FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2012年06月10日 (日) | 編集 |

いや~~冒頭から素晴らしいwwww

見事な男たちの裸体www これでもかぁ~~~ってくらい見せつけてくれましたねww
そして これまた見事なまでの○首さまたちwwww

あまりにも丁寧な描写に クオリティの高さを感じずにはいられませんでしたwww

が、それだけでは終わらない。
バルメの鍛え上げれた最早、凶悪バディとしか言いようのないほどの 見ごたえ十分な
危険なバディ
しかも その持ち主も凶悪www

バルメ姐さんの傷の多さが これまでどれだけ過酷な戦場を駆け抜けて来たかを
物語っています。
背中のタトゥも見事。。

そんな姉さんに近づこうとする男たち。性ですねwww 見上げた命知らずですwww

アールに至ってはちょっとオイタが過ぎて タッチ。。
即座に ヨナ坊よりも飛ばされてるしwww

バルメ姐さんが 男前過ぎるww

ココはと言えば・・・
これまた 見事なナイスバディ!!パーフェクトバディですね♪

白い肌に黒のビキニが映えて・・・し過ぎますv
よく バルメがココをひとりで放っておいたものだとwww

 

今回は水着回で 楽しい時間を過ごしてるヨナでしたが
ココの前で自分が笑わないのと同じように ココは他の全てを隠すために笑っている
まるで傾いたまま全力疾走しているようだ
 と 感じています。。

このシリアス感と和みが背中合わせになってるところが いかにもこの作品らしいですよね。

 

ヨナがマオの授業を上手く切り抜けるために 訊き出した情報は・・・
マオには家族がいること、レームには離婚歴が多々あるけれど、その相手は
チェキータだということwww

少しずつ漏れ聞こえてくる彼らの情報が興味深いですよね。
みんなそれぞれいろんなことを抱えてココの元に集まっている・・・。

最初から全部解ってるんじゃなくて 小出しにすることで キャラが少しずつ色づいていく
ってのがいいですねv

さて、今回のココの仕事は・・・
武器の輸送だけでなく、医師団の空輸まで頼まれてしまいます。。

仕方なく依頼は引き受けたものの、ノリ気のしないココ。。

しかも ココが空を飛ぶときは決まって嫌なことが起きるってジンクスがあるようですし。
ま、今回は それを覆してみせよう~ってココではありましたがww

航空機の先端へヨナを連れていき その景色を見せてあげるあたりも 結構 楽しんでる
様子のココ。
どんな時でも らしさを失わないようですv

ヨナも 真下に広がる世界の大きさに 驚きを隠せなくて~

ヨナの表情がよかったですね
普段の彼からかけ離れたような子供らしさで とっても印象的でした!

目的の空港に着き、商品を納入し、これでお終い、嫌な予感がするから早く引きあげよう・・・
って 思った矢先、ややこしいのが出て来ました。

商談相手の正規軍ではなく、好き放題をしている民兵組織「バルカン・ドラゴン」は
なぜか 医師団を載せていることを嗅ぎつけてきて 貨物室を見せろと迫ってきます。

ココがバルドラの名前を口にした途端、みんなが一斉に安全装置を シャキって 
外したのがかっこいいv

ココ達がバルドラと揉めていることを察知した医師団長のレオンは 大人しく隠れていれば
いいものを 話し合いで何とかなるとか言いだして、貨物室を出て来てしまいました(><)

ああ・・・ これで 隠し通すことはできなくなり・・・

ほ~~ら いたじゃないかってことで、バルドラのニコラヴィッチも 容赦なく銃弾を 
レオンに撃ち込んでいくし。。

堪りかねたレームがニコラヴィッチの銃をし、鬱陶しいその部下にも手をあげます。
それでココも踏ん切りがついたようで 「仕方ないから やっちゃえ~~」ってことに。

取引は終了したわけだし、後は何とかなるだろう・・・

って とこでしょうwww

ココのさが気持ちいいですv

さぁ 次回も期待!!

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック