薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
月別アーカイブ  [ 2016年02月 ] 

≪ prev |  2016年02月  | next ≫

ハイキュー!! セカンドシーズン 第21話「壊し屋」ざっくり感想

いや~~試合は面白い!
レシーブの作画がいいから見応えあるわん♪

らっきょくんに上がったトスを無理っこ打った狂犬くん。
しかもOUT。

「危ないから!」って岩ちゃんに叱られてます。
まず、そこねwwうん。

大王さまには基本好きにしていいと言われても返事しないけど岩ちゃんの
言うことにはちゃんと返事する狂犬くんwww

お世話してくれた岩ちゃんは特別ってことで。

なんでここで足並みを乱す狂犬くんを入れるか?って感じだけど、烏野の
成長をめてるから青城としては全てを投入しておきたいんですよね。
例え、今は足並みが乱れるとしても。
それ以上に狂犬くんの存在は烏野をかすってことで。

青城から取りあえず1セット取った烏野はこのまま押して行きたいところ。
ところが、2セット目は狂犬くん大活躍。
3枚ブロックの更に内側を抜く強烈超インナースパイク

ネットに平行の助走じゃないとあんなの打てないし、それなりの助走距離を
取ろうと思ったら体育館の端っこのコートでライト側が空いてるときじゃないと
無理だわね。

試合の時ってコートの横はすぐベンチがあったりするから実はあんまりあの
角度では助走が取れないと思うんだけど広い体育館なら大丈夫なのかな。

まぁ、そんなことはいいとして、いつもあの角度で入ってくるならブロック対処
もしやすいと思うけどそーゆーわけではなくて。
どこからでも攻撃してくる狂犬くん。

速攻にも入ってくるしね。

彼の投入によってリズムが変わる青城。
これまでは青城の安定した攻撃に烏野が付いて行き、烏野が目新しいことを
してリズムを乱す感じだったのに青城の方がにそれを始めたものだから
烏野としては対応が遅れて。。

打つ気満々の狂犬くんは自分が囮に使われることは大嫌いw
自分が打ちたいんだよね。
でも、その攻撃への執着心囮の効力げるし、及川はさらに「その牙を
俺がもっと鋭くしてやる」
と♪

大王様にかかったらどんなスパイカーも上手いこと操られちゃうってことで。

が、狂犬くんは3枚ブロックに付かれてもリバウンドもフェイントもせず真っ向
勝負の強打あるのみwww

超インナーもコースにリスクがある分、毎回成功するわけでもなくて。。
凄い頭の切れる奴かと警戒した飛ちゃんだったけど単に頭がキレてる奴だった
というw

粘り強く大胆に。
おっかなびっくりでは使えない狂犬くんを上手くリードしていく及川くん。
ブロックを超えたら狂犬くんのスパイクはそうそう拾えるものではないってことで。

かといって、決めるのも多いけどミスも多い狂犬くんは諸刃の剣

そこで、ブロックを引き離すためにわざとレシーブを乱れさせたりと及川くんは
小細工を入れて来て・・・。
その上、飛ちゃんの考えそうなこともしっかり読んで。

日向のバックアタックデビューを阻止。
読まれた飛ちゃんはしいわな

で、自ら殺人サーブで追加点。

いやいや大王さま、さすがです。
打ってからコートにボールが落ちるまでが一瞬って感じですね。
これには大地も一歩も動けず、負けられない勝負をお互いにしていることを
再認識。

でも、烏野もこのままってわけじゃなくて菅ちゃんを投入。
サーブで狂犬くんを狙い速攻を封じ、さらにセッターとして入ることで飛ちゃん
攻撃に参加させますv

飛ちゃんが前衛でツッキーが後衛に回るときが一番烏野にとっては攻撃力と
守備力が落ちる時。
これまでは凌ぐだけのローテだったのがこれで攻撃が5枚に!

いきなり飛ちゃんが見事なストレートを決めましたv
スパイカーとしてもやっていけるだけの力があるんですもんね。
原作読んでる時も思ったけど、ここは有効に使わなくちゃ。
飛ちゃんが打つところもっと観たい!!

ところが青城も狂犬くんにガンガンボールを集めて。
とにかく得点を取るために入れてるんだから稼いでもらおうってことで。
サーブも超強烈な狂犬くん。

諸刃の剣と思われた狂犬くんですが、調子を上げるのに時間がかかるスロー
スターターだったんですよね。
だから及川くんもリスクを承知の上で狂犬くんにボールを集めてて。
一旦エンジンがかかればもう、そう簡単には止められないから。

どんどん勢い付いて行く狂犬くん。
2セット目取られるということは、その勢いのまま3セット目が続くということ。
烏野としてはここは狂犬くんを調子付かせたままでセットを落としたくないところ。

が、ここで烏野にも闘志を燃やし強烈にアピールする眼差しが!!

さぁ、山口くん出番だ!!

 


スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

昭和元禄落語心中 第八話までざっくり感想

毎回楽しみにみてる「昭和元禄落語心中」アニメになって最初はちょっと
ジャズの雰囲気がどうかな~って思っていたんですが、見事に融和して
ますね。

当時の雰囲気を匂わせてもらえるのも嬉しいところですが、何といっても
作品の雰囲気がしっかり伝わってくることが嬉しい!!

原作も面白いですけど、アニメだとよりキャラが丁寧に描かれているように
感じます。

やっぱり動きや声が付くとワクワクしますし、音楽や演出で表現が深くなり
これは見応えのある作品になってるのではないでしょうか。

今回、八話で大きく話が動いたというか、菊さんとみよ吉、助六の関係が
これまでよりもさらに絡み合って来て・・・

これからが過去編クライマックス突入ってところですよね。

落語にのめり込んでいく菊さん、助六の落語がずっと聞ける環境は嬉しい
けれどそれじゃダメだと考えていて。

早く真打ちになって落語界に恩返しがしたいと、とにかく落語のことで頭が
いっぱい。

助六だってそう。
ただ、菊さんとは落語に対する考え方が違ってて伝統は菊さんが継げば
いいし、自分は大衆に向けた娯楽としての落語をやっていくと。

どちらも落語を後世に残していくには大事な両輪ってところでしょうね。
助六は大衆に歩み寄っていく落語もなくては今に廃れてしまうと危惧してる
んですよね。
お師匠方はそんな助六の考えを理解しようとはしないんだけど。

ま、助六も素行が悪かったりだから聞いてもらえる努力をしてない点では
仕方ないところはありますけどね。

今回のみよ吉が浴衣で歩く後姿はよかった。
さすがスタッフさまは着物の魅力を分かっていらっしゃる。

みよ吉みたいな女はなかなか幸せにはなれないんでしょうね。
自分に惚れてくれる男では満足できないというか、自分が惚れた男と沿い
遂げたい
って思うのはいいんだけど、つれない男だったり、構ってくれない
男にばかり惚れてしまうようで・・・

菊さんはけっして情が薄いわけじゃなくて、むしろ情が深い方だと思うの
ですが、落語とみよ吉を天秤にかけたら落語の方が勝ってしまうのはどう
にもし難くて。

みよ吉のことも好きで、師匠の言うようなちゃんとしたお嬢さんをお嫁さんに
もらうために距離を置こうとしてるんじゃないんだけど・・・

自分のような人間には結婚は向かないってわかってる菊さんだからなぁ・・・
情に流されるような選択はなしってことで。

対して助六はこれまではみよ吉に特に強い関心はなかったと思うのですが
つれなくされても菊さんへの想いを捨てられずにいる彼女を意識するように。
こちらは完全に情に流されてしまってる風で。

助六にしたら菊さんってのは仲間でありライバルであり親友って感じでも
菊さんにしてみたら助六はれでありライバルであるって複雑な存在。
嫉妬心で苛立つことも多かったけれどあまりにだらしないものだから放って
おけない存在でもあってw

お互いに落語を愛する気持ちではがっているけれど、お互いのために
これから先は寄りかかり合っていてはいけないってことで同居を解消。

好きだけれど一緒にいてはダメになってしまう菊さんの考えはわからない
でもないんだけれど、助六やみよ吉にしたら寂しいでしょうね。

で、ここからは八雲襲名とみよ吉も絡んでくるから、ほんと一筋縄では
いかない関係になっていくんですよね。

この先も目が離せません。
楽しみです。

アニメ化されて原作の再現が凄いってだけじゃなくて、声優さんの演技で
更に上をいってる感じがホントに凄いですよね。
石田さんの八雲というか菊さんには心底、きこまれます。

嫌味な物言いであっても色っぽいし、菊さんの心情とか原作読んでた時
より伝わってくるものがあります。

山ちゃんもさすがだし、ここから先がまた見ものというか楽しみです。

みよ吉の林原さんもいいですよね。
ちょっと重いけど健気で可愛くて・・・
どんどん菊さんに惚れていってどうにもならなくなっていく破滅感も堪らない。

前回の化粧が流れているのも切なかったけど、今回の諦めなくちゃって
思いながらも菊さんの誤解を解こうと必死になるところとか、もう辛くて・・・

OPは最初、原作既読だからみよ吉の気持ちを上手く表現してるな~
さすが林檎さんだわ。。

くらいに思ってましたけど、話が進み、曲を聴けば聴くほど、どれだけみよ吉
を理解すればこの詞が書けるんだろうと戦慄ですわ。。

林原さんが歌うとその表現力にホント鳥肌
そこにみよ吉がいるとしか思えず。

OPの八雲師匠にもドキドキしっぱなしだし映像の演出も好きだなぁっと。

過去編もクライマックスに入っていきますがこのまま一気にせて欲しい
ですね。

大いに期待したいです。

昭和元禄落語心中 一【Blu-ray】 [ 関智一 ]

昭和元禄落語心中 一【Blu-ray】 [ 関智一 ]
価格:6,723円(税込、送料込)


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2016/02/28 03:29 ] お気に入りアニメ | TB(0) | CM(0)

「信長協奏曲」13巻感想です。

ゆるゆる歴史が動いて行く中でサブローの身辺にも動きが。
松永が死に、上杉謙信も死んだとのことで。

そしてついにサブローと光秀の秘密が・・・!?

これまでの感想はこちら

信長協奏曲(13)

信長協奏曲(13)
著者:石井あゆみ
価格:493円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

松永久秀、謀反!!
信貴山城の戦いの形勢は織田軍に傾き、
久秀の命運は尽きようとしていた...
降伏の説得に訪れた森長可に久秀が語った、
今際の際の言葉とは...!?
一方で、織田家中に於いても
旅立つ者あり、
バレる秘密ありと問題続出...!
内外に嵐が吹き荒れる...第13巻!!

初めの頃の歴史とサブローの行動を上手く結びつけた感は薄くなってきて
なんか流れにのってあともう少しで本能寺の変なのかな~なんて感じに
なってきましたね。

天保6年ってことは後4年か。

松永が死んで道三も死んで・・・
サブローはちょっともの思いに沈んでるようで。
思えば随分と長く戦国時代にいるなぁってところですね。

そして、弥助も戦国時代に骨を埋める覚悟をしたいと思うようになり・・・
現代に帰りたいとずっと思っていたのに、それが叶わないかもしれないと
なればそこで生きるしかないですもんね。

サブローも生きた場所の土に還るべきと考えるようになったのか??

もう人生のほとんどは戦国時代で過ごしてることになりますもんね。
それにしてもサブローは今いくつなんだ??

戦国時代に来たときは高校生だったけど、もういいおじさんんだよね?
ま、でも見た目若い方がいいけどwww

ちょっとお疲れ気味のサブローに代わり本物信長の光秀が“信長”として
新年のあいさつを受けることに。

でも、いつもの様子と違うものだから蘭丸は不審がって・・・

それに竹中半平太も以前から光秀が頭巾を取らないことから信長と
そっくりの顔をしているのではないかと考えていたことから探りを入れて
きて・・・

光秀はすっかり引っ掛かってしまったというか、自ら信長と入れ替わって
いることを白状してしまったような・・・(^^;

とはいえ、戦国時代のことだから顔が似ているというのは影武者として
大いに役立つわけで。
そのために光秀は普段から顔を隠しているのだということで一応は納得
してくれたみたいです。

が、今回はそれだけじゃなくて、ついでみたいな感じで蘭丸とおゆきにも
二人がそっくりであり、時々入れ替わっていることを教えることに。

蘭丸はいつか光秀が信長そっくりの顔を利用して信長に成り変わることを
企てているのではと警戒していますが、光秀は自分は信長の影武者
あり、その忠誠心は命を張るもので誰も負けないと蘭丸を挑発

光秀は蘭丸の疑念の眼を対抗心へと変えることで見事にそらしてしまい
ました。
さすがの頭脳。
そして蘭丸チョロいwww

おゆきちゃんの方はサブロー自身にれてますからね。
光秀が本物であり、サブローが偽物であるということまで知っていても
サブローに不利になるようなことをするとは思えず。
そのままにしていても特に問題はないでしょう。

それに上杉謙信死去の知らせが入って・・・

これでおゆきちゃんは謙信への忠誠も必要なくなり完全に織田側ですね。

さて、あと4年で本能寺の変になるわけですが・・・
そこでまた二人は入れ替わることになりそうな。
最期くらいは本物の信長である光秀が自分の人生の責任を取るって形で
サブローを逃がす気がするのですが・・・。

でも、ここまできたらサブローは戦国時代に骨を埋めて欲しい気もします。
ちゃんと元に帰れたらいいですけど、そうでないなら戻るのも不幸のような・・・

絶対に夢オチとかはこれまでの話が落ちてしまうようでもったいないから
勘弁して欲しいです。。

さぁ続きも楽しみにしたいと思います。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

うたわれるもの 偽りの仮面 20話「武人」ざっくり感想

帝は三軍ではトゥスクルを侮っていたかって言ってたけど、う~~ん・・・
役立たずがいるからなぁ(^^;
あれが軍として機能すると考えていたなら侮り過ぎだわさww

ムネチカが苦戦してる理由のひとつが仮面の力が使えないこと。
トゥスクルはちゃんと対策をとってきてるようで。

うん、それだと後は単純に戦術とか兵力の差で優劣が決まるよね。

ムネチカは早く戦況をなんとかしないとヴライが動いてしまうってことで焦って
いるようです。

彼が来たら無差別ですもんね(><)
ムネチカも非戦闘員まで巻き込むやり方には否定的なようで。

でも、仮面の力が使えないのではあの怪物にもなれないと思うのだけど、もっと
遠くの封印の力が及ばないところから無差別攻撃するってことなのかな??

ハクは取りあえず食糧庫を襲うことを考えますが、パパっと出来ると思ったら
砦にも術者がいて結界を張っているからウルサラちゃんらは何もできないって
ことで残念(^^;

で、ハクが思いついたのはクオンを人質ってことで正面から砦に入ること。

ハクは兵士たちにクオンがトゥスクルの人間だと信じてもらえなければこの
作戦は使えないって心配してましたがクオンは有名人だったようで、兵士たち
はクオンをみて顔色変えてます。

これは・・・・ってわかるよね。

食糧庫まで辿りつくと、そこにいたのはクロウさん!!!

なんか貫録を増したような・・・

クロウさんは強すぎて、ヤクトワルトもアトゥイも相手にならず。
クオンはクロウから小さい頃、直接武術を習っていたようですね。。
うん、ハクオロさんの忘れ形見ってことだね。
そうだと思ってた。

クオンはハクを庇ってますが、やっぱりクオンは最初からハクに何か感じて
るってことなのかな。

ムネチカの方は最強のベナウィを相手にしていて・・・
彼はムネチカの戦い方から別部隊が砦に向かっていると感じ取ったようで・・・
凄い。

それでも普通に相手してるってことは砦がそう簡単に落とされるはずがない
って信頼してるからでしょうね。
むしろムネチカの軍の兵力をぐいい機会だと思ってるのかも。

クオンが気を引いてる隙にハクが徐々に食糧庫に近づいてますがバレてるw
うん、そりゃ無理があるわwwww

クロウに追い込まれてハクは咄嗟に鉄扇で白刃取り。
え~~~そんなことできるならもっと早くに使って身を守ればよかったのに。

それにしてもあんなに非力だったハクがバカ力をよく受けることができたよなと
感心。

クロウは懐かしの鉄扇を見て・・・
まさかハクが持ってるとは思わないよね。
クオンがハクに渡したってわかったんだろうから、ハクがタダならぬ者だろう
ってことは感じたのかな。

隙をついてハクは食糧庫を飛び出し爆薬を投げ込み・・・

あ~~~~!!!クロウさん・・・・
って思ったけど頑丈でした。

砦から煙が上がったことでベナウィは砦に向かおうとしますが、ムネチカは
そこを逃さず一斉攻撃を!

ついにベナウィとムネチカが一騎打ち。
おお~~~どっちがいんだろう。

でも、やっぱりムネチカの方が分が悪そうだよね。

クロウさんが食糧庫から無事に出てきたことでハクたちは絶体絶命!
まさかそんなに丈夫だとは思わないよね。
クオンはクロウが死んでしまったかもしれないことに対しては何も思わなかった
のかな・・・

クオンにはあれくらいでクロウがやられるわけはないって確信があったのかも。
しっかし、ここはマジヤバい・・・

ってところでしたが、結界が解けたためにウルサラちゃんが来てくれました~!

よかった、よかった。
危機一髪で空間移動

クロウはハクに今回の策の考案者はお前かとそして名を尋ねます。

「ハクだ」

その名と鉄扇から「なるほど」と言ってますが・・・
何がなるほどなんだろ???

クオンが認めた男ってことで納得したってことかなのか?
クオンもドヤ顔してますし・・・
う~~ん、気になる。

ムネチカたちの一騎打ちはベナウィの方がかな~~~りいようで。
ベナウィは全然余裕なのにムネチカはボロってる。

っとここで、ヤマトに撤退の合図が。
ベナウィも決着は後日ってことであっさり背を向けました。

背後からかかってくるような卑怯者じゃないと認めてるしそれくらいのことで
やられるつもりはないって自信の表れでしょうね。

Cパートでは撤退の訳が。
なんと帝が崩御って!?

え~~~~なんで????
あのウォシスさんが何気にしいんですけど?

そろそろだろうと自分でも思ってたようだけど、それにしても突然過ぎる。
帝が死ねばトゥスクルと戦う理由がなくなりますよね?
まさか、早期解決の最終手段ってことじゃないですよね??

これは次回が気になります!!
予告では帝、お元気そうなんだけど・・・??

やっぱ作戦なのかな。
で、作戦のつもりが本当になっちゃったとか??

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「神様のバレー」9巻読みました♪

相変わらず面白いです!!
すぐに続きが読みたくなる!!

いよいよ全中予選が始まり、これからが阿月の計画が徐々に明かされて
いくわけですね。
選抜大会で歩木浜に負けたのもちゃんと意図があってのことですよね。

これまでの感想はこちら

神様のバレー(9)

神様のバレー(9)
著者:西崎泰正
価格:637円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

もちろん、試合自体も面白いのだけど、そこに至るトーナメント表作成への
布石が面白い。
やっぱりそういうことだったかと。

競技を攻略するというよりも対処方法や大会の形式を攻略するやり方

実に痛快というか、こういうのきwww

実際にはなかなかこんなに上手くはいかないでしょうし、スポーツをする人
もしくは指導者はこんな姑息な手段を使うってのは敬遠しがちでしょうが、
私はこれもまた試合の一部ではないかと思いますv

自分たちにとって有利に試合運びが出来るよう状況を整えるのは賢くなけ
れば出来ないことですからね。
これも戦術ですよね~

地区予選、第一試合はスタメンは新2年生中心でレギュラーはベンチ。
普通は経験を積ませるつもりなのかとか思うけど阿月が来年のことまで
考えてるとは思えなくて・・・

絶対何か企んでると思ったら西浦のブロードを完成させておく、見せておく
ってことだったようで。
試合で出来るかまではさすがに分からなかったとは思いますけどね。

そして、今回も阿月はゲスかったwwwww
うん、うん、彼が純粋に真剣な“応援”なんてするわけがないwww

彼の行動には絶対にがあっていつも何かを企てているわけでwwww

二子石戦では滝川はセッター。
ずっと滝川との対戦を心待ちにしていた二子石・井川は滝川がセッターでは
勝負が出来ずイライラ。

そこで、井川は滝川にファーストタッチさせることでトスを封じ、セッター対角
の西浦にトスさせるよう仕向けて来て。。

これが二子石にとって思い通りの展開に(^^;

阿月は西浦をスーパーエースにすべく計画してたのにブロードを覚えるという
暴挙に出たため全うなスーパーエースとしての仕事を覚えさせることができず。

かといってセッター対角ができるかといえば全く無理でwwww
なんだよぉ~~トスが上げられないどころかオーバーが上げられないってwww

井川の作戦によって幸大学園はトスがまともに上がらず・・・。
二子石は幸大の得意な“嫌がらせバレ―”をし返すことができて上機嫌。
とはいえ、そんな程度では幸大は崩れず。

「それぞれが得意なことを活かせ」と鷲野に指示されたことで、西浦ではなく
福井がトスを上げることに。
元々福井はセッターだったんですから、何の問題もないというか、全然困らない
というか・・・。

相手は滝川を狙ってスパイクを打ってくるから守備も楽。

が、滝川が前衛に来ても一本目を滝川に取らせるという井川の作戦は続き
これで二戸石がチーム全体で井川と滝川との直接対決を引き出そうとしている
ことが判明。

幸大は福井がトスをあげる変則シフトを続行すれば有利なのに、ここは敢えて
二子石の要求を飲むことに。
阿月は作戦を変更
福井をセッターに戻し、滝川に打たせることにします。

二子石がリスクを全て承知した上で策を取って来たことに対し、その覚悟
応えないのは滝川の“男”が廃ると考えた福井によるものだってことですが・・・

鷲野は突然の作戦変更に戸惑い。
阿月がメリットを簡単に手放すということはそれよりもさらに大きな“企み”
ある時だけ
だとわかっているのでこれは何かあるぞっと勘ぐってるわけですね。

でも、阿月は「これが滝川と井川の最後の対決になるかもしれないのだ」
まるでい指導者のような言葉を吐いて。

それでも信用できない鷲野。
分かる、分かるwww

ところが、阿月は鷲野の疑いの目を完全スルーでガンガン応援を始めて・・・
椅子から立ち上がって大声をあげる熱い声援を送る姿についに鷲野も「これは
嘘偽りではなく真剣に応援しているのだ」と感動。

滝川と井川も気合の入った本気の勝負を繰り広げ・・・
1セット目は幸大の勝利。

二子石コーチ陣は2セット目も全力を出して最高のライバルにぶつかってこい
チームをコートに送りだします。
こちらは本物の熱血コーチ陣だよ。。

そして阿月もしく選手を褒めてみたり、2セット目も限定的に前のポジションに
戻すから必ず2-0のストレートで勝って来いと熱い指示を。

「それができずにフルセットになったときはセッターを滝川に戻し変則シフトで
叩きのめすが、“そんな決着の付け方はお互いに嫌だろ?”

いつもは「嫌がらせと騙しで二度と対戦したくないと思わせろ!」と教えてきた
けれど、この試合だけは例外で「もう一度戦いたいと相手に思わせる試合を
してこい」と。

選手はみんな阿月の言葉に感動し、テンションMAXでコートへ。

結果は27-25で幸大の勝ち。
お互い力をぶつけ合ったいい試合を展開してたようですね。

試合後、井川は「これで因縁も終わりにしようと思っていたけれど、もう一度
お前たちと戦いたい。県大会決勝で続きをやろう」と声を掛けてきます。

キラキラした表情で再試合を誓う清々しい高校生たち・・・

が、これはすべて阿月のい通りwwww
いやいやいや 見事なまでの阿月の策略。

阿月はこの2チームが県大会決勝でもう一度戦えるなんて全く思ってなくて、
二子石は歩木浜に1-2けると断言。

実は普通にあのシフトを続けて簡単に二子石に勝ってしまっていたら県大会
では二子石はそれなりに善戦するものの歩木浜に0-2で負けるハズだった
ようで・・・

これは今の歩木浜と二子石との実力から予想される当然の結果のようで。

でも、さっきの試合で「もう一度滝川とやりたい、決勝に上がりたい」と思わせ
モチベーションを上げさせたことで二子石は歩木浜を1セット分疲弊させる
になると阿月は考えたんですね。

「二子石と薬丸がフルセットで弱らせた歩木浜を美味しくいただいて優勝する
と阿月は高笑い。

いや~~~抜け目ないというか・・・
状況を上手く使ってより盤石な未来図に上書きしてしまうつもりだったとはw

鷲尾は散々阿月に騙されてきたから今度は絶対に騙されないぞと警戒してた
のに、また騙されてしまったようでw

やっぱり簡単に警戒を解いてはいけないってことでw

そして後日、県大会のトーナメント表が発表され阿月の思惑通りの構図に。
でも、阿月のいところはこれだけではなくて・・・

阿月は県大会を前に選手らに宿題と称しある問題を解かせます。

問題の意図を理解した福井は阿月の恐ろしさに驚愕

私なんてさっぱり意味がわからなかったわwww
点Pがボールを指していることすらわからずwww

進学校の彼らにとって問題を解くことは簡単だったようだけど、それによって
阿川の怖さをより実感するとはね。

問題の答えは相手チームが使うコンビをそのままコピーして、それを全ローテで
使えるラインナップを自分たちで全試合考えろ
ってことだったようで。

得意技というのは過去に自分たちがやられ失点が多かったかられ、それが
使えたら強力な武器になる
と考えて身につけたものである可能性が高いと福井。

ということはそのチームが得意とするコンビ攻撃は逆にやられたら今でも苦手
可能性も高く・・・

「得意技で葬る」ってだけでも残酷なのにそれが最大限“理に適ってる”ことで
阿月の嫌がらせはホントに恐ろしいと感じる倉木でしたが、福井はさらに
そのを提示。

自分たちが相手がどんなコンビを使って来ても再現可能であるってことは
新人戦の頃からずっと全てのクイック、それに絡めたコンビ練習をしてきた
からであって、つまりは阿月はその当時から夏の大会でこうなるよう仕組ん
できた
ということ・・・

福井の指摘により、周りも自分たちも阿月の描いた筋書き通りに動いている
だけではないのかと阿月のさに更にビビる幸大のメンバー。

いや~~~~確かにこれは凄い!!
まさに神!!痛快ですわ。

次の県大会で阿月の布石が回収されるのが楽しみです!!

でも、阿月が見てるのはもっとだから。
県大会は少しでも楽して勝って本命の全国大会に繋げるつもりでしょう。

阿月は神様なんだか死神なんだかわかりませんが、次巻も期待大です!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

週刊少年ジャンプ2016 12号一言感想

ついに「暗殺教室」にカウントダウンが始まってしまいましたね(><)
でも、この作品は最初から卒業までの1年と言う期限付きで始まって、
ちゃんとその枠内で話を終わらせると言う潔さは評価したいと思います。

限られた期限の中でこれだけのドラマを生み出すのって凄く大変な作業だと
思うのですよね。
ダラダラと引き延ばされ本筋がどこかへ行ってしまわないうちに着地する作品
になって本当によかった。

ジャンプの人気作品の中では短めで終了することになりそうですが、濃縮された
面白さは多くの人が認めるところだと思われます。

では、今週も掲載順に一言感想を。

表紙&巻頭カラーは「暗殺教室」

暗殺教室
本当に殺せんせーはいなくなってしまうのかな???
なんとか助ける方法はないのかな。
暗殺で〆ることになるのかな・・・それは辛いな(><)
殺せんせーの意思は28人の中に生き続けるってことになるのかな・・・
そして殺せんせーに跨る渚くんの構図に激萌え。

僕のヒーローアカデミア
「助ける行為にはリスクが伴う」ってのと「助けることは欲張りでいい」って
カッコいいなぁ。
鉄哲もすごいやぁ~~!!

食戟のソーマ
掲載順位上がっててよかった。
アリスの十八番で勝負してくるってのか。
これはちょっと見物だわ。

鬼滅の刃
小さくなったところの表現がわかりにくいなぁ。
禰豆子が困り眉でめちゃくちゃ強いのは気に入ったけどパンツとかは穿いて
ないんだよね(^^;
で、お兄ちゃんの方の顔の傷はやっぱりない方がいいような・・・。

斉木楠雄のΨ難
ん?こちらも順位が上がってるwww
普通に憧れる普通じゃない斉木wwww
聴いてる音楽以外はうちの子供らと好みややってること同じで笑うww

火ノ丸相撲
なるほど、オーバーワークだと力がでないってことね。
ま、あのじいさんの狙いはそれだけじゃないんだろうけど。
ぜひとも火ノ丸に勝って欲しいけど、さてどうなるかな。

ハイキュー!!
扉絵のニャンコが可愛い♪
音駒の地味な粘り好きだな。
じわじわ追い込んでいく感じがwww
で、木兎・・・そんなレベルで全国行けるのか・・・?

ワールドトリガー
未来が変わったかどうか気になるところです。

ゆらぎ荘の幽奈さん
ちょっとラストのは無理があり過ぎるよね(^^;

ブラック・クローバー
鏡は光を反射するけど、広範囲の光を一気に反射させるデカイ鏡がなければ
全ての光を反射させるのは無理なのでは????

背すじをピン!と
必殺技ってのは人目を引く振付をするってことですかね?
ひらりんのリーダーには八巻か~~
それはビックリ、思いつかなかったわというか、なんかそういうの有って知らな
かったわ。
やりにくそうだけど問題ないのかな~~

左門くんはサモナー
左門くんが静かにしてれば平和なのにねw

ものの歩
なんだかよくわからないけど信歩が逆転してるってことのようで。
将棋ってルールしかしらないからなぁ(^^;

こち亀
カラスで活躍するのかと思ったらそうではなかったwww

ニセコイ
鶫は普通に歩けるのに負ぶってもらってたのかな?
ま、いいけど。
鶫もこれにて決着。

銀魂
神楽ちゃんが可愛くてカッコいい。
ただの家族に戻れるといいんだけど・・・。

トリコ
やっぱりキモい・・・です・・・読めない(><)

BLEACH
猫ちゃんのままの方が可愛いかも~

磯部磯兵衛物語
吉原のお姉さんが他は中島が売った本くらいであれくらい集まるっての?
そして大門を出られる?
大門自体ないのかwwwwどうなってんだろww

 

では、今週はこの辺で。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

ハイキュー!! セカンドシーズン 第20話「払拭」ざっくり感想

さぁ、因縁の青葉城西との試合ですv

転がったボールを巡って闘争心むき出しとなる大王さまと飛ちゃん
実力十分なのにホント子供っぽくて可愛い二人だよwwww

青城メンバーのちょっかいから仁花ちゃんを守る潔子さんを守る田中ww
ちゃんと公式練習しろよ、お互いにwww

いよいよ試合開始。
ちょっとビビってるっぽい表情の飛ちゃんに「この試合、勝つのは俺たちだ」
日向のもしい一言。

油断すれば喰われるからってことで初っ端から飛ばす宣言をする及川。
烏野の実力をちゃんと認めてるってことで。

「信じてるぞキャプテン!」
おお~~~チームメイトからの信頼厚いね♪ってところなのに、みんなが
信じてるのは大王さまのサーブwww

大王さまの大砲のようなサーブで始まり、流れを持っていかれないように
したいところで旭がサーブをカット。
ホント腕折れそうだよね(^^;

飛ちゃんがトスを上げられなくともリベロ西谷が上げ、旭のバックアタックが
決まり新生烏野お披露目v

いいよ、いいよ♪
飛ちゃんのサーブはいいところを狙うもアウト。
でも、すぐに田中が決めて烏野は青城と互角にやり合って・・・。

やっぱり試合はいいですね~~
ワクワクします♪

前回、日向の速攻がドシャットを喰らって負けたものだから、早く日向に
一本決めて欲しいと願う保護者席。

地味だし、一人テンション上がってないけどツッキーがブロックとフォローで
いい仕事してます!!

力が入り過ぎて一本目の速攻はブロックにまる日向。
すかさず飛ちゃん日向をり上げてwww
落ち着かせるつもりのようですが、飛ちゃんも力入ってるww

もう1回!
みんなが待ち望んだところで日向の速攻が決まりますv
今度は冷静にブロックをかわしました!
一枚だもの、ここは頑張らねば。

これでスタートライン。

日向が決めたことで前回の敗北感を完全に払拭しましたね。
ここからは新生烏野を出していくだけ。

青城の方は「焦らずじっくり攻撃していこう」と大王さま。

ギャラリーは烏野の躍進に興味津々。

日向の攻撃に対してはまたもレシーブだけの対応を取る青城。
ノ―ブロックの日向はコースをって決めますv
まぐれではなく日向が打ち分けできるようになったと判断した青城はすぐに
日向のブロードにはコースを絞らせるブロックで対応。

でも、男子は足の長いの短いのあるからコース入ったからといって簡単に
上げられるもんでもないけどね。
やっぱりレシーブ力ないと。

またも大王さまにサーブが回ってきて、また1段と威力を増した殺人サーブが
烏野をいます(><)
なんか横から打ってるみたいでびっくりな上にボールが潰れててまたビックリw

が、この超殺人サーブはアウト。

西谷も旭も動けず・・・って感じでしたが西谷はこれを上げたいと闘志燃やして
おりますv
リベロの血が騒ぐようで。。

烏野ラッキーで先にセットポイント。
烏野サーブは飛ちゃん。
「6人で強い方が強い」

さっきの大王さまのサーブを見て飛ちゃんも力が入るも冷静に。
いいサーブが入ったけど上げられて青城の攻撃が決まり24-23。

「恐れている暇はない、勝負に出なくてはね。」
ここで青城監督が動きました。

狂犬くんこと京谷の投入。
ここでですか!?っと驚きを隠せない大王さま。
だよね。。

早速、金田一に上げられたトスをうようにして打つ狂犬くん。
決まったからいいようなものの、青城は見事に噛み合っていた歯車を自ら
狂わせてきて・・・

武ちゃんは途端、得体の知れないものになったと感じます。
なかなか敏感ww

烏野は安定感抜群だった青城が「何をしでかすかわからない青城」となったこと
で狂犬くんに注目せざるを得なくなるわけですが・・・

青城先輩たちも同様に味方をも翻弄する狂犬くん対応を迫られるわけでwww
狂犬くんの投入はと出るかと出るか・・・

面白くなってきましたね。

ここからが長いのですわwwww


 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「DAYS」15巻ざっくり感想です

聖蹟の初戦は神奈川の由比ヶ浜。
風間くんとは因縁があるってことでしたが・・・

恩人に対しどんな不義理を風間くんがしたんだろうと思っていたら、これは
仕方ないんじゃないのって状況でしたね。

風間くんが・・・ってより風間くんの才能を妬んだ者たちに非があるのでは。

14巻のざっくり感想はこちら

DAYS(15)

DAYS(15)
著者:安田剛士
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

全国高校サッカー選手権、初戦。
聖蹟vs.由比ヶ浜。
開始早々、聖蹟が猛攻を仕掛けるが、由比ヶ浜も統制のとれた
守備でゴールを割らせない。
そんな中、聖蹟にFKのチャンスが。
キッカーは風間。
立ちはだかるのは過去の因縁。
今、すべての悔いに決着を──。

今回は風間くんの活躍がたくさんあってよかった~!
また怪我でもしたらどうしようって思いましたが、さすがに全国大会で風間くん
抜きってのはね。。

由比ヶ浜の松本はしきりに風間くんと勝負をしたがってますが、彼は試合の
途中で帰ってしまった風間くんが許せなかったようで。。
って、試合中、風間くんに全くボールを回さないチームってどうよ?

確かに試合の途中で勝手に帰っていく行動は褒められたものじゃないけど
そうさせたのは誰よ?って話で。

中学生なんだから監督の指導力もどうかと思うし、仲間の嫉妬ってのもね。。
飛び抜けた才能のある子が同じチームにいるならむしろラッキーなのにね。
言い方悪いけどその子に乗っかって、その子が活躍できるようにしていけば
チームとして強くなっていけるところを自分たちで潰したってことでしょ?

勝ち上がっていくのに上手く利用すればいいのに、そういうチームカラーでは
なかったようで。

確かにすご~~~~く頑張ってきたのにそれでも才能のある子には勝てない
ってのは腹立つ話だとは思いますけどね。

でも、それなら風間くんだけが負い目を感じることじゃないわな。

現に聖蹟では風間くんを活かせてるんだし、伸び伸びとプレイも出来てるし
才能あるプレイヤーを受け入れるチームの器の違いだったってことだわね。

風間くんとしても今では自分の行動が無責任であったことを悪かったと反省
してて・・・。
あの時託されたもの全てを置き去りにして逃げたことや背負えなかったもの
も、今の聖蹟でなら果たせると感じてるようです。

その姿を見せつけるかのように勝負を挑んでくる松本に対し、仲間へパスを
回していく風間くん。
「サッカーはひとりでやるもんじゃねえよ」って松本を抜くとこいいですね。

由比ヶ浜は谷口が主将をすることで特別な存在を作らずみんなが規律を
守り、鎖のように強固な団結
をみせるチーム。

強烈な個性の集まりの聖蹟は絶え間なく次々に攻撃を仕掛けて由比ヶ浜に
揺さぶりを掛けて行きます。

そして、熱くなった松本は風間くんを止めるのにファウル。
イエローカードでましたね。

FKはいつもなら君下が蹴るところなのに風間くんが蹴りたいと言い出し・・・
やんちゃな後輩にムカつきながらも認めてるから代わってあげる君下が
お兄ちゃんwww

ギャラリーはこんな大事な場面で1年に蹴らすってことに驚きを隠せず。
しかも壁は180台が3人。

風間くんは谷口に見せたかったんでしょうね。
中学の時は最後の絶好のFKを決められなかったし、谷口の期待も背負う
ことはできなかったけれど、今の自分なら、ここでならそれが出来るという
ことを。

風間くんの蹴ったボールは完璧な軌道を通り直接ゴールへ。
お~~~~~しゅごい!!! O(≧∇≦)O

ハーフタイムで松本はチームから説教をくらい自分一人で熱くなっていた
ことを反省。
由比ヶ浜も立て直してきます。

が、後半、聖蹟はつくしを投入!
より攻撃的な布陣に。

とはいえ、つくしはミスってばかりでどん引きされてますがwww

そうそう風間くんの妹・・・地味な顔してますね(^^;
これでは兄を嫌っても仕方ないかもw

兄ちゃん、イケメンってより別嬪って感じだもんねwww

妹ちゃんはなぜ、1点リードしてる聖蹟が全く上手とは思えないつくしを入れる
リスクを冒してまで攻める戦法に出たのか疑問を持ちます。

だよね~~
普通はそのままで十分なはず。

その理由はカウンターを狙ってる由比ヶ浜に対し、一番効果のある方法で
封じるため

こぼれ球を奪いカウンターへ繋げようとしてる由比ヶ浜に対し、こぼれ球を
拾うことだけは長けている
つくしを入れることで由比ヶ浜にボールを渡さない
ってことのようで。

後半のシステムは風間くんを活かすためかと思われたけど、実は最大の
カウンター対策
だったんですね。

つくしが入ったことで一気に聖蹟は勢い付き追加点を連発。

4対0で聖蹟の圧勝
これにはさすがに松本も風間くんを認めざるを得ず。

風間くんは終始活躍するし、昔の確執も解消されて良かった、良かった!

さぁ次は全国屈指のプレイヤーを揃える一星学園ってことですが。
聖蹟も超攻撃的布陣で迎え撃つってことのようです。

次回も楽しみですね~~
今回は風間くんが目立ってましたが、次回は上級生が活躍しそう。
楽しみにしたいと思います♪

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2016/02/20 02:13 ] Free! ・DAYS | TB(0) | CM(0)

黒執事 Gファンタジー3月号「その執事、独行」感想 

アニメ情報が出ましたね!
やはり豪華客船編でしたv
来春、劇場公開のようです。

うちの近くには上演劇場はないだろうから、また大阪になるのかな~
せめて京都くらいだと嬉しいのだけれど。

ともあれ、豪華客船編にはリジーやら葬儀屋さんやら死神のみなさんと・・・
見所が山ほどありますので楽しみに待ちたいと思います。

先月号の感想はこちら

 

扉絵はS4のみなさんがオレンジ食べてます。
一人絞ってジュースにしてますがww
これって本編に関係あることなのかしら??
お土産もオレンジジュースぽいし、オレンジに何かある???

歌でホールの人気はうなぎ上りってことですが・・・
坊っちゃんは行列を横目に女王にホールについての中間報告。

女王の方でも貴族院、警視庁、軍部のお偉方の中で集会にどっぷりハマって
いる者たちを把握してるようです。

それはかなりの数に上っていて・・・。

女王は悪いことをしてるわけではないけれど、彼らはなんだか怖いと。
人が集まれば何だってできる、戦争でも・・・

って一番いのはアンタだよ・・・

引き続き坊っちゃんは限定集会について調査。
ブレスレット所持者のみが参加でき、その種類によって曜日別で行われて
いるのだとか・・・。

セバさんはまた娼婦とかお姉ちゃん系から情報を入手してきたんですかねw

明日は金曜日ってことでシリウスの集会に坊っちゃんが単独で潜入。
顔とかはセバさんが変装することは可能のようですが、坊っちゃんサイズに
なることは無理ってことなのかな?

坊っちゃんいかにも危険に巻き込まれそうなんですが、むしろセバさんはそれを
楽しみにしてるようで(^^;

翌日坊っちゃんがホールへ行くとシリウスのブレスレットを見つけた店員が別の
場所へと誘導。
そこはリジーもいたところですね。

着替えをするように言われ坊っちゃんが身につけたのは・・・
なんだ?ギリシャ時代に出てくるような片方の肩を出して着るお衣装?

キトンっていうのかな?
脇と肋骨が・・・危険な香り。。
それに編み上げ式のサンダル??

これ坊っちゃんが一人で着替えたんでしょうか??
リボン結びも出来るんだ!
そして何より、編み上げwww易度高いぞwwww

坊っちゃん、随分と器用になられたものです。

おおいぬ座の扉を案内され中に入ってみると、すでに数名がリクライニング
の椅子に座っていて。
みんなリラックスしてるようです。

大きなお胸を大きく露出させたお姉さんが室の高い料理を運んできてくれ
ました。
もちろん、坊っちゃんは警戒して食べないでしょうけど。

ここで「お待たせしました」ってことでS4が登場。
こちらもギリシャか、ローマ時代の服装って感じ。
銀河浴スターライトシャワー」ってのを始めるようです。

大きな丸い天井には満天の星が写されて・・・
プラネタリウムみたいです。

またも歌い出すS4のみなさま。
っと、ヴァイオレットが坊っちゃんに気づいたようです。

随分とキラキラしていて安心したと言う坊っちゃんに対し、ヴァイオレットは
やや曇った表情で「そうでもないよ」と・・・

うん、明らかに楽しくてしょうがないって様子ではないですよね。
胡散臭いことこの上なしw

そして音楽とりによって坊っちゃん眠りに落ちてしまったようです。
外で猫ちゃんと戯れて待機してたセバさんは坊っちゃんの気配が希薄に
なったことに気づいたようですが、気絶してるわけではないからいいかって・・・

いいのかそれでwwww
ばれるまで様子をみるつもりのようです。

猫ちゃんに頬を引っ掻かれるセバさんww
そこへ久しぶりにアバーライン警部登場www
生の舞台ではよく見かけてるから久しぶりって感じではないのだけれどww

警部に顔を向けたセバさんにはもう引っかき傷はなくて・・・
さすが悪魔さまは瞬時修復できるようです。
って、これ、もしかして日常的に実は引っ掻かれてたりする????

セバさんに「何か事件でも?」っと訊かれた警部は、もしや女王の番犬に力を
借りれば早期解決になるかもと考えこっそり情報を漏洩ww

「実は最近少し不思議な死体があがっていて・・・外傷もなく綺麗過ぎて死斑も
ほとんど見られず、遺体の身元には共通点がない」

その頃、眠る坊っちゃんの前にリジーが・・・!
っておや???
坊っちゃん眼帯取ってる。。

っていうか、床の意匠が違うし、なんか部屋が違う???

んんんん???
これは果たして坊っちゃんなのか????

リジーは「私じゃ貴方を救えない」と坊っちゃんを前に涙してるようですが・・・
なんか悔し泣きのような???

これは坊っちゃんなのでしょうか?
なんか眼帯してないし、本物シエルの方???

だとしたら、リジーは眼の前にいるのが本物だとわかって“シエル”と呼びかけ
てるんでしょうか?

それとも何者かによって坊っちゃんが連れ去られてきたのだと思ってて、いつも
のように「シエル」と呼んでいるんでいょうか?

いずれにせよ、シエルの身にただならぬことが起きていると知らされている
ようです。
これも坊っちゃんたちに関する本当のことを教えられているのか、それとも別の
何かを吹きこまれているのか???

前にあった葬儀屋さんのシーンといい、謎めいてます。。

ヴァイオレットに声を掛けられ、坊っちゃんは自分が寝てしまっていたことに
気づき慌てます。
他の人らは「ここに来ると身体が軽くなる」とのんきなことを言って満足してる
ようですが・・・

アヘンには鎮痛剤としての使用だけでなく、睡眠剤としても使われていたよう
ですからこの時代だとアヘンが一番しいかなと。

特に何もせずとも中毒にさせてしまえば、上手く操れるってことですかね。
要人なんかは利用価値が高そうですし。
逆に廃人にしてしまうのも国家の一大事に役立ちませんから相手にとっては
好都合。

ヴァイオレットは坊っちゃんに痩せすぎだからもっと食べた方がいいとお土産を
たくさん持たせてくれましたねwww
親切心からだと思いますが、この中にもアヘンが含まれていたりして・・・。

お屋敷に戻ってから調べたらすぐにわかりそうです。

一方、セバさんは何やら怪しい森の中へ。
臭いのする方を辿っていき、ココってところで掘り返してみると・・・
アンタは犬かいww

すると複数の死体がざくざく。

白骨化したものから、まだ腐敗してないものまで・・・
それにしても素手で随分と広範囲を掘り返したものです。
手袋してる方が爪に土が入らなくてよさ気なのに。

さてさて・・・これはどういうことか。。
綺麗な死体ってことは切り刻まれてないってことでしょうし、死斑もないって
のはどういうことなのか・・・

また葬儀屋さんが裏で何か暗躍してそうなんですけど・・・。

まだ私には何が起きているのかさっぱりですし、もうしばらく様子見になりそう
です。。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2016/02/19 01:39 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

うたわれるもの 偽りの仮面 19話「炎上」ざっくり感想

黄色いスイカ食べてるところでアトゥイパパ登場。
黄色いスイカ最近食べてないな。

っていうかスイカなんて昔は祖母が作ってたからタダで食べられるモノ
だったのに・・・
買うと高い。

アトゥイパパはかなり暑苦しい人のようです。
娘のことでハクには色々訊きたいことがあるようですが、なんかこのパパ
の方がハクを気に行っちゃったりしてねwww

ルルティエは船員さんらのスタイルにワクワクwww
おしゃれかどうかは別としてww
イケメンの褌は滾る(*≧∀≦*)

昔よりはマシになってるってアトゥイだけど、確かに何かが大きくうwww
でもそれはそれで需要はありそうでww

で、クオンはやっぱりまともに戦ったらヤマトが負けると思っていたんですね。
だからこの戦を早く終わらせるために動いたんだ。。
トゥスクルの戦力ってのはあれほどのヤマトよりも上だとクオンはわかってる
んですね。

トゥスクルの海岸についてココポが何かを気にしてると思ったら・・・
おお~~~大好なムックルさんがwwww

なんてキラキラのお目目でムックルさんを見つめてるのwwww
そしてココポの大暴走によってハクたちは急遽別の道へ誘導され・・・
ハクたちだけを無事に陣に届けたってことは・・・

そういうことね。
ハク、察しがいい。
敵側とはいえアルルゥたちもクオンとその仲間は襲いたくないよね。

つまりは残りの物資は届くことはないようで・・・
御愁傷さまでございます。。(ノД`)

ムネチカたち本陣は繰り返される奇襲を受け、補給物資を断たれたことで
対戦には至ってないものの兵たちは激しく疲労

トゥスクルの方がかなり上手のようです。
血を流さずとも相手の戦力、戦意をぐとは。

ムネチカには無事国家機密が渡ったものの大丈夫なのかwwww

キウルも痩せちゃったみたいですが、ネコネが自分を心配してきてくれたと
勝手に思い込んで元気回復v
うん、妄想力生命力を上げるwww

マロロもハクの姿で元気にwww

デコポンポは相変わらずアホですが、ムネチカが呼び捨てにしてくれて痛快。
でも、結局、ムネチカが砦の先陣になるようで・・・
え~~~~~!?
デコポンポにやらせて早速後がない状態にすればいいのに。

ライコウがデコポンポに「黙れ」っていうからてっきりデコポンポはここで終わり
と思ったのに残念。

ムネチカはハクならこの状況を打破できるのではと期待してるようですね。
オシュトルもそのつもりでハクを戦場に送りだしたみたいですし。

相当ハクは信頼されているようです。
が、これまでのハクを見ていても賢いとは思うけど、こんな重要なところで役に
立つかどうかは未知数なのではないかと・・・
かなりの博打では??

ハク自身もなんとかしてみるつもりと言ってますけど、大丈夫なのかしらん?
過去に戦慣れしてるような描写もなかったし・・・
この流れならハクがなんとかするというより、クオンが何か動きそうだけど。

次回、いよいよ戦闘になる予感。

クオンがどうするのか気になるところです。

goods-00075156.jpg

キャラクターラバーマット うたわれるもの 偽りの仮面(A) (ENR-002)[エンスカイ]《05月予約》

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ2016 11号一言感想

表紙&巻頭カラーは新連載の「鬼滅の刃」
では、掲載順に一言感想を。

鬼滅の刃
絵はなかなかシンプルで好きかも。
でも主人公のおでこの傷はない方がいいかな~
着てる着物の感じからそれほど貧しいようにも見えず。
無理して炭を売りに行かなくてもよかったのではと思ってしまって(^^;
今後のストーリー展開に期待してます。

暗殺教室
茅野さん助かってよかった!
死んじゃうことにはならないとは思ってたけど、まさかあんな手術しちゃう
とは思ってもみませんでしたわ。
殺せんせーもE組と係わったことで成長してたんですね。
せんせーイケメンには戻れないのかしらん。。

ONE PIECE
久しぶりにホント久しぶりにワンピース読んで鳥肌立った!!

ゆらぎ荘の幽奈さん
完全H枠だけど絵は可愛いし、テンポいいから気に入ってるwww

ハイキュー!!
リエーフしっかりしろぉおおおおおお!
そんなカス当たりするようなやつのいるチーム全国いけないからwww


ねんどろいど ハイキュー!! セカンドシーズン 孤爪研磨[オランジュ・ルージュ]《07月予約》

ブラッククローバー
闇魔法って敵側が使う魔法みたいだよねwww
ヤミ団長の方が悪い奴っぽいwww

左門くんはサモナー
左門くん出てくるとめんどくさいんだなぁ。
読むのが。

火ノ丸相撲
レイナちゃんお色気要員なの!?
そろそろ火ノ丸の成果もみたいかな。

僕のヒーローアカデミア
デクもボロっボロだけど常闇くん大変じゃないか!?
いや、みんな大変だわさ。。

ニセコイ
友達のことなんだけどと恋愛相談されたらまず疑えwww
テンプレだよね。

背すじをピン!と
高校の部活から始めた人とプロを視野に入れてレッスンしてきた人では本来
全く勝負にならないけどね(^^;
リオは大学進学なのかな。
真澄ちゃん、相当上手いみたいだし、自分ではプロのパートナーは務まらない
って思ってそう。
ってことはセパレート??


【楽天ブックスならいつでも送料無料】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(03) [ 横田卓馬 ]

トリコ
う~~ん やっぱりキショイとしか。。
グルメって言っても結局は誰と食べるかとかそういうことで食事の楽しさや
満足度は変わってくるんだろうね。
食材も大事だけど。

ものの歩
扇子を持つ手が気になって気になってwww
要がぶっ刺さってるように見えるんですけど。
せっかく“美”を持ってるんだから勿体ないな~
後半の手はよかったけどwww
そして信歩も後半、過去の自分を振り切って挑んできましたね!

斉木楠雄のΨ難

いやいやあんな能力あるんだから100円マンじゃなくて1000円マンからの
スタートでいいと思うよw

食戟のソーマ
お米様抱っこだったら笑ったんだけどなww
食戟でスカッとする話の方向になるといいな。
パパンは面白い存在なんだけど話の展開が暗くなるのはちょっと。。

こち亀
左車線を電気カー通行帯にするのはいいけど、右折とかはどうするんだろ。
路線バスで直線だけを走っていくならいいけど、車はそういうわけにはいかない
よね。

銀魂
師弟バトルの前に親子喧嘩の決着が先か。

ワールドトリガー
迅くんやっぱり凄いやぁ~♪

BLEACH
たしかに気になるお尻ではあるかなwww

磯部磯兵衛物語
犬、やっぱり将軍なのねww

では、今週はこの辺で。


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2016/02/16 02:42 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

ハイキュー!! セカンドシーズン 第19話「鉄壁は何度でも築かれる」ざっくり感想

伊達工のと青城の試合は1セット目は青城。
2セット目も青城が押していて・・・

伊達工・小金川はセッターとしてはまるでド素人
なんでまた一番大変なポジションのセッターにしたんだろって話ですが。

主将になって先輩の苦しみを知る二口ww
セッターとしてはまだまだ発展途上だけど小金川の入った3枚ブロックは
脅威!!

2枚ならスパイクコースが空くのに3枚になったらさすがの及川くんでも
コースはがれて・・・

及川くんを止めたのはいいけどい余って二口を吹っ飛ばす小金川。
青根がフォローしてますね。
うん、うん、いい感じ。

新しい鉄壁が築かれようとしてますv

それにしてもドシャットくらってるのに自チームに「スッキリした」と言われる
大王さまどうよwwww

大型セッターはハマったら凄いことになるのにまだ小金川は自分の武器
十分活かしきれてなくて。

ってそんなの練習でやってんじゃないの!?

突然思い出したかのようにジャンプしてそっと置いてくるだけのトスを。
高い位置からの速攻にもビックリだけど手を離れるのと同時くらいに打つ
速さにビックリ!

これ日向たちの超人速攻に匹敵する速さじゃないの?
むしろ高さがある分、ブロックので打たれたらどうしようもないし。

青城マッチポイントってところで、「お前の場合ツーの時、フェイントでなくても
いい」と言われたことを小金川は実行。

そうだよ、デカいんだからたなきゃ!!
これも練習でやってきてなかったのかよぉ~~~~って話で(^^;

せっかくの大型セッターなのだから、ここは伊達工の最強の武器としてもっと
くべきでしょう。
ツーでセッターが打ってくるとなれば、コレやられた相手は相当キツイ

速攻よりも速い段階からの攻撃があると警戒すればブロック対処は大変だし
後ろの対応も当然遅れるよね。

伊達工面白いチームになってます。
二口くんのようなタイプが主将ってのもなかなか異色だし。
他の高校の3年が抜けた後の次の年からが楽しみ。

が、青城も負けてなくて。
岩ちゃんは「いつも通りでいいから勝負させろ」と要求。
高いブロックを避け大王さまがトスを離したことが御不満なようで。

3枚ブロックがついたところで、手が離れてる小金川の上をストレートに
抜く岩ちゃん!
あんな開いてるブロックはないわな・・・(^^;

みんなすげ~~~って感じだけど・・・
いやいやいや3枚ブロック相手に打ち勝ったんじゃなくて単にブロックが
未熟。

伊達工は試合後、先輩たちに「い伸び代しかねー」と言われてますが、
「お前たちなら歴代最強の鉄壁になれる」とも。
これは頼もしい限り。

来年またデカイの入ったらホントい布陣になるよね。
楽しみ。

小金川はもっともっとセッターの練習をしてブロックも「どんなパワーの
奴でもデカイ奴でも止められるようになります」と宣言するも
「止めることが難しい相手が大きく力が強いとは限らない」と青根。

うん、うん、だよね。

日向たち烏野とすれ違うシーンカッコ良かったな!!

対戦相手が決まって烏野は臨界体勢。
前回の負けが脳裏にり・・・
青城は全力でぶつかって負けた相手だから。

山口くんは極度の緊張から腹痛。
が、それが仁花ちゃんに伝染し、なんか中和されたようでwww

飛ちゃんも大王さまを前にビビりタイム

昔、岩泉が及川に言った「6人で強い方が強い」って言った言葉が今なら
理解できると。
それはメンバーの数を単純に足し算するのではなく掛け算したチームが
強い
ってこと。

「及川さんはどんなチームでも俺よりスパイカーの力を引き出す」

それを聞いた日向は・・・
「そうだとしても烏野以外は、だな」

つまりは烏野では飛ちゃんの方が大王さまよりってこと。

飛ちゃんにとってチームメイトからの信頼ほど嬉しいものはないでしょう。
しかもコンビを組んでる日向からの絶対の信頼。

セッターとして大王さまより上

なんて言われちゃ飛ちゃんもやるしかないでしょ♪

日向良いこと言ってくれたわ!
飛ちゃんの扱い完璧ww
これで飛ちゃんも自信持って上機嫌で試合に臨めるよね!

ってことで、いよいよ青城との対戦。 

楽しみ!!O(≧∇≦)O




ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「明治メランコリア」6巻感想ですv

あらら・・・まさかの展開。
鈴が記憶喪失になるとは。

余裕ブっこいてた津軽にはいい気味だと思うのですが、春時にはどうなん
だろ???

これまでの感想はこちら

明治メランコリア(6)

明治メランコリア(6)
著者:リカチ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

津軽と両想いになったあの仏蘭西での出来事から2年、鈴は
17歳となっていた。
津軽と交わした約束を日本で待っていた鈴だったが、鈴のもとを
訪れたのは、鈴の祖父を名乗る秋山篤治郎だった。
篤治郎は秋山の血を引く鈴に対し、婿を取り跡継ぎを産めと言い
放つ。
突然の暴言に唖然とする鈴。
そして、鈴の前に婿候補が現れて!?

やっと日本に帰ってきたのはありがたいですが、なんかここのところずっと
人物とかキャラを動かすことで物語を作るのではなくて設定で動かしてる
ようでちょっと飽食気味。

若いお嬢さん方はこういうのが好みなのかしらん。
うちの若いお嬢さんは全くこの手の作品には興味を示さないけど(^^;
私とは好みのタイプが全然違うからな。

私は黒髪の美形に弱いけどw

元々鈴の父親は誰かって話だったから、まぁ権力者が名乗りを上げてくる
のは想定内ですけど、まさかの記憶喪失ww

まぁ津軽にはいいお灸になるでしょうけどね。
これまで鈴の気持ちに胡坐をかいていたのが一切効かなくなり、一から
関係を築かなくてはいけないから。

でも、これでまた津軽に取られたら春時の喪失感を思うと今から辛いけど。

津軽がひなに嵌められたのではなく、津軽がひなと愛染を嵌めたのは爽快
でした。

ひなは愛染なんかと係わったばっかりになんか幸薄い娘になったような。
凄く魅力的なんだろうけど愛染にとってひなはいかほど?

鈴の素性を利用するのはともかくとして、自分が婿になる可能性もあるとか
ビックリ。

離婚してるから問題ないといえばそうだけど、ここはひとつ鈴にピシッと決め
て欲しいものです。
が、肝心な鈴が記憶喪失ではね・・・(^^;

取りあえず、時間稼ぎのために平賀と婚約したものの、それすら覚えてない
んだろうし、自分の素性がわかっても???ってとこだろうし。

ややこしかった人間関係がますますややこしくなって。
どうすんの!?って感じですwww

今回、一番イラッときたのは春時に向けられた津軽の言葉ですね。

春時は鈴が16なるのをずっと待っていたけど鈴の気持ちが津軽があるのは
もう変えられないとわかっているようで。
鈴の性格を考えても寂しいからと春時に乗り換えるような娘ではないし。

津軽と一緒になる鈴の近くいるのは辛いだろうから家を出るつもりで。

そんな春時に対し津軽は「結構覚悟してたのに何も変わらなかったんだね」
なんとも軽々しく・・・
鈴との関係が今も兄と妹のままであることをまるで呆れてるような態度。
手を出さなかったなんてびっくりだよって言ってるようなもので。

しかも「君は情が深いから 私と違って・・・」

って春時の気持ちを逆なでするような言葉まで。
鈴を思うあまり、自分の気持ちを優先することができなかったんだねって意味
ですもんね。

そりゃ春時もイラッとするわ!
大切で何が悪い!!ってね。
鈴の気持ちを優先したことを寄りに寄って津軽に・・・

津軽としては春時のことも好きだからもし、春時なら鈴を取られても仕方ない
と思ってたってことなんでしょうけど。

それだと今度は鈴の気持ちを甘くみてるというか。。

春時にしてみたらこれほど腹立だしいことはないでしょう。
鈴は津軽のことが好きだから強引に自分のものにしたところで鈴の気持ちが
自分に向かない
ことがわかってるからそうはしなかったのに、肝心の津軽が
春時よりも鈴に対し情がないようなことを言い出すし。。

せめて自分と同じくらい鈴に対して愛情を示せば春時も納得できたろうに。

春時の気持ちを逆なでするようなことはホント勘弁して欲しいわ。
今回ばかりは津軽がより一層男前になって帰って来ててもプンすか

少女マンガだし最後は鈴と津軽が一緒になるのは変えられない設定だとしても
今回ばかりは鈴に春時を選んで欲しいマジ思った。

それと鈴も「津軽が好きだけど春時も大切だから傍にいて欲しい」なんてのは
虫が良すぎるというか、春時の気持ちに全く想いが至ってなくてがっくり。
津軽と一緒にいる鈴をみることがどれだけ春時にとって辛いことか。

鈴が春時を大切に思って幸せでいて欲しいと願うことはいいんだけど、春時の
幸せが何であるのか本気で考えてよ~~~

春時は鈴の幸せを願ってるからこそ鈴の気持ちを尊重して自らが身を引こうと
思ってるってのに、まるで拷問だよ?
嫁に欲しいと焦がれた娘が他の男の元に嫁いで幸せそうにしてるのを間近で
見てろなんて。。

ひながどちらかを選ばなくてはいけないと鈴にいうのも正論だわ。
どちらもなんて欲張りってもんで。

春時が一人で生きる強さを持って鈴の幸せだけを心から願うことができれば
ありかもだけど、今の春時にはそれを強いることはできへんわ。
できれば春時は私が貰い受けたい!

記憶喪失になって一から関係を築くっていっても最初こそ津軽を拒否ってもまた
結局は津軽を選ぶんでしょうね鈴は。

ああ・・・どうしたら春時が幸せになれるんだろう。。

次巻では津軽がいつものようにポーズを作っていては記憶喪失の鈴には届かず
自分の気持ちに正直にならない限り上手くいかないってことでちょっとイイ気味
かもです。

逆に春時は株を上げるのかな。。

でも、それが最終的にはひっくり返されるのはい・・・
春時にぬか喜びはさせないで。

これ以上春時の苦しむ顔は見たくないし。
好きだけど。
出会う順が逆だったらって願った春時の気持ちまでも打ち砕かれてしまうとかは
勘弁。。

春時を幸せにしてください!!!!

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「BTOOOM!」19巻ざっくり感想

これまで出て来なかった最後のプレイヤーが登場し、参加者がやっと
全員判明。
なんとまぁ最後はあんなゲスだったとは・・・

ヒミコも災難続きですね。

18巻の感想はこちら
ずっとタイトル間違えて16巻って表記してたようです。
お恥ずかしい限り。

BTOOOM!(19)

BTOOOM!(19)
著者:井上淳哉
価格:583円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

扉絵からして胡散臭さ全開だったので、もしや読む本を間違えたのかと
思わず表紙を確認しましたがな。

吉岡・・・お前はいらない。。

ザビエラはいろんなところにピアスしてます。
痛いと思うんだけどなぁ。
飼ってるショコラという黒猫ちゃんはかわいいです♪

ザビエラは条件を同じにしてSAKAMOTOと戦いたいってことで実弾では
なくて模擬弾を使ってた様で。
よかった、よかった。

実弾だったらかなりヤバかった。

ザビエラのドローンだけならなんとかなったかもしれないのに東郷を助けたい
吉良もやってきて、ザビエラが吉良を利用して竜太を追い込むものだから
さすがに竜太も上級ランク者二人を同時に相手にするのはきつくて・・・

が、竜太はドローンの操縦者が並々ならぬ腕前であることと竜太に異常
執着を見せることから世界ランク一位のZABIだと気づいたようで。

そうなると、今度は竜太も相手のパターンが読めるってことから策を講じまし
たね。
追い詰められたところで吉良に共闘を持ちかけたようです。

これまで何度も戦ってきた二人だからこそお互いの実力もわかっていて、
お互いにそう簡単に倒せないことも周知。

しかもドローンを操縦してるのが世界ランク一位のヤツだと知ったことで吉良は
SAKAMOTOと組んで確実に東郷さんに薬を届ける道を選択。
吉良も成長しました。

ちゃんと信頼して守ってくれる大人がいてよかったよ、ホント。

吉良と竜太が組んだことでザビエラのドローンは撃墜
ザビエラは自分が負けたことを受け入れられないようですが、この子はまだ
この後も出てくるのかな。

竜太が薬を手に入れ戻ってみるとヒミコはいなくて・・・
辺り一面散弾の痕があり、レーダーでもヒミコしか追えないことからレーダーに
映らない何者かによってヒミコは拉致されたのだろうと竜太は考えます。

ヒミコのところへやってきてたのはあのゲス岡。
ヒミコを人質にすればその仲間からチップをえるだろうってことで。

それにしてもコイツ、クレイジーというか、どうでもいいくらいのゲス野郎。
頭おかしい奴に襲われるとか毎回、ヒミコ気の毒です。
まぁ可愛い子だから仕方がないのだけれど(^^;
そして、またもトンデモナイことに。

やっと銃撃から逃げ切ったと思ったのに捕縛され胸の谷間にクラッカー式の
BIMをセット
されちゃうとか・・・

落ちたら完全にアウトだから身動きできない状況に。。

ヒミコの胸だったらなんとかしばらく耐えられそうだけど、これ普通サイズなら
即アウトだよね(^^;
大体BIMが鎮座しないww

竜太はヒミコが拉致られたことに気づいてるし方向もわかってるからきっと
助けてもらえると思いますが、とにかく早く合流して欲しいです。

一方、輝夜を追いかけていた吉岡は東郷に遭遇。
東郷は吉岡は死んだと思っていたからビックリだけど自分たちに向けMP5
を向けてくることにもビックリ。

落ちてたから拾ったとかトンだラッキー野郎です。

酒を断っていた東郷ですが輝夜を守るためにアルコールに手を出すようです。
この人、お酒で覚醒するみたいで。

炎症で気道が塞がりかなりヤバいようですが次巻ではかなり吉岡を追い込む
ようです。
「輝夜を狙う者に一切の容赦なし」ってことなので期待

でも、この感じだと吉良は間に合わないんだろうなと。。
やっと吉良が人を信じ誰かの役に立ちたいと思うようになったというのに・・・
怒り狂った吉良に吉岡はやられればいいと思います・・・。

竜太もヒミコを助けた後で向かうと思われますし、ここでまた吉良と竜太が共闘
するかもですね。

吉岡が何者であるかを知れば、当然竜太も容赦しないでしょう。。

そうそう、もう一人判明してなかったプレイヤーは与謝野という名の根性の汚い
ばぁさん。
樋口によって嘘を暴かれ、東郷によって抹殺されたようです。
樋口の能力便利。

が、与謝野さんとか樋口さんとか・・・いいのか(^^;

ベリエもシュヴァーリッツ財団と対抗すべく同等の対抗勢力を味方につけて
島に向かっているようです。

うぉおおおおおおお!!!

早く救出してやってくれぇえええええええ!!!

でも、またバトルがありそう。
それもかなりデカイやつ。。

次回は織田も出てきて欲しいです。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

別冊少年マガジン3月号「進撃の巨人」78話感想 

またも感想遅れてます(^^;

凄い展開が続いてます。
ライナーどうなっちゃうの!?ってところだったのですが、今月号では・・・

ハンジさ~~~~~~~ん  (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ハンジさん普通の人間だし、あの状況では・・・
もしかしてリヴァイの巨人化アイテムをハンジさんが持っていたとしても
周りにはたくさんの隊員がいたわけですし、一人だけ助かるってのも
どうかと思ってみたり。。

先月号の感想はこちら

予想通りに入ってたベルトルトが猿巨人によって投げ込まれましたが、
ライナーの姿を見て、巨人化するかと思ったら、その逆でした。

ライナーの状態に驚愕し、先にライナーの生死の確認をしましたね。
あのタイミングで巨人化するれば確実に調査兵団の戦力をぐことができ
たにもかかわらず、ライナーにも危害が及ぶのは必至だからけたようで。

ということはベルトルトにとっては作戦の遂行より、やはりライナーの方が
大切だということですよね。

ライナーの名前を叫び樽から飛びだしてくるベルトルトを見ると、この二人
を思わずにはいられません。
アニもいたけれど、ライナーとベルトルトは長いこと使命を果たすために
2人でいろんなことを乗り越えてきたでしょうから。

ベルトルトが確認をするとライナーはきていて・・・!
よくまぁあの状況で生きてるもんだと思いますが、どうやらライナーは全身の
神経網に意識を移すことに成功
したようで・・・
巨人の身体とも同期したような感じで繋がってるってことですかね。

で、神経網を通じ巨人の脳を利用すれば記憶も失わずにすむようです。
なるほど。

これは最後の手段のようですが・・・
ここまでしてしまうと、もう人間の身体には戻れなくて、巨人の身体が自分の
本体みたいになるってことですかね。

ラストの方でライナーの顔とか脳が再生されてるようでしたけど、もう巨人と
一体化してるような・・・
脳が剥き出しですもんね(><)

なので今度、巨人の頭を吹き飛ばされたら再生はできず、おそらく死を
迎えることになるのではないかと。。
だから最後の手段なのかなと。

ベルトルトはライナーにできるなら少しだけ身体を動かすように頼みます。
自分が巨人化した時にライナーに危害が及ばないようにってことでしょうね。
後でライナーは仰向けになってますから、鎧の部分で爆風を防いでくれと
いうことだったのだと。

「できなかったら・・・すまない 覚悟を決めてくれ」

これはどういうことでしょう?
人間の身体の方に損傷がいくと意識のコントロールが効かなくなるってこと
でしょうかね。

脳に記憶は移せても、意識はライナーの身体の神経網にあるってことなの
かなと思うのですが。

アルミンは本当に時間稼ぎなのか交渉するつもりなのかわかりませんが
ベルトルトに話をしようと持ちかけます。

が、ベルトルトは自分たちの要求はエレンの引き渡し壁中人類の死滅
二つだけだときっぱり。

アルミンは落ちつき払ったベルトルトに対しアニのことを持ち出し、動揺を
誘おうとしますが、ベルトルトは全く隙を見せず。。

それどころか逆にアルミンの思惑を指摘してみせます。
本命は時間稼ぎだと。
震えるアルミンをみてベルトルトは冷静。
「ぼくにはわかる。そうやって震えてるうちは何もできやしないって」

ベルトルトがアルミンの策が見えているのに話に乗った理由は自分のことを
“確認したかった”から。
元仲間たちを前にしてまた自分が以前のようなことになるんじゃないかと。

でも、今回は大丈夫だと・・・。
「君たちは大切な仲間だしちゃんと殺そうと思ってる」

これは以前、マルコをちゃんと殺せず巨人の犠牲にしてしまったことを繰り
返さないってことでしょうかね。
“ちゃんと殺す”ってのが気になるところです。

ベルトルトは君たちは誰も悪くないし悪魔なんかじゃないと言いますが
「全員死ななきゃいけない もうダメなんだ」と。

この言葉にも何か意味があると思うのですが、ミカサが斬りかかってきて。
ベルトルトは避けるも右耳を削がれ・・・

二人から離れるベルトルトをいつ巨人化するかわからないから追うなと
ミカサ。
2人にはベルトルトが別人に見えたようです。

うん、ベルトルトが冷静でビックリ。
彼自身もすごく変な気分だと・・・
恐怖もあまり感じないし、どんな結果になっても受け入れられる気がすると。

「誰も悪くなくて全部仕方がなかった」と思うベルトルト。
だって世界はこんなにも残酷じゃないか。

ここでこのセリフがくるか・・・
鎧の巨人は仰向けになっていてトドメを刺そうとした調査兵団は何もできず。
そして、ベルトルトは空中に飛び上がり・・・・

閃光とともに超大型巨人化。
爆風が辺り一面を襲い・・・

ジャン、コニ―、サシャは巨人化したエレンに守られ、ミカサ、アルミンも無事。
が、ハンジ班はベルトルトの近くにいて・・・

「・・・まさか 生き残ったのは・・・俺たちだけか・・・?」とジャン。

再生中のライナーの顔が泣いているようにも見え・・・

離れたところにいたエルヴィン、リヴァイは無事でしたが・・・
ハンジさんたちはどうなったのか!?
あの巨人化アイテムはどこかで使われることになるのか!?

うわぁ・・・これは次号が気になる(><)

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2016/02/12 00:09 ] 進撃の巨人 | TB(2) | CM(0)

うたわれるもの 偽りの仮面 18話「侵攻」ざっくり感想

前回、もの凄く濃い内容で消化するのに随分と頭を使ったんで今回も
怒涛の展開で来るんじゃないかと思ったんですが、日常回のような(^^;

トゥスクルにヤマトが侵攻することになり、クオンは部屋に閉じ篭りきり。
仲間になった者たちの国によって故郷が攻撃されるのだから平常でいろ
ってのが無理な話。。

それにしても帝はトゥスクルがハクオロの情報くれないからって力ずくで
吐かせるってつもりなのかしらん。
こういう動機から戦を仕掛けた場合、返り討ちに合いそうなんだけど・・・。

今回はAパートあれば十分くらいの内容を1回分かけてのんびり。
ってこれが通常運転のペースかwww

巷ではヤマトが優勢ってことだけど実情はかなりトゥスクルに苦戦
補給路を断たれて困ってる状態のようで。

オシュトルはお留守番を務めなくてはいけないし、他の八柱将もすぐに動け
る人がいなくて・・

戦してる方はみんなそれぞれは強いけれど連携はなくバラバラに戦ってる
みたいであまり成果がない様子。

そこでオシュトルは支援物資を届ける役をハクに依頼。
ハクはお兄ちゃんが始めた戦だし、オシュトルが困っているのに放っておく
わけにもいかないし、キウルの事も心配だしで引き受けることに。

葛藤はあるもののこの場合は仕方がないってめたようで。。

とはいっても、敵国トゥスクルはクオンの故郷
今回の任務にクオンを連れていくわけにはいかず。

そりゃそうだよね。
自国を攻めるための物資をわざわざ届けるなんてあり得へんわ。
それにハクが加担するだけでもクオンにしたらいはず。  ( p_q) 

みんな大げさにクオン捕獲作戦を執り行っていて、ハクも気が重いけどクオン
を説得しようと試みて・・・

が、クオンはいなかったwwww
ハクは街中を探したようですが・・・ってそんなところにはいないわな。

そりゃいくとしたらカルラさんのところだろ。
カルラさんもハクが来るだろうと予想してたようですね。

ハクはオシュトルからの依頼を受けたものの、本当は平和にのほほんと暮らし
たいだけで、戦場なんて絶対行きたくないんでしょうね。
それでも断りきれないこともあるってわかってるから引き受けたわけで・・・

ハクは人ではない何かが視えているのかそれとも、柱が人に視えているのか
柱相手に愚痴ってますwww

カルラさんはハクにクオンを頼んでますが、

「どうかあの子と...何が起きても一緒にいてあげて下さいな...」

ってもしや、クオンもハクオロのDNAからデカイ化け物に変化しちゃったりする
とか!?
「何が起きても」ってのが気になりますね。。

で、誰がココポのお家までハクを投げ飛ばしたんでしょwwww
そんなことできるのはカルラさんしかいないような気もするけど、どうしてこう
なったんだろwwww

ハクが酔って何かしでかしてしまったのか!?

そして、翌朝すでにみんなが集合しているところへ遅れてハクが行くと・・・
そこにはクオンの姿が。。

クオンはハクとともに物資を運ぶ仕事をすることにしたようですが・・・
それでいいのか?

カルラには自分がしたいようにすればいいって諭されたように思うのですが
クオンは故郷よりもハクを選んだってことになるのかな??

トゥスクルはヤマトに侵攻されることはないって確固たるものがカルラたちには
あるのかもですね。

ラストのクオンの笑顔は最高でしたね。


 



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ2016 10号一言感想

表紙&巻頭カラーは新連載の「ゆらぎ荘の幽奈さん」
この方「恋染紅葉」の方ですよね。
絵は可愛いけどストーリーがなぁ・・・っという前回でしたが、今回は
どうか。

では、掲載順に一言感想を。

ゆらぎ荘の幽奈さん
明るいお色気系みたいですね。
絵は可愛らしいから後はストーリー次第ですね。
コガラシのキャラが好感持てるかどうかも大事かな。

ハイキュー!!
相変わらず熱いけど、あんまりみんな考えずにプレイしてるような(^^;
もっと心理戦というか組み立てたゲームがみてみたい。。
さて、研磨がどう木兎を料理するのか見ものですね。
公式戦の一回勝負は練習試合とは違う駆け引きがあるし面白いよね。
ドシャットも気持ちいいだろうけど、白鳥沢の時にツッキーが見せた
ワンタッチで粘ってアタッカーのメンタルに影響を与えるってやり方も
ブロッカーとしては心理戦ぽくていいよね。

ONE PIECE
どんどんややこしくなっていくわww
取りあえずサンジがどうなってるのか早く知りたい。

食戟のソーマ
セントラル側はいかにもゲスっぽいのが集まってますね。
久しぶりにタクミくんの活躍見れそうで楽しみ♪

ワールドトリガー
私、やっぱり女の子はボブがいいわっと。

暗殺教室
殺せんせーなんかいの撃ったよね?
柳沢はついでの雑魚みたいな退場でよろしく♪

僕のヒーローアカデミア
イレイザ―ヘッドかっこええ先生だよ!
みんなやられず戻ってきて~

ものの歩
将棋はあんまりよくわからないけど、二人で美しい棋譜を作ることを
岬が望んでいるようで。
あっさり信歩が横道にそれたら面白いのだけれど、真っ向勝負する
のかな。

左門くんはサモナー
周りのキャラが動き始めて、左門くんが一人で天使ヶ原さんを構ってる
より面白い。

背すじをピン!と
ゆる~~~い感じで競技ダンスの部活が進むのかと思ったんだけど
大会に出て結果を出すとなるとそれなりの練習していかないとね。
真澄ちゃんたちが凄いレベルだってことはわかったけど、ファンタジー
にならないで地道な練習風景も見たいな。

火ノ丸相撲
やっぱりこういうところで出てくるじぃさんがただの意地悪じぃさんでない
ことだけは確か。

ブラック・クローバー
ヤミさん楽しそうwwww
●眉白髪野郎wwwwよくわかっていらっしゃる。

ニセコイ
そっか、まだ鶫がいたねwww
ここも解決しとかなくちゃだね。

トリコ
キショイとしか・・・

斉木楠雄のΨ難
斉木もほっとけばいいのにww

こち亀
日本の技術はいろんなところで凄いよね。

BLEACH
やっと大きく動いたかな。

銀魂
原稿遅れなのかな??
掲載順位が心配(><)
さぁ暴れ回ってもらいましょうwww

GEM G.E.M.シリーズ 銀魂高杉晋助 ver.艶

GEM G.E.M.シリーズ 銀魂高杉晋助 ver.艶
価格:16,800円(税込、送料別)

バディストライク
恐ろしく強引にまとめてきましたね(^^;
この先出てくる予定だったキャラを総動員??
脇キャラはいつもいいのになぁ~
WJでは主人公の好感度が高くないと難しいからな。。
最終回くらいの爽やかな表情からのスタートだったらもう少し違ったような。
絵はいいと思うので主人公キャラに若さをwww
お疲れ様でした!

磯部磯兵衛物語
やっぱり母上は全て監視してたwwwww
ナイスタイミングv

 

では、今週はこの辺で。

 

 

 

 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2016/02/09 00:07 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)

ハイキュー!! セカンドシーズン 第18話「敗北者達」ざっくり感想

いや~~縁下くんがんばりましたねv

2セット目を取ったのは和久南。
大地がいなくなって烏野は調子が上がらす、及川くんの予想通りの展開。
こちらも伊達工との試合ですが早速挑発してるよ、大王さまwww

3年だろうが1年だろうが、強い方が勝つ。
もう最後とか学年は関係なくて・・・
非情ではあるけれど、どんなスポーツでもそうですよね。

一人地球滅亡の表情の縁下。
緊張からなかなか身体が動かないけれど、これ以上足を引っ張るわけ
にはいかないと奮起。

でも、日向はそんなことお構いなしに“小さな巨人”のことで頭がいっぱい。
和久南中島のプレイスタイルが一番似てると聞いてやる気MAX!

中島のテクニックには及ばないけれど、ブロックワンタッチからのフォロー
への速さとその後すぐ体勢が整わないままのスパイクへの一連の流れは
い。
日向の反射機動力は誰にも真似できないわ。

ツッキーがスパイク拾われて舌打ちするの貴重。

メンタル凹んでた縁下だけど今の段階で大地と同じことが自分に出来る
わけもなく、向こうのが上ということも承知。
そこで、中島のブロックアウトのボールを深いポジションから自分が拾う
ことを提案。

すっげぇデカいワンタッチボールを壁いっぱいまで取りに行く縁下。
根性見せましたね!
これも凄いことだわさ。

日向に繋がったけど3枚ブロックに付かれ捕まると判断した日向はわざと
ブロックに当て体勢を整えることに。
この日向の冷静な判断にはみんなびっくりwwww

夏の合宿で木兎に教えてもらったリバウンドv
ツッキーは絶対まぐれだと言ってますが、これくらいは日向にもやってもら
わなくてはね。

お客さん状態だった縁下でしたが自分で考え仲間に伝えプレイが上手く
いったことで自信となり、やっとチームに溶け込むことができたようで♪
うん、うん、いいよ、いいよ!

中島は自分が憧れた“烏野10番”をつける日向を強烈に意識。
「まずはお前を倒す」
って力を入れたところでツッキーのドシャット!
これは効くよねv

が、中島も粘る。
今、この場で小さな巨人が誰なのかを知らしめるために。。

でも、烏野だって負けてないよ!
終盤エースにボールを集める指示がやんわり出てるのに飛ちゃんは旭を
温存して「ここは・・・」と縁下へトス。

飛ちゃんコーチからの指示よりも自分を優先wwww
それで決まっちゃうんだもんねwww
鳥飼くんも何も言えんわな。。

お互いサーブをミスったところで烏野マッチポイントで日向が前衛に。
バタつく日向に縁下が声掛け。
すると、日向だけでなく烏野全体が建て直し・・・

主将を欠いた烏野が崩れるのを待ってた和久南はアテが外れたようで。

縁下くん、しっかり大地の穴を埋めてますよね!
いいリズム作ってますv
それだけじゃなくて中島の狙ったブロックアウトをまたも拾って。

かなりしんどい体勢だったのに何とか飛ちゃんに戻って日向の速攻へ。

日向エライ後ろから助走してくるから後衛だったかと思っちゃいましたよww
これが決まって烏野勝利。

次の試合からは大地も出場できるってことでみんなは一安心。
菅さん お願いだから殴らないでぇ~ 負傷者なんだから

縁下は大地に「よかった」と声を掛けてもらうも自分の不甲斐なさを猛反省。
山口くんもリセットだね。

負けた和久南・中島くんは最後のプレイで“見えた”瞬間を感じ「もう一回
やらせてくれよ」と涙。。
高校はこれで最後なんだよね。

でも、バレ―はまだまだ続けられるよ。
社会人になったって出来るよv

さて、次回は烏野の対戦相手が決まる試合ですね。
久々の青城に伊達工。
こちらも楽しみ!



「ごくせん」全15巻 これは嵌りましたがなwww (*>ω<*)ノ ハイッ

ドラマ化されてる時はね、全く興味なかったというか、どちらかというと
苦手だったんですよ。
だから手を出す気になれなくて。。

が、「アシガール」や「高台家の人々」や「デカワンコ」を読めば読むほど
森本センセの作品にドハマリして行き、どうしても「ごくせん」も避けては
通れないなと一大決心をして昨年11月ごろにレンタルしたんですわ。

私、森本センセが描かれる黒髪イケメンに弱いのですが、何か仕草が
ドキッとさせられるでしょ?
森本センセの描かれる表情がとにかく好きなの!
色気あるしね(///∇///)

でも、最初「ごくせん」を読んだときは
「この作品一応、沢田くんがイケメン設定なのか・・・
う~ん、そうだね。でも、私の好みにはまだまだだわ。」

なんて思ったわけですわ、余裕ブっこいて・・・。
1,2巻の頃は絵がちょっと昔のせいか私の食指には触れなかったんです
よね。

でもストーリーはやっぱり面白いし、推しキャラなんていなくても十分楽しめる
ってことで、却ってキュンキュンさせられることなく気軽に読めるわwww

とスルスル読んでたわけです。

ところが大誤算ww

それは突然やってきましたwww
ちょっと何よ!?慎ちゃんいい男やん!!(*/-\*)

そう思った時には完全にちてましたwww (*≧∀≦*)
即刻全巻ポチりましたとも!!
久々の一切躊躇いなしの大人買い!!

3巻当たりかな~~
絵もいい感じに変わって来て。
最初はシャツインだった慎ちゃんがどんどんルーズスタイルになってかっこ
よくなって。。

ところで、みなさま、完結編はお読みになってますか?
一応、全15巻ってことなんですが、この続きがありまして、完結編まで
読んでやっと話が完結するというか、納得できるようになってます。

っていうよりも、完結編を読まなくてはメインディッシュを残してディナーを
終えてしまったようなものです。
美味しい話は完結編にあり!!

慎ちゃんの魅力は15巻まででも十分伝わってくるのですが、本領発揮
完結編です!!

ハンディ版とか文庫版とか出てますが、私はA5判のデカイのおススメ。
慎ちゃんのお顔も大きなコマで拝めますし、何といっても表紙の絵が好き
なの!!!

堪らんぞ、おい!!の連続で。
とにかく私、ドハマリしてから毎晩、表紙を眺めたり、好きなコマを眺め
たり何度も本編読み返したりとほぼ2か月中毒wwww

残念なことにA5判や完結編を入手しようと思ったら中古もしくは電子版しか
ないようなのですが、それでもいいんでね?って思います。
絶対「完結編」は読むべき!!

一途な慎ちゃんが報われる時がやっとくるのですよ。
細かい感想はすっ飛ばし、どれほど私が嵌ったかをお知らせしたいと思い
ます。

ストーリーは読んでくださいwww
面白いから!!

もうね、とにかく「ごくせん」ってのは担任に惚れてしまった慎ちゃんの成長の
記録
なのですわwww

てつやミノルや京さんやうっちーやクマや最高のキャラたちは沢山いるけど
全ては慎ちゃんの恋の成就をお膳立てしてくれるスタッフさんなの!!

割と早い段階で担任にれてることをカミングアウトして、隠すことも無く
かといってでしゃばるでなく、でも支えるときはしっかり支え・・・

男気もあるし、度胸もあるから京さんにも可愛がってもらってるし、男友達
多いしで、こんないい奴いねーぞ、おい!?ってくらいの上物なのに、
惚れられてる当の本人には一切気づいてもらえてないという不憫さww

しかも助けてやってるのに負ぶった背で他の男の名前を呼ばれると言うw
なんて切ないの!!!!

慎ちゃんなりに揺らいだりとかもするんだけど、ほんと一途で。。
それに焦ったりがっついたりしないところがいいだよな。。

「一人前の男を気取るには100年早ぇえ」とか言われても長期戦覚悟で
地道に距離を縮めていこうとするわけですよ。
ああ・・・健気。。

ま、神山神社の祭りで褌姿になって98年分は稼いだようですけどねw
あれはよかった!!!

とはいえライバルがまた何もかもが高スペックな篠原弁護士ですからね。
慎ちゃんもスペック高いのにそれを超えうるいい男だし。
自分なんていつもヤンクミに助けられてるし、歳下だしってことでさすがの
慎ちゃんも篠原先生のことは認めてて・・・。

でも、実際は篠原せんせより慎ちゃんの方がヤンクミを助けてあげてるし
支えてあげてるんですけどね。
男としてはやっぱり助けられてしまったり足を引っ張ってしまったこととか
足りない部分を大きく感じちゃうんでしょうね。

ああでも、模試対決の時の篠原センセと慎ちゃんのタッグは強力でしたね。
くていい男が2人で組んで・・・至福。 (/ω\*) 

ま、最後は想いの強かった慎ちゃんが勝利するんですけどね。
篠原先生は大事なところで引いちゃいましたもんね。
残念ながら彼とのご縁はなかったってことなんでしょう。

でも、慎ちゃんいるんだからいいよ。。

そうそう、あの二人の静かなバトルもよかったですわ。
ヤンクミと一緒になるってことは代紋背負うってことだと大人の事情で躊躇う
篠原先生に対し、好きなら後から考えればいいと自分の気持ちを優先させる
慎ちゃん。

「君なら?迷わずかっさらうか?」
「当然」

ヤンクミの大切な人達の力になることが自分の夢だと言い切ってからの
慎ちゃんは特に男前!
篠原センセも慎ちゃんになら頼めるって感じになってましたね。

花火のあたりからグイグイ押してく慎ちゃんにはドッキドキ。
やっぱ本気で口説きにかかったら慎ちゃん最強!(〃∇〃v)  
これで堕ちない女はいないよ!!
うちの娘くらいか???

でもね、篠原センセに「ついてきて欲しい」って言われてるヤンクミを見てし
まし拗ねてる慎ちゃんも可愛いのよん♪

もう、ホントこの子の魅力にいい歳こいて翻弄されましたわwww

そして慎ちゃんがお約束通り、卒業式後に告白。
東大法学部に入ったのは篠原センセの後を継いで極道弁護士になるため。
「なんでそんなこと!?」っと訊かれ

「俺がお前にれててずっと一緒にいたいと思ってるからだろ」
「お前やお前の大事な人達の幸せのために役に立って生きたいと思った
んだ。それがやっとみつけた俺の夢だ」

なんなのこの色気ダダ漏れの18歳!!
ここで15巻は終わるんだけど、ここからが怒涛の慎ちゃんの魅力大放出!

真っ正面から告ってからはやっとヤンクミに意識してもらえるようになって・・・
もう自分の気持ち隠さな~~~い♪

ここからが私の感想本番というか、慎ちゃんについて語る絶叫コーナーな
わけだけど思いの外、長くなったので時数入らず分割。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2016/02/07 00:10 ] 森本梢子作品  | TB(0) | CM(0)

「あひるの空」1巻~42巻 ざっくり感想

年末から今年にかけて「あひるの空」まとめて読みました~
42巻あって大変だったけどちょっとずつ読んで・・・

いや~~面白かったvというか面白い!!

バスケの漫画って「スラムダンク」とか「黒子のバスケ」くらいしか読んだこと
ないんですが、ストーリー展開としては一番好きかな。
ちゃんとストーリーが面白い!!

キャラは圧倒的に「スラムダンク」の流川くんみたいなタイプが私の好みなん
ですが、その点、「あひるの空」には推しキャラはなくてwwww

あ、唯一"空のパパ"がいいかもwww

が、ストイックな美形黒髪好きな私にとっては嵌るほどでもなく。。
でも、そんなことはどーでもいいってくらい話にかれましたわ。

作者さまは「スラムダンク」を超えるバスケ漫画は描けないだろうってことで
始めたようですが、いやいやいやいや十分並んでますよ。

「スラムダンク」は連載当初からWJで読んでましたが初連載時カラーページ
の花道の赤髪にはぶっ飛びましたねww

そういえば「あひるの空」のコミックスは途中から表紙に絵がなくて文字だけに
なってるんですが、なんでなんでしょ??
まさか表紙を描くのが面倒とかそういうことではないと思うのですがww

 

あひるの空(42)

あひるの空(42)
著者:日向武史
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

149cmと小柄な高校生ながら、天性の才能を魅せるバスケ少年・
車谷空!
入学先のクズ高で、最初はバスケをやるには困難な状況だったものの
空の熱意に影響を受けて、千秋・百春兄弟や、天才少年・トビなど続々
メンバーが集まった! 順調に進みだしたクズ高バスケ部だったが、
挫折や事件とあらゆることに巻き込まれていく‥‥。
バスケを愛する空たちは、数々の困難にどう立ち向かうのか!?

1話が試し読みできるマガメガはこちら→マガメガあひるの空
ざっくりキャラ紹介はこちらがわかりやすいかも→キャラ紹介

話の始まりとしてはベタというか不良ばかりでバスケ部がほぼ活動してない
ってところから空が一人でバスケを始めていくって展開で、よくある話なん
ですが、これがすごく熱くて引っ張られます。

ふとしたことから知り合いになった千秋も元バスケをしてた口で一応バスケ部
でもあり・・・ってところもありがちな設定ではあるものの、双子の弟がいて
顔や頭の作りが全然違うとか面白くて!

うん、キャラの作りが上手いのかな。
描き分けがいいし、それぞれのキャラに物語があるし掘り下げもされている
しで一人一人が魅力的。

空は身長150そこそこ、入部する頃は150ある?ってとこからのスタートで
バスケをするにはあまりにも無謀過ぎるのだけど、っていうか、それはいくら
なんでもないやろ・・・・
って思うのですが、その空がドンドンとしくカッコ良くなっていく様が説得力
あってなかなか気持ちいいのですわ。

でも、決してスーパーヒーローではなく、努力して自分の武器を磨いていく感じ。
自分の身長のことや病気のお母さんのことが最初の頃は話の軸になってる
んですが、お母さんが亡くなってからは凄く成長していってて・・・

お父さんが監督として関わるようになってからはチーム自体もより強力になって
るのもいいですよね。

お父さん自身がまたバスケと関わろうと思っていく過程も丁寧に描かれてるし。

クズ校(九頭校)バスケ部のメンバーは最初ギリギリで初めてたのに問題を
起こしながらも絆が強くなり、ちょっとずつ人も増えていって、空たちの学年が
上がってからは新入部員も入り、とにかくバスケの面白さや部活の難しさなど
盛りだくさん描かれてる群像劇なんですが、一人一人を大切にした話の展開
に好感です。

読み応えかなり有ですv
これはなかなか追随することのできない作品になってるのではないかなと。

昔の少年漫画が好きな世代にもヒットすると思うし、若い世代にも共感を持た
れる作品だと思います。

これだけストーリーで満足できるのはさすがマガジンというか、さすが講談社
というかwwww

バスケ好きの人にはぜひ読んで欲しい作品だと思いますし、熱い作品を探し
てる方にもおススメ。

熱いといっても決して暑苦しくなく、ジワジワと熱量が上がり感化されていく
って感じかな。

いつの間にかワールドに取り込まれているようなww

ぜひアニメ化して欲しいと思うのですが、派手なキャラがいてガンガン推して
くような作品ではないので最近のアニメで人気の出る作品の傾向とは異なるし
作者さまもそういうのは望んでなさそうでちょっと難しいのかな。

同じ雑誌連載の「ベイビーステップ」のようにEテレ当たりでじっくり原作通りに
進めてもらえるのだったらぜひお願いしたい感じですね。

主人公とその周りの人たちが関わっていく中で各自が成長しバスケで魅せて
くれる作品ですし。

そうそう、IHを目指しているのだけれど途中でその夢は潰えたことを先に提示し
そこへ至る過程を改めて進めていくという物語の構成も面白いなと思いました。

一旦、空が主将になったところで話を置いてもいいし、そこからまた始めることも
できるし、これはずっとライフワーク的に追いかけて行きたい作品です。

もうすぐ新刊も出るので楽しみです。
気が向いたら感想書いていこうかな~っと思ってます。

最近少年漫画の感想はマガジン関連作品ばかり書いてる気がww

 

あひるの空 1-41巻セット

あひるの空 1-41巻セット
著者:日向武史
価格:18,289円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2016/02/04 23:16 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)

うたわれるもの 偽りの仮面 17話「残照」感想

ハクの正体やら帝のことやら一気に判明したけど情報量が多すぎて処理
しきれない私のメモリ。

前期のラストらへんも一気に畳みこむように話が展開して全然付いていけて
ないうちに終わっちゃっと言うww(^^;

息子にかなり話を補填してもらってなんとか理解したような気になってただけ
なものだから、今回も帝に解説してもらったもののリアル解説者が隣にいな
ければ私の頭はショート寸前。

以下、息子に補填してもらいながら私なりに感想を。

今回、帝に呼び出されて「そろそろ知りたくなったやろ?」ってことでハクが何者
であるのかを聞かされることに。

てっきり、ハクオロさん関係者だと思ってたのに違ってたwwww

帝は人類が地上に人が住めなくなり地下に生きるようになった後の研究者の
ようで。
地球の環境に耐性を持つ“新人”の研究をしてて、ハクはその弟。

兄の研究の被験者となりコールドスリープされていたのが目覚めたってこと
みたい。
そういえば最初、入院服みたいなの着てたし何か扉を開けてハクは出てきて
ましたよね。

それに帝が「そろそろ」とか言ってたような。
あれは弟が目覚める頃だってことだったのかなと。

オシュトル、ハク、ハクオロとなんとなく髪型とか似てるしクローンとかDNA関係
が繋がってるのかと思ってたのに全く関係なかったようです(^^;

あの手の髪形好きなんで関係あってもなくてもいいんですがww

賢かったのはハクではなく、兄の帝の方。
ハクもそれなりの評価はもらっていたものの自己評価は低かったようで。
でも、アイスマンの研究データを覗き見してたのはハクの力???

ハクが眠りについた後で突然、人類はスライム化するという異常事態に。

これは前作でハクオロさんがって長生きしたい人類の願いを歪めて
えたために起ったことですよね。。
あれは仕方ないというか辛い出来事でしたね。。

帝たちにとっては突然のことだったようだけど実は理由はあったってことで。
帝の奥さんと娘がホノカとアンジュの原型だったんですね。

それでハクはホノカをどこかでみたように感じたようです。
ハクはホノカに対し疾しい気持ちを抱いてたわけではなさそうだけど、ホノカの
美尻は気に入ってたようです。

記憶を無くしてからのハクはあんまり女性に興味示してないですよね。
ハーレム状態なのに誰ひとり手を出そうとはしてないしw

元は女性に興味がなかったわけでもなさそうなのに何かあったのかな。

で、ギギリに襲われたときに出てきたタタリはもしかして・・・
ハクに何か話しかけてきてたし、ホノカだったりするの??
そうだとしたら切ない。。

生息地に近づかなかったら襲われないってことだったから人間が生きてた
場所の近くに未だにいるってことのようですね。

帝は寂しくてデコイを作ったようですが、それにしても随分と広まりましたね。
ヤマトの国は全部帝が作ったデコイによるものってことでいいのかな。

ハクオロさんがいたところはアイスマンの遺伝子を元に生物が作られていた
と思うので、それとは別モノってこと?
見た目は耳としっぽがあって同じにみえるんですけど。

帝が真似たってことでみんなデコイでいいのかな。

帝がスライム化しなかったのはすでに自分の研究成果を自分に施してた
からでしょうかね。
あんなに生きてるんですから肉体強化ガンガンしてますよね。

だったら別にハクを眠らせなくてもよかったような気もするのですが。。

寂しかった帝はかつての研究施設を見つけたことから失われた多くの知識や
技術を取り戻せば、タタリを人間に戻せるかもと考え研究を続けたようです。
奥さんや娘さんを人間に戻したいんでしょうね。

研究中にハクオロさんの仮面についても調べたようで、それでその力を
利用した新しい仮面を作ったようです。

凄いな。。

帝はハクのハーレムを部下と呼び、ハクは家族のようだと感じてますが、
自分の過去を思い出し、実の兄に「家族の時間を取り戻そう」と言われ
困惑してるようです。

「家族ってなんだろうな?」

家族の定義に頭を悩ますハク。
確かに生活の時間を共有する者を家族と呼ぶとしたら、自分の記憶から
はほぼいなくなっていた兄を血が繋がっているからと家族とみなすのは
心情的に難しいかも。

が、兄にとっては寂しさを紛らすために作った偽りの家族ではなく本物の
たった一人血を分けた弟がやっと目覚めたのだから、その再会は今生の
びのハズ。

ってことでここに僅かながらが出来てしまってる気が・・・。

あの兄貴はもうあの兄貴ではないでしょうし、ハクもまたあの弟ではなく
なってるでしょうし。。

で、帝はトゥスクルに「先王の陵」を教えて欲しいとウォシスを使者として
送ったようですが、これはあっけなく断られ・・・

ウォシスはあっさり引きあげますが・・・

不穏な空気炸裂!!
これは絶対、無理やり探すつもりだよ。。

ハクオロさんの封印を解くつもりなのか、タタリを人間に戻すための何か
手がかりを探すつもりってことでしょうけど・・・
ハクオロさんが目覚めたらヤマトといえど太刀打ちできないんじゃ??

うわぁ~~~~い勢いで話が進んできたよ。。
面白くなってきたよ。。
ドキドキだよ。

今度こそおいてかれないように頑張って付いて行かねばw

で、あれはオボロでいいんだよね??????



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

業務連絡♪

お問い合わせをいただいた件につきまして~
っというか、別館の方に質問をいただいた件につきまして~

一応、本館がメインブログになりますので、本館中心で。

ここのブログでは「カテゴリ」で分類できる数が少なくて現在ほぼMAXで
使っております。
(fc2は多いですが記事はここのコピーなので)

カテゴリでは主にアニメ化された「作品のタイトル」ごとに分類してますが、
傾向が似ている作品はまとめてたいします。

“アニメの感想書いてるけど毎回書いてなかったり途中でリタイヤしたもの”は
「お気に入りアニメ」のカテゴリに放り込んでます。

クールごとでのアニメのまとめ感想とかは「アニメその他」に放り込んでます。

もう少し見やすく、かつ探しやすく編集したいのですが、何分ここのブログは
過去の記事のカテゴリを一括移動&編集出来なくて、一つ一つ地道に移動
させていかねばならず・・・
(fc2は一括で出来ますが)

これがかなりの手間でして(^^;
なかなか手をつけられる状況にございません。

なのできっとこのまま変わらずになるのではないかなと。

コミックスの方はタイトルが分類されているモノ以外でも山のように感想を
書いてますが、連載雑誌によってカテゴリ分けしております。

青年誌か少年誌か知らんわそんなん

って場合もあるかと思うのですが、そういう場合は「キーワード検索」から
「このブログ内」を選択してタイトル等で検索してみてください。

(fc2の場合は本館でどうぞ)

感想を書いてる作品についてはズラ~~~~っと過去記事が出てきます。

ブログを始めた当初や記事の書き始めの時にはこの先どんな作品がアニメ化
されて、どんな作品に私がドハマリするかなんてわからないものですから適当に
カテゴリ化してたのですよ。

その結果が現在でして・・・
記事の数にもばらつきがありますし、このままでいいのだろうかとは思っている
のですが、もはや私自身手を付けられず。

大変面倒だとは思いますが、記事を探す時はカテゴリでタイトルを探して頂き
見つからない場合は、一発キーワード検索でよろしくお願い致します。

もう面倒な時は検索掛けてもらうのが一番です。

「どこに記事が書いてありますか?」と訊かれましても私も同じようなことして探す
だけですので。

大変お手数ではございますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 




ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 管理人日記

[ 2016/02/02 23:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ2016 9号一言感想

表紙はTVアニメ4月放送開始の「僕のヒーローアカデミア」
では掲載順に一言感想を。

僕のヒーローアカデミア
デクがボロ雑巾のようで・・・(><)
が、今回はるえましたわ!
まさにこれぞジャンプ!ってヒーローですね。
デク、かっこええ!!

食戟のソーマ
前回掲載順位が低かったので心配したんですが、原稿が遅れただけ
だったのかしらん。
すごい復活ぶり。
これからガンガン食戟しまくっていくなら楽しみ♪

ONE PIECE
サンジどこぞのお貴族さまのおぼっちゃまかと思っていたらあらら・・・
闇の世界の“人殺し”一族だったとは・・・
で、サンジは嫁候補に会いにいったんじゃなくてオカンに会いにいったんじゃ
ないのかと思うんだけど。

背すじをピン!と
なんとか一次は通過してよかったね!
つっちーのデカコマの驚いた顔がインパクト大www
あんなにデカイコマなのに線が少ないww

暗殺教室
うげぇ~~~~~~(><)
茅野さん、穴空いちゃったの!?
うそでしょ。。
元触手持ちだから助かるとかって話にはならないの!?
うわぁあああん
殺せんせーが覚醒しそうなんですけど。

ハイキュー!!
リエーフの愛称がレーヴォチカって愛称の方が難しそうww
音駒リベロ夜久くん、れる♪
これぞ職人の技ですね。
梟谷も木兎が飛ばしてるし、面白い試合になりそう!!
最終的には音駒に勝って欲しいけどな。
ゴミ捨て場の頂上決戦しなくちゃいけないし。

痛天街SCRAP
ストーリー展開はベタだけどテンポいいし、読みやすかった!
キャラも生き生きしてるし明るしいジャンプらしくて好感。
ただアングルやポーズのあちこちにワンピを感じないでもなく。。
オリジナリティが発揮されれば連載期待できるのでは。

ものの歩
十歩のヒロイン度が上がったと思ったんだけど負けちゃいましたね。
別に転校までしなくてもいつでも試合はできそうだったけど、いい先輩と
知り合えてよかった、よかった。

火ノ丸相撲
おやまぁ・・・
関取衆に二度目は通用しないことが白日に晒され心が折れた火ノ丸に
救世主が。
元横綱とはいえ、やはり火ノ丸の身体の小ささではどれほど技を磨いた
としても何ともならないような気もしないでもないのですけど。
なんとかできるものならしてあげて欲しい!

しりこだま!
可愛太郎、何の役にも立たなさそうだったのに意外に役立つ奴だったw

ニセコイ
春ちゃんいい感じに吹っ切れましたね。
この調子で人員整理を・・・さくっと。
って後二人か?

ブラック・クローバー
アッシーくん、懐かしいwwww
取り合えずリヒトくんとヤミさんの過去がざっくり判明。

左門くんはサモナー
悪魔設定とか無くてもそれなりに面白い話に出来そうだったね。

ワールドトリガー
戦闘の描き方がわかりにくいっす。。

トリコ
やっとみんな集まって来て小松も元に戻ってよかった。

斉木っ楠雄のΨ難
つまり百合展開ってことねw

銀魂
空知せんせ原稿遅れたのか?
やっと揃ってこれからだねv

GEM G.E.M.シリーズ 銀魂高杉晋助 ver.艶

GEM G.E.M.シリーズ 銀魂高杉晋助 ver.艶
価格:16,800円(税込、送料別)

こち亀
突然何が起きたかと思ったわwwww
天国いい加減過ぎww
いつものことかww

BLEACH
そういうことだろうね。
それにしても怖いぞ・・・

バディストライク
野球の得点の入り方は確かに人を繋いでいくよね。
それを話の中心に据えてたらよかったような。

磯部磯兵衛物語
十両稼いだ息子の頑張り(?)を絶対オカンは見てるはずなのに助けて
くれないようでw

 

では、今週はこの辺で。

 



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2016/02/02 00:15 ] 少年ジャンプ | TB(2) | CM(0)