薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
月別アーカイブ  [ 2015年07月 ] 

≪ prev |  2015年07月  | next ≫

「俺物語」9巻感想です♪

アニメ絶好調の「俺物語!!」9巻感想です♪

まさかの猛男の弱気・・・!
そっか、猛男は優しいがゆえに相手の幸せを考えて自分が引いちゃうことが
あるのね・・・。

大和を「凛子」呼びするイケメンパティシエの存在にダメージの猛男。。

前巻の感想はこちら

 

俺物語!!(9)

俺物語!!(9)
著者:アルコ
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

なんで表紙の猛男は猛々しいんだ???っと思ってたら読んで納得w
う猛男の話だったんですね。

大和のことを下の名前で呼ぶパティシエのことが気になる猛男。
「イケメンだったな・・・」
なんて呟いてますが・・・

ってこれまで砂みたいなイケメンがすぐ隣にいるのにずっと猛男にまっしぐら
だったんだから大和の好みは猛男なんだよwww
いわゆるイケメンじゃないんだよwww
気づけ猛男wwww

砂は猛男に「お前も呼べばいいじゃん」とアドバイス。
「お前が名前で呼んだらうれしいんじゃないの、大和さん」

猛男は照れながら・・・

「誠」
そこ!?

砂の下の名前呼んでどうするんだよwwww
私的には激萌えだけど、ここでも砂で練習するのねwww

もうどんだけ砂が好きなんだよww

直向きにバイトに精を出す大和に大いなる勘違いの眼を向けていく一之瀬。
だんだん大和を見る表情が優しくなっていくのはいいことなんですけどね。

バイトの子らは一之瀬が笑うのを見て驚愕ww

「食べてくれる人の顔を思い浮かべながらアイディアを考えるようになった」
一之瀬に店長も大喜び!

が、猛男は大和がバイトを楽しいのを聞くと何やら暗い表情に・・・
自分が男として自信がないせいで大和が幸せそうにしてるのを一緒に喜べない
ことを情けないと思う猛男。

ああ・・・ホント猛男いい奴だよ。

砂は大和の周りに男が現れうろたる猛男をみて「お前もフツ―の男だよね」
っとふっと笑みを漏らし。。
ああ・・・こういう砂と空気感が好きだぁああ!! O(≧∇≦)O

大和がかわいくていい子だから猛男以外の誰かが大和のことを好きになった
としてもおかしくないとどんどん暗い方向へ沈んでいく猛男。

砂は「まだパティシエが大和のことを好きかはわからない」と励しますが・・・

猛男は当面は名前で呼べるように頑張ろうと大和のバイト先へ。
一之瀬は大和の彼氏が猛男だと知ると、店から帰る猛男を追いかけ 突然
「凛子と別れてくれ!!」

何言ってくれちゃってんだwww

ああ・・・この人も大概だよwwww
「凛子には俺の方が合ってる!!絶対に!!」

そんなことは大和本人が決めることであって、あんたじゃないww

一之瀬に圧倒されてる猛男が気がかりな砂は愛さんに猛男の話を。
すると、愛さんも気になるようで・・・

「猛男は自分自身のことになると一歩引いちゃうところがあるからね」
砂が猛男を心配するのが・・・たまらん(///∇///)

大和は猛男が悶々としてることなんて知らなくて、バイトが休みの日に遊ぼうと
猛男を誘いますが、後日、一之瀬がコンクールに出ることになりその手伝いを
お願されて・・・
急遽、猛男との約束をることに。

猛男も一之瀬のパティシエ人生がかかってるときくと応援しないといけないな
っと。。

ああ・・・どこまでも他人を優先してしまう猛男。。

大和には自分よりももっと合う相手がいるんじゃないかと落ち込む猛男に、
ななこちゃんは「凛子はちゃんと考えているし、もしそうだったらどうなの??」

問い詰められた猛男は・・・
「俺は誰にも渡したくねぇ」

例え相手がかなわないやつでもどんなすげぇやつでも。

そうだよ、猛男!!

猛男の気持ちが定まったことで砂は嬉しそう。
猛男はそのまま店まで行って一之瀬に「大和は渡さねぇ」と宣戦布告。

大和が俺を好きでいてくれる間は俺の方から逃げることは絶対しねぇと誓う
猛男でしたが、「なんで宣戦布告なのか」と砂に突っ込まれwww

「受けて立つ方なのになんでお前の方が立場弱くなってんの?」っとww
だよねwwwww

大和が一之瀬と残ってコンクールの作品作りをしてると聞いて愛さんは二人きり
にして大丈夫なのかと・・・
猛男は気になり様子を見に行きますが・・・

一之瀬は猛男に「両思いになる前に同意を得ないで手は出さない」と憤慨
一応、一之瀬も変わった奴だけど常識はあるようで。

猛男はそれを信じることに。
一之瀬は「金賞を取ったら大和に告白する」と宣言。

猛男はあっさり「がんばってください」と一之瀬にエール。
さすがに砂もなんで応援しちゃってるのかと呆れますが、猛男は「金賞だろうが
俺は負けねぇから」と・・・

やっぱ器デカイわ(^▽^)

とはいえ、コンクール当日は「大和が告白されて気持ちが動いたら・・・」っとつい
考えてしまう猛男・・・

っと、当日コンクール前に大和が猛男の家にやってきて。
どうも、一之瀬にミューズだと言われたことがプレッシャーのよう。

大和は猛男と話してると安心すると笑顔で出かけていきますが、猛男は思わず
「誰にも渡したくねぇ このまま行かせたくねぇ」
想いが溢れ後ろからハグ。

おお~~~~猛男でもこんなことするんだ!!!
これは猛男、ポイントアップだぞ、大和にだけwwwww

「今のは安心じゃなくてドキドキしちゃったよ」って微笑む大和が可愛い!!

ハグ中に砂が玄関の扉を開けるのがお約束だと思ったんですが、今回はそれは
なかったですね。
でも、大和を見送りちょっと寂しそうな猛男に「海行く?」って声をかける砂。

自分は海が好きでもないのにね。。
やっぱり猛男のこととなると・・・
砂 GJ(〃∇〃v)

さて、どうなるんでしょうね。
とはいっても、金賞とって一之瀬が告ろうが何をしようが大和がなびくとは到底
思えずwwww

一之瀬が失恋することは確定ww
頑張れ一之瀬ww

彼女は俺のミューズではなかったって簡単に立ち直るかもだけどwww

番外編は猛男と砂の小学生時の話。

愛さんがいろんなものをときめくかときめかないかでお片づけしています。
砂にも賞状やらの束を片付けろと催促。

すると、思い出の賞状が出てきて・・・
猛男絡みのやつですね。

それは猛男が砂のことを思って一生懸命にしてくれた結果にもらえた賞状。
砂は昔を思い出し・・・
たくさんある賞状の中でもこれだけはときめくからと残しておくと・・・。

だよね、ときめくよね!!!
わかるよ!!砂ぁ!!  (p≧∀≦q)〃

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/31 22:55 ] 君と僕。・俺物語!! | TB(0) | CM(0)

「図書館戦争」15巻 感想です☆

随分と遅くなってしまいましたが、15巻感想です。
これで本編完結ですね。

寂しいけど面白かった!!
ホント上手にコミカライズしてくださいました!!

進行やセリフはほぼ原作通り、その面白さに少女マンガテイストが加わって
ほんのりキュン度が増した素晴らしい作品になったと思いますv

図書館戦争(第15巻)

図書館戦争(第15巻)
著者:弓きいろ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

原作の感想はこちら
前巻の感想はこちら

当麻先生を無事、大阪に連れていくことに成功した郁。
途中、良化特務機関にもバレないよう、図書基地にも連絡。

郁の機転はしっかり柴崎が読みとってくれましたv
さすが柴崎wwww

やっと大阪のホテルで一息ついた郁ですが、堂上があの後どうなったかを
考えると胸が張裂けそうで・・・
かといって、電話は出来ず・・・

堂上教官ならこんなとき、絶対電話をかけたりしない

必死に自分の感情を押さえ込む郁。。
うぉおおおおお!!!

成長したよね!偉いよ郁!!
まさに、瞬発力に加え冷静な判断力まで備えつつあるようです。

バスルームの鏡の前で全裸で明日の決意をする郁。
その色気の無さに激しく好感www
貧乳&くびれ無し!
いいわぁ~ ( 〃▽〃)

男性と同じ訓練を受けてきたわけだから、筋肉質な逞しい体になってしまうのは
当然で、いかにも郁らしい。

そんな郁ですが、眠るときには堂上に借りたカミツレを握りしめてるってのが乙女。

翌日、百貨店に当麻を連れて行くと郁は「お金に糸目はつけないから大阪で一番
目立たないおじさん
に仕上げてください」とオーダー。

すると店員は・・・
「この方がこの方だと分からなくなればいいのですね」と婦人服売り場へGo!

大阪で一番目立たない格好・・・
それは派手なおばちゃんだったwwwwww

店員たちは当麻先生のことを分かった上で、最善を取ってくれたんですよね。
これなら良化隊員と真正面からすれ違ってもばれないとv

郁が立てた作戦は単純。
一番亡命先として有力視されるアメリカ総領事館前で郁が騒ぎを起こし、周りに
いる良化隊を一気に引きつけている間に、当麻先生がアメリカ総領事館から
あまり離れていない英国総領事館へ駆け込むというもの。

郁はありったけの銃を撃ちまくり大騒ぎを起こします。
でも、それは良化隊も銃を持っているから危険極まりない策で・・・
下手をしたら命の保証はなく、図書隊員でいられなくなるかもしれなくて・・・

それでも郁はこれが考えうる限りの策だと行動に移します。

が、なぜか包囲してくる良化隊員たちは銃を使ってこなくて・・・。

郁が取り押さえられた時、関西図書隊によって当麻先生の総領事館駆け込みが
達成されたことが宣言されます。

やったね\(^o^)/

郁が撃たれなかったのは玄田が自衛隊に働きかけて関西の良化隊の弾倉に
暴発の危険があるロットが混じっているとでっち上げ実弾を全回収してたから。

郁の電報はちゃんと解読され、みんなが協力してくれてたんですね。

郁の任務は完了。

玄田と連絡を取ると、堂上も無事だということがわかって・・・。
郁は早く堂上に会いたいと大阪と東京の距離を恨めしく思います。。

が、東京に戻った当日も次の日もその次の日も通常業務に加え、報告やら
雑務に追われ病院の面会時間は帰れず。。

郁の処分は真昼間の繁華街で銃を乱射したにも関わらず始末書だけに。
世界中が今回の事件に注目することとなり当麻先生は自由の身に。

そして国際世論を巻き込むことができたことで長期的には良化法はジリ貧に
なると柴崎。
ここから先は手塚慧の未来企画が良化法撤廃に向けて全力を尽くすはずと。

で、いつになったら堂上のところへ顔を出すのかと柴崎に突っ込また郁ww

最初こそ会いたくて堪らなかったのですが、自分が別れ際にした暴挙を思い出すと
なかなか行けなくなってしまってて。。(^^;

郁が顔を出さないものだから日に日に堂上の機嫌が悪くなっていると聞き、やっと
休みの日にお見舞いにいくことに。

自分の想いは既に伝えてあるものだから受け入れられるか拒絶されるか・・・
決死の思いで病室へ。

本を読んでいた堂上ですが郁の顔を見ると即座に不機嫌に。
堂上が怒っていると感じ、居た堪れなくなった郁は先に謝ってしまいますww

「来るのが遅い!」と怒りだす堂上。
でも、理由は郁が来なければ褒めたくても褒められないから。

「頑張ったな」って郁の頭をわしゃわしゃやる堂上。
郁は緊張のあまり涙しますが、落ちついたところでカミツレと財布を堂上に
返します。

っと「これを返す時何かを言う約束だったな」と堂上。
ここからですよ~~~~
ニヤニヤタイムwwww (〃∇〃v) 

「それは言ったも同然」と誤魔化そうとする郁に「俺は約束を守った」と繰り返す
堂上。
「言ったら返事はどうなるか」と訊く郁に堂上は「聞いてみないと分からない」

完全に遊ばれモードに入っていると郁は腹立ちますが、ここは勇気を出して・・・

好きです。堂上教官が。
王子様だってことはもう関係なくて…今の堂上教官が好きです」

堂上は郁が自分のことを王子様だったと気づいてたと知りしく動揺。。

郁は堂上があの時の三正だと知らなかったからたくさん逆らって生意気な態度
を取っていたことを謝まりまくります。

が、堂上は「もういい」と聞こうとせず。
でも、郁はちゃんと聞いて欲しいと今更かもしれないけれど教官が好きだと。

そんな郁に「うるさい 黙れ 喋るな!!」と堂上。
自分で言わせておいて「もういい」という堂上に郁は「今さら」なんだと理解し
帰ろうとします。

っと堂上は郁の手を掴むと「お前は絶対分かってない!座れ!」大慌てw
「喋るなというのは王子様云々のことで・・・」と釈明しますが、郁の涙は止まらず。

さすがに郁の泣き顔をみて自分の態度を反省したのか、言葉で上手く伝えることを
諦めた堂上は途中を端折って「もういい」

郁を引き寄せるとキス(/∀\*)

驚く郁に結構、長~~くちゅうしてます (*≧∀≦*)

この二人、ホント言葉で自分の気持ちを伝えるのが下手なようでwww
でも、言葉足らずはキスで解消d(≧∀≦*)ok! 

「風邪、うつすかもしれないけど いいな?」

なんとまぁ、この後、ちゅっちゅと何回もキスしてますがな堂上さんwww
こんなにコミック堂上が積極的だったとはwwww  O(≧∇≦)O

これだけキスされたら鈍い郁だってさすがに「今さら」じゃないことも、もっといろいろ
沢山
わかりますがなw
「それならいい」って堂上の表情がたまらんですな(p≧∀≦q)〃

こういうのはホント、コミックスならでは!!

この後、堂上のデレが来るのですが、別れ際にも「足りない」ってまたキスをねだる
堂上に、もうどうしてくれようって程 キュンだよキュン!!
キュン通り越してギュンズギュ~~~~~ンだよwwww

さすが少女マンガ!!
こういうところではこれでもか!!!ってってくれます d(≧∀≦*)ok! 
いいわぁwww

そして、関東図書基地では今日も鬼の堂上教官の怒号がwww
そう、それは今や泣く子も黙る「堂上郁教官」なのでしたww

亡命から3年経って郁は堂上と結婚し、手塚と同じく教官に。
手塚と柴崎は相も変わらずの関係のまま。
小牧は毬江の大学卒業を待って結婚予定。

堂上と結婚した郁は基地内の官舎で生活。
共働きなので家事は分担。

っと幸せなその後を過ごしているのでした~   完。

ってことですが、ここへ至るまでの3年間は別冊の方で描かれているんです
よね。

こちらもコミカライズされるってことで楽しみです

でも、甘甘通り越して激甘でみてらんないwwwwってくらいの内容なので
大丈夫なのかしらんと少しだけ心配wwww

私の楽しみはもちろん、初Hです!!!
あのシーンをどう盛ってくるのか楽しみで楽しみでwwwww

取りあえず本編完結、お見事でした!

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

俺物語!! 第17話「俺のクリスマス」ざっくり感想

ふと気付いたら、最近コミックスの感想は少女漫画系ばかりになってて
びっくりwwww

以前は青年誌が多くてたまに少年誌って感じだったのに、どういうわけだかw
またコミックスの感想続きそうです。

せっせと下書き中です。

では「俺物語!!」17話の感想をざっくりと。

猛男と大和はお互いの友達を誘ってクリスマス会をすることに。
みんなでカラオケってことに。

そこで栗原はななこちゃんにルことを決意v
ななこちゃんの方もまんざらでも無い様子。

猛男と大和はできるだけ二人きりの時間を作ろうとしますが・・・

が、な~~~んか栗原はズレたことばかり。。
ななこちゃんとしてはもっとプッシュしてくると思ったのに、そんな雰囲気も無く
なんだか拍子抜け。

そればかりか、栗原の態度に段々と嫌気がさしてきて・・・
あかんやん栗原ww
わかってないなぁ。

猛男にまで「何やってんだ??」とか思われてるし。

せっかく大和が雰囲気作りに中庭のでっかいツリーを観に行こうと誘って
いい感じになったのに・・・
手を繋いだところでチャンスだったんだよね。

それなのに栗原はその絶好のタイミングで告らず(><)

業を煮やしたななこちゃんが自分から「私って栗原の何?」って訊いてるのに
アホやね・・・
「友達みたいな?」

って最悪。。┐(-。-;)┌o

自分に自信がないのかもしれないけど、そういう時は例え可能性が低そうだと
しても誤魔化しちゃダメだよね。

プレゼント交換ってことで順番を決めて各々が準備したプレゼントを引いていき
ますが、砂は猛男のプレゼントを引きましたv

運命だねwwww(〃∇〃v)

でも、クマの木彫りってwwwww
砂ももらっても困るだろうけど、取りあえず飾っとこうwww

愛さんにあげたら喜ぶかもね。
愛さんの部屋に飾っておくのもいいかもだよwww

猛男と大和は栗原とななこちゃんがお互いのプレゼントを引くように誘導wwww
露骨www
ところが、なんとも嬉しいのかどうなのかよくわからない代物で・・・。

男どもはクリスマスプレゼントで好感度を上げようって気はないのかねwww

猛男と大和は盛り上げることに一生懸命ですが、ななこちゃんの様子が
ことに気づいてるのは砂だけのよう。。

こういう機敏さがモテる要素として大事なんだよな。

猛男と大和は善かれと思ってやってるんだろうけど、無理にくっつけようとされ
たら気分よくないよね。
それに栗原自身の態度がはっきりしてないのが一番悪い (`^´*)

もっと強烈に好き好きアピールして、ななこちゃんがもう仕方ないなぁ・・・って思う
くらいすればいいのにね。
自分で恥かくくらいの覚悟が欲しいよね。。

好きならできるだろって思うんだけどなぁ(^^;

ななこちゃんが居た堪れなくなって帰ったことで、やっと猛男と大和は自分たちが
してたことがななこのちゃんのためになっていなかったことに気づきます。
黙って見守ることが必要だったと反省する二人。

砂がしてくれたように。

うん、砂はいつも黙って見守ってるよねwww

が、しかし 自分でななこちゃんを守れなかったことをウダウダ弁解する栗原に
猛男、黙って見守ることができず\(^o^)/

あははは 猛男はそれでこそ猛男だよ♪

くだらねぇこと言ってんじゃねぇ!!!
本気で好きなら自分で何とかして来いってことで栗原に喝!!

栗原はななこちゃんを追いかけるのかと思ったら・・・
木に登ってましたww

例の☆を取ってななこちゃんに告白するんだとかで。
猛男が栗原を放り投げてるのが最高ですww

ななこちゃんは大和から連絡を受けて戻ってきました。

たくさんのお客さんが見てる中で栗原何度かの挑戦の後、ついに☆をGet!
さっきは照れ臭くて誤魔化しちゃったけど好きな子には男を見せたいと頑張り
ましたv

う~~~ん、でも、私だったらそんな仰々しい告白をロマンチックだとは思えないw

ところが、ななこちゃんは栗原のヘタレなところも好きだったwwww(*>ω<*)ノ

これはいいわwwww
猛男みたいにかったり、砂みたいにスマートに出来なくても、栗原に彼女が
出来ました\(^o^)/

みんなが祝ってる横でラブラブの猛男たちwww
これも笑える。゚(゚^∀^゚)゚。
砂が見守ってますwww

で、栗原とななこちゃんはもうお互いに下の名前を呼び捨てる仲に。
彼氏が出きたななこちゃんはすっかりキャラ変更w

告ったその日のうちにキスも済ませたという二人に大和どんよりwww
まぁ、栗原&ななこちゃん 良かったね♪ってお話でした。

今回も他人のことには手を出さないクールな砂がかっこええ d(≧∀≦*)ok!



 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/31 00:59 ] 君と僕。・俺物語!! | TB(0) | CM(0)

純情ロマンチカ3 第3話「盲亀の浮木」ざっくり感想

先日、19巻の感想をやっと書きあげて、で、アニメ始まったことだし~っと
思って、また1巻から読みかえしてしまいましたよwww

やっぱ面白いわ!!

毎回、あまり進行がないものだから あああああ!!!早く進んでぇ!!!
っとか思ってしまうのですが、通して読むといやいや丁寧に心の動きが描かれて
いていいじゃない~とか、改めて思いましたともwww

それにしてもアニメの進行早いですよね。
なんか、毎回1巻相当分くらい話が進んでる気が・・・。
がないからその分のページ数もさくっと進んでしまいますしね(^^;

ちょっと寂しいけど、キスだけで我慢w
表情とかあれやこれで脳内補完しておきますww
ま、原作読めばいいしww

細かいこと言うとセリフのカットとかもあって残念ではありますが、その分テンポは
いい感じ。
ダレ無くポンポン進んでます。

この進み具合だと長~~くった伊集院先生も一気に片づいてしまいそうwww
一応、大きな区切りだからそこまで行くのかしらん。

さて、伊集院先生のサイン会に付いてきたウサギさんたち。
美咲たちは夜行バスなのにセレブたちは飛行機で一っ飛びw

早速、美咲の友達だという藤堂を品定めするウサギさん。
無邪気を装い俺の眼を誤魔化し美咲を惑わす新しいパターンだとwww

美咲に近づく者は全て敵認定って感じですねww
あ、ホモ認定かww
公共の場であろうとちゅっとウサギさん♪

美咲たちはサイン会の列に並びますが、圧倒的に女子が多くてビックリ。
「ザ☆漢」はハードボイルドだという美咲たちでしたが、女子は伊集院先生
本人に会いたいようでwww

以前、会った時の伊集院先生はとてもカッコいいとはいえない姿だったから
美咲は女の子たちがっかりするぞっと言いますが・・・
眼の前の伊集院先生は超イケメンだったwww(*≧∀≦*)

花も背負ってるww

伊集院先生は美咲の名前をみて、以前励ましてくれた子だと気付いたようで。
偶然、カフェで会った先生は美咲に声をかけてきます。

美咲は伊集院先生が自分のことを覚えてくれていたことに感激!
「大好きです」と伝えようとしたところ・・・

絶妙のタイミングでウサギさん登場www
お約束ですねv

編集部の人はウサギさんに気づくと2人を紹介。
するとまずはウサギさんが自分は美咲と同居してると先制攻撃。
すると伊集院先生も手作りクッキーを美咲からもらったことで反撃w

火花をらすイケメン二人www
バッチバチですww

そしてこちらもw
「好きな子の好きなモノはチェックしておきたい」って薫子でしたが、伊集院先生
には会えずがっかり。
じゃ、ケーキでも買って帰ろうと美咲の手を取ると・・・

バシコン!!
水樹が美咲の手を払いました\(^o^)/

ウサギさんのことが好きで絡んでくるのかと思いきや、実は水樹は薫子のこと
が好きだったんですね♪

薫子もウサギさんも気づいててw
気づいてなくて振り回されたのは美咲だけww

単に水樹は八つ当たりで美咲にんでたんですねwww
さすが自分の感情に正直な宇佐美一族www
美咲も一応、理由がはっきりしてよかったんじゃ???
それに水樹がウサギさん狙いじゃないこともわかりましたしねv

伊集院先生のサインをもらって喜ぶ美咲にウサギさんは不機嫌。
自分には好きって言わない癖に伊集院先生には好きの連発ですからね(^^;

ま、確かにウサギさんの気持ちもわからんでもなく。。

「あの先生様にはもう近づくな」とウサギさん。
理由は「(ホモの)直観

当たってますよ、ウサギさんwww

美咲はウサギさんが伊集院先生がカッコ良かったから嫉妬してるんだと
茶化そうとしますが、ウサギさんは至って大真面目。

美咲を押し倒し「好きな奴が好きなものは気になって当然だと思うんだが」
淡々と甘いセリフを口にするウサギさんにれますわ (/ω\*)

「お前の一番は俺でなければダメだ」
どっかで聞いたようなセリフですねwwww

照れながらも美咲は「伊集院先生の“好き”とウサギさんのは種類が違うんだ」と
言います。
ハッとするウサギさんの表情がいいですねv

些細なことで嬉しそうな顔するウサギさんはホント、美咲が好きですよね。

自分よりも好きなのだろうかと伊集院先生のことでウサギさんは不安なのだと
わかり、美咲は違いを分からせるために一大決心。

ウサギさんをう練習をしてみましたwww
襲うっていってもねぇwww

「どんなに他に好きな人がいてもこーゆーことしねーよ」

美咲の精一杯の釈明ww

原作ではここでウサギさんが抑えきれなくなってベッドへGo!
美咲をきながら「俺はお前が好きな物に文句つけたくないんだよ」って
セリフになるのですが、アニメは残念ながらHはなし。

「だから少し抑え目にして。嫉妬するから」

あああああ!!!!
もうたまんねーやwwww O(≧∇≦)O

で、原作ではこの流れの後、
「甘やかしてくれるならその100倍お前を愛してやる」って大好きなセリフが
くるのですが、これがないのが残念。

が、代わりにアニメでは丸川から電話が入り、美咲が伊集院先生のところへ
原稿を取りに行くこととなり・・・
せっかく、気分良くなってたウサギさんの表情が曇るという・・・

で、ここのウサギさんの表情がくよかった!!
複雑なウサギさんの気持ちが完璧に表現されてましたね d(≧∀≦*)ok!

そうそう、美咲が伊集院先生のところへ行くって言うのでウサギさんは手土産を
持たせてくれるのですがそれもカットでしたねw
手土産ってのがウサギさんが書いた美咲とウサギさんモデルのBL小説ww

嫌がらせ以外の何でもないというwwww
心が狭いことで定評なウサギさんv

さて、伊集院先生も超不機嫌だったのですが、原稿を受け取りにきたのが美咲
だとわかり、一気ににっこりwww
この変わり身もなかなかですv

また今度遊びにおいでと着々と美咲を取り込もうとしておりますwww

丸川で相川にエントリーシートの見本を見せてもらった美咲はようやく自分のやり
たいことがみつかったようで・・・
帰国する水樹にも就活頑張ると宣言。

そして、美咲は自分がしっかりすればウサギ父にもめてもらえるだろうと・・・
ウサギさんにもまずは就活だと。

のんびりだけど、一応美咲なりに考えているんですよね。

空港デートの後はホテル。
お風呂の中からいちゃこらする場がアニメではソファに変更。

これまたがないのが残念ですが、甘甘な感じは十分伝わってきました  (/∀\*)

美咲が上半身だけでも裸ってのも剥かれた感がいいですww
ウサギさんのシャツが肌蹴てるのもなかなか美味(///∇///) 

最後のぽかぽかも可愛かったですね♪

さぁ 次回はテロリスト組のようで!
これまた楽しみです !!O(≧∇≦)O  

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : ボーイズラブ

週刊少年ジャンプ2015 35号一言感想

表紙&巻頭カラーは連載1周年の「僕のヒーローアカデミア」
では掲載順に一言感想を。

僕のヒーローアカデミア
デクがカッコ良く登場してこれは成長したなぁ~って思ったけど、敵さんのが
まだ上だったか。。
でも、轟が来るとは!
いいね~

暗殺教室
渚とカルマの抱きあい・・・
ゴメン、これいいわ
ぽん、ぽん って何!?
お互いの太股の位置にドキドキだよwww
結果は助ける派が勝ったけど期限付きなのか。。
この先の展開も目が離せないわ。

背筋をピン!と
まさかわたりちゃんがここまでのヘタレさんだったとは。
極度のあがり症ってことなのかな。
始まったところだけど、終わるのかってくらい盛りあがったわ・・・。
つっちー、ちゃんとリードできたし、今回はダメだったけど、きっと次は二人で
踊れるんじゃないのかな。
競技ダンスといえば別雑誌の「ボールルームへようこそ」に大注目してるん
だけど、こっちも素人っぽさがいいなぁ!!

DEADMAN KILLER
割と面白かったかな~
ストーリー展開次第だけど連載しても大丈夫な感じでは。

斉木楠雄のΨ難
大変そうねww

ブラック・クローバー
アスタ、どこに乗ってんだよ。
食べ物を載せるテーブルの上に乗ってはいけません。
調子に乗るのは笑えるからいいけどwww

火ノ丸相撲
相撲が凄く好き~~ってのが伝わってきて気持ちいいわ。
見た目とかいろいろあるけど、競技としての相撲ってのがもっと広がっても
いいよね。
実際空手と相撲ってどうなんだろ。。
空手はかなり上級の方の技とか稽古をみたことあるけど、でもやっぱり相撲の
ぶつかりとか来たら厳しい気もするし・・・
あと土俵って限られた空間での勝負とかも難しいと思うわ。
さて、佑真は勝てるのかな。
勝ちそうだけど。

食戟のソーマ
私も月響祭いきたいwww
麻婆麺の上の肉玉気になるwww

ハイキュー!!
ストレート締めてて抜かれてたなら甘かったんじゃないのかと思ってみたり(^^;
飛ちゃんの手に当てて抜いたのは凄いことだけどね。
個人の身体能力、高さとパワーだけが強さじゃないということを魅せて欲しいですv

銀魂
土方の着流しがエエっす。
それぞれの別れが何とも・・・
神楽と沖田は無難に別れの挨拶はできないのね。
激しいなww
近藤さんも男前になっちゃって。
やっと新八に認めてもらえましたね!
で、この先どうなるんだ!?

ベストブルー
おお~~~飛ばしてますね!
この勢いのまま行って欲しいな。

ニセコイ
取りあえず、一人片づいたようで。
千棘にはチャンスがあるってことは本命ではないってことなのかな。

トリコ
料理対決するのね。

ワールドトリガー
唯我、面白い奴だなwww
千佳ちゃん人は撃てなくても武器とかに当てるのはどうなのかな。

カガミガミ
バトルテコ入れ成功ってことなのかしらん。
ストーリーが面白くなったとは思えないんだけど(^^;

こち亀
名物の薄い県で悪かったなwwww
南部鉄でびわ湖を泳いだらいいのにwww

レディ・ジャスティス
扉絵のデッサン狂いはいいのか??

BLEACH
う~~ん 感想パス。

デビリーマン
お金は動かなかったけどいい話じゃないの。
この方向でいけばいいのに。

磯部磯兵衛物語
チビ磯たち可愛いwwww
で、磯兵衛は臭いのかwww

 

では、今週はこの辺で。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2015/07/27 22:43 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

アルスラーン戦記 第16話「落日悲歌」ざっくり感想

今回も丸顔作画じゃないですね。
申し訳ないけど、こちらの方が好みですv

戦象部隊擁するガーデーヴィ15万に対してアルスラーンとラジェンドラの連合軍
は6万と差は歴然。

アンドラゴラス王でさえ、象さんとは正面から戦わなかったんですね。

戦況は圧倒的に不利。
この状況でナルサスがどう軍を動かすのかが楽しみです♪

やっぱりジャスワントは戻ってもガーデーヴィに冷遇されてます。
宰相マーヘンドラはパルスの軍師が優れていたことを理解してますし、ジャスワント
に非がないことをわかってるようです。

宰相はガーデーヴィが他人に厳し過ぎるからこれでは臣下の心が離れてしまうと危惧し
てるようですが、確かに仕える主が悪かったようで。

ジャスワントは殿下とその臣下たちがお互いをよく思い合っていたことを思い出し
てます。
早く殿下の元へ~~

ガーデーヴィは軍を二分。
最初は川に阻まれ思うように兵を進められなかったようですが象部隊を出したら
一気に形勢逆転。

その頃、パルス軍はガーデーヴィ軍に囲まれラジェンドラは援軍を期待できない
状況に。

ナルサスに限ってそんなわけはないわ・・・
っと思ったら、やっぱりパルスの騎馬隊キマシタ!(゚∀゚)

どうやって包囲を抜けたのかと思ったら兵が到着する前に出てたようで。
ハリボテを用意し、ガーデーヴィが二分させた軍を足止めするとはさすが。
ただ抜けるだけじゃなくて戦力をいでますv

まず、ダリューンが兵を引き連れ突撃!!
象の前に突進していったと思ったら何やら誘導。

ジャスワントは罠だと見抜きますが、ガーデーヴィは耳を貸さず自らも出陣。
シンドゥラの王子は二人ともあまり賢くないようですww

象は小回りが利かない上に薬物で興奮させられているものだから簡単に動きを
止められず。
パルス軍は忍ばせてた毒槍を射出する武器で一気に攻撃。

象は弓では倒せないからってことですが、よくこんな武器が手に入ったというか
どこから調達したんでしょうね。

象部隊は殲滅。
結構、エグイです。。

ガーデーヴィの象は止まったものの眼の前にはダリューン!
これはやられるわ。

っと思ったらジャスワントがガーデーヴィを救出しました。
殿下は攻撃をさせず、またも見逃してあげたようです。
よほどジャスワントが気になる様子。

が、ジャスワントはガーデーヴィを助けたのにまたも冷遇。
ホンマあかん王子やわ(--;

二人の王子の戦いはシンドゥラ国王が意識を戻したってことで神前決闘
持ち込まれることになりました。
シンドゥラ国の独特の神に裁きを委ねる裁決法らしく。。

犠牲者はただ一人という利点があるとはいえ、代理人を立てることができるって
そんなのあり?

しかも、ラジェンドラはダリューンに代理人をお願いしたいようで・・・
他国の者に戦わせるなんて、そんなことでいいの???

ええええ~~~~~~~!?

ダリューンは戦うの!?
殿下以外の者のために命を懸けるなんてあかんわ!!!
殿下のお願をダリューンは断れないだろうから、ここは殿下が断るべきだったよね。

ま、ダリューンが勝利するだろうからダリューンの身を案じる殿下を楽しみにします
けど(///∇///)



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「純情ロマンチカ」19巻 感想です☆

アニメが始まってわくわくです☆
うちの方の放送が遅いのが非常に残念ではありますが、遅れながらも
感想書いてますv

では、19巻感想です。
やっと伊集院先生が諦めてくれたというか、イケイケドンドンで美咲に
アピールすることを諦めてくれたようです。

これまでの感想はこちら

 

伊集院先生からの告白に意を決して断ったもののなぜか諦めてもらえず
ウサギさんが嫉妬して大変なので、伊集院先生と仕事で接触しないように
したい美咲。

でも、丸川の仕事に関わることだから自分だけでは解決できず、誰かに
相談しようにも誰に相談すればいいのかわからず・・・

そりゃ難しいわなwww
仕事のことってより恋愛が絡んでるし、しかも男女間じゃないというwww
話をするにしても自分のことだけじゃなくて、ウサギさんや伊集院先生が
ホモだってことを話さなければならなくなるわけですからね♪

でも、それをはっきりと言わなくてはまた伊集院先生にはぐらかされて元の
黙阿弥ってことになってしまうだろうし・・・

ってことで美咲は一人悶々

ウサギさんに言えば一発解決になるんだろうけど、美咲はウサギさんには
頼らず自分自身で解決せねばと思うわけですね。

そんな美咲の様子を井坂さんが察知。
ウサギさんの留守中に話を聞いてくれることに。

美咲は井坂さんが丸川の社長ってことで変な相談をしたら内定取り消しに
なるんじゃないかと警戒しますが、井坂さんは秋彦の友人として聞いてやる
といってくれて。

が、この人基本にいい人なんだけど胡散臭いwwww

美咲は思い切って相談。
ウサギさんがバイトで美咲と伊集院先生が会うのを嫌がってるって形で話を
持っていきます。

が、井坂さんは美咲とウサギさんの関係に気づいてて・・・

しかも美咲が伊集院先生に好きだと言われてウサギさんが嫌がってることを
見事に見抜いてますww

美咲は動揺しまくりですが、井坂さんは「秋彦のこと知ってりゃそーなんだろう
なってフツ―は思うでしょ」っと平然。

あれだけの人嫌いの偏屈男が美咲だけには異様に執着して4年も一緒に
住んでるってなれば“秋彦の特別”ってのは一目瞭然だと。

今更隠してもしょうがないから全部言ってしまえと言われて美咲は伊集院先生
がいくら断っても諦めてくれないことや、漫画家としては尊敬してるし昔からの
憧れの人だから傍で仕事できることは嬉しいし、会社としても大事な作家さん
だとわかってるから余計にどうしたらいいのか悩んでると打ち明けます。

井坂さんは仕事と恋愛は関係ないから会社がどうこうというのは考えなくても
いいとアドバイス。

取りあえず、もう一度ちゃんと伊集院先生と会って自分の気持ちを言ってきたら
いいし、それでもダメなら会社として考えてやると。

さすが井坂さんもしい。
伊達にホモの先輩じゃないわwww

美咲はいい感じに解決できそうだとホッとしますが、話を聞いてたウサギさんは
「良いところ全部持っていくのはやめてほしい」となぜかムカついてて・・・

井坂さんは取りあえず、ウサギさんが原稿を上げたことがわかると退散。
美咲は井坂さんに自分たちのことを話してしまったことを謝りますが、井坂さん
が気づいていたことを聞くとウサギさんはそりゃ気づくだろうなと。

ウサギさんも自分が美咲を溺愛してる自覚があるようで、子供の頃からの
自分を知ってる井坂さんにはバレても仕方ないと思ってたようで・・・。

そんなことよりも美咲が井坂さんを頼っていたことの方に腹を立ててますw
「お前が俺以外を頼るのがただムカつく」ってwww

もうどんだけ美咲を独り占めしたいんだよwwww
井坂さんに相談するのが適任だとわかっていても気に食わないとか自分の感情
に素直過ぎるウサギさんwww

美咲がもう一度伊集院先生と会うつもりだと知ると嫌そうにしますが
「これもみんなウサギさんと一緒にいるため」だと美咲が言うと・・・
もう滅茶苦茶しそう!! (p≧∀≦q)〃
ぎうぎうぎう~~~~~って美咲をきしめてwwwww

そしてもちろん、へとなだれ込みましたw
美咲ももうウサギさんを好きな自分を自覚してますから甘甘ですね♪

うん、それでいいと思うよ d(≧∀≦*)ok!

頼もしいことを言ってくれてた井坂さんですが、伊集院先生とウサギさんの対談
が載ってる「小説コハル」が普段の5倍を売り上げたってことで対談第2弾
企画ww
そういう人だよねwwww

絶対に嫌だというウサギさんに美咲との豪華客船世界一周旅行をちらつかせw
ウサギさんも美咲と二人っきりの旅だということでほだされwwww

すっかり乗せられちゃうウサギさんwww

まだ丸川の社員じゃないのに既にいいように井坂さんに使われる美咲ww
井坂さんにしたら美咲を使えばいくらでもウサギさんに仕事をさせられると美味しい
ネタ
を掴んだんだからこれは使わない手はないってことでしょうねww

一方、美咲は伊集院先生のところへ原稿を取りにいくと、伊集院先生がこの間は
ごめんと謝ってきて・・・
「高橋くんを困らせたいわけじゃないんだ」

やっと伊集院先生がわかってくれたのだと思う美咲でしたが、なんだかモヤモヤ。
ずっと好きな作家さんだったから目も合わせてもらえないってのは自分で選択した
ことだとはいえ寂しいようで。

伊集院先生とウサギさんの対談第2弾当日、美咲は薫子さんの買い物に付き合う
はずが、薫子さんは二人が対談してるホテルに行き先を変更www

対談前に顔を合わせた伊集院先生とウサギさん。
美咲のことで話をすることに。
っと、薫子さんが2人の姿を見つけ傍に・・・

美咲まで二人の話を盗み聞きすることに(^^;
ま、これってバレるパターンですよねww

伊集院先生はあれからいろいろ考えたようで、ウサギさんに申し訳なかったと
言います。
美咲のことは諦めるってことかと思ったら「やっぱり諦められない」

おいおい、それじゃ何の進展もないだろう!?って思ったら・・・

伊集院先生は美咲に何度も断られていることは理解してるけれど、簡単に諦め
られるほど軽い気持ちじゃないのだと。
美咲の気持ちはどうでもいいということですかというウサギさんに伊集院先生は

「僕は高橋くんを困らせたり傷つけたりしたいわけじゃなくて、ただ側にいて欲しい
だけ
なんです」

執筆に煮詰まった時に美咲と出会い、美咲の言葉に救われ「その時にをした
んだと思う」と静かに語る伊集院先生。

本当の気持ちを言葉にしてくれたりや飾らず態度に見せてくれる美咲は自分に
とって貴重な存在なんだと・・・。

ウサギさんは伊集院先生の言うことが理解できて・・・「わかります」と答えますが
それでも
美咲は俺のものです。誰にも渡さない。俺と美咲が出会ったのは運命
ですから」


ああ・・・伊集院先生の切ない表情が辛いわ・・・( p_q)

が、伊集院先生は諦めたようにみせかけ実は粘るのでした(^^;
美咲が丸山書店に入社したら自分と仕事をすることになるかもしれないという
ことでウサギさんに宣戦布告。

「彼を幸せにしないなら遠慮なくりに行きますので」

ウサギさんも負けてません。
「心配御無用。そんなことは絶対にあり得ませんから」

火花を散らすイケメン二人!!
で、ナイスなタイミングで薫子さんに虫がwww

はい、バレましたww お約束ですねv

伊集院先生は「本当に君に救われたんだ」と美咲に声を掛けます。
だからどうしても諦められなかったと・・・
でも、薫子さんやウサギさんに言われてよくわかったと・・・

「今でも俺の漫画好き?」
「もちろんです!!嫌いになるわけないです!!」

真正面から答える美咲に伊集院先生は優しい表情で・・・
「どこに配属されるかわからないけど一緒に仕事できたらいいね」

あんなに悩んでた美咲でしたが伊集院先生の言葉が嬉しくて
「はい!!」と即答。

嬉しそうでもあり哀しそうでもある伊集院先生の表情がもう・・・
切ないわぁ・・・( p_q)

ああ・・・もうイケメンなんだから!!!(*/-\*)
伊集院先生に誰かいい人(男限定)出て来ないの!?
このままじゃ伊集院先生が・・・

勿体ない。

薫子さんはこれまで伊集院先生を敵認定してましたが、先生もまた諦めきれない
辛い恋をしてしまったのだと知り・・・
同士認定に変わったようですw

なんだかんだとあったけれど、ようやく納得してくれたようでホッとするウサギさん。
お家で「思ったより伊集院先生がちゃんと美咲のことを知っていた」と話します。
伊集院先生が美咲を好きになった理由に共感できたんでしょうね。

だからといって手放す気なんて毛頭ないでしょうが。
嬉しそう顔をする美咲にまた嫉妬のウサギさんww

ウサギさんの独占欲は美咲限定。
「こんなにも好きになる相手には二度と会うことはない」とウサギさん。

美咲もまたウサギさんにかれながら同じことを思うのでしたv

対談を終えて美咲との世界一周旅行を手に入れたウサギさんでしたが、いつもの
ごとく薫子さんまでスケジュール確認ww

が、井坂さんがやってきて早速「次のお仕事」のお話www
まったく旅行に行かす気なんてないブレない井坂さんwww

 

そしてテロリストの方は同棲生活が始まりましたが、今度はバイトを始めた忍に
宮城の方が嫉妬してしまうという。。

相変わらず忍のツンデレが可愛いし、振り回される宮城もいいわwww

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : ボーイズラブ

「黒執事」21巻感想ですv

なんと 21巻の感想を書き忘れていたようで(^^;
画集の感想書いたんですっかりそれで満足してしまったんですかね。。
私としたことが・・・

取り急ぎ感想ざっくりで。

表紙はバルド!
イケメンですねwwwww
どうしたバルドぉおおおお~~~~~ってくらいにかっこエエっす。

ところで、楽○ブック○ ではよくあることなのですが、レビューで評価の低い
方がいるなぁ~~っと思ってみてみると、大抵それって作品に対する評価
じゃないんですよね。
商品が届かないとかそういう流通に関する苦情。

それは作品の評価じゃないから、☆減らさないで欲しいなぁ・・・
苦情は別に届けて欲しいなと。。

黒執事(21)

黒執事(21)
著者:枢やな
価格:606円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

では仕切り直しで!
カバー下はてっきり「らっしゃい!」って感じでお寿司屋さんとかラーメン屋さん
とかを想像したのですが、まさかの「黒小学生」www
なんだよそれwwwww

絶対に分からないwwww
予想の斜め上どころか真下か!?ってくらいの衝撃でしたwww
昭和初期を感じさせる裏にも爆笑www
坊っちゃん、遠いお空をみてはる・・・

本編感想いきます。

本誌掲載時の感想はこちら。

GF12月号  GF1月号  GF2月号  GF3月号  GF4月号

前巻の感想はこちら

狼の谷のカラクリが曝露され、緑の魔女は脱出。
ってところですが、緑の魔女編で一番れたのは悪魔の本音がダダ漏れた
ことですわ。

「究極の化学兵器」の生成法を全て末梢しろと命令する坊っちゃん。
獣らしく好きにやるがいいといいますが・・・

命令通りに動くもののセバさんは「ご主人さまはひとつ勘違いしてる」と呟きます。

私を今一番愉しませているのは“執事というお仕着せに縛られた貴方とのゲーム”
衝動のまま獣のように振る舞うことではないのですよ
が、「そういう悪魔をお好みならばそう演じましょう」と恍惚に酔いしれた顔。

今更ながら一番坊っちゃんに寄り添っているようでいて、人間の営みになんて
まったく興味がない悪魔さま(*´∀`*)

命懸けの脱出では使用人'sが大活躍!!
フィニの名前の由来もホロっときますし、メガネを外したメイリンの太股も見事!
で、タナカさんですよ!タナカさん!!!!

絶対人間じゃないですよね!?
タナカさんの存在ほどはありませんよ。
弾丸を日本刀で真っ二つ。
ってどこからその刀は出てきたんですか!?って話でwwwww

この使用人'sの活躍は必見ですよね!
とにかくみんなかっこエエ!!

そして、何といっても緑の魔女編ドイツってことで登場するのはディーデリヒ!
ちょこちょこと現れてましたよね。
坊っちゃんのピンチに助けにキマシタ \(^o^)/

もう、ヤダ まさにヒーローじゃないのwwww

彼はパパンに生前「お願い」されてたんですよねw
「もし私に何かあってもきっとお前たちの力になってくれる」と子供達に声を
かけてましたが「そうだろう?」ってディーに笑みを向けたパパン。

まるで自分に何かあることを予見してたかのようであり、ディーは絶対に
自分のお願を聞いてくれると確信しての魔性の笑み。

まさにパパンの微笑みはディーにとって呪縛
逃れられないですよね。

ああ・・・未だにディーはパパンにられてるのね~ (/ω\*)
いいわぁ・・・(*´д`)ハァハァ
パパンの魅力が眩しい・・・ (*/-\*)

体型は随分になってしまったのに動きはシャープなディーwwww
ドイツが作り出した戦車からも逃れ、汽車で狼の谷を脱出。
が、その際、サリヴァンを守ってヴォルフラムが負傷。

お嬢は魔女なんかじゃない。普通の女の子です。

サリヴァンに最期の言葉を残して・・・(。>д<)。・゜゜

ああ・・・ヴォルフラムどうなんの!?ってところですが、この先のネタばれを
知りたい方はこちらからどうぞ。
ほぼ、1巻分ですね。

そしてネタばれを読んだからにはGF仲間になりましょう♪

GF5月号  GF6月号  GF7月号  GF8月号


今回の緑の魔女編ではいろんなことがありましたが(坊っちゃん自我喪失とか)
最後に出てきた死神たちが非常に興味深い情報を提供してくれてますよね!

物語の核心に触れるような・・・

本来は人間には死神は見えないはずなのに坊っちゃんは気づいて。。

ドイツの死神たちは坊っちゃんを悪魔と契約して「死に近い人間」になっている
から見えたのかと考えますが「それか、もしかするとそういう家系なのかもな」
とも言ってるんですよね。

そういう家系って何!?
おばあさまのクラウディアもヴィンパパも関係してるのかしらん。

死神が見える家系??

「だったらますます面白い」っていうザーシャの言葉が気になりますし、ドイツの
死神が現れたことで何やらセバさんがしがるところも非常に気になります。
セバさん絶対に何か反応してますよね・・・。

うう・・・なんだろ。。
不穏な空気を感じる・・・(><)

ってところではありますが大人しく「待て」してますv

今回は時間がないので修正箇所のチェックはパス。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/24 23:56 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

俺物語!! 第16話「俺の弟子」ざっくり感想

西城さんの心の師匠になった猛男www

いからね。
猛男は西城さんがどんな気持ちで師匠と呼んでるのか気づいてなくて。
ま、こんなことは砂でもない限り気づかないかwww

砂でさえ猛男の話を聞いて師匠が自然ってことになってスケールデカイと
あらぬ方向へ行ってしまってますからね。

白桃大を受験志望ってことで学祭にやってきた猛男たち。
西城さん、邪魔ではないかと思いながらもやってきて。

大和は会心の笑顔。
砂はもう西城さんの気持ちに気づいてるよね。

大和は西城さんが猛男のことを「人間として好き」って言ったことが嬉しかった
のか具体的にどこが好きか質問ww
これって普通なら西城さんにはい展開だよね。。

でも、大和は本当に猛男のいいところが聞きたかっただけでw

西城さんがリレーの時の猛男の話をすると大和は「すっごいわかる!!」っと
前のめりww
大和と猛男の出会いを聞くと今度は西城さんが共感!
二人は猛男のことで意気投合。

ところが、大和と猛男がラブラブなところを目の当たりにすると・・・
やっぱり西城さんは寂しそう。

そういうところもしっかり見てる砂。

後日「人間として好き」ってどういうことかと西城さんに質問。
西城さんは砂が猛男のことを好きなのと同じだといいますが、砂は違うと思う
ズバリ。

だよね~~~~

砂は猛男のことが好きでも猛男にときめかないし(夫婦のようなものだからw)
だけど、西城さんは大和と同じように異性として猛男のことが好きで・・・。

砂にバレてしまって動揺しまくる西城さん。
絶対に猛男に知られたくないから口止めしようと必死。。
でも、砂は人が嫌がるようなことしないよ。

猛男と文房具を買いにいくことだけでも嬉しい西城さん。
砂が一緒なのは気に入らないようですが。

なんて罰当たりなんだろうねwww
砂と一緒だというのにwwww
だけど、そういう西城さんだからいいのよねwww

西城さんにとっては砂が疫病神みたいになってww

西城さんは砂が自分のことを責めてると思ってるようですね。
本当の気持ちを隠して「人間的に好き」なんて誤魔化したことで猛男や大和を
騙してずるいと・・・。

砂は猛男や大和は西城さんが気持ちを言わない限り疑わないからいいけど
それでは西城がずっと辛いだろうって言いたかったんですよね。

ああ・・・ホント惚れ惚れするいい男。 (*/-\*) 

「西城さんが大丈夫かなって思っただけ」

猛男は自分がモテないことをわかってもらって大和を安心させたいようですが
自分はモテないと断言する猛男に西城さんはついに一言。。

「すき」だと。

「男として好きだから猛男の彼女になりたい」と告白。

猛男は青天の霹靂www

固まってしまった猛男でしたが、ちゃんと状況は把握したようで。
「西城、すまん」とデカイ体を折って謝る猛男。

「彼女がいるし遅いよね」って西城さんに、そうではなくて大和が好きなのだと。

一人ベンチで泣く西城さんにティッシュの箱を差し出す砂w
さり気ない優しさがたまらん!!

別に特別西城さんに入れ込んでるとか下心があるとかじゃなくて、単に泣いてる
からどうぞってだけだけどwwww
しかも、慰めるわけでもなく。

そういう淡白な砂が好きだぁあああああ!

私も「師匠」じゃなくて「猛男くん」って呼びたかったよぉおおおお~~~って泣く
西城さんも可愛いwww
友達になって呼んだらいいのにねw

西城さんのようにダメもとで告白してみるのも恋だし、愛さんのように告白せずに
終わらせるのもまた恋だよね。
実らない恋を続けたっていいし、新たな恋をみつけるのもいい。

失恋して次!って思えるくらいなら、またすぐに見つかるでしょ♪ ってことでww
恋せよ乙女ですね。

今すぐ恋がしたいけど今は無理って騒いでるのも素直でいいわw
砂のことは全く眼中にないってのも好感  (〃∇〃v)

一方、猛男の方もモテないと思ってたのに意外な告白を受け、改めて大和の
ことを好きだと再確認。
砂に「ニコニコしてていけそーなヤツならだれもいいんだよな」って言われてた
猛男だけど今じゃ、大和以外に考えられなくて。

それにしてもいつも冷静な砂だよねwwww

猛男は大和の元へ猛ダッシュ。
どうしたら大和を安心させることができるか気づいたようで。

大和を見つけるといきなり猛男は西城さんに好きだと言われたけれど断ったと
話し出します。

大和と付き合ってるからじゃない、俺は絶対に他の女子とは付き合ったりしない
猛男。
モテないからでもなく、大和が好きだから。

「俺には大和だけだ。だから大丈夫だ もう心配するな」

ドストレートで実直な猛男です!!

ふと気付くと大和の目から涙が・・・。
猛男が好きでいてくれることはわかっていたけれど、はっきりと口に出して言って
くれたことで嬉しくて安心して涙がこぼれちゃったんだね。

大和は友達にはなれないかもしれないけど西城さんのことを好きだといいます。
二人は戦ったって言ってるけど、いやいやあんなのバトルになってませんぜww
可愛いなぁ~大和も。

猛男は西城さんがまっすぐに気持ちを伝えてくれたからこの気持ちに気づけたと
西城さんに感謝。

砂に西城さんのことを聞いてみると、砂はやっぱり気づいてて。
なんで周りが見えないのかと自問する猛男に「上ばっか見てるからじゃない?」
っと砂www

でもみんな上ばっかり見てるお前が好きなんだから仕方ない

ああ・・・砂ぁああああああ
なんて優しい表情。。

好きだぁあああああ (/ω\*)  

そうだよね、皆の中に当然、砂も含まれていて、筆頭だよね!!!


西城さんの気持ちに答えてあげられないし慰めるのもおかしいし、何もしてやれ
ない己の無力さに苦しむ猛男を理解する砂www

もう猛男の全てを読んでるよww
猛男は西城さんと友達でいたいけれど男と女はそういうわけにもいかないとお悩み。

が、翌日西城さんは明るく猛男に声を掛けてきます。
これからも「師匠」と呼んでいいかと西城さん。

猛男は西城さんに「ありがとう」と。

「西城さんと他人になるの寂しいって寝ないで悩んでたから、猛男 嬉しかったと思うよ」
砂の最終フォロー!!
ああ・・・完璧。

すべては猛男のために。。
猛男のことを好きになる女の子には格段に優しい砂ww

西城さんの笑顔が眩しい!!!

ああ・・・今回もよかった!!
キャストの皆さんがホントピッタリで素晴らしいですわ。
アニメ化大成功!!

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/24 00:25 ] 君と僕。・俺物語!! | TB(1) | CM(0)

純情ロマンチカ3 第2話「遠慮なければ近憂あり」ざっくり感想

またも1週間経てと新刊の感想が書けず(^^;
なんとか頑張れ、私!

さて、2話目ですが・・・
随分とざっくざっく進んだ気がするのですが、こんなだっけか?

原作読んでた時はもうちょっとぐるぐるウダウダあったような感じだったと思う
のだけど。。
アニメはテンポよく進みますね♪

ウサギさんのギリギリ入稿で今日も相川さんはボロボロ。。
お気の毒な限り。

ウサギさんを注意する美咲にうるさいと水樹。
居候のはずなのに美咲に対しては態度がでかくて。

まぁ、水樹の態度にも理由はあるのですが、そんなことは美咲は知らないもの
だからあまり気分のいいものでもなくて。
しかも、就職に関してもこれからという美咲にいい加減過ぎるとグサリ。

でも、大学4年にしてな~~~んにも考えてない美咲もどうかと思いますよねw
これは確かにウサギさんの庇護の元、楽な学生生活をしてきたしわ寄せでは
ないかと(^^;

水樹の言うことはきついけど間違ってはないですよね。。

ウサギさんは美咲にこの先、ここに残るのか出ていくのか決めたかを聞いて
きます。
美咲としてはまだそれを考えるより前に就職することが先なので、そっちの
心配をするわけですが、ウサギさんは美味しい話を持ってきます。

「リストラなしで一生食うに困らん就職先」

はい、つまり永久就職ですね。
ホントそれが一番いいと思うんだけど、美咲は抵抗wwww
ウサギさんに依存していくつもりなんてないのですよね。

「ザ☆漢」繋がりで新たな友人ができた美咲ですが、同じ4年の藤堂は一応
就職について考えていることを知り、やっと行動に。

相川さんの口利きで丸川のマンガ編集のバイトをすることになった美咲。
編集の仕事を見ていると大変そうだけど興味を持って。

ようやく美咲にもやりたいことが見つかったようですが・・・
今度は薫子がウサギさん家に現れて。。

薫子はとにかく美咲と一緒にいたいようですねwwww
っと水樹が帰ってきて、薫子を見ると嫌そう・・・。

二人は仲が悪いのか喧々諤々。
ウサギさんの機嫌がどんどんと悪くなり美咲は気が気じゃなくて。

その上、水樹は必要以上にウサギさんにベタベタ。
まるで美咲に見せつけているかのよう。

ウサギさんは美咲に甘いという水樹でしたが、薫子にあんたも甘えてると
言われ・・・

水樹は思わず「理由があるからここにいる」のだとポロリ。
ウサギさんは何やら察した様子。

美咲が就職説明会に出かけてる間、ウサギさんは父・冬彦に電話。
「貴方が送りこんできたのですか?」と水樹のことについて訊くもはぐらかされ。
用件が済んだら切ろうとするウサギさんに父は美咲について訊いてきます。

就職したら独り暮らしを始めるのかという父に美咲は今まで通りここに居ると
答えるウサギさん。
でも、それは美咲の意志ではないことを見透かされ・・・

「自信がないから手放せないんだろ?」っと。
いつも手元に置いておかないと不安だということはそれだけ絆が脆いってこと
じゃないのかと言われ・・・

激しく動揺するウサギさん。。

その夜、美咲はウサギさんの様子がいつもと違うことに気づきます。
薫子とケーキ作りをしていてもウサギさんのことが気になって・・・

薫子の髪についたクリームを美咲が取ろうとすると水樹が突っかかってきて。
またも薫子と水樹が喧しいことに・・・

するとついにウサギさんがぶち切れ!
が、なぜか出て行けと言った側のウサギさんと美咲が薫子に追い出される
ことに。

薫子は美咲のことが好きだから良く見てるんですよね。
で、本当は自分が美咲を独占したいだろうに、美咲の気持ちを優先して。。
いい子だなぁ。

ドライブに出たものの、いつもと違うウサギさんに美咲は気まずくて・・・。
自分が何か気に食わないことをしたのかと訊いてみますが返事は特になく。

美咲は「何かあるならハッキリ言って欲しい」と、「言われないと分からないし
知らないところでウサギさんに迷惑かけてるのなら嫌だし」と・・・

ウサギさんは美咲が不安に思っていたことを知り、昼間父に言われたことを
話します。
そして、離れて関係が途切れるようだったら、それはそこまでだったということ
だとウサギさん。

「それでも美咲、俺はねお前を手放すつもりはないんだ」

そう言いながらも、自分のわがままで美咲の将来を狭めてしまうこともしたく
ないと。。

美咲はどうしたいかと訊かれ、思わずウサギさんの方が俺のことを邪魔だと
思うこともあるかもしれないと口にする美咲でしたが

「それは絶対にない」

断言キマシタ! O(≧∇≦)O
ブレないウサギさん!!

例えばの話を美咲がしようとしても完全否定。

「お前は最初から人より持ちすぎているから本当に欲しいものは手に入れられ
ないタイプ
」だと親に言われたようで・・・

なんてことを言う親だね(^^;
人より持ちすぎてることは羨ましがられるだろうけど欲しいモノが手に入らない
のは辛いよね。。

そんな俺が手に入れたのが美咲をどうして手放すと思う?

こんなにはっきり言われて・・・美咲は照れ隠しで砂山作りw
ま、唐突ではありますが、美咲としては精いっぱいの反応ってことで。

山を作りながら美咲は就職のこと、バイトのことなど話します。
そして最初から無理だと思っていたことに対しウサギさんが背中を押してくれて
勇気付けられる美咲・・・

思わず美咲は今のところ自分もウサギさんと一緒にいたいと思っていることを
口にします。

トンネル開通w

ウサギさんが見逃すはずがなくw
美咲の手を掴むとちゅう (*/-\*)

「今のは、本当に欲しかった言葉・・・」

ウサギさんしそうです。
美咲は滅多にウサギさんに対する気持ちを口にしませんもんねwww

これは貴重ww
そらもう一回くらいキスしとかななwww

そのまま砂浜で押し倒されてる美咲。

そこでか??
砂がつくぞぉおおおおおお\(^o^)/

確か原作では、続きは車の中でHでしたよね。
汚れるのを心配する美咲に「いくらでも汚せ」とウサギさん

「10も年下のガキの一言で一喜一憂してる自分がいる」ってウサギさんに
美咲もいちいち振り回されてるのは自分だと。

を入れずにうまいことまとめましたね♪

で、翌朝帰ってみると福岡サイン会には薫子&水樹&ウサギさんが付いてくる
ことになってwwww

安定の宇佐美家ですwwwww


かな~~~り テンポ速いなと思ったら、だけでなく、水樹が美咲に絡んでくる
ところとかカットされてたんですね。
美咲のことを強い人間だってウサギさんが言うところは見たかったかなぁ~
「だから好きになった」って水樹に言うところね。

でも、この先同じような場面があるかな。

さくっと1話1巻の進みですよね。
これは速いわw

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : ボーイズラブ

2015年 7月スタートアニメざっくり感想

大体今季の予定が決まりましたv
今年の夏は私事ですが、非常に仕事が忙しいのであまりPC前に座ることが
できません(><)

スマホですら仕事で触るだけでいっぱいいっぱい。
ってことですので感想を書く作品は以下に絞りました。

アルスラーン戦記
俺物語!!
純情ロマンチカ3

「アルスラーン戦記」は別マガで私が読んでコミックスの進行を越えまして、この先
どんな展開になるんだろうとワクワク。
コミックスはアニメで拾えなかった細かいとこを拾ってる気がするのでこちらこちらで
楽しんでます。
原作読むのが一番だと思いますが、またの機会に。

「俺物語!!」は原作既読ですが、まぁ面白いですわ。
これはぜひとも感想書いて楽しみたい作品です。

「純情ロマンチカ3」は感想はどうしようかな~って思ってたんですが、やっぱり書いて
しまいますね(^^;

今週も後ほど。
コミックスの感想も書かねば。。


視聴のみは以下の作品。

ベイビーステップ 第2シリーズ
食戟のソーマ
デュラララ!!×2 転
監獄学園(プリズンスクール)
GANGSTA.

「ベイビーステップ」と「食戟のソーマ」は洗濯ものを畳むときのお供です。
気軽に見れるのがいいです。

「デュラララ!!×2 転」は感想を書く予定でしたが、話の時間軸が前後したり
構成が入り組んでいるのであれこれ考えながら感想を書くのがちょっと面倒に
なりましたwww
回によっては書くことがほとんどなかったりもしますし。

「監獄学園」はホントに笑えますwwww
これは今季節かな~~~り楽しみにしてるのですが、こちらも感想となると
非常に難しくてwwww

副会長のお股の霞がいい仕事してるvとか、円盤が楽しみですね、とかそんな
感想ばかりになってしまいそうでwww
原作に比べるとかなり表現を押さえてるなとは思いますが作画がいいので
充分ではないかと。
ほとんどアニメではお股の食い込みは霞でぼんやりですが、原作ではしっかり
露骨に食い込んでますwww

この作品については笑えて楽しいので時々感想書くかもです。
今更ながらですが、理事長のおかげで男子生徒がとばっちりを受けていたのを
思い出しましたわwwww

この方、ホントお騒がせなんですよね。。
これからますますストーリーはおバカな方向へ全力疾走ですので楽しみにしたい
と思います。

「GANGSTA.」は取りあえず3話までをざっくり感想を書いてますが、なかなか
気に入ってるので、今後の展開次第では感想を書くかもです。
まとめての感想になるかな~~


視聴はしてみたもののリタイヤは以下の作品。

乱歩奇譚 Game of Lapiace

ちょっと私には合わなかったかなと。
時間に余裕があれば見たと思うのですがごめんちゃいです。

ということで、今季の感想は3作品。

ちょっと少な目です。
あとは溜まってるコミックスの感想を消化したいと思ってます。

ホントどんどん溜まってしまってどうしようかなとwww
これまで書き続けてきたコミックスでももうあまり感想を書くことがなくなってきたり
興味が薄れてきた作品については途中リタイヤしようと思います。
いつの間にか感想がなくなったらそういうことだということで・・・

でも、ぜひぜひ多くの人に読んで欲しいなと思う作品は感想を書いて紹介していき
たいので頑張ろうと思います。

いつになることやら・・・ですが(^^;

PC周りにいっぱい積んであるんですけどね。。
日焼けしてしまう前になんとかせねばです。。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/22 00:23 ] アニメその他 | TB(0) | CM(0)

アルスラーン戦記 第15話「シンドゥラの黒豹」感想

ああ・・・もうナルサス卿賢いし、ダリューンが従者の鑑でキュ~~ン
だよぉおおおおおお!!!!!!

なんて美味しいんだろう。。 ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

ダリューンはともかく、軍師のナルサスまで前線で戦うとは勿体ない。
というか、強いとはいえ策としては感心できないというかその程度の敵って
ことでいいのかな。

もしくは取りあえず、強いよぉ~ってことをラジェンドラに見せつけておこうって
ことなのかな。

ラジェンドラ軍に潜伏してるジャスワントが男前ですね。
OP&EDにお仲間として参加してるからいつ殿下に寝返るのかとワクワク
ますますいい男だらけ( 〃▽〃)

OPは初見でイラッときたけど、ダリューンが楽しそうだし、熟年カプの周りで
無駄に絡んでくる小娘を楽しんでるようにもみえ・・・

ダリューンにとってナルサスが子供たちに振り回されてることが堪らなく愉快
なんでしょうね。

ラジェンドラが殿下に二手に分かれる提案をしてきますがどうやら殿下の軍を
に使うつもりのようで。。
皆それを見抜き警戒しますが、ナルサスは殿下の周りに阿呆はいなかった
嬉しそうw

が、ナルサスは敢えてその提案を承諾するよう殿下に勧めます。
むしろ、信用できないからこそ距離を置いて行動する方が良いと。

ナルサス美人さん。
作画いいですね~~

ただし、条件として糧食とそれを運搬する牛、地図と信用のおける案内人を
要求するようにと。
なるほど。

案内人として紹介されたジャスワントですが、早速みんなにしまれてます。
あの腹筋いですもんねwww
鍛えてるとしか思えないw

毒蛇の件はわざと彼の行動をみるためのものだったんですかね。
殿下の傍に来てるのに誰も気が付かないなんておかしいですもん。
特にダリューンとかエラムとか。

案内人にしては動きが俊敏だし、早速ギ―ヴが試してみるとなかなかの腕前
ってことで益々警戒。

ラジェンドラの方も、もしかしたらジャスワントの存在を怪しんで殿下にわざと
案内人としてくっつけたりしてないでしょうかね。

パルス軍はシンドゥラ国領土を通るため、グジャラート城塞へ使者を送ることに
します。
パルス軍が通過することを許可して欲しいと。

ナルサスはジャスワントの動きをみるためギ―ヴとともに使者に立て、泳がした
んでしょうね。
ジャスワントが兄王子の宰相・マヘーンドラに通じてることまでは知らないでしょう
が、取りあえずパルス軍を叩きにくるだろうと読み対策を取った上で。

ジャスワントはシンドゥラの将軍たちに自分の役目を打ち明け、パルス軍の裏を
かく策を講じます。

が、ナルサスはそれを見抜いていて逆に利用。
シンドゥラ軍は裏をかいたつもりがその裏をかかれることに。
ナルサスに見事にめられましたね(^^;

あっという間にシンドゥラ軍は追い込まれ・・・殿下の命を狙おうとしたゴーヴィンも
ダリューンのによりれることに。

いや~~~今回もダリューン無双炸裂www
素晴らしいww

そしてあっという間にジャスワントはギ―ヴに掴まりました。
やっぱりギ―ヴは手を抜いてたんですね。

ジャスワントを処分するかってところで、殿下はジャスワントの身の上に同情した
のかジャスワントを解放。
ギ―ヴは処刑を急がせてましたが、たぶん、殿下は殺さないだろうと思ってた
ようですね。

他の人らも同じだろうな。
殿下の判断は甘いといいながらもナルサスもそれほど害にもならないだろうと。

みんなも殿下に甘いようですwww
もう、みんな、殿下が可愛くて仕方ないんじゃないのww

一方、アルフリードとエラムはどちらがナルサスに料理を出すかでバトルw
仕方なくどちらも食べるというナルサスwww
エラムが意外にも子供だったって漏らしてますが、そりゃあんな鬱陶しいのが
出てくればエラムだって冷静ではいられませんよね。

ダリューンは「将来、殿下が国王となりエラムがそれを補佐するようになれば
よい政治が行えるのでは」
とナルサスに。

ナルサスも「おそらく殿下はアンドラゴラス王の子ではなく、パルス王家の血を
引いていないが、パルス国のためにはあの方こそが王となるべき」
だと。

ダリューンも同感のようで。

もう、この二人は王家の血を引いてるとかどうとかよりも殿下個人に心酔して
殿下を王位につけたいと思ってるってことですね。
うん、うん、それがいいと私も思う!

血の統治ではなく賢の統治ってことで。

でも、肝心の殿下は・・・
自分の親を知らないと言ったジャスワントのことを考え、自分と重ねてます。

「私は一体何者だろう」と不安になる殿下。
王家の血を引いてないこともわかってしまいましたしね・・・

そんな自分が王子だと名乗りみんなを引っ張っていいのだろうかって殿下なら
考えそう・・・。

が、ここでダリューン登場!!(p≧∀≦q)〃 

「殿下はこのダリューンにとって、何よりも大事な主君でいらっしゃいます。
それではいけませんか?」

あぁあああああああああああああああ!!!!!!

萌える!!!!
ダリューンの殿下個人への忠誠!!

これぞ主従のあるべき姿!!! (*>ω<*)ノ
細やん ええわぁ~~~~ (*/-\*)

もはや伯父さんにお願いされたからとかでは全然なくなってますよね!!
もうれてる完全にれてるwww

これだよぉおおおおお!!!!
これでご飯何杯もいけるwwwwwd(≧∀≦*)ok! 

ああ・・・
殿下のといいお腹いっぱい。。

そして、エンドカードに爆笑wwww
やってくれますねv

来週は象隊が出てくるようですね。
これはそうだわ。。
ナルサスは象相手にどうするのかしらん。

で、ジャスワントはどこへ戻っていったんでしょうかね。
一応の同盟国に対し、勝手なことをしたわけだからラジェンドラのところへは
戻れないと思うし、自分の宰相の元に帰っても冷遇されるんじゃないですかね。
パルスの進軍を阻止できなかったわけだし。。

捨て駒にされるのを殿下がまたも助けるか、殿下に救われた命だから、その
どこかで返そうとしたところを殿下に拾われるかってところかな・・・・

ジャスワントは恩義を大切にする人みたいだから命掛けで殿下を守りそうだもん。
ダリューンもそういう人大好きそうだしww
どこで仲間に加わるのか非常に楽しみです。 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ2015 34号一言感想

今日は飲み会があったのでいつにもましてざっくりで。

表紙&巻頭カラーは連載3周年の「暗殺教室」
では、掲載順に一言感想を。

暗殺教室
渚とカルマの一騎打ち。
ナイフでの対戦となれば圧倒的にカルマ有利。
が、渚もそれなりに考えていて・・・
二人の直接対決は面白いですね。
勝負はつくのでしょうか。

食戟のソーマ
二日目に何か掴んで大逆転かと思いきや、そう簡単ではないようです。
結局、麻婆豆腐を作ることになったようですが、今から大丈夫なのかな。
トータルで赤字にはならないまでも久我に勝つのは厳しそう。。

ONE PIECE
サボのことがちょっとだけわかりましたね。
まだドラゴンのこととか謎だらけだけど・・・

ベストブルー
もう高校か。
短い特訓だったけど、あれでもういいのかな。
面白くなるかどうかはこれからの展開次第ですね。
あまり慌てて進めない方がいいのでは。

僕のヒーローアカデミア
飯田くんヤバい。。
デクは助けられるのか?
じぃさんはどうなってる?

ハイキュー!!
クロスを締めるったって、あんなにストレートがら空きで大丈夫なのかとw
トスの位置を考えてもブロック位置があまりにも・・・

リカバリーQ
ちょっと天然過ぎやしませんかねww(^^;

背筋をピン!と
おお~なんか部活の初試合っぽいじゃないですか。
わたりちゃんは単に緊張してるだけだったってことでいいんですかね。
さて、ここから立て直しは出来るのか??

銀魂
近藤さんの顔に傷が入って男前になりましたね。
お別れってどうなるのかしらん。。
幕府を倒してみんなしがらみのない生活に戻るってことだったらいいなと。

ニセコイ
こうやって一人ずつ去っていくって感じになるのかしらん。
楽がはっきりすれば特に問題のない話のはずなんだけどw

火ノ丸相撲
今度は空手対相撲になるのかな?
相撲には蹴りはないし、突きも有効なのかどうか。
急所を攻撃すれば打撃は効果があるとは思うけど・・・

ブラック・クローバー
アスタが手にした剣は魔法帝でも扱えない代物なのね。
魔法を吸い取られるようだけど、その吸い取った魔法を再利用できたら
アスタ凄いんでね??

トリコ
なんかよくわからないけど、キモいおっさんやわ。。
あれは飲まされたのか?
小松大丈夫なのか??

斉木楠雄のΨ難
斉木を敵に回してはいけないww

カガミガミ
タオルの巻き方がwwどうなってるんだww

レディ・ジャスティス
ストーリーなしでエロポーズだけでは何ともならんのではないかと。。

ワールドトリガー
オサムは戦闘力を上げることができるんでしょうかね。
取りあえず、唯我相手なら勝てそうww

デビリーマン
う~~~ん 方向性がよくわからない。

こち亀
京華さん面白いけど、かな~~り無理がある婦警さんですよねww

BLEACH
進んでるのかどうか。。

磯部磯兵衛物語
磯兵衛の涙がwwww
でも特に問題ないんじゃ?

 

では、今週はこの辺で。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2015/07/20 02:06 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

黒執事 Gファンタジー8月号 「その執事、強要」感想 

今日はWJの発売日ですが、私にとってはGFの方が最優先事項なので
おジャンプは明日以降。

朝からツイッターTL上では関西方面、GF未入荷みたいな話になってて
え~~~嘘やん。。 (ノД`)

っと思いながら昼近くに本屋へ出かけてみるとちゃんと並んでおりましたv
よかったよぉ~~

今月はまず生執事情報から。
先行予約が明日から開始されるようですが、お席確保できるのかしらん。
なんとか1回だけでも行きたいのですが。
私としては海外公演もいいけど地方会場の数とか回数を増やして欲しい。

次は坊っちゃんフィギュアの原型初公開!!
ってちょっと、何ですの!!この神々しさは (/∀\*)

正直、やな先生のフィギュア用に描き下ろされたイラストというのはあまりにも
ポージングが艶めかしく、お衣装が複雑な動きしてるので原型師さん泣かせ
だなっと思ったのですよ。

どこまであのイラストに近づくことができるんだろうかと・・・
が、あまりの3D再現率にぶったまげております(((((゚.゚;) 

これが神の手というものなのでしょうか・・・
骨格の段階でひれ伏し体勢。

もうなんだろう・・・背中から腰のラインと言い、仰け反った坊っちゃんのお首
ラインと言い、お膝から足首、指先まで・・・
ここに坊っちゃんが降臨されたぁああああ!!!しい・・・!!
っと思わずにはいられない程の完成度。

まだ着色とかないのに、すでに坊っちゃんなのですわ!!

これはもう、有無を言わさない圧倒的破壊力。。
生唾ゴクリです。

原型師の石長氏がインタビュー記事の中で答えられているように、まさに
坊っちゃんの気高さが表現されているのではないでしょうか。
もちろん、そこはかとないエロスもwwww

さすがよくわかっていらっしゃる!!

これはたまらん (*/-\*) 
魔性のフィギュア誕生の予感。

続きを楽しみにさせていただきまする。

では、本編感想へ。
扉へはパパンとディーと坊っちゃん。
アンバランスなトライアングルってことで。

先月号の感想はこちら

今月も章の間の和み回って感じでいろいろニマニマさせていただきました。

坊っちゃんに「次は厄介度とを持ち込むなよ」とディー。
「次は?ってことはまた来てもいいのか?」と突っ込まれると「もー来んな!」と
赤面して・・・

ディー可愛いww

「時代が大きく動き出しているから気をつけろ」
ディーは坊っちゃんに忠告。

ロンドンについたサリヴァンは大はしゃぎ。
そりゃあの森から出てきたんですもん。
ビックリの連続ですよね。

早速、坊っちゃんは1週間でサリヴァンをレディに仕上げろと命令。
イエス・マイロード
にっこりするセバさんがめちゃ美人さん。
可愛いぞ。そして若いwww

まずは女王への拝謁のため二人に宮廷用最礼服を仕立てることに。
やってきたのはニナさんのお店。
セバさん眼中になさっぷりが徹底してるニナさんww

サリヴァンの服を何着かオーダーしますが、ニナさんはサリヴァンの着てる
ドレスを見て、クオリティはともかく色が地味過ぎるし、女は貞淑たれという
古臭い男の趣味を押しつけたようだとwww

セバさんにグサグサ刺さってますwww

ヴォルフラムと一緒にサリヴァンの最礼服もオーダーしましたが、女性用の
最礼服ってのは本来は専門店に依頼するものなのですね。
ほぉ~~φ(.. )

ヴォルフラムを残りものと言って捨てるニナさんがブレてませんw
サリヴァンは採寸のついでにニナさんに何やらお願い事。

何かと思えば髪のカットの依頼だったようで。
今流行のアリス・スタイル。
ってボブのことね。

サリヴァン、超可愛いです!!

あれ?でもアリスってボブだっけか??
ドレスがアリススタイルってことなのかしらん。

セバさんは悪魔のくせに格式とか重んじるようで。
これは執事として譲れないところってことなんでしょうかねwww

でも、拝謁には結髪をしないといけないならどうするんでしょうかね?

お屋敷に戻ると早速ティータイムと称してレッスン開始。
セバさんの家庭教師モードが始まりましたww

今月のセバさんはしそうです。
不気味なほどにこやかですwww
ヴォルフラムは文句を言いたくても英語で言わないと聞いてもらえず(^^;

サリヴァンはダメだしばかり喰らってこれなら村を出るよりがんじがらめだ
と坊っちゃんに愚痴りますが、坊っちゃんは相手にせず。

拝謁の所作は形になってきたものの、発音が悪いってことでセバさんは
サリヴァンとヴォルフラムの口に何やら器具を装着。

が、思い通りに行かず・・・
ついにサリヴァンが爆発www
坊っちゃんに怒りをぶつけますが・・・勢いで倒れてしまい、坊っちゃんも
巻き添え。

「なんなんだアイツは!!いたいけな僕の口を無理やり拡げて!!
一体何を挿し込む気だ!!」

ってサリヴァン訴えてますがwwww
何を挿し込むって言うんでしょうねwwww

私はむしろ、サリヴァンよりヴォルフラムの口に何やら挿し込むセバさんを
みたいwwww (*≧∀≦*)

っと丁度サリヴァンを押し倒した体勢になっているところへリジー登場。
坊っちゃんのお股からの神アングルえました(≧∇≦)
今月号のイチオシd(≧∀≦*)ok!

そして・・・リジーの本気 \(^o^)/

セバさんが坊っちゃんの命の危機を察して割り込む程!?
それだけリジーのコラッ☆はヤバかったってことでしょうねwww
坊っちゃんも戦車との対峙より死を覚悟したってwwww

ヒットしてたら確実に坊っちゃん大怪我ですよww

「お待ちくださいレディ」
のセバさんがこれまた美人さん!!睫毛 睫毛 (/∀\*)

リジーの提案でレッスンはみんなでやることになりましたv
坊っちゃんまでもが女性用マナーレッスンww
上手く出来ない坊っちゃんに

子爵邸に行く前にみっちりやったじゃありませんか」とぼやくセバさんw
アハハ~~~そうでしたよね

リジーが入ると途端に明るくなって、サリヴァンもとっても嬉しそうでしたね。

その晩は坊っちゃんお疲れのようでぐったり。
マナーを身につけるのに「僕は一人でやった」という坊っちゃんにセバさんは

「坊っちゃんの感覚は普通のヒトとは違いますから 他人に同等のものを
望むのは酷
ですよ」っと。

「もう少し他人の気持ちもお考えなさいませ」
というセバさんに坊っちゃんも負けずに

「お前だってヒトの気持ちなんてわかりやしない 命令されればどんな残酷な
ことでもする獣のくせに」

お互い貶したつもりはないといいながら楽しくし合いwww


なんだかんだと言いながらも一番近い関係の二人ですよね。

次号は番外編の悪魔6!
どんな読み切りになってるのか楽しみです!!

うぉ~~~~そういえば21巻の感想まだ書いてなかったんだ。。
今季はアニメの感想を減らしてとりあえずコミックス感想消化しよっと。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/19 01:29 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

GANGSTA. 第1~3話 ざっくり感想

やっと今季予定してた作品を一通り見終えた感じです。
今季は割と気軽に見れる作品ばかり。

力を入れて感想書くぞ!ってこともないので楽しくみておりますw

中でもまだ感想は書いてなかったものの、「GANGSTA.」気に入ってます。
かな~~り大人な作品ですよね。
いいですわ!

おっさんばかりが豪華に出てきてます。
主人公が2人とも30過ぎたおっさんってのは非常に好ましいです!!
この作品「@バンチ」の作品だったんですね。

我が家では「ウロボロス」「BTOOOM!!」「軍靴のバルツァー」でお世話に
なっております。

さてさて原作未読なため、キャストさんとキャラ絵で視聴を決めた作品だったの
ですが、OPからすご~~く渋くてかれましたv

便利屋の仕事ってのが何でも屋さんなんだな~とか、二人とも強そうだけど
特にニックは訳ありさんなんだな~とか、ストーリー知らずにぼんやりとみてた
わけですが、娼婦さんが設定だけで終わらすのかと思ったら本当にお仕事して
びっくりwwww

噛むってwwww
わざとなのか、歯を立ててしまったのかwwww

これはいい作品ですw
それに声を押し殺してお仕事してるのもなかなか好感ww

煙草屋のおばあちゃんは何かひと癖あるとか裏があるのかと思ったんですが
特にそういうわけでもなさそうで。
単に困ったことがあれば便利屋さんを使ってるってだけだったみたい。

頼りにはしてるようですが、だからといって人間性を信用してるわけではない
というか、なんかあまり良くは思ってなかったんですね。

最初は禁止区でお客とってたアレックスにきつかったのに、便利屋さんのとこで
世話になってると聞くと長居するとこじゃないなんて言ってますからね・・・。
人情で繋がってるのかと思ったら全く逆でした。

曰く付きの人間が集まる街で生きるってことはなんとも殺伐としてます。

マフィアの方々がイマイチまだどこの方か判別できないけどそのうちわかるん
じゃないかと楽観。

新興組織のバリーさんは登場早々に楽しんじゃってましたが、ちょっと頭弱そう
で、即、便利屋さんのお掃除対象に。

この街は警察とマフィアが裏で繋がって上手くやってるんですね。
便利屋さんは中立なのね。
警察からの依頼も受けてるようです。

ニックが嬉しそうに仕事を始めてますが、この表情にゾクっときますね。
何の躊躇いもないどころか、二人とも楽しんでるようです。
思いっきり暴れて来いなんて警察のお墨付きのようですし。

二人は掟破りと女を大事にしない輩には容赦ないようです。
ほぉ~~なるほど。

アレックスは頼る者がいなくなって自棄になって銃を手にしてるからてっきり
ウォリックらに向けるのかと思ったら追い撃ちでしたね。
これにはビックリ。
そうキタかと痺れましたわwww

アレックスまで片づけるのがお仕事だったのに殺さず戦利品としてお持ち帰り。
だからといって手を出すとかはしないのね。
電話番としてお仕事してもらうことになったようです。

そして、ニックは電話にも出ないし無口なのね~~
津田さん美味しいお仕事してるわ♪
なんて思ってたらとんでもなかった!
口を開いたらめちゃしい役やった。

滅多にしゃべらないけどしゃべったらかった!
耳の代わりに酷く目が利くってのも何やら能力を感じますよね。

ざっくりの設定がわかってどんな展開になるのかと思ったら2話では馴染み
らしいお医者さんが登場。

看護師・ニナちゃんが可愛い。
ニックに懐いてるようです。
ニックは恐ろしい程の薬を必要としてるようですね。

サイレンサー付きで撃ってたのにニナちゃんは気づいちゃうって勘がいいよう
です。
ニナちゃんに気付かれないようにウォリックはお仕事しただろうに。

アレックスは落ちるとこまで落ちた娼婦っぽかったから今更人殺しに慄くなんて
しないと思ってたら意外にも普通の感覚の人だった。

で、ここでタグ付きってのがこの街では警戒されているってことがわかって。
タグ付きにはランクがあるようです。

テオ先生って実はかなりお強いんじゃないでしょうかね。
ニック程ではないにしろ、多くの修羅場を踏んでいらっしゃるのではと・・・
腹が座り過ぎてますもん。

遊んでるニックにもお怒りだったりするしwww

相手はB/2 ニックはA/0 ってニックは恐ろしいくらいいってことです
よね、きっと。

タグ付きのことをウォリックが説明してくれてますが、イマイチわからん。
何か特別な能力を持って生まれてきた人種のことかな?
でも、制御不可能だからタグをつけて管理してるとか?

取りあえず、ニナちゃんにはニックは怖くないようです。

3話ではウォリックの本業が判明www
やっぱりそうかwwww
これはまた天職というべきお仕事のようでwww
べ様の本領発揮と言いましょうかww

でも、なんか過去がそう(><)

ウォリックの家族はニックに殺されたってことですかね?
なんかミスリードのような気もするけど・・・

子供の時にエルガストルムの街に居付いたようですが、ウォリックは
ビッグママのところで働いて、ニックはモンローさんとこで世話になって
たってことかしらん。

テオ先生のところのお薬の配達はヤバいとこばっかり。
これはなかなか普通の人には配達できないわwww
薬自体もヤバそうだし。

ビッグママがかっこええっす。。
トワイライツのこともちょっとわかりましたね。
ニックもそのうち死ぬって言われてましたし、寿命が短いようです。

トワイライツはやはりこの街では嫌われてるっぽい。
だから表通りはあるかないみたいです。
ビッグママはただの薬害だと言ってますから、薬によって生まれた能力
で街に溢れてる人たちは失敗作とか??

ビッグママのところで衰弱してた女の人は何者でしょうね。
ビッグママの世話になってるようですが、この人もトワイライツでまさに
死を迎えようとしてる??

ニックとは恋人関係ぽいですが・・・・
でも、あの感じだと自由には会えない様子。

アレックスはこの街のことをあまり知らないようで、二人のことについても
深く関わらない方がよさそうだと思い出て行ったようですが、でも関わらず
にはいられなさそうですね。

出ていくならもっと離れたところへ行くか、完全に街から出ていけばいい
のに前の場所に戻っただけという。。

服装も露出が減りましたが、もうお客は取らないのかしらん。


雰囲気好きだし、ニックとウォリックの関係も気になりますし、今後、展開
していくのか楽しみです。
いろんなキャラが面白そうですし。

感想は書かないと思いますが、時々まとめてざっくり書くかもです。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/18 02:56 ] お気に入りアニメ | TB(1) | CM(0)

俺物語!! 第15話「俺の彼女」感想

大和はでっかい勘違いをしてると猛男が指摘。

「俺はモテないぞ。モテるのは砂だ。」
え!?うそ!?
砂川くんはいい人だからわかるけど・・・

大和にとっては砂はかっこいいの部類には入らないようですwww
いやいやwww
大和の頭の中の方がウソ!? だよww

猛男のことをかっこいいというのは大和と砂だけだと猛男。
愛さんもいるんだけどね~~

スウェーデンリレーなんて原作読んでるのに忘れてたよww
普通のリレーだと思ってた。

100,200,300,400mって距離が長くなっていったら足の速い子には
見せ場だろうな~
特に400走れる子は花形だよねv

でも、クラスに陸上部とかいなかったら400はちょっときついかも(^^;
ってことで陸上部じゃないけど猛男は400走ります。

猛男は毎年リレーを走ってるようですが、かっこいいとは言われず、笑われたり
無言だとか。
理由は・・・「人が認識できる以上のものを見た時の反応」だと砂www

冷静なコメントだよねw

張り切って練習を開始しますが、女の子が一人捻挫。
代わりに走る子は2種目出て無い子の中から選ばないといけないようで。
もう足の遅い子しか残ってない状況・・・

西城さんが選ばれました。

こんなときに足が遅いのに走れって言われた子の辛さわかるわ。。
冗談じゃないって思うね(><)

大和と歩く時、猛男が車道側を歩いてなかったことにビックリした。
これまでもそうだっけ?

猛男は帰り道でお腹が痛いといって練習を休んだ西城さんにばったり。
しっかりクレープ食べてるしw
胸に栄養がしっかりv

彼女が休んだのは・・・
練習したところで速くなれるわけでもなく、みんなに迷惑をかけることが嫌で
なんとなく逃げてるって感じなすかね。
でも、猛男は速く走りたいという気持ちがあるなら練習しようと。

早速始めるも、なかなか速く走れない西城さん。
うん、うんわかるよ。

猛男は西城さんが落としたハンカチを渡そうと追いかけると西城さん、怒られてる
と思って必死に走りだしwww
すると速く走れた西城さんw

これって大和が気にしてた森のクマさん状態www
クマさんは女の子とダンスをするだけでしたが、さてどうなる・・・?

リレーは男女混合だとわかると大和はまた心配に?
猛男は「俺はモテない」と念押しをしますが、砂は「言うほどモテなくもないぞ」と砂。
砂はよくみてるからね~~

さて体育祭当日、リレーに勝てば逆転優勝の猛男のクラス。

女子男子女子男子で走るのね。
西城さん、第3走ってちょっとかわいそう。。

が、猛男は「全力で走って俺にバトンを寄越せ。後はオレに任せろ」
猛男かっこええ!!

西城さんは頑張るもみんなに抜かされ、その上コケてしまって・・・(><)
もうダメって泣きたい気分のとき、見えたのは猛男の姿。

こういう時の猛男ってホントもしいよね!!
西城さんは必死にバトンを猛男に渡します。
すると猛男は「よくやった!」って感じに頷いてv
猛然ダッシュ!!
ひとり何かがうwwwww
猛男が走るとみんなもう納得www
あれくらいのハンデがあって丁度よかったくらいなのか。

猛男の脅威の追い上げで6組ぶっちぎりの一位&優勝www

拍手する砂の顔がなんとも・・・
砂、れ直したなwwwd(≧∀≦*)ok!

西城さんに向けてビシッと決めてみせる猛男。
これは西城さんもれるよねwww

大和ライバルの出現を察知したのか、なかなかいです。
ラブラブアピールのためにおそろいのストラップを猛男にプレゼント。
学校が違うからいろいろ心配だよね。

っと待ち合わせの公園で西城さんも声を掛けてきました・・・!
おお~~~~!!な展開。

西城さんは猛男にリレーで助けてもらったお礼とタオルを渡し・・・。
砂はさらりと「猛男はいつも手ぬぐい使ってるよな」っと牽制wwww
これは大和を気遣ってではなく、俺の猛男アピールだと思いたいw

が、猛男はな~~~~んにもわかってないから初タオルに感激。
西城がリレーを一緒に走った子だときいて大和は・・・
なんかだぞwww

一方、西城さんもまさか猛男に彼女がいるなんて思ってもいなかっただろう
からビックリで。
ツーショットの待ち受けとかお揃いのストラップとかについ「ないわ」と否定。
ホントはそんなこと言うつもりなんてなかっただろうにね。

猛男にあっさり「あり」だと言われて慌てる西城さん。
猛男が気を悪くしたと思って焦ったんだろうね。
猛男を追い掛けて階段を踏み外し捻挫。

猛男と砂が肩を貸そうにも背が釣り合わなくてww

じゃ負ぶっていこうかってことになると砂は大和のこともあるし気を利かせて
俺が・・・って(珍しく積極的に)出るも、西城さん、露骨にいやな顔。
砂に対し、あんな顔できるのってかなり根性あるよな。(ー_ー;)

が、猛男は砂の積極性に西城が好きなのかと大きく勘違いwww
ちげーよ、全部猛男のためだよ!!

西城さんはかな~~り攻めるタイプのようで「剛田におんぶして欲しい」と堂々と
御指名。
猛男は西城さんを家まで送ることに。

って門前で大和とばったり。
西城さんの足を心配する大和に西城さんも大和をいい人だと感じたようで・・・

ところが大和は西城さんは猛男くんが好きなのかと悶々
砂に訊くも砂も「グレー」だと。
正直な答えです。
でも、砂は猛男の性格では誰にでも優しく接することはどうしようもないと。
だよね~~
そこが猛男のいいところでもあるわけだし。

後日、西城さんは聞いて欲しいことがあると猛男を呼び出します。
にわとり小屋ってのがいいよねww
原作もそんなだっけか?

西城さん、告るんか!?ってとこですが・・・
大和は猛男を探しにきて二人が一緒のところを見てしまい・・・

ここって砂に促されて大和が行くって流れだったような。

「私、剛田のことが好きなんだ!」
あちゃー やっぱりそうだった・・・慌ててその場を去ろうとする大和でしたが
「人間として」

なんか不思議なフレーズが聴こえて来てwww

西城さん、猛男のことが人間として好きだから「師匠」と呼びたいと。
いやいや、そんなくらいのことならクラスで普通に呼べばいいことだよね。

わざわざ呼び出したんだから・・・
本当は猛男のことが好きで告白したかったんだろうね。
お揃いのタオルを買うくらいだし。

でも、猛男には彼女がいて、猛男は彼女が大好きで彼女もとてもいい人と
くれば・・・
自分の入る余地はなく。。

せめて猛男と友達以上の何か接点が欲しいって思ったんでしょうね。

猛男の方はなんかよくわからないけど一生懸命頼んできているのだから
ほっとけないとOK♪

取りあえず西城さんはそれだけで満足した様子。
大和は・・・
西城さんの言葉を真に受けてます(^^;

いや~~~この子もつくづく純な子というかwww
可愛い子だよな。。

そして、砂。。
西城さんが嬉しそうな顔で帰っていくのを見てます。
どういうことで西城さんが猛男を呼び出したのかは知らないけど、あの流れ
では普通は告るわなっと砂も思ったはず。

でも、猛男が浮気するとか二股するとかは絶対にあり得ないとわかってるから
砂としてはどうして西城さんが満足そうな顔してたのか不可解だったのでは?

ってところで次回。

なんでミギーがwwwww

ま、弟子なんて苦し紛れっだってことは砂にはわかっちゃうよね。
さぁ西城さんの恋心はどうなる???

愛さんが帰ったと思ったら新な展開ってことで♪
実は猛男がモテることを砂は知っているってのがいいですよねww 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/17 00:38 ] 君と僕。・俺物語!! | TB(1) | CM(0)

アルスラーン戦記 第14話「異国の王子」感想

新OPはなかなかいいかな~なんて思ってたけどファランギース殿の太股と
おっぱいが見事だったのと、アルフリードがナルサスの腕に巻きついてるのが
イラッとしたのしか覚えてないという・・・(^^;

またしっかり見ときます。

シンドゥラ軍5万。
シンドラだと思ったらシンドゥラだったんですね。

迎え討つことにする殿下。
「善き王におなりください」
バフマンの最期の言葉に振るい立ったものの、ヒルメスこそが王家の血筋
あるという言葉を気にしているのでしょう。

それは殿下が王家の血筋ではないということだから。
時折考え込んでるようですが、殿下としてはひとまずそれは後回しってこと
ですかね。
隠してるっぽい。

侵攻してきたラジェンドラは第2王子でどうやら自分の国も安定してないのに
勝手にやってきちゃったようですね。。
随分と自由な王子のようで・・・

ダリューンとナルサスが迎撃のため出陣。
自分だけ何もしないのでは申し訳が立たないと言う殿下。
ダリューンは「優しいだけでは王にはなれない」と心配。

ダリューン自身はそれで何の問題もないと思ってるでしょうが、むしろ殿下は
そのままでいいとすら思っているはずww
でも、一般論としては王には威厳が必要とかいろいろ考えてしまっているんで
しょうね。
殿下可愛さからあれこれ気になってしょーがないというところでしょうかww

が、ナルサスは「一人くらい優しいだけの王がいてもいいのではないか」と。
そんな王だから自分も含めみんな信頼して付いて行けるってことのようで。
ナルサスの言葉に同意を得たとばかりにホッとするダリューン。
ほら、やっぱりホントは今のままの殿下で十分と思ってるww

ヒルメスがダリューンらの留守に殿下を討たないのはバフマンが殿下を守って
死んだことで何か気が乗らなくなったと言うか仕切り直しみたいなことですかね。
絶好のチャンスだと思うのですが他にも何かあるのかな?

道中、ダリューンは少数で多数を破るのは邪道ではとナルサスに問います。
そうなん???
効率的で非常に好ましい気がするんだけどなぜ??(・_ .*)?

今回は敢えて邪道で行くというナルシス。
戦いに当たって注意すべき3つの理は、天の時、地の利、人の和。

ナルサスはシンドゥラがこれらを全て侵していると言います。

まずは天の時。
常夏の国の兵が真冬に戦争を仕掛けて来てたんですね。
それでシンドゥラ兵は薄着なのか。。
それはアカンわ。。
王子アホやわ・・・
自分だけはしっかり着込んでるのに。

地の利、ダリューンが出てキシュワードとで挟み打ちに。
ヤシャスィーーーーーン!!
おお~~ダリューンも叫ぶんだ♪ (゚∀゚)
ゾクとキタw
パルス領土はこちらは把握済み、対してシンドゥラ兵には初めての土地。

ラジェンドラはそれでも力任せに押してくるようで。
強引な王子だわ。
一応、それなりの強さは認めるナルサス。

では人の和はどうかと。
おや、まぁ・・・またも軍師さま活躍ですね。

シンドゥラ兵の背後から味方であるはずの第1王子の兵が攻撃してきたように
みせ混乱を引き起こします。
旗とか近くで見たら適当だったりするのかしらん。

その上で敵兵に潜入させたエラムとアルフリードにある方向へ誘導する情報を
流させ・・・
こういう仕事はこの二人、適任ですね。
一人より二人の方が効果も上がりますしv
ナルサスさまのためなら頑張る二人ww

凍った湖に誘い込んでまれたシンドゥラ軍は5万もいるものだから重みで氷が
割れ始め・・・
これで5万と1万の差をひっくり返すってことですね。
さすがナルサス。

大軍の足を止めたところでナルサスとダリューンは自ら出ていきラジェンドラ王子を
捕虜に。

凄いですね~~
ラジェンドラもこの二人を相手に逃げるところはなかなかだと思います。
指揮官としての頭はなさそうですが、腕は良さ気。
ま、捕まっちゃいましたけどね。

殿下はラジェンドラ王子を処刑するどころか接待
あまり賢そうな王子ではないようで、ラジェンドラはじゃ~~っとばかりに素直に
受けてますwww

細かいことは気にしないタイプなのかしらんww

殿下に酒を勧めるラジェンドラに「あなたのお相手は私がしよう」と割って入る
ファランギース殿がかっこええっす!!

さらりと殿下を守るとこれる!!っと思ったら単に呑みたかっただけかもww
慌てて付いてきたギ―ヴもラジェンドラも相手にならないとはww
顔色一つ変えず手酌で飲み始めてるし、とんでもない酒豪だったのねwww
ファランギース殿、最強wwww

いい感じで出来あがったラジェンドラの元へ殿下が。
交渉開始。

が、すでにナルサスによって先の先まで進められていたようです。
いなぁ~~
賢い男いいわ!!(*≧∀≦*)

殿下はラジェンドラに同盟を結ぶべく話を始めますが、状況は殿下優勢。
ラジェンドラの返答に関係なく既に盟友となった旨の報告がシンドゥラ国に
なされていて。
最も、捕らわれの身のラジェンドラは条件を飲むしかないわけですが。

嵌められたことに気づくも悪い話ではないことからラジェンドラは同盟を承諾。
まさかこんな形で敵国の王子を味方につけるとは思いませんでしたわ。

豪快な王子といえばそうですが、ラジェンドラってなんかお調子者ぽいですし
この先ちょっと心配ですけどね。。

ダリューンも気になる様子ですし。

殿下らはラジェンドラたちと一緒にシンドゥラ国へ出陣するようです。

ま、ナルサスがいるし大丈夫だとは思いますが。
またまた何やら起きそうな予感w


EDのkalafinaは思ってたのと違った感じですが、疾走感がいいですね。
が、EDでもアルフリードがナルサス卿にくっついてるのはどうかと(ー_ー;)
ナルサスは相手にしてないけどアルフリードが勝手に構ってくるってことでしょう
けど、もっとエラムにも頑張って欲しいwwww

段々この3人の関係が楽しくなってきそうな気も。。

シンドゥラ第1王子は神経質そうな人ですね。
こりゃあの王子とは合わなさそうですわwww

さて、この先どうなるんでしょうね。
別マガとは全然展開が違うようですが、構成が替えてあるってことなのかな。。
とにかく楽しみですわ。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

純情ロマンチカ3 第1話「春に嵐」ざっくり感想

懐かし~~

ロマンチカ3が始まりましたね。

我が家の放送はかな~~り遅れてからなので感想も遅れ気味。
なのでざっくりで行こうと思います。

久しぶりの美咲とウサギさん!
コミックスの新刊はこの前読んだところですが、感想書いてなかったので
ついでに書いとこかな。
後で。

アニメは随分前に見たキリですが、なんか美咲が落ち着いてるww
ま、グルグルしたり、アワアワしてるのは原作通りなのですが、たかぴろの声の
トーンが落ち着いてきてたりしない???

いやいやこれはこれでいいんですよ。
私としてはこちらの方が好みなくらい。

ただ、やっぱり美咲のテンパった感は幾分大人になってる気がしますねw

ウサギさんは・・・相変わらずの傍若無人ぶりがかっこエエっすw

OPもEDも安定してますね。
特におお~~~!!って映像ではないものの、そうそうこんな感じでよろしく!
ってこちら側の要望は押さえてくれてる感じv

美咲がいよいよ大学4年になり、いろいろあった先輩も卒業。
今度は自分が卒業後どうするのかって問題に直面することに。

まずは就職をどうするのか考えないといけないし、ウサギさんとの生活もどう
するか考えていかなくてはならなくて・・・。

早速 お兄ちゃんに「卒業したら居候は解消し、自活せよ」と促されて・・・。
美咲としてはぼんやりこのままウサギさんとの生活が続くような気でいたもの
だから・・・

なんだか心がざわめく美咲。。

ウサギさんは当然、美咲を手放す気なんてなくて、そんなくらいなら孝浩に自分
たちの関係を言う覚悟は出来ていると・・・。
さすがウサギさんは腹が据わってるwww

例え相手が昔の想い人であろうと、今のウサギさんにとっては美咲を手放す
くらいならなんだってやっちゃうぞ~~ってところですが・・・

「美咲は?」

ウサギさんに問われ美咲は即答できず。

お兄ちゃんが自分たちの関係を知ったら卒倒してしまうと兄の心配をしてますが・・・
「美咲はどうしたいのか」と聞かれ・・・

美咲も自覚したくはないけど、ウサギさんのところに居たい気持ちがあるんです
よね~~~
そんな気持ちが湧きあがってくると必死に脳内否定してますけどね。

兄を選ぶのかウサギさんを選ぶのか、今はまだ答えが出せない美咲。
が、安定の強引さでウサギさんが迫りますww

なんて素敵な壁ドンなのでしょう!!
まさにこれぞ壁ドンの鑑!!
やはり壁ドンとはこういうシチュでないとえませんよね!!

ところが訪問者が。
ウサギさんの従弟の水樹が突然やってきて~
しかも面識がないはずなのにいきなり「この程度か」と言われる美咲。

いいですね~水樹が飛ばしてますv

美咲だって普段はウサギさんに構われてウザがっているけれど、いざ水樹という
まだ行動の読めない人物が2人の共同生活の中に割り込んできたら心穏やか
ではいられなくて・・

ウサギさんが俺以外に笑ったとか、そっけない態度を見せると思ったら興味を
見せてるとかで焦ってるしwww

それを嫉妬と言わず何と言うww
ウサギさんを取られたくないって気持ちになってるのは明らかに恋してるってこと
なのにね。

本人無自覚だけど、しっかり行動には出てるところがいいのですわwww
シャツ掴んでるとか「俺だけ構ってたらいい」とか本音を言っちゃうあたりww

ウサギさんもそんな美咲だから可愛くてしょーがないんでしょうね。
美咲はなかなか気持ちを口しないしwww
ウサギさんにとっては少しでも美咲から漏れる本音はそれだけで天国へ昇って
しまうほどしくてww

「もっと嫉妬しろ。俺以外に何も考えられなくなるまで」

ウサギさんはいつもストレート。
思ったことを口にして。

ウサギさんは相当独占欲が強いけれど、それだけ好きでたまんないってこと
ですもんね。
それに人嫌いなウサギさんにしたら美咲と言う存在は他の誰にも替えられない
本当に大切な存在なんですもんね。
他の人が恋人を大事にする以上の想いがウサギさんにはあるから。

美咲の気持ちを知って思わず後ろから抱き締めるウサギさん。

あからさまなHはないけれどその先は察してという雰囲気をニマニマしながら
脳内補完しておきますv

さぁ、水樹やら藤堂やら伊集院先生やらがわらわらと登場し、美咲の身辺が
あわただしくなってきましたね。

ウダウダグルグルが定番の美咲ですが、彼らに振り回されることで自分の
気持ちを自覚したり、行動に移したりしていくことになるんですから。
彼らのおかげってことでもありますよねw

原作のゆっくりめの進行にそろそろサクッと展開してくれないかな~などと
思ってる私ですが、アニメの方はまったり楽しませていただくことに致します。

やっぱいいなぁ~~

エゴイスト組やテロリスト組も見ることができそうですし楽しみですわ!!
ミステイク組もあるのかしらん。。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : ボーイズラブ

週刊少年ジャンプ2015 33号一言感想

表紙&巻頭カラーは新連載「ベストブルー」
競泳のマンガだそうで。。ほぉ~~

では、掲載順に一言感想を。

ベストブルー
以前のキルコさんも元気があって、キャラはとてもよかったので今回の
主人公とコーチも好感持てそう。
あとはストーリーですね。
設定があるあるネタなのでキャラで魅せるか、熱さで勝負するか。
ギャグ方面でもありかなと思いますけどね。
早速ですが、この島ってプールで泳げる期間短いけど大丈夫なのかな。

僕のヒーローアカデミア
飯田くん、危険な領域へ入っちゃったようで(^^;
そしてやっぱりおじいちゃん強そう。

ONE PIECE
まだ上には上があるのね。
取りあえず、ドレスローザは落ち着いたのかしらん。

食戟のソーマ
二日目も大した売り上げになってなかったようだけど、創真はどうするのかな。
夜の屋台とかもありなのかなぁ~

暗殺教室
扉絵の二人、どうした!?
渚とカルマって以前は仲良かった時もあったんだ・・・。
でも、カルマは渚に得体のしれない何かを感じてて・・・。
渚はカルマに憧れていて、その二人が直接対決か。
これは見もの!!
「先生のことなどしばし忘れてしまいなさい!!」って殺せんせーの顔が素敵w

ブラッククローバー
そーゆーことだったのか。
だよね、優しい子じゃなくちゃマルスと小さい頃から仲良しのはずなかった
よね。
辛い過去だと思ったら、大事な部分を思い出せてよかったよね。
マルスくんの表情が変わったのがいいなぁ。
アスタを助けようとしたクローバー側もみんな仲良くなっちゃって、よかった!

背筋をピン!と
真澄ちゃんのあの髪はかっちり整髪できるのかと心配でしたがそれなりにw
わたりちゃんは超あがり症とかなのかしらん。
いよいよ試合、楽しみだわ。

火ノ丸相撲
ギリギリのところで相撲技がでるってのはいいですね。
柔道でもなくレスリングでもなく相撲か。

銀魂
空知せんせーやってくれるよな。
そっか、そうきたか!!
だよね!!!!!
信女ちゃんは守ろうとしてたんだ。
異三郎ぉおおおお!!!
誰かがひっぱりあげてるんだろ??
次号で銀さんあたりが・・・神楽ちゃんとか・・・エリザベスとかぁああああ

ハイキュー!!
セッターとしての信念か~
セッターってすごく個性が出るポジションなのかも。
あっという間に第3セットが途中まで終わってると思ったら5セットまであるってこと
だったのかしらん。

デビリーマン
人間の世界でもバトルがあって、悪魔の世界にも足の引っ張り合いがあるのねw
なかなか大変そうでwww

斉木楠雄のΨ難
どうなる事やらと思ったけど斉木の能力で全て解決ってことで。
やっぱ便利。

トリコ
料理対決になるらしいけど、美味しそうな料理があるのかどうか(^^;

カガミガミ
唐突に始まったバトル。
急にキャラが増えたので全然ついていけてません。
しばらく見守らせていただくということで。。

世界の黒さわ
う~~~ん・・・

磯部磯兵衛物語
埋蔵金が見つかって幸せになりましたv
なんて展開くるわけないから磯兵衛たちが頑張れば頑張るほど笑いがwww
既に意味不な睫毛がwwww

こち亀
タイムカプセルなんて忘れてたわ。

BLEACH
切ない。。

レディ・ジャスティス
この順位は仕方ないかなと。
ストーリーの練りもないし、キャラの魅力も・・・(^^;

 

では、今週はこの辺で。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2015/07/14 01:14 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

監獄学園 プリズンスクール 第1話「ノゾキ大作戦」感想

原作既読ですwwww

これはアニメ化しちゃいけない作品だと思っていたんですが、これだけの
情熱が注ぎ込まれてたら押さないわけにはいきませんねwww

キャスト&スタッフさんたち本当にノリノリで楽しそうwww
真面目にエロギャグを追求してはりますv

OPなんてどんな風にするんだろうと思ったらPVみて感動しましたもんwww
オリ曲を声優さんたちで歌うと言う完璧さ。
これはなかなかタイアップ曲では表現できませんもんねw

作品の世界観(そんなのあったっけ??)とか雰囲気が見事に表現されてます。
そして、何より作画が素晴らしい!!!!

何気にアンドレがイケメンなのですけどwww

とにかくどれだけ腹筋か鍛えられるかってくらいのお話でバカバカしいほどエロが
てますwww
くだらない方向に全力疾走!!
もう笑うしかなく嵌り捲りなのですわwwww

ホント面白いのですが、さすがに原作の感想は書かずにおりましたw

まずは裏生徒会の話のとこまでですかね。
このテンポだったからかなりいい感じで進みそうですね。

1:200

理事長が替わり方針が変わってお嬢様学校が共学に。
ところが、そこは数少ない男子生徒にとって楽園ではなく地獄ww

女子がわんさかいるのに裏生徒会が男子生徒との接触を禁止。

男子生徒たちは仕方なく(?)覗きを決行することに。
この男子生徒たちがまた個性的なのですわww
声優さんの無駄使いwwww
が、完璧といえるほど素晴らしいww

スマホを使って女子風呂を覗く作戦は失敗。
慌ててスマホを取りにいったキヨシは仲良しになった千代ちゃんに女子と勘違い
されて女子風呂へ入ることにwwww

これだけでも既に爆笑なのですが、そんな程度では終わらないwww

屋上ではキヨシだけを天国に行かせまいと残りの4人も全裸に。
すると頭上には烏の群れ・・・

烏と共に現れたのは裏生徒会メンバー!!
4人は全裸のまま縛りつけられ校庭でされることに。

キヨシは混乱に乗じて抜け出せたものの会長に発見され連行。
ま、千代ちゃんに嫌われることはなくてよかったよねww

おパンツとか風呂場とか修正入ってましたが、副会長のお股も修正入りwww
ってことは円盤で楽しめってことのようですねww
こだけ作画もいいし、これは売れるんじゃないですか?

キヨシたちは裏生徒会によって1カ月のプリズン生活に。

副会長の横暴なやり方にキヨシは抵抗。
ところが、キヨシ以外はみんなこんな嬉しい機会はないんでいてwwww
罵られ、踏みつけられ、唾を吐かれ、靴を舐めろと命令され、鞭で打たれ・・・
その全てが彼らにとっては幸せでwwww

が、副会長のやり方は逆効果だと気付いた会長が書記のハナを投入。

彼女は可愛い顔をしてマジのバイオレンス系www
OPの足刀も綺麗でしたけど、この子の動きいいわwww

血しぶきも素晴らしい・・・
作画に惚れ惚れwww

キヨシは千代に嘘をついてまで楽しい学園生活を死守しようとしましたが
直後に花のおしっこ現場を目撃する羽目にwww

そして烏親の攻撃を受け・・・

 

さてどうなるかってことですが、想像以上の展開がくること必至wwww

コレ原作通りに話は進んでますが、かなり展開早いですよねw
でも、このサクサクのテンポの良さがいい感じです!

男性キャストだけでなく、女性キャストもホント素晴らしいですねww
これはかな~~り攻めてますww

今季、今後の感想はなんとも言えませんが、視聴決定ですwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/13 00:56 ] お気に入りアニメ | TB(2) | CM(0)

別冊少年マガジン7月号、8月号「進撃の巨人」70話、71話感想

あれ?先月号の感想を書いてなかったようですね。
全く記憶がないわ。。

まとめて2話感想いきます。

ヒストリアが女王になって2カ月。
現在、彼女が張り切って行ってるのは孤児や貧窮者の救済。
王室の公費や没収した議員の資産を孤児院の運営に回したり、貧困層の
支援に当てているようで。

結果、民衆の支持をより固めることになったようです。

エレンはヒストリアが行いたかったことに理解を示します。
が、ミカサは二人が仲良くしていることが非常に気にいらないようで・・・
もの凄く陰険な表情www

ヒストリアには理由がわかるようですが、エレンは未だにわかってないようですw

内乱に敗れた旧体制は兵団により粛清。
人々の生活も随分と変わったようです。
エレンが得た硬質化の能力は対巨人兵器を誕生させてて。

が、エレンは巨人の力を酷使し過ぎると鼻血が・・・
どうやら巨人の力は無限ではなさそうです。

エレンにハンカチを差し出すリヴァイの表情が柔らかい。
ケニーのことがあってからリヴァイから険しさが影をひそめたようです。

エルヴィンはウォール・マリア奪還作戦の準備が一月以内に完了すると報告。
ザックレーはエルヴィンに「君もそろそろ報われてもよいはずだ」っと。
「シガンシナの地下室に君の望む宝が眠っていることを祈ってるよ」

エルヴィンは何を探してるんでしょうね。
宝といっても嬉しいものとも限りませんよね。
エルヴィンが知りたい事実かな。

リヴァイがケニーから預かった巨人化アイテムはやはり調査兵団により
分析しようとするもこれがなかなか困難で。

下手に扱うより当初の目的に使用する他ないってことでエルヴィンは
リヴァイに箱を託します。
最も生存率の高い優れた兵士に委ねるべきだと。

引き受けてくれるかとリヴァイに問うエルヴィン。
命令ではなく、依頼するような口ぶりにリヴァイは気にかけ・・・。

「状況によっては誰に使用するべきか 君が決めることになる
任せてもいいか?」

私もデカ字が気になるところです。
特別な意味合いが含まれているってことですよね。
リヴァイはエルヴィンに「夢が叶ったらその後はどうするのか」を尋ねてます。

「それはわからない。叶えてみないことにはな」

エルヴィンの答えを聞いてから「了解だ」と返答するリヴァイ。
エルヴィンの死後のことをリヴァイに託してるようにも感じ取れるのですが・・・。

エレンはユミルが言っていた悪夢について考えます。
「俺達が戦ってる敵は何なんだろうな」
父親を喰ったことを話しだすエレンの言葉をミカサが遮ります。
これはエレンに辛い気持ちにさせないためか、それともミカサは実は何か
知ってるのか??

意図的にエレンの記憶が戻るのを遮ったようでもあります。

エレンは洞窟で記憶を掘りかえされた時にみた「あの日、洞窟から逃げる
親父に会っていた調査兵団の男」について思い出そうとしますが、さっぱり。

が、ジャンの一言で、その男の正体に気づきます。

なんとキース・ジャーディス教官!
あらぁ~~~すっかり変わり果てて分かりませんでしたわwww

その頃、ライナーはシガンシナ区で猿の巨人と戦っていて。
どうもアニの救出と座標の奪取のどちらを優先するかを決めてるようで。

猿の巨人が勝ち座標の奪取優先に。
あの硬質化できるライナーがやられてしまうとは・・・。

猿の中の人は、なんかザックレーさんにもグリシャにも似てる感じなんですけど。
主にメガネがwwww

何者なんでしょう。。

そしてそのまま8月号へ。

エレンたちはキースの元へ。
104期生にとっては懐かしい(くもない??)訓練所へ。
リヴァイたちにとっては彼に会うのは5年ぶり。

実はキースは前調査兵団団長だったんですね。
「何の成果も得られませんでした!」の人だったとは。

104期生に「あれからたった数カ月 皆見違えるように変わった」というキース。

リヴァイも「あんたも・・・その・・・変わったな・・・」

歯に衣着せぬ勢いだったリヴァイが気を遣ってるwwww
5年前はあんなにふさふさしてたのに抜けたのか、剃ったのか??

キースは自分の唯一の功績は「無能な頭を自ら有能な者にすげ替えたこと」だと。
ここに詰め寄る理由を察しておいでかとハンジに問われ、エレンの刺すような視線
にキースは
「お前は母親と似ているな その瞳の奥に宿す牙は父親そのものだ」

結論から言えば何も知らないと言いますが、エレンの両親との関わりについて語る
キース。

グリシャとは壁外で出会ったようです。
その日は極端に巨人との遭遇率が低かったのだとか。
ってことはグリシャはやはり壁外の人間で、巨人を操る能力があるんですかね。

キースたちが「巨人と戦っているのかもしれない」と思ったグリシャは「辞めてくれ」
ってな顔をしてます。

グリシャは一切の記憶がないようですが・・・
ホントかな。

キースはグリシャに壁の中のことをいろいろと教えてやったようですが、グリシャは
人々の暮らしぶりを気にしていたようで。
カルラはよく二人が利用した酒場の給仕さんだったんですね。

ってことはそれを調べるためにやってきたってことですかね。

「貧富の差こそあれど、壁の中は平和」で「巨人に怯えて生きてるわけではない」
ことをよかったと言ってます。

調査兵団の存在は人間の想像力や魂が自由であることを示す証拠であり人類の
誇りそのもの
だというグリシャ。

キースは彼の言葉によって自分自身を特別な選ばれし存在だと感じるように。

ある日、伝染病が壁の中に蔓延しグリシャが対処法をみつけます。
カルラもグリシャに助けられたようでいつの間にか二人は恋仲に。

キースが調査兵団の団長になった数年後かな?
グリシャとカルラは結婚。
キースはカルラに惚れてたようですね・・・

キースは団長になったものの、成果は芳しくなく。
その頃、エルヴィンは頭角を現していて、長距離策敵陣形を提案。
でも、キースはその有効性を理解することは出来ず却下。

多くの死人を出し、突撃するしか能がないと言われキースは自分が実は
特別な人間ではないことに気づき始めていたようで・・・。

カルラが何気なく掛けた言葉がキースの気に障り・・・
思わず、カルラを侮辱するようなことを言ってしまいます。
それが引き金になり、エルヴィンに団長の座をったようですね。

ウォール・マリアが破られた日、グリシャとはたまたま出会ったようです。

家族を探しに避難所を探すグリシャ。
っとエレンからカルラが巨人に喰われたことを聞くことに。
ショックのあまり膝から崩れ落ちるキース。

グリシャはエレンを森へ連れていきます。
「母さんの仇を討て」と言うグリシャに「仇ならお前が討てばいい」とキース。

「その子だって選ばれし者じゃないかもしれない」

でも、グリシャは「この子はあんたと違う私の子だ」と返答。
これはこの言葉のままなんでしょうね。
やはりグリシャは巨人化出来るというだけでなく、何か特別な力を持っていて
それはエレンにも受け継がれてるってことでしょうね。

グリシャが早くエレンに力を譲ったのはもう自分には時間が残されていなかった
ってことかなと。
巨人化の力には限界があるようですし。。
年齢的なこともあるのかもです。

キースは森で倒れてるエレンを避難所まで連れ帰ったようですが、それだけ
なのかな。
グリシャが巨人化したところやエレンがグリシャを喰ったことはみてなかった
ようですが。

エレンはキースの話を聞いて自分が巨人の力を託された理由は自分が特別
なのではなく特別な父親の息子だったから
だと理解。

そこでキースはカルラの話をします。
腕に抱く幼いエレンを「人より優れていなくてももう偉い」と言ったカルラ。

「この世界に生まれて来てくれたんだから」

カルラの言葉でエレンが自分の存在を無意味ではないと肯定できたようですね。
それにしてもカルラさん別嬪!

他にエレンの訓練生時代、姿勢制御訓練装置のベルトの故障はキースの仕業
だったことが判明。

何してくれちゃってんだかと思いましたが、父親と同じ目をするエレンに特別で
なくていいという母の願いを叶えてやろうとしたようですね。
あの日カルラに謝ることができなかったから。

エレンを兵士不適合とすることで危険な場から安全な場へと返そうとしたものの
エレンの燃えるような瞳には敵わなかったようで。。

「お前の息子が兵士になった」っていうあのセリフもこういう裏があったのですね。
親友だったんだろうってだけでなく。。

キースは自分を特別な存在ではなかったと思ってるようですが、教官としては
なかなか有能だったんじゃないですかね。
単に団長としては向いてなかったってだけで。

何事にも適材適所ですね。

来月号はまたどんな展開になるのかさっぱり読めませんが楽しみに待ちたいと
思います♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/12 02:19 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

乱歩奇譚 第2話「人間椅子(後ろ編)」ざっくり感想

う~~~~ん。。。

今回でリタイヤな予感。

すご~~く面白かったという感想の方はこの先お進み下さいませんよう。

 

 

容疑者が13歳だけど完全に成人と同じ扱いの報道とか、見識者だか
なんだかアレな人達をそれとわかるように出してくるあたりとか・・・
不必要なことはせん方がええのにと思う。

こういうのも狙ってるってことなのかな。
増税反対のニュースも印象操作的で好きじゃないかな。

結局のところ、みんな人間椅子になって永遠に愛されたかったってことの
ようですが・・・
そんなにあの先生はいい男だったのかしらん。

そのあたりはさっぱりww
優男みたいだったのにオブジェになったらいかついおっさんみたいだった
わね。

これが最大の謎。

3分間ショッキングはアカンわ・・・
ごめん、私には全くあの演出を面白いとは思えない。

推理を展開する場面はわかりやすかったけど14歳で人を殺め、教師が
連続殺人犯で遺体を椅子にするアブノーマル系なお方ってのも・・・
あんまり次もみてみようって気にならないというか・・・。

遺体は綺麗に防腐処理がされていたっていうけど、そんな簡単にできる
ことじゃないし、あまりにも突飛というかなんだかなぁな感じ・・・。
先生はともかく、14歳の女子にできることなのかと。

あのオブジェの異常性に関しては特に触れられてなかったし。
椅子って感じでもなかったし。
あれも椅子だったのかなぁ・・・

犯人はやっぱり例の女子生徒でしたけど、前編後編合わせて見てみても
特に引かれるものがないかったかなと。

謎解きってわけじゃないってことか。

椅子になりたいくらいの倒錯した愛も、愛した人を椅子にしたいという性癖
覗きたいけど覗いたらおぞましい人の心の闇を簡単な言葉だけで処理して
明るくまとめ って、敢えて重くしない3分間ショッキングのノリのようで。

もともと乱歩にでてくる人物ってのは倒錯してるというか、なんじゃらほい
って感じなんですけど、随分と思いきった方向で来たなと。。

コバヤシくんも顔だけならともかく、体型も完全に女の子。
腰のラインとかお尻とか・・・
実は女の子でしたってことなのかしらん。

新しい耳付きの担任はリストカット常習者のようですし、刑事さんも闇を抱えて
いそうだし。

これは見る人を選ぶというか、う~~ん。


この手のサイコパス的な人物の羅列で事件が起きていき、軽~~く楽しみ
ながら、そんなに難しくもない謎を解決して行くって話ならちょっと私は好み
じゃないかな。

もう少しメインキャラが大人でドキッとするような心理描写なんかが入っちゃって
ると興味がもてたのかもだけど。

取りあえず、今後の感想はなしの方向で。
視聴も今回で終わりかな・・・

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

俺物語!! 第14話「俺のジンクス」ざっくり感想

「ちゃんと終わらせてくれなきゃ 俺のターンになんないじゃん」

織田は姑息なところもあるけれど、愛さんのことを本当に好きなのは確か。

さて、みんなでMMランドへ。
って電車の中の大和が一人だけチッさいんですけどww
子供だよこれじゃwww

猛男と大和だけがハイテンションで楽しんでる感じwww
猛男の頭に刺さってるカチューシャが笑えますw
そりゃ猛男サイズなんて売ってないよw
大和はうさ耳似合ってる。

大和は猛男とばかり遊んでるとデートになってしまうからと写真を取るのも
我慢。
すると愛さんが気を利かせて。。

で、猛男は砂とお船に。
私的に一番しい状況www

ジンクスが何か知らなかった猛男に砂は現実だと。
一般的に考えて恋愛が続くカップルと別れるカップルいたら別れる方が多い。
確かに。
ま、ジンクスなんてものは私も気にしない方です。

織田は猛男と二人になった時、「愛さんに好きな男に告白させたい」のだと
言います。
それでもし上手くいっても「俺がちょっと泣くだけのこと」と織田。

カッコいいこと言ってます。
猛男はまたも感動?

織田はもうメンドクサイ事はやめて愛さんと楽しく過ごして帰ることにしたと
言いますが、いやいやヤツは考えてるよw

愛さんにわざと服を汚させ、猛男一人だけその場に残す織田。
目印だからって、猛男に使命まで与えてwww

さぁ告白の場を作ったんでどうぞって織田でしたが、愛さんは冗談じゃないと
織田たちを探すことに。
それでも織田は猛男が愛さんの気持ちを知ったらどうなるかわからないと
背中を押しまくり。

織田は悪い奴ではないけど、だからと言っていい奴とも言えないわ。
自分の都合で猛男や大和をひっかきまわしてるしね。
猛男も大和も気づいてないけど。

砂は冷静に観察してるよねww
絶対何かおかしいって思ってるよねw

全然大和たちに会えないものだから猛男は疲れてるだろう愛さんをちょっと
休ませようと。。
コーヒーカップに乗ったり3Dを見たりしますが、愛さんとしては全然ゆったり
なんてできなくてwww

猛男の魅力をガンガン感じて愛さん大興奮ww

昔、猛男が愛さんをカラーの花に似てると言ったのを覚えているか訊いて
みますが、猛男は覚えてなくて・・・
やっぱりそうだよね、っとちょっと寂しそうな愛さん。

が、猛男は昔自分が言ったことは覚えてないけれど、あの花に姉さんは
似てると思うとカラーの花を指します。

昔から変わらない猛男に愛さん きゅんきゅん
愛さんって大和に負けないくらい可愛い人なんですよね。
それにかっこいいし。。

一方、織田は一向に愛さんからメールが来ない為、もしかして告って上手く
いってしまったのではないかとりますwww

愛さんが振られて気持ちにケリをつけることを前提で告白を促していたのに
本当に上手くいってしまっては元も子もないですからね。
織田はそういうやつですwww

その頃、愛さんは・・・
もし自分が猛男を好きだと言ったら猛男はなんて言うか・・・
愛さんの心が揺れます・・・

思わず口にし掛けたところで、もうすぐキラキラパレードが始まるというアナウンスが。
愛さんギリギリのところで踏みとどまりました。

そして、猛男に早く大和さんを見つけなと。

「浮気するなよ」っと猛男に声を掛ける愛さん。

織田が愛さんを見つけます。
愛さんは「一生猛男には告白しない」と宣言。
姉さん姉さんと笑いかけてくる猛男が好きだから・・・

愛さん、切ない。。(ノД`)

そこへ大和が。
愛さんは大和にも「ジンクスではなく猛男を信じろ」とアドバイス。
そだよね。

逞しく人ごみに消えていく大和。
全部お騒がせ織田のせいだよ。。

本当に探したいものは見つけられるってことでちゃんと二人は会えましたv
砂はどこで何をしてるんだろうね。

ってところで砂登場wwww
いつもグットタイミングだよwwww
「気にしないで続けて」ってクールな砂が好きだ!!!

またも猛男の家に泊る織田。
「もう落ちてくるのを待ってるのはやめてオトス!

って張り切ってますが、愛さんが中学の時、パジャマ姿を見て猛男がドキドキ
したと話をするものだから 愛さん大興奮で逆効果wwww

普段織田には見せない可愛い顔を愛さんにさせる猛男に、またも嫉妬の嵐の
織田でしたww

あははは。
頑張れ織田www

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2015/07/10 01:46 ] 君と僕。・俺物語!! | TB(1) | CM(0)

「アシガール」5巻感想v

うわ~~ん 切ない!!
笑えるのにこんなに切ないなんて!!!

これまでの感想はこちら

アシガール(5)

アシガール(5)
著者:森本梢子
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

若君の命を救うという大手柄を立てた唯之助は殿さまからお言葉を頂ける
ことに。
唯は若君にも会えるし、ご褒美ももらえるのではと大喜び。

正装させてもらって殿の御前に伺うと・・・
頂いたのは苗字でしたww

しかも足が速く、馬にも勝つってことで 速い足→はやあし→はやし
林勝馬(はやしかつま)だそうで。

「ひとさし舞え」と言わた唯は ムーンウォーク&ポゥ 
これが摩訶不思議と大ウケww全くこの子はww

殿は甚く唯を気に入って御馬番役から警固番役に取り立ててくれますが、
信近が武芸はまるで駄目だから今しばらく我が屋敷にて修行をさせるとww

若君も「あちゃーっ」て感じww

早速翌朝から小平太による稽古が。
耐えられなくなった唯はこっそり隠れ若君に声をかけると・・・

「いっそのこと女子であると明かして奥に入って暮らすか?
その方がわしも安心できるし、毎夜会いにいける」

唯はあれこれ想像し赤面wwwww
若君は唯の反応を楽しんでるようですねw

「明日も参られよ。馬で遠乗りにでかけよう」

唯はデートに誘われたと大喜び。
ところが、去り際に若君へ鐘ヶ江の姫(ふき)から文が。

若君は自分が側室を持っていたことをすっかり忘れていたようですが
一度は無事な姿を見せてはと家来たちに促され「今宵参る」と返事。

こっそり聞いてしまった唯は激しく動揺・・・
一晩中、城の外で若君の動向を伺って・・・
明け方小平太に昨晩の若君のことを訊くとやっぱり姫のところへと・・・

唯はショックでふてくされてゴロゴロ。

っと、夜に話し声が聞こえ庭へ出て見ると・・・若君が!?
「静かに」と口を塞がれ・・・
え?何???若君、夜這い?

っと思ったら信近とお袋さまの声が・・・
信近は唯の世話をするため天野家に世話になっていたお袋さまに惚れて
しまったようでwww
お袋さまの物言いや立ち振る舞いからとても百姓の後家とは思えなかった
ようですが、実はお袋さまは武家の娘だったんですね。

告った信近はそっこーられてしまいました。
でも、めないww

若君は堅物の信近が女性に告るのをみて驚いた様子で面白いモノを見たと
上機嫌。

若君は遠乗りに行くと言っていたのに唯が来なかったものだから具合でも
悪いのかと様子を見に来たようですが、元気そうだと安心。

でも、唯は・・・
自分がふたまたをかけられているのか、最初からそんな対象として見られて
いないのかと悶々・・・

そんな唯に若君はやっぱり様子がおかしいと帰ることに。
っと、突然、唯は若君が鐘ヶ江のところに行くのが嫌だと言い出し・・・

唯・・・勇気あるなwwww

若君は唯の様子がおかしいのは腹を立てていたからだとわかり納得。
昨夜は人違いであったことを話に言っただけだったようですね。

戦が始まりそうだという話が聴こえ若君は急いで戻りますが、勝手に抜け
出してたことが家来たちにバレてしまい・・・

じぃは冗談半分で「さてはどこぞの女子のもとに家人の目を盗んで忍んで
ゆかれたのではござらぬか?」
っと声を掛けると・・・

「そういうことになるかの」っと若君否定せずwww

ま、確かにそんな感じではありますからね。
じぃはもしや後継ぎができるのでは!?っと大慌てwww
が、今はそれどころじゃなくて。

またも高山が何か仕掛けてくるらしく、若君は「運命は変えられないようだ」と
自ら出陣を申し出ますが、そこへ成之が忠清に代わり自分が行くと。

その話を耳にした唯はしいと感じ、夜に話をしたいと若君に文を。
ところが、例の坊主に拉致られ、媚薬を飲まされることに・・・!
大ピンチ!

なんでも一番最初に目にした男にのだとか。
成之は唯を自分に惚れさせ利用するつもりのようです。

ところが唯はどうしようもない寝相のまま一向に目を覚まさずwwww
仕方なく、成之は横で寝ることに。

夜になり、若君は唯の元へやってきますが、唯の姿はなく・・・
成之の手の坊主が酔い潰れた唯を担いでいるのを見たと聞き、慌てて
成之のところへ。

唯は丁度目を覚ましたところで、成之を若君と間違え大興奮中。
鼻息荒く成之の傍にぴったり寄り添う唯を見た若君は・・・
即行、唯を連れ出します。

唯は記憶があやふやでなんだかよくわからず・・・
取りあえず、大事な話をしなくてはと成之が企んでいるらしい話をしようと
しますが、若君はなんだか怒っていて・・・

若君の塞いだ様子にじぃはお酒を勧めますが、そこで若君は唯がお酒を
飲めないことを思い出します。
唯が自らお酒を飲んで酔っ払うことなどあり得ないと気付いた若君。
ということは・・・

その頃、唯はなんで自分が若君に怒られたのか分からず哀しくて・・・。
でも、怒った顔も超素敵だったとニヤけww

若君は自分も嫉妬してたことに気付いたようですねv
面白いと思っていただけだったのがいつの間にかに♪

満月の前の日、唯に謝りにきた若君は唯が帰るのを見送るから明晩迎えに
来ると言います。
「できればふくになったあの夜のようにお前の女姿を今一度見たい

唯はおしゃれしてデートだと大喜びで、またあやめに助けてもらいます。

その頃、若君は小垣への出陣は自分にさせて欲しいと成之のもとへ。
すでに坊主に全て吐かせ、成之のりごとを知ってる若君でしたが、今回
もしも勝利したら羽木家の跡目を成之に譲りたいと。
もう戦はしたくないし、戦をしない大将は無用だからと。

満月の夜、馬でお迎えにきた若君。
唯の女姿をみて「確かにあのときのふくじゃwww」とご満悦。

「峠まで駆けよう」と言われ、いつものようにくつわを引いて走る唯wwwww
もう、やだよこの子wwwww
腹がいwwww

若君は「これでは様にならない」と唯を馬上へ。

若君は今度の戦で先陣を務めることになったことを唯に伝えます。
「この戦で必ず敵をとめ守り通し生きて新年を迎える。
歴史を変えることができたかどうかを先の世で見ていておくれ」

唯は自分も一緒に戦に行く気なので「何を言ってるんですか?」っと。
「・・・そうか。心強いの」

うう・・・若君の表情が・・・

「月が高くなった。そろそろ行かねばなるまい」
唯を馬から下ろしますが・・・
しばし若君は唯をき上げたまま。

若君にとっては今生の別れなんだよね(><)
せっかく自分の気持ちに気づいたのに・・・

唯の顔を切なげに見上げる若君。。泣けるわ・・・ (ノД`)

さすがに唯も変だと気付くと、若君は悟られないようにわざと
「戻って来るときは今度こそ腹を決めて参られよ」っといたずらっ子のように
唯の顔を覗き込みます。

はぁ・・・このイケメン。。(///∇///)

「この世に、わしの前に来てくれたこと心より礼を申す。お前のことは生涯忘れぬ」

笑顔の若君。

実家に戻った唯は今回で最後だったことを尊に聞かされます。
お隣のじぃがなぜかやって来て若君からの手紙を現代語訳。

唯は両親との約束を果たすために若君が嘘を言ったことを知ります。
本心では傍にいて欲しいけれど、唯にとっては平和な世界で生きる方が安全で
幸せだからと。

泣きだす唯・・・
若君の優しさが哀しいよ(。>д<)。・゜

体調不良で1カ月学校を休んでいたことになってた唯は元気が出ないまま登校。
すると・・・
高木邦彦という転校生が隣の席に。

彼は昔からなんでか足の速い子が気になるようで・・・
しかも黒羽城の石垣が好きだと・・・

若君の生まれ変わりかと思う唯でしたが、どうも違う!?
生まれ変わりじゃなくて二人の子孫?

燃料さえなんとかなれば、また戦国へ行けそうですが、そう簡単ではなさそう。
何年経ってももう一度若君に会いたいと思う唯に、いい知らせが。

なんと永禄二年に羽木家は滅んだと思われていたのに、永禄三年以降の羽木家
に関わる資料が発見されて!
若君が歴史を変えたと喜ぶ唯。

が、発見された手紙には若君の縁談の話が!?
これは今すぐ戦国の世へ行かなくてはと焦り捲る唯。

ああ・・・次巻が待ちどおしい!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/08 23:25 ] 森本梢子作品  | TB(0) | CM(0)

「アシガール」4巻感想♪

4巻はずっとしの若君のターン
これまでの感想はこちら。

アシガール(4)

アシガール(4)
著者:森本梢子
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

瀕死の若君、唯の代わりに現代へ。
尊はビックリ仰天www
いきなり戦国時代の若君が眼の前に現れただけでなく、瀕死状態です
もんね。

唯からの手紙で事情は察したものの・・・
ってさすが尊、すぐに救急車を呼びました。

若君 尊のおかげで一命を取り留めることに。
さすが現代医療!!
ありがとう!!!

でも、もし若君が助からなかったら自分は戦国時代に取り残されることに
なるのを唯は気づいてなかったようで。
そりゃ、そんな賢い頭はないわなw
若君を助けることに必死だったし、そんなところが可愛いってことでww

病院で目覚めた若君はそこがどこかわからなかったようだけど、わから
ない時はわかった顔をしてわかるまで黙しておくことだって。
さすが若君w

尊は超イケメンの若君を見て姉は超面喰いだったんだとしみじみwww

尊は若君に450年後だと話しますが、若君はわかったのかどうか。
でも、尊が唯の弟で自分ためにいろいろとしてくれる人だということは
理解したようです。

病院では武士のような言葉をしゃべるってことで変わった人だと思われ
ますが、イケメンのため全てかっこよく、様になるとw
うん、うん、わかる、わかる。

看護師さんたちにもモテモテの若君。
あれこれと科が違っても世話をしにやってくる看護師までw
身体を拭く係なんて絶対取り合いになるし、私もぜひ参戦したいwww

また、若君もかれることに慣れてるってのがいいよねv
そんなこんなで特に問題もなく無事退院。

退院するにあたって、現代の服に着替えた若君。
かっこええ。
よくズボンのファスナーとかわかったなぁと思う尊でしたがベテラン看護師が
手を貸してくれたのだとかwww

尊の家へ戻ってみると、事情を理解した両親がスーツ姿でお出迎えw
若君は唯の部屋を使うことになります。
お母さんはせっせと若君のお世話をwwww
その気持ちもわかる!!!!d(≧∀≦*)

若君は毎朝 素振り。
尊はそれで早起きになって、おしぼりとお茶を用意し小姓状態ww
でも若君の笑顔を見ると嬉しくて・・・
すっかり若君の魅力に取り込まれてますw

もうみんなが若君に自らいてwwww
お隣の気難しい爺さんまでが「草木の心」を説かれて若君のにwww

わかるよ、わかるよ、みんな!!!

傷が癒えた若君はそろそろ帰ろうとしますが、尊は黒羽城跡へと連れて
いきます。
石垣の状態から本当にここが450年後だという事実を理解する若君。
そして、自らの運命も知るとともに唯が若君を助けるために時代を遡った
ことを知ります。

若君は自分の歴史上の運命にショックを受けますが、唯がそれを変え
ようとしていることから、ならば自分も己の力で運命を変えてみせようと
決意!!!

もう、何をしてもイケメンは様になるわ。。

ところが、満月の日、若君は感染症を起こしてしまい帰れないことに。
ということは3分で戻るはずが、1カ月戻れないことに。

戦国時代にいる唯は成之によって「若君かどわかしの嫌疑」がかかり
逃亡生活へ。
途中、命を断とうとしていたじぃに遭遇し、次の満月には若君は戻られる
からと説得し、そのままじぃの屋敷へ。

天野家下女中の一番下っ端として身を隠すことになりますv
が、またも下女中の仕事(主に洗濯)ができないものだから馬糞の片づけ

やっと満月がやってきたと喜ぶ唯でしたが、お世話になってたお袋さまが
手配中の唯之助の居所を吐かせるため取り調べを受けると聞き・・・!

唯はお袋さまを助けようと姿を表したためそのまま牢屋行き。
お袋さまがなんで出てきたって唯を叱責するところがかっこええです!

現代では若君が唯の家族とお別れを。
お母さん 娘が危ない目に遭ってるってのに若君との別れに大泣きw

尊は若君にもうタイムトリップする燃料が2回分しか残っていないことを
知らせます。
若君が戻って一回、唯が戻ってラスト。

つまり、唯が現代に帰ってきたらもう戦国時代には戻れないということ。
ええええ~~~~~~~~~!!
なんてこったい(><)

お父さんは「だったら唯はもう帰らんとか言いだすんじゃないか」と。
お母さんも同意見。

うん、うん、唯のことをよくわかっていらっしゃるw
が、若君は必ず唯を両親の元へ返すと約束

尊は若君が「唯ほど好もしい女子には会うたことがない」と言ってたから
姉の苦労も報われる日がくるかもと喜んでたのに叶わないってことか!?

ええ~~~~そんなの哀しいよ。。
せっかく若君が唯を気に入ってくれてるというのに・・・!
もったいないというか、悲恋なんてヤダよ。。

満月の翌朝、お城では唯の取り調べが。
唯は夜には若君が戻ってくると待っていたのに若君が来なかったため
もしかしたら助からなかったのかもと・・・不安に。

しかも、牢で熱を出してしまいぐったり。
あまりの唯の姿をみて、とても高山の間者には見えないと殿様は唯を解放
しようとしますが、成之はあくまで唯之助は怪しいと主張。

唯が邪魔だからなんとかして排除してしまえってことのようで。
その上、正体を隠して忠清に近づいていると着物を脱がせようと・・・

女だとバレたら大変!!!ってとこですが、そこへようやく若君お戻り
知らせが!!!
おお~~間に合ったよ!!

実は橋が壊れてしまってたため迂回してて吉田城から帰るのが遅れてたん
ですよね。
若君は唯の様子に青ざめ・・・( ;゚Д゚)

即、唯之助の働きがあってこそ自分は生きているのだと嫌疑を晴らしてやり
ます。
ぐったりしてる唯を抱きあげる若君。

「まさか、このような眼に遭うていようとは・・・すまぬ。許せ」

唯、今すぐ眼をませ!!!(≧∇≦)
若君の腕の中にいるのは夢じゃないぞぉおおおおおおお!!

が、唯が目覚めたとき若君のお肌すべすべっと思っていたのは孫四郎の尻w

唯は若君が生きていたことを知って大喜び。
だよね!ホントよかった!

唯は自分が寝巻に着替えていることに気づきビックリ・・・!
全部お袋さまがしてくれたんですが、実はお袋さまは唯がだということには
とうに気づいていて。。
さすがお袋さまでございます。

若君の計らいで唯の介抱はお袋さまだけですることに。

唯はじぃからもお褒めの言葉をいただき、生活が一変するも若君には一向に
会えず。。

が、若君からお手紙が・・・。
中身は尊からのもので、若君は大変な状態だったけどもう大丈夫という内容と
唯のベッドでジャンプを読む若君の写真がwwww

現代の服を着てもかっこええ若君(*≧∀≦*)
永久保存版ですよねv

だけど若君は現代の字が読めたかwww!?
ま、絵だけを楽しんでたってことでしょうねwww

尊だけ生で見てずるいと腹を立てる唯。

っと、そこへお忍びで若君が!!!
背中で襖を閉めるのがなんかやらしくていいわwww

現代の生活はなかなか愉快だったと若君。
唯に懐剣を返しますが、あと一度の燃料しか残っていないとしたらどうするか
と唯に問います。

っと唯は「だったらもう家に帰ることはあきらめます」ときっぱり。
若君と会えなくなるのが一番つらいもん っとw

唯が現代の平和な暮らしを捨ててでも戦国で生きていくというのを聞いて若君
驚きますが・・・
でも、唯の言葉がしかったと思う。。

が、若君は唯の気持ちだけを受け取り、唯の両親と尊に世話になった恩に
報いるため、「1度と言ったのは嘘で2度使える」と言います。

唯を必ず無事に返すと約束してますもんね。

それならもう一度帰ってみんなに会ってからまた戻ってこれると唯は安心。

若君は「次の満月には必ず帰ってまたここへ戻れ」と言い残すと帰っていきます。

って ええええええ!?

ちょっと、これ、切なすぎるやんか!!

ギャグ満載で爆笑のお話のはずが、いきなりこんな悲恋になってしまって・・・
勘弁してぇ~~~
絶対、唯は若君と一緒になれると信じてる!!
例え、現代にもどってこれなくても。

一番いいのは尊がまたエネルギー充電してくれて、孫の顔を見せに何度か
行き来できるようになることだけど。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/08 23:05 ] 森本梢子作品  | TB(0) | CM(0)

「アシガール」3巻感想♪

すっかり間が空いてしまってますが、「アシガール」感想です。

4巻まではレンタルで読んでいたのですが、どうにも我慢ができず大人買い。
やっぱ こういうときは大人で良かった~って思いますよねwww

一気に感想いきます。
まず、3巻。
これまでの感想はこちら

アシガール(3)

アシガール(3)
著者:森本梢子
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

はぁ・・・若君イケメン。

前巻でどう考えても分が悪い戦をなんとか科学の力でひっくり返せない
ものかと唯は現代に戻って弟・尊に泣きつくと・・・
さすが天才!やってくれました。

謎のまぼ兵くんと強化でんでん丸を持って再び戦国へ。

満月から次の満月で移動すると元の時代の3分後に戻れるってのが
いですね。
理論はわからないwww

劣勢の若君のために尊が作ったのは国立競技場のサポーターさんたちを
映像で映し出すという代物www

まぼ兵ってのはまぼろしの兵たちってことねw

戦国の世の人々にとってうぉ~~~~~って大歓声上げて応援してる
サポーターは敵兵に見えるようでwww
確かにそうだわねww

すごいな尊!天才以上だよ!!

すっかり敵は援軍がきたと大慌て。
しかも三万ってww
うん、確かにそれくらいはいるかもねwww
ホロだけどwww

唯は一人敵軍に突っ込もうとする若君を追い掛け馬を引くことに。
しっかり名前を覚えてもらうことにも成功v
足だけはホントいんだなw

が、若君の傷の手当てをしてるときに顔をじっとみられ・・・
もしやふくではないかと若君に!?

唯は女だとバレたら戦に出ることもできなくなるし、若君を近くで守れなくなる
ものだから必死に誤魔化し・・・。

いやいや絶対側室になった方が楽しめるだろうに!!!
が唯はあくまで若様をり抜きたいらしい。

あっぱれよぉおおお!

若君のお馬番になれて喜ぶ唯でしたが、実際はムサい男たちと馬の世話を
するだけ。
ほとんど掃除というwww

若君の元へは、手違いで呼ばれてしまったふき姫がせっせせっせと若君を
待ってる文でアピール。
若君はあまり興味がないようで・・・(^^;

面白味がないと思ってるようですね。
確かにふくは強烈でしたよねwwww
若君、お目が高いというか、ちょっと変わってるというかw

こっちは笑わせてもらって大満足ですが、実際に戦国の世に唯みたいなのは
女扱いはしてもらえないでしょうねwww

若君のお世話ができると喜んだのに全く会えずでがっくりの唯でしたがなんと
チャンス到来!!

若君が「遠乗りゆくから付いて参れ」と!
唯としてはデートだと大喜びwwwww

なわけないわな。
馬の横で疾走する唯www
どんなデートだよwww

もうホント腹筋がいwww

まぁ若君が楽しそうならいいかと思う唯でしたが、再び・・・チャンスが・・・!
っていうか、崖から落ちそうになったところを若君に抱えられて命拾い。
若君、しっかり唯のお胸を握ったよね・・・?
むにってww

胸のない唯だけど、ダイレクトに掴めばさすがに手応えはあったんじゃない
のかとヒヤヒヤしますが、若君は何も言わず・・・
それはそれで何とも哀しいというか、複雑な唯ですが、別れ際に「腹の肉が
たるんでおる」って言われwww

でも、若君、気づいたんだろうな♪ 

若君に呼ばれ唯は何事かとドキドキしていくと、人払いをしてこちらへ参れと。
またも唯は若君の隣へ座り込んでwww

戦国の世に身分をわきまえずにそんなところへ座るヤツがいるかよwww
若君はそんな唯が面白いようですけど・・・
ん、やっぱり若君もかもwww

若君は唯にあん餅を食べさせてくれて~
唯は大喜びでばくばくww

そんな姿を微笑ましく見つめる若君。。

イケメン・・・(*/-\*)

じっと見つめられて慌てて唯は和議のことに話を振ります。

若君が和議の席へ出ることになったようで、和議に反対の強硬派が多い中
唯は戦になったらまた誰かが死ぬから和議はやらなきゃダメだと。。

そんな唯の言葉に若君はやっぱり唯之助がふくだと確信したようで。
戦国の世で戦はダメだなんて言う者はそうそういませんもんね。

「ところでまだ腹は決まらぬか」

って ぎゃぁああああああああああああ

若君 唯を側室に迎える気 満々だよwwwwwww
たまらんな若様。。

惚れたってより面白いってことのようだけどwww

ふくだとバレてたとわかり唯は大慌てで逃げ出しますが、成之の陰謀を
知ってしまったことから気絶させられ・・・
唯が気が付いたときにはすっかり時遅し・・・

慌てて吉田城へ向かいますが、若君は城中で曲者の放った矢を受け重傷。
夜明けまで持たないという状況だと知り唯は強硬手段に。

でんでん丸を使ってじいを気絶させ、若君の傍へ。
真っ白な顔に遅かったかと泣いてすがる唯。

「これ・・・唯之助・・・そこ・・・は痛い」
って若君、こんなときにも冷静だ。

唯は一刻を争う状況に若君にでんでん丸を持たせ抜くようにいいます。

現代に若君を送って尊になんとかしてもらおうってことのようで。
必死の唯の願いを「お前は面白いの」と若君。

素直に言うとおりにします。

そして「お前はあの夜のふくであろう」と。
唯は観念して認めます。

唯の本当の名を聞くとすっーっと若君は消えていき・・・

ひぃ~~~~~若君、現代へタイムトリップしちゃったよwww

おいおい、どうなるんだこれ???
ってとこで次巻。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/07/08 22:58 ] 森本梢子作品  | TB(0) | CM(0)

「あさひなぐ」15巻感想です

旭が一堂と対戦。
つに一矢報いる時がくるのか!?

って思ったんですけどね(^^;
そう甘くはありませんでしたわ。。

あさひなぐ(15)

あさひなぐ(15)
著者:こざき亜衣
価格:596円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

小学館漫画賞受賞の薙刀青春ストーリー!!
祝!第60回小学館漫画賞一般向け部門受賞!

関東大会東京都予選会、個人戦。
同じ二ツ坂高校でともに切磋琢磨してきた将子を破り、
遂にベスト8へ進出した旭。

強き者しか踏み込めない未知の領域で、
いよいよライバル・國陵高校の寧々と対決することにーー!!

「まだ、もう少し長く、
あなたとここにいたいーー」

コートの上には、二人きり。
誰も邪魔できないその聖域で、
旭と寧々が見る風景とは!?


関東大会予選個人戦・団体戦完全収録、
少女たちの熱が最高潮に達する第15集!!

 

残り1分40秒。
一堂をぎ続ける旭。
「よく持ってる方か」と福留。

が、一本面を入れられてしまいます。
「仕方がない」と思うえり。

しかし、旭は自分でもビックリするようなことを考えていて。
まだ、もう少し長く。あなたとここにいたい。

残り1分ちょっと。

一堂が甘さを見せないのは自分の心が他の人よりも弱いと自覚してる
からなんですね。
だから強くならなくてはいけないと思ってて。

人に頼ってはいけない。
人の優しさに甘えてはいけない。
人に心を預けてはいけない。
自分で立てなくなるから。

だから辛くても我慢して・・・

旭が接近。
旭の顔は楽しそうで。
っと、咄嗟に一堂は旭を自分から引き離すために“突き”を出してしまいます。

一般では認められていても高校生では禁止されてる技。
一堂は反則を取られます。

一堂にとって試合とは厳しく孤独な中での戦いであるのに、嬉しそうに笑みを
浮かべてる旭が本能的かったのではないかと。

旭はビックリしただけで特に動揺する様子もなく。。

福留はどうせなら2回反則して1本くれればいいのにと呟いてw
なんて顧問だよww

旭は1本取り返す気で勝負へ。
時間ぎりぎりの中、お互い攻撃に出て、旭は振り向きざまに面を!
旭の気を抜かない連続技がいいです!!

一堂は薙刀で防御。
攻撃ばかりし続けていた一堂が守らされることに。
これっていことでは??

ま、当然、薙刀で防がれ入らなかったわけですが、薙刀がれるほどって
旭の面の力が相当強かったってこと?

が、攻勢虚しく、結局、勝ったのは一堂。

周りは実力からみても当然の結果だということで旭が一堂を相手に堂々と
試合をした
ことを凄いと褒めます。

旭本人だけが負けたことをしがって・・・。
ってことは旭は勝つつもりでいたってことですよね。

旭は順位決定戦に延長の末、3-0の判定で勝ちます。
負けた高校の部員たちは1年相手に負けるのは絶対におかしいと不満を口に
しますが、対戦した本人だけは自分の負けを自覚。

実は試合中、脛への攻撃が旭の甲に当たり、旭は左足の第四指を負傷してた
んですよね。
攻撃した本人はしまった!っと思ったのに、旭が平然としているものだから
自分の勘違いだったのかと相手は思ってて・・・

ところが、試合が終わってみると床にが・・・。

旭は自分の怪我に気づかないほど集中してたようです。
その集中力だけでも相手は負けたと思ったのでしょうね。

早く治療を済ませて次の試合へ行こうとする旭でしたが、福留は棄権を言い
渡します。
福留の判断で旭は不戦敗により6位。

一応本選へは行けるようですが、福留は後の団体も出るなと。

旭は納得できないと食い下がりますが、「調子に乗るな!」と福留。
「たかが都の予選大会で下位入賞したくらいでなんなのか!?」

旭にとっては入賞は大きなことですが、福留にしたら大した賞でもないし
それで態度がデカクなるとはお笑いってことなのでしょう。
それに無理に出たら怪我を悪化させる可能性もありそうですし。
旭は無茶しそうですから。

試合に出なくなったことで緊張が解けた旭に激痛が。
やっぱり、骨が折れてるんじゃないでしょうかね。
指を負傷したら力が入りませんし、だから福留は棄権させたのでしょう。

団体戦へは旭の代わりに将子が出場。

対戦高は愛知の母が指導する藤ヶ丘。
愛知は自分が出場したいことを何度もほのめかしアピールしてますが・・・
福留は既にオーダーを出してるから変更は無理と。

福留は愛知をどうみているのか気になるところです。

一切負ける気がしないと強気だった先鋒・さくらも次鋒・文乃も引き分け。
中堅・真春は予選個人優勝の実力だけあって2本で勝利。

副将・将子は「自分になくて旭にあるものなどない」と凄い気迫で早々に面で
1本取ります。
そのまま守る気0で攻撃を続けますが・・・
藤ヶ丘の指導者・愛知はそんな将子を「粗い」と評価。

将子は隙を突かれて面を取られ、取り返さなくてはとったところでまた面。
結局、1本とったものの2本負け。

勝敗は1対1ですが本数は3対2で二ツ坂がまだリード。
大将のえりが引き分け以上ならば二ツ坂の勝ち。

ところが、えりは「守りに入る」という悪い癖が・・・
積極性がないと注意される始末。
ずっと打たれないように相手本位の動きになってしまい動きが堅くなって。。
脛に1本。

最悪の状態だと真春。
えりはなんとかしなくてはと焦りますが手は出ないまま試合終了。

藤ヶ丘の勝利。
二ツ坂は関東大会本戦へは進めず。

えりは自分のせいだと謝り、将子は個人戦で成績を残した旭につっかかり・・・
そんな状況に愛知は「バッカみたい」と。

「負けたのは八十村先輩と野上先輩のせいですよ。
見りゃわかるじゃないですか。特に野上先輩」

えりが真春の試合中、居眠りしていたことを指摘し、そんな緊張感のない人が
勝てるわけないとバッサリ。

そんな人が試合に出れて、どうして私がベンチなのか正直納得がいかないし
正当な評価がしてもらえないなら、こんな部にいる意味ない

先輩相手ですが、容赦ありません。

そして、愛知はインハイ予選は団体戦の席をかけ全員での部内戦を要求。

ま、確かに後輩だとはいえ、実力があるのなら試合に出てもいいんじゃないかと
思ってみたり。。

さぁ、どうなるんでしょうね。

部内戦をすることで、旭の実力が真春の次だと判明したりして。。

愛知の実力はどれくらいなのでしょうかね。
旭と対戦しても旭の方が強そうな気がします。
一堂に迫る勢いの旭ですからね。

福留は部内戦をどうするのか?

非常に次巻が気になるところです。

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

週刊少年ジャンプ2015 32号一言感想

表紙&巻頭カラーは連載1周年の「火ノ丸相撲」

相撲のマンガがWJで持つのだろうかと思いましたが、なかなか熱い
スポーツものになってますね。
某レンタル店でも上位にランキングされるようになってます。

では掲載順に一言感想を。

火ノ丸相撲
今、女子相撲も話題ですよね。
全国的はそうでもないのかしらん??
柔道とレスリングどちらも相撲にプラスになるようです。
3つの競技を経験し、最終的に相撲を選ぶってことは一番面白いって
ことなのかしらん。
個人差かな?

暗殺教室
旗を奪うことを考える前に相手の戦力を削いでおくのが鉄則ってことなの
かな?
両チームともほぼ同じように数を減らしてから旗を狙うようで。
そしてついにカルマと渚の一対一の勝負に。
ここからの展開がこのバトルのメインなのね。

ONE PIECE
おお~~なんか大変なことになってるわ!

僕のヒーローアカデミア
デク修行中。
やはりWJでは修行が必須v

NARUTO~外伝~
チョウチョウよかったね!!
パパがシュッとしてたよwwwwww
で、やっぱりあのへその緒はカリンのじゃなかったのね。
WJでそんなややこし展開はないわな。
カリンとサクラは友達になったんだね。
それならよかった。
カリンにもいい人いるのかな・・・。
そしてサラダはサクラのライバルになったようですwww
燃費のいい母娘ww

背筋をピン!と
つっちー式中にピョコピョコは迷惑だよ(^^;
前日に髪をセットするなら寝たら崩れないのかなと思ったらうつぶせて
寝るのか!
それはまた大変だわ(><)

斉木楠雄のΨ難
どうなることやらと思ったけど、やっぱり斉木がいれば心配ないようでw

食戟のソーマ
お客さんはみんながみんな高いお金払って食べようと思ってるわけじゃ
ないし、単価が安い商品をそれなりの店の前で売ろうと思ってもお客は
興味を示さないわな。
単価が安い店で食事をしたいと思ってる人がいるところへいかな。
入口で客全部奪うくらいしたら面白いけどね。
そこから全くお客が中へ入ろうとしなくなるくらいにwww

ハイキュー!!
あれ。
2セット目取ったと思ったらもう3セット目も半ば過ぎてる。

ブラッククローバー
チビユノがかわいすぎる!!!
そしてなんか腐展開にワクワクするwwごめんよwww
アスタの剣は自分は魔法使えなくても人の魔法を合体させて使えるって
ことなのかしらん。
ユノの新技は小さい女の子を飼う???
いや、主従逆転の可能性もw

ワールドトリガー
なんか尖った人出てきた!

To LOVEる ダークネス 出張版
SQは読んでないから随分久しぶり。
相変わらずのことしてるww
絵はやっぱり可愛いなぁ。
ジャンプ+版では無修正なのねwwww

デビリーマン
ダークな感じが出てきていいかも。

ニセコイ
これでまず一人片づくのかな。
みんな好きとかみんな一緒ってのは一夫多妻の国なら円満なのにね。

銀魂
あの時の薬だったのか。
みんな無事に帰れますように。。

こち亀
どういうことなん?

レディ・ジャスティス
すみません、出来る女に見えませんwwww
うさぎ柄のパンツって幼稚園児かwww

カガミガミ
バトルでテコ入れのようで・・・

新たなるホライズン
ホライズンってそういうことだったのかww

BLEACH
おや、まぁ!!!

磯部磯兵衛物語
次号から夏の長編になるんだねw

 

では、今週はこの辺で。

 

 

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2015/07/06 23:33 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

デュラララ!!×2 転 第13話ざっくり感想

うわぁ~~~~~ん 臨也かわいそwww
恨みのある誰がやってきてくれるのかとワクワクして待ってるのに誰も来ず。

ニュースで取り上げられるも、誰も見てないか、見ても興味なしw
波江さんはんでますw

ほとんどの人が自業自得だと思うんじゃないでしょうかね。

臨也は入院生活を退屈に思ってるんだか、楽しんでるんだか(^^;
誰かに構ってもらえなくてさみしいものだから、つい静ちゃんに絡んでみたり
新羅にちょっかい出してみたりしてるとしか思えず。。

日常が非日常の人たちの休日って 確かに何やってるんでしょうね。

臨也は静ちゃんへの仕込みがそろそろ発動するかもって楽しそうです。
今なら静ちゃんをなんとか出来るかもって思わせるように仕向けたようで・・・
そのくせ、何ともないこともわかっていて矛盾したヤツというかww

今回はいろんな人がそれぞれの日常を過ごしてるのをざっくり紹介してるだけ
の感じでしたが、その中にまた伏線とか張られてたのかしらん。

臨也はどうしてナースセンターで電話を借りたのかな?普通は公衆電話だろと
思ってたらちゃんと理由がありましたね。

新羅は臨也の暇つぶしに付き合わされたようです。
ほとんど相手にはしてませんでしたけどww

エゴールくんはいつの間にか森厳の運転手さんになっていたんですね。
罪歌の子になってることもわかるのか。

森厳は矢霧製薬社長に「澱切陣内に近づくな」と忠告。
澱切の危うさは放射能のようなものだと。
知識がなければ危険だと言うことに気づくかずまれていき、気づいた時には
手遅れだと。

ほぉ~~~デュラハンのと罪歌の話を森厳に持ってきたのが澱切陣内だったん
ですね。

どちらも胡散臭いおっさんですww
この矢霧製薬社長も含め。

やっと臨也の病室に訪れてくれる人がきてくれました!
臨也は寂しかったんでしょうかね。

「やっと見つけた」

が、彼女は臨也の想定外の人間だったようで・・・
それが却って彼を楽しくさせているようです。

以前臨也が自殺志願者を呼びだしてた時に集まった子の一人のようですが
臨也は彼女が殺しに来たことを喜んで、初心に返ったことを喜んで・・・

自称人間が好きってことのようですが、相変わらず私にはよくわかりませんw

腹刺されてヤバそうだったのに、ベッドの上ではねてて・・・よほど嬉しかったのか。
ホントに謎が多いですwww

それが臨也なんでしょうね。

そして、新羅とセルティーはどこへ旅行に出かけたんでしょ??
狼男とか吸血鬼とか何それwwwww
だいたい、セルティ自身も普通じゃないですけど。

二人が帰宅してみると青葉が待ち伏せ。
またも不穏な空気

青葉もよくわからんわ。
絶対ややこしいことに巻き込もうとしてることだけはわかりますが。。

デュラララ!!は複雑に人物を絡めてくるから、いきなり1話から展開なんて
さっぱり読めませんわ。

既にいろいろと張り巡らされているのでしょうが私は通常通り翻弄されてますv

では、待て次週!ということで。

 

なんか色っぽい二人です。
主にのあたりがwww

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : デュラララ!!

「とめはねっ!」14巻(完結)感想です

ついに「とめはねっ!」が完結しましたね。

なかなかいい着地だったのではないでしょうか。

これまでの感想はこちら

とめはねっ!(14)

とめはねっ!(14)
著者:河合克敏
価格:596円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 

文化系青春コメディー、ついに完結!!!!

鈴里高校と鵠沼学園の合同夏合宿。
「書の甲子園」に向けての作品作りも終盤に。
皆が次々と書き上げていく中で、
ようやく何を書くか決めたユカリは、合宿最後の夜に徹夜で挑むがーー
一方、望月はこの夏合宿で書き上げた作品を最後に、
書道部を辞めて柔道部に専念することに。
しかし、彼女の本心は......
果たして二度めの「書の甲子園」の結果は如何に!?

ついに縁の作品が出来あがりました。
みんなが着々と素晴らしい作品を書きあげていく中、縁はやっと構想を決めた
ところ。
でも、一気に書き上げてしまいたいということで徹夜で仕上げることに。

どんな詩を持ってくるのかとワクワクしてましたが、これは期待以上でした!

縁の場合はもう、他の部員のようにいい作品を書こうってレベルにいないんじゃ
ないのかなと思ってみたり。

部活動ではなく、書道家として歩み始めてるような感じ?

上手に書こうとか、評価してもらおうとかではなくて、自分の書を書こうとしている
点で。。

みんなが寝ている間、真剣に自分の書に向かいあってる縁の顔はもう書道家
それではないでしょうか。

迷いながら ぶつかりながら 揺れながら 過ごした日々を いとしく思う

縁の書を見た瞬間、鳥肌でした!!
望月だけでなく私も感動!!

縁の書を見て涙したのは単に感動したこともあるけれど、縁が人を感動させる
書を書くようになっていたことが悔しかったからという望月には笑いましたがw

線の細い字を書いていた縁がいつの間にか、こんなに堂々と思いの入った
字を書くようになるとは・・・

詩も素晴らしいけど、作品自体にも感動!

縁だけでなく、部員全員が納得のいく作品を仕上げることができたのもよかった
ですよね!!

望月は書の甲子園の後は柔道に専念しますが、優勝決定戦で勝ったらまた
書道部とのかけもちをさせて欲しいと言い出して・・・

瀬戸際で集中力を発揮し、逆転優勝!
なんと対戦相手は、「帯を・・・」の関係者のようですwww

3年が抜け部員数が少なくなって書道部には廃部の心配があったものの、この
大会後に嬉しい知らせが。
望月の復帰だけでなく、柔道部から希望者がかけもちで書道部へ。

集中力をつけるのにいいとか何とか望月が言ったものだからww
なんか書道部というよりお習字教室になってるような気もww

そして、いよいよ書の甲子園の結果発表・・・。

縁の作品は一条と並んで上から2番目の大賞!!
いです。

他の部員も入賞&入選で鈴校が地区優勝校に!
いやいやみんな頑張りましたv

が、表彰式後の席上揮毫にビックリ
縁は望月と合同で行ったのですが、何でまた??っと思ったら書かれた作品を
見て納得!!

これまた素晴らしいです!!

ただ一本の線を書く

その一本の線を望月が書き上げたんですね。
確かあれだけの迫力ある線は望月じゃないと書けないかも。。

先輩たちが引退した後は縁が部長に。
日野ちゃんは書道で有名な東都文化大に合格。
一番のびっくりなのは三輪が早稲田の政経に受かったということ!!
なんだよそれwwww

そんなに賢かったんかよwwww
進学校だったんだね。

で、加茂ちゃんは看護学校とな。
加茂ちゃん、看護師さん似合いそうだけど、ちょっと怖いww
研修してる加茂ちゃんも危なっかしいんですがwww(^^;

先輩たち卒業後もいい感じで書道部が続いてます。

縁も東都文化大を目指すことになりそうですね。
望月も柔道でスカウトが来ているようで、自覚のないまま縁を追っかける
ことになりそうですww

もう、この先のお話が読めないのは寂しいですよね。
大学編とかもできることなら読みたいのになと。

とはいえ、綺麗なまとめに大満足です!!

決して派手な作品ではなかったですが面白かったです♪

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想