アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年10月13日 (土) | 編集 |

侮るなかれ!ですね~~ 面白いわ!!

何と言っても絵がイイですね~~作画は綺麗だし、アクションはキレるし~
これは たまりませんわ♪

OPも やっぱりいいwww 今期はアクションが楽しめる作品が多いですv

原作を読んでいる時には あまり愛花の存在を意識してなかったのですが、1年前に殺された
真広の妹で吉野の恋人・・・くらいにしか・・・。

でも、OPでもそうですが、ことごとく、葉月を加えた4人がクローズアップされてますよね。

葉月+真広 vs 愛花+吉野

この対比には意味があるんだと思うのですよね。
原作読んでいても よくわからなかったことへのヒントというか。。

葉月は 「はじまりの樹」に守られた存在だから 愛花がそれに匹敵する存在ってことか?
もしくは やはり吉野が??

このあたりは 原作読んでても ホントややこしくて私なんかは理解できていないので
アニメで補完させていただきたいところwww
普通は 原作で補完するんものなんですけども。。(^^;

 

愛花は真広に 「キスとはどういう感じがするものなのですか」と問います。
残酷な子だね。。

真広に対して・・・。

吉野へは 「初めてどうし今度しましょう」とメールを送る・・・。

愛花って ホント謎。。


街中には 金属化した人間がゴロゴロと倒れているというのに それに対しては
特に関心がなさそうな二人。世界は壊れてると言う割に・・・

これだけで この二人が普通の神経ではないことがわかりますよね。

巨大な果実のような物体が全国から集まっていて それが全部集まると元の形になり
「絶園の樹」が復活し、世界が終わる。
街の状況に 「もうすでに終わってないか」という吉野ですが・・・。

街の10や20の犠牲で済んでいるうちは まだましなのだと真広。

葉風は 自分が健全である限り、大丈夫だと言い切りますが、今できることは人形を使って
話をすることくらい。。
吉野は 一応確認し がっかり。。

鎖部の一族での権力争いに負けた姫さんは 今のところ、何も出来てない状況なのに強気v


真広は葉風に 愛花を殺した犯人の手掛かりを探らせるために 自宅へ戻ります。
全ての始まりの場所。。

外見と逃走経路くらいは割り出せるだろうという葉月。

いや~~~それにしても豪邸ですわ。
吉野も 愛花が殺された屋敷の中へ入るのは初めてのようです。

葉風の指示で ステンレス製の剣の魔具を用意する真広。
殺人犯のトレースには刃物が向いているのだそうで。

真広は吉野に 魔具とは「魔法の力を封じた道具」だと説明します。
葉風が何らかの理由で魔法が使えなくなった時のために あらかじめ、あちこちに
隠しておいたもの。

一族の誰にも気付かれないようにしていたってことですので、葉風は 自分の身に何か
起きるようなことがあるかもしれないと 感じていたってことですよね。

直接身体に身につけ、葉風の許可が下りていいれば 誰でも使える。
しかし、使える回数は限られている。。

葉風は 「魔法に対抗できるものは 魔法だけだ」といいます。

真広は剣を床に突き刺します。魔具に許可を出す葉風。
すると 魔具から残留した犯人の思念を探すための魔法が発動。

1年前のことだから 少し時間がかかるという葉風でしたが、「構わない」と真広。。
すでに1年、愛花を殺した犯人を殺すことを待っているのだから大した時間ではないと。

「オレは愛花を殺した奴が、何の裁きも受けない不合理を許せないだけ」そのついでに
「世界を救ってやる」と真広はいいます。

吉野はこんな奴を信用していいのかと葉風に問いますが、葉風は
「利害が一致しているから裏切らない むしろ、妹想いのバカだから好都合」だと。

こっちも性格に問題アリだと思う吉野ですが・・・ あんたもだよwww

真広は 街は直に封鎖されるから早く出て行った方がいいと吉野にアドバイスします。
家族も心配するし、こんなときだから 彼女の傍に付いていてやった方がいいと・・・。

それに愛花とも仲が悪かったのだから これ以上付き合う義理はない。。
これは 俺だけの問題だといわんばかり。

これだけの愛情を愛花に向けている真広に対し、愛花と付き合っているとは やはり
言い出せないですよね。
愛花も それをわかってたんだろうな。

吉野の身を案じ、真広は 黒鉄病も防げるし、防御と高速移動が出来る魔具を渡します。
全てが終わったら彼女を紹介しろという真広に 吉野は 「その時がきたら」と返事。

真広の家を出る吉野。
街には 金属化した人間がそこら中に・・・。

「ついでに世界を救う」と言った真広の言葉を思い出し、真広にとっては 世界はどうなろうと
構わず、愛花を殺した犯人を見つけられるなら平気で世界を滅ぼすだろうと思う吉野。

でも 吉野だって、尋常ではない状況にパニックにもならずに冷静でいる。。
それ自体をおかしいとも思わず。。


吉野を信用できるのかと問う葉風に 真広は「長い付き合いだから」と答えますが
葉風も一族とは長い付き合いだったが 今は裏切られた状況。

「お前とは違う」と言う真広。本当に吉野のことを信頼してるようで・・・。

真広は かなり歪んだところがあるけど嘘はつかないタイプでしょうね。
逆に吉野の方が・・・。

街を出て行こうとする吉野に またもやフロイライン山本が接触を図ってきます。
真広や葉風の情報が欲しいようですが、しつこいわ(^^;

鼻にバンソコウで・・・。

銃を突きつけられた吉野は魔具を使って魔法を発動。
防御と高速移動で 学校内に隠れますが、またもや山本が追ってきて・・・。

きゅうりかじってるとか マジかぁ!?
原作でもこんなだっけ?

それとも 誰かさまの暴走か??


一方、真広の方は 犯人探しが意外な方向に繋がって・・・ 予想外だという葉風。
何らかの形で 葉風ら鎖部一族が絡んでるってことですね。

1年前は まだ島流しにされていなかったのに気付かなかったと言う葉風・・・。


すると 真広の前に の男が現れます。
そうやら “本物の魔法使い”・・・

真広は 対戦する気満々。

鎖部夏村は 真広に「なぜここにいるのか」尋ねただけで 闘う気はなかったようですが
真広が 左門の名前を出したことから 尋常ならざる者だと認識。

早速 叩きにきます。
真広も魔法で応戦。

真広の使う魔法が鎖部一族のものだと気付いた夏村は どこでその魔法を覚えたのかと
問います。

「樽の中でさ」

その答えで夏村は 葉風から得たものだとわかったようです。

葉風の方も、魔法を使う男が長い槍を持っていることから 夏村であろうと推測し、
「まともに戦うな」と言いますが、真広は ここは倒しておこうと戦闘開始。

「手ごわい」って 言われてるのにまるで聞いてないww

作画がいいから バトルはワクワクしますわ♪

 

夏村は左門に 鎖部の魔法が使える真広のことを報告し、指示を仰ぎます。
左門は 殺さずに捕えろと。。


吉野の方は 屋上に追い詰められたのを利用して 逆にフロイライン山本に銃を向けます。
山本は 自分に銃を向ける吉野をみて 

「この子は撃てる。冷静に 当たり前に・・・とんだ狼じゃない!」

真広と比べると物腰が柔らかく とても人を殺せるタイプには見えない吉野でしたが実は・・・。
やる時はやる子。。

山本さんは 直感が鋭いお方。

近づいてきた吉野に反撃する山本でしたが、抱え込まれ 魔法で高速移動させられ
屋上から吉野とともに ダイブ!!!

ええええええ!?

ですが、寸でのところで 防御の力で地面に衝突することは回避。
あ、若干頭 打ってますがww

さすがに山本さんも 魔法の力にビビってしまったようで・・・。
そこで 吉野は取引を持ちかけます。賢いやり方。

やっぱり真広を放ってはおけない。。

が、山本は 吉野にこの件から早く手を引いた方がいいと言います。
いくら親友とはいえ、妹の復讐で狂ってる奴に付き合っていたら 命がいくらあっても
足りないと。

が、吉野と話をするうちに 山本は吉野の恋人が真広の妹・愛花であることに気付きます。

例え幾千幾万の兄があり その愛情全てを寄せ集めたとしても オレ一人のこの愛には
到底 及ぶまい

吉野も復讐をしようとしているのかと訊ねる山本に 自分は真広とは違うし、復讐したって
犯人を殺したって 不合理は不合理のままで何一つ変わらないし、返ってはこないという吉野。

「一体、死んだ彼女のために何が出来るんでしょうね」

ひょっとすると この関節が外れた世界でなら見つかるかもしれません。

 

山本は吉野の取引に応じたようですが、真広の方は、夏村とバトル!!
かなり激しくやりあってます。

次回、もう少しバトルの続きが見れるのでしょうか~♪
べ様の夏村にも期待。

キャストのみなさんがかっこいいし 作画もいいから ホント嬉しいですわ~~

 

で・・・ なんですの愛花さんの妙に明るいEDはwwww

花澤さんは可愛いのですが、どうしたことやら。。
これは 愛花の何かを表しているのか!?これも謎だわ。。

 

さ~~て 次回も面白そうですし、楽しみにしたいと思います。
上手くストーリー構成を練っていただいて 難解な内容をわかりやすく教えて欲しいです。

 

っていうか もう一度 最初から読みなおそうかなwww

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
絶園のテンペストの第2話を見ました 第二幕 彼女はとてもきれいだった、と少年は言った 真広は妹を殺した犯人に復讐するために葉風と契約して魔法の力を得ていたようであっ
2012/10/13(土) 13:54:00 | MAGI☆の日記
まだ愛花が生きていた頃の話―― アバンは毎回こうやって過去話が入ったりするんですかね! キスとはどういう感じか、したことがないから戸惑わないためにも知りたいと訊ねた愛花 ...
2012/10/13(土) 15:28:42 | Spare Time
「ひょっとすると この関節の外れた世界でなら  見つかるかもしれません」 魔法で犯人を見つける為、全ての始まりの場所へ向かった吉野と真広 手掛かりを得た真広は街へやって来
2012/10/13(土) 15:37:36 | WONDER TIME
「寂しい大人の女はね、色んな道具がオトモダチ☆」 フロイラインさんそれ意味深(笑)
2012/10/13(土) 17:00:34 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
愛花のために・・・ happy endings(初回生産限定盤)(DVD付)(2012/10/24)花澤香菜商品詳細を見る
2012/10/14(日) 00:09:19 | 新しい世界へ・・・