FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年04月29日 (日) | 編集 |

いや~ それにしても 密着時間長すぎやしませんかねwww
ハルユキは調べものしてるわけだし まぁ 仕方ないにしても 千百合は・・・

ハルユキに対して ある程度 気がなかったらあり得ない状況なんでは??
黒雪姫に対して ハルユキが子分のようにしてる態度もヤメテ欲しいっていってるし。。
どうせなら 彼氏になって学校中の生徒を驚かせてって。。

そりゃ そんなことになったら みんな驚くだろうけど。。

取りあえずバックドアについては 気付かなかったようにして直結を終了するハルユキ。

でも 翌日 黒雪姫に直結した話をすると なんだか態度がwwww

何!?何なの??

おデブちゃんがモテモテになる話なのこれ??

千百合のことで機嫌が悪くなったということから 黒雪姫が本気でハルユキのことを
好きなんじゃないのかと 女生徒に言われ、ハルユキは なぜだ??って思います。

ちょと先走り過ぎのようにも思いますけどもwwww

確かに あんな人が自分のことを好きとか 信じられないよね~~
とはいえ、卑屈モードってのも。

千百合に対抗し、短いケーブルを買ってきたことで、意外にあっさりと ハルユキのことが
好きだと認めてしまった黒雪姫。

それなのに 黒雪姫が自分のことを好きだなんて まともに信じることができないハルユキは
自虐モード全開で・・・(^^:

黒雪姫は なんでも完璧な自分自身が嫌いだから ハルユキのような冴えない男に
好意めいたものを示し、自分を貶め、汚そうとしている・・・

ハルユキくん・・・ なかなか考察力ですwwww 
冷静だし、確かに これなら納得できる。

どうだ 図星だろう!!どうせ 僕なんて あなたの駒なんだ!!!
あなただって それが僕に相応しい扱いだってわかってるはずなんだ!!

な~~んて 思っていたのに 意外な方向にwww

黒雪姫さんは そこまで腹黒女ではありませんでした。

それどころか 「ばか!!」っと叫ぶ本気で恋する乙女だった。

っとそこへ 車が突っ込んできて・・・!

バーストリンク!!

危機一髪 加速世界に入って助かった二人ですが、これ 普通だったら完全に
事故死ですよね。。
運転してるのは 荒谷・・・って。。未成年だからって許されないよね。。

この時期・・・ ちょっと まずいね・・・(^^;

この状況を招いたのは自分だから 私がハルユキを守るという黒雪姫。
レベル9以上の者だけが使える技で。。

そして 今なら信じてもらえるだろうかと ハルユキに好きだと告白します。

どうやら彼女はファーストコンタクトの時、ハルユキが加速もせずに 生身で出した記録に
仰天し
その速さに惚れてしまっていたようですwww

やはり ハルユキの記録を破るために 黒雪姫は加速の力を使っていたんですね。

数え切れないほどの人を倒し、友の血まで流してきた彼女が 敵わないと思ったったのが
ハルユキだったわけですね。

いずれ王になる能力を持つと確信したらしく。。

そして バーチャルの世界では 著しい能力を発揮するのに リアルの世界では
まるでダメ子ちゃんで 痛々しいハルユキにギャップ萌えしてしまったようで・・・

「いつか きっとまた会えるから・・・」

ハルユキのアバターにキスをし、フィジカルフルバーストを使う黒雪姫。
それは加速世界で肉体を動かす技のようです。

心臓を早く動かすことみたいで それは 相当肉体に負担を掛けるでしょうね(><)

黒雪姫は 危機一髪でハルユキを助け、自分は大けが。
そうなることは わかっていての行動だから 黒雪姫の本気度もわかります。

それにしても 長いセリフでしたね。
前回は ちょっとセリフ回しが一本調子で 上手じゃないなって思ったんですけど
今回は全く気にならずよかったですv あれは わざとだったのか?

黒雪姫は 病院に搬送され、緊急手術で何とか一命は取り留めたものの、まるで予断を
許さない状況。
それなのに家族がくるのは明日だと・・・。

なんて家族なんだろ。。遠くにいるのかな??

ハルユキは 院内とはいえ、ネット接続され無防備な状態の黒雪姫を守るべく残ります。
今ここでシアン・パイルが現れ 戦闘に持ち込まれたら 黒雪姫に勝ち目はありませんからね。

対戦に持ち込まれる前に 自分が入り込めば。。

黒雪姫が事故に巻き込まれたことは 学内の噂になっているようで、当然、千百合も
それをネットで知ることに。。

っと そのまま シアン・パイルにもその情報は筒抜けで・・・

 

一睡もせずに 起きているハルユキ。なかなか やるな。

翌日 病院に現れたのは やっぱりタクム。
彼しかいないわな。。

ハルユキも気付いたようです。
ハルユキって何気に いよねwwww

バックドアを仕掛けるには 直結がいいのか。。
そうなると 対象者は 限られる・・・。

全く疑っていなかった相手に対し、瞬時に 状況から冷静に判断できる回転の速さは
評価したいところです。

あの体型でなければ モテると思っていたけど なんか このままおデブでもいいような
気がしてきたwww

むしろ おデブがモテ期??

 

ハルユキに気付いたタクムの顔・・・!

これで ハルユキは腹を括りましたね。

 

バーストリンク!!

お互いに同時に叫びます。

 

間に合えぇ!!!!

後は 対戦申し込みのための操作の速さを競うだけ!

って これはタクムの方が何度もやっていて慣れているだろうけど 単純に操作の速さを競う
だけなら ハルユキは負けないと思うwww

 

そして ED。
引きが見事でwwww

OPの入り方といい 私は好きだなぁ~~

 

次回、ハルユキにが生えるんですね。OPでも 飛んでますもんね。
何か新手の技に気が付いたってことか。

これは スピード感あるし、面白いですわ~♪

シルバーの豚は 飛べる豚だったってことでv


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)(2009/02)川原 礫商品詳細を見る  ネットワークが発達した近未来ぽい世界観ですね。理解して飲みこむのに、けっこう時間がかかりました。主人公は虐められっ...
2012/04/29(日) 07:25:40 | 破滅の闇日記
さてさて、話が動きはじめました。 「ハルユキくん、私は君が好きだ」 そしてレベル9のバーストリンカーにしか使えないフィジカル・フルバーストを利用して黒雪姫が自分を身代わりにハルユキを助けて・・・ フィジカル・フルバースト使用時のBGMが安っぽくて合ってなかっ?...
2012/04/29(日) 16:23:12 | ボヘミアンな京都住まい
「いつか きっとまた会えるから――」 ハルユキへの思いを告白した黒雪姫! そして、禁断の力 フィジカルフルバーストを使った黒雪姫は…    チユリと直結したハルユキは、ニューロリンカーに仕掛けられ...
2012/04/29(日) 19:25:36 | WONDER TIME
千百合の中にバックドアを発見した春雪。だが、それ以上のことをすれば・・・今も恐らく千百合を見張っているであろう「そいつ」に、春雪がバックドアの存在を知ってしまったことが...
2012/04/30(月) 07:42:21 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
 チユリの疑惑を晴らす為に、彼女のニューロリンカーを調べまくるハルユキ。  そこで知ったのは、バックドアの存在 だった!  チユリのニューロリンカーの中に、バックドアが仕掛けられていた事に驚愕す...
2012/05/04(金) 01:18:09 | シュージローのマイルーム2号店
[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第04話 「Declaration;告白」 #AccelWorld2012 #ep04 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム化など幅...
2012/05/05(土) 15:38:37 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム