アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年08月01日 (水) | 編集 |

描き下ろし小冊子付きでv

9月には「横澤隆史の場合2」も刊行されるようで これまた楽しみwww
まさか横澤さんのお話に続きが来るとは思いませんでしたので なんか嬉しいv

これまでの感想はこちら

入稿完了し 屍が横たわるエメラルド編集部
律もヘロヘロなのに高野からはコピーを頼まれ・・・帰れない。。

先月号のアンケート結果が出てるってことで見てみると 律が担当してる佐藤先生の順位が
いつもよりも芳しくなく。。
アンケートはバイトが集計するようですが、美咲が頑張ってるwww

不安になる律でしたが、話の流れ上、仕方が無い結果だったってことで 高野は
一々振り回されず、少しくらい自信を持ってやれと。

でも、自分の仕事に自信の持てない律は 高野の言葉を素直に受け入れられず。。
「その位の仕事 お前はしてるだろ」っと言われ・・・ドキッとする律。。

どさくさまぎれに、誕生日を訊かれ、キスをされ、元婚約者とどうなってるのか訊かれ 
律は焦りますが、そこへ 律の母親が倒れたと電話が!

慌てて病院へ行くと、杏ちゃんが付いていてくれたようで、律母は大したことなかった様子。

ホッとして律に抱きつく杏ちゃん。
っと 高野がやってきて それを見てしまいます。
必死に説明をしようとする律ですが・・・ 高野はしれっと仕事に戻っていきます。

こういう態度の時の高野さんって 顔ではクールを装ってるけど ものすご~~~く
嫉妬してる時だよねwww

あ~あ 律ちゃんったら~ もうさっさとケリをつければいいのにねぇ。。

高野にちゃんと話が出来ずに悶々とする律。
その表情を杏ちゃんは見逃さず・・・。

今回、杏ちゃん、大活躍ですv

高野を見送った後の律の表情から 杏ちゃんは 律は彼のことが好きなのではと勘づきます。

ストレートに訊いてくる杏ちゃんに 律は動揺!!

律の切なそうな顔は高校の時にも見たことがあると言い 杏ちゃんは 隣の人は 
律が中学から好きだった人かと重ねて訊いてきます。

律は激しく動揺し、言葉に詰まってしまいます。

ただ・・・「男同士っておかしいよね」っと口にするのがやっと・・・。

相手は律の気持ちに気付いているようだけど 付き合っているわけではないと聞き、杏ちゃんは

「男同士とか そんなあやふやで中途半端な気持ちじゃ 律ちゃんが傷付く そんなの嫌だ」

今回、杏ちゃんは煮え切らない律に対し、ハッキリと高野さんを意識させるというイイ仕事を
してくれてます

「大丈夫 中途半端とかねーから」

ぎゃ!! 高野さん 二人の会話を聞いてました・・・(/∀\*)

「覚悟とかそーゆーのだったら とっくの昔にできてる」

高野さん男前!!(p≧∀≦q)〃

杏ちゃんは 高野に「律っちゃんのこと泣かしたら 私が許さないから!!」っと啖呵を切り、
律には「頑張れ!」と 彼の恋を応援する言葉を残し走り去っていきます。

杏ちゃんには 気の毒なことだけど、そのお陰で律が少し前に進んだようですねv

 

元婚約者に自分のことがバレた原因は 自分に対する律の表情だったと知った高野さんは
欲情を抑えきれず、いつものようにエレベーターから直行、自室に律ちゃんをお持ち帰りv

キスの雨を降らせながら、 「あの子に抱きつかれたとこってどこ?」
ほら、やっぱり高野さん、しく嫉妬してたwwww

「3日間風呂入ってないから これ以上はダメ」と言う律に 「俺もだ」と有無を言わさず、服のまま律を風呂場へ。

「顔見せて。 見たいんだけど 俺にだけ見せる顔」

ガンガン押して来る高野さん♪
即行パンツも脱いじゃってるし、やることがいつにも増して早いぞ!!

顔を背け恥ずかしがる律に 高野さん欲情MAX

「煽んな」って 一気に対面座○に持ち込んだwww

これは かなりしいぞ (≧∇≦) っと喜んでいたら 高野さん1週間ロクに寝てない
らしくて・・・ 
放った後でそのまま 寝オチしてしまいましたwwww

ちょぉーーー!!! 高野さんwwww

よっぽどお疲れだったのね。ホッとしたら一気に眠気が襲ってきちゃったようで・・・

お疲れ様ですwww

そして、焦る律・・・。

その後 どうしたことでしょう。。
律もいろいろとヘロヘロだったと思うのですが、全裸の高野さんの身体を拭いてあげて
ベッドまで運んであげたってことでOK??

いつか ここのエピが読める日がくるのでしょうかwww
モノ凄く読んでみたいです。

 

アンケートの件があり、高野から徹底的に少女漫画について お勉強させられることに
なってしまった律。

明日のお誕生日には 一緒にいたいという高野のお誘いを断り捲っていると その日は
井坂主催のお花見会が開かれることに。。

絶対に断れない業務命令ww

下っ端の律はこき使われ、あれこれ接待するうちにお酒が回り過ぎ 意識が飛んでしまいます。

やっと仕事を終え駆けつけた高野は、そのまま律を回収し帰ってしまうというwww
自分の部屋のベッドまで律を運ぶ高野。

律は相変わらず酔っぱらって昔の夢を見たようです。
「先輩・・・」と嬉しそうな顔で寝言を言う律。
高野はそんな律をみて 過去の自分に嫉妬してるみたい表情を浮かべます。

ついに自分にまで嫉妬を始めた高野さんwww
いやもう、可愛過ぎるよww

高野のベッドで目を覚ました律は こっそりと帰ろうとしますが、高野にバレ・・・
「帰るな」と抱きとめられます。

逃げようとする律を 逃がさないようにホールドする高野さんが・・・なんか切ないなぁ。。

律っちゃんも いい加減、素直になってよwww

高野は律に「昔の俺じゃなくて 今の俺の夢見ろよ」っと言います。

日付が変わる前に 「お誕生日おめでとう」が言えたことを喜ぶ高野さん。
10年前からずっとちゃんと言いたかったようで・・・

こんなに愛されてるのに何が不満なの律っちゃんwwww

高野はもう一度、お誕生日会を仕切り直したいといいますが、「やっぱり嫌か?」と
律に訊ねます。
っと 律は確認なく勝手に決めるのが嫌なのだと。

「じゃあ確認を取ればいいのか」ってことで、キスしていいか訊いてくる高野さん (〃∇〃v)

「そーゆーのはいちいち聞く必要はない」という律に「わかった」
後はキスの嵐

「手をつないでいい?」「入れるぞ」って 甘く確認をとる高野さんが 確信犯的に
非常にエロくてよろしいんじゃないでしょうかwww
指にキスをされ 「恥ずかしいからやめてください」という律に

「恥ずかしいことしまくってるのに何を言ってるんだ」

なおも キス攻撃は続き・・・ 
どんだけ律が好きなんだろうってくらい 律のことが好きでたまらないようです。

「今日 お前と一緒にいれて嬉しい」と素直な気持ちを告げる高野。

いい歳した大人が ありえない バカみたいだと思いながらも 高野が嬉しそうにしたら
自分までも堪らなく嬉しくなってしまうのを感じる律。。

 

翌日、宴会で一緒になった女の子たちに囲まれ、週末のデートに誘われそうになる律。
っと そこへ高野がやってきて 「こんな奴となんかより 俺と一緒に飲みにいきませんか?」

女の子たちを掻っ攫っていきます。薔薇を背負う高野に女の子たちはキュ~~ン

「その気もないクセに 何言ってるんですか!?」って 律に
「お前はもう少し 俺に嫉妬した方がいい」

中学生のような八つ当たりをする高野さんでしたwww

律ちゃんが完全に堕ちるまで あと130日だそうです。
あと4カ月ってことね。

でも あと2年以上はかかりそうなwwww

早く律ちゃんの堕ちたところが見たいわ~~

 

またもや長くなってしまったので 後半は その2へ。。

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック