FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2020年06月30日 (火) | 編集 |
​​​​​​​​​帝王児さすが、なかなか一筋縄ではいかないようです。
これまでの感想はこちら




帝王児の女帝はやはり強かです。
お隣のコートは阿月の予想通り下道が勝ったようです。

倉木を使った騙し攻撃で岡島以外のメンタルを揺さぶろうとしたのに、岡島は
揺らがないし、女帝の早々の第一セットは捨てて様子見に徹するという作戦
よって大して幸大は帝王児にダメージを与えることは出来なかったよう。

それにしても倉木のわざとらしい演技にこっちの方がハラハラ。
ショボい控え選手を演じることには成功してましたが、あまりに完璧なオーバー
ハンドによるボールコントロールで女帝には実力を見破られてしまいました。

そりゃ、まぐれで出来ることではないしね。
控えでショボくて思い出作りで出してもらうような選手なら精々狙ったとしても
コーナーまでは届かず中途半端なチャンスボールになるのがオチですもんね。

予想と違う攻撃で不意を突かれたってことで帝王児は反応できませんでしたけど
そう何度も使えるものでもなく。
倉木の演技は既にフェイクだと女帝には見抜かれてますしね。

その上、倉木の煽りによって後手で策を打ってくると踏んでいた阿月らでしたが
女帝は全く動きを見せず、空振り。
動く素振りを見せただけで、実は考えてることは全く別。

敢えて対策をせず、1セット目は捨て2セットめ頭から仕掛けるつもりのよう。
岡島にボールを触らせないようにすることで他のメンバーのメンタルを潰すという
幸大の作戦に対し、2セット目からはそれを出し抜く策もあるようで。

絶対に勝つ自信があるからこその余裕ですね。

阿月も女帝に倉木の演技が見破られていることも途中から帝王児が1セット目を
捨てたことも気づいてます。
幸大としては2セット目はツーセッターで攻撃を増やしていくつもり。

すると帝王児は予想に反し、2年のレフトではなくセッターを外してきて。
これは阿月も想定外だったようですね。

岡島が去年まで正セッターだったとは・・・!
確かに上級生にいいアタッカーが揃っていれば何でも出来る岡島をセッターに
するのはありですもんね。
選手層が厚くなければできませんが、何とも贅沢な布陣だったようです。

エイトのジャンプサーブも解禁となり帝王児は本気モード。

エイトのジャンプサーブで崩され、チャンスボールしか返せない幸大。
チャンスばかりが返ってくるのだから帝王児としてはやりたい放題。
セッターの岡島がコンビを回し倉木の裏を読んで決めさせてます。

ブロックを外すのがセッターの醍醐味だから岡島は気分良さげ。

さすがに岡島がセッターではボールを触らせないという策は取れませんよね。
ボールを触りまくりという意味がわかりました。

7対0ではこのセットはもう取り返せないのでは(^^;
2セット目はスタートから帝王児の攻撃が止まりません。
サーブで崩せると楽なんですよね~~~

ここはタイムアウトだろうってことで立ち上がる鷲野でしたが、倉木がそれを制し
ました。

むむ???
どゆこと?
岡島の真似ではないですよね。

倉木には考えがあるようですが・・・

というか、帝王児に先制されているこの状況が倉木の想定内?
ってことは、倉木は幸大ベンチも騙しの対象としてるってことのようです。
阿月ですら倉木の企てが読めてないとは。

シリアスな顔も倉木の演技だと言うんでしょうかね。
倉木は「もう少しで岡島の仮面にヒビが入るところを見せられる」と。

つまり、倉木の裏を読むことが出来ていると岡島に思わせておいて、実は、倉木が
その先の手を打ってるってことですよね。
阿月もここは倉木に任せるつもりのよう。

まさに騙し合いですね。

さぁこの騙し合戦を制するのはどっちか?
う~~~ん、真面目に努力してきた岡島を応援したくなる気持ちもあるんですが
やはり幸大が勝つことになりますよね。
スポンサーサイト