FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

ギルティクラウン 第19話「贖罪:rebirth」感想

「なんか違うんですよね。。」

まさか 嘘界さんがこんなにご活躍されることになるとは 思ってもみませんでした。
なんかしでかす人だとは思ってましたけどww

今回 一気に話が動きましたね。

春夏は 茎道の妹だったし。ってことは 茎道春夏さんだったってわけですね。
真名を殺そうとした春夏でしたが、真名は最初から ここにはいなかったって・・・。

では どこにいたのか、最初から いのりの中にいたってことなんでしょうか?
涯が 抱きしめたと思ったのは幻だったというのでしょうか。。

これで 茎道の元に春夏がいた理由がわかりました。
ヴォイドゲノムの残りひとつも そこに隠していたようですしね。

そういえば、春夏と集は血の繋がりはないけれど 二人とも大切な人・クロスを失ったことから
お互いに寄り添って生きて来たんですね。
って 春夏は 回想で集の手を握ってはいましたが、そこに真名はいませんでしたね?

それってどういうことなんでしょうか??
父親を亡くしたってことでは 真名も同じなはずなのに。。

春夏を匿ったために 嘘界の襲撃を受け大雲さんは 壮絶な最期を遂げることに。
大雲さん 地味なキャラでしたが カッコよかったですね。
これまでに もう少し葬儀社のメンバーの掘り下げがなされていたら もっと彼という人物が
生きただろうになと思いました。
大雲だけでなく 葬儀社には魅力的なキャラが多かったのにもったいないなと思います。

そして 嘘界。。
巧妙ですね。一般人を送りこめば 正義の味方は拒めない。
予想外に 嘘界が強くてこれまたビックリでした。こんな設定も持っていたとはwww


白涯さんは 涯とは別人だと思ったんですが どうやら別人格ではなかったようです。
彼は 昔も今も 目的は同じだと・・・。

ってことは やはり真名を手に入れるってことだけだったんですかね。

5年前のアフリカ戦線で涯と四分儀は出会ったようですが、自分を殺そうとした少年兵に
天稟をみたと それ以来 四分儀は涯を王にするために働いてきたようです。

ふ~~ん、四分儀さんったら そんなに前から涯とともにいたのですね。
少年の時からずっと傍にいて、成長を見守ってきてたってことか。。
それにしても 涯はどうやってアフリカ戦線に参加することになったんでしょうね?

少年の頃だっていうし、集たちと別れた後でしょうけど 随分とまた過激なところで強くなろうと
したものです。
私は てっきり 格闘技でも習って強くなろうとしていたのかと思ったんですが、スポーツ
なんて平和なものではなく、死と隣り合わせの戦場で本場仕込みの殺人技を習得していた
ようです。

通りで実践向きのコンパクトな動きをしていたわけです。
ポイントを稼ぐような派手はアクションではなく、確実に相手の急所を狙い最小限の
動きで倒す。実践慣れした動きでしたもんね。。

涯の目指した強さというのは それほどの覚悟を必要とする強さだったんですね。
だとしたら、集に再会した時、まるで使い物にならなそうな彼をみてどう感じたのでしょう。

集と自分の差を感じ より自分の方が真名に近づいたとほくそ笑んだのか それとも
懐かしく感じたのか。。

その両方だったように思います。
集の行動を甘ちゃんだと蔑視しながらも、いのりが集に近づいていくことに苛立ちを感じ
それでも集を突き放すことはできずに 自分の命を顧みず守ってしまうほど集のことを
大切にも思っていて。。

今の白涯さんは 涯の中の真名への欲望だけが特出した人格ってことなんでしょうか。
何かの切っ掛けで もとの涯さんに戻るだろうということは予想できますが 出来るだけ
納得のいく繋ぎ方をしていただきたいと願います。

四分儀さんもかなり強い人だと思って間違いなさそうですが なんでまた 捕まってたんでしょ。
最初から涯のことを探るために捕まったってことだったんでしょうか。
涯の真意を知りたかった・・・

あなたにとって 葬儀社とは 我々の戦いとは何だったのです?」と涯に問う四分儀。
が、「答えを聞きたいか?」という涯の表情から 全てを悟ったようです。

葬儀社時代、指導者と参謀の関係で とても強い信頼で結びついていたように見えた二人
でしたが、 それも全部 自分の一方的な思い込みだったと知らされ
これまでのことを涯に感謝するとともに、新たな願望が生まれたことに感謝する四分儀。

彼の新な願望とは
「あなたを殺すことです」

これもまた 歪んだ愛って感じですね。
可愛さ余って憎さ百倍??

涯は涯で 最初から 葬儀社とかGHQとの戦いの先に求めるものなんてなくて
ただ一つの目的のためだけに戦ってきていた。
それは 真名を手に入れること。

そのために 人が犠牲になろうとも厭わない。

以前の涯は それでも自分の在り方に弱音を吐くこともあったのですが・・・。

それでも 目的は同じだったってことですよね。
涯さんのこの執着ぶりも 相当ですよね。そんなに真名はいい女だったか?

そうとは思えないので 何か他に涯が執着してしまう理由があるのではないかと思ったり。
いのりを捕まえたってことは 先の檻みたいな中に真名はいなかったことがわかって
やはり いのりの中にいるって思ったからなんでしょうね。

もしくは 自分の目的を果たすために 何か隠していることがあるのかもしれません。
敵を欺くにはまず味方から・・・ってことで 涯は 全ての悪を自分に集結させることで
目的を果たそうとしているのかも。。

涯は たった一人でそれを行おうとし、集は 皆の力を集め それを行おうとする。。

そういうことなのかなっと思ってみたり。。 

四分儀さん、涯の前に連れていかれた時、てっきり首輪されてるんだと思ってましたww
いやだわ 私ったらwww 願望がダダ漏れ??
いえ、連れてる相手が嘘界だったからってことで ご勘弁をwww

残っているメインキャラは まとまって行動してます。
そこへ嘘界が 楽しそうにやってきて 最後のヴォイドゲノムをおうとします。
彼は 自分自身にそれを使う気だったんですかね。

不可思議な光が見たいってことなんですけど、このセリフにより、彼にも死亡フラグが。
彼は 純粋に真理が見たいって好奇心で動いてたんでしょうかね。

綾瀬に ヴォイドゲノムを取られそうになって「このおてんばさん」ってwww
あんな状況でも 余裕ぶっこいてますww

嘘界さんの魅力全開ですねv

ヴォイドゲノムがクルクルクル~~~~って 転がって 行きついた先は 

ハイ、期待通り、集のところでしたv
すっかり男前になった集が 自らの意思でヴォイドゲノムを使います。

春夏を初めて「かあさん」と呼ぶ集。

これが 僕に出来る唯一のこと。 
「ずっと逃げて来たんだ。今こそ僕をさらけ出す」

ヴォイドって 自分のを取りだすこともできたんですね。
集はそれをわかっていて それまでしてこなかったってことなのかな?

人の心を覗くようなことをしてきたのに 自分の心は隠してきたってこと?

集が自らのヴォイドを出すと 右腕となりました!
だから あっさり涯さんに 斬られてしまってたわけですね。
OPの腕になりました。

次々に みんなのヴォイドを出し戦う集に 嬉しそうにんでいく嘘界。
「これならどうです♪」って すっかり楽しんじゃってます。
挙句、集に刺され

「入ってく・・・私の中へ・・・ 」

名セリフキマシタwwww 悦に酔ってる嘘界さん!!!

まさか こんなオプションが付いてくるとは思いませんでした。
嘘界さんったら 素敵過ぎるwwww
嘘界さんのあの機械仕掛けの目についてもっと知りたかったんですけど あれは特に
何かの能力があるってわけではなかったんでしょうか??気になるww

嘘界さんが ちょっとエロ妄想出来るセリフを口にしてくれましたが、彼の中に入ってきたのは
「他人の心 ヴォイドの光」でした。集のナニでは ございませんことよwww

彼にとっては それが欲しかったんでしょうかね~
よくわかりませんが 笑えたのでよしとしましょうv


ヴォイドを集めた集の顔には キャンサーが現われていました。
それは 颯太のもの。。

涯は言います。

集のヴォイドは 全てを集めて引き受ける、強さも弱さも 光も闇も 全て・・・。
力も集めることが出来るけど 反対の弱さとか そういうのも全部集めちゃうってことですね。

うわぁ。。 一見強そうではあるけれど マイナスも全部引き受けるなんて、それは大変だ。。

涯は最初からわかっていたんですね。

「これがクロスの意志」なのかっていう茎道の言葉の意味がちょっと不明ですが。。
まだ クロスについては 謎だらけですもんね。
次回 ようやくその辺りが繋がって来るようですけども。

 

悲しみがアポカリプスを悪意に変えるなら 僕は・・・その悪意を引き受ける。
この身体に悪意が溶けてしまえばいい・・・

 

随分と切ない展開になってきました。
アレだけ 情けないというか 頼り無いというか ダメダメだった集ちゃんが
多くの命の犠牲を目の当たりにし、成長したってところでしょうか。。

ストーリー展開にはいろいろ思うところはありますが それでも この先が気になります。
最終的には 王の力は全て失われ、アポカリプスウィルスなるものも無くなり
平和が戻る・・・ってことになるのでしょうが、どうやってそこへ持っていくのか・・・

もしくはもっと別のラストになるのか。残り数話 期待したいと思います。

スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

ギルティクラウン phase19 「贖罪:rebirth」
The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)(DVD付)(2012/03/07)EGOIST商品詳細を見る  桜満春香が桜満真名を殺そうとしたが、真名は居ると言われた場所に 居なかった?やはり、楪いのりに真名...
[2012/03/02 22:50] 北十字星
ギルティクラウン第19話あらすじ感想「贖...
王の力、再び-------------!!涯の王の力を目撃した嘘界。それを見ても・・・集の時のような高揚感が生まれないのだ。「何か違う・・・」おや、彼には涯の力はお気に召さなかったよう...
ギルティクラウン 第19話 あらすじ感想「贖罪:rebirth」
王の力、再び-------------!! 涯の王の力を目撃した嘘界。 それを見ても・・・集の時のような高揚感が生まれないのだ。 「何か違う・・・」 おや、彼には涯の力はお気に召さなかったようで。 その頃、春夏は・・・ 「ごめんね、真名ちゃん」 そう言...
ギルティクラウン#19「贖罪:rebirth」感想
僕にできる唯一の事だから・・・。新たな光がシュウに宿る・・・!「贖罪:rebirth」あらすじは公式からです。葛藤の果てに見出されたいのりの想いは、シュウに罪の許しをもたらした...
[2012/03/02 23:35] おぼろ二次元日記
ギルティクラウン GUILTY CROWN 第19話 感想「贖罪:rebirth」
ギルティクラウンですが、いのりが涯に捕まってしまい、桜満集は片腕を失った状況です。葬儀社の残党も動き出しますが、集が体に何らかのものを注入すると失われた腕が再生します。(以下に続きます)
ノイタミナ つまみ食い感想
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 常に予想外の展開を見せてくれる、ギルクラ&B★RS。復帰第一号の感想は、この2作品にしようと決めたんですが、正直ちょっと後悔してますwどちらも面白いんですけどね…。嫌いじゃない?...
[2012/03/03 00:28] 冴えないティータイム
ギルティクラウン 第19話 贖罪:Rebirth
涯の力を見る嘘界は「何か、違うんですよねぇ…」と、何か自身が求めたものとは違うと… 春夏は真名の抹殺に動きますが、いると思われた場にはおらず。 茎道は春夏の兄で、クロス ...
[2012/03/03 03:23] ゲーム漬け
ギルティクラウン 第19話「贖罪:rebirth」
「全ては ここから始まったんだ  これはやっぱり 僕が背負うべき罪なんだ――」 残された最後の、そして最悪の希望――! 最後のヴォイドの力が、集の新たな運命を!    【第19話 あらすじ】 葛藤の果...
[2012/03/03 20:09] WONDER TIME
ギルティクラウン 19話
やだ、かっこいい。 誰がって、シュウ君に決まってるじゃないですか。 あの卑屈だった少年が、ここまで強く、大きく、男らしくなるとは。 超絶作画無双アクションとか、この際置いといて。 いや、置いとけ...
[2012/03/08 12:33] アニメ徒然草