FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」感想

なかなかクジライカは手ごわかったですね。
もっとあっさりと倒してしまうのかと思ったのですが。。

地球のクジライカとヒディアーズは同種のようですし、どういうがりがあるのかが気に
なるところです。

クジライカの縄張りの奥にはお宝があるとか、誰も探ったことがないとか、過去の遺産が
眠ってるとか、関連を思わせてますもんね。

レドは空間だけを超えたのか、時間も超えているのか。。

今いる地球はレドからしたら過去なのか、未来なのか。。
そのあたりが気になりますよね。

かつては優れた文明を持っていたってことですし、やっぱり未来なのかなぁ??

 

地球ではクジライカとは 共存共栄の生存戦略を取っている。
レドにはそれが理解できないというか、兵士として生きて来た彼には それを受け入れる
ことはできないようで。

だって、彼が生きる意味は「ヒディアーズはと戦い、殲滅すること」だったんですから。

でも、ピニオンの兄はクジライカに関連することで死んでしまったようですし。。
ってことはやはり、クジライカは攻撃してくるし、襲ってきたら手ごわいってことですよね。。


いつもはチェインバーが優位なのに(なのにというのは この場合適切ではないのかwww)

「来い!チェインバー!!」

って命令口調のレドに激萌え (/ω\*)   

この関係性にゾクゾク(*´д`)ハァハァ  しますよね?私だけですか??

いいなぁ チェインバー×レド 

 

そういえば クジライカは本当に刺激しなければ 攻撃してくることはありませんでしたね。
これがこの話の主軸になることなのかしらん?

レドは元の世界に戻った時、これを活かすのかな???

地球に長く居付けば居付くほど、戦士としての能力が劣化していくだろうから、もう元の
世界に戻っても使い物にならないんじゃないかと心配でしたが、戦わないという手段を
取るのであれば 大丈夫そうかな。。

ただ、それが許される状況かどうかはわかりませんが。。

不戦を主張して、最後の最後でレド退場・・・とかだったらショックですよん!?

その時はチェインバーに暴走していただきましょう。

主を想って AIが暴走っていいよね。。

 

さて、船団長がそろそろヤバそうですし、船団の団結が揺らぎそうですね。
次回、ガルガンティアを離れていく人も多数出るっぽかったようですし。

レドもチェインバーと共にガルガンティアを離れるのでしょうが、このところ平和な話ばかり
だったので ここらで刺激が欲しいところですv

そろそろ話が大きく動くってことですし、期待したいと思います♪




翠星のガルガンティア(1)

翠星のガルガンティア(1)
著者:虚淵玄(ニトロプラス)
価格:672円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

翠星のガルガンティア  #7「兵士のさだ...
敵意を向けらてからでは遅い!オレは戦う。「兵士のさだめ」クジライカをヒディアーズと認識したレドはチェインバーを使って攻撃し、死に至らしめてしまう。クジライカを神聖視する...
[2013/05/21 17:53] おぼろ二次元日記
翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」
「俺は奴らを殺す為に生きている」 使命を果たす為に――! ガルガンティアに迫るクジライカの大群!     ベローズとサルベージの仕事をするレドは海中でヒディアーズと遭遇
[2013/05/21 20:52] WONDER TIME
翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」
翠星のガルガンティアの第7話を見ました。 第7話 兵士のさだめ チェインバーに乗り込んだレドはサルベージをベローズに習いなながら海底へと潜っていくのだが、サルベージの
[2013/05/23 14:52] MAGI☆の日記
翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」
私にはヒディアーズもクジライカも人類が科学技術発展の際に何らかの形で生み出してしまった鬼子のように思えますが・・・。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願
◎翠星のガルガンティア第7話「兵士のさだめ」
c)戻れレド、刺激したら凶暴に#水中では非効率。それならc)やめろ!!→一匹倒すΘ>いいかっこうだな。クジライカをやっちまったんだってなロ)なんてことを。レド何を考えてるの>祟...
[2014/02/14 18:40] ぺろぺろキャンディー