FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

Fate/Zero 2nd 第23話「最果ての海」感想

胸が苦しい・・・  苦しいよぉ・・・

ビェ~~~~~~ン

先は わかっていたけど(stay night で残ってる人をみれば)ライダー陣営の退場は
さすがに 泣けました

わかってたんだけどね、わかってたんだけど・・・

ウェイバーーーーー!!!

置いていかれちゃったね・・・。お前は生きろと。。

臣下であるならば 王の命に従えと。。

カッコ良すぎるよライダー

どんだけウェイバーヒロインなんだよぉ~~~!!!

 

今回は ホント冷静ではいられませんでしたね。。

OPもますます切なく感じてしまって。。
2ndが始まってすぐは 綺麗だけど なんかあんまりピンとこないOPだなぁ・・・
なんて 思ってましたけど、とんでもない!!
ドンドン ドンドン 話が進めば進むほど、このOPが胸を締め付けてきます。。

こんなスルメOPだったとは・・・

ついに お互いが「王」と認める者同士の戦いに。
戦いの前に杯をかわすところが 如何にも二人らしい。

自慢の戦車が無い状態で、完璧でないからこそ、今宵は完璧以上だという征服王・ライダー。
が、お互いの宝具を合わせれば最強だから 改めて盟友にならないかと提案します。

しかし、英雄王は 朋友はただ一人、王たるものも二人といらないと即断。

征服王は「孤高の王たる英雄王の有様に敬服」し、英雄王は「俺が審判するに値う賊」だと。

お互いに杯を投げ、戦闘開始。
その様子をみて 「もしかしたらお前たち 仲がいいんじゃないか」と言うウェイバー。
ヤキモチ妬いてたら可愛いんですがwww

ライダーは ギルちゃんを「生涯最後に死線を交わす相手になるかもしれない」
捉えています。
この時点で 既に自分よりも力量が上であることを薄々感じ取っていたんでしょうね。

アイオニオン・ヘタイロイを展開させるライダーでしたが、それを 見ても余裕のギルちゃん。
王の軍勢を前に 時空を切断するというエヌマエリシュを出します。

これ 「乖離剣エア」っていうらしいですね。
このお陰で わが家の息子は実テで読みが出来たそうですwww
ラノベもコミックスも侮るなかれwww

森羅万象全てを崩壊させる対界宝具なんて出された日にゃ、大地がけ、王の軍勢は
あっという間に飲み込まれてしまいました。。

これで全ての宝具を失ったライダーは ウェイバーに問います。
「我が臣として仕える気はあるか?」と・・・

「あなたこそ・・・あなたこそ 僕の王だ・・・ 貴方に仕える、貴方に尽くす・・・」

うわぁ~~~~~ん ここにきて プロポーズが来ちゃったよ(*/-\*)

永遠の愛を誓い合っちゃったよ
初めて 素直になったね ウェイバー!!!

 

「夢を示すのは 王たる余の勤め」
ウェイバーの気持ちを受け止めてくれたのだけれど、ライダーは 

「王の示した夢を見極め、後世に語り継ぐのが 臣たる貴様の務めである」

ウェイバーに 臣となるかと確認したわけは 彼を生き残らせたかったからですね。
自分の生きざまを見せ、それを語り継ぐために お前は生きろと。。

なんて カッコいいんだろ!!!(*´ο`*)=3

彼方にこそ栄えあり、叶わぬからこそ 挑むのだ!

単騎で 英雄王にむライダー!

その生きざまを しっかりと見届けるために ウェイバーは涙を拭き、眼を開きます。
馬を失っても尚、怯むことなく疾走するライダー!

ゲート・オブ・バビロンが次々にライダーに さっていきます。
それでも 前へ進み、最後の一振りを英雄王に振り被った時、彼の手足は鎖によって固定。

ギルガメッシュは乖離剣で 最後のトドメを刺します。

「幾度となりとも挑むがいいぞ 征服王。ここは決してそなたを飽きさせるものではない」

王は一人と公言して憚らないギルガメッシュが イスカンダルを「征服王」と称し、
「そなた」と呼びました。

これは 彼の王としての生きざまを認めてたってことでしょうね。

そして、ウェイバーに近づきます。
「ライダーのマスターか?」と訊かれ 「違う」と答えるウェイバー。

「僕はあの人の臣下だ」と・・・

ギルガメッシュは 既にウェイバーの手には令呪が無いことを確認しますが、
「臣下であるならば 王の敵を打つ義務があるはずだ」と 問います。

ウェイバーは ギルガメッシュに挑めば 確実に死ぬことは明らかだから それはできないと
言います。
「僕は 生きろと命じられた・・・!」 まっすぐに ギルガメッシュを見据えます。

その目に宿る想いを 察したギルガメッシュは 

「忠道大義である そのあり方を損なうな」

そう言葉を残し去っていきます。

王としてライダーが残した志を損ないたくなかったことと、王に対し、忠義を尽くす
ウェイバーをめたってことだったんでしょうね。。

いつもの 綺礼を唆して、誑し込んで 愉悦をむさぼってる姿とは別の クールな
ギル様でしたね!!
ただの金ぴか様ではありませんでした。

実は ギルガメッシュは桁違いにかったんですね。。
その強さに裏付けされた自信と王としての自尊心。。
彼もまた 王らしく れましたわ。。

そして、ギルガメッシュが去った後、一人 泣き崩れるウェイバーが 痛々しくて

ああ・・・脱力。。

ライダーの大きさに感動したし、それを認めるギルちゃんにも ゾクゾク(/ω\*)

ウェイバーにいたっては 強いヒロインとして立派に成長して 涙、涙でした

 

次回は セイバーとバーサーカーの戦いか?
どうやら過去の因縁絡みのようですけど 迫力あるバトルになりそうですけど 
あんまり興味がわかない。。

セイバーは stay nightで頑張るからいいよね ここでは。。


雁夜おじさんは 幻覚が視えてるし・・・(^^;
幻覚の中で 葵から蔑みの視線を受けてる雁夜さん・・・


最初と最後を 綺礼と切嗣で締めてくるってのも 憎いですね。。
ああ・・・ 切嗣・・・ 後は彼に期待します。

EDも引き続き、泣き・・・

スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : Fate/Zero

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

Fate/Zero 第23話「最果ての海」
『綺礼が上げた狼煙を合図に、覚悟を決めた者たちが続々と集まる。ウェイバーと共に戦場に駆け付けたライダーの前には、アーチャーが立ちはだかる。英雄王と征服王。王者の戦いの火ぶたが切られた。時同じくし...
[2012/06/11 00:12] Spare Time
Fate/Zero  2ndシーズン#22&...
願うのは恒久的世界平和。が、そんな綺麗事は木端微塵に打ち砕く!!!先週は感想をお休みしましたので二話まとめて。あらすじは公式からです。「この世全ての悪(アンリマユ)」未...
[2012/06/11 07:48] おぼろ二次元日記
2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第23話 雑感
[Fate/Zero] ブログ村キーワード Fate/Zero 第23話 「最果ての海」 #Fate2012 #ep23 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物語。...