アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年11月17日 (土) | 編集 |
では はりきって本編感想いきましょう♪
やっほ~~~~~~ヽ(*´∀`)ノ

扉絵は ファッグのみなさん勢ぞろい。

そこに 坊ちゃんもいて、クリケット大会の準備でしょうか?
何やらとっても楽しそうwwww

まだちょっと慣れていなくてハミカミながら笑ってるハ―コートくんが可愛いv

 

クリケット大会前夜。

アガレス先生は安定の階段落ちwwwo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

各寮選手、それぞれのカラーを出して楽しんでます。

青寮では作戦を立てようってことでしたが、早速 監督生・ブルーアーの姉妹たちが
彼を取り囲みワイのワイのwww

ブルーアーは坊ちゃんのことを 顔よし、頭よし、家柄よしの非常に優秀な生徒だと
手紙に書いたようで、お姉さま方は妹を嫁にどうかと 坊ちゃんに積極的なアピール攻撃v

っと そこへ分け入るリジーwww
そりゃ黙ってはいられませんよねwww

「シエルの許婚のエリザベスです!」ってしっかり強調してご挨拶♪

赤寮では ソーマも代表に選ばれていたようです。
レドモンドは女の子にエスコートを頼まれてますが さくっと遠まわしにお断り。。
すると 親戚のおじさまが現れました。

 

って ドルイット子爵wwww。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハ !!

この人 どこでも出てくるよwwww

 

レドモンドが誰かに似てると思っていた坊ちゃんは それが子爵であったことに気付き
げっ!?  って鳥肌立ててますwww

セバさんは坊ちゃんの周りが賑やかなことから これは面倒そうな面子が揃ってるって
ことで こそっ離れていきますが・・・

がしっと 何者かに 肩をつかまれ・・・!

 

さすが フランシスおばさまwwww

「いやら執事」捕獲ですwww

「おっと・・・侯爵夫人」 よく私を捕まえましたね・・・ って冷や汗のセバさんwww

「なんだその姿は!!こんなふしだらな教師がいるか!!」って
久しぶりに前髪をガッと掴まれてます(^^;

が、さすがにフランシスおばさま。。
セバさんが近くに控えていると言うことは・・・
坊ちゃんの入学には裏稼業が 関係していることを察します。

リジーもセバさんに気付きますが、Shh・・・・ ってされて。

セバさん 歯見せてる??珍しいwww
侯爵とエドワードは気付いてないようなので リジーがそっと耳打ち。。

セバさんは二人にもメガネを外して挨拶をします。

メガネにかけた指がまぁ いやら執事www
そして 手袋から覗く肌と 手袋のボタンがピンと張ってるところとか イヤラシさMAX!

エドワードも明日の試合が仕事に関係があるのか気にしますが、坊ちゃんは
「なくはないが遠慮はいらん」と。

青寮は万年最下位のようですが、昔、一度だけ青寮が優勝したことがあると侯爵が。。
それは「碧の軌跡」と呼ばれる出来事のようで、マクミランまで話に参加してきましたww


あれは・・・ 私が緑寮で監督生の寮弟だった頃・・・

青寮監督生がクリケット大会の準備をすっぽかしたものだから 緑寮監督生が腹を立て
芝生に寝転んで本を読んでいる青寮監督生のところに怒鳴りこんでいったようです。。

「おい起きろ!!ホクロ!!

ホクロ・・・??
そして 坊ちゃんと同じ髪の色の青年・・・!?

もしや!?

 

「そうカッカするなよ ディーデリヒ それに俺はホクロじゃない

ヴィンセント・ファントムハイヴだ」

 

キタ━━━━━━ (/∀\*) ━━━━━━!!!!

 

パパン!!!! パパン!!!!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

 

「ドイツって本当 パンから人まで なんでも堅いよねぇ」

侮辱されたと思ったディーデリヒは クリケットのバットをブンって振り下ろし・・・!!

パパンが読んでいた本を叩き落としますが・・・(^^;
「随分大きな栞だな」 余裕のパパンが色っぽいです(*/-\*)

「監督生がこれでは寮生も程度が知れる」と言うディーデリヒに パパンは
「俺はどう言われようと構わないけど他の青寮生まで悪く言うのはやめてくれない?」

挑発ですわねv

「それでも お前みたいな奴に従う奴はその程度だ」とディーデリヒ。
では「勝負をしよう」とパパン。

ああ・・・いわ・・・ (/ω\*)  全てはパパンの計算通り。。

パパンの表情が 妖しくて素敵過ぎ・・・ 坊ちゃんが大人になったらこんな感じなのね。。
とか思ってると その数ページ後で 同じようような表情を見せる坊ちゃん。

この二人の横顔は対になってるんでしょうね!!

パパンは「クリケット大会で負けた方が相手の言うことをなんでも一つきく」と勝負を提案。

ディーデリヒは 緑寮が勝ったら パパンには「監督生を降りてもらう」と。
「そんなことでいいの?欲がないな」とパパン。

ああ・・・一々仕草も表情も色っぽいです (*´д`)ハァハァ

そして 試合は 青寮史上初の優勝!!

 

パパン・・・ 裏の力 何か借りてませんかね!?
タナカさんですか?? タナカさんが やっぱり悪魔さんですか??
鮮やかなパパンの活躍で勝利を手にしたようです。

それにしてもみんなで喜んでいる時のパパンの顔が これまたしい (*/-\*)

完敗を認めたディーデリヒは 白鳥宮にやってきます。
パパンは 女王からのお手紙らしきものを読んでるようです。。
この頃から 裏稼業は もう継いでいたのかな??

約束通り「一つ言うことをきく」というディーデリヒに パパンは

じゃぁ 一つだけ・・・っと

 

「俺のファッグになれ」

これからは俺が呼んだら どこにいても飛んでくるんだ。必ずね。

そして その約束は卒業までではないようでwww

一人湖に小舟を浮かばせほくそ笑むパパン。。

「やっと手に入った ずっと欲しかったんだよね 忠実なドイツ犬」

 

うぉおおおおおお!!!!素敵過ぎる!!! d(≧∀≦*)

 

っと 思ったら ディーデリヒがバシャバシャと追いかけてきましたwww

その二人の様子を見ていた侯爵は「あんなに打ち解けて・・・」って嬉しがっていたようですww

学生時代に二人は出会っていたんですね~~ 同級生くらいなのかな??
それ以来、ずっと忠実なワンちゃんはパパンに寄り添ってたってことなのか (/ω\*)

えるわ・・・。 もっともっと この二人の回想下さい!(*>ω<*)ノ
まるまる1冊くらい欲しいよね!!

パパンとドイツの人 最高!!!   脳内大暴走中!!!

 

話を聞き終え、フランシスおばさまは何やら 意味深なお顔www

さすがの坊ちゃんも 先代が青寮にいたことも監督生だったことも知らなかったようで
びっくり。。

そして マクミランは坊ちゃんのパパが立役者だったと知り 瞳がキラキラ

が、リジーは「お父様がファッグ・・・?」
エドワードは 「ヴィンセント叔父様より年下だったのか・・・」ってwwww

だよね!!!私も思ったよwww


いよいよ対戦相手を決めるくじ引きが行われます。。
ウェストン校伝統により クリケットの対戦相手は公平にくじで決めるようですが、
抽選者は各寮寮監!!

青寮の相手は決めてあると坊ちゃん。

セバさんに上手いことやるように任せてあるようで。。

"前"夜祭? 馬鹿め   ゲームはすでに始まってるんだよ!!

碧の奇跡? 笑わせる

僕は奇跡を信じない だから 力づくで勝利をもぎ取ってやる

 

パパン譲りのあざとさを感じさせる坊ちゃんの微笑み!! (〃∇〃v)

 

まずは 青寮は赤寮と対戦のようです。

次号、試合開始!!

華麗なる坊ちゃんの活躍を楽しみにしたいと思います!!

パパンはまた登場するかな??

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ガンガンJOKER・12月号感想:徒然日記:So-netブログ 2012年11月 - 江戸前ネギ巻き寿司 薔薇色のつぶやき  別館 黒執事 Gファンタジー12月号「その執事、談笑」感想 Pand...
2012/11/28(水) 23:33:33 | スクエニ漫画感想雑記