アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年05月22日 (水) | 編集 |

いやだwwwwww 

面白いwwwww
何コレwwwww。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハ !!

これはちょっとたまらんですわwwww

ベタベタの恋愛ごっこしてる少女漫画は苦手なんですが、こういう笑える作品大好き!
そして、どうして私はこの手のイケメンに弱いのwww


 


速川 唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で、恋愛にもオシャレにも関心がない
ぐうたら女子高生。
なんの目標もなくなんとなく過ごしていたある日、弟の尊がつくったタイムマシンを
うっかり起動させてしまい、戦国の世へ…!?
男の子と間違われたことから、唯之助と名乗り足軽を装うが、空腹のあまり毒キノコ
に手をだそうとしたところを羽木九八郎忠清救われひとめぼれをしてしまうという。。

タイムスリップの話なんてよくあるし、戦国時代へ ってのもいささか飽食気味・・・

なんですが、これは 全くそう言うこととは無縁というか、史実がどうとか そういうのまるで
関係ないww

ただひたすら 唯の活躍を楽しむ作品www

まるで恋愛に関心のなかった唯なのに、戦国時代でたまたま出会った若様に一目ぼれって
そんなのあり得ないし、あったとしても足軽ごときが若様にお近づきに・・・なんて、なれる
わけもないのに するするとすり抜けていく唯がすごいwww

ホントあり得ないことの連続なんだけど、いいよいいよ、イケイケドンドン、進め進め!!と
応援したくなってしまうのですわ。

だって、若様への想いが 唯とのシンクロ率半端ない私wwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン
違うのは 敷いてある布団をみてビビったところくらいか?

私ならチャンスは逃さないwww
とはいえ、風呂入ってないのに閨に入り込む勇気はないけどねwwww

とにかく、唯が一目惚れしてしまうのは仕方がないくらいのイケメン若様
当然、私も一目惚れww
試し読みが出来るので こちらからどうぞ。

1巻では なんとか若様に近づこうと奮闘するところが笑えるし、折角 現代に戻って
これたのに また若様の元に戻って行く唯が男前www
歴史の先生に昔の話を訊ねたら、どうやら若様は戦死してしまうらしいと知り、そんな
ことはさせじと 若様を守るため!!

ハチャメチャなんだけど、唯の心意気は買いたい!!o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

せっかく、閨の相手と勝手にすり替わり、面白い女だと気に入られたにもかかわらず
直前でビビってしまってチャンスを逃す唯だけど、側室だとか女として 若様の近くに
いたいんじゃなくて (もちろん、それも望んでいるわけだけど、若様の側室候補は全て
斬り捨てるくらいの勢いだしwww)

戦で若様を守るためには足軽のままでいなくてはいけなって 危険だけど一番近くに
いようとするんですよね。

その心意気を大いに買いたい!!天晴れな奴ですわ

やっと近くのポジションを手にいれかけた唯でしたが、開戦を前に若様を守るため、一端
現代に戻って装備を整えてくるようです。

意外にちゃんと考えてる唯ww

一方、若様の方は女として忍び込んできた唯のことを気に入ったものだから、呼び寄せ
るんですけど、もともと唯は入れ替わりでやってきたものだから、名前を偽っていて。。

若様の元へやってきたのは、気絶していた本物の娘さんの方・・・ 
若様は 今さら人違いとも言えず・・・。
これもどうなるんでしょうね。。

でも こんなことで これまで独り身だった若様が妻を娶ることになるのは勘弁して欲しいww


戦国時代に唯の世話をしてくれてるおふくろ様も 身分の低い一般庶民なんだけど、すごく
カッコいい女なんですよね。

話のテンポもサクサク進んで面白い!!
笑えるところが あちこちにあって ホント腹痛いwww

若様も美形でカッコいいだけじゃなくて 色っぽいところがいいのですよね。
ここ重要!!


それにしても コレ ホント面白い。。
どうしようかな、買っちゃおうかな~~~

私が購入を決める基準は 作品に登場する男性キャラがしいかどうかなんですが、
若様欲しいww
んんんん・・・これは 買いかな。。

作者さまは「ごくせん」の方なんですね。
私、こちらはドラマのイメージがあるから読んでないのですが、この方の作品なら 面白
そうですね。

「アシガール」は先に結末を思い付いてから描かれたようなので 最終的にどうなるのかは
もう決まってるそうなのですが、若様は本来は戦が嫌いな人みたいだし、別の人間として
生きるとかになるんでしょうかね。。

討ち死にではなさそうなんですけど。。

かといって現代にやってきてしまうってわけでもないようですし。
気になりますね~~~

いや~ これは面白いですわ。

おススメ作品ですv

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック