FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2011年04月01日 (金) | 編集 |

いよいよ 「漆黒の花」も最終巻ってことで。。

今回の表紙の黒と銀 いいですね??

2巻の二人もよかったですけど、ぎゅって感じが非常にいいですヽ(*´∀`)ノ

 

【送料無料】DARKER THAN BLACK(4)

【送料無料】DARKER THAN BLACK(4)
価格:580円(税込、送料別)

これまでの感想はこちら

では 盛大なネタばれを含みながらの感想いきますv

 

組織に戻るために パーセルの頭を撃ち抜けと将軍に命令されたセルゲイ博士・・・
銃を手にし、パーセルに向けますが・・・

科学者として あらゆる犠牲を厭わず、人類のために尽くす。。
そう誓ってきた彼ですがBK201によって、サターンリング計画が失敗に終わった時、
全ての契約者が死ぬことを承知していたはずなのに パーセルたちが無事なことに
安堵している自分がいた・・・。

彼は 科学者になった時に切り離した感情(モノ)を パーセルらを見ているうちに
いつの間にか取り戻していた・・・。

セルゲイ博士は自分は間違っていたと言います。
「個人の命は 人類よりもはるかに軽いが 思惑だけで奪っていいほど軽くはない」

パーセルに向けていた銃を 将軍に向けます。
が、兵士にあっさりと撃たれ、博士はパーセルの隣に倒れます。

黒と銀は海水にどっぷりなんですけど、黒が泳いで どこからかカバン持ってきて、
その中に携帯用の酸素ボンベなの?? 口にカプっとはめるだけで酸素が
吸えるようになってるのが 入っていたようで 

息をしてないというか、漂ってる銀の口にはめてあげるんですよぉ~(/∀\*)

で、ちゃんと銀にはめてあげてから 自分もはめるの!!!

これだから、この子はたまんないんですよね!!!!

なんて子なのよ(p≧∀≦q)〃 ??いい男過ぎる?

そして、黒と銀は塔の壁を破壊し、ワイヤービュ~ンで、将軍たちの前に現れるんですよ!
その時、黒は 将軍の周りにいた二人の兵士を同時にナイフで殺し、将軍と対峙。

「残ったのはヘリのパイロットとオマエだけだ マクスレイ」

黒は将軍と顔見知りだったというか、南米で黒を一人前の兵士として鍛えたのは
マクスレイだったようです。

南米の頃に比べ、腕を上げたようだなと評価するも、銀を連れて現れた黒に対し、
「その甘ったれた女々しい性格だけは直ってないようだな。未だに 女に振り回されるとは」

でも、黒は そこがいいんだよねぇ~~(/ω\*)??

マクスレイは 黒が人間だったから鍛え上げたのに 妹を追ってアンバーの部隊に入り、
しかも、契約者となったことを非難します。

「オマエには とことん失望させられるな」

「オレの都合だ」

「キサマ一人の都合で世界が振り回される そんなことが許されてたまるか!」

間合いが縮まるふたり。

「キサマを鍛え上げた者の責務として この手で葬ってやろう」

黒が電撃を使おうとした瞬間、パーセルがマクスレイの脚にしがみつき、異空間へ!
なんと、成層圏のすぐ下の限界の高さまで移動したようで、そこからマクスレイを落とします?a

なんてこと!!そんな風にも使えるのね!!

「仇はとったぞ チャンプ ミーナ セルゲイ」

黒と銀の元へ戻ってきた彼女は「やったぜ オレ・・・」
そう言うと気絶。
「呆れたガキだ」 パーセルを抱きかかえる黒。

カッコイイじゃないの!!最初は変な子っぽかったのに、やるじゃないか パーセル!!

黒は、ヘリの機器に電気を流し、操縦士たちに 言われた通りに飛べと命令。

ヘリの中に乗っていた梓のテープを剥がしてやりますが、口のテープの剥がした方がwww

一応、大丈夫か?って声を掛けてるけど、手加減なしwwwwФ


これが 銀とか白だったら 絶対に痛くないようにしてあげたと思うんだ。
こういう 身内とそうでない者との扱いの差が 黒の魅力だわね(〃∇〃v)

これからどうするんですかとの梓の問いに

「ハーヴェストを殺す」

黒の冷たい視線が たまんねぇ(*´д`)ハァハァ????

 

アニメで見たかった!!

そう思わずにはいられないシーンが満載!!
アクションもいっぱいあるし、やっぱり 一期の後で、この「漆黒の花」と「外伝」を
アニメ化して欲しかったです!!

で、2期は いらないかも・・・。

この先どうなる!? で 終わりでも いいかも・・・。

もしくは 2期をぐっと縮めて 黒と銀を中心に展開してくれたら・・・。

 

えっと、ここまでで まだ4巻 28ページしか 進んでないんですけど(><)

思ったよりも感想 長くなりそうなので ひとまず区切ります。

つづきは こちらから




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック