FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年08月29日 (水) | 編集 |

今回は前回の清少納言と義孝の子、行成とのお話。

父・義孝が三歳で夭折。
仁徳もあり歌人としても優れていた父と比較すると、どうも特別秀でた歌才があるとは
思われなかった行成。

たぶん、他の人に比べたら十分な域にあったのでしょうが、あまりに優れた父と比較されて
しまったがための劣等感だったのでしょうね。
行成は歌が嫌いに。。

そんな彼に 斉信は賢くて信頼できる女房だと 清少納言を紹介。
歌人として名高い元輔の娘ってことで、警戒する行成でしたが、意外にも清少納言も
同じ境遇だったせいか 歌は苦手だと。

下手な歌を詠んで親の名に泥を塗りたくないと行成に共感する清少納言。
これが出会いとなり意気投合する二人でしたが・・・

 

どうも行成は付き合いが悪いらしく、すこぶる女房からは不評。。
女房たちの愚痴を行成に聞かせているところに 実方の姿が・・・。

斉信は 彼の噂話をします。
雨が降り、みんなが雨宿りにチリジリになる最中、

さくらがり 雨はふりきぬ おなじくは ぬるとも花の かげにかくれむ

どうせ雨に濡れるなら桜の木の下がいいと古い歌を口ずさんだとか。。

デターーーwwww オーバー雅(アクション)wwww

子安さんになんて実方はピッタリなの!!!

斉信は実方を賛美しますが、行成は わざとらしくて却って風情が無いと酷評。
少納言の元カレだと知ったからかwww?

それを後ろでこっそりと聴いてしまった公任は面白がって 実方に報告v
でも実方は 「行成くんというのは なかなか辛辣だな」ってだけで 特に気を悪くした様子もなく。

「うた変。」では むしろ誰かに似てるぞ・・・ってことで 諾子(少納言)の感性に似てるんだと
微笑ましく思うくらいなんですよね。

そこへ行成が公任への言伝を持ってあらわれたものだから・・・。
公任は実方のいる御簾の中に わざと行成を招き入れ・・・

二人を遭遇させるという悪ふざけをwww

公任の挑発に乗らず、大人の対応をとる実方に 行成は感心。。
中傷を気にも留めず、立ち振る舞いも優美な実方。
「これが少納言の元恋人・・・」

ぼんやりと実方の後に続いて歩いていると なんと実方が上げた御簾が行成にぶつかり、
が落ちてしまいます!!

当時、頭髪を晒すということは 下着姿と同じようなものらしくて つまりは実方に
いきなりかれてしまったってことですよねv

ここは 当然、腹を立てると思われたのに 行成は 何事もなかったかのように すぐさま
冠を拾い、余裕の対応。
これは実方を意識してかwww

このことは宮中で持ちきりとなったようですが、清少納言は怒らなかったことを立派だったと。

父のことを引き合いに出し、 「切羽詰まった状況で 男の真価が問われるのだ」と。。
行成は少納言から 男として合格点をもらえたようです。

「でしたら ご褒美を」
顔を見せてくださいと言う行成。
冗談だとは言うものの、いつも一線を引いてくる少納言との距離を 詰めたいという思いが
行成にあったのは 本当のようですね。。

その後すぐに事件が起こり、定子さまが宮中を出ることに。
宮中では勢力争いが派手になり・・・。

行成は里にまで押し掛けて 少納言に用事をお願い。
「貴女がいないと仕事に支障をきたす」なんて すごい殺し文句だと思うのですけどv

宮中に定子様が戻ってきたことで、少納言も再び宮仕え。

相変わらず、少納言にしか用事を頼まず、他の女房からは付き合い辛いと
行成は不評のようでww

さすがに少納言も 他の女房とも仲良くしろといいますが、広く浅くの付き合いは苦手だと
ただ一つでも絶対の友愛を築けた人生こそ価値があると言う行成。。

頑固も程々にという少納言に 頑固は生まれつきだと白楽天の詩を引用。
が、今度は論語で応酬する少納言www

勝ったと思った少納言でしたが、「顔を見せたら・・・」 誠意を見せての助言なら伺うと
粘り強い行成に「もう結構です」

少納言の方が先に降りました。

ここの行成のっぽい目がきなんですけど!!(p≧∀≦q)〃
原作では 口元が笑っていたんですが、アニメではちょっと解りづらかったですね。
これ、明らかに口説きモードになってるのにwww

少納言は
「反省の色が見えないもの相手では 誠意を見せても無駄というもの」
それを受けて 行成も
「・・・そうですね。俺の誠意も空回りです」

そんな風に掛け合いをしてたかと思えば これ以上不興を買わないうちにと引きあげる行成。

強引に押して見せては あっさりと引くという 意外に駆け引き上手なのかwww

今度は 少納言の方が
「図々しく遊びに来るかと思えば 何かと理由をつけてさっさと帰るのだから 
お行儀のよろしいこと」っと。

行成は 御簾から出て来た少納言の扇を摘まむと
「こんなふうに、一向に打ち解けてくれないので 距離をつめかねている・・・
と、言ったらどうします?」

うわぁ~~~やっぱり 声がつくと俄然色気が増しますね!!  (/ω\*)   
この掛け合いいいわぁ~~~。。
でも、少納言が ちょっとお子ちゃま風声なのが残念。。

行成には、原作のように扇をトンと弾いて欲しかったですよね。

アニメの方が 表情も全体に幼く感じますね。
原作は もっと大人テイストv

定子様に至っては原作では 色気ダダ漏れて 只者じゃありませんよ。
アニメももちろん、イイ感じですけど でもやっぱり ちょっと声がイメージと・・・。

後ろ盾がなくなった定子さまの事を想うと 迂闊な恋はできないと思う少納言。
行成でさえ、敵か味方かといえば、道長の腹心である行成は 


宿直に戻る途中で斉信に会い、少納言が書いたという枕草子を見せてもらう行成。

最近、少納言と疎遠になっていることを薄情ではと言う行成でしたが、斉信は、自分と
少納言は利害関係に過ぎないと。。

それはお互い承知してることで 逆に必要以上に肩入れするのは感心しないと・・・。

「そういう心構えだから それまでの関係にしかなれなかったのでは」と言う行成に
なんなら試してみるかと嗾ける斉信。

「心を開いてくれてと あれを口説いてみろ」

 

翌朝、少納言に文を送る行成。
夜中に帰ったくせに 一番鶏に急かされたと 愛嬌のある内容www

返事に 巧みに故事を混ぜる少納言。
あなたを急かした鶏は おそらく偽モノでしょうwww

それを受けた行成からの返事は・・・ どうも変な流れになってきて・・・。
まるで 本気で口説きに来ているかのような内容に。。

が、少納言は それはないと否定し、中宮付きの女房として恥ずかしくないようにと
そして、まがりなりにも恋のお誘いには 和歌でお返事をと・・・。

夜をこめて 鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ

あなたの嘘で開ける恋の関ではありませんよ あいにく私は守りが堅いの

有名なのキマシタ!!

 

っていうか 私が子供の時 二番目に覚えた歌。
ちなみに一番は 蝉丸。

ちょっと可愛げが足りないかと思いながらも少納言が送った歌への 行成からの返歌は・・・

逢坂は 人超え易き関なれば 鳥鳴かぬにも あけて待つとか

守りが堅い?あなたは誰にでも身体を開くからチョロイって皆言ってますよ

 

ハハハハハハ 。゚(゚^∀^゚)゚。

これは ショック受けるよねwww

確かに失礼かつ下品www

でも 声がいい!!!!!(≧∇≦)

頼まれていた枕草子を少納言に返す折、自分が少納言と親しくすることに魂胆はないのだと
改めて言う行成。

立場は違うけれど それを超えて仲良く慣れる気がしたけれど そう願っているのは
自分だけなのだと思うと空しくて つい、失礼な和歌を返してしまったと・・・。

でも 少納言は立場が違うとわかっているのなら 自分にそこまで思い入れない方がいいと。。

思い続けたり 信じ続けたりすることは 難しいことだから・・・。

すると 行成は・・・
信じて貫こうとする何かが無い人生は 死んだも同然と思う っと。。

それは 子供のころ、少納言が父に言われたことと同じものでしたね。。

この人の言葉は・・・いつも私をとらえる。

恋とはまた違うけれど、信じてみたいと思うほどには 好きだと思う少納言・・・。

 

恋の関は許さないけど 心の関ならいつでも開くと譲歩してきた少納言に
「では・・・」と 行成は 顔を赤らめ 

「顔をみせてください」

 

こんな可愛いツバメ どこで手に入りますか??(p≧∀≦q)〃

 

もう 今さら恥ずかしいという少納言。
「さては ブサイクなんでしょう。それなら絶対見せないように。」

年下の男とこんな楽しい会話が出来るなんて羨ましい限り!!

進む道が違うからといって 全てが絶えるとは思いたくない。
そうでない関係もあると信じたい。。そう 願う少納言でした。

 

いやいやいや・・・

広く浅くではなく、自分がこれと思った人と深く付き合うって人ってタイプ!!

博愛よりwwww

とっつきにくく付き合いが悪いけど 一端懐に入れたら愛情ダダ漏れとかってタイプ

大好き!!(*`・ω・´*)ゝビシッ

 

行成・・・真面目だし 絶対いいと思うわ。。

 

今回 「うた変。」も混ざってて面白かったですね!! 笑えましたwww

「うた変。」の義孝と行成の比較とか凄く好きなんですよwww

親子なのに 似てるけど似てないww

特に女性の扱いがwww

あら?「うた変。」 どこも 売り切れになってる。。
早く買っておいてよかった~~~

これは 売れると思うわ。

DVD特装版は とにかく早く入手された方がよいかと。。

軒並み売り切れですねv

 
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「恋の関はともかく、心の関なら いつでも開いて差し上げますわよ」 清少納言に色々とアプローチする行成! 共通点がある二人は意気投合し 親しくなるけど…    【第9話 あらす...
2012/08/29(水) 20:32:36 | WONDER TIME
『藤原行成は友人から清少納言を紹介される。共に親が有名な歌人でありながら和歌が苦手という共通点から2人は早速意気投合する。行成は聡明でありながらどこか打ち解けない清少納
2012/08/29(水) 20:33:35 | Spare Time
「本当に和歌は苦手なんです」 義孝の息子・行成と 諾子との和歌トモ物語。
2012/08/29(水) 20:53:35 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
今回は平安警察~♪相棒風味で始まった定家のコント。子供の頃から笑ったことがないという藤原行成(てらし~)彼の父は有名な歌人。そこで子供の頃から期待され、行成も努力した。...
2012/08/30(木) 22:10:11 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
超訳百人一首うた恋い。第9話 「少納言と行成清少納言」「何かが無い人生は死んだと同然だと思う」あらすじはコチラ今回は、平安警察特捜課の定家さん。そして鑑識の頼綱さんなん...
2012/09/02(日) 17:03:19 | SOLILOQUY
超訳百人一首 うた恋い。第9話 「少納言と行成 清少納言」 「何かが無い人生は死んだと同然だと思う」 公式HPより 藤原行成は友人から清少納言を紹介される。共に親が
2012/09/02(日) 17:04:41 | SOLILOQUY 2
超訳百人一首 うた恋い。第9話 「少納言と行成 清少納言」
2012/09/02(日) 17:04:48 | SOLILOQUY別館