アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2012年12月25日 (火) | 編集 |

今のOPは今回までなのかな??
あの最初のウーゴくんの指にアラジンがピトって 手をあてるとこ凄くきなんだけどな~

アリババは 兄であるサブマドにお願いされたものの、自分の非力さが身に沁みていて・・・。
自分など頼られたところで これまでだってがんばってみたけれど期待されるような成果は
あげられなかったし、バルバッド国の立て直しは 絶対に必要なことだけど それって俺の
やることか?っと・・・。

本当の英雄ってはシンドバッドのような人をいうのだと、目を覚まさないアラジン相手に
弱音を吐いております。

シンドバッドの方も バルバッド国は本当にこの国を想う人の手で生まれ変わらせなくては
ならないと思うものの、アリババでは実力も自信も足りないと・・・。
なんでアラジンがアリババを選んだのかと疑問を口にするくらいで。。

そこへモルさん登場で、アリババを力不足だと言われちょっとイラッとしてますww

ウエストよりも太もものががっちりしてるモルさんがかっこいいv
そして モルさんがアリババを擁護する話を聞いているマスルールの冷めた顔が好き


シンドバッドはアリババにバルバッドの現状を話します。
そして、煌帝国の大躍進の理由はマギのジュダルによるものだと判明したことや、マギとは
何かについてを教えます。

マギとは創生の魔法使いであり、迷宮を出現させ、人を導くことができる。
ジュダルは 自分の作った迷宮を煌帝国の皇子たちに攻略させることで 力を与え、
軍事国家に仕上げていったってことですね。

で、シンドバッドは彼が作った迷宮を勝手に攻略してったものだから、ジュダルから
嫌がられてるってことで。

領土を広げている煌帝国が次に狙うのがバルバッド。
このままでは まずいってことですが、シンドバッドはアリババと二人で話を続けます。

シンドバッドは アリババに「この国の王になれ」といいます。
全くその気も覚悟もないアリババに対し「人には生まれたときに与えられた役割がある」と。

他の人たちはアリババの役割を感じ取ったから期待してくるのだと言われ アリババは
途方に暮れ・・・。

街でフラフラしてる時に王子だとバレ、国民に詰め寄られたところを、カシムによって救出。

カシムはシンドバッドとは協力せず、国民を扇動し武器を持たせ、現体制を壊すという
計画を
立てているようで、得体の知れない男がカシムのそばに控えてます。

黒いルフを纏う男の気配にアリババは嫌なモノを感じ。。


煌帝国と全面戦争になるかもしれないと止めるアリババでしたが、カシムはむしろ戦争に
なることを望んでいるようで、どれだけの犠牲が出たとしても最後に勝つのは自分だちだし、
国のために戦って死ねるのなら本望だと、多くの人を血の海に沈めることなど何とも思って
ない様子。。

アリババは 罪のない人を戦争に巻き込むカシムのやり方に反対します。
他の方法を考え、誰も死なせず、自分がこの国を守るというアリババでしたが、カシムは
そんなアリババを殴り、心底嫌気が差したようで 「もう用はない」と。

地獄のような生活を続けてきたカシムにとって、アリババの口から出た理想論は絵空事に
過ぎず、腹立だしかったのでしょうね。

カシムの計画を知ったことで、国を守るために早急に力が必要になったアリババは 
シンドバッドにジンの使い方を教えて欲しいと頼みます。

早速、シンドバッドから特訓を受けるアリババ。

金属器に大量の魔力を送り込めばジンそのものを実体化することは出来るが、それは
魔力が大量にあるマギだけにできること。。

魔力の少ない人間は ジンの力を集積させ己と同化させることでそれに近い力を得ることが
できる。。

それが魔装。。

全身魔装が一番なんだけど、すぐにはできないから まずは一部分のみの武器化魔装から。

ヤル気を出したアリババを嬉しそうに見つめるモルさんv 
ジャーファルもシンさまが楽しそうだから嬉しいようです♪

筋は悪くないし、武器化はできなくても鍛えがいがあるとご機嫌なシンドバッド。
すると こそっとジャーファルが耳打ち。。
奴らの影がバルバッドでうごめいていると・・・。

「では、時間の勝負だ」ってことでシンさまが動くことに。。
紅玉と会って話をするようですが、ぼそっといい声で呟くマスルール@細やんがいいよねww

そう、彼は「七海の女たらし」www

アラジンの寝顔を見つめるアリババ。。
アラジンの髪が垂れてるところが可愛い。。

モルさんはアリババの様子から ひとりで彼が何か行動を起こすつもりであることを察した
ようですが、その頃、既にアリババは カシムが動くより前に動かなくてはと城へ。。

さぁ このEDとも最後なのか??

 

次回、「反逆の皇子」 じゃなくて 王子ねwwww

 

さて 原作新刊の15巻も読み終わったことだし、こちらの感想も早く書かなくちゃ。

 

【送料無料】マギ(15) [ 大高忍 ]

【送料無料】マギ(15) [ 大高忍 ]
価格:440円(税込、送料別)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  第12夜「決意と決別」バルバッドを奴隷産出国にしようとするアブマドの計画を止めて欲しいと言うサブマド。君が王になれという本物の輝きを持つシンドバッドからの重い一言。...
2012/12/25(火) 05:53:15 | 日々“是”精進!
『兄さんを止めてくれ――バルバッドを奴隷産出国にしようとするアブマドの計画を止めて欲しいと言うサブマド。君が王になれ――本物の輝きを持つシンドバッドからの重い一言。誰か...
2012/12/25(火) 22:23:10 | Spare Time
バルバッドの副王でアリババ(CV:梶裕貴)の兄にあたるサブマド(CV:野島裕史)は、アリババにバルバッド王である長兄・アブマド(CV:宮田幸季)を止めてほしいとすがります。 そり
2012/12/26(水) 19:48:22 | ぷち丸くんの日常日記