アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年02月16日 (土) | 編集 |

神の意識を手に入れても 死ぬのは怖いかい?

エロい囁き!!

今回 痺れたわ!!(≧∇≦)

榊原さん&たかぴろ祭り!!

ストーリーがどうとか、展開がどうとかってのも アレだけど 私の大好きなこの二人が
ガッツリ絡んで ず~~~~~~~~と 二人でしゃべりっぱなし!!

なの!!

私にとっては 神回としか言えないwwww ( ´艸`)

ああ・・・榊原さんにれて 幾歳月・・・

さすがに 全盛期のような迫力はなく、滑舌も怪しいですが・・・ それでも やっぱり
好きです!!

そして たかぴろ~~ たかぴろは いろいろ好きだけど こういう感情の起伏の乏しい
役で すごく色気出してくれるよね!!
語尾が好きなんだよ!! ゾクってくる!!!

いやー ホント今回は ごめんなさい。ストーリーはほとんど進んでないじゃないですか、
だからもう、二人のやり取りだけに どっぷりかってたらいいのかなっと。

特に 聖護くんがき始めてからってのは ゾクゾクしっぱなし!!(p≧∀≦q)〃

馬乗りになるところなんて もしかして 見えたりするんじゃないかって バカみたいに
停止してコマ送りして・・・を やっちまいましたよ (*>ω<*)ノ 

聖護くん、絶対 中 何もなしですよね?

彼が承知さえすれば そのまま即 手術って段取りだったみたいですし。。
彼が動く度に どこかで チラ見せとかあるんじゃないかと凝視www

コウちゃんも 見事な筋肉を披露してくれてましたけど、私はああいうのよりも 太ももチラリ
の方にえますわ。。 d(≧∀≦*)
特に 太もも内側が見えたら ゾクッてwww

裸体もただ見せてくれるだけじゃなくて、どういう状況で 見せるか なんですよね~~
女の子のようにポーズとか アングルまでは 拘らないけど、シチュには拘りたいwww
逆に言えば、女の子の裸体には ポーズとかアングル重要!!

 

って ことで 完全に暴走が止まりませんが、一応、ストーリーの方もオサライしておこうかとww



槇島は逮捕、ヘルメット犯罪者たちは壊滅。
秀星くんは行方不明なのに 事件は一件落着の体を。。

ただ、二係の執行官が一人 騒ぎに紛れて逃亡したってことですが、別嬪さんですし、
ホクロまであって これはとてもモブのキャラデザとは思えず、今後 何らかの関わりを
持つ重要人物のようです。

秀星くんまで 逃亡を疑われますが、彼はひとり危険な地下へ潜ってたわけですし、秘密の
地下道を見つけたからって逃げるとも思えず。。

何者かによって拉致されたか跡形もなく処分され 証拠を隠滅されたか・・・って見るのが妥当。

コウちゃんの見立て通り。。

一応、あの時は エリミネーターだと思ったんですが、その後 まだ変形した??

朱とコウちゃんがベッドに座ってお話するシーンはアングルが面白い。
シビュラシステムについて 見てみない振りをすることで成り立っていた安全神話だと。

今回、ココ!ってとこで作画が う~~んなところがあってちょっと残念(><)
でも 朱の作画は可愛くなってきてる気がします♪

ギノちゃんがパパリンとイチャ付いていると 局長からお呼び出し。

前回 義体がボロボロになったにも関わらず、元のまま。。
ってことは やっぱり端末で スペアがあるってことか??

局長から槇島に対する事件の取り締まりは 厚生大臣が編成した特殊チームで行うため
公安局は捜査権を失ったことを告げられ、ギノちゃんビックリ!!

どゆこと!?

抗議をしようにも、情報の機密性を保持するためには必要なことだと言われ、それ以上
反論できず。。
その上、秀星くんの件を逃亡だと決めつけられ、ギノちゃん動揺。

局長は全てわかってるくせに(偽装までしてるし) 上手いことギノちゃんを追い込み、
押さえつけてしまいます。
有無を言わせない高圧的な局長@榊原さん がさすが!

今回の顔は 瞳孔が開いた絵ではなく、自然体。。
義体によって精度に違いがあるという細かい設定なのか、あくまで作画の差なのかwww

コウちゃんは当然、公安に捜査権が無くなったことにみついてきますが、ギノちゃん
だって 気持は同じ。でも 彼には立場があるんだ。。

とにかく、ギノちゃんの犯罪係数が心配です。。
コウちゃんらと肩を並べる日も近そう(><)

 

さて 聖護くんが眼を覚ましますが・・・ 何か色っぽいwww (/ω\*)
が、その直後の作画!!!!  頑張ってくれ!!! 

聖護くんは面識がないのに 親しげに話しかけてくる禾生。
なんと 中身は藤間!
そっか、だから「くん」付けで呼んでいたり、聖護くんの顔も知ってたわけですね。

親子とか親戚とかそんな関係かと思ったんですが、もっと手近な関係者だったんですね。
そういえば、藤間と逃げた執行官のお姉ちゃんは同じところにホクロがありますね。
って関係ないかwww

泉宮寺は 脳と神経細胞以外を義体化してましたが、藤間は 脳が残ってるだけ。
これだけの技術は民間には公開されていないそうで。。

でも 藤間だけが 禾生というわけではなく、藤間もいつも禾生というわけでもない。
たくさんの脳から その時に応じて入れ替えてるようです。

「世間では僕らのことをシビュラシステムと呼んでいる」

ってことで 免罪体質者の脳の並列化が正体でした。

グソンの残した映像をみて 聖護くん がっかり。。
シビュラの正体にワクワクしてたのに 実は自分が神になった気分のただの人間の脳の
集まりに過ぎなかったから。。

人体の脳の活動を統合し思考力を拡張、高速化するシステムは50年以上前から実用化
されていたようで。。
結局のところ、機械的なプログラムで判定できるのは せいぜい色相診断によるストレス
計測まで。

より深淵な人間の犯罪係数特定には 高度な思考力判断力が要求され それを実現してる
のは人間の脳だったってことですね。

それにしても 頻繁に脳をあっちこっちに移動させて問題ないのかな?
いっそのこと、脳を全部くっつけて巨大な脳にするってのも面白かったと思うのだけどww

人間のエゴに既存しない、公平な社会の運営を謳っていたシビュラシステムだったはず
なのに その実体は人間の脳の集合体である恣意的なものだった。。

聖護くんは 彼らを恣意的だと言いますが、藤間は限りなく公平だと、自分たちは人類を
超越した存在だから、その自分たちが下す判断は神のごとし!って言いたいようです。

藤間も最初は戸惑ったものの、すぐに世界の全てを自分の支配下に治めたかのごとく
全能感を味わってしまって浮かれちゃったようです。

シビュラシステムで測れないってことは やっぱり疎外感を感じるようなことだったようですね~
迫害を受けて孤独だったとかって・・・。

係数が高くても 迫害を受けるし、低くても受けるってことですな。。
やっとそんな扱いから 特別な存在として重視してもらえるようになったことも 舞い上がって
しまった一因なのでしょう。

でも この自分を特別視する考え方は 聖護くんとは異質ですね。
彼は自分のことを 「ごく普通の人間」だと言ってましたからね。それを楽しんでるしww

「僕と一緒に シビュラシステムになろうよ!」って 藤間はお誘いを掛けますが
全く乗らない聖護くんv

その態度に警戒した藤間がドミネーターに手を掛けますが それより早く、聖護くんが
本を顔面に投げつけます!!

続けざまに モニターで躊躇なく顔面を打。

そして ここで    キタ━━━━━━ (/∀\*) ━━━━━━!!!

聖護くんの太もも!! d(≧∀≦*)

筋肉がっつりじゃないところがいい!!

そのまま馬乗りで 義体を破壊していきますが、聖護くんってすごい力。。
あれでも 生身なのかしらん?

それとも 禾生の義体は戦闘用には出来てなくて軟いのかな??

藤間の言葉から移動中で 公安局の中でないと判断した聖護くんは逃げられると踏んで
反撃に出たようです。

聖護くんの馬乗りに一々 ドキドキ  (*/-\*)

聖護くんは 傍観者ではなく、プレイヤーとして人生というゲームに参加したいと藤間の
申し出を拒否しただけでなく、藤間をフルボッコに。
徹底して脳に打撃集中。

容赦ありません。

神の意識を手に入れても 死ぬのは怖いかい?

            いや~~ん ありがとう!!(*´д`)ハァハァ

そして、藤間はエグイことになってます(><)

聖護くんはこの後、輸送機から脱出し、コウちゃんにコール。

攻殻の素子さんでもなきゃ、あそこからあの恰好で飛び降りて助かるはずがないと思うの
ですが、聖護くんのことだから どこからか脱出用の装備を手に入れたのか?

ただ、あの恰好だけが気になって(*/-\*)

コウちゃんも 何かを感じたのかwww お互いかなり結びつき濃いですからねww
聖護くんの気配を間近に感じたようでビビってます。

私も びっくりしたわwww
聖護くん テレポートできたんだ!ってwww

「今日 シビュラシステムの正体を知ったよ。あれは君が命がけで守るほど、価値のある
ものではない。それだけを伝えておきたくて。それでは いずれまた」

聖護くんは 自分の手でコウちゃんをり回すのはOKだけど、しょうもないモノのために
コウちゃんが命を落とすことは 嫌なんですね~

そして もう一つ、これはおいでもあると思うのです。
シュビラシステムが何であるか見極めろ。そして オレのところへ来いってv

「いずれ また」ですよ。

 

コウちゃんだってシビュラの正体を知れば それを維持すべきだとは思わないハズ。
それを聖護くんは わかってるんでしょうね。

やっぱり 二人は共闘する方向にいきそうなんだけどなぁ~~
というか 希望。

やっと私のお楽しみの展開に入ってきました!!(多分www)

さぁ ギノちゃんはどうする!?

ってことで 次回も期待したいと思いますv

 

最終的にラスボスは やっぱりシステムを作った者になると思うのですが 朱の存在が
これにどう絡んでくるかですよね~

私的には いてもいなくても どっちでもよくなってきてるのですが(^^;

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『槙島の逮捕により、市街の混乱は一応の収束を見せた。公安局は消息をつかめなくなった縢を逃亡犯として断定し一係に縢の捜索を命じる。槙島を目前にしながら圧倒的な組織の論理に...
2013/02/16(土) 21:12:39 | Spare Time