FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年05月12日 (土) | 編集 |

BL本は もう一杯書きたい作品があるのに ついつい後回しになってしまって
そのうち時期を外してしまって 未だ書けず。。って作品だらけなんですよね。。

「恋する暴君」も大好きな作品で 一応、結末を迎えたので感想書くぞ!!って
私の中で意気込んでいたのに 未だ手つかずだし、

「ワルイコトシタイ」シリーズも 書きたいよぉ~~っと思っているのに書けず。。

今のところ、中村春菊先生の「純情ロマンチカ」「世界一初恋」くらいしか まともに
書けてないんですよねwww

あとは 夏目イサク先生の最近の作品くらいか。。

とにかく 新刊が出たときに 私の手が空いてるかどうかのタイミングですね~

 

って ことで まずは 夏目イサク先生の最新刊「いかさまメモリ」の感想をざっくり。。

 

【送料無料】いかさまメモリ(1)

【送料無料】いかさまメモリ(1)
価格:630円(税込、送料別)

まず 帯は~♪

デリカシーはないのにどうにも憎めない津田と、かつての痛みを忘れられず、頑なに
心を閉ざす中野。
今度こそ二人の仲は恋になる・・・?
おもちゃ業界が舞台の十年目の再会ラブ。

 

あらすじは
大手おもちゃ会社に勤める中野は、新しく取引することになった下請けメーカーで
高校の頃の親友・津田と再会する。
実は卒業間際に弾みで寝て彼への想いに気付き、直後に彼女を作った津田を
避けていた中野。
だが、それはもう十年も前のこと。
平気なつもりで共に企画を進めるけど・・・?

 

大手おもちゃ会社が ランダイ、大手おもちゃ屋さんは トイザルスwww
結構笑えますv
そして、お話にでてくる「あらじん君」がすっごく可愛いんですけど~

マジで商品化されたら ちょっと欲しいかも~~

さて、お話の方は・・・。とにかく 見事なすれ違いwww

ほぼ、両想いでOK?って 感じなんですが、どっちも お互いに 勘違いというか
思いこみというかで なかなか思いが素直に伝わらず、どこまで すれ違うんだよ!!!
って ことやってますwww

中野は高校の時は 華奢でかわいいタイプだったのに ゲイに声かけられるようになってから
ちょっと身体鍛えたりしたみたいで すっかりイイ感じの兄ちゃんに。

美形だし クールで仕事もできるタイプで 私の好みv

でも 津田は ずっと避けられていたと思って気にしてるけど そうではなかったと
いうことで また昔のようになれると大はしゃぎ。
で 中野のことも 見た目は少しは変わったけど 中身はまるで変わってないと。

1話めは 中野側からの話。

あの日、1回ヤッたことで 自分は津田のことが好きだって気持ちに気付いてしまい、
自分は彼にとって特別なんだと思っていたのに 受験が終わった途端に 津田は
彼女を作ってしまった。

お前と寝てさえいなければ 自分の気持ちに気付かずにいられたのにと・・・。
自分だけが 彼を恋愛の対象と見ていたことがいたたまれなくて 卒業後すぐに
上京。

大学進学後も 電話とメールなら大丈夫かと思えば 津田は彼女の話ばかり。。
変わらなくてはいけないと思い、携帯を捨て、連絡をったのだと津田に告げる中野。

ずっと忘れようとしてもできなくて 最近ようやく忘れることができていたのに
どうして また自分の前に 現れたのだと・・・。


2話目は 津田側からの話。

高校時代、なかなか笑わない中野のことが気になって ある日笑わせてみたら
その笑顔が可愛くて・・・。
気持ちがどんどん膨らんで つい手を出してしまったことで このままじゃ本当に
ヤバいことになると思って 中野を安心させるために彼女を作った。。

自分は 男同士だからと躊躇してしまって中野のことを意識していることを隠したのに 
告白のような話を聴いて なんだ 中野がその気があったんだったら 上手く収まって
いたのかと。。

中野に まだ その気があるのなら・・・っと切っ掛けを掴もうとしますが・・・。

「昨日のことは昔の話だから もう忘れてくれ、今はお前のことは何とも思っていない」
と言われてしまい。。

じゃぁ 普通に友達に戻ろうってことになるのですが・・・。
中野の方は 意識してるのが丸わかりってくらい 普通じゃなくて。。

なんとか関係を修復しようと飲みに誘えば 修復どころか 中野は飲み過ぎてべろべろ。。
ま、 こうこなくっちゃ、話が進まないわけですけどねww

タクシー拾って津田が連れて帰ろうとすると
「その気もないのに やさしくするな・・・」って つい本音がぽろっと。。

それを聴いた 津田は やっぱりまだ中野はオレのことを好きなんだと思って
自室で酔いが醒めて起き上った中野を
「お前がその気ならいいよ おれもお前が好きだった」っと 抱きしめます。。

これで 一件落着と思った津田でしたが、

中野は 高校の時、津田が彼女に告白されて 付き合ったことを思い出し、
自分も 同じような扱いを受けているのだと。。
津田が 好きだと言った言葉も 自分に対する同情だと思い、をつくなと。

まるで 津田のいうことを受け入れずに追い返してしまいます。

津田は 自分が思った方向と進展具合が違ちゃったけど 中野の行動を見ていれば
があるはずだと なんとか中野と話せる機会を持とうとします。

必死に企画をまとめあげ、佐伯がランダイに行くのに便乗し、話せるチャンスを作ったものの
思いっきり 中野にけられて・・・。

その上、中野は 佐伯を間に挟み盾にして隠れてしまいます。。

それでも 強引に話をしようとする津田に これは何かあると思った佐伯は とりあえず
一反、津田を隔離することに。。

佐伯さんって 津田と中野のこと面白がってますよね。
何となく ふたりの間に流れるものに気が付いていて わざと楽しんでるような。。

「つだへ 中野くんはいただいた」

メモを残し 中野を連れ去ってしまう佐伯さんwww

 

そして ラストに「青春エラー」
津田の高校時代の回想です。

「オレ お前だったらいいかも」
受験勉強中、中野をみてってしまったものだから お互い手を使って終わらせようと
思っていたら 全然収まらないどころか より暴走してしまった津田くん。。

一応、途中で 我に帰り、最後まではいかなかったものの、それから すっかり中野のことが
忘れられず 思いがるばかり。。

中野を笑わせようと思っていたのに 泣かせてしまったことから 二人の関係が壊れるのを
れたあまり、もう二度とそんなことはしないと 中野を安心させたくて彼女を作った。。

 

それなのに それが 逆に 中野を傷つけることになっていたとは・・・。

今度は 上手くやるから またおれに笑ってくんねーかな。。


これは 続きが楽しみです。
面白かった♪

長編にはならなくていいので しっかりくっついて 早くイチャイチャして欲しいですねv
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック