FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2021年02月28日 (日) | 編集 |


【内容情報】(出版社より)
定年からの子育てはやっぱり大変!? 
5才になったみらいちゃんは幼稚園年中に。
成長してくると新たな問題が出てくるもので……。
大人気☆超高齢子育てコミック『セブンティドリームズ』最新第4巻!

毎回子育てで懐かしいなと感じることがありますが、この年齢で親になるという
ファンタジーだからこそ角が立たずに表現できているところもあるのでしょうね。
子育ては体力勝負のところもありますが、親が多くの経験を経て精神的に安定して
いるからこそ落ち着いた子育てができるとも言えて。

昔であれば兄弟姉妹も多く、ご近所さんや大家族みんなで子育てしていたから親に
掛かる負担は今よりも少なかったのかもしれません。
多くの目があって子供が育っていたというか。

今のご時世、不審者が多く、また子供に対してのクレームも多くなっておおらかに
子育てするには向かない環境になってしまってますよね。

それにしても毎回読む度にやはり年齢が気になってしまいドキドキします。
うちの親はこの漫画の親たちの年齢で認知症発症してますので。

今は未來ちゃんがおねしょの話ですが、あと数年で親に介護が必要となったとき、
子供に掛かる負担ははかり知れず…
ここも漫画の世界だからファンタジーで進んで欲しいと思います。

世の中、子育てが辛くしんどいような話題が持て囃されがちですが、私は「趣味は
自分の子供」というくらい楽しく愉快に子育てをしてきたので、この漫画のように
明るく、前向きに子育てを取り上げてくれる作品は大いに期待したいです。

子育ては謎が多く不思議がいっぱいだから面白いのですよ。
それを楽しめる余裕は夫婦間がうまくいってることが前提になりますけど。
まずは二人の関係からですね。
順番を違えると後々面倒ですからね。

ストレスなく生活できることが何より幸せなことです。
スポンサーサイト



2021年02月27日 (土) | 編集 |
これまでの感想はこちら




【内容情報】(出版社より)
摩緒にはとても大切な兄弟子がひとりいた。
人が土化する事件を追う摩緒。
この事件は土の陰陽術によるものだと分かった彼は、とても大切な兄弟子・大五の
事を思い出す。
大五は生まれ育ちが同じ摩緒を御降家へ誘い、人並みの生活を与えてくれた。
そんな兄弟子も忌まわしき後継者争いに巻き込まれていたーー

高橋留美子先生の話はとにかくボソッとした突っ込みが面白い。
また新キャラ出てきましたね。
土系の術を使う夏野。
これで五色堂に呼ばれた五人が揃ったのかな。

水系では不知火ではなく真砂が呼ばれていたようです。
で、真砂と華紋が恋仲で、真砂が死んでしまったので不知火が真砂の代わりに輪に
組み込まれたようで。
不知火は真砂が好きだったんでしょうかね?
どういうことなんかな?
紗那&ゆら子のこともよくわからんし。

とりあえず夏野はめんどくさい子では無さそうなので味方認定でいいんでしょうか?

紗那は邪気を口から吐いていて、その邪気に心臓をつかみ出されたよう。

その心臓で生きてるのがゆら子でしょうかね。
体は朽ちたけど心臓あるから甦った?とかで。
陰陽師の力があったらできそう。

兄弟子大五は結構黒幕に近い存在なのでは?と思っていたのにあっけなく死んでしま
キャラでした。
あら残念。

でも死んでても色々利用される世界のようなのでまた後から出てくるかもですね。

摩緒たちは半分白髪みたいな髪をしてますが、夏野だけは真っ白。
完全に死んでるらしい真砂は黒いまま。

なんか意味はあるんでしょうか
2021年02月25日 (木) | 編集 |
こちらの番外編は元々はアニメの円盤特典として描き下ろしされ、それが原作小説
文庫版の巻末に収録されたもののようで。
私は単行本の方で全巻読みましたので、この番外編は読んだことなくてありがたい
限り。

図書館戦争LOVE&ピース別冊」10巻の感想は​こちら​。



【内容情報】(出版社より)
郁と堂上が結婚する前、事件解決のために郁が堂上の犬になる!?
また二人が付き合う前、当時の堂上が郁に対して秘めていた想いはーー?
他、手塚&柴崎のじれったい関係や小牧&毬江の温かな恋、嶺&玄田に焦点を
当てた短編など、ラブ満載の6編を収録した番外編が登場!

いや~~~~ この番外編を読んで一言。
「小牧に全部持って行かれた~~~~~~」

まぁ、堂上と郁のところは途中経過や甘々のところはこれまでも読んできている
のでこんな感じなんだろうなぁ~っと楽しく読めましたけど・・・
小牧にはやられました!

小牧のところは年齢差がありますからね。
元々小牧も毬江ちゃんのことをお隣の家の妹分の女の子、くらいにしか思ってなか
ったでしょうし、意識してきても年齢差があるから軽はずみなことは大人の小牧は
しないしで、恋愛の進展については脳内補正を入れていくしかなかったんですけど
ここでは小牧の毬江ちゃんへの想いがストレートに描かれていて・・・

うわぁ~~~~この人涼しい顔してるけどメッチャ​熱情的!​と思いましたです。
そりゃ、堂上も妬くときもあるだろうし、抑えきれない想いってのも仕事中でも
あると思うんですけど、それでも行動に出ちゃうことはしないんじゃないかと。

手塚なんてしょっちゅうヤキモキしてるから逆に耐性ありそうで、仕事中は絶対に
行動には出ないと思うんですよ。
柴崎に怒られかねませんし。
柴崎からは手を出してくるかもですけど。

なのである意味、小牧の行動には驚きましたよぉ~~~~~~
ほぉ~~~~~お前さんはそういう熱を隠し持っていたのだね、っと。

ふふふ、好物です。
後ろからバグも一番似合う。
いや、みんなそれぞれいい感じの仕上がりですけどね!

以下、それぞれの短編の感想です。


ドッグ・ラン
堂上が郁を犬にする話w
まさか犬と郁を競争させるとは思いませんでしたね。
もちろん、勝算があるからですけど。
郁の生足を見るために人だかりが出来てて、それに堂上が無自覚で不機嫌になって
いるのがいいですね。
さすが、柴崎は見抜いてます。
ちょうど2人が良い感じになった頃の3巻に掲載されていたようです。
堂上が郁を“うち”の犬呼びしてるのは、想いがすでにそんな感じなんでしょうね。
2人はどちらも犬派でしょうね。


ロマンシング・エイジ 
まだ毬江ちゃんの卒業では大人の余裕を見せていた小牧だけど、内情はそれほど
余裕はなかったのだよ、というお話。
査問の後で、堂上に毬江ちゃんへの気持ちを吐露するところは2人の信頼関係が
見て取れて嬉しかったですね。
同期でもあり、親友でもあり、お互いに切磋琢磨できる間でもあり、ホントいい
友達作ったよね・・・って思いますよ。
まだ堂上のところも進展してなかった2巻に掲載されていたようです。
卒業祝いの花束の中にたった一本赤い薔薇を入れてるところが小牧ですね。



プリティ・ドランカー 
これはもう柴崎が可愛い。
もうすぐ堂上と郁が付き合って、そしたら絶対に結婚して寮を出て行くことに
なるんだとわかってる柴崎が寂しい心中を手塚だけに晒すんですけど、ここは
手塚、気づこうよ・・・ですよね(^^;
あの柴崎が何の根拠もなく、酔って男に身体を寄せたりしないよw
ましてや、キスマークも付けないよ!
あんただからだよ~~~ってシグナル発信してるのに全く気づいてないw
そんな手塚だから柴崎も安心して好きになることができたんでしょうね。
これまで柴崎は自分のことを好きになる男はいつも先に下心を持ってて、柴崎
自身を見てくれるようなのがいなかったから、恋愛に関しては尻込みしてました
もんね。
好きになった人は自分のようなタイプを好きにならない・・・ってのも切ない。
手塚の気持ちを測りながら少しずつ柴崎は距離を縮めてるんですが、手塚は全く
気づいてなくて・・・
そこがこの2人を楽しめるポイントでもありますね。


マイ・レイディ 
はぁ・・・これにはやられました!
この扉絵も最高。
毬江ちゃんもイケイケどんどんの顔してるし、小牧も正面から受け止めてるし。
この2人が一番デンジャラスで興味深いのですよ。
小牧が嫉妬対象の学生を“若造”って言ってるのが、小牧もまだ若いのにすっかり
おじさんw
毬江ちゃんは小牧のことしか見てないのにそれをすっ飛ばして、不安抱えて。
可愛い男じゃないですかぁ~~~~
小さい頃から知ってて、自分だけを追いかけて来た女の子がいつか他の男の元へ
いってしまうかもしれない可能性を考えて若い子に嫉妬するとか。
毬江ちゃん、勝ったね。
毬江ちゃんもよく頑張ったよ!!
いい女に成長したからこその勝利だよ。
高校卒業したての子に職場で隠れてディープキスとか完全に余裕なくしてる小牧が
​最高​​美味​  ( ´艸`) 
小牧のところが一番激しそうで脳内を刺激してくれますわw
エロ小牧さんと呼ばれても仕方あるまいて。
これは甘々の別冊1にあたる5巻に掲載のようなので、小牧も存在をアピールした
ようですw


ジュエル・ボックス 
これは堂上の試練の巻ですねw
人の気も知らないで!!って感じのお話。
一生懸命郁への気持ちに気づかないようにしてるんだけど、それを郁がゴリゴリと
力尽くでこじ開けていくんですよね。
いや~~~やっぱりこの2人は面白いw
これはまだ始まったばかりの1巻に掲載されていたようです。


ウェイディング・ハピネス 
稲嶺元司令と玄田が碁を打ちながら折口さんとの関係に決着をつける覚悟をする
お話。
もっと早くに何とかなった気もしますけど、ある程度歳が来てしまってるから
今更と思ってしまうのもわかるんですよね。
でも、お互いの気持ちが離れたわけではないのならここはやっぱり形にして落ち
つくところでしょう。
みんな幸せに向かっていてよかったです。
最終巻に掲載されていたようです。
めでたし、めでたしですね。


みんな誰かに恋してる・・・まさに少女漫画で展開するにはピッタリの題材
でしたよね。
弓先生のお陰で楽しくコミックも読むことができました。
これほどコミカライズ化が成功した作品も珍しいのではないかと思います。

この後は有川ひろセンセの自衛隊3部作もコミカライズしてくれるそうですね。
こちらも既読小説なので楽しみです。
案外、まんがのが面白くなったりして(^^;
期待しています♪​
2021年02月24日 (水) | 編集 |
ついに完結ですよぉ~~~~~
長かった!
本当に長かったです。
最初にコミックスの感想を書き始めたときはこれ、終わるの???って思ってましたが
終わりは来るのですよ。

ちゃんと生きててよかった私。


コミックス最初の感想

原作感想その1​ ​図書館戦争​ ​図書館内乱​ ​図書館危機​ ​図書館革命


前巻の感想は​こちら​。



手塚と柴崎が結婚! 
新たなスタートを切った堂上班は文学授賞式で彦江司令の護衛につくことになり!? 
またプールでのトリプルデートも収録 そして九州への出張で、入隊以来初めての
遠距離を経験した郁と堂上。
思い出のあの地へーー? 
幸せいっぱい、感動のフィナーレ。

原作者の有川さんも末巻で書かれていましたが、本当に上手いことコミカライズされ
ましたよね!
この方において他にない!!っという直感に納得です。

私も原作+アニメから、コミックスに入ったのですが、感動の連続でしたもん。

ちゃんと図書館戦争だけど、コミックスならではの仕様になってるし、独自色も出され
てるという神業ですよ。

本当楽しませていただきました!!

柴崎たちの結婚式、良い感じですよね。
柴崎は綺麗だし、手塚も素直にそれを認めてるし幸せ一杯ですよ。
毬江ちゃんにもお裾分けがいってるし。

簡単なお礼だけど毬江ちゃん勇気を出して話した後、小牧に確認するときの距離が
近くていいですよねw

郁も無事スピーチ終わってよかった、よかったw
原作では手塚と柴崎の結婚式の話でストーリー自体は終わっていたと思うのですが
オリジナルかな?
その後のお話がいくつかありました。

私は「たまにある特殊な任務」で郁が本領発揮?したのが気に入ってます♪
柴崎の情報を元に読んだ本から爆弾の隠し場所を正確に思い出す手塚の記憶力が凄い
思いましたが、自分の勘?から犯人の目星を付けた郁が凄いですよ~~~

普段、頭を使うことは他者に任せてる郁ですが真剣に考えてる姿が格好良かった。
本格的にタスクフォースの一員ですね。

それに妻の仕事を正当に評価出来る堂上もいいですよね。
身内だからって過小評価して言わないところがいい!!!
もちろん小牧も部下の能力を信頼してるし、堂上班は最高ですよ。

みんな結婚後もいつまでもこんな風に仕事を続けて欲しいな~っと思っていたので
エピソードとして読めて嬉しいです。
何れは郁が産休取ったりしてまた形は変わるのでしょうけど。

さすがに夫婦揃ってタスクフォースは無理かなと思いますのでね。
手塚兄が頑張って、図書のあり方が変わっていけば図書隊の仕事も変わっていくの
でしょう。

あと、柴崎のシチュー作ってる姿も可愛くてウキウキ。
手塚に独占させるのはもったいないくらいですが、手塚もこれくらいの楽しみが
帰宅したら待っていても許しましょうw
手塚も毎日天国w

とはいえ、柴崎にはチラチラと郁を引き合いに出されてヤキモキのようですが。
一緒にお風呂入って仲良くしてくださいってところです。
でも、実際は手塚が楽しみにしてても、いざとなると柴崎が誤魔化しちゃうかな
手塚が待っていたら入らないけど、手塚が待ってなかったら自ら入りそうw

2人で毎日お風呂に入るとしたら小牧のところだと思いますよ。
毬江ちゃんが可愛くて仕方がないようですからね。
毬江ちゃんも小牧を自分に向かせるためだったら何でも惜しみなくしそうだしw

みんなでプールに行く話も面白かったです。
それぞれが自分のパートナーを外敵から守ろうとしてるのがねw
確かに柴崎を筆頭に毬江ちゃんも可愛いし、郁だってスタイル抜群ですからね。
男どもが他の男の目を気にするのも仕方がない。

さすがに護衛対象のような布陣には笑いましたけど 
柴崎だけがしれーっと当然という顔してるのもいい。

そうそう、郁が女の子らしいプロポーションにしてもらってましたね。
以前、大阪のホテルで全裸で鑑の前に立ってたときはもっと厳ついガダイだったので
あらら・・・少女漫画なのにリアルだわ・・・容赦ないっと思ったんですよね。

郁の職務を考えれば華奢な体つきは絶対にあり得ないのでむしろそれが当たり前だと
思いましたけど、今回は水着ですし柴崎や毬江ちゃんと一緒にいるので郁も可愛くて
よかったです。

が、プロポーション可愛くしてもらっていても、いざ緊急事態となれば即動けるのは
格好いいですよね。
夫婦そろって対応が早い
あの2人が並んで立ってる3コマは​痺​れましたよ( 〃▽〃)

堂上はもちろん、郁の立ち姿に見惚れます!!
​強そう!!​
2人きりの時は甘々ですけどね。
もうすっかり夫婦なんだなぁって・・・ベッドで会話してる2人が馴染んでて嬉しく
なりますよ。

ラストは思い出のあの本屋さんに行きましたね。
玄田はいつの間にか折田さんと揃って指輪してるし、緒方も寄りが戻りそうだしで
みんな幸せになるのが予感できる締めで大満足です。

そして小牧と毬江ちゃんの結婚式シーンも拝めるとは~~ (〃∇〃v) 
脳内妄想は幾度したかわかりませんが、やはり画があるとありがたいです

この2人も官舎へお引っ越し。
これでみんな揃いましたね。
家族ぐるみでますます楽しい毎日になりそうです。

結婚は小牧が最後になりましたけど、一番イチャコラしそうですよねw
毬江ちゃんへの愛が惜しみなく​溢​れてきそうw

ま、みんながみんなそれぞれのパートナーが可愛くて仕方が無いって思ってること
でしょうし、女の子たちも自分のパートナーこそ最高って思ってるでしょうから
みんないつまでも仲良くお幸せに~~~​​です。

原作を補完してめちゃHappyで締めていただけて感謝しかありません。
コミックスは盛りだくさんでまさに感動のフィナーレです!!
ホント、弓先生ありがとうございました。

デフォルメされたキャラたちも超可愛くて​大好き​でした!!


さ、次は番外編の感想を書かなくては。
2021年02月22日 (月) | 編集 |
すっかり感想遅れてしまいました。
凄い試合が続いてますね。

前巻の感想は​こちら​。



【内容情報】(出版社より)
嵐の夜、ふたりの少年が出会った。何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず
熱い心を秘めた少年・柄本つくし。
孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、
高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

「さあ、全員で勝とうぜ」。君下からのラストパスを受けた水樹。
立ちはだかるは同じく十傑の犬童。
主将としての責任と誇りに懸けて、水樹が仕掛ける──! 
聖蹟vs.桜高、感涙必至のクライマックス突入!!

水樹が聖蹟キャプテンとして仕事しました!
同点ゴール、さすが。

もう残り時間が無い中でどうする?ってところで水樹が交代。
足が限界だったんですね。
これ以上はチームに貢献するどころか足を引っ張るってことで自ら。

無茶するとその後の選手生命に関わるからここは英断ですね。
まだこれからなのに大ケガとかしたら大変だから。
かといって、ここで負けたらこのチームは終わり。

ってところで、キャプテンはつくし?
水樹ならそうしそうですけど、実際つくしでは水樹のように動くことはもちろん、
キャプテンとしての仕事は出来んでしょ

チームをまとめるなんて無理ゲー!

のはずなのに、つくしを何とかサポートするってことでみんながまとまるとは。

なるほど、そういうチームのまとめ方もあるのね。
水樹のように圧倒的な上手さとカリスマ性でチームを引っ張るのとは真逆だけど、
これまでのつくしの努力と成長と人柄が生んだキャプテンですね。

とはいえ、いくら良い感じにまとまったところで残り時間の無さでは聖蹟が不利。

ここで来須を投入する理由がわかりませんでしたが、君下を活かすためだったん
ですね~~
もう生方も監督も全く指示を出さすに選手にお任せ状態ですね。

さぁどうなるのかな?
って結果はもうすでに知ってますけどね。

長い準決勝でしたね。
やはりここはお互い総力戦になるし、本当のクライマックスですもんね。

もうすぐ新刊で楽しみです。
でも完結は寂しい。​
2021年02月21日 (日) | 編集 |
最近アヤメくんの感想書いてなかったようですね。




【内容情報】(出版社より)
桐生の元義弟VS仁英!
大人気!桐生×仁英編に新展開!?
セフレ以上恋人未満(?)の仁英と桐生(ルビ:きりゅう)。
旅先で桐生の元夫の弟・アレックスと出くわした2人。
仁英が知らない時代の桐生を知っている上に、彼女を狙っているのがアリアリと
分かるアレックスに、仁英のやきもきは止まらない。
そんな2人の男の攻防に挟まれつつも、桐生はどこまでもマイペースで…!?

いやー今回今までの中で一番楽しめたかも!ってくらい盛りだくさんでしたね。
特に桐生のシンポジウム行きに付き合う仁英が可愛いったらありゃしない。
いつも桐生さんに手玉に取られてる感ありますけど、桐生さんもかなり仁英気に
入ってますよね。
大人のイチャコラの距離感が好き。

アレックスがやってきて仁英が嫉妬で振り回されるのがたまりませんでしたね。
アレックスも桐生に惚れてたんですね。
でも自分が知ってる桐生は本来の桐生が自分を変えようとしていた頃の桐生で、
今が一番幸せという言葉を聞いて仁英と張り合うのをやめましたね。

引き際を心得てるいい男に成長してたようです。
あの容姿で金持ちとくれば引く手あまただろうし、いくらでも恋愛できるでしょう。
アレックスにもいい人が現れますように。

アヤメくんと椿も同棲開始で楽しそうで何より。
うん、若くて学生だよなーって感じがいいですね。
椿も無事、卒論提出出来たようですし。
アヤメくんとのセレブな生活がずっと続きますように。
ま、ここは波乱はないでしょう。

ドキドキしたのはエリザベスとひろくんとこ。
どちらも初めてなんだったらしっかり覚えておかないとね。
これからの二人を楽しみにしたいですけど、ここも育った環境も生活も国も違うから
応援してるけど不安しかないわ。

そうそう斉藤教授の研究室、オンラインミーティングしてましたね。
コロナ禍でM2の息子もずっとゼミはwebでしたわ。
あんな感じでやってましたね。

ま、ほとんど発表者以外はカメラオフでミュートでしたけど。
最初こそ着替えてましたが、慣れてきたら下はパジャマでしたよ。

発表者の天馬くん、最初はみんなあんな感じなんでしょうかね。
息子も身に積まされる思いのようでしたわ。
2021年02月20日 (土) | 編集 |
自分を変えようと凪、頑張ってますね。
おばあちゃんの呪いなかなか深いけどこれにも抗って。

前巻の感想は​こちら​。



【内容情報】(出版社より)
北海道の実家に連れ戻された凪。
オンラインで東京のみんなとつながったり、北海道で新たな人間関係を築いたり
して、日々なんとかやり過ごしているところです。
そんなとき、東京からゴンがやってきて!?

何より凪の父と母の馴れ初めやら過去が判明してびっくり。
夕さん、もろ凪ですやん。
男の好みまで似てるとは・・・

そりゃ夕さんもあんな過去があったんじゃ凪だけはちゃんとして欲しいって思って
しまいますわな。

夕さんも娘の成長を信じて、娘と自分は別なのだと受け入れることですな。
今回は凪に関わるいろんな人が繋がっていって面白かったです。

ゴンも無事凪に会えたし。
ゴンのお世話係だったエリィちゃんも解放されて良かったよ。
みんないい人たちだったね。

ゴンも音楽関係をしてるロクデナシやろーだと思ってましたが、今の状態になる
過程を知ると応援したくなりますね。
とはいえ、自分のパートナーとしては選ばないけど。

凪はゴンからのプロポーズをどうするんでしょうね。
ゴンがちゃんと生活力をつければ性格とかは問題ないと思いますが。
慎二よりは人間的には優しくていいかも。
ただホント、結婚には生活力ですよ。

慎二は生活力はあるけど、今のままでは凪が嫌ですよね。
自分のことを都合の良いときだけ利用するようでは。
慎二も自分のことを顧みて凪と向き合えるようになれば別ですが、今のままでは
凪がたまったもんじゃないですよね~~~

お互いを利用し合う関係の強かな女と一緒にいるのがお似合いですよ。

勝くんとの関係は全く進展するとかそういうものでは無さそうですね。
それよりも勝くんと同じ学校の愛恋ちゃんの登場にびっくり。
てっきり勝くん狙いだと思ったんですけどね。
この子もどう発展していくんでしょうね。

凪母の有さんも凪が随分と以前と変わって来てるのをどう受け止めていくのか。
とにかくこの一家はもうちょっと明るく健康的な思考ができるようになって欲しい
と思います。

頑張って欲しいよぉ~~~~
2021年02月19日 (金) | 編集 |
なんと大阪公演、2公演分のチケットgetいたしました!
しかもそれぞれ2枚・・・まさかのGF先行ありがとうございます。

先月号の感想は​こちら​。




扉絵は天使もいろいろってことで、エイダさんとレイラちゃん。

退役軍人療養施設に潜入したバルドでしたが、劉が坊ちゃんを匿うまではわかる
けど、どうしてここまでついてきたのかに疑問を持ってるようです。

確かに劉はこんな危険なことする必要ないですもんね。
いってらっしゃい~~~ってな感じでいつものように送り出してもなんの問題も
ないばかりか、中国マフィアの幹部なのですから。

バルドが疑問に思うのも最も。
一緒に行動する意味があるとしたら劉も同じく情報を集めてるってことでしょう
かね。
劉はもしかしたら、裏の顔以外にもっと別の顔もあるのかもですよ。

みんなが寝静まってる夜中に施設内を調査しようとしたバルドですが、即行巡回中
のエイダに見つかってしまいましたね。

エイダは特にはバルドの行動を不審に思っていないようです。
本当にこの療養施設で親身に看護してそう。

でも、元気になって退所した先がヤバいのかもですけどね。
あの配達員になったという人だって本当かどうか。
入所中に健康にして取れるだけの血を採血してる可能性もありますが。

健康ハツラツ体操の初っ端のポースってもしや・・・

血液採取施設を探そうとしていたら、なんとエイダの方から案内してくれました。
レイラはリハビリ室で謎の調教をしてますw
うん、やな先生の好みならこの方向ですよねw

すっかり髭を剃られてツルツルバルドでしたが、チョボチョボ生えてきてますねw
いや~~~~こんなに働くバルドを見る日が来ようとはw

っと、施設内にありましたよ、血液採取施設が!!!
エイダの方から教えてくれました。
ってことはエイダはそれが何に使われているのか知らされずに採血だけしてるん
じゃないでしょうかね。

研究施設に送られてるとか、ある程度血を採った方が健康になれるとかなんとか
理由をつけられてそれに従ってるだけではないかと。

そうなると、もしかしたら後々エイダが寝返る可能性もありませんかね?
自分が悪事に手を貸すことになってたと知って、バルド側についてくるとか?

う~~~ん、とは言え、坊ちゃん側に付いたところで悪事に手を染めないわけでは
ないから意味ないですかねw

ではまた来月号を楽しみに待ちたいと思います。
2021年02月18日 (木) | 編集 |
左ききのエレン 15巻



【内容情報】(出版社より)
神谷が目黒広告社を去り、光一が柳チームで力を付けていく中、営業では
大規模な人事異動の話が持ち上がっていた。
新たに発足するサニートライ専属の五十嵐部に誘われた流川だが、営業と
クリエイティブの共栄を目指す彼が選んだ道とは!?
一方、エレンは彼女の名を騙る偽者のイベントに潜入する!!

いつもの通り、話の時系列が入れ替わるから頭が混乱。
光一は2010年で、エレンが2008年、園宮さんが2017年。
これ全部読み終えたら一気にダタダーっと繋がるんでしょうね。

エレンは2008年当時まともに活動してなくて収入も安定してないのにエレンの
偽物を助けてダーツ対決やってるし・・・
それも威風相手に・・・

このおっさん、ほんともうなんなんだろう?
色々とおかしすぎる。
でも、圧倒的な集中力を見せてエレンが威風を威嚇してるのは痛快
酒のせいとはいえ、威風、土下座してるし(^^;
この対決でエレンが只者ではないって知られた訳ですし、本物のエレンだと身バレ
するんでしょうかね。
一巻ではそろそろ顔出ししてるし、ここで発覚って感じでしょうか。

光一の方は柳の下で成果を出して20万くらいするスーツを着られる収入になってる
ようですが、達成感を感じることがなくなって輝きはみられませんね。
一瞬とはいえ、あかねが光一を意識する日が来ようとは・・・
光一はあかりと接触することになりそうですが、それがどう作用するのか。

目黒広告社の人事の内側がわかったのは面白かったですね。
組織ってのは簡単には変わらない。
流川が最初の頃に比べ随分と丸くなったと思いましたが、やるときゃやる奴でしたね。
そっちの方向に動くか~って思いましたわ。
柔軟な思考が出来るかがポイントのよう。
流川は結婚してるんじゃなくて同棲ぽいですが、彼女は地味な感じで好感。
でも、化粧したら結構やり手に化ける口かもしれませんね。
いよいよ、最終章のようなので楽しみです。



不滅のあなたへ 14巻



【内容情報】(出版社より)
何者かによって”球”がこの地上に投げ入れられた。
情報を収集するために機能し、姿をあらゆるものに変化させられるその球体は死さえも
超越する。
ある日、少年と出会い、そして別れる。
光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……
刺激に満ちたこの世界を彷徨う永遠の旅が始まった。
これは自分を獲得していく物語。
何もかもが変わった平和な時代で、フシはユーキという中学生と新たな友人となる。
ユーキの家にはかつての仲間達も集まり、穏やかな時を再び刻み始めた。
しかしハヤセ一族の子孫の少女・ミズハと出会い交流を重ねることで、静かだった
日常に波紋が広がっていく。
母親との問題を抱えるミズハは学校や家庭の中で孤独に愛へ飢えていた。
そんな歪な心はやがて破綻を迎え…。

なんか突然現代になってさっぱりわからんよーって感じだったんですが、フシが
ノッカーを倒したと思っていたけど実は本当は敗北しててノッカーは人間との共存を
選んでずっと長い年月を過ごしてきたってことですよね。

フシはついにについて学ぶようです。
ほぉ・・・
2021年02月12日 (金) | 編集 |
ついにエレンを止めましたね。
先月号の感想はこちら




道と思われる場所ででジークとアルミンが会話。
ユミルは苦しみから逃れるために不死身の身体を生み出し、死さえ存在しない世界
へと逃れたとジークは言ってますが、これが悪魔との契約ってことですよね。

他世界から生命体がやってきて、その力を受継いだとかではなく、ユミルがなんか
特別な生命体に変異してしまったってことでしょうかね。

2千年もの間、とてつもない力を持っていながらユミルがフリッツ王に逆らうことが
できなかったのはなぜか?
ジークはユミルの目的を考えたけど理解できなかったようで。

ただ、何かの未練を残していたことは確かで、それがエレンには理解出来て自分には
出来なかったのだと。

ユミルは誰かに自分も1人の人間として認めてもらいたかったのではないかと。

ジークはユミルを始祖の力をもつ特別な存在としてみてたと思いますが、エレンは
ユミルを“ただの人”だと言って、だから誰にも従わなくていいと言ってましたもんね。

エレンはこの世界を終わらせユミルを“自由”にしようとしたから、それを望んでいた
ユミルはエレンについていったんですよね。
この世がなくなるためにエレンに協力している状態ですよね。

それまでは従うこと以外の選択肢を知らなかったから、力を持っていてもそれを
抗う力として使わず、従うことに使っていたのだと。

ジークとアルミンは生きることの意味について語り合います。
ジークは「増やす」という種の目的のために生きることから解放され、死ぬことが
自由ではと捉えてて、そんな生には意味を見いだせないようでしたが、アルミンは
増えるために必要なものではないけれど「生きている一瞬一瞬の出来事自体」が、
自分には大切なものだったと。

アルミンの言葉でジークも自分にとって楽しかった時間を思い出すことに。
すると2人に関わって来た故人たちが姿を現し・・・

ん?これはかつて巨人の力を有した人達??

その頃、現実の世界でみんなは闘っていて、ピーク、ジャン、ライナー・・・
アニ、ミカサ・・・

それぞれが絶体絶命大ピンチ(><)

するとベルトルトの超大型巨人がアニの女型を助け・・・!!
ベルトルトはアニが好きでしたもんね・・・
助けられてよかったね、ベルトルト。

ライナーを助けるのはポルコとマルセルのガリアード兄弟!!
ユミルもいますやん!!

いろんな思いを抱えていたはずなのに・・・今はライナーを助けてることに胸熱。

この期を逃さずミカサがアルミンを救出。
アニの女型がアルミンをキャッチ!!

アニを助けるのはクサヴァー・獣、グリシャ・進撃、クルーガー・進撃ですよね。
ふぁああああ・・・歴代巨人結集だわ。

道に姿を現した彼らがジークとアルミンの呼びかけに答えてくれたってことです
よね。

ベルトルトは力を貸して欲しいというアルミンに対し何も言わなかったけどアニを
助けたことが答えですよね。

そしてジークは自らリヴァイの前に姿を現して・・・
それも巨人としてでななく、本体のままで。

獣の巨人の状態では項を削がなくてはならず、今のリヴァイにそれをするのは厳し
かったけど、人間の身体なら例え利き手でなくても目的達成させることができます
もんね。

はぁ・・・こう来るか。

ジークはリヴァイが自分を倒したがっていることを知っているから、その望みを
叶えてやろうってことのよう。

リヴァイには絶対にエルヴィンの命令を遂行して欲しかったけど、ジークが彼の
手にかかるのも辛いなぁと思っていて・・・
まさかこんな形で成されることになるとは思いませんでした。

色んな柵から解放されたジークは空を眺めいい天気だと感じる感性を取り戻したよう
です。
もっと早くに気づいていれば・・・もう少し長く生きたかったな、って思ったので
しょうが、同時にこれまで多くの人を殺してきた自分がそんな生き方が許されるわけ
ないということも承知していて・・・

こんなすっきりした表情且つ、清々しいまでの潔さでリヴァイの前に現れるとは。
リヴァイも一瞬動揺を見せたようですが、この期を逃しませんでしたね。

それは絶対に成さねばならない約束だったから。

ジークの死によって地ならしは止まったようです。
ジークを通して発動してた始祖の力がエレンに使えなくなったってことでしょうか?
でもユミルがいるはずだから直接ユミルを通して何とかなりそうですが???

ジャンがエレンの首に掛かる起爆装置を作動。
死に急ぎ野郎にクソバカがつきました。

ライナーが始祖の力の本体を取り押さえ、再びエレンと一体化するのを防ぎます。

鎧の巨人なら超大型の爆発に耐えられるってことですが、大丈夫ですかね・・・
ヤバそうなんですけど・・・
うう・・・ライナーの覚悟が・・・
これで今までのことは帳消しにして欲しい。

ライナー以外はファルコの背に乗って離脱。

ありがとう みんなの力が無ければ 地ならしは止められなかった

​さようなら エレン​

いよいよ、アルミンが巨人化。
終止符を打つようです。

ふぇ~~~~~ん 
なんだよ、ミカサの表情もアルミンの表情も・・・辛いよ(><)

あと2話ですよ。
最後まで見とどけねば。
2021年02月11日 (木) | 編集 |
すっかり遅くなってしまった「アシガール」新刊の感想。​
これまでの感想は​こちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アシガール 15 (マーガレットコミックス)
価格:484円(税込、送料無料) (2020/12/30時点)

楽天で購入


【内容情報】(出版社より)
唯が現代に戻っている隙に、若君に縁談を持ち掛けてきた織田家。
渋る若君にしびれを切らして、現れた使者はなんと織田信長本人!
有無を言わさぬ迫力に、沈黙する一同のピンチを救うのは…?
さらに、唯は出産の時を迎え…!?

信長の​圧​凄いです。
さすが信長です。
はぁ・・・でもこの信長好き。
これまで幾人もの信長を見てきたけど、森本センセの信長が一番やわぁ(*´∀`*)

この頃の信長ならまだギリ要求を拒むことが許されたんでしょうね。
それにしても知らないということは強くて恐ろしい・・・(><)

尊は当然、信長がこの後どういう生涯を送り、どんな人物であったかを知ってるから
ビビり捲るわけですが、唯はそんなの絶対知りませんよね。
信長の名前くらいは知ってるでしょうけど。

それにしても信長の前に座り込むのには笑いました。
尊じゃないけど、そこ~~~~~~!?って思いますよね。
今回は唯が懐妊してることがはっきりわかる体型だったのもよかったようですね。

これでは信長も新しく正室を迎えよとは言いにくいですもん。

よかったよぉ~~~若君が別の奧さん迎えなくてw
ま、そんな展開にはならず、子だくさんの未来があるわけですがドキドキしますよ。

尊の手紙が無事、現代に届きましたが、まさかお父さんが機械の組み立てをするとは
思いもしませんでしたわ。
それ以外、方法はないでしょうけど、凄いね、父!!

そしてやっと唯の髪も伸びてきて少しは戦国時代にいっても姫らしくなるのかしら
っと期待してたのにJUJU美容室のおばちゃん、やってくれちゃいましたよぉ~~~
ああ・・・唯のがっかり具合が・・・
髪はまた伸びるとはいえ折角伸びてきてたのに、何笑いぶっ込んでくれちゃってる
だんでしょ
って森本センセのセンスにひれ伏す。

それにしても宗熊殿はホントいい奴!!!!
最高の成長っぷりですよね。
こんないいキャラになるなんて登場時、思いもしませんでしたよ。

彼にもぜひ可愛い嫁さんを!って思うけど、しばらくこのままがいいかなw
唯専属の従者みたいで楽しいw

尊は戦国では生きていけないんじゃないの!?って心配でしたが、腹を括ってからは
本領を発揮し環境改善に頑張ってたんですね。
弟子まで作ってさすがですよ。

こういう順応力は唯に匹敵してますよね。
似たもの姉弟かもです。
適応力の出方は全く違いますけれど。

で、現代に戻ってきたらなんか逞しく骨太になってるとかね。
尊が​眩​しいw
若君までではないけど、尊が格好良く見えます。
戦国で鍛えられて一人前の男の顔ですよ。

そして唯もやりました!!

​祝出産!!゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

おふくろさまの「お見苦しい」はさすが戦国女性ですね。。
陣痛の最中にそれを言われましても・・・って感じではありますが、女には女の戦が
ある、って感じでしょうかね。
しかも唯は世継ぎを産むという使命もあるわけで。

初産は大変だったでしょうが、この後はポンポン産んでいきそうな気がします。
産後けろりとしてるのがいいw

男の子が産まれて、旧羽木家の家臣も御月家の家臣も大喜び♪
みんなに祝福されて産まれてくる子は幸せです。

とは言え、天野のじぃに赤子を抱かせるのはちと怖いですけどね(^^;

若君はやっぱりデレデレ甘々のパパっぷりですね。
ヒロインが出産して子育てして・・・なんて話はなかなかヘビーになりそうですが
唯や若君だと笑いがあって楽しそう。
確かに主君の跡継ぎだから24時間体勢でベビーシッターがいるようなものなので
唯の負担は少ないでしょうが。

若君が赤ちゃんを抱っこしてるのも様になってますよね!!

てんてんがキリッとした顔をしてても涎が垂れてるのがまたかわゆい!!
美人に弱いのはイケメンに弱いママ似かもです。

小平太も嫁さん貰いそうだし、阿湖姫も懐妊でますます明るい話題が満載♪
はぁ~~~戦国団らん物語になりそう、なんて思ってたのに展開でピンチ
若君たちのいない間に城に敵が!!

いや、これどうすんのよぉおお~~~ の場面ですが、やはりここは唯が
活躍せねばなりませんな。
産後だというにに大変ですが、唯ならやってくれるでしょう。

なんだかんだと格好いいんだよね、唯も。
若君はそんなところにれたんだろうなぁ~​

また唯の活躍を楽しめそうです。
とは言ってもほとんど尊の功績なんでしょうけど。​
2021年02月10日 (水) | 編集 |
はぁ・・・勝手に殺生丸さまを子持ちにせんといてくれよ。
殺生丸さまの嫁はりん以外には考えられないけど、間ふっ飛ばしていきなり出産で
双子成長済みなんて、なんかもやもやするやん?

そーゆうんは脳内補完してお互いそっとしとくとこやないん?

って思ってたものだから「私は見ーへんし」ってスタイルを貫く予定だったのに
一話から殺生丸さま登場聞けばたとえ1シーン数秒のみのご出演であっても見て
しまうわけですよ。

そうこうしてもう18話。
予告で殺生丸さま御光臨と告知されりゃ「正座待機」とばかりに通常録画視聴を
リアタイするわけですよ。

後半になれば「はぁ・・・そろそろ殺生丸さまのターン来るぞ」とソワソワ・・・
御光臨の瞬間は
「お父さま!」
と叫ぶ自分の情けなさよ・・・(ノД`)

あれだけ「殺生丸さまの娘など私は認知せん!」と鼻息荒くしていても、いざ娘の
ピンチに駆けつけるお姿を拝見するやこの有り様。

ま、こんなものてすよ、殺生丸さまの僕なんで。
ね、邪見さま。

邪見は「殺生丸さまともあろうお方が私事で動くかい!」みたいなことを言っており
ましたが、結構絡みで行動されてますよね?

私としてはついでの用事もあったことだし、麒麟丸の元へ行くかという体で本当は
娘たちを麒麟丸の手から守ったのだと思ってますよ。
殺生丸さまはそういうお方 (/ω\*) 

双子を気にかかる邪見に「言うな!」と言ったのも今はそのような振るまいが出来る
時ではないってことでしょうね。
誰かに親子の情など見られたら娘たちが利用されかねず、命も危ういってところでは
ないかと。

いくら殺生丸さまの血を引いてるとはいえ娘たちは半妖だし、妖怪として鍛えてきた
訳でもないし、とても殺生丸さまや犬の大将と呼ばれたお父上のような妖力はないから
危険な目には遭わせたくないがゆえのスルーだったと思うのですよ。

麒麟丸を倒すには娘たちではとても無理ってことがはっきりしましたが、ここに犬夜叉
が加わればどうでしょ?
犬夜叉も半妖なんだし、この半妖組に入ってもおかしくないですよね。
娘たちと力を合わせて麒麟丸を倒すんじゃないでしょうかね。
殺生丸さまは麒麟丸ではなく、是露退治じゃないかなーとか思ったり。

うーんOPからすると是露は刹那かも?
いずれにせよ、殺生丸さまには麒麟丸に手を出せない事情があるのだと思われます。
りんちゃん絡みで。
それ以外で殺生丸さまが誰かの言う通りに動くわけないですからね。

理久も暗躍してますが、実はそれほど大した妖怪ではないんじゃないかなーと。
大妖怪なら名が売れてるでしょうしね。
流れの妖怪とか?

虹色真珠を集めて力を得ようとしているところからも、大妖怪とかではなさそう
ですよね~~
何者なんでしょうね。

とわの担任が細やんで、希林理って名前から、理久は奈落から神楽が生まれたように
麒麟丸から生まれた何か??かもしれませんね。
で、自分が麒麟丸本体になろうとしてるとか?

現代では麒麟丸に吸収された形で現れてるとか???

それにしても犬夜叉とかごめは随分長いこと隔離されてますよね。
もろはの兄弟姉妹が増えてたりしませんかね・・・ ( 〃▽〃)
珊瑚のとこより子だくさんになっていたりしてw

犬夜叉一家は明るそうなので大家族でいいと思います♪

今回も、​他が如何に乱れようと殺生丸さまの作画だけはし​かったですね (*/-\*)
​素敵​にござりました。​​​​​​







2021年02月09日 (火) | 編集 |
​輝夜伝 1~5巻


【内容情報】(出版社より)
「とりかえ・ばや」のさいとうちほ最新作!
今は昔 竹の中に いと美しき人居たり・・・
たった一人の肉親である兄の敵をとるために、「血の十五夜」の真相と兄の死の
謎にせまるために、少女が一人運命の中に飛び込んでいった。
『少女革命ウテナ』『とりかえ・ばや』のさいとうちほが放つ、新たなる逆転劇
登場!
【編集担当からのおすすめ情報】
主人公・月詠(つくよみ)♀を仲間に迎え支えるイケメンたちとの友情?活劇!
も楽しく、そして兄をめぐる謎にときめきが止まらない華麗なる歴史絵巻が
ふたたび始動です!
かぐや姫のお話をベースに持ってきたファンタジー。

面白いです。
かぐや姫は月から降りてきた天女。
で、かぐや姫と同時期にもう一人の天女。
かぐや姫の方は帝一筋だし、帝もかぐや姫一筋だけど、ヒロイン月詠の方は?

やっぱり梟は探し求めていた兄だったけど実の兄ではなく、何かと世話を焼いて
くれていた大神は既に月詠に惚れていて、新たに月詠が女だとわかってスサノオ
参戦でどうなることやら。
月詠はまだ誰にも恋愛感情は持っていないようなのでこれからですよね。
誰を選ぶのかな。
私は兄者に一票。

でも、きっと結ばれたらお迎えが来ちゃうってことですよね。
かぐや姫も月詠も何とか月からのお迎えを振り切ってhappy endになって欲しい
ものですが。




美食探偵 明智五郎 7巻


【内容情報】(出版社より)
あなたも悪党におなりなさいな 明智が、総理大臣が主宰するパーティー
『五月晴れの会』に出席することを知ったマリアは、野点の席に出される
和菓子に毒を仕込むことに。
ランダムに弱毒・強毒・無毒のものを用意し、明智を待つ。
明智はマリアの意図に気づき、和菓子を口にしなかったが、総理大臣が偶然
強毒の和菓子を食べて死亡、日本はパニックに陥る。
そんな中、苺はマリア一味によって拉致される。
マリアは、苺を人質に明智を呼び出して…?
総理大臣暗殺編、衝撃のクライマックスーー!!

無差別大量殺人なんてテロリストだし、完全に頭おかしいマリアを止めるんかと
思いきや、明智さんやっとりますがな、おいおい・・・
これはさすがに苺も呆れるわな。
マリアと逃亡してたのに戻ってくるとは如何に?
これ最終巻ですか?
まだ続きありそうですよね???
よくわからない。​
2021年02月04日 (木) | 編集 |
これまでの感想はこちら。 ​3巻感想
4巻は書いてなかったようですね。



【内容情報】(出版社より)
自己とは何か──。
自分をみつけられず、もがく生徒達に寄り添い語りかける倫理教師・高柳──。
生徒達は彼の言葉に何を見出すのか──。
倫理を通し、“自己"を探す教師物語第5巻!!

思春期特有の自分しか見えてない面倒くさい生徒が多い中で春山くんが断トツ!
応援してあげたくなった。

自宅での介護って大変だよ。
家族がしんどくなったらいくら本人が家に居たいって言っても限界があると思う。
他の友達は遊んだり自分のしたいことやってるのに春山くんは大好きなおじいちゃん
のために介護やってるんだよ。
なんて優しい子なんだろう。

おじいちゃんとおばあちゃんの愛情が彼をそうさせてるんだろうけど、でもね、介護
される側は甘えちゃいけない。
家族の時間を自分のために使わせて、喧嘩の種まで撒いちゃいけない。
愛情や善意に甘えちゃいけないんだよ。

介護する側が上手くストレス発散させて、心からその人のためにしてあげたいって思う
のならありだけど。
負担になってるんだったら家族を潰しちゃいけないよ・・・
みんなが不幸になっちゃう。

愛情をもらったのに憎悪に変わっちゃうかもしれない。

でも、やっぱり溢れんばかりの愛情を与えてもらっていたら、その人のためにしてあげ
たいって気持ちになるんだろうなぁ。
決して強制ではダメだけど。

春山くんは気持ちの切り替えを学んだし、自分の気持ちを口にすることで話し相手が
できたり、自分の気持ちを整理することができたり、本当によかった。

切っ掛けを作ってあげたのは高柳センセ。
介護に関しては経験者じゃないし、具体的なアドバイスは無理ってものだけど、介護者
の気持ちを楽にしたり軽くしてあげられることはできた。

春山くん、頑張って欲しい。
でもしんどいときはしんどいっていって欲しいよ。
で、家族で考えてあげて欲しい。
介護は大変だもの。



この方の作品、こっちも気になってます。
吉田松陰のお話です。
試し読みしたら続きが気になる!!!



【内容情報】(出版社より)
TVアニメ化作品「ALL OUT!!」や、TVドラマ化が決まっている「ここは今から
倫理です。」の雨瀬シオリが、待望の新作を発表!
描かれるのは幕末の器才・吉田松陰!

幕末という狂乱の時代の中で、教育とは何か、人とはどう生きるべきなのかを説く。
今まで描かれていなかった伊藤博文のやりのこした想い。
高杉晋作がなぜ、狂乱のカリスマとなれたのか。
そして、なぜ吉田松陰という幕府転覆の核が生まれ、その男の目に日本の未来が
どう映っていたのか。

全日本人必読の美麗ヒストリーコミック。
時代を越えて?狂″のレクイエムが鳴るーー。

「狂うた男は美しいぞ」
ゾクッとしましたわ。
2021年02月02日 (火) | 編集 |
ヨンヒ手記編クライマックス!!
これまでの感想は​こちら​。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暁のヨナ 34 (花とゆめコミックス) [ 草凪 みずほ ]
価格:495円(税込、送料無料) (2020/12/30時点)

楽天で購入


【内容情報】(出版社より)
スウォンの母・ヨンヒの手記を読み進めるヨナ。
ヨンヒが緋龍王の血筋だと知った神官達を、夫・ユホンは全て処刑する。
その神官弾圧から約9年。
スウォンを産んだヨンヒはある女性に出会う。
彼女は神官弾圧から生き残った巫女・カシだった…!

はぁ・・・親世代の情報が一気にやってきましたね。
なぜスウォンはイル王を殺したのか、なぜイル王はユホンを殺したのか、なぜ
ユホンはカシを殺したのか・・・

これでやっと一巻の冒頭諸々へと続く・・・って感じですね。

あれだけ仲が良かったスウォンですが、彼はヨナと仲良くすることと彼女の父
イル王を暗殺することは別ものとして考えていたんですね。

今までスウォンがヨナのことをどう考えていて、あの行動を取ったのかわから
なかったんですが、彼は情と為べきこととを分離させて行動できるんですね。

ちょっとサイコパス的なものを感じますが、それがスウォンなんだと納得です。

親世代に起きたことはお互いがコミュニケーションを十分に取ろうと努力しな
かった結果による不幸な出来事だったようです。

ユホンはイルを厭おっていた訳ではないし、イルもユホンに対し劣等感はあれど
尊敬の念も持っていた訳で・・・
性格は違っていて大切なものも違っていたけれど、この兄弟がもう少しお互いを
受け入れることが出来ていれば、ヨンヒが辛い思いをすることもカシたち神官が
弾圧されることもなかったかもですよね。

でも、ヨナが生まれることが必然であったなら、いずれにせよ彼女が四龍を手に
するには自らが彼らを欲し、動かなくてはならなかったのでしょうから、ヨナが
城を出ることになったのでしょう。

避けられないことだったんでしょうね。

それにしてもヨンヒはユホンに愛されたがために親族を不幸にしてしまい、母を
失うことになり辛いですよね。
とはいえ、彼女が後悔したように自分の中の恐れに支配されなかったらもう少し
違う形でユホンに伝え、状況は変わっていたかもしれません。

ユホンにしてもヨンヒを愛するあまり、彼女の憂いを取り除くため行った処刑で
したが、神の力を全否定するのではなく少しでも理解し合おうとする姿勢があれば
あんな極端な行動をとることもなかったでしょう。

カシに関しては先が見えてしまうというのはこれまた良かったのかどうか。
彼女は自分に巫女の力があるから、緋龍王の生まれ変わりの女の子を産むという
運命であることからイルに受け入れられたと思っていたようで・・・
彼女はイルから大切にされていたのでしょうが、それは自分自身をみてくれていた
わけではないと思ってしまっていたようで。

イルもカシが特別な力を持っているから言葉にしなくても自分の思いは伝わってる
と思っていたようですし。
みんな自分の気持ちを相手にきちんと伝えることをしなかったがために哀しいこと
になってしまいましたよね。

イルはヨンヒの手記を読んで自分の至らなかったところに気づいたようですけど
彼は緋龍王を信じその生まれ変わりであるヨナを精一杯育てたつもりでしょうが
本当に彼女を王として立て国を統治させるつもりであったのなら蝶よ花よと育てて
る場合じゃありませんよね。

もっと高華国という国について学ばせるべきでした。
それができたならスウォンは自分の代わりにヨナが立つことを良しとしたかもしれ
ませんし、ヨナも心に傷を負いながらの旅をしなくても済んだかもですよ。
この1点だけでもイル王は王としての資質がなかったと言えます。

せっかくカシの力でヨナが緋龍王の生まれ変わりだとわかっていたのに、それを
活かさず、しかも自分自身も繋ぎだと思っていたから王としての努力もせず、これ
ではスウォンに排斥されるのも致し方ないかと。

カシはハクがこの先ヨナを支えることになるとわかっていたんですね。
スウォンはイルを殺すけれど、その先のことまではカシには見えていなかったよう
なので、スウォンが緋の病を克服しヨナを支える1人となるかもしれないですよね。
その可能性がないとはいえない。

ま、私にもわかりませんけど、ただスウォンが緋の病で亡くなりました、その後は
ヨナが王になりました、ではお話としてどうかと思うので、憎しみの連鎖を絶つ
にもヨナとスウォンは和解するだろうと思っています。

どちらが王となるかはわかりませんけどね。
ただ、カシはヨナが緋龍王の生まれ変わりだとはわかっても王として高華国を統治
するとまではみえてなかったと思われるので、まだ先のことは不明だと思います。

みんな大事な人を大切にしたかっただけなのに親世代は不幸でしたね。

スウォンは感情がないとか、人の心がわからないとかそういうのではないですが
情を切り離し冷静に行動が取れるという点では普通ではないですよね。
訓練してそうできるようにすることは可能でも幼い頃から自然にできるなんて。

父親譲りということでもなさそうです。
ユホンは感情から行動に出ることもありましたし。
スウォンほど冷静には物事を処理できてませんでしたよね。

スウォンは賢いだけでなく、客観的に物事を見定め、自分の情を切り離して最善
の対処をとることができるという点では王の資質ありですよね。
でも民に愛されるかというと・・・どうなんでしょ。

No.2として有能だけどトップとしてのカリスマ性はやはりヨナの方が優れている
のではないでしょうかね。
力による支配ではなく人柄で周りから慕われるというのは長く国を安定させる王
には必要な資質じゃないかなと思ったり。

素のスウォンなら十分その資質を備えていると思うのですが、それよりも今は
不確かな力に頼るのではなく、確かな力で統治すべきであると考えているので
自分の素の部分は前に出さないでしょうね。

ただスウォンも何か特別な存在ではないかという気がするので今後、どう転がる
か気になるところです。

もちろん、ハクもそこに絡んできますしね。

これでヨナとスウォンが置かれた状況がわかり、これを踏まえてこの後2人がどう
するのかですが、早速ヨナが動きました。

頭痛で会議への出席が難しいスウォンに変わって先王の子である王族として自ら
南戒との会議に出席。
しかも一歩も引けを取ってないし。

むしろ、南戒側を圧倒してます。
​かっこええわ。​
これでこそヨナです。

今まで部族巡りをしてきたことがここで一気に持ち駒として使えますね。
ケイシュクもジュド将軍も今のヨナを知らないから度肝を抜かれればいいw

ガンガンやっちゃってください。
四龍もスウォンの病を知ることとなったし、これでヨナが四龍と会わずにいる状況も
解消されそうですね。

まずはユンくんが千樹草を取りにいくことになりそうです。
四龍とハクはヨナから離れないでしょうから緋龍城待機かな。​

長いことあっちこっちと放浪してきましたが、やっと物語の​核心​に入ってきたので
今後の展開が楽しみです。
ハクはハクで自力でのし上がってくるでしょうし​、3人の関係性の変化に注目です。