薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

ボールルームへようこそ 第8話感想

ストーリーが盛り上がってきてて面白いですよね~
これまでは多々良がダンスを始めてワヤワヤしてる感じでしたが
この天平杯からは多々良がダンサーとして動き始めますからね。

っといってもまだまだの実力なんだけど。

今回は色んなところで見所満載
次回はもっと楽しめると思われますが、今回も十分の盛り上がり!

とにかく人間関係が入り乱れてますw

多々良と賀寿、多々良と雫、賀寿と真子、雫と真子。
それぞれにバトルが勃発

そこへ清春が入ったことで多々良vs雫が発生し余計にややこしく。
しかも清春は正論を言ってるけど、自分のパートナーを追い込む
ような形になってるから仙石もさすがにそれだけはやめて!!って
慌ててる。

清春のママンも曲者だし、これでもかってくらい盛り込んでますw
でもね、この先また人が増えてもっと賑やかになるのよねw
どうしようもないくらいにw

関心のある方はぜひ原作を大人買いしてね~

清春の私服は私がイメージしてた通りの色でしたわ。

多々良は賀寿にダンスを舐めてるといわれ、それを否定するために
全力で踊りますがワルツとタンゴは踊れても徐々に身体が動かなく
なって・・・

清春は自分のパートナーの雫のよりも多々良の心配。
っていうか、清春はすぐに多々良の踊りをみて消耗が激しいことに
気づいたんでしょうね。
だから4種連続で踊った経験がなければスタミナ切れになるのではと。

仙石にしたら、普段そんなレベルで踊ってないからペース配分を教える
なんて全く頭が回らなかったんでしょうね。

とくに多々良は「上手い動き」がわかってしまうからそれをしようと
して頑張りすぎてしまうと今更ながら頭を抱えてます。

この指導者向きじゃないところが仙石らしくて可愛いw

多々良がベタ足になってると指摘する清春に「初心者なんだ!」
ムキになる仙石。
「じゃ、なんで“初心者”あんなところにやったんですか」

ここはアニメオリジナルの台詞でしたね。
いい台詞だわ。

原作では真子がペットボトルを開けようとするのに堅くて開かない
ところが可愛いのですが、アニメでは多々良の消耗を前面に出す演出
でしたね。

もうダメだろうって状態なのに、次は仙石に振りを付けてもらった
クイックだから頑張ろうとする多々良。
でも、仙石はバリエーションを踊ることを禁止。

うう・・・辛そうな多々良。

多々良は自分の不甲斐なさを痛感することに。
なんでもっと早くダンスに出会わなかったんだろう。
清春や雫や賀寿たちと戦うには今の自分があまりにも情けなく思い
クイックの後は崩れ落ちる多々良。

作画も流れもいいしい展開。

っとそこへ清春が。
雫の引きつった顔がまたいいですわ。

「お前はまだ一人で勝負出来るダンサーじゃないだろ。
戦う相手を間違えてるぜ。お前が倒すべきは雫だろ。

ヒイィ~~~~~  (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル   

それをアンタが言っちゃーおしめぇだろうに・・・(((((゚.゚;)
普段言いたい放題の仙石ですら雫のことを思ったら怒る発言。
ですよね・・・

でも、清春は続けます。

「もう一人で踊るな。この勝負に勝ちたければお前が真子を雫以上の
ダンサーにするんだ。

どうやら清春は仙石にこの試合のいきさつを聞いたんだと思われ・・・

「お前だけにはその言葉言って欲しくなかったぜ」
仙石としては、正論だけど清春だけはパートナーである雫を思いやって
欲しかったんでしょうね。

元々は自分がけしかけてた勝負だというのに。

清春がクールな対応してるのはパートナーは大切にするけど、賀寿の
ように雫個人に執着があるわけじゃないってことなんでしょうね。

雫vs清春の状況になっただけでなく、賀寿vs清春もしくて(><)
賀寿は最初から清春を敵視してるというか邪魔に思ってますからね。

そこへ超ナイスバディのマリサが。
その豊満なボディに賀寿が流血w

私は真子ちゃんのこじんまりしたお胸も好きですけどね。

仙石はマリサに対しかなり横柄な態度ですが、どう考えてもマリサは
タメ口きける相手じゃないですよね。

マリサもチャンピオンだったってことは出産前に活躍してたってこと
でしょうし、仙石と同じくらいの年齢でピークだったとして、25で
出産してても現在40。
仙石とは17は離れてるでしょうから、マリサがピークの頃、仙石が
ダンスを始めたくらいになるのでは?

どういう関係でしょうね。

多々良の踊りから仙石の匂いを感じ取るなんてマリサもさすが。
仙石が他人をちゃんとコーチするなんて初めてだろうし、「誰のため
かしらー?」
なんて言ってますが、その後の「ねっ 雫ちゃん」って言葉がこれまた
気になります。

雫に関係してるの???
何れ雫は清春とのカップルを解消することになるだろうから、その後の
相手として育ててるとか???思ってるとか?
そんなこと仙石はまだ考えてないですよね。

審査員室では天平がマリサにお触り???
アニメの天平先生エロじじいになってるようです(><)
原作では紳士なのに。

マリサは原作同様、天平をなでなで。
清春はこんなママンの姿には慣れてるんでしょうね。
全く意に介せず。

賀寿や雫が話題に上がってますが、多々良のダンスは丁寧だったと天平。
いや、エロじじいに成り下がったあんたに言われても・・・って感じ
ですが(^^;

動きの一つ一つがダンスに誠実で気づいたらチェックを入れちゃってた

キラキラしてて魅惑的で目が合えば途端に引き込まれて釘付けになる
彼らの踊りを「また見たいな」って思ったんだよ

清春も納得の顔。
やはり多々良はきつけるものがあるんでしょうね。
でも、出来れば天平先生は紳士でいて欲しかった。

「お前は真子の額縁になれ」

清春の指摘の中には、実力的には多々良は賀寿に到底敵わないし、
真子と雫にも実力差がある、だけどどちらも付け焼き刃のカップル
だから、つけいる隙があるとすればそこってことなのでしょうね。

ダンスは一体感も大切だから。
賀寿はマリサが来たことで自分をアピールしすぎてて雫を見てない
から清春としては雫を活かしきれてないって思ったのでは。

多々良も準決勝では一人で突っ走ったから、そこを修正しろって
ことで。

清春は多々良が初めて組んだ雫を踊らせたことを知ってますからね。
多々良の特徴である相手の情報を読み取る力を評価してるからこその
アドバイスだったんでしょう。

ところが、多々良はそれをちょっと別方向に取ってしまうわけですが。

ラスボス感漂わせてる雫に多々良は話しかけます。
今回雫の作画がいいわ。

多々良は清春の発言は雫を取られたくなかったからだといいますが
雫はそうは思って無くて。
清春は特別で、この先とんでもなく上手くなるという雫。
私はおいていかれる

多々良は元々この対決は雫が賀寿と組んだことから始まっているのだし
清春と話し合うことを進めますが、雫にとってはもう違う意味が出て
きてしまったよう。

賀寿はマリサの前でアピールする気満々ですが、雫は清春の前だか
らこそ全力を出すと。
もはや、賀寿と真子の兄妹喧嘩では済まなくなってきてます。

雫にも意地があるってことですが、多々良は苦しそうだと感じるん
ですよね。

多々良は雫のためにも雫をすことを決意。
どうすれば勝てるか考えますが、多々良の力ではどうすることもできず
真子に何をすればいいかを尋ねて・・・

「真子ちゃんの邪魔にならないようにする」

これには真子の方が反応。
いつも兄からどう踊りたいのか聞かれても応えることができなくて
邪魔にならないようにすると返事するのが精一杯だった真子。
でも、それで賀寿はキレてたんですよね。
どうなりたいのかが伝わってこないからやる気が失せると。

ここで真子も一歩踏み出しましたね。
多々良が自分と同じことを言ってることで兄が何を求めていたのか
理解できたようで。

私を“花”にしてください

おう!真子が自分を出した!!
さぁこっからですよ、天平杯は!!

バックの黄色いバラが効いてますv
原作でも額縁とバラが描かれてますが、色が加わることでより一層
演出が際だってます!


今回ダンスシーンは少なめでしたけど、周りの話がよく動いてたから
気になりませんでしたわ。
それに次回の方がダンス多いですからね。

話の構成も若干変えて、わかりやすくなってたのも良かったです。

取りあえずは最初のクライマックスですね。
それぞれがそれぞれの想いを胸に本気の勝負。

次回、真子ちゃんの活躍を楽しみにしたいと思いますv














スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

「キングダム」47巻ざっくり感想

表紙の楊端和が美人さんv
これまでの感想はこちら
今回もざっくりで。





秦連合軍、国の興亡を懸け、趙王都圏へ。
覇権の行方は!?
趙軍驚愕の秦連合軍による趙王都圏進軍。
未踏の領域への進軍に立ちはだかる最初の関門は趙国門・列尾!
秦軍は突破出来るのか…!?
さらに今決戦の最大の攻略標的地・ギョウをめぐる王翦と李牧の
知略戦が誰もが予期せぬ方向へと進んでいく…!?

列尾に到着し王翦は山の民と飛信隊に城攻めを指示。
楊端和は割と平然と城攻めは簡単だと。
おお~~~なんかかっこええっす。

城に梯子をかけると山の民は次々に上っていって。
山の民よくわからないんだけどい。
飛信隊からは弓の名手を出して欲しいという楊端和。

ここで仁と淡が初めて表舞台に。
ところが、結構な距離があるというのにこの二人にしたら距離が近すぎて
相手の顔が見えてしまうと困惑。

この二人はまだ人を的に矢を射ったことがないんですよね。
うう・・・
でも戦場だからね。

二人が躊躇してる間にどんどん山の民に犠牲が。
ついに兄の仁が決心

仕方ないよね。
こういう場に来てしまったのだもの。
自分が射なければ犠牲は増えるばかりだし。

自分たちには覚悟が足りなさすぎることと手の震えが止まらないことが
予想外だったと仁。
が、この距離なら手の震えは問題ないと覚悟を決めます。

「兄ちゃんに続け!」と淡に叱咤。
さすがは仁。
一矢で即死させるとは。
一撃必殺。


これは確かに戦力だわ。
遠距離からあっという間に敵を減らしてしまうんだから。

本来はもっと距離があっても狙えるわけだし、絶対敵側が届かない距離
から射ることが可能ってことは味方に被害を出さずに攻撃出来るってこと
ですもん。

兄にばかり辛い思いはさせないと淡も弓を放ちますが、こっちはアカン。
涙で前が見えてないし、全く当たらず・・・。
戦場には不向きなほど優しい性格のようで。

でも、お父ちゃんはガンガンやってたと思うで。

そうこうする間にバジオウが塀に上って敵を一気に蹴散らし、別部隊は
地下に潜入し城門を開けることに成功。
山の民素早い。

門が開いたところへ飛信隊がダーーーーーっとなだれ込んで・・・

ところが、飛信隊の新人たちはビビってしまったよう。
そりゃ目の前で死闘が繰り広げられるわけだし、さっきまで元気でいた
者の首が次の瞬間飛んでるんですもん。

考えただけでも恐ろしい。

信も王騎将軍のでの初戦闘。
さすが、信!
使いこなしてる!

っと思ったら豪快に振りれてたとはw
それだけ王騎将軍の矛はいってことのよう。

そりゃそうでしょう。
あの王騎将軍だからこそ振り回していられた矛ですから。
信にはまだしそう。

でも、なんだかんだで山の民も城内に攻め込み城は陥落。

おお~~~~山の民も飛信隊も大活躍だわと思ったのに、李牧は城に
細工を施していたようで。
王翦将軍はすぐにその秘策の存在に気づいたようです。

って、私、YJ本誌を読んでた時はさっぱりわからなかったんですわ。
王翦が一体何に気づいたのか。

王翦は折角列尾を落としたのに、そこに全軍を待機させたまま自分は
どこかへ行ってしまうのですよね。
おいおい、どうしちゃったんだよ???ですよね。

が、李牧は「もし自分が王翦の立場ならあるものを確認しにいく」と
呟いて・・・

私はもうさっぱりですが、王翦は李牧が考えることと同じ行動を取って
るってことなんですよね。

で、城の仕掛けに蒙恬も気づいたようで。
列尾は意図的に弱く作られた城なんだとか。
え~~~なんで自分たちの城でそんなことするの???

って思ったんですが、それは敢えて城を落とさせて後でまた奪い返し
易くするため
のようです。
つまりは秦軍が列尾にいる間に後ろに回り、取り囲んで敵を殲滅する
ってことのようです。

王賁、桓騎、端和も城について気づいてたようですが、信だけは全く
わかってなくて(^^;
うん、だよね。
君は頭を使う担当ではないからねw

私も信のことは笑えないけどw

が、みんな城の秘密には気づいたものの、王翦が何の目的でどこへ
行ったのかまではわからなくて。
あ、桓騎だけはわかってたようですね。

このおっさん、ほんと侮れないというかいわ。
桓騎は王翦が鄴が落とせる城かどうかを偵察に行ったのだと。
ってことは彼もまた王翦や李牧と同じことを考えてたってことですよね。

王翦の見立てでは鄴は攻め落とせない城。
でも、いにいくと。

これがまた私にはさっぱりのことで。
一見矛盾したことを言ってるようですが、後から王翦の行動を知ると
なるほどってなるんですわ。
この時点では私は本誌読んでもちんぷんかんぷんw

???が飛び交ってました。

旦那と息子は王翦がどうしようとしてるのかをあれこれ考察してまし
たけどね。

王翦は昌平君の策ではこの先は無理だってことでここからは自分の策で
進める
と宣言。
つまりここからは王翦と李牧の知略の戦いだと。

軍を進めることは無謀だと回りが考える中で、桓騎だけは王翦は負ける
戦はしない
と断言。
どういう方法を取ろうとしているのかは不明でも。

ずっと王翦の副将をしてたってことで桓騎は王翦がどういう人物か熟知
してるんでしょうね。

李牧ですら王翦が取った策は愚策で秦は負けるときっぱり。

王翦は鄴を攻めるのではなく、周りの小さな城を攻め、そこにいた民を
解放します。
すると民は一目散にある方向へとげていき・・・

王翦はこの繰り返しを指示。

私はてっきり趙の民を王都に向かわせ、あまりの数に戦が出来ない状況に
するんじゃないかと思ったんですが・・・違いました。

私の予想は正解ではなかったですが、方向としては間違ってはいません
でしたね。

これからまだこの戦は長引きそうです。

本誌でも王翦の目的は判明してもまだ秦が有利になったわけでもなく、
混戦してますから。

結果は史実でわかってるんですけどね。
どう魅せてくれるんでしょう。​

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2017/08/30 00:51 ] キングダム | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ2017 39号一言感想

では、今週も気になった作品のみ一言感想を。

食戟のソーマ
負けちゃったと思ったら、これも想定内だったんですね。
体力を削ぐってのがよくわかりませんがw





Dr.STONE
絵はとにかくアレですが、勢いがありますね!





斉木楠雄のΨ難
海藤妹が正論過ぎてv





約束のネバーランド
最後の人はちゃんとふたを閉めたとしても土はどうなるんだろ。
入り口バレないのかしらん。
机に足乗っけてるおっさんはミネルヴァさんじゃないよね。
ミネルヴァさんはもっと紳士的な人のイメージ。





鬼滅の刃
扉絵に毎回感心!
良い構図だわ。
善逸の表情が謎だけどw
鯉夏姉さんがピンチ (゜ロ゜)
でも、実は・・・とかって展開が待ってる気がする。





阿波連さんははかれない
結構面白かった。
阿波連さんが小さくて可愛い。





貧民超人カネナシくん

亀梨くんも面白いけど鶴見さんが気に入ったw





火の丸相撲
みんな髪型が収まっていて良い感じ。
火の丸もあのワシャワシャした頭はどうも苦手だったし、今の方が
断然良い。





磯部磯兵衛物語
やはり先生はい。





では、今週はこの辺で。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2017/08/29 00:25 ] 少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

ボールルームへようこそ 第7話ざっくり感想

おや、電車で仙石と一緒に会場入りしたとこはカットなのね。
真子ちゃんは地元なので現地集合。

仙石の昔の燕尾をもらって喜ぶ多々良でしたが、仙石が今23才なので着て
いた当時は13才。

多々良は中学3年だから・・・
年下のお古を長け詰めて着てるってことでショック。
多々良は仙石ほどには成長しないってことですかね。

仙石が23ってのにも驚きですよね。
原作読んでる時ほんとびっくりしたw
もっとおっさんかと・・・

多々良は自分で襟足を剃ったんですけど傷だらけ(^^;
結構怖いことするわw
誰かにしてもらえばいいのに。
そういうのは人に頼るってことをしてこなかったんでしょうね。

真子ちゃん、多々良に選んでもらった(といっても適当に答えたようにも)
黄色のドレスをお披露目。

ところが多々良はわぁ~♪っと思うも場慣れしてないから、すぐに褒めて
あげられず。
滅茶苦茶黄色が似合ってるのに!
また閉じこもってしまう真子ちゃんが可愛い

ちゃんと真子ちゃんの女心を理解してる仙石が頼りになるわw
で、雫は・・・
こっちはもうかっこいいですよねv
可愛いと言うより妖艶て感じですもん。

賀寿は「未来の嫁」のつもりのようですが、それはないだろなw
賀寿は長い襟ありを結んでますが、仙石はこういうのは好きじゃないん
ですよね~~
まぁ襟足が長いのが好きじゃないということですが。

この試合で勝ったらペアを戻して欲しいという多々良に賀寿はあっさり
とこのまま固定でいいだろと。

う~~~ん、確かにそうなんですよね。
身長的にも合ってると思うし。
今の真子ちゃんではやっぱり賀寿には物足りないと思うのですわ。

でも、真子ちゃんはお兄ちゃんとまだダンスがしたいんですよね。
難しいところだわ。

競技ダンスはチェック方式。
審査員が何組かを見比べ、比較採点で上位半数の選手にチェックを入れる。
集計された成績は張り出されて半数の組が次の予選に進むってことで。

原作では紙の採点だったと思うのですが、アニメではタブレットというか
スマホ?のようですね。
ほぉ~~~~

賀寿と雫の組は踊る前から審査員全員がチェックを入れたようです。
上手い組はシルエットだけでわかるようで。
さすが。

なんて話をしてたら真子ちゃん・・・
いお胸になって帰ってきたっっww

ツルペタだっていいのに。
なんてことにw

今回は多々良が初めてエントリーして出る試合!
前回の雫と踊ったワルツはデビュー戦にはなりましたけど、ちゃんと
エントリーしたわけじゃなかったですからね。

緊張する多々良。
さすが真子ちゃんは経験者だけあって落ち着いてると思ったら・・・
あっら~
原作では手が震えてた真子ちゃんなのにアニメではまた可愛らしい!
何これ天使

クイック以外はベーシックで堅実に点を稼ぐ作戦。
ところが、なんとまたも清春と雫のバリエーションを入れてきて(^^;

雫はこれをみたから清春は三笠杯で“あんなタンゴ”を踊ったのだと賀寿に。
清春が目で追ってるのは多々良。

賀寿は多々良の踊りを見てり心頭
多々良は賀寿にも刺激与えちゃいましたね。

勝手なことをして謝る多々良でしたが、仙石にしたら三笠杯の件は多々良
にとってトラウマになっていると思っていたのに逆に楽しい思い出だと
知ってびっくりw

仙石にも太ってぇ野郎だと思わせるほど多々良のメンタルは時として
「俺ならチェック入れてやってもいいかな」仙石もまぁ仕方ないってとこ
でしょうね。

清春のバリエーションを踊った多々良に対する怒りをタンゴにぶつける
賀寿。
ちょうどタンゴでよかったw

賀寿のタンゴをみて身体が動かなくなってしまった多々良たち。
ところが・・・
他の組にぶつかった勢いで真子のお胸に入っていたパットが・・・
飛びったw

真子ちゃん、どんなけ詰め込んでたんだよw
そしてどうしてこんなにパットを持って来てたんだよw

ほとんどの組がパットを踏んですっころんでしまったようで。
これ反則にならないのかしらん。
原作だと滑ったのは一組だったのに。

真子ちゃん動揺するかと思えば
「大丈夫ですよ、まだ片方残ってますから!」
そういう問題じゃないよぉおおおw

会場中が笑いに包まれてるけど、笑いで許してもらえる範囲なんで
しょうかw
取りあえず、多々良は落ち着き調子も戻したようで。
真子ちゃん同様、凄いメンタルだわさ。

動じないってより、よくわかってないのかもですけど。

惨事を引き起こした二人でしたが、一応1次通過。

が、2次予選では賀寿と同じヒートに。
他の選手は気にしないようにしていても観客の視線が全て賀寿たちに注がれ
目の前で踊っていても多々良たちはスルーされて。
これって屈辱的だとは思うんですが、まだ多々良はそれを悔しがる実力では
ないと思うんですけどね(^^;

クイック・ステップではとにかく良い場所をとってアピールしようと曲と
同時に走り出すも、なんと賀寿たちも同じ考えで。
いきなりぶつかる二組。

賀寿が観客席まで吹っ飛びました。

でも、相手は多々良なのに賀寿の方が吹っ飛んだのはなんででしょうね。
普通なら身体の小さい多々良の方が体制を崩したり飛びそうなのに。

賀寿は怒り心頭で多々良に詰め寄るも多々良は踊ることを辞めてなくて。
フロアでの失敗が生きてますv

そして、な~~ぜか、ぶつかった音が清春に。
それまでロシア語で話してたとこで清春が日本語話したから罰金ってw
清春ママンが登場です。
彼女がまた強烈キャラなんですよね。

原作ではロシア語で会話してるんですけど、やっぱり日本語でしたねw
久しぶりの清春しい。

控え室でぶつかったことにキレまくる賀寿でしたが、多々良引かず。
強くなりましたよね。
以前の多々良だったら絶対に謝ってるし、そもそもぶつかって平気でいられる
はずもなく。
強くなったわ。

兄妹喧嘩に発展し方言の応酬。
なんかよくわからないんだけど真子ちゃんが可愛い
原作ではグーパンをお兄ちゃんにお見舞いする真子ちゃんでしたが、アニメでは
ペットボトル?持ってました?
どっちのが痛いんだろ。

その後、雫が勝負の内容を知ってこれまたお怒り。
「へぇ・・・フジ田くんは真子ちゃんを私より上手に踊らせる気でいるんだ」
見くびらないで

雫も自分と真子との実力差をわかってるでしょうけど、多々良が勝つつもりで
いることが気に入らなかったんでしょうね。
多々良は初心者過ぎて雫と真子の差がわかってないってことですね。

しかも賀寿は多々良が清春のバリエーションを踊ったことをオナ○ーだと。
ダンスなめてるんかい?

原作では「人のダンスなめてるんかい」だったからちょっとニュアンスが違う
感じ。

多々良も舐めてるといわれて気合い入れ直したようで、仙石に教えてもらった
通りに踊ると決意。

っとそこへ現れたのはマリサ先生。
元プロでスタンダードチャンピオン。
そして清春のママン。

雫と賀寿はすぐに反応してます。
これは下手な踊りみせられないと。

多々良はマリサ先生のことを知らないから無反応。

予選はいっぱい失敗したからここから先は1つの失敗も許されない。
4種全部パーフェクトのベストダンスを踊ると飛ばしてて。

特別審査員として準決勝から参加したマリサですが、早速真子ちゃんに
気づいた様子。
多々良に関しては・・・
うううううう。

仙石は雫が賀寿と踊ってることを清春に話さないかとドキドキ。
ややこしい勝負になってますし、何より雫は清春に内緒で賀寿と組んでるわけ
ですもんね。

ところが・・・
清春本人もいた!!!!!

驚きを隠せない仙石w

ハハハここまでは笑えるんだけど、ここから先は笑えない展開に。
さぁ、こっからが天平杯の面白いところv










ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ボールルームへようこそ 第6話ざっくり感想

アニメだと賀寿はかなりキレてるキャラになってますね~
原作だとここまでキンキンしてないんですけど。
まぁこれくらいキャラ立ててた方がはっきりしてわかりやすいです
けどね。

ただ群馬の方言は聞き取りにくい(^^;
真子ちゃんはわかるんですけども。
う~~~ん、賀寿は方言入ると台詞がどうも単調に聞こえて・・・
賀寿の中の人頑張れ。

賀寿のおでこでグイグイいくのはアニメオリジナルでしたね。
顔近すぎて笑ったw
息がかかる距離だよね。

たわし呼ばわりされてる多々良が「便所ブラシ」って言い返して
ましたが、これもオリジナル。
確かに似たような髪してますからね、この二人。
どっちもどっちでw

私としては賀寿が雫と踊りたい気持ちもわかるんですよね。
だって、やっぱり自分が好きな子と踊れた方がテンション上がると
思うし。

妹でしかもかなりの身長差があるなら賀寿が物足りないと思うのも
仕方ないかな~っと。

真子ちゃんにしたら、また別なんでしょうけども。

とはいえ、雫は清春のパートナーで、清春に話を通してないのに勝手
に話を進めるのはよくないよなっと。

非公式でまずは試してみるってところからで十分ではないかと。
雫だって、今は清春に腹を立ててるだけで、清春よりも賀寿と組みたい
と本気で思ってるわけではないんだから。

それにしても、雫もだけど賀寿もおよそ高1とか中3とかには思えない
ほど立派なスタイルで。
見応え十分v

私も知らなかったんですが、競技ダンスではなで肩で首が長い方がいい
みたいですね。
賀寿は理想的な体型のようです。

アニメの真子ちゃんは可愛さ倍増ですよね♪
原作でも健気でいじらしいけど、アニメの真子ちゃんは前髪がクルン
ってなって気に入ってます。

今回は仙石が環ちゃん相手に手本を見せるとこよかったですわ。
やっぱり仙石はってなんぼ。

リハーサルなんて無くてもリードがいと踊れちゃうんですね。
やっぱり時々は仙石を見直しておきたいw
後々仙石の見せ場もあるので期待してますv

仙石が多々良たちにちんちくりんが勝つための特別のバリエーション
付けてくれましたv
審査委員の天平さんが派手好きだからそこで点を稼げってことですね。

でも目立つためのルーティンをするためにはそれなりの技術がないと
逆に悪目立ちしてしまうから諸刃の剣ではあると思いますが。

早速取りかかりますが、またも多々良の観察眼炸裂
あっという間に振りを覚えました。

こういうところで主人公らしさを出しておかないとね。
仙石さんが見せた振りを1回で覚えちゃいましたが、清春たちのバリエも
1回で覚えたんですもんね。

さて、今回の多々良の課題は「フロアの使い方」
とはいえ、教えてもらってないことは知らないですよね(^^;
いつも他のカップルがいないところでレッスンしてるからルートを考える
とか必要なかったですしね。

フロアは反時計回りに動くことが判明。
ラインオブダンスという大まかな進行方向があるのだそうで。

例えぶつかったとしても踊りを止めてはいけないんですね。
それは結構大変なことの気がしますが、競技ダンスをしてる人にしたら
当たり前のことなんでしょうか。

瞬時にルートを確保したりとリーダーはいろんなセンスがいるようです。

夜に真子ちゃんから電話があったのを多々良父が取って勝手にペラペラと
しゃべってしまっててw
若い女の子からの電話なんてこれまでなかったでしょうからお父さんも
嬉しかったのかw

多々良のとこは両親は離婚してて父子家庭なんですよね。
多々良はそういうのをみてるからカップルは夫婦のようなものだと聞いて
ちょっと特別な思いがあるようで。

残された方の気持ちに思いが行くってことはお父さんが残された方ですね。
わかります。

真子はいつも他人のことばかりを考えてる多々良に「もう少し自分のことも
考えてください」
と。
多々良が踊れば自分は勝手について行くから「気持ちよく踊れる場所を見つけて
舞台に立ち続けてください」なんて、真子ちゃんの心意気が素敵!

これまで相手にしてくれる人なんてほとんどいなかったのにダンスを始めた
ことでたくさんの人が構ってくれるようになって感動する多々良に私も
うるっときましたわ。

お父さんやおばあちゃんは構ってくれてたと思うんですが、他人からは
ほとんど関心を向けてもらえなかったんでしょうね。

女の子と踊れることが奇跡ってくらいだから、ホント多々良は今の状況が
とても嬉しいでしょうね。

ありがとう 僕を舞台に立たせてくれて
遠慮はしない がんがん攻める


そんなかっこいいこと思ったこともない多々良でしたが、​​ダンスではそれが
​許​される​
ってことで一つを開きましたね。

「フロアに執着はないのか!?」って苛立った仙石でしたが、翌日の多々良の
表情で変化を察知。

攻めの姿勢に転じた多々良は堂々としてて自信れてますね。

急にダンサーの顔になったと満足気な仙石。

勝つために必要な条件は明確「魅せた方が勝つ」

リード&フォロー、一体感、フロアを読む力、構成力
そして自信存在感

多々良にそれがわったと仙石は感じたようです。
仙石にこんな風に思わせる多々良はやっぱりいんでしょうね。

まだ技術的には未熟ですけどね(^^;
さぁ面白くなってきましたよぉ~
いよいよ天平杯♪


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ2017 38号一言感想

今月はお盆休みが入って楽チンと思ったらとんでもなく、ずっと高速を
移動するという結構忙しい毎日でした。
睡眠時間もいつもより少なくてなんかお疲れ気味。

別冊マガジンの感想も新刊の感想も書けてないけどGFの感想を最優先にして
取りあえずWJの感想を入れておきます。

では、気になった作品のみ一言感想を。

約束のネバーランド

ソンジュは飼育された人間ではなくて天然物の人間を食べたいからエマたち
を助けて天然の人間を増やそうと思ってたんですね。
あらら・・・親切な鬼だと思ったらとんでもなかったですわ。
ムジカは人間を食べる必要がないってのはどういうことなんでしょうね。
鬼にもまだまだ色々ありそうで。
目的のポイントには何もないようですが、この先の展開は全く読めなくて
楽しみw





Dr.STONE
何が凄いって「ONE PIECE」より前に載ってる。





ハイキュー!!
おお~掲載順位が上がってて嬉しい。
音駒の話なのもいいけど、試合の流れがよくわからない。





鬼滅の刃
相変わらず扉絵とかドキッとする構図持ってくるなぁ。
コマ割りもいいし、この花街の話は特に面白いわ。
蕨姫の鬼っぷりが素晴らしいし。
でも善逸がピンチ。





ブラッククローバー

やっぱりユノにはイケメン枠で活躍して欲しい。
今後ももっと出番増えますように。
ノエルも頑張ったね♪





食戟のソーマ

一体どんな味なんだろうねw
それにしても全敗とはびっくり。





僕たちは勉強ができない
相変わらずここもハーレムしてるだけなんだけど女の子たちが可愛いん
だよな。





斉木楠雄のΨ難

便座は下げろ





銀魂
劇場版は評判いいようで何より。






では、今週はこれで。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2017/08/22 22:04 ] 少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

黒執事 Gファンタジー9月号「その執事、宿老」感想

嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼・・・!!
坊ちゃんもシエルもなんて可愛い!!!!
6才にしてはかなり幼いようにも思えますが、そんなことは
どうでもいいくらいとにかく可愛い!!!!

先月号の感想はこちら





今月号の扉絵は32話の扉絵とになってるものでしょうか?
32話ではシエルが坊ちゃんにシロツメクサの王冠を渡して、それを
今月号131話で坊ちゃんが頭に乗せたという・・・

うう・・・なんて前から練られていた構成なんでしょ。
そして作画がろしくハイスペックに!!
32話の時点でも坊ちゃんたちはすでに天使可愛らしかったんですが
今月号は身悶えせずにはいられない!!

大切な君に白詰草(シロツメクサ)の約束を。

シロツメクサの花言葉は・・・幸福、約束、そして復讐

最初からずっと伏線が張られてましたが、一番早くでは3巻のセバスの
シネマティックレコードの「指輪」と、マダムレッドのシネマティック
レコードの赤ちゃんを抱っこしてるところでしょうか。

明らかにマダムレッドが一人を抱き、姉の横にも一人の赤ちゃんがいます
もんね。
その後も何度も双子だということが描かれてきてますが、先月号に引き続き
今月号もそれらを一気に拾い上げてきてます。

セバスチャンはなんで坊ちゃんにだけ吠えたんでしょうね。
坊ちゃんは黒くて大きなセバスチャンが苦手だったのかな。
だから悪魔にセバスチャンだったんのかw

でも、セバスチャンはきっと意地悪してるつもりじゃなくて、坊ちゃん
にとって危ないと思われることからってるつもりだったんじゃないで
しょうかね。

坊ちゃんがお屋敷の窓からみんなを眺めている場面、これは3巻のマダム
の回想のとこですね。
あの時リジーと遊んでいたのはシエルで、坊ちゃんは眺めていたんですね。

パパンが帰ってきたことをすぐに察してお迎えにでるセバスチャンがいい。
悪魔セバスにもぜひして欲しいw

坊ちゃんは体質とかもママ似だったんですね。
二人はそっくりなのに “身体が弱いのは僕だけ”

パパンがディーを家に連れてきたのは緑の魔女編の101話ですね。
シエルが行ってみようって誘ってあの場面へと続くようで。
あの時もカーテンから覗いてる子とパパンの膝の上の子といましたもんね。
明らかに人見知りしない方がシエルで、隠れてる方が坊ちゃん。

「もし私に何かあっても」ってパパンの台詞が気になりますよね。
何か起きることはあらかじめ予想してたってことなんでしょうか。

ディーは次男の方の坊ちゃんを気にかけてたようです。
「次男は爵位も領地ももらえない
いずれ家を出て一人でやってかいかないといけないんだ」

この時代、家を継げない次男や三男は医者になったり弁護士になったり
してたようですから、いずれは坊ちゃんもそうなるし強くないとやって
いけないぞってことだったんでしょうね。

シエルを膝に乗せてる微笑んでるパパンは眉と髪は違うけどセバスによく
似てますね。
そして、シエルの背中から腰のラインが可愛い!! ( ´艸`)
7才にしてはちと幼い感じもあるけど、可愛いからいいのw

そして久々のお父様の登場っw
ケルヴィン男爵との初対面!!

あの時も明らかにパパンの両脇に子供がいましたもんね。
恥ずかしくて挨拶が出来なかった坊ちゃんとはきはき挨拶するシエル。

ケルヴィン男爵が“3人から目が離せなかった”と言った3人はパパンと
双子のことだったんですよね。

そりゃもう別世界だわさ。
悪の華Wリトル悪の華・・・
目をわれないわけがない!

これでお父様は人生わせてしまったわけですね。
はぁ・・・魔性の父子。

葬儀屋さんは双子ちゃんをリトル・ファントムハイヴって呼んでたよう
ですね。
どっちがどっちか見分けがつかないみたいだけど、どっちもファントム
ハイヴだから問題ないようでw

でも、ディーは性格で見分けてたようだから、葬儀屋さんはそこまでは
双子ちゃんと絡むことはなかったってことですかね。
とはいえ、頻繁にお屋敷に出入りしてた感じですよね。

今は葬儀屋さんがお屋敷に来ることはないってことはパパンとの間で
特別な関係があったってことでしょうか!?
非常に気になるところです (/ω\*)

そうそう、アグニが見つけた写真も判明しましたね。
恐らくこの時のツーショット写真をみつけたのでしょう。
確かに衝撃だわ。

旋毛の位置くらいでしか判別できないそっくりな二人。

シエルはとても明るくて坊ちゃんのこともとても好きだったようですが
坊ちゃんはシエルをましく思ってたようで。

僕たちは同じ顔をしているけど 何もかもが違う
元気で優しいのは シエルだけ
強くて頼れるのは シエルだけ
伯爵になれないのは 僕だけ


坊ちゃんは相当、シエルに対し羨望を抱いたのではないかと思われ・・・
坊ちゃんはシエルが持っているものを欲しいと思ってたんでしょうね。

シエルがいなくなることでしか手に入らないものとか。

シエルはやっぱりエリザベスのことをリジーと呼んでますね。
坊ちゃんはそれほど親しくはなかったんですかね。
エリザベス呼びでしたし。

それに一緒にイースターを祝うこともなかったんでしょうかね。
リジーがイースター・エッグを初めて作ったことも知らなかったですし。
本当に身体が弱くてほとんどは一人で部屋で過ごしていたんでしょうか。

まだ幼いけど心の中にが生まれてきてたんでしょうかね。
認めたくないけどシエルへの羨望は嫉妬と紙一重だったのかもです。

シエルの方も、「Book of Circus IV」生産限定版の特典コミックで
みせた坊ちゃんへの執着の表情がを纏ってるぽかったですよね。
「偽物はいらない」
ちょっと狂気を孕んだ表情でしたよね。

描き下ろしコミックは、ボート遊びの前日にシエルがパパンとディー
とでママンと坊ちゃんのために料理をした話だったのですが、まさか
こんな形で続きが読めるとは・・・

あの時は部屋に二人分のお皿が残っていて、双子を裏付ける
決定的な
描写になってましたよね。

特典コミックの感想はこちら

これは今からでも購入する価値ありです!





そういえば、シエルは坊ちゃんのことをずっと「お前」って呼んで
ますね。
名前が出てこない。
タナカさんも「坊ちゃん」って呼んでるし。

結局、ボート遊びには行けなかった坊ちゃんでしたが、それまでには
あんないきさつがあったんですね。
坊ちゃん、健気。 ( p_q) 
且つがりなとこも。

シエルに対して劣等感を持ってたようですし・・・
虚勢を張ってしまうところがあったのかな・・・
優しい紳士的な気遣いでもあり、坊ちゃんなりの意地のような。

はぁ・・・こんなにそっくりな顔してるのに全くキャラが違ってたん
ですね。
タナカさんを前にしてぽろぽろ涙を流す坊ちゃんが愛しい
睫から滴り落ちる涙をめたいですわ。(*´д`)ハァハァ

もう、今回はショタ好きには刺激すぎるんじゃないですかね。
お手々とかお膝の裏とかぷっくり顎のラインとか・・・
私ですら永久保存版ですよ。



両手いっぱいにお花を抱えて帰ってきたシエル。
輝かしい笑顔の園は、花のように儚くて・・・。

僕は 幸せだったーーーーーー
あの日まではーーーーーー


ヒィ~~~~~~~~  (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

次号、ついにあの事件について描かれるんでしょうか!?
うわぁ・・・

読みたいけど読みたくないというか、終わりに近づいていくのを感じたく
ないというか・・・

嗚呼嗚呼嗚呼亜・・・・・

でも、読みたい。

うう・・・あの事件の​真相​には触れることになるのでしょうか?
坊ちゃんは犯人を知らないのですよね。
シエルだって知らないはず。

どこまでが語られるのでしょう。

知りたいけど知りたくない
なんてしい ジレンマ・・・

なんとかしてよ、セバスチャン(><)

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2017/08/22 01:30 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)

「私の少年」3巻感想

うわぁ・・・
ヤバいよ、ヤバいよ。
これホント着地点どこなんだろ。

これまでの感想はこちら





お互いにとってお互いが必要。
二人の穏やかな時間がずっと続いて欲しかった。

帯の通りですわ。
でも、そういうわけには行きませんでしたね。

私も自分の子供がよくわからない大人にこっちがびっくりするほど
懐いていたら危険を感じるし、誑かされているに違いないって思い
ますわ。

怖いことですもん。

真修の家の場合、お父さんは自分では精一杯やってるつもりでも、子供
には十分向き合えてなかったんでしょうね。
聡子にはネグレクト気味に見えていたようですし・・・
そこまで子供に無関心とか放任ではなさそうなのでちょっとホッとは
しましたけど。

でも、子供が外泊していても気づかないとか普段どのように過ごしている
のかも把握していないとかは子供にしたらさみしいことでしょうね。

真修が見えてないために彼がを欲しがっているのかを理解できてない
ようですし。

真修にしたら自分に向けてくれる聡子の思いがしくて、一緒にいるのが
心地よくて、いつの間にか母親に向ける想いというより恋愛感情に近い
気持ちを持つまでになってたんじゃないかと思うんですが、真修は賢い子
だから、今の自分ではとても聡子の恋愛対象にはなり得ないとわかってて
それで背が欲しいなんて言ったのかと思うと切ない。

聡子は真修のことが気になってただ一緒に居たいって願ってただけですが
親の知らないところで未成年の子と親しくなるのは常識的には不味いです
よね。

聡子だってあまり真修と近くなりすぎる関係は良くないと思っているのに
真修と居る時間が聡子にとっても幸せを感じる時間になってしまってて。

冷静に考えたらわかることなんだけど、気持ちが付いてこないというか
心地よさが勝ってしまって離れられないヤバい状態。
まるで○倫のようなもの。

真修を放っておけない聡子の気持ちはわかるのですよ。
だけど他人の家庭に関与するってことは簡単なことではないのです。
例え、気の毒に見えたとしても関わるってことはそれ相応の覚悟がない
と今の時代はしい。
昔のように単純に世話焼きばあさんでは済まされませんからね。

聡子は転勤になり、実家に戻り強制的に真修とは離ればなれになった
わけですが、聡子は大人だし自分がしたことの責任をとる立場だから
仕方ないにしても、真修は聡子が居なくなった後、どんな状況だったん
でしょうね。

自分の責だと聡子に対し申し訳ない気持ちで落ち込んだだろうし、聡子
に会えない寂しさで毎日かっただろうなと。

真修の父親に聡子が挨拶できて、サッカーの練習の許可をもらえた時まで
Happyだったのに、まさかの急展開で。
軽く目眩すら覚えましたよ。

このまま、二人はどうなってしまうのだろうと思っていたら、なんと真修と
仙台で再会!?

一体どうして?
真修は仙台に住んでいるのか、たまたま修学旅行とかで来ていたのか?

あまりにも突然の再会に私もびっくり。
まぁ再会してくれないと話も進みようがないから、わかりきったこと
ではありますけどね。

そうそう!
真修 中学生になってましたね!
ずっと小学生のままで話が進んでいくと勝手に思い込んでいただけに
私も聡子同様に戸惑い

これで真修が今も尚、聡子が好きだったとしたら、もう真修は聡子以外
の女性に目がいかなくなってしまうんじゃないでしょうかね。

真修は一途に思い続ける子のようですし。
32才OLと14才中学生になって・・・ますますうい。

この先真修は成長し続けるようですが恋愛に発展していくんでしょうか?
聡子にとっては真修から想われたとしてもそれを受け入れるのはとても
難しい選択になりそうです。

とはいえ、折角の旧友からのプロポーズも「欲しいものはこれじゃない」
っぽく断ってしまいましたし、聡子も自分の欲しいモノが何であるのかに
気づいてますからね。

はぁ・・・それにしても長髪の小学生真修も魔性だったけど、髪を
切った中学生真修も魔性

随分と背も伸びて・・・
どうなるんだよぉおおおおおお!!!!

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「ボールルームへようこそ」9巻感想

ずっとアニメ化を待望してたこの作品がやっとアニメ化されて大喜び
なんですが、原作の方の感想が追いつかなくて。
特に9巻はボリュームの内容も凄いから何度も何度も読み返して・・・

ホント面白いわ。
まとめ買いすることをオススメ。

これまでの感想はこちら





都民大会A級戦。
この大会で優勝しなければ<グランプリin仙台>には出場できない
ばかりか、千夏とのカップルは解消になってしまう。
多々良と千夏は、お互いに不満を抱えながらも予選の舞台へ。
自らの不甲斐なさをダンスにぶつけた多々良は千夏との“一瞬の調和”
を生み出す。
模索を続ける二人のダンスはー!?
そして、そんな千夏を意識する明、優勝大本命の釘宮など周囲の
ダンサーたちにも変化が‥‥。

いや~~~今回はかった。
とにかく読むのに体力奪われるというか、エネルギーが枯渇するw

一瞬の調和を見せ、これで多々良と千夏は上手くいくのではと思った
のにとんでもないだったw
その後もずっと鬼の形相で踊り合ってカオス。

ステップは乱れなく刻めているのに全く美しさを感じないとはw
どんなダンスなんだよって感じですよね(^^;

「彼らは一体何と戦っているのだ」審査員にも理解不能w
他の組をまともに見ることすら忘れてしまうほどのインパクトのため
審査員たちは二人が目に入ってしょうがないようです。

もっとダンスとは調和が・・・とか思うも、まだそのレベルでの評価
をする段階ではなくて。
2次予選ではまず、ざっくり基本的なことが出来ていない人を落とす
ようなのでそこがクリアされていれば、問題はないってことですね。

ということで、2次予選はフルチェック
さすがですね。
マリサ先生の指導を受けてかなり多々良が成長したってことでしょう。
千夏は元々踊れてたようですし。

3次予選からは“美しさ”が勝負だと千夏。

他の組を見ている間に多々良にいろいろな気づきが。
釘宮組は曲線の生み出し方意識レベルからして全然違うと千夏は峰組と
比較して「花瓶とビア樽」だとシビアな一言。

でも、多々良もそのいは感じ取れるようになったようで。
しかも、釘宮組の井戸川よりも千夏の方がさらに空間を広く扱うことが
できてる
と感じてます。
マリサ先生が「花瓶から“美”を溢れさせなさい」と言っていた言葉
ともがったようですね。

「恐らくこの子が会場で一番“美しい”」
多々良は千夏の実力を実感。

ほぉ~~~~
ってことは後は多々良の実力次第ってことになりますね。

多々良と千夏がガンガンぶつかり合ってるのと同時に千夏と明も濃厚
み合ってるものだから、この巻はヘビーなんですよねw
そこに明のリーダーである峰の家族もざってくるしw

峰さんの奥様の房子が思ってたよりいい女で、さすが峰さん見た目では
選んでなかったってことかw
娘の雛子は多々良に気がありそうな気配で笑えますw

で、明がずっと千夏にしつこく絡んできたのはただ千夏の関心を自分に
向けたかっただけってことがはっきりしました。
嫉妬や憧れやいろんな感情が交じり合って嫌みな行動をとってきてたよう
ですが、その根底は「仲良くしたかっただけ」だったとは。

まぁ単純な割に行動が面倒な子です。
苦手なタイプ、というか私には理解不能w

千夏には全然明の真意が伝わってないから鬱陶しいことこの上なく思ってた
ようですが、千夏にしても芯から明を疎ましく感じてたわけではなくて・・・
やっぱり友達として気にはなってたようですね。

素直じゃないというか、二人とも面倒臭い。
でも、千夏という子を理解するにはなかなか面白いエピではあったかも。

こっそり旦那を見に来てた峰さんの奧さんですが、夫婦の仲がこじれなかった
どころか、奧さんが「自分が非日常の世界を捨てなければよかったのかも」と
現在輝いてる夫の姿に感想を漏らすところは大人だなと思いましたね。
旦那の姿をみて羨ましく感じるとはね。

若い娘に嫉妬するとかのレベルじゃありませんでした。
確かにいい女でした。

明の方も千夏に対し持っていた感情に開き直ったことですっきりしたみただし、
これ以上は変な絡みは見せてこなさそうです。
実力差もはっきりしましたしね。

やっぱり千夏は​凄​かったってことで。
本当はその千夏と自分がずっと一緒にいたかったんですよね。
でも、それはもう叶わなくて、それで見せた精一杯の抵抗だったようです。

二人の出会いを知ると屈折した明の感情も共感は出来ないけど、何となく
わからないでもないかなと。

多々良もだんだんと二人の関係を理解してきて、イキの合った手際の良い
暴言の応酬は慣れると非常にクセになるってw
なかなか多々良も曲者ですw

千夏の予想通り、峰組は3次で敗退。
多々良たちもチェックを1つ落としたようで。
多々良はどろりとした感情に戸惑い。

その上、これから先は点の奪い合いだというのに多々良は清春に助言を
求めたものだから余計なことをされて・・・!
清春は多々良の動きが鈍くて千夏の足を引っ張っていたからと可動域を
大きくするために全身筋肉をリリース

ってそんなこと出来るの??
清春はただのストレッチだと言ってますが・・・。

おかげで多々良は自分の身体を制御出来ず動きすぎて滅茶苦茶。
千夏は多々良に何が起きてるのかわからないから突然の変化にキレ捲り。

清春としては身体が大きくストレートが際立つ釘宮組に多々良たちが勝つ
には身体の可動域を増やして技を大きく見せる必要があると思ってのこと
だったんですよね。

でも、よかれと思ったことでも多々良には自分の身体がいつもより動き過ぎ
るわ、筋肉に力が入らないわで大迷惑!
頭が真っ白。
余計なことをしやがってって多々良が怒るのも当然。

明は折角千夏という見事なリーダーの手本がいるのに多々良がまともな
リードを見せないことにイライラ。
チッって舌打ちしてるしw
笑うわこの子。

屈折した愛情を認めたら、今後は多々良が千夏の足を引っ張ってるのが
気に入らないようでw

雫は多々良の踊りがいつもと違うことに気づいたようですが、清春の仕業
だと聞いて真っ青。
そりゃえらいこっちゃだわさ。

千夏はズレを修正しようと必死になって多々良と合わせることに専念
これまでは自分のやりたいように踊って来て相手のことなんて考えたこと
なかった千夏が、多々良が思うように動けなくなってようやく多々良が
どういうことをしてきたのかに気づいたようです。

「多々良はずっと 身勝手な私の踊りに応えて考えて・・・」
これまで多々良に協力してやってこなかった結果がこれだと閉塞感を味わ
うことに。

何かやれることがあったはずなのに、多々良がこっちを見てくれなくなって
初めて気づくなんて因果応報だと千夏。

とにかく、必死に多々良に反応しなきゃと頑張ります。

“共感” あるいは・・・
あらゆる感性の着地点を合わせる

いつも多々良の未熟さを責めるだけで自分からは歩み寄ろうとしなかった
千夏ですが、やっと多々良と向き合ったってところでしょうか。

小さな二人でそっと扉を開けるところが上手い表現ですわ。
これを切っ掛けに千夏はフォロー力を身に付けるんでしょうかね。

まるで本郷千鶴が仙石に出会ってけたように。
千鶴もリーダーやってたんですね。

なるほど、千夏は千鶴タイプだったんですね。
雫は千夏を見て驚いてますが、真子にはわからないよう。

千夏のようにリーダー経験者はリーダーと同じ視野を持ち、リーダー並の
機動力を誇るモンスターだと以前清春は雫に話してたようで。

パートナーのお前には千鶴さんは理解できないと思うぜ
そして温室育ちは油断してるとあっという間に抜かれる

清春の言葉の意味を近いした雫は今後​焦​ることになるんでしょうかね。

多々良は自分の身体が上手く動かせないのにちゃんと前に進んでることに
戸惑いますが、それが千夏の力だと気づいて・・・

審査員たちは違和感を覚えながらも二人の実力を感じてるようです。
雫はリードともフォローとも呼べない均衡だと感じ取ったようで。
これが多々良と千夏の特別なカタチってことになるんでしょうか。

5種目めのクイック・ステップになってようやく二人が噛み合った?
「この曲 私が好きなやつ」
「うん、僕も好き」

多々良と千夏が良い感じに。

真子はイタリアの合宿所で言われたことを思い出してます。
「男性がどんなに動こうとカップルの出力値・最低ラインは女性の運動量
決まる」

男性のリードとは「誘導」、実際の「推進力」に繋がるのは女性のフォロー
それを更に男性が「リフォロー」し次のリードに繋げ力を​循環​させる

とすると・・・
「フジ田くんは今 とんでもないエンジンを載せていることになる」
と雫。

ものすごい​遠心力​を発揮する千夏に多々良は振り回されて。
清春も「なんてひどいリード&フォロー」かと。

が、そう思いながらも
「いい間違え方してるじゃないか・・・そういうの待ってた」

清春は多々良の相手に合わせて踊る力を認めてるようで。
それはリードしないということとは違って、パートナーの感性を活かし
リードするのが多々良で、それが見たいってことですかね。

多々良も千夏に集中することで身体の境界が無くなる感覚を再体験。
以前は頭が身体に追いつかなくて不安になったようですが、今は「身体が
納得したものに従う」って決めたようで。

ズンと何か​“気配”​を感じる多々良。

それはとてつもなくく、清春はそれが千夏の
「それがお前のパートナーの正体だ」と。

ほぉ~~~既に清春は感じ取っていたんですね。
いつ、多々良が気づくかと待っていたってことですかね。

やっと気づいた多々良に
だったらお前はその圧を利用しろ、その重さは力に変わる

清春が期待した通りに多々良も千夏を乗りこなし始めたようですね!
うわぁ~~~これは楽しみだわ。

千夏という「推進力」を手に入れた多々良はスピードとともに大きさも
得たってことでしょうね。
一気に多々良たちのダンスが変わりそう!

清春のしたことは多々良にとって大きなお世話だったけど、それによって
千夏が強制的に多々良と向き合うことになって、二人がやっとお互いを
意識し協調関係をとれるようになったってところですかね。

はぁ・・・やっとここまできたかw

とにかくこの巻は分厚くて、ずっしりぎっしり内容が詰まりまくってて
ホント濃厚なんですわ。
何度も何度も読み返さないと全てを把握仕切れないボリューム。

この巻だけでもラストに向けてグイグイ​盛​り上がって面白いですし、
ちょこちょこ出てくる審査員も気になるしで、是非ともまとめて読む
ことをオススメします!!

​熱量​凄いですから!!​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
アニメではどこまで見せてくれるんでしょうね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

「ハリガネサービス」16巻ざっくり感想

全国が決まってちょっとホッとしましたよね。
表紙が珍しく女の子いっぱいでびっくりw

しかも可愛い子が増えてるしv

これまでの感想はこちら





全国大会出場が決まったバレー部は学校で大注目。
入部希望者も続出。
その中で、男子がゲロ吐いて逃げたメニューを突破した子が一人。

マネージャー志望ってことですが、実は中2で熊本選抜エースになり
熊本の闘将と呼ばれた鴫沢雪江。
なぜバレーを辞めたのかは不明ですが、プレーするだけがバレーとの
関わり方じゃないという監督からの言葉でマネージャーとしてではなく
コーチになることに。

生徒なのにコーチってい。

鴫沢の指導はコート内だけでなく、食事にも厳しくて。
ちょっと部の雰囲気が悪くなり・・・。
あらら。

これまで豊瀬は~~いチームでしたからね。

でも、日本一を目指すのならお互いのミスを許し合うなあなあの関係では
確かにダメかも。
ギスギスしたチームになる必要はないけど、鴫沢の言うように「人に指摘
した人は自分でもちゃんとやらなくちゃならなくなる」
から意識が上がる
というのは正しいでしょうね。

それに日本一ってのはやはり簡単なことではないし、それを知ってるから
鴫沢はその難しさを伝えたかったようですが・・・

なかなか上手くいかないようで。

でも、ここで感心なのがマネージャーの百合草南ちゃん。
鴫沢の落としたメモを見たことで、彼女がいかに真剣にバレー部に関わろう
としているのかを知ります。

で、ちゃんと彼女のフォローをしてあげるんですよね。
こういう時って女の子同士は上手くいかないことがありがちなのに、鴫沢の
気持ちを代弁して伝えてあげられるって凄い。

細かいプレーや姿勢に一々口をはさまなかったら日本一を目指すアンタらに
失礼だと思ったんじゃない?
これまでのやり方を否定したら嫌われるのも承知で、高いレベルの指導を
やろうとしてるんじゃないの?

バレーに対しては絶対手を抜けない頑固で不器用で真面目な娘だと思うよ。


鴫沢は中学時代にあまりにも一人くなりすぎてチームメイトから浮いて
しまったぽいですね。
それでもうバレーはしないと決めたんでしょうかね。
だとしたら、その気持ちはわかる。

あの子のやり方に文句があるならまず言われたことをこなしてから文句
言ったら?
って諭す南ちゃんの指導レベルが高すぎて尊敬

豊瀬の子らは元々捻くれた子がいるわけじゃないし、素直にみんな南ちゃん
の言葉を受け入れたようですね。

部の雰囲気がユルユルからキビキビに変わったようです。
これは良いことだわ。

それに鴫沢が出て行ったのは腹を立てたわけではなかったようで。
みんなにおにぎりを作って戻ってきました。
激しい練習をしてキレた筋繊維を修復するには運動後30分以内に
タンパク質やカロリーを摂る必要があるのだそうで。

ってバレー部に関わるようになったところだというのに、どこから
そんな米を調達してきたんでしょうねw

照れ隠しに饒舌になってる鴫沢を可愛いと思う羽柴。

でも、ユキちゃんて呼びたいようですが拒否られてしまいましたw
距離を縮めるのはそう簡単ではなさそうw

そんな中、豊瀬は他校との合同練習合宿を行うことに。

竜泉、王葉、桐城、豊瀬が集まったようですね。
これまで豊瀬が対戦してきたチームばかりw

みんなで協力体制を作り、絶対王者駿天堂を倒すべくがんばろーって
ことのようですが、なんだか竜泉に都合がいいように作られた合宿の
ようでもあってw

下平は8秒ルールに引っかかってからネットインのサーブが打てなく
なっていたようです。
繊細というか、なんなんでしょうね(^^;
それでも、精度は相変わらず高くて。

練習は各自がやりたいメニューを選んでいくようで、主体的に学べて
面白いですね。
合宿ではルールがあって、「質問されたときは、必ず答えること」
教え合いという名の情報の奪い合いを行えってことのようです。
貪欲になったやつがこの合宿の勝者。
なるほど。

これってどこかで聞いたことあるやり方だわ。
積極的に参加してこそ成果が得られるってことですね。

セクションごとで練習した後はそれをお互いにぶつけあってまた成果
を試す練習をするようで、これも効率がいいというか、無駄のない練習
ですね。

みんな意欲的で楽しみながら練習できてるのはいいことですわ。

良い雰囲気でしばらく合宿が続くのかと思ったら、なんとみんなで倒そう
と言っていた絶対王者・駿天堂までが参加してきて・・・

あらら。
すぐに決勝戦で当たる豊瀬としてはどうなんでしょうね。
事前に相手チームの情報が得られることはラッキーですが、自分たちの
情報も与えてしまうってことですもんね。

こういうときは実力が上のチームが圧倒的に有利

そして、またも対戦相手の駿天堂は曲者チームのようです。
いきなりリベロが鯨川の強烈スパイクをいとも簡単に上げておりますがな。

うわぁ・・・
決勝を前にどうなることやら。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2017/08/14 08:01 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)

ボールルームへようこそ 第5話感想

さぁ~賑やかな赤城兄妹が登場しましたよん。
賀寿はガチャガチャとうるさい子だけど、決して悪い子じゃないんです
よね~~~

ただ、雫をってるってだけでw
賀寿のパートナーは妹の真子ちゃん。

真子ちゃん可愛い。

なんか原作よりも群馬がんがん出して来てるから余計にガチャガチャして
るように感じる賀寿w

一応ラテンでは有名な組なんだけど、賀寿に言わせると真子が足をひっぱ
てるとか。
で、清春が足は悪いは6ヶ月出場停止だわで、パートナーの雫とカップル
組みたくてはるばるやってきたんですよね。

清春は屍だの死んだだの言いたい放題w
が、賀寿の強引な押しに多々良が割って入った!
「ダメだよ!」

自分のパートナーってわけじゃないけど、雫の相手は清春じゃなきゃ認め
ないってところか。
清春がいないことを良いことに無理矢理雫を連れ去るみたいなのは許せん
ってとこか。

馬場さんは「雫ちゃんが兵藤君以外とカップル組むとか有り得ないから」
ってきっぱり。
原作では相手にせず、ぷぷって感じだったけどアニメでは真顔で否定って
感じでしたね。

仙石も「カップル組むのは結婚と同然でそう易々とやられてたまるかよ
って。
言い回しがwww
さすがに中高生くらいで結婚まで意識してカップル組んではいないだろうし
結婚前提なら兄妹はヤバいよw

取りあえず、仙石も多々良も馬場さんも反対。

ところが当の本人があっさりと受諾

環さんはカップル組むとかじゃなくてただ練習するのに組むのはいいよ
ってことだと確認しますが、雫は無言
雫としては相手を清春から賀寿に乗り換えようなんて全然本気で考えて
いるわけじゃなくて清春に腹を立ててるだけなんですよね。

それにしてもホンのちょっとのことだったけど、賀寿と雫が踊る作画は
くよかった!
わずかにステップを見せてくれただけだけどキレッキレ。
こういうのが見たいんですよね。

試合の時もステップ入れてくれると嬉しいのだけれど、そういうのって
やっぱり作画が大変なのかしらん。
でもね、ダンスの作品だからアニメ化するなら期待しちゃうわけですよ。

環さん、雫が清春以外と踊ってるのをみるのは初めてって言ってますが、
多々良と踊ったことはなかったことになってるの!?
あれはダンスとしてカウントされないってことなのかしらん。
うわ・・・だとしたら多々良悲しい。

原作ではこの台詞のあと、多々良がもやっとするんですよね。

最初は雫には清春がいるのにカップル組みたいと賀寿が言い出したことに
イラッとしてた多々良でしたが、賀寿にもちゃんとパートナーがいること
に気づいてイライラが二倍に。

環さん、この機会にせっかくだから余ってる者同士で練習しちゃえば~
って普段カップル練ができない多々良をそそのかしてますw
って本当に良い機会なんだけどねv

またも「他の男のパートナーと踊れる機会」が来てしまいましたw
二度とないって仙石が言い切ってたくらいだから、本来なら滅多にない
ことなんでしょう。

「お兄ちゃん以外の人と踊ったことないんですけど いいですか?」って
真子ちゃんが可愛い!!
これは男ならグッとくるよね。

仙石は環さんに頭叩かれてますが、原作ではカップル練初めての多々良に
筆おろし手伝ってやろか?」って下ネタも投入してるんですよね。
ブラ紐に手を添えろとか、多々良には刺激の多いことをw

真子ちゃんブラしてないこと謝ってたりとなんかもう初初しくて楽しいw
仙石に強引にボディ接触させられて・・・
これは思春期からダンス始めた多々良にはまたも刺激すぎw
っていうか、これまでの馬場さんらとの練習の時にはこれほどの接触は
なかったとみられ・・・

馬場さんの身体が横に大きいから自然に接触してたのかもだけどw

雫の時とは違って全く真子とはタイミングを合わせられないというか
まともに踊れない多々良。
普段が雫を意識して練習してるからこんなことになっちゃったってこと
のようですが。

清春は雫が本当にパートナーだから雫を意識して練習するのは当然のこと
だけど多々良のパートナーは雫ではないし、変な癖がついてしまうのは
よくないようで。

仙石に姿勢チェックされて多々良がバランス崩したものだから真子共々
転倒(><)

でも、咄嗟に多々良は真子と身体を入れ替えて自分が下に。
い反射神経だわ。

雫が怒ってた理由が判明します。
清春が自分の足の怪我を黙っていたこと、仙石も気づいたのにそれを雫に
知らせなかったこと。
自分は二人から頼りないと思われていると感じたようで。

多々良を清春の代わりに出させて失格にさせたのも清春が自分で棄権を
言い出さないからわざと出場できないようにするためで、雫は二人ともに
蚊帳の外扱いされたことがショックだったんですよね。

そりゃ何年もカップル組んでるのに何も言ってくれないってことでは
自分は相手にされてないってことなのかと思ってしまうわね。

座ってる雫の腰骨が見えててエロい。
原作ではちらっと肌が見えてる程度なのに。
これはスタッフさんの頑張りなのかw

授業中も清春に「雫を頼む」と言われたことの意味を考え頭がいっぱいの
多々良。
先生の髪がハラッと一筋落ちる描写がww

原作より格段に先生の作画に力が入ってる

そして賀寿と雫がカップルを組むことになったと仙石に聞かされ、多々良
も真子と組むことに。
真子ちゃんからの要望ってことで。

手を取ってもらっていいですか?って言った後で真子ちゃんがちらっと
仙石を見るのが可愛い!
こんなシーンあったっけ?って原作で確認したらこれはアニオリだった。

この前のカップル練のリベンジをさせてやるってことで真子の手をとって
「リード&フォロー」をさせる仙石。
真子から伝わってくる情報を読み取って次の動きを決めろってことで。

前回すっころんだとき、多々良が真子の動きを読んで回り込んだことに
真子は気づいてて、多々良を凄いと思ったんですよね。

仙石も多々良の感覚を目がいいという次元ではないと評価
実際、多々良も真子の手を取ってることで直にサインが伝わってくるから
動きやすいと真子の意思を読みました!
この前はちゃんと真子を見てなくて雫を意識して練習してたノリで踊った
ものだから上手くいかなかったんですよね。

目の前の相手に焦点を合わせてしっかり意識すれば相手の動きたい思いを
読み取れるのが多々良。

確かにそんなことは熟練のカップルでも出来ないことのようですが、これが
多々良の才能ってことで。
いつの間にか仙石がタコさんの上に乗ってるw

賀寿が「真子が雫より上手く踊れるもんならまたくんでやってもいい」と
言ったと聞き多々良は腹を立てます。
真子はいっぱい練習して上手くなるから多々良に協力して欲しいってこと
だったんですね。

多々良も賀寿の態度が許せないってことで二人して賀寿をすことに。
足下に書かれた賀寿へのメッセージがねw
ま、この場合真子が倒すべき相手は賀寿ではなくて雫になるわけですが。

さぁEDで一人で踊っていた多々良にパートナーができました。
なるほど~~こんな演出でくるのね。

4話はちょっとう~~んな感じだったんですが、5話のダンスシーンは
かったですわ。
ただ、公園での演出はやや派手に感じましたが、アニメだからこれくらい
あってもいいのかな~

清春は多々良に雫を踊らされただけでなく、今度は賀寿にまでかっ攫われた
形になってしまいましたね。
NTR二度目ですが(^^;

それでも俺が一番お前を踊らせることが出来るって執着が清春にあれば雫は
嬉しいでしょうが、清春はパートナーを大切にするけど執着はしなさそう。
前回の多々良に見せつけたダンスも雫を奪われたことに腹を立てたとかじゃ
なくて、多々良が感情を見せて踊っていたことに対し、自分も感情を​爆発​
させたってとこだったんだろうし。

表現者としてブロックを取っ払ったって感じで。

で、雫も清春がレベルアップすればするほど自分との実力差が開くと感じて
るから雫も清春には執着しなさそうで・・・

まだ今の段階ではこの二人のカップルは安泰だけど、この先へいくとやや
こしくなりそうですよね。
まだ原作でもそんなとこまでは行ってないですけどね。

はぁ・・・早く9巻の感想を上げなくては。



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ2017 36・37合併号 一言感想

ちょっとバタバタしておりまして感想遅れました。
今週はお盆の合併号ということで来週はお休み。

では、気になった作品のみ一言感想を。

ONE PIECE
174のWJ表紙コレクションはカラーだし凄いわ。
本編の方はもう少し展開が早くなるといいんだけど・・・





約束のネバーランド
うわぁ・・・量産農園か・・・なかなかエグい。
エマたちのいた高級農園は他に比べたら待遇はいいけど、結局食べられて
しまうんだもんな・・・。
レイはまた何か仕込んでるのか??
で、ノーマンは盗まれたりしてないのかなぁ。





鬼滅の刃
「ときと屋」の鯉夏花魁が鬼だと思ったんだけど、「京極屋」の蕨姫花魁も
鬼とはね。
善逸は明後日の方向に頑張ってることの無駄に気づいてよかったけどこんなに
あっさり花魁と敵対したら大事になるよね。
伊之助も大暴れしちゃったしこのままってわけにはいかないよね。
さて、どうすんだ?
で、ちょっと7巻表紙の伊之助がイケメン過ぎるw





火ノ丸相撲
部長が角界入りするとは驚き!!





青少年有害環境規制法
色々と外野がうるさいことに関して絡んで来るのかと思ったら違ったw

転生起HAKUSAI
すげぇ白菜。

ブラッククローバー

久しぶりにユノが活躍するとこ見れそう。





磯部磯兵衛物語
まさかの落ちに笑ったわw
中島のご両親にも笑ったわw






では、今週はこれで。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2017/08/09 23:05 ] 少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

ユーリ!!! on ICE  6話感想(*´∀`*)

いよいよここからGPシリーズ始まります。

エコノミーでの移動だなんてしたことない~~~ってヴィクトル。
コーチの移動は選手の手配のようなのでヴィクトルはいつも自分で
ビジネス以上の移動をしてきたんでしょうね。

狭そうだけどせそうで何よりw

いよいよ始まったといっても既にアメリカ大会、カナダ大会は終わって
て、勇利が出るのは第3戦の中国大会。

カナダ大会はユリオは2位だったようで不本意そう。
男子の試合で編み込みしてるってもうびっくりなんだけどユリオだから
違和感なしv
むしろ賞賛すべき♪

勇利は日本人ではたった一人の出場選手ってことで注目が集まってます。
「愛の力で生き残れ」ってww

火鍋が食べたいヴィクトルはヤコフを誘いますがこっぴどく断られて。
コーチごっことまで言われてるのに全くヴィクトルには響いてないw
ヴィクトルのメンタル鋼鉄やわ。

試合を控えてる選手に生もの食べさせようとするコーチってのはいいのか?
ヴィクトルは自分が出る試合の前も平気でバクバク食べる人なのかな。
人それぞれってことですかね。

はぁ・・・それにしても美味しそうw

二人の元に他の選手らが集まってきてますが、ピチットくんは全然気にして
ないけど、あとの二人はアダルトな状況に引いてるw
アダルトな雰囲気っていうか、勝手にヴィクトルがぎ散らかしてるだけ
なんだけどw
いつも勇利と飲むとガードユルユルでやりたいようにしちゃうヴィクトル
ってことでOK???

さすがに食事する店で全裸になるのはOUTではと心配ですが・・・
ヴィクトルはVIP対応ってことで許されるのかな。

ヴィクトルは黒のビキニ愛用ということがここに判明

ピチットくんがインスタに上げた写真は世界を回ったようで。
酔っ払いヴィクトルの流し目がマジだよw
そんなヴィクトルにウキウキしてるとクリスがタッチしてきて全部
掻っ攫いw

いきなりから入るクリス!!!!

しかも「大分絞った?」勇利の普段の肉付きまで把握してるようです。
これは普段からお触りしてるってことですね。
クリスとヴィクトルは仲良し。

「ヴィクトルを独り占めした罪は重いよ。世界中が彼の復帰を期待
しているからね」

クリスの一言は今更ながらスケート界にとってどれほど貴重な存在が自分
一人
のために時間を割いてくれているのかを感じる勇利。
これまでの勇利ならこれってプレッシャー以外の何物でもないだろうけど
今の勇利は開き直ってるというか、それを逆手にとることもできるように。

そうそう、それこそがヴィクトルが勇利に与えたいものだもの。

それにしても各選手のプログラムが見れるなんて思いもしませんでした
よね。
選手がたくさん出てくるのは知ってましたけど、それぞれの選手に曲を
用意して、振り付けまでオリジナルで作っちゃうんですもんね。
この本気度がたくさんの人を惹きつけたわけですよ。

どのプログラムを見ていてもノーストレスで本当にフィギュアスケート
の大会を見ているかのよう。
作画には驚きの連続。
スタッフさんには感謝しかありません。

特にピチットくんの架空の劇中劇とはいえ、「大様とスケーター」は
本当にそういう作品があるんじゃないかと思わせるくらいのリアル感
設定の作り込みが素晴らしい。

勇利はどんな演技をしたとしてもヴィクトルの復帰を願う人々を納得
させるのは難しいし、自分を応援してくれている人ですら今まで通りの
ことをしていたら納得してもらえないと考え、それならばと開き直り。

世界からヴィクトルを奪った男として思いっきり嫌われたい

わぁお~~~
これはもうヴィクトルを独占する覚悟を決めたってことですね。
誰にもヴィクトルを渡さないし、ヴィクトルは自分だけのものという。

メンタル弱いどころか、実はとんでもなく大胆なことをやってのける
勇利。

こういう予想外なところがヴィクトルにはたまらないんですね、
わかります。

勇利の集中をヴィクトルもいつもと違うと感じたようで。
クリスに見せるヴィクトルの態度がまたヴィクトル自身も勇利を独占
しているかのよう。

リンクに向かう勇利の手に自分の手を重ねるヴィクトル。
指の動きが性的すぎるw

「カツ丼が美女をイメージして俺を誘惑するのはもう終わりだ。
ユーリ自身の魅力で戦える。もう十分イメージできてるだろ?」

それに対し勇利の反応もいつもとは違ってて。
「絶対に僕から目を離さないで」

独占欲丸出し!!!

はぁ・・・これだから勇利は。
試合になると普段とはまるで違う表情を見せ、雄々しいv

近くいるからこそわかる勇利の魅力
ヴィクトルをこれだけ振り回す人間なんて今までいなかったでしょうし
ヴィクトルにとって勇利は衝撃ですらあって。

さぁを知った勇利が進化。
開き直って新生勇利を見せつけてきます。

僕じゃなきゃヴィクトルは満足できない
ヴィクトルの愛を知っているのは世界中で僕しかいない

今、証明して見せる

これだよ!!
このめの姿勢だよ!!
これにヴィクトルはやられちゃったんだよぉ~~~

カツ丼は今は、完全に男を誘惑する魔性の女に!!!!


が、私には攻め捲って高嶺の花を落とした男にも思えるw

勇利の演技にヴィクトルも大満足!!

完璧!!って満面のガッツポーズ!!
ここまでヴィクトルを歓喜させるは勇利だけでしょう。
自分の試合でもここまで喜びを表現したことないんじゃないでしょうかね。

ユリオも勇利の演技に驚きを隠せず。
不覚にも見入ってたようで。

キスクラで「そんなに気持ちよかった?」って聞くヴィクトルがw
いやいや、これじゃ勇利は氷上で何を見せてたの!?って思ってしまうww

あんなの見せつけられたら気持ちよくなるに決まってるだろ
ユーリは最高の生徒だ

「嬉しい」じゃなくて「気持ちいい」だからね O(≧∇≦)O
もう、ホント表現が性的(///∇///)

こっちもガッツポーズだよ!d(≧∀≦*)ok!
勇利にしか聞こえないくらいの声で耳元で囁くヴィクトル@べ様がまた
エロすぎて至福

いつもヴィクトルの影に隠れてたロシアの2番手ポポちゃんはチャンス
とばかりに素晴らしい演技をみせますが、内輪には笑われてて気の毒。
いや~~彼もいいキャラしてますよね。

出て来る人、出てくる人みんなくて楽しい。

鼻水ではなく本気の涙まき散ららすポポちゃん。
ハートブレイクは本物。
が、あんなに演技に入り込んでいたのにキスクラでは陽気

クリスの演技は勇利を意識し大人の色気とはこうだとばかりに濃厚
美尻アピールが潔いですv
アングルもめてますw

ミナコ先生もクリスが大好きのようで。
大人の女性はクリス推しなのかしらんv
国旗もちゃんと用意してます。
さすが。

クリスの演技はシャワーシーンから入ってたんですね。
なるほど、そう言われてみるとちゃんと浴びてるw

演技しながら「イキそう」って・・・
勇利のエロスとは次元がい過ぎるw
そりゃ氷もびしょ濡れになるわ。

得点は抑え気味でしたが、クリスはスロースケーターなので初戦は
こんな感じのようです。
当たり前のように勇利にきついて観戦してるヴィクトル。
周りも当然のように受け入れててw
もはや、驚くような光景ではないってことですね。

いや~~~もう大会の描写がリアルで本物を見てる時のような緊張感

プログラムをしっかり見せてくれるし、見応えありすぎて何回見ても
飽きないどころか毎回、発見が。

全ての選手のプログラムが見られるのも嬉しいですが、選手のみんなが
お互いの出来映えや健闘を称え合ってるのが見ているこちらも心地良い
ですわ。

それぞれが大きなミスをせず力を出し切った結果で競い合うのはある意味
現実ではなかなか見られない光景で、フィクションだと思わざるを得ない
ですが、そうであって欲しいと願ってるからユーリの世界ではそれが実現
されてて何よりですわ。

はぁ・・・本当に何度見返しても見応え十分でどの回も盛り盛りw








ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

ボールルームへようこそ 第4話感想

清春の心を揺さぶる踊りを見せた多々良。
みんなは何とか上手く踊りきった・・・って感想だったけど、多々良の
ワルツが清春に火を付けたことを仙石は見逃しませんね。

多々良のワルツは決して技術的に上手いものではなかったと思うし、とても
清春がライバル視するレベルでもなかったはずなのですが、清春にしたら
そういうところではなくて、多々良の気持ちで踊るところ、初めて組むはず
なのに雫とリード&フォローが出来てる状態だったところに刺激を受けたんで
しょうね。

それにしても失格もしくは不合格かと思われたのに多々良のリードでワルツ
を通ってしまったことにびっくり。
技術的に未熟な面もあるけど2次くらいまでなら評価されるべきリードを
見せたってことですよね。
まだ初めて間もない多々良が雫がパートナーとはいえ、こんな結果を出すのは
相当いことですよね??

そして、多々良の踊りを払拭するかのように鬼気迫るタンゴを見せる清春。
これまでもダンスは好きだったんだろうけど自分の今ある力と気力の全てを
出し切って踊るなんてことはしたことなかったんでしょうね。
熱出してても優勝しちゃうくらいだったんですから。

セーブしてたというか全力を出すなんてこと清春にしたら初めてのことのよう。
しかも多々良が踊ったことで失格になるのは見えてるから、踊れるチャンスが
あるとしたら次のタンゴのみ。

それに自分の足も持つかどうか・・・ってところでタンゴに今の清春の全て
をぶつけてきたんでしょうね。
自分のダンスを踊りたくて。

多分、清春は審査員とか観客とかはもう意識してなかったと思いますよ。
多々良に触発されて自分の最高のダンスを踊りたいって本能だけだったんじゃ
ないのかなと。

仙石としてはこれまで清春が抑えて踊っていたことが気に入らなかったよう
ですね。
もっとリミッター振り切った本気のダンスを見せろって。

清春をその気にさせたかったのになかなかスイッチが入らなかったところ
多々良のダンスで火が付いたことにんでます。

兵藤の野郎、とうとう正体を現しやがったな


まだまだ仙石さんがライバル認定するまでではないと思いますが、ダンサー
として才能ある者が続いてくることがしいんでしょうね。

とはいえ、今は足の状態を心配するところだろうに。
燃える火を背負った清春がノロイのよう。←「ガンバの冒険」わかるかなw

清春ひとり、作画がうw

雫も驚くほどの気迫で踊る清春ですが、止め絵が多いのが残念。
もう少しタンゴのステップが入るとよかったのになと。
観客は凄い、凄いと連発してますが、なんかこの回、テンポが悪い気が・・・。
演出とかちょっとなぁ・・・な気もするし・・・。

清春の渾身のタンゴを楽しみにしてたのにオーラばかりがメラメラと。
ま、色々予算とかあるんでしょうね、大人の事情が。
この作品は動かしてなんぼの作品なんだけど仕方ないのかなぁ・・・

ダンスシーンよりも清春が倒れる方に力入ってましたね。
アニオリ清春のドヤ顔。
まるで灰になってしまったかのよう(^^;

入院した清春のお見舞いに行く多々良でしたが、なぜかミカンになってるw
これは完全にアニオリ。
原作では多々良は果物かごを持っていってるんですよね。

ミカンってのは多々良の家庭の経済事情をより強調するためですかね。
確かに多々良の家の場合、バイトもしてないし小遣いだけであの果物かごは
無理がありそう。
まだ親にダンスのことは内緒ですしね。

代わりに岩熊さんが果物かごとハムの両方持って来てくれてましたw
原作ではハムだけなのにw
でも、ハムってお中元みたいw

公園で清春のために持って来た果物を食べちゃう二人w

多々良は岩熊から清春が階段から落ちたことを聞いて・・・
その前に既に足を痛めてたのに階段落ちが追い打ちをかけたんですよね。

前回の感じだとまるで岩熊が落としたっぽい描写になってましたが、声
かけたら清春がバランス崩して落ちちゃったんですよね。

岩熊はとってもいい人。
しかも優勝できるかもってチャンスが来てたのに清春のことを気にして
実力出し切れずにまた2位だったという・・・。
気の毒だわ。

パートナーとの力関係もまた微笑ましいw

初めての大会出場だったのに震えるどころか楽しかったという多々良に
岩熊は好感を持ちハムをくれましたv
わらしべ長者のような多々良。

ハムを手に多々良が帰宅すると・・・居間にはなんと清春が!
おばあちゃんとすっかり仲良くなってるし。
おばあちゃん、清春にも実況してもらってます。
さすが、清春も上手いようで。

多々良は慌てて自室に清春を連れていきますが・・・
清春は自宅がダンススクールですもんね。
練習環境には恵まれていて・・・

一方、多々良は6畳あるかな~くらいの和室。
清春は畳の状態で多々良がそこで練習してるのを見抜きます。
多々良のことだから相当集中してやってるんでしょうね。
畳がボロボロ。

多々良はずっと清春が自分のことを怒ってると思ってたものだから謝ると
清春は多々良に対して腹を立ててたわけではなくて。
ただただ興奮状態になってたって感じ?

それに仙石が無理に出したのだろうくらいのことはわかってたようです。
でも多々良は自分で出たいと思ったし、踊れたことが楽しかったと。
清春の目を見開いた顔が可愛い

そして清春もタンゴではどういう状態だったかも覚えてないほど入り込んで
踊っていたようで。
初めてダンサーズ・ハイを経験したと同時にここまでやっていいんだという
更に上のステージに進む切っ掛けを掴んだよう。

「お前も早く舞台に上がれ」

清春は多々良も自分と同じダンサーだとめてくれたようですね。
まだまだレベル的には清春には及ばないけど、今の多々良の成長の具合から
するといずれ自分と同じステージに立つ者になるだろうって思ったんでしょう。

別れ際、「雫を頼む」と多々良にお願いする清春。
自分がいない間、雫の相手をして欲しいってことじゃないのかなと思うんですが
どうでしょう?

まだ多々良では雫の相手にはならないと思いますが、それでも多々良なら雫を
任せられるって思ったんじゃ?
自分が踊れない間、雫に一人で練習させるのは申し訳ないから、雫の相手をして
やって欲しいって。

多々良としてもカップルとして登録するなんてことはなくても雫を任されたから
には・・・って気負っていたのに、賀寿兄妹が出現!!

ハハハ 賀寿、える。
真子ちゃん可愛い

清春もメッチャ決めてるかと思えば何度も階段から落ちるわ、真顔で電車を
乗り間違えるわでけてますw

さぁ新たな展開ですねv


ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

週刊少年ジャンプ2017 35号一言感想

では、今週も気になった作品のみ一言感想を。
表紙は日向と歴代のヒーローたち。
前回に引き続き懐かしい面子ですこと。

ハイキュー!!
おお~~~田中が超インナー決めましたね。
これはまた良いコース。
潔子さんの脈は完全にないと思われますが、田中みたいにまっすぐな子に
惚れる子だっているよね~~~
田中と一緒だといつも前向きでいられそうだしw
バカだとは思うけどw
叶歌ちゃんも田中のごとく諦めずにいて欲しいな。





鬼滅の刃
いきなり誰この可愛い子!?って思ったら伊之助だったとはwww
ちょっとぉおおおおおおおおお 詐欺だよっっっw
いいよ、これw
善逸もなぜか花魁目指す勢いだし、相変わらず明後日の方向に進んでるわ。
宇随の嫁さんたちは何らかの切っ掛けで既に潜入者だとバレてるようですね。
今までの中で一番ストーリー的に楽しみな展開v





移ろう時の中で
いやいやいや素晴らしい作品でしたわ。
新人さんとは思えない力量!
扱うテーマも熱いけどほっこりするし、画面構成も上手いし面白かったです。
次回作に期待したいですが、連載に持って行けるような世界観を持った話を
ぜひぜひお願いしたいです。

銀魂
なんだかんだとみんな頑張ってるけど、やっぱりラストの高杉だよね。





約束のネバーランド
そっか、あの花にはそんな意味があったんだね。
それでもやっぱり食料として育てられるのはつらいよね・・・





シューダン
凄くいい動きのコマとかたくさんあるんだけど、この試合に至るまでが
ざっくりとしか描かれてないのが残念。
もう少し練習とか日常とか話があってキャラに感情移入できるようになって
から試合だといいのに慌ただしくて。
でも、展開早くしないと連載としては厳しくなっちゃうのかな。


では、今週はこれで

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 週刊少年ジャンプ全般

[ 2017/08/01 01:00 ] 少年ジャンプ | TB(1) | CM(0)