薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

キューティクル探偵因幡 第12話(最終回)ざっくり感想

本日、春休みで実家より実母&姪っ子がお泊りにきているため、私の自由時間が
ございません(><)

黒執事を始め 新刊がザクザク届いて、たくさんコミックスのレンタルもしてるというのに
まるで手付かず。。

明日には何とかしたいところ。。

なので、先日最終回だったキューティクル探偵因幡の感想をざっくりと。

 

GFで既に登場は知っていたとはいえ、新キャラのインパクトは大きかったですwww
じゅんじゅんにぴったりと言っていいキャラだったのではwww

アニメオリジナルにて締めってのは 大概 残念なことになる場合が多いと思うのですが
この作品に関しては ハマっていたんじゃないでしょうかwww

もち先生の描き下ろしストーリーってだけあって、軸がブレていませんwww

スタッフさんが 最初からラストはアニメオリジナルで締める予定だったようですが、折角
原作に忠実にやってきたのに ラストだけアニメスタッフが作るのはどうだろうって思って
もち先生にお願いしてくれたそうで。。

これは 素直によかったです!!
アニメはアニメといっても らしさがブレてしまうのって 私は残念に思うのですよね。

じゅんじゅんも とにかく「濃い」というオリジナルキャラが登場でぶっ飛んだ最終回でしたが
それなりに 話もまとまってましたし、ちゃんと主人公の洋が活躍もしてましたし、面白かった
と思いますwww

イイ具合の新キャラでしたwww

元々は11話の脱獄編を最終回に持ってくる予定だったようですが、この作品に関しては
これくら笑って終わりの方が合ってたと思います。

個人的には11話は とてもよかったですけど~
看守ロボもかったですし、秋吉さんにも感動しましたもん♪
聡明さんの乳揉みも見事でしたしwww



最初、1話を見たときは なんか やっぱり もち先生のギャグをアニメで演じるのは難し
そうだなって思ったのですが、テンポが悪く感じたり、ワヤワヤと掛けあわせてるだけの
ように感じてしまったりで・・・

でも、回を重ねるごとに、じわじわとテンポが噛み合ってきて、特にドンファミリーに関しては
紙面から抜け出て来たような再現っぶりでしたwww

ドン@大川さんとロレンツォ@小杉さんの名演技には感服でございます♪
ホントに素晴らしかったですもんwww

原作サイドが ロレンツォに聡明さんが乗り移る回で、本来の男前な小杉さんの声を聴いて
「私たちは何を小杉さんにさせてしまってるんだろう」って反省したってお話にも納得でしたわ

私も同じこと思いましたよwww

全12回という短い中で、前半、後半で話を分けたり、3話入れ込んだりという工夫もよかった
と思います。
いろんなエピを見ることができて楽しかったです。

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 見たアニメの感想

[ 2013/03/28 01:25 ] お気に入りアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する