アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年12月04日 (火) | 編集 |

うわあ~~今回も面白かったなぁ・・・。

段々と盛り上がってる作品はしいv

今回は ほぼ5巻の内容を1冊分消化。サックサックと進んでるけど、台詞を若干変えて
わかりやすくしたり、話を前後させてドラマチックにみせたりとさすがの構成。

ヨルムンガンドもそうだけど、私、この方の脚本きだわ。。

他の作品は私の好みのジャンルと被らないからあまり知らないのだけど、HELLSINGの
OVAも担当されたんですね~~ほぉ!!

すごい、すごい!!

Phantom もそうなのか・・・。ふ~~ん。なかなか興味深いです。

 

ってことで ざっくり感想行きます。

作画も結構好きな絵柄。
原作のぷっくり感よりもシャープになってるのも嬉しいv

原作のポーズを上手く使って繋げてくれてるのも好感。
原作をより面白く演出し、魅せてくれる作品が好きな私ですから~

そういえば、今回 伊達が出て来たときに 坂本は自分たちが持っているチップの数を
教えて
ましたがあれはどういうことなんだろう??

原作ではなかった台詞なのでビックリしました。
伊達がチップの数を聞いて態度を豹変させるところを強調するためかな。。

BGMも怪しげでよかったですし。。
ヒミコも割と早い段階から 伊達に対し、警戒してますよね。

探り合いをしながら食料を奪い合う場面も緊張感があってよかったですわ。

ヒミコと木下のバトルはちょっと地味でしたけどwww

原作では もうエロアングルてんこ盛りで、サービス満点なんですけどww
アレからなぁ?以前と同じパンツだと あ、まだこれ履いてるんだ・・・ってことになるし、
違ったら違ったで どうやって手に入れた?

ってことになってややこしいから 敢えてパンツは封印??

こういう状況って 女の子はいろいろ大変なんですけど、そういうのは考えないように
ってことがお約束www

伊達のBIMで危機を救われたヒミコでしたが、でも 明らかに伊達は ヒミコも殺すつもり
だったことに気付きます。

いや~~ホント腹の探り合いですからね・・・。
そう簡単に人を信用しちゃいけません。。

これによってヒミコにとっては 信じられるのは坂本だけってことがはっきりして。。


そういえば、康介と一緒にいたおじさん、織田にやられてしまいましたが、あの人も
原作ではグロく 体が真っ二つにされて 中のモノが出てましたが控えめでしたね。


坂本を心配するヒミコの後で 海に落ちた坂本のシーンを持ってくるって構成は よかったと
思います。
ヒミコの心情を上手く使って繋げたなっと。

織田と坂本の場面では 若干台詞に変更がありましたけど わかりやすくなってるからOK。

織田のリモコンを使った攻撃も交わした坂本。
さぁ またまた面白くなってきましたね~

織田も気になる存在ですよね。
二人とも心理戦に長けてます・・・。
頭を使ったバトルも面白いです。

二人だけのやり取りにしたことで緊張感も続いてよかったんじゃないのかなっと。。
あの人たちがモニターしてるのは 次回に持ってくるのかな??


坂本と織田の関係は次回。

なんて狭い世界なのwww って感じですけども。

それにしても 坂本はニートだった割にホントによく動くww

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック