薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

K 第9話「Knell」 感想

う~~~ん 感想書くの厳しいな・・・。

そろそろ 話が繋がって面白くなってきて欲しいところですが、未だ 場面、場面の見せ方は
面白いと思うものの、ストーリーに魅力が感じられなくて 関心がどんどんと薄くなるwww


「白銀の王」ヴァイスマンと「黄金の王」國常路 大覚がどういう関係にあったのかってのは
わかりましたけど、それでも まだ彼らの背景を語るには不十分じゃないのかなっと。

1945年JANUAR DRESDEN で行われてた研究は 王の力についてみたいだったけど
マウスでの研究って・・・なんか杜撰だし、石板とダモクレスの剣の関係は この際、あんまり
関係ないのか 別にどうでもいいのか・・・

もう??ばかりが飛び交って さっぱりですわwwww

取りあえず、彼ら二人が最初に ドレスデン石盤に喚ばれることで「王の力」を手に入れた
ってことのようですが、王になるための条件とか そういうのはどうなってるんでしょ??

ま、いいか・・・。

ヴァイスマンは 全ての始まりの王ってことで属性は「普遍(不変?)」・・・。
だから 髪は伸びてるけど若いままなんですね。

声が浪川さんみたいだったんですけど、それもよくわからない。。。。

國常路 大覚は ヴァイスマンの遺体をすぐに収容してましたけど 彼の行動を予め
読んでいたのか?

戦争?によって姉が死に それでヴァイスマンは飛行船に乗って 現実逃避ってこと?
ダモクレスの剣が発動してたし、自分がやったってことだったのかな??

ごめんなさい。よくわからずwwww

宗像は 國常路に謁見を申し入れ、ヴァイスマンの死体検分をしますが それでどうだったの?

「黄金の王」が健在だったって満足してるけど う~~~~ん。。
彼がどういう意図で動いてるのかも見えないし、ヴァイスマンも國常路も 何考えてるか
わからないし・・・

ここまで来て キャラがどういう人物なのかわからないと全然話に入り込めませんわ。。

 

周防の方には 妖狐みたいなのが接触してきて、彼が十束を殺したと言ってますが・・・
目から侵入し、他人を支配する力があるのかな??

それで シロは操られてたってことなの??

周防は一旦 体内に引き入れてから 炎で燃やし、妖狐を追い払います。
するとそれは 葦中学園の寮に逃げ帰り・・!?

んんん??

シロじゃなさそうだし。。誰?


追跡相手の居所が判明し、周防は牢を出ていきます。
やっぱり、出ようと思えばいつでも出ることは可能だったようですね。
自ら捕らわれたってことのようで。。

十束を殺したという犯人は 周防がセプター4に捕まってる状態で接触してきてましたが
それは 意味があったのかな。。
弱ってるだろうってことで やってきたのか??

周防が炎で破壊し 道を開いて牢を出ていく場面はとても見ごたえがあったのですが
場面ごとが良くてもなぁ・・・(^^;

吠舞羅のメンバーがお出迎えです。
アンナちゃんが 周防の動きに気付いたんですね~
周防が何をしようとしてるのか、未来も見えたのかな。。

学園島に向かう吠舞羅。

周防@津田さんがカッコイイ。。

 

周防に対しては 淡島は全く手が出ませんでしたし、伏見も同じく。
彼の力をわかってるから それ以上の手出しはしなかったようです。

手を出したところで まるで相手にはなりませんしね。
自由にさせるしかないわ。。

 

これだけキャラが個性的で 場面ごとの見せ場は盛り上がるのですけど 全体として
バラバラに感じ 話の流れがつかめず、おいてけぼり感をずっと感じ続けててて・・・

そろそろ 何とかならないのかな。。

作品に対し、マイナスのイメージはないのですが、プラスもなく・・・
豪華キャストを活かしきれず、キャラが無駄に多かった・・・ってことにならないよう祈ります。。

 

 

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2012/12/01 20:17 ] BRAVE10・K・ZETMAN | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

K 第9話「Knell」
冒頭はいきなり過去話にとんだから何事かと思いましたw それにしてもこうしてみると王権者って知り合い同士が多い… 七王というぐらいだから全員で七人いるのかと思ってるけどア
[2012/12/01 22:21] Spare Time
K 第9話 あらすじ感想「Knell」
すべての始まり------------。うわぁ。正直な1見した時の感想は、「意味分からん」突然過去話になったと思えば、誰がどう繋がってるんだか状態で・・・。理解出来たのかどうかも私的に...
K 第9話「Knell」
「成程な、そういうやり口か」 白銀の王の死に疑問を感じる宗像、そして周防が動き出す! ヴァイスマンの過去が明らかに――…    冒頭はヴァイスマンを中心とした王権者に関
[2012/12/02 19:30] WONDER TIME
K #09 Knell レビュー
1945 Januar Dresden (1945 1月 ドレスデン) その地下では巨大な石版を前に研究・実験が行われていた。 研究の中心人物はアドルフ・K・ヴァイスマン、日本から 視察に来ている軍人の男に実験を...
[2012/12/04 13:59] ゴマーズ GOMARZ