薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「よんでますよ、アザゼルさん。」8巻感想www

すっかり遅くなってしまいました。久しぶりの アザゼルさん感想です。

今回は しっかりアザゼルさんの話がメインでしたねww

普段、アザゼルさんって タイトルに名前がある割に そんなにメインで活躍してません
もんねwww

 

 

これまでの感想はこちら

今回は アザゼルさん、魔界の実家とアクタベさんの事務所を行ったり来たり。。

実家にいる時のアザゼルさんは 割とカッコいいんだけど、人間界で なかなかまともな
働きが出来てなくて 凹む日々。。

でも キヨコちゃんとかオカンには 自分が不甲斐ないばかりに ちゃんと仕事が出来ていない
とはいえないものだから つい、サクマさんのせいにしてみたり。。

前回、アクタベさんがこっそり持って返ってきちゃったグリモアで サクマさんはまた
新たな悪魔と契約。。

新キャラさんは インキュバス。職能は“誘惑”

歳若い女性の夢枕に立ち、性交を行うとされる悪魔で その者が理想とする姿で
現れるため、 その誘惑には抗えない・・・

って 何これ!! この悪魔 ちょっといいんじゃね??

なんか 双方ともに Happyだったりするような気がwwww

夢の虜になって 現実世界を生きられなくなるようですけど、妄想が現実化するようなものだから
それでもいいんじゃないかと思ってみたりwwww

アザゼルさんの“淫奔”の職能とすご~~~く被ってるものだから 使えないアザゼルさんより
サクマさんは インキュバスさんを重宝するように。。

アザゼルさんは すっかり不要になってきたようでwww

そんなところを 恋人のキヨコやオカンに見られてしまい またまた凹むアザゼルさん。

インキュバスを陥れようといろいろと悪だくみを実行しますが、全く逆効果で ますます
アザゼルさんの立場は危うく。。

そんなある日、インキュバスをサクマさんが召還すると、アザゼルさんの恋人キヨコと
Hしてる最中に送られてきて・・・!

キヨコと喧嘩していたアザゼルさんは 「あんなブスはどうでもいい」 なんて言っていたけど
淫奔を司る悪魔にとって 自分の女を奪われるのは ただ女を寝取られるのとは
訳が違うようで。。

悪魔としての存在意義を見失うほどの耐えがたい苦痛なのだとか。。

さすがにサクマさんも これは大変とアクタベさんに連絡をとり、もし、アザゼルさんに会ったら
優しい言葉をかけてあげて下さいと。。

しかし、アクタベさんは 優しい態度どころか 華麗にスルー。
しつこく 纏わり付いて同情を引こうとしてくるアザゼルさんに 

「お前が悪魔なら 八つ裂きにしてでも邪魔者を排除しろ」

 「それができんなら お前はもう死ね」

アクタベさんなりの優しさをしめしたようですが・・・

 

アザゼルさんの自我は精神の奈落と言われる虚無に堕ちてしまい・・・
すっかり植物悪魔状態に。。

アザゼルさんを探している時の ベルゼブブさんの合羽姿が妙にプリティv

アザゼルさんは虚無の世界で 闇アザゼルさんに出会います。
アクタベさんによって封印されている真の悪魔としての邪悪な部分。

アクタベさんがかけたソロモンリングは 悪魔を可愛い姿にするだけでなく その悪魔の
かなりの能力を奪うのだと知り・・・

アザゼルさんは インキュバスを始め、自分をバカにしたヤツを皆殺しにしてやると
封印を解き、自力で虚無よりります。

魔界の伝説では虚無から帰ってきたものは魔界の支配者になると言われているようで。。
今のアザゼルさんには怖いものなし!!

キヨコも実は インキュバスによって乱暴されたんだと知ったアザゼルさんは インキュバスを
倒しに出かけます。

でも これは アザゼルさんを立ち直らせるためにキヨコがインキュバスを巻き込んで芝居を
していただけのようで。。

あら・・・ インキュバス可哀そう。。

って 思ったら、なんとアザゼルさんの覚醒は気のせいだったようで、そこらにいる魔界の
悪魔にフルボッコにされてしまいましたwww
そして そのまままた引きこもりにwww

結局 インキュバスは倒せなかったものだから このままでは ますますアザゼルさんが
ダメになっちゃうと思ったキヨコは 自らインキュバスをぶちのめしwww

「ワシの女に手ェ出したら ワシの女が 黙っとかへんからのオ」

って 完全復活のアザゼルさんでしたがwww 

 

後半は 少年悪魔探偵団のお話。

ぬいぐるみやらアニメやらで大人気となったモッさんを探すアザゼル少年探偵団ww

いろいろ情報を辿っていくと モッさんは 謎の研究所に連れて行かれたことがわかり。。
早速 探しにいくと モッさんは科学の力でメカモッさんとして生まれ変わっていた!!

小山内くんは そんなメカモッさんをカッコいいと想い、オセもメカ化したくなり・・・
アザゼルさんも こんなカッコいい姿になりたいと自ら改造されることを望み・・・

翌日、アザゼルさんは、メカアザゼルさんとなってサクマさんの前に現れますが、
まるで 見てもらえず。。

アザゼルさんの変化にも興味なしのサクマさん。。

オセも嫌がってましたが、結局、小山内のために改造されることに・・・

最早、悪魔としての体裁は残されない姿に。。
なんか 大事なところだけが生身で しかもデカクなってるんですけどww

 

次回、アザゼルさん史上、最大の悲劇が幕を開けるのだそうでwww

「この哀しみからあなたは目をそらすことはできない」 って 何だろうww ワクワクww

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する