FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年06月16日 (土) | 編集 |

いよいよ 佳境に入ってきました!

ちょっとサクッと進行なのが残念ですけども 尺の関係上、仕方ない。。

でもさ、凄くイイ出来だし、これ2クールだったらよかったのにね!!
ホント残念ですわ。。

では 私もサクッとww

薫は 律子から贈られた手袋が どういったものだったのか考えて悩みます。
振られた身だから 期待しちゃいけないんだ・・・

っと 慎重・・・っていうか ネガティブ。

例え、何かのついでであったとしても 贈り物をしてくれたことには代わりはないのだから
まずは お礼を言うべきところなんですけどね・・・

それに 本当にその子が好きなのであれば 自分に気持ちが向けられてるのか どうか
わからないからってことに 拘らず 素直に喜んだらいいのにね~

千太郎相手なら ウダウダ考えずに行動できるのにね。

これも ひとつの恋の形では って 思わずにはいられないwww

 

千太郎のおこぼれをもらったのかも。。
なんて 思ってた薫でしたが、明らかに自分だけへのプレゼントだとわかって 
やっと手袋をはめる決心をし、律子にお礼を言うことができましたv

じゃれ合う千太郎と薫が 仲好過ぎて 嬉しい

来年は3年生ってことで、成績順にクラス分けされるようですが 千太郎は進級できるか
どうか 危ない状況のようで。。
薫は 進学はとにかく 絶対に進級はさせるため 追試対策をとることに。。

千太郎のことになると、必死になる薫ですv

千太郎の家で なんとか勉強させますが、千太郎は 本当に勉強することが苦痛のようで(^^;

二人きりでいることは 楽しそうなんですけどね。。

ま、それでも 千太郎にしたら かなりの時間を勉強したってことで すごく頑張りましたよねww

サラ・ボーンの餌がなくなってしまうくらい 長時間 勉強したんですもんww

そして 何時の間にやら 弟や妹らに囲まれて 遊んでる千太郎。。
薫の膝の上にも いつの間にかちょこんと ちーこちゃん。。・・・おもらしwwww

ズボンが濡れてしまった薫は 千太郎の家のお風呂を借りることに。。
っと なんと 律子がやってきてwwww

千太郎の家とは お風呂が共同だったんですねwww

これって時間を決めてないと 結構 ヤバかったりするんじゃないの??
千太郎と律子も そうだけど、千太郎・母が入浴中に 律子・父が入ってきちゃったりとか!?

いや~~スリリングなお風呂ですwww

って ことで 薫は律子に覗かれてしまいました
それにしても 薫さんたら 別嬪さんだわ~♪  律子よりも美人さんだよねww

身体のラインなんかも 妙にめかしくて・・・

手袋をもっと早くに渡したらよかったという律子でしたが、薫はどうしても 引っ掛かっていた
ことをストレートに訊いてしまいます。

なぜ 千太郎のことがずっと好きだったのに、千太郎ではなく、自分にプレゼントして
くれたのか?

まぁ、振られたわけですし、薫がそう思うのも仕方ないですけどね~~

律ちゃんも その点は自分の気持ちについてちゃんと話してもよかったんじゃないでしょうかね。

薫さん、言わないとわからないみたいだから~~

黙って去っていく律子。。

風呂上がりの濡れた髪を千太郎が拭いてやるシーン 
ここ、美味しかったのに 薫が自分の気持ちを持て余して 千太郎に当たったために 
一瞬で終わってしまいちょっと残念ww

仲良く髪を拭き合うことは この先、あるのか、ないのか・・・
って わかってるんですけどねww

濡れた髪のままで帰ったお陰で 薫は熱を出し学校を休んでしまいます。

律ちゃんがお見舞いにきてくれましたが、ここでも 薫は 千太郎が一緒にいたのを
見てしまったものだから ネチッこく 千太郎には敵わないとグダグダやってしまい・・・

そんな薫を見かねた律子は 薫が自分に自信を持たせてくれたのに その薫が自分に
自信がないなんて・・・
と 帰ろうとします。

やっと律子の言ってる意味が理解出来た薫は 熱のある身体を引きずって律子の元へ。。
ここぞとばかりに 大声で もう一度 律子に告白をします。

さぁ やっと両想いになってキスを・・・

っと思ったのに薫さんたら 熱で意識を失ってしまいwwww あかんやんwww

一部始終を見ていたまり子は 「凄いものを見てしまった」と o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

うん、確かに 目の前であんな展開をみたら 下手なドラマよりも面白いよねww

 

その後、薫は律ちゃんとは何もないまま 夏が来てしまったようですww

そして、文化祭に オリンポスから宣戦布告が。
これからは時代遅れのジャズよりもロックの時代だと~

二人は早速、曲の編成を考え、これから毎日練習だと 勝負を受けて立ちましたv

ああ・・・ でも・・・ 先を知ってるだけに 辛いよぉ・・・(><)

 

細かいところはサクッと進行なのが残念ですが ここは涙を飲んで・・・
文化祭の練習を前に 千太郎の父親が帰ってくることになりました。

それを知った薫は 「自分は家に居場所のない人間だ」と以前 千太郎が言っていた
ことが気になり、家までやってきます。

笑顔で 「俺は大丈夫だ」と言い、薫を安心させようとする千太郎でしたが・・・

薫にじゃれる千太郎に (*/-\*)

千太郎は誤魔化したつもりだろうけど、薫は もう千太郎が嘘を言ってるかどうかくらい 
わかる間柄になってるんですよね。。

 

夜の間に サラ・ボーンを放し、荷物もまとめてる千太郎。。

次回は キツクなりそうですね・・・ ( p_q)

 

後2回。。

あのラストに向けて 頑張って千太郎を見守るぞ!!


あぁ・・・それにしても 細谷ンの声 聴けるだけで幸せwww (/∀\*)

 

 




さぁ 「坂道のアポロン」は ほろ苦い青春の一ページって感じで良かったんですけど、
次回のノイタミナ「夏雪ランデブー」も気になりますね~~

ゆうきゃん、「奥さん、寝とっちゃう」とか!? これは 注目だわ!!

 
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「好きだ、俺は律ちゃんが好きだ!」 律子に2度目の告白をした薫! そして、千太郎に届いたある知らせ――…    地下スタジオのピアノの中に入っていた見覚えのある毛糸で編まれた手袋 それを見つけて...
2012/06/16(土) 20:40:57 | WONDER TIME
『東京に駆け落ちした淳一と百合香――千太郎の恋は悲しい結末を迎えた。一方、薫と律子は、クリスマスの一件を経て、徐々に接近。なかなか次の一歩が踏み出せない薫だったが、風邪のお見舞いにやって来た律子に...
2012/06/16(土) 23:02:22 | Spare Time