fc2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2013年06月11日 (火) | 編集 |

今回は あまり話が進みませんでしたが、緊張感があってよかったです。

では 今回はざっくり感想で。
原作比較もサクッと。


 

「人間です!!」

エレンが答えたのに、結局 攻撃されることに。
どう答えたところで 相手がビビってしまってるから何も変わらない。

サシャは 折角気高き戦士のままだって言ってもらったのに「腹痛」なのでって負傷兵を
志願w

 

攻撃を受け、再び巨人化するエレン。
ミカサとアルミンを守るために。

エレンは無意識で自傷行為に。

でも、覚悟不十分だったのか、意思が足りなかったのか、中途半端な巨人化。

エレンが巨人化した時に出た蒸気を見て ライナー、アニ、ベルトルトがいち早く反応。
様子を伺いに。
この時、原作ではジャンはいませんが、アニメでは愛されキャラだから ジャンも一緒v

エレンは うなじの辺りで巨人と一体化。
でも、今回は 意識を取り戻し、巨人から自分の身体を引きはがします。

目の前の巨人を見て、それを自分がやったことだと認識はできたエレン。。
巨人化するためには明確な意志が必要であることも理解。

アルミンは どうしてこうなっているのか、状況把握をしようとしますが、ミカサは 
「エレンが私たちを守った 今はそれだけ理解できればいい」と。。

父親との記憶を思い出したエレンは地下室に行けばすべてがわかると言い、どうして
調査兵団が何千もの命を落としても求め続けた情報を 父親が隠していたのか、
どこで何をやっているのかと考え始め・・・

が、「今は他にすべきことがある」とミカサに言われ、急いで自分の考えを二人に伝えます。

一つは もう一度巨人化し、単独で地下室を目指す。
もう一つは 巨人の力を兵団で計画的に機能させるよう働きかける。

後者は エレンは脅威ではないことをアルミンが駐屯兵団に説得できなければ無理。
その場合は 前者のやり方を取るというエレン。

あと15秒以内にきめてくれ
できるか できないか
オレはどっちでも お前の意見を尊重する

全てをアルミンの判断に任せるというエレン。

どうして そんな重要な決断をアルミンに託すのか・・・

アルミンがヤバい時ほど どの行動が正解かを当てることができるからで それに
頼りたいと思ったから

アルミンは これまで何度も二人には助けられたけど、自分が二人を助けたことは
一度もないと思っていた
だから自分は二人にとって対等な友人ではあり得ないと思っていた

それなのに・・・

エレンもミカサも そんな風には思っていなかった。

自分だけが自分を無力だと思い込み足手まといだと思って来たことに気付くアルミン。
この世で最も信頼してる二人に命を任せると言われて アルミンは決断します。

「必ず説得してみせる!!」


アルミンは エレンが巨人と戦っていたこと、周囲の巨人はエレンを人類と同じように
捕食対象として認識していたことを挙げ、人類の敵ではないと主張。

ところが、恐怖から考えることを放棄してしまったキッツはアルミンの説得に耳を貸そうとは
せず・・・

不安になるアルミンでしたが、ここで漢を見せます!!

私は そうに人類復興のためなら心臓を捧げると誓った兵士!!
その信念に従った末に 命が果てるなら本望!!

必死に声を張り、エレンの戦術価値について説きます。

アルミン@井上麻里奈さんが すごい迫力です!


にも関わらず、攻撃を指示しようとするキッツ。
ひぃ~~~もうダメ(><)

ってところで ピクシス司令がキッツの手を止めます。
キッツを相変わらず図体の割に小鹿のように繊細な男だといい、アルミンの見事な敬礼が
見えんのかと。。

司令はアルミンの話を聞いた方がいい気がすると言います。


超絶美人の巨人になら喰われてもいいんじゃが・・・
ピクシス司令は 人類の最重要地区防衛の全権を託されている人物であるけれど
同時に 変人としても知られていて(^^;

原作では 緩さも合わせ持ちよりギャップが大きいのですが、アニメでは 緩さはあまり
描かれてませんね。
それよりも より、鋭さを増してる感じで。。

アルミンに「巨人の力」を使ったトルスト区の奪還についての話をさせた時、アニメでは
厳しい表情でしたよね。

巨人化したエレンが 大岩を運んで扉に開けられた穴を塞ぐという方法を語るアルミン。
それは エレンの持った力に 現状を打開できる可能性を感じてもらえないかという
助かりたい一心による思いつき。


この後は若干オリジナルでした。

「助かりたい一心ほど 何より信用できる言葉だ」
エレンに穴を塞げるか訊いた時の顔は厳しくはありませんでしたが、エレンが 無責任に
答えられないというと

司令は 質問を間違えたと「やるのか やらないのか」と問います。

アニエレは 「出来るかどうかはわからないけど やります」って 一応、ヤル気は見せて
ますが、なんとなく勢いが弱い。。

司令の無言の圧力に押されて 「エレン、頑張ります」って言うてもうた・・・

みたいな??

 

原作では アルミンの話を聞いている時から ずっと司令の表情は柔らかいままなのです。
まるで ボケ老人のようにww

そして アルミンの話を聞くとすぐに反応し、子供がビックリして無邪気に聞きたがってる
ような顔で「穴を塞ぐことができるのか?」ってエレンに質問するのです。

「助かりたい一心」云々の台詞はありません。

そんなこと本当にできるの??って 素直に訊いてる感じなんですよね。


最重要地区の全権を担っているのだから 相当の人物であろうことは想像に難くないの
ですが、にも関わらずの柔和で自然体な態度。

このギャップが私としては 司令の底の深さを感じ、曲者だなと思うのですが、アニメではそこまでややこしい人物としては描かれず、ストレートに出来る人間って感じです。

エレンも、原作では「穴を塞げるの?」って訊かれ 少し間を置くものの すぐに
「塞いで見せます!」って力強く返答するんですよね。

この辺り 原作エレンの方がいがありましたね。

 


今回はかなりゆっくり進行ではありましたが、アルミンの心理描写が丁寧だったことと
緊迫感と迫力があったので しっかり盛り上がってたんじゃないでしょうか。

これまで 他の二人に比べ劣っているように見えていたアルミンでしたが、彼の本領発揮。
アニメならではの演出で魅せてくれましたv


エレンを守りたいアルミンと 巨人への恐怖から思考停止してしまった人間たちとの
凌ぎ合い。

音楽もよかったです!!

 

若干、ピクシス司令が鋭くなり、その分、エレンから勢いが奪われましたが、許容範囲内
かな。。

次回、エレンは上手くやれるでしょうか~

進撃の巨人 1-10巻セット

進撃の巨人 1-10巻セット
著者:諫山創
価格:4,500円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「僕に命を預けると言っている二人は  僕がこの世でもっとも信頼している人間だ  これ以上の説得力がどこにある―――!」 アルミンを信じて判断を任せるエレン! その思いに応
2013/06/11(火) 20:17:38 | WONDER TIME
「応える-トロスト区攻防戦6-」 僕に命を預けると言っている二人を、僕がこの世で最も信頼している人間だ …これ以上の説得力がどこにある!
2013/06/11(火) 23:35:44 | 日影補完計画
『巨人が人に化けている──恐怖が伝染した戦場では、エレンやアルミンがどんな申し開きをしようと、誰も聞く耳を持つ者はなかった。エレン達にむかって放たれる砲弾。その刹那、エ...
2013/06/12(水) 00:15:11 | Spare Time
投稿者・ピッコロ 進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray](2013/07/17)梶裕貴、石川由依 他商品詳細を見る 巨人が人に化けている──恐怖が伝染した
2013/06/12(水) 15:11:12 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人