アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年04月20日 (木) | 編集 |
あああああ・・・ (。>д<)。・゜゜
なんてこったい。
こんなことになるとは。
先月の私の感想甘かった・・・

ソーマが被弾するにしてもアグニが絶対に守って、までは合って
たんですけど、まさかアグニよりも強い者が同行してたとは。

これはい。
今はセンセのツイートは削除されてますが、このアグニのラストは
10年前から既に出来上がっていたようで。
ああ・・・(ノД`)

全く予想してませんでした。

い。

先月号の感想はこちら


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊 G Fantasy (ファンタジー) 2017年 05月号 [雑誌]
価格:589円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)





また表紙画像がないんですね。

ソーマは咄嗟に額に向けられた銃口を避けたものの手に被弾。
うう・・・これも痛そう。
「なんで」って言ってることからもう坊ちゃんと同じ顔を持つシエル
以外にあり得ませんよね。

ソーマを撃った相手を攻撃しようとしたアグニをめてますし。
アグニは主に徒なす者は​問答無用​で消そうとするでしょうが、さすがに
相手が坊ちゃんならなぜこんなことを?と思うはず。

その描写なく攻撃するってことはアグニが坊ちゃんと同じ顔を持つ者
がいることを知ったからですよね。

もしくはリジーって可能性も無くは無いけど。
さすがにリジーが躊躇いなくソーマを撃つとも思えなくて。

横から同行する者に刺されてしまうわけですが、こいつは何者??
アグニよりもく、やや小柄。

こっちはアグニが攻撃してるところを見ると面識がないのだと思われ
ますが・・・
ブラバッド?

あいつこんなに強いのかな。
葬儀屋さんが同行するかと思ってたんですが、葬儀屋さんではない
ですし、なのぉおおおおお

ブラバッドがアグニを凌駕するほど強かったのなら、坊ちゃん相手の
ことであんなに動揺したりせず、もっと余裕を見せたのではと思うの
ですわ。

これまでを振り返ると小物感しかなかったですし。
私としてはブラバッドだとは思えないのですよね。
・・・( ̄  ̄;) うーん ? 誰だろう。

新キャラなら顔出しがあると思われるので​出のキャラでしょうね。

アグニはソーマに救ってもらった命だからというだけでなくソーマの
存在自体が太陽でありたくさんの人を救う存在であるのだとりきり
ました・・・
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

マジか・・・

まさかこんな壮絶な最期を遂げることになるとは・・・( p_q)
ソーマはソーマは・・・
この後どうやって生きていけばいいんだよぉおおおおおお (ノД`)

タウンハウスに戻ってきたセバさんはすぐに異変に気づいたようです。
屋敷の惨状に坊ちゃんもただならぬ状況であることを察し・・・

うううう・・・
アグニを発見した二人。

アグニは絶対にドアノブから手を離さなかったんですね。
主を守りきったんだ・・・

セバさんが外そうとしても外れなかったほどとは・・・
アグニのソーマへの思いの強さが伝わって・・・涙。

ドアノブを壊し中を覗いてみると・・・
そこには泣き崩れるソーマが。

ソーマが生きていることを知った時のセバさんの表情。
これは相当のきよう。
ちらがたまりません。
ごめん、不謹慎で (*/-\*)

セバさんが驚きの顔してますが、その意味するのは賞賛でしょう
かね。
ここまで執事に徹することのできた人間がいるとはって。

場の状況から想像するに主も殺されていておかしくない惨状にも
関わらず守り切ったんですもんね。

ただ、アグニを「執事の鑑」だとその行いを評価してますが悪魔​に
とっては「人間が一人死んだに過ぎない」んでしょうね・・・。

それとも悪魔にもかつて友人だと言ってくれた者の死を目の当たりに
して悲しいとか悔しいとかいう感情が芽生えたでしょうか。

悪魔が人間の死を悼むとは思えませんが、でも何らかの影響は与えた
のではないかと思ったり・・・。

もしかしてこの出来事を切っ掛けにこの悪魔さま、執事としての美学
己の欲望よりも優先させるってことになりませんかね?

ラストは坊ちゃんの魂を喰らうということに全く疑いを持ってはいな
かったんですが、もしかして、もしかしたら・・・
​う結末があるかもしれませんよね。

魂を喰らうという悪魔としての欲望よりも執事としての美学をとか

うう・・・
そうだとしたらこのアグニの死はとんでもない伏線になるのかもとか
思ったり。

この先、アグニを亡くしたソーマはどうやって生きていくのでしょう。
悲しくて悲しくて思考停止になります。

そして坊ちゃんはどうするのか。
ソーマは状況が読めてないから坊ちゃんの顔を見たらえるでしょうし
もしかしたら拒絶するかも。

坊ちゃんはソーマに自分と同じ顔の人間がかつて存在していたことを
話すでしょうか?
坊ちゃんのことだから隠し通してしまうかもですね。

悪魔との契約に関することにもなるし、ビザール・ドールの話もしなく
てはいけなくなるから、アグニが命がけで守ったソーマを危険に晒す
ことになりますから。

「これ以上僕に関わるな」と冷たく突き放しそう・・・
そしたらまた坊ちゃんは孤独になるのか・・・
しかもシエルがどんな形であっても蘇ってるという​事実​も知ることに
なるのですよね。

ますます坊ちゃんには使用人'sとセバさんしかいなくなる。

ソーマらを襲った者たちは最初から彼らを襲うつもりで来たわけでは
ないですよね。
何で知らない者がいる?って感じでしたし。

となると、われたのは坊ちゃん。

シエルは坊ちゃんの存在を消そうとしてるってことですよね。
つまりは坊ちゃんに恨みを持ってるってことではないかと思われ
それは坊ちゃんが悪魔と契約するときに払った犠牲と関係するんで
しょうか。

坊ちゃんがシエルの魂を渡り賃に悪魔を召喚したのなら、シエルと
しては腹の立つ話かもですが、あの状況では生きてはいられなかった
でしょうし恨むのもどうかと・・・

他に考えられる理由は???
勝手にシエル・ファントムハイヴの名前を語ったということ?
う~~~ん、でもそれによって敵を討とうってことなら理解してもら
えるように思うのですが。

やはり、それ以外の理由がありそうで。

葬儀屋さんから何か吹き込まれている可能性もありますしね。
ラスボスだと思ってる女王が裏で絡んでるのだとしたら​本気の絶望​です
よね。

いずれにせよ、この先、安寧とした展開が待っていることはあり得ない
でしょう・・・
リジーも坊ちゃん側には戻らないかもですし。

ラストに近づくほど幸せからは遠のいていくことは覚悟の上でしたが
いざ、これまで癒やし担当だったアグニとソーマがこのようなことに
なってしまうとやりきれません・・・

ううう・・・でもこれが​私の大好きな「黒執事」​なのですね。
むしろその不条理や退廃にかれ自ら絶望に飛び込んでいく私。

辛い展開を承知でこの先を見届けますわ・・・。
来月号、怖いけどはよ・・・
スポンサーサイト