アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年10月14日 (日) | 編集 |

ホラーだよぉ~~~いよぉ~~~

誰か 早く紫織さんを病院に連れていってぇ~~~ 精神安定剤だけでもいいから飲ませて。
みんなどうなってんの??放置してちゃあかんレベルやろ。。

あんな状態になってるのに嫁に出そうとか 無理無理。。異常過ぎて ドン引き。。

確かに悪いのは全部 真澄さんなんだけど こんなドロドロでいいの??

紅天女を目指して闘う娘らの話だったのに いつの間にかこんなにも重い話になってる(^^;
昼ドラ並みに きっついわぁ・・・(><)

 

これまでの感想は こちら

試演会場での記者会見で亜弓さんは マヤから差し出された握手を拒否。
目が視えてないことがバレるのを恐れたわけですが、結果として いい演出に(^^;

試演会場の廃墟は イメージ次第でそれに見合った場所に見立てることが出来るので
マヤは廃墟の形を利用し それぞれの場所を決め、本物の村の中に観客が引きこまれた
かのように演じると面白いでしょうし

亜弓さんは逆に 場面を何にでも想像できることを逆手にとって、お客さんのイメージを
切り替えさせることで場面展開とすれば 自分はあまり移動する必要がなく、危険を最小限に
出来るのではないでしょうかね。。
自らの演技や 他の人物の演技によって場面が切り変わったことを感じさせるってことで。

とにかく 早く二人の才能対決が見たいものです。
一体 いつから勝負してないでしょうか・・・

昔はいろんな舞台で競っていたと言うのに・・・。
紅天女の審査が始まってからというもの、まるで話が進まず。。


それにしても この作品をチラ見した息子は 「なんでみんな白目剥いてんの?貧血なんww」

って爆笑して訊いてくるし、娘は 「なんでこんなに顔の近くに キラリン 多用しはるん?」
って訊いてくるしでwww

数えてみたら 白目は約60回、キラリンは約40個ありましたwww

185ページくらいですので 白目は3ページ1回、キラリンは4~5ページに1回の割合ですね。

手元に49巻がある方は 数えてみてくださいww 楽しいですよv
キラリンの本来の目的、刃物の光や 神々しさを出すところは数えていませんので。


今回は ホラーばりの紫織さんに全部持ってかれた感がありますが、この作品に関しては
あそこまで狂気を見せられると さすがに辛いところはあるものの、狂いっぷりは見事!

部屋中に飾られた紫の薔薇をむしるだけでなく、マヤの写真共々葬ってやろうと薔薇に
火を付けたり、薔薇を逝かせるためだと自らバラを抱え池に沈んでみせたり・・・。

鷹宮会長は 「哀れと思って結婚してくれ」なんて言いますが、いくら哀れだからって・・・
返事してしまうのは・・・

真澄さんも 自ら好き好んで 泥沼にハマって行くようなものですよね。。実はMなのか!?

大体、真澄さんが気を持たせるようなことを言ったことがそもそもの誤りで、自分の気持ちを
偽ることができないのであれば あんな優しい態度は紫織さんには

でも だからと言って、裏切られたことを真正面から問い詰め、責任を取らせるのではなく、
自分がうことでりつけるってのは ある意味一番効果が高い苦しめ方ではあるのですが
紫織さんに共感することもできず・・・

真澄さまったら鷹宮家との縁談を復縁する方向に戻し、マヤにも冷たい態度で・・・

ああ!!!!!

自ら 泥沼に泥の追加www

何て 阿呆なのwww 株急降下 情けなさを助長するばかり・・・

天才秘書水木さんに全てを見抜かれてなお 自分を偽り “紫のバラのひと”は終わった発言
をする困った真澄さま。。

水木さんは 安定の青ざめた横顔(縦強調線付き)www

ところで・・・ 横ページのマヤの泣き顔は 手のバランスがあまりにも・・・(^^;


今回、月影先生は マヤに大人なアドバイスをしますが やや短絡的(><)
マヤも そんな簡単に 「あ!そっか~」みたいに割り切れるのかwwww
その辺の心理描写は 主人公なのにざっくりwww

が、その後に続く、真澄さんの展開は もっとかった!

マヤを諦めることにしたものだから もう紫のバラをマヤに贈ることはないし、心を寄せる
こともないと 自ら聖さんに告げたくせに

聖さんが 「北島マヤは 僕がいただきます」宣言をした途端、青ざめちゃうww

が、聖さんも「いただきます」とか そういう問題ではないと思うのですがwww

自分が紫のバラのひとだと名乗りでるという聖さんに なんと真澄さまはペーパーナイフを
げつけ・・・!

ヒィ~~~~~!!

この人も大概だよwwww

完全に 殺す気でナイフを投げつけたよ!?
紫織さん以上だよ?? 殺人だよ??

いよ 真澄さんwww

っていうか、もっと大人になろうよ・・・。
まだ 自分のモノにしたわけでもないのに とられると思って慌ててナイフ投げちゃうとか
短絡的過ぎて 泣けてくる

真澄さん あんた いくつにおなりだよ???

いい歳の男が 自分は別の女を嫁にするっていってるのに、好きな女に言い寄る男がいたら
そいつは殺すって、あんた メチャクチャだよwww

じゃ、一生マヤは ひとりモンにしておくつもりなの??

それとも 紫織さんは嫁さんにするけど、マヤは愛人として囲うつもりだから 手を出すな!
ってことなのwww

聖さんの言う通り、「まったく世話のやける方」だわ。

聖さんも どれだけ真澄さんが好きなのよぉ~~
張りましたよ??

首にシュッって ナイフが掠めたんですから!!
しかも 自慢の横の髪が ぴゅーって切れちゃったのよ!?

大体、聖さんが後ろ向きなのに 真澄さんがナイフを投げてくるだろうことをあらかじめ予測し
タイミングをはかって後ろを向いたままでナイフを避けなかったら 
完全にブスって
さってたんですよ!?

もう、いっそのこと聖さんをに迎えればいいのにwww
水木さんといい、聖さんといい、この人たちイイ人過ぎるwww

聖さんが 帰った後、一人佇む真澄さんでしたが・・・ 何もそんなに足をぴったりと
くっつけて直立せんでも(^^;

もう、ホント お茶目なひとwww


命懸けの聖さんの説得で 真澄さんは自分を偽ることを止めます。
そして 速水の家を出る決心をしたようです。
ま、マヤと一緒になろうと思うのであれば、あの家にいる限り 無理だわね。
あのお義父さまが いらっしゃる限りは・・・。

おぼっちゃまは やっと大人の階段を昇る気になられたようです。
伊豆でマヤに会うことにしたようですが それは試演の前なのか、後なのか・・・。

次巻で ついに進展がみられるのか!?

そして、紫織さんが 正常に戻る日など来るのか?
実はあれは演技だとしたら、マヤよりも亜弓さんよりも 月影先生よりも上だよねww

案外、まとめに入ったら、さくっと物分かりのいい人になっちゃったりするんでしょうかね??

真澄さんは “おれはおれの人生を生きる・・・!”って張り切った様子でしたが、
個人名義の財産もある程度持ってることでしょうし、普通に暮らすのであれば 
速水の家を出て、大都芸能の社長を辞しても何とかなりそうです。

でも、芸能界を牛耳ることが出来るほどの大都芸能よりも強力な鷹宮グループを敵に
回すことなったら 例え、マヤが紅天女の役を手にし、上演権も譲渡されたとしても 
興行できる場が どこにもないってことにはなりませんかね??

速水の会長さんは 真澄さんが紫織さんをゾッコンにさせたことを大喜びしてはりましたが
真澄さんが家を出ていくと知ったらどうするつもりなんでしょうね。

みんなしてマヤを潰すってことになるのかしらん?また小さな舞台から始めるとか??
振り出しに戻る的にwww

 

まだまだ 紅天女の試演は長引きそうですし、一体どうなってしまうのやら。。

亜弓さんの方は カメラマン・ハミルさんと 大分距離が近くなってきたようですが
それでも まだ全然恋愛に進みそうな気配はなく・・・。

ま、最終的には 彼が亜弓さんを支える存在になるんでしょうけど。。
亜弓さんには 歳の離れたパートナーの方が合ってるでしょうし、お似合いだとは
思うのですが・・・ケツ顎は 勘弁していただきたかったわ。。

 

取りあえず、次回、伊豆で進展があることを祈りつつwww 次巻を待ちますv

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック