り返しによってバランスをしてしまう高尾。

「逆らう者は何人たりとも見下ろす事を許さない」

頭が高いぞ

赤司から放たれたボールはリングへ吸い込まれ・・・
あっという間の出来事。

「あの眼の前では全ての動きは先を読まれる。あらゆる技は封鎖され
立っていることすら許されない」

「赤司征十郎には相手の動きの未来が見える」と紫原。

緑間を完全にマークする赤司。
普通ならあの身長差があれが緑間が有利なはずなのに、ことごとく先を読まれ
緑間はシュート体勢に入れず。。

シュートもドリブルもあらゆるモーションに入った途端カットされることに。
赤司の眼から逃れることはできず・・・動くことすら許されない

赤司を止めようとする宮地と木村に「どいて貰おうか」と赤司。

どくつもりなどさらさらないのに、赤司の前で崩れるふたり。
「僕の命令は絶対だ!」

アンクル・ブレイク

高い技術を持つ高速ドリブラーが相手の脚を崩して転ばせるテクニック
相手の軸足に重心が乗った瞬間に切り返したときのみ起こせる現象。

先が見える赤司の眼はそれをたやすく引き起こせる。

紫原と黄瀬両名の名解説!

肘で弾いて出すパスもなんと見事な・・・
アニメならではですわ。。

これまでも素晴らしい作画の数々でせていただきましたが、この赤司の眼は
またいですわ。d(≧∀≦*)ok! 

天帝の眼(エンペラー・アイ)
この眼がある限り赤司が負ける気はしないという紫原。

秀徳がまるで子供扱い。

赤司のいないところで勝負をしようにもそこには五将が。
そして、赤司にボールが渡れば、緑間であろうとも止めることはできず・・・

「キセキの世代を従えていたのは誰だと思ている?」

例えお前たちでも僕に逆らうことはできはしない。
緑間でさえ、脚を崩され・・・

あっという間に引き離されていく秀徳。

立ちあがれずにいる緑間に手を差し出す高尾。
が、その後頭部を宮地がいて行く!!

「いつまで座ってんだバカ」「しゃきっとしろや!」

最後まで諦めるなと先輩たちの喝!

掲げられているのは「不撓不屈」

厳しかった練習を思い起こす二人。
「つくづくあの人たちともっとバスケやっててーな。」

立ちあがる緑間。
「とっておきをみせてやる」

まだ諦めていない二人。


いや~~~~いいわ!!(p≧∀≦q)〃
圧倒的な実力差を見せつける洛山。
とても太刀打ちできないと思わせる赤司の絶対的な力。

それを前にしても諦めない秀徳。
先輩の背中をみて立ちあがる緑間たち。

作画も演出も素晴らしいですわ!!
これはゾクゾクしっぱなし!

先は知ってるけれど、楽しまずにはいられません。
アニメになってホントありがとうございますです。

次回も期待してます!!


2015年02月08日 (日) | 編集 |

OPでも出てくる男の子と女の子の人形とその絵本
ですよね。

特に人形。。

ノーナも読んでたし、黒髪の女も読んでて。。
私ずっとノーナのことをノームだと思ってました(^^;

今回は藤井という横柄な態度の男と、二郎という大人し目の少年。

ノーナが裁定者になって82年。
まだぺーぺーレベルのようですけど。

ビリヤードでノーナと勝負するのが楽しみな神にもっとも近い男と自称する
オクルスは何者でしょうね。
頭に花咲かせてます(^^;

ノーナの真面目なところはデキムに似ていると言います。
「退屈凌ぎくらいが丁度いいんですよ」

裁定者は裁定をやめることはできないのだからと。
神なんてとっくにいないと言ってますが。
惑星でビリヤードするあたり只者ではないですよね。

最後にしっかり太陽系の惑星が順番に並んでましたw。
月は惑星じゃありませんが。

太陽系9ゲームとはねw

まだまだこちらの人達は謎だらけ。
この先ちゃんと明かされることはあるのでしょうかw

藤井は以前、このバーにきたことがあるようで。
二度とあんな思いはごめんだと二郎を人質にとりますが、デキムの糸によって
自由を奪われ・・・

ところが、急に藤井は意識を無くし、少年の様子を伺いにいった黒髪の女も
倒れてしまって・・・

どうやら二郎が何やらした様子。
デキムの名前を知ってるし、不審に思ったデキムは少年を糸で捕獲。
っと、少年の姿はギンティに!

あら、なんか、黒髪の女のことをりに来てたようですね。
細やんだぁ~

ほぉ~~黒髪の女はデキムが裁定出来なかった人だったんですね。
クイーンデキムに来た時、自分が死んだという記憶を持っていたからゲームに
誘導できなかったようで。

記憶を消し、裁定の期限を延長してもらっているのだとか。
それで、もう一度クイーンデキムに来た時、自分の名前もわからなかったって
わけですね。

お手伝い期間が3カ月かと思ったのですが、あながち間違ってはいません
でしたが正しくはデキムが黒髪の女を裁定する期限のことだったようです。

デキムが黒髪の女に裁定の手伝いをしてもらっていると聞いたギンティは
「人間ごときに正気か?」っと。
ギンティは人間をかな~~り下に見てるようです。

デキムは生をまっとうした人間を尊敬していると言い、彼女の言動が興味深い
というとギンティはイライラするから黙れとデキムに攻撃を仕掛け・・・

ギンティは水を扱うのですかね。
デキムに突進していったところで、なんとノーナさんに押さえつけられることに!

おお~~~!!
ノーナさんい!!

そして、細やんのけない声がいいwwd(≧∀≦*)ok!
ギンティなんかとか言われて、ギンティもなかなかひどい扱いを受けてるようでw

「本題わかってる?」っと訊かれて「ふぇ!?」ってビックリしてるデキムの
出来ない子っぷりもまたまたかわいいwwwwO(≧∇≦)O

ほんとダメ子ちゃんみたいですw

実は今回の件は記憶のテストだったようで。
少年の方の記憶が転送されてこなくて、一応警戒はしていたというデキムでしたが
藤井の方に気を取られ注意がそれてしまったようです。

心の闇を出来るだけ吐かせて裁定を下す。
その極限状態を作り出すには人間の記憶が必要不可欠。
だから記憶が転送されない時点でゲームは中止

そうしなかったことでデキムはテスト不合格。

裁定者5年目のようですが、出来はよくないようです。
ギンティよりはましのようですがwww

今回、カストラさんというまたまたな格好の方が登場。
裁定者たちに死者を振り分ける係のようです。

忙しそうですね。

ギンティがやってきた目的は「さっさと黒髪の女の裁定をしろ!」っと言うため
だったのですかね?
てっきり黒髪の女とデキムの関係りに来たのかと思いましたがwww

デキムを見てるとギンティはイライラするようです。

藤井さんは人形でしたね。
クラヴィスとギンティが帰った後で、デキムは黒髪の女を部屋に連れていきます。
お姫さま抱っこはするけど、お布団はでかけるのね・・・

黒髪の女の夢に出てきた男の子と女の子はジミーとチャボという名前らしいです。
このお話が今後、どうがってくるのでしょうね。

絵本のタイトルは「CHBOT」

それにしても伊藤美紀さんの絵本朗読は素晴らしかったですわ!

さて、次回はまたどんなお話になるのか。
気になるところです。


2015年02月07日 (土) | 編集 |

「HUTER×HUNTER」の冨樫センセもご推薦!!
勢いが衰えることなくますます面白いです!!

今回の表紙はパパとママですね。
これまでの感想はこちら

高台家の人々(3)

高台家の人々(3)
著者:森本梢子
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

1巻の表紙は高台家の三兄妹弟。
2巻は人の心が読めるテレパスのおばあさまの若い頃(とおじいさま)。

光正が海外出張に行ってる間にイギリスから帰国した母・由布子が木絵を
品定め。
容姿も平凡で教養や品格も足りないと木絵はお目に適わず。。

結婚は諦めろと言われた木絵は落ち込んで光正に別れを告げ・・・

うわ~~~強烈なお母様だわ。。
この人が二人の邪魔をするわけね。

っと思ったのですが、この作品では単なる敵にならずこの展開にはびっくり!

普通、息子の付き合ってる人が気に入らなければ意地悪をしてみたり、嫌な
思いをさせて強引に別れさせる・・・ってパターンが多いと思うのですが違うん
ですよねwww
予想の上の面白さ!

お母様はお嬢様育ちでわがままで気が強く、自分の考えを押し通し歯に衣
着せぬ物言いをする。
けれど、子供からすると決して悪意があるわけじゃないってことのようです。

ん?どゆこと???嫌な人じゃなかったの???
お母様は自分が正しいことに確固たる自信があり、それが相手のためだと
心の底から思っている人なんですね。

だから、根性の曲がった嫌な女ってわけではなく。

光正は母にあって、木絵との間に何があったのかを察知。

木絵のことが気に入らないのではなく、単に二人が釣り合わないからと思って
の行動と光正もわかったようですが、これ以上自分たちのことに口出ししない
でもらいたいときっぱり。

光正は木絵のところへ行って謝り、母の件は忘れて欲しいといいます。
が、木絵はやっぱり心の優しい子なんですね。
「うん」と返事はするものの、内心は「光正さんのお母さんだもの、忘れて
結婚するなんて私にはできない」と。。

その気持ちは光正に伝わってて・・・

でも、三兄妹弟は状況を打開できそうになくお手上げ。
そして、ただ一人母の取り扱いがものすごく上手いおばあさまに頼ります。

早速、おばあさまは息子茂正Jr.(マサオ)を連れて日本にやってきます。
このアンの長男で三兄妹弟の父がまたいい味を出してるんですよねww
彼は能力を受け継がず全く人の心が読めないだけでなく、たいていの人より
鈍感で空気も読めないというwww

おばあさまは木絵に会う前から光正の変わり様をみて結婚に賛成。
他人の心が読めるしんどさを知ってるおばあさまだからこそ、一緒にいたい
と思えるような相手に出会えたことの幸運を知っていて・・・。

「大事になさいね」と。

で、木絵に実際会ってみると・・・木絵の妄想に大爆笑ww
由布子の扱いなんて朝飯前とおばあさま。

光正の結婚に反対な自分を説得しようとしているのではないかと由布子は
アンを警戒しますが、アンは口出しなどしないといいます。
代わりにどんなお嬢さんが望みなのかと質問。

すると由布子は家柄や学歴、容姿が光正につり合いもっとハキハキ話せる
方がいいと。
で、おばあさまはすかさず「あなたご自身のような方がいいのね」と。

由布子は自分に対し「ご意見無用」と言ってのけるハキハキしたお嬢さんを
想像し、それはちょっといけないわと焦りますwww
すかさずおばあさまは「あの人だと何もかも一から教えなきゃならないから
いくら由布子さんでもちょっと無理な話よねえ」と挑発ww

この一言で由布子は木絵を高台家の嫁としてどこに出しても恥ずかしくない
レディに仕上げるという相当困難な道にやりがいを感じてしまうのですww
いwwwww
おばあさま超やり手!!!

そして由布子は木絵に結婚を認めて欲しければとチャンスを与えることに。
高台家の嫁としてふさわしい女性に近づくため厳しい修行に耐える根性を
みせろとw

光正は木絵に変わらなくてもいいし、母に付き合わなくていいと言いますが
木絵はこれまで空想ばかりで何かのために行動することがなかったから
光正との愛を貫くために全力で血へど吐くまで頑張ってみたいと。

ほんと面白い子ですw

光正もやっぱり困った性格とはいえ母親だし木絵と母が仲良くなってくれたら
嬉しいと木絵に感謝。

しか~し、いきなりピンチ
茶道のお稽古を始めれば脚が痺れて転倒し家元を潰してしまいw
着物を着て来いといったのに着物が着れず洋服のまま・・・
鈍臭いと由布子はイライラを募らせることに・・・

その上、家元のところで息子の婚約者を連れてきたという知人にばったり。
知人の息子はまるで冴えないのに婚約者は家柄もよく容姿も可愛らしい
お嬢さん。

知人には由布子が連れていた木絵を新しいお手伝いさんだと勘違いされ
ますますイライラを募らせる由布子w

これは木絵相当ヤバいと思ったんですが、ここで空気の読めない父が
大活躍
由布子の様子をみて気分転換にとデートに誘います。
とても素敵な店なのに騒がしい客がいると思ったらその中に、昼間家元の
ところで会ったお嬢さんがいて・・・。

友達の前で本音を晒す姿に由布子は・・・
思うところがあったのでしょうね。
自分に似合わなくて一度も着ていない淡い色目のうすぼんやりした撫子柄の
着物を木絵にあげようかと。

由布子はびっしり予定を立てて毎日木絵をお稽古ごとに連れまわします。
光正は一々細かい小言をいう由布子を止めようとしますが、木絵の着物姿
見て、その可愛らしさにびっくり。

しかもその着物は母が木絵にあげたものだと知ってまたまたびっくり。
由布子は木絵がちゃんとしてないと自分が恥をかくからと言いますが、みんな
には由布子の気持ちは筒抜け。

ここでおばあさまが木絵と光正に実は由布子は面倒見がいいという話をして
くれます。
ここからは由布子と三兄妹弟の父とのなれ染めがアンによって語られます。
これが意外なんですよね。

お金持ちの社長令嬢でわがままで気が強く美人で贅沢で派手な女子大生…
だったと思いきや、由布子はわがままで気が強かったけれど髪も顔も日焼けで
バサバサの熱血スポコン少女だったんですよねww

この二人のなれ染めはぜひ読んでいただきたいです!!

最初は絶対にくっつきそうにないと思われた二人だったのにある女性の出現
よって、自分を曲げるなど思いもやらないいじっぱりの由布子が自分の言葉を
撤回することに。

いや~~面白いのですわ、これがwwww

おばあさまは由布子に振り回されてる木絵に本当の由布子を知って欲しくて
話をしたのですが、木絵は由布子を嫌うどころか自分のことをこれではダメだ
と思っていて、逆にガンガン言って引っ張りまわしてくれるのを有り難いと。

つくづく木絵はいい子やわwww

この話を聞いた後で、光正は由布子と一緒にいると時にこの女性に会うのです
よね。
早速、自分の娘を光正に紹介する女性。
光正が独身かどうかを尋ねてきますが、ここで由布子は「独身だけれど婚約者
がいる」ときっぱり!

これがまたスカッとするのですわ。
光正としてはニヤつく話ですけどねww

二度も役にたってくれた女性に感謝ww

そして3巻の締めの話もいいのですわ!!!
ホント素晴らしい!!!
超おススメの作品なのです!!

絶対読んで!!
面白いから!!

光正のイケメンっぷりにも惚れ惚れですよ~ カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!


2015年02月06日 (金) | 編集 |

イサク先生、3巻は初めてだったんですね。
そう言われるとそっかぁ~

もうしばらく続きそうなので楽しみです♪

やっぱりジンモモがいいですわ。
「昨日よっぽど激しかったんだね。どんなしたの?」
いきなり聞いてくるハルトwww

素直というか、なんというかwww(^^;

2巻感想はこちら

おれだって、おまえに気持ちいいって思わせてーんだよ。

長年の想いを実らせたジンとモモ。
ジンの怪我が治ったら、“本番”の約束をしていた二人だけれど、
完治には一カ月かかるとわかり・・・・・・・?

ジンモモ本懐篇と、相変わらずバカップル全開の泉ハルト篇2nd
エピソード突入。
長屋が舞台の恋物語、第三弾♡

ジンと付き合うようになったものの、モモは長屋の住民には恥ずかしいからと
まだ秘密に。
でも、ジンはやっとモモに受け入れてもらえたってことがしくてモモの家に
入り浸りw

表からの出入りはダメということで裏から侵入。
裏の垣根壊して出入り自由にしてるジンがさすがw

ところが医者から完治に1カ月かかると言われ・・・
1週間なら我慢しようとしていたジンですが、1カ月は待ってはいられないと
片手でもできることはやる!っと宣言w

触るだけ~から始まって、最後まではやらないというものの、毎日モモの
部屋にきては数日おきにオプションをつけ、いろんなことしまくりwww

新しい扉を開いてしまうんじゃないかと思うモモwww
最初はあり得ないと思っていたのに、律儀に最後までするのを我慢してる
ジンを見ていたら不憫に思えて来て・・・

ついに自ら後ろ専用のローションを用意するまでに!
頬を染めながら
「おれだってお前に気持ちいいっておもわせてーんだよ」

自分で準備を始めるモモ・・・
そんなモモを見ててジンが我慢できるはずもなくw

モモとしてはジンの手に負担をかけない姿勢でHしようと思ったのですが
結局ジンに押し倒されることに。

前は痛いだけだったのに、ゾクゾク快感を覚えるモモ。
ジンがせっせと開発した成果ですねw

思わず「気持ちい・・・」とモモ。
そりゃこうなってはジンの抑えは利かずw

二人してけたようでスゲーってなところだったんですが、余韻を楽しむ
間もなく、トンデモナイ事態にwwwww
なんとベッドがれたwww

そりゃシングルのパイプベッドでは持たんわww
ただでさえ、ぎーこぎーこ撓るようなベッドですもんね。

成人男性二人が乗ってるだけでも大概負荷がかかってるのに、ジンのような
大男がしく動けば・・・・

当然の結果というものwww

みんなに見つからないようにこっそり処分しようとベッドを裏に出しところ・・・
ハルトにみられてしまいましたw

ジンが床を踏み抜いたのかと思ったハルトはジンの家へ行ったようですが
玄関が開いていたからそのまま入ってきたようでwww

「昨日よっぽどしかったんだね。どんなしたの?」

あっけらかんと尋ねてきますww
ハルトぉwwww

もうすでに長屋の住人は二人の様子から察知してたようで。。
その上、隠しようのない現場をハルトに押さえられ・・・
長屋の住人の興味は二人に集中。

ジンはみんなの視線なんて一向に気にしないけど、モモはそういうわけに
いかず・・・
周りを刺激しないためにしばらく、二人きりになるのはやめておことう言い
出します。

せっかく腕が治り、これから!っと楽しみにしていたジンはがっかり。

長屋の住人らは自分たちのせいだとモモを説得しようとするも玉砕。
でも、花火大会があるということでなんとかモモを連れ出すことに成功。

二人きりにされて、モモは家に帰ると言い出しますが、そこへ以前ジンに彼女を
作ろうと合コンをした時の女の子に遭遇。
女の子が一緒に花火を見ようと誘ってきて・・・・

モモは自分たちは女連れだと嘘をつき、ジンの手をひっぱりその場を離れます。
ジンが女の子に簡単にベタベタ触られることを許してたことに嫉妬したようで。

実はモモは自分から少しの間ならいいかと距離を置こうとしたのに、自分の
方からくっつきたいと思ってしまっていて・・・
でも自分から言い出した手前、やっぱり無しとは言いだせなかったようで・・・

モモがそんな状態だと知ったジンは当然我慢できす、即行家に戻ると一気に
がせ開始

手を繋いでいるところを綾乃たちに目撃されたものだから、もう開き直るしか
ないとモモも腹を括ることに。

これでやっと二人はいい感じになれそうですね♪
よかった、よかったv

この二人の続きもまだまだ読みたいです。

で、ハルトたちですが・・・
長屋に新たな住人が引っ越してくることに。
それはハルトの中学のときの同級生の市丸。

モモの大学の後輩でもありジンは警戒しますが、今回は「モモはオレのもん」
って堂々と宣言できたからまぁ何も起こらないでしょうw

同性で付き合うことは全く気にしないという市丸でしたが、彼は女の子の方がいい
ようで・・・
が、綾乃たちには相手にされずw残念w

ハルトは中学時代、市丸と何かあったらしく顔を合わせたくない様子。
何があったんでしょうね。

昔はとっつきにくくて愛想がないと思っていたハルトが泉に見せる笑顔をみて
市丸は何か感じたようですが??

んんんん?
これってもしかして、ハルトのことが気になってたとかなの?

何やら不穏な空気が・・・
これは何やら起きそうですね。

そして、描き下ろしは研究熱心なジンのお話w
モモの性感帯をあれこれ試していたようですが、モモにバレてしまうというww
すっかりバカップルに仕上がってますww

いいわこの二人www
この調子でしばらくお願いしたいですv


2015年02月05日 (木) | 編集 |

さぁ~~ついに緑龍の登場ですね!
このジェハは諏訪部さんにこそ相応しいと言うか、べ様以外には考えられない
というか・・・
べ様のためのキャラですね。

いや~~この作品のVCはみな完璧ですわ。
素晴らし過ぎる!!
イメージから外れることがない!
私の大好きなギガン船長にはこれまた私の大好きな榊原さん!
コブラのレディの頃からおい申し上げておりました
ホントありがとうございます!!

緑龍がいるとみられる地の部族、阿波の港へやってきたご一行さま。
ハク以外は海を見るのは初めて♪

さっそく緑龍を探したいところですが、気配があっちこっちへと移動するもの
だからキジャはクラクラ。
だよね~一か所に収まらず彼は飛びまわっているからね。

みんなの代表で町へ繰り出したハクは姫さんに「早く帰って来てね」と言われ
超ご機嫌wwww
可愛い奴だwww

さっさと用事を済ませ一刻も早く帰りたいところで事件発生。
下衆と遭遇し、緑龍と一緒に役人をぶちのめすことに。

あれだけOPで緑龍が堂々と出てるんだもん、誰が見てもジェハが緑龍。
この緑龍が本当にべ様キャラなんですよね。
レディに優しく、物腰も柔らかw

白龍と青龍の気配を察知したものだからささっと船へ戻ってしまうのですが
ギガン船長がかっこええっす カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!
これから楽しみというものですv

結局ハクは役人を殴っただけで何も買わずに帰ってきて・・・
ユンくんに役立たずと叱られますw

仕方がないから翌日みんなで買い出しに。

でも、ハクは役人に顔をみられてるから別行動。
自分と一緒にいては姫さんに危険が及ぶかもしれないって考えてのことなん
ですが、いつもヨナにべったりのハクが別行動はしいといみるユンくん。

さすがww目聡い。

この流れだとヨナと一緒にいては不味い何かをしに町へ行ってると思われ
ても仕方がないというもの。
女絡みじゃないかと疑われるよねwww

しかも、その後、ハクが発見されたのも女の子のいるふしだらなお店だしw
ハクとしてはまたも偶然緑龍と出会い、追われているからと身を隠すために
連れてこられただけだというのにwww

原作では「こういう所は興味ない?」ってジェハに訊かれて「ない訳じゃねーが
賭場のが方が好きかな」って答えてるんですがそこはカットでw
これくらい入れてもいいのにねw

帰ろうとするハクを止める女の子に鬱陶しいと言わんばかりの冷たい視線。
ところがどっこい、女の子はどきゅ~~~んでwww

眼差しだけで女が殺せるという恐ろしいハクwww

ま、いい女なら里に山ほどいたから見慣れてるってことでしょうが、ついでに
色仕掛けにも慣れてるってことでしょうw

が、お互い身の上話をすると素性がバレと言えないことばかりww
ハクが町のことに話題を変更。

「一見普通だが町の奴ら微妙に目が死んでる」というハクに意味あり気な微笑み
を浮かべ「君はスルドイね」とジェハ。

阿波の港はヤン・クムジという男が仕切っていて町の人たちは彼に怯えている。

ヤン・クムジはヤバい商売をしてるということでしたが、原作のように「人身売買」
って言葉は出てきませんでしたね。
「人の自由を奪うというのはこの世で最も醜い行為」

ジェハは自由であることにこだわるようで。。
ハクが護衛をしてる身だときくとかわいそうだとww
まぁ、自分で選んだとはいえ不憫は不憫なんだけどねww

作画がいいですね!!

そうこうしてるところ、ユンくんとヨナにみつかりました\(^o^)/

そりゃ白龍は緑龍を追ってるんだからね。
一緒にいれば見つかるわさw

ヨナに一番誤解されたくない誤解をされるハクwwww
早速不憫だよw

白龍の気配を感じ逃げたジェハでしたが、それとは別に何か強い心乱れるモノ
存在を感じ取ったようです。

はい、ヨナのことですね~~
伝説の四龍とか、守るべき主とか、そんなものはくだらないと考えているようで。
生まれた時から決まった宿命など僕の美学に反すると。

「逃げ切ってみせるさ。宿命(さだめ)から」

とは言え、相手がヨナですからね。
なんだかんだ言ったところで絡めた取られることになるのですわww

ハクは「姫様に嘘をついてふしだらな店に言っていたのか」とキジャに責められ
ユンには「見損なった」と言われ・・・。

原作ではユンくんに「胸の開いた服着たお姉さんたちに囲まれてさ」ってセリフが
あるんですがそこはなかったですね。

ヨナにはしっかり「ハクにだって女の子と遊びたいときくらいあるわよ」って言われ
ちゃっますww
ヨナは女の子とする遊びってのが何かちゃんとわかってるんでしょうかね。
お酒飲むだけだと思ってるのかw

「知ったふうにとんでもないこと言わないように」ってハクがいいわw
ハクに恋人ができたらうんぬんのところはカットでサクッと3人まとめてドン!
キジャが恐ろしいほどに色っペー!

そこで偶然ハクが昨日助けた娘と遭遇。
ヨナたちは彼女から町の状況を聞くことに。

町の人はみなヤン・クムジの息がかかった役人の怒りをかわないようにし
ヤン・クムジに怯えている。

それで町の人たちは元気がないのかと感じたヨナ。
笑顔が嘘っぽいと。。
そいういうところに気づくヨナにれ直すハクww

緑龍の気配がする海賊船のことについて尋ねると、海賊は町に危害を加えず
襲うのはヤン・クムジの船だけだと娘は答えます。
その海賊の一人がジェハ。

ヤン・クムジの船は戒帝国から密輸した新種の麻薬を運んでいるようで、ジェハは
早速潜入し見張りを捕縛。

ああ・・・この能力だけは最高だね

ふんぎゃああ
べ様の魅力全開O(≧∇≦)O
いい声過ぎるwww

おやすみ いい夢を

作画も美麗だしこれは見惚れる。

ギガン船長は殺しをしない。
なぜなら船員たちを人殺しにしたくないから。
彼女は先をことを見越して動いてるんですよね~
かっこエエわ・・・ (*/-\*)

ちょっと静かだと船長に心配されるジェハ。
「昨日から右脚がく」

ジェハの脚は飛翔する龍の脚
仲間たちからは頼りにされているようで・・・
嬉しかったけどちょっと照れ臭かったものだからどうせなら可愛い女の子に
頼られたいなんて言ってみたりw

素直じゃないジェハの態度を船長はお見通し。
ジェハは「ここは居心地が良すぎる」のだと。

13年前に里を飛び出しボロボロの旅の果てにここに辿りついたようですが
ここではみんなジェハの能力を気味悪がらず周りにも喋らない・・・

「誰もお前に興味がない」ってばっさりの船長のドSっぷりが素敵ww

当分ここにいるというジェハですが、船長は「お仲間が迎えに来てるんじゃない
のか?」と。
船長はジェハの将来のことも考えてるんですよね。

ホントこの人はかっこええですわ。
この貫録は榊原さんだわね!!

クムジ退治に戦力が欲しいと言う船長。
ジェハは町で会ったハクを思い出し・・・
こんなにヤバいくらい強くてイイ男はいないと頬を染めるジェハw
船長好みで捕獲命令

誰かを護衛してる身って言ってたのを思い出しますが、僕の口説きのテクなら
オトす!!
とポジティブwww
ハクがしくて当然のように絡んでくる緑龍ww

捕獲するつもりが捕獲されるわけですがw
口説きのテクは姫さんのが格段に上ってわけですねv

でも、今回はそう簡単にはいかない。
ほぼ原作通りで見応えのあるお話になりそうですね。

大人でお兄さんポジのジェハですが、これがもうべ様にピッタリ!!
何といっても女性に優しく、自分の美学に拘りをもっているというwww
いいキャラなんですよね。
べ様がいいお声でたくさんしゃべってくれるのを堪能させていただきます。

そして、仲間が増えてますます面白くなっていくというこの素晴らしさ!!

さぁ次回はホモ展開疑惑www
楽しみにさせてもらいますwwww
ジェハがヨナと遭遇しますしね。

宿命から逃げると言うジェハは逃げ切れるのか!?
逃げられたらOPで一緒に歩いてないよねww

EDの歌詞がいいですね。。

エンドロールではヨナ、ハクの後で ジェハ、ギガンの順で来てましたね!
しいなぁ~♪



2015年02月04日 (水) | 編集 |

いや~~やっと全てのピースが収まったようで(^^;

長かったわぁ。。

これは結構しんどいなぁ。

最後までみればなるほどそうか!って思うものの・・・
私の記憶力では脳内巻戻し再生とか上手くできないものだからとりこぼし
ばかり出てきそうですww

ま、でもひとまず区切りがついたようで、ここまではなんとか理解できた?
気になってますww

セルティが運んでいたもの・・・
人間の手が出て来てましたが、なんとエゴールさんでしたwww

臨也の伝手でセルティに運び屋の仕事が回ってきたと思ったら波江さんの
仕業だったとはね。。

なるほど。。

ドタチンいですね~
帝人よかったねって思ったら、車には臨也の妹ちゃんたちも同乗。
そうそう、彼女たちも誰かからの連絡を待っていたら絡まれたんでしたっけ。
それがエゴールだったってことですね。

帝人も助けてもらってほっとする間もなく別の暴走族グループに追いかけ
られるというwww

セルティも賞金かかってるものだから暴走族らに追いかけまわされていて・・・
そもそもお金を落としてしまったものだから、臨也繋がりの仕事でしかも運ぶの
ではなくて預かるだけの仕事なんて引き受けたくなかったのに、お金にくらんでw

そりゃお金落とした後に同じくらいの金額見せられたらついってなるよねw
セルティ可愛いw

ドタチンらと合流で騒ぎは更に大きくなって・・・。
セルティはこの一年を幸せだったと振り返り・・・
何で今なのwwwってとこですが、帝人や杏里に会っていろんなことがあったなぁ
なんて回想してますが、結局、最後は新羅にいきつきwww

セルティの回想の中のドタチンがイケメンやわぁ~
渡草もなんか大人の雰囲気だしwwww

浮かれ過ぎたとセルティ。
でも、もう捨てられないと何やらドタチンにメッセージ。
自分が高架下で暴走族たちを足止めし、みんなを逃がすってことですね。

ドタチンは学生たちを下ろすと、セルティはいい女だと。
いい女ということで女にケツ持ちはさせられないと戻っていきます。
だよね~~~
学生たちを乗せていたから一時的には仕方なかっただろうけど、彼が戻らない
わけがない。

帝人と杏里もそれぞれ戻ったようで・・・
杏里はともかく帝人はダラーズの力を遣う気だったのかしらん。

ところが、セルティの預かった荷物からエゴールがww
「ここは私に任せて君たちは逃げたまえ」

やだもうエゴールもかっこええww
そしてなんと罪歌の子になっていたとは。。
あのカラオケボックスで出会った時に罪歌が勝手にやったことのようですが
ヤバい奴だったから先に子にしてしまえってことだったのかしらん。

なんとルリも首なしの甲冑姿で現れました。
「サービスのお礼をさせてください」

おお~~セルティの周りに仲間が増えていくv

セルティはせっかくなのでその場をお願いすることにwww
そして、お礼にとアドバイスを二つ。
「まず、白バイが見えたらどんなことがあっても逃げろ」
奴らの中には“化け物”がいる!!

自分たちのことを差し置いて化け物っていうところがセルティの可愛いとこw

「もうひとつは、バーテン服の奴には絶対喧嘩を売るな。」
大事なことですねw
ところが、既に二人とも経験済みw

セルティは杏里を、ドタチンは帝人を安全な場所へ。

何の成果も残せなかった埼玉の人たちはたまたま居合わせたトムさんに
んでしまいました。

あーやっちまったww

静ちゃんのコーヒーをこぼし、バーテン服に傷を・・・
「弟にもらった服・・・」

トムさんに絡み、コーヒーをダメにし、大事な服を破った・・・
理由がなくても静ちゃんの前に出たらアカンのに、十分過ぎる理由を自ら
作ってしまいましたね。
当然の結末w

セルティにかけられてた謝礼は警察からの訓告で取り下げに。
でも、事務所に聖辺ルリが入り社長は大喜び。

セルティはこれで追いかけまわされなくて済むようで。
ルリがいた事務所は閉鎖。
社長が行方不明らしいですが、これがしい。
また次の件に繋がるのかしらん。

ルリは幽にハリウッドがどうして自分の能力に気がついたのか殺人鬼になった
のか澱切に何をされたのかを聞いて欲しいようですが、それを聞いたらルリは
死ぬ気だろうと思った幽はお断り。

まだルリに死んで欲しくないから。

子供の頃から全部壊したいと思っていたけれど、それ以上に周りを失うことが
怖くて完全に怪物になるまで壊れることができなかったというルリ。

何があったんでしょうね。

自分を失うのが一番怖かったんだと言うルリに幽はそれも一つの愛だと。
そして、ルリに引き倒されて上に乗っかられたとき 動揺してたと言います。

いやいや全くそんな風には見えませんでしたがww

心臓の鼓動が早くなって胸が熱くなった

それトキメイテますやんww
欲情かもしれないwww
いいなぁこの静かな

事実を言ったまでという幽を気に入るルリ。
いい感じですね、この二人。

その頃、エゴールさんは双子の下僕にwww
治療費を立て替えてあげたのにセルティを逃がしたってことで文句言っちゃダメ
だと言われて大人しく従ってるなんてwww
可愛い人だw

ロシアで7番目に恐ろしい殺し屋だと言われてるのにw
哲学する殺人機械が双子の部屋で皿洗いまでしてるwww
すっかり仲良し。

こちらもいい感じですv

臨也の説明でロシア寿司チームで何が行われたのかが判明しましたが、まさか
セルティに仕事を依頼したのが店長だったとは思いませんでしたわw

なにはともあれ、セルティ&新羅に100万全額ってよかったです♪

で、セルティはというと料理教室を自宅で開催してもらってるようで。
杏里→狩沢→張間美香と繋がっていったようです。
が、習った料理は仕込みに時間がかかりその日のおかずにはならず・・・

今夜のおかずがないというセルティに新羅がパーティを提案。
知り合いをみんな呼んだようです。
静ちゃんもいますv

楽しそうな雰囲気でいいですね~

セルティは新羅に迷惑がかかる事を心配して運び屋の仕事をするべきか
悩んでいるようですが、新羅はセルティと二人ならどんな困難な壁も迷惑
だなんて思わないと。
君に愛してもらうっていう最大の壁を乗り越えたんだと嬉しそうだしw

もうラブラブってかバカプルw

そしてその後、チャットは鍋で盛り上がり・・・
臨也だけ呼ばれてないし、疎外感www

そこへ双子も入って来て・・・
臨也はすぐに妹たちだと気付いたようです。

その上、二人も友達をしゃぶしゃぶをしたと。
エゴールですねw

臨也は波江さんを鍋に誘いますが、波江さんはお見通しw
その上、妹たちにセルティの情報を流したのは波江さんだとわかり。。
波江さんとしては臨也が事件の蚊帳の外ってのが嬉しい様です♪

粟楠会はルリが目的だったのではなく澱切を探しているようですね。
やっぱりなんかきな臭い人みたいです。

そして、青葉が何やらやらかそうとしてます。
危険な状況で笑う帝人をみて面白い人だと。
帝人は日常から乖離したマンガみたいな状況が誰よりも好きなんだとみて
とったようです。

顔だけみてるとそうは思えないんですが、そっかあの時帝人は笑ってたのか。
いなぁ。。
普通っぽい顔してるけど危険な子ですね。
1期ではまだそんな風には思わなかったんですが、ダラーズを作ったって
時点で普通ではないですが。。

青葉は帝人がダラーズを作ったことも黄巾族との抗争のことも知ってるよう
です。

彼は新たな火種を作ってもっと面白くしたいようですが、それには火種を
横から掻っ攫う臨也の存在が邪魔のようです。
片づけるって言ってますが、そんなに簡単に臨也がやられるとも思えず。

すでに臨也の方も青葉の存在と目的に気づているようですし。
これはまた面白くなりそうですね。

次回からお話が動くようですが、またしばらくわけわからなくてぽか~~ん
になると思われますww

デュラララ!!は面白いけどややこしい(^^;


2015年02月02日 (月) | 編集 |

ウソップが別人のようにかっこいい表紙www
ではさくっと掲載順に一言感想です。

表紙&巻頭カラーは「ONE PIECE」

ONE PIECE
「抱っこでも可」可愛いwww
ピンクさん・・・
泣ける話だけどそのカッコはルシアンの前だけでもよかったのでは??

僕のヒーローアカデミア
梅雨ちゃんたち騎馬ってよりおんぶだよwww

食戟のソーマ
おっぱい潰れるほどぎゅってした後、照れてるアキラくんが可愛いよん。
リョウくんは姿勢がよくなるといいねww

トリコ
ほんとにあのキ○玉が食材なのか・・・(^^;

斉木楠雄のΨ難
斉木母、愛がいwwwww 

暗殺教室
いい子に育つってことと優しい子に育つってことと、自分が不当に扱われ
ても抵抗しないとか弱いってこととは別だと思うのだけど。
怒りはわかるけど極端すぎるよね。
反省するなら「生きる力」を教えてなかった自分に対してだよね。
でも、本来それは親が教えることだよね。

ハイキュー!!
ネット触るのは高さがあるからないと思うけどネットから手が出てねw??
20点台になってここでまた山口くんか!!いいねv

学糾法廷
今回はさっぱりわかんない。
口元は松岡くんに似てると思うけど、そんなことじゃないよね(^^;
マスクの色の違いは汗かな~とか思ったんだけど、どうだろね。

火ノ丸相撲
辻桐仁、どんなキャラかと思ったら監督枠か~ほぉ~
みんな髪が長いのは大銀杏にしたいからなのかwwww
長すぎても無理だよねw

BLEACH
歯車がやっと回り出すそうなのでぐるぐる廻してくださいまし。

オニゴロキ
作画はまだあれですが、すごく雰囲気あるし個性的だし好きですわ。
シンプルだけどキャラが立ってるし勢いを感じました!
ところどころに入る小さいギャグもいいw

こち亀
日本の風習の輸出化賛成!
武者人形とかひな人形とか確かに時代絵巻で日本文化好きの人に
好まれそう!!

elDLIVE
作品の紹介だからてんこ盛りなのは仕方ないかな。
ごちゃごちゃってしてる印象。

ニセコイ
順位下がってますよね。
単調になってきてるからな~
が、ここで恋人の振りをしなくていいという新たな展開が。
そうだよね、そろそろ進めてもらわないと(^^;

銀魂
こちらは進めて欲しくないですわ。
近藤さんは五日後処刑ってことのようですが、絶対阻止してもらわねば。
銀さんがこのところいい感じで活躍してくれてます。
でも逆にそれが怖いのだけど・・・
空知先生が話を進めてると怖いのだけど・・・

卓上のアゲハ
ゴメン、いまいち解説がよくわからない(^^;

ワールドトリガー
戦術を説明してもらってわかったようなわかってないような・・・

磯部磯兵衛物語
順位がぁwww
重大発表って何www
大抵はアニメ化のことだけど、磯兵衛は大丈夫か!?

E-ROBOT
ヒカリちゃんの控えめなお胸が可愛いv
新キャラ楽しみ。
娘の好きなミザリィに似てるww

Sorting Salt
ラグビーのどのプレイをするってんだよぉ~
スクラムって知ってるの?って逆に訊きたい・・・
女の子同士ならともかくねw
いろいろ無理があり過ぎたような気がします。
専門の知識が必要とされるお話の場合は事前にしっかり知識を入れてないと
ストーリーがとっても薄くなると思うのですわ。。
絵は可愛いと思うので(デッサン狂い過ぎだけどw)次回作待ってますね~


では、今週はこの辺で。

 

 

 

 


2015年02月02日 (月) | 編集 |

セミファイナル 海常との対戦。

目を覚ますと横に裸のアレックス。
ビックリの火神www

若い兄ちゃんを好き放題にして寝てたアレックスいいなぁwww

さぁ 長~~~い一日の始まりですwwww

まずは試合の準備をしてたらバッシュが壊れてることに気づく火神ですが
あんなにパカッといつ開いたんだwww
気づけよぉwwwww

黒子も同じく壊れたってことで(普通靴が壊れるって状態になるか???)
二人で試合前に待ち合わせしバッシュを買いに出かけますが・・・

黒子はすぐに買えたものの、火神は足がデカくてサイズがなく・・・
29.5ってそりゃなかなかないかもね。
でもバスケって高身長の人が多いスポーツなんだし、今どきの子らは結構
大きくなってるからサイズは揃え解いた方がいいかもね。

何件回っても見つからないものだから、黒子が動きました。
こういうときは桃井にけww

情報通の彼女ならどのお店にいけば火神のサイズが手に入るか知ってる
かなって思ったんでしょうが、桃っちはそれ以上の働きをしてくれました。

なんと火神の足のサイズ、履いてるバッシュのモデル、同じモデルを履き
続けることまで把握。
で、青峰が色違いを持ってるのも部屋のどこにあるかもリサーチ済みw

ハハハハハ さすがです。
勝手に持ち出してきます。

まぁでもなかなかサイズが見つからない人は青峰のように普段からいつくか
ストックを用意しておくのがいいでしょうね。

我が家も甲高幅広なので合う靴が見つかった時は色違いで何足か購入し
たりしてますわ。

青峰としてはなんで俺のバッシュを火神にやらないといけないんだ!?って
ところでしょうが、火神がこの色もいいなぁなんてちょっとめたりするもん
だから途端に態度が軟化www

可愛いw

「1on1でオレに勝ったらやる」と。
しかもついでにちょいとレクチャーもって、ホントいい子ですわん。。

結果は青峰の圧勝
やっぱりまだまだ青峰のが上なんだねぇ。
ま、火神もいい感じになってはきてるんだろうけど。

一旦勝負は中断ってことにし、取りあえずバッシュがないと試合にならない
からやると青峰。

黄瀬と合わないバッシュで試合したらぶっ殺すとw
彼なりの言い回しで気のいいところをみせてくれました♪

会場へ着くと、いよいよ洛山と秀徳の試合が・・・
誠凛はまとまって会場入りしてるようですが、洛山は現地集合のようですね。
みんな団体行動が苦手なのかしらんw

今年の洛山は・・・
高校最強のところへキセキの世代の赤司が入っただけでなく、無冠の五将
呼ばれる木吉花宮を除いた残りの三人が全て結集
これ以上はないと言うくらいの最強チームになったようで。。

おお~~~これまでベールに包まれていた赤司が前面に出てきましたよ!
帝光時代、よく将棋を指していた二人。

オレは敗北を知らない」と赤司。
「知らないから興味がある」という赤司に「嫌みか」と緑間。

「なら、いずれオレが教えてやる」ってことだったようですが、ついにその日が
やってきたってことですね、みどりんv

高尾は洛山の雰囲気をみて、もっと帝王のオーラ全開でギスギスしたチーム
かと思ったのに普通だと拍子抜け。

ところが・・・宮地が目をつけたのは・・・

赤司が付けているのは4番。
つまりは彼がキャプテンだと言うこと。

いくら赤司がキセキの世代とはいえ、帝王洛山が1年にキャプテンを任せるなど
あり得ないことだし、五将も当然のように受け入れていることの違和感

赤司がキャプテンに収まって何の不満もないように見えることこそが異常
自然に人を従わせる人間を普通とは言わない・・・

赤司の作画いいですね~
キセキの世代の力の入り様は嬉しい限り。

「勝たせてもらう」という緑間に「一度でもに投了させたことがあったか?」と赤司。
将棋もバスケも同じ、「は今まで間違ったことを言ったことはない」と。
全てに勝つ僕は正しい

試合早々、みどりんは3Pシュートを連続。
飛ばしてますv
そして、シュート前によくしゃべるのだよww

赤司をマークするのは高尾。
高尾は手も足も出ないというほどの実力差でもないと感じだようで、まるで両校
将棋の序盤のようなさぐり合い。

第1クォーターが終了し、洛山の監督はプランの変更無しで細かいことは赤司の
指示に従え
と。
絶対的に信頼を得てるってことですよね。

1年生なのに。
これが生まれながらに人の上に立つ人間ってことですね。
それにしても赤司は汗一つかいてませんね。

みどりんは赤司に「目を使わず勝とうなどと思っていまいな」と。
さて、赤司の“目”とはどういうことなのか!?ですよね。

みどりんはあまり動きを見せない赤司に舐められていると感じてるようですが
赤司の方は逆に舐めるどころか慎重に試合を進めているくらいだと。

切り札はそう簡単には切らないといいますが、このままでは切らずに終わって
しまうかもしれないと。

不気味な感じがいいですねv

第2クォーターが始まり、あっさり宮地にドリブルで抜かれる葉山。
おお~~宮地も美麗

っと赤司は「やる気がないなら交代してもらう」と。
焦る葉山。
赤司にまれたら大変ってことですね。

試合に関する権限はある意味監督より赤司のが上ってことで。
早速葉山はドリブルで宮地を抜き返します。
とんでもなくく叩きつけるドリブル。
その速さに宮地はついて行けず・・・

「さっきの言葉、分かりにくければ言い直そう」
プレイ中に赤司がみどりんに話しかけます。
いいのかそんなことしてて(^^;

「僕が直接手を下すまでもない、それだけのことだよ」

おお~~~!
正に帝王。

洛山のプレイが神懸っていてこれは期待できるというものです。
やっぱり試合の作画は素晴らしい!!

しばらく主人公チームは控えで解説役ということですね。

EDで征ちゃんの目がぐるりんキラっとなるのが好き。

次回予告の作画にもワクワクですわ!

で、エンカはなんですのwww
火神がエプロ・・・ゴホッ 誰のため???

 


2015年02月01日 (日) | 編集 |

いや~~なんとも不可解なのは、どうして洋介くんまでデキムさんによしよし
してもらいにいっていたのかということですよね。

いつの間に!?ってビックリしましたよ。

まぁそんなに真剣に捕えないでもいいんでしょうが、人生の振り返りも暴かれる
心の闇も浅いですなぁ。

設定が面白いから取りあえずみてますけど。
あとデキムさんが毎回何をしてくれるのだろうとドキドキするものだからww

OPの出来は毎回感心。
ところで、いつになったら他のスタッフさんが登場してくるんでしょ。
ノーナとクラヴィスもまだちょこっとしか出てきてませんよね。

さて、今回の洋介とみさきですが・・・
格闘ゲームというのもあるんですね。

これはかなり実力差がでそうですが、勝敗よりも途中経過を裁定の判断にする
ってことですかね。

私なんかがさせられたら、え??え???どうやってするの???って言ってる
間にゲーム終了で、デキムさんが記憶を蘇らせる間もないでしょう。
勝敗で裁定されるのなら私は完全「虚無」

ゲーム内の技がシュールでしたねw


今回はまぁどちらにも同情しにくいといいましょうか。。

みさきは自分がまだ子供の段階でできちゃった婚。
それも遊びの末って感じ。
若くてもちゃんと育ててるお母さんはいっぱいいるけど彼女の場合はどうなん?

男を見る目がないのは自業自得。
だいたい、女の子を大事に扱わないような男と結婚してその後の人生が幸せ
に行くとも思えず。。
女性をどういうものとしてみてるかはっきりしてるにもかかわらず。

最初は若気の至りということで仕方ないとしても、その後も同じことを繰り返し
てたようですし。
自分が不味かったと思うのなら、まずは子供をしっかりと育て上げることを
優先すべきところ、水商売でズブズブの生活をしてたようです・・・

彼女自身もだらしない。

生活をするために働かないといけないことはわかりますが、子供に対する
責任のなさはどうしたものかと。。

上の二人の子供の表情が全てを物語ってるのでしょう。

マネージャーに殺されたようですが、余程それまで怨みを買うような行動をして
きてたのか・・・
そのあたり描かれてませんのでよくわかりません(^^;

あと、電話では下の子たちは可愛がっているような様子でしたが他の場面では
泣いていても知らん顔。
態度に一貫性がなく、やっぱりよくわかりません。

自分がDVを受けて不幸になったにも関わらず、暴力で解決する手段をとり、
最終的にはこんなつもりではないとか言ってるし、彼女を捨てた男たちと同じ
ことをしてますね。

闇というより彼女の私生活を暴いてる感じでww

洋介の方は実母の心ない言葉によって、幼い頃深く傷ついたようです。
「あなたなんか生まれて来なければよかったのに」

これは絶対に親が言ってはいけない言葉。
母親に愛されていないと実感して生きていくのは辛いですよね。

でも、父親もいるわけだし、もう少しなんとかならなかったのかと。
なんともならないような男だから奥さんに愛想を尽かされたのかもしれませんが
その後結婚した人はとても優しい人のようですし、父親の方だけに非があったと
も思えず・・・

全く愛情を掛けてもらえず育ったのではなさそうですし、やっぱりこじらせたのは
本人の問題が大きいのではないのかと。

う~~~ん。
あれだけでは何とも言えませんが、あれだけのことで自殺するのはもっての外。
ところで彼はどうしてみさきに暴力を振るわれているとき無抵抗だったんです
かね。
それが不思議。

そこに彼の闇があるのかと思ったら全然違いましたwwww

二人ともゲームに負けると記憶が蘇るようになってるんですかね。
でも蘇る記憶も一部だし 暴かれるのも闇と言うほどのモノとも思えず・・・

心の闇ってもっと深いもんじゃないですかね?
確かにみさきの方は、人を支配しようとする欲とか、自分のために人が犠牲に
なるのは仕方がないと考えているところとか、負けそうになると暴力でなんとか
しようとしたところは暴かれたってことでしょうが。
それは本性であるけどってのはもうちょっと別モノな気がします。

みさきの場合は、どうしてロクでもない男を好きになるのか、彼女は男に何を
求めているのか、母性よりも優先される欲望とかまで暴くと面白いのになと。

闇ってのは人を妬んだり恨んだり蔑んだりって気持ちのことじゃなくて、そう
いう感情を持つに至ったもっと深い心根みたいなものだと思うんですけど。

とはいえ、ずっとずっと人の心を掘り下げていったらそうそう悪意に満ちた感情
だけから成り立ってる人も少ないと思うのですよね。

なので最初から裁定なんてもの自体が難しいのかもしれませんね。

みさきも洋介もデキムさんに抱きしめられて「お疲れ様でした」って言ってもらって
涙を流してましたね。
あれはいい場面なのか、なんなのか微妙(^^;

洋介が「転生」、みさきが「虚無」ですかね。

う~~~ん、やっぱりこの作品、人間がどう裁かれるのかは大したことじゃない
のかもですね。

それならデキムさんらのお話とか舞台裏をもっと見たい気がします。

で、前回の子らはゲームの中で極限状態にさせられてなかったのはなぜでしょ?
誇りをもって裁定してるってデキムさんは言ってますが忘れてたんでしょうか?
それとも私が見落としていただけでデキムさん何かしてたのかしらん。。

今ひとつ掴みどころのないデキムさんww
極限状態にするのがつまみを飛ばすってのは可愛らしかったです。