FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2013年05月28日 (火) | 編集 |

あらら・・・

地球の座標を確認出来たと思ったら ワープしなくちゃ帰れないほど遠かったんですね。

でも そんなに距離が離れていても ヒディアーズとクジライカはほぼ同種ってことで存在
するんだし、レドと同じく人間もいるってことだから どこかがやっぱり繋がっているんじゃ
ないですかね。。

一応、帰れなくなったことで レドが腹を括ることになるのだとは思いますが、彼は帰れる
はずだと信じたいですわ。。

じゃないと なんとなく話が完結しない気がするし。。

ヒディアーズに対して殲滅ということではなく 別の形での対処法を覚えたレドがチェインバー
と共に元の世界に帰っていくって終わり方でお願いしたいものですから。


こちらの作品、同時期に始まった某作品とは違って、キャラが丁寧に描かれているし、
受け入れがたい設定や理解不能キャラも居ないので安心してみることができます。

こちらは 考え方の違いはあれど、それは立場の相違であったり、必要な対立であったり
するので 受け入れられるのですよね。

人が生活するってことにリアリティを感じられるというか、そう言う衝突って仕方がないよね
ってちゃんと思える内容だから。。

大人が多いですし、子供であっても良識を持っている人がほとんどだから イラ付くことなく
純粋にストーリーを楽しむことができます。

多少、展開がのんびりであっても 女の子のヴィジュアルが好みでなくても それらはレドと
チェインバーの絡み
活躍で補ってくれますしwww

 

ガルガンティアを離れることを希望する者が出て来たところに それまで船団をまとめ上げて
きたフェアロックの死。

後継を任されたのは若いリジットで それに対して不満を口にする者も。。
確かに若い娘がトップでは 不安を覚える輩が出て来ても当然。

リジットが「今は個人を弔う事が優先」ってことすら見えなくなるほどテンパってしまってることで
彼女に与えられた重責がよくわかりますし、全てを一人で背負おうとしていることの間違いを
指摘し、リジットを落ち付かせたベローズもなかなかの者だとわかります。。

単に自分も同じ状況を経験したことがあるってことでのアドバイスでしたが、そういう実体験に
基づくアドバイスこそが 説得力があるし信頼が置けると思うのですよね。

自分のすべきことに気付いたリジットは 周りに協力を求めればいいのだと肩の力を抜く
ことができてよかったですね。

恩人との最後の別れにも間に合いましたし。
このガルガンティアの世界観なら 上に立つ者としてここは押さえておくべきところでしょうから。

ただ、ベローズは折角いいアドバイスをしてましたが、いくら喪服らしきマントを羽織って
いるとはいえ、下は明らかに普段着・・・

そこはいいの!? ダメでしょう。。なんか変だったわ。。(^^;


ピニオンは やっぱりガルガンティアから離れるようですが
「守れる自信もないくせに、人を引き止めてんじゃねぇよ」のセリフは良かったですね。

全くその通りだと思いますわ。
これはもう 本人の選択に任せることですから。。


レドは みんなの安全を考え、そしてエイミーを悲しませたくないという理由からクジライカ

戦うようですが、彼の場合は 戦うことでしか自分の存在意義を見いだせないのだから 
これまた仕方がないことですよね。

彼の場合は、他の選択だってあるのだ、してもいいのだと思えるような実体験がもっと
増えないと 今の彼の思考パターンは変わらないでしょうから。


さて、実際にクジライカの巣に行って、クジライカを攻撃することで何が起こるのか!?
お宝じゃなくて時空間の歪みが待ってることを期待したいですわwww

今回は 船団に焦点が当てられていたので レドとチェインバーの絡み活躍が非常に
少なくて寂しかったですわ。

でも、しっかりとキャラを描いてくれているので好印象。
エイミーや友達たちとのやりとりも嫌味がなかったですし、とても素直でいいなあと思います。

コイツダメだろう・・・

ってキャラがいないのが嬉しいですね。
みんなそれぞれ、自分なりに考えて行動していて。。

立場の相違なんてのはよくあることだし、それがなくては葛藤は生まれず、成長も望めない
ですからね。

今回はリジット回でしたが 彼女はきっと歳を重ねるごとにみんなに信頼され、素晴らしい
船団長になるんだろうと思われます。

ぜひともカッコいい女に成長して欲しいものですv

 

そして 次回こそレドとチェインバーの絡み活躍を楽しみにしたいです♪
元いた世界に戻れないとわかり傷心のレドをチェインバーが慰めて欲しいwww



翠星のガルガンティア(1)

翠星のガルガンティア(1)
著者:谷村大四郎
価格:672円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「翠の波の恵みがあらんことを。」別れの時が来た。「離別」船団長フェアロックは後事をリジットに託して逝った。ピニオン、フランジ等がガルガンティアを離れると言っている。レド...
2013/05/29(水) 08:24:30 | おぼろ二次元日記
「もし皆さんが この船団を、私たちの生活の砦 ガルガンティアを守りたいと そう思って下さるのなら  どうか私を助けて下さい」 船団を離れる者 残る者、それぞれの想い―― フェ...
2013/05/29(水) 23:44:40 | WONDER TIME
それぞれに重い絶望を突きつけられた若い2人が今後の行く末をどう決断するかが今回の大まかな流れ。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.n...
2013/06/01(土) 15:16:59 | ボヘミアンな京都住まい[fc2ブログ版]
 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第8話フェアロック船団長はリジッドにカギを手渡し、船団長は息を引...
2013/06/02(日) 21:41:15 | ピンポイントplus