薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

桜賀めい 「無慈悲なアナタ」 “ワルイことしたい”シリーズ感想その3

やっと 久遠と七王のカプまで辿りつきましたwww

このシリーズのカプはどこも好きですが、実はココが一番好きかな。

    

“ワルイコトシタイ”シリーズの感想はこちら 感想その1 感想その2

妖艶で美人な誘い受けさんって最高じゃないですか。
それに 自分を抑えられないくらい執着が強い攻めさん。

うん。うん。いいと思もうよ。  

嫌いなんです・・・誰でもいいって感じの人
「男なら誰でも誘いまくる」と噂される白羽七王は その色っぽい雰囲気で大学中の
注目の的となっていた。
そのために七王は、ずっと片想いを続ける相川久遠にもその噂が原因で避けられれ
拒絶されてしまった。
久遠は決して自分のものにはならない-------。
自暴自棄になった七王は、無理やり抱かれようと迫るが・・・


って ことで 帝と永遠のお兄ちゃん達編です。

実は七王はその妖艶な雰囲気とは全然違って 本当は繊細で傷つきやすいんですよねww
帝相手にしてるときは 全くそんな風にはみえませんけどねww
恋愛に対しては 実はとても臆病。。

そのくせやることは大胆www いや ホント 魔性だよ♪

永遠を迎えにきた久遠にあまりにもにあからさまに避けられ その正直過ぎる態度に
逆に自分にはないものを感じて欲情してしまう七王・・・(^^;

どうせ 自分のものにはならないし あからさまに避けられてるのだから、嫌われついでに
いただいてしまおうと・・・。

いやいや大胆にも程があります。お兄様www

たった1回でもいいからとっかってしまってからは もっとはっきりと避けられることに。
そらま 普通はそうですよねwww
でも 本当に嫌だったら 久遠も七王の好きにはさせなかったはず。。

嫌いだといいながら それが本心というわけではない・・・ってことですよね。

久遠は好きになったら独占したいタイプ。
それも 相当の執着を伴い、誰の目にも触れさせたくないと思うくらいのwww

だから七王のように いろんな人を誘惑してるって噂があるような人は嫌い。。なんだけど・・・
自分にモーションをかけてくる癖に最初から諦めているかのように 寂しそうに笑う七王が
気になって仕方なく・・・

それが何を意味しているのかわからずにイライラは募るばかり。。

七王の方も 嫌悪を見せるものの、情けもみせてくる久遠に戸惑って・・・。

帝と七王との会話が すごくいいんですよね!!

七「好きな奴が同情でヤらせてくれるっつたらどーする?」
帝「ヤりますね 遠慮なく」
七「でもさ 好きな奴だぜ 虚しくなんねぇか?」
帝「同情だろうが何だろうが させてくれる時点で向こうもドツボにはまってんじゃないですか
  俺なら 体で落としてから 本気にさせますよ

ブレナイさの帝くんwwww ご立派!!!

自分に嘘をつかない奴は強いのかなって思う七王。
久遠も「アンタ俺にどうしてほしいんですか?」って隠さず口にしてくる・・・。
その率直さが好きだと思ってしまい。。

久遠の方も七王を見てみれば 自分と話をする時の彼はとても緊張してるように見えて・・・
儚げで ひどく危うい・・・。

でも ゼミの先生との仲がとても怪しいモノだから干渉しようとすれば 関係ないとばっさり
言われてしまって・・・。
イラついて「俺なんかに構ってないで そいつに抱いてもらえ、もう声を掛けるな」と縁切り発言。
が、七王から激しいキス。でも どこか諦めがみえて・・・。

「もしかして 七王は自分のことを本当に好きなのか!?」と動揺する久遠でしたが、七王は
何も言わず去っていってしまって。。

久遠はそれから七王のことが気になって気になって・・・。

こうやって どんどんと深みにハマって行くわけですねwww

これまでの七王の言葉を思い出すと「もし自分のことを好きだったのなら どんな思いで
声をかけていたのだろうか。ホントは噂とは違って 酷く臆病な人なのかもしれない・・・」と
胸が押しつぶされるほど切なさを感じる久遠。。


いいぞ、いいぞ!!


そして ゼミの先生の研究室で 口に突っ込まれて顔にかけられた後の七王をみつけた
久遠は・・・。

大したことないという七王にお怒り。
そして そのまま強引に 自分のことを好きだと七王に言わせてしまうという。。

後ろから抱き締めて 何度も「好き」と言わせるとか 久遠さんのっぷりが素敵www


「俺は 一度手に入れたら執着します 嫉妬します 束縛して 見境がなくなる
それでもいいなら 今、この場で俺に抱かれてください」

なんてドストレートなのwwww (p≧∀≦q)〃

久遠さん、弟の相手が帝だったことには抵抗があったみたいですが、自分の方は 特に問題はないんですかね??

ま、七王さんですからね。
下手な女より ずっと美人さんで妖艶で そりゃ十分満足できるってことなのでしょうv

その後はまぁ 卑猥な表情の七王さんを前に抑えがきくわけもなく・・・。
久遠さん学校だというのに遠慮がありませんwww

七王さんも ずっとずっと好きだった久遠さんが 自分に欲情していることが嬉しくて、
死にたくなるくらいの幸福感を得てますv

非常にいいことですね♪

みんなが注目してくる超絶美人さんの七王をゼミの先生はもちろん、誰の目にも触れさせ
たくなくて 監禁してしまいたいと思う久遠。

この思い半端ないwww

そんなことを聴いても怯むことなく、逆にそれくらい愛されたいと「もっと執着して束縛して欲しい」
と七王さんも負けてませんww

もうすっかりデレデレになってしまってるお二人さんがたまらんのですわv
書き下ろしも 帝と七王が相川家にやってきててコレが面白いwww


新刊の方は「俺の執着心をみくびらないでください」ってすごい帯。

【送料無料】無慈悲なアナタ [ 桜賀めい ]

【送料無料】無慈悲なアナタ [ 桜賀めい ]
価格:650円(税込、送料別)

ビックリしたのは いとこの聖人も黒髪で これまた帝や七王に引けを取らない美人さん。
しかも 彼もホモらしいし、彼の父もそうらしい。。おそるべし白羽家!!

あ、でも 一応息子がいるんだから叔父さんは どちらもいけるクチなのねww

七王は連休に久遠と旅行に行きたいけれど、なかなか誘えず。。
久遠の方が それも見越してしっかりとプランを立ててましたv

旅館で七王の浴衣の襟元が少し開いてたのを直す久遠がさすがですwww
別に肌蹴れたってほどでもないのにね。

七王のことを知れば知るほど 実は繊細でいじらしい人なんだと思う久遠。
ただ ひどく自分を押し殺す癖があることが気になって・・・
自分を 執着させておいて 七王の方は何かあると気を使ってすぐに引いてしまうのが
久遠としては不満のようです。

が、その旅館で七王がトラウマを抱えることになった先輩と偶然再会してしまい・・・
七王の様子に、久遠は 速攻 旅館を後にし、七王を家に連れて帰ります。
行動速!

久遠に嫌われたくなくて自分よりも久遠を優先する七王に 「そういうところが嫌い」だと
はっきりと言ってしまう久遠。。
でも それは七王には自分を卑下して欲しくないってこと。。

久遠を失うことを恐れ、弱みを見せない七王を強く抱きしめます。
これまで 人を好きになったら激しい想いをぶつけてしまうことがわかっていたから
その衝動を必死で押しこめてきた久遠。
でも、七王を前にして「もう押しこめる必要はないよな」と・・・。

この異常なほどの執着が 七王の精神を安定させるってのもいいですわ♪
久遠が出かけた後で ふと鏡をみたら 全身にがついてるwww
所有の証にも程があるってwww

しかも それだけじゃなくて、学校にやって来た先輩の件が片付いた後の久遠さんたら
加減がないっていうか、えっと その後で その机を使うことになる人達はどうしたら・・・

ってくらいしくてwwww
いやいやいや 七王さんも大満足だったでしょうが、私も大満足でございます(^^ゞ

際限なくれていく二人www エロ多目でありがとうございますv

こちらの描き下ろしは・・・白羽家でお風呂をいただくことになった久遠のところに 背中を
流しにやってくる七王。。これがまたwwww

仕方ないよ、これだけの美人さんだからね。
男も女も敵ってwww 久遠の心配は尽きないようです。

切ないところから始まった二人ですが 勢い付いたら一番怖いwww
激し過ぎて 弟さん方も真っ青ってwwww

 

このシリーズはホント おススメです♪

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 腐女子の日記

[ 2012/11/09 03:33 ] BL系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する