アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年09月14日 (金) | 編集 |

そろそろ今期アニメも最終回が ちらほらとなってきておりますが、

いつもお世話になっておりますピッコロさん企画の 6月終了アニメの評価をしてみました。

私が視聴した作品の中で 評価の対象となる作品はこちら。


君と僕。2
ZETMAN
Fate/Zero 2ndシーズン
ヨルムンガンド
坂道のアポロン

 

途中、脱落した作品はこちら。

緋色の欠片・・・ストーリーに面白味が感じられず、また ヒロインが好みでありませんでした。
敵キャラも あまり魅力的に思えず、興味を惹かれるものがありませんでした。

LUPIN the Third ~峰不二子という女~・・・目の付けどころは面白いと思ったのですが
ちょっと 暴走気味。
エロは好きですが これ見よがしのエロには淫靡さを感じず 私の好みに合いませんでした。
脚本も面白くないわけではないのですが、見ていると なぜか疲れてくるのでやめました。



以下の項目で評価させていただきました。

<評価項目は各5点満点>

それぞれの評価項目は各5点満点
5:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い


では 早速 私なりの評価を。。あくまで個人的な評価ですので。。

 

君と僕。2

ストーリー        4
キャラクター性     4
画            3
演出           3
音楽           3
総合的な評価     3

合計          20

ゆるっとした原作の世界観をみごとに再現してくれて とても心地よい作品でした。
特に私は 浅羽兄弟がお気に入りですので、とにかくキャラ萌えの作品だったといえますww
ただ、堀田先生の水彩画のような色彩が アニメだとベタっとしてしまうのが ちょっと残念
だったかなと思うのと、ゆるゆるとした作品なので 間の取り方とか難しいかなっと思う
ところがありました。
ネコちゃんたちも可愛かったんだけど あまり多用はどうかと。。

 

ZETMAN

ストーリー     2
キャラクター性  2
画         3
演出        3
音楽        2
総合的な評価  2

合計        14

こちらも原作既読ですが・・・これは アニメ化するには難しい作品でしたね。
1クールで収めようなんて それは無茶だわと。。
途中、原作とは違う展開になってきてましたが、最終的にどこに落着かせるのかを
確認するために最後まで見ただけ・・・って感じでした。
キャラに 全く魅力を感じられなかったのも残念です。キャストの皆さんは頑張って
はったのですが・・・。


Fate/Zero 2ndシーズン

ストーリー     4
キャラクター性  5
画         5
演出        5
音楽        5
総合的な評価  5

合計       29

これは面白かったです!!
ただちょっとバーサーカーの陣営が他と比べると、あまり描かれてなかったかなって
思いました。
バーサーカーの物語をもう少し見せて欲しかったな。
原作もあんな感じだったのなら 仕方ないですけど。。
とにかく、この作品はキャラが個性的で、随所に見所がありました。
切ないストーリーとOP&EDもピッタリ合っていて とてもよかったと思います。
期待通りの出来だったと思います。



ヨルムンガンド

ストーリー     5
キャラクター性  4
画         4
演出        5
音楽        5
総合的な評価  5

合計       28

結構、この作品は好きでした。原作は既読ですが、この作品、原作はあっさりなんですよね。
淡々としてるというか、ねちっこくないwww 
それを アニメ化されたことで とても印象的にまとめてくれたなって感じです。
OPもすごく私は好きでしたし、ガンアクションとか、アングルや演出がとにかく好みでした。
もともと 原作でもキャラ説明は不親切で エピごとに少しずつ人となりがわかってくるという
作品なんですよね。なので アニメでもそんな感じですね。2期に入らないとまだわからない
キャラの魅力が隠されているので 2期が楽しみですv

 

坂道のアポロン

ストーリー     4
キャラクター性  4
画         5       
演出        4
音楽        5
総合的な評価  5

合計       27

こちらも原作を上手く再現した秀作でした。
キャラがとてもよかったのですが、律ちゃんの可愛らしさは特別でしたね。方言萌えww
特筆すべきはやはり、セッションシーンでしょうか。あの動きはかったです。
ただ、やはり尺が短いので 全てを上手く入れこむことが出来ず、ラストもアニメはアニメで
上手くまとまっていたと思うのですが、やはり原作の方がしっくりきたなっと。。
ノイタミナにしては1話多かったようですが、あともう1話くらい欲しかったですね。

 

ベストキャラクター賞

Fate/Zero の 衛宮切嗣でしょうか。。
この作品のキャラはみんなよかったんですけど、やっぱり私が楽しみにしてたのは彼なので。 

ベストOP賞

Fate/Zero 「to the beginning」
最初は どうかな??って思っていたのですが、話が進むと切なさが倍増。。
ヨルムンガンドの「Borderland」もよかったんですけどね。

ベストED賞

Fate/Zero 「空は高く風は歌う」
切なくて 切嗣のストーリーに良く合ってたと思います。

ベスト声優賞・男性

小山力也さん   切嗣さんのインパクトがもうぬぐえないwww

ベスト声優賞・女性

南里 侑香さん  「坂道のアポロン」の律ちゃんの方言が可愛かった!!

 

こんなところでしょうか。
今期の吟味して作品をみてるので 高評価になりそうです。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック