アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年09月19日 (水) | 編集 |

落着いたところで 感想に行きたいと思います。

いや~~~ 今月号 驚きましたね~♪
もちろん、ご覧になられましたよねv

まさか 薄い本もどきの展開になろうとはwww

では まずは 風呂執事から。。

Gファンタジー公式HPで紹介されてます。

合体お風呂ポスターって ネーミングがアレですよねwww
早速坊ちゃんと一緒に並んでもらわねば・・・

でも わが家では「風呂に貼るな」と禁止令がでてますので 大人しくニヤニヤするにとどめて
おこうと思います♪

付録ポスターについては 先月号にしつこく感想を書いたので今月は 早めに本編に。。

先月号感想はこちら

扉は ウェストン校一の秀才 紺碧の梟寮・監督生 ロレンス・ブルーアー

ちょこっと組んだ左足のデッサンがモニョモニョなのは見なかったことにして・・・
とにかく、肩に乗ってる梟さんの顔がwwww

梟に関しては やな先生の右に出る人はいないんじゃないでしょうかねwww
素晴らしい表情です

梟さんGJ


デリックの名前を出した途端に 明らかに動揺をみせたP4。
たった一言で白鳥宮の和やかなムードが一変!?

ところが、ファッグたちは 特に気にするでもなく・・・。

もう少しつついてみる坊ちゃん。
勇気ありますね(><)

4Pは一様にデリックを優秀だったといいますが、バイオレットは
「彼はとにかく変わってた」と。

紫寮は 一芸に秀でた生徒が集められるってことで デリックの特技を訊くと

ブルーアーは  暗記
グリーンヒルは クリケット
レドモンドは   作詞
バイオレットは  刺繍

まるで バラバラの答え・・・。。

「は?」って 坊ちゃんもビックリ。

異動は校長が決めたことであり、校長の采配に間違いはなく、校長の決定は絶対
だと言うP4

そして 話題は式典についてと変えられ・・・

坊ちゃんは P4の態度に 明らかに何かを隠そうとしていると感じます。
それ以上の追及は怪しまれるってことで 深追いはやめますが、そんな坊ちゃんの姿を
バイオレットが描いてて。。

って その背後には化け物が・・・!?
何 これ??どゆこと??

坊ちゃんは エドワードを呼びだし、デリックについてもう少し探りを入れます。
同時期に赤寮から紫寮に何人か異動していることを知り・・・

が、これ以上の情報は聞き出せそうにないと 礼を言って立ち去ろうとしますが

その腕を掴み、逆にエドワードが訊いてきます。
「この学園に何をしに来た?」

「まさか 番犬の・・・」

エドワードも 集団生活を好みそうにない坊ちゃんが 急に学園に現れたこと、
他人に関心がなさそうなのに デリックのことや 他にも寮に異動した者について 
執拗に嗅ぎまわることから これがファントムハイブの裏稼業に関わることではと
感じたようです。

「お前が心配することじゃないさ またな」

そういい残し去っていく坊ちゃんのお顔が・・・ カッコいいんだけど・・・ダーク
これは 絶対に何かを隠してるし、企んでる顔ですよwwww

この顔で何でもないと言われても信じられないわwww


次に マクミランに訊いてみると すらすらと異動になった生徒たちの名前がww
最初から コイツに訊けば良かったと思う坊ちゃん。

が、マクミランもまた「校長が決めたことだから」と 異動についてはまるで気にならない様子。

談話室で他の生徒に同じように訊いてみても、やはり、皆バラバラの才能を言い、
そして 「校長が決めたこと」だと誰一人、疑問を抱く者はなく・・・

そんな坊ちゃんの様子をバイオレットが伺っています。。ヤバそう。

セバさんも アガレス先生にデリックのことを探ってみますが、校長が決めたことだというだけで

またもや見事な階段落ちを wwww

ん・・・でも 起き上がる時に セバさんにかを渡した?もしくは感じとったようですね。。
それにしてもセバさんの手袋の隙間が卑猥。。(/ω\*) 


セバさんも授業中、生徒の間を回る時、こっそりと坊ちゃんの机にメモを。。

あらヤダ   (*/-\*)  こんな風に お誘いをかけていたのねww


セバさんに呼び出され、図書館にやってきた坊ちゃん。

すると、セバさんは突然、坊ちゃんを引きよせ、口を塞ぎ、壁にドン!!

え!? ええええええっ!!??

 

セバさん こんなところで 何をおっ始めようとしているのかと・・・

瞳孔開いて セバさんを見つめるぼっちゃんのが たまりませんです (*/-\*)
この反り具合天賦魔性ですね

 これ クるわ (*´д`)ハァハア

セバさんも顔いしwww

 

どう見てもこれから お食事=いただいちゃう としかみえなくてwwww

坊ちゃんの足が宙にいてるところとか 何を連想させていただけることやら(/ω\*) 

この学園編では 坊ちゃんの魅力全開ですねv


っと ドアが開き、グリーンヒルが入ってきます。
「こんな時間にどうしました?」

セバさんの言葉に 驚くグリーンヒル。
慌てて周りを伺います。明らかに 坊ちゃんの後を付けて来たようです。

坊ちゃんの姿を見つけられず そのまま帰って行きます。。

 

「乱暴にして申し訳ありません」

「乱暴にして申し訳ありません」

「乱暴にして 申し訳 ありません」

 

この破壊力+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

寮監のマントの下に 坊ちゃんが・・・!


って、セバさん、右手はランプ持ってたし、左手は本棚にやってるしで・・・
これって 坊ちゃんが 自ら セバさんにしがみついてたってことですよね!!!!!!

ひぃ~~~~~~~~!!

坊ちゃんが 坊ちゃんが 坊ちゃんが 

自ら ミカエリス先生の腰にギュッとし続けていたと・・・

P84の二人

引き延ばして 毎日拝みたいwww

坊ちゃんがセバさんの腰に手を回して、セバさんが坊ちゃんの腰を抱いて・・・

 

 

坊ちゃん しっかりしがみついてただけでなくて 足も使っての完全ホールドですよね(*/-\*)

太ももと太ももが あれして これしてたってことですヨね
ってことはですよ、完全に坊ちゃんの股間密着ですわね (*´д`)ハァハァ

そして、このセバさんのしいこと!!

何、この余裕!!
やっぱり そう言うことなのね こんなことくらいでは動じないくらいの あれでこれでそれで・・・

バタッ

貧血が起きた模様・・・

 

 

しばし 休憩。。

 

いやもう・・・ セバさんをホールドする坊ちゃんの手の形とか そんなとこばっかり凝視し続けてしまって 先に進まないのですわww

セバさん どんだけ色気ダダ漏れてるの。。

次の次のコマのセバさんも色っぽ

埒があきませんよ~~って感じで 眉根を寄せてるところが 可愛い!!


「こうなったら直接デリックに接触してやる!」 坊ちゃん自ら紫寮に向うことに。

「ついて来い セバスチャン」

紫寮の門前に来たものの、他寮には立ち入り禁止。
「私の力に頼りますか?」って ニヤニヤするセバさんでしたが、

「お前に頼るまでもない」

中に入れないなら・・・っと 坊ちゃんランプを寮室にげ込んだ!?

ちょぉおおおおおおお!!!!

 

坊ちゃん 門から寮まで どれくらい距離があると思ってるんですか!?
届いちゃったよ・・・。

坊ちゃん 実は すっごい運動神経いいの??

一気には燃え広がります。

校則によると・・・

“校舎および寮内で火災などが起きた場合は 速やかに校庭に避難し監督生の
点呼を受けること”

 

「バレたら退学モノの最低な行為ですよ ファントムハイヴくん
しかし 女王の狗としては さすがでございます 坊ちゃん」

「ブルーアーの言う通り 校則は暗記しておくべきだな」


見つめ合うセバシエは 片や色気全開の淫靡な微笑み、片や悪知恵全開のダークな微笑み

さぁ デリックは姿を見せるのでしょうか!?

 

いや~~ まだ もうちょっと波乱がありそうな予感ですね。。
で、アガレス先生は何者なの??

気になるwwww 人間ではないとか??


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
買ってきました〜。 ふ〜〜、今日も暑いですね〜、絶対30度ありますね(^^;)感想書いちゃったらお返事等させてくださいませね(^^) いつも遅れ気味でごめんなさい!m(__)mあ、まずはちょ...
2012/09/19(水) 15:37:57 | みやさとの感想文と(時々)感想絵