アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年04月22日 (月) | 編集 |

訓練が始まりましたね。
アニメは時系列で進んでくれるのでとてもわかりやすいですわv

先日、ニュータイプだったかのインタビュー記事を読んだのですが、原作者の諫山創センセは
いつ打ち切りにされてしまうかわからないから とにかく描きたいことを先にドンドンと描いて
いくことにしたんだそうです。

本来ならもっと最初にキャラの掘り下げをしてから話に入っていきたかったようですが、
インパクトのある絵を入れないと打ち切られてしまうのではないかと思って巨人の異様さとか
怖さとかをガンガン入れ、後から回想の形で話を広げていったようで。。
それで 若干わかりにくくなってるんですね。

でも 最低限の情報しかない状態で恐怖が展開されていくことで 話にいがついたというか
緊迫感迫力が出て、グイグイ引きこまれたような。。

謎が多いのも これはどういうことなんだろう??って却って興味を引きますしね。

打ち切りから逃れるために 必死で描き進めたことが巨人の恐怖と戦うことにリンクしたって
ことでしょうかねwwww

が、このままではアニメ化するとなると 非常にわかりにくいので時系列に構成し直して
くれているようで。

そりゃそうだわね。。助かります。


今回は エレン達が訓練兵団に入団したところから。
まずは 最初にキースの洗礼を受けます。

これまでの自分を否定し、まっさらな状態から兵士に適した人材を育てるために必要な
過程ってことですが、すでに通過儀礼を終えている者はフリーパス。

アニ、ミカサ、ベルトルト、ライナー、エレン、ユミル・・・
二年前の巨人襲撃の地獄を味わったのだろうってことですが・・・

実はちょっと違うんですよね。
自らが死と対面した経験があるかどうかってことですね。
見る人がみれば 面構えが違うってことのようです。

キースの迫力がいいですねv
ジャンとライナーの描き分けがしっかりされているのも非常にありがたいww
もちろん声も付いてますし♪

原作だと時々どっちかわからないときがありますからねwww

女の子たちは 別嬪さんに仕上がってます。
ミカサなんてすごい大人の女みたいだよねwww
これなら ジャンがすぐに目を付けるのもわかるv

そして、サシャですよwww
笑えるよ、この娘はwww

「なぜ 今芋を食べている!?」と訊かれ、「冷めてしまっては元も子もないので!」
って真顔で答えてるしwww

教官も芋が食べたいのだと勝手に判断して 芋を分けるのがいいですよね。
しかも、「半分どうぞ」とか言ってるくせに、明らかに小さいのを渡してるしwww

この娘の天然っぷりは破格ですわwww

初日から脱落者が出てる状況で、エレンは巨人に遭遇した経験があるってことで皆から
質問攻めに。。

この時のカット割りもちゃんと伏線に。

ジャンは早速 エレンに絡んできましたね。
ジャンは楽な暮らしがしたいから憲兵団を目指していて、エレンのように怖いくせに勇敢を
気取って調査兵団を目指すことを茶化してきます。

一応 ジャンから謝って手打ちってことにしますが。。

エレンを追うミカサをみたジャンは そのあまりの美人さんっぷりに眼を奪われ 思わず
声をかけます。

原作よりも丁寧に描かれてますね。
ミカサの髪が 揺れるところとかも細かいv

が、褒めた髪をその直後にエレンが触れ、二人が切る方向で会話してるのを目撃。
人との信頼を拭ったと、ジャンが原作通りイイ具合にショック受けてますww

そして、その後のサシャがこれまたいわwww
イイ描写ですwww

死ぬ直前まで走らされることよりも 夕飯抜きの方がショックで クリスタが持っていたパンを
あっという間に奪うとかねwww

「神ですか!?あなたが!? 神!!」って 叫んでるところとか アニメいいよwww

クリスタも別嬪さんですね~
で、ユミルですが、この人の声はちょっと意外だったかな。。
他の人は違和感がありませんでしたが、ユミルだけは ちょっと女っぽ過ぎやしませんかと。。
ミクの方ですよね。

声は悪くないのですが、ユミルに女っぽい感じは合わないんじゃないかなと。。


さぁ~~~って いよいよ立体機動の素質をみるための訓練装置の実習が始まりました。
これのこなし方で素質のあるなしがすぐにわかるようですが、ミカサは難なくこなしてるようで
他にも優秀な生徒が多いようです。

そんな中、なんとエレンは全く姿勢が取れなくて・・・逆さ吊り状態。。

エレンの落ち込みぷりは半端なく。。
悔しさを押さえてみんなにコツを訊いて回りますが 逆になんで出来ないのかわからん
なんて言われてしまって。。

ベルトルトとライナーにも訊きますが、アドバイスできるようなことはないと。
ベルトルトは エレンたちに巨人の恐ろしさを知っているはずなのに どうして兵士を目指す
のかと質問してきます。

ベルトルトとライナーは同郷で 巨人に襲われた村の出身であることが判明。
自分たちも巨人の恐怖を知っていて兵士を志願してる者になるのに、どうしてエレンたちに
兵士を目指すのかと訊いてきたこととライナーが故郷に執着するとこは要注意。

四人で山道を歩いていくのはオリジナルですね。
どうして兵士になろうと思ったのか?の問いに対しエレンは 
「巨人を皆殺しにしなきゃならねーと思った」

その言葉をジッと聴くライナー。

巨人と遭遇しても心が折れることがなかったエレンに対し、ライナーは
「ベルトの調整から見直せ、お前なら大丈夫だ」と声をかけます。

美しい景色を前に 印象的なシーンとなりましたね。

そして 翌日、訓練装置が上手くいかなければ開拓地送りになるエレン。
キースの前で 見事にバランスを取ってみせ、ヤッタ―!!ってことになるのですが
すぐに身体が反転してしまい・・・

訓練兵団を諦めたくないエレンですが、絶望的な状況に・・・!!!
キースも 呆れたかのように下ろせ、って声をかけてますしね。

きゃ~~~~ どうすんのよ!?

ってことですが、キースは エレンのベルトの交換を命じます。

実は ただのベルトの欠陥だっただけで、適性は問題なし。

それどころか、一時的とはいえ、エレンが壊れた装備で姿勢を制御することが出来ていた
ことに周りは驚きます。

原作だと「一度腰が浮いた状態から反転することはあり得ない」とか、そんな説明をキースが
してましたよね。

ドヤ顔でミカサをみるエレン。
これで ミカサの世話にならなくて済む!

が、ミカサは「自分と離れずに済んだと思って安心しているのだ」とwww
すごいミカサ流解釈www
それを聴いてるみんなの顔がwww


エレンが堂々と姿勢を保っているのを見つめるキース。

「グリシャ 今日、お前の息子が兵士になったぞ」

エレンのことを最初から知っていたんですね。
そして、エレンの父親とも親交があったようで。。
ファーストネームで呼んでるってことは かなり親しい間柄だったと思われます。
今回のBGMかっこいいですv

ラスト、立体機動装置を使いこなしてるエレンの動きがよかったですね!!
ちょいセクシだよね。この動きww


いや~~~クオリティ落ちてないところがいいっすわv
次回も楽しみ!!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『巨人殺しの最も有効な手段「立体機動術」を身に付けるため訓練兵団に入団したエレン、ミカサ、アルミン。キース教官の課す厳しい訓練 の過程で、出身も考え方も異なる同期同士の
2013/04/22(月) 21:42:39 | Spare Time
「絶望の中で鈍く光る-人類の再起1-」 よし!今度こそ出来る気がする!
2013/04/23(火) 11:49:24 | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)
=>貴様は何者だ!バカみたいな名前だななにしにきたアル>人類の役に立つためです!_>貴様は家地区いかだo>通過儀礼だ。ヘイシに育てるために必要な過程だo>二年前の地獄を見てきた人た...
2013/11/30(土) 15:46:30 | ぺろぺろキャンディー